青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「多数~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~多き 多き~ ~多く 多く~ ~多分 多分~ 多勢~ ~多少 多少~ ~多数
多数~
~夜 夜~ 夜中~ 夜具~ 夜半~ 夜明け~ ~夢 夢~ ~夢中 夢中~

「多数~」 3204, 35ppm, 3383位

▼ 多数~ (1794, 56.0%)

40 人が 30 人の 29 人々が 28 人々は 26 人々の 22 ものが 19 人は 16 人に, 商品の 15 者は 14 人間を 12 人間が 10 人を 9 ものは, 人々に, 労働者を 8 人々を, 者が 7 商品が 6 幸福を 5 中から, 人間に, 国民が, 子供が, 読者を

4 [16件] うちには, ものの, ものを, 人間の, 人類が, 住民を, 国民は, 妻を, 婦人は, 子供の, 子供を, 学者は, 日本の, 最大幸福, 男女が, 者の

3 [35件] ものに, 中に, 中には, 乗客を, 人々にとっては, 人から, 人間は, 例を, 働く人々, 優秀な, 先輩を, 力で, 労働者に, 大政党, 女の, 女は, 女子が, 婦人が, 婦人の, 学生や, 客が, 客を, 家族が, 家族を, 日本人を, 死傷者を, 消費税が, 無産者が, 犠牲者を, 生徒を, 男子は, 聴衆が, 被害民が, 遺文の, 青年の

2 [99件] なかには, レンズの, 中の, 乞食が, 人, 人たちの, 人たちは, 人口を, 人員が, 人民は, 人民を, 人間種族が, 人類の, 会員は, 作が, 作家は, 候補者の, 共産主義者が, 兵を, 円を, 力に, 労働者は, 原因が, 召使の, 同意を, 名称所有者の, 商品相互の, 商品間の, 団扇太鼓の, 国の, 場合には, 外人が, 外国人が, 奢侈の, 女が, 女を, 女性に, 奴隷が, 婦人と, 孤児を, 学生を, 学者の, 実験の, 客の, 家屋が, 専門家が, 小遊星, 属僚を, 崇拝者を, 弱者が, 恒星は, 意志に, 意志を, 意見を, 手が, 支持を, 政党なき, 教育者が, 新種植物へ, 新進画家は, 方々は, 日本人は, 最大幸福という, 概念を, 標本を, 権力なき, 正直な, 死刑囚を, 無智, 生命を, 生徒が, 生徒は, 男女の, 男子が, 神, 移民を, 種子を, 結晶の, 罹災者の, 群集を, 老婦人, 者と, 花を, 若い人々, 若い女, 落伍者を, 見物が, 見物は, 読者の, 読者諸君の, 警官が, 資料を, 足音が, 軍夫に, 邪教が, 門人を, 階級を, 非常に, 預言者を

