青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「同心~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一 同一~ 同人~ 同僚~ 同士~
同心~
~同志 同志~ ~同情 同情~ ~同意 同意~ ~同時に 同時に~ ~同様 同様~

「同心~」 1046, 10ppm, 10624位

▼ 同心~ (209, 20.0%)

4 出役が, 出役は, 屋敷へ, 面々は 3 連中は

2 [14件] お役, ひとりが, 一隊です, 中島が, 内藤さんが, 出役を, 加山耀蔵と, 岡村勘解由が, 手で, 手の者が, 桐島伴作が, 藤波友衛が, 説明を, 面々が

1 [162件] いるの, お供あり, お調べ, かたがた, からだは, ことは, そういう言葉, たぐいまれな, なかで, はずだ, はてまで, ひとりは, ひとり安井民右衛門が, ような, ように, 一人が, 一族では, 一行, 一隊百人ばかり, 三浦真, 上席で, 上役が, 下には, 下役に, 中で, 中島市蔵という, 久保山喜十郎樣, 井田十兵衛を, 人々の, 人を, 仮吟味, 伊藤治太夫でした, 佃三弥と, 住む青山百人町, 供を, 俵一八郎が, 俵一八郎という, 倅近藤梶五郎般若寺村の, 倉橋剣助は, 内幕を, 出動によって, 前に, 加山と, 加山波越らも, 加山耀蔵が, 加山耀蔵だった, 勤めで, 勧めで, 南沢鉄之進でした, 友は, 唇から, 土岐鉄馬は, 坂部治助が, 堅田党や, 大和田金三郎樣です, 大崎鉄之, 大淵吉十郎という, 夫婦が, 奥野久平を, 宅へ, 宇多熊太郎という, 安井友右衛門それに, 安井友右衛門と, 安井土岐助, 安井民右衛門, 安井民右衛門と, 実数は, 家で, 家に, 家よりも, 小山新兵衛を, 小田中左門次が, 小田中左門次でした, 小田中左門次は, 屋敷の, 屋敷を, 層が, 岡安喜兵衛であった, 岡安喜兵衛に, 岡崎から, 岡村勘解由眼八について, 岡村突然, 座から, 役, 御家人で, 悪闘, 態度も, 或る, 戸田重右衛門, 手から, 手に, 手へ, 指揮で, 故もて, 故を以て, 敬四郎が, 數人スハと, 方が, 旨を, 昔の, 曲風を, 村田良助が, 株を, 株代として, 桐島伴作であった, 桐島伴作であり, 検視を, 槇原の, 次男で, 河合伝八も, 浅間丈太郎は, 湯浅鉄馬が, 無二の, 無足見習, 甘寧, 田宮様なら, 白須源吾であった, 目を, 相沢半, 眼が, 矢上十郎兵衛は, 石崎久馬が, 端くれでございます, 精神だ, 細君の, 組屋敷を, 結, 総代として, 者, 者だ, 者みな暗澹な, 者も, 者を, 者無, 耳には, 耳にも, 職に, 肚を, 股倉へ, 許が, 許しが, 詰め所の, 話は, 起請文を, 輩と, 近藤常平, 近藤常平様の, 近郷の, 追撃を, 連中へ, 連中も, 部屋に, 鈴木とやらへ, 集まって, 面々なども, 面々の, 面々も, 顏にもか, 顔にも, 駆けつけたの, 駈け付けたの, 高見源四郎は

▼ 同心~ (86, 8.2%)

