青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呼吸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

呼ばれる~ ~呼び 呼び~ ~呼ぶ 呼ぶ~ ~呼ん 呼ん~ ~呼んだ 呼んだ~ ~呼吸
呼吸~
~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命じた ~命令 命令~ 咄嗟~ 和~ 和尚~

「呼吸~」 4341, 43ppm, 2688位

▼ 呼吸~ (1450, 33.4%)

147 して 31 した 25 しながら 22 はずませて, 殺して 14 詰めて 13 するの, ついて 12 つめて, 吐いて 11 ついた, はかって, 切らして 10 吐いた 9 するたび, すると, 引いて 8 する, するよう, はずまして, 合わせて, 呑んで, 続けて 7 ころして, すること, つづけて, 凝らして, 呑んだ, 計って 6 きらして, きらしながら, ひいて, 弾ませて 5 とめて, のみこんで, はずませた, はずませながら, ひそめて, 喘ませ, 止めた, 荒くし, 詰めた 4 こらして, したり, する事, のんだ, 一つし, 呼吸し, 引き取って, 引取る, 止めて

3 [20件] かけて, してから, し出した, つきながら, はずませる, 停めた, 切って, 合せて, 吐きながら, 吐くと, 吹きかけて, 呑み込んで, 大きくし, 引いた, 引く, 楽に, 窺って, 詰めたが, 調えた, 調えて

2 [88件] いくたび, かけられたかの, かぞえて, きって, こらし身体, しずめて, したが, しても, しながらも, しました, するごと, するさ, するその, するため, するな, するのさ, するやう, する音, ついたので, つく間, つめた, とめた, のんで, はかりながら, ひきとった, ひきとって, ひそめた, ひそめるよう, もって, やすめて, やって, やつて, 一つに, 入れて, 凝した, 凝して, 切った, 切らしながら, 切らせて, 合わせるよう, 吐けば, 吸い込むと, 吹いた, 吹いて, 吹返し, 呑む, 呑んだが, 喘がせて, 喘ませた, 始めた, 封じて, 引きとった, 引きとりました, 引くよう, 弾ませながら, 心得て, 必死と, 感じその, 感じること, 感ずること, 押えて, 揃へて, 敢て, 整えながら, 施して, 機ませ, 止めること, 深くし, 深くした, 測って, 知つた, 絶って, 耳に, 聞いた, 聞いて, 腹の, 自分で, 荒くした, 見て, 見はから, 見はからって, 見苦しいもの, 計つて, 試みた, 試み注射, 調べて, 遣り出す, 静めながら

1 [638件 抜粋] あえてし, あわせて, うかがった, うけ継ぐよう, えて, おしかくして, お聞き下さい, かぞえたり, かぞえること, かぞえるにつれて, きく, きらせた, きるよう, ぐっとつめ, ぐっととめた, こらしながら, こらすと, させる楽し, させ初め, さまたげる甲状腺膨脹, しかけた, しそして, したの, したばかり, した事, した其一点, した時, しだして, しては, してる, してるところ, しどこひとつ, しない, しないで, しない練習, しなかつたら出血, しなくなったの, しなくなって, しのんで, しはじめる, しぼんやり, しません, しやう, しようと, しようとして, しらべた, し乍ら, し合って, し声, し寒冷, し手, し続けて, し血ばしった眼, し音声, し食物, じっとこちら, じっとみ, すっかり太, すつかり呑み込んでしまつて, すひこむ, するかゆい, するが, するくしゃみ, するさえ, するとき, するので, するはず, するはずみ, するものさ, するや, するよりも, するアンバイ, する内, する女, する度, する弾力性, する芸術, する間, する鼻, すれば, せかせかさせ, せきながら, せぬ様, せぬ者, せは, せられる, せんでも, そのまま結句, その美しい, そろえて, たしかめやがて, だんだんと, つ, ついたくらい, ついた処, ついた北条左内, ついだ時, つかずに, つかせて, つかむこと, つきし時, つきつき登つて, つき合って, つぎつぎなつかし, つく, つくか, つくこと, つくだけ, つくの, つくもの, つくよう, つく程, つづけた, つづけながら, つづけました, つづけること, つづけるであらう, つないで, つまらせからだ, つまらせて, つまらせなに, つまらせに, つまらせ皮膚, つめた笑い声, つめるよう, ととのえそれ, ととのえて, ととのえわき眼, ととのえ一心に, ととのえ構えた太刀, とめたくら, とめられて, とめ耳, なさること, なさるので, なして, なだめて, のみうごきを, のみこんでから, のみ込んだ, のむよう, はいた, はかりあう, はかりあう状, はかり満身, はかるん, はきだした, はじむるや, はずませその, はずませました, はずませるばかり, はずませ拝みたそう, はずませ肩, ば探りいれだした, ひきとりたいと, ひきとりつつ, ひそませて, ひそめたが, ふきかえして, ふきかけた如くそして, ふきかけて, ふき甦した, ふさいだ, ふさいで, ふっと吐い, ふーッ, ぷうとふく, ほどこし日夜水, ほどこすの, みて, もった游衍, やすめた, やすめるよりも, やめて, やりなせい, ゆったりと, よく取っ, よく呑, よく呑み込ん, よく心得, よっく心得て, よび, ガラスに, ハッと, ハッハッと, フッと, ボアの, 一度落す, 不愉快に, 与平に, 丹田の, 二三度する, 人に, 仕始めたこと, 体得すべき, 促が, 保たざるべからず, 保ち得ない, 停めたところ, 停めて, 停め相果, 充分注意し, 入れると, 入れ再び, 入れ頬杖, 具えて, 内に, 内儀さんは, 写したと, 凝らした, 凝らしながら, 凝らし呼吸, 切つても, 切りながら, 切迫させ, 刻んで, 反覆した, 取りしゃがんだよう, 取りもどし再び, 取り戻して, 合して, 合せたくなる, 合せる一種, 合わせたよう, 合わせた気勢, 合わせながら, 合わせる程度, 吐いた参右衛門, 吐いた様子, 吐きかけて, 吐きかけ吐きかけ念入り, 吐きだして, 吐きちらしながら, 吐き出さないから, 吐き出しながら, 吐き行商人, 吐くやう, 吐くトタン, 吐く状, 吐け, 吐けるという, 向うへ, 向ふ, 吸い込んだ, 吸い込んでから, 吸うと, 吸ったかと, 吸ひ込み, 吸ひ込む, 吹いた面, 吹かしったわ, 吹きかえしたが, 吹きかけないと, 吹きこむところ, 吹きこむ口紙, 吹きこむ方, 吹き返した, 吹き返した時, 吹き返して, 吹き返しました, 吹き返し多門, 吹く, 吹くよう, 吹懸けられます, 吹掛けるも, 吹返さんと, 吹返す, 呑みこんで, 呑みたるも, 呑みました, 呑み再び, 呑み勘助, 呑み思わず, 呑み潜んで, 呑み込んだ上, 呑込ん, 呑込んで, 呑込んでの, 呼吸した, 唇を, 喘いだ, 回復し, 図りながら, 圧しかぶせて, 圧しました, 圧へながら, 塞いだ, 塞ぐん, 塞ぐ噴煙, 大きくする, 大きく肩, 大地に, 奪って, 奪はれ, 奪われて, 如実に, 妨げた, 妨げられるよう, 妨げるの, 始めその, 始めた時, 始めて, 始めました, 始め惑乱, 存分に, 学んだと, 実に見事, 少しずつ, 少し整えよう, 少し楽, 幾つか, 幾度も, 引いたはずみ, 引いた自然, 引きと, 引きとったばかりの, 引きとらうと, 引きとりましたの, 引きとろうと, 引き取った, 引き取ったこの, 引き取つた, 引き取つてしまつたの, 引き取りそう, 引き取ると, 引き取る時, 引き取る様子, 引取った, 引取つたのは, 引取つた千登世の, 引取ました, 引取りますだ, 強くし, 弾ませ暫く, 彼は, 彼女の, 忍ばせた, 忍ばせて, 忘れないで, 恢復させ, 恢復した, 意識する, 愕っと, 感じさせる, 感じた, 感じたの, 感じた時, 感じながらも, 感じるだけ, 感じるであらう, 抑え傲然, 抑制し, 抜いて, 押しつけるよう, 掛けた, 掴みました, 揃えて, 改めたせつなに, 教わりながら, 数えて, 数えながら, 数へて, 数多くしなけれ, 整えた, 整えつつ, 整へて, 數へる, 文章に, 断続させ, 施したけれど, 施しましたが, 施しますと, 施せ, 早めるといふ, 明らかに, 最も親密, 朝霧の, 束縛する, 極めて平調, 止たる, 止めしにや, 止めた静けさ, 止められたの, 止められるから, 止める, 止めると, 止めんばかり, 殺した, 殺した後, 殺した組紐, 殺し土手, 殺し聞き惚れるの, 殺ろして, 殺ろし眼, 気持よく, 波打たせる相手, 活かすこと, 浪に, 消して, 深く深くゆるやか, 測つて, 満たして, 漂はせ, 潜めた藤吉, 為ずに, 燈に, 猶する, 現代に, 疲らして, 皮膚に, 真似ること, 知つて居る, 知るの, 矯めて, 示しながら, 秘かに, 突崩す, 窒められた, 窺つて身を, 第二句, 納めて, 絶やす時, 継いだ, 続けた, 続けてるのみ, 続ける, 続けるに, 続け微弱, 締めつけた, 練り気, 續けて, 續けながら, 續ける, 聞かずに, 聞き合った, 聞き月, 聞き瞼, 聞く思ひが, 聞た, 胸で, 胸に, 自由に, 自覚し, 苦しくし, 苦しそう, 苦しんで, 荒くする, 落ち着けしっかり, 落葉の, 行ったの, 補い非常, 要するであろう, 見ても, 見て取った武士, 見て取って, 見まわした, 見ること, 見ると, 見るの, 覚えた連中, 計った, 計らんで, 計りソロリソロリ, 計る彼, 試みたが, 試みて, 詰めた群集, 詰めた途端, 詰めると, 詰めるよう, 説明し, 誰よりも, 調えたが, 調え調えながら, 費やした, 身に, 身近かに, 返して, 迫らせて, 送って, 逆に, 通は, 通わせます, 速くし, 運んで, 遠く超え, 重んずること, 量りて, 鎮めて, 鎮めも, 階段で, 面に, 頬に, 飲み込むには, 飲み込んだから, 飲むの, 首ばかり, 體得すべき, 魘え, 鼻で