1 [1069件 抜粋] いきおいを, いわゆる歴史家たち, うちで, お客様の, かかる磅, こうした種類, ことでなく, この種, しかもいっそう, それでもあった, ただの, ためには, ともに, なかに, もぐらが, もの, ものにとって, ものも, より不安定, アメリカ人の, エタ村は, クラスは, チレン・コーペラチーブ, ドイツ移民を, ファウスト劇等々, フランス人が, ホッテントットや, モダーンボーイ失業者が, 一致は, 三岐鱗片が, 下僕下婢が, 下等船客先を, 不健康, 不良少年少女が, 世人に, 世界において, 世間の, 中で, 中間人を, 主張で, 乗客で, 乗客や, 乞食を, 予想である, 事実である, 事柄を, 五年生を, 亜米利加士官と共に, 人々から, 人々です, 人々について, 人々には, 人々によ, 人々への, 人であった, 人にとって, 人によって, 人びとの, 人口の, 人家や, 人我説を, 人手が, 人民で, 人民な, 人物が, 人達が, 人達には, 人間などより, 人間にとっては, 人間も, 人頭を, 人類に, 仏教学者が, 仲間に, 伏勢が, 会員が, 会員幹事達其の, 住民が, 住民は, 作家に, 作者より, 使用人に対して, 例が, 例証が, 便宜に, 係数を, 俗法師が, 俗衆は, 信服者を, 信者が, 信者に対して, 個人も, 個性が, 健全なる, 偶然的な, 傍聴人が, 傷者が, 僧侶の, 先住民族は, 先輩と, 党員が, 公衆的読者を, 共有財産と, 共産主義者や, 共産党員共産主義の, 兵員を, 具体的の, 冀望なる, 冀望は, 内臣外臣, 冊子を, 凡俗な, 出征家族を, 出迎えの, 判決例の, 利害を, 前には, 創立委員を, 劇場乃至, 力を, 労働者が, 労働者や, 勢を, 勤労者は, 医師の, 卒業生を, 印度教徒が, 卵を, 原理も, 参拝者が, 友人門弟らは, 反対に, 反対者に, 反響と, 口で, 召使と, 同志が, 同志等が, 同様漠然と, 同胞を, 名幅, 吏事武将を, 哲学ファンを, 哲学者を, 商人が, 商品を, 啓蒙学者は, 嘘に, 器具機械が, 図書が, 国から, 国において, 国民と, 国民の, 国民を, 圧迫から, 地方諸, 均衡価格は, 坑夫を, 場合が, 場合においては, 場合の, 場員が, 塊を, 塾生の, 声に, 変種を, 外に, 外国人中の, 大人が, 大名が, 大小の, 大形鱗片を, 大政党出現, 大衆が, 大衆に, 大衆作家達が, 天才, 太刀を, 奢侈品や, 女人が, 女又, 女子は, 女性が, 女性の, 如く錯覚させる, 姑たちについて, 姑根性という, 威力で, 娘らしい, 婦人から, 婦人を, 婦人子供の, 嫌疑者が, 子供で, 子供らの, 子女教育を, 子孫を, 存在という, 学校が, 学生は, 学者によって, 学者中より, 学者間の, 定見が, 実例において, 実例を, 実験から, 実験を, 家の, 家族に, 家族以外の, 家畜や, 富農, 専門文献の, 将校や, 導かれる者, 小児を, 小売店が, 小形苞が, 小枝, 小舟と, 小説の, 少年は, 島嶼と, 巡礼の, 工業に, 巫女が, 市民が, 希望者を, 席を, 常識論者は, 幼き国民, 店員を, 康福を, 弟子を, 強力な, 当選は, 形式が, 彼等が, 後ろで, 後継者が, 御出席, 徳利を, 心霊の, 志士が, 応援が, 応援隊を, 念願に, 怪我人を, 悪漢が, 意向を, 意志で, 意志は, 意見が, 意見は, 感想を, 我所有たる, 手先は, 手紙の, 承認を, 技術家乃至, 投身者が, 指導者の, 掛け声, 接触点を, 摸倣者を, 支配へという, 改良の, 政党ある, 政友に, 教師を, 敵から, 敵に, 敵を, 文学者にとって, 文明人と, 文献が, 料理屋が, 新しい作家, 新兵器, 方々が, 方方に, 日本人という, 日本国民について, 日本青年が, 旧技術家, 星雲を, 映画研究者, 時間の, 暴力, 書生を, 有司は, 有能な, 朋友に, 木簡を, 未知の, 未開民族の, 本を, 村民は, 条項を, 来客接待の, 東京人とともに, 東京市内電車の, 松明の, 板画あり, 枝線へ, 桑名屋徳蔵は, 槌の, 模型や, 権威者の, 機械女工が, 歌人が, 歌麿が, 武士が, 武士を, 死人が, 死人を, 死傷に, 母たる, 民家を, 民族が, 民族に, 民衆の, 民衆を, 決して口, 法学生ないし, 流れを, 浪士処刑の, 浴客を, 消費税である, 消防隊は, 測定結果は, 漁人男女とも, 漁船の, 演出家も, 激昂が, 火花を, 為に, 無知識階級, 熊公八公や, 父を, 牡獅子と, 物質が, 特殊民が, 犠牲を, 犬を, 狩猟民族と, 独逸兵が, 現象に, 環視の, 生徒の, 生活向上の, 生産的職業が, 男が, 男は, 男を, 男女は, 男子を, 男性女性は, 異る, 異部落, 病人達に, 発想を, 登山班を, 登山者を, 目を, 看客の, 真実の, 真珠を, 眼である, 知友に, 石塔を, 破片と, 社会が, 社会主義者を, 社会学者達の, 神経細胞が, 私鉄の, 科学者は, 科学者や, 稀少性が, 種類を, 穀物商人も, 穿いて, 立派な, 算額が, 純日本人, 素人を, 組織を, 経済学者を, 経験者の, 結婚し, 継立てが, 縉紳は, 美術愛好者には, 老婦人たち, 者にとっては, 者に対する, 聴講生を, 職業を, 肋骨を, 腕で, 自然の, 自由党員は, 興を, 興味を, 舌状弁花を, 船員らに, 船舶は, 色をも, 花束小さな, 花茎を, 若い女性, 若い男女, 若き人々, 茎は, 著書及び, 蒙昧なる, 虫けらを, 蛇と, 蠅を, 行為の, 街路は, 被告は, 被害民諸君の, 装置に, 複雑な, 見物に, 見物人を, 見物席の, 見舞客が, 規定に, 親たちが, 観客の, 観覧人の, 観賞者を, 認識する, 説が, 読者, 読者が, 読者にとって, 読者には, 誰かが, 論点を, 論者が, 諸君の, 諸自然科学, 識者の, 警官で, 警官を, 警察官や, 議論に, 貧乏人の, 貧民を, 貴族や, 賛成者の, 購読者を, 足音の, 軍船が, 軍隊に, 農は, 農民や, 迫害に, 通俗社会主義的民主, 連中が, 遊女が, 運河の, 道徳は, 道連れの, 選に, 都市が, 醜業婦を, 采女という, 重要な, 銃や, 閨秀作者が, 降伏者を, 陶器店に, 随従者は, 集会や, 雌を, 雪渓を, 雲助が, 電燈が, 霊魂説が, 青年が, 青年を, 非人が, 面前で, 顔の, 顧客から, 飢えたもの, 餓死者が, 馬とが, 駄獣と, 骨が, 高官たちも, 魂の, 鶏を

