青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「多~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

外れ~ 外交~ ~外出 外出~ ~外国 外国~ ~外套 外套~ 外部~ ~多
多~
~多い 多い~ ~多かっ 多かっ~ ~多き 多き~ ~多く 多く~ ~多分 多分~

「多~」 2591, 28ppm, 4167位

▼ 多かつ~ (746, 28.8%)

37270 たの 49 たが 33 たこと 28 たので 19 たから 16 たやう 14 たと 8 たもの, たらしい 6 たに, た為 5 たといふ 4 たらう 3 たけれども, たとか, たところ, た事

2 [16件] たかも, たかを, たその, たであらう, たであらうが, たでせう, たらうに, たらと, た上, た当時, た故, た時, た時代, た氾濫, た爲, た筈

1 [64件] たか, たかが想像, たけれど, たさうですが, たさうな, たしその, たしのち, たし寺, たし拍子物, たし背, たせゐか, たせゐも, たそれで, たそんな, たため, たつまり, たでな, たといつて, たといふも, たとかで, たとき, たなどと, たにも, たのに, たほど, たらうから, たらうからな, たらうと, たらしいの, たらしい鎮魂, たらしくその, たらしく譬へば, たらそこ, たりするだらう, たり沢山, たわ, た中, た人, た土地, た型, た大, た夫, た夫人在世, た山の上, た彼, た我が, た批評家中, た時勢, た様, た様子, た樣, た気, た江戸, た江戸町人, た理由, た相, た福井藩, た禽獣, た菊, た講義, た過程, た遥か, た頃, た養鶏

▼ 多~ (291, 11.2%)

13 市の 7 市は 6 市が 4 主人が, 主人を, 亭主は, 子の, 店の 3 一として, 君, 子と, 小椅, 市といふ, 市に

2 [23件] ために, なかでも, ような, ように, 一という, 中から, 主人多, 亭主の, 仲間に, 出て, 小説でも, 市さんは, 市を, 店へ, 方を, 札が, 札を, 概念を, 水上, 源流を, 種族の, 範疇は, 銅器の

1 [181件] うちには, うんすんであります, おやじは, お役人, ことも, ことを, すること, その波羅蜜, ところ決して, やうな, ネガチーブある, ポジチーブに対して, 一である, 一でなけれ, 一では, 一としても, 一一の, 一人です, 一動即, 一家は, 一部落, 世界である, 世界に対して, 中でも, 中に, 主人であった, 主人とは, 主人に, 主人の, 主人は, 主張や, 事, 事を, 二人が, 二字を, 亭主が, 亭主にも, 人に, 人の, 今の, 仲間です, 住居である, 作品を, 全部では, 六字の, 分子が, 分際で, 前身だ, 名が, 名は, 名義については, 名義は, 君の, 君長坂の, 否定的統一として, 命に, 唐橋の, 唱えも, 土地の, 地所と, 増長せし, 大尽が, 夫婦には, 女の, 女を, 女房や, 始は, 娘の, 子といふ, 子に, 子は, 子弟は, 子弟を, 字の, 字を, 宅へ, 宗族といふ, 家, 家だ, 家で, 家でも, 家の, 家へ, 家も, 富豪な, 少し手前, 峰ろの, 崎に, 崎まで, 川口の, 市さん, 市さんも, 市でございます, 市と, 市とは, 市も, 市父娘の, 年を, 店では, 店とは, 店には, 店も, 後の, 性質や, 悲しさ, 悲嘆といふ, 戦乱を, 手なぐさみ, 手代が, 支配の, 支配下にて, 教えに, 教員が, 数は, 方が, 方で, 方へ, 暖簾は, 書いたもの, 条件を, 様だ, 様にも, 橋に, 橋へ, 橋を, 機會を, 歴史を, 歴史上同じ, 水上京都へ, 浜右に, 瀬戸物などの, 物置に, 生れといふばかり, 生れとは, 生命の, 番頭さんです, 異名, 白晢人種の, 白裃着した, 矛盾的自己同一として, 称を, 種落之を, 種類と, 種類なり, 箱を, 紛紜を, 細江, 細江に, 絵馬の, 罰くらゐ, 自己否定的一として, 船客は, 茶が, 草多に, 落花春の, 蜆が, 蜆は, 襟を, 言明で, 証拠には, 話は, 話を, 議に, 起原と, 身には, 身送, 返礼だ, 逐出された, 運命である, 部落が, 部落へ, 里が, 鉤を, 長を, 長橋では, 関を, 静かな, 頭として, 類なり, 類なりと, 鵜養たち

