青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夕暮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~変る 変る~ ~変化 変化~ ~夏 夏~ 夕~ ~夕方 夕方~ 夕日~
夕暮~
夕食~ 夕飯~ ~外 外~ 外れ~ 外交~ ~外出 外出~ ~外国 外国~

「夕暮~」 1162, 13ppm, 8743位

▼ 夕暮~ (425, 36.6%)

18 空に 9 色が 8 中に 6 空の 5 ように, 光の, 空を, 街を 4 光に, 町を, 空, 空気を 3 ことであった, 影が, 景色を, 沈んだ空気, 空気の, 色は, 靄が, 風が

2 [25件] うす明り, ささやきばかりが, まだほ, やうな, ような, 一時, 光が, 底に, 庭, 庭を, 悲しさ, 散歩かも, 楽しみに, 水蒸気を, 涼気に, 空気に, 空氣の, 窓にも, 色に, 色を, 靄に, 靄や, 風に, 風は, 食出し

1 [274件] あの悲しい, あまり赤, あるより, あわただしい物音, うすやみ, うす闇, かげが, かすかな, かすむ雲井, かたよろしから, ことだ, ことだけを, ことで, ことであります, ことでした, ことに, ころ田野は, さびた色, しめった色, すばらしさに, せいも, せまった街, そこはかとないあわただしさ, そぞろありきす, そら, つめたい色, なかに, なかを, なか風の, なすが, にほひ, ほの, ものあかき, もの騒がしい, やうだ, やうである, やうに, ゴタ, ソフアに, ヴェニスを, 一きわ鮮かな, 一刻を, 一時は, 一時を, 下関に, 不思議な, 中の, 中を, 九十九の, 事である, 事なり, 事なる, 五時頃に, 仄暗い, 仕度, 会話, 余光の, 余照の, 倒れた樹, 光景で, 光景や, 入相の, 公園で, 六時, 六時です, 六時に, 刹那や, 匂ひととも, 反射を, 古き牧場, 坂で, 埠頭に, 塔を, 夏の, 外光を, 天地の, 天暗く, 太陽に, 実感に, 寂しきもの, 富士に, 寒い巷, 寒い風, 小路の, 小路を, 山の, 山を, 山道に, 崖の, 巴里の, 巷を, 市を, 帷が, 幕更に, 広い庭, 店先に, 庭すさまじき, 影の, 影みたいな, 徒然老母も, 微光の, 心地は, 急ぐ人, 情景を, 情調を, 感動を, 感覚を, 我が家を, 戸外は, 持ちに, 散歩, 散歩に, 散歩には, 散歩の, 散歩道を, 新宿駅裏の, 早い大連, 明るいイタリー街, 明るみの, 星を, 時を, 時間が, 景色にな, 景色は, 晴れた空, 暁橋の, 暮色にな, 曲の, 本郷台を, 机に, 杜の, 東北の, 林から, 桜も, 森に, 様でした, 様な, 欄干に, 歌が, 歌で, 正面に, 歩道に, 残光が, 気を, 気勢なり, 気持を, 水の, 水色に, 汀の, 池の, 河岸を, 沼や, 浅水色の, 海の, 海岸を, 海辺の, 海風に, 涼しい風, 涼風に, 涼風慕ふ, 淋しさ, 淡い色, 清水を, 港に, 湖の, 漁村を, 潤んだ灯, 濃いつめたい空気, 炊煙に, 焼跡の, 煙が, 照光と, 燈火が, 用意を, 田園の, 田端の, 町で, 畑だ, 癲狂院は, 白い蝶, 眺望を, 砂浜を, 祈祷が, 神の, 神樂坂の, 私を, 秋の, 秋を, 程は, 空に対して, 空ほの暗い, 空前には, 空地で, 突つ, 窓の, 窓際に, 糠雨に, 糸恋の, 線路さへ, 美しさ, 義で, 膳の, 自室に, 色と, 色とともに, 色と共に, 芦峅寺へ, 菜の花の, 蒸発気が, 薄くらき, 薄らあかりに, 薄ら明りに, 薄光, 薄明の, 薄暗い色, 薄暗は, 薄靄, 蝉の, 街には, 街路, 街道二里を, 裏通りを, 谷にのみ, 谷の, 路を, 路次口を, 踊りを, 蹄の, 軒端の, 軽井沢の, 輝やかしい, 近さ, 迫って, 迫る砂, 逍遙乘といふ, 通りを, 逼る, 野の, 野路でも, 鐘が, 鐘の, 長い陸橋, 門口を, 闇が, 闇に, 闇の, 闇を, 陰影が, 陰惨極, 陰翳まで, 陽に, 雨に, 雪道を, 雰囲気に, 雲一つない, 雲煙が, 霞が, 霞の, 霧が, 霧を, 靄の, 青空高く高く, 静かな, 静かなる, 風, 風の, 風を, 風をも, 風景などは, 食い出しを, 食ひ, 食堂で, 鴉が, 鷺が

