青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「和~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~呼吸 呼吸~ ~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命じた ~命令 命令~ 咄嗟~
和~
和尚~ 和歌~ 咲~ ~咲い 咲い~ ~咲く 咲く~ 咳~ ~咽喉 咽喉~

「和~」 3414, 34ppm, 3465位

▼ 和~ (225, 6.6%)

144 ている, てこれ 3 ていた, て同ぜざる, て常に, て心, て歌, て真率, て行かれる, て高らか

2 [12件] てお宮, てこの世, てこぼれ初め, てその, て之, て健やか, て同ぜず, て吟じ, て居た, て曰く, て歌った, て私

1 [155件] たり, たり歓楽, てあさい, てあっちこっち, てあまねく, てい, ていい, ていたましく, ていません, てうたた, ておる, てかの, てぎいぎい, てここ, てこの, てしきりな, てそれ, てという文字どおり仲, てなまめかしい, てひちりき, てまず, てまた, てわいわい, てダイナマイト, てチベット風, てドンドン, てモスコフスキー, てモー, て一種, て一美妙, て両者, て乱れざる, て乱れない, て事, て二人, て五六人, て人, て今, て他, て住まる, て何百人何千人, て傷ついた, て僧侶, て全, て公武合体, て六波羅殿, て共々, て其事, て其引, て劫風とも, て勇壮, て勢いよく, て北国, て十五年間, て又, て叮嚀, て右近, て同, て同じ, て周り, て呪う, て味方, て唄, て唱, て唱う, て啼く, て喰いもっ, て噴き上げ, て地, て大, て姻, て婦人, て寿量品, て尊攘, て居る, て平和, て弾, て影水, て往来, て悲壮, て愛国, て憤慨, て戰, て手, て手拍子, て散漫, て旅人, て明るい強い, て昼夜間断, て時, て時々, て時局, て晴天白日雷鳴, て朝, て本艦, て歌い, て歌つて, て歌ひだ, て歌わしむ, て死せる, て消, て混雜, て渡した, て漸く, て激, て独居知己, て珍しく, て用, て田圃道, て町, て百姓, て秋, て笑, て納まるべき, て絶え間, て罵りつづけた, て而, て耶馬台, て聖, て聞, て肉声, て肉慾, て自分一人, て自由, て艶, て花, て蛙, て行きました, て行く, て製したる, て言, て言い出した, て謡, て謡います, て賤, て起る, て速, て遊ぶ, て遙拝黙祷, て還り, て革命歌, て響きぬ, て颯々, て飛禽, て騒然と, て高し, て高氏, て鬱勃, て鳴り響いた, て鼻, 国力充実したる, 始祖アダム罪を, 波平らかに, 神と, 薬と

▼ 和~ (177, 5.2%)

3 のアムステルダム, の商船, の妨害, の書物, の銀貨, の錢, 全躯内外分合圖, 本國 2 から買入れた, で出版, の, の原書, の本, の砲術, の軍艦

1 [139件] あり米, からその, からレムブラント, から取寄せた, から昔, から普魯西, から渡った, から聞い, から舶来, から補給, から買入れ, から通詞, が不作, が侵略, が別, が大, が開國, この五ヵ国, さえその, であれ江戸, でつくられた, でフレガット, で感心, で職業, という, とも貿易, と事, と亜弗利加, にいた, におくる, にし, にもコステル以前, にも與へた, に居た, に懸, に留学, に翻訳, に行, に行っ, に関する必要, に飛ん, のある, のみで, のアメロンゲン, のスペルリング, のチイス玉, のドクトル・ヅーフ, のライデン, のレンブラント仏蘭西, のロッタム島, の人全島, の人形, の使節, の出島, の勲章, の医書, の医籍, の医者, の叛乱者裁判, の古, の古書, の古画, の右, の商人, の国, の国境, の國, の國旗, の地理書, の城邑さん, の士官, の外交官, の奴, の如き, の字引, の学, の学問, の学校読本, の學校讀本, の小間物, の征服者, の御, の戦艦, の手, の文典, の書, の本草学, の条参照, の植民地, の汽船, の活字發明者フラウレンス・ヤンコ・コステル, の王様, の瓦, の甲必丹カランス殿, の甲必丹マンスダール, の空, の舶來品扱, の舶来品扱, の船, の若い, の葡萄, の血, の言葉, の訳文, の註, の讒, の赤い, の路, の輕燒, の醫者, の野, の雑誌, の風景, の風説書, の飜訳文, の首都海牙, は同じ, へかけ, へ放逐, へ移っ, へ輸出, へ還, もおなじ, もやはり, や白耳義, よりの移住民, より申立, より購入, わたりのびいどろの, を圧し, を見よ, を通っ, ノあむすてるだ, ヲ去, 在學中, 大通詞, 大通詞森山榮, 第三回, 覆盆子紅

▼ 和さん~ (163, 4.8%)

8 のお, の事 3 と婚礼, に教わっ, のため, の洋行 2 という人, のよう, の御, の方, を洋行, 行き度

1 [123件] あんまりお, お登和さん, お米, お芋, から二十銭弁当, から二十銭料理三十銭料理, から聞きました, が, があまり, がある, がいらし, がいらっしゃれ, がお, がそれほど, がなかなか, がねえ, が一生懸命, が側, が君, が家, が村井弦斎, が洋行, が襷掛, こういうお話, こうし, このマルボントース, この茄子, こんなお話し, さぞ御, そう伺っ, その時私, その松茸, その次に, それからラード, そんなにお, そんなに料理, そんな上等, てえの, でありませんか, ですか, でせう, という名, という美人, とかいう, とが御, とが手, と結婚, と言う, どうしてそれ, どうぞお, どうぞモー, どうも色々御馳走さま, なの, なんかこれから, にさ, には吝, には錦絲さん, にシチュウ, に伺った, に大根, に教え, に教わった, に料理法, に洋行, に珈琲ケーキ, に申, に聞かなけれ, に貰つて來よう, に食べさせたい, のお世話, の事情, の処, の口, の声, の御馳走, の志, の所, の料理, の料理法, の気に入る, の洋行費位, は, はお, はモー君, は亜米利加, は今頃, は僕, は好い, は実に, は本, は東京, は此方, は綺麗, へのお, へ差上げたい, まだ色々伺いたい, もお, も又, も愛想, も晩, も梅ちやん, も西洋, をだし, をよく, を三年間, を大原, を女房, を得られない, を措い, を説明, を貰った, 出して, 大層マア, 大變御熱心, 実に実に今日, 寒くなります, 御勘免, 御迷惑, 是非願いたい, 暫くぶり, 本當, 突然と, 貴嬢

▼ 和~ (148, 4.3%)

3 の心, は大原 2 のため, の事, の言葉, は下女, もまた

1 [132件] あまりにこの, いよいよ悲し, いよいよ気, が, がお, が中川, が二, が何, が台所, が如何, が心, が心配, が才覚, が料理, が珈琲茶碗, が自分, が謙遜, この話し, その声, とが座敷, と並びし, と何事, と共に御馳走, と対座, と料理談, と相談, と結婚, ならで, により, に口, に品物, に問う, に心, に笑われまじ, に逢い, のお蔭, のな, のみにあらず, の価値, の前, の嫁ぎ来り, の平生, の御馳走, の心掛, の悦ぶ, の手, の手料理, の料理談, の方, の機嫌, の注意, の耳, の親切, の説, の説明, の講釈, の身, の長所, は, はいそいそ, はしり込, はテンピ, はハッ, は一生懸命, は一縷, は今, は今にも, は今日, は何人, は兄, は先, は全く, は労, は口, は台所, は妻君, は小山, は心, は悪き, は新, は日本料理, は明白, は更に, は最前, は立っ, は西国, は難問, は頓に, は頻, は顔, へ尋, ほど家庭, もその, もなる, もツイ, も今, も僕, も出, も小山, も幾分, も心, も思わず, も感心せり, も我意, も折角, も暫く, も歎息, も漸く, も窃, も続い, も耳新しく, も行末, よりも中川, をその, を余所人, を僕, を呼び, を大切, を大原, を引留めた, を悦ばせ, を見れ, を見ん, を説きけれ, ハッと, 倦める色, 少し涙ぐみ, 忽ち少しく涙ぐみける, 思わず前, 振返りて, 漸く思案, 見咎められじと

