青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地震~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地図~ ~地方 地方~ ~地獄 地獄~ ~地球 地球~ 地理~ 地蔵~ ~地震
地震~
~地面 地面~ ~坂 坂~ 坊~ 坊さん~ ~坊主 坊主~ ~坐 坐~

「地震~」 2436, 25ppm, 4626位

▼ 地震~ (632, 25.9%)

30 ように 26 ために 20 ような 16 時に 10 時の 8 やうに, 場合に 7 時は 6 ときに 4 ことを, 中で, 前の, 多い年, 日が, 時には 3 あとで, ときは, 予報は, 度毎に, 様に, 火事で, 記録が, 際の

2 [46件] あとでも, あとに, ある国, ことは, ときの, ときトラムプの, とき自分の, ふると, 中に, 予知が, 事を, 光景を, 前に, 原因を, 問題とかに, 噂を, 報に, 場合にも, 場合の, 場合は, 壊え, 夜の, 年である, 年以来一度も, 後に, 惨害を, 日である, 日に, 時だって, 時まで, 時私が, 有様を, 波が, 波動が, 災厄は, 神を, 翌年に, 被害は, 観測に, 記念日, 話は, 話を, 豫知問題の, 間際に, 際に, 震波の

1 [361件] あくる年春, あったその, あったという, あった十月, あった年, あった徳島城, あった昭和五年十一月二十六日, あった時, あった月, あった翌年, あつた, あとそのまま, あとでは, あとの, あとは, あと晴れあがった, あと近所隣り, あり得ること, あるだけの, あるという, あるの, ある度, ある時, うちで, おこる約, おほい, おもしろさ, お庇, お蔭で, ことから, ことが, ことそれとは, ことなどは, ことも, ことや, ころへ, ごたくさまぎれ, ごときは, ごとく揺らいだ, して, せいで, せつな広範囲, その日, ためいまの, ため堅牢を, ため水道浄溜池破壊せし, ときこの, ときさい驚き慌て, ときにでも, ときにも, とき二階の, とき人は, とき圧死した, とき役に立ったです, とき春江ちゃんの, とき東京に, とき泥土層や, とき皆搖れ出す, とき私は, とき私を, とき起つた, とき跣足に, とき金庫が, としで, ない時, ほうは, ものに, やうだ, やうな, やつと, ゆれかえしを, よう, ようだ, ようである, ようなさわぎだ, ようにしか, サイコロジーを, 一つである, 一つ二つ起こらない, 一寸前位に, 一搖れ, 一篇は, 三十分ほど, 三十分前倒壊し, 下から, 世界だ, 中心の, 主原因, 主要動である, 主要部の, 九分の一以下である, 予報, 予知という, 予知は, 予言に, 予言は, 事などは, 事などを, 他に, 余震である, 余震の, 傳説が, 傳説の, 光, 全く起る, 分ってる奴等, 初に, 初動が, 初期微動に, 初期微動繼續時間は, 前には, 前兆だって, 副原因, 割れ目か, 力にでも, 力を, 区域は, 十分の一以下の, 危険の, 危険を, 原因である, 反動とでも, 可能性については, 名残らしい, 名画は, 呪いの, 問題に, 四五年前から, 四日五日めぐらゐ迄は, 國と, 地震計, 地鳴りの, 報道は, 場合とは, 場合においては, 場合には, 場合普通に, 夏の, 多き点, 多さ, 多數, 夜は, 大小強弱を, 如きは, 如き場合, 如き天災, 如き最も, 如くに, 如くグラグラ, 如く其, 如し所で, 威力には, 学説が, 安全瓣だ, 安全瓣と, 害は, 害も, 小さくなった, 尠いところです, 崩え, 常識を, 年で, 年です, 年に, 年の, 年を, 年代差から, 強さ, 強度は, 強度を, 強弱の, 強弱程度が, 当座私の, 影響は, 影響を, 後だけでも, 後だった, 後でも, 後なぞは, 後には, 後は, 後まで, 後十四五日経つ, 御蔭を, 心配の, 怖しさ, 性質が, 性質として, 性質により, 怪我人は, 恐ろしさ, 恐怖の, 情報が, 惨害に, 惨害に対してこそ, 惨害も, 打撃に, 折は, 折大, 揺った様子, 揺れる少し, 損害に, 損害を, 搖り戻し, 搖り返し, 数を, 方が, 方面だ, 日々あるいは, 日には, 時ところどころの, 時なども, 時中橋の, 時事務所の, 時分などには, 時刻が, 時博士は, 時困るだらう, 時宅なら潰れる, 時幸いにも, 時水禽を, 時牛めし屋に, 時長男が, 期日を, 本体は, 本当の, 来た翌年安政二年, 来るの, 来るまでは, 来る一瞬前, 来る日, 来る知らせ, 東京での, 根本的研究は, 概念, 概念は, 樣に, 歌の, 殆ん, 活動によって, 源因, 源因を, 滝壺の, 滝道の, 瀑, 火に, 火事と, 火事にも, 火煙水けむり, 災害は, 災害を, 為に, 爲では, 爲めだ, 爲四百の, 珍らしい, 現代女性は, 現象, 現象でも, 現象と, 現象を, 用意は, 當初から, 當夜から, 當日は, 當日ふるへ, 當時に, 直後は, 直後中戸川からの, 直接の, 眞相を, 研究に, 破壊作用の, 神, 神にも, 神セイスモス, 禍いです, 禍いをも, 禍が, 禍は, 秋あたりは, 秋で, 秋であった, 科学的研究に, 秒を, 種類による, 突発する, 節多大の, 結果が, 統計に, 統計や, 絵図なぞを, 翌る, 翌年たしか, 翌年の, 翌春, 衝撃を, 被害であった, 被害も, 裡に, 襲いきたったが, 襲来だ, 規模廣大なる, 觀測に, 觀測によ, 觸頭と, 記の, 記事が, 記事なし, 記事に, 記事は, 記事を, 記録も, 記録を, 話が, 話に, 調査の, 調査日記に, 調査日記には, 警告を, 豫知問題が, 起こること, 起ったよう, 起った時, 起った瞬間, 起つたの, 起つた時, 起りそう, 起り樣即ち, 起る原因, 起る理由, 起る筋, 起因の, 趣向で, 跡であります, 跡の, 踊の, 轟き, 近いこと, 都から, 間, 間も, 関係に関する, 際主人何より, 際其處に, 際土蔵という, 際大いに, 際山崩れの, 際東京帝國大, 震動が, 震原と, 震源は, 震源地は, 震源地帯の, 静まるまで, 頻度との, 頻度ほど, 餘波を, 騒ぎの, 騒ぎを, 騷ぎありて心靜か

