青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「國~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

国~ 国内~ 国境~ ~国家 国家~ ~国民 国民~ 国語~ 国際~ ~國
國~
圍~ 園~ 圓~ 圖~ 團~ ~土 土~ 土人~ ~土地 土地~

「國~」 12740, 132ppm, 806位

▼ 國~ (2424, 19.0%)

4615 ことを 13 仕事を 12 造の 9 文化を 8 ために, 大學, 造が, 間に 7 人は, 仕事の 6 人が, 人の, 人も, 歴史を, 爲に, 規則を 5 やうに, 中に, 人に, 仕事は, 名を, 山の, 方から, 方で, 法律を, 萬歳を 4 人には, 位置を, 文明を, 方に, 方へ, 有樣, 爲めに, 言葉で

3 [32件] ことで, さか, さる大藩, まほろ, やうな, 三野の, 中で, 久比奢, 使者が, 側から, 内閣に, 南に, 司の, 學問を, 宣教師の, 常立の, 政治を, 文化の, 文明が, 時の, 榮辱に, 歴史に, 海岸に, 神の, 自然は, 行政を, 規則は, 言語に, 語を, 財政が, 財源である, 造を

2 [164件] いろ, うちに, はじまり天, まほろば, ものを, イザサの, シジムの, 一で, 三重の, 上に, 下に, 中での, 中でも, 中學, 事を, 事情を, 交際に, 人々の, 人とは, 人民に, 人民の, 人民は, 人民を, 人達が, 人間では, 人間は, 位置の, 修道士の, 兄の, 全體, 再建に, 力で, 南部に, 古俗に, 古波陀, 名と, 名稱, 周, 國の, 國旗を, 埃及に, 基を, 境を, 夢を, 大名は, 大地震, 大寺と, 大關, 女子に, 姿を, 孝道も, 學者が, 學者と, 學者に, 學風が, 安泰と, 密教の, 寶ぢやで, 常世邊ぞ, 干城と, 弊は, 影響を, 心に, 惡い, 慣習に, 或る, 手に, 援兵を, 支那に, 政を, 政府が, 政府及び, 政治に, 教授の, 文化が, 文化に, 文化は, 文學は, 文明に, 文明の, 新知識, 方の, 旅に, 旅を, 日本の, 春さきの, 時じ, 最初の, 朝に, 東なる, 東方千餘里の, 條に, 極南界に, 構成を, 歌として, 歴史と, 歴史は, 民として, 民の, 水分の, 治めかた, 泊瀬の, 注が, 注を, 海軍の, 港を, 滋賀郡に, 版圖の, 特色を, 狹い, 狹土の, 狹霧の, 獨立を, 獨立如何の, 王, 産紙と, 男子たちには, 發展は, 皇帝は, 眞似, 石器時代の, 秤の, 空は, 精神を, 經濟の, 義, 者は, 肥の, 船は, 艦隊に, 藝術遺産として, 要道, 規則の, 言葉でも, 言葉には, 言語を, 記録に, 記録をも, 許へ, 語から, 説專ら旺盛を, 諸縣, 議會では, 軍隊が, 造どもを, 造倭の, 造等が, 造道の, 造長, 過去の, 道を, 選良, 郵便切手の, 酒部の, 野を, 長官, 門へ, 闇戸の, 青年の, 韋提希夫人が, 領地である, 風俗を, 首都よりも, 首都を

1 [1741件 抜粋] あの感じ, あらゆる重要, ある山寺, うちで, お婆さんを, かたは, けちな, ことだ, ことに, ことは, この中學地理教科書, こんな時, さる大名, それと同, たかさじ野といふ, ための, ため帝國海軍の, たより, どこの, ぬれつばめ, ひとびとにおくる, まれびとの, ものとしか, もんでない, アルタ橋は, イトの, エライ人は, オレゴン州コロンビア河口に, カ翁の, クローマー男を, サリスブリ, ステント, タギシの, トミに, ハァヴエー, パウリーや, ブルジョアジーを, プロレタリヤ團結せよ, ホルムといふ, ラネツサン氏を以て, ワイリ, 一向門徒此吉崎, 一大快事なれ, 一番西の, 一部は, 三民主義は, 上下には, 上等船客は, 下風に, 世界戰爭後の, 両人を, 中の, 中山, 主位を, 主要なる, 事が, 事は, 事情に, 二人は, 二月は, 人々が, 人で, 人なり, 人夷情を, 人民であり, 人民名は, 人草一日に, 人間が, 今は, 今日始皇こそ, 仕事について, 代表少年に, 代表者に, 令出でざりしなら, 伊吹山まで, 伊豫は, 低き空, 佛の, 佛蘭西に, 使ある, 使者, 使者の, 使者等, 例并びに, 侵犯を, 保全東洋の, 保護權を, 修道士が, 倭の, 偉業も, 傳説には, 僧侶は, 元祖を, 兄五郎三郎にて, 先帝, 先輩や, 兒島郡の, 公使の, 公債に, 共産主義者が, 兵士等は, 内で, 内亂, 内閣を以て, 出來事ほども, 初秋の, 利權を, 利益ばかりを, 到來, 前半期, 前途の, 力, 勃興以前は, 勞働者, 勢力は, 勢力範圍に, 半にまで, 南方の, 危急の, 原料でなく, 古い時代, 古代には, 古代文學はい, 古代法律にも, 古俗なりし, 古俗を, 古墳は, 古風な, 史家が, 史料の, 同主義者, 同種の, 名をば, 名實, 名港ネープルスまで, 名見え, 君主として, 君波多の, 和蘭に, 商人で, 商賣, 固有名詞の, 國会は, 國分寺で, 國威の, 國是とも, 國民が, 國立劇場が, 國號として, 國體には, 園を, 土佐と, 地上を, 地名だろう, 地理に, 埃及保護を, 城下でも, 堺また, 境の, 壁その, 外に, 外債凡そ千五百萬圓元利共に, 多祁理, 大いなる高官達, 大公使館, 大夫達が, 大寶令, 大工の, 大權シャルル一家, 大祭日ばかり, 大統領の, 大航空船アクロン號, 大詩人, 大陸の, 天を, 天文學者も, 太守同, 奧さんが, 女學生並みに, 好意は, 如き地震國, 如く殆, 姓名の, 威信を, 子供は, 字の, 存在せし, 學から, 學校です, 學者, 學者達をも, 學術風教も, 安倍野を, 安泰を, 宜しく學ぶ, 宣教師は, 宰相とでも, 寂しい朝, 富強を, 富貴名爵を, 實在の, 寶の, 將來の, 尋常の, 小國民に, 小説が, 少女に, 屋島や, 山から, 山奧である, 山水や, 山間の, 島に, 川へ, 巨船ポール, 布教に, 帝室の, 干城にと, 平和をば, 平野の, 府縣の, 建國以來の, 弘化三年, 強い空氣, 形勢經濟上の, 役人か, 律師は, 御上山, 復興を, 徽章なれ, 志士が, 思ひに, 思想文物に, 恥では, 情形に, 意, 愛國切手と, 慘禍を, 憲法と, 戀に, 或書籍中日本, 戰後の, 所在を以て, 所屬で, 手前が, 手形である, 承認せる, 指さす方, 接吻は, 揖保郡に, 損亡は, 支那音ジーペンクオ, 放浪と, 政府からも, 政治には, 敗れた美し, 教皇の, 數十萬臺の, 文化と, 文化程度は, 文學にのみ, 文學思想抔は, 文學者には, 文明は, 文明品を, 文獻から, 文章を, 文運に, 新しい女子教育, 新月に, 新聞や, 新領地, 方位に, 旅人の, 旅行後二週間ほど, 旗の, 旗章, 日本公使館に, 昔には, 春秋を, 時代と, 暖かさ, 最も有力, 會員を通して, 末から, 本土の, 材料により, 村よりも, 東洋に, 東西を, 某とか, 某郵船, 柴萼, 梁啓超の, 棟梁天皇寶の, 業半ばに, 概念から, 榮辱と, 樣, 樹木は, 權を, 歌でも, 正月の, 武士山内源兵衞と, 歴史も, 死活の, 殷も, 母親に, 民が, 民律でも, 民族の, 水を, 江島騷動の, 河川田畑の, 法として, 法律によ, 法理學政治哲學の, 洲羽の, 浪人者で, 海濱を, 海軍社會に, 消息を, 淨瑠璃作者にて, 温泉場だ, 港に, 渾名である, 瀉海に, 然も, 燃料資源に, 爲め身命を, 爲敵手に, 版圖として, 牧, 物理學者を, 特別な, 状態は, 獨立の, 王である, 王の, 王族と, 現代の, 現状に, 生なりき, 生産を, 産業が, 産業を, 田氏の, 田舍牧師の, 男女が, 男王卑弓彌, 略字政策も, 畫風にも, 發展が, 發明家等は, 皆な, 皇帝も, 盛衰に, 相當, 知識人たちに, 砌御供仕, 社會主義者ブラッチフォードに, 社會民主黨は, 神, 神を, 神名帳でも, 禍源は, 秀, 秋の, 科學は, 秤を, 秩序を, 稱なり, 積弱宿弊は, 空氣に, 立場から, 競爭は, 第一人者と, 管轄に, 篆書籀文の, 精神的貴族主義との, 紀元即ち, 紙も, 統一は, 統治者として, 經濟に, 經濟界の, 縣主私部小室と, 繪畫が, 缺點で, 美しい顏, 羨望を, 習俗其他をも, 老水夫, 者が, 者など, 聯合軍五萬を, 脅威と, 臣と, 臨終の, 自然主義や, 至情の, 興亡に, 舊習俄に, 舞臺に, 艦隊は, 花柑子, 若い首府, 荒らさる, 蒼渺たる, 藝人あまた, 血の, 行詰りから, 衰弱實に, 裁判所で, 西北端に, 西洋盲拜者流から, 要素を, 規則も, 觀光者によ, 言葉だ, 言葉にも, 言語の, 訓令によ, 記録には, 註を, 話ぢや, 誓ひ, 語である, 語の, 諏訪の, 諸侯達も, 諸王, 譚は, 象徴, 豫言者と, 財源で, 貢米がは, 貨幣に, 貨幣買値を, 貴婦人や, 貴顯, 貿易商人との, 賢明な, 趣を, 身の上を, 軍人, 軍備が, 軍艦とも, 軍艦大阪え相, 軍艦旗を, 輸出貿易に, 農土と, 農村で, 近世史と, 造たちの, 造上つ, 造名は, 造无耶志の, 造等として, 造詐りて, 進んで, 道, 遺臣や, 遼東還, 郵便船に, 都市, 醫史に, 野と, 金で, 金利より, 金銀流出に, 鎭めなり, 鑰を, 門徒に, 開闢の, 間を, 阿波劍山の, 陳垣氏, 陸上の, 際端に, 集まり者でございます, 雪の, 雪解の, 青少年團體或は, 青年に, 革命を, 音譯である, 領土に, 領地で, 風俗の, 風俗習慣などには, 風景を, 食料問題は, 飾磨郡の, 首府プラーグに, 馬の, 騷ぎだから, 高松邊の, 高襟, 鳥達には

▼ 國~ (929, 7.3%)

19 對し, 於て 14 對する 12 於ては 10 於ても 8 おいでに, して, 至る 7 歸る 5 歸り, 至る間, 關する 4 來て, 輸入する

3 [14件] あつて, おいでにな, 在つて, 在ては, 居て, 居る頃, 布教した, 於いて, 於いては, 於ける支那學, 殉し, 渡來した, 行はれた, 遣して

2 [50件] あつた, ある, お手, なつた, はか, むかつて, 一つの, 下つた, 住んで, 來た, 來り, 侵入し, 傳來し, 傳來した, 入つた, 出入する, 分布する, 同じ, 報ゆる, 就いては, 居られる貴い, 居れば, 採用され, 故郷を, 於いても, 於ける紙, 歸つた, 歸つて行く, 歸れり, 比して, 渡りて, 獻ぐる事の, 生れて, 用ゐられ, 留學した, 美し女, 至る方向, 行きたいと, 行きましよう, 行つた, 行て, 行はる, 行はれ, 越え尾張, 輸入される, 輸入した, 輸出する, 追ひ, 連る, 金銀の