▼ 和~ (126, 3.7%)

3 念と, 欠いて, 結んで, 講じて 2 乞うの, 得て, 求めて, 結ぶこと, 結んだと, 講じた

1 [102件] おすすめ申され, おもうて, お互いに, お講じ, つかむため, つくって, とり戻さなくては, ねがう, ひたすら祈られた, まとめに, みせる, むすびその, むすんで, もし, もって, よんで, 一度連れ, 主と, 乞いましたしかして, 乞い夕べには, 乞う, 乞うおつもり, 乞うか, 乞うしか, 乞うた, 乞うたの, 乞うて, 乞うであろう, 乞うなど, 乞うに, 乞ふ, 乞わねば, 以って, 出す, 召上っ, 失っては, 媾じた, 容れて, 容れるに際して, 容れ山崎, 強いるの, 弾ずるの, 得自然, 御祈念, 念じ給い各, 感じるけど, 手伝いに, 持って, 提議し, 擁し呉三江, 未だ得ぬ, 比較し, 求むるべく余儀なく, 求めたなら蜀軍, 洋行させ, 洋行させる, 洋行させるなら, 温め合え, 爲す, 益々感じた, 破らぬため, 破りて, 破るの, 示せば, 結ばないよう, 缺い, 考える余地, 致して, 致すの, 衣に, 計りよく, 計り時勢, 記して, 許しながら, 認めたの, 誓盟された, 請い王女, 請うた, 請うたからには, 請うに, 請うの, 請うよう, 謀らんとて, 講じたいは, 講じなければ, 講じよう, 講じ光秀, 講じ哀, 講じ本願寺, 講ずるか, 講ずるに, 講ずるの, 議するにあたりて, 議せしむ, 貴び相, 迎えて, 進げても, 逸しては, 願ひ出でた, 飽くまでも不変, 麥畑の, 齟齬しはじめた

▼ 和~ (108, 3.2%)

2 ような, 一字は, 悟りをも, 春の, 金の, 2である

1 [96件] あづき, ある優しい, ある身, ある音色, うちにも, おらぬ時, かたちとやら, ころには, すすめを, するどい指笛, そばに, ために, なかに, ほうには, ほうへ, みつ豆は, ようなすぐれた, 事も, 二人は, 二年七月廿一日の, 今, 使を, 光輝を, 出づるや帝袁柳荘の, 到底行なわれ, 包囲圏を, 原理, 叔母にあたる, 口から, 口癖であった, 名は, 名声は, 命に, 四州に, 大きな仕事, 如き遠くアフリカ, 妙諦は, 始めて, 始めに, 嫁入支度として, 字も, 官符には, 実を, 宮様御, 家内と, 密使, 小さなの, 山岳地帯に, 帝から, 帝の, 建案を, 形に, 徽宗皇帝の, 必要を, 忠告によりて, 悲惨な, 方へ, 昔から, 昔の, 春風未だ, 時代は, 末に, 末よりは, 末年である, 本領ででも, 村里で, 根本の, 業績, 欠けた国家, 歎き, 死体を, 状態を, 率いる所, 生涯, 盛時に, 相か, 真心をもちまして, 眼が, 眼に, 碑が, 精神が, 素志を, 艦を, 葬儀は, 袖切坂以来の, 言出す, 計が, 説を, 道を, 頃陸奥津軽郡の, 頃飛行具を, 頬を, 顔は, 顔を, 養子の, 鶴子さん

▼ 和~ (95, 2.8%)

4 かなる 3 かに, かひ 2 かい春, かい白い, かな調子, かな豆腐屋, かに自分

1 [75件] かいところ, かい京言葉, かい優しい, かい春風, かい眉目, かい眠い, かい肌, かい言葉, かき眞砂地, かくしてまた右, かくどうして良人, かく彼, かく曲がり折れ, かく梅, かく美しい, かく自分, かく贅沢, かく輝い, かであった, かでそこら, かで最初, かなの, かなもの, かな光線, かな口, かな寂しい, かな平凡さ, かな微風, かな心, かな感じ, かな日光, かな日影, かな気分, かな深い, かな瀬戸内, かな眼, かな翁, かな静か, かにお婆さん, かにお宮, かにさながら, かにした, かにする, かにそれ, かにつつむ, かにて宜, かにとりなす, かになぐさめ, かになっ, かにま, かにものいえ, かにものいへ, かに光っ, かに出で, かに呼びとめ, かに尋ねられけれ, かに巻く, かに彼, かに念, かに情け深き, かに撫で出しました, かに溶け, かに澄ん, かに申されける, かに落ちる, かに言, かに言わる, かに輝い, かに靡い, かみと, かもののどてら, か味, せて, なかった, になだめ

▼ 和~ (93, 2.7%)

3 二直角なり, 眼を 2 二直角より, 嫌ひ, 思った, 8では

1 [79件] いも羊羹製造から, いよいよ気味が悪し, うたいまた, うなずいて, おどろいて, じっと頭, すぐそれ, すっかり人気者, そうで, そう言っ, そのいきさつ, その太い, その物音, その褒詞食物, その餅, それを, たとえ娘, ちょっと頷い, とたんにまごついた, どんな者, また人目, もと茅州の, ウイスキーの, 一刻も, 一辺より, 上目使いに, 両腕, 二直角である, 二直角に, 云うまでも, 五である, 体が, 余計な, 別に懐, 別段に, 半襟を, 卓の, 台所へ, 名を, 嘲りながら, 四である, 変な, 大の, 婆さんの, 宦官に, 寝たふり, 寝床の, 崔範の, 帰るにも, 幾らかの, 強くいいきっ, 当路者胸中に, 後には, 恐ろしい気, 悲しんで, 早く睡ろう, 東都からの, 此頃あんなに, 牢屋勤めの, 王景弘等と共に, 生まれて, 眼が, 等しくない, 素直に, 自個, 自分の, 落着きはらっ, 蒲団から, 走って, 越後水原の, 通称を, 鄭重な, 間違いの, 雲門僧と, 零である, 静かに, 頃あいを, 餅という, 黙って

▼ 和~ (92, 2.7%)

2 の事, の物, の身, はまだ

1 [84件] お三重さん, がお代さん, がこんな, がそう, が一緒, が不平, が丸髷, が今, が強い, が心底年, が生涯, が看護婦, が立派, が考え, が見た, が長三, すぐ牛肉屋, ぞかし父さま, だって何処, だって副, ちょっとお, とて一わたり, と二人, なぞは決して, なんぞも家, にこ, には実, にも分るだろう, にも早く, によく, に問, に逢い, のお, の一生, の不埒, の大原さん, の好い, の居る, の居所, の心, の手, の拵えた, の歸, の物思い, の調子, はどう, はどういう, はねなるべく, はよも, は人殺し, は今夜何, は今日大層顔, は何, は先刻, は外, は実に, は市之丞, は思い, は東京, は森林, は武男, は緩慢, は草臥れたろう, は跡, は隣, ばかり芳さま, ほど不心得, ほど強壮, もうちゃっ, もこれ, もよく, も一緒, も並み並み, も塗らず, も嬉しい, も定めし, も料理法, も矢張り不思議, も行儀, を待っ, を育て, を連れ, を頼, 勤める気

▼ 和一郎~ (73, 2.1%)

