青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「多分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

多~ ~多い 多い~ ~多かっ 多かっ~ ~多き 多き~ ~多く 多く~ ~多分
多分~
多勢~ ~多少 多少~ ~多数 多数~ ~夜 夜~ 夜中~ 夜具~ 夜半~

「多分~」 5014, 54ppm, 2143位

▼ 多分~ (754, 15.0%)

41 持って 35 ある 14 もって, 含まれて 12 含んで 10 残って 9 あった 8 もつて, 持つて 6 あつた, あるの 5 あること 4 あったの, 加わって, 手当を 3 あったが, ありそう, あり位, あるから, ふくまれて, ロマンチックな, 働いて, 持ちながら, 持ち合わせて, 漢意の

2 [36件] あったよう, あって, あつて, あつまって, あり彼女, あり要するに, あるが, あると, あるに, この傾向, それが, 作者の, 備えて, 入って, 分裂的であり, 反映し, 多寡を, 女性的な, 存在し, 封建的な, 帯びて, 影響し, 彼の, 性的な, 持つ, 文学的な, 欠けて, 流動的である, 混入し, 相通ずる, 神経の, 私の, 自分も, 若気であった, 通じる気持, 頼朝を

1 [472件] あったから, あったと, あったもの, あったわけ, あつたの, あつたらう, あとの, あやしむべき点, あらびや人の, ありお互い, ありしぜん, あります, ありますが, ありますね, あり人, あり地下, あり悲惨, あり江戸末期, あり特に, あり芸術, あり養命保身, あるかも, あるけれども, あるだらうそれ, あるであろう, あるであろうが, あるで利害, あるとでも, あるので, あるはず, あるもの, あるやと, ある三田, ある信長, ある分別, ある味, ある自己, ある菊池, いたこと, うけたトム公, うけついで, うけて, うけ詩集, おそれずに, おぬ, お下げくださる, お世辞, お屋敷, お心付, お手当, お礼は, お芝居, お金が, お金を, きのうの, くれたです, こうしたカテゴリー, この作者, この提唱, この新, こもって, これらの, ございました, ございます, ござるので, さうであり今後, したためて, する, そういうおどけた, そういう土語民情, そういう男, そういう自堕落, そうだ, そう解したらしい, そこに, そそぎ込もうと, そなえて, そのよう, その使命, その可能性, その名門, その自虐味, それは, それらしい, ないで, なほ野性な, はらんで, ひかれて, ひそめて, びくつきながら, ふくんで, へって, ぼくの, まじへて, まだ乳, まだ文獻的, まだ王朝末期, まだ祖先, みせて, もちこした社会, もちその, もちながら, もち合せた, もち合つてゐる, もち合ひ, もった人, もつてる証左, もつ女性, もらって, もれず家族主義的現代常識, もれず文人芸, もれず自宅, よい質, エキゾティックな, サラリーマン層乃至, シェリング風の, ドイツ哲学的な, ドラマチックで, ニイチェ的な, ヒステリックだ, ブルジョア観念論的世界観に, ボオドレイル的な, マヌーバー的な, 一夫多妻制の, 一方的, 一箇の, 丁重なる, 下りよう千両, 不満であり, 不満を, 不賛成である, 与えられて, 主観的な, 主観的の, 乗ずべきすき, 五百石取, 交じって, 交つてゐた, 京の, 人に, 人眼を, 人道的である, 人間, 人間的で, 人間臭い, 今だに, 仏教や, 仕込むこと, 付着し, 伝へて, 伝統と, 伝記の, 伝説的で, 何うも, 作中に, 併せ持って, 併有し, 供給する, 保つて, 信じられて, 信濃の, 俳句漢詩の, 個人本位であり, 借りる必要, 偽られ又, 備えた男, 備えられて, 傳記の, 傳説化された, 傳説的だ, 働いた上, 充足され, 共鳴も, 具えて, 具え理性, 冒険性を, 冬である, 出した, 出し又, 出るでしょう, 分けて, 前時代, 創作癖が, 創作的興味が, 加わった, 加味され, 動いて, 匂って, 包まれて, 包有し, 北種に, 卑俗な, 危惧を, 危険も, 原始的性格を, 反社会的, 取り入れたもの, 取り入れた物, 取り入れて, 取り入れられて, 取り入れるかが, 取入れられて, 取寄せて, 受けた, 受けついで, 受けて, 召上って, 同情を, 同情的な観, 含まれた騒動, 含み特に, 含み立体派, 含む時代, 含んだもの, 含んだ自伝風, 含んだ表皮細胞, 呟きの, 善性が, 喜捨し, 圓生には, 在るセンチメンタル, 地方的野性のみを, 垢ぬけない, 天翔ける, 失って, 失つてゐるらしい, 女性を, 好意的な, 娯楽的要素を, 存在する, 存在するらしく感じる, 学びとるところはあつたであらう, 安心し, 実らす, 実験的理論的医学の, 宣傳の, 宮仕えの, 対社会的な, 封建の, 尊氏の, 小説としての, 少年である, 岐路を, 左傳が, 帯び消耗品, 平氣, 幸福で, 広義保健の, 店員諸君の, 弁口達者な, 引用に, 強い, 形式化した, 彫刻の, 彼女に, 徇法的屈従的であり, 御茶代, 思い出して, 思想的背景を, 恩恵的な, 恵まれて, 意識的な, 感じられる要素, 感じるもの, 感情的で, 憤りの, 懐疑的に, 懷疑的に, 戦国の, 所持し, 所持致し, 所有し, 手のか, 手伝うて, 技巧的な, 投げ込んで, 抱いた, 抱くの, 抱へ, 拵えます, 持たせること, 持ちすぎた不惑, 持ちながらも, 持ち且人類, 持ち合せて, 持ったもの, 持った人間, 持った大衆, 持った彼, 持った芸術家, 持った見栄坊, 持ってる, 持ってるよう, 持つこと, 持つた仏教, 持つた他人, 持つた作家, 持つてる二人, 持つもの, 持参すれ, 持合せ, 捨て置いた, 控えて, 揶揄難評の, 政治家である, 政治的な, 政治的の, 政治的意味が, 政治的意味を, 政策的な, 教訓的な, 整理された, 敵の, 文壇地方弁に, 文壇的地方弁で, 文学的に, 施行も, 時代の, 暗示される, 曖昧の, 有した複雑, 有って, 有志の, 未開な, 東洋的, 東洋的で, 東洋的な, 梁楷牧谿それから, 検事の, 概略であった, 機械機能そのものよりは, 此の, 武蔵の, 歪めて, 残されて, 残して, 残つて居る, 残る, 殘され, 殘し, 殘つて居た, 殘るであらう, 殘存した, 母と, 民衆の, 気の, 水蒸気を, 没交渉な, 河岸へ, 洩れず同居生活, 洩れず山屋, 洩れず没分暁漢, 洩れず自身, 洩れは, 消極的な, 液汁を, 湛えて, 漂って, 漏れず彼, 漏れず文学, 演劇的に, 激情を, 熱帯地の, 燐を, 猟奇の, 現わし, 甘い, 用いた大, 用いて, 男性的である, 男色的要素が, 疑える点, 疑って, 疑わしい, 疑われます, 疑問が, 疑問と, 疑惑し, 痴愚な, 盛った古い, 盛られて, 盛り耽美的, 相手を, 真実性を, 研究の, 示して, 示唆的な, 礼を, 祝儀を, 神秘的だ, 禁欲的な, 稟け, 籖引で, 粗雑で, 精神的な, 精神的要素を, 紙筆を, 織り込まれて, 美濃の, 習合し, 考へられて, 胸を, 脱化しきれない, 自信の, 自分の, 自己勢力の, 興味の, 興味も, 興奮し, 舞台という, 舞台的で, 若い, 若いの, 蒙古, 蔵し, 藝術的な, 血気一途でも, 行はれ, 装飾的な, 西田哲学の, 見える小次郎, 見られるの, 見出さずに, 見受けられたの, 見当違いでも, 見栄坊な, 詩である, 誇張され, 読者から, 謂わば, 警戒を, 貰いました, 貰っちゃ, 貴方旅の, 貴族的な, 買い出すと, 買って, 費やして, 費ります, 贅沢な, 足利勢を, 身に, 軍律的な, 迷信性と, 追従的である, 通俗的で, 造る, 過失を, 違って, 遣りました, 遺った小学校, 遺伝され, 遺恨を, 醜悪で, 醸されて, 野性な, 銭金に, 鏡花式の, 開化風を, 関係し, 陰陽道式の, 随伴し, 隣人互助の, 雑多な, 露骨に, 青年なりと, 青春の, 非個人主義的風格, 非近代的, 頂かなくても, 餘裕を, 魚の

▼ 多分~ (189, 3.8%)

7 金を 5 ことは, 手当を 3 賄賂を, 金子を

2 [11件] お手当, 利潤を, 原始宗教的な, 好意を, 寄附金集め, 木を, 礼も, 祝義を, 酒手を, 金も, 非日本的性格

1 [144件] お手当て, お礼は, お茶代, お賽銭, ご損, どうもお, もので, ようです, んだ, アメリカ訛りが, イヤ味も, チップを, プラトン的傾向も, ミュッセが, ユーモアが, ユーモアを, 不作法の, 不満を, 不自然な, 主観が, 主観性さえが, 事じゃ, 事も, 人々の, 人は, 人間知乃至, 使い込みが, 価値も, 便利が, 信頼という, 信頼を, 俳諧が, 偶然性が, 兵糧弾薬を, 内的要求が, 冒険意識を, 利を, 利得の, 利欲を, 動物的好意とが, 卑俗な, 危惧とを, 危惧の, 反撥と, 合力を, 同情を, 喀血を, 喜捨を, 困難が, 場所を, 変移を, 好奇心に, 好奇心を, 威厳とともに, 嫉妬も, 実入りが, 寸伸びを, 対立を, 尊敬を, 小遣いも, 希望を, 御人数, 御手當, 微笑をさえ, 快味, 恥ずかしさ, 恩賞が, 意味は, 愛嬌に, 憂鬱味が, 手並を, 手数を, 手當てを, 拜借いたしたれ, 持参は, 挾雑物が, 文学青年ぽ, 料金を, 新恩, 春廼舎臭味が, 曖昧さ便宜主義の, 期待を, 未来を, 機械を, 機械的マルクシズム生産に対する, 気まぐれも, 水量を, 準備を, 滑稽を, 無邪気を, 独逸工学博士を, 猥談的要素に, 用意も, 疑問符号が, 疑惑を, 病人でも, 皮肉を, 省略が, 示唆を, 礼は, 礼を, 礼金を, 社会政策を, 社会正義か, 社会的な, 社会的規定を, 神経質が, 空想分子が, 絵画的, 美しい詩, 肯定と, 自信を, 致命的な, 興味と, 興味を, 血液を, 衒ひと先入見, 註釈が, 詩を, 誇りを, 説明が, 謝礼を, 費用を, 賠償金と, 距離が, 躊躇を, 軽蔑とを, 近似性が, 通俗的脈絡が, 遊戯衝動を, 遺産を, 酒代まで, 酒気を, 野性に, 金を以て, 金円を, 金子が, 金子をもって, 金銀を, 附添も, 領地を, 騒音と, 鳥目を, 鼻薬を

▼ 多分~ (184, 3.7%)

2 お紺, これと, それが, そんな工合, 僕の, 良人の, 野馬の

1 [170件] あなたの, あの小柄, あの採取時, いくら香料, いって, いわゆる倭寇時代, お相手, かつて単純, かんたん, こういう事情, こういう物忌, ここに, この三つ, この二人, この工場, この書, この横杵, この物好き, この邸内, これから一転, これに, これ等の, ずっと大昔, そうなり, そう書き留め, そこに, その小さい, その日鼠, その異称, その背後, その食物, それだろう, それに, それよりも, どこかの, まだ此国, みな安心税ならざる, もう他, もう親, もっと広く, もらされては, やはり国防計画, オカタに, カラウスと, クリスマスの, コルゴに, ツギノコ・ツゲノコから, デビスさんの, ニライからの, マダムか, ロオラの, 一段と古い, 一眠りし, 一葉君の, 与せずここ, 世間と, 中央に, 主として子供, 井戸かと, 人間に, 今夜の, 仏典の, 仏法の, 仏縁に, 他の, 以前から, 以前多くの, 何かの, 何所かへ, 余が, 余を, 併行し, 信仰変革の, 倉子が, 元禄十四年浅野内匠頭が, 兎が, 全くそれ, 其の宝, 其の恩返し, 其の辺, 前代に, 労資協調温情主義という, 北信などの, 北半球では, 医学士が, 叔父が, 叔父に, 叔父も, 古い時代, 古くからの, 可なり, 同じ事, 同じ年のうち, 名も, 君をも, 国がらの, 堺が, 大同小異であろう, 太陽の, 奪われると, 婆が, 室内に, 家に, 家用の, 対岸から, 小笠原の, 山沢湿地に, 帳台の, 座頭の, 強盗でしょう, 後代の, 御馳走も, 必ずしも取っ, 恐らくは構想, 我々の, 戰國以來秦に, 拵へ, 敵味方の, 斎宮の, 明後日に, 書物を, 月送りの, 有り得まい, 朝家の, 村の, 東京の, 果たし得ずに, 栄養力が, 横手から, 残夢や, 殺した丈, 浄土教の, 海岸に, 涛で, 濤で, 無難であろう, 父親で, 特殊の, 獣皮なども, 甚だ始末, 画板の, 白磁器の, 百分の一にも, 目方で, 目茶苦茶な, 知れるならん, 石ころを, 秀子が, 私の, 種々の, 符合する, 紋吉と, 聖書の, 聞えまい聞えなければ, 自分と, 苧糸で, 茶屋の, 血に, 言葉の, 警察から, 軒の, 近世に, 遠くの, 金銭にも, 長老の, 障碍という, 隣り同士, 雄かと, 須走で, 食料摂取法の

