青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「多き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~外套 外套~ 外部~ ~多 多~ ~多い 多い~ ~多かっ 多かっ~ ~多き
多き~
~多く 多く~ ~多分 多分~ 多勢~ ~多少 多少~ ~多数 多数~ ~夜

「多き~」 1277, 14ppm, 8058位

▼ 多き~ (178, 13.9%)

4 及ぶ, 及んで, 達した 3 おらずんば, 上って, 及んだと, 居る, 過ぎて, 過ぐる, 達して

2 [16件] おる, のぼった, 上りその, 似たり, 居りし也, 居れり, 至って, 至りては, 至れば, 至れり, 過ぎると, 過ぐれ, 達したと, 達しました, 達し曩, 驚けり

1 [113件] あり, いたれりといふ, おどろくであろう, および彼, およんで, おること, おると, おれり, かかわらずもとそれら, ここは, これを, すぎた, すぎるのみ, その直, つけても, のぼったであろう, のぼって, のぼる, よる, よると, 上った, 上ったであろう, 上つたといふ, 上りて, 上ること, 上ると, 上るもの, 伴れ, 似たるを, 何の, 係わらずまた, 及び次に, 及ぶ山下竜宮, 及ぶ所, 及べり, 及べりと, 及べるほどにて, 及べるを, 及べる程, 及んだという, 及んだとは, 及んだとも, 及んだので, 呆れる, 坐するのみ, 基づく, 堪えざらん, 堪えざるの, 堪えない, 堪えないであろう, 堪へざらん, 堪へない, 堪へないで, 堪へぬであらう, 失しやう, 安心した, 居りし事, 居りたるなり, 居ると, 居るという, 屈せず阿漕, 属す, 引きかえ, 引きかえ下民, 引き換え母上, 從ひ, 憤慨し, 我を, 手荒く縛, 拘らず何れ, 敬服致し, 於てを, 時頼こそは, 比すべくも, 比べれば, 由りて, 相違なき, 至った, 至つてその, 至らなかった, 至るべき勢, 至れども, 苦しまざるを, 苦しみたりき, 苦しむ, 苦しむほど, 苦しむ次第, 苦ん, 見ても, 誇りて, 誇るのみ, 誇る時, 走る有様, 過ぎずやと, 過ぎたならば, 過ぎたの, 過ぎたり, 過ぎたるもの, 過ぎては, 過ぎむ, 過ぎる, 過ぎる様, 過ぐとかで餘, 過ぐるたそがれ, 達ししかも, 達したので, 達したれば, 達し人間, 達し從つて, 達す, 達するが, 鑑み斷然, 驚かざるを

▼ 多き~ (149, 11.7%)

10 見て 9 見る 3 加へ, 加へて

2 [13件] のこ定, や, 余は, 加うる, 加えた, 加へる, 占めて, 喜ぶ, 愛せしならん, 望みて, 知るべし, 見ては, 述べ

1 [98件] あやしむもの, いかにし, おどろきつつ, さす也, なして, 云ひ, 亡国の, 伐り尽して, 信ずるもの, 全く不実, 加う, 加えずと, 加えず少なき, 加えて, 加えようとも, 加え来りこれ, 加え耳, 加え需要, 加ふ, 加ふる, 占むるは論なき, 占むるよしの結果に, 喜びつつ, 喞つ, 妨げずと, 尊んだくらい, 常と, 平らげんため欧州, 平らげんとて, 形容し, 思った, 思って, 恐れて, 恥ぢながら, 恥ぢるのみ, 患うるなり, 悲しむ次第, 悲み, 惡まざる, 惧れ, 想ひ至り, 愛します, 感じた, 感ぜざるを, 愧ずる次第である, 憂い先生, 指して, 攻めた末ポンタヌス, 教化の, 数えたの, 有して, 望まざるなり, 望まない, 望まないけれど, 望まんや, 望むこと, 望むべし, 欲すると, 欲せずし, 求めず他年, 率直に, 疑うて, 知らず年々歳々, 知らぬ, 知らむ, 知りとても, 知るや, 知れり是, 立証せん, 競うの嫌い, 考えて, 聞取するを, 致したの, 致す, 致すを, 致す傾向, 致せしも, 蜈蚣の, 表すと, 要さない二人, 要しないで, 見よ汝, 見ること, 見るの, 見るは, 見るべし, 見れば, 見んとて, 見出せり, 覚ゆ, 言ふ, 誇り一字, 認めこれ, 説く, 論じ, 賢しと, 避けんとして, 願ふなり