▼ 多数~ (252, 7.9%)

2 いずれも, これに, やはり江戸時代, 今なお, 何時か, 在家の, 我々階級の, 日毎に, 江戸に, 自分が

1 [232件] あの時刻, あまりこれ, あれに, いきおい自縄自縛, いま一時的戦術的に, いわゆる, いわゆる対岸, いわゆる河原, おそらくこういう, おそらくすでに俊夫君, かつての, かなり利口, この人生, この力, この好ましから, この手, この時, この連中, これに対して, これを, こんな物, こんな者, すでに行進, すべての, せいぜいここ, そういう不倫, そういう挑戦, そうだろう, そこに, そのままに, そのよう, その余燼, その家系, その距離, その郷土, その青年期, それが, それに, それを, ただにやにや, ただ祖先, ついに今一人, つとに解放, つまり無駄, ともかく家, どういう落ち, どうなり, どん, なによりも, なり金, ほんの気まぐれ, まだむろん人間生活, みんなその, もうほとんど事件, もとの, もともと差別, もと穢, やはり勝った, やはり純, ゆくゆくいかに成り行いたであろう, わざわざその, アメリカの, エタや, スペイン人の, パンパン, モウパッサンの, ヤニ下る, 一家の, 一旦公民権, 一種の, 三善清行の, 不正直者か, 不満足であった, 中学以来彼らの, 中流及び, 之れ, 五, 人の, 人間を, 今以, 今日なお, 何か, 何でも, 何人なれ, 何時まで, 依然として政党, 依然として残るであろう, 俗人である, 保元の, 健康な, 偽浪人, 先生の, 公刊装本による, 凶作と, 到底内閣, 則ち, 剣に, 医科の, 十日ぐらい, 半農半漁であっ, 南アフリカで, 単に職業的, 同主義, 吾人の, 四十三年, 執拗に, 売行きが, 多分螺状星雲, 多少安心, 大抵の, 奥地へ, 女を, 女子で, 女子なる, 子供の, 孰れ, 官許の, 実にこの, 実は馬, 寺禄のみ, 寺院を, 専門的な, 尽くヒプノタイズ, 希望を, 常にそうである, 廉恥も, 当然疑ふべき, 彼の, 彼らの, 彼等の, 後進部落とまで, 従来と, 従来の, 悔いて, 悲惨な, 意識する, 愛の, 或いは流れ, 所謂その, 手に, 採樵, 文化の, 文学的な, 断然彼, 斯くの, 斯の, 新聞社雑誌社の, 既に死に絶え, 既に退転, 日本人の, 旧自由党員たる, 明治以来の, 時間ぎりぎり, 最後まで, 最早, 本来人生を, 板木を, 正面からは, 此の, 死傷し, 殆ど仏教, 殺戮された, 母としての, 水に, 水には, 江に, 法学に, 浮浪民と, 満足で, 無学でした, 無用に, 無知の, 煉瓦に, 熱海で, 物理学者以外の, 犯人の, 狼の, 王政と, 現に之, 現に鉄砲, 生存競争の, 生活収入の, 男の, 男法師であったであろう, 留まって, 疑も, 皆悉く, 皆招待, 皆銀河の, 盛に, 直ちに解雇, 相変らず, 矢つ, 砲煙の, 碌々に, 祖先以来狩猟漁業に, 私の, 秩序の, 紀元前一世紀の, 練習の, 考へて, 聖人でも, 自動車や, 自己一身に対しては, 自然科学の, 自称政治家自ら天下に, 自邸へ, 艇外へ, 芝居は, 葉子に, 表現し得ず, 見苦しい利己主義, 警固の, 貞操の, 質に, 趣味に, 車を, 軽輩でも, 近郷近在の, 途中下車でも, 過去の, 道徳律を, 都会に, 都市の, 酔生夢死封建政治に, 重く用, 関知しない, 閣下の, 陋屋密集の, 飢え死に凍え, 馬田の, 骨身を

