青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「変化~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

変っ~ ~変った 変った~ ~変らず 変らず~ ~変り 変り~ ~変る 変る~ ~変化
変化~
~夏 夏~ 夕~ ~夕方 夕方~ 夕日~ 夕暮~ 夕食~ 夕飯~ ~外

「変化~」 6216, 67ppm, 1691位

▼ 変化~ (1015, 16.3%)

19 示して 14 して, 見せて 11 与えて 10 もって, 見て 9 来して, 生じて 8 経て 7 受けて 6 与えた 5 した, もたらした 4 うけて, もたらしたの, 持って, 来たして, 起こして, 起して

3 [12件] 与へて, 受けつつ, 必要と, 暗示する, 来した, 来したの, 求めるため, 知って, 示した, 蒙って, 見ること, 認めた

2 [63件] きたしたの, つけること, ながめて, もたらして, 与える, 与えること, 与えるの, 与ふるの, 与へ, 主張し, 予想し, 云々する, 何かに, 力説する, 即ち質的, 受けつ, 受けなければ, 喜んで, 待って, 思い出した, 打算し, 指して, 捨象し, 推究する, 断定する, 望まば, 来たしました, 欲する本能, 欲せず, 気分の, 求めて, 現じ, 生じた, 生ずること, 発し得よう, 研究し, 示します, 示すの, 経たか, 経験した, 経験しなかった, 続けて, 考えて, 自分の, 蔵し, 見せる, 見せるか, 見せるの, 見ると, 見るの, 観察し, 観察し続ける, 調べて, 豊富に, 起こすの, 起した, 起したの, 起す, 起すと, 辿って, 遂げたの, 重ねて, 顧慮し

1 [702件 抜粋] あからさまに, あたえると, あなたの, あまり大げさ, あらわすの, あり得べきこと, ある程度まで, いかに価値, いたしました, うけた, うけたもの, うけたろう, うけた筈, うけつ, うけました, うけるか, うけること, うけるよりも, うけ易い, おこした, おこすかという, おこすに, おそれて, おののきの, お松は, お経代り, かの女, きたさなければ, きたしたと, きたしつつ, きたしてるもの, きわめて複雑, こうむらないもの, この関係, させる術, さらって, したの, した様, しても, しました, しまた, じっと伺っ, じっと見つめ, する, するが, すること, するであろうと, するという, するの, すればこそ, その対象, そんなに困った, ただ自分たち, つくして, つけて, つけるため, つける事, つけ伸子, つづけて, つまりかつて, つらぬく法則, なしつつ, なるだけ, ひきまとめて, ひき起こす事, ふくみ雄勁, ふと思い浮べ, へたと, ほかに, まざまざと, まるでレヴュー, みせて, みせないほど, みせました, みて, みても, みとめませんでした, みるだろう, もたらさない以上, もたらしたか, もたらしたかという, もたらすもの, もたらす力, もち多様化, もった小, もった新緑, もつて, もつ静か, やって, やや誇張, やらせて, よろこぶ調子, よろこんで, 不思議に, 与えたが, 与えただけの, 与えたの, 与えたので, 与えても, 与えます, 与えられても, 与えられようと, 与えられると, 与えるという, 与えるのみ, 与えるスリル, 与え彼女, 与え造船学, 与へず, 与へたやう, 与へようと, 与へること, 与へると, 与へるのみ, 与へる思ひを, 与へる手段, 与へる様, 主と, 予報する, 予想する, 予期し, 予約されなけれ, 予見できたら, 事更に, 云いあてたもの, 享けつつ, 今か, 今も, 伴なっ, 似せて, 何の, 余儀なくされる, 余儀なくした, 作ること, 作用された, 促して, 促し旋律, 促進する, 信じかねて, 充分に, 免かれ, 免るる, 免れない, 全然知らなかった, 全部の, 八門の, 内心喜んだ, 写生し, 凝と, 出て, 利用し, 加えたの, 加えたもの, 助け促した瀬戸物, 助勢する, 及ばして, 及ぼして, 及ぼすか, 及ぼすに, 及ぼす様, 取って, 取る, 受くる, 受けあるいは, 受けた, 受けたこと, 受けたの, 受けないで, 受けること, 受けるし, 受けるという, 受けるところ, 受ける以上, 受ける筈, 受け到底, 受け必ずいくぶん, 受け数多, 可能と, 同一物, 呈して, 味って, 味わって, 喜こん, 喜び刺戟, 喜ぶむやみ, 回復する, 因果を, 図表で, 地球上に, 報告しなけれ, 変態と, 好む, 好んで, 好奇心に, 如何なる繊細深遠, 嬉しむ, 完了する, 客観的に, 容るる, 容易に, 察すれ, 少年に, 引き起こした彼女, 強制する, 彼に, 待つこと, 待つため, 徐々に経, 徴わしはじめた, 心から歓迎, 必然に, 必然的に, 思わせるよう, 急に, 恐れたの, 悦ばなかった, 悪む者, 惹き起こすの, 意味する, 愛し北方的, 愛するよう, 感じさせられた, 感じたくて, 感じたの, 感じて, 感じないか, 感じなかった, 感じる事, 慮って, 懼れず, 我々の, 或る, 持たないの, 持った国語, 持てるという, 探究しよう, 推測する, 描き出すであろうか, 支配し, 故意に, 数分の間に, 日本の, 映画では, 時々窺わせる, 曲線として, 最自然, 有し簡潔, 望み新, 望んで, 期待し, 条件づける, 来させしめたほど, 来さないばかりか, 来したか, 来したと, 来したろうと, 来しつつ, 来すかという, 来すならば, 来す程, 来せり, 来たした, 来たしたもの, 来たしたらあいつ, 来たしぬ, 来たし四月二日ニース, 来たし遂に, 来たせり, 林田は, 極めた飾窓, 極めて隅々, 極めや, 極端に, 楽しむこと, 楽み, 欠く規則, 欲しいこと, 欲するため, 欲せば, 比較した, 気取られよう筈, 求めた, 求めたが, 求めた顔, 求めるもの, 求めるよう, 決してその, 決定した, 決定する, 注意させた, 流行である, 添えてる読むに, 添えるよう, 添へて, 無くして, 特に注意, 現すが, 現はしたる, 現わし, 生じ, 生じさせて, 生じたと, 生じたの, 生じたらしいそう, 生じたる後, 生じた労働者農民, 生じつつ, 生じないところ, 生じない限り, 生じるの, 生じるよう, 生ずべき原因, 生ずるが, 生ずるであらうか, 生ずるという, 生ずるとき, 生ずるの, 生ずるのみ, 生ずるほどの, 生ずる場合, 生ず可, 生ぜしめること, 生ぜしめる国運逆転, 生むため, 用いて, 用ひ, 申上げたい, 画した時, 異様に, 目撃した, 看て, 知らず待遇, 知らせる, 知らぬ丸い, 知りさえ, 知ると, 知るべき時間, 知る事, 研究の, 確定する, 示さうと, 示さなかつた, 示さぬごときもの, 示ししかも, 示したもの, 示した神社, 示しながら, 示し各地, 示す, 示すから, 示すこと, 示すもの, 示す事実, 示現し得る, 神経の, 私たちは, 稽古した, 糊塗する如き, 経たはず, 経たり, 経た後, 経ると, 経歴した, 経験し, 経験しました, 結果する, 継続すれ, 緯として, 美しくあしらった, 考えるに, 考へて, 考定, 考察する, 聞きわけるよう, 聯想しない, 聴いた健三, 自分と, 自分に, 自由に, 致しましたから, 苦しいほど, 葉裏に, 蒙つた, 蒙らない時, 蒙らない貨物, 蒙りやすい, 蒙り幾何, 蒙る, 蒙ること, 蒙るなどという, 行い反対, 表すと共に, 表わして, 要求する, 見ざる限り, 見せたが, 見せたの, 見せたり, 見せない火山, 見せなかったが, 見せるであろう, 見せる必要, 見せる水, 見た, 見たが, 見ない, 見なかったよう, 見のがしは, 見まわしなされば, 見よう, 見るたび, 見るため, 見るという, 見るには, 見るもの, 見出すの, 見分ける人, 見守って, 見極めて, 見極めようと, 見詰めて, 見越して, 見逃さなかった, 覚えました, 観て, 観察した, 観察す, 計る道具, 訊ねたり, 記述した, 記録する, 訝りも, 許さぬかの, 許容され, 診断する, 試みたもの, 試みて, 試みるの, 詳しく知る, 誇るよう, 認めそれ, 認めたという, 認めた彼, 認めて, 認めても, 認めない訳, 認めなかったという, 認め得ず, 認識し得る, 誘う積極的, 語ること, 語るもの, 説明しよう, 説明する, 説明せん, 調べた論文, 調べる, 論ずるには, 諳誦する, 諸行無常と, 貫いて, 起こし一念一思, 起こすとでも, 起こすに, 起さすよう, 起させるの, 起させるまでには, 起さなかった, 起さなかったので, 起さなければ, 起すか, 起すかかる, 起すだけ, 起すに, 起すの, 超えて, 身に, 軽視する, 辿つて, 辿ること, 迎へて, 迹付けれ, 追つかけさせ, 退ける指, 遂げその, 遂げたに, 遂げたもの, 遂げて, 遂げるもの, 重ね, 鋭い目, 鋭敏に, 隠すこと, 電磁石によって, 頭に, 顕著に, 顧みること, 飾らず偽らず極めて, 鼻っ, 齎らすも

▼ 変化~ (837, 13.5%)

29 起って 27 ある 23 あって 15 あった 12 起った 9 起ったの 8 あるの, ない, 起こって 7 なかった 6 あつた, 多い, 起こった, 非常に 5 あるか, なければ, 現われて, 起ると 4 あったの, あつて, あると, あるよう, あれば, おこって, 現れて, 生じて, 生ずること

3 [20件] あったこと, あったと, あまりに急激, ありました, あるが, あるという, あるに, おこった, ないこと, ないという, なくて, 彼に, 来た, 来たと, 生じたこと, 行われて, 認められる, 起りました, 起るか, 起るの