▼ 多すぎる~ (166, 6.4%)

106 のだ 3 という, ということ, んです 2 ことを, と思う, のです, ようだ, ようです, ように, ようね, 女の, 実例を

1 [123件] お疲れ, かも知れない, からいけない, からこれ, からである, からです, からと断, から三名, から何, から同化, から忽ち, から思い出し, から樹明, かを読者, か或は, か足りない, がめつた, くらいじゃ, くらいです, ぐらいのもの, ことだ, ことである, ことなどと, ことよ, しあまりに, しそれ, し自殺者, じゃありません, じゃない, せいだ, ぞ, ために, ちようど飲みすぎ食べすぎる, ぢや, と, というの, というもの, という証拠, といった, といふ, といふこと, とき彼放庵に, ところとが, とするなら, とでも思われた, とは思わない, とは思われぬ, とは言わない, とユウモラス, と云, と云っ, と云ふん, と云われる, と思はれる, と蓋し, と言っ, どころで, な, などということ, ね, のが, ので, のであんなに, のでした, のでじ, のでちよ, のでザッ, ので二万三万, ので厭世的, ので百円札一枚, のは, のも, のよ, ばかりでなく, ほどある, ほどだ, ほどだった, ほどとり入れた, ほど多い, もので, ものは, もの何の, やうに, ようで, ような, んだ, んで, んでしょう, ンだらう, 人口この, 人間同志の, 仕事を, 位です, 分は, 印象である, 囘數を, 執着の, 堅山南風氏は, 多ぎたるは, 娘おしゃべりの, 小姑だ, 屑が, 嵩でした, 感が, 日本人は, 日本画の, 時は, 為である, 為に, 為詩が, 物議論, 現代都会式儀礼の, 真黒な, 私は, 程な, 程多い, 艶福に, 茶代を, 血を, 金額でした, 食べ物が, 飲み物が, 髪は

▼ 多過ぎる~ (140, 5.4%)

3 ために, のだ, よ, ようだ 2 かした, から, ことは, ということ, と思う, と思った, のです, んです

1 [112件] あまり頭, うるさい悩ましくも, お供の, かと思う, かな, かのせい, からそんな, からだ, からでしょう, からみんな氣, から他, から女, から少し, から結局馬, から重要, か少な, が為, ことが, ことであった, ことを, しさりとて, し舞台, ぜ, ぞ, ためである, ため味も, と, という, というの, という一点, という人, という感じ, といっ, といはれた, といふさ, とかえって, とかでは主, とか悪, ときてる, とたとえ, との非難, とは思はない, とは言えない, とカステラ, と下痢, と中, と云, と云われれ, と噂, と固く, と思いません, と思いやしません, と思ったらしく, と思ひやしません, と思ふ, と来, と臭く, と荒, なあ一たい, なぞとほざく, にある, のう帰り, のだらう, ので, のである, のでそれ, ので一息, ので二三回, ので実は, ので寄宿舎, ので平等, ので過労, のに茫然, のは, のを, ほどの変化, ほど花, ほど賑, やうだ, やうです, やうに, ようだったら, ようで, ようでも, ように, よお前, よ叔母さん, 事を, 人である, 人口が, 位だ, 位で, 位である, 前に, 学校の, 山の, 文章かと, 方な, 時代である, 時代に, 植民地を, 癖に, 程で, 程の, 程前髪, 程多, 程多く, 結果に, 花の, 藤さんが, 頭髪は, 髪の

▼ 多~ (110, 4.2%)