▼ 多き~ (100, 7.8%)

3 何ぞや 2 人なり, 人の, 他に, 其能く

1 [89件] あらじ, いうまでも, ことに俳句, これまた, これ日本料理の, そのはず, その人香道, その風態, ない, みな脳中の, よく人, わが国と, わが小笠原島, インドにも, ギリシャローマの, 七十両少なき, 三日七日の, 予も, 争ふ, 二三度から, 五六人の, 亭の, 人生の, 今日の, 何故ぞ, 余の, 其の私心熾, 其人の, 前人既に, 功無く, 勝ち算, 勿論なる, 十数人少き, 千万に, 取りも, 右の, 品少なし, 啻にこの, 四五種ぐらゐ少く, 四分の三を, 四十万部の, 国の, 埼玉縣なる, 塞翁の, 多福, 奇怪千万と, 如何に, 實際の, 寧ろ天性, 山里も, 島後と, 巣林子の, 差し向きの, 常に感謝, 年給千ポンド, 当時病気療養の, 当然と, 当然の, 怪しむに, 怪むこ, 我国史の, 我家風なりとて, 數十部を, 既に論ぜし, 昔よりの, 本所の, 欧米諸国にも, 歌人が, 歎かわしき, 殊に俳句, 深川の, 無類なら, 爭ふ, 爭ふべからざる, 白色の, 百数十元を, 真に驚嘆, 知るべきなり, 科少なし, 統計を, 荒川堤也, 言ふ, 誠に残念, 誰も, 論を, 鍋山より, 題詠の, 飲酒その, 驚くべし

▼ 多き~ (51, 4.0%)

3 怪むに 2 その故, 今まず

1 [44件] ここに, この二者, これを, これ実際, その北岸, その名物, その本, その根柢, それは, また驚かざる, よく知りつ, アイルランドの, ハンニバルシーザル等かつて, ブラジル国アルゼンチン国および, 一個の, 不幸中の, 之を, 事實なり, 二三を, 五人に, 亦明白, 何か, 何ぞ妨げん, 半月を, 合祀の, 夜間は, 寂しきこのごろ, 少しも, 尤もだ, 屋根は, 恐らく至る, 日々勤め, 日本古史神話は, 未だ嘗て此, 未来の, 東京の, 林中にも, 理とこそ, 笑うも, 紙數限り有ば, 而かも, 釈迦キリストなどを, 風景に, 鼠を

▼ 多き~ (45, 3.5%)

5 如し 4 中に 3 ごとし, ゆゑに 2 ために, 故に其言質, 爲めに

1 [24件] ごときなり, ごとくである, ためなり, ためにとて, つねに国元, ゆえに位階勲章, ゆえに余輩, ゆえに学問, 四盗窃が, 如きは, 如きまた, 如くに, 故なり, 故に一般読物, 故に偶自ら, 故に山原, 故に岸沚, 故に神話学, 櫻の, 為なりと, 為に, 為めに, 爲なるべし, 爲に

▼ 多きもの~ (39, 3.1%)

4 である 3 ありと 2 とする, なり

1 [28件] かなわれ, から横行逆行, その年, だが, であった, であるとの, であるの, といわざるべからず, とされ, とし, となす, となる, となるなら, との対立, とはし給, とは生き, とは考え得ない, と知るべし, なれば, に數, に転ずる, はいまだかつて, はまた, は二百人, は人間, は幾通り, より有, を食すべし

▼ 多きこと~ (36, 2.8%)

8

1 [28件] あらば, ありこの, かな, さながらに, すら解禁, その幾何, である, と存候, と思わるる, においてその, に驚けり, はほとんど, は蒙, また世界, も知りたるなるべし, をさとれり, を五車, を得るであろう, を悦び, を意味, を感じる, を無視, を認め, を説かれ, 啻に九十九, 疑ふ可, 第二, 第五

