青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「変り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

変~ ~変え 変え~ ~変っ 変っ~ ~変った 変った~ ~変らず 変らず~ ~変り
変り~
~変る 変る~ ~変化 変化~ ~夏 夏~ 夕~ ~夕方 夕方~ 夕日~

「変り~」 2418, 26ppm, 4466位

▼ 変り~ (813, 33.6%)

299 ない 64 なかった 49 ないが 45 ないの 32 ありません 18 ないと 14 ないか 10 あるまい 9 ないから 8 ないよう 7 しない, ない筈, なくとも 6 ありませんか, ないん, なかつた 5 ございませんが, ないので, 無い 4 ございません, ないかも, ないけれども, ないこと, ないし, ないはず 3 ありませんでした, ないであろう, なかろう, 無いの, 見えなかった

2 [21件] ありませんが, あるめ, しなかつた, ないかと, ないけれど, ないだらう, ないだろう, ないという, ないね, ないもの, ないよ, なかつたが, なくこの, なくその, なく地の利, なけれど, なさそう, ねえが, 無いな, 無いよう, 無かった

1 [130件] あつて, あらしまへん, ありませぬ, ありませんいつか, ありませんからね, ありませんけれども, ありませんその, ありませんでしたから, ありませんでしたが, ありませんでしたけれど, ありませんでしたでしょうか, ありませんとても, ありませんので, ある, あるまいいっそ, あるまいが, あるまいと, あるまいという, あるまいな, あろうが, きいて, ございませぬ, ございませんか, ございませんけれど, ございませんまた, ございませんよ, ござんせぬ, したけれども, しないかと, しないでは, しないの, しなかった, しなかったが, しなかつたで, しまいか, しません, するものの, せぬ, せぬのに, ないかね, ないがな, ないさ, ないその, ないそれ, ないだらうと, ないだろうか, ないだろうと, ないだろうよ, ないぢ, ないっ, ないで, ないでございましょう, ないでしょう, ないとは, ないに, ないのに, ないものの, ないやね, ないらしい, ないらしく, ないわ, ないわけ, ないサ, ない事, ない何処, ない君, ない国民, ない寧子どの, ない理窟, ない祗闌氏生れ時, ない程, なかったろう, なかつたか, なかつたさ, なかつた筈, なからう, なかろうじゃ, なくた, なくたまたま, なくて, なくまるで, なくもちの木坂, なく住地, なく大島, なく天才モリエール, なく学び, なく彼, なく憂うるを, なく扁平, なく横着, なく武敏, なく海野君, なく無, なく物足りない, なく田丸家, なく申すまでも, なく監督官庁, なく私, なく鬢, なし跛足, ねえかい, ねえからな, ねえだろ, ねえという, ねえん, のうても, 寔に, 少いが, 御座いませんか, 有りませんか, 来ないの, 来なかった, 無いから, 無いでしょう, 無いもの, 無いわ, 無い其, 無い筈, 無え此処, 無かろうが, 無き筈, 無く名, 無く幹事, 無く曲者, 無く濡れ鼠, 百万分の一を, 致しませぬ, 見えなかつた, 見えません, 見られなかった

▼ 変り~ (300, 12.4%)

102 ない 31 なかった 15 ないの 9 ありません 7 ないと 6 ないよう 5 あるもの, なければ 4 ありませんが, ないから, ないが, ないので, なかつた, 無い 3 なくて, 無かった 2 あろうはず, ないで, ないはず, ないん, なかろう