2 [43件] あったか, あったかも, あったが, あっても, あらわれた, あらわれて, ありありと, あります, ありますよ, あるとは, あるわけ, ある場合, あろうとは, あろうとも, ないとも, ないの, ないので, 一定の, 人に, 代助, 出て, 多いの, 少いという, 日本の, 来たの, 来て, 生じた, 生ずる, 私の, 自分たちの, 葉子の, 起きた, 起きたの, 起こったこと, 起こりつつ, 起ったよう, 起った時, 起りそう, 起りその, 起る, 起るかと, 起るもの, 起るわけ

1 [465件] ああこれ, あたかも私, あたりの, あったかと, あっただけ, あったって, あったとしても, あったに, あったにも, あったので, あったもの, あったゆえ, あったらその, あったん, あなたに, あまりにはげしく, あまりに自由, あまりはげしい, あまり情けない, あらうと, あらわれるとでも, あらわれるの, あらわれるもの, ありすぎて, ありましたけれど, ありますが, ありません, ありもっとも, あり家, あり得たなら日本, あり得ないとしても, あり打開, あり最後, あり権力者, あり興亡, あり都会風, あるかを, あるけれど, あるけれども, あること, あるため, あるだけ, あるだらうと, あるだろう, あるだろうか, あるばかり, あるべき筈, あるもの, あるらしいよう, あるん, ある上, ある時期, ある様, ある筈, いかなるもの, いちいち深刻, いついかに, いまでは, いろいろと, いわば開展, おこったの, おこるかと, おこること, おころうと, おどろかれた, おのずから彼等, かすかに, かなり著しい, きた, きっと有る, きて, くるであろう, ここに, ここには, この一ヵ年間, この場合重要, この富, この通り, こもって, これだけに, これを, こんなふうにあたし, さよう, しかも歴然と, しつこく感じられる, すなわち創作家, すべての, そ, そうし, そこでも, そこに, その中, その人形, その前, その根本, その洗練, その表情, その間に, それに, それらの, たった二週間, だんだん発達, ちらと, つく, つこうという, どうして起こる, どうも身, どこで, どこまでも, ないし, ないだけ, ないといふ, ないやう, ないよう, なかつたの, なくただ, なくては, なくとも, なくなるから, なくなるの, なくゆるむ, なく夢, なく少しく, なさ, なぜこう一ぺん, なにか知られざる, はげしいので, はげしかったり, はじまったよう, はじまって, はやいの, ひどくて, ひどくなつかしいもの, また微分的, もたらされたかと, もたらされたよう, もたらされつつ, もたらされて, もっと激しく, やがて人生, やはり一種, よく分っ, わからないの, わかる, アッと, スイスに, ドシドシ大衆の, フリイデマン氏の, 一つの, 一つは, 一寸昌作, 一度に, 一日の, 不幸な, 不思議でならない, 不思議と, 与えて, 与えられそう, 両手で, 乏しいうち, 乏しいよう, 乏しい故に, 予想されない, 予想される, 二度目に, 人間の, 今云った, 以前には, 伝わって, 伴って, 伴ひ, 伴ふ, 何と, 何の, 余の, 作品の, 作家の, 個物の, 充分進行しない, 全然彼, 出ようとも, 出るという, 出来は, 分ったら随分, 到底認め得られない, 割合に, 加つてゐる, 加へ, 加われば, 原因し, 原因と, 友の, 反対物へ, 古代人の, 可能に, 含蓄される, 周囲の, 問題に, 善い事, 固定した, 国内における, 外界の, 多いか, 多いと, 多いという, 多い事, 多い点, 多い美しい, 多かった, 多く, 多くしたがって, 多くて, 多くなっ, 多く一貫, 多く山, 多く白, 多少は, 多過ぎる, 大きい, 大きくまだ, 夫自身の, 奥さんの, 女王らしい, 如何に, 如何にも不思議, 妾の, 学生の, 完成された, 宿る, 少いだらう, 少しでも, 少し驚ろ, 少なからず, 少なくしくじる, 少なくともその, 少な過ぎる, 巧妙に, 幾分後天的, 幾通りある, 引っきりなし, 強制的に, 形容に, 彼の, 彼らの, 彼女の, 必要だ, 必要に, 急なれ, 急には, 恐らく五十年内外, 患者に, 感ぜられた時, 憑い, 成就され, 成立する, 成長の, 我々の, 拡大鏡的に, 支配される, 日に日に起っ, 昨夜起こった, 時の, 暴風の, 曲線の, 更に一つ, 有っては, 有り興亡, 有限である, 朝廷と, 木の葉を, 末造には, 本当に起っ, 来かけて, 来たこと, 来たよう, 来たると, 来まいもの, 来ました, 来ること, 来るだろう, 来ると, 来るとは, 来るの, 来るよう, 東京あたりと, 果して起り得る, 格別わたし, 極く, 極めて自由, 極端であった, 歌謡の, 正確に, 此れで, 此室内に, 歴然と現れ, 殆ん, 段々縁語, 段ちがいであった, 民族思想に, 気持ちの, 涙を, 液体なら知らず, 渠の, 激しい, 激しいので, 激しい故, 激しくなっ, 激しく混んだ, 激しく皮膚, 激烈である, 無いと, 無いなら, 無いの, 無い所, 無かった, 無かったなら, 無意味でない, 無限であっ, 特別変った, 率直に, 現に今, 現に起っ, 現れはじめた, 現れました, 現れるが, 現れる筈, 現わし, 甚だしかった, 甚だしくあるいは, 生じかけて, 生じたに, 生じた場合, 生じてからは, 生じない限り, 生じます, 生じる, 生じるかという, 生じるという, 生じ会社, 生じ初め何ごと, 生じ天然, 生じ得ること, 生ずるかと, 生ずるであろう, 生ずるの, 生まれるもの, 生活に, 生活の, 目ざましく今, 目に, 直ちに影響, 相当に, 相手に, 社会の, 私には, 秩父嶺以東十数里の, 穏か, 窺われる, 第二条件, 等分に, 素晴しく, 結局あひるの, 結果の, 絶対的観念に, 絹布に対する, 続出し, 考へられる, 耳に, 肉体と, 自分にも, 自分の, 自然である, 自由勝手に, 英国民の, 著しいこと, 著しく影響, 著しく男, 著しく芸術, 藤吉の, 行き渉つた, 行なわれた, 行われた, 行われたこと, 行われたの, 行われる過程, 街の, 襲来した, 西域において, 見えた, 見えたという, 見えたの, 見えた所, 見えて, 見られずまた, 見られた, 見られないし, 見られないの, 見られる, 見られること, 見られるやう, 見られるよう, 認められなかった, 認められませんこの, 認められると, 認められるという, 認められるの, 語られて, 起きて, 起き日本政府, 起こったとき, 起こったよう, 起こり一そう大胆, 起こり一方, 起こり見る間, 起こるか, 起こるかという, 起こるかも, 起こるその, 起こるであろうという, 起ったか, 起ったらその, 起ったら表情, 起ったわけ, 起ったん, 起つたといふ, 起つた訣, 起つて, 起らない, 起りかけて, 起りかける時期, 起りこの, 起りつつ, 起りはじめた, 起り互, 起り始める, 起り紙, 起り続けて, 起るかも, 起るかを, 起るだろうから, 起るだろうとか, 起ると共に, 起るならば, 起るまでは, 起るよう, 起れば, 起ろうとは, 軍事上の, 辿れるよう, 迫って, 逆戻りに, 通るよう, 進化か, 進行し, 都人の, 醸されて, 重畳し, 長時間持続する, 陽灼けた, 面白い, 面白くって, 頻繁であった, 頻繁である, 食物の, 騰貴と

▼ 変化~ (636, 10.2%)

66 ている 37 て来た 33 て行く 30 てゆく 20 つつある 19 て来 18 ていた 12 てきた, てゐる 10 て来る 8 てしまった, て行った 5 てしまう, て居る, て行 4 てい, ていく, てしまっ, ても稀少性 3 つつあった, て行っ, て見える

2 [27件] そうだ, つつあり, ていった, ていない, ています, ているだろう, ております, てくる, てしまふ, てもそれら, てヤヤコシク, て了, て今, て今日, て同じ, て新しい, て次, て止まない, て湯, て眼, て私, て終, て行つたの, て遂に, 推移し, 物を, 発展する