▼ 多きを以て~ (17, 1.3%)

2 すと, 之れ, 勝つに, 採つて題名 1 なほ多少, 低しといふ, 出店を, 対平氏関係の, 得易き, 此に, 蕪村の, 裁判長は, 默止せし

▼ 多き~ (16, 1.3%)

3 に一首二首 2 にこの

1 [11件] にその, について我が国普通, にはかく, にも佐渡ヶ島, にも例, にも只今, にも我輩, に去年当家, に物語, に第, は日本

▼ 多き~ (15, 1.2%)

1 [15件] が平気, ですね, といふべからず, として悪, となしたる, と認めざる, なるを, にし, のみが神, は一万九千人, は一人, は一月金十二, を多情, 多し, 有り

▼ 多き~ (12, 0.9%)

2 と存候, も無論 1 であらう, であろう, ながら殿, なれど, をこの, を信ずる, を認めたる, を説けり

▼ 多き~ (12, 0.9%)

3 の中 2 なり 1 がその, が色々, としてこれ, には是非此信念, には著述, の著作, を一人づつ記入

▼ 多き~ (11, 0.9%)

1 [11件] となりぬ, ならましを, なればこそ, に, に明日, に犬, に生き, に薬, のなか, の人, や

▼ 多き事情~ (10, 0.8%)

10 あり

▼ 多き~ (10, 0.8%)

1 に先生, に真, に酒, は三里, は人, は十人, は家畜, は文明, は自ら辟, は遊技

▼ 多き地方~ (8, 0.6%)

5 に生れた 1 か神田, にてはオレンジ, に生長

▼ 多きため~ (7, 0.5%)

2 なり 1 なるべけれど, に不自然, に日本人, に身, 太く職

▼ 多きより~ (7, 0.5%)

1 これを, すこしも学才, 一代前の, 推して, 推すと, 熊楠諸, 蛇とは

▼ 多き~ (7, 0.5%)

1 にはその, に生長, に置き得ず, を旅, を毎度風雨, を過, を領し

▼ 多き~ (6, 0.5%)

1 その趣味, 云うこと, 同時に王朝, 意味少なき, 我国俗民情に, 聞り

▼ 多きところ~ (6, 0.5%)

1 では衣裳, において雄渾, は最後, は馬牛羊, より権, を先

▼ 多きゆえん~ (6, 0.5%)

2 である, なり 1 にし, は一つ

▼ 多き~ (6, 0.5%)

1 さとに, という様, なりと, なるか, 竜を以て, 萩寺と

▼ 多き~ (5, 0.4%)

1 一事なり, 一事に, 例なれ, 感を, 故を以て

▼ 多きのみ~ (5, 0.4%)

1 ならずその, ならず全く, ならず吾人日本人, ならず或は, ならず西洋

▼ 多き~ (5, 0.4%)

1 に覚え, 云云, 刃その, 悪夢の, 緑雨は

▼ 多きよう~ (5, 0.4%)

1 でありますけれども, なり, なりと, に見, に見せ

▼ 多きをもって~ (5, 0.4%)

1 今に, 傍観者にも, 六月三日も, 可し, 蕪村の

▼ 多き少年~ (5, 0.4%)

2 の日, の秘密 1 は動物説話

▼ 多き~ (5, 0.4%)

2 であった 1 なりきという, なる哉, のこと

▼ 多き~ (5, 0.4%)

1 があっ, であった, である, なり, をどうして

▼ 多き時代~ (5, 0.4%)

1 です, にあり, においてこそ世人, に生まれながら, に面し

▼ 多き生活~ (5, 0.4%)

2 に後悔 1 の中, をする, を送る

▼ 多き~ (4, 0.3%)

1 女子に, 少きとき, 少き時, 詮索に

▼ 多きよし~ (4, 0.3%)

21 思い切って, 気候水土の

▼ 多き一事~ (4, 0.3%)

3 なり 1 にし

▼ 多き世の中~ (4, 0.3%)