▼ 多分その~ (156, 3.1%)

3 中には, 男の 2 せいで, 方が, 時の, 晩に, 様な, 話は, 辺で, 辺に, 辺の

1 [132件] あたりに, うちに, おりの, お丸, お冬, お差控え連, くらい前, ことは, せいだったろう, せいだろう, せいであろう, ためだろう, ためであったろう, ためであろう, ためな, つもりな, ときどっかから, とき上官でも, とき軽率に, どちらでも, へんの, ような, ようなる, ルナ・アミーバーは, 一つさえ, 一人であろう, 下に, 両方だろう, 中に, 中の, 主人の, 事を, 二三人に, 二人も, 亭主の, 人は, 人間が, 任地の, 何れか, 何れかで, 例に, 信者や, 内部から, 冬の, 出典と, 初音屋の, 前に, 北限であった, 千恵蔵氏を, 印刷屋へ, 名で, 問ひ, 夏休みの, 奥が, 女, 女だろう, 女子でございましょう, 婦人が, 学校の, 宛名は, 家に, 小梗, 小麦粉が, 川越三喜の, 年は, 当時民間にて, 御質問, 必要は, 悪い天気, 意を, 意味は, 所為だらう, 扱帶を, 故かも, 方でございましょう, 方へ, 方を, 日の, 日毎に, 時も, 時代か, 時分に, 時期は, 殺気は, 水の, 水甕を, 泉水は, 洋学で, 洋犬の, 湖の, 準備か, 片脚, 猿の, 珍奇な, 班員たちが, 瓦斯燈の, 白根の, 碑面へ, 祟りだらうよ, 筆が, 筋の, 絶頂に, 翌年の, 翌年頃の, 能率を, 茶屋だろう, 蓋面へ, 裁判には, 裁判官を, 觀念が, 詞句を, 起こりは, 辺から, 辺だろう, 近所に, 通りだらう, 通りだろう, 通りでしょう, 道楽が, 邊だらう, 金が, 金魚は, 長崎丸であったろう, 頃では, 頃の, 頃は, 頃審理を, 頃既に, 頃賊軍と, 騒ぎであろう, 驚くべき巨大, 鼠を

▼ 多分この~ (146, 2.9%)

3 年の, 裏にでも 2 中に, 事は, 土地の, 家の, 方が, 点は, 辺で

1 [126件] あたりだろう, おいらという, お守袋は, くらいだろう, ひとの, へんで, へんに, ほかには, まま勝手な, やうに, ように, わたしが, ハマカンゾウに, ヒノキで, ペガッサスという, マドロスという, ヨーロッパを, ロロと, 一つの, 一ト冬我慢すれ, 中では, 中には, 中形といふ, 丸太で, 乾草は, 事が, 二つの, 二人が, 二人の, 人と, 仲間に, 会見に, 伝説は, 位の, 作品が, 作品の, 停電を, 前香之, 哲学が, 困難からの, 国の, 國だけ, 土生蕃客で, 地の, 塩湯治の, 大戦の, 娘を, 客人の, 家は, 宿に, 密林の, 實有は, 小屋がけで, 小鳥が, 少女は, 屋敷内の, 屋根は, 岩の, 川へ, 左手の, 店の, 庭の, 後の, 御苦労無しの, 怪物体は, 文は, 方だろう, 日から, 日の, 日も, 時で, 時に, 時の, 時分であろう, 時初めて, 月の, 松林を, 案内を, 植物だろう, 樹が, 正札の, 氣運に, 法律が, 湿熱帯, 火曜日から, 点を, 無邪気に, 犬の, 現世以外に, 甲州に, 男も, 矛盾は, 祭礼と, 秘密を, 種に, 種の, 糸の, 草が, 菅糸を, 葛岡さんから, 表の, 見当だ, 見当だろう, 言葉を, 計算は, 話も, 説の, 説は, 講釈は, 變事の, 路地の, 辺から, 辺が, 辺だろう, 辺に, 辺の, 辺は, 遠心系の, 邊だ, 邊の, 部屋の, 鉄の, 電話の, 青年には, 頃の, 騷ぎで歸つて來た

▼ 多分それ~ (104, 2.1%)

2 だ, は下女, は私, は自分, は自殺, を使うだろう

1 [92件] からそれ, からサザンカ, から出た, から思い付いた, から抄出, から私, がし, がため, がほんとう, がハンス, が原因, が国際的, が必要, が戻っ, が最初, が櫻色, が白馬ヶ岳, が相当, が積み込ん, が精一杯, だけで, だけであらう, だけであろう, だらうと, であらう, でい, で庵主, というの, とは思いました, と一緒, と反対, と知らず, にお気, にちがい, にまちがい, に思ひ, に氣, に近く, に關係, の二倍, の最初, はここ, はこの, はずつと前, はそう, は一寸, は一種, は丘田医師, は凝, は商業クラブ, は大笹峰, は客, は家, は寝床, は小形, は巡査たち, は彦徳, は彼, は房一, は採り得べきであった, は日本人, は暫く, は本当, は栗原橋, は株屋, は樹木, は正気, は殺人, は犯罪, は生, は相手, は神様, は程ヶ谷町, は細君, は艶葉木, は花火, は若い, は鹽酸莫児比, は黄塵, は龜井戸土産, までに帰っ, も叶いますまい, やあそう, をご, をその, を信じないであろう, を必要, を思い出し, を暗示, を汽車賃, を風邪藥, 故に謹直

▼ 多分これ~ (63, 1.3%)

3 はどこ 2 が初めて, と同様

1 [56件] かも知れない, か知ら, がきっかけ, がここ, がスウエデン語, がポピノ, が一番, が上海, が主人, が今朝早く, が今生最後, が何, が彼ら, が彼女, が我が国, が最後, こそ柏手, だろう, でしょう, で腹部, と同, について右よう, に関聯, は, はこの, はまだ, はゆ, はアリストオトル, はキノコ, は同じ, は多門脛当, は大学, は太閤秀吉, は孟子, は昔, は時間, は曾, は村, は桁, は樽屋, は漆, は燐素, は目印, は遅刻, までかかる, までにしばしば, も不破, も賛成, も雑誌, を利用, を心配, を指, を最後, を見た, を見たら, を解け

▼ 多分~ (60, 1.2%)

2 六さんが, 吉殺しは, 銀様の

1 [54件] かみさんでも, わかりに, 互ひ, 侍も, 俊に, 元は, 出掛と, 勢が, 午に, 叱は, 君の, 和佐さんであろう, 品がい, 嘉代を, 国へ, 孃さんを, 宅の, 富が, 察しの, 察し下さるでしょう, 帰りに, 幽の, 忘れに, 怪我を, 房さんだ, 手水にでも, 春だらう, 染が, 泊りだろう, 滝の, 照が, 琴が, 留守だ, 痛は, 竜と, 竹の, 糸が, 経だろう, 美乃さんが, 考えの, 聴きでありませうが, 艶が, 菊の, 蝶さんの, 読みに, 返事を, 迷いに, 酒に, 銀様から, 銀様その, 雛に, 雪あたりが, 鳥は, 鶴だろう

▼ 多分~ (58, 1.2%)

3 の顔 2 が一番あと, の驚き, は妹

1 [49件] あんな色々, から借った, が, がお, がもと, がフィルマグ, が五つ, が其横, が吸, が弟, が彫刻, が戦地特有, が永年, が留学, が筆者宗吉, が船長, が西北原, が間もなく, が顔, だけだった, とあなた以外, には大阪, に対するお話, に知られ, のこの, のもの, のカン, の心, の方, の様子, の生れる, の眼, の眼隠し, の空想, の脳髄, の腕, の里子, の頭位, はその, はその頃, は今後, は大きい, は大阪, は実は, は彼等, も, も擽ったかろ, も斯, 死にましょう

▼ 多分そう~ (53, 1.1%)

7 だろうと 4 だろう, であろうと 3 でしょう 2 だと, でございましょう, でしょうよ, なん

1 [27件] あるべきだったでしょう, おっしゃるだろうと, かも知れません, きまるだろう, して, するでしょう, だったと, だったに, だったろうと, だつて, だろうあの, だろうが, だろうとは, だろうとも, だろうね, だろうよ, であるらしく思えるの, であろう, であろうという, では, なの, なるでしょう, なる事, のよう, は参りますまい, 云って, 言って

▼ 多分そんな~ (46, 0.9%)

5 ことだろう 4 ことは, 事だらう 2 ことだらう, ことで, ことに, ような, 事かも, 事だろう

1 [21件] いろいろの, ことも, ことを, こッちゃ, ならはし, ものに, ものは, 事ちゃない, 事で, 事と, 事に, 事も, 必要は, 文句であった, 方面にでも, 片付けを, 社会は, 老木から, 趣旨だった, 騒ぎも, 騷ぎも

▼ 多分~ (41, 0.8%)

2 不安と, 好奇心も, 迷いが

1 [35件] お世話に, さそうで, 不安で, 不安も, 世間という, 余裕を, 冒険であり, 危険が, 又八, 口止め料を, 可能性が, 嫉視反感を, 市費と, 弱点が, 心を, 抒情の, 望みを, 機械主義が, 生き甲斐を, 疑いを, 疑問を, 疑惑を, 相違が, 絵画的要素は, 翻訳的性質が, 臆病が, 興味を, 要素の, 觀方の, 詩と, 迷信の, 適合性も, 金が, 錯誤が, 頼みを

▼ 多分あの~ (36, 0.7%)

2 時の, 辺に

1 [32件] ころは, はげしい戦禍, やうな, ベタベタした, ペンペの, ミュンヘンでは, 五十兩の, 人は, 人達も, 右から, 吃漢, 境内に, 女の, 客人の, 家を, 寝棺の, 幟の, 店は, 文学青年の, 日曜日から, 時あっしが, 時に, 樫の, 母屋へ, 沼の, 沿道は, 男と, 空屋敷へ, 船だろう, 語学は, 部屋の, 頃から

▼ 多分もう~ (32, 0.6%)

1 [32件] いけないでしょうと, お察し, お忘れでしょう, やって来る時分, 一つぐらい, 一週間以内だろう, 下宿を, 今頃は, 何処かへ, 俺も, 僕の, 八時を, 大丈夫だろう, 学校へ, 寄宿舎でしたろう, 寝て, 御分り, 御目, 手遅れに, 書いて, 歸へるだらう, 甘い言葉, 疲れたといふ, 疾う, 研究所あたりで, 秩父から, 葛岡の, 要らんだろう, 誰かが, 誰も, 駄目だろう, 駒井能登守様の

▼ 多分あなた~ (23, 0.5%)

2 にもその, も御

1 [19件] がどこ, が僕, が学生時分, が思い, だから, だけのお, にも言, に直接, のお, の奥様, はご存じ, はロフオツデン, は不自由, は新米, は肩, も御存じ, も知っ, も賛成, を尾行

▼ 多分~ (23, 0.5%)

1 [23件] いうフジ, から凡そ三十年位, から十七年, つかって, でもこれから, でも五十貫, にインテリゲンチャ独裁, の仙岩街道, の旋律, の間歇泉, は寝, までとちがった, までよりももっと, まで一番, まで気, まで見られなかった, よりは緩徐, 一緒に, 住友家に, 当局に, 明の, 現れて, 飲んだビール

▼ 多分~ (23, 0.5%)

4 承知の

1 [19件] 亭主は, 内儀さんが, 国許の, 察しの, 尊大いや, 心当りが, 承知ない, 放免に, 断りする, 昏睡, 暇出候事と, 本井男爵家側の, 異存は, 聞き及びでしょう, 聞及びでしょうが, 自分じゃ, 記憶に, 隠居, 面接を

▼ 多分~ (21, 0.4%)

1 [21件] だと, にも逢えるだろう, に何, に褒められるだろう, のこと, の云う, の指紋, の考え, の聞きたい, の足あと, はこの, はばか, はわたし, は何, は彼女, は私, は自分, も今日, より先, を疑っ, 程詳

▼ 多分~ (21, 0.4%)

2 は真実

1 [19件] があの, でさえ乗組員, のペルセウス星座の, の云つた通り, の刀, の家, の生活, の見聞, はこういう, はこれ, はその, はまんなかあたり, はみなし, はやう, は別, は彼, は應, も何, を力づける

▼ 多分まだ~ (18, 0.4%)

1 [18件] その細君, その部屋, 両刀を, 仕事の, 刄物を, 口書を, 句には, 夕陽新聞を, 心づいて, 支払って, 朝が, 来て, 決着しない, 生きて, 私の, 腹の中に, 読者の, 附近に

▼ 多分どこ~ (16, 0.3%)

1 [16件] かでこれ, かで滝, かで車, かにもう, かへ人知れず, かへ推薦, かへ飲み, からかの, からも証明, か工合, か近い, か高い, で食べた, にも存在, にも誰, に御

▼ 多分~ (16, 0.3%)