1 [269件] あたかも強度利用, あるいはそれ, あるいは消滅, いかに彼女, おそらくこん, きつた, しかもその, そうしてこの, そうな, そして第, そのため, その人全体, その基礎, その思想的根拠, その結果, それから人間, それから正面向き, たりすべて, たり改造, つつあつ, つつも統一, つつ在る, つつ猶, つつ載っ, つつ連続, て, てあらわれ, てあらわれます, てあらわれる, ていき, ていくらか, ていっ, ていつた, ていつも, ていなかった, ていまい, ていました, ていや, ているであろう, ているでしょう, ていわゆる, ておく, ておる, てかかっ, てからの事, てきょう, てこれ, てこんな, てさうじみと言, てしたう, てしまい, てしもう, てその, てはいなかった, てはいる, てまた, てみせる, てむしろ, てもその, てもつねに, てもやはり, てもゐる, てもカメレオン, ても一つ, ても同一, ても変化, ても差支, ても帰り, ても悪, ても政治, ても文学, ても民族, ても秘法, てやがて, てやまぬ, てゆ, てゆかない, てゆくだらう, てゆくべき, てゐ, てゐた, てゐない, てゐます, てゐるだらう, てチェホフ時代, てツマベリ, てプロレタリア文学, て三角函数, て了うた, て了つて, て人間らしい, て以前, て何, て余儀なく, て來たこ, て元, て其, て其うち, て出来る, て出現, て分布, て初春, て初期, て利益, て前, て創作気分, て効力, て単なる, て参ります, て参る, て命令通り, て善かっ, て墓, て変化, て外来魂, て外界, て大, て大変, て天然, て太政官其他, て宮廷, て居た, て居つた, て居ります, て居ろう, て山, て巖, て差しつかえない, て後, て或は, て授業, て政治, て文字, て日, て日本, て普通, て更に, て朝夕, て本能, て染まった, て極めて, て止まらざる, て武家時代, て殺人事件, て汽車, て消えない, て灰色, て現今, て生じた, て生命, て生活, て盆, て目, て眼前, て石女, て神, て立派, て純然, て素子, て結びつき, て聞える, て胃, て自然, て若い, て苦, て落ちる, て蓋, て行かね, て行き, て行きました, て行きます, て行つた訣, て行つて, て襲いかかっ, て観者, て通俗的, て進撃, て開国一偏, て院政時代, て霊魂そのもの, て非常, て面白い, て頂戴, て食わせる, て食物, て魂, て鳳凰堂壁画, ながらこの, ながらしかも, ながらやっと, ながら今日, ながら姿勢, ながら尚, ながら次第に, ながら殆, ながら秋祭り, また地方的, やすいの, やすいラミイ, やすい性質, やすき人心, より合理的, ソ連は, 一六七分の一と, 二十分後には, 些細な, 今日は, 例えばイマ, 供給に, 再演物一切止める, 初め露西亜と, 勝手に, 咄嗟に, 哲理上の, 在来の, 地球中心では, 増大したろう, 売手の, 奔放に, 如何に自由, 存在を, 宇宙間の, 客観的な, 展開する, 常に変化, 平田の, 当時とは, 心の, 戦術の, 房一に, 旧幕府, 易いとは, 易い或, 易い末流, 易くったっ, 未来の, 枝葉の, 棒が, 次第に昔, 殊に, 殺人が, 民間の, 流転し, 物の, 独立する, 現象する, 生き生きと, 生成消滅する, 発展し, 発展しよう, 発育し, 発達す, 相互の, 知識の, 移りかわっ, 耕作を, 膨脹した, 自ら気付い, 自動車または, 芸術的に, 複雑化した, 転落し, 逆転し, 進みも, 進展し, 進歩し, 醜くなり得る, 難いもの, 飛躍し

▼ 変化~ (589, 9.5%)

12 ために 11 中に 6 上に 5 あったこと, あること, 妙を, 過程を 4 うちに, 多い生活 3 あるもの, 中で, 前に, 原因と, 正体を, 連続である

2 [43件] あったの, あつた, うちで, こと, ないこと, ないの, ないもの, ないよう, ない事, なさ, スピードを, 一つの, 一過程に, 中でも, 主要なる, 力を, 原因が, 厳密なる, 外に, 多いこと, 多い風景, 多さ, 影響に, 急なる, 拵えを, 根柢を, 法則を, 流れに, 激しい都会, 烈しさ, 物が, 第一原因, 経路は, 結果と, 結果として, 絶え間ない, 術は, 術も, 起こったの, 間に, 隈どり, 面白さ, 類ある

1 [428件] あった時, あまりに快活, あまり劇しい, あらはれである, あらゆる段階, ありさま, ありのままを, あるうねり方, あるそして, あるたび, あるの, あるので, ある一人二役, ある世代, ある人間, ある以上, ある動, ある北の方, ある地勢, ある徴候, ある情景, ある新しい, ある時, ある海, ある物, ある筈, ある美, ある行為, ある詞章, ある試合, ある身の上話, ある部分, いとま, いろいろの, おのおのの, おもて, かような, きて, きわめて当然な, ぐあいを承りたし, こしらえを, ことなら, ことは, ごときも, ごときもの, ごとく, しようで, し方, すべては, ためだつたらう, つけやうが, つけようが, つけようも, つながりに, と云う, ないう, ないこの, ないつまらぬ, ないところ, ないほどの, ない今日, ない光り, ない内容, ない冷たさ, ない列, ない叙事的, ない叫び, ない喜び, ない地, ない夜, ない大, ない小さな, ない山路, ない庭守, ない日々, ない日常, ない時間, ない景色, ない枯野, ない熱帯, ない生活, ない田舎, ない畸形的死作, ない白けた, ない程, ない表情, ない裏声, ない訣, ない道, ない顔つき, ない風景, ない高い調子, なきのみか, はげしいその, はげしい風圧, ほかに, まにまに静, まま展開され, ものが, ものであっ, ものである, ものには, ものの, やたらに, ゆえに, ようだ, ように, よくあらわれる, テンポは, 一つでは, 一つと, 一つを, 一切とが, 一線が, 上にも, 下にも, 不利なる, 不安の, 不思議に, 世界へ, 中では, 中において, 中には, 中心に, 中段において, 主たる原因, 主体その, 主体と, 乏しい憾み, 乏しい所, 乏しい生活, 予告予想或は, 予言者である, 事を, 仕方が, 仕方は, 仕方を, 仕業か, 仕様が, 位相が, 住み家, 余勢が, 余地の, 偶然性と, 傾向と, 働きを, 具つたのも, 内外諸, 内容に, 凄まじさ, 出来ないもの, 出現する, 利く伏せ方, 刹那刹那に, 前と, 劇しい, 効果が, 動力が, 動機とは, 動機とも, 十分なる, 原因では, 原因にも, 原因は, 原因も, 原因を, 原因をも, 及びにくい, 口に, 可能を, 可能性は, 合致あるいは, 囁かと, 増大が, 声とは, 変化たる, 変化に, 多いと, 多いの, 多いほど, 多い一月, 多い周囲, 多い因果関係, 多い夏, 多い女, 多い姿, 多い形, 多い形貌, 多い方, 多い時期, 多い景色, 多い横顔, 多い濃淡, 多い町, 多い経験, 多い賑, 多い透き通った, 多い音, 多かった, 多きは, 多様さ飽きさせな, 大さ, 大なる, 大時代に, 大略と, 大綱を, 大部分, 奇を, 奥底の, 如きを, 妙が, 妨げ, 姿の, 媒介と, 少いもの, 少い古, 少しでも, 少ない周囲, 少ない熱量, 尠い, 尤も多く, 差が, 年代も, 年数が, 度が, 弁証法である, 強く起った, 強弱又は, 形式に, 彫刻が, 影は, 影響についても, 影響による, 影響は, 影響を, 径路に, 径路は, 後に, 後においても, 微小な, 徴候も, 必然性を, 急速な, 意で, 意味も, 態様に, 所為と, 所産である, 手品に, 手法を, 扮装を, 拵えが, 拵えに, 振幅度の, 捌きが, 掴み合ひで, 故だったろう, 故にかく, 教養ある, 数々において, 新戦場, 方向や, 方向を, 方法に, 早い彼女, 早わざです, 早業である, 時においてのみ, 時代に, 時期が, 時期であります, 時期の, 時間的割合いかんによって, 曲線に, 曲線を, 最中に, 最初期に, 有様を, 末を, 来る年頃, 果らしく, 棲家へ, 楔子と, 業か, 極は, 概観, 様を, 模様を, 機会は, 此の, 歴史では, 比率を, 永久の, 法とは, 法則に, 法則については, 波の, 波を, 波濤が, 激しいもの, 激しい人間, 激しさ, 為めに, 為めの, 無いつめたい石, 無い単調, 無かつ, 父を, 物たる, 物に, 物を, 特徴を, 状態に, 独立変数として, 狸のという, 現象は, 理由が, 理由という, 理由は, 理由も, 理由を, 甚しき, 甚しきに, 甚だしいもの, 甚だ著しから, 生じたあげく, 生成に, 生理学には, 異常から, 痕跡が, 目まぐるしさ, 直接の, 直接原因は, 相の, 相貌を, 真の, 真似を, 瞬間が, 研究に, 研究は, 研究を, 神秘が, 程度という, 程度とにおいて, 種類も, 種類を, 積算した, 範囲の, 範囲は, 系列は, 素晴らしさ, 経験を, 結果かと, 結果は, 結果もと, 結果二つの, 結果多くの, 結果後の, 結果語の, 結果語頭にも, 美しさ, 美は, 美を, 群かとも, 習性に, 翼を, 者が, 者に, 背後には, 自由が, 興味が, 興味である, 色々な, 色を, 著し, 著しい雪国, 著しきもの, 血人間の, 術が, 複雑さには, 見えないという, 観測が, 観測を, 証跡が, 話を, 説明として, 諸相の, 豊かなる, 責任者として, 賦, 起った事, 起った時代, 起って, 起らない限り, 起らねば, 起るといふ, 起る所, 趣を, 趣味を, 跡が, 跡と, 跡を, 路筋を, 近づいて, 途程, 速度より, 週期性に, 進むにつれて, 進行に際して, 運動を, 過程については, 過程は, 道程を, 量を, 関係に, 限界の, 非常な, 面は, 面を, 面白味から, 順序が, 順序に, 類が, 類じゃ, 類では, 類に, 飛躍点である, 鮮やかは

▼ 変化~ (521, 8.4%)

11 なかった 8 ない 5 ないの 4 あっても 3 ある, あるが, して, 歴史の

2 [28件] あったが, あつた, いつ頃, ございません, さながら一つ, ないという, ないもの, 人間の, 今まで, 他の, 作為が, 凡て外的原因を, 単純な, 実に数百種, 容易に, 必然的に, 或る, 文章の, 日本の, 注目に, 漸く急激, 生じない, 私の, 見えなかった, 見られない, 起らぬ, 進行しない, 非常に