33 一との 4 するに 3 して, しなければ, する 2 いうが, す, すべきである, する所以, 一とが, 仙太郎は

1 [52件] いうとの, いっしょに, いって, いわれた者, したの, しないといふ, しなお, しまいと, しまた, し平常, し自身, し遂に, すべきであったが, すべきであるから, すべきであるが, すべきは, すべきもの, すべくして, するが, するところ, すると共に, するのみ, するも, せねば, なりしからざるもの, なり河原者, なるに従って, 一度見舞, 一緒に, 云っても, 云ふも, 云われたが, 付上候様被, 全体的一とは, 同じく牢番等, 呼ばれたもの, 呼ばれたり, 寡との, 廉とが, 廉とは, 書いた傘, 書いて, 水木, 湖上汽船で, 父島, 相付居申所此度棟付御, 美とは, 言う語, 言われる様, 記した提灯, 非人と, 非人とは

▼ 多~ (70, 2.7%)

5 見え 4 依るが 3 あり, して, なったの 2 似たよう, 近づく, 逝けども

1 [46件] この山, させると, なりました, なるおも, なれぬもの, ふむ, まなと, 之く, 交わらずしては, 作りて, 勝つた事, 取捉, 向い大義, 因つて贈答に, 大鼓屋又兵衛とい, 居るべし法句, 御座候哉相分不, 押しつけて, 書きちらす癖, 来居り我が, 柳しだるる, 梢と, 気を, 油しぼり, 浚われたという, 浚われて, 生捕られ, 疵つけられた, 瘤ある, 相成迚, 立てよ, 給ひ, 給ひき, 績まずとも, 老木の, 而此上取, 自分に, 至迄, 舁かしめたとある, 該當する, 賜ひ, 起り人民盡, 釣りなどと, 関したこと, 非ずして, 革細工之を

▼ 多~ (69, 2.7%)

17 代の 14 代が 10 代は 4 代に 3 代を 2 代から, 代にとって, 代らしい

1 [15件] 代, 代あての, 代たちが, 代たちだけ, 代たちは, 代と, 代として, 代への, 代も, 代や, 代らしいやり, 代一人が, 代向きと, 代流に, 子ヲ

▼ 多すぎ~ (54, 2.1%)

3 てかえって, て困る 2 てどれ, て危険, はしない

1 [42件] させますまい, それを, て, ていた, ている, てどうか, てどうしても, てもまた, ても私, てよろしく, てダイナミック, て一々, て倦怠, て兎, て判断, て印象, て同士打ち, て困っ, て妙, て感心, て日本, て東京中, て消化不良, て燐酸分, て牢舎, て落ちつかない, て落ちつかんです, て蓮, て踏切り, て駅, はしないだろう, はしません, 人生に, 其で, 其には, 形式から, 普通の, 気疲れが, 理性から, 精神的要素が, 緑の, 計算したら歩み出せる

▼ 多~ (54, 2.1%)

4 考えること, 行ずる時 2 パッパッと, 嚇か

1 [42件] かなりに, だまして, ぬけて, むやみに, よせ集めると, 一つに, 中心に, 予期し, 初めてよく見詰め, 友人に, 取って, 取つた事, 否定する, 含むもの, 嚇しつけて, 嫌うのに, 就学させる, 就学せしめる, 引きつれて, 念誦すべし, 恥と, 懐中から, 望む可ら, 標榜した, 求めその, 求めて, 玉に, 生かすこと, 監督した, 祖と, 突き離して, 統率し, 罵りしは, 考える原子論的, 行じ, 行ずる, 行ずるという, 表現する, 見る, 見詰めて, 迎へに, 離れ美

▼ 多かる~ (51, 2.0%)

22 べし 4 べしと 2 まじ力

1 [23件] が如し, このうつし, に, に大, に独り彼女, べしただ, べしとぞ, もこの, ものと, ものにて, ものを, をか, を不審とい, を少しく, 世に夢中, 世は, 中にて, 可く, 可けれども, 可し, 所なれ, 板屋残りなく, 浪子を

▼ 多~ (51, 2.0%)

2 うである, うな, うなので, にうんざり, は比べもの

1 [41件] うだね, うでは, から見, がやっと, その裾, だつた, だらう, であった, である, という以上, と協力, と複雑さ, など自然, には驚かざる, にびっくり, によって支配階級, に使い, に依っ, に圧倒, に妨げられ, に驚く, のため, の比, は, はどう, は多忙, は婦人有権者たち, は察せられる, は知らず知らず, は行幸, へ早く, も大抵, や奥行き, よ, よげに, よとかえりみられ, よと慨, を感じさせる, を感じた, を感ずる, を競ふ