10 と小枝 3 であった 2 の話, をかえりみた, を若様

1 [54件] がこごん, がするべき, がちょっと, が云い出した, が伸子, が全然, が八畳, が多, が姉さん, が学生, が帰っ, が帽子, が来, が来た, だけだった, であるかぎり, と久しぶり, と結婚, にだって十分, に云った, に何, に向け, に味方, のお, のこと, のそういう, のはげしい, の仕事部屋, の声, の方, の明日, は, はごく, はそのまま, はそれ, はやっぱり, は上った, は云い, は伸子, は帽子かけ, は憤懣, は桜ン坊, は機嫌, は淡白, は真面目, は重く, もきちんと, も制服, も夕飯, も大, も感情的, をけしかけ, をつっつい, を扶

▼ 和~ (71, 2.1%)

2 二直角に, 媾ぜ, 8と

1 [65件] あった, ありました, ありません, いろいろの, おもに指図, おりると, した方, すべて等しく, すること, その地方, ついて, つづいて, どんな仕事, ない, ないなんて, やって来ました, 一人で, 一定である, 不変である, 二直角だ, 二直角である, 二直角を, 人の, 人形に, 仁清を, 何よりも, 佛堂に, 児を, 力まかせに, 台所を, 君に, 和算の, 咽喉を, 喰ひたく, 困難な, 堯の, 大きくなる, 定る, 少しも, 張合なく, 彼女を, 意匠する, 成立し, 抱きとめたり, 昔の, 有ろうと, 死んだ, 死んだ時, 気を, 水火棍を, 水瓜の, 涙片手に, 災難を, 發作に, 白河口に, 盆へ, 知って, 血に, 西洋へ, 西洋皿へ, 門口へ, 零である, 頭を, 頼り, 黙って

▼ 和蘭人~ (59, 1.7%)

2 や葡萄牙人

1 [57件] か, からの訴, から久しく, から仕入れた, から伝習, から和蘭, から學ぶ, か葡萄牙人, が一人, が二人, が何, が内外, が居り, が我国, が持つ, が日本, が海外, が現, が誇, が象, が飜訳, で亜米利加合衆国, で獨逸人, と支那人, と日本, などを相手, に出, に引渡される, に持つ, に訊ねさせ, に逢わ, の, のお, のよう, のハンデルホーメン, の一人, の創作, の居留地, の書込み, の画いた, の行動, の館, はとう, は二人, は如何, へ返し, も来, も赤面, を上席, を呪縛, を嫌つて, を憎み, を挫, を見る, を通じてごく, を隠し, 同樣

▼ 和~ (57, 1.7%)

4 はその 2 が, のふたり

1 [49件] か, からもその, から聞い, がたずねた, が同意, が後ろ, が蔭, が言いだした, が鎌倉, であった, で製紙, とが従者, とのあいだ, と弟, と申す, には見る, に命じ, に旨, の一勢, の前, の夜話, の弟, の彼, の狙い, の璧, の講演, の郷土, の駒, はあと, はそれで, はたずねた, はべつ, はほか, は先, は児, は大いに, は弟, は彼, は殿上, は異議, は顔, へ諮った, もこれ, もしばしば, もまた, も何かと, やまた, を使い, を使者

▼ 和~ (44, 1.3%)

5 ちゅう人 2 の一行, の登った, は東京

1 [33件] がずっと, が二十三四, が以前北, が北, が南, が山, ちゅうのが, との関係, とはころッ, と似, と照奴, に会う, に会わした, に飽くまで, の事, の二十三, の固う, の行状, の鑑定, の首実験, の馴染, はこの, はやっと, は二十三, は二十八, は会う, は偽者, は十八, は大, は山, は訴訟, も山登り, を嫌っ

▼ 和~ (43, 1.3%)

1 [43件] が来た, が総, が鎌倉へま, では不安, といふお方, といふの, といふ人物, と同類くら, などにさ, にはまた, には唐船, に仰す, に対してもいささか, に当初, に御, のいやしい, のお, のお話, のやう, の唐船, の噂, の旅宿, の泣く泣く, の申状, の言行, の訓説, の設計, の采配, はすでに, はその後, は一向に, は失礼, は造船, もこれ, もなかなか, も公暁, も寄る, をお, をほんの, を御, を御所, を捜しました, 申して

▼ 和殿~ (41, 1.2%)

2 のお

1 [39件] がいない, がその, が不在, が先祖文石大白君, が彼時人間, が言葉, が足, こそは足利家, ごときに, とてこ, などもやがて, にもはや, に幸い, に追, に逢, のお蔭, のこと, のことば, のごとく, のたって, の六波羅泊り, の旅, の父, の父阿波民部殿, はあの, はいつぞや, は何処, は昨日彼, は正直, も弓取, も知らぬ, をまもる, を亡き, を加え, を射させし, を射ん, を打ちし, を連れまいれ, を頼もしゅう

▼ 和~ (36, 1.1%)

4 して 2 等しいという

1 [30件] これなく, しても, しろ書, なった, なって, まろく, むかい, むかって, サンドウィッチを, タピオカの, 一時暗影を, 会いこれ, 分解する, 努むべきである, 及ぶや, 問うた, 外ならぬ, 如かず, 応じたという, 日は, 生きざらむとおもへども何, 等しいと, 等しいといふ, 等しい価値, 而弛めず, 見せると, 遣らせて, 随って, 随ひ, 随行したる

▼ 和辻氏~ (34, 1.0%)

5 による 42 の倫理学

1 [23件] がいま, が二代目, が最新流行, と木村氏, なども指摘, にはなお, によって翻訳, に限らず, のこの, の一般的, の中, の卓抜さ, の多少, の従来, の批評, の新しい, の没, の著書, の解釈学, は, は一つ, は之, は日本語

▼ 和~ (33, 1.0%)

3 がほか 2 が働き, は何處

1 [26件] が一箭, が戦争, が望む, が物語, とは思わなかった, と純, などはまだ, にし, には金, に委すべけれ, に進らせんため, の来りし, の言, はその後, はそも, はと一言, は好みなさらぬ, は客品, は必ず, は疲れ, は見, もこれから, も一しょ, も共に, も来, を今宵

▼ 和蘭陀~ (31, 0.9%)

1 [31件] からも遣っ, から巴里, が, が見えます, だか, だと, でカンタリス, と云, におきましても滅多, にも岡持, のある, のかんてるく, のどういう, の二日, の公子, の其の, の国, の富豪父子, の方, の旅, の旅中, の海, の秋, の貴公子, の風景, の首府ブラッセル, の黒船, はアムステルダム, へでも渡航, へ流された, へ着いた

▼ 和~ (29, 0.8%)

2 いう, いえば

1 [25件] あった, いい戦, すること, そのいづれ, ばったり出逢った, 人の, 判じて, 呼ばれて, 嘆賞との, 士気の, 大気と, 女房らしく, 婚と, 惠果と, 戦との, 救いの, 結束に, 緑町門弟中水引は, 見る個人主義的, 謂う, 謂うと, 謂ふ, 豪毅の, 贅沢と, 雷同と

▼ 和~ (29, 0.8%)

2

1 [27件] が時代, つとに煩ら, というもの, とがにぎやか, として居る, と見なされる, と解せられぬで, に一時的, に融合, の作用, の化生, の対立, の帰依, の方, の為, の片身, の物蔭, の身, は善, は玉身, は王身, は舶来, をうけつぎ, を以て外来魂, を八咫鏡, を生じます, 又は奇魂

▼ 和した~ (27, 0.8%)

6 のである 2 奴も

1 [19件] がけれども, がそれ, が一八〇三年, が植通公一人, ときに, ところから, と左注, のです, まひき, ものが, ものである, ものと, 僅か十五歳の, 夫婦だった, 幾百の, 角砂糖を, 訳だ, 詩は, 長歌と

▼ 和~ (26, 0.8%)

10 の命 5 の王 3 の天皇, の御子 2 の大神 1 とを以て滿, の王一柱, を以て人

▼ 和~ (20, 0.6%)

2 でも

1 [18件] からはお話, が計ず見染れ, が餘, そんな事, と共に国漢, どうだい君, などはまだ少し, のお, のみは斯垂籠, の二王子, の思ひ, の方, はどう, は仰せ有ました, は此家, を江原道, 今こいつ, 本當