▼ 呼吸~ (618, 14.2%)

8 苦しくなった 7 はずんで 6 苦しくなり 5 切れて, 私の, 絶えて 4 つまりそう, つまるよう, 合って 3 ある, つまって, 乱れて, 出来ない, 切れそう, 楽に, 苦しくなる, 詰まりそう, 通って

2 [49件] あぶくの, あるので, あるよう, きれぎれになつてしまつた, きれて, して, せわしくなっ, つまる, できなくて, とまるかと, ぴったり合っ, 一つの, 乱れ眼, 信一郎の, 僕の, 出来るの, 切れさうに, 切迫し, 合は, 合ふ, 困難な, 困難に, 塞り, 夜の, 妨げられると, 急に, 止って, 止まって, 止まりそう, 絶えた, 美奈子の, 聞えた, 聞えて, 苦しい, 苦しいの, 苦しくな, 苦しくなっ, 苦しくなつ, 苦しそう, 荒くなり, 荒くなります, 詰まる, 詰まるやう, 詰まるよう, 詰るよう, 迫るので, 逸む, 静かに, 静まるの

1 [445件] あったが, あったくらいの, あったと, あったの, あって, あつたくら, あつて, ありそう, あり得ないこと, あり決して, あるうち, あるから, あるだけ, あるだけの, あるの, あるやう, いい, いきなり半平, いくらか早く, いつの間にか寒い, いはれも, いまにも, いる, うしろ頸や, うすく靄, うまいの, うまく合わない, おかしい, おとろえて, おのづか, お前さんのは, お苦しゅう, かかって, かかるの, かたまって, かなり困難, からだの, きこえるの, きれぎれ, きれた, ここまで, こちらからも, このまま, この市日, この錦絵, この静か, こまかく顔, こもって, さも耐えられない, したくて, しだいに荒く, しばらくとまらなかった, すこしで, せまって, せまり素人, せまるよう, せわしくて, せわしくなり出した, それに, たいへん楽, たえて, だんだん, だんだんと, だんだん苦しく, だんだん荒く, だんだん迫っ, ちっとも生き, ちゃんとしない, ちよつと, つけたわけ, つけないの, つづいて, つづかなかったから, つづくから, つまった, つまったという, つまったよう, つまつて, つまりかけたせつな, つまりさ, つまりさうに, つまるほどの, つまるん, つよい衝動, できた, できないから, できないくら, できないくらいに, できないでは, できないよう, できない苦しい苦しい, できなかつた, できなくなりそう, できなくなる, できなければ, できませんが, できるよ, できんもん, ととのわん, とまった, とまったんで, とまって, とまってたが, とまり波, とまり脈, とまるほど, どうしても出来なかった, ない, なかなかむずかしい, なかなかむつかしい, なく, なくなって, なるべく自由, にわかにずしりと, のみこめた時分, はげしくなり出した, はげしくなる, はずみ坂, はずみ足, はずみ関節, はずむ, はずむから, はずむの, はっきりと, ばったりやむ, ひどい鼻息, ぴたりと, ぴつたりと合は, ふわふわと, ふッ, まことに板, まだあった, まだ通った, みな発句に, むつと, やや疲れ, よくお, よく合っ, わかった, わからない, わからないから, わかります, わかりますので, わかろうはず, わしの, クロロフォム臭く, スウスウ聞こえる, スックリ違う, ハズんで, ピストンの, ミジンも, 一つあっ, 一つ伝わる, 一瞬と, 一瞬とまっ, 三分の一量ぐらいしか, 上の, 上体の, 不気味で, 主水, 久助君の, 乱れては, 乱れる, 亂れ, 五ツ六ツしたかった, 交されはや, 人間なる, 他の, 休んだの, 会得されたらしかった, 伝わって, 伴って, 何事かを, 余の, 促迫しはじめた, 俄に, 停まりそう, 停まる, 停りそう, 停るほど, 充分でなくなり, 全く絶える, 全然違う, 全躰, 六かしくて, 其羽なりに, 内在する, 冷たくふれ, 出ず何となく, 出て, 出なかったの, 出なくなりました, 出来ないから, 出来ないくらい, 出来ないという, 出来ないほど, 出来なかった, 出来なくなったり, 出来なくなろう, 出来るよう, 出来ん, 分からないから, 分つたから, 分らんでナ, 切ないので, 切れるか, 切れるの, 切れるよう, 切れる様子, 切れ目, 切迫した, 割れた笛, 又も, 又一しきり, 合うの, 合して, 合った, 合ったと, 合ってるね, 合つてゐた, 合ひますまい, 合ふと, 合わなくなったらしい, 合わぬ, 合わねば, 合致し, 合過ぎ, 吐きたい助け船, 呑み込めずし, 呑み込めないの, 唄と, 喉で, 喉に, 喉を, 喘いで, 喘ぐよう, 喘んで, 四十二あった, 困難しい, 困難だった, 困難である, 堪らなく臭い, 塞がりそう, 塞っては, 塞る, 声の, 変り従って, 大事ぢや, 大分苦しく, 如何にも穏, 如何にも苦しい, 妾の, 始まつたので, 実によく合っ, 家じゅうに, 寒気の, 寝入った様, 小さな鼻, 少しばかり, 少しハズん, 少し呑, 少し昂い, 少し疾くなる, 少し迫つて, 少し違う, 少し静か, 崩れたの, 巧な, 帰って, 幾分早く, 強くとも, 強くなる, 強く顔, 弾んで, 当り前に, 心臓の, 必要に, 忙しくなっ, 忙しくなり, 忙しくなる, 悪魔の, 愈々苦し, 愉しかった, 感じられた, 感じられて, 感じられ肌身, 感ぜられた, 感ぜられるころ, 感ぜられ坂本, 或る, 掛らなけりゃア村, 掴めて, 揃うと, 揃ったから, 揃わなかった上, 支えたよう, 散文程に, 文章の, 断れようとして, 日増に, 早いが, 