1 [80件] あったか, あったでしょう, あの男, ありませんでしたか, ある, あるであろうが, あるもん, あるわけ, あろうとも, ございますから, ないおや, ないからね, ないさ, ないじゃ, ないだろう, ないであろう, ないでしょう, ないという, ないといふ, ないとも, ないのみか, ないはて, ないばかりか, ないほど, ないもの, ないやう, ないよ, ないらしい, ない程, ない筈, ない見たいな, ない采女, なかったら, なかつたの, なかつた半, なくちょッ, なくって, なくつ, なくとも, なくなって, なくまた, なく別に, なく又, なく喰う, なく感ぜられる, なく数時間, なく時, なく深い穴, なく私, なく至って, なく見世物小屋, なく静か, なけりゃ殺した, なさそう, ねえじゃ, ねえよう, わからなくなって, 大目に, 寺へ, 思いだせなかった, 来て, 激しくなった, 激しく漸次, 烈しいから, 無いが, 無いそう, 無いとも, 無いなら, 無いに, 無いの, 無いよう, 無い筈, 無きゃ宜いと, 無くば, 生じたとしても, 行われた, 見られなかった, 見舞った, 起りは, 起ろうとも

▼ 変り~ (164, 6.8%)

24 なかった 17 ない 8 ありません 6 ないの 4 ありませんでした, ないこと, ないと 3 なく 2 ありは, ありませんか, ございませんか, しない, ないが, ないで, なかつたが, なく今日, 御座いませんか, 無かった

1 [74件] ありませんでしたが, あるの, ある筈, あろうと, これなく候, ございません, ございませんで, ございません一体, した, したであろうが, しなかった, しましょうさ, するん, せず進みも, ないから, ないし, ないその, ないつもり, ないね, ないので, ないほど, ないよ, ないよう, ないボーフラ, ない一日, ない人情, ない其方, ない冷淡さ, ない奥方はじめ小四郎さま, ない室, ない容貌, ない平凡事, ない旧, ない程度, ない空, ない草叢, ない静けさ, なかつた, なかろう, なくいつの間に, なくただ, なくって, なくフチ, なく中御門, なく候, なく只, なく天才少女狩屋愛子, なく寧ろ, なく差し, なく床の間, なく既に, なく書いた, なく機械, なく正座, なく殊更, なく無事, なく米友, なく給仕, なく自分, なく裏, なく見える, なければ, よし, わからないやう, 乱れも, 変ったからね, 変つた, 変遷し, 無いが, 無いのに, 無うて, 見えないの, 見えなかつた, 見られなかった

▼ 変り~ (125, 5.2%)

7 ある筈 6 ないもの 5 あるもの, ないこと 4 ないの 3 あろう筈

2 [11件] ある訳, あろうはず, ない, ない元気, ない土蔵造り, ない姿, ない目鼻, ない限り, なかった, 如くに, 間に

1 [73件] あったの, あらう筈, あるたった, あるの, あるべき, いいの, うちにも, したの, ないがんりき, ないきよろん, ないざつくばらんな調子, ないその, ないちょッ, ないつ, ないどころ, ないほど, ないほどの, ないよう, ないアマ, ない一本, ない不安, ない主従, ない事, ない人群れ, ない人間, ない人間性, ない会釈, ない其等, ない処, ない十内, ない国, ない国々, ない声, ない外観, ない寂しさ, ない平凡, ない当り前, ない格子戸, ない気持, ない片側, ない犬, ない現在, ない現象, ない生活, ない眼, ない筈, ない範囲, ない簡単さ, ない自分, ない規律, ない親しさ, ない道, ない雄大, ない雲, ない面色, ない高い温度, なかつたの, なかるべき, なさ, 中で, 多い大きいとりすました, 季節に, 少ない言葉, 御方, 戦術家が, 時期も, 末に, 激しい昨今, 激しかった, 激しさ, 物好きだろう, 舞台の, 風情の

▼ 変り~ (94, 3.9%)