▼ 多過ぎ~ (46, 1.8%)

6 て困る 2 もせず

1 [38件] しかも彼等, たり指, たり足りなかっ, て, ていちいち, ていつも, ていまだに, ておまけ, てなに, てならず, てはいけません, てはその, てももう, ても良く, て他方百姓, て到底, て却って, て却つて, て却つて生, て困つ, て平常, て手, て既に, て時々, て県庁, て胃, て苦しい, て蕪雜, て見, て軽く, て途方, て飛ん, はいたしませんでしょう, はしない, は致しますまい, 其出方にも, 出方にも, 複雑すぎる

▼ 多~ (42, 1.6%)

2 六年の, 王城を, 竈の, 車匿に

1 [34件] この世において, そこで身, その柄, はればれした, ひたいを, ほっと満足, 一の, 一度ニッコリし, 与多, 井戸掘りや, 今でも, 他所の, 出来ました, 即ちこの, 存在しない, 屠者, 御出入, 所持地多分, 是れ, 普通の, 最も勝れた, 朝鮮人の, 無論同社, 畑の, 百姓に, 矛盾的にしか, 知らず知らず黍, 穢れたもの, 穢多で, 肉や, 自分の, 言うて, 諸仏の, 黍の

▼ 多~ (38, 1.5%)

3 一の 2 何処までも, 自己否定的に

1 [31件] さあ, しようだから, そのまま陀羅尼, それを, ただ雑然と, どうした, なくなったという, 何とも言いつがない, 何故に, 全体的一に, 単なる個物的多, 大金で, 太いぼう, 平面的な, 彼様いふ, 怒るの, 斯の, 時々加はり一言, 死んだそう, 無器用に, 生きること, 皆さんの, 私に, 絵馬で, 美と, 美の, 返事を, 逐出された, 逐出されたさうだ, 運転士の, 顔を

▼ 多~ (30, 1.2%)

13 助の 5 助は 4 助を 2 助が 1 処松軒子四五日不快に, 助といふ, 助などは, 助に, 助も, 助殺し

▼ 多忙しい~ (24, 0.9%)

2 ところを

1 [22件] ことで, とまでは行かない, よ, 中を, 人々の, 人だ, 人です, 夫の, 小山の, 思いを, 思を, 日を, 時で, 時です, 時季が, 未亡人や, 身に, 身を, 身体だ, 身体です, 達雄の, 頃で

▼ 多かるべき~ (23, 0.9%)

2 も唯, を思ふ

1 [19件] かな舟の, ことは, ことを, ところでも, に実際, はずであった, はずの, は云う, は勿論, は呉, も豕, をいい, を信ずる, を疑わない, を知る, 新聞と, 木曾福島をも, 此方に, 筈に

▼ 多~ (21, 0.8%)

1 [21件] そう案じる, などを余さず引っ捕えよう, に代った, に蒲団, に薬風呂, の声, の姿, の影, の枕元, の様子, の顔, はいか, はきっと, はもう, は何, は倒れる, は元気, は夢中, は用, ポンポンと, 気がついたか

▼ 多島海~ (20, 0.8%)

2 の沖

1 [18件] がいい, にも路傍, のこと, のとりこ, のまん中あたり, のやう, のよう, の大理石, の模型, の離れ, は, へ, へあそび, へきた, へはこん, を測量, を現出, 第一

▼ 多そう~ (18, 0.7%)

2 である, なところ, な気

1 [12件] じゃない, であった, ですよ, なので, なん, な処, な山, な若い, な薄, な隅, に思われる, に見えた

▼ 多すぎた~ (16, 0.6%)

1 [16件] からである, し勾配, し地面, せいも, ために, ため何一つ, という一条, という概括的, な, のである, ので一旦, のと, もので, ように, 位である, 感じだ

▼ 多~ (16, 0.6%)