1 [425件] あたり前である, あだ, あったか, あったとしても, あったよう, あつて, あまりに急激, あまりに意外, ありますが, ありますけれども, ありますまいし, ありますまいな, ありません, ありませんけれども, あり得ないという, あるに, あるまい, あるまいと, ある方, ある特殊, あれやっぱり, あろうけれど, いうまでも, いかにし, いかに大, いくらかずつでも, いささかである, いたしますまいそれ, いちいち下界, いつのまに生きる, いつ起った, おこらなかった, きはめて, きらいに, けっして怒り, こちらから, この事実自身, この否定, この問題, この後, この生産物, これだけ, これは, これまでの, これらの, これら価格の, これを, ごく陰, さほど甚, したが, した様, しつ, じつにひどい, じゅうぶん進化, すでに包み切れない, すべて同一の, ずいぶん前, ぜひない, そうは, そこ以外に, そとめには, その事, その体, その外貌, その焼き, その状態, それで, それ自身が, ただ人間, ただ私, ちょっと相反, とてもわたしら, とにかく意志, ともかく根本, どういう理由, どうしても濃厚, どこから, どこにも, どの方面, ないし, ないと, ないに, ないのに, ないはず, ないまま, ないらしく, ないらしく見える, ない事, なくては, なくとも, なく六朝, なぜ起った, のり子の, はげしい, はなはだ遅々たる, ほとんど価値, ほとんど内面的, ほんとうらしい, まことに円滑, まさにこれ, また前, まったく外面的, まもなく人口, みな重病と, みんな僕の, みんな我々の, むしろ幸福, むしろ私自身, むしろ驚く, むろんつまらぬ, むろん誰, めざましい, もうさすがの, もう今, もし事実, もとよりなく, もと意外の, やはりあった, やはりこの, やはり前, ゆるやか, よく其の, よく判つて, よみとれなかった, わたしたちの, わりに短い, われらの, エキスペンシブ・ライフと, ギリシア的精神の, シェリングに, スパイの, ソヴェト文壇に, デュウゼの, ピカソ的変貌の, フロイトに, ユースタスが, 一として, 一人の, 一日でも, 一等よく, 主として病気, 主張の, 之を, 二つの, 二人の, 二度と再び出る, 云うまでも, 交通の, 人目に, 他に, 他地方, 以後拘泥しない, 伊予の, 伝説には, 何かと異常, 何かにつけ, 何である, 何に, 何も, 何ものにも, 何等かの, 余から, 作者の, 俳諧の, 健康に関して, 僕に, 僕のみ, 元子の, 充分だ, 先に, 先刻すでに, 免れないの, 全く別もの, 全く想像, 全体の, 全能の, 兵庫奉行の, 其及ぶ, 凡て連続的である, 出来なかつたらしい, 出来ますまい, 出来んの, 到底人知, 前にも, 割合に, 力学的に, 加えられたる力, 加えられないの, 動力学的に, 勿論女, 勿論彼自身, 北磯に, 千葉に, 千葉先生と, 単にこの, 単に私, 単に見掛け, 単に論理, 単義的, 却ってその, 原因を, 又却って, 反対に, 可逆的と, 各人に, 同じ様, 同時にそれ, 含まれて, 吾, 周期的であっ, 唇の, 問題では, 噛んでも, 変化が, 変化として, 外では, 外的原因を, 多い, 多くの, 多少あっ, 多少あろう, 多少の, 夥しいが, 大きい屋台, 大きな刺戟, 大体鎌倉時代には, 大入道より, 大概諒解出来ます, 天衣の, 夫, 奄美大島の, 妻の, 婦人が, 嬉しいの, 学習院および, 完成しなかった, 実にどんな, 実に瞬時, 実は本質自身, 実際人, 家の, 宿って, 寧ろ当然過ぎる, 寧ろ驚く, 少い, 少しも, 少なくとも人生, 岩手, 嵐の, 己の, 常に緩慢, 度外視し, 当太郎, 当時の, 形を, 彼に, 彼においては, 彼にとって, 彼の, 彼を, 従来あまり, 必ずしも低温, 必ずしも常に改善, 必ず吾人, 必然的である, 急激だった, 急激で, 急速に, 恋愛と, 恐らく殆ど, 恐ろしい, 恵比須は, 悲惨な, 或は当局者, 戦争によって, 政治的であり, 数時間の, 数限りなく, 整然と行われ, 文学の, 新しい器物, 新しい質, 方言には, 旅廻りの, 日本人の, 早いもの, 昆虫の, 明かに, 明らかに, 時としては, 時代と共に, 普通の, 晴れた空, 更にその, 更にはげしかっ, 更に他, 更に法制, 最もはげしく, 最も甚, 有限に, 本当に前, 本来どう, 村の, 来ないであろう, 果たして流行, 格別人目を, 格太郎の, 楽に, 次の, 次第にこんな, 欧州大戦の, 欲すると, 正月の, 正真正銘に, 歴史に, 比較的新しい, 比較的順調, 毛色の, 気を, 決して明治大正, 決して突如起る, 沙漠の, 浩との, 測量すべからず, 激しかった, 無いか, 無かった, 無意識の, 無数であろう, 無論ある, 無論不可逆的変化, 無限だ, 熟語を, 熱情的と, 物理の, 物質の, 物質固有の, 特に急激, 狂気としか, 独特の, 現れたもの, 現れて, 甚だ緩慢, 甚だ自然, 生命の, 生滅によって, 疑いも, 疲労の, 盛子にだけ, 直ぐには, 直接に, 直接的影響を, 相応に, 眼にも, 矛盾による, 確実であった, 社会組織の, 神の, 神名の, 私自身にも, 種々な, 突如と, 第一段, 等価値の, 簡単である, 細君の, 経済的基礎の, 結局本質の, 結果の, 続けて, 聊かも, 背後から, 脱漏とは, 腹の, 自然と, 自然弁証法の, 自然民にとっては, 芸術家の, 若い女, 著しい, 衣類で, 表面より, 複雑に, 西方文化の, 見せなかったが, 見なかったかも, 見られませんか, 見るだらうが, 見る見る九年間, 言葉そのものの, 許されても, 証券の, 認められなかった, 認められぬであらう, 語中および, 誰にでも, 論理的である, 貴女が, 起こらない, 起こるもの, 起って, 起らないの, 起るかも, 距離に, 迅かった, 近ごろの, 近づいて, 退歩の, 通例リッターの, 遂に彼, 運動である, 運動又は, 部分の, 重大な, 長い年月日, 間接にしか, 間接的影響を, 関係ない, 非常であります, 非常な, 頗る大, 顕著でありまし, 驚くばかり, 高温の, 鬢を

▼ 変化~ (375, 6.0%)

12 富んで, 応じて 7 つれて 6 ともなって 5 伴って 4 富むこと, 富んだもの 3 伴うて, 於て, 眼を, 身を, 順応し

2 [23件] して, すぎない, とんで, よると, 乏しい, 今更おどろく, 伴の, 富む, 富める気候, 富んだ景色, 富んだ都会, 就いて, 感じられる, 方向と, 方向を, 比べて, 気づいたとき, 気を, 注意を, 目を, 着目した, 過ぎない, 驚いた

1 [264件] ああ明るく, あたりて, あった冷凍物特有, あって, あっても, あらずして, あらず進歩, ある, あるの, うれしくなり, おどろきまるで, お気が, お気づきでは, お雪ちゃんは, かえって奇妙, かわった白拍子, この少女, すぎないもの, そなえて, たいしどういう, たえ寒, たよるより, つく助動詞, つく助辞, つけても, つれられて, とぼしい岬, とぼしい眺め, とみ下劣, とみ妖気, とんだ筋, なり終られた岩井半四郎, ひきずられずに, ひきずられて, ひどく弾み, びつくりし, ほかならない, ほかならぬの, ほぼ一週間, ほんとにおどろきます, また驚ろか, やや興味, ようやくしびれ, よせて, クヨ, ネセシティー, 一番注意しなけれ, 不便という, 不思議な, 不意を, 与へること, 乏きを, 乏しいあまり, 乏しいため, 乏しいと, 乏しいもの, 乏しい処, 乏しい叔母, 乏しい思考, 乏しい憾, 乏しい楽茶碗, 乏しい色彩いちよう, 乏しかつ, 乏しきこと宛僧侶, 乏しきの, 乏しき観, 乏しくて, 乏しく唯物珍, 乏しく奥行き, 乏しく臨機, 乏しく退屈, 乗じたもの, 些細の, 人々が, 今さらある, 今昔の, 伯父の, 伴いて, 伴うという, 伴う処, 伴う寂寥, 伴う生理的変化, 伴つて今まで, 伴つて平岡へは, 伴なう, 例証される, 偏つた表現では, 先立ちて, 刺戟せられ, 劣らず彼ら, 劣るが, 劣るもの, 動かされた, 勝るとも, 区分し, 及びます, 君が, 呆れ返って, 周平は, 喫驚した, 因つて無意味に, 因ると, 基いた結果, 基きます, 基づく穀物外国貿易以上, 堪えかねて, 大いに満足, 太刀打する, 如何に, 始終遭っ, 委せて, 存すという, 存する, 安じ, 容赦しなかった, 富みいずれ, 富みかつ, 富み且つ, 富み人間味, 富み優雅, 富み小, 富み折角, 富み明けても, 富み時, 富み景色, 富み濃淡色とりどり, 富み自由, 富み薔薇色, 富み音律上, 富むが, 富む中, 富む地形, 富む展開部, 富めるもの, 富める渓谷, 富める球, 富んだお花畑, 富んだその, 富んだの, 富んだ一種, 富んだ両, 富んだ人, 富んだ今日, 富んだ実物教育, 富んだ山波, 富んだ彼女, 富んだ楽しませる舞台効果, 富んだ無限, 富んだ生涯, 富んだ発達, 富んだ自然界, 富んだ複雑, 富んだ親子, 富んだ風景, 富んだ飛び方, 対処する, 対応し, 小首を, 少しも, 少年は, 就いては, 就て, 帰すべきなの, 帰因する, 幾分の, 当面し, 徴し得べきが, 心からそ, 心づいた, 心づいたの, 心づいて, 心を, 応じひそか, 応じる感覚, 応じ得る根幹, 応ずること, 応ずる風俗人情, 思わず大村, 思到らしむべし, 悩まされた時, 想い及んだ, 感じて, 慣れきって, 打たれて, 押しつぶされたまま, 拘らず出発点, 拘わらず常に, 支配される, 放任し, 敏感そうな, 於てだけ, 暫く息, 暫く感心, 最もよく現われ, 有力な, 歓声を, 止まり事実, 歩調を, 比すれば, 気が, 気がついた, 気がついて, 気がつかないの, 気がつかないらしく, 気がつく, 気が付かずに, 気づいたの, 気づいて, 気づかずには, 気づかない人, 気づかなかつたが, 気づくだけの, 気づくやいなや, 気の, 沿うて, 注意し, 注意も, 注意深い目, 注目せよ, 浮山も, 特有な, 特長を, 犯されたが, 直ちに随伴, 直面し, 相当する, 相違ない, 私は, 突然気づいた, 絶えず神経, 美が, 翻訳し, 耐えないという, 自分は, 自分自身多少, 苦しみ自分, 苦心し, 虚空を, 規則性が, 誘はれて, 誘われて, 誰も, 赴こうと, 途中から, 逢ったら意地, 逢って, 過ぎぬであらう, 達子は, 適応し, 適応せん, 遭逢した, 重きを, 関わって, 関心しすぎる, 随伴し, 際する, 非常な, 面喰っ, 順応する, 馬鹿らしいよう, 驚いて, 驚きながら, 驚きながらも, 驚く