1 [659件 抜粋] あの大, あまねく分布, あらず汝, あらゆる現しき, ありこの, あります, あるいろ, あると, ある人, ある博物館, ある大, いたれり, おいで, おでまし, おはいり, お流され, お渡り, お越え, この癩, さういふこと, さう言つて, しあるを, しかく普通, その香, だつて, ちは, つきては, つれて, どうして進歩, なくては, なりますと, なり弁韓, なること, なるだらう, なるに, なんか歸, はしかぞ, まいりました, まして, またお前, もし賢人, もつたはつ, もてはやされ始めて, よこされたの, わたしを, ゐた頃, ゐら, ゐらしつたさうでございますねえ, ゐるうち, ゐるモオリス, シベリア, 一人の, 一王の, 一統の, 上りま, 上陸する, 下り井手邊, 不利益なる, 乘り, 亘り發見, 仕へたの, 仰せたまひ, 住みける君, 住みたま, 住む堅氣, 住んでは, 佛教各派の, 併合された, 使者を, 來ぬれ, 來られます, 來往し, 來朝せり, 來航後の, 例が, 侵寇したる, 便宜の, 借用したる, 假寓した, 傳つて居た, 傳つて改良せられ, 傳はつた, 傳へ, 傳へらる, 傳來せる, 優る, 充ち滿, 光被し, 入つて, 入つて北, 入られる前, 入りまして, 入るには, 入る通路, 入寇した, 入貢する, 其の香, 内訌起りぬ, 内通する, 再び下り, 凱旋の, 出かけ昭和四年, 出したなどといふ, 出て, 出る, 出稼ぎし, 分裂し, 分裂せし, 列し幕末以來引繼, 到つて, 到て, 到りたまひ, 到りまして, 到りまた, 到り三野, 到るべしと, 到着し, 割讓さる, 加へ, 加擔する, 去らせた, 參つて大島伸一先生にも, 及びません, 及び神代史, 及ぶと, 及ぼすこと, 及ぼす所, 及んだのみ, 反抗し, 取らして, 取入れたり, 古ごとの, 合ふ, 同化せられ, 名を, 向つて, 向つて大, 向つて笠紗, 向ひ, 向ひたる, 君たり, 君臨し, 君臨せる, 吾を, 困臥して, 國会が, 國王が, 在ても, 在りてすら, 在りて所謂舊套時代, 在るとき, 埋めて, 報効せむこ, 多い姓, 多くある, 多なる, 大きな影響, 大した遜色, 大雪が, 夫に, 奪ひ去つた, 女子大學の, 姿を, 婿を, 存せしむべきでない, 存在する, 完全な, 家が, 實施された, 將來せられた, 將來せん, 導くこと, 導けば, 小説あつ, 少く奧羽永慶軍記, 就きて, 就きては, 就て, 居た時耳, 居た頃, 居つた順信, 居つても, 居られたこと, 居られたとき, 居りませう, 居るさびしい, 居るとき, 居るよりも, 居る佐世, 居住する, 屋舍あり, 山東は, 平靜を, 幸で, 幸でましき, 廻り逢う事, 引き揚げた, 引返すもの, 強い悔恨, 強て, 往き漢, 往けるに, 往なむとおもひて, 從つた所で, 御座し, 御渡し, 必ずしもいひつ, 必要なる, 忠實なる, 思ふ心殘, 愛想が, 慣用された, 慶雲が, 應用した, 成るべく從前, 我が御子, 手を, 打勝つ事, 承認せしめたりき, 押し上つて國, 拂は, 拂ふ, 招聘された, 招聘する, 持つて, 排外主義の, 採用された, 接近する, 提出し, 援助を, 搬ぶべく, 携へ, 支那の, 放送する, 政治家は, 散在し, 文化の, 文獻の, 新式鐵砲即ち, 於ける三階建, 於ける佛教, 於ける地震學, 於ける平和, 於ける御, 於ける支那學研究, 於ける敍景歌, 於ける日本, 於ける歐洲人, 於ける第, 於ける經驗, 於ける製紙, 於ける論理學, 於ける金, 於ける鐵砲傳來, 於ける雜誌, 於ける革命運動頓, 於ける風俗原理, 於ける高行律師達, 於る, 施設する, 旅を, 日本を, 日蓮宗の, 普及し, 普及せし, 暴威を, 朝貢した, 木材が, 棲む兎, 此方針を, 歸つたも, 歸つた時この, 歸つてから, 歸つてゐた, 歸つて呉れ, 歸つて暫く, 歸つて自分が, 歸へる, 歸らしめ他を, 歸りたい, 歸り行き, 歸るべき, 歸れる, 歸ろうとして, 歸化し, 殉じただけ, 殉じて, 殉せる, 殘した, 殘つて居る, 比べて, 比較し, 比類なき, 求ぎたまひき, 法を, 波爾移麻比彌, 注いだの, 注ぎたること, 流します, 流れ寄りて, 流れ込める支那人, 流出するであらう, 流浪する, 流行し, 深い笑, 渡つて再び, 渡り, 渡りたいと, 渡りましてぞ, 渡りまし稻氷, 渡り同, 渡れる時, 渡來し, 滯留し, 滿ち, 漂ひ着く, 漂着し, 烟滿ち, 片足突つ込んだ, 特別な, 獻げんと, 珍らしい, 甚樣の, 生れたので, 生れたらましかば, 生れた爲め, 生れ又は, 生れ孰, 生れ現に, 産する, 甦る喜び, 用ゐる, 留つてゐる, 留まつて, 留まりて, 留學する, 留學の, 留學中に, 留學中牛津で, 當つべき, 當て, 當らなけれ, 登り來, 登るを, 登庸さるる, 盛に, 盛んなる, 盡す, 相應, 相違ありませぬ, 眞直に, 着いたばかり, 着いた時代, 知つてゐる, 知られるを, 移して, 移し得るかをも, 移住した, 移住せし, 移植され, 稀なる, 稀薄である, 突つ走る, 範と, 紹介された, 繋ること, 續く, 罷り往, 罷り行, 罷在, 義理を, 而は, 聞えた, 背くこと, 脱走した, 至り美濃, 至ると, 至るとは, 至るには, 至るまでに, 至るまでの, 至るまでは, 至る一萬七百餘里, 至る十七ヶ國, 至る此處, 至る海, 至る皆倭種, 至る航路, 至る行程, 至る里程, 至れりと, 與へ, 與へる, 興味を, 船泊てを, 著いた, 虎の, 行かむ, 行かれました, 行きたい自分, 行きて, 行き東, 行くこと, 行けないといふ, 行ける船舶, 行つたなら, 行つた夫に, 行つた途中和蘭に, 行つて來た, 行つて假初にも, 行つて橘を, 行は, 行はれたる, 行ふべき, 行渡つて, 被對候御所置, 裏切つたり, 見ること, 觀て, 解夫婁といふ, 設けられた商社, 設けられて, 誇つた, 誘致する, 語部と, 諭すといふ, 變化しない, 豐富なる, 財政と, 貨する, 費し結局我外債, 賣られるか, 賣出すから, 走つた, 赴いたこと, 赴き半歳, 赴き長年藥, 赴くの心事, 赴任した, 起り先づ人口稀薄, 起るべき事, 起れる事件, 越えた所, 越えて, 跨りたること, 輝し, 輸入され, 輸入し, 農業國民を, 追い遂に, 追つく, 追ひ到り, 退るに, 送られる際, 送られ渤海國使, 送り又, 送り巴里, 送るもの, 逃げ下りき, 逃げ下りました, 逃亡し, 通ずべきに, 通ぜんと, 通交を, 通商を, 逢って, 連て, 遊び居ること四年, 遊び歸朝以來深く, 遊ぶごとく感じさせられるの, 遊ぶよう, 遊んだ時, 遊學し, 運び去られすやすや, 遣したわけ, 遣したホヒ, 遣はせる天, 遣る印, 遲くれ, 遷れる, 還つておいで, 還り來, 醒めて, 開拓された, 關し, 關係が, 附會した, 降りついて, 降りぬけて, 降り到りて, 限ると, 陵を, 隣接する, 青春時代を, 順うて, 頓に, 餘計物を, 餘韻永く, 駿甲豆の, 1箇年間の

▼ 國~ (687, 5.4%)

11 のひとり 9 をし, 全體 8 を指導 7 に對, の多, の意見, の間, 之友 6 の消費節約 5 はこの, ノ自由 4 が皆, と云, の中, の利害, の友, の大, の心, の記憶, 自體

3 [14件] がじ, だと, であるから, にある, にし, に知らせ, の代表者, の大事, の幸福, の總意, の腦裡, の輿望, は生活, 多數

2 [42件] がえらんだ, がつくった, が國, が有, ではない, となし, なり民族, に代わる, に存する, のあらゆる, のえらんだ, の代わり, の代表, の偏見, の全, の基本的人権, の性格, の意志, の指導, の最も, の有する, の未だ, の理想, の理解, の目, の眼, の瞻仰, の神聖, の福利, の義務, の考え, の自, の覺悟, の負, の輿論, の運命, はまだ, は之, は唯, ノ大, ノ大多, ノ權利ナリ

1 [437件] ありて, から恨まれる, から神, から税金, がある, がお, がきほひ立つた, がこの, がこれ, がその, がどういう, がひとしく, がみな選挙権, がみんな, がもつ, がよしや, が一人一年, が一人殘ら, が一日, が一致協力, が他, が企畫, が出さなけれ, が十分, が同, が國会, が國民, が地震, が外國, が奮つて愛國歌, が始皇, が或, が所有者, が承知, が投票, が支那, が文化, が歡呼, が獨逸, が直接, が眞, が眞劍, が知る, が祝意, が精醇化, が繰返し地震, が自分, が英吉利, が荒れ, が衰頽, が賛成, たらしめたる更に, たるもの赤誠, たる信念, だか, だから, だけを虐げる, であります, でありますから, である, であるの, であるサイラス, である墨子時代, でなくても, でなければ, でもない, でも文化, でも皆, でも自尊自大, でコンクール, で十八歳以上五十歳以下, で少し, といひ, とさ, としての成功, としての自, としての道義, としては支那, としては甚だ, としては餘, としても何等, としても自分, として世界, として同, として成功, として所有, として教育上今日懷抱, として日本國土, として是非愛誦, として結成, として自ら, として自分, として鈍い, となり, との協和, との關係, とは關係, ともいへる, と今日, と仲よし, と全く, と共に大, と共に此, と同じ, と國会, と或, と握手, と爭, と相成り, なら出來, なりといはざる, に, にあたえられた, にあらずし, にあります, にうったえ, にたいして少なくとも, にとってはたいへん, にとつ, にとつて, にどっち, にならなけれ, には國民性, には多く, には或, には所, にも劣る, にわかる, に代わっ, に信ぜ, に倦まれたる, に假名, に參政權, に及ぼす, に取, に國歌, に容易, に寄與, に審判, に導き, に屬目, に布く, に接近, に教, に東洋, に歡迎, に由來, に知れる, に示し, に示した, に缺, に行, に誇ら, に負, に鯉幟贈呈, の, のあたらしい, のあつまりで, のいかなる, のいちばん大事, のうち, のこの, のする, のその, のとも春季附, のはう, のもの, の一人, の一人一人, の一員ぢ, の一致協力, の三分の二, の事, の人格, の代表機關, の休戚, の何れ, の信任, の僞ら, の元, の先, の公正, の六割, の共有, の共有物, の冀望, の内部的活動, の利たる, の前, の前途, の力, の古今, の各層, の同情, の名, の名義, の品性, の問題, の善行, の嚴肅, の堪ゆべき, の多い, の大半, の大多, の奉ずる, の姓名, の學問, の宗教行爲, の尊崇, の尊敬, の心理的, の志向, の思想, の思想情操, の思想指導, の思想統一, の意思, の感激, の憲法, の承認, の支持, の政治思想, の政策, の数, の文化的, の文化的素質, の文學, の文明開化, の文野, の新, の施物, の日常所有, の日常生活, の智識, の有, の有し, の松崎, の根本思想, の樣, の権利, の權利, の歴史, の注意, の海事思想, の消費, の爲, の爲め, の状態, の生活, の生活權利, の男性, の皆, の眞摯, の科學教育, の精神問題, の精神的作物, の精華, の精髓, の結晶, の緊張, の總力, の總數, の繁榮, の聰, の聽官, の能, の膏血, の自由, の著しき, の記憶力, の語, の讀み得た, の象徴, の財力, の財界, の趣味, の過去, の道徳, の閣下, の音樂, の頗る, の頭割り, の風俗, の體力, の高級分子, はあゝ, はいつ, はこ, はぜひ, はそれ, はただ, はだれ, はどう, はない, ははっきり, はもし, はイギリス, は一時的, は不幸, は不思議, は二十歳以上, は他, は保守的, は偉大, は其, は國, は國会, は國家, は國民的クラシック, は地震, は外國, は大好き, は妙義的也, は寧ろ, は山中, は已に, は彼, は必ずしも, は必然これ, は恒久, は政党, は文化, は斯, は既に, は暗雲, は有, は本, は枕, は柔和, は案外, は棄権, は正, は此, は決して, は滿, は熾烈, は疲れ切, は皆, は皆之, は終局, は自, は自ら, は自由, は色, は言語, は通貨收縮, は頻々, は飼犬, は魚, ばかりでなく, ひとしく貯蓄, も其の, も惡, も支那, も極東, も消費節約, も謳歌, や民族, や民族等, や讀賣, よりもリアリスト, よりも寧ろ, より今日, より成る, を, をその, をもつ, をブルジョア國民, を一體, を代表, を作り上げる, を嚮導せり, を失望, を專制, を左右, を弟子扱, を形成, を形造つて來, を感化, を拵, を指導訓練, を搾取, を擧げ, を支配, を教化, を治める, を滿, を煽動, を理解, を私, を納得, を統馭, を聳動, を造る, を養成, を養育, ノ不安騷亂, ノ元, ノ凡テニ其日暮シ其年碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ, ノ國家内ニ生活スル限リ神聖ナル人權, ノ國家觀ハ國家ハ有機的不可分ナル一, ノ大同團結, ノ天皇, ノ妻タル權利, ノ屍山血河ニヨリテ獲得シタル鑛山, ノ心意行動, ノ權利トシテ受クル者ナルヲ以テ, ノ權利ト一個不可分ノ者ナリ, ノ死活榮辱, ノ母タルコトナリ, ノ母國民, ノ淺薄ナル思想, ノ獨自, ノ生活權利, ノ生活權利參照, ノ神ハ, ノ私人生産業, ノ經濟的自由, ノ義務, ノ義務ナル道念ニ忍ビテ一ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ, ノ義務ニセ, ノ義務ハ國政, ノ腦裡ニ刻マレ明治維新以後三十餘星霜, ノ財産所有權, ノ財産權ヲ犯ス者ハ, ノ責任ニ嫁セラルヽコトハ日本, ノ購買能力ト世界市價トノ差額, ノ超, ヲ保護シ彼等, ヲ啓蒙スルコトニ存ス, ヲ害セザル程度, 亦同, 及び觀察者, 大多數, 有らゆる人種, 異りたる, 譬へば英吉利人