▼ 和三年~ (19, 0.6%)

3 である 2 に十四歳

1 [14件] が初め, で安永八年生れ, には又, には蘭軒, に婚嫁, に巾着, に平賀梅雪著, に蘭軒, に親交, の春, の春創, は文化紀元, より天保九年, 同じく延命院

▼ 和~ (19, 0.6%)

2 の功績

1 [17件] か, というもの, という名ばかり, とは一寸, と云, と呼ばれ, に擾さる, のよう, の大将, の如く, の心, の気もち, の涙, の輩, はだいぶ, を詠じたる, 来ると

▼ 和~ (18, 0.5%)

2 和女は

1 [16件] あんまり沢山お, ここへ, その蠅, な, ナニも, 一つお, 世中の, 今日の, 和女に, 安心する, 小山さんが, 少し石油, 広海さん, 早速ここ, 豚饂飩が, 里村紹巴などの

▼ 和蘭船~ (18, 0.5%)

1 [18件] が九州豐後水道, が唐, が日本人, として同, に積込まれ, のかぴたん, のほか, の帆, の甲板, の着く, の絵, はその, は沈み, へ印刷機, へ接近, も年, を一艘, を撃つ

▼ 和~ (17, 0.5%)

1 [17件] ありよう, ある, ちょいと, なくては, もう遠慮なく, 一泊りも, 余所事に, 古い, 塀和だ, 張合あり, 従兄弟の, 徳川幕府を, 拒みかね, 無下に, 熱心に, 独断にて, 詮方なく

▼ 和蘭語~ (16, 0.5%)

1 [16件] だけのこと, であらう, ではパッスル, でも何, でキンストレーキ, で叫んだ, などで訊問, にとらはれ, に飜譯, のわかる, は最も, まじりの, やそして, や西班牙語, を元, を学んだ

▼ 和~ (16, 0.5%)

1 [16件] が鮫, とは古今, と化, なるもの, なる点, になり, に乗り, のごとく, の後胤, の頸, は一日, は十巻, を今に, を佐比持神, を族霊, を欺き

▼ 和かな~ (14, 0.4%)

2 光が

1 [12件] ものでお寺, 南の, 微笑を, 思いに, 春の, 水と, 玉島に, 空気に, 色を, 言葉を, 顔つきです, 風光からは

▼ 和蘭通詞~ (14, 0.4%)

2 の家

1 [12件] が通辯飜譯, でまた, といふもの, と蘭學, に目付, のうち, の出身, は平戸時代, も幕末, も蘭語, をもとめ, 又譯司

▼ 和辻博士~ (14, 0.4%)

1 [14件] が世界, が用いた, による, による風土, の, のモダーン哲学, の例, の哲学, の場合, の学的労作, の方, の特別, の細かい, は学生

▼ 和辻君~ (14, 0.4%)

2 に聞い

1 [12件] とは早くから, にその, にやろう, に初めて, に案内, の友達, の叔父春次さん, の家, の家族, はアナゴ, は此, は紫野

▼ 和元年~ (13, 0.4%)

1 [13件] である, に主侯, に儒官, に十六歳, に友だち, に歿, に版, の元日, の冬, の太政官符, の秋ごろ, より後二年, 即ち大師

▼ 和~ (13, 0.4%)

7 の本 1 にし, のかなり, の十二三枚, の古文書, の小, の虫

▼ 和藤内~ (13, 0.4%)

2 の虎狩

1 [11件] が悍馬猛虎, ではない, とを勤め, と唐人, と錦祥女, に扮, のよう, の勇気, の母, の父母, をそのまま

▼ 和~ (12, 0.4%)

1 [12件] が, という店, という男, といふ店, に連れられ, のあにい, のこと, は, は三間, は六畳, へ立ち寄る, をたずねた

▼ 和蘭渡り~ (12, 0.4%)

3 の赤酒 2 の禁制品 1 で遠く, となった, のギヤマン, の短銃, の葡萄, の赤い, らしい精巧

▼ 和かに~ (11, 0.3%)

1 [11件] して, なった空, なって, 溶け合いあたし, 組んで, 落ちついた色, 製し上候, 褄しとやかに, 視め, 諭けれ, 輝いて

▼ 和~ (11, 0.3%)

1 [11件] から出, でもぴんと, としての練達, とも言, にも傾く, にも著しく, に最上, の代表, は実は, も亦, を得意

▼ 和二年~ (11, 0.3%)

1 [11件] では, に, には二月二十九日, にも亦, に京, に始め, に生れ, の四月朔日, の後八年, の末つ方, より十年

▼ 和~ (11, 0.3%)

1 [11件] し一切殺生, ならず義理, なるは, なるべし, なる味, にて義理明らか, の人体, の徳, の心, の意, の気

▼ 和という~ (10, 0.3%)

2 のは, 男が 1 ものが, ものだ, 人に, 子供の, 旅客が, 竜野人に

▼ 和蘭カルタ~ (10, 0.3%)

2 か, となる, とギヤマン, の事 1 が三両, が三兩

▼ 和~ (10, 0.3%)

2 して 1 した文章, する方法, つんで, であるが, であること, には解らない, はほとんど, を加

▼ 和唐内~ (9, 0.3%)

1 が清和源氏, さ, に搏, の時, の紅, は, はやはり, や何, を貰いました

▼ 和~ (9, 0.3%)

2 の元, の永 1 の信任, の朝, の詔書, はその, も班昭

▼ 和三郎~ (8, 0.2%)

1 から初めて, がカンカン, だ, と言つた, に清, は三味線, は小, は煙草

▼ 和~ (8, 0.2%)

1 が端然, が連行, などよりもはるか, への推移, や不協和音, を分解, を構成, を聞く

▼ 和蘭陀カルタ~ (8, 0.2%)

1 で思いがけなく, にことよせ, に気, の一枚, の札一枚, の煙, をつかみつぶし, をやりはじめ

▼ 和かい~ (7, 0.2%)

1 匂いが, 獣類だ, 着物が, 着物に, 色調の, 袖無羽織を, 静かな

▼ 和さん僕~ (7, 0.2%)

1 の両親, の事, の家, はお, は少々, もいよいよ, も朝

▼ 和~ (7, 0.2%)

1 あひがも, かみなり声, しようと, ものでも, 乗りこんで, 申さぬの, 約束の

▼ 和事師~ (7, 0.2%)

1 から抜け出, という面, と称, のよう, の随一, や女形, をし

▼ 和~ (7, 0.2%)

2 させ過日, した決定, を見る 1 せしめるもの

▼ 和蘭商館~ (7, 0.2%)

2 の妨害 1 が平戸, にある, に關係, へ二十五万ドル, を占領

▼ 和蘭屋敷~ (7, 0.2%)

2 の絵巻物 1 で, と呼ばれ, に行, の二階, へ赴く

▼ 和蘭陀風~ (7, 0.2%)

2 に装飾, の遠近法 1 で柱, で清教徒, で襟

▼ 和蘭風~ (7, 0.2%)

1 と言ふか, にし, に訛つて発音, の, の刈籬, の前, の風車

▼ 和辻哲郎氏~ (7, 0.2%)

21 が, のよう, の活動, は東北帝, も触れた

▼ 和辻教授~ (7, 0.2%)

1 が如何, の, の倫理学, の反動化過程, の思想内容, の方, は文部省

▼ 和~ (7, 0.2%)

1 と南北好一対, に乗り, に刺繍, は右, や朱房, を作ります, を作る

▼ 和さん私~ (6, 0.2%)

1 に此處, はあんまり, はこういう, は先日碾茶, は大原さん, は学校

▼ 和~ (6, 0.2%)

2 1が 1 どぶろくで, みつ豆食っ, チョコレートアイスクリームソーダを, 表面だけに

▼ 和~ (6, 0.2%)

2 の友相場氏, は菅家, を善し

▼ 和~ (6, 0.2%)

2 を聞きわける 1 ばかりから出来た, ばかりから構成, を引出し, を聞き間違えた

▼ 和辻さん~ (6, 0.2%)