▼ 多数~ (204, 6.4%)

9 ある 6 上って 4 あって 3 あるかも, あること, 上りつつ

2 [14件] あった, あっても, あると, お入り込み, それが, なって, 出陳される, 及んで, 国政の, 存在し, 存在する, 見られるの, 達した, 集まって

1 [148件] あったであろうと, あったならば, あった中, あっては, ありは, あるくらい, あるけれども, あるだろう従って, あるであろう, あるには, あるの, あるよう, ある事, いたという, いたの, いるの, この種, ござります, ついて行くの, できあがった, できたに, とりて, とる事, なった, なります, なる, のぼって, のぼります, のぼるであらうと, のぼるの, ものを, よりて, 一時に, 上ったの, 上りノートブック十冊位の, 上るという, 上る訳, 不用な, 久しきに, 乱入し, 他ならず, 伏在し, 保存せられ, 倦まる, 傑作を, 入り込んで, 入乗せる, 全編の, 再生産, 出来たの, 分布されいる, 分布された, 分枝, 列挙し, 参入した, 参加し, 及び到底最早, 及ぶ, 収集紹介し, 叢出し, 古器物, 向かって, 因つて通過された, 因循怯懦な, 多種に, 媚びて, 存した, 存する, 就ても, 影響し, 従来から, 感化され, 憎まれながら, 成つたからで, 所有し, 承認され, 拵えこれ, 持つ女, 擁せられて, 擁せられ新政厚徳, 支那語に, 散在し, 有して, 有つた, 有害なる, 望見し得る, 来て, 残ったところ, 残って, 残存し, 海外へ, 海岸に, 海彼岸の, 混じって, 無勢一般の, 無勢勝ちいくさが, 生えて, 生じたに, 生じて, 生ずる, 生命を, 発生したであろう, 発生する, 発見せられ, 目覚めて, 相違無い, 祖先から, 移住し, 空間内に, 立ち向われるや, 米欧を, 維持する, 綴り房, 繁延し, 群を, 肯われない, 臨席し, 自分たちは, 興味を, 茎の, 蒐集せられた, 蔵められ, 行った, 製造する, 見えた, 見せかけること, 見せるもの, 見付け出した, 見出されは, 見出されるが, 見出だし, 親切に, 設けられ男子, 読ませるつもり, 読まれるという, 読まれるよう, 読んで, 調子を, 議会へ, 起る事, 迎合する, 達して, 遮られて, 選ばれるため, 遺品が, 集まると, 頒つ, 騎士の

▼ 多数~ (173, 5.4%)