▼ 國~ (520, 4.1%)

28 治めて 5 倭國と, 出て 4 離れて 3 して, 一國と, 出で, 形成した, 擧げて, 經て, 遍歴し

2 [22件] あげての, 作りましよう, 作り堅め, 出てから, 出るまでは, 去りて, 女房に, 守らせよと, 平定した, 建てたこと, 建設す, 征伐する, 指す, 治めること, 當も, 脅やかす, 船出する, 起したといふ, 遍歴する, 鎭めたま, 開いて, 離れること

1 [413件] あらわされるお方, あらわすから, いへるなり, うたはむ, え作ら, おもいだすでしょう, おもうた, おもふ, お守りに, お授け申そう, お治め, お治めなさらない, お發, かれに, こぞり極まる涙しづか, この上だめ, さして, さしてゐる, その鏡, その難, たづねる, つくつて, つくつて以來, とつて, とりたいと, どういうふう, どうする, のがれて, ば船渡りの, ば馬飼と, ひそかに, ほしが, ほろぼすよう, まとめて, みさすと, みるを, もつて, よく守る, イヒヨリ彦と, エ姫と, オホケツ姫と, シナと, シラヒワケと, ジャパン, スカンヂナヴィアの, タケヒムカヒトヨクジヒネワケと, タケヒワケと, タケヨリワケと, ヂパングと, トヨヒワケと, ワクウオク, 一つの, 一目に, 一目覗いた, 一統し, 世界の, 中興し, 之と, 九州以外に, 二十ほど, 享くる, 代表した, 代表する, 作つたのである, 作りませう, 作り始めなさいました, 作り得ましよう, 併せ西暦前二百二十一年, 併合した, 併合する, 侵すといふ, 侵略若く, 保つ以上, 保護する, 修業の, 修理め固め成せ, 俯瞰し, 倭國の, 傾くる憂, 傾けるほど, 先頭と, 光らす神ここ, 入れるため, 凌駕する, 出たま, 出づる時門, 出る時用意, 出れば, 出奔する, 出發, 切取らしむれば, 制するの勢, 創つてゐる, 創り上げるため, 加へ, 助けること, 勢力範圍に, 勸めさ, 勸告する, 包んで, 北に, 十分向上せし, 去つて, 去つて東京, 去りての, 去り天下, 去ること十一年, 去る魂, 召し上げられたで, 召し上げられる, 召し上げられるなら力, 召し上げられ更に, 名のり又は, 吾妻とは, 呼んで, 呼寄せる, 問はず政治法律と, 問ひ, 善くしたい, 喚び此神國, 囘復した, 固むるに外, 固めて, 國家と, 國是と, 大きく書い, 大宜, 奪おうと, 奪つたの, 奪つて, 奪は, 奪はん, 奪ひ, 奪へる, 奪られた, 女王之, 始め其附近の, 守つておくれ, 守り防ぐ任務, 守るため, 守るべしとの, 守るやう, 守る兵, 害し人, 家に, 富ますため, 寫したるもの, 巡り父, 巡囘, 常世として, 平け, 平けし横刀, 平定されました, 平定する, 廢絶し, 建て, 建てしゲルマン族, 建てたが, 建てた南北朝時代, 建てた占城, 建てた女眞, 建てた波斯語系, 建てた爲め, 建てた色々, 建てぬ, 建て記録, 建依, 建設し得たる, 引合に, 弘めたま, 強くし, 強國, 形作つて, 形作り後, 形造つた, 彷徨うた末今は, 彷徨し, 彷徨つて落ちつきの, 彷徨ひ歩き, 征伐した, 征伐すべき, 征服した, 征服する, 征服せん, 後に西方, 得ず罪, 心に, 忘られず, 忘れた青年, 忘れては, 思うて, 思ふの, 思ふの士, 思ふ事大, 惱ました, 想へ, 意味し, 意味する, 愛して, 愛しますか, 愛し國, 愛するには, 愛するの, 愛する熱情, 愛せず皆自己, 愛比賣, 感じさせられました, 憎く思い, 懷う, 成さない時分, 成さなかつた, 成したの, 成したので, 打ち倒したの, 拒む新, 拒否する, 招懷し, 指すやと, 指せりや, 指せるに, 指せる也, 掌上に, 排せざるべからず, 撃たむとしたまふ時, 撃とうと, 擅に, 擔いで, 擧けて, 擴めようと, 支配する, 支配せざりき, 攻むマンフレディ敗れ, 攻めし時チェペラーノ, 攻撃した, 放浪し, 放浪し落ちぶれ果てた, 敍し, 救ふ, 教化した, 教化せし, 教化せん, 整えて, 斥す, 斬った憎い, 日の本といふは, 明るく再建, 最も子供扱, 望む者, 望んだ時, 望んで, 東洋の, 棄つるが, 棄て, 樂浪の, 模型と, 横斷し, 樹てる, 欺し, 歩いた, 歩いて, 歩けたもの, 歴程し, 歴訪し, 歸せ, 殺したの, 殺して, 殺すの, 毀つなり, 求むる本然永劫, 求めむと, 求めようと, 治むいと, 治むべ, 治むるには, 治めき, 治めないで, 治めるには, 治め一二八四年フィリップ四世, 治め大, 治らさずて, 流浪し, 涯から, 滅し, 滅す手段, 滅ぼした彼, 滅ぼすといふ, 滅ぼすに, 漫遊し, 濟は, 無視し, 照らす神, 爭ひ, 獲むと, 獲ようと, 生み出そうと, 生み竟へて, 目下に, 目前に, 相作ら, 眞似た, 眼下に, 知らさずて, 知らないから, 祕し, 祝ひて, 神州即ち, 秦と, 空中から, 突殺し, 窺知つてそれに, 立てたパツラ, 立退いたの, 統一し, 統一する, 經た, 經歴り, 經略せし, 總計したなら, 置かれたの, 置きて, 置く禹, 背お, 背負つてゐる, 背負つて立つ, 脚下に, 脱して, 脱出し, 脱出する, 與ふべし, 與へん, 與へんとて, 興した時, 興すやう, 苦しめし種々, 莊園に, 萬民と, 行脚し, 表は, 衰弱せし, 襲つた金融恐慌の, 見たまひ, 見た處, 見ても, 見ること, 見ること能はず, 見る能, 視察し, 觀る, 觀光し, 觀光した, 言向け平しし状を, 討たしては, 討平し, 討平した, 訛つた, 訪れた日本使節, 許し天賦, 認むるものにして初めて, 説かんと, 説明した, 護るため, 讓つたことを, 讓つて申される, 讚稱しよう, 豐日別と, 責めた所, 貰つた長政は, 起したの, 起し世界東西, 趁ふ, 超越し, 踏破する, 辱か, 辱しめる, 迫つたといふ, 迫つてついに, 追はれた, 逃げ出して, 逐はれた, 通り越したで, 通過する, 連結した, 遊歴中に, 遍くめぐらし, 遍歴した, 過ぎたること, 過ぎた時, 過ぐる, 道の, 金海即ち, 鎖して, 鑚仰する, 開いた, 開いたの, 降伏せしめた, 除けば, 除外し, 離るる, 離れる, 離れる事, 震撼せしめ, 非常に, 非道な, 頭に, 題として, 顧客ともしたかつた, 飯依, 驚かして, 驚殺させた, 魏と, 魯と, 黄金の, 黄金國などとは

▼ 國~ (485, 3.8%)

18 の爲 14 に對 8 のため 7 の爲め 6 の利害 4 と云, に於, の急 3 となる, と國家, の主, の利益, の大事, を形, ノ根本法, ノ權利

2 [21件] がある, が亂, が何處, といひ, として獨立, となつ, となり, にとつて, に貢獻, の上, の元老, の公問題, の幸福, の建設, の必要, は凡俗, も生物, や社會, を蔑, ノ權利ナリ, 及び皇室

1 [354件] あるのみ, あるを, および皇室, が亡びる, が作られ, が保護金, が全, が出, が各, が外國, が專制主義, が山本大尉, が平安, が強, が成り立つ, が承知, が是, が福, が積んだなら, が組織, が背負, が自由, が重大, が門戸, こそ日本, その物, たること, だ, だの政治, である, であるから, でさ, ではいくらでも, でも事業, で新しい, で邑, といはず, といふもの, といふゆゑん, といふ名, といふ成語, とかいふもの, とか國王, とか國體, とか歐洲, とが對立, としての出發, としても支那人, として再, として戰爭, として新生, として更生, として歴史, として立たしめ, として解決, として認められた, との對立, との戰爭, との關係, とを同視, と云つて, と民族, と民衆, と看做し, と雖, など, なん, においては國家權力, においては國民, において全く, にとつ, にと云, になつ, にはなれない, には二個, には完全, にももちろん, によつて組織, に世界史的使命, に傳, に功勞, に危難, に取, に取り付かれた, に在, に報ずる, に変貌, に多大, に大, に奉仕, に幸せ, に必要, に忠實, に忠誠, に提供, に救濟, に於ける, に最も, に目出度い, に背き, に負, に貢献, に過ぎない, に酬, に關, のもつ, の一分子, の一員, の一大損失, の一翼, の不利益, の世界史的使命, の中, の中心, の亂, の事以外, の代表者, の令, の供養, の保護, の優遇, の元首, の光榮, の全, の制度, の前途, の化外, の原則, の叙任, の各, の名, の命脈, の基礎, の境遇, の壓制, の大勢定, の大策, の奴隷, の威福, の存在, の安全, の安危, の安康, の安榮, の害, の富強, の小作人, の建國, の強制, の形, の形態, の慶事, の成立, の成長, の手, の持つ, の損, の支配, の支配權, の政府, の政權獲得, の政治, の政道, の根本, の機運, の機關, の正史, の母胎, の沒落, の法律, の災難, の爲悦敷, の現状, の發展, の發端, の益, の盛衰, の直轄, の祕密, の秩序, の立法機關, の範疇, の組織, の統一, の經濟, の者, の膨脹, の被害, の裝飾, の要, の要務, の要素, の觀念, の責任, の起源, の運命, の運營, の鎭護, の間, の非常時, の飾り, の首領, の體面, はこの, はどこ, はより, は上二階級, は之, は些, は今後組合國家, は何時, は個人, は動搖, は只, は各自世界的使命, は多, は大, は大切, は安泰, は少, は惡人, は成り立たない, は承知, は既に, は法律, は活力, は知らぬ, は神, は私産, は衰退, は谷中村, は貧民, へ乃至, も凡て, も社會, も第, も自, や君主, や團體, や天家, や社會方式, や種族, らしきもの, らしき團體, をお, をし, をたとへば, をもつ, を危く, を大きく, を小さく, を形づくる, を復興, を思う, を惱, を憂ふる, を擧げ, を殺す, を殺すなり, を治め得べし, を濟, を無視, を益, を破滅, を簒奪, を粗末, を組織, を統治, を經綸, を考へる, を背負つて, を蠧毒, を覆へす, を見ますれ, を見棄て, を誤らん, を誤る, を變, を超越, を重視, を非常, ノ不仁不義ニ歸セラルル如キハ國家及ビ國民, ノ保護ニヨリテノミ各人, ノ保護ニヨル, ノ保障スル所有權, ノ元首, ノ兒童, ノ兒童タル權利ニ於テ, ノ兒童ニ對シテ, ノ兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務, ノ全, ノ内外, ノ出現ニヨリテ維持サルル封建的平和ナラザルベカラズ, ノ制裁, ノ唯一任務ナリトセバ, ノ國際的權利ナリ, ノ大, ノ干渉, ノ徴集シ得ベキ資本, ノ所有ニ納付セシムル所以, ノ手, ノ擁護スル所以, ノ改造トハ其, ノ政治的經濟的組織, ノ有, ノ根本法トシテ法律化スルニ, ノ根柱タル, ノ權利トシテ主張スルヲ非議スル者アラン, ノ權利ニシテ國有ナリ, ノ權利參照, ノ法律, ノ海軍力如何ニ, ノ物價調節ニ反抗シテ買占メ, ノ物價調節ハ一絲紊レズ整然トシテ行ハルベシ, ノ物質的統制, ノ生存及ビ發達, ノ生産的利益, ノ生産的收, ノ生産的活動, ノ生産的組織, ノ當然ナル權利, ノ當然ナル義務ナリ, ノ百年ハ一人, ノ盛衰ハ, ノ窮乏セルト, ノ統一ト國民, ノ統一的經營トナス, ノ經濟的統一, ノ經營スベキ土地, ノ經營ニ移スコトヲ得, ノ經營ニ移スベシ, ノ至上權ニ於テ國家, ノ興廢ハ悉ク男女, ノ薄弱, ノ隆替ハ一ニ其, ノ集合的統一, ノ養育及ビ教育, ヲ代表スル者ナリ, ヲ壓伏シテ餘アルニ至レリ此, ヲ統治スル最高國家, ヲ防護スル國民, 之レガ扶養, 之一瑕也, 全體, 再造, 又ハ他, 又ハ民族, 各民族, 必ず課税, 毫も活動, 自ラガ招ク者, 自ラノ義務ト權能トヲ無視スルコトヲ, 自ラ其經營ニ當ルベシ, 若くは