▼ 夕暮~ (151, 13.0%)

16 なると 10 なって 2 なった, なってから, なっても, なるの, なれば, 消えて, 独り風吹く, 私は, 近かった

1 [107件] いそがしいの, かの女, かれは, きこえて, この淋しい, この蝉, さは, した, そのテント, それかと, たうとう, たたずむで, ちかい時分, なったら大事, なつて, なりかけて, なりしを, なりて, なり夜, なる, なるし, ひとりか, ふと海, まぎれ河原, パヅアに, フエデリゴを, マリウチアと, ラハムマェという, 一城の, 一層の, 下の, 久保山の, 二人で, 人が, 伊勢の, 似て, 僕は, 内地から, 再び訪, 冷たい風, 十勝国境の, 及びて, 向う鐘, 向って, 哄笑する, 唯一人この, 城に, 城にか, 大川の, 大磯の, 孤独を, 宿坊に, 對立し, 小高い丘, 帰ってから, 帰宅し, 弱く寂しく予め, 御当物, 思いがけない母, 惑わされた単純, 提灯も, 放浪の, 数人の, 日本の, 植ゑた孟宗竹を, 没りしか, 浜に, 浪費を, 浮ぶ白い, 湯を, 白かつ, 百舌鳥が, 眺め入って, 眺め見渡す隅田川, 眼醒め, 私が, 立って, 箱根の, 自分は, 至って, 花の, 蘇西の, 見上げた感じ, 言も, 訪ねて, 近いよう, 近い午後, 近い明り, 近い街, 近そう, 近づいたせい, 近づいたパリ, 近づくと, 迫つて菖蒲が, 迫られる危険, 途, 遂に潰され, 都に, 釣人が, 間近い街, 際して, 飛ぶ, 食事の, 首山堡の, 鳴く鳥, 鶯なく, 麓の

▼ 夕暮~ (61, 5.2%)

7 になる 2 であつ, にその, になつ, になり, に村会議員

1 [44件] から小雨, から終列車, が迫る, だ, だった, だつた, でわけても, と, とは云う, に, にこの, にさ, にそれら, にまた, に何, に入る, に吾家, に屋上, に恰度私, に柏屋, に沖, に町, に私, に競馬, に脚立, に起る, に近い, に銀座, のてれ, の土星, の子供達, の寂し, の富士山, の山径, の様, の汽車, の深窓, の灯台, の燈台, の途すがら, の鳩舎, はこの, は寂しく, ふぬけた煙

▼ 夕暮~ (54, 4.6%)

6 迫って 2 來た, 四方に, 多かった, 来て, 近いの

1 [38件] あけはなしたバルコン, きた, きて, すつかり暮れ, ほんの一瞬時, また, やって来た, ゆっくりと, 今度は, 來て, 夜に, 奇怪な光り, 好きな, 思い出される, 早く迫っ, 曠野全体を, 来た, 来ない内, 来れば, 次第に迫った, 段々迫っ, 永かった, 滿たし, 漂う, 灰色に, 私たちの, 私の, 窓の, 美しい薄明, 軒に, 近くなった, 近づいて, 迫つて來る, 迫つて大川の, 迫りドリアン, 迫るにつれて, 逼って, 過ぎた