▼ 変化する~ (373, 6.0%)

12 ことが 10 ものである 9 ことは 7 のである, のは, のを 6 ことを 5 もので, ものと 4 ことなく, のが, ように 3 ことによって, ということ, ところの, ので

2 [16件] かためし, かわかった, がしかし, とき第, とも知れません, のだ, のだろう, のです, のみならず, のよりは, ものであり, ものに, ものを, もの歴史的な, 事が, 眼の

1 [249件] か, かということ, かと驚く, かなどという大, かなどと云う, かに従って部分的需要, かの見本, かの道すじ, かもしれない, かも分らなかった, かも分らん, からこそ根本, からこの, からそれら, からである, からわからない, からハッキリ, から君, から相互, から結果, から面白い, かわからない, かを医学, か人間, か分りません, か彼ら, か解らない隠された, か風雲, がいい, が他, が其, が左手, こと, ことあっ, ことから, ことであろう, ことでしょう, ことです, ことと, こととを, ことなき, ことなし, ことの, ことはなはだ, ことも, こと有力なる, ごとに, し権威, そうだ, その変化, その度合, それで孔子, それは, たびに, ために, ためには, だけだ, だけで, というきょう, というの, というは克, という事実, とかそういう, ときの, ときは, ところで, ところを, とした, としても人間, とすれ, とともに次第, との判断, とは考えられない, とも人, と主張, と云, と云う, と仮定, と信じ, と共に, と共に変化, と同様, と嘘, と小説, と想像, と抒情詩, と白井誠三郎刎, と精神, と総べ, と言, などということ, などと云, にし, にした, にしたがっ, につれて其, につれて変化, には直観, には自然, に与, に従う, に応じ, ね, のか, のかと, のじゃ, のだった, のであった, のであつ, のであり, のであります, のであろう, のでそれ, ので吾, ので年齢, ので徳川時代, ので邦貨, のに, のみ, のも, の約束に, は十三歳頃, ばかりでなく, ほかは, ほどの大きな, ものか, ものかという, ものが, ものたりとの, ものたる, ものであっ, ものでない, ものでなけれ, ものとして, ものの, ものは, ものも, ものよりも, もの一つとして, もんだ, やうな, やうに, や否, ようだ, ようです, ような, をながめ, を指し, を見, を見出すべし, エネルギーの, ヘイこれが, メートルである, 一つの, 不安な, 事あり, 事さえ, 事だろう, 事で, 事である, 事は, 事竪に, 事驚くべく, 今日の, 仕方そのものを, 以上は, 以外に, 併し, 傾向の, 優しい笑顔, 光景を, 光線影雪の, 兵士と, 切か, 刹那に, 前の, 前触れと, 勢で, 可能の, 味で, 噴水の, 四囲の, 場合と, 場合には, 場合は, 境界を, 外には, 大空へ, 大阪を, 嬉しさ, 宇宙全体が, 実験に, 室内で, 山容の, 床の間風景は, 度で, 建築の, 彼の, 心は, 急激な, 態度優しく, 拍子疾き, 斑模様を, 料理の, 時に, 時期が, 時黒は, 最中で, 本質でなけれ, 本質としては, 機会を, 歴史的な, 物性すなわち, 特殊の, 状を, 現象, 現象である, 理法も, 環境を, 男女の, 目的との, 真の, 稀少性である, 空間経過する, 筈も, 素晴しい, 結果に, 継続的な, 緊張した, 美しくも妖しき, 臓器とが, 自覚の, 色彩が, 色彩とは, 色彩に, 虞が, 複雑な, 触感が, 訳が, 訳で, 訳であった, 訳にも, 迄で, 運動を, 遥に, 部分が, 部分である, 間の, 風で

▼ 変化~ (217, 3.5%)

11 ない 6 なかった 3 なしに, 起らなかった 2 ございません, 無い, 見えなかった, 起らなかったが, 起りません

1 [184件] あった, あつたらしくない, あつた様, あまり興味, あらわれなかった, あらわれぬもの, ありせぬ事, ありません, ありませんが, ありませんでした, あり進歩, ある, あるから, あるが, あるし, ある演奏, あれば, あろう, あろうとしても, いかなる堕落, いつ頃, おこりよう, おこり得るもの, おもしろい, この現象, こんなに急, したこと, しないこと, しないで, し成長, すでにその, する, せねば, そうです, ただ一つ, ただ虚無, ないあんばい, ないこれ, ないに, ないのみか, ないよう, ない世帯, ない仕事, ない作りつけ, ない定型的, ない怒り, ない極, ない自分, ない蜘蛛, ない踏み固めた, なかつた, なからしめて, なく, なくいろいろ, なくしかも, なくた, なくだらだら, なくなり凡て, なくひき, なくぼんやり, なくもとより, なく一箇, なく中生代末, なく主人, なく今日, なく全く, なく凡て, なく夜, なく太, なく太陽, なく平和, なく彼女, なく悔悟, なく情趣, なく持続, なく旅, なく昔, なく無事, なく続い, なく翳, なく苦痛, なく近代, なければ, なしそれで, なしです, なんの, また他, みえないお, みとめえなかった, ゆるしては, 一つの, 一段と烈しい, 与えなかった, 与え文学, 之では, 二人の, 人類の, 今の, 他の, 伝えて, 併し, 内的原因は, 凡ての, 加わるわけ, 及ぼさないという, 受けな, 受けないの, 受けなかった, 告げて, 多いはず, 多かった, 多く暮し, 多く高くなる, 多少とも, 大概の, 夫, 如何に, 宇野浩二の, 寂しさうに, 少くし, 思想なる, 恐らくは父, 意味深い, 感じられると, 感ぜられず怪しい, 或は蓮花開発, 明らかに, 春だった, 時代らしい, 有つて, 来さなかった, 来たして, 来ては, 極めて由緒, 此女の, 泥棒の, 津田の, 激しい時期, 無い様, 無い筈, 無かりし, 特色も, 現はれなかつた, 現れず殆ど, 現われては, 琉球国の, 相当あり, 瞬間的で, 示さずあいかわらずゆっくり, 示さずただ, 自分の, 自然の, 蒙らないであろうけだし, 見えずしたがって, 見えて, 見えませぬ, 見せなかった, 見なかったの, 見られない, 見られなかった, 見られぬその, 見受けられない, 見受けること, 見当らなかった, 見落すまいと, 見逃すまいと, 観て, 認められなかった, 認められませんでした, 起きては, 起こされないであろう, 起こらないで, 起さなかったならば, 起って, 起つて, 起らない, 起らないが, 起らないので, 起らぬ筈, 起り得ないありきたりの, 起ろう, 距り, 都会や, 齎らされないだろう

▼ 変化した~ (191, 3.1%)

12 のである 10 もので 6 のは 4 ので, ものと 3 ことは, ものである, ものであろう, ものを, んだ 2 かと思う, ことを, のが, のだ, のであろう, のに驚かされず, ものか, ものです, ものに, 姿を

1 [120件] か, かそれ, かという, かということ, かと言う, かもしれず, かも知れない, からこんな, からである, かを疑った, かを疑つた, かを知ろう, か知らない, が, がこの, がその, がなお, が世界, が普通, が江戸, けれどもまだ, ことから, ことが, ことでしょう, そうである, その表情, ためガ行音は, ため六十日余りを, だけで, であらう, ということ, というべきであろう, といふの, とかところ, ところが, としたら, とはい, とは何, とは言い得ないであろう, と同様, と思え, につれて文学, には理由, ね, のか, のかもと, のであった, のであります, のです, ので結婚, のなら, のには, のに面, のを, もの, ものが, ものすなわち, ものだ, ものは, ものゴシック式を, やうである, ようだ, ような, よりも更に, わけです, カ音との, スケッチを, ポリネシヤ語で, マリイ夫人の, 不可解な, 世相が, 事実を, 今一つの, 以上は, 儘で, 内容を以て, 南瓜蒸しという, 叙事詩の, 因縁は, 場合を, 大動乱, 居酒屋の, 形だ, 形で, 形のみを, 形は, 形を, 形式で, 彼を, 後に, 後には, 心の, 情勢は, 情況に, 意味で, 我国の, 所も, 文学次第に, 方を, 時代が, 時代の, 板状雪に, 気分を, 為に, 焼岳の, 爪の, 状態に, 状態を, 現象形態だ, 理由は, 石である, 社会の, 祝詞から, 自分の, 自己の, 色々の, 若林博士の, 虫に対すると, 諸要素, 近代において

▼ 変化~ (98, 1.6%)

3 言ふ 2 なって

1 [93件] いいまったく, いい夜, いうに, いうより, いえば, いったら全く, いわなければ, いわれるわけ, いわんより, くらべると, それに, なりまた, なれば, ますます客観的, われわれの, 一致し, 一致と, 一致とを, 不変現象と, 不意打ちと, 並びに変動, 九時十分頃には, 云うもの, 云えば, 云つては, 云ふべき, 人間の, 他の, 体の, 何の, 余裕との, 信じて, 偉大さを, 別に, 同じく一年, 同じもの, 同じよう, 同時にその, 同時に知性, 同時に行動, 向上とを, 地震という, 外に, 工夫を, 強い頤唇溝, 思う, 思われるよう, 意義分化とが, 感情と, 推移は, 推移を, 文壇の, 法律との, 活気が, 漢語の, 無数の, 甚だ深い, 田舎に, 申すもの, 発展を, 知ったという, 神秘の, 等しいと, 結びつけて, 美しさ, 自分の, 自由とを, 興味を, 色彩とで, 荒廃の, 見えざる変化, 見える武家, 見て, 見ること, 見ると, 見傚, 覚醒時に, 言えば, 言ったよう, 言わなければ, 認めなければ, 諧調に, 豊饒なる, 軽快な, 進歩が, 酔態を, 関係が, 関係の, 陰影と, 音色は, 順序の, 飛躍とを, 高層雲