▼ 國~ (340, 2.7%)

3 此の

2 [15件] あなたの, さかえて, さすがに, どこじやい, ない, 今の, 今日の, 何れも, 何處だ, 天つ, 我が御子, 皆大, 私の, 紀州言葉の, 餘り見

1 [307件] あらず, ありませぬ, あれども, あわてて, いけないと, いたくさ, いたく騷ぎてありなり, いづれの, いは, いまだギヨオテ, うまし國, おしなべて吾, このとき, この國民, この點, これ, これ見よ, さう, さうでない支那學, しなを, しらばっくれ, それが, それである, それでもと, それを, たくさんの, できにくい, どこだ, どんな利益, ないと, ないといふ, なか, なからう, なく支那, ひどくさわい, ひどく騷, まごころ, また倭國, また西國, まだ作り, まだ白, まだ私, みなさんに, みなさんの, もう見えるだ, もつと, もつぱらあなたが平定, やがて平和, よくなりません, ろかなる, わたしの, エムピレオの, キリスト教を, ギックリ驚いた, ツイかつとして, テイク材の, ハテナ誰か, ホメーロスを, ホーマー獨逸は, ポツダム宣言受諾の, 一國一世界は, 三宅博士が, 上中二階級の, 上二階級が, 不渡手形だ, 不渡手形である, 世界から, 世界でも, 世界に, 世界の, 世界中でも, 世界中にも, 世界無二の, 中二階に, 中二階へ, 久しく, 之を, 事實に, 二三人の, 二人の, 二十六の, 二千何百年經つて居る, 二度恟りした, 互に兵, 亡びた, 亡びる, 亡國である, 京都から, 京都に, 人の, 人目を, 人間の, 今朝とは, 仰せの, 仲哀紀の, 伊豫だ, 伴藏に, 何, 何やら言, 何んにも, 何如である, 何方に, 何時も此提議, 何晏の, 依然として歐洲人, 依然として王師, 依然事實上, 倭國の, 偉人の, 側へ, 元來維新前, 先づ佛國で, 先夜の, 兔角或, 全く世俗, 兵を, 其の形づくられる, 其民族の, 其負ふ, 决し, 出來, 到頭お, 前の, 勝手に, 十一月から, 十三國に, 十二世紀の, 十州に, 南のは, 印度の, 印度アーリヤ文化の, 原野廣濶に, 又お嬢様, 又湧き出でぬ, 只寝, 可成日本, 呉太伯が, 命の, 唇齒相倚る, 商鞅以來富國強兵を, 四五十年で, 國民の, 國民雜多に, 地震學發祥の, 外交問題常に, 外人も, 多い, 多分は, 大きいので, 大きなもの, 大したもの, 大國主の, 天の, 天然保存は, 天高く, 夫新三郎の, 奈良や, 女で, 女人の, 女王界の, 妙に, 實在の, 寧ろ珍しい, 寸尺の, 封疆の, 專らこの, 專制國で, 尊い乃公, 小さくても, 小國である, 尚ほ, 居りませんでした, 帶方郡より, 常に支那, 常に燃料問題, 常に爾, 平定し, 年は, 廣く, 彼が, 後に, 必しも, 必ず越後, 必然滅亡しなく, 必至ただ, 忘られね, 忽ち滅, 思はず聲, 恐ろしく退屈, 悉く討平, 成程, 或は三韓, 或時, 折柄怪しき, 支那とは, 支那に, 政治上に, 文化國家を, 文庫の, 方技を, 既にシンガーポール, 日に, 日の, 日露戰役によ, 昔は, 春秋時代より, 是なるべし, 時折そんな, 更なり, 曾て, 最初は, 最近發表せられた, 朝鮮民族中には, 本書の, 東北に, 東西兩洋の, 歐米諸, 正に借金, 正に是, 此度こそ, 此點について, 殿様の, 民政の, 気丈な, 氣が, 氣も, 汝の, 汝命の, 江戸ぢや, 治らさず, 波斯の, 流も, 浮氣で, 滅びること, 滿洲の, 漢滿蒙, 濠洲メルボルン市多年日本見物を, 無い, 無くな, 熱き愛, 片つ, 猶ほ, 率ね, 現實的, 田氏で, 田氏の, 申すに, 男が, 男王あり, 當時密教の, 當時日の出の, 當時韓地より, 皆さんも, 皇后樣の, 盛んに, 目をも, 相前後, 相繼, 確かに, 神國で, 神山守に, 神武天皇御, 福國と, 私が, 穩や, 立つて, 精も, 結局立つだらう, 絶えず支那, 綱うち掛け, 繼しい, 繼娘の, 罪の, 老境に, 脣齒相倚る, 臍だ, 自分の, 自國, 蒋介石氏の, 蒙古, 藩屏であり, 蘭人で, 西洋文化を, 見えずただ, 言葉の, 誰が, 謹しんで, 貧乏國だ, 越前だ, 農業を, 連れ子の, 連合し, 過去千幾百年に, 遼東の, 野も, 金銀の, 開け, 隋, 障子を, 雨戸を, 雪がないから, 青田の, 非常なる, 飛鳥の, 驚いた, 黄河の, 黄金の

▼ 國~ (316, 2.5%)

4 が支那, にし, に對, の記録 3 で支那, の中, の手, の間

2 [13件] から成る, が來, である, で支那學, なるべし, にとつ, の心, の性質, の方, の耳, は何等, は彼, を斬つ

1 [262件] あつかひに, ありて, え被諭, かと怪し, かならず日本, からは三百五十フラン, からは懷かしく, から呼びなされ, から攻められる, から見る, から觀, か上流社會, が, がどうして, が一種, が三人, が三億, が中, が傍觀, が入替つ, が其國, が吾等, が多く, が大, が如何, が尠, が徒刑以上, が怒るであらう, が恰, が指し, が捨てた, が支那人, が支那文, が支那語, が新しい, が日本, が書く, が最も, が殘, が發見, が確か, が神經衰弱, が立つ, が見た, が金, たること, たる彼さ, だからと, だからとて, だつた, だと, でありかつ, である作者, である私, でございます, でなければ, では想像, でもあり, でもない, でも希望, でも英國人, で一人, で其地方, で初期, で南宋, で支那婦人, で有, とか隣り, とが柱, としてはどんなに, との合の子, とは胡人, とや申さん, と二人, と交通, と共に支那, と南アフリカ, と夜, と恆, と打ち, と接する, と接觸, と文通, と新, と爭つて, と異, と盛, と稱, と話, と餘計, などから見る, などはあの, などを招い, ならぬもの, にあらず, にこれ, にさ, にすら虐げられた, にその, にて宣教師, にて此祭, には容易, には持つてない, には本, には發音, には餘, にまけない, によつて, に交際, に任せ, に向, に告げ知らすべき, に多, に愛されよう, に愛讀, に接し, に暗殺, に會, に繋がれ, に自, に言, に讀了, のうち, のつねにかく, のばあ, のエギゾテイシズム, のゴーランド, のバア, のワイルド・パアティなぞ, の一番身近, の上陸, の不可思議, の中國, の先生, の到底, の及ぶ, の友誼, の名前, の多, の好み, の如く, の姓, の子供, の學術的研究, の家, の寄付金, の實際的, の少年, の居留地, の希望, の年賀, の建て, の思想, の想像, の意地, の憤り, の或, の所有, の打ち, の批評, の撮影, の支那, の未開國人, の本, の機關銃, の氣魄, の淨財, の爲, の獨言, の田園, の目, の眼中, の研究, の神經, の紀行, の經科, の考, の考へる, の膽, の自分さ, の自尊心, の著書, の行かれぬ, の補助, の言, の記録中, の説, の諺, の謂ふところ, の貢進, の車馬, の辮髮, の長所, の顏, の體格, はつか, はキヤビン, は一般, は今や, は何れ, は公然, は命懸け, は地獄, は多く, は常に, は幽か, は植物, は極めて, は概して, は比較的, は直接西方, は結論, は自ら, は自由, は蒙, は言, は讙呼, は野蠻, は金, は震災, ばかりだつた, へ眞面, も今, も勿論, も同舟, も多い, も尋ね入り, も少い, も度々, も東洋人, も此儘, や協同者, や外國船, や我, や有名, よりも早く, よりも遙, らしい年, を, をし, をも自, を一種外道, を中心, を任用, を傭, を刺戟覺, を呼ん, を懷かし, を斬つた, を斬れ, を日本, を暗, を毛嫌, を罰したい, を見る, を重, を雇, を驚かす, ヲ服セシヨリシテ, 同樣, 特にイギリス人, 若くは

▼ 國~ (202, 1.6%)

7 國との 5 云ふ, 稱する 4 源次郎の 3 いふ, 支那の, 言ふ 2 いはれて, 云ふも, 交通を, 同等の, 呼んだ, 御條, 支那との, 稱した, 觸接する, 雖も

1 [152件] あり世, あるは, いうが, いはれてを, いひマリア, いひ弟, いへど, いろ, おのづか, お内儀, きく甲斐, しその, した和蘭, して, しろしめす君, し其の, し又, すべきを, とりきめた約束, なかよくし, なつた, なつて, なり國, なり更に, なると, なる理, トルコとは, ヱゲレス國フランス國との, 不義し, 不義姦通し, 事端を, 云うて, 云つた位だ, 云つた例から, 云はる, 云はれ, 云はれし, 云ひます, 交渉が, 交通が, 交通し, 人民とを, 代へ, 伊太利に, 伯伎の, 伯耆の, 何れか, 備前國とに, 傳へ, 元との, 内儀の, 同じこと, 同じ國, 同一と, 同一に, 同一の, 同樣, 同盟し, 君との, 呼び, 呼んだこと, 唐との, 商賣する, 國と, 國とが, 土壤を, 地獄に, 外國との, 大君宣らす, 姦通し, 定めた國, 宮野邊の, 密, 密通し, 寒國では, 寺院なり, 對等關係に, 念を, 應接の, 成つて居ります, 戰つてまた, 戰つて世界列強の, 戰つて敗北を, 戰ひ負け, 戰ふとき, 戰爭が, 戰爭を, 戰端を, 拮抗せし, 支那とは, 政治的關係を, 末長く, 楯つく, 武藝に, 比肩し, 比肩する, 決する上, 源次郎が, 源次郎と, 源次郎めが, 源次郎を, 燕との, 爭い, 爭ふ, 状態を, 狗奴國との, 申しましたが, 申す召使, 申す女中, 異ある, 異なる色彩, 相對, 相對立, 相攻, 相攻撃せり, 相轢, 確信され, 神とに, 稱し, 稱す, 結びついて, 結合せしめ, 結托し, 絶えず交戰, 考へて, 考へも, 聞いて, 聞かされて, 西國との, 西國とを, 見たから, 見たる那珂氏, 觀じ, 觸接し, 言うの, 言よ, 言依さし, 誤り而, 誤解したるなり, 謂へば, 讀み即ち, 逆に, 通交を, 進歩とを, 邪馬臺との, 開戰し, 關係深き, 隣の, 隨分深い, 雖ども開戰準備金を, 雖之に, 駿河の

▼ 國~ (188, 1.5%)

4 に飜譯 3 に譯, に通じ, のやう, の純, の變遷, を淨め

2 [12件] と國文學, の中, の假名, の出來, の卜筮, の原形, の教師, の教科書, の文, を使用, を學ぶ, ヲ有

1 [142件] ありと, から重, があり, がある, が權威, が甚だ, その作者, たるスウェデン語, だ, だつて, であり而, である, であるか, であるとて, である一つ二つ三つ四つ, でそれ, でなくし, では便宜上, では男女, でも日本語, でも聞い, で一ぺん, で云, で傳えられた, で呼ぶ, で歌, で船, で著作, で話される, とでは特に, との相違, と同じく, と漢文, と見なけれ, と認め, と認めます, と認める, と風俗, など, ならむのうたがひあり, なるプロヴァンス, なんて無意味, にし, になつ, になる, にはその, には一ヶ處泰, には共に, にも中, にも假名, にも字音, にも重, による傳, に出, に化し, に對, に引かれ, に於い, に於ける, に比較, に見える, に認められた, に譯語, に載せられ, に通ずる, に通ぜり, に還す, に關, に非, の, のこと, のサ行變格活用, のデタラメ發音, のペテログラード, の一つ, の上, の不規則, の主任, の代表的, の傳, の全, の學習, の寶庫, の尊重, の文學, の文法, の文法上, の時代化, の書き方, の武器, の歴史, の法, の混亂, の簡易化, の統一, の纏まつ, の語序, の語源的説明, の説明者, の起り, の起原, の音譯, の音韻表示, の齊語, は, はある, は今日, は充分, は國, は國民, は國民思想, は思想, は決して, や漢文, をその, を取りいれる, を失ひ, を始め, を完全, を尊重, を成る, を所有, を整理, を整理改造, を日本語, を有する, を淨めよう, を濁す, を濫用, を用, を知らない, を習得, を聽, を英語, を話す, を譯, を鍛, を離れる, ヲ比較的, 亦決シテ日本語ヨリ劣惡ナリト云フ能ハズ, 及び國民傳統, 及び文學