1 あたら美玉, にもちょっと, に死ぬ, の虚偽

▼ 多き~ (4, 0.3%)

1 なれど, に持ち往き, の幾襞樫, を焼く

▼ 多き~ (4, 0.3%)

1 に洩れ, はそれ, を刺すなら, を貫きし

▼ 多きかを~ (3, 0.2%)

1 嘆く, 知つたのである, 考えまた

▼ 多きこの~ (3, 0.2%)

2 程なれ 1 事業に

▼ 多きだけ~ (3, 0.2%)

2 彼れ 1 音の

▼ 多きには~ (3, 0.2%)

1 及びませぬ, 聊か當惑, 若かず

▼ 多きにや~ (3, 0.2%)

2 あらん 1 神田本郷始めいづ

▼ 多きやと~ (3, 0.2%)

1 あるね, 尋ぬれ, 尋ねて

▼ 多き世界~ (3, 0.2%)

1 にあり, に堪ゆる能わずし, もしくは自己

▼ 多き~ (3, 0.2%)

1 なるが, において雄渾, を尋ねける

▼ 多き~ (3, 0.2%)

1 とは, に入れ, に行く

▼ 多き少き~ (3, 0.2%)

1 を比, を競べ, を計ら

▼ 多き~ (3, 0.2%)

1 の跡, を, を畫中

▼ 多き斜面~ (3, 0.2%)

1 には殊に, を登り, を過ぎ

▼ 多き~ (3, 0.2%)

1 が欲しく, と配合, は今生後生とも

▼ 多き生涯~ (3, 0.2%)

1 と意味, により, を紹介的

▼ 多き~ (3, 0.2%)

1 こらせと, の常, 懲らせと

▼ 多き~ (3, 0.2%)

1 は, は天下幾, を列擧

▼ 多き部分~ (3, 0.2%)

1 であるから, なること, は今之

▼ 多き青年~ (3, 0.2%)

2 の声 1 の二十歳

▼ 多きこそ~ (2, 0.2%)

1 かえって人, わがさ

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 や, 嬉しい

▼ 多きといふ~ (2, 0.2%)

1 ことを, 話

▼ 多きなど~ (2, 0.2%)

1 一つは, 例の

▼ 多きはず~ (2, 0.2%)

1 なり, の伊那丸

▼ 多きほど~ (2, 0.2%)

1 人生なる, 見得

▼ 多きゆえ~ (2, 0.2%)

1 一層この, 同じ町内

▼ 多きわが~ (2, 0.2%)

1 うらみかな, みどちか

▼ 多き主張~ (2, 0.2%)

2 はない

▼ 多き事実~ (2, 0.2%)

1 であります, であると

▼ 多き事等~ (2, 0.2%)

1 によりてあきらか, に因る

▼ 多き人物~ (2, 0.2%)

2 は恐らくは

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 の文界, までの経歴

▼ 多き働き~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 多き割合~ (2, 0.2%)

2 には其の

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 となりぬ, はともすれば

▼ 多き~ (2, 0.2%)

2 公孫樹の

▼ 多き季節~ (2, 0.2%)

1 であつ, なり

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 世界に, 芝居の

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 の谷, の面白し

▼ 多き心地~ (2, 0.2%)

1 しぬわりなき, するもの

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 がした, なり

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 にてジヤルルック君一風呂敷買, は三里

▼ 多き政治家~ (2, 0.2%)

2 なりき

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 芸風しばしば, 言語を

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 よりいはむ, を勝

▼ 多き歴史~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 に居, も眺めず

▼ 多き漢語~ (2, 0.2%)

1 を仮名, を羅馬字

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 において他, は日本

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 なれど, をいつ

▼ 多き空想~ (2, 0.2%)

1 だとして, を以てし

▼ 多き経験~ (2, 0.2%)

1 とともに深き, を得

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 は岸邊, は舟

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 に乘, の上

▼ 多き草中~ (2, 0.2%)

2 に入る

▼ 多き行燈~ (2, 0.2%)

2 の小蔭

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 をそ, 焦げたるカムパニア

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 に, に促され

▼ 多き路用~ (2, 0.2%)