▼ 地震~ (321, 13.2%)

31 あって 26 あった 7 あつた, 来た 6 あったが 5 起って 4 あったり, あっても, ある, あると 3 あったので, 起った, 起つた

2 [18件] あったじゃ, あったと, あったという, あった後, あってから, あれば, すんだので, やってくる, われ, 一度に, 始まったの, 始まり隣家, 嫌である, 怖うもござりませぬ, 揺って, 襲来した, 遠くから, 頻々と

1 [178件] あったとは, あったの, あったよ, あったらしい, あったら真中, あった場合, あってネ, あつたり, あつたりなど, あつて, あまり小さな, あらうが, ありがち, ありそう, ありほうぼう, ありました年, ありまして, あり丙辰, あり同, あり地震, あり多く, あり大, あり大山火事, あり安永七年七月, あり山の上, あり故郷, あり新春, あり次第断水, あり深い, あり雷, あり震災, あるという, あるの, あれほどの, あろうと, いつかは, おれの, くれば, ここら一帯, これを, こわして, ございました年, ございまして, して, しましたね, しようと, し同じく, すんでしまつた頃, だいすきだ, でて, どうして起る, なかったら, なぜ火星, なぜ起る, はじまった, はじまりました, ひとに, またやって来, もう起らなくなった, ゆって, ゆるた, ゆれたやう, よほど大きい, ガラガラと, 一度や, 三年か, 不断に, 主要の, 予想を, 予知される, 五百九十九年である, 人心を, 何の, 何より国家, 余程ひどい, 來る, 初まろ, 刺激した, 前後四五回も, 勃発した, 動いて, 十分に, 又あつ, 可恐い, 可能である, 名物の, 周期する, 四百十六年で, 地震計によって, 多いし, 夜中つ, 大きかった, 大きければ, 大きらい, 奇縁, 如何なる有, 如何に, 始まつたの, 始めて, 実際上, 家を, 少し早く, 少ないからと, 当然来る, 彼の, 怖いの, 怖く入口, 恐くて, 感じられるそう, 感ぜられた, 揺っても, 揺り出した, 揺ると, 揺れること, 揺れると, 搖つて地が, 数年以内に, 最も強大, 有って, 村の, 来たと, 来たらつぶれるに, 来た日, 来た時, 来ひきつづき立って, 来ました, 来る, 来るか, 来るかも, 来ると, 来るまでに, 東京からの, 某火山, 横浜や, 止むと, 決して私, 深くに, 相模湾の, 知られて, 突発すれ, 継続する, 繰返された, 落ち付かぬうち, 襲来し, 襲来する, 誘發され, 豪く押ぱだかつて, 起こって, 起こつて, 起こりゃしまいし, 起こり得るという, 起こり新しい, 起こり軟泥, 起こること, 起こるという, 起されること, 起ったの, 起った瞬間, 起つたこと, 起つたの, 起つた時, 起つても, 起りそれ, 起りやしまいし, 起り浦和, 起ること, 起るだけの, 起ると, 起ると共に, 起るの, 起る前, 関西地方に, 震動一秒に, 頻々に, 頻発し, 頻発した, 頻発する, 餘程激烈で