5 である 4 だ, であろう, をする 3 だった, であった 2 であらう

1 [69件] あまりな, か, があまりに, があんまり, がいろいろ, がすぐ, が中, が余りに, が彼, が映った, が自分, だったそう, であつ, でありますので, でございましょうあんなに, でした, でしょう, です, ですが, ですぜ, でないの, ではない, ではなかっ, というの, について種々, になった, には役者, には皆, にまったく, に呆れ, に強い, に雲水, に驚い, に驚きました, に驚く, に驚ろか, のはげしい, の最も, の激し, はおそらく, はこの, はそれ, はそれぞれ, はたいへん, はほとんど, は伊織, は冷酷, は相当, は葛岡, もなお, もなく, も変り目, も無数, も目ざましい, や, やら離し, をこの, をし, をした, をなすった, をわたくし, を思え, を書い, を申します, を示し, を竹中半兵衛, を見, を見せ, を見る

▼ 変りなく~ (73, 3.0%)

2 やって, 流れて, 秋を, 細民の, 自分の

1 [63件] うごいて, お暮し, お達者, かつて何事, ここに, この処, すぐ彼, そして其所, そして衣裳, そのできあがった, その全権, その善い悪い, そんな格好, たいへん楽, ただのべつ, ただ戦争, たのしめる日本, ちょッと, つづけて, できるもの, やはり昔, タダで, 何でも, 何となく私, 働らいた, 其上点の, 召抱えて, 同様の, 味へる, 商いも, 場末の, 存在した, 家に, 市中の, 平気で, 彼の, 息づいて, 悠々然として, 折々紺屋, 拍子だけで, 挨拶した, 撫子模様の, 晴れ晴れした, 枕頭に, 水害の, 港の, 熱は, 燦然と, 生きながらえて, 相見した, 私達の, 秋の, 聞えて, 胸の, 虚心で, 行き交いして, 見えること, 賑わって, 輝いて, 迎えられて, 開かれますが, 食へる, 鳴り轟いた

▼ 変りない~ (54, 2.2%)

42 ね, 様に

1 [46件] かくれぐれ, かしら, かと訊ねる, かね, が実は, が実力, が歯, けれど至急, であらう, ところを以て, と存じます, と思います, と思ひます, と見え, なめらかな, の, のである, のです, のを, はず, またお, ものと, ものに, んだ, 一つの, 世の, 事, 事は, 刻薄な, 及川に, 地主小作の, 姿であった, 日々が, 暴力的交通状態の, 様をも, 様子, 気楽な, 流暢さです, 物が, 精神状態に, 習慣に, 調子で, 貧弱さであった, 赤である, 静けさに, 顔を

▼ 変りよう~ (53, 2.2%)

3 である, はどう 2 がない, であつ, でしょう

1 [41件] うかと思わぬ, があるまい, がそれ, がやや, がキャラコさん, が世間, が烈しい, が突拍子, が老, が非道, じゃなあ, するもん, だ, だから, だとか, だとは, だろう, であった, であろう, であろう赤児, でした, でしょう蝙蝠安, で以, で御, と共に何もかも, と想像, と言ったら, にも変らない, に愛想, に気づい, のなかっ, の激し, はさ, は京都, は私以上, ばっかりは今, もない, をし, を彼女, を知ったら, 一気にし

▼ 変りつつ~ (43, 1.8%)

11 ある 7 あった, あるの 4 あること 2 あると

1 [12件] あった時期, ありこれから, あるか, あるでは, あるとき, ある時代, ある物, ある道路, 相変らず, 苛責の, 行くか, 進んで

▼ 変り~ (35, 1.4%)

2 しなくとも

1 [33件] いちいちそうていねい, その生活, その移り変り, ますようお笑い, また思った, もって, キャッチする, コクメイに, 予想し, 予知さす, 信ぜざるべ, 吟味し, 変りとも, 察した, 希うとき, 急速に, 敏感に, 極度に, 知る他, 端的に, 経験し, 経験した, 考へて, 見て, 見ること, 見るやう, 観じて, 話せと, 誌せ, 遠くから, 離れたる者, 飽きも, 黙って

▼ 変りかた~ (34, 1.4%)