4 比の 2 の花, 比と 1 摩毛理という, 摩毛理は, 摩毛理を, 比氏, 比部の, 比野という, 花者今虎杖花也, 花落在

▼ 多として~ (15, 0.6%)

1 [15件] ゐるの, 人格的自己という, 何処までも, 区別せられ, 合目的的と, 多と, 大いに嘉し, 彼を, 淀川堤から, 特別に, 現在の, 空間的である, 絶対の, 膳の, 謝さなけれ

▼ 多~ (15, 0.6%)

1 [15件] だんだんに, ない貯叢, なか, また普通, みんな狂言の, 一般の, 京の, 凹味から, 前に, 取つた事, 同じ人間, 無い資本, 續高僧傳に, 見ごとに, 運転士の

▼ 多という~ (13, 0.5%)

2 ことは, ものが 1 こと, のが, のは, ものを, 事に, 店の, 文字とが, 構造を, 海岸まで

▼ 多~ (13, 0.5%)

1 [13件] だのおよそ, です, で草葺, という, の, のやう, の問屋, の火事, の牛鍋, の空気, の辻, の青物市場, へ行っ

▼ 多である~ (12, 0.5%)

2 といふこと 1 か, から庭, か決定, ことが, ことを, ためには, と考へたく無い, 世界でなけれ, 新平民, 調里

▼ 多~ (11, 0.4%)

1 [11件] ああいう, あゝいふ, なり然, なる生涯, にし, にわたつ, に策, の三篇, へ嫁, もう十兵衛, もう十兵衞

▼ 多~ (11, 0.4%)

1 [11件] かかって, すると, そうやっ, でありましたが, にし, にわたる事, 待つて, 忽ち一人, 立ち尽した, 経つ, 覚えず傘

▼ 多かるべく~ (10, 0.4%)

32 御海容可 1 したがってそっち, 伏蔵ある, 塵戦又, 少くも, 彼が

▼ 多さん~ (10, 0.4%)

1 がこの, じゃねえ, とは三遍, とは藤木麻女, どうなさるだ, なんかもいま, に水木先生, まあまあ, もいなすった, 行きやしょう

▼ 多過ぎた~ (9, 0.3%)

31 からあんな, のかも, のである, ので一寸, ように, 請求で

▼ 多~ (8, 0.3%)

1 がほどぞ, でしたいや, の焦, の精進潔斎, の間, を経, 逢わない, 遠

▼ 多なる~ (7, 0.3%)

1 と共に, と思ほす, に一驚, に於, ものは, を吾今, 哉だ

▼ 多過ぎます~ (7, 0.3%)

21 か, ね手相, ので私, よ百, 勿論私自身

▼ 多すぎます~ (6, 0.2%)

21 ぐらいでしょう, しどちら, ゆえ尋常一様な, よ

▼ 多では~ (6, 0.2%)

1 ありませぬ, ありません, ない, ない彼ら, なかった, なくして

▼ 多でも~ (6, 0.2%)

2 全でも 1 ない, 乞食でも, 出て, 古くさ

▼ 多とは~ (6, 0.2%)

1 いうけれども, つまり此岸, ばったり出あった, 別派の, 少しく来歴, 支那人の

▼ 多島警視~ (6, 0.2%)

2 は総監 1 は大きく, もう一人, も唇, を自分

▼ 多忙し~ (6, 0.2%)

2 がって 1 さうに尻端折で, さうに後片付, さうに立働く, さを

▼ 多襄丸~ (6, 0.2%)

2 とか何とか 1 と云, と云う, に違, に違い

▼ 多からむ~ (5, 0.2%)

2 凡そ人を 1 ことを, と存ぜられ, 石の

▼ 多かるべけれ~ (5, 0.2%)

2 ばなり 1 と択び, ど又, ど頑愚痴迂

▼ 多~ (5, 0.2%)

1 い, いいかなご, いたかって, いに見られる, いの

▼ 多~ (5, 0.2%)

1 から彼様いふ風, という様, との事, なぞとは夢にも, のという

▼ 多~ (5, 0.2%)

1 あらうと, あり得ず差異, いらし, 別にある, 新思想

▼ 多といふ~ (5, 0.2%)