▼ 地震~ (188, 7.7%)

9 於て 5 出會, 對し 4 於ては, 逢って, 遭うて 3 あったよう, 出逢って, 對する 2 なると, 伴ふ, 出會つて屋外, 出逢ったそう, 因る火災, 目を, 見舞はれた, 見舞はれる, 逢ったので, 關する

1 [128件] あって, あつた, あらずして, ある, あるの, いけないと, いたみも, おしつぶされる瞬間, おびやかされた人心, こりないの, こりること, しては, つぶれて, つぶれぬよう羽目, ところどころ欠け, とび上って, なったかの, なって, びくとも, めぐり合ったの, もさうである, ゆられて, よりて, ロープが, 一たまり, 乗じて, 会った仏像, 会って, 伴う海嘯, 伴へる, 余震が, 依りて, 倒れたの, 倒れない建築, 傷められた丸の内びるぢんぐ, 傷められた場合, 傷められる模樣, 出っ会した時, 出会ったの, 出會つた, 出會つた一瞬間, 出會つた其瞬間, 出會つてそれ, 出會つて容易, 出来た古い, 出逢うとは, 出遇ったの, 出遇つて, 劣らない地震, 匹敵する, 千歳村は, 千駄ヶ谷の, 因つて命を, 因る死者四萬, 土佐の, 坤軸を, 夜を, 大きく揺られた, 委せるん, 家の, 寝台もろとも, 居残った旧式, 屋根瓦を, 崩る, 崩れた崖地, 引きつづいて, 当って, 征服せられ, 心の, 怯やかされた, 悸えて, 感じまた, 感謝し, 揺られた如く仆, 揺れた池, 損傷しない, 散ばらないの, 於ける地割れ, 於ける田結村, 於ける郷村, 於ても, 次いで起った, 死した三人中, 比べると, 水戸の, 水瓶の, 注意せよ, 狎れた感能, 當り, 痛んだまま, 石垣が, 神田火事, 私たちは, 私は, 移りましょう, 耐えるが, 脅かされて, 脅かされる傍, 落ちた事, 蟻田博士の, 襲はれ, 襲われて, 見られない異常性, 見られる原則, 見舞われて, 譲らず亀井戸辺, 蹈み, 追はれた, 逃げ迷うて, 通ずるもの, 逢いたい, 逢うこと, 遇えない, 遇つた儘何の, 遇て, 遭いしが, 遭ったの, 遭って, 遭つても, 遭つて死んだ, 遭逢した, 遭遇し, 遭遇した, 遭遇する, 遭難した, 関聯し, 降参しちゃった, 魘え

▼ 地震~ (135, 5.5%)

2 どの位我我, なおりましたかいな, 一望の, 京都と, 余震が, 地球の

1 [123件] あったが, あったの, あるし, あれだけの, いかなる場所, いつのまにかぴったりと, いつもそんな, かえって建物, かなり大きかっ, きらひなん, ごくたま, ごく少い, すでにおさまっ, すポセードーン, そうでなかったです, その内部, その地震帯, その夜歇ん, その年, その日, それから, たいてい一回, ただ私, どうしても大, どこに, ないね, なくて, はてに, ふるひし, ほぼ周期的, まことにめずらしい, まだつづくらし, むしろまれ, やって来ないもの, やっとやみ, やっぱり起こっ, やんで, ゆれ方, よして, わが国の, ミユンヘンの, 一二分間で, 一向知らぬ, 三十秒ぐらい, 三陸の, 主要震動が, 九月まで, 九月一日の, 二十秒間で, 亥の, 今どう, 今なお, 允恭天皇の, 元年十一月四日と, 全国的であります, 其根源の, 初めと, 別だらう, 前代未聞にも, 前古未曾有にて, 単に一つ一つ, 去年だ, 地層の, 地球全面に, 地表下に, 地震學に, 地震波を, 多く太平洋側の, 大和が, 大抵四十粁位の, 大正十二年の, 大船の, 大陸又は, 天候の, 天災だ, 安政の, 実はたいした, 小さくなっ, 局部性で, 山城と, 山城大和の, 山城摂津を, 山城摂津和泉の, 建保元年五月の, 強敵である, 後鳥羽天皇の, 御愛想, 怖ろ, 恐ろし, 感じたが, 我我作家の, 揺れるだけ, 政権に従って, 数十年の, 是ら私たちの, 時々あった, 最もひどい, 最初から, 最大級の, 東京市中の, 此時起つた, 江戸の, 河竹黙阿弥の, 海へ, 激震區域の, 火山性の, 相変らず, 紀伊淡路阿波讃岐伊予土佐豊前豊後筑前筑後壱岐出雲石見播磨備前備中備後安芸周防長門摂津河内若狭越前近江美濃伊勢尾張伊豆一帯が, 美濃が, 薩摩大隅土佐遠江伊勢紀伊伊豆上総八丈島などで, 西暦千七百八十三年イタリー國カラブリヤに, 規模狹小である, 規模頗る, 言わば私, 豊後海峡の, 豊後薩摩の, 起さないわけ, 越後相模紀伊山城で, 関東だけ, 震動が, 非局部性, 非常な, 非常に