早くなり, 早くなる, 東京の, 次第にせまっ, 止ったかと, 止ったよう, 止った苦し, 止つ, 止つてし, 止まったの, 止まってるじゃ, 止まりそのまま, 止まり冷たい, 止まるかと, 止りかけて, 止りさうに, 止るぞ, 殆ん, 残って, 段々と, 段々間遠, 段々静ま, 気に, 気味悪い, 波の, 波動する, 泥舟を, 洩れて, 浅く始まる, 深く大きくなった, 減じる, 漏れると, 激しくなっ, 為に, 烈しく肩, 無くなって, 生命である, 発奮む, 短くなっ, 石炭の, 破れたとえば, 磯の, 秘めやかに, 稀薄に, 空に, 第二句, 絞め上げられるよう, 絶えた様子, 絶えでも, 絶えないので, 絶えはてた, 絶えました, 絶えるであろう, 絶えると, 絶えるまで, 絶え入るまで, 続かなくなって, 続かぬから, 続けられる仕組み, 續か, 考え出された, 聞えそれ, 聞えだしたので, 聞えるの, 聞えるのみ, 聞え私, 聞こえる, 肝心で, 肩で, 胸を, 臭くては, 苦しいか, 苦しいとかで, 苦しいので, 苦しいほど, 苦しうて, 苦しくて, 苦しく全然, 苦しく口, 苦しく大声, 苦しく感じられる, 苦しく死に, 荒々しくなっ, 荒くなっ, 荒くなる, 荒く陸, 萌え立つて, 落ち付くと, 蒲団に, 蒼空の, 襲って, 襲ふ, 要った, 見てるうち, 解せられようはず, 計らず出たので, 証明し, 詰まって, 詰まり昆布茶, 詰りさ, 詰るこれ, 詰るやう, 調節せられる, 足らないドタン, 身に, 軽く小鼻, 近くで, 迫って, 迫つて參り, 迫り声, 迫り眼, 迫るよう, 通うよう, 通うらしくそして, 通ずるが, 通つて微妙な, 通ふかと, 速くなった, 速く荒くなっ, 逢ふ, 逸んだ, 逸んで, 逸んで來, 逸んで歩き, 逼った, 逼つた, 逼迫し, 違うよう, 違ひます, 酷く勢急, 重苦しい, 金属からも, 鎮まりかけると, 鎮まるには, 隠, 難しい, 雫と, 静まるまでには, 非常に, 領主の, 頬に, 騒がないし, 高まって, 高度の

▼ 呼吸~ (377, 8.7%)

13 音が 10 ために 8 根を 7 中に 6 度に, 音を 5 下から, 下で 4 つまるやう, つまるよう, やうに, ような, 数が 3 あるもの, ある人間, ように, 具合は, 合は, 根の, 裡に, 音さえ, 音も

2 [22件] あるうち, ある限り, うちに, つまりそう, 一致を, 下に, 中で, 乱れも, 匂が, 数も, 止るよう, 法を, 波を, 為めに, 通って, 逼迫を, 間から, 間に, 面白さ, 音の, 香に, 香りを

1 [226件] ありたけ, あるの, あるは, ある事, ある二人, ある内, ある内一目逢ひたい, ある屍骸, ある泥人形, ある病馬, あわない, うちで, うまい他, うまみが, おいやり方, おもしろさ, おもしろみ, かかったという, かぎり唸りを, かすかに, きれかかつた彼, きれる最後, しずまるまで, したから, しるしで, しッ, する窓, せまれる故, その見事さ, そろって, たしかさは, たびごとに, たびに, ためでも, つ, つけるところ, つけるどこ, つづいたの, つまったよう, つまらぬやう, つまるほど, できる人間, できる生活, ところが, とまりそう, とまるまで, とまる瞬間, ない又, なべてこそ, はあはあいう, はずみも, はずみ容易ならぬ, はづむ気合, ひびきも, ひまも, ふか, まま目を, むずかしいところ, もれるの, もれる気配, ゆくところ, よさ, をののく, メリハリを, 一つも, 一回の, 一致話しぶりや, 下にて, 下より, 不整調, 世話しきにも, 中でも, 中心それは, 中途で, 乱れや, 亂れ, 仕方が, 仕方だった, 仕方を, 仕方等を, 会得の, 修業を, 具合を, 内外に, 出し入れによって, 出入も, 出来たの, 切れた作家, 切れようと, 切れるちよ, 切れる声, 切れ目切れ目に, 切迫し, 切迫を, 加減で, 勇気を, 動きである, 合い兼ねるもの, 合った潜水船, 合った粋人同志, 合った賜物, 合って, 合つてゐない, 合ふ, 合わない事, 問題である, 喘ぎが, 困難と, 困難に, 困難を, 困難をも, 塞った, 外は, 大切な, 大部分, 如き避, 如く甘く, 安から, 害, 嵐の, 平調が, 度ごとに, 強そう, 弾み上って, 後, 後に, 後再び, 必要な, 必要は, 急きこん, 急激なる, 息んで, 意識が, 抑制は, 支度を, 数で, 数に, 方が, 方を, 早口に, 曇は, 有無さえ, 有無さへ, 未だ絶え果てぬ, 根, 根が, 根は, 根も, 機微に, 止まるやう, 止まるよう, 気また, 気勢を, 気合が, 深くされない, 深浅遅速を, 渦巻の, 温もりを, 激しさ, 無い屍体, 熱さ, 爲めに, 産物である, 用を, 男を, 留るが, 痕と, 相違で, 瞬間ちょっと, 立ちこもつたその, 約十八, 紊れ, 結果この, 絶えたの, 絶えるよう, 続くだけ, 続くところ, 続く処, 緩急によって, 義, 聞こゆる, 自由を, 自由思考の, 臭を, 苦しいの, 苦しい一瞬間, 苦しい様, 苦しい間, 苦しくなる, 苦しげ, 苦しさ, 苦痛を, 荒々しさ, 蛇の, 蜜よりも, 行動物を, 触れ合ふ, 詰まるよう, 調べが, 調子さえ, 調子の, 調節を, 起伏を, 辛辣さ武道以外の, 途を, 通つた言葉である, 通ふ, 逼塞を, 逼迫凍傷の, 選手の, 鋭どい, 間も, 隙を, 隙間を, 際に, 音だ, 音で, 音と, 音は, 音まで, 音熱い, 響が, 響き幽, 響き幽かに, 響ばかりを, 風が