3 をした 2 である

1 [29件] がうまく, がね平民, がよく, が現れなかった, が現在, だった, だと, だろう, であろう, でしょう, ではない, とかなり, とは同じ, なの, において作家, にほとんど, に互, に益々, のひどい, の激し, の良, はいったいなんと, は何とも, は眺め, は興味深く, は過去, をし, を御, を見

▼ 変り~ (29, 1.2%)

2 その名, 楽しげ

1 [25件] あらんか, おもに気候, これは, めぐる姿, 不孝者よ, 今は, 何を, 兀げたる, 出遊, 去年新たに, 可悩しげ, 女子の, 山の, 常の, 待合に, 愴然たる感いと, 日下に, 明日未明に, 父が, 眼を, 砕くる浪, 著るく痩せたる如く, 藤本信如と, 行くもの, 見渡す限り

▼ 変りやすい~ (21, 0.9%)

2 ものだ

1 [19件] がウェーブ, ごき, ので必然的, は男心, もので, 人ごころという, 人で, 像を, 動きやすい, 北田は, 晩秋の, 朦朧たる, 秋空が, 空模様思いがけない, 者は, 色彩燈台の, 花車な, 軽薄もの, 顔色を

▼ 変り易い~ (20, 0.8%)

3 から

1 [17件] ものだ, ものは, んです, 一面には, 世間の, 人だ, 仏蘭西人みたいな, 信義には, 北田は, 天候が, 彼は, 微風が, 心で, 意見を, 男だろう, 秋の, 色褪め

▼ 変りやう~ (19, 0.8%)

2 をし

1 [17件] が仰山, が甚だしい, が稍, であらう, であるけれども, です, とも云, と言, にもいろいろ, に何, に思はずとまどう, に驚いた, の一々, はそれら, は目ざましい, を初瀬, を細君

▼ 変り~ (16, 0.7%)

1 [16件] いちいち進路, する, なった, なったの, なったよう, なって, なの, ならないばかり, ならないん, 力を, 変って, 注意ぶかく, 過ぎないの, 過ぎぬので, 重点を, 馴染み至って

▼ 変り~ (14, 0.6%)

1 [14件] が多く, だったらしい, だと, でありましたが, でございますが, でその, でミジン, として出来得る, と化け物, に適する, の余, の婦人, をも言わず, を賞翫

▼ 変りその~ (11, 0.5%)

1 [11件] ように, 上昇は, 中には, 声の, 天人の, 実践局に, 湖水は, 物腰の, 眼差の, 紙の, 頭部が

▼ 変りそう~ (10, 0.4%)

1 じゃそう, だ, だから, だった, だという, である, なの, な危険, な慄, に思われる

▼ 変り~ (10, 0.4%)

5 えも 3 えの 2 えが

▼ 変りなかっ~ (9, 0.4%)

71 たが, たん

▼ 変りながら~ (8, 0.3%)

1 すぐ止ん, やはり何, 急速に, 文法的組織は, 甲斐, 瞬いて, 逆に, 遠くなっ

▼ 変りなき~ (8, 0.3%)

1 その池水, もこの, 余が, 同様の, 吏に, 大生命, 姫路城の, 道理である

▼ 変り~ (7, 0.3%)

1 いつもニコニコし, いらつし, ずい分病人が, 今では, 例外に, 引き抜いて, 身短く

▼ 変り~ (7, 0.3%)

1 があった, がある, が一つ出来二つ, が出来た, が殖え, すなわち園芸的品種, である

▼ 変りそして~ (5, 0.2%)

1 ほぼ定められる, 不意に, 声が, 真空管に, 遂にその

▼ 変り~ (5, 0.2%)

1 あし, けれど修身, けれど彩色, のでござる, 槇の

▼ 変り~ (5, 0.2%)

1 がって, しないさ, する, はりまして, 変ったもん

▼ 変り~ (5, 0.2%)