1 [16件] かある, かの仔細, かの影響, かの御, かの拍子, かの木, かの目的, かの雑誌, か急がしい, か浅野, か言おう, であろうかと, でしょうな, でもない, の役, も彼

▼ 多分自分~ (16, 0.3%)

1 [16件] から進ん, がそういう, が前, が置き, が見る, で発見, とは関係, に取っ, の享受, の専門以外, の部屋, の顔, は放逐, は死な, より一足先, をカムフラーヂ

▼ 多分ここ~ (13, 0.3%)

1 [13件] から火, から程, でしょう, でジャーナリズム, においてはじめて, に原因, に落ちつい, の剣術, の温泉風呂, は松原, をモデル, を初めて, を通っ

▼ 多分~ (13, 0.3%)

1 [13件] が惨敗, に茶, のすすめる, の一生, の帰る, の所, の生れる, はま, は何とか, は勝つだろう, は蒼く, よりも幾層倍打撃, を目標

▼ 多分~ (13, 0.3%)

2 のカラクリ

1 [11件] か子供, が気絶, だらう, だらうと, でしょうね, の姿, の屍骸, の方, の死骸, はどこ, は私

▼ 多分彼女~ (13, 0.3%)

1 [13件] がお, が吾輩, が小学校, が握り潰した, のどうか, の出, の考え違い, は, はそこで, は叔父, は喜び, は自分, は螢光燈

▼ 多分~ (13, 0.3%)

1 [13件] か, かに預けられ, かを庇う, でもこの, でも同じ, でも私, ともわからない, にも見当, もそこ, も居なかつた, よりもその, よりも偏頗, れかによって

▼ 多分こういう~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことであったろう, ことな, だろう, ふうに, 人だろう, 抗議が, 現象の, 理由で, 結末を, 類の, 風洞を

▼ 多分~ (11, 0.2%)

2 ういふ, うした 1 ういへ, うだつた, うだつたらう, うだつて, うなるやう, うに違ひない, うやらう

▼ 多分あれ~ (10, 0.2%)

1 だろうと, と同じ, なん, に何, のこと, はお, は上野公園, をそっと, を押す, を見のがし

▼ 多分こんな~ (10, 0.2%)

1 ことだろう, ところを, へマ, 姿だ, 姿だったでしょう, 性の, 手紙を, 方だろう, 理由からかも, 風だつたらう

▼ 多分そこ~ (10, 0.2%)

1 から救い出されるだろう, だろうと, で彼, で見せる, には一種, には猿, に君, の家, へ解消, を越え

▼ 多分同じ~ (10, 0.2%)

1 ことを, ころ一時の, だろうが, やうな, ように, 事だ, 器から, 法制史でも, 物を, 頃であっただろう

▼ 多分明日~ (10, 0.2%)

1 から来る, のお昼ごろ, のこと, の一時, の晩あたり, は上野, は出来るだろう, も, もいや, もまた

▼ 多分お前~ (9, 0.2%)

1 がいなくなったら, には私, の言う, はだれ, はま, は列車, は船長, も廊下, を押し倒した

▼ 多分これから~ (8, 0.2%)

1 であ, では, もどこ, も今, 思い起した七兵衛, 本についての, 王子の, 茂太郎と

▼ 多分さうだらう~ (8, 0.2%)

2 と思つて 1 がクレーヴン・ホテル, と僕, と思つたの, と想像, と自分, よ

▼ 多分~ (8, 0.2%)

1 で全部, と同じ, などは国際文化局, は原稿料, は農村, は韻文, を喜ん, を強力

▼ 多分大丈夫~ (8, 0.2%)

2 だろう 1 だけれども, でしょう, ですよ, でせう, と思います, と思ふ

▼ 多分主人~ (7, 0.1%)

1 が番頭, が色気, だらうそして, の善兵衞, の從弟, の話, を刺した

▼ 多分二人~ (7, 0.1%)

1 が中, で地酒, のす, の女, の耳, の話, は今

▼ 多分今日~ (7, 0.1%)

1 では最早疾く, の, のこの, の便船, の夜半, の大学, の船

▼ 多分知っ~ (7, 0.1%)

3 ている 1 てい, ていた, ているだろう, ておいで

▼ 多分~ (6, 0.1%)

2 占めて 1 治者優者に, 知りません, 認めるほど, 読んで

▼ 多分~ (6, 0.1%)

1 うすれ, うだったと, うなるだらう, う思ひ詰めて, う想像, の如き

▼ 多分日本~ (6, 0.1%)

1 から任那, といふ国, にも多少, に於ける, のモダーニズム自身, の内

▼ 多分最初~ (6, 0.1%)

1 のうち, の一撃, はその, は急, は急所急所, は麻雀

▼ 多分~ (6, 0.1%)

2 の室 1 の如き, の家, の種, の頃

▼ 多分死んだ~ (6, 0.1%)

1 お内儀さん, 主人の, 女の, 由紀子の, 者が, 農奴で

▼ 多分~ (6, 0.1%)

2 の表面 1 のこと, の中, へ張っ, へ流され

▼ 多分貴方~ (6, 0.1%)

1 か又は, が此, が秀子, のお, はその, はコンナ事

▼ 多分うまく~ (5, 0.1%)

1 いくじゃろう, いくだろう, いくだろうと, はいくまい, 行くだろうと

▼ 多分やはり~ (5, 0.1%)

5 語部などの

▼ 多分下手人~ (5, 0.1%)

1 ではあるまい, の方, の落した, の顏, はお

▼ 多分二階~ (5, 0.1%)

2 に人 1 の室, の自分, の部屋

▼ 多分~ (5, 0.1%)

1 から見る, の蝮, の規則, 國から, 所見を

▼ 多分先方~ (5, 0.1%)

1 からこの, から断られるであろう, はその, は戸惑い, もそう

▼ 多分先生~ (5, 0.1%)

1 が日記, の憂鬱, の書き物机, の発議, はたった

▼ 多分~ (5, 0.1%)

1 しても, 一本の, 同時に最後, 小使銭取りの, 平の

▼ 多分~ (5, 0.1%)

1 だろうとは, であったの, な, になるだらう, の景

▼ 多分太陽~ (5, 0.1%)

1 が他, が徐々に, の五万倍, の大, よりも強い

▼ 多分~ (5, 0.1%)

1 で寺田先生, にバビロニア, に述べる如く, の五兩, の物語作者

▼ 多分御存じ~ (5, 0.1%)

1 ありますまい, だろうと, でございましょう, でしょうが, なん

▼ 多分曲者~ (5, 0.1%)

1 と金助, は, は何, は其處, は夕刻

▼ 多分最も~ (5, 0.1%)

1 中枢的な, 低級な, 便利な, 意識的な, 注目すべき

▼ 多分~ (5, 0.1%)

1 がつかず, が付くだろう, が狂つて, が附かなかっただろう, を利かし

▼ 多分無事~ (5, 0.1%)

1 だらうと, にお, に存し居り申すべく, に此処, に洲崎

▼ 多分~ (5, 0.1%)

1 か狐, であった, のいる, の八公, の吠える

▼ 多分犯人~ (5, 0.1%)

1 が犠牲者, ではあるまい, はこれから, は人里, は本田

▼ 多分~ (5, 0.1%)

1 一句の, 三回目の, 二の, 五信ぐらいしか, 四番

▼ 多分~ (5, 0.1%)

4 も立てず 1 をも立てず

▼ 多分間違~ (5, 0.1%)

2 です, ひは 1 はない

▼ 多分駄目~ (5, 0.1%)

1 だ, だらう, だらうが, だろうと, とあきらめ

▼ 多分あいつ~ (4, 0.1%)

1 だろうと, は宣伝, は専門, も途中

▼ 多分あなた方~ (4, 0.1%)

1 が甲州, には解らないでしょう, のほう, は僕

▼ 多分あまり~ (4, 0.1%)

1 丁寧な, 大きな誤解, 安く値切っ, 意味が

▼ 多分あるだろう~ (4, 0.1%)

2 と思う 1 とおもう, と思います

▼ 多分こう~ (4, 0.1%)

1 じゃない, だろうと, であろうと, 答えるでしょう

▼ 多分さう~ (4, 0.1%)

1 いふ名で, いふ鍛練中の, であらう, でせう

▼ 多分そうした~ (4, 0.1%)

1 ことだろう, ことでしょう, 品物だろう, 風間の

▼ 多分には~ (4, 0.1%)

1 いっては, いつて, ないから, 持つな

▼ 多分また~ (4, 0.1%)

1 あの動き, イタドリであったろう, ステーションの, 信仰から

▼ 多分よく~ (4, 0.1%)

1 ない朝帰り, なる方, 揉めば, 私と

▼ 多分一つ~ (4, 0.1%)

1 だけ開い, で特殊, の新種, の語

▼ 多分乞食~ (4, 0.1%)

2 をし 1 だらうと, だろうと

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 からされつけ, だろうと, のいなくなった, の住い

▼ 多分今度~ (4, 0.1%)

1 の戦火, の杉村, の論文, は何と

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 のちょっとした, のマドロス, の安物, の隠密

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 とは氣, の事, の顔, は天才

▼ 多分先刻~ (4, 0.1%)

2 の蛇 1 お願, の若者

▼ 多分其の~ (4, 0.1%)

1 我ま, 書體が, 遺言状を, 頃老女を

▼ 多分前者~ (4, 0.1%)

1 が後者, であろう, であろうと, の方

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 一物だらう, 一種で, 一記録の, 意義だろう

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 だらう, だらうと, だろう, である

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 ぜいの, 公孫樹の, 喜びで, 多数という

▼ 多分夫人~ (4, 0.1%)

1 が妊娠, が髪, にも隠し, はこれ等

▼ 多分小学校~ (4, 0.1%)

1 の三, の六年生, の子供, へまだ

▼ 多分屋敷~ (4, 0.1%)

1 か畠, の中, へ引返す, ほどの男

▼ 多分~ (4, 0.1%)

2 之助 1 の空気, へ行った

▼ 多分彼等~ (4, 0.1%)

1 が虚偽論, に発見, は夫婦, は彼等

▼ 多分後ろ~ (4, 0.1%)

1 から行っ, から行つて, から警官, の方

▼ 多分我々~ (4, 0.1%)

1 が初め, の先祖, の年, を田舎者

▼ 多分支那~ (4, 0.1%)

1 から入っ, から来た, の唐文粹, の定形律

▼ 多分~ (4, 0.1%)

2 小説に 1 ダイヤか, 時代の

▼ 多分~ (4, 0.1%)

4 にはしないだらう

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 と娘, にひどく, の方, も一緒

▼ 多分江戸~ (4, 0.1%)

2 で白河樂翁侯 1 から来た, へ見世物

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 の骨, は吊合い, は早速, も相

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 お互に, な死んだだろうと, の人, はそんな

▼ 多分~ (4, 0.1%)

2 の事 1 づくで無理, を貰っ

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 だと, でも降っ, のそぼ降る, の降

▼ 多分~ (4, 0.1%)

1 でも切られた, の骨, は倫敦, を長く

▼ 多分あり~ (3, 0.1%)

2 て貢租 1 がちな

▼ 多分あんた~ (3, 0.1%)

1 が別段, も一時どこ, も御

▼ 多分おれ~ (3, 0.1%)

1 がいなくなる, がゐなくなる, はけっして

▼ 多分かなり~ (3, 0.1%)

1 の金, まで今, 本質的に

▼ 多分これら~ (3, 0.1%)

1 の人たち, の塵, の諸氏

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 ぞんじの, 承知の, 返事なさるでしょう

▼ 多分ご存じ~ (3, 0.1%)

1 だろう, ないと, のこと

▼ 多分ずっと~ (3, 0.1%)

1 前からも, 前に, 減って

▼ 多分それら~ (3, 0.1%)

1 の凡て, の御, の礼心

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 はない, 勝負師の, 確乎りした

▼ 多分ない~ (3, 0.1%)

1 ことが, だらうと, であろうと

▼ 多分ほんとう~ (3, 0.1%)

1 であらう, でしょう, に憤激

▼ 多分もっと~ (3, 0.1%)

1 以前から, 確実な, 軽くなる

▼ 多分アメリカ~ (3, 0.1%)

1 では知られた, の婦人, の読者中

▼ 多分フランス人~ (3, 0.1%)

1 だらう, と夢, なん

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 に着, の方, の関

▼ 多分事実~ (3, 0.1%)

1 であらう, でない, をばらしたろう

▼ 多分二月~ (3, 0.1%)

1 だ, の上旬, の終り

▼ 多分何ん~ (3, 0.1%)

1 かの用事, か気, でも

▼ 多分何処~ (3, 0.1%)

1 かの湖畔, か技振り, へも行き

▼ 多分作者~ (3, 0.1%)

1 が死んだ, はこうした, は地方

▼ 多分偶然~ (3, 0.1%)

1 かもしれない, に著者, の一致

▼ 多分切支丹~ (3, 0.1%)

1 のこと, の大, の御詠歌

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 に居る, の人, 世紀の

▼ 多分十一時~ (3, 0.1%)

2 過ぎになつてゐたらうと 1 になっ

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 九郎の, 蓋馬車に, 藏の

▼ 多分叔父さん~ (3, 0.1%)

1 が殺した, はこの, よりは先

▼ 多分同様~ (3, 0.1%)

1 であろう, にし, の好

▼ 多分多く~ (3, 0.1%)

1 の女たち, の学者, の異議

▼ 多分多少~ (3, 0.1%)

2 とも物 1 のちが

▼ 多分夜中~ (3, 0.1%)