▼ 夕暮~ (43, 3.7%)

2 過ぎて

1 [41件] ことさらに, じっくりと, つつみあるいは, とぶ蝙蝠, とめの, ながめながら, はなれる, 促が, 吾家へ, 唯一騎東へ, 守る一つ, 庭に, 待つ蝙蝠, 思い出させた, 思ひ描くに, 思出す, 急ぐ人々, 急ぐ人達, 急ぐ多勢, 急に, 想い出すそう, 明るく染め, 染めたかな, 涼みながら, 煙草に, 眺め乍ら, 行く荷馬車, 補なう, 見て, 見渡しました, 覚えて, 誘いつつ, 誘い出すよう, 躍るやう, 躍るよう, 迎えねば, 退屈そうに, 過ぎたれども先, 過すこと, 酒に, 門に

▼ 夕暮~ (29, 2.5%)

1 [29件] いつか夜に, いろ, かならず人, ただこれ等, もう驚く, サビシイので, ヘリオトロウプ, 両手を, 何時までも, 公園の, 君の, 夕暮の, 子供らの, 思ふとも, 悲しみの, 晴れて, 永く空, 淋しく江戸, 燈火正に, 穏か, 罌粟の, 美しいのよ, 美しかった, 迫って, 道行く人, 遠い空, 重苦しいこと, 長かった, 静かです

▼ 夕暮近く~ (23, 2.0%)

2 なって

1 [21件] で空, なった, なった田の面, なつたの, なつて, なると, なる時, になつて, になる, の太陽, はここ, までテニス, まで赤い, 兼て, 彼が, 急に, 木津川の, 薬師寺を, 霽れ, 静かな, 高く飛ん

▼ 夕暮~ (18, 1.5%)

6 あつた

1 [12件] これから忙しく, それから種々薄気味, もつとも季節, 二百間あまりも, 入日の, 太陽は, 差支ない, 海辺には, 申しようありませんでした, 薄紫色の, 見た二人, 道は

▼ 夕暮近い~ (16, 1.4%)

2 一室の, 頃でした

1 [12件] ころであった, せいか, ので街, 往来の, 日の, 時刻に, 江戸の, 海を, 研究室へ, 空氣の, 街に, 雜閙の

▼ 夕暮から~ (14, 1.2%)

3 雨に 2 夜へ 1 一羽の, 出席すべき, 夜に, 夜にかけての, 夜更けの, 暴風雨と, 薄雪, 霰の, 餅搗きを

▼ 夕暮~ (14, 1.2%)

2 なって, なる, なると 1 いわず外出, なった, なりました, なり宵, なるそこら, なれるを, 山の, 言つても

▼ 夕暮どき~ (12, 1.0%)

2 など裏庭 1 などむかし, の光線, の方, の混雑, の裾, の透明さ, を庭, を思い出し, マンは, 七瀬の

▼ 夕暮には~ (10, 0.9%)

1 何時も庭前, 兄の, 哀を, 子供が, 廓の, 時が, 月見草などが, 歌の, 海抜四メートルの, 皆灯すなりけり

▼ 夕暮富士~ (9, 0.8%)

2 だと, の上, を越え 1 とが目, とが眼, を右手

▼ 夕暮より~ (8, 0.7%)

2 羽織引かけ 1 夜にかけて, 始まり次, 寒くなる, 所用あッ, 朝まで, 集まりたるもの

▼ 夕暮~ (7, 0.6%)

1 はうち, はこの, はバルコン, はブッダ・バッザラ師, は四谷通, は店先, は立ち去つた

▼ 夕暮がた~ (6, 0.5%)

4 の蕭 2 の悲

▼ 夕暮~ (6, 0.5%)

1 からいい, か分らない, つたが, つたと, つた今更の, のに

▼ 夕暮ちかく~ (6, 0.5%)

1 で町, までも談じ込ん, まで絶えなかつた, 利根亮輔と, 地平線上に, 鮭川という

▼ 夕暮~ (5, 0.4%)