▼ 呼吸~ (241, 5.6%)

53 ている 26 てゐる 14 ていた 6 てゐた 4 てゐない, て生き 3 たり, て, て居る, て来た 2 つつある, ています, てゐ, て最後, にくくは

1 [112件] がたいその, すぐよかな, そして濃霧, その時代, たりした, たり青空, つつそして, つつその, つつ三人, つつ形象, つつ柳, つつ穏当, てい, ていない, ていました, ていられない, てからなのった, てから更に, てきた, てさる, てしまふ, てその, てどっか, てはばからない, てみた, ても寸毫, ても私, てゆく, てゐたら, てゐます, て一輪, て万物, て全体, て内臓, て前進, て合一, て向直, て居た, て居られる, て山中, て左膳, て幸福, て散歩, て文三, て暫時自分, て気, て水, て漸く, て生きた, て生ける, て生存, て生活, て真弓, て眼, て細徑, て続く, て美しい, て職業, て育つ, て自分, て草, て見る, て雑音, て面, て食事, ながら, ながらレントゲン室, ながら一歩一歩, ながら両手, ながら大, ながら女, ながら家, ながら未来永劫, ながら格別, ながら立っ, ながら胸, ながら膨れ, ながら静か, はるかに, またそれ, また藤原氏, ものの, より浄, 乍らや, 乍ら岩石の, 乍ら額に, 人生を, 共に, 初めた, 勝手に, 同じ床, 同じ習慣, 安心と, 幾萬とも, 従来食いなれた, 思索する, 怪物の, 我は, 手足を, 新傾向, 淋しい孤独, 生命は, 生育し, 生長し, 眺め暮し, 瞬きさえ, 脈管の, 自動車は, 行動する, 體驗を, 高きに, RADIOの

▼ 呼吸~ (213, 4.9%)

8 つかずに 5 して 4 しないで, せずに, 絶, 絶え絶えに 3 あり体温, 困難に 2 たえだえ, つかないで, できない, ないよう, 何も, 吐けない中, 思念も, 絶えたらしい新, 脈搏も, 苦しげ

1 [158件] あいハデ, あらくなっ, あらく顔色, ありや, ある, おだやかに, かかって, かすかだった, かすかに, きかないかも, くるしい, くるしく, くるしく洋, こころし, したくない, しっかりし, しないよう, しなかった, しなければ, し痛み, すっかり絶え, すりゃ飯, するな, すれば, せず生きて, せぬくらいの, たえだえな一とき, だんだん苦しく, ちっとも困難, つかず見くらべて, つかせず三刀四刀さし, つかれずもの, つけないくらい, つけないわ, つけなかった, つまりさ, つまりそう, つまるであらうなどと, できないくらい, できないほどの, できなかった, できなかった実際すでに, できなくなるし, できぬくらいに, できぬよう, できねえの, とまり断末魔, とまるかと, とまる思い, とまれと, ないほど, なく長々, なされずお, のみ込みて, はずまない, ひきとめまた, ぴったり合う, ふさがらんばかりに, ふだんの, ほッ, ぼくの, まだはずむ, もうない, やっと慣れた, ややせわしく, やや平調, よくなり, 停って, 全身で, 出来ざるを, 出来ず二度, 出来ないよう, 出来ぬ位, 切らして, 切れ易かっ, 可成り整っ, 合い私, 同じく不整, 吐かず, 吐かず続けざま, 吐かず静まりかえって, 吐かせぬ三番切り, 吐けずに, 吐けないで, 吐けない素早, 吐けやしない, 呑込んで, 喘, 圧迫されど, 塞がるほど, 塞るべく感じた, 増して, 変調を, 大変穏かに, 太刀さばきも, 奄々と, 寝んだ, 平常に, 平常通りに, 引かず早瀬, 引く呼吸, 強く出る, 彼女の, 心得て, 忘れて, 忘れるほど, 忙しくなっ, 思わずはたと, 思想も, 教えられた, 敵の, 樂で, 次第に細っ, 次第に静, 止つた, 止まって, 止まりさ, 止まりそう, 正しくしっかりと, 水際立って, 浅いながら, 消えて, 白くもや, 白く見えた, 知つてゐる, 穏かな, 穏かに, 絶えたよう, 絶えて, 絶えなむ, 絶えなん, 絶え果て, 絶げに, 絶ゆげな, 絶ゆげに, 聞えるかと, 聞えるだろう程, 聞きとれそう, 苦しかった, 荒い, 荒く, 荒くなり, 落附き, 見て, 詰りわが, 詰るよう, 足も, 身に, 迫りぬと, 通うの, 通わず脈, 逼り, 防禦の, 静かである, 静かでした, 静かに, 馬の, 黒くなる

▼ 呼吸~ (188, 4.3%)