1 にもらった, によって紹介, に聞い, の, の日本古代文化, や何

▼ 和ぐる~ (5, 0.1%)

1 という歌人, の譽, も苦し, をえず, を望み

▼ 和しく~ (5, 0.1%)

2 清や 1 云はれ, 慇懃に, 有つて

▼ 和とは~ (5, 0.1%)

1 何だ, 日ごろの, 昵懇だ, 殊別なる, 違った意味

▼ 和にな~ (5, 0.1%)

4 つて居た 1 つた思ひ立つ

▼ 和を以て~ (5, 0.1%)

4 貴しと 1 根本精神と

▼ 和~ (5, 0.1%)

2 の別宅 1 から伏見稲荷, の嵐山, の話

▼ 和一郎夫婦~ (5, 0.1%)

1 にでくわした, は半年, をおきたかった, をごたごた, をミセス・ステッソン

▼ 和~ (5, 0.1%)

2 の表情 1 ぐらいな, の先代, はおろ

▼ 和年間~ (5, 0.1%)

1 で園主, には江戸, に係る, に至る, の鳥海噴火

▼ 和~ (5, 0.1%)

1 に由, の決, の票決, は國, を斷ずる

▼ 和蕃公主~ (5, 0.1%)

2 と稱 1 である, を下, を廢止

▼ 和蕾君~ (5, 0.1%)

2 を訪ねる 1 そして私, と話した, に処女会

▼ 和蘭あたり~ (5, 0.1%)

2 の品 1 で作られた, の代物, の船長

▼ 和蘭商館長~ (5, 0.1%)

1 からこの, からの報告, がこれ, が命名, より長崎奉行宛

▼ 和蘭物~ (5, 0.1%)

1 がいろ, がいろいろ, でなければ, の鐵砲五梃づつ菰, を修繕

▼ 和辻哲郎~ (5, 0.1%)

1 が学識, が行った, のモダーン哲学, は天皇制護持, や三木清

▼ 和辻哲郎博士~ (5, 0.1%)

1 だけのもの, である, の著, はかつて, や西晋一郎博士

▼ 和辻思想~ (5, 0.1%)

1 にとってまた, には一つ, の哲学法, の方法, を理解

▼ 和さんこれ~ (4, 0.1%)

2 はどう 1 はどうして, は何

▼ 和せず~ (4, 0.1%)

1 その極み国家, という欠陥, どうにも出来なかった, に立ちわかれ

▼ 和せる~ (4, 0.1%)

1 をいふ, を仰げる, 往年の, 為に

▼ 和~ (4, 0.1%)

1 がむずかしく, と痛まぬ, の原則, をいそい

▼ 和一郎さん~ (4, 0.1%)

1 がよく, が来た, が椅子, におどかされる

▼ 和加布都努志命~ (4, 0.1%)

1 のおわした, の名義, の本, は牛

▼ 和~ (4, 0.1%)

1 から川上, という村, はこう, まで買い

▼ 和~ (4, 0.1%)

2 の廊下 1 でベンチ, の上

▼ 和服す~ (4, 0.1%)

2 がたの 1 がたが, がたで

▼ 和~ (4, 0.1%)

1 であつ, と対照, と稱, の物

▼ 和~ (4, 0.1%)

1 と云った, に対して炭竈, の名, らしい

▼ 和画院~ (4, 0.1%)

1 で当代, にならっ, には当代, のひとり

▼ 和~ (4, 0.1%)

2 が成立 1 に異存, の成立

▼ 和~ (4, 0.1%)

2 を講じ 1 が成った, の席上

▼ 和蘭陀人~ (4, 0.1%)

1 が調べた, のこころ, の調べた, も

▼ 和辻哲郎教授~ (4, 0.1%)

1 であると, の, の思想態度, は寧ろ

▼ 和~ (4, 0.1%)

1 と出かけ, に人, の一詩, を求められ

▼ 和から~ (3, 0.1%)

1 差引きを, 福岡市の, 討幕へと

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 其泥を, 夜な, 空に

▼ 和せずし~ (3, 0.1%)

1 て去りたる, て益, て義仲

▼ 和でも~ (3, 0.1%)

2 積でも 1 楕円函数でも

▼ 和として~ (3, 0.1%)

1 全体の, 現わす, 0から

▼ 和とを~ (3, 0.1%)

2 受けてから 1 得たること

▼ 和なり~ (3, 0.1%)

1 てふ, 立脚俗情に, 荒魂は

▼ 和らかい光~ (3, 0.1%)

1 は消え, を与えた, を眼元

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 の事, の諸, 散を

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 又は関五郎, 後文兵衛, 後称文兵衛

▼ 和十二年~ (3, 0.1%)

2 に生れ 1 から四年目

▼ 和君君~ (3, 0.1%)

1 まだ怒つ, も俳句, 怒つた

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 して, に胡麻節, の節

▼ 和四年~ (3, 0.1%)

1 に同, の記録, はすなわち

▼ 和太さん~ (3, 0.1%)

1 が一ぱい, が日ごろ, それでいままで

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 の太守, の山, 多武

▼ 和御前~ (3, 0.1%)

1 に践め, はわし, は処女

▼ 和時計~ (3, 0.1%)

1 の多く, の現物, の製造

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 に, に名, の神道

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 とをそつくり, を拵, を語つて

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 でも浮べ, にモーター, の胴中

▼ 和蘭公使~ (3, 0.1%)

1 のごとき, の前, を勤め

▼ 和蘭国~ (3, 0.1%)

1 の地名, の運命, 全図

▼ 和蘭国王~ (3, 0.1%)

1 は軍艦, へ御, より

▼ 和蘭國旗~ (3, 0.1%)

1 をかかげ, を掲げず, を放棄

▼ 和蘭客屋~ (3, 0.1%)

2 の奥 1 を訪ねた

▼ 和蘭式~ (3, 0.1%)

2 の銃隊 1 大熔鉱炉

▼ 和蘭政府~ (3, 0.1%)

1 から将軍政府, の實權, は死亡証明書

▼ 和蘭時計~ (3, 0.1%)

1 で無, と同じ, を手本

▼ 和蘭派~ (3, 0.1%)

1 のフェルメエル, のリユウバンス, 学ぶは

▼ 和蘭流~ (3, 0.1%)

1 に就, の名, の治療法

▼ 和蘭王~ (3, 0.1%)

1 の忠告, の忠告書, は昔年

▼ 和蘭甲比丹~ (3, 0.1%)

1 から具申, の, の將軍拜謁

▼ 和蘭陀画~ (3, 0.1%)

1 の影響, の感化, を模倣

▼ 和蘭陀船~ (3, 0.1%)

1 が一艘碇泊, の絵, は向い風

▼ 和蘭陀銅板画~ (3, 0.1%)

1 の模倣, よりヴェニス, を模倣

▼ 和蘭館~ (3, 0.1%)

2 に出入 1 の貴公子

▼ 和~ (3, 0.1%)

2 を妨げ 1 を妨ぐ

▼ 和製品~ (3, 0.1%)

2 で平次 1 だからと

▼ 和辻倫理学~ (3, 0.1%)

1 がこうした, が発見, と異

▼ 和辻哲郎君~ (3, 0.1%)

1 がまだ, と私, は姫路市

▼ 和那美~ (3, 0.1%)

2 の水門 1 という港

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 がその, とは特別, の日記

▼ 和~ (3, 0.1%)

1 の, のごとく, の後裔

▼ 和魂洋才主義~ (3, 0.1%)

2 の御蔭 1 が實行

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 だつた, 味を

▼ 和かな風すべて~ (2, 0.1%)

1 が静か, が靜

▼ 和がり~ (2, 0.1%)

1 だ, に躍りあがっ

▼ 和ぎむ~ (2, 0.1%)

2 と見れ

▼ 和~ (2, 0.1%)

2 え着物

▼ 和けて~ (2, 0.1%)