2 ものは 1 ものに, 言葉が, 階級が

▼ 多忙しく~ (5, 0.2%)

1 つて, なる, なると, なるので, 書かれた文章

▼ 多羅葉~ (5, 0.2%)

1 とを貰い, の名, の樹, の経文一巻, の馬

▼ 多との~ (4, 0.2%)

1 問題は, 矛盾的自己同一として, 矛盾的自己同一的に, 間位の

▼ 多~ (4, 0.2%)

1 のであります, のである, 事は, 実例とが

▼ 多なら~ (4, 0.2%)

1 し我, ば童ヶ丘, んや, 何時でも

▼ 多与里~ (4, 0.2%)

1 にさして, はあの, はまず, より若く

▼ 多人數~ (4, 0.2%)

2 お内儀さん 1 が乘つた爲, のうしろ

▼ 多~ (4, 0.2%)

1 といふうちいま, といふ料理屋, の主人, ばかりでなく

▼ 多~ (4, 0.2%)

1 ともあっ, に彫った, の葉, 緩い

▼ 多けど~ (3, 0.1%)

1 この山, 歯に, 齒に

▼ 多さん俺~ (3, 0.1%)

1 あこれ, あその, 少し考え

▼ 多であり~ (3, 0.1%)

1 一即, 多における, 従って分裂

▼ 多としての~ (3, 0.1%)

1 切ない自覚, 悲しい絶望, 悲しい自覚

▼ 多にも~ (3, 0.1%)

1 勝る根性, 捉ま, 月夜の

▼ 多のみが~ (3, 0.1%)

1 みな取り残され, 取り残された事, 比較的頑強

▼ 多~ (3, 0.1%)

1 であり帰納, 因縁を, 渡したん

▼ 多~ (3, 0.1%)

1 の翌日, を行, を開く

▼ 多~ (3, 0.1%)

1 の人, の婆羅門, 多識企

▼ 多~ (3, 0.1%)

2 の人 1 多患

▼ 多過る~ (3, 0.1%)

1 から三本位, と云, もんです

▼ 多いい~ (2, 0.1%)

1 やうで, 堺地方に

▼ 多これ~ (2, 0.1%)

1 あり候, を食え

▼ 多さうに~ (2, 0.1%)

1 思はれて, 思はれるの

▼ 多すぎまする~ (2, 0.1%)

1 が, な

▼ 多すぎら~ (2, 0.1%)

1 あ, といっ

▼ 多すぎれ~ (2, 0.1%)

1 ば尖端, ば弱く

▼ 多であっ~ (2, 0.1%)

1 て一, て同時に

▼ 多であった~ (2, 0.1%)

1 からである, が為

▼ 多でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 多とか~ (2, 0.1%)

1 廉とか, 鉢屋とか

▼ 多ども~ (2, 0.1%)

1 がわー, はまた

▼ 多に関する~ (2, 0.1%)

1 ものを, 制度を

▼ 多へと~ (2, 0.1%)

1 いうには, いうに対して

▼ 多へという~ (2, 0.1%)

1 ことは, のは

▼ 多~ (2, 0.1%)

1 非人とは, 非人の

▼ 多らしい~ (2, 0.1%)

1 やうな, 特色が

▼ 多今井~ (2, 0.1%)

2 と眼

▼ 多~ (2, 0.1%)

1 といふの, のいき

▼ 多~ (2, 0.1%)

1 樣に, 樣の

▼ 多同然~ (2, 0.1%)

1 に心得べき, の者

▼ 多~ (2, 0.1%)

1 に事情, を煩

▼ 多~ (2, 0.1%)

2 我東方

▼ 多~ (2, 0.1%)

2 即一という

▼ 多市さん~ (2, 0.1%)

1 の容体, をよん

▼ 多市君~ (2, 0.1%)

1 の通信, をもお

▼ 多方源太~ (2, 0.1%)

2 が弟子

▼ 多留美~ (2, 0.1%)

2 の湖

▼ 多與里~ (2, 0.1%)

2 といふ娘

▼ 多~ (2, 0.1%)

1 とが吃り, とは一番禁物

▼ 多~ (2, 0.1%)