3 あるかと, 宰領し 2 一人長太郎の, 出役, 悲しい話, 腕に, 配下の

1 [70件] いかにも田舎役人, いて, おのおの二人ずつ, お綱, こう言う, その支配, ちょうど手紙, つけて, にせ物, のっそりと, ふすま, やって来て, ゐて, 一人来, 一年の, 三四百人は, 下調べを, 下谷へ, 不意に, 二三人の, 二人その, 二人奉行米津勘兵衛の, 二人板橋を, 五人ずつ, 五十人ずつ, 人々の, 先に, 入って, 出動せね, 出張し, 又ぽ, 召捕りに, 四五人ぐらいずつ, 土地の, 土間へ, 夜中乍ら出張つて來て, 大寺源十郎を, 嫌に, 少くとも, 居て, 岡っ, 左右に, 待ちかねて, 従く, 手下を, 打ち水に, 押寄せて, 指図を, 振った十手, 旗本衆と, 来て, 東山堂へ, 梯子の, 物々しく云った, 狂奔する, 町役人と, 町役人を, 矢の, 答へ, 管轄違いの, 考えて, 自分で, 蚤取, 調べて, 警護し, 負けない気, 颯っと, 首を, 駆けて, 駆け付けて

▼ 同心~ (61, 5.8%)

2 傍で, 畏まり候

1 [57件] かれを, ことごとく御, この騒ぎ, ずいぶん多い, そばで, まず以, みな蟄居させられた, やや暫くの, シテ其甚兵衞と, ピシリッと, 一人の, 三百人も, 不可解そうに, 不意に, 不覚の, 両方を, 事に, 二人の, 云うに, 云って, 仲間小者と, 余の, 兵部の, 凶徒の, 初めて気がついた, 南北あわせ, 品川沖の, 大工どもを, 大抵若い, 夫と, 委細畏まり, 彼に, 御城代, 惣内を, 慄へ, 手具脛を, 數も, 早速其夜小柳町, 暫く考え, 最外, 油断を, 甚兵衞の, 異常な, 目くばせし, 目明し岡ツ引の, 眼を, 空しく帰っ, 立出其許儀嘉川主税之, 笑いながら, 筑前真実うれしゅう, 米友の, 罪人の, 群集の, 胡散くさそう, 蠣店で, 言下に, 顔を

▼ 同心~ (49, 4.7%)

4 連れて 3 勤める人, 相手に 2 呼れ, 率ゐ

1 [35件] すぐこの, ちかって, はじめ江戸じゅうの, ひきあわせてから, 二三十人連て, 二人連れ, 住まはせて, 借りに, 動員し, 勤めて, 勤役中下されおく, 十軒ぐらゐは歩かなき, 合併した, 呼ばないわけ, 呼び集めて, 呼んで, 始め町方の, 市中見廻り, 引き纏めて, 引き連れて, 引連來り, 東堀へ, 紹介します, 見たよう, 誓うに, 語らい廻文, 貰つたのだ, 走らせて, 道づれに, 遣されしかば, 随へて, 鞭打って, 顎あつかい, 顧みて, 馬喰町旅籠屋清兵衞方へ

▼ 同心~ (45, 4.3%)

2 任せ寺社, 命じ江戸中, 報告し

1 [39件] さんざん売女扱い, したところが, その支配権, たのんで, ならねば, なりこの, 一方に, 一礼し, 云いつけて, 何か, 公事師も, 化けて, 同心は, 命じその, 命じて, 命を, 工事を, 引渡すの, 成りて, 招かれて, 指揮された, 探りの, 極まったぞ, 渡されたと, 申付られ, 番所に, 知らんと, 筋を, 細いが, 総出仕, 耳うちした, 聞いて, 至る迄, 訴え出ました, 訴へ, 豫て, 追われた弦, 遠見を, 駆られ曳きずられて

▼ 同心~ (37, 3.5%)

2 いえば

1 [35件] あらば, いやあ御家人仲間, おぼしき頭, お手先, お蝶, その下男, その妹, なって, なり横取り, みえる, みると, もう一度差し出すべき, やって来て, 一緒に, 万吉とを, 云つても, 周馬有村の, 外濠の, 小人とを, 小者の, 往来の, 手先は, 捕手は, 書役が, 書役左の, 村役人の, 申した奴, 脚絆手甲の, 興福寺所属の, 見廻りの, 覚えて, 観破られ, 話して, 近所の, 銀五郎の