▼ 國~ (180, 1.4%)

2 [13件] あつた, あります, あると, あるの, 亡びたと, 亡びると, 分裂する, 大變, 天命を, 尊いもの, 建國以來連綿として, 最近時支那に, 盛んに

1 [154件] あつたら, あつて, ありまして, あり又, ある, あるから, あるかを, あるならば, あるん, ある凡そ, いくさを, おかれて, けっして二度と戰爭, こんな相談, さかえるよう, すべて貧しい, する事ゆえ, そのため, その自ら, できたて, どうのこうの云う, ない, ないの, なかよくし, なくまた, なく支那, なめたほどの, ほかの, やつて, よい友だち, わが國, ヒヨツトコの, 一六三八年で, 一擧に, 一時治まる, 一番發達し, 一致し, 世界の, 中央亞細亞, 亂れた, 五十年の, 亡ぶとか, 今夜こそ, 他から, 他の, 他國, 何うし, 何んの, 作つたから, 倭國の, 側から, 僅か二三週間, 優者と, 其内は, 出て, 出來, 出現し, 分立しまし, 初めて出, 初めて國, 別段御, 加盟し, 勃興し, 勤めを, 十一の, 卑しいから, 南方支那の, 叛亂者の, 喧嘩しと, 四五十年に, 國を, 土崩瓦解せし, 地球上に, 墻壁を, 多年の, 大きくなる, 大和に, 如何なる騷亂, 孝助を, 安南, 宗教國である, 寄合つたやうな, 小さいあなた, 居ないと, 山の, 巴若く, 廣いの, 建てられて, 建設された, 建設される, 弱つた, 形造られた, 從來如何に, 戀しく, 成立し, 戰爭を, 所有する, 支那と, 支那に, 支那學研究の, 斯學に, 新しく會員, 方技を, 昔の, 暮せる, 書いて, 有つた, 有りますくら, 本場です, 本家である, 果して日本なり, 歐洲大陸に, 歐洲諸, 歐米諸, 毎年型を, 民を, 氣が, 治まって, 治まれば, 治められて, 混亂し, 源次郎と, 滅亡し, 滿洲を, 無上の, 父に, 特に考慮, 狗奴國と, 猶ほ, 田氏に, 異人種, 科學に, 腹一杯の, 自主的な, 自動車の, 花見の, 英國の, 裂けて, 西洋の, 見えないで, 覗つ, 説明した, 道に, 遲かれ, 重籐, 鐵板製造に, 長く續, 長唄の, 青島を, 非道の, 預り中で, 預り中の, 首都の, 魏に

▼ 國から~ (171, 1.3%)

15 來た 6 出て 3 來る, 歸つて來た 2 やつて, 上つておいでに, 來て, 歸つた當座の, 連れて

1 [134件] いけにへを, お出, お遷, お還り, きたに, きたの, こな, でもつたはつ, ゐなくな, トルキスタンや, ヨーロッパへ, 上らしめて, 上京し, 下向した, 主として金銀, 乘つた人々の, 二番目の, 人馴れた, 仲基の, 來たんだ, 信濃の, 借り受けた巨額, 傳った, 傳は, 傳わ, 入つて, 出た先輩, 出る, 出るもの, 初めて渡つて來, 印度宗教の, 反物を, 取り寄せた洋書, 受けるの, 古文尚書を, 品物を, 國へと, 國寶級の, 夜逃げを, 奉ります物, 奉る海産, 奴隸を, 寄贈の, 屆いた, 届いた郵便, 山城の, 巴里に, 平な, 幾多の, 度々時計献上, 心を, 慶賀も, 戰鬪を, 戰鬪開始の, 押賣された, 持ち出した金銀, 排斥すべき, 採用した, 携へて, 播磨の, 支那に, 支那の, 數千里距たつた, 文獻さへ, 新らしく, 新造軍艦の, 旅を, 日本の, 權力を, 歐羅巴へ, 歸って, 歸つて, 歸つてから, 歸つてきた者は, 段々不死, 毎年新しく, 江戸への, 江戸表へ, 派遣せられた遣, 流れ込んだ兇状持, 渡つたサントメ乃ち奧縞に, 渡つて來た, 牢人や, 物は, 献上にな, 生捕, 生捕つた, 申しますと, 留學生が, 發つ, 直接日本に, 直接輸入される, 直接輸入する, 直接輸入せらる, 相當多量, 秀才が, 私を, 移入し, 立派な, 絶縁され, 義理の, 脱走しなさい, 船が, 荏の油を, 藝術家を, 行つて齊の, 西藏に, 貢上する, 貰へ, 買うた物, 買ふ, 贈られた軍醫監, 越えて, 輸入された, 輸入される, 輸入する, 輸出した, 送つて貰, 逃げて, 造林の, 連れ出されて, 遠い旅, 都へ, 金が, 鉛活字を, 附屆なども, 陸前陸奧出羽の, 集まつて來, 集まります, 飛び翔つておいで, 食物即ち, 餘計物を, 馳せ參, 魚類の

▼ 國~ (171, 1.3%)

9 歸る 6 來た 5 お歸 4 歸つた 2 向けて, 歸り, 行つても, 連れて

1 [139件] いらしても, おいでにな, お皈, かゆきし, このサラセン, さし出すこと, ついたばかり, はや歸, もどつて, ゆきたくなかつたので, ゆきましけ, わたる船, われもと, われらの, 上陸し, 下らす, 不時着した, 使を, 使者を, 來たわけ, 來る, 侵入し, 侵入する, 傳つたのは, 傳つたものと, 働きに, 入つた儒家, 入るには, 出たこと, 出て, 出ること, 出る商人, 出る道, 出奔する, 出張された, 出掛けて, 出掛けるの, 向いて, 吹き遣つた, 外國商人の, 寄つて金ヶ崎へ, 山越に, 廻つて死骸も, 引き入れられるやう, 弘布せし, 往つた, 往來する, 往復の, 急いで, 戻つて來, 手紙を, 拔け, 持ち込んだ, 持つて, 擴められる, 旅立ちの, 旅立つこと, 旅立つて, 旅行を, 最初輸入された, 歸し, 歸つたといふ, 歸つたも, 歸つてゐた, 歸つて來た, 歸つて行つ, 歸つて裁縫の, 歸らうかと, 歸らうにも, 歸らなけれ, 歸らむ, 歸りし, 歸りたい, 歸參の, 泳いでもかへ, 流します, 浪々の, 渡り昨今, 渡來し, 渡航し, 牛を, 皈りたい, 皈る, 着いて, 着くまでには, 私は, 移され其處, 立つた, 聞えては, 落ちようと, 落ち給, 行きける我, 行きたいやう, 行きて, 行くの, 行く時, 行く爲め, 行けば, 行けりや, 行って, 行つ, 行つたつ, 行つたところが, 行つたに, 行つたので, 行つた坊さんが, 行つた者は, 行つていまは, 行つてし, 行つてゐた, 行つて一緒に, 行つて仕へた, 行つて居る, 行つて水の, 行つて牛や, 行つて職業を, 行渡つて, 討手である, 護送する, 賣れる, 越えて, 輸入され, 輸入された, 輸出した, 輸出する, 輸出貿易品中の, 轟と, 送つて, 送られる日, 送還させた, 逐電し, 這入つたので, 通交せず, 連れ去られようとして, 遊學を, 運んで, 遣る齋, 降りついたところ, 飛んで

▼ 國~ (151, 1.2%)

11 あつて 6 あつた 3 いちばん大事な 2 いちばん高い, ビアヅレエイ等の, 支那の, 猪や, 製造された

1 [121件] あつて日本, あのつら, あらうかと, あらうと, あらうとも, あり得なかつたこと, いちばん眞實, おこって, お求め, か, ぐづぐづして居, これを, さへ, しかも久しく, する習慣, その盟約, それを, ねそこぢ, オスボルンや, カソリツクの, ノーベル賞を, 世帶を, 中朝と, 今の, 今日まで, 仲が, 何等海洋, 作つた, 作られたもの, 使はれる, 八神を, 其布教の, 内亂, 几帳面で, 剛情だ, 劍道を以て, 勝ち露國, 勿論親善, 取れる吐根, 受取つた, 受取らぬこと, 古來田地, 名高い櫻木海軍大佐閣下, 君位の, 君臣の, 國府が, 國粹論の, 土佐と, 地理上臺灣の, 天照大神とも, 妻を, 始終天子, 學んだ方, 學んで, 定つた宗教, 寛文三年に, 展覽會を, 廢立の, 彼等は, 心靈研究が, 成敗せられたら, 支那から, 支那に, 支那よりも, 支那學が, 政黨分野に, 新羅, 日本は, 早く有し, 昔僧徒一萬八千今漸, 普通に, 暮らして, 書かれた倫理, 最も古い, 村の, 桓武天皇の, 歌舞の, 此貴い, 死にたいと, 死ぬ, 氣短かで, 江戸屋敷は, 流行する, 海軍の, 源次郎と, 滿洲事變を, 演ぜられた時, 無頼の, 父母殺害といふ, 特産として, 犬又は, 生れたもの, 生れられて, 用いられたバリスタイト, 發明され, 發明に, 相當, 相知つた神山君に, 知られて, 稱へて, 第一, 經驗した, 編纂された, 羽振, 自分の, 自國人, 薨じ, 藝術的な, 蜃氣樓を, 行はれ, 製造させる, 見かけた娘さんたち, 謂つても, 負けた, 買つた活動寫眞機を以て, 資金を, 購讀された, 郡の, 開かれた物理學, 頓に盛, 鰹船の

▼ 國では~ (99, 0.8%)

2 どうしても山の端, どうしてる, 他の

1 [93件] あるか, あるけれど, かかる方法, この問題, この種, これが, その當時, そんな鹽梅, だれが, どうしても人, ないの, ないまでも, ない二千五百年, なかつたか, なからう, ながいあいだ, なくて, なくなつ, なく垣, ほとんど發, まだのら, まだ冬, まったく見られません, むしろドイル翁, もう座席, われわれが, トルコの, ブヒラ, リオン市にも, ロシヤ對英佛土間の, 一つの, 一種の, 一般に, 人工を, 人間として, 今頃は, 何れを, 何分思ひ切つた, 何千兩いや, 傷病兵慰問結核絶滅缺食兒童等の, 元祖の, 六千五百尺の, 其點は, 到底見, 割勢した, 取調べに, 古今先生の, 國立癩療院その他復生病院の, 太抵の, 季節の, 學校は, 安部仲麿などは, 容易に, 寶探し, 封建時代の, 對等の, 尠く, 已むを, 年の暮れ, 度び度びさうした凍死者を, 御承知, 支那の, 支那よりも, 早く石, 春さきの, 春にな, 書寫の, 書籍も, 最も早く, 有名な, 朝代の, 未だ一人, 東京工科大學の, 染料や, 武士道は, 殆どカヤツリ紙の, 決して朝鮮, 無政府主義, 申して, 眞宗の, 種々の, 第一, 節分にも, 結婚を, 蚊帳の, 見られない直線, 誰も, 金を, 金一に, 釜煎り, 食の, 餘り, 麥が

▼ 國~ (93, 0.7%)

12 を越え 4 に近い 3 にある, を越えた, を越える 2 となつ, にて

1 [64件] からはこんだ, である, でもある, でボオイ, で山, で汽車賃, で父さん, と彫, にあ, にはけふも, には寢物語, にもありまし, にも近い, に入れ, に向, に生れた, に當つた所, に當つて, に繞, に近き, に連, に連なつ, に連なる, のこと, ののぼり, の一部, の古都, の圖們江口附近, の山, の山中, の川, の方, の白い, の遠い, の邊, の阪, の驛, の高山, はやかましい, はエトロフ島, は一度, は越した, へは三十箇師團, へ來, へ出, へ到着, まで行く, も分らなくなれ, をなす, をも越えない, を侵し, を出まし, を形づくる, を歩い, を渡し舟, を經, を越え行かん, を踰, を間, を離れ, ヲ撤去シタル世界, ヲ超越シタル大社會, 迄だ, 近い屈斜路湖

▼ 國~ (90, 0.7%)

9 の議員 3 に出し, は國民 2 がじ, できめる, に出た, は, はこの, は國

1 [63件] がある, がきめ, がこしらえる, がなくなれ, が二つ, が國民, が國民ぜんたい, が開かれます, だけがこしらえる, だけできめず, だけできめない, でこしらえる, です, ですから, でつくった, でつくる, でないほか, でなるべく, でのべ, での仕事, ではおも, ではなん, で國民, で法律, で議員, とで監督, とむすびつい, と同じ, と國民, にたいして責任, にとどく, には國, にまかせ, に自分, の, のこしらえた, のこしらえる, のこと, のつくった, のほう, の一つ, の会期, の支配, の政党, の直接, の議事堂, の選挙, はいつ, はじ, はその, は一時, は二つ, は國民ぜんたい, は年中, は民主主義, は立法, は行政, へ行っ, を, をじ, を閉じ, を開きます, を開く