44 占めて 4 相手に, 議会に 2 しめて, 凡そ示す, 敵と, 極めたとしても, 焼失した, 野蛮に

1 [109件] いかにし, いちばんいやに, この世から, しめてからの, しめて居た, その枠内, たのみに, たのみ多数, たのむいま, たのむ卑怯者, たのんで, とったら政権, とって, どうしよう, なした時, よろこばせるよう, りこの, 三, 中国に, 他郷の, 出陳し, 利し少数, 制して, 制しましたため, 制すること能, 制するだけの, 制するには, 制する剣法, 動かして, 包含し, 占むると, 占むるの, 占むる中小階級に, 占むる我が, 占むる能はずむ, 占めその, 占めたが, 占めたもの, 占めた事実, 占めた普通, 占められるよう, 占めるだけに, 占めるの, 占めるもの, 占める下級中級, 占める働く人民, 占める労働者, 占める勤労階級, 占める可能性, 占める支那人中, 占める男女勤労者, 占め中, 占め其の, 占め大約七万, 取るちゅう算段, 合せて, 含む, 味わった事, 失うという, 導いて, 彼らが, 征服し, 待つこと, 従えるに, 得たり, 得たるもの, 得て, 得ること, 恃む卑怯者の, 恃んで, 意味した, 意味する, 憂鬱に, 打尽し, 抑えて, 抑圧する, 抱えること, 拝見仕り, 擁しては, 擁する, 擁する団体, 擁する政友会, 操縦し, 支配し, 支配する, 教えて, 時として芝居, 有して, 有するもの, 東京から, 極めたり, 死なしめ生き残った私たち, 殺しまた, 気の毒に, 満足せしめたる, 率いて, 目的として, 示して, 示すも, 第一, 組んで, 統御し得る, 聴くとき, 自分の, 致しその, 見るに, 言い次に, 言ひ, 頼んで

▼ 多数~ (160, 5.0%)

2 所有する, 日常の, 貧乏線以下に, 集って

1 [152件] あなたがたを, あのよう, ある, あれと, いつの間にか解放, いは, いわゆるアルバイト, いわゆる高閣, お神楽師, この雑文的, すでに見物済み, すべて面を, そういう自他とも, そうである, そこで, そのえらい, そのよう, その生活態度, その脈管中, その遣, それぞれ源平藤橘の, ただ何となく, なお無条件, ふしぎに, ほとんど病的, まだ社会的, もうこんな, もって, やはり首, われわれの, クラシックに, ゾロゾロと, ファッシズムへの, フラーゼオローグであっ, プロレタリア独裁の, 一つ個性に, 一度に, 上京し, 之まで, 争うて, 事大主義的である, 亦観察, 人間にとって, 仮りに, 仮冒, 休刊した, 会員で, 何れ位海外で, 便所へ, 倒壊した, 公園に, 出京, 副手や, 力を, 卑俗に, 原始仏教の, 可と, 合して, 同意するで, 同時に無産者, 吐くほど, 含まれて, 啄木の, 喜ばないもの, 団結し, 多くの, 夢想する如く, 大乗仏教の, 奥地へ, 女子である, 好都合だ, 子供と, 存する以上, 実によく泣く, 実際は, 小規模の, 希望し, 平気で, 当選しました, 徴兵忌避の, 意識的に, 愚だ, 感じて, 憲政党に, 或一つ, 戦争を, 戯曲を, 承知しない, 支持する, 支配し得る如き, 支配階級の, 政府に, 斉彬様に, 新聞記者出身である, 映画を, 最も真, 朝飯を, 期せずして, 本命を, 概して仏教, 概ねこの, 次から, 死亡した, 死罪と, 殆ん, 殺されたと, 比, 気がつかないで, 河の, 法令上で, 浅間しい, 深い正当, 混乱と, 測量技師の, 瀬戸内海に, 特に現, 独身状態に, 獲得されなけれ, 生きて, 社会に, 社会の, 科学が, 立って, 第一, 結婚まで, 群がり集まって, 群集し, 腕の, 自分たちの, 自分達の, 自力で, 薙ぎ倒された, 虫の, 裏書を, 解放された, 解放せられ, 言い合わしたよう, 読まなかった時, 諸国を, 貧窮である, 貧農化し, 身方に, 農奴の, 農家の, 遂にその, 銀行会社などに, 閑で, 集まって, 食物なし, 飲み干したり, 駈け散らさればたばた, 騒ぎ立てるの

▼ 多数~ (94, 2.9%)