▼ 同心たち~ (27, 2.6%)

1 [27件] あッと, がかたまっ, がそれぞれ手下, が彼女, が追いかけ, と共に栄二, と捕手たち, などの奉行所付, に吟味, の一団, の双肩, の叱咤, の席, の弁護, の意見, の手, はおかしく, はにわかに, はもちろん, は役所, は相手, は知っ, は警衛警備, へ早口, まで駆っ, も光子, を紹介

▼ 同心~ (26, 2.5%)

2 あつた, 無視する, 町役人も

1 [20件] あった, かたずを, すぐに, すばらしい活躍, つい貰い泣き, ない, 与力も, 何か, 捕手の, 捕手も, 検視に, 歩いて, 町内の, 直ぐに, 笑いながら, 自分たちが, 足軽も, 驚いた様子, 驚いた樣子, 驚きました

▼ 同心~ (20, 1.9%)

1 [20件] また町内, 万吉も, 下役人たちが, 半七ら, 小者など, 小者の, 小者までが, 岡ッ引が, 岡ッ引きじゃ, 手先や, 捕手が, 捕手に, 捕方が, 書類を, 牢番や, 牢番を, 組子の, 船頭を, 足軽の, 郡奉行などが

▼ 同心~ (11, 1.1%)

2 此同心は 1 いうまでも, この同心, な, 山林田畑の, 岡安喜兵衛と, 常に狭斜, 死骸の, 江戸で, 町方とは

▼ 同心らしい~ (11, 1.1%)

4 男が 2 男は 1 二人の, 武士が, 若者と, 若者は, 霰小紋の

▼ 同心~ (9, 0.9%)

2 申付られ 1 その次第, 合図を, 小さい声, 急, 渡したあの, 申し合せ山上, 申付る

▼ 同心~ (8, 0.8%)

1 ではなささうだ, の住人代稽古, の夜あけ, の夜あけがた, の康衢, の界隈, の石, の辻

▼ 同心~ (8, 0.8%)

2 の川手水 1 が出張, が岡, の十手, の同勢, ははあさ, へお

▼ 同心伊藤治太夫~ (7, 0.7%)

1 はその, は二, は妙月庵, は此処, は自分, は面目, を交え

▼ 同心部屋~ (7, 0.7%)

1 から目明し部屋, にもそこら, の昼飯, へもどっ, へも折々, へ馳, を出払っ

▼ 同心二人~ (6, 0.6%)

1 で朝岡, とが西側, とを促し, まで深, を従え, 直に橋本町

▼ 同心~ (6, 0.6%)

1 が三道具, に, の手先, の持つ, は, は大

▼ 同心~ (5, 0.5%)

2 て我 1 て一心不乱, て家臣小島若狭守, 早速御前

▼ 同心には~ (5, 0.5%)

2 幾太郎の 1 いためつけられたり, その旨, 今夜の

▼ 同心~ (5, 0.5%)

1 が三道具, とも知合い, の前, は広い, ももう

▼ 同心三十人~ (5, 0.5%)

1 とは揃つて, に小筒, は自分, を得た, を連れ

▼ 同心久良山三五郎~ (5, 0.5%)

1 に渡す, はこの, は平次, は待つ, は橋番所

▼ 同心~ (5, 0.5%)

4 っ引 1 つ引

▼ 同心でも~ (4, 0.4%)

1 ないからな, 引き返して, 来たらお, 滅多な

▼ 同心とは~ (4, 0.4%)

1 下げた頭, 事かわっ, 立ち去った, 途中で

▼ 同心なら~ (4, 0.4%)

1 ばいずれ, ばいよいよ, ばごく, ばなお

▼ 同心仲間~ (4, 0.4%)

3 で不快 1 での嘱望

▼ 同心協力~ (4, 0.4%)

2 して 1 しなくては, を求める

▼ 同心同体~ (4, 0.4%)

1 になっ, にならね, になり, の睦び

▼ 同心樫谷三七郎~ (4, 0.4%)