▼ 國より~ (86, 0.7%)

10 邪馬臺國に 4 不彌 3 九州の 2 女王の, 投馬國に, 東南に

1 [63件] いまこの, この河口, さきに, はじめて海賊, やまとへ, 一千三百餘里に, 上りまさしめ, 上り幸でまし, 上り幸でます, 上り行でます, 五百萬圓を, 以下裸國黒齒國の, 以下邪馬臺に, 以下邪馬臺國に, 以北に, 伊都國に, 佛教が, 來て, 來り, 來る, 傳ひ, 傳へ, 優越し, 出羽の, 劣つた點も, 千餘人の, 南方に, 南方一千三百餘里と, 參り, 吹く風, 女王國に, 奴國に, 好古都國, 安くて, 對馬一支を, 帶方郡に, 後れ而, 承わりおりますれど, 投馬國まで, 更に南行, 末盧國に, 末盧國まで, 東渡海千餘里狗奴國に, 東行し, 東行百里に, 歸朝する, 歸朝せざる, 水行三十日の, 海軍を, 熊野へ, 禁止せられ, 科野の, 移植せ, 英國に, 越えて, 輸入した, 輸入する, 遷り, 邪馬臺に, 邪馬臺國まで, 邪馬臺國までは, 針間の, 飛び翔り行

▼ 國~ (81, 0.6%)

6 の方 2 という男, の前身, の奴等, の子分たち, の聲, の部下, は昔

1 [61件] から五六歩, が, があなた, がこちら, がたびたび, がどう, がどんな, がヒョイ, が此處, だと, という奴, という組, といつ, とのこと, と別れた, と私, に, には會, には私, に一通り, に問われ, に對, に渡す, の, のよう, の事, の前, の力, の子分, の子分達, の影, の歩み去, の歩み去つ, の肩, の背中, の言う, の連中, の間, の顏, の顏見知り, はそのまま, はちよ, はなにか, ははつきり, はグイグイ, は今, は去つ, は名刺, は壁, は左手, は座, は暗い, は背, へ振り返つ, へ頭, も言葉, らしい, を斬, を斬つた, を見つめ, を調べ直す

▼ 國~ (73, 0.6%)

6 の印 5 の子 4 の名 32 だと, は何れ

1 [51件] がゐない, が大食, が支那, が畏, が自分, でも何, とは誰, とは離す, と國家, など書いた, に仕, に和, に奉ず, に對, に與へた官爵, の上表, の不, の使節, の名前, の命, の命令, の定めた, の宴, の實名, の封號, の御名, の息女, の懇請, の生, の第, の表, の親, の許可, の護衞兵, の金印, の驚くべき, は, はこ, はさながら, は大, は從來, は澤山字, は男子, は頗る, よりの贈物, よりも權力, より下, より生口, を教化, を遠く都, 過てり

▼ 國~ (65, 0.5%)

4 に於ける 3 に於 2 を御

1 [56件] から幣帛, から見, が不安定, が安定, での吉野川, では封建經濟その他, では歡迎, で見られる, と國外關係, に, にあり, におけるニユー・デイール, における貴族, にて之, にて有名, には或は, にみちた, にも一應, にも一郡内, に宣布, に未だ, に烟, に行, に起つた, に辮髮, に頒布, のみに就, の事情, の人民, の元日, の各, の安全, の安定, の形勢, の政治, の景氣, の治安, の消費, の火山作用, の物, の秩序, の秩序亂, の紛爭, の通用語, の需要, の饑饉, は勿論, をしずか, を見放けた, ノ分配ヨリモ國際間, ノ地主對小作人ノミ, ノ無産階級ガ組織的結合ヲナシテ力, ノ物價ガ世界的原因, ノ白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ, ノ革命黨ハ, 諸英字新聞

▼ 國~ (61, 0.5%)

4 の精華 2 であるから, に同化, や國情

1 [51件] が何, が君主政體, だと, だとか, でありますから, では君臣, とか武士道, との調和, とは兩立, と同化, と干, と相容れない, と融合, と調和, などは問題, には絶對, によく, に一致, に牴觸, に背叛, に適, に關, の, の一分子, の上, の原理, の基礎, の尊嚴, の恩, の有難い, の本義, の核心, の特別, の變更, の起源, は單, は家族主義, は此, は決して, は空漠, や社會, をも社會, を保存, を家族的國家, を忘れてる, を損失, を破, を考へ, を認識, を身, 又は國粹

▼ 國~ (58, 0.5%)

12 學の 6 學に 32 の神, 亂, 學と, 學には, 學地震學教室に

1 [27件] 亂更相攻伐, 八洲この, 地震次に, 學が, 學で, 學にも, 學を, 學ニ奉, 學内地震學教室に, 學到着を, 學即ち, 學在, 學所藏の, 學教授其他來賓及松本, 學教授文學博士宇野哲人君, 學文學部學生, 學文科大, 學新聞, 學派の, 學理學部に, 學第, 學經濟學批判會の, 學英文科に, 布教者で, 總領僞善氏の, 饑, 首相たるの

▼ 國~ (55, 0.4%)

3 之に 2 あり日本, 唐の

1 [48件] ありナギ, あるが, あるわけ, ある朝鮮, うこうなれば, さかえて, とつ國うまし, またマルテル, また古い, また現, また輸入方法, わからないが, デモクラシーでは, 一時驚いた, 亞細亞と, 亦其旋渦中, 亦幔, 亦次第に, 亦決して, 同じこと, 同樣, 地獄も, 大抵元に, 安平なら, 尊いもの, 山が, 己なんぞに, 平和に, 思案に, 手を, 日本の, 早晩ユネスコに, 活火山には, 滿, 無政府, 發展す, 皆之に, 皆闇, 矢ツ張り人並の, 稚かつ, 良忠か, 衰滅の, 西暦十二三世紀の, 違へば, 遼東より, 鉄砲を, 離叛いたし, 驚いて

▼ 國~ (55, 0.4%)

3 の上 2 の神靈

1 [50件] から奮然, が皆, が相, ではなほさら, で教育, といふもの, と思つた日, と言, において米, に何, に來, に分布, に培, に根生, に特産, に限り, のすぐれ, のすべて, のどこ, の中, の保安, の四肢, の極小, の産物, の異なる, の神, の紀年史, の義, の起原, の開闢者, の關係, の隅々, の騷ぎ, の魂, は必ずしも, は神土, ひたに, もわれわれ, も異, やゆるぎ, や大國土, を分つ, を想像, を清めた, を生み成した, を觀, を開いた, 全體, 悉皆成佛, 計畫

▼ 國でも~ (54, 0.4%)

2 國語の

1 [52件] あります, ある, あるの, いくらも, かくまで, これに, その古代, ないやう, ない兎, なるべく早く, 一番百姓の, 三四人の, 世界史の, 亦試驗的, 人に, 人の, 人情には, 其例を, 准后とか, 出來, 又この, 古い歴史, 古代では, 國の, 土佐だけは, 大へん, 家族制度が, 家毎に, 少からう, 平田禿木が, 悉くは, 憲法を, 打製が, 支那同, 方言は, 明が, 昔から, 最初は, 根本は, 正義以外の, 此節の, 澤山あります, 王朝時代には, 男より, 皆何千年, 第三流位, 英文や, 言語の, 貨幣經濟と, 釋迦出世の, 陳列物の, 黒船來航の

▼ 國には~ (53, 0.4%)

2 日を

1 [51件] ある, あるまじき奇觀, いろ, いろんな怪物, うるさい批評, それが, ない, な住まりそ, まだ哲學概論, アメリカ風の, バルザックを, 二つあります, 五百キロなど, 今だに, 住んでは, 傳はらなかつた, 六十六所の, 別に漁業專門, 化物が, 及ばなかつたが, 古く和魂漢才, 君の, 固より, 大きな責任, 天照御, 妻が, 尚だ, 左程, 巨大な, 常に姿, 平氏の, 憲法が, 我々に, 支那の, 既に4囘, 早くから行, 昔から, 渡すまじき此朝日島, 無くちや, 珍しいので, 石の, 良い研究材料, 花が, 花嫁が, 言葉の, 金は, 金を, 鍛冶屋の, 類の, 類似の, 類稀なる

▼ 國~ (50, 0.4%)

2 に宮, の何處, の爲來, は國, を旅行, 到る處

1 [38件] から峠, でも福建, で何處, と稱, にある, にさう, にも名, に使者, に最も, に混亂, に烟, に聞えたる, に蔓, の, の人民, の人民此改暦, の先進, の南國, の婦人會聚, の府藩縣, の泥棒, の混亂一時, の知者, の良民, の蒙, の賈人會, の車夫, の鳥屋, また亂, を大抵, を御, を私, を見, 國あたりへ, 國及び, 最も大, 最も廣, 最も麥

▼ 國民性~ (49, 0.4%)

3 といふもの 2 がある, といふこと, の缺陷

1 [40件] かと直ぐ, があつ, があります, が在る, だから, でありますが, といかなる, としては古い, とに適合, とのため, とはどう, と何, と思つて, と我が, と申し, について斯, によつて, によつて宗教, により著述, に從つて遊び方, のうち, の一特質, の中, の區別, の外, の弱, の相違, の第, は, はさ, はどう, は文, は時代, を, をもつ, を一言, を害毒, を廢, を有し, 又は民族性

▼ 國にも~ (45, 0.4%)

2 ある, あること, 斷つて寺の

1 [39件] あつて, ありそれ, ありますが, おくられ數年後昌造, くらしの, さう, それに, や, 亦此種, 例の, 傳染し, 初夜權の, 勝ると, 十分參考と, 反響し, 只今二三名の, 國民には, 存在した, 家にも, 巡錫し, 影響せし, 採用された, 有り埃及王ブーシーリス, 桟留織, 此例は, 渡來せし, 澤山ある, 生れたといふ, 知られドラックマン, 穴師といふ, 等しい貴方, 自由奔放な, 行つて居た, 認めしめたの, 通ふら, 開港した, 關係法案が, 非常な, 類ひあるまい

▼ 國~ (42, 0.3%)

3 でした 2 はさ

1 [37件] かそれとも, か安五郎, が下手人, だよ, といふ二十四五, といふ手代, といふ男, ともう, にも打明け, に訊きました, の三人, の嘆き, の四人, の方, の眼, の萎れ返つた, の身體, は, はその, はそれ, はなほ, はゴクリ, はシトシト, は利巧者, は十兩餘, は姉さん, は平次, は感, は我慢, は時々, は無性に, は疊, は突き上げ, は粘液質, もさすが, を見送つ, を迎

▼ 國である~ (41, 0.3%)

4 ことを 3 と云 2 ことは, と同時に

1 [30件] からし, からである, から外國, から平群眞鳥, がこれ, がその, が世界, が自分, そこで東洋, という, といふ事, とかこ, と命令, と御, と書, と極めて, と正, と考へられ, などといふなら, にし, のか, 伊太利に, 古代の, 古國, 地下の, 密教が, 支那よりも, 筈の, 羅好, 言葉といふ

▼ 國~ (40, 0.3%)

2 に於, に特に, の中, の研究

1 [32件] あつて以來, が出, であつ, で見た, といふもの, にも支那語言文字, に傳, に喧傳, に對, に於ける, に混ずる, に與, に記す, の一, の儺縣, の加羅國, の專門家, の教授, の教科書, の示す, は神, をやつ, をやる, を作る, を案ずる, を研究, を繙く, を著, を見, を讀ん, を通じてあらゆる, を顧み

▼ 國~ (39, 0.3%)

2 だから

1 [37件] からも勤王家, がちょっと, がやかましい, たる故, だが, だの何, であ, であつ, であるが, で一度, で人, で劍術, で名前, で嫁, で少し, で稼ぐ, で考, として知られた, とは殆ど, ならざること, なりき, のため, の何とか, の八五郎, の典型, の口, の國松, の寅藏, の武家崩れ, の祖國, の軌轍, の鰹船, は思ひ, は皆んな身許, らしいところ, らしい無遠慮さ, らしい老

▼ 國との~ (37, 0.3%)

3 間に, 間の 2 交通の, 交際に, 關係は

1 [25件] 不和ありし, 交渉が, 區別と, 區別を, 和戰に, 商賣, 國境を, 堺なる, 境である, 境に, 境界問題で, 寢ものがたりする, 御條, 戰爭が, 折衝といふ, 通商も, 通商權を, 通路を, 野合が, 間を, 間何んと, 關係で, 關係にも, 關係を, 顯著なる

▼ 國~ (34, 0.3%)

1 [34件] から分化, が勃興, が姿, が發達, が盛, が興る, で解釋, といふもの, とてはさらに, とはその, と云うた, と漢學, には文學, に對, に文學, に精通, に轉, に通達, に關, の上, の四大人, の思想, の方, も此, も高山彦九郎, や歌, をやりませぬ, をやる, を地下人, を建設, を樹立, を講じた, 例へば神社, 特に歌學