1 を何処, を何處

▼ 多き~ (2, 0.2%)

1 を歩み, を走つ

▼ 多き~ (2, 0.2%)

2 と早き

▼ 多き青春~ (2, 0.2%)

1 の情緒, の眼

▼ 多き~ (2, 0.2%)

2 の毛

▼1* [307件]

多きいけ垣つ, 多きうちにも源, 多きかくあしき毒, 多きかのおん側に, 多きかは以上数回にわたって, 多きかも子ら, 多きから我が言, 多きがをり, 多きくせに之, 多きけにやあらん, 多きことこれ司税者の常に, 多きこと一箕ばかりあり, 多きこと之れ民間語源論発生, 多きこと他に其の, 多きこと十万余なり, 多きこと山の如くなれ, 多きこと度に過, 多きこと応接辞礼に巧み, 多きこと日本のごとき, 多きこと等は第三者, 多きこと花の紅白, 多きこと言はんかたなし, 多きこと諸国その比, 多きごとく日夜板一枚の, 多きさえ厭う旅路, 多きさまを詩, 多きしら蓮や多き, 多きすぎるということ, 多きその樣の, 多きため忠実に岐脈, 多きといへり, 多きときは死, 多きとを示して, 多きなどはすべてわが, 多きにもかかわらず今日, 多きにより一は, 多きにをる, 多きに対し後者は, 多きに対してますらをの, 多きに従い次第に純粋, 多きはなんぞや, 多きつき金, 多きまた働き甲斐, 多きむかしの姿, 多きめんどうなる仕事, 多きもの情死の主人, 多きもみな旧教, 多きやうに見, 多きやの悪, 多きゆえ横文字の苦学, 多きよう一品ごとに異名, 多きわが身は夢, 多きわだつみの水, 多きアウリスと, 多きイデー山麓に民, 多きイトウメーの地占むる族, 多きオオヤマザクラの苗木百本, 多きオリュムポス其いやさきの門, 多きカラロガあり從, 多きガダラマの荒寥, 多きギリシアよりはなはだしき, 多きコオースに驅りさりき, 多きコルシカの山, 多きデルフォの神, 多きピトーンの地, 多きヘビイチゴの実, 多きミネルワの岬, 多きミルミドネスを司どる, 多きメッセー領し住める者, 多き少婦, 多き一つの発見, 多き一奇島なり, 多き一年でした, 多き一生を大久保, 多き一面より見れ, 多き三浦の館, 多きに馬驢, 多き下村に至り, 多き下界にては誰, 多き不破の関屋, 多き世路をすくわん, 多き事件に就き取調べ, 多き事業であるかを, 多き事鼠に逾, 多き五箇所へ分ち, 多き人々の覬覦, 多き人生行路を突き進まん, 多き人種を描く, 多き人間として生活, 多き代りに苦労, 多き会話です, 多き佐伯また実にそう, 多きと高き, 多き侍女に委細, 多きであった, 多き竺求法の, 多き公卿殿上人の中, 多きには見る, 多き処女の成熟, 多き処気候中和にし, 多き出れば必ず, 多き出入の酒屋, 多き分裂が繰り返され来, 多き刑死を遂ぐる代り, 多き前代生活の普通, 多き剛勇のトロイア勢, 多き勇猛の將士, 多き半生の最期, 多きの多く, 多き洲すらも, 多き古代人には殊に, 多き古戦場の一つ, 多き可能性をひき出す, 多き篇の, 多き同胞をこし, 多き哀碑を建て, 多き商品に掛け値, 多きに堪へません, 多き四月の廿一日堺兄, 多き団欒の図, 多き国民之有り, 多き園囿となしたら, 多き土地に在れ, 多き場所は夢中, 多き売物のよう, 多きの季節, 多き外國貿易に着眼, 多き夜寒かな, 多きの中, 多き夢中遊行者がかかる, 多き大いなる群なりき, 多き大柳樹の下, 多きと食物, 多き女その後半生は吉田, 多き女房曹司の中, 多き女等よ彼等, 