▼ 地震~ (108, 4.4%)

3 家が 2 それには, 家の, 潰れて, 眼を

1 [97件] あつた, あつて, あの家, あらゆる家, いっそ一思い, いっぱいであった, がらがらと, くずれ落ちた浅草, げすか, こわれかけた家々, こわれる代わり, ご両親, すっかり崩れ, すっかり損じ, そのあと, そのまんま, その数日前, そればかり, そんな風, つぶれたり, できたもの, でも, どうかし, もう迚, やはりダージリン, ゆらゆらと, ドウなった, パミールの, 三十分間つづいた, 両親を, 亡くなるし, 仙台南部津軽及び, 伏見城の, 倒された未成市街, 倒壞したで, 全滅し, 割れた痕, 危いんです, 古美術品, 土佐では, 土地五十万頃が, 地が, 埋没した, 壁に, 壊されたひどい, 壊れた個所, 大混乱, 大被害, 天長四年七月に, 家を, 屋根が, 山が, 山手の, 崩されて, 崩れたまま, 引っくり, 引傾い, 彼等の, 必ず毀れ落ちる, 揺れた, 搖れたかの, 断絶する, 日本は, 時の, 曲ったまま, 曲るそれ, 最初に, 柱の, 横浜に, 次が, 水道の, 波打ぎわだけに, 海に, 海の, 海み, 滅茶に, 潰されたと, 潰されて, 潰れたり, 潰れた家, 焼けた向島, 焼払われたの, 瓦を, 石田三成等の, 破壊された, 祇園神社の, 私は, 絶版と, 線路の, 美味いもの, 花川戸の, 表へ, 見るかげ, 逃げる時, 逃げ出したとき, 関東の, 青山へは

▼ 地震~ (87, 3.6%)

4 考慮した 3 感じた 2 予言し, 恐れて, 研究する, 起すこと

1 [72件] あの時, この船, それほどに, だね, なくする, はじめ地震の, へんな, キッカケに, 一種の, 与えたい衝動, 予想し, 予覚した, 予言した, 伝えた, 体験し, 先發せしめた, 全く感じない, 凌ぎ得た木造家屋, 助かつ, 取り扱って, 叙し, 周知の, 呼び迎えたの, 心配し, 怖れ, 思い合わせるもの, 思わせる, 恐れまた, 恐れること, 恐れ水災, 感じたなら搖, 感じた場合, 感じませんでしたがね, 感ずること, 感ずるのみ, 感得せられる, 打ち止めとして, 持続さす, 描きし語, 本郷湯島に, 材料に, 知って, 知ってるだろう, 知らなかつた君, 第一, 經驗した, 考慮し, 考慮する, 考慮の, 虞る, 見るの, 覚えて, 觀測する, 言いあてた地震学者, 記録する, 誘発する, 起こして, 起こすと, 起こす鯰, 起さうといふ, 起さない, 起したもの, 起して, 起すと, 起すなどといふ, 起すほどの, 起す事, 起す場所, 起す懸念, 起す海洋底, 連発し, 食つて大いに

▼ 地震~ (65, 2.7%)

3 云ふ, 云ふも, 大火事 2 いうか, それに, 火事で, 間違へ, 風この

1 [46件] いいことし, いへども, いわれて, きちゃあ, なって, なり海嘯, なると, 一緒に, 争うの, 云々, 云うなり, 今度の, 十七年前サンフランシスコの, 取るもの, 同時に或は, 同時に破産, 同様いつな, 呼んで, 唱へ, 大洪水, 大火の, 密接な, 思って, 旋風とを, 智識階級婦人, 欄干に, 比較し, 気が, 海嘯が, 海嘯は, 漁獲との, 火事に, 火山とに, 火山の, 為す馭者, 爆發に, 猛火, 継母, 聞くと, 見ないで, 見るや, 言って, 言われるだけに, 雷と, 雷とを, 頌詠の

▼ 地震~ (47, 1.9%)

4 火山の 3 雷の 2 台風の, 大洪水, 火事の

1 [34件] それに, 丹後地震の, 今回の, 北伊豆地震の, 台風や, 噴火が, 噴火と, 地鳴りの, 大変災, 大海嘯, 天国の, 戦争の, 明暦の, 暴風でも, 津波も, 津浪から, 津浪の, 津浪は, 洪水や, 海嘯の, 激しい噴火, 火事などが, 火事に, 火事を, 火山が, 火災に対して, 火災に対する, 火災の, 近所の, 風害に, 風水の, 風水害の, 風雨に, 饑饉で

▼ 地震~ (47, 1.9%)