▼ 変化させ~ (57, 0.9%)

4 ている 3 てゆく, てゐる 2 て来, て行く, て辻褄

1 [41件] あひ, あふと, あるいは暴動, そしてこの, つつある, つつ時間的, つつ流れつづい, つつ過ぎゆく, ていない, てくれるであろう, てこんな, てしまう, てしまっ, てしまった, てしまつた, てみよう, てもいけません, てもやはり, て参っ, て居所, て持久戦, て晴れた, て来た, て満足, て病気, て突破ろう, て自分, て行, て行くらしい, て行ったら, また後世, また遠く, やうといふ, 前進させた, 土屋根葺の, 彼の, 急テンポで, 未来に, 発展させ, 羽化させね, 雅俗折衷の

▼ 変化~ (51, 0.8%)

4 進化が 2 その味わい, 広い視野

1 [43件] いろいろな, が外部, ごく曖昧, その天地, またその後, テトラッチニの, リズムが, 人様の, 他国への, 信長の, 偶発事や, 兄夫婦の, 入れ替へは, 天候の, 奇蹟の, 対照は, 対立や, 小さな波, 惑いを, 推移が, 文句の, 文字や, 時間の, 朝夕の, 棉花の, 気温の, 状態にのみ, 生活の, 用途の, 発展が, 発展を, 矛盾撞着に, 自然の, 術策の, 覚悟をも, 転向が, 進歩と, 進歩という, 進歩は, 進歩を, 開化時代相応の, 音の, 風物の

▼ 変化~ (43, 0.7%)

1 [43件] あつた, あつたの, あつて, あらう, うつめ, かわって, これも, そうした親睦さ, その同類, その本人, その為, それからの, でも, とうとう張り通せなくなった, どうどうたる, ぼたぼたし, まず生れ落ちた, まず著しい, もしくは過度, もって, ようやく膝, よかった, 下手からは, 中止法に, 乳母の, 互いの, 分離し, 動揺する, 右手には, 向うが, 対手の, 小静脈, 幡江を, 後には, 微妙な, 昨日は, 書いて, 特に融雪, 矢木の, 私なら, 突然源泉, 結んだもの, 述べはじめたが

▼ 変化によって~ (41, 0.7%)

2 箱の

1 [39件] あるいはその他, あるいは数, いつしか色褪せ, お互いの, すべての, ウソを, 一の, 一語中の, 他にも, 八六四二の, 別な, 千差万別の, 向上される, 変化する, 大衆という, 妨げられるか, 姿を, 幾千億の, 徐々として, 捲き起されて, 散々に, 新しい事実, 暗礁や, 無くすること, 無限に, 爆発瓦斯の, 物理の, 生ずる結果, 生産物の, 相次いで, 眼に, 研究する, 私の, 私は, 種々の, 自己分析し, 豪華絢爛きわまる, 起る場合, 黄金を

▼ 変化させる~ (39, 0.6%)

2 ことが, のは

1 [35件] かについて一例, かわからない, ことだ, ことだけ, ことな, ことの, ことも, ために, といふ勉強, とか妻自身確信, とまつる, と共に四辺, には何ん, には自然的条件以外, に至, のかも, のである, のに, のみならず, ものでなけれ, ようだ, よりもむしろ, 事は, 云々という, 力と, 力などは, 力を, 原因と, 必要が, 所は, 為音楽を, 熱量は, 結果と, 訳に, 運命の

▼ 変化しない~ (32, 0.5%)

4 と仮定 3 ものを 2 ことを, ものである

1 [21件] からその, それは, で元, で居る, ところを, とすれ, とも限らず, と立言, と考えられる, と考え得られる, と見られる, ものが, ものでない, ものと, コンスタントな, 固定した, 影を, 所の, 筈である, 美しい悲しげ, 限りは

▼ 変化という~ (26, 0.4%)

5 ものは 3 ものが 2 ことに, ことは, ものも

1 [12件] ことだ, ことで, ことについても, ことにも, ことの, ことも, 事が, 意味に, 現実の, 程な, 言葉の, 通路によって

▼ 変化ある~ (25, 0.4%)

3 も面白く 2 よき構図, 面白い構図

1 [18件] が如く感ぜ, ことを, だけ調子, に服せし, のみである, ものに, ものを, を忘れ, 以上は, 光を, 内に, 捕え方, 様子や, 獣ぢや, 眺めの, 空気を, 繁みを, 者と

▼ 変化でも~ (24, 0.4%)

2 あつた, して

1 [20件] あり又, あるの, あるめ, あれば, ない, ないもの, なかった, なく同じ, なく確か, 二つの, 何でも, 出来れば, 構わない現世的, 船の, 調べて, 識別する, 起こすの, 退散いたします, 静かに, 鬼の

▼ 変化から~ (21, 0.3%)

2 人間そのものが, 精神に, 起るの

1 [15件] いかなる結果, すれば, みても, 一様に, 区別される, 又刺戟, 岩石を, 得た病的心理, 来る落着, 根原の, 水が, 生ずる相互, 皮膚が, 神格と, 起るあらゆる

▼ 変化では~ (20, 0.3%)

4 ない 2 あるまい, あるまいか, なかった 1 あったが, あるが, あるまいが, ないが, ないだろうか, ないとしても, ないの, ないので, なかつたの, 済まされぬ訣

▼ 変化にも~ (20, 0.3%)

2 感激する

1 [18件] かかわらず従って, すぐに, 失われる様, 富みそこ, 富んで, 彼の, 応用が, 拘らず本会, 時代の, 気が, 由るの, 眺める角度, 耳を, 臨機に, 遠い距, 都会人は, 鋭敏で, 驚き易い

▼ 変化には~ (18, 0.3%)

1 [18件] いかな克明, いっさい留意し, おどろいた, おどろくもの, おのずからきまった, かなり規則正しい, とりたてて, まるで別個, みんなハッキリ, やはり贅沢禁止, 何か, 何となく不自然, 否定の, 哲学的な, 気がつかずに, 越し得ない限度, 違ひない, 驚かないという

▼ 変化である~ (17, 0.3%)

2 がこの, ことは, ように

1 [11件] かとかいうこと, からだ, がそれ, が余り, が天然, と云わね, と同時に, 曲線運動は, 様に, 限りに, 限り他の

▼ 変化として~ (15, 0.2%)

1 [15件] あらわれる扱いかた, この際, そういう現象そのもの, ゐる, 仮定する, 勢力の, 幾多の, 捉えるの, 現われるはず, 理解する, 私の, 自覚した, 表象されね, 見れば, 認める事

▼ 変化なく~ (15, 0.2%)

2 して, 生きること

1 [11件] この頃, 一生を, 今日に, 保たれて, 働き続ける場合, 古の, 如何ぞ, 枝などは, 続いた, 行われたの, 電流が

▼ 変化~ (14, 0.2%)

2 と考へ

1 [12件] からと言, がともかく, といっ, とせ, とはきっと, とみ, と云, と云う, と私, と言, のと, のに挨拶

▼ 変化自在~ (14, 0.2%)

1 [14件] であつ, でその, なる法律家, な鬼, にとびあるい, に扱い得る, に見える, に語彙, に足拍子, の臂, の術, の身, の陣法, を極めた

▼ 変化と共に~ (13, 0.2%)

2 変化する, 私の 1 あるいは風習, いくらかずつ, ラザルスの, 内容も, 変更し得る, 大陸を, 必ず多少は, 絶えず変化, 電流の

▼ 変化につれて~ (13, 0.2%)

1 [13件] その広場, のみこめるけれども, 代弁理論が, 変化した, 女の, 必ず変動, 旅らしい, 明確に, 時代時代に, 木村項の, 海草の, 用ゐられた, 種々の

▼ 変化しなけれ~ (12, 0.2%)

5 ばならない 2 ばならぬ 1 ばこの, ばならなくなった, ば二商品, ば均衡, ば窮窟

▼ 変化せし~ (12, 0.2%)

1 [12件] かを想像, かを見ん, むることなれば徐々たる, むることは困難である, むることを明かに, むるの, むるを, めんが, ものと, を説く, 事を, 形跡あり

▼ 変化とを~ (12, 0.2%)

1 [12件] みせて, 与えた, 与えたに, 及ぼして, 喜ぶ自分達, 意識しないであろう, 支配し, 有って, 発見する, 考慮に, 見さ, 見そう

▼ 変化について~ (12, 0.2%)

1 [12件] すでに証明, なんらかの知識, 全く知らなかった, 理論的形式を, 第四, 考えこの, 考えて, 考察を, 自己紹介した, 観察する, 詳細に, 語り合って

▼ 変化し得る~ (11, 0.2%)

1 [11件] かの問題, かをすぐ, ことが, に拘らず, ものであろう, ものでなく, ものと, ものは, ものを, 事実を, 原因に

▼ 変化すべき~ (11, 0.2%)

1 [11件] かを計算, がゆえに, ことは, ことを, もので, ものであった, 人々の, 余地は, 具体的な, 時運に, 理由が

▼ 変化せざる~ (10, 0.2%)

2 が原因, は用語, を得ない 1 はいふまでも, をえず, を得なかったであろう, を得ぬ

▼ 変化とは~ (10, 0.2%)

2 このこと 1 おそらく密接, まるで反対, 云うものの, 反対物への, 大分趣きを, 如何に, 溶解と, 違います

▼ 変化せしめる~ (9, 0.1%)

2 ことは 1 ことが, ことを, ものが, 効果ある, 外的原因が, 根本の, 術を

▼ 変化による~ (9, 0.1%)