1 あれば, せまって, ない, 近い頃, 間近いぞ

▼ 夕暮その~ (4, 0.3%)

1 ぶりを, 家を, 戸板を, 窓から

▼ 夕暮と共に~ (4, 0.3%)

1 寒さ, 来る, 葭簀を, 雪が

▼ 夕暮まで~ (4, 0.3%)

1 一分の暇も, 他出致そう, 寝た, 郊外の

▼ 夕暮~ (4, 0.3%)

1 のほ, の時刻, の湖面, は泊り

▼ 夕暮いかにも~ (3, 0.3%)

3 急速で

▼ 夕暮~ (3, 0.3%)

1 互に借金, 堂集っ, 福が

▼ 夕暮ごと~ (3, 0.3%)

1 にいぶせき, に唄う, に聲

▼ 夕暮とともに~ (3, 0.3%)

2 風が 1 どこから

▼ 夕暮など~ (3, 0.3%)

1 多く見ゆるなる, 私は, 鬼ごっこや

▼ 夕暮にな~ (3, 0.3%)

1 つても, つて彼は, つて瑠璃子の

▼ 夕暮~ (3, 0.3%)

1 夜狭い, 摩利支天の, 破芭蕉

▼ 夕暮~ (3, 0.3%)

1 ここに, 琴柱は, 黄金虫

▼ 夕暮らしい~ (3, 0.3%)

1 寒い風, 日光に, 風情を

▼ 夕暮海邊~ (3, 0.3%)

3 に立ち

▼ 夕暮お寺~ (2, 0.2%)

2 の山

▼ 夕暮~ (2, 0.2%)

1 かくなる, かく突然訪れ

▼ 夕暮であった~ (2, 0.2%)

1 か小六, 秋の

▼ 夕暮では~ (2, 0.2%)

1 あったけれど, いけないので

▼ 夕暮といふ~ (2, 0.2%)

1 ものは, 枠の

▼ 夕暮なぞには~ (2, 0.2%)

1 妄想の, 破れた障子

▼ 夕暮なりし~ (2, 0.2%)

2 が余

▼ 夕暮にさえ~ (2, 0.2%)

1 なりに, なりますと

▼ 夕暮よりも~ (2, 0.2%)

1 なお暗い, 薄暗い入梅

▼ 夕暮るる~ (2, 0.2%)

1 山風の, 頃なり

▼ 夕暮~ (2, 0.2%)

1 は日頃, は甲板上

▼ 夕暮使~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 夕暮~ (2, 0.2%)

1 に忘れ, は露台

▼ 夕暮~ (2, 0.2%)

2 は店先

▼ 夕暮~ (2, 0.2%)

1 のあれ位, をながめる

▼ 夕暮~ (2, 0.2%)

2 の如き

▼ 夕暮~ (2, 0.2%)

2 の薔薇

▼ 夕暮近き~ (2, 0.2%)

1 野路の, 頃紀州高野山を

▼ 夕暮迫る~ (2, 0.2%)

1 けはひ, 檣の

▼1* [161件]