▼ 國~ (33, 0.3%)

2 [13件] 有呼邑國次, 有好, 有姐奴國次, 有對蘇國次, 有巴利國次, 有支惟國次, 有烏奴國次, 有爲吾國次, 有蘇奴國次, 有躬臣國次, 有邪馬國次, 有鬼國次, 有鬼奴國次

1 有不, 有奴國此女王境界所盡, 有奴國此女王境界所盡其南有, 有己百支國次, 有已百支國, 有郡支國次, 有都支國次

▼ 國~ (33, 0.3%)

2 なもの

1 [31件] である, であるが, で妖艶, で戸一枚, なしかも, なり, なりきと, なりと, な刀劍, な匂, な怠惰けた規律, な掣肘, な最も, な歌, な氣分, な氣持ち, な盛大さ, な自動車, にたづ, に完成, に知られ, に禁止, に考へ, に行, に返し, に開かれる, に霜, のもの, の大, の色彩, の風俗

▼ 國民ぜんたい~ (31, 0.2%)

4 の意見 3 で國, の考え 2 がいちばん, が國, の代表者, を代表

1 [13件] がえらんだ, がかしこく, がひとところ, がみんな意見, でつくった, で物事, にある, にあれ, に代わっ, のつくった, の中, の中心, をあらわされる

▼ 國~ (31, 0.2%)

9 のお 6 の刀 2 なれば

1 [14件] が出れ, が山の内, だから, という勝れた, と云う, に一層, の一刀, の事, の刀一刻, の刀紛失, の手掛り, の行方, は存じ, も己

▼ 國~ (30, 0.2%)

11 彌八郎 2 彌八郎樣

1 [17件] から下野, がなく, だとか, であ, でもある, といふの, の侍, の市, の故, の薫り, の跡, の飛切り, へとの路, へと出, へ行き, を鄙, 彌八郎さん

▼ 國~ (29, 0.2%)

2 に調和, は鎖國

1 [25件] から觀, がそれ, が次第に, が現在, ではかかる, とよく, と文壇, に從つて, に照, のせゐも, の中, の充分, の異, は大化革新, は變化, ほど, をば出來, を反映, を斟酌, を熟知, を物語る, を省みるなら, を知悉, を調査, ノ如何

▼ 國~ (29, 0.2%)

2 を退

1 [27件] からは一人親戚, から差, から新た, から稼ぎ, から續, から返事, から金, ではだ, では大きな, にご, に五十嵐, に候恩田杢, に妾, に歸つて開業, に父, の事, の兄, の家, の殿樣御參府, の父, は, はどの, へ相談, へ置い, へ飛脚, まで呼び寄せ, りでなく東山道

▼ 國~ (26, 0.2%)

3 を掲げ, を飜 2 が出

1 [18件] がいつも, がひる返つ, が國, が堂々, が學校, が長閑, が飜つて, に取卷かれ, のたすき, の三色, の標章, をかかげ, を唯, を掲げし, を掲げず, を放棄, を結びつけた, を見れ

▼ 國~ (25, 0.2%)

9 の命 4 の子 3 の神 2 の門 1 が御調物, が掌中, となり, ども大, なくし, の列, の貴婦人

▼ 國主義~ (25, 0.2%)

2 ならば, の時代

1 [21件] だと, とか云, とか聯盟主義, と云, にある, に却つて結合, に對, の光輝, の外, の爲, の發揮, の立場, は宇内, は既に, や帝國主義時代, を一科學者, を小, を攻撃, を滅, を發揮, ヲ碎破スルニ足ルベキ軍國的組織ハ不可缺ナリ

▼ 國~ (25, 0.2%)

2 の形, の曲

1 [21件] が突如, でその, と見, などに覺, に招待, に搭乘, に積み込まれた, に貢舶, の來航, の出入り, の取締り, の渡來, の見, の足場, の難船, はつねに, はまつたく, はもはや, は依然として, を撃攘, 再び來

▼ 國~ (25, 0.2%)

3 第十號 2 を歩み

1 [20件] である, とおぼしき, の兩側, の北側, の林屋喫茶店, の行手, へ出た, へ出る, へ通さう, よりも一層, らしい舖裝, をとほり, をトラツク, を七八町滅茶苦茶, を圓顏, を塵, を歩, を歩む, を辿る, を隔てた

▼ 國~ (25, 0.2%)

2 の成立

1 [23件] との關係, と中立派, と密接, の代表力, の候補者, の微弱, の政綱, の組織, の領袖, の首領たる, は復政治上, は政治的投機師, は最も, は清浦曾禰, は確か, は自ら内閣, は自ら既成政黨, は自己, を以て内閣, を以て頼む, を輕重, を頼み, 及び時代

▼ 國~ (24, 0.2%)

1 [24件] あの行爲, お前が, お餞別, その孝助, まに, スウェーデンの, ドイツから, マホメット教國の, 四國などで, 地方の, 大やまと, 天下の, 奉公人達から, 支那の, 早やうら, 朝鮮に, 源さんに, 源次郎さんは, 町の, 縣に, 羅從彦や, 郡の, 長き外浦, 露西亞の

▼ 國~ (24, 0.2%)

4 の整理, を計上

1 [16件] から減ずる, が一般會計, が巨額, が殖える, が計上, といふもの, なるもの, の不, の利拂資金, の状態, の總額, の豫定, は一文, は六十億圓, は商, を豫定

▼ 國即ち~ (24, 0.2%)

2 太宰府の

1 [22件] サマルカンド國王が, ヂパングといふ, パルテイヤ王朝の, ボヘミア, リビア, 九州に, 九州の, 九州全島の, 九州全島は, 九州内に, 博多よりの, 博多附近より, 厭帶夷栗, 唐で, 國史の, 我が國, 支那の, 支那國に, 松浦郡に, 金海に, 韓諸, 香至國の

▼ 國~ (23, 0.2%)

2 といふ, と思つて

1 [19件] いや天國, からなあ, から尊い, から百姓, か其人達, か誰, し年貢, つて内心は, つて房の, と, といふ感情, とは思へなかつた, と信ぜられ, と分つた, と新聞, と私, と稱, わいと思つて, 位に

▼ 國務大臣~ (23, 0.2%)

2 の中

1 [21件] がで, が持つ, とからでき, とがある, と云, にします, にでも成れる, にソン, に入れる, のお, の仕事, の大, の数, の見込, は内閣総理大臣, は國, は帝國憲法, もじ, もみないっしょ, も國会, を暗殺

▼ 國木田君~ (23, 0.2%)

2 はその

1 [21件] が珍, が生き, が確か, が逝き, とよく, と共鳴, に取, の列席, の清い, の畫報社關係, はとめた, はどう, は例, は勝手, は戻, は明治四十一年六月, は此方, は縁側, もいつしか, も私, を訪ね

▼ 國~ (22, 0.2%)

1 [22件] 一空セシメ危機誠ニ幕末維新, 亡ボサントスル斯ク, 併呑シ以テ私慾ヲ, 例外トシタル歐洲ノ, 契約ニヨリテ組織シタル者ト一考セシコトモナシ, 屈服セシメ海軍亦, 建ツル時朝鮮ハ特ニ其, 建テタル者ナリ, 擧ゲテ道ニ殉ズル天道, 改造スベキカノ大本ヲ, 活カセシ者, 環ル所, 破リテ土耳古, 第二, 築カントスル日本ハ, 築キタリシ筈, 築クヲ得ベキ, 考フル者此ノ, 脅威シテ之, 脅威セシ獨逸ト印度ヲ, 觀ルニ今, 討給時三萬八千荒神

▼ 國~ (22, 0.2%)

1 [22件] が某, であつ, に笑, の前, の宣告, の爲す, の車, は信じ, は同じ, は幸, は後で, は春三郎, は漸く, は言, は赤十字社病院, は風邪, も今日, をぐつと瞻, を待ち兼ね, を東京, を訪, を訪問

▼ 國~ (20, 0.2%)

2 の排列

1 [18件] あり, がもと, たる日高見, でありますから, と同一, にした, に於, に關, の場合, の始め, の發音, は, は中, は好, は本, を廢, を表現, を記載

▼ 國といふ~ (19, 0.1%)

1 [19件] ことにな, ことを, なり, のが, のは, ものに, やうに, より投馬國, 三十女が, 力士は, 國で, 坊さんで, 女は, 後添は, 我が國號, 有樣, 範圍内に, 言葉は, 言葉も

▼ 國~ (19, 0.1%)

1 [19件] タメ, 一部タリ一行政區タル大本ヲ, 一部トシテノ平等日本人トシテノ自由ヲ, 中ニテ, 位置ヲ, 侵略ヲ, 侵略又, 保護ヲ, 十三洲獨立戰ハ其, 同一ナル其レ, 大戰ハ天其, 存在セシ證跡甚ダ多, 復讐戰ニ對スル自, 恐怖タル日本移民, 植民政策ヲ, 滅亡ヲ, 無用ヲ, 自耳義ニ於ケル如クナラズ, 領有又

▼ 國~ (19, 0.1%)

3 に訴

1 [16件] なども有る, に符合, の勃興, の命ずる, はその, もあり, も畢竟するに, も薄く, を嘲笑, を思ひ出さざる, を有する, を育む, を起さしめ, ノ外ニ此等功名的動機, ノ頽廢モ, ヲ

▼ 國~ (19, 0.1%)

3 である, を主張 2 といふ熟語, を保存 1 とかいふ熟字, とでも云, などいふ語, などを唱, の貴ぶべき, は必ず, は支那人, をさ, を貴んだ

▼ 國~ (19, 0.1%)

2 に定め, の先祖, を定め

1 [13件] が大和, が大和朝廷, といふもの, とおなじく, などをも置かれ, の宮簀媛, の所, の生活, の祖先神, の系圖, は自分, を稱, を置かれ

▼ 國~ (18, 0.1%)

2 を伸張, を張り

1 [14件] が四表, が西域, と文化, に關, の尤も, の旺盛, の盛, を宣揚, を張る, を燿, を第, を輝かした, を遠く, ヲ發揚セシハ歴史

▼ 國~ (18, 0.1%)

1 [18件] が受理, だと, の如き, の無, の翻譯, の起草, は之, は今日, は日本紀, をもたらす, を受取, を差出した, を捧持, を授け, を覽わたしつる, を送つた, を進講, 御受取

▼ 國さん~ (17, 0.1%)

2 と私

1 [15件] か, がこ, とか云っ, と二人, と様子, と疾, にお, のお母さん, の事, の処, は子, は私, を夕方, を本所, を贔屓

▼ 國貿易~ (17, 0.1%)

2 のこと

1 [15件] が政府, と關係, にも行はる, によつて, に着眼, に關, の上, の取締, の港, の状勢, の結果, は一層, は歐洲人, も亦, 殊に米國

▼ 國~ (17, 0.1%)

3 を製造 2 だけは決して, なきに, までも日本 1 が見, といふ文字, とか國粹, の如き, の成否, はしかく, を發揮, を與

▼ 國として~ (16, 0.1%)

1 [16件] その出先, ゐる, 一つの, 事毎に, 列擧せる, 常闇の, 支那に, 最も世間, 海原に, 畏怖せられ, 立って, 自他共に, 見るべきもの, 許されて, 誇り得る理由, 認められた譯

▼ 國とは~ (16, 0.1%)

2 其人民永世不朽の

1 [14件] こと, せず, 云へ, 亞剌比亞人の, 交通しない, 何もかも先進, 古代の, 喬木ある, 密接な, 根本的に, 現在の, 直接に, 違ひ, 頼房が

▼ 國固有~ (16, 0.1%)

3 のもの 2 の文明

1 [11件] の優しい, の文化, の方術, の染料, の氣質, の生々主義, の神女, の言葉, の言語殊, の道徳, の風俗

▼ 國學者~ (16, 0.1%)

2 の文學

1 [14件] たる小説家, でもあつ, などは歴史, には其の, の傳統, の妾, の本, の激しい, の神道, の説, の間, や漢學者, を招い, を相手

▼ 國~ (16, 0.1%)

3 の主人

1 [13件] から引, が大名, の主人信兵衞, の娘, の嫁, の常吉, の御, の甥, の番頭, の若い, の衣裳かた, の贅, の顏色

▼ 國府津~ (16, 0.1%)

1 [16件] だつたの, でもう, で下りた, で避暑, に出, の, の塚越, の浦, の海岸, の海岸寄り, の驛前, の鯛飯, へ向, へ着く, までの切符, まで來

▼ 國府臺~ (16, 0.1%)

2 の戰

1 [14件] から中山, とも云, にては二度と, に上り, に至り, の上, の公園, の國府臺, の敗後, の林丘, はさ, は鎌倉, までの舟賃, を顧み

▼ 國~ (16, 0.1%)

2 の收入, の窮乏, の負 1 から貰つて, に收, に納め, の支出, の收, の歳入, の空巣覗, を開い, ノ經費, ノ負

▼ 國政府~ (16, 0.1%)

3 にし

1 [13件] がレザノフ, と交渉, に許され, に露清特約, の不, の任意, の威信, の殘酷, の注意, の許可, は若し, へ上奏文, よりの許可

▼ 國~ (16, 0.1%)

1 [16件] で平, と支那文, に害, に直した, に身, の全盛, の初め, の創造, の御, の格式, は其爲め, は漢文, もて認めたる, を存, を綴る, 直譯體