4 絶えて 3 ますます苦しく 2 して, ときに, なかった, 促迫し, 咽んで, 最も狂つて, 荒々しくその, 迫って, 静かだった

1 [163件] あえて荒から, あったの, あまりにも, あらくなっ, ある, いつの間にかひっそりと, うまくいっ, おそろしく深く, お浦, かなり切迫, くるしい, これまた, ござりましょう, さらに早く, しばし奪われました, しばし息, すでにかかっ, すでに肺, せわしくなり, そのまま安芸, その声, たいそういい, たいへんらく, たしかな, ただこの, ただ大きく, だんだん平ら, だんだん長く, ちゃんと心得, つまる, できるし, とまりました, とまり船具, どうしても滾, どうやる, どこへ, どんなに深い, なおいっそう, なかなか生, にわかにとまっ, はずんで, はっきりと, ふだんと, ますます烈しく, ますます苦し, みな今見る, むせるほど, もう苦しく, わしの, 一度に, 一息ごとに, 一息毎に, 万事おまかせします, 三たびぞ, 三十二, 世間並の, 乱れ全身, 今絶える, 元に, 出来るから, 切れて, 切れるという, 利いて, 剣術に, 十分だ, 口では, 可成り, 合って, 合わぬながら, 同じだ, 吐き出され汗, 吹き返しまして, 味へ, 呼吸を, 喉頭部の, 喘いで, 喘み, 四十でした, 困難と, 堯の, 大きく肩, 大分樂に, 奪はれ, 奪われたり, 如何に, 安らかに, 平八を, 弛んだ調子, 弾んで, 徐々と, 微かに, 微弱である, 微弱に, 心得たもの, 急に, 愈よ, 手に, 拍子を, 普段は, 普通に, 朝の, 楽である, 機ませ, 次第に荒く, 止まり四肢, 止まり肋骨, 止まるであろう, 止るであろう, 正しく長く, 正に止まっ, 武蔵の, 武藏と, 歩調と共に, 毒を, 毛皮に, 気味悪いほど, 浅く短くそれ, 漸く乱れ, 火焔の, 烈しくなり, 無奇, 熱を, 発動機船の, 直ちに天地, 眼に, 短かく, 短くて, 短く不規則, 短く切迫, 確かだった, 空気と, 空気中から, 絶えずと, 絶えたの, 絶えたらしい, 絶えましたから, 絶えました様子, 肋骨の, 肩に, 腹の, 自づと, 自分でも, 苦しい, 苦しさ, 苦しそう, 荒くなっ, 荒くはずん, 荒く顔, 荒れたまに, 落ちつきその, 薄紫の, 触れば, 言い知れぬ悲壮, 詩人に, 軽く葉子, 迫つてゐた, 通って, 通わないもの, 間歇的に, 霰の, 静かだ, 飢ゑたるもののやうにいつも, 高まりまた

▼ 呼吸する~ (155, 3.6%)

12 ことが 6 ことの 4 ことを 3 のは, やうに, ように

2 [12件] ことによって, ことは, ごとに, たびに, のも, のを, ものだ, ものは, 事も, 空気が, 空気を, 草の

1 [100件] かしない, かの二郎, からおのずからああ, ことだけでも, ことに, ことも, こと迄, さへに, すべての, ために, ための, だけという風通し, だけなら, といふ, ところの, とすぐ, とは, ともう, ともこの, と云う, と足どり, にいそがしい, には一つ, には自分, に便, に堪えられる, に慣れたる, に苦しい, のだ, ので, のであつ, のと, の力, ばかりに気息, ものが, ものによる, ものの, も苦し, やうで, ようすすりなき, よりほか, よりも山, を覺, 一個人の, 一年余りにて, 世界征服感を, 事が, 事だけは, 事に, 事を, 人の, 人間とは, 他人を, 余地が, 前に, 力も, 動物の, 口から, 同じき都, 商品の, 器械, 大気も, 小鳥の, 度毎に, 彼女は, 必要を, 息で, 意味に, 抑揚感, 日本に, 時にね, 時の, 時明かる, 歴史的感性的人間であり, 環境に対して, 生活人の, 白大理石の, 程の, 種々な, 空気さえ, 空気で, 空気であり, 空気に, 空気の, 空気は, 空氣さへ, 空氣の, 群, 肺を, 自由を, 都会人種である, 間に, 隙も, 雰囲気である, 雰囲気中に, 雰圍氣の, 鞴で, 音が, 響毎に, 風俗の

▼ 呼吸~ (118, 2.7%)

2 なったり, 生きて

1 [114件] ああいう, あきたらず誰, あらわれた, ある, あると, あるといっただけ, あるの, うける圧迫, うち震ふ肩, おしえられるところ, かえって, かけられた, かなふ, さしつかえない, さわるほど, して, その芸, つかれる, なくては, ならつたもの, なり小さな, なる, ぴたりと, ぴつたりと合つてゐた, ふれた, むっと獣, 一年と, 世を, 乾いて, 五百ポンドの, 交じって, 交じり来る苦痛, 交つてクラリモンドの, 伴れ, 全身を, 共鳴する, 凝然と, 力が, 動いて, 動く鼻翼, 包まれて, 吸込んだかと, 呑み干し, 呑干しつ, 呟く聲, 喋って, 喘いで, 噎せて, 在る, 坩を, 壓迫を, 変って, 寸分の, 少しの, 少しも, 引いて, 引き入れた, 引込む, 徐々に後れつ, 必要な, 快いやう, 惱まさる, 慌しい, 成功した, 戻って, 拠つて歌つてゐる, 接して, 損な, 時々喘い, 村の, 次の, 毒を, 気力を, 氣分を, 油壺を, 波打ち声, 波打つてでも, 流れ飛ぶ, 混じって, 畫き下された, 直接する, 砕かれた楽器, 籠る激しい, 素早く乗り, 縊り殺そう, 耳を, 肉感的な, 胸を, 自分までが, 見えた, 見えた打ち顫, 見えて, 触るるを, 触れるよう, 言へる, 身体に, 逃げる, 通ひ, 連れて, 違いは, 違ひない, 適する一種, 革新した, 飛んで, 飛翔する, 飮み, 飲み干して, 飲む, 飲んで, 驅られ飛ぶ如く, 驚ろかされない, 鬚を, 魂を, 鳴るの

▼ 呼吸~ (77, 1.8%)

2 さあ五里, その呼吸, その硝子, もって, 向うの, 変ずるわ, 波打つて

1 [63件] あたりの, あつた, あらう, いう, いった, いるよう, おおらかに, かの小さき怪しい, この道庵, その夜, それでも母子とも, どこを, はかれる, ひき上げられて, むくむくと, むれたやう, やつて, やらしたいから, やるべきもの, やるもの, わかりやすい, コトンコトンと, サッパリ張合いが, スイと, ヒョイと, 使われた酸素, 充ちて, 剃刀で, 吹き分けられたやう, 吹き飛ばす, 大きな手, 実に不思議, 山波の, 峠を, 急に, 悠々と, 手も, 抜いて, 支配人が, 斬るん, 来られては, 松の, 松の木に, 梯子は, 泣いて, 濕つた草を, 点れそう, 燃え上るところ, 物を, 生きて, 生き返らそう, 白く曇り出し, 知れる添水, 行くから, 行くの, 計ろうと, 迫る, 逃げ出した, 金を, 闇太郎を, 霧の, 養われて, 黒白の

▼ 呼吸~ (62, 1.4%)

4 の病気 2 が弱かっ, に故障, を傷, を冒され, を掛け

1 [48件] あり呼吸器, から肺病, か消化器, がわるい, が胎内, だろう, であつ, でした, でもが悪い, でも悪, とかいうもの, になつ, になりかかった, に圧迫, に微恙, に毒, に異状, に関する専門家, に非, の中, の変調, の外, の専門, の弱, の患者, の悪, の方, の疾患, の病, の病氣, の障り, の障害, はなんとも, もいい, も弱かっ, も肺病, も虐使, をわるく, を作っ, を侵され, を害した, を害しました, を悪く, を扱っ, を日に日に, を犯され, を痛めた, を聴診

▼ 呼吸~ (52, 1.2%)