2 価格の 1 のである, ものである, やうに, 不作の, 刺戟が, 刺戟という, 植物景観の

▼ 変化をも~ (9, 0.1%)

1 こめて, ほとんど受けない, 予期しうる, 受け取らねば, 影響しない, 省略し, 示さなかったに, 蒙らないであろうこと, 見たいと

▼ 変化多き~ (9, 0.1%)

1 ところにおいて, ものと, をもって傍観者, を愛します, 世の中にも, 処において, 少年の, 快適な, 激戦を

▼ 変化させた~ (8, 0.1%)

1 ということ, のであり, のです, のは, ものが, ものであった, ものは, 事だった

▼ 変化させよう~ (8, 0.1%)

3 とし 2 とする 1 とせず, ともう, と考え

▼ 変化せしめ~ (8, 0.1%)

1 そして資本, つつある, ている, て了, て横隊戦術, て行く, また他, また将来

▼ 変化との~ (8, 0.1%)

1 ない生涯, 対立を, 恋愛譚は, 法則という, 統一的な, 間に, 間には, 関係が

▼ 変化によ~ (8, 0.1%)

1 つてうたへ, つてさまざまな, つては, つて或は, つて明暗の, つて条件づけられる, つて決定された, つて着物を

▼ 変化に対して~ (8, 0.1%)

2 結果の 1 どれだけの, 何等かの, 古代人が, 抱く強い, 時間的変化を, 相当の

▼ 変化したる~ (7, 0.1%)

1 だけの変化, だけの変化さ, は一, は外国交際, ものと, 刹那, 幾万年の

▼ 変化せず~ (7, 0.1%)

2 かつこの, 人間性に 1 にはいなかった, に持続, またはそれ

▼ 変化であっ~ (7, 0.1%)

1 てこれ, てそれ, てよもや, てカコモコ, て前段, て昔, て言わば

▼ 変化とともに~ (7, 0.1%)

1 お産の, ほとんど一時, 必要と, 政治の, 最も貴重, 滅ぶの, 軍事上最も

▼ 変化なき~ (7, 0.1%)

1 その職業, とによらずん, に驚かざる, の国, をもどかしく, 造化を, 雑談を

▼ 変化され~ (6, 0.1%)

1 つつあった, てい, ておる, てしまっ, てゆく, て馬鹿げた

▼ 変化であった~ (6, 0.1%)

2 かも知れない 1 がそれ, が皇室, ことが, のである

▼ 変化であり~ (6, 0.1%)

1 そのバンドリ, その意味, 勘解由家の, 文明の, 暗黒の, 織田家にとっては

▼ 変化とか~ (6, 0.1%)

1 いわゆる景気, そういうこと, 政界の, 生霊とか, 網に, 進化とかいう

▼ 変化とも~ (6, 0.1%)

2 ならない 1 思われない, 私には, 考えられる, 見えないので

▼ 変化~ (6, 0.1%)

3 のだ 1 ので驚異, ものの, 原始の

▼ 変化などは~ (6, 0.1%)

1 こういう現役兵, すこしも, もとより伊織, 今の, 仲間内では, 左程

▼ 変化において~ (6, 0.1%)

1 あるでしょう, 描いて, 更め見直し, 民主主義文学の, 真に豊富, 静かに

▼ 変化については~ (6, 0.1%)

1 一言も, 仮りに, 何人も, 善悪に, 大きな関心, 敏感に

▼ 変化作用~ (6, 0.1%)

4 より生ずる 1 が起こる, の心理的結果

▼ 変化曲線~ (6, 0.1%)

3 を作る 1 で二本, と確率誤差曲線, はこれ

▼ 変化無限~ (6, 0.1%)

2 の花模様 1 であるから, といえ, の不安定, の姿

▼ 変化あり~ (5, 0.1%)

1 かつ面白く, 他ならず, 手ごろに, 発達ある, 社会に

▼ 変化~ (5, 0.1%)

1 混同か, 考へて, 重点の, 魔性か, 魔法か

▼ 変化させられた~ (5, 0.1%)

1 からである, ことである, し或, のだ, 傾向での

▼ 変化された~ (5, 0.1%)

1 ことに, ものに, 例は, 状態でしか, 社会関係の

▼ 変化しよう~ (5, 0.1%)

1 とし, とした, とそれ, とも自分, と主人

▼ 変化って~ (5, 0.1%)

1 いた, おりました, しまうね, しまったの, ゆきそう

▼ 変化とが~ (5, 0.1%)

1 ある, 偶然性の, 吾人に, 起ったこと, 酷似せる

▼ 変化ない~ (5, 0.1%)

2 ように 1 でせう, としても新た, 宝物どもの

▼ 変化により~ (5, 0.1%)

1 または突然, 一国の, 信号を, 国内の, 結婚数の

▼ 変化に対する~ (5, 0.1%)

1 予期と, 性能が, 感じも, 敏感性を, 説明は

▼ 変化に関する~ (5, 0.1%)

1 ものであった, 事件が, 研究を, 観察の, 説は

▼ 変化より~ (5, 0.1%)

1 廃刀, 来る思想, 無くて, 著しくない, 見るも

▼ 変化運動~ (5, 0.1%)

1 すること, は物, も不可思議, をその, をなし

▼ 変化~ (4, 0.1%)

1 が少し, へ失ひ, へ失ふ, へ行

▼ 変化せぬ~ (4, 0.1%)

1 とすれ, ものでしたなら, ものは, 物だ

▼ 変化それ~ (4, 0.1%)

1 が運動, につけ, のみならず, を押えよう押えよう

▼ 変化だろう~ (4, 0.1%)

2 と思い 1 という驚ろきの後, と存じます

▼ 変化でなけれ~ (4, 0.1%)

1 ばならない, ばならなくなろう, ばならぬ, ば事件

▼ 変化ほど~ (4, 0.1%)

1 人の, 大きな変化, 完全な, 見る人

▼ 変化を以て~ (4, 0.1%)

1 したと, 最高音に, 行われその, 阿蘇や

▼ 変化多く~ (4, 0.1%)

1 挿絵の, 材料の, 独創的な, 華に

▼ 変化極り~ (4, 0.1%)

1 ない, ないもの, なき消長, なく活動

▼ 変化発達~ (4, 0.1%)

2 の跡 1 して, の幾多

▼ 変化かと~ (3, 0.0%)

2 思われる 1 沙汰せらる

▼ 変化かも~ (3, 0.0%)

2 知れない 1 しれぬ

▼ 変化こそ~ (3, 0.0%)

1 あれ種も, あれ蝉翅搨といった, 人間の

▼ 変化さえ~ (3, 0.0%)

1 あれば, なかった, 失い

▼ 変化させられ~ (3, 0.0%)

1 ている, て商品化, ハッピー

▼ 変化したら~ (3, 0.0%)

1 いいかと, どうした, 何に

▼ 変化します~ (3, 0.0%)

1 からどう, からまあ, な

▼ 変化すれ~ (3, 0.0%)

1 ばこそ更に, ばこれら, ばそれ

▼ 変化せられ~ (3, 0.0%)

1 その結果, てはいる, 敷衍せられ

▼ 変化った~ (3, 0.0%)

1 のじゃ, 事が, 人だろう

▼ 変化などを~ (3, 0.0%)

1 実験する, 速度計や, 間違へ

▼ 変化についても~ (3, 0.0%)

1 気ざやなりけりという風に, 独特な, 見られるの

▼ 変化に対しても~ (3, 0.0%)

1 弾性的に, 自己を, 鋭敏に

▼ 変化に際して~ (3, 0.0%)

1 変化しない, 総和において, 質的変化を

▼ 変化ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 でなくかような

▼ 変化への~ (3, 0.0%)

2 そして時代 1 方向に

▼ 変化または~ (3, 0.0%)

2 自由自在な 1 脱落は

▼ 変化~ (3, 0.0%)

2 ゴラン下サイ 1 看テ

▼ 変化又は~ (3, 0.0%)

1 四段活な, 推進が, 花と

▼ 変化極めて~ (3, 0.0%)

1 多くかつ, 多く山水, 豊かであっ

▼ 変化あらしめ~ (2, 0.0%)

1 ていた, より女

▼ 変化からも~ (2, 0.0%)

1 ぢき, 来て

▼ 変化この~ (2, 0.0%)

1 底知れぬ, 描かれた部分

▼ 変化さした~ (2, 0.0%)

2 と書い

▼ 変化さして~ (2, 0.0%)

1 匐いまわる水陸両棲類の, 見せる

▼ 変化さす~ (2, 0.0%)

1 のは, 事は

▼ 変化される~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 変化しうる~ (2, 0.0%)

1 という実験, 可能性を

▼ 変化しだした~ (2, 0.0%)

1 のに, ような

▼ 変化しなく~ (2, 0.0%)

1 ても歴史, ともそれ

▼ 変化し行く~ (2, 0.0%)

1 自由性, 自由性を

▼ 変化し進ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で行つて

▼ 変化し過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て困る, て居た

▼ 変化するであろう~ (2, 0.0%)

1 がしかし, ということ

▼ 変化~ (2, 0.0%)

1 ざらし, しかいわく

▼ 変化せしめた~ (2, 0.0%)

1 ものは, 歌人は

▼ 変化せしめない~ (2, 0.0%)

1 というとき, 程度に

▼ 変化せしめ得る~ (2, 0.0%)

1 はずは, 事情に

▼ 変化せられる~ (2, 0.0%)

1 ことによって, 用役が

▼ 変化その~ (2, 0.0%)

1 中に, 色彩その

▼ 変化そのもの~ (2, 0.0%)

1 が単調, はどこ

▼ 変化それ自ら~ (2, 0.0%)

2 が常に

▼ 変化だけが~ (2, 0.0%)

1 いいん, 阿呆の

▼ 変化だけでも~ (2, 0.0%)

1 気象に, 驚くべき経験

▼ 変化できる~ (2, 0.0%)

1 ものかと, ものでしょう

▼ 変化でない~ (2, 0.0%)

1 ように, 立体的な

▼ 変化でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならない, 現実の

▼ 変化とかいう~ (2, 0.0%)