2 の側, は横合

▼ 同心河合伝八~ (4, 0.4%)

1 がそこ, の謎, は脳天, を殺害

▼ 同心漆戸忠内~ (4, 0.4%)

2 は三輪 1 の指図, の指圖

▼ 同心~ (4, 0.4%)

1 なお十四, のひとり, の者, の近く

▼ 同心近藤右門~ (4, 0.4%)

1 いささか子細, が役儀, ちと詮議, の口

▼ 同心~ (4, 0.4%)

1 であろう, に云った, へ突き出した, も越前

▼ 同心から~ (3, 0.3%)

1 みんなに, 渡された新しい, 目明しまで

▼ 同心~ (3, 0.3%)

21

▼ 同心ども~ (3, 0.3%)

1 が出入り, に率いられた, の居る

▼ 同心などが~ (3, 0.3%)

1 番屋で, 集まり見知り人, 集り見知り人

▼ 同心一人~ (3, 0.3%)

1 と手先五六人, は美吉屋, を留め

▼ 同心二百四十人~ (3, 0.3%)

2 その配下 1 が所属

▼ 同心加山耀蔵~ (3, 0.3%)

1 だった, であった, とは同役

▼ 同心南沢鉄之進~ (3, 0.3%)

1 の前, は平次, は言います

▼ 同心四人~ (3, 0.3%)

1 がこっち, が附, とに部屋目附鳥巣彦四郎

▼ 同心波越八弥~ (3, 0.3%)

1 と加山耀蔵, もかく, を肩

▼ 同心渡辺金兵衛~ (3, 0.3%)

2 の姿 1 の迎い

▼ 同心目明し~ (3, 0.3%)

1 の巣, の輩, を役宅

▼ 同心相沢~ (3, 0.3%)

3 半助

▼ 同心税所邦之助~ (3, 0.3%)

1 が乗り込ん, だったから, まだお

▼ 同心~ (2, 0.2%)

1 その下, 与力に

▼ 同心する~ (2, 0.2%)

1 とはいっ, ものが

▼ 同心てい~ (2, 0.2%)

1 の役人, の男

▼ 同心であろう~ (2, 0.2%)

1 が眼中, と十手

▼ 同心という~ (2, 0.2%)

1 ことに, のを

▼ 同心とか~ (2, 0.2%)

1 云って, 手先とかが

▼ 同心~ (2, 0.2%)

1 のでした, んだ

▼ 同心にも~ (2, 0.2%)

1 尾けられた, 申上げる

▼ 同心より~ (2, 0.2%)

1 この一介, 吾助事千住にて

▼ 同心一體~ (2, 0.2%)

1 となるべき, 肝膽相照す

▼ 同心与力~ (2, 0.2%)

1 と出世, または御

▼ 同心主席~ (2, 0.2%)

1 に出世, のあばた

▼ 同心佃三弥~ (2, 0.2%)

1 が叫んだ, に指揮

▼ 同心原田~ (2, 0.2%)

1 大右衞門下谷, 大右衞門松野文

▼ 同心合意候間一切災害不加正直忠信之人祈願仕候間其地吾一家~ (2, 0.2%)

2 に不

▼ 同心室積藤四郎~ (2, 0.2%)

1 がふたり, の屋敷

▼ 同心小人~ (2, 0.2%)

1 などの士分, の士分

▼ 同心屋敷~ (2, 0.2%)

1 の灯, の辺

▼ 同心手付~ (2, 0.2%)

1 の捕り, の方

▼ 同心控え室~ (2, 0.2%)

1 の片すみ, へ陣取り

▼ 同心支配~ (2, 0.2%)

1 は三人, をし

▼ 同心~ (2, 0.2%)

1 と別れ, やあっし

▼ 同心永村長十郎土地~ (2, 0.2%)

2 の御用聞三河島

▼ 同心河合郷左衛門~ (2, 0.2%)

1 との三人, の倅八十次郎

▼ 同心湯浅鉄馬~ (2, 0.2%)