1 口いっぱいに, 遠きに

▼ 和さんあなた~ (2, 0.1%)

1 どう私, もどうせ

▼ 和さんホント~ (2, 0.1%)

2 に今

▼ 和さん何~ (2, 0.1%)

2 から先

▼ 和さん大原君~ (2, 0.1%)

1 のお, の心

▼ 和さん私ども~ (2, 0.1%)

1 では毎日食パン, は毎度

▼ 和する~ (2, 0.1%)

1 にあっ, までには山

▼ 和ぜて~ (2, 0.1%)

1 入れたの, 飼い置いた

▼ 和そう~ (2, 0.1%)

1 と思え, と思った

▼ 和その~ (2, 0.1%)

1 ほかも, 渠首五人を

▼ 和それ~ (2, 0.1%)

1 が第, と湯隆

▼ 和です~ (2, 0.1%)

1 わ, 私は

▼ 和なりと~ (2, 0.1%)

2 ある

▼ 和には~ (2, 0.1%)

1 それを, 死なじ

▼ 和まさしく~ (2, 0.1%)

1 時節じゃ, 時節ぢや

▼ 和らかい~ (2, 0.1%)

1 からだ, と云

▼ 和らかさ~ (2, 0.1%)

1 がすべて, を持っ

▼ 和れない~ (2, 0.1%)

2 庭の

▼ 和をと~ (2, 0.1%)

2 宣らせこそなどか

▼ 和ジュロ~ (2, 0.1%)

1 と称え, の学名

▼ 和一郎さんたち~ (2, 0.1%)

1 にちゃんと, の結婚

▼ 和七爺~ (2, 0.1%)

1 やの話, やはさ

▼ 和三年生~ (2, 0.1%)

1 で此時, の久次郎

▼ 和三藏~ (2, 0.1%)

1 といふもの, は伊豫尋常中學校

▼ 和主達~ (2, 0.1%)

1 が殺し, は駄目

▼ 和二年壬戌~ (2, 0.1%)

1 であつ, と読み分ける

▼ 和佐見ヶ原~ (2, 0.1%)

1 の原中, の真中

▼ 和元年京~ (2, 0.1%)

2 の田仲宣作

▼ 和兒様~ (2, 0.1%)

1 でご, に何で

▼ 和及び~ (2, 0.1%)

1 積と, 積に関して

▼ 和同年中~ (2, 0.1%)

2 の創草

▼ 和哥所~ (2, 0.1%)

2 に参る

▼ 和女たち~ (2, 0.1%)

1 が家, と一緒

▼ 和嬢何事~ (2, 0.1%)

1 も得言わで, も言わね

▼ 和嬢俄~ (2, 0.1%)

1 に心付き, に愁然

▼ 和嬢窃~ (2, 0.1%)

1 に兄, に心

▼ 和州旧跡~ (2, 0.1%)

2 幽考

▼ 和年間里~ (2, 0.1%)

2 入重修

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 は蕭条, を眺めたい

▼ 和恭勤勉~ (2, 0.1%)

1 の気風, を保っ

▼ 和戰共~ (2, 0.1%)

1 に國, に我獨立

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 がむつつり, と例

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 に隨つて一絲, の明るい

▼ 和~ (2, 0.1%)

2 し難し

▼ 和歌子~ (2, 0.1%)

1 のこと, の家庭

▼ 和氏ら~ (2, 0.1%)

1 が帰る, の造営奉行

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 に転じ, は十分西洋流

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 であった, なる朝

▼ 和漢蘭~ (2, 0.1%)

1 に亙り, の書物

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 の作用, 即欣然

▼ 和~ (2, 0.1%)

2 むく犬

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 は箱付き, 大辞典

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 もあり, 諸先生

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 に, の感触

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 とかいう奴, とかいふ奴

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 の五君, 居三人

▼ 和蘭ライデン~ (2, 0.1%)

1 の大学教授オンネス氏, 大學

▼ 和蘭人英吉利人等~ (2, 0.1%)

1 に劣らなかった, に劣らなかつた

▼ 和蘭傭船~ (2, 0.1%)

1 であつ, ではない

▼ 和蘭商館長ヅーフ~ (2, 0.1%)

1 にとつて, の策謀

▼ 和蘭焼~ (2, 0.1%)

1 の大, の花瓶

▼ 和蘭独逸瑞西~ (2, 0.1%)

1 とまわっ, を遊学

▼ 和蘭皿~ (2, 0.1%)

1 にはまだ, の渋い

▼ 和蘭製~ (2, 0.1%)

1 のコーヒー茶碗, の時計

▼ 和蘭陀加留多~ (2, 0.1%)

1 の手, の返礼

▼ 和蘭陀語~ (2, 0.1%)

1 かと思った, はぺらぺら

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 と呼んだ, もしくは倭術

▼ 和訶奴氣~ (2, 0.1%)

2 の王

▼ 和訶比~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 したの, によつて

▼ 和辞典~ (2, 0.1%)

1 は活版, を引い

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 はおのれ, は日本

▼ 和辻的観念~ (2, 0.1%)

1 とその, の最後

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 の王, の王一柱

▼ 和邇氏~ (2, 0.1%)

1 の分派, の居住地

▼ 和~ (2, 0.1%)

2 即ち西暦千百十年頃

▼ 和~ (2, 0.1%)

1 とはやさしい, と愛語

▼ 和魂荒魂~ (2, 0.1%)

1 を尊う, 兼ねそなわる健全

▼ 和鳴する~ (2, 0.1%)

1 を聞く, 幽禽

▼1* [601件]