1 ことが, 化学的根拠の

▼ 変化なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばなり, ば身

▼ 変化など~ (2, 0.0%)

1 あらゆる荒天, 数世紀にわたる

▼ 変化などが~ (2, 0.0%)

1 あっては, よく分る

▼ 変化などよりも~ (2, 0.0%)

1 新しい人物性格, 新らしい

▼ 変化なら~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ 変化なる~ (2, 0.0%)

1 のみ, ものは

▼ 変化についての~ (2, 0.0%)

1 エラスムスダーウィンの, 星城子君の

▼ 変化にでも~ (2, 0.0%)

1 挨拶に, 見えるかの

▼ 変化によっても~ (2, 0.0%)

1 また音色, 私を

▼ 変化によりて~ (2, 0.0%)

1 国家権力の, 生じたる新しき

▼ 変化~ (2, 0.0%)

1 応用せしめた, 眼を

▼ 変化もしくは~ (2, 0.0%)

1 前から, 改造を

▼ 変化もの~ (2, 0.0%)

1 の正体, 来よとばかりに

▼ 変化らしい~ (2, 0.0%)

1 ことは, 変化が

▼ 変化~ (2, 0.0%)

1 がなく, はない

▼ 変化をと~ (2, 0.0%)

2 望む矢先

▼ 変化を通じて~ (2, 0.0%)

1 不変な, 気短かに

▼ 変化メチャメチャ~ (2, 0.0%)

2 な混乱

▼ 変化並びに~ (2, 0.0%)

1 その受取り, 異性に対しての

▼ 変化~ (2, 0.0%)

1 て踊り狂う, でよ

▼ 変化出来る~ (2, 0.0%)

2 様に

▼ 変化削り~ (2, 0.0%)

2 の跡

▼ 変化即ち~ (2, 0.0%)

1 曲線の, 運動でなけれ

▼ 変化及び~ (2, 0.0%)

1 量の, 長期変化を

▼ 変化推移~ (2, 0.0%)

1 が行われる, をさながら

▼ 変化改竄~ (2, 0.0%)

1 を加, を蒙る

▼ 変化消長~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の有様

▼ 変化物語~ (2, 0.0%)

1 とアナトール, なかなか日本

▼ 変化異同~ (2, 0.0%)

2 の統計的型式

▼ 変化~ (2, 0.0%)

1 を要求, 悉く趣味

▼ 変化近頃~ (2, 0.0%)

1 書けなかったこと, 脂っこいもの

▼ 変化運用~ (2, 0.0%)

1 の妙, の妙天地

▼1* [280件]

変化あの心の, 変化あらばその, 変化あらざる限りは, 変化あらしめたのが, 変化あらんことを, 変化あるいは元子の, 変化ある吐き方によって, 変化ある程度に人類, 変化いうたら大袈裟か, 変化いたしましょうし, 変化いろいろ目に見えず, 変化およびそれにたいする, 変化かのいずれかから, 変化かやにはに山田の, 変化からか彼は, 変化がにからのに単純に, 変化きわまりなき種々相, 変化きわまりないものであった, 変化こそは唯一の, 変化ことに家を, 変化ごとに進歩, 変化さえも聞き洩らさなかった, 変化さしてくれた, 変化さし得て今, 変化さし得た被告を, 変化させしかるのちに, 変化させずにはおきません, 変化させたら気が, 変化させねばならぬ, 変化させられただろうと云う, 変化させられないままで, 変化させられ荒らされてしまう, 変化させ得るものは, 変化されない限り常に, 変化されます暮しの, 変化され得るような, 変化しかけて来た, 変化しかけたように, 変化しきたって更に, 変化したいと思っ, 変化したであろうと想像, 変化したろうと思う, 変化しつづけている, 変化してるのです, 変化しないならばこれら, 変化しなかったこの媒介物, 変化しはじめており, 変化しひらいていくら, 変化しゆく情勢に, 変化しろ馬鹿の, 変化し入れ換って, 変化し始めウェーバーとともに, 変化し従って又, 変化し得たが或いはまた, 変化し得ない仲間の, 変化し知って得難く, 変化し続いて急激, 変化し続けている, 変化し続けるべきものである, 変化じゃねえさ, 変化すなわち生れて, 変化すべく余儀なくされ, 変化すら予想し, 変化すらも毎日の, 変化するごとく人の, 変化するだろうかとは浅井君, 変化するではない, 変化するでしょうしその, 変化する如く季節による, 変化する能わざるもの多し, 変化せざりしなり, 変化せしめずには置かない, 変化せしめられたとへばすでに, 変化せしめられることなく, 変化せず見せたあとは, 変化せぬではない, 変化せねばならぬ, 変化せられざる唯一の, 変化せられたのは, 変化せられるべき収入を, 変化せるを語る, 変化そこに前, 変化そのあらゆる現象その, 変化それだけなん, 変化それらのもの, 変化そんな影の, 変化たらんとす, 変化たる所以の, 変化だけのものだ, 変化だけを分析抽出する, 変化だったそうである, 変化やと思はつ, 変化つかまつり候, 変化つたところが, 変化であったらば一刀, 変化であれば何等, 変化であろうと思う, 変化でございますわね, 変化でさえ新しいもの, 変化ですから私, 変化といふものが, 変化とかいふことが, 変化としか見えなかった, 変化としても有難いもの, 変化とでどんなに新しい, 変化とでも云いましょうか, 変化とになんらかの連関, 変化とや言わん一方, 変化なかった, 変化なかなか面白し市次郎, 変化ながら海の, 変化なくなったのである, 変化なさしめています, 変化なしに聞こえる, 変化なすったんです, 変化などさえ何らかの影響, 変化などとは考えて, 変化などについても一言も, 変化などのために, 変化ならびにこれに, 変化なんかがこういう工合, 変化なんかに気づくこと, 変化なんていやはや, 変化における進化の, 変化にたいする偏見とかいう, 変化についてというドランクル議長の, 変化にて座を, 変化にとり残されたもの, 変化にのみ心付き世の中, 変化にばかり向けて, 変化によりまして会員同士互いの, 変化によるの外は, 変化に対しこういう場合, 変化に従って大いに変化, 変化に関して憶測を, 変化のせゐもあつ, 変化のみならず地上, 変化はるかに少なき, 変化はをにも見られる, 変化ばかりが烈しく都市生活, 変化までいろいろある, 変化までも見のがさずに, 変化みたいに身, 変化みなこれ霊魂の作用, 変化もって放言高論, 変化やらまた安之助, 変化やらを秩序立て, 変化よりも多少後, 変化か, 変化か分りゃしません, 変化をかぞへるとき, 変化をば彼が, 変化を通して強固である, 変化ガアルノデソレガ脚ニ影響シテイルノダトモ云イ又レントゲン, 変化ガ何ヲ意味スルカハ, 変化シテイル證拠デアルト云ウ, 変化セイゴの突, 変化ト云和州芳野高野山野州日光山殊ニ多シ, 変化依ル神経痛ト云ウコトニ, 変化ニュアンスであると, 変化ハ已ムヲ得マセンガコノ前測ッタ時ト比ベテ異状ハアリマセン, 変化一つの奇蹟, 変化を観察, 変化乏しき青天を, 変化人生の推移, 変化の有効需要, 変化を進歩, 変化傷害ヲ与, 変化傾いている, 変化具体的に言うなら, 変化出没する訳, 変化分解融通せしめて, 変化利用及び量, 変化刺激に初めて, 変化動揺なく続く, 変化同然に心得ました, 変化四時の現象, 変化を作っ, 変化場面の展開, 変化境遇に従い事情, 変化増減を蒙る, 変化外国文物の移入, 変化多い現象の, 変化多し回顧すれ, 変化刷新とともに, 変化の如き, 変化好き意外好み新しい, 変化好都合な横道, 変化如何に由, 変化妖怪の類, 変化委員会委員長及び中央局局長, 変化宗教の勃興, 変化少くまた溌剌, 変化と凪ぎ, 変化なく何十日間, 変化平俗化と政論化, 変化幽冥果報というよう, 変化から推定, 変化強弱その階調等それら, 変化当然の里, 変化形式の発達, 変化応接にいと, 変化応用は到底, 変化と技巧, 変化愚かな狐伎, 変化感覚の遊離, 変化憎悪の眸, 変化或いは物質が, 変化改良で満足, 変化改造が加つて, 変化昇騰の象, 変化曲折の最も, 変化更新生ず, 変化最も多く各人, 変化月変化及び長期変化, 変化東京と地方, 変化極まりなきゆえに, 変化極まりなく活動止まざる, 変化極まりなしだが第, 変化歌仙でいうなら, 変化殊に課税や, 変化沙汰のある, 変化活溌さなどは求めない, 変化流転の姿, 変化浮気女のごとく, 変化消滅といふこと, 変化溌溂奔放自在なる, 変化の熱き, 変化無窮なり, 変化無窮無尽なり, 変化無限性を感じ, 変化の上下, 変化で形態, 変化玄妙の魔性, 変化しくない, 変化生々の大法, 変化生理的変化って, 変化疑わしき慣用法等を, 変化発展も目ざましく, 変化発展転化するの, 変化百端動いて, 変化的存在への助力, 変化皮膚が美しく, 変化盛衰に注意, 変化の, 変化りない, 変化笑お喋り心の変った, 変化二の, 変化縦横の庭園, 変化あらゆる屈辱, 変化聯想の変化, 変化自ら測る能はず, 変化自由の斜め, 変化自由自在でなければ, 変化至つて規矩を離れざる, 変化致し互に相, 変化色彩の配列的, 変化芝居大一座, 変化草木花鳥の開落往来, 変化融通がきい, 変化か, 変化起るので, 変化の影法師, 変化躍動しつつ, 変化するの, 変化転換して, 変化退縮の, 変化退化を被らぬ, 変化速度は約, 変化連絡によつて, 変化進歩するの様, 変化道程を説いた, 変化の少ない, 変化限定拡張並に縮, 変化階級の没落, 変化電撃的翻意くらいで, 変化順応せしめうる粘土, 変化頻度の分布, 変化が季節, 変化風俗人情流行の推移等