2 喘鳴を, 音楽の

1 [48件] いつしよ, かけ声が, その衣ざはりのかすかな響, のろい運動, ひそめた声, ひー, ぴつたりとりずむをあはせ, まざりあって, 一処に, 人間の, 作品の, 力の, 動悸とが, 十分な, 合った, 同じ調子, 同時にその, 呼吸との, 呼吸の, 呼吸眼配り, 声の, 外界と, 弾力とを, 心臓が, 心臓と, 殺気とに, 毛髪と, 気が, 混り合っ, 燃える眼, 相似, 私の, 称して, 結び附けられ乃至, 胸の, 興奮に, 苦痛と, 血の, 血液の, 表情とを, 調子を, 距離とを, 身だしなみの, 重大なる, 闇に, 雷の, 霊感された, 響音と

▼ 呼吸困難~ (43, 1.0%)

2 である, に陥り, に陥る, を感じ

1 [35件] が彼女, が折々, と倦怠, と視る, にうんうん, におちいっ, におちいつた, になっ, になったら, になり, になる, にもがき, に何分間, に先, に身, に近い苦しい, に陥っ, に陥らなけれ, に陥ります, に陥れる, の中, の体験, の度, の有無, の発作, は稍, または窒息, も全く, やのため, をつげ, を感じさせる, を感じはじめる, を覚え, を訴えられ, を起させる

▼ 呼吸づかい~ (31, 0.7%)

2 が荒く, をし

1 [27件] から正しく, があった, があらく, がきこえ, がすぐ, がせわしかっ, がただごと, がちゃんと, がまだ, が動き, が感じられる, が荒い, さえ感じ, と早口, に連れ, の若, はここ, は苦し, は荒く, も切な, をしました, をなすっ, を感じず, を私, 提灯の, 番頭は, 疲果てた

▼ 呼吸した~ (22, 0.5%)

2 ことの, だけで

1 [18件] あとの, が, ことは, それからかれ, ために, とおもう, のだ, ものなれ, やうな, 人で, 健康に, 彼女等が, 時であった, 時の, 時自分は, 空気に, 空気は, 雪山の

▼ 呼吸さえ~ (17, 0.4%)

1 [17件] お苦し, させず吹きか, して, しないよう, せぬの, せぬようこれ, つけないって, はずみ腕, 充ちて, 困難である, 心得て, 忍ぶよう, 思うよう, 窒る, 聞えなかった, 飲み込むと, 高うは

▼ 呼吸~ (15, 0.3%)

2 路は

1 [13件] から覚え込んだ, ぜ何しろ, それが, とか斯, と思う, と意, と意張つて, と言はつ, な, なこいつ, よ, わし, 歯を

▼ 呼吸器病~ (14, 0.3%)

1 [14件] ぐらいに考え, との関係, と心臟, と言, にか, にかかる, に犯される, のため, の人, の侵略たる, の医者, の大家, の患者, を直す

▼ 呼吸づい~ (12, 0.3%)

4 ている 3 ていた 2 てゐる 1 てい, ているらしい, てしいんと

▼ 呼吸づかひ~ (12, 0.3%)

2 をし 1 があつ, が伝, が後ろ, が聞える, に変, の中, は急がしい, をひとつひとつ, を現し, を聞く

▼ 呼吸~ (12, 0.3%)

2 心臓の 1 一刀の, 仄かな, 字配りを, 宮本が, 律動やを, 脈拍の, 脈搏を, 血に, 血色の, 高まった鼓動

▼ 呼吸でも~ (11, 0.3%)

2 して 1 お君, してやらうなどとは, してやろうなどとは, するかの, せいせいした, 乱れたらそのまま, 分ること, 応えられるか, 苦しくな

▼ 呼吸から~ (9, 0.2%)

1 今日は, 何事か, 出て, 出るの, 吐く声, 感じられないと, 来て, 繰り出されて, 面を

▼ 呼吸~ (9, 0.2%)

1 ついた, へかよつて, へせぬ, へも身近く, へわかれ, へ困難, へ微, へ為せず吹き, へ高く

▼ 呼吸という~ (8, 0.2%)

3 ものを 1 のを, ものが, ものである, ものは, 処で

▼ 呼吸とが~ (8, 0.2%)

1 それを, ぴったり合っ, みちて, ピッタリ合わなけりゃ, 同時に止まった, 次第に縺れ合っ, 落ち合って, 高く波うっ

▼ 呼吸ぐる~ (7, 0.2%)

1 し, しいほどの, しいわ, しくない, しくなったよう, しく私, しさ

▼ 呼吸苦しい~ (7, 0.2%)

2 ほどの幸福 1 のではあはあ, ような, 取りつく島, 壓迫を, 所爲か

▼ 呼吸苦しく~ (7, 0.2%)

1 なった, なり出す, 五體の, 全体宛ら, 惱まさる, 覚えられだした, 覺えられだした

▼ 呼吸させ~ (6, 0.1%)

1 ていただきました, てみた, て動脈, ながら電話室, 他の, 前進させる

▼ 呼吸しなけれ~ (6, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならなかった, ばならなく, ばならぬ, ば美しく

▼ 呼吸づく~ (6, 0.1%)

1 ことの, ことも, 三更の, 世界き, 江戸の, 老婆お

▼ 呼吸とも~ (6, 0.1%)

2 唸り声とも 1 いえよう, いふべきその, 声とも, 普通に

▼ 呼吸ぬき~ (6, 0.1%)

1 で妙味, といつ, といふもの, の肩, は, 肩ぬき

▼ 呼吸作用~ (6, 0.1%)

1 および消化作用, である, とは正常, に関連, はもちろん, を感じさせる

▼ 呼吸~ (6, 0.1%)

1 が有る, といふもの, なぞいう, などを女ども, は, を再々

▼ 呼吸遣い~ (6, 0.1%)

3 をし 1 が荒く, をきき, 荒くああ

▼ 呼吸~ (6, 0.1%)

1 が変, が聞き分けられた, には毫も, の交じってる嗄れた, は澄ん, やさ

▼ 呼吸しよう~ (5, 0.1%)

2 とする 1 としてゐた, としてゐる, よ

▼ 呼吸だけが~ (5, 0.1%)

1 安らかに, 絶えた, 聞えた, 聞えて, 荒くその

▼ 呼吸と共に~ (5, 0.1%)

1 ジリジリと, 力なく, 呑みこんだ, 微細に, 胸の

▼ 呼吸をの~ (5, 0.1%)

4 んで 1 んだ

▼ 呼吸をも~ (5, 0.1%)

1 吻かなか, 忘れ居たり, 押し止めあたかも, 解せざるもの, 詰めて

▼ 呼吸使い~ (5, 0.1%)

1 がすぐ, が聞えた, なん, の声, も苦し

▼ 呼吸苦し~ (5, 0.1%)

2 そうに 1 かつた, さから, そうな

▼ 呼吸ごと~ (4, 0.1%)

1 にヒク, に消え, に清浄, に詩

▼ 呼吸してる~ (4, 0.1%)

1 その空気, やうに, ように, 人々です

▼ 呼吸だけは~ (4, 0.1%)

1 して, 微かに, 苦しさうに, 長い間

▼ 呼吸つい~ (4, 0.1%)

1 たり, ちや苦く, て, て我慢

▼ 呼吸つく~ (4, 0.1%)

1 そよ風か, 方へ, 状する, 間もなくつぎ

▼ 呼吸づか~ (4, 0.1%)