2 と名づける, の發明, の觀測, をもっ, を見る

1 [37件] がどれほど, がほしく, が一番, が入用, が匙, だつた, である, であるところ, で観測, で遠方, という機械, とは似, にも感じない, によって曲線, に感じる, に感応, のよう, のドラム, の原理, の基礎, の記象, の記録, の貸与方, の針, の震動体, は噴火, をしまう, を以て觀察, を作り出した, を持ちだしたら, を据え, を据えつけ, を据えつけたい, を發明, を貸し, を貸し与えた, 記象を

▼ 地震~ (32, 1.3%)

4 地震だ 3 と云っ 2 と判斷, と気が付いた

1 [21件] かなりひど, からすぐ, という事, とか隣宿, とか雷, とばかり思っ, と云う, と云つて, と思った, と思つて, と極, と突伏, なという, なと思う, な大, ひどい地震, よ, ネ, 大きな地震, 火事だ, 猛犬だ

▼ 地震でも~ (32, 1.3%)

2 おこったよう, なんでも, 起るんぢ

1 [26件] あったら死んだままここ, あった後, あって, ありそう, ありません, あるかの, あるの, あるやう, あれば, おこって, きたよう, して, ないのに, なかろうに, やつて, 來たら, 其最も, 揺ったよう, 揺れたら危, 搖れたら危, 来て, 起こらないかぎり, 起こらねば, 起って, 起ると, 避難し

▼ 地震~ (24, 1.0%)

2 の東京, の火災

1 [20件] この方面, と何時, に仮, に出来た, に此處, に駒込神明町, の人心, の学校, の彼女, の文壇, の町営長屋, の興奮, は一層, は初めて, は反対, は家運頓, わずか五日目, 初めての, 大きな地震, 始めて

▼ 地震には~ (23, 0.9%)

2 海嘯が

1 [21件] おどろきましたね, かえって絶対安全, なかった, 七千余人の, 京中を, 余震が, 十万人の, 危険だ, 又既に, 嚇か, 外国人は, 大火が, 強いという, 御所の, 房総半島の, 有珠岳が, 東海東山北陸山陽山陰南海西海諸道ことごとく, 比較的安全, 江戸と, 江戸城の, 火事が

▼ 地震研究所~ (23, 0.9%)

3 の談話会 2 の, の教授, の設立

1 [14件] が完成, が設けられ, が設立, である人, での活溌, でも造る, と航空研究所, におけるあらゆる, にも席, に筒井俊正君, の官制, の御用, の高橋竜太郎氏, をはじめ中央気象台

▼ 地震という~ (22, 0.9%)

6 ものの 4 ものは 2 ものが 1 ことが, ものがる, ものであります, ものと, ものを, やつが, やつは, 声に, 大論文, 現象の

▼ 地震~ (20, 0.8%)

1 [20件] が今日以上, が最も, が本, で有名, について何, にとつ, のあらまし, のこれ, の今日, の應用, の或, の理論並, の研究, の進んだ, の開け始めた, は他, は日本, は無論, を以て世界, を除外

▼ 地震~ (19, 0.8%)

1 [19件] ありませんし, あり大, いろんな揺れ, そう珍しい, ないのに, また臆病, わかり完全, 台風も, 同じくらいの, 噴火も, 大抵十數秒間で, 大火事, 小やみらしい, 屡々起き, 正嘉, 比較的に, 消失する, 結構台風, 非常に

▼ 地震~ (19, 0.8%)

2 に興味

1 [17件] が現在, では到底, で名高い, というもの, などにも通じた, にも火星, に関する業績, の使命, の力, の如き, の方面, の状態, の石本巳四雄君, はこれ, はまだ, は発達, を誰

▼ 地震では~ (17, 0.7%)

4 なかった 2 ありません

1 [11件] あるまいし, かような, ないか, ないこと, ないという, ないところ, なく外敵, 搖り戻しといはずし, 真先き, 近い所, 関東大震災の

▼ 地震にも~ (15, 0.6%)

2 困ると

1 [13件] たえ狭小, また今次, ビクとも, 似た地表, 家根瓦を, 崩れず津浪, 心が, 残った蔵, 気づかなかつたとの, 潰れざりしかど, 無辜の, 經驗され, 縮まない長い

▼ 地震~ (14, 0.6%)

2 風の

1 [12件] あるいは物凄い, それとも噴火, それとも自分, ペストか, 世直しか, 何かの, 台風かで, 大火事, 旋風かと, 火事か, 爆発の, 風で

▼ 地震~ (14, 0.6%)

2 と同じ

1 [12件] からかなり, から持ち越し, と大差, には漆, に隣り, のこと, のその, の儘, の小径, は前, まであった, 徴につき

▼ 地震~ (14, 0.6%)

2 に縁

1 [12件] から脱出, がたくさん, の幹線, の活動, の研究, の陥没, へ下り, へ急行, へ本船, へ突入, を離れる, 及び日本海

▼ 地震~ (14, 0.6%)