2 である, のこと, の権利, の生活, の生活品必要品, は常に

1 [82件] がそれ, が搾取, が無産者, が理想, が統治, が自ら, が養われ, たるべきもの, たる人間, たる利口者, ついで一般勤労階級, であるが, であるという, であるの, である世間, である人民, である人民大衆, である男, でなかったら恐らく, でなければ, というこれ, としての窮乏, と見る, にとつて, には何等, には推理, によって支持, に圧迫, に対する裁判, に少く, に莫大, のため, のもの, の一人, の一致, の中, の共通, の凌虐, の判断, の利害, の力, の効力, の名, の味方, の困窮, の妻, の希望, の平均値, の平均水準, の平均的, の幸福, の意志, の意見, の慰安, の手中, の持つ, の数千年間, の歓迎, の為, の為め, の無秩序, の無能力, の理性, の生活感情, の生活条件いかん, の興味, の芸術化, の迫害, の通解, の関係事実, の集合, はかの, は疲れたる, は臆病者, や大, をこの, をなし, を信じ, を地主, を大衆, を獲得, を養う

▼ 多数~ (33, 1.0%)

2 のである

1 [31件] ところであった, ので, のであります, のです, のでどう, のは, 事は, 事象の, 人間が, 人馬の, 人馬を, 体験の, 各場合, 同一種, 場合である, 夢思想の, 小恒星, 島出身の, 廉価な, 怪我人を, 文献が, 毬彙を, 登場人物の, 蒐集と, 要素から, 読者が, 赤の, 通行の, 避難者の, 錯列によって, 項目の

▼ 多数である~ (30, 0.9%)

2 が故に, ことから, ことは

1 [24件] かということ, から吾, がこの, が中, が実は, が然し, けれども催促, ことが, ことに, ことも, ことを, だけで, という力, とは察せられる, と云っ, と信じます, と共に多数以上, のだ, ので, のにもう, のは, 一方には, 事実である, 所を

▼ 多数~ (27, 0.8%)

1 [27件] あらざるを, いかなければ, いつもの, ぎょうぎょうしいの, これが, ほがら, まちまちの, 下宿料が, 中には, 争い食う, 争ひ, 二十一年上野の, 勝つこと, 反対派と, 可決した, 大会決議として, 存続と, 尾籠な, 彼の, 托児所の, 批判的要素の, 男体皇海袈裟丸武尊を, 羽状に, 複雑であり, 追っかけるよう, 通過した, 道徳を

▼ 多数~ (15, 0.5%)

2 次位の

1 [13件] す, なった, なっても, まだ第, 二万五千以下の, 云うこと, 同じ調子, 後に, 比較し, 見て, 認識したる, 調和伴行せざる, 顔を

▼ 多数~ (14, 0.4%)

2 の生活必要品, の貧乏 1 の助力, の尊敬, の幸福, の生活, の組合, の群居, の貧困, の集合体, は単に, へ示された

▼ 多数~ (13, 0.4%)

2 たる資格, となり 1 たる自己政党, であるという, としての権利, としての資格, となっ, にした, の一つ, の代表者, はその

▼ 多数~ (12, 0.4%)

2 亦た 1 これについて, そう思っ, またそう, またその, また共同経営, 亦决, 亦彼, 前後左右に, 彼に, 怒った

▼ 多数という~ (11, 0.3%)

1 [11件] ことにたいする, ことも, ものは, 事実に, 報告が, 意味に, 条件は, 規定を, 観念の, 観念は, 量は

▼ 多数なる~ (11, 0.3%)

2 可し, 幽霊論者は 1 ために, にかかわらず, より考, を以て動, 人民の, 正多角形とか, 農民は

▼ 多数いる~ (9, 0.3%)

1 かどう, かも知れない, か勘定, のだ, ようで, ような, ペイズリに関する, 上に, 間に

▼ 多数ある~ (7, 0.2%)

1 がその, けれどよく, ことと, に違, ようである, 事と, 見込み

▼ 多数~ (7, 0.2%)

1 から, からである, が最も, し女, そうです, ということ, という一つ

▼ 多数では~ (7, 0.2%)

3 ない 2 ないが 1 ないので, ない常連

▼ 多数をもって~ (7, 0.2%)

2 否決された 1 一人を, 本案を, 議決した, 通過し, 通過した

▼ 多数存在~ (7, 0.2%)

3 して 1 したの, し従って, するすべて, せる竜王山

▼ 多数から~ (6, 0.2%)

2 どんな暴力的 1 おのずとわきあがる, 受けいれられたよう, 少量を, 私刑を

▼ 多数であっ~ (6, 0.2%)