▼ 國文學~ (16, 0.1%)

1 [16件] がある, がその, が興, が興つたの, だつた, なぞいづれ, などが重, には見られない, に對, に關, の創刊, の影響, の復興, の留學生, の研究熱, は國學

▼ 國議會~ (16, 0.1%)

2 に於

1 [14件] あつて, が開け, で御, で植, に入れり, に建議案提出, の, の下院, の中, の方, の演壇, の解散, の議決, の開設

▼ 國たる~ (15, 0.1%)

1 [15件] ことを, の一因, の性質, 形勢は, 所以に, 支那に, 日本が, 朝鮮琉球野作, 樣想像被, 歐洲との, 獨逸や, 自覺, 英國は, 趣ありき, 露國と

▼ 國にて~ (15, 0.1%)

1 [15件] かつて見し, パンを, 久しき以前, 外道を, 好事の, 宮野邊源次郎と, 支那學支那文學科と, 支那關係の, 明す, 松崎慊堂が, 決して承伏, 海魚に, 生んだ子, 見馴れたる黄色, 造化を以て

▼ 國家民族~ (15, 0.1%)

3 が自己 2 が何處, が各自, を否定 1 が緊密, が自己自身, の世界的, の獨自性, もそれぞれ, も單

▼ 國~ (15, 0.1%)

1 [15件] がつぎつぎ, が内外人, といふ上, といふ字面, として愛誦, などが作れる, などが出, などといふもの, について一言, について答, の一つ, を作るべきである, を抽出, を破, を讀み

▼ 國~ (15, 0.1%)

2 を不

1 [13件] でも禁止, にし, の命ずる, の問ふところ, の犧牲, の禁止, の許さ, は個々, もまた, を正し, を犯し, を遵奉, 殊に西洋

▼ 國~ (15, 0.1%)

2 の綿, の衣類

1 [11件] である, であるべきは, である絹, によつて充足, の奴隷, の尤も, の植物, の石板, の紡車, の織機, らしい肩

▼ 國~ (15, 0.1%)

2 矣哉

1 [13件] いづこ, が救, が横つて, に死んだ, に立ち, に遭つた, のしぶき, のページ, を克服, を免れよう, を突破, を除去, 去レリ

▼ 國~ (14, 0.1%)

4 神名は 32 神の 1 廣湖霞みたる見, 神が, 神と, 神なり, 神大山津見の

▼ 國であります~ (14, 0.1%)

1 [14件] からこれ等, から一見, から全, から其の, から夫婦間, から嫁, から孝中, から家族, から無論, が其國, が唐以前並, が非常, けれども上古, しまた

▼ 國~ (14, 0.1%)

4 極南界也 1 主宰而能與外界庶物相交, 品物無之, 宗教, 意, 文字語言, 書籍を, 産物にて, 筋を, 經書, 船何時渡來致すべきやも

▼ 國切手~ (14, 0.1%)

2 のこと, の御計 1 が産聲, となつ, と呼びたい, と英一, のポスター, の方法, の誕生, の達成, は初め, は英一君

▼ 國~ (14, 0.1%)

2 の境内

1 [12件] がある, その頃, なる墓地, にはかの, には三條公, に立てられ, の東北, の森, の門, の門前, へ行つたの, へ行つて

▼ 國~ (14, 0.1%)

1 [14件] からいつ, か非, とし, とした, としても國體觀念, ともいふべき, と完全, の國, の定, をとつ, を以て國, を定める, ヲ打破スル者, ヲ決定シテ施設スベシ

▼ 國~ (14, 0.1%)

1 [14件] が始めて, として不朽, の支那音, の起源, はマルコ, は中, は日本, は日本人自身, も既に, を傳, を外人, を有する, を知つた所, を論じたる

▼ 國~ (14, 0.1%)

76 りの 1 りも

▼ 國~ (13, 0.1%)

1 [13件] から持つ, から江戸, から老僕周吉, から身うち, で彼, に引, の妾, へ手紙, へ歸つて, へ送り, 土佐へ, 居城の, 祿時代の

▼ 國~ (13, 0.1%)

3 の發展 1 の充實鞏固, の大陸, の強, の強大, の母胎, の減少, の發達, の飛躍的發展, はた自ら, を強める

▼ 國友大助~ (13, 0.1%)

1 [13件] がヒョッコリ私, だつた, というの, のこと, の事, の名, の眼, の配下, は危險, は相, ほど誠實, も彼, を訪ね

▼ 國~ (13, 0.1%)

1 [13件] であり三代, であり帝師, となつ, となり, と大, の三等, の何人, の弟子, の樣, の遺誡, の鎌倉時代, も淨土僧, 大應國師

▼ 國日本~ (13, 0.1%)

2 の母

1 [11件] で嫌, にとつ, になつたの, のやう, の先, の同盟國, の姿, の海防, は一つ, を立去, を護る

▼ 國現在書目~ (13, 0.1%)

2 にも其の

1 [11件] だけに殘つて, で宇多天皇, と云, には二卷, にも勿論, にも見え, にも載, に載, の中, を見れ, を隋書

▼ 國~ (13, 0.1%)

1 [13件] ができた, といつた, といひ, と云, にのぼつ, に過られ, に順應, の宣傳, の立場, の策, は初め, は神, ノ基本トスルモノナリ

▼ 國際的~ (13, 0.1%)

1 [13件] となり, な挨拶, な文化, な日本, な産物, にはマーシヤル・プラン, に分布, に有意義, に科學, に連絡, の呑噬行動, の學術團體, の港

▼ 國~ (12, 0.1%)

1 [12件] でヨーロッパ, に乘船, はドイツ在留, はノールウェイ, は一週間さき, は似, は千トンあまり, は夜, は沖合, は私たち, を呼ぶ, を徴發

▼ 國~ (12, 0.1%)

2 に沒頭 1 といひ, に名づけ, に奔走, に與, の爲め也, は日々, は日日, を杞憂, を謀る, を議せ

▼ 國~ (12, 0.1%)

1 [12件] から雄, と國, に奔つた大夫, に斥け, に求めん, に走つた, に追放, に逃れた, に逐, に運搬, へ向, へ送金

▼ 國~ (12, 0.1%)

1 [12件] である洛陽, で先般燉煌及支那, といひ, のバクダード, のリスボン, の喀喇和林, の變更, の長安, の開封, へ漕送, へ糧米, を維持

▼ 國際語~ (12, 0.1%)

2 ヲ第 1 たらしめる可能性, といふ目的, となつ, の考案, ノ修得ガ, ノ合理的組織ト簡明正確ト短日月, ノ存亡, ノ採用ガ特ニ當面ニ切迫セル必要アリト云フ積極的理由, ヲ以テ國民教育期間中ニ世界的常識, ヲ課シ

▼ 國なる~ (11, 0.1%)

1 [11件] かな, に, ものも, 伊太利なりき, 哉, 常世は, 我が庶兄, 松崎といふ, 法章, 聯想を, 賤しき老媼ま

▼ 國以來~ (11, 0.1%)

1 [11件] この腐敗, と申しませう, と言つて, の世變, の家柄, の方針, の有, の歴史, の金銀, 既に約, 約二千六百年

▼ 國史經籍志~ (11, 0.1%)

1 [11件] からは詩文評, といふ明, によつて, の意見, の末, は一つ一つ, は詳博, を作つた, を擧げ, を書いた, を書き

▼ 國家主義~ (11, 0.1%)

2 を奬勵 1 とか民族主義, と合致, と單, に於ける, に私淑, の流行, はか, を標榜, を齎

▼ 國家的~ (11, 0.1%)

1 [11件] であるから, にも國民的, に組織, に訓練, の偏見, の大, の思想, の自足, の觀念, 自覺, 自覺心

▼ 國~ (11, 0.1%)

1 [11件] に關與, の進行, は國民, を取り捌い, を委ねた, を皇帝, を與, を議し, を議する, ヲ共, ヲ執

▼ 國~ (11, 0.1%)

2 である 1 だと, であるから, であること, であるといふ, ですから, で老人, と事業方針, は支那, より見

▼ 國民的~ (11, 0.1%)

2 自覺 1 である, なもの, な又, にも所謂親善關係, の偏執, の大, の階級, 大信念ナリ, 憎惡

▼ 國源次郎~ (11, 0.1%)

1 [11件] がかくまわれ, が隠れいる, に, の後, の跡, の逃げ, の逃げ道, は宇都宮, を取逃がす, を討たず, を討たせ

▼ 國産車~ (11, 0.1%)

1 [11件] が發達, たる以上日本人, として成立, として認められる, として賣れる, として適當, のコスト, の値打, を作つて, を使用, を買

▼ 國~ (11, 0.1%)

2 の, の所説 1 がその, が民國五年, の中元五年説, の論證, は, も亦, を最初

▼ 國~ (11, 0.1%)

1 [11件] が停, こそ漸く, に對, の増進, の振興, の消長, の進歩, の隆興, の障碍, を思ひ, ヲ隆盛ナラシメン

▼ 國際學術會議~ (11, 0.1%)

3 の總會 1 およびユニオン, が擔當, では當然, に, の事務總長, の仕事, の會員, は二つ

▼ 國~ (11, 0.1%)

1 [11件] けがさじと, であつ, である慣はし, として大晦日, な描寫, のもの, の憲政, の教育, を了解, を改むる, を蠻風

▼ 國にな~ (10, 0.1%)

2 つてから 1 つたので, つて出來た, つて彼の, つて成立した, つて民律を, つて面四つあり, つて駈け集る, 住まりそ

▼ 國~ (10, 0.1%)

2 の水 1 ところ狹に, にか, に玉, はやみ, は煙, まねくい, めぐる鶉, 見れど

▼ 國家組織~ (10, 0.1%)

1 が完成, の上, の改造, の確立, の要素, の説明, を破, ヲ以テシテ, ヲ失フ所以ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力, ヲ根本的ニ改造スル時獨リ宮中

▼ 國巡禮~ (10, 0.1%)

2 に出た 1 ですか, にでも出かけます, に假裝, に出かけ, に出る, に行, のもの, の旅

▼ 國~ (10, 0.1%)

2 と佐伯 1 とある, とは異に, と同一視, なる普通, に注, を云, を俗, 即ち土蜘蛛

▼ 國~ (10, 0.1%)

2 を通過 1 から, そのま, における代表者, にも其書面, に依り, に而, に要求, はし

▼ 國民協會~ (10, 0.1%)

1 ありき, との關係, の解散, の變形, は山縣侯, は既に, は純然, をも收攬, を組織, を自由黨

▼ 國生れ~ (10, 0.1%)

1 であるから, のお前, の人, の人間, の傳教士, の宣教師, の癖, の者一人, の長野, 故イ

▼ 國~ (10, 0.1%)

2 をすれ, 在書目録 1 が嶺ろ, しかねつ, の反身, の目蔭, ゆ, 嶺に

▼ 國一城~ (9, 0.1%)

3 の主 1 にた, にも代, にも替え, に代, の勳功, を克ち獲る

▼ 國憲法~ (9, 0.1%)

2 第五十五條 1 に, の改正, の眞相, の神聖, は世界無比, を説く, 第七十三條

▼ 國民一般~ (9, 0.1%)

1 が健實, が嚴肅, に向, に愬, に行, のもの, の參拜, の心理, の決心

▼ 國民生活~ (9, 0.1%)

1 が佛教, と緊密, に影響, の原則, の理想, の精化, の要求, を困難, ノ全部

▼ 國~ (9, 0.1%)

3 軍事 1 國畏, 地方の, 軍事と, 軍事安東將軍如故并除所上二十三人軍郡, 邑の, 韓國が

▼ 國にては~ (8, 0.1%)

2 絶對に 1 いかなる寒村僻地, フェデリーゴが, 中古の, 人臭いぞと, 平日の, 時いと

▼ 國~ (8, 0.1%)

1 たらざる時, であ, とし, として他, とする, ともいふべき, と云, と指定

▼ 國民教育~ (8, 0.1%)

1 の不振, の問題, の本源, ノ終了トスルハ國民個々, ノ要, ノ説明ニヨリテ, ヲ受クルナラバ, ヲ受ケシム

▼ 國清寺~ (8, 0.1%)

2 をさして 1 で, に拾得, の三門, の豐干, へ往く, までは爪先上り

▼ 國~ (8, 0.1%)

2 のさる, の大名 1 の大藩, の武家, の舊主, を通つた癖

▼ 國~ (8, 0.1%)

1 でシイ・テツサア四・五鏡玉, のスパートン, のリーダーさ, のレイス, の布, の絲, の羅紗, の鑵詰

▼ 國~ (8, 0.1%)

2 を統一 1 が沸騰, に熱中, をしない, を唱, を沸騰, ヲ定

▼ 國~ (8, 0.1%)

1 との競爭上, に追付かう, の假令模造, の如き, も内地車, より一歩, より安く, を凌駕

▼ 國であり~ (7, 0.1%)

1 ながら其實際, 又は西洋, 又地震學, 幾多聖人, 支那人を, 殊に國民經濟生活, 海外より

▼ 國~ (7, 0.1%)

2 のである 1 のです, ので飮水, のに無, 我儘者の, 瀧五郎に

▼ 國にと~ (7, 0.