1 だってほんとう, ですこし, なん, も改まっ, よ

▼ 変り易く~ (5, 0.2%)

1 ドードーッと, 忽に, 朝から, 降り出して, 雨も

▼ 変り栄え~ (5, 0.2%)

1 があったら, がない, のする, もせぬ, もなく

▼ 変り~ (5, 0.2%)

1 の凝った, の厚い, の絹ハンケチ, の羽織, の靴下

▼ 変りそれ~ (4, 0.2%)

1 から四十五歳, がまたぞろ, が十分間, をかざし

▼ 変りまた~ (4, 0.2%)

1 その両, 幾つもの, 新鮮な, 答者も

▼ 変りやがて~ (4, 0.2%)

1 は形, 揚屋路地の, 紫色に, 見る間

▼ 変り~ (4, 0.2%)

1 があった, でもおこった, はない, をききます

▼ 変り~ (4, 0.2%)

1 かにつけ, か一歩, とし, も知らぬ顔

▼ 変り武士~ (4, 0.2%)

2 の母 1 が頼み, の扇子

▼ 変りたる~ (3, 0.1%)

1 サラダか, 姿に, 時にこそ

▼ 変りでも~ (3, 0.1%)

1 しますと, すると, するよう

▼ 変りという~ (3, 0.1%)

1 ことに, ものが, 奴を

▼ 変りやすく~ (3, 0.1%)

1 また臣下, 従ってもし, 海の

▼ 変り~ (3, 0.1%)

1 がわなない, の色, をぶる

▼ 変り~ (3, 0.1%)

1 うつり伊達家, 移って, 移りまして

▼ 変り~ (3, 0.1%)

1 だった, で, であろう

▼ 変り~ (3, 0.1%)

1 ぐらいのこと, に黒朱子, の附きました

▼ 変りこの~ (2, 0.1%)

1 婆さん女の, 薯薬が

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 うである, へすれ

▼ 変りすべて~ (2, 0.1%)

1 が新, の景色

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 からたまらねえで, といっ

▼ 変りっぽい~ (2, 0.1%)

1 ものね, ようです

▼ 変りです~ (2, 0.1%)

1 もう少し変った, よ

▼ 変りでは~ (2, 0.1%)

1 ないが, なかった

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 すれば, びかゝる身構へに

▼ 変りどう~ (2, 0.1%)

1 かすると, したこと

▼ 変りなかなか~ (2, 0.1%)

1 正体現さぬ, 見つからないもの

▼ 変りなし~ (2, 0.1%)

1 か, とのひと筆

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 うったら, うったらなかっ

▼ 変りトタン~ (2, 0.1%)

2 で顔

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 た目, に飜

▼ 変り二人~ (2, 0.1%)

1 のひそひそ話, の心

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 ではそんな, まで此処

▼ 変り口角~ (2, 0.1%)

2 には白い

▼ 変り大きな~ (2, 0.1%)

2 口を

▼ 変り少し~ (2, 0.1%)

1 浮ばれた, 狂気し

▼ 変り工合~ (2, 0.1%)

1 は見た, や感情

▼ 変り年増~ (2, 0.1%)

1 になった, に変り

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 がふるえ, を発明

▼ 変り文吉~ (2, 0.1%)

2 はこき使われた

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 さを, りて

▼ 変り最後~ (2, 0.1%)

1 には薬, にピストル

▼ 変り海外~ (2, 0.1%)

2 へ紙

▼ 変り狼ども~ (2, 0.1%)

2 は耳

▼ 変り現に~ (2, 0.1%)

2 尚新潟市民

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 が地面, の色

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 の抱い, を跳び上らせた

▼ 変り立ち~ (2, 0.1%)

1 変りだ, 変り彼女

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 の膝掛, 多し

▼ 変り至極~ (2, 0.1%)

1 く平穏, 無造作に

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 の萌え茂る, や木

▼ 変り行く~ (2, 0.1%)