夕暮いとあはれなり, 夕暮いぶせさや, 夕暮いろの感情, 夕暮おれは地平, 夕暮お松は絵, 夕暮かけて雲, 夕暮かたになる, 夕暮からは誰一人通る, 夕暮がやはらかな, 夕暮ぐらいの明るさ, 夕暮ぐらゐの明るさ, 夕暮この家に, 夕暮つそく宿, 夕暮じゃもう帰れないでしょう, 夕暮すこしセンチにな, 夕暮たのしいさ, 夕暮だけに光は, 夕暮だったと覚え, 夕暮だのぼんやりと, 夕暮ちかい頃だつた, 夕暮であり事実さっきから, 夕暮でありましたが空, 夕暮であるかは未だ, 夕暮であろうと思う, 夕暮でしたよ, 夕暮でも肌に, 夕暮というような, 夕暮とけぢめなき, 夕暮とて障子皆明け放ちし, 夕暮とぶのを, 夕暮とも昼とも, 夕暮どきだったそうで, 夕暮ので何, 夕暮などはその娘, 夕暮なんぞに啼きわたる千鳥, 夕暮にでも届けに, 夕暮に対する感情とは, 夕暮ひとりまど, 夕暮ぶらつとベルヴェデエル, 夕暮ほど夫人の, 夕暮または曉に, 夕暮またも行手に, 夕暮までに鬼柳へも, 夕暮までには未だ余程の, 夕暮までは諸天, 夕暮までも鳴つて, 夕暮みたいな景色, 夕暮ゆくりなくも初対面, 夕暮よさあれ中つ, 夕暮らしく曇り空を, 夕暮わけもなく, 夕暮われ独り南蛮寺の境内, 夕暮ア市より一つ手前, 夕暮クロトリを聴く, 夕暮サラサラした砂漠, 夕暮ビチャゴリという小さな, 夕暮ポストまで出かける, 夕暮ポツリと光る, 夕暮マルバ山村のアダム・ナリン, 夕暮ミチミは杜, 夕暮ランチェン・カンバブの上流, 夕暮一人の若い, 夕暮一通の電報, 夕暮三藏は京極, 夕暮上野さんや園さん, 夕暮上野着この三泊, 夕暮二三時間すごす, 夕暮五時の斜光, 夕暮五時頃より翌朝六七時, 夕暮の町, 夕暮人気の絶えた, 夕暮今野が片手, 夕暮か用事, 夕暮何処かの寺院, 夕暮余音バイオリンクラリネツトバステノル蝶の羽ばたき, 夕暮倉蔵が真面目, 夕暮っと森林太郎, 夕暮がその, 夕暮再び案内を, 夕暮しいさ, 夕暮出かける豆腐買ひ, 夕暮刻昨日の裏門, 夕暮吉原の夜半, 夕暮同じこの男山八幡の, 夕暮もそれ, 夕暮塗籠の二階, 夕暮外口の所, 夕暮奇妙な鳴き声, 夕暮の足, 夕暮が桃, 夕暮娘達や若い, 夕暮安田の渡し, 夕暮も一人, 夕暮室内にあり, 夕暮の仕事, 夕暮の靄, 夕暮帰庵すると, 夕暮平一郎は学校, 夕暮広告人形がうごく, 夕暮を歩い, 夕暮を落ち付かせ, 夕暮れは, 夕暮控訴院よりの帰途, 夕暮はもう, 夕暮日没とともに忍び, 夕暮日輪が西, 夕暮時夕立の様, 夕暮時宝の市, 夕暮時朝顔棚に並ぶ, 夕暮時東京の自家, 夕暮時私の家, 夕暮時銀座を歩い, 夕暮時雄は思切, 夕暮い靄, 夕暮有王は人里, 夕暮木犀の花, 夕暮の懐, 夕暮の端, 夕暮汽車に乘, 夕暮の方, 夕暮油買ひに, 夕暮海辺に立ち, 夕暮淋しいさ, 夕暮深き紫の, 夕暮清之介君は遊び, 夕暮の町, 夕暮はしめやか, 夕暮無事にそこ, 夕暮玉井家では晩餐, 夕暮眠い靄が, 夕暮に倚, 夕暮の友情, 夕暮終に宝川温泉に, 夕暮総理大臣は大変盛ん, 夕暮の群, 夕暮聴水は件, 夕暮を引きず, 夕暮自分は本郷通り, 夕暮花月に赴き, 夕暮荻江が家, 夕暮の木戸, 夕暮踏みに来ぬ, 夕暮かつた, 夕暮近く湯殿へ行った, 夕暮近く鎌倉河岸の方, 夕暮迫れば第, 夕暮ふ蝙蝠, 夕暮に立っ, 夕暮鍛冶の火, 夕暮もなく, 夕暮間ぢかくの畦道, 夕暮間宮茂輔の, 夕暮間近の景色, 夕暮間近くにわかに胸苦しい, 夕暮は荒れはてた, 夕暮隣村の学校, 夕暮のよう, 夕暮雨蛙が鳴き, 夕暮かな海岸, 夕暮から漸, 夕暮が疲れた