青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夕日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

変り~ ~変る 変る~ ~変化 変化~ ~夏 夏~ 夕~ ~夕方 夕方~
夕日~
夕暮~ 夕食~ 夕飯~ ~外 外~ 外れ~ 外交~ ~外出 外出~ ~外国

「夕日~」 1035, 11ppm, 9714位

▼ 夕日~ (314, 30.3%)

15 光を 12 中に, 光が 7 中を, 光の 6 影は 5 ように 4 中へ, 光に, 暑さ, 沈む時, 空に 3 てる坂, 光, 影が, 影の, 影を

2 [18件] あたつ, さし込ん, なかに, なかを, なごりが, まんまろな, 光も, 反照を, 名殘, 季節の, 影に, 押し照る, 日照る, 最後の, 沈む頃, 紅を, 色が, 鈍い光

1 [179件] あたったプラットフォーム, あたって, あたる丘, あたる草土堤, あはれなる, いろがた, うすい影, おちる時, お地蔵さま, くだち, ことあるいは, こぼれひろひ来, さしこむひろ, さした, さした同じ, さした窓, さして, さし加減で, さし残った, さし込む, さし込んだ, さす毎, さす町, そむる錦, つばふき, てるなか, てればかなし, と, ななめな, にほひ, のこつて, ひつそりと, ほかには, ほめき, まわりに, やうに, やすら, ゆらめくかげ, ゆれる陽, ような, カンカン照る, 上に, 下を, 中で, 中の, 余光が, 余映, 余波ある, 余波で, 余燼を, 作用で, 傾きそめた, 傾く空, 光かやの, 光さしも, 光で, 光でも, 光と, 光にか, 光は, 光りかな, 光りが, 光りでは, 光りの, 光りは, 光り人, 光レールには, 光線が, 光線の, 前に, 加減にて, 反射が, 反射した, 反射で, 反射を, 反映が, 反映に, 名残の, 名残りの, 名残を, 名残をと, 国の, 国は, 國は, 寂しい, 富士が, 富士を, 射して, 射し加減, 射す頃, 岡に, 平和の, 幹に, 弱い光, 当たった部分, 当たるさま, 当たる町, 当って, 当らぬ店, 影ぞかべに, 影と, 影とを, 影には, 影はや, 彼方へと, 掠めた川面, 斜めに, 方へ, 方を, 時から, 景を, 景色にも, 最も美しい, 机で, 村時雨, 梢に, 森に, 残って, 残りの, 残る枯尾花, 残る葭簀, 水路見る, 水面に, 沈まんと, 沈むあたり, 沈むころ, 沈むところ, 沈むの, 沈む時刻, 沈んだ森, 消え行く光, 消ゆる, 港と, 満ちた深い, 濱を, 烈しさ, 照りに, 照り映えた美しい, 照り返しを, 照る阪, 照ればかなし, 燃立つ, 田毎哉, 眞赤な, 空から, 空の, 空へ, 空を, 窓に, 美しきを, 美しさ, 色とともに, 色に, 色の, 色も, 色染めたる, 若葉などという, 落ちかかろう, 薄き光, 行衛さへ, 街に, 西の, 豪奢や, 輝いて, 輝くに, 輝くは, 輝く國, 輝く金, 道に, 道を, 野辺を, 長い影, 間から, 雲が, 音の, 頃が, 頃と, 高く懸かりたる, 黄ばんだ光りを

▼ 夕日~ (214, 20.7%)

4 くれに, 沈んで, 西の 3 さして, 当って

2 [12件] あかあかと, あたって, 一しきり夏, 傾いて, 光って, 射して, 岡は, 映って, 最後の, 照って, 窓から, 輝いて

1 [172件] あたつ, あたりを, いくらか凉, いちぢく, いっそう大きく紅く, いつぱい, いつもその, いま落つる, うつって, おだやかに, おちて, お母さまの, かかって, かっとさし, かっとてり, かっと差しこん, きらきら雲間, ぎらぎらと, くわつと, こんなに赤く, さしこんで, さしてあおじ, さしてきた, さしてはるか, さしてゐた, さしてヤンマ, さして三歩, さして灰白色, さして爽, さしと, さし込んで, さすころ, さすと, さびしく當, しづんで, じりじりと, すっかり家, それへ, だんだん山の端, ちょうど線路, ちらついて, てらして, はや寒々, はるか向いの, ぱッと, ぼうと, またあかるく, まだまったく沈ん, まだ暖かい, もう低く, もう沈ん, もう薄れ, カーテンの, キラキラ輝いた, パッと, ブゾンの, 一しきり明るく, 一ぱいさし込ん, 一種異様の, 一筋何かの, 一面に, 二階の, 今戦い, 低くさし込ん, 傾き, 入らない頃, 入り掛りますと, 入れますので, 其半面を, 前から, 力弱く, 原の, 向うの, 土蔵の, 城壁の, 墓石の, 大市街, 室を, 富士の, 寒く平野, 射す, 射そう, 少しづゝ, 山かげに, 山から, 山の, 岡と, 岡を, 島に, 左手の, 差して, 庭木の, 弱い光, 当たると, 当つて, 当るん, 斜に, 斜めに, 斜坑の, 斟酌も, 明るくそれ, 昔の, 映るけしき, 暑そう, 朝日ヶ峰に, 本郷台に, 本郷高台一円の, 校舎の, 棺を, 横に, 残って, 汀を, 沈みかけて, 沈み掛かって, 沈むの, 沈もうと, 沈んでから, 流す朱, 海へ, 消えて, 渺茫たる, 湖上の, 無遠慮に, 煌いた, 照す, 照りそれ, 照り路傍, 照り返して, 燃ゆる, 牛の, 物を, 町の, 画の, 當つてゐる, 目に, 真紅く, 真紅の, 真赤に, 砂金の, 空を, 紅に, 紅を, 絵の, 美しい, 美しかった, 美しく射渡っ, 背戸山の, 花の, 落ちた時分, 落ちるころ, 落ち赤い, 西に, 西を, 西向きの, 西空に, 赤, 赤くさしてる, 赤く刑場, 赤く反映, 赤く落ちる, 赤く雲, 赤し餌, 赫と, 転がりや, 遠い山, 都に, 金属か, 銀の, 障子に, 食べて, 高いさくら, 魚の