1 に米友, に誰, の三時頃

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 の頭, は一昨日私, は真赤

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 の手文庫, の純情的, はさまざま

▼ 多分学校~ (3, 0.1%)

1 といっしょ, の肚, へ出る

▼ 多分平次~ (3, 0.1%)

1 の口, の懷中, の氣持

▼ 多分後世~ (3, 0.1%)

1 のこじつけであろう, の仮作, の辯士

▼ 多分後者~ (3, 0.1%)

1 が独立, だらう, に属した

▼ 多分御存知~ (3, 0.1%)

1 でしょうが, ないでしょう, の方

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 なカーヴ, に話, の用

▼ 多分成功~ (3, 0.1%)

1 したらしい, するでしょう, と思ふ

▼ 多分既に~ (3, 0.1%)

2 草鞋を 1 物故し

▼ 多分昨夜~ (3, 0.1%)

1 の儘, の夜もすがら, の泡盛

▼ 多分木戸~ (3, 0.1%)

2 を締め 1 の柱

▼ 多分東京~ (3, 0.1%)

1 の桜, へやってくる, へ帰る

▼ 多分正しい~ (3, 0.1%)

2 のだらう 1 のだろう

▼ 多分死んだろう~ (3, 0.1%)

1 と云う, と云われ, ね

▼ 多分母親~ (3, 0.1%)

1 からせびり取った, からそれ, が最初親父

▼ 多分永久~ (3, 0.1%)

1 にお, にそう, に取り

▼ 多分永遠~ (3, 0.1%)

1 に日本, に眠, に眠っ

▼ 多分牛乳~ (3, 0.1%)

1 か何, か粥, を配達

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 から連想, などの所為, のいた

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 だつた, に相成り申すべく, までお目にかかれません

▼ 多分良い~ (3, 0.1%)

2 フランス文であろう 1 主君を

▼ 多分西洋~ (3, 0.1%)

1 にはない, の事, の方

▼ 多分警察~ (3, 0.1%)

1 の人, の奴等, の記録

▼ 多分間違い~ (3, 0.1%)

1 ないかと, ないもの, はありますまい

▼ 多分関係~ (3, 0.1%)

1 がなく, のない, はないでしょう

▼ 多分~ (3, 0.1%)

1 の前, の嘶き, を買つたの

▼ 多分あした~ (2, 0.0%)

1 の夜行, は十九日

▼ 多分あっし~ (2, 0.0%)

1 が二人, は紳士

▼ 多分あんな~ (2, 0.0%)

2 事に

▼ 多分いつも~ (2, 0.0%)

1 のお化け大会, の伝

▼ 多分おなじ~ (2, 0.0%)

1 だらう, 頃の

▼ 多分お昼~ (2, 0.0%)

1 だったの, に食った

▼ 多分お金~ (2, 0.0%)

1 なんか可, を取出した

▼ 多分かの~ (2, 0.0%)

1 女に対する, 民選議院建白にも

▼ 多分こいつ~ (2, 0.0%)

1 だろうと, は古

▼ 多分こちら~ (2, 0.0%)

1 だろうと, へ来たろう

▼ 多分した~ (2, 0.0%)

1 で有りませう去ら, と思う

▼ 多分じっと~ (2, 0.0%)

1 して, しては

▼ 多分すべて~ (2, 0.0%)

1 の区画, を名づける

▼ 多分そこら~ (2, 0.0%)

1 の溝, へ一人

▼ 多分そち~ (2, 0.0%)

1 の気に入るであろう, も知っ

▼ 多分そちら~ (2, 0.0%)

1 でございましょう, の方

▼ 多分~ (2, 0.0%)

2 よ勇太郎

▼ 多分だめ~ (2, 0.0%)

1 でせう, よ

▼ 多分ちょっと~ (2, 0.0%)

1 足りないもの, 飲むため

▼ 多分どの~ (2, 0.0%)

1 歴史小説作者も, 通信社かの

▼ 多分どんな~ (2, 0.0%)

1 人間でも, 位置においても

▼ 多分なかっ~ (2, 0.0%)

1 たであろう, たよう

▼ 多分なる~ (2, 0.0%)

1 創作である, 希望を

▼ 多分にふくめ~ (2, 0.0%)

1 ている, て双手

▼ 多分ひとり~ (2, 0.0%)

1 でかへ, の子供

▼ 多分ほか~ (2, 0.0%)

1 の土地, の御

▼ 多分みなさん~ (2, 0.0%)

1 はもう, はペスト

▼ 多分よそ~ (2, 0.0%)

1 から戻っ, にあった

▼ 多分スウェデンボルク~ (2, 0.0%)

1 の先例, の考え

▼ 多分フランス~ (2, 0.0%)

1 などが加はる, の

▼ 多分一人~ (2, 0.0%)

1 だ, で暮らさね

▼ 多分一度~ (2, 0.0%)

1 は隠した, もなかつた

▼ 多分一段落~ (2, 0.0%)

1 つくの, でしょうが

▼ 多分一番~ (2, 0.0%)

2 偉いん

▼ 多分三階~ (2, 0.0%)

1 では, のどこ

▼ 多分上方~ (2, 0.0%)

1 の時局, へでも行った

▼ 多分下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 多分下山~ (2, 0.0%)

2 した人

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 得心な, 發玉が

▼ 多分両方~ (2, 0.0%)

1 だろう, なん

▼ 多分中仙道筋~ (2, 0.0%)

1 から相, へもぐり込んだ

▼ 多分中国~ (2, 0.0%)

1 から来た, の東南方面

▼ 多分乃公~ (2, 0.0%)

2 だな

▼ 多分事件~ (2, 0.0%)

2 の秘密書類

▼ 多分二年~ (2, 0.0%)

1 か三年, はかかるだろう

▼ 多分二度目~ (2, 0.0%)

1 でありましょう, の洋行

▼ 多分京都~ (2, 0.0%)

1 だと, や奈良

▼ 多分人間~ (2, 0.0%)

1 じゃない, は住ん

▼ 多分今夜~ (2, 0.0%)

1 かえれると, の月

▼ 多分今年~ (2, 0.0%)

1 のうち, の始め

▼ 多分今日あたり~ (2, 0.0%)

1 は待っ, は日曜

▼ 多分今日じゅう~ (2, 0.0%)

1 にとは云った, には分るでしょう

▼ 多分以前~ (2, 0.0%)

1 のまま, は久八

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 の一瓢, の嬌音

▼ 多分伊八~ (2, 0.0%)

1 が顏見知り, のよく

▼ 多分会社~ (2, 0.0%)

2 か商店

▼ 多分便所~ (2, 0.0%)

1 へでも行く, へでも行った

▼ 多分信州~ (2, 0.0%)

2 の上林

▼ 多分八五郎~ (2, 0.0%)

1 が誘ひ出し, の僞者

▼ 多分其時~ (2, 0.0%)

2 迄日本

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 ている, 來る

▼ 多分初め~ (2, 0.0%)

1 からこう, から天下り式原理

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 な世界, な場所

▼ 多分助かるまい~ (2, 0.0%)

1 といふ, と思っ

▼ 多分十二時半~ (2, 0.0%)

2 か一時頃

▼ 多分博士~ (2, 0.0%)

1 は一般的方法, は張

▼ 多分去年~ (2, 0.0%)

1 の夏, の春

▼ 多分叔父~ (2, 0.0%)

1 が昨日あたり東京, の定次郎

▼ 多分古い~ (2, 0.0%)

1 ラジオ受信機の, 天井の

▼ 多分召し連れた~ (2, 0.0%)

2 弟子の

▼ 多分台湾館~ (2, 0.0%)

1 に居る, の事務室

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 がほん, 申す国

▼ 多分品物~ (2, 0.0%)

1 は宿屋, を売り込み

▼ 多分問題~ (2, 0.0%)

1 にはし, はやさしい

▼ 多分啼声~ (2, 0.0%)

1 に基いた, を写した

▼ 多分喀血~ (2, 0.0%)

1 でしょう, に吃驚

▼ 多分喧嘩~ (2, 0.0%)

1 が始まった, でもした

▼ 多分四国~ (2, 0.0%)

1 の犬神, へでも渡った

▼ 多分四月~ (2, 0.0%)

1 にはこの, も末

▼ 多分地球~ (2, 0.0%)

1 から著しい, を取り囲む

▼ 多分地震~ (2, 0.0%)

1 でどうか, のため

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 が変っ, も立てず

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 だらうと, の妾

▼ 多分外国~ (2, 0.0%)

1 に居る, の活動女優

▼ 多分大きな~ (2, 0.0%)

1 仕事でも, 木ばかり

▼ 多分大して~ (2, 0.0%)

1 贈賄しなく, 間違っては

▼ 多分女学校~ (2, 0.0%)

1 の二三年, へ入学

▼ 多分好き~ (2, 0.0%)

1 だろうと, な道

▼ 多分好まない~ (2, 0.0%)

1 と思った, と思つた

▼ 多分妊娠~ (2, 0.0%)

1 のため, の進んだ

▼ 多分始め~ (2, 0.0%)

1 から脱走, っから

▼ 多分孫娘~ (2, 0.0%)

2 でありませう

▼ 多分富士山~ (2, 0.0%)

1 から持っ, が爆発

▼ 多分将来~ (2, 0.0%)

1 における一層, もそんな

▼ 多分尋ねる~ (2, 0.0%)

1 人は, 道筋は

▼ 多分少から~ (2, 0.0%)

2 ずあること

▼ 多分少し~ (2, 0.0%)

1 下の, 低能な

▼ 多分屋根~ (2, 0.0%)

1 だったの, へ飛び上っ

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 が強い, の後

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 の中, の水

▼ 多分帰っ~ (2, 0.0%)

1 ては来, て来ないであろう

▼ 多分平生自分~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 多分幹助~ (2, 0.0%)

2 に始末

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 から絶交, でしよう

▼ 多分当っ~ (2, 0.0%)

2 ているだろう

▼ 多分彼ら~ (2, 0.0%)

1 にもわからなかったろう, の手

▼ 多分後人~ (2, 0.0%)

1 の作為説, の拵

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 の中, の臟

▼ 多分忘れ~ (2, 0.0%)

2 てゐた

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 るデモ主義者, る意味

▼ 多分戦場~ (2, 0.0%)

1 で陥り, と云う

▼ 多分手紙~ (2, 0.0%)

1 にも及ばないでしょう, の切れはし

▼ 多分押入~ (2, 0.0%)

1 か戸棚, の中

▼ 多分採用~ (2, 0.0%)

1 されて, される見込み

▼ 多分新聞~ (2, 0.0%)

1 にも一二度, の広告

▼ 多分日本語~ (2, 0.0%)

1 なんで, の何

▼ 多分明日あたり~ (2, 0.0%)

1 出来上るの, 診て

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 いたヴィッカアス, の温泉宿

▼ 多分昨日~ (2, 0.0%)

1 だらう, 引いたの

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 が此, を渡るであろう

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 のうち, の間

▼ 多分時間~ (2, 0.0%)

1 から言っ, の代り

▼ 多分最近三十幾年間~ (2, 0.0%)

2 の此市

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 の軌道, を観

▼ 多分有名~ (2, 0.0%)

1 なるゴルチーン法, な高田御殿

▼ 多分本当~ (2, 0.0%)

2 だらうと

▼ 多分本心~ (2, 0.0%)

1 であったと, であつ

▼ 多分本物~ (2, 0.0%)

1 の小判, の白髪

▼ 多分来月~ (2, 0.0%)

1 から勤める, になり

▼ 多分東京大学~ (2, 0.0%)

1 での講義, の医学部

▼ 多分~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 だろうと, のよう

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 十一時頃らしい, 當に

▼ 多分此処~ (2, 0.0%)

1 から帰国, で自分

▼ 多分此時~ (2, 0.0%)

2 まで失神

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 れないだらうし, れないだろうその

▼ 多分死にました~ (2, 0.0%)

1 よ放っ, よ放つ

▼ 多分死ぬ~ (2, 0.0%)

1 が然, ような

▼ 多分死ん~ (2, 0.0%)

1 でしまった, で届

▼ 多分母子~ (2, 0.0%)

1 だろう, のうち

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 の建立, は女

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 が着かれ, を喪つてウメキ聲

▼ 多分法水さん~ (2, 0.0%)

1 にああ, の方

▼ 多分浅草~ (2, 0.0%)

1 でも見物, の観音堂

▼ 多分海岸~ (2, 0.0%)

1 だらうと, の砂浜

▼ 多分淘汰~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 多分湯釜~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 多分火星~ (2, 0.0%)

1 の生物, へ戻る

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 かつた, 關心の

▼ 多分然うかと~ (2, 0.0%)

2 思つた

▼ 多分煙草~ (2, 0.0%)

1 がのみたくなっ, のヤニ

▼ 多分煙草屋~ (2, 0.0%)

1 かどこ, の二人殺し

▼ 多分父親~ (2, 0.0%)

1 なん, の三回忌

▼ 多分現在~ (2, 0.0%)

1 のン, よりも日本

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 ている, 息子で

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 にさしかかる, の向う

▼ 多分田舎~ (2, 0.0%)

1 から来た, と東京

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 だよ, なの

▼ 多分留守~ (2, 0.0%)

1 だらうと, になる

▼ 多分病気~ (2, 0.0%)

1 なの, に関係

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 嘗と, 續爭ひ

▼ 多分相当~ (2, 0.0%)