1 いがしだいに, いまでも, ひだが, ひと

▼ 呼吸とを~ (4, 0.1%)

1 わたしに, 一まとめに, 心得て, 殆ん

▼ 呼吸につれて~ (4, 0.1%)

1 うごいた, かすかに, ふるへるの, 手を

▼ 呼吸には~ (4, 0.1%)

1 かすかに, 困難しない, 毒気が, 追ひ付けなかつた

▼ 呼吸ばかり~ (4, 0.1%)

1 でかりそめ, で何, セイセイ切らし, 聞えて

▼ 呼吸をは~ (4, 0.1%)

1 かつてやがては, づますやうにしたが急に, づませたものである, づませて崖の

▼ 呼吸さえも~ (3, 0.1%)

1 する事, できず汗, 止るよう

▼ 呼吸される~ (3, 0.1%)

1 清純な生きた, 潜在的な, 粗野な

▼ 呼吸し得た~ (3, 0.1%)

2 自由の 1 は束の間

▼ 呼吸し得る~ (3, 0.1%)

1 のである, 空気は, 空氣自分の

▼ 呼吸その~ (3, 0.1%)

1 イキは, 姿, 姿その

▼ 呼吸だけの~ (3, 0.1%)

2 ような 1 言葉で

▼ 呼吸だった~ (3, 0.1%)

1 が今度, が恐怖, ということ

▼ 呼吸づき~ (3, 0.1%)

1 ながら, ながら痩せた, 雲は

▼ 呼吸できる~ (3, 0.1%)

1 のは, ように, 人

▼ 呼吸とともに~ (3, 0.1%)

1 ある, 収縮させ, 彼の

▼ 呼吸との~ (3, 0.1%)

1 三色の, 抑え合い一方, 産物だ

▼ 呼吸にも~ (3, 0.1%)

1 なって, 似て, 気を

▼ 呼吸ひとつ~ (3, 0.1%)

1 でお, でどんな, で満天

▼ 呼吸をぜ~ (3, 0.1%)

3 いぜ

▼ 呼吸~ (3, 0.1%)

1 に歌, のもの, の物

▼ 呼吸中枢~ (3, 0.1%)

1 が止り, を冒し, を麻痺

▼ 呼吸使~ (3, 0.1%)

1 ひが, ひは, ひを

▼ 呼吸~ (3, 0.1%)

1 を作る, を僕, を頭

▼ 呼吸入れ~ (3, 0.1%)

1 てから小屋, てそれから, て立ちあがった

▼ 呼吸絶えん~ (3, 0.1%)

3 とする

▼ 呼吸運動~ (3, 0.1%)

1 とをそれぞれ自記, などをロケット中, に少し

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

1 脈搏の, 隱として

▼ 呼吸がぜ~ (2, 0.0%)

2 いぜ

▼ 呼吸がと~ (2, 0.0%)

1 まつた, まつて

▼ 呼吸がは~ (2, 0.0%)

1 づむから, ッは

▼ 呼吸こそは~ (2, 0.0%)

2 単に花樹

▼ 呼吸させる~ (2, 0.0%)

1 ように, 樣に

▼ 呼吸しない~ (2, 0.0%)

1 やうに, 所為か

▼ 呼吸しはじめ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

1 といえ, 可し

▼ 呼吸すべき~ (2, 0.0%)

1 ものを, 空氣が

▼ 呼吸すれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば脳貧血

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

2

▼ 呼吸せき切っ~ (2, 0.0%)

1 て闇, て駈けもどった

▼ 呼吸せわしく~ (2, 0.0%)

1 ある時, お香

▼ 呼吸せん~ (2, 0.0%)

2 がため

▼ 呼吸そのもの~ (2, 0.0%)

1 さえ絶滅, のやう

▼ 呼吸づかいな~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 呼吸づまつた咽喉~ (2, 0.0%)

2 を振り

▼ 呼吸であり~ (2, 0.0%)

1 火は, 魂の

▼ 呼吸であろう~ (2, 0.0%)

1 か, 黒煙が

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

2 のよ

▼ 呼吸などが~ (2, 0.0%)

1 それである, 聞えるだけ

▼ 呼吸などは~ (2, 0.0%)

1 ちょっと理屈, 柳桜の

▼ 呼吸などを~ (2, 0.0%)

1 つぶさに目撃, 説いて

▼ 呼吸にな~ (2, 0.0%)

1 つて涙の, つて聞い

▼ 呼吸にまで~ (2, 0.0%)

1 其精神を, 満ちて

▼ 呼吸によって~ (2, 0.0%)

1 あいつが, 構成せる

▼ 呼吸によりて~ (2, 0.0%)

1 我の, 滄溟の

▼ 呼吸のみ~ (2, 0.0%)

1 だれをととの, 荒めながら

▼ 呼吸ほど~ (2, 0.0%)

1 して, な間

▼ 呼吸ますます~ (2, 0.0%)

1 苦しく空, 逼迫する

▼ 呼吸までが~ (2, 0.0%)

1 短く早くなり, 見るに

▼ 呼吸までも~ (2, 0.0%)

1 相手に, 聞くこと

▼ 呼吸もつ~ (2, 0.0%)

2 がせぬ

▼ 呼吸もの~ (2, 0.0%)

1 だと, で亭主

▼ 呼吸もん~ (2, 0.0%)

1 だで, でしょうブランコ

▼ 呼吸をととの~ (2, 0.0%)

2 へて

▼ 呼吸をもって~ (2, 0.0%)

1 対応しなけれ, 表現する

▼ 呼吸吐いた~ (2, 0.0%)

1 んです, 頃から

▼ 呼吸器病患者~ (2, 0.0%)

1 として倒れね, の歌

▼ 呼吸器科~ (2, 0.0%)

2 の医者

▼ 呼吸困難ニ~ (2, 0.0%)

1 陥ッテ息ガハアハア云イ出シ, 陥ル

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

1 に全身, に白く

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

1 かしら, にかかっ

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

1 に見えぬ, 配りと

▼ 呼吸計脈搏計~ (2, 0.0%)

1 を以て生理的, を応用

▼ 呼吸~ (2, 0.0%)

1 がなくなる, は大丈夫

▼ 呼吸障害~ (2, 0.0%)

1 そんなもの全体, なん

▼1* [252件]