▼ 夕日~ (170, 16.4%)

5 映えて 4 輝いて 3 はえて, むかって, 光って, 手を, 照され, 照らされて

2 [11件] かがやいて, きほふしまらく, しのみならずそれ, はかに, 向かって, 向って, 影を, 林檎畑は, 照らふさざら波洗足, 照り輝き裏, 當れ

1 [121件] あかあかと, あこがれ西方, いろどられて, ういて, うかぶ日和佐湾, うしろ向い, うづく, かがやき黄色く, かがやく白帆, かがやく銘, かっきりと, くわと, けぶる愁, しまふ手当, そむいて, そむきわれひとり, そむき只, そめられた女良, つまされて, てかてかと, てらされ雲, なってから, はねか, ひらめきつ, ほひ, ほんのりと, まっかに, まっ青に, やや薔薇色, チレチレ, 一そう赤く, 仕舞ふ, 光つてゐた, 光つて火に, 光つて見えた, 光る, 光る若葉哉, 光る鍬, 光る障子, 友の, 向いて, 地平線の, 坐り泣く男, 塔が, 対ふわ, 尾花を, 当って, 彩られた街, 彩られて, 慌しい街路, 掻き回して, 明るく見え, 映えては, 映して, 映ずる彼, 映つた赤い, 映りたるも, 映りたる鍛冶, 映る光景, 時雨るる, 晃めくであろう, 更生れり, 染まりながら, 染まるたび, 染みたる空, 染められたま, 染められた構内, 染り花明り, 染んで, 栄えて, 浮び, 清の, 漲る海面, 焦かれながら, 焼けて, 照し, 照らされながら, 照らされる雪, 照らし出されて, 照りつけられるの, 照りは, 照りはえて, 照り付けられたの, 照り輝いて, 照映える, 燃えて, 牛の, 眩しそう, 眼眩, 笑はれたら, 紅く染め, 紅葉なす, 群れて, 聳って, 薄赤く, 赤い渚, 赤かった, 赤くいろどられ, 赤くかがやきました, 赤く染まっ, 赤く染まりはじめた, 赤褐色に, 赫い, 赫いた, 赭らめ膏汗の, 跪伏する, 輝いた, 輝いた海, 輝きて, 輝きながら, 輝きました, 輝くこの, 返ったよう, 釣つてやめよう, 釣垂れし, 長く川, 音を, 風が, 魅せられる, 鶴尖, 黄金の

▼ 夕日~ (119, 11.5%)

17 受けて 13 浴びて 5 あびて 4 帯びて 3 眺めて, 眺めながら 2 まともに, 振りか, 浴びながら, 渡る寺, 背に, 見つめて, 見て, 見ながら

1 [58件] うけた水, うけて, しばらく眺め, すかしみる, ながめて, わたる寺, 一杯に, 仰いで, 入れて, 半分背中に, 受くる, 受けた叡山, 受けた家並, 受けた山脈, 受けた帆, 受けた靨, 受けつ潜りつ甲, 受けない店, 受けない方, 受けながら, 受けぬ側, 受けぬ方, 受けるため, 受ける店, 受ける方, 吹いて, 帶びて明かに, 思い深く, 浴びた樹立, 浴びた深刻, 浴びた父, 浴びた部落, 浴びてまぶしさうにしてゐる姿が, 浴びる時, 浴び迷信, 浴び麓, 浴ぶる, 点ずること, 照りかへ, 照り返した水面, 眩しさうに, 眺めつつ, 眺めるなどは, 眺め荷車, 礼拝する, 窓ご, 背, 背負って, 脊に, 荷ふて, 見送った事, 見送りて, 負うて, 追って波, 追って行った, 配した句, 除けた袂, 黄金色に

▼ 夕日~ (83, 8.0%)