1 てかつ, てまた, てみれ, て同情, て従って, て選択

▼ 多数であり~ (5, 0.2%)

1 その範囲, またその, 且つ熱心, 又逆, 能の

▼ 多数において~ (5, 0.2%)

3 変化し 2 増加し

▼ 多数には~ (5, 0.2%)

1 あまり悦ばれなかった, あるまいと, おそらくそうは, まだ善意的, 銭貨の

▼ 多数政治~ (5, 0.2%)

1 であって, とは最も, なんという, に定義, の宰相たる

▼ 多数~ (5, 0.2%)

3 集まって 1 ならび永く, 生じ黄色

▼ 多数貧民~ (5, 0.2%)

1 のため, の児童, の存在, の狭隘, の需要

▼ 多数でも~ (4, 0.1%)

1 かぎりが, なければ, イクォール無力だった, 実質は

▼ 多数とは~ (4, 0.1%)

1 いへ, こうしてゴッチャ, 優良の, 申しながらも

▼ 多数を以て~ (4, 0.1%)

1 たいていの, 否決せられたる, 墓地排斥の, 第一読会

▼ 多数人民~ (4, 0.1%)

1 の利益, の心, の手, の生活

▼ 多数原理~ (4, 0.1%)

2 に基く 1 が大衆, を正直

▼ 多数~ (4, 0.1%)

1 から来る, の規定, をこちら, を常識

▼ 多数あり~ (3, 0.1%)

1 て放, 咽喉にも, 盛んに

▼ 多数であろう~ (3, 0.1%)

1 がまず, と少数, と早婚

▼ 多数について~ (3, 0.1%)

1 これを, 増加し, 変化し

▼ 多数によって~ (3, 0.1%)

1 感謝せられたる, 支持され, 敬遠され

▼ 多数に対し~ (3, 0.1%)

3 増加し

▼ 多数に対する~ (3, 0.1%)

1 ある生産物, これら二商品の, 利用及び

▼ 多数人士~ (3, 0.1%)

1 がことごとく, にとり, の愛読

▼ 多数~ (3, 0.1%)

3 国民を

▼ 多数~ (3, 0.1%)

1 の存娼派, の政党, の根拠

▼ 多数~ (3, 0.1%)

1 が正しい, に依っ, を建てた

▼ 多数あっ~ (2, 0.1%)

1 ても大, て各々

▼ 多数あった~ (2, 0.1%)

1 が民間, し最近

▼ 多数~ (2, 0.1%)

1 て薑パン, 女中が

▼ 多数この~ (2, 0.1%)

1 宗旨に, 特権に

▼ 多数これ~ (2, 0.1%)

1 あり, を買いこん

▼ 多数だった~ (2, 0.1%)

1 けれど松尾, ためも

▼ 多数であった~ (2, 0.1%)

1 とは思えない, のが

▼ 多数であれ~ (2, 0.1%)

1 ばある, ばそれ

▼ 多数と共に~ (2, 0.1%)

1 その後ろ姿, 成長し

▼ 多数にて~ (2, 0.1%)

1 一日を, 生活し

▼ 多数にとって~ (2, 0.1%)

1 きわめてたいせつ, 負担である

▼ 多数にとっては~ (2, 0.1%)

1 自然の, 致命的であった

▼ 多数よりも~ (2, 0.1%)

1 さらに幸福, 街の

▼ 多数共同~ (2, 0.1%)

1 して, の力

▼ 多数包括~ (2, 0.1%)

1 されて, した

▼ 多数商品~ (2, 0.1%)

1 の交換, の場合

▼ 多数商品間~ (2, 0.1%)

2 の交換

▼ 多数大衆~ (2, 0.1%)

1 も亦, を対象

▼ 多数文芸~ (2, 0.1%)

1 というもの, というよう

▼ 多数無名~ (2, 0.1%)

1 の我々, の氏神社

▼ 多数町村~ (2, 0.1%)

1 の頽廃, ノ頽廃セルモノ

▼ 多数老若男女~ (2, 0.1%)

2 の群集

▼ 多数者獲得~ (2, 0.1%)

2 の課題

▼ 多数~ (2, 0.1%)

2 と序数詞

▼ 多数読者~ (2, 0.1%)

1 の嗜好, の積極的努力

▼1* [171件]