1 の発心, 大きな意味

▼ 多分相手~ (2, 0.0%)

1 に理解, の秋川駿三

▼ 多分眞夜中~ (2, 0.0%)

1 だらうと, 近い刻限

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 が醒めた, に見えぬ

▼ 多分眼鏡屋~ (2, 0.0%)

1 が間違, が間違えた

▼ 多分知合い~ (2, 0.0%)

1 の小林, の西洋人

▼ 多分福沢先生~ (2, 0.0%)

1 が渡米前, も凡人

▼ 多分私たち~ (2, 0.0%)

1 のどちら, は羅馬

▼ 多分科学~ (2, 0.0%)

1 と技術, のプログラム

▼ 多分空気~ (2, 0.0%)

1 と云, に靄

▼ 多分立派~ (2, 0.0%)

1 な居室, な絵

▼ 多分細引~ (2, 0.0%)

1 で殺し, に血

▼ 多分練習~ (2, 0.0%)

2 から来た

▼ 多分美しい~ (2, 0.0%)

1 容貌の, 方の

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 博士の, 寄りに

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 から上, の十手

▼ 多分芥川~ (2, 0.0%)

1 のところ, は中野

▼ 多分葉子~ (2, 0.0%)

1 だろうという, に逢っ

▼ 多分蚊帳~ (2, 0.0%)

2 が無い

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 が人間, は蜜

▼ 多分血液~ (2, 0.0%)

1 の凝固性, は鮮

▼ 多分覚え~ (2, 0.0%)

1 ちゃいらっしゃらないでしょう, ておられるでしょう

▼ 多分親方~ (2, 0.0%)

1 からお, から御

▼ 多分評判~ (2, 0.0%)

1 がよく, の下女

▼ 多分読者~ (2, 0.0%)

1 の素心, は東京

▼ 多分貴女ン許~ (2, 0.0%)

2 かと思つて伺

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 でも投げる, を投げたろう

▼ 多分身体~ (2, 0.0%)

1 にある, の工合

▼ 多分近頃~ (2, 0.0%)

1 の惡, までそういう

▼ 多分迷惑~ (2, 0.0%)

1 するだらうとお, だろう

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 ひあがること, ひ上がらうと

▼ 多分遅く~ (2, 0.0%)

1 ならうと, 渡来し

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 でも飲み, を飮

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 か鴨, が気

▼ 多分非常~ (2, 0.0%)

1 に複雑, に驚いた

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 が少し, の意味

▼ 多分~ (2, 0.0%)

1 であっただろう, の飛ばし

▼ 多分風邪~ (2, 0.0%)

1 だと, だらうと

▼ 多分食物~ (2, 0.0%)

1 か薬, の都合

▼ 多分馬酔木~ (2, 0.0%)

1 というの, の葉

▼ 多分駒井甚三郎~ (2, 0.0%)

1 のこと, も目

▼1* [1817件]