1 この時祭, と入れ違い

▼ 同心熊谷八十八~ (2, 0.2%)

2 の屋敷

▼ 同心~ (2, 0.2%)

1 が米田氏, の系列

▼ 同心痛いたし~ (2, 0.2%)

2 居申候

▼ 同心程度~ (2, 0.2%)

1 としても, の捕吏

▼ 同心~ (2, 0.2%)

1 のよう, の内側

▼ 同心羽田庄兵衞~ (2, 0.2%)

2 は只

▼ 同心苅田孫右衛門~ (2, 0.2%)

1 は駆けつけ, も胡散

▼ 同心苅田孫右衞門~ (2, 0.2%)

1 は驅, も胡散

▼ 同心見習~ (2, 0.2%)

1 の若, をし

▼ 同心近藤常平~ (2, 0.2%)

1 はホッ, はホツ

▼ 同心長屋~ (2, 0.2%)

1 の屋根, の角

▼ 同心長谷部~ (2, 0.2%)

2 彌三郎

▼1* [219件]

同心ありて然, 同心いたし候樣にとの, 同心かと睨まれるだけの, 同心かの博物会の, 同心からは随分イヤ, 同心がははアこれは, 同心がやしきで, 同心くずれおいらに, 同心くせえ奴, 同心ことごとく手を, 同心こんな馬鹿と, 同心さては目明し岡ツ引輩の, 同心しないのも, 同心すぐに後, 同心てということ, 同心せざるをも顧みず, 同心たち一同へむかっ, 同心たる数四の, 同心だけをすぐって, 同心だの足軽小者だ, 同心づれとふたりっきりで対坐するなどは, 同心えいや, 同心でありましたから後輩, 同心であることを, 同心でこそあったが, 同心でござろうな, 同心でしたから微, 同心でしょう朱文字の, 同心では北の, 同心といった恰好の, 同心とかいうものが, 同心とが出て, 同心としての自分の, 同心とて奈良奉行に, 同心との対話の, 同心と共に遠島蟄居を, 同心なされおしろを, 同心など多勢居り, 同心などというものは, 同心などの役職を, 同心などは素槍を, 同心なんていう者, 同心ぜい, 同心ふうの男, 同心ふた心は, 同心むっつり右門とも, 同心がの, 同心めいた二人の, 同心もろとも箱根, 同心をも借集, 同心シテ共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, 同心シテ此業ヲ完成シ故老三城僖七郎厚澤貞司等主トシテ, 同心ハツと答, 同心一体肝胆相照すといふ趣き, 同心一味の誓約, 同心一夕紅糸を繋ぐ, 同心一斉にバラバラ, 同心一生不遇で世, 同心一行先きを, 同心一角に縄尻, 同心一隊百人ばかり八丁堀, 同心三十人鉄砲を持つ, 同心三名がこの, 同心三浦だけが残っ, 同心三百人を率い, 同心上意と聲懸飛掛つて, 同心下役まで入れる, 同心新役, 同心久良山と土地, 同心久良山三五郎土地の御用聞常吉, 同心言其臭如蘭, 同心二人下役三人が警護, 同心二人喜八が宅, 同心二人岡野菊地弥六松高菊地鉄平の七人, 同心二人遠山安立芹沢斎藤時田の七人, 同心二十人がゐる, 同心二十人出役致しいと, 同心人々を請取, 同心今井二官の娘, 同心仕るまじくと仰せられ, 同心付添杉戸屋富右衞門を白洲, 同心以下のかれ, 同心仲間馬方に至る, 同心伊丹文五郎は半, 同心りて, 同心兩人源右衞門に案内, 同心を見, 同心共立懸り高手小手, 同心其利断金同心之言, 同心円形が現われない, 同心円形分布の形跡, 同心出張なし山口惣右衞門, 