ああして, 和ありや戰, 和うる歌に, 和登和と, 和おばさん飲屋を訪ね, 和かい線をし, 和かい風に靡い, 和かき香りを放つ, 和かく出来て, 和かさというか, 和かな時の所産, 和かな母の笑い声, 和かな海の上の空氣, 和かな眼に引きかえ, 和かな空気の中, 和かな色を見せ, 和かな調子で云, 和かな陽ざしの庭, 和かな風景であった, 和かに面を撫でる, 和かみがある, 和かりそめにも, 和子が, 和くるものなれ, 和ぐる心地すに, 和ぐる日もなく, 和げたであらう, 和こうして, 和こそ羨ましいもの, 和これは今日, 和ない十年間, 和さしめまた日子, 和されていた, 和さんあなたのにも附い, 和さんお昼の副, 和さんお茶が這入つた, 和さんこれ幾らに見えます, 和さんそれにする, 和さんコレさお逃出, 和さんマア此方へお, 和さんライスカレーの拵え, 和さんロースを焼, 和さん一寸十錢貸して, 和さん中川君は大層, 和さん今のお話し, 和さん今度は何, 和さん今頃こんな処, 和さん先刻の西洋料理, 和さん先日良人が貴, 和さん品が良けれ, 和さん塩で揉んだ, 和さん外のお方, 和さん大丈夫です, 和さん大概なジャム, 和さん失礼ですけれども, 和さん宅では牛肉, 和さん憚りですが, 和さん折角のお, 和さん昨日は誠に, 和さん此梅ちやんとはね, 和さん此間は有難う, 和さん無花果は何, 和さん直伝です, 和さん菌の中, 和さん薩摩芋は西洋料理, 和さん西洋にも梅干, 和さん西洋料理の味, 和さん西洋菓子は珈琲, 和さん貴方あんなお, 和さん退屈でせう, 和さん醤油の検査法, 和さん長雨が続い, 和してるからそれ, 和じゃてんやわんやの, 和のだった, 和といつ, 和だの茄子の, 和ちゃん偵察しに, 和ってしまった, 和詰ても, 和であっていったん, 和でありましてその, 和であろうと何, 和でなき者の, 和でなければ成立っ, 和ではありません, 和といへり, 和といったような, 和といふものだ, 和としての積分は, 和との大がかりな, 和とも云うべき空間知覚, 和ども呈申度候へ共, 和んだ, 和なお手を, 和なく各, 和など見さだめて, 和などと申す事, 和などの七名で, 和ならしめんと, 和ならず山に, 和なんぞは牛肉でも, 和なんぞも忙が, 和にも勧め徐和, 和によってボンクラな, 和に対しては無に, 和はいはゆる, 和へて醤油を, 和への歌も, 和へは自然の, 和へると考へられる, 和または隠月翁, 和みぞはかられぬ, 和もう虫が, 和やいで来, 和よりも非常に, 和らかい二の腕, 和らかい人の手, 和らかい地の草, 和らかい所に北陸, 和らかき輝きをのせ, 和らかな日のさす, 和らかな電燈の光, 和らしく見えますが性根, 和らんで来る, 和一手しか, 和シ呉ヲシテ蜀ヲ取, 和ニ麝香草ト称ルモノニ充ツ未的切ナラズ麝香草ハ生ニテ動揺スレバ香気アリ乾セバ香気ナシ漢名麝草, 和ボクシテクレト云イオルカラ大竹ガ不礼ノコトヲトガメタシ, 和ボクヲシタソレカラ酒ガ又出, 和リンゴといわれ, 和請フ, 和一郎たちにうかがいしれない, 和一郎一人になっ, 和一郎保余三人保の講習会, 和七郎広岡子之次郎, 和三亥以後二カ年余りの遺跡, 和三亥年はしか流行, 和三年七月二十八日に歿, 和三年九月三日に市河米庵, 和三年二月二十九日に至つて始, 和三年二月四日に五十五歳, 和三年八月十二日十八歳にし, 和三年十二月六日まで屏禁, 和三年十月七日に蘭軒, 和三年癸亥ではなく, 和三盆を小, 和三郎寧親が支封, 和手段により, 和中国人不是一様, 和中閏正月のあつ, 和丹両家の典薬ども, 和主のは取, 和主一個か, 和久し自界荘厳, 和九年十月に, 和事以外の領域, 和事専門でなく今, 和事役と辛抱立役, 和事役者として家, 和事的でなかつた点, 和二年三十二歳の時, 和二年三月二十一日に寂, 和二年三月十一日桃のお, 和二年九月九日のこと, 和二年十一月には佐渡, 和二年四月の江戸浅草本願寺輪番東坊, 和二年戌四月十六日と十八日, 和二年空海寂し凡九十年, 和二年陸奥国司の, 和二郎桜井仁平永沼政吉田野入利三郎, 和五年にあたる, 和五年十一月十五日の条, 和を以て第, 和が多分, 和亭一軒だけで, 和亭鬼武が最初, 和仏法律学校ありドイツ法律家, 和仏英女学校というの, 和以前の二百年間, 和を昧谷, 和仲良くすると, 和には成祖, 和修吉を諸, 和酉年七月廿七日稽古通事被仰付, 和元年三月十日に寂, 和元年六月廿八日御広間番, 和元年十六歳で猶, 和元年彼は六十八歳, 和元年病に依, 和元年辛酉である, 和八年と昭和五年, 和公武合体の制, 和六年九月の条, 和六年出羽國田川郡海岸に現, 和兵勢の盛, 和兵衛の家, 和再生を夢見られた, 和冦固よりその, 和ハ云フ日忙シ楊万里ハ云フ月忙シ陸亀蒙, 和出來の猪八戒, 和出徳一氏に諮る, 和出氏は帝都, 和利一残って, 和刻本に校讐, 和は若, 和は自分, 和は河東節, 和十一年十一月四日の, 和十乾坤坊良斎岩窪北渓尾の丸小兼, 和十二年正月八日最勝会, 和十二年正月十日天皇濱主を清涼殿前, 和千葉胤秀剣持章行佐藤一清法道寺善小松鈍斎などいう, 和卿三反拝, 和卿云ふ貴, 和卿参著す是東大寺, 和卿唐船を造り, 和三仏斉国の, 和を朔方, 和右衛門並びに彦兵衛, 和合致さる, 和同族の誼, 和名倉山まで断続, 和名木烏瓜という, 和君僕はねえ, 和君君一人で枕許, 和君裸にし, 和吹く息の, 和において栄, 和呼布利弥由母阿是古志麻波母, 和哥山の祖母, 和唐屋から一万両, 和し私語, 和商行と関羽, 和の人, 和國小姓氣質卷五庄野佐左衞門父の看病, 和の輪奐, 和地の利天運のよ, 和などといふ療方, 和多利に殴られ, 和多都美能於伎都奈波能里久流等伎登伊毛我麻都良牟月者倍爾都追, 和大砲火薬の智識, 和はばか, 和太郎の守り袋, 和に会, 和女のは何, 和女われに五百金銭, 和女因果やな, 和女学校の学科, 和女忍藻も見, 和女極が悪い, 和女禁物か, 和女等は未だ, 和女等三人の内, 和女郎はもうよかで, 和女鉄槌を持っ, 和女顔へ疵, 和来るや, 和の仲, 和嬢らのお蔭, 和嬢テンピの戸, 和嬢一つ一つ択り出して, 和嬢二つの壜, 和嬢側より, 和嬢塩の器, 和嬢微笑を含み, 和嬢急に顔, 和嬢気が気, 和嬢熱心に御馳走, 和嬢男主人の大原, 和嬢疲れは兄, 和嬢皿を食卓, 和嬢自ら出でて, 和嬢送り来りて, 和孔密州五絶の一, 和學先生の前, 和學者が起つた, 和學軍學に至る, 和定食に梅干, 和寇以上であり正に, 和寇何がいかん, 和寇戦法を用い, 和寇襲来と思つて, 和対訳の二冊物, 和寿蔵太田重十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 和小声に, 和山僧といふ人, 和川辺のしぬ, 和州南都の人, 和州吉野山中菜摘川清明の滝辺, 和州巡覧記に, 和州当麻寺にある, 和州芳野高野山野州日光山殊ニ多シ, 和州郡山へでも移り, 和を取り, 和幣三本を一行, 和幣三本白体の和幣三本, 和年中に明州昌国, 和幸一が梅田重朝, 和弦的要素の比較, 和張青孫の妻, 和強学堂で開いた, 和強楽堂もおそらく, 和楽堂で, 和だつた, 和府の, 和御寮は踊る振, 和御門御時, 和の母子, 和悦享楽の効, 和をおいだき, 和が消え, 