1 世の, 奇特を

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 成候も, 成候荒尾様に

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 の色, も青く

▼ 変り~ (2, 0.1%)

1 が一杯, に代っ

▼1* [282件]

変りあちらにいた, 変りあに世の, 変りあることなし, 変りいやに気, 変りうわべはおだやか, 変りざらぬ, 変りおれは自分, 変りかた為也が前, 変りかつ夕闇は, 変りから自然に, 変りがちだった, 変りきわめて穏健で, 変りこうでその, 変りここに元素, 変りこっちにどう, 変りこのごろは何かと, 変りごとがあった, 変りさうだつた, 変りさうになるから, 変りざきが一本ある, 変りに相違, 変りしかもそれが, 変りすっかりクサる, 変りそういう自分の, 変りそして又このバー, 変りそれから又短剣, 変りそれほど完全に, 変りただ客の, 変りたらし引きすぼめし, 変りだっていいましたよ, 変りだろうよ, 変りだんだん進んで, 変りちと悄気た, 変りちらりと火が, 変りついでまた橘井堂医院と, 変りついにはワナワナ, 変りつらむ, 変りでありまた新, 変りとうとう五年間その, 変りとして見て, 変りとたんにイソイソと, 変りとにかく集注し, 変りとも気づかず住みてが, 変りどうして隆夫が, 変りない大きさだった, 変りない薄暗さの, 変りなかりし由, 変りながらも皇室の, 変りなきはかなさよ, 変りなく淋しくなやましくあつた, 変りなく熱い茶か, 変りなさいましたね, 変りなど矢代に, 変りなんだか疑いを, 変りなんとなく手答えが, 変りにくいということ, 変りについて私が, 変りになつて七代目の, 変りにはなりませぬ, 変りにや遽かに, 変りに従い眼に, 変りはるかなるフレエジュ, 変りびっくりして, 変りほとんど日々の, 変りへんがな, 変りまるで喧嘩腰に, 変りみんなふは, 変りむら立って, 変りにいます, 変りもうこちゃこちゃした, 変りもっと間が, 変りもはや手なし, 変りもんだったん, 変りもん同士で面白く, 変りやすくはなはだしい苦境に, 変りようそこには愛妻, 変りようはずがありません, 変りよう事情の違いよう, 変りよう眦も屹, 変りよその医者, 変りアカハタ新聞が五部, 変りエイ這顔の, 変りオンバイゴトなどという児, 変りグラと奈落, 変りズボンを穿き出した, 変りゾッとする様, 変りチヨツキを着た, 変りノミ屋へ取られ, 変りホドはヒホド, 変り一生涯私をいじめた, 変り一身が快感, 変り丁寧にファウスト, 変り三人の女給, 変り三十三年と三カ月, 変り三味線の低い, 変り三木雄の暗黒世界, 変り事態は変っ, 変り互いにこのまま, 変り五色の水玉, 変り人家も多く, 変り今日までまる, 変り今朝の目企, 変り何時しか隣家の, 変り余程な苦しみ, 変り保吉自身は腰, 変り個人も成長, 変りて勘定奉行ニ, 変りは可, 変り入り変りしたこれら, 変り入国したもの, 変り全員討死戦法に変った, 変り全滅抗戦へと急ぐ, 変り八反の昼夜帯, 変り公卿は鋭利, 変り兵火や震災, 変り其形貌性格や対人地位, 変りを示せる, 変り別人に誕生, 変り助言をした, 変り動的要素が殖え, 変り印象が違う, 変り原庭の松厳寺, 変り豊富に, 変り古い物の, 変りの娘, 