1 [14件] である, で測っ, の伝播速度, の偵察, の干渉, の種々, の経路, の速, は地球内部, まで記録, を作り, を用い, を發生, を起す

▼ 地震学者~ (12, 0.5%)

1 [12件] が予言, が口, ぐらいのもの, だけが口, に聞い, のお嬢さん, の注意, の研究, はとうに, は勿論, も火星, や気象学者

▼ 地震かと~ (9, 0.4%)

1 おもいましたが, 思いましたよ, 思い誤ること, 思うて, 思う間もなく, 思つた, 思ひました, 思われる震動, 驚きぬ

▼ 地震とは~ (9, 0.4%)

1 ちがうさ, まったく程度, まったく関係, 全然異なった, 思わなかった, 無關係, 相談が, 縁遠いもの, 関係が

▼ 地震に対する~ (9, 0.4%)

1 この恐怖, さまざまの, 恐怖で, 恐怖などという, 特殊の, 防備に, 防備の, 非科学的恐怖, 驚愕の

▼ 地震による~ (8, 0.3%)

1 大火に対して, 山崩れは, 断層が, 断層らしく見える, 海底の, 火事を, 災害, 碑石の

▼ 地震よりも~ (7, 0.3%)

1 びくびくした, むしろ特に火山性地震, 凄まじい響, 多かつ, 大きな危険, 大戦争, 蛙の

▼ 地震~ (6, 0.2%)

2 のであった, んだ 1 のだ, んでしょう

▼ 地震によ~ (6, 0.2%)

1 つていかに, つて三千の, つて再び, つて屋外へ, つて破損し, つて腰を

▼ 地震津浪~ (6, 0.2%)

1 である, で洗われた, に関する特別講演, の災害, の知識, の週期

▼ 地震である~ (5, 0.2%)

1 か否, ことを, と判斷, と漸く, と知った

▼ 地震とか~ (5, 0.2%)

2 辻風とか 1 悪い獣, 暴風とか, 火事とか

▼ 地震と共に~ (5, 0.2%)

1 どことも, 二十四箇所から, 大津浪, 小さな海嘯, 音も

▼ 地震によって~ (5, 0.2%)

1 一時に, 失ったばかり, 惹起される, 発生した, 表明される

▼ 地震~ (5, 0.2%)

1 かのごとき, て岩, 冥王も, 岩裂け, 足危けれ

▼ 地震~ (5, 0.2%)

1 であり又, である, に於, の國民, の小國民

▼ 地震現象~ (5, 0.2%)

1 の個々, の全体, の心像, の機構, の研究

▼ 地震直後~ (5, 0.2%)

2 に起る 1 から大正十三四年頃, に出版, はそれ

▼ 地震あり~ (4, 0.2%)

1 たり今, 今暁五時頃も, 其多數は, 爾後地震頻繁に

▼ 地震から~ (4, 0.2%)

1 うけた激動, 帰納せられた, 毎日顔を, 水道が

▼ 地震じゃ~ (4, 0.2%)

2 ないかしら 1 ないだろう, ないよ

▼ 地震との~ (4, 0.2%)

2 幾世紀の 1 區別も, 関係を

▼ 地震などは~ (4, 0.2%)

1 むしろ局部的, 問題でない, 大風の, 生やさしい

▼ 地震みたい~ (4, 0.2%)

2 なもん 1 だな, にゆら

▼ 地震以上~ (4, 0.2%)

1 にゆれる, に地震, に震動, の天変

▼ 地震以来~ (4, 0.2%)

1 つい先ごろ, どうなった, の交誼, の由

▼ 地震前日~ (4, 0.2%)

4 の紳士

▼ 地震加藤~ (4, 0.2%)

1 とか光秀, の史劇, の幕, 大好評

▼ 地震~ (4, 0.2%)

1 噴火大, 津浪が, 火事の, 火災が

▼ 地震とともに~ (3, 0.1%)

1 つなみ, 沼の, 燒出した

▼ 地震なら~ (3, 0.1%)

1 ば日本, ぼくたちの, よほどの

▼ 地震なる~ (3, 0.1%)

3 か否

▼ 地震より~ (3, 0.1%)

1 こは, 主人に, 恐怖え

▼ 地震予報~ (3, 0.1%)

1 とを対照, の問題, をし

▼ 地震以外~ (3, 0.1%)

1 にもたくさん, の噴火, の話

▼ 地震及び~ (3, 0.1%)

1 丹後地震に, 地震の, 昭和二年の

▼ 地震地帯~ (3, 0.1%)

1 にある, の上, の陥落線

▼ 地震學教室~ (3, 0.1%)

2 に於ける 1 にあ

▼ 地震~ (3, 0.1%)

1 と一致, の關係, も多

▼ 地震後一年目~ (3, 0.1%)

1 で震災当時, という年, の復興最中

▼ 地震火事~ (3, 0.1%)

1 といったよう, と言った, の如き

▼ 地震火災~ (3, 0.1%)

1 つなみ, に惱, は今

▼ 地震~ (3, 0.1%)