多分あした事を, 多分ああ見えても, 多分あきらめて帰った, 多分あさってごろ退院するでしょう, 多分あすの朝, 多分あたっている, 多分あっちの者, 多分あてにし, 多分あてぶといふ語の将然, 多分あとからやって来るだろう, 多分あと三週間もすれ, 多分あなたロシア語がわかるでしょう, 多分あなた様と存じます, 多分あの小さなお寺の, 多分あの老下女から, 多分あやかしの鼓, 多分ある年代を, 多分あるいはその頃, 多分あんなにうまくは, 多分ぢめられた, 多分いいとは思う, 多分いきなり叱られるに, 多分いくつかの産みたて, 多分いくらか心, 多分いく分か生活, 多分いだいたことが, 多分いったはずだ, 多分いつか行った上林, 多分いつか數年後乾いた溝, 多分いの一番に返した, 多分いまもそこ, 多分いま僕はこの世, 多分いま前を横切っ, 多分いま浴槽の中, 多分いや間違ひなく彼女, 多分いわゆる新仏の, 多分ええ多分大丈夫, 多分おこつてゐたで, 多分おずおずとつぶやいた, 多分おどろかれるだろうと思う, 多分おなかが悪い, 多分おばさんと喋った, 多分おぼえておられるでしょう, 多分おもしろいものと, 多分おもちゃのこと, 多分お上より触れ, 多分お前がたにも話した, 多分お前さんは今ここ, 多分お前たちみんなの耳, 多分お前達は空, 多分お力になれるでしょう, 多分お勝手の指圖, 多分お化けだろうって, 多分お化け鞄を博士, 多分お婆さんその銅貨, 多分お嬢さんを宵, 多分お嬢様はお, 多分お客が来たら, 多分お家にいらっしゃるでしょう, 多分お寺かお, 多分お山を御, 多分お座なりのお, 多分お断りする事, 多分お父さんとお嬢さん, 多分お玉がお勝手, 多分お釈迦さんだらうと, 多分やうな, 多分かうした島の, 多分かうした彼女の, 多分かえるでしょう出さき不明の, 多分かく都合の, 多分かすかながらも盜伐者, 多分かねて神経衰弱の, 多分僕達の, 多分きめるのでしょう, 多分きょうから競馬, 多分きょうあたりお二人, 多分くぬぎ薪の, 多分けさの汽車, 多分こいさんも結婚, 多分ことわられたのだらう, 多分こなごなになっ, 多分この間の機微, 多分これ位のもの, 多分こんどはお, 多分こんやはあっち, 多分ございませう一臺ぐらゐは, 多分ご時世のせい, 多分さうなので, 多分さきに水車溝, 多分しかられてをる, 多分しかられるだろうと思う, 多分しばしば祖母に, 多分しめていた, 多分しょっちゅうみんなが, 多分すぐに判る, 多分すごい男の子な, 多分すでに私の, 多分すみ子は死ぬ, 多分するのだらう, 多分なたが, 多分そいつは無理, 多分そういったような, 多分そこで宿やの, 多分そのまますてて, 多分その主たるメンバーを, 多分その頃行われたもの, 多分それっきり忘れて, 多分それ丈で十分, 多分そんなふうにまで憎悪, 多分そッちゃの方, 多分たたれたんだろう, 多分ただのお, 多分ただいま弁信が, 多分たった一杯飲んだだけ, 多分だいじょうぶだ, 多分だったのである, 多分だれ一人その, 多分だろうと思った, 多分ちよいと立つた, 多分ついてゐなかつた, 多分できそうです, 多分でも有るまいから, 多分というわけは, 多分どうもそんな気, 多分どんなに苦しくても, 多分なあこいつが, 多分なくなることで, 多分なさらないであろう事を, 多分などを附ける奴, 多分なにか内輪の, 多分なまけ者ということ, 多分のこっているでしょう, 多分のこつてゐるだらう, 多分のねがひは, 多分はげます積りであったろう, 多分はさようかと思いまする, 多分はじめから新劇, 多分はじめてこの山, 多分ひそかにバッハ, 多分ひつかきはじめ, 多分ひとに連れられ, 多分ひとつはその, 多分ひどい寒が, 多分ふられたのだろう, 多分ほとんど同一平面内, 多分ほろ醉機嫌でよく, 多分ほんとの淑女, 多分まいってしまう, 多分またそれから後に, 多分まだずっと長くいる, 多分まちがいのない, 多分まっ青になっ, 多分みだらな噂, 多分みつかるだろうと教え, 多分みんな狐につままれた, 多分むかしわが家に仕え, 多分むずかしいだろうという, 多分めったに無いこと, 多分うその, 多分もうハッキリと定まるだろう, 多分もう一度床の, 多分もう暫くすれば, 多分もし私が, 多分もっとしばしば小水滴付, 多分もつとそれ, 多分もとの御, 多分ものを言, 多分ものぐさからでもあつたらうが或はまた我が家, 多分やがてはその, 多分ゆうべのうち, 多分よほど噛み煙草の, 多分よろしからうとは, 多分らしいのでほっと, 多分わいせつの図画, 多分わかってくださるでしょう, 多分わかるだろうよ, 多分われわれ三人の遺跡, 多分われわれ地球人類よりもずっと, 多分ゐるだらうとは思つて, 多分アシェットから出, 多分アジア主義者であるお蔭, 多分アツタネによってはじめて, 多分アノハンドバッグノ中ニ入レテアルノデアロウ, 多分アパートの差配, 多分アルコールの作用, 多分アンチオツフス王の事, 多分アンチピリンか何, 多分アンリエットのこと, 多分イオニアの哲學者, 多分イギリスの軍用飛行機, 多分イタリア語のクロコヂルロ, 多分イランあたりで作られたらしい, 多分インドで出来た, 多分ウイスキー入りの珈琲, 多分ウカウカとあの, 多分エジプトの僧侶たち, 多分エジプト僧侶の中, 多分エピミーシウスが彼女, 多分エロスの神, 多分オランダ人からでも手, 多分オリヨン星の霧, 多分オロシャではない, 多分オロシャのであろうところ, 多分カリフォルニアの或, 多分カルデア人が西洋, 多分カーブの地点, 多分キッティと私, 多分キップの装置, 多分キリスト教的教養を身, 多分キングとクイーン, 多分クラーレあたりの皮膚, 多分クロクロ島の最期, 多分クロクロ島司令への命令, 多分クワの花, 多分グレートデーンと言う, 多分コオニユリも見逃されない, 多分コレラの話, 多分ゴマメ売りが, 多分サルセエだと, 多分サントーマの僧侶, 多分シャクドウと呼ばれる, 多分ジイドはあの, 多分ジャスティファイするため, 多分ジャーナリスティックに即ち, 多分スウェーデンで科学, 多分ステッキで上, 多分スパニア人であ, 多分スペクタクルとして今日唯一, 多分スマートな行動感覚, 多分セルギウスを少し, 多分ゼジュン断食であ, 多分ソノタメニ和服ヲ着, 多分ソンナ事じゃろうと, 多分ソ連であろうが, 多分タイピストの瀬川, 多分タイ国の国境, 多分タクシーの中, 多分ダフのゴミ, 多分ダメだろうと, 多分ダーウィンの, 多分チビと一緒, 多分チベット人が拵えた, 多分チーキャブの眼, 多分チーズを切っ, 多分ディレッタント的興味にある, 多分デスクの上, 多分デニー博士の愛すべき, 多分デモクリトスから得た, 多分デンマアクへ逃走, 多分トラ十のやった, 多分トリゴオルトの譯, 多分ナオミはその, 多分ニショウ的デムヤミニ血ダラケニナッタリスルケレド, 多分ニ及ヒ曾テ聞天明年中浅間山焼燃セシ災難ヲ追懐, 多分ネオン屋の一平, 多分ハイゼでおし, 多分ハドルスキーか何, 多分ハネ釣瓶の仕掛け, 多分ハリソンの家, 多分バク弾を持った, 多分バチが当るだろう, 多分バッハ頃から段々, 多分パンテレイ聖人を祠つた御堂, 多分ヒステリイの発作, 多分ピストルの形, 多分フェルマーをやる, 多分フランス語のクロケエ, 多分フリントの埋めた, 多分ブラインドを降す, 多分プラトンであらう, 多分プラーグかでオリンピック, 多分プリスタフであらう, 多分ヘシオドのこしらえた, 多分ベッドに寝, 多分ペイトン在の蜘蛛屋, 多分ペガッサスをつかまえる, 多分ホヴァス通信社の悪戯, 多分ボルクマンの初演, 多分ポオの, 多分ポオランドにある, 多分ポルトガル人かイスパニア人, 多分マスケリーの紹介, 多分マラルメの詩, 多分ミミということ, 多分メールにその, 多分モスコオ芸術座の攣, 多分モンマルトルの祭, 多分は屋根, 多分ヨシキリの理解記憶, 多分ラフレッシア科のもの, 多分リキーの主人, 多分リヴァプールに寄港, 多分リヴジー先生が, 多分ルキーンが消し, 多分レオネルロを己, 多分レディーを先, 多分ロクに話, 多分ロスコー氏の留守, 多分で始まる, 多分ヴィクトリア・レジアの広葉, 多分は希望閣, 多分一つ前の俗信, 多分一つ買ひ置きの, 多分一つ買い置きの新しい, 多分一セント位であろう, 多分一ツぐらいもう, 多分一パシ世間並の立派, 多分一万を出, 多分一九二四年型だったと, 多分一二回連載で書かせ, 多分一二度も一緒, 多分一人きりになれ, 多分一体に栄養, 多分一億や二億, 多分一億年くらいの太古, 多分一八一〇年代にフランス人, 多分一千九百二十六七年らしい, 多分一口も開くまい, 多分一同待ち望んで, 多分一場の笑い草, 多分一寸の隙, 多分一市民の資格, 多分一度關係した男, 多分一度隱れたその, 多分一揆の村, 多分一方が雌, 多分一日か二日, 多分一日汗とホコリ, 多分一日陽に照らされ, 多分一旦は何, 多分一昨日の夜中, 多分一晩位庵にとまつ, 多分一月頃出版の運び, 多分一枚しかない, 多分一枚五〇銭で買った, 多分一様にズズダマ, 多分一牧歌としての価値, 多分一生か, 多分一番年長のやつ, 多分一種の色狂, 多分一突きで死んだ, 多分一箇月前もそうした, 多分一篇の閣令, 多分一色を訪ねた, 多分一萬兩の隱, 多分一言も口, 多分一連隊であろう, 多分一週間前にこの, 多分一露里半ばかり距, 多分一頻り噂の, 多分一飯の恵み, 多分丁馬親分や安直兄いもこちら, 多分七つ道具から思いついた, 多分七八歳くらいの自分, 多分七八百メートル先に例, 多分七兵衛の仕業, 多分七兵衛あたりがさんざん, 多分七時か八時頃, 多分七時半頃で御座いましたでしょう, 多分万物の造主, 多分万葉学者からは貴様, 多分三人一緒にゐる, 多分三十位だったかも, 多分三十分と経たない, 多分三十才前後といふ頃, 多分三十里も東京, 多分三千子のふしだら, 多分三合目位だろうと, 多分三四年昔の原稿, 多分三四百ギニーくらい入っ, 多分三寸玉くちゐ, 多分三山の遺, 多分三島の町, 多分三度目くらいに訪ねた, 多分三成の邸, 多分三時前後だったでしょう, 多分三月か四月目, 多分三月二十二日にお産, 多分三月頃のこと, 多分三次の命, 多分三百人内外のもの, 多分三百枚内外だろうと, 多分三谷君がいるでしょう, 多分三週間ののち, 多分三里くらいはき, 多分のお, 多分上手へ漕ぎだしたらう, 多分上流へ向っ, 多分上等の玩具ピストル, 多分下宿屋の女中, 多分下男とか風呂番ぐらゐの所, 多分下野国の耕野, 多分不破の関守氏, 多分与八の人相そのもの, 多分丑松の親友, 多分世の中は観念, 多分両国のこちら側, 多分両国橋の上, 多分両方べつべつに染めました, 多分氣で, 多分中島商工大臣あたりが登場, 多分中戸川氏自身の予想, 多分中毒するの, 多分中気で行倒れ, 多分丸薬と思われる, 多分主として婦人たちが, 多分主人公駒井の室, 多分主婦が最も, 多分主婦自らが最も, 多分久度神といふの, 多分乗組員を選ぶ, 多分九つか十歳位, 多分九世紀の中頃, 多分九戸乱の済んだ, 多分九日まで, 多分九時前でしたろう私, 多分九時頃来ますからね, 多分九月の初め, 多分乳母さんの児, 多分事業が余り, 多分二〇で割り切れる, 多分二つの焦点, 多分二三年のうち, 多分二三年前に君, 多分二三日は帰らないだらう, 多分二三日うちには雨龍, 多分二三日前にホテル, 多分二十三日一水会の展覧会, 多分二十五日の夜十一時ごろ, 多分二十八です, 多分二十分も経た, 多分二十四人には殖え, 多分二十度も曲った, 多分二十日の午前中, 多分二十日頃に上京, 多分二十日頃出帆するだろうと, 多分二十歳を出, 多分二川は嫌, 多分二度三度とは見, 多分二日から入, 多分二時を少し, 多分二時すぎでしょう, 多分二百十日の頃, 多分二百年の間, 多分二百歳ぐらいだろう, 多分二重に腰巻, 多分云う事が, 多分五六歳頃の最, 多分五十の賀, 多分五厘で極楽, 多分五時だと, 多分五百マイルも離れた, 多分井下伯に言っ, 多分亡くなった夫人由紀子の, 多分亡くなつた主人小倉嘉門の, 多分交趾辺と思わる, 多分京阪地方では外法頭, 多分人々は之, 多分人跡未踏の深山幽谷, 多分人造人間かも知れません, 多分人違いであろう, 多分今ごろどこかに, 多分今のもあの, 多分今夜あたりどこかで日本左衛門, 多分今夜西北風でもっ, 多分今宵も倉, 多分今後もなんにも, 多分今戸か眞崎, 多分今日一日中吹雪の中, 多分今日出発すると, 多分今時は野良, 多分今晩もそうした, 多分今晩くらゐで, 多分今晩演説の腹案, 多分今月中には出来あがる, 多分今生の見納め, 多分今赤須貞子となつ, 多分介抱のため, 多分仏印からかと思う, 多分仏法の経文, 多分仏蘭西語と思われる, 多分仏頂寺が斬りかかろう, 多分他人の寝静まった, 多分他所で殺され, 多分他所者だらうと, 多分付着して, 多分代々木あたりの友人, 多分以上のよう, 多分仲基の弟荒木蘭皐, 多分仲居の功労, 多分仲間の役人, 多分伊達に用, 多分会心の一ダース, 多分まで取り, 多分伯アンドリゥ君は御, 多分伯耆の安, 多分住居に泊っ, 多分住持の老, 多分住職の着る, 多分体格の立派, 多分何とか様子が, 多分何十万という労働者, 多分何物をも見, 多分何者かが彼, 多分何處か枝振り, 多分の心, 多分余り正確でない法則, 多分佛像を供養, 多分佛樣を寢, 多分使われたであろうと思います, 多分侘しいバラックで, 多分侯爵ぐらいには見えた, 多分に人魂, 多分信じて貰えまい, 多分信心と財布, 多分信長の方, 多分に乗ったであろう, 多分修行半ばの雲水, 多分修養のため隠遁, 多分修養団が特高, 多分個人の教養, 多分倒れながら亜太郎, 多分停車場までは行くまい, 多分側火山として噴出, 多分ではないでしょう, 多分偽名でしょうが, 多分傅次郎を勝負事, 多分僕たちを見, 多分僧形をし, 多分といふ字, 多分儒者か何, 多分元帥の大和魂, 多分元服祝ひなので, 多分があと, 多分兄さんは私, 多分充分の用意, 多分兇器に附着, 多分へお送り, 多分先代總七が思ひ, 多分先日の日, 多分光子さんから聞いた, 多分ッし, 多分入場料が払, 多分國の, 多分全力を尽くさなかった, 多分兩方だつたろう, 多分八九歳位の時代, 多分八時頃になるでしょう, 多分六七年頃であったよう, 多分六十を越し, 多分六十年乃至七十年位, 多分六時四十分から五十分の間, 多分六月一杯でおしまい, 多分六本持つて, 多分六百年以上は経っ, 多分兵隊さんが調練, 多分兵食だらうつて, 多分れ一枚, 多分其兄米庵をも其父寛斎, 