多数ありましたがなか, 多数あろうとは僕, 多数いたが男の子達, 多数いたらこういう事態, 多数いたらしいという, 多数いなくなれば先生, 多数使いに, 多数おかれている, 多数分らない, 多数からは了解し, 多数なれば, 多数こしらえ映写機及び, 多数こそ多衆, 多数ことに知識層に, 多数これから先が, 多数とがこもっ, 多数て担ぎ上げよう, 多数じゃがそれを, 多数すなわち六名の, 多数ずくではどう, 多数たる庶民階級の, 多数だろうと思います, 多数でありますこのお, 多数とか平均とかいう, 多数としか思われない諸, 多数との分立, 多数とを取りて, 多数ならしめてしかも, 多数なれどもみな中等社会, 多数にも達して, 多数に対して自分は, 多数に対しても叙爵進級が, 多数のせてもっと, 多数のべ時間に, 多数はいづれにつくか疑問と, 多数ひいて之, 多数ぶら下っていた, 多数訴へる, 多数まじっている, 多数までがこの, 多数平均そのものでは, 多数やつて来, 多数より優れたりとの, 多数三法師支持へ傾こう, 多数下宿するが, 多数下山するに, 多数中等以上の教育, 多数乃至全部が, 多数二千六十四人との比, 多数交ってい, 多数京都やあるいは, 多数人格という例, 多数今や村中混乱せる, 多数以上のもの, 多数会場へ, 多数個人の協調, 多数の分量, 多数倒壊し市, 多数僅かな例外, 多数働きに来, 多数元子のある, 多数党如何に横暴, 多数党派の毒泉, 多数入り乱れて沐浴, 多数入れそうだ, 多数公衆の間, 多数兵士に汚された, 多数兵我は熟練, 多数ている, 多数出すような, 多数出席した, 多数出版されて, 多数出迎えていた, 多数の委員, 多数劇作家の利権, 多数をあわせ, 多数加わって居りまし, 多数勢力者の利己心, 多数印刷されるパンフレット, 多数参列の下, 多数参加したつまり, 多数取れたり網, 多数叢生して, 多数同じ場所に, 多数同志の確か, 多数含まれている, 多数含んでさえい, 多数団体の力, 多数国民の間, 多数土足で踏みこん, 多数塾生の面前, 多数多い子供の, 多数多様のアジア人種, 多数奴隷の上, 多数学生の希望, 多数学者の綜合的力, 多数専属せしめ絶対, 多数少くも現代教育, 多数少壮士官を代表, 多数少数を以て内閣進退, 多数居住する雑居的, 多数居合せたからであった, 多数居残リヲレリ, 多数届いていました, 多数師団の大, 多数帰化人の文化, 多数平和のため, 多数得ることは, 多数集り下さいまして, 多数応募用紙は必ず, 多数患者の診療, 多数意見として議場, 多数所謂原爆症で殺した, 多数押寄せて来, 多数招待して, 多数政党たる政友会, 多数政友会より出, 多数旧時のエタ, 多数普通の民家, 多数最大幸福の一段, 多数来会者の席, 多数来聴されタナダ子爵, 多数検挙されて, 多数はれて, 多数武人の集合, 多数武器ヲ大商船隊ニ乗セ, 多数残っている, 多数残つただけで殆, 多数殺し家をやき, 多数民人の間, 多数民衆の生活, 多数汽車に乗っ, 多数派間の対立, 多数混存すること, 多数潜伏し居り兼, 多数特に富農には, 多数現われそこに, 多数生えている, 多数生ましめたかをみる, 多数生まれ出た事, 多数用意しだいぶ, 多数申請すること, 多数病室に半月, 多数発見した時, 多数登場させなくては, 多数にお辞儀, 多数突発したので, 多数窮民の力, 多数素人へのあてこみ, 多数続々と内地, 多数総状花穂に着き, 多数であるの, 多数複製せられて, 多数見出されたのであります, 多数設けられてある, 多数詠まれてゐる, 多数起るかと思われた, 多数趣味以外になにもの, 多数連れて大森, 多数選出せらるるよう努力, 多数部屋を出た, 多数附いて居られる, 多数隣接して, 多数集まっている, 多数集まった集団の, 多数集めて見る, 多数集合して, 多数集団の威力, 多数集録されて, 多数飼育すること, 多数高価の鶏