変り同じテナーでも, 変り同時に擂古木, 変り周囲の情勢, 変り呼吸が変り, 変り和田の叔父さま, 変り咲きであった, 変り哀憐の情, 変りもひとしお, 変り往来から, 変り商品もランプ, 変り四肢から臓器, 変り国境は違っ, 変り堅気一方の陰気, 変りも変り, 変りになる, 変り外交に平和政策, 変りが皆, 変り如何にも力なげ, 変りなところ, 変り宗教的あこがれと変じ, 変り対岸は白い, 変り尊氏はあらためて, 変り小さな無数の, 変り小倉服を脱ぐ, 変り小流も埋立, 変り山の端に晴々, 変りの上, 変り岸辺の砂浜, 変り常に卒業し, 変り平次と八五郎, 変り幾星霜が飛び去っ, 変り広大となる, 変り広野は絃歌, 変りもおもしろい, 変り廃刀令が布かれ, 変り弓矢の用材, 変りが変った, 変り役者が変り, 変り彼女を追っ, 変り後にまた棟方与右衛門, 変り従って舟の, 変り徳川が明治, 変り心臓は停っ, 変り必死となっ, 変り急激に大, 変り悲しゅうございます, 変り我々の生活, 変り或は寄り集ひ, 変り所有価値が暴騰, 変り手帳の内容, 変り手振り身振り鮮やかに運び, 変り振りだ, 変り改まりまたみずから展開, 変り文化は進ん, 変り新しくなるとき, 変り新聞社関係の人, 変り新進の作者ら, 変りの御子甦生, 変り日毎に二人, 変り易かった, 変り易きをも悟り得, 変り昔ながらの藪睨み, 変り星移りの講釈, 変り昼休みなしで, 変りを経る, 変り時遷りて, 変り時間なども変えられ, 変り暫くの間, 変り朝夕の寒暑, 変りのごとく観する, 変りもしない, 変り棒立ちになる, 変り模様とても知らぬ, 変りも少なく, 変り櫓拍子が変り, 変り次に第三, 変り正面より問, 変り水墨の画, 変り注意周到に造作, 変りづらも, 変り海上はよほど, 変り深山の洞, 変り烈しい東南風が, 変り烈風強雨こもごも至っ, 変り無いと答, 変り無うやがて丑満, 変り無くまあ小, 変り無しただ之, 変り異常事の只中, 変りも出ず, 変り発狂でもしたで, 変り百花の乱れ, 変り益々声を, 変り相方の希望, 変り眉一つ動かさず凝乎, 変りの人間, 変りはついに, 変り石ころは又, 変りのやう, 変り社長が工場廻り, 変りを濫造, 変り神明西などはその, 変り移ってしまった, 変り穂先ごとに滴, 変りかな河, 変りたり, 変りひが, 変り給わない神は, 変り緊迫が次第に, 変りの青っぽい, 変り編みの毛糸ブラウス, 変り織りの袷, 変り羽毛の雛鳥, 変りながらそれでも, 変り耳隠しがパアマネントウェーブ, 変りの内俄, 変りが紫色, 変りには物々しき, 変り自ら誇りとし, 変り自分自身もまるで, 変りもする, 変り苦しむところを, 変り草木の露, 変り蜜柑で鍛冶屋, 変りは最後, 変りに飢え, 変りならむか公私, 変りを歩い, 変りは燕尾服, 変り表面からそれ, 変り装釘の色, 変りのついた, 変りの指, 変り近頃は一番綺麗, 変り過労のため, 変り道具を試みる, 変り野馬たちまち家馬, 変り鋭いプロザイックな, 変り鍼灸屋に変り, 変りの前, 変り閑地について彼, 変り間もなく静かに, 変り降雪のちまた, 変り隅田川のダルマ船, 変り電流計に感じる, 変り電燈に移っ, 変り非常に濃く, 変りが変る, 変り頂上からはそれら, 変りを伝う, 変りから冷たい, 変り飛白の下著, 変り馬鈴薯は三度目, 変りだけで, 変り高台はやがて, 変り高田の帯際, 変り鶏買いは豚買い