多分其職人と一緒, 多分其處で大勢, 多分其邊で鬼, 多分典獄か検事局, 多分兼ねてから未亡人, 多分内儀を二階, 多分内務大臣の管轄, 多分内所で入れ, 多分内科でいらつ, 多分再び京阪の, 多分再会しなかったと, 多分冥途の土産, 多分冷たくちらついて, 多分冷却速度の関係, 多分処女ではなかっ, 多分出帆仕たしと, 多分出来そうだ, 多分出来ないからだろう, 多分出来よう逆に, 多分出来ることなら, 多分出来るであろうと言う, 多分函館の阿, 多分の鍔, 多分刄物くらゐは, 多分刊行中の長塚節全集, 多分刑期がきまる, 多分初めてであるらしかつ, 多分初夏の頃, 多分初恋とでもいう, 多分利尻山登山の準備, 多分到る所に, 多分刺し殺されたのだろう, 多分前夜何処かの仮装舞踏会, 多分剥がすことの, 多分割れたレコードを, 多分割下水時代ノ彼女ニ違イナイ, 多分の強い, 多分加害者ではない, 多分加島屋の娘, 多分助手がボロ, 多分勉強に限らず, 多分勝手元の近く, 多分北信の例, 多分北裏にあった, 多分区切りは出来ない, 多分区役所の御, 多分にはならぬ, 多分十メートル平方もあろう, 多分十一の僕, 多分十一時二十分頃だったろうと, 多分十一時半頃だろうと, 多分十七世紀の所謂古典劇時代, 多分十九か二十歳位, 多分十二畳と八畳, 多分十五六日間は人, 多分十五年と十六年, 多分十五日正月の方, 多分十五歳くらいであった, 多分十余年になる, 多分十時にはしまる, 多分十時頃だつたかと, 多分十月の末, 多分十歳くらいのこと, 多分千年もたつ, 多分の日, 多分午前一時頃だったと, 多分午前二時頃だと, 多分午後三時と思いゆく, 多分半兵衛の蒼白い, 多分半島の南端, 多分半月永くて, 多分卒中か何ん, 多分卒業式は済んだ, 多分南光坊は試合, 多分南蠻筋の祕法, 多分単に退屈か, 多分印東もそこ, 多分厚木へ一晩, 多分原作料の問題, 多分原始林時代から居残った, 多分原本にもつい, 多分原理的には何, 多分原田喜三郎と同じ, 多分厳密なスポーツ, 多分参られる事と, 多分参りますまいと思います, 多分友だちの一人, 多分友人の宅, 多分友太郎のだった, 多分双方の信仰, 多分取り違ったか, 多分取止めのない, 多分受け容れることが, 多分の中, 多分古代の支那人, 多分古山お酉, 多分古来の節供, 多分古道具屋の上さん, 多分古風な人, 多分台所にゐた, 多分叱られて思い余っ, 多分右太吉が通辭, 多分右手なん, 多分各地の同志, 多分各種天体の本性, 多分合格して, 多分吉住樣お一人, 多分吉備の国, 多分同人を恨ん, 多分同君自ら全国に向っ, 多分同室のあなた達, 多分同感の士, 多分同時の作, 多分同種であろうと, 多分同級の寫眞生徒, 多分同行の近江夫人, 多分名刺に自分, 多分名古屋に住む, 多分名張の山あたり, 多分向うに着い, 多分向方の畑, 多分君のだらうと, 多分君達は彼等, 多分ひ飽きた母, 多分吹矢を射る, 多分吾人の考える, 多分周到な御両, 多分周知のこと, 多分味方ではない, 多分咲子が明けた, 多分咽喉の辺り, 多分哲学的な諸, 多分唐代に留學, 多分唐櫃は前々, 多分唐筆をもっ, 多分唐紙越しに一發, 多分唯一面のちやぶ臺, 多分商人の出, 多分善光寺から越後路, 多分喜兵衛自作の案文, 多分嗣二だけだつたらう, 多分嘉永四年で鹿太, 多分器量の上, 多分四つ手駕籠の提灯, 多分四ヵ月は掛るだろう, 多分四十二年の十月甲武信岳, 多分四年の後, 多分四方太も一処, 多分四日前に死ん, 多分四時すぎ頃でした, 多分団員の服装, 多分困るのは, 多分困難では, 多分国学科であったろうか, 多分国民の大, 多分國法でも禁止, 多分園長の死体, 多分土地だけの改作, 多分土木学者が現在, 多分土竈か風呂場, 多分土藏の修繕, 多分地殻が予想外, 多分坊ちやんが夜中, 多分坊主にならう, 多分坐ったようであった, 多分肥りだろう, 多分執着力が一つ, 多分堀口大学氏であらう, 多分堀河の国広, 多分堪えられたろうが近づい, 多分報告的描写に過ぎぬ, 多分の方, 多分塩瀬であろう表, 多分増田屋であったかと, 多分墺太利に取つ, 多分売れにくいの, 多分売買されるの, 多分変ったことも, 多分の初めそこ, 多分夏子を殺す, 多分夏正といふもの, 多分夕刻位になされた, 多分夕方までには発表, 多分夕景迄には屹度, 多分夕飯の菜, 多分外務省関係の知人たち, 多分外船がもたらした, 多分外部には全然, 多分与里でしょう, 多分多勢の人, 多分夜会の帰り, 多分夜光虫でしょうを, 多分でも見た, 多分夢うつつのうち, 多分大きいナイフ, 多分大久保岩下なぞでしょう, 多分大切な寶物, 多分大利根博士が研究中, 多分大勢の人々, 多分大和の京, 多分大垣の縁故, 多分大垣村右衛門の仏敵呼ばわり, 多分大垣村右衞門の佛敵, 多分大塩平八郎君と私, 多分大学で講義, 多分大抵の小, 多分大村君じゃないでしょう, 多分大森へ帰った, 多分大正八・九年頃から二年, 多分大正十年頃だったと, 多分大江山でしょうと, 多分大河はいい, 多分大石練吉に診, 多分大聖歡喜天像でおそらく, 多分大衆的独創という言葉, 多分大阪や神戸, 多分大阪あたりにいるでしょう, 多分大阪おばあさんの持物, 多分天上から地上, 多分天地がわたしたち, 多分天守閣は見せ物, 多分天川呉羽嬢のもの, 多分天才にあり, 多分天気晴朗の日, 多分天王殿の左翼, 多分天目山の方, 多分天草一揆頃日本に渡っ, 多分太い綱が, 多分太子時代には大和, 多分太宰府の近所, 多分太平洋のどこ, 多分太沽沖にある, 多分夫喜田川三郎氏が自分, 多分夫婦間独自の衝突, 多分奇声を発し, 多分奇癖の多かっ, 多分奈々子が階下, 多分奉公人達の部屋, 多分奥様のお, 多分奧方を強請, 多分女学生時代の彼女, 多分女性は美人, 多分奴等はこんな, 多分好んで見た, 多分好忠の新作, 多分妊娠前や妊娠中, 多分が朝, 多分妻君への土産, 多分の方, 多分姉さんのお, 多分姉妹二人よく, 多分始める下工作, 多分の姿, 多分娘たちは奥さん, 多分嫉妬の為, 多分子供の葬式, 多分子供たちを取り戻し, 多分孔子の七十歳, 多分存在して, 多分存知ないお, 多分助殿, 多分学校出身の戦死者, 多分学者らしい人, 多分宇佐美君あたりの配慮, 多分宇喜多勢でないかと, 多分宇宙の他, 多分安政三年の頃, 多分安賭場か何ん, 多分の末頃, 多分定次郎が一度, 多分宝ものが沢山, 多分宝沢を殺し, 多分宝物を数える, 多分実はさっきから, 多分実行するの, 多分実際はそれ程, 多分実験上見出し得るだろう, 多分実験室の扉, 多分宣伝部から, 多分室長の更迭, 多分宮内省の方, 多分宮崎のこと, 多分宮本自身にもそれ, 多分のうち, 多分宵の口から外出, 多分家屋敷が売れる, 多分家隆卿の, 多分容子をお話, 多分富谷から吉岡, 多分寝られるだろうと思います, 多分寝る処も, 多分寝台の側, 多分寝所へ駈け付け, 多分專三郎樣の伜, 多分尊王攘夷でしょうよ, 多分尋常校の三四年程度, 多分人数の, 多分小三郎さんの父さん, 多分小便にでも出かける, 多分小僧の友吉, 多分小判を隱, 多分小夜子が花, 多分小学時代だったと, 多分小学生用のらしい, 多分小林さんからの注意, 多分小田原だらうと, 多分小米と申す, 多分小舟の出入, 多分小鼻怒らし大, 多分數でありました, 多分少々舌に, 多分少なからず年, 多分少なくも一部は, 多分尼僧が断るだろう, 多分尾崎氏は中, 多分尾沢の愛人, 多分居りますでせう, 多分居催促をし, 多分居留守をつかつ, 多分居眠りをし, 多分屋根裏で自殺, 多分山上へ修行, 多分山下君吉田君井上君が先, 多分山城の場末あたり, 多分山奥へ逃籠, 多分山水畫のつもり, 多分山猫の妖精, 多分山科の盆地, 多分山野家がだんだん, 多分山間の土, 多分の上, 多分岡田の外套, 多分岩くらくらししなどの, 多分岩見君は無罪, 多分に田, 多分川手氏をいや, 多分川西の屋敷, 多分巣鴨の庚申塚, 多分工夫かだれ, 多分の肩辺り, 多分左京も知らなかったでしょう, 多分左京さんからでもお, 多分左手のずつと先, 多分左門の注文, 多分く演, 多分差支えはなかろう, 多分を馬鹿, 多分己たちは酒, 多分巴里から出た, 多分市電は一掃, 多分帆村探偵の心づかい, 多分帰りの夜風, 多分帰京つた筈, 多分帰庵するだらうとは, 多分常識はこうした, 多分右衞門町の, 多分平ヶ岳に登った, 多分平和博覧会の時, 多分平安朝になっ, 多分平安朝以来用い来ったもの, 多分平泉館の記録, 多分平田源五郎はお, 多分平野屋だつた, 多分を取る, 多分年魚市潟一帯が潮干, 多分幸吉を呼出す, 多分幸田酒月以外の何者, 多分幾人もないだろう, 多分幾太郎が縛られた, 多分幾度かは持ち直す, 多分広告に修養, 多分を渡っ, 多分撒き香水, 多分庚申の晩, 多分であったと, 多分府中の宿あたり, 多分の真ん中, 多分廊下の方, 多分廣告に修養, 多分廻転して, 多分廿三四年の事, 多分弁信の前, 多分弥十郎の末, 多分弱いものであっ, 多分つてゐない, 多分当人も生涯, 多分当局は永らく, 多分当惑するだらうと, 多分当時の物, 多分彦太が行, 多分彦根のお, 多分彫物師と言ふところ, 多分役員改選が議題, 多分彼女銀子の眼, 多分彼様いふの, 多分彼氏の来る, 多分待合かなにか, 多分後世忍術使ひの, 多分後漢の中頃, 多分後飛鳥期の初め, 多分徒歩連絡だろうと, 多分従妹が久子さん, 多分御前の夢, 多分御幸が決定, 多分御座候由伝聞仕候, 多分御酒を飲ん, 多分微かに目, 多分心安立ての仲間うち, 多分心臓肥大で何時急変, 多分必要以上にしっかり, 多分忌中だから, 多分がしい, 多分忙しいんだろう, 多分応接室だろうと, 多分思い違いでこの, 多分急速に阻止, 多分性来の自重心, 多分怪美人が自分, 多分恐らくもう一度はあなた, 多分恢復するだろうと, 多分恥しさに, 多分恥ずかしかったの, 多分悪魔のそれ, 多分悲鳴だと, 多分惡者に攫, 多分愉快な自動車道, 多分意識的にはそう, 多分愛宕が火伏せ, 多分感冒だつたので, 多分戀患ひだらう, 多分我々同様一匹一匹違って, 多分我が万延文久元治年間に, 多分我国の, 多分我慢をするであろう, 多分戦争でもすめ, 多分戦国時代をさ, 多分戦塵のまだ, 多分戯曲は読む, 多分を閉めない, 多分戸口に耳, 多分房州の故郷, 多分所謂日常生活者も又, 多分所謂純文学というもの, 多分の下, 多分をひっ込め, 多分手前たちだって自分, 多分手前らも見た, 多分手塚君のこと, 多分手拭に空気, 多分手筐を奪, 多分手術を受けた, 多分手袋をはめ, 多分手首を縛った, 多分の男系統, 多分打合わせてあった, 多分打揃つて神様の前, 多分承知して, 多分投げ出して居た, 多分毒性の, 多分抱いている, 多分拔荷を扱つて, 多分拗音があったろう, 多分拳匪の乱, 多分拾うてくれ, 多分持って生れた, 多分持つて居た, 多分持つてらしつたんでせう, 多分持主であって, 多分振り向きもせず, 多分挿画家協会会員の中, 多分掛物でも入っ, 多分探訪記者であろう, 多分探険に出かけた, 多分提灯一つに菅笠一つづつ, 多分摂氏四十度ぐらいはあろう, 多分支倉に頼まれた, 多分支那産のもの, 多分支那軍が弾薬庫, 多分放免になる, 多分放射性能を持った, 多分放浪時代の句, 多分政友会だってそう, 多分政宗方では物柔らか, 多分故郷の堺, 多分教育にでも従事, 多分散歩のをりで, 多分整備員諸君が見逃されたであろう, 多分の監視兵, 多分敵機の編隊, 多分敵討騷ぎの最中, 多分敷島に違, 多分文化的自由主義と同じ, 多分文字花の家, 多分文学上の, 多分文学者の, 多分文筆業者達は新聞, 多分斎木さまにはご, 多分斥候隊かもしれませぬ, 多分新しい噴火口な, 多分新井がかけ, 多分新富座であらう, 多分新潟まわりでしょう, 多分新種であろう, 多分新聞記者自身の考え, 多分新郎の御, 多分旅中死ぬかも, 多分旅行前に千種十次郎, 多分絶えたであろう, 多分日下寛氏であっただろう, 多分日曜に会, 多分日本人のあっし, 多分日比谷だったよう, 多分日露戦争以後どんどん開けた, 多分日頃から甚蔵, 多分旦那方の中, 多分旨く往くに, 多分早春の宵, 多分昇汞といふもの, 多分明くる日の十九日, 多分明ければハチロウ, 多分明日ごろ検事が, 多分明日伊東へ行っ, 多分明日葬式でしょうと, 多分明日頃答弁の運び, 多分明治の初年, 多分明治十九年も押, 多分明治四十二年の夏, 多分明治座であったと, 多分明治時代の最新式, 多分星雲中の特に, 多分映画ニ出カケタノデアロウト察シ書斎デ日記ヲツケテイタガ, 多分昨今は東京, 多分昨夕の蓮見, 多分昨夜コン吉から三十法, 多分昨夜此處で出つ, 多分昨夜遲くな, 多分昨日約束して, 多分昼間は隙, 多分昼頃だったと, 多分昼食の仕度, 多分時候あたりだろうと, 多分時宗にて僧俗共本寺有, 多分時局に対する一応, 多分晏子の言, 多分のうち, 多分晩方までには帰るでしょう, 多分景教碑文の撰者, 多分智慧と運命, 多分さに, 多分暑気あたりかとも思わるる, 多分暗くなってから, 多分暗誦出来る程, 多分書いて見た, 多分古くからの, 多分最う殺されて, 多分最前から室, 多分最終船と言う, 多分月曜か火曜, 多分有り勝な, 多分服装のせい, 多分服部時雄という男, 多分が三杯, 多分朝倉先生のご, 多分朝倉男爵が戸, 多分朝寝をし, 多分朝日新聞の気紛れ, 多分朝鮮支那の風, 多分期待通り解決はつく, 多分木乃伊のたぐい, 多分木山がもう, 多分木星以外の外側, 多分木曜頃見に, 多分木更津方面の若い衆, 多分木曾山中の發光菌, 多分木賊山に相違, 多分未だ塔, 多分當で, 多分本人は無意識, 多分本国を喰い詰め, 多分本場のその, 多分本所の相生町, 多分本来的生活は極めて, 多分本邦特有でがなあろう, 多分杉亨二先生の案出, 多分村人村童たちは村芝居, 多分ては下さるまい, 多分来ないだろうとは思う, 多分来るよ朝, 多分来るだろうよ, 多分来年の四月頃, 多分来月あたりはあなた, 多分来週の日曜日, 多分東京帝国大学の小石川植物園, 多分東坡の自筆, 多分東洋から海, 多分東洋製糖のお, 多分松井町へお, 多分松本方面だろう, 多分林さん御夫婦, 多分林田が駿太郎, 多分からあの, 多分柳仙の家, 多分柿ぐらゐは食へた, 多分桂田博士だろう, 多分桑田でしょう, 多分桟敷から階子乗り, 多分梵名矩奢支那, 多分の家, 多分森川信と書く, 多分植込み時期に地熱, 多分極まりが悪い, 多分極めて旧く神代, 多分極楽荘です, 