呼吸てゐた, 呼吸いっぱいであった, 呼吸いれている, 呼吸いれるとあれ, 呼吸おいてから云った, 呼吸おくれて笑う, 呼吸おなじ鼓動すっかり, 呼吸かおり青い眸, 呼吸かと思われた, 呼吸かなんぞのように, 呼吸かよい合う胸の, 呼吸からは音を, 呼吸ががくりと, 呼吸がせはしい, 呼吸がよひしもの, 呼吸気勢に, 呼吸ぐるしきまでに酔ひつ, 呼吸だもの, 呼吸これ一つじゃ, 呼吸さいあたえられない故, 呼吸さすがに流れる, 呼吸させたことの, 呼吸させたらばと思ツ, 呼吸されて来る, 呼吸された肺は, 呼吸しいつとはなし, 呼吸しかして, 呼吸したいと思った, 呼吸したかったのです, 呼吸したる肺臓は, 呼吸しつづけて行く, 呼吸し出して張つた胸, 呼吸し刈られた牧草や, 呼吸し合っていた, 呼吸し得てゐる, 呼吸し得べき範囲を, 呼吸し生きている, 呼吸し終わることなき, 呼吸し脈打ってる自分を, 呼吸し踏んで行く, 呼吸し飲み食し得るものでなけれ, 呼吸じゃあないか, 呼吸すべく長いホーム, 呼吸すらだんだんに, 呼吸するごとく花が, 呼吸するたびにひろがつた, 呼吸ずるりと, 呼吸せきつつ眼, 呼吸せざる児と, 呼吸せずにしか焼酎, 呼吸せまりて見る, 呼吸せられる空気帆船の, 呼吸せる人故に, 呼吸せわしく太十を, 呼吸せわしく鋭くつめよったの, 呼吸せわしく長いこと掻きまわし, 呼吸わしい, 呼吸その間の時間, 呼吸それを避けよう, 呼吸や, 呼吸たる光明の, 呼吸だけであった, 呼吸だろうテ, 呼吸つえてん, 呼吸つかずだなあに呼吸つい, 呼吸つぎに呷, 呼吸つくらしくフト停, 呼吸つこうとでもし, 呼吸づけそうな, 呼吸づこうとした, 呼吸づまらせられた理由が分かるだろう, 呼吸づまらせるほど驚かせました, 呼吸づまりそうなまでに緊張した思い, 呼吸づまり緊張し興奮, 呼吸づまるほど濃くなっ, 呼吸づまるほどセンシュアルな魅力, 呼吸づまるような苦しい念いが, 呼吸づまるような一大光景, 呼吸づまるような感じがした, 呼吸づまるような水粒の疾風, 呼吸づまる俳壇をほつ, 呼吸であったが強いて, 呼吸できないようだ, 呼吸でござったのう, 呼吸ですから, 呼吸ででもあつて, 呼吸でなければなりません, 呼吸ではいかん魚, 呼吸とか美しい有毒, 呼吸として吹き込んで, 呼吸とは違います, 呼吸とめてきく, 呼吸なぞもなっ, 呼吸などについてはまさに甲論乙駁, 呼吸なども実際, 呼吸なり凡ての, 呼吸なんざア巧まずして, 呼吸なんぞちい高の, 呼吸なんぞもなかなか見上げた, 呼吸において多分な, 呼吸にて腰元を, 呼吸にでも吹遣られる, 呼吸ぬかしという丈, 呼吸ぬきかたがた買った敷島, 呼吸ぬき作品がなかなか, 呼吸ぬけもない, 呼吸のかずにし, 呼吸のみが聞き取れた, 呼吸はと見ると, 呼吸はやく第一ヴァイオリン, 呼吸ひっぱくを洩らし始める, 呼吸ふきかへし, 呼吸達すべきが, 呼吸まで心得て, 呼吸みたいなもの, 呼吸もうその時, 呼吸もちつとも變ら, 呼吸よくあらわれる者, 呼吸らしいものが, 呼吸われの背, 呼吸をかはす一夜, 呼吸をまで窒める, 呼吸ををさめながら, 呼吸カーッと掛けた, 呼吸ガ喉ヲ入, 呼吸キリキリと噛む, 呼吸グルッと尻上り, 呼吸ジリジリ逼る, 呼吸ハッシとか, 呼吸ハ平常デアル, 呼吸止メテ下サイト云ワレル, 呼吸一つさえ変えず, 呼吸三〇脈搏一〇〇火傷部位顔面半ば背面全面腰少し両, 呼吸中樞や心臟鼓動中樞, 呼吸すとき, 呼吸二十六であった, 呼吸二呼吸父の息, 呼吸五つばかりのあいだ, 呼吸享楽するの, 呼吸仕事でほん, 呼吸伸して田端, 呼吸促迫し更に, 呼吸入れたのである, 呼吸入れ彼は一座, 呼吸其他の応急手当, 呼吸其敵の, 呼吸其間にはまた, 呼吸でて, 呼吸がし, 呼吸切れせざるを得なかった, 呼吸力学的な機微, 呼吸動作ヂェスチュアその他感情意志の間接表示, 呼吸医者や看護婦, 呼吸ばかりの間, 呼吸十八だった, 呼吸を押す, 呼吸するの, 呼吸同化の機関, 呼吸吐かせてもの音, 呼吸吐くやオックスホード, 呼吸吸っただけで生甲斐, 呼吸吹くような, 呼吸呼び活けんと声, 呼吸呼吸を入れる, 呼吸器ぢやない, 呼吸器塵除け眼鏡, 呼吸器官が次第に, 呼吸器専門の人, 呼吸器疾患とにらん, 呼吸器病專門の, 呼吸器病者はにわかに, 呼吸器病者神經系病者に負, 呼吸器管は日に日に, 呼吸器障害若くは, 呼吸困難みたいになっちゃっ, 呼吸困難言葉の通路, 呼吸の事, 呼吸崇高なるこの, 呼吸巨人のよう, 呼吸を失ふ, 呼吸帽子を深草, 呼吸引きしめてもらいたい, 呼吸引き取りますだよ, 呼吸弱りて彼, 呼吸弾ませて立, 呼吸短促に, 呼吸塵労疲れた, 呼吸忙しくたゆげなる, 呼吸であつ, 呼吸抜きの竹筒, 呼吸いて, 呼吸数体温血圧その他いくつかの反応, 呼吸時おり胸を, 呼吸時計の振子運動, 呼吸曲線測定器をつけた, 呼吸を持ちなおした, 呼吸機能を完全, 呼吸機関と鰭, 呼吸次第で何時, 呼吸次第胴を切られる, 呼吸歩み血は, 呼吸歩行脈搏などのもの, 呼吸海洋の沖, 呼吸漸く鎭まり彼方の, 呼吸烈しき灯の, 呼吸の息, 呼吸なんで, 呼吸狼狽して, 呼吸現象ヲ詳記セヨ, 呼吸現象つてのは何, 呼吸生息する身, 呼吸痙攣をおこし, 呼吸通ぜざる社会中心, 呼吸近に, 呼吸瞬き燻る, 呼吸神経を麻痺, 呼吸の手, 呼吸は恐らく, 呼吸籠めた心, 呼吸細う雫に, 呼吸なん, 呼吸絶えているらしい, 呼吸絶えたらしいさう, 呼吸絶えるかも知れない, 呼吸緩急などは絶対, 呼吸は既に, 呼吸を撫で下しました, 呼吸脈搏の模様, 呼吸脈搏等はほぼ, 呼吸などによる他, 呼吸苦しかった, 呼吸苦しき勇將を, 呼吸荒い時代に, 呼吸薬気附薬は糸, 呼吸血流の遅速, 呼吸要点が痛切, 呼吸詩歌が十分, 呼吸詰まりヨロヨロと, 呼吸詰まるような, 呼吸調節顔面表情科との関係, 呼吸に迫る, 呼吸迫り半身は, 呼吸迫りきて起きいでし, 呼吸迫るを感じ, 呼吸送っておい, 呼吸知の, 呼吸遣ひに陥いつ, 呼吸遣噛みしめた唾罪悪とは, 呼吸を置い, 呼吸える拳, 呼吸がもはや, 呼吸の防壁