4 波に 2 もう裏手, 彼の, 落ちて

1 [73件] いつか遠い, かくれて, かげりいかにも, かしこ, かたむくにつれて, かっと植え込み, きょうも, この世にて, しだいに低く, そのなごり, てれり沖, どうも少しなまぐさい, まだ消えやらず, まだ紅く, もうまったく沈ん, もう沈ん, もう黄昏, マニラ海の, 一ぱいに, 一万三千五百五回ずつ, 丁度あたりの, 二階の, 低く惱まし, 何かの, 僅かに, 光る, 凡ての, 孤城を, 室内の, 寂しく二人, 寒し, 對岸にのみ, 山に, 山の上, 山腹から, 平素よりは, 幾たびか, 掛茶屋の, 既に低く, 昔大手の, 朱盆の, 松林の, 極楽の, 槍の, 樹梢を, 波に従って, 海の, 消えて, 物の, 物聞山の, 生血の, 穗から, 綺麗だった, 美う, 美しいもの, 美しくこれ, 腐った血, 蓮華岳の, 薄い雲, 西の, 言に, 赤かった, 赤く照り返し, 赤く見え, 足下に, 遠望をも, 部屋に, 部屋の, 重なり合った高い, 障子の, 隠れて, 隱れ, 雪を

▼ 夕日さす~ (8, 0.8%)

2 枯野が 1 時, 景色も, 浅茅が原の, 白琺瑯の, 遠の, 野に

▼ 夕日~ (7, 0.7%)

2 消えて 1 よくさし, よく照っ, 今に, 見られて, 静かに

▼ 夕日~ (6, 0.6%)

2 牛の, 霾らし澱む 1 燃ゆれ, 納屋も

▼ 夕日~ (5, 0.5%)

1 すら金銭, 燃えるよう, 窓から, 紫色に, 黄に

▼ 夕日さしそ~ (4, 0.4%)

4

▼ 夕日~ (4, 0.4%)

1 といえ, ともあろう, ともいわれる, の大きな

▼ 夕日~ (3, 0.3%)

2 水に 1 ぐろひ西雲は

▼ 夕日かげ~ (3, 0.3%)

1 かがやく色, かな, の残る

▼ 夕日から~ (3, 0.3%)

2 黄昏黄昏から 1 朝日の

▼ 夕日~ (3, 0.3%)

2 もりに 1 もりと

▼ 夕日~ (3, 0.3%)

1 かがやくまぶしい, なつて, 東京の

▼ 夕日はなやか~ (3, 0.3%)

21 に射し

▼ 夕日より~ (3, 0.3%)

3 朝日照る

▼ 夕日いつ~ (2, 0.2%)

1 ぱいに, ぱいにあたる冬なり

▼ 夕日さし~ (2, 0.2%)

2 うらがれぐさ

▼ 夕日さし入り~ (2, 0.2%)

2 流れたり

▼ 夕日てる~ (2, 0.2%)

2 雲見

▼ 夕日である~ (2, 0.2%)

1 か私, がその

▼ 夕日には~ (2, 0.2%)

1 ゆる黄葉, 大倭島根を

▼ 夕日明り~ (2, 0.2%)

2 や枯小竹

▼ 夕日此頃斜~ (2, 0.2%)

2 なる

▼ 夕日照り~ (2, 0.2%)

2 そふ

▼ 夕日舂く~ (2, 0.2%)

1 玻璃窓ちかく, 茅町の

▼1* [60件]

夕日あかあかと照りし, 夕日あかく馬の, 夕日うらてる紅葉かな, 夕日かたぶく窓の, 夕日かを受けて, 夕日さしかかる鎮みの雪を, 夕日させるも, 夕日さながら畫の, 夕日するかな, 夕日それとかかれ, 夕日ただよふ, 夕日づいた澄んだ声も, 夕日てりそふ, 夕日と共に落ち溜つた塵埃の, 夕日どこか遠く, 夕日なす浦細毛, 夕日ならばかべにさし, 夕日なんぞに赫い, 夕日にかへる枯草ぐる, 夕日に対する西向きの, 夕日赤き, 夕日までがその喜び, 夕日まばゆく窓に, 夕日まぶしい銅像を, 夕日やや薄れて, 夕日をさえぎつてくるだらう, 夕日をよけながら菩提寺へ, 夕日ヶ岡という, 夕日ヶ岳地蔵岳横根山などは雲間, 夕日三筋四筋梢には羅, 夕日傾く頃と, 夕日光ればしみじみ, 夕日無く舂き, 夕日受けたる屋根も, 夕日向うつらとどまり, 夕日天安川に流れ, 夕日宮戸座の看板, 夕日岳地蔵岳などの連脈, 夕日廻れば一, 夕日に差し, 夕日斜光が照り込む, 夕日朝日の直射, 夕日木梢に残り, 夕日沈時雲漸散, 夕日没直後のこと, 夕日波上に映射し, 夕日洩る木の間に, 夕日浴び立てる少女の, 夕日消えてけらず, 夕日照る枯山な, 夕日を流し, 夕日胡瓜の風, 夕日花やかに移ろひ, 夕日西に沈ん, 夕日詠めしかつ浦, 夕日赤し小犬しみらに, 夕日金色の色, 夕日高く北天に, 夕日黄いろく粉が, 夕日黄ばめり冬の