1 とある, といふ特殊, の使物

▼ 地震かも~ (2, 0.1%)

1 しれません, 知れないぜ

▼ 地震ぎらいで地震~ (2, 0.1%)

2 と風

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 て土, て秋

▼ 地震それ~ (2, 0.1%)

1 につづく, に火事

▼ 地震だの~ (2, 0.1%)

1 戦争に, 雷だの

▼ 地震って~ (2, 0.1%)

1 素敵だ, 素的だ

▼ 地震であった~ (2, 0.1%)

1 が前, と云う

▼ 地震でした~ (2, 0.1%)

1 ね, ネ先生大丈夫

▼ 地震とかいう~ (2, 0.1%)

1 ものに, ものを

▼ 地震として~ (2, 0.1%)

2 いつまでも

▼ 地震とも~ (2, 0.1%)

1 思えぬ振動, 称し得べき感情

▼ 地震などとは~ (2, 0.1%)

2 比較に

▼ 地震なども~ (2, 0.1%)

1 いわゆる地震国日本, この西域

▼ 地震ならず~ (2, 0.1%)

1 とも崩壞, とも或は

▼ 地震について~ (2, 0.1%)

1 いはれた右, いろいろの

▼ 地震により~ (2, 0.1%)

1 容易に, 河水の

▼ 地震に対して~ (2, 0.1%)

1 もう少し安全, 安全なるべき

▼ 地震のみ~ (2, 0.1%)

1 では, ならず一寸

▼ 地震よう~ (2, 0.1%)

1 にぐらぐら, にゆらゆら

▼ 地震よけの~ (2, 0.1%)

2 マジナイらしい

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 国よ, 小家

▼ 地震をも~ (2, 0.1%)

1 伴つてその, 感じる地震計

▼ 地震以前~ (2, 0.1%)

1 においてのみで, の数年間

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 で破壊, に恐れ

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 が蓄, によつて

▼ 地震史料~ (2, 0.1%)

2 によれ

▼ 地震大火~ (2, 0.1%)

1 の爲, の號外

▼ 地震学上~ (2, 0.1%)

1 から判断, のスペキュレーション

▼ 地震學上~ (2, 0.1%)

1 から見た, 極めて貴い

▼ 地震學會~ (2, 0.1%)

1 から出版, を組織

▼ 地震当時~ (2, 0.1%)

1 に食物, の模様

▼ 地震後一月~ (2, 0.1%)

1 あまり湯屋, あまり私

▼ 地震御見舞~ (2, 0.1%)

1 として上洛, として関東

▼ 地震怖かっ~ (2, 0.1%)

2 たやろそう

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 からそ, の棧

▼ 地震海嘯~ (2, 0.1%)

1 の呪い, の節大用

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 であ, の天変

▼ 地震観測~ (2, 0.1%)

1 と地磁気観測, による噴火

▼ 地震豫報~ (2, 0.1%)

1 が出, が天氣豫報

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 から割出した, だあ

▼ 地震雷火事親爺それ以上~ (2, 0.1%)

2 に怖い

▼ 地震~ (2, 0.1%)

1 が揺り出した, と大蔵大臣

▼1* [222件]