多分榊君の方, 多分榮三郎などと一緒, 多分様々に解釈, 多分様子が知れるだらう, 多分標本屋から買っ, 多分標準語と同じ, 多分横手の垣根, 多分横浜からであらう, 多分横顔ではなくし, 多分樹明君に踉, 多分機関士だらうぜ, 多分櫟林の下, 多分欧洲の時局, 多分正しく発音する, 多分正善寺の杜, 多分正太さんも宗さん, 多分正宗白鳥氏であったかは, 多分正常な音韻, 多分正気付いた家令, 多分此三四日の間, 多分此以後の事, 多分此季節中では, 多分此澁紙を敷い, 多分此男は本当, 多分此等の都會, 多分此處で死んだ, 多分此辺だったの, 多分此道はわざと, 多分武夫の身体, 多分武蔵の方, 多分歩いてゆける, 多分が生え, 多分歯噛みをし, 多分歴史研究の資料, 多分死なない程度の, 多分死去して, 多分死骸も判らなくなったでしょう, 多分殆ど不変の値, 多分段々変って, 多分殺されたらしく今の, 多分殺したのかも, 多分殿下もそれ, 多分母上は其, 多分母屋の雨戸, 多分毎日ミサのよう, 多分毒ガスにやられた, 多分毒蛾の鱗粉, 多分氏自慢の携帯用送信機, 多分民衆の利害, 多分気づかなんだであろう, 多分気絶する一歩手前, 多分氣持でも惡, 多分水夫が顔, 多分水曜日ごろ田舎へのおみやげ, 多分水素の出す, 多分水草に相違, 多分水面下でお陀仏, 多分は迅, 多分江場土ででも買っ, 多分江戸子でしょう, 多分江戸表にいる, 多分の中, 多分池谷別邸のなか, 多分決りそうだ, 多分河内介はその, 多分河口には鋭い, 多分河楊だろう細かく, 多分河野さんの家, 多分河鹿であろうと, 多分沸騰点が違う, 多分の近所, 多分法華経あたりを読ん, 多分法道がインド, 多分泣き出したのであろう, 多分泣くことさへも, 多分泳いで安全, 多分流石に親, 多分浅吉さんのこと, 多分浅草辺だろうとも, 多分浪人者腰抜け彌八, 多分浪打際を離れ, 多分浮氣者の源吉, 多分浮浪の徒, 多分海中電気砲で敵, 多分海底の氷, 多分海松は蓼醋, 多分海豚の骨, 多分海軍側にはこの, 多分消えたのは, 多分消音装置がし, 多分とともに微笑みかけた, 多分深いガスの, 多分深き遺恨ある, 多分深田琴吾御部屋樣, 多分清澄の茂太郎あたり, 多分渇きが止った, 多分渡すべいと, 多分渡辺千代子さんだつた, 多分満州をどう, 多分源助というの, 多分が狭い, 多分滋幹はいつも, 多分滑りをよく, 多分滿洲朝鮮の海岸, 多分なの, 多分漆塗りの器, 多分潮飛沫でもかかった, 多分激情に自制心, 多分瀬多の少し, 多分瀬川君の許, 多分灌漑を目的, 多分の光, 多分火山岩の堆積, 多分火星人だろうと, 多分灰色の憂鬱, 多分烈しい神経の, 多分無かったろうと思われる, 多分無料だろうと, 多分無根の事実, 多分無罪になる, 多分無駄だらうよ, 多分然るべき勝算が, 多分焼く時に, 多分焼けてしまったろう, 多分煙たがられてゐた, 多分煙草入を手, 多分照吉は伊太郎, 多分照子に関すること, 多分だろう, 多分が下るでしょう, 多分燃料にでも使われた, 多分父道齋が島原, 多分うらしいの, 多分牛若丸が鞍馬山, 多分牛頭山といったに相違, 多分牡丹かと思える, 多分牧場のそこ, 多分は希, 多分物好きな大名方, 多分物見に便する, 多分特に海軍では, 多分特別待遇をこうむる, 多分特号活字で大々的, 多分の角, 多分犬養氏の蟠, 多分狂っている, 多分狂人が看護人, 多分ひを, 多分独りだったと, 多分独逸物であったと, 多分狼狽した結果, 多分猛烈な中毒症状, 多分猟師に追われた, 多分猿轡をはめられ, 多分獄吏の中, 多分玉葱が入っ, 多分王樣の子供, 多分玩具の札, 多分現れることと, 多分現代の東京, 多分現場にも何, 多分球形をし, 多分生え出してゐた, 多分生きている, 多分生きた鮎が, 多分生れ故郷の英国, 多分生命に属し, 多分生物がいる, 多分生物学研究にあるらしい, 多分産卵するため, 多分用事もあるだらう, 多分用人の石田清左衞門殿, 多分用便をする, 多分用意されて, 多分田安家に奉った, 多分田舍の婆さん, 多分田螺を干し, 多分番頭と思はれる, 多分當つてゐると, 多分當時吾國の肖像畫, 多分當身か何, 多分疊針か千枚通し, 多分疋田様からお, 多分疑いもなく, 多分疑ることの, 多分疲れたのと, 多分病人はあの, 多分病名ヲ頸肩腕症候群ト称スルモノト考エラレル, 多分病欠にちがい, 多分病気前の君, 多分病氣といつ, 多分を療治, 多分痔持ちなの, 多分痴情の結果, 多分癩者に違, 多分発信人が仏蘭西語, 多分白蝶と呼ぶ, 多分白雲は今, 多分白鷹氏はこうした, 多分百パーセントの共産主義者, 多分百太夫の智慧, 多分百姓の仕業, 多分皆んなは引上げ, 多分皆自分と同じ, 多分益軒がつくった, 多分盗賊だろうと, 多分盛んな篝火, 多分目印しに, 多分盲目になつ, 多分盲目的になりかけ, 多分直木の好み, 多分直線ノホウガヨリ少ナイエネルギーデヨリ, 多分相原の口添え, 多分相模灘を航行, 多分相談をし, 多分眉根に深い, 多分真実没頭すること, 多分真物とスリ, 多分真紀子の今, 多分真青になっ, 多分眠っている, 多分眠つてゐるとき, 多分眼中は血走っ, 多分着いてなかつたでせう, 多分着く時分です, 多分着物や褞袍, 多分瞳孔も開い, 多分知ってる男に, 多分知らないでい, 多分知るまいが今新水会, 多分知己もある, 多分短刀でもあろう, 多分石川島の造船所, 多分石田左吉の輩, 多分石見銀山かな, 多分砒化水素だったの, 多分研屋は缺所, 多分硬玉と思われる, 多分碌々見て, 多分い眼, 多分確かと思う, 多分社会学が近来, 多分社家の粉場, 多分社長から貰った, 多分祈祷して, 多分祖母の縁故, 多分祖父は喉, 多分に對, 多分神さまもお, 多分神代の巻, 多分神原の事, 多分神尾の槍, 多分神様の所有, 多分神隱しにでも, 多分禁制であろうが, 多分禅道を唱, 多分秀子が潜ん, 多分私一人であろう, 多分私立ならん, 多分私自身がかの, 多分私達二人が気紛れ, 多分秋月九十郎が最後, 多分種類は一種, 多分積雪の中, 多分空いっぱいにバナナ, 多分空間の内, 多分の雨戸, 多分立ち際の, 多分の馬, 多分が軽く, 多分竹島だろう, 多分筆勢のあまり, 多分筆者はその, 多分筆記場で書いた, 多分筑前守時代の作, 多分の中, 多分築地小劇場あたりの, 多分簡単なガス法則, 多分米友はその, 多分米國の爺さん, 多分粟屋の紹介, 多分を用いたろう, 多分精神異状者か何, 多分精神病理の側, 多分精神的にも物質的, 多分二時間は, 多分紅葉山人には詩, 多分紋切型の演説口調, 多分納戸に隱, 多分素敵な力持ち, 多分素晴らしく美人だった, 多分素直に返事, 多分細胞組織内の水圧, 多分終身懲役か死刑, 多分経験しただろう又, 多分結晶生成の途中, 多分結果をますます, 多分絵の具で書いた, 多分絶えたようで, 多分絶対に必要, 多分続々と輩出, 多分綿貫の感化, 多分緑雨だろう, 多分締りのない, 多分編輯の方, 多分編輯局で青年達, 多分ばなに, 多分縁側の雨戸, 多分縦坑の底, 多分繼母だつたらう, 多分纏まりそうに, 多分にはなるまい, 多分罪人はもう少し, 多分出で, 多分羅紗の表, 多分美人座では私, 多分の苦手, 多分翌年の正月, 多分老人はしばしば, 多分老女の讃岐, 多分老後の父親, 多分考えたのだろう, 多分から頬, 多分耳飾りなどに使, 多分耳鼻咽喉科かどっか, 多分耽読した小説, 多分聖書の事, 多分聖痕と云う, 多分肌着に隠し緋無垢, 多分育たなかったろうよ死んじまった, 多分でも悪く, 多分肺病の初期, 多分肺結核であらう, 多分の動悸, 多分脅かしの匕首, 多分脇差を障子越し, 多分脳貧血の発作, 多分脳髄のどこ, 多分よりも偶然, 多分腦貧血でも起した, 多分を抱, 多分腹下しをする, 多分臟腑の代り, 多分臣下が忠直卿, 多分臨海研究所を見る, 多分自体を保護, 多分自分たちが石田, 多分自分自身を主人公, 多分自動車でやつ, 多分自宅へお, 多分自尊心のひとつ, 多分自殺した幸徳, 多分自然科学から学ばれた, 多分自然科学者は最も, 多分自由な, 多分自由意志をもっ, 多分自転車のうしろ, 多分至る処に, 多分興奮のため, 多分舞踏場に誰, 多分舶来のもの, 多分船着場や潮流, 多分船路に便, 多分船長の体, 多分色道の飽食者, 多分の咲く, 多分花房探偵ほどの者, 多分花柳気分の多い, 多分花見の客, 多分芳年の筆, 多分芳賀先生が文部当局, 多分を結ぶ, 多分若いといふ字, 多分若園君か松下君, 多分苦い味は, 多分苦笑をもらし, 多分英国の貴族, 多分草履で庭, 多分草葉を連れ, 多分荒川の小台, 多分荻野山中に逗留, 多分菰田家の先祖, 多分落ちつくでしようけれどなん, 多分著者は個々, 多分蒲壽庚の祖父位, 多分がし, 多分蔵元屋の行末, 多分蔵屋敷の中, 多分蕃商等の主催, 多分蕪村自身が窮乏, 多分を付け, 多分薬鑵をつるし, 多分の入口, 多分藤村氏であった有名, 多分藤長苗の学名, 多分藩公御機嫌伺いのため, 多分蘆湖から流れ, 多分虚譚であろう, 多分虫歯に冷たい, 多分蛸さんの発言, 多分を引いた, 多分蝦夷を威かす, 多分蝦夷地での流行唄, 多分螺状星雲であると, 多分行かれないと返事, 多分行き倒れか転ん, 多分行ったんだろう, 多分街路樹もなかつた, 多分表面ハ怒ッテ, 多分被害者は苦しみ, 多分装飾のつもり, 多分複式のすなわち, 多分複数で表象, 多分複眼の多数, 多分西の方, 多分西久保の邊, 多分西洋人は酔つて, 多分西洋酒の一リットル入り, 多分見えたことで, 多分見つかると思う, 多分見当のつかない, 多分見物が入場券, 多分見知らぬ街の, 多分軸に, 多分の金, 多分親分か何, 多分親切からでしょう, 多分親子三人の寝室, 多分親戚知友の関係, 多分親政のよう, 多分親父はその, 多分親類たちが勝手, 多分観世音菩薩の像, 多分観測によって決定, 多分えておいで, 多分の里, 多分解剖台上の少女, 多分解決すること, 多分ひ出したの, 多分記事の短縮化, 多分許されてゐるだらう, 多分訳者は文筆上, 多分診察所の窓, 多分試験のこと, 多分話しかたも, 多分誇張されたとは, 多分認めてゐる, 多分であらう, 多分誤っていないだろう, 多分誤りでまだ, 多分誤報だと, 多分誤解はない, 多分説明を担当, 多分読み書きが出来た, 多分読んだ事は, 多分読んだらすぐ返さなけれ, 多分読売新聞に御, 多分読書と答えるだろう, 多分読者諸君もお, 多分誰かが鼬小僧, 多分論理をひき続け, 多分諸君の腹の中, 多分諸方の部屋, 多分講義をしなかつた, 多分謝礼としてだろう, 多分謝罪っている, 多分警察官の, 多分護られたる霊域の, 多分讀んでゐ, 多分豊次のお, 多分貞之助さんから聞い, 多分貧しい老人とか, 多分貧乏で名高い, 多分貧窮組の捨て, 多分責任を持つ, 多分貰えるだろうということ, 多分嬢が, 多分貴様あたりがその, 多分買物にでも出た, 多分賛者はそれ, 多分賣るか流す, 多分賭場で夜明かし, 多分赤色教授への重し, 多分赤門の少し, 多分越後の国, 多分身体全体を化粧, 多分に乘つて, 多分軍艦や波, 多分轢死者の愛犬, 多分農地法案と関係, 多分農業物理学もその, 多分農民みずからが奮励, 多分辻斬でせう, 多分ひに, 多分迎いに来, 多分迎えに来, 多分近い幾日かの, 多分近き将来に, 多分近頃流行のアレ, 多分返事の代り, 多分追剥にでもつかまった, 多分退院して, 多分送れると思ふ, 多分逃げた先は, 多分逆上したの, 多分途中で遇, 多分通じなかったことだろう, 多分へるだらう, 多分逢えますから幸福, 多分進んだ文明を, 多分遅くとも今日の, 多分遅刻を詫びた, 多分遊廓の遣手婆, 多分過去に於, 多分過日の塩尻峠, 多分道具があつ, 多分道庵の計略, 多分道江さんのこと, 多分遠い所まで, 多分遠藤が書いた, 多分遺言の実現, 多分避け得られたので, 多分部分的な説明, 多分部屋には誰, 多分部屋借りをし, 多分部屋違いだろうと, 多分都會の發達, 多分酉刻前後の門, 多分を醒ます, 多分酔っていた, 多分酸漿の字音, 多分釈尊以後の事, 多分里見もそう, 多分重しにつけ, 多分重太郎だ, 多分野本氏の方, 多分野蛮人の不思議, 多分金五郎が酒, 多分金曜日は凶日, 多分金比羅詣の, 多分金起かと思います, 多分金銀に望, 多分は槌, 多分釜敷の事, 多分で棒紅, 多分鉄砲洲か新, 多分銘仙というの, 多分鎌倉の八幡様, 多分鎖鎖と名けたもの, 多分鏡臺の上, 多分長い間政務を, 多分長屋の衆, 多分長岡佐渡のやしき, 多分長距離電話であったの, 多分門違でもあったろう, 多分に合, 多分間もなく寝床へ, 多分間島の, 多分間違つてはいない, 多分間違ひなからう, 多分の清水, 多分関西でしょう, 多分閣下もよく, 多分から闇, 多分防寒のため, 多分夜子夫人には, 多分附近の料理店, 多分陣場にし, 多分陰暦の十月十四日, 多分陸地で雪, 多分階級対立が次第に, 多分隔日くらいにガアゼ, 多分隠した首飾が, 多分隠居仕事としてこれくら, 多分隠居部屋か何, 多分隼人の近い, 多分の河童, 多分え入れた, 多分雨戸を閉め, 多分雪子もその, 多分を見誤った, 多分零下十度位と思われる, 多分雷鳴だらうと, 多分雷鼠の事, 多分電気仕掛か何, 多分電球が切断, 多分電話があるだろう, 多分電車の轍, 多分震災にあ, 多分霜月三夜の大師講, 多分霞門まで自動車, 多分探ぢ, 多分露西亜語の, 多分青年たちになぐられた, 多分曲は, 多分非常召集になるだろう, 多分には舌, 多分面倒な研究, 多分順調に快復, 多分須雲川の渓流, 多分の周り, 多分頸部の大, 多分に相違, 多分顔負けしたん, 多分颯子ガ浴ビルノト同ジクライナ時間デアロウ, 多分颶風の中心, 多分飛躍した手段, 多分飜刻物であるが, 多分飜譯物で覺, 多分食ってみる, 多分食慾がない, 多分飮みつぶれたこと, 多分飲むだらうよといふ意味, 多分飲めますよ, 多分でつくった, 多分飽きてしまった, 多分養父ではない, 多分だと, 多分馬鈴薯だつた, 多分馬関だろうと, 多分馴合ひの, 多分駒木野の関以東, 多分驚いたことだらう, 多分高村卿一行のあと, 多分高等学校にいるある, 多分高谷の姿, 多分の操作, 多分を表わす, 多分鬼課長は再び, 多分魔法か何, 多分であらう, 多分鮮人だらうが, 多分だつたらうと, 多分の事, 多分も精力増進, 多分がその, 多分鳥子の本音, 多分鳥羽の三喜山海産部, 多分か烏, 多分鶴間が本名, 多分鹿島の大船津, 多分だったと, 多分つて他の, 多分黙阿弥の脚色