多きと嫁, 多き婦人は必ず, 多き学士風情を夫, 多き官衙を避けね, 多き実に驚くべきこと, 多き寺院の歴史, 多き小人だ, 多き小諸の春, 多き少年時代の感情生活, 多き山の手に居, 多き岡見かな, 多き川瀬の面, 多きである, 多きの上, 多き年代の特質, 多き広々としたる, 多き張三李四の中, 多き御家來の内, 多き御馬のうち, 多き快適な生涯, 多きより流れ出, 多き恥辱と汚名, 多き悠久な未来, 多きに解する, 多きの造れる, 多き我国のいずく, 多き我胸も, 多き所以である, 多き所得ありと, 多きから玉稿, 多き推理ぞや, 多き支那古今の人物, 多き翁に, 多き故に古ギリシア人蛸, 多き故前に戯言, 多き故臥ながら耳, 多き故野生となっ, 多き敗者の一名, 多き數軒の家, 多き文体を渾然, 多き文章を嘲つ, 多き斯く在ること, 多き新聞である, 多きを祈りつ, 多き旅宿は営業, 多き旅行なれば, 多き旅館及び古風, 多き日々を送っ, 多き日記の部, 多きも淋しき, 多き晩年であったかも, 多き景色その上, 多き暴食の罪, 多き最中にあり, 多き樣を, 多き木立の都, 多き木蛭が人, 多き未完成な時代, 多き札幌の雪, 多き束摩の湯, 多き東國の間, 多き林泉のた, 多きが落ち, 多き夫人に, 多き栗栖小栗栖の名, 多き根太筍その根, 多き樂劇部の中, 多き模樣なりと, 多き横町の道, 多き樹下に止まり, 多き此世に命, 多き此窟を離れ得ぬ, 多き武士と見られ, 多き武門に対敵, 多き死亡表を見られたい, 多きもせらる, 多きの手, 多き浮き世の悲し, 多き浮世の旅路, 多きや多き, 多き清二郎は本所辺, 多き湖畔の町, 多き準備の仕事, 多き激戦を交え, 多きにより, 多き熾火よりた, 多き物語である, 多き特権はおのずから, 多きき底, 多き猿猴月を捉えん, 多きぞや, 多き實の, 多き生活消耗を公平, 多きの鎭守, 多き画帖の中, 多き癩蝦蟆に礫, 多き白馬連峰を水源, 多き白髪を短く, 多きを製造, 多き知己にも増し, 多き研究生活の中, 多きと知らざりき通り抜け, 多きの性, 多きこの世が, 多き種類のもの, 多き筑摩の湯, 多き純潔な胸, 多き維管束中の螺旋紋導管, 多き罪惡の中, 多きの先手, 多き義胆忠魂に一碗, 多きひなれば, 多き習慣なりしが, 多き能感の情, 多き航路を終わりたる, 多き芸術家としてまた, 多き苔道をあゆむ, 多きさと, 多き苦しみ多き刑死, 多きか日, 多き草地へ出, 多き荒涼たる浜辺第, 多き藝術家の中, 多きぞいま, 多き西に播かぬ, 多き西邊の丘, 多き見方をし, 多き角力の力, 多き記念の盃, 多きであったか, 多きを聞いた, 多き部隊の, 多き警告であった, 多きである, 多き谷間の夕ぐれ, 多き貧郡の治務, 多き貴重なる書目, 多き賑わいである, 多き質問の結果, 多き贄卓とある, 多き贈遺をわれ, 多きに沿いたる, 多き車内だ, 多き車夫の人, 多き輩高価に求め服し, 多きに適, 多きへ出で, 多き部分的概括に過ぎない, 多き過ぎて, 多き金色の觀音, 多き鑑識を以て彼処比処, 多き門出を試みる, 多き門戸をた, 多き開化を輸入, 多きのもの, 多きて誤聞謬伝, 多き雄壮な人生, 多き青年同志がその, 多き韻文とはなされ, 多き預言者は一つ, 多きはし, 多きつと映し, 多きならば, 多き食物を取り, 多き飮食店の如き, 多きを茶筅, 多き髪の毛を最, 多き魂等はみなと, 多き鹵獲とも, 多き黒船に未だ, 多きに於