同心を正し, 同心をあわせ, 同心加山躍蔵, 同心加藤吉之丞の一行, 同心勝家にもはや, 同心協力事を處, 同心合体して, 同心吉見九郎右衛門の倅英太郎, 同心喜三郎は玉薬奉行属役, 同心という表, 同心坂部治助の屋敷, 同心坂部治助これは, 同心大勢立掛り強情女め下らぬかと, 同心太田原伝三郎は牢, 同心女狩右源太と申します, 同心孫八方へ出張, 同心小田中左門次樣, 同心小田中左門次は持て, 同心小者の警備, 同心小者総動員による警備隊, 同心小頭竹上万太郎は磔, 同心少し出しぬかれて, 同心属役は日, 同心山崎善兵衛は彼, 同心山崎弥四郎が坂本, 同心山崎弥四郎糟谷助蔵等が切れ, 同心山本彌太夫, 同心岡っ引きなどというよう, 同心岡っ引き目明かし手先慰労の宴, 同心岡ッ引の寄り合場, 同心岡崎長四郎からの迎え, 同心岡引目明まで揃っ, 同心岡野菊地弥六松高が一, 同心平山助次郎と云, 同心平田三五郎外一人の者, 同心庄司義左衛門同組同心, 同心引立て入替り願山, 同心張棒を持ち出す, 同心を勤め, 同心役儀のある, 同心へ廻り, 同心徒事も厳重, 同心悉く手を, 同心夜亥刻過, 同心手先の奴等, 同心手先三人を連吉原, 同心打村小右衛門が検死, 同心打驚き是は慮外, 同心折村小右衞門, 同心拝郷弥兵衛の屋敷, 同心捕手の一組, 同心捕手あまたを連れ, 同心捕方の面々, 同心控え席の三番, 同心支配一人与力二人同心三十人鉄砲を持つ, 同心支配岡翁助に告げた, 同心支配広瀬治左衛門馬場佐十郎に遠藤, 同心放火盗賊改方の役, 同心故人藤重孫三郎の門人, 同心杉浦権之兵衛, 同心をつかん, 同心の子供達, 同心格子や波, 同心武藏健吾樣に申, 同心残らずがかく, 同心浅間丈太郎と田宮善助, 同心浅間丈太郎田宮善助助同心岡村勘解由, 同心浅間岡村田宮の三名, 同心浦辺吉十郎は一挙, 同心浦邊吉十郎は一擧, 同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 同心源吾と伴作, 同心漆平馬の手, 同心らば, 同心状弱線と見, 同心環形状の波形, 同心町八丁堀に及んだ, 同心畏まり候と, 同心をなし, 同心白須源吾は窓, 同心白須源吾桐島伴作にもよく, 同心百人がゐる, 同心百人支配は四五千石, 同心百名を付せられ, 同心にそれ, 同心目附目明の類, 同心樣引立假牢へぞ, 同心相場半左衛門, 同心石崎久馬は色若衆, 同心神田権太夫伝兵衛の下, 同心税所邦之助こおどりして, 同心税所邦之助出張致した, 同心懸り長庵, 同心立ち掛りて, 同心立会いの上, 同心立會の上, 同心等嚴重に詰合, 同心等晝夜出役して, 同心組下の旦那, 同心組屋敷のうち, 同心組頭の佐伯五平, 同心経験一点張りの岡, 同心立ち合いの, 同心羽田庄兵衛はただ, 同心自身番に來, 同心致し難くと, 同心菅谷弥兵衛の屋敷, 同心藤波友衛に意, 同心衆一同として一通, 同心見習高梨外記である, 同心詰め所の奥座敷, 同心警固をなし, 同心賀田杢左衛門は自分, 同心賀田杢左衛門土地の御用聞, 同心賀田杢左衞門は自分, 同心賀田杢左衞門土地の御用聞, 同心跪踞居る時, 同心近藤右門吟味の筋, 同心近頃ではこの, 同心連中涼しい顔, 同心郷左衛門の倅, 同心の犬, 同心がありました, 同心を蹴立て, 同心か, 同心馳行て檢査, 同心點頭今度嘉川家より公儀