1 ぎらあ二十圓パ飮んだ, ぎるやうぢや

▼ 多~ (2, 0.1%)

2 の玉女三神

▼ 多黙っ~ (2, 0.1%)

2 て大刀

▼1* [147件]

あるいは墨田の, 多で此の間, 多かも知れぬ客達, 多かもん薬も, 多かるべし大方諸彦, 多かるよしにきこ, 多けれども山湖の, 多ございまして十三人, 多ござんしたよ, 多ござんすぜ, 多ごろつてものは執念, 多さんお前さん知って, 多さんはじめをお, 多さんみたいな巨匠, 多さん事あしくじりました, 多さん玉造の諸兄, 多さ今までもっ, 多さ帆船トン数の少な, 多さ製出された効果, 多ぎるくらゐだと思つた, 多すぎない程度で, 多すぎるではない, 多すぎ歌ってる鶯が, 多すぎ開いた薔薇の, 多その他の先輩, 多たり兎象に, 多です調里です, 多としても考えられない世界, 多とでもいはう, 多とも言われて, 多ともいはばい, 多とる皆美しく, 多なこッて, 多なども昔から, 多ならざるなり, 多なりぬをまた, 多なれば利嶺, 多なんか余りお, 多における一である, 多にぎやかなるも, 多には一種特別な, 多に対して極めて同情, 多に対する一とか, 多のみさきまで, 多はの差別なし, 多ばかりかは人口の, 多への世界と, 多まじっていた, 多まつたくその通り, 多ものを買っ, 多をもひとしくうやまいます, 多ク朝鮮人ニ似タルハ凡テ其, 多が多, 多三三五五聚村娥とある, 多三次たちのいかさま, 多少稀, 多二つは付近, 多謹考數本校訂以貽後生, 多今日は風, 多仕事は仕事, 多なり, 多である爲, 多某を, 多第十二, 多宗, 多のあるいは, 多婦的傾向をもっ, 多山六湛寺を尋, 多島海人が往昔航海術, 多島海人古へ航海, 多島海島民は人, 多島海総督府があり, 多島海諸島に移住, 多島海附近に颱風, 多島衆民の市, 多川口をはじめ, 多市それと折, 多市不意にギクリ, 多市今からてめえ, 多市出足を呼び返され, 多市片手で人, 多年来心に釈然, 多後五の十一, 多必ずしも帰化人の, 多忙しくって困ります, 多忠誠誰負民, 多少文讃, 多或は少である, 多には無, 多津守昌吉の, 多方前に申しました, 多方多面なの, 多日四方隣国八方へ大波, 多日在府なされし折, 多日寄附かなかっ, 多日横寺町の玄關, 多日煩らいました, 多日誰の処, 多時僕の病体, 多時地獄へ落ち, 多時宙にかかった, 多時思入った風, 多時無事に苦み, 多時胸に畳ん, 多時観念の眼, 多時門に居, 多時静なりし後, 多時頭をあ, 多松津末羅天草葛津の國造, 多の夕暮, 多氏ハハハこんなところここ, 多氏何を唸っ, 多氏國又は大, 多津吉の傍, 多濠野三千程白霧竺洋百万頃蒼波風花雪月望中転春夏秋冬夢裏, 多町一丁目にて此所, 多町二丁目から出た, 多的司得宗もしくは密, 多的宗または守法教, 多見え別て, 多取れなくつて, 多に帰依, 多の滝三郎, 多羅女の泣い, 多羅葉数枚を引きちぎ, 多羅葉樹や泉, 多羅西は印度西藏, 多者風の若者二三, 多與里さんといふお, 多與里殿の聲, 多解脱道住請呼此童子住於解脱道者, 多計代一流の, 多図南米塵深, 多過ぎず出過ぎたことの, 多過ぎたるも時代, 多過ぎなせいも, 多過ぎない髮は, 多過ぎやしまいかと思っ, 多過ぎやしませんか向う, 多過ぎやせんのか, 多過ぎるだろうただの, 多過ぎるではない, 多過ぎるなら文句はねエ, 多過ぎればもっと, 多を占むる, 多都美能於伎都奈波能里久流等伎登伊毛我麻都良牟月者倍爾都追, 多非人なんどのホント