和成った後兇報を, 和成るや飛ぶ, 和手懸くべき肩, 和攘夷決行の御召, 和文化の頃, 和文化文政の三時代, 和文字の事, 和文章にも鮭, 和文調に書い, 和布令, 和もさよう, 和日野外の風光, 和昌君の兄貴, 和昌寺という寺, 和の性, 和易安閑たる景色, 和における奉行, 和暖昨日の如し, 和の感, 和服せるは議長, 和にも起こった, 和東來し同列, 和東坡の藤助, 和から歐洲, 和林檎の何とか, 和林附近の地理, 和の大家, 和柔否とよ此儕, 和梅園また静廬, 和や優雅, 和樂愉悦の夢, 和なり, 和橋南新二琴通舎康楽高畠藍泉というよう, 和次さん等を驚かさん, 和歌子さんを求めます, 和武尊悪神を殺戮, 和殿們を貴, 和殿御自身がやがて, 和比野より幸行, 和氏さまのあの, 和氏たちもやがて, 和氏仁木今川一色畠山斯波などの重臣, 和氏宛てに送られ, 和氏弟頼春掃部助らいいあわせたよう, 和氏連城の玉, 和氣あいあいとして寄り集うた, 和氣あいあい卑屈やニヒル, 和氣祥光の氤, 和沈むを聴け, 和を踏み, 和洋行燈を据え, 和が野, 和洽杜襲などという軽薄輩, 和流砲術熱心にて和流, 和淵神社は大晦日, 和を煎じる, 和ならどんな, 和漢洋の書物, 和にむかひ, 和煙草を蝋巻, 和の時, 和熟して次第に, 和熟スルハ一ニ御蔭ニ因ラスト云フコト無シサレハ凡ソ此里ニ生レム者謹ミテ累世, 和熟親睦せしなり, 和爭善惡正邪信疑空有, 和の王, 和獨西葡等の諸, 和甲子即文化紀元, 和甲寅元年従四位下実近, 和にも似ぬ, 和画院系の墨画あたり, 和癸亥七月病麻疹而没年纔二十五府下識与不識, 和白両国は降伏, 和が多かっ, 和礼乎於吉弖且比等波安良自等, 和から作った, 和稲製の諸白酒, 和ヲ仰, 和とし, 和の音, 和紀元の辛酉, 和綴りの冊子, 和綴本の大判の, 和繻子南京繻子織姫繻子あり毛繻子, 和繻子織姫南京黒八丈天鵞絨など種々, 和といい, 和のおかげ, 和者流に至っ, 和をやる, 和に偏, 和荒木吉田の三氏, 和蕾さんを訪ね, 和蕾君来庵空箱釘密柑を持つ, 和蕾居で漫談, 和蕾居往訪小遣を借りる, 和蕾無水君を訪ね, 和薬使と賜い, 和蘭のが五二五・〇〇〇弗, 和蘭ものらしいので, 和蘭アムステルダムの商人, 和蘭コンシユル横浜ニ於て申立也, 和蘭デルフトの小さな, 和蘭ニ在ルヤ, 和蘭ハーレムの人コスター, 和蘭ハーレム辺りの風俗, 和蘭ユウトラクト在なになに郡大字, 和蘭一州に限り, 和蘭事務官は明年, 和蘭亜米利加貌利太尼西国民の儀, 和蘭人インデルモウルがあつ, 和蘭人オットマン帝国の土耳古人, 和蘭人ト為サザルベカラズコレ彼等ノ耐, 和蘭人フアン・デン・ベルグ氏ノ, 和蘭人フラウレンス・ヤンコ・コステルはドイツ, 和蘭人ミニィル・ヴァン・デル・ヴェルドを相手, 和蘭人メキシコ人いろいろだった, 和蘭人ヤンコツクブロムホフ其國語に通ずる, 和蘭使節の軍艦, 和蘭出版の横文字, 和蘭加奈陀諾威等の国人, 和蘭医から貰った, 和蘭医師高野長英が姓名, 和蘭医者のうち, 和蘭印刷文字のかたはら, 和蘭印刷界にのこる, 和蘭及葡萄牙人が長崎出島, 和蘭古画の中, 和蘭呉絽の帯, 和蘭和蘭から普魯西, 和蘭商館さへ事前, 和蘭國王の, 和蘭在留中学び得たる航海術, 和蘭学者との文通, 和蘭寺院楽の諧律, 和蘭対訳の原書, 和蘭屋敷内に歐羅巴風, 和蘭岬のこと, 和蘭摂政大臣に返復する, 和蘭政府確と見究め, 和蘭文典前後訳鍵二冊唐詩選掌故二冊, 和蘭文書を讀ん, 和蘭文法書の, 和蘭新版の築城書, 和蘭曰ク毛も長, 和蘭更紗の腰巻, 和蘭書無斷買入れ, 和蘭東印度會社の根據地ジヤワ, 和蘭模様に刺繍, 和蘭歴代治平の日, 和蘭歴史の功勞者, 和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 和蘭活字に雜つて明らか, 和蘭渡の赤酒, 和蘭滞留中に奇談, 和蘭版の, 和蘭版万国地図といふもの, 和蘭版地図を取出し, 和蘭物ぢやない, 和蘭獅子頭はもちろん, 和蘭王兼阿郎月, 和蘭王国は曾, 和蘭瑞西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 和蘭生れで前身, 和蘭甲比丹ツンベルグはその, 和蘭画の法式, 和蘭画幾何学的遠近法の応用, 和蘭白耳義のごとき, 和蘭白耳義普魯西各國, 和蘭等の商館, 和蘭経由で英吉利, 和蘭舶中国海より玄海ニ出ルアリ, 和蘭舶來の素晴らしい, 和蘭艦隊を打倒し, 和蘭艦隊打倒後でジヤワ, 和蘭芝居の大, 和蘭芹と一しょ, 和蘭英吉利の外舶, 和蘭葡萄牙人顔色の青白い, 和蘭藥草の種子, 和蘭訛の小歌, 和蘭語ラテン語などの西洋文字, 和蘭語七百余言を学び得, 和蘭語訳付など外, 和蘭貿易の黄金時代, 和蘭軍医メールデルホールトの指導, 和蘭辞書の原書, 和蘭通市の便, 和蘭通詞らがいかに, 和蘭進献の種馬, 和蘭銀貨が浪之進, 和蘭鏡を持っ, 和蘭鐵砲を賣込まれ, 和蘭陀げんげの匂, 和蘭陀のは騒がなかつた, 和蘭陀パイプを斜, 和蘭陀伝来のくれ, 和蘭陀佛蘭西の語, 和蘭陀加留多三次たちのいかさま, 和蘭陀十七世紀の絵画, 和蘭陀型の靴, 和蘭陀夕顔のかげ, 和蘭陀天竺など南蛮諸州, 和蘭陀屋敷御同心, 和蘭陀山水画の感化, 和蘭陀横丁の千坂桐代, 和蘭陀横丁千坂桐代そう仰っし, 和蘭陀毛織の抱桶, 和蘭陀派及びフラマン派, 和蘭陀皿の如き, 和蘭陀眼鏡とかそんな, 和蘭陀石竹のかげ, 和蘭陀箪笥いろいろの, 和蘭陀絵の影響, 和蘭陀自鳴鐘取り, 和蘭陀船模様の刺繍, 和蘭陀茶碗南京の鉢, 和蘭陀薄荷のしめり, 和蘭陀開祖の心, 和蘭陀青絵の鉢, 和蘭陀靴はスポン, 和蘭陀館の貴公子, 和蘭領へはいり込んだ, 和蘭領ジャヴァの物産, 和蘭風説書を自分, 和衆力一致他方もちろん熟練, 和術和算の名称, 和解兄弟とひとつ, 和計伊加豆知と唱, 和を固守, 和調の体, 和との譲歩, 和論派たる改進論派, 和譯等に於い, 和譯英字書の譯語, 和譯譯の教科書, 和貝さんとが死んだ, 和貝夕潮やまた, 和貝彦太郎氏夕潮と号, 和貝氏は発行所, 和といつ, 和辞書を引っぱり, 和辭書などと同じ, 和辻さん赤木君久米という顔ぶれ, 和辻両君来り謡二番, 和辻博士位いだろう, 和辻博士沢村専太郎などいう, 和辻博士自身なの, 和辻哲学の一般的, 和辻哲郎さんが書いた, 和辻哲郎後藤末雄大貫晶川木村荘太などであった, 和辻哲郎氏一人は木村荘太氏, 和辻如是閑小泉信三阿部賢一末弘杉森笠松本蒸治東畑精一等の諸氏, 和辻式に警抜, 和辻式倫理学は自由主義哲学, 和辻氏のをよむ, 和辻氏らの雑誌, 和辻的方法を生長, 和達さんというアンチモニー, 和達委員長に辞表, 和適四時順節人身百八の患, 和邇佐比持などその, 和邇吉師という学者, 和邇吉師すなは, 和邇我を捕え, 和邇等の魚族, 和邇返らんとする, 和郎等をそう, 和鄒淵鄒潤の四客, 和酒好みを嫌つて, 和と申し, 和の吉阪, 和陶帰園田居六首と題する, 和雍寛洪の風, 和雑記には泉除川, 和到心頭, 和音久和桑西桑窪などがあり, 和韻一律録以供一笑之資云, 和順貞信人情深くし, 和顔愛語ということ, 和香以鯉角梅阿弥等と号, 和骨爛とは骨, 和とも洋髪, 和魂二種の魂魄, 和魂荒魂奇魂幸魂術魂の五, 和魂雙つながら, 和と鯊, 和の禽, 和鳴して高く, 和黒川生韻