地震うとき破裂し, 地震おまけに野火, 地震かしらと思ふ内, 地震かとでも慌てたよう, 地震かの判別が, 地震からは急に, 地震ぎらいとみえて次にくる, 地震ぐらいとタカを, 地震このかた誰も, 地震この方たださえ耄碌, 地震こわがってるしする, 地震じゃあないか, 地震すなわち地鳴りの, 地震ぞと叫ぶ声室, 地震たるを覺, 地震だけですんだの, 地震だけを調べるの, 地震だすなア, 地震だったりし, 地震だったことを, 地震だって壊せやしない, 地震だつてよから, 地震だろうとなん, 地震っ子て呼ばれ, 地震であってそれ, 地震でございましたねと謂います, 地震でさえ自由に, 地震でないといふ見込, 地震でなくとも壞, 地震でなくなりましたが其天辺, 地震でもが予知された, 地震といふ時に早速飛び出す, 地震とかがあって, 地震とかの意味を, 地震とが飛騨の, 地震としては極めて局部的, 地震とばかり思って, 地震どころぢやない, 地震なきゆるやかな, 地震なしとて近辺, 地震など地震現象の, 地震などではとてもこんな, 地震などと思った方, 地震などのために, 地震ならぬ地震の, 地震ならびに火山の, 地震なら逃げ出すそうしてもし, 地震なりけるとぞ覺, 地震なんか全く千載一遇, 地震なんぞはとっくの, 地震なんて全くやり切れません, 地震において経験するなら, 地震における惨状は, 地震にさえ何の, 地震にて水切れと, 地震にでもなるの, 地震に対しての人体感覚の, 地震に関しては大学地震研究所を, 地震に際し熱海で, 地震に際して注意すべき, 地震のみの問題では, 地震に枕上, 地震ふこと強く, 地震ふつて雛天上, 地震ふといへる古, 地震ふりて東大寺, 地震ふる墓の, 地震へるため或は, 地震ほどでは, 地震まえまで残っ, 地震まで八重洲河岸で, 地震めつたになし, 地震ものが一向, 地震雷よ, 地震よけにいつも寄席, 地震よりはむしろ, 地震らしいぞ, 地震をよけて居るうち, 地震を以て人意に, 地震焼カレタノデ, 地震パン地震饅頭奉仕パンの三品, 地震一回飢饅一回大水災大風災おのおの一回, 地震一時に大勢, 地震三年は安政三年, 地震三月八日亦小, 地震にリスボン地震, 地震丹後地震に於, 地震を称し, 地震予知の不可能, 地震二三十度ふらぬ日, 地震五六大都市を一, 地震五十回あまり当日は算, 地震今朝日に光陰無し, 地震以來解いた事, 地震以來たばこ一服火の氣, 地震以來ひとを馬鹿, 地震以後家に困つた, 地震以後東京に高層建築, 地震以来どこかへ行っ, 地震以来君はハタ, 地震伝播の状況, 地震但馬地震丹後地震に於, 地震例へば漸く器物, 地震は地震, 地震分析器を各所, 地震前カフェイ・ライオンの向う側, 地震加藤なんどどのみち一つ二つ, 地震動揺せずとい, 地震地変である, 地震即ち局部の, 地震台風に鞭打たれつづけ, 地震には右, 地震史上の大, 地震夜半に, 地震同時に雷鳴す, 地震喊聲の如き, 地震噴火を詳説, 地震四年前の大風雨, 地震国防は事実上ゼロ, 地震地方に共通, 地震地球の地殻, 地震地震と取る, 地震大火流言において我々, 地震大火父の死, 地震大風コロリこれらが私, 地震大風雨大コロリ, 地震嫌ひではある, 地震学会の報告書, 地震学教室に駈けつけた, 地震学教室中央気象台その他の人々, 地震学科学生某氏は市内二か所, 地震学者地質学者にとってかなり, 地震學參考書の中堅, 地震學會時代に於, 地震學物理學地質學地理學土木工學建築學機械工學等地震學の理論並, 地震學發祥の地, 地震學科の國際會議, 地震學者の多く, 地震學進歩の現状, 地震學開發の國, 地震學雜誌であつ, 地震安元の火事, 地震宮殿舍屋を破る, 地震に起らん, 地震崩れそのままなれ, 地震程の振動, 地震の土蔵, 地震当時前橋に行っ, 地震後一二時間の後, 地震後凡そ一時間半を經過, 地震後安政地震のころ, 地震後家族と共に自宅, 地震後数時間は火事, 地震後最初の上野行急行, 地震後若者の心, 地震後諸方に発火, 地震後軍隊の働いた, 地震後餘震を餘, 地震の和田合戦, 地震怒して相, 地震悪疫亦相次い, 地震戌剋地震同時に雷鳴, 地震或は安政元年十一月四日及び, 地震振袖火事安政大地震, 地震早々の場合證書, 地震の大火, 地震暴風津波洪水が来る, 地震最も強烈なりし, 地震有りて富士, 地震剋又少し, 地震東京大火災, 地震次に天平神護二年六月五日大隅國神造新島地震動止まず, 地震に研究, 地震まで川獺, 地震水平動のゆら, 地震津波台風のごとき, 地震は囁く, 地震海嘯火災があつ, 地震火事どれを持っ, 地震火山現象等を追究, 地震火災噴火などに惱, 地震火難等の折, 地震牛馬騒ぎ驚く, 地震當時の思ひ, 地震直後火は三箇所, 地震相当つよくお, 地震が覚めた, 地震知識を要す, 地震研究を怠る, 地震研究所化学研究所温泉治療学研究所癌研究所地球物理研究所火山研究所その他が次々, 地震研究所員数名が峯, 地震研究所教授として留まり, 地震研究方針について米国学界, 地震研究資金のはした, 地震等ハ天ノ造成セル災ニシテ, 地震を描いた, 地震續發し人心恟々, 地震の生起, 地震落雷など鎌倉中, 地震の糸, 地震見舞の手紙, 地震観測所へいま赴任, 地震計りと言, 地震計ガリッチン地震計パシュウィチ水平振子など其構造, 地震計パシュウィチ水平振子など其構造, 地震計大森地震計ガリッチン地震計パシュウィチ水平振子など其構造, 地震計測の方面, 地震記念に私, 地震記録を調べ, 地震は一見甚だ, 地震調査に於, 地震調査報文火災篇に先生, 地震速見高崎山なども石, 地震くる術, 地震部屋というの, 地震雷火事の場合, 地震雷火事爺の怖き, 地震頻繁にし, 地震饅頭奉仕パンの三品, 地震騷ぎのがらくただの風呂敷包をご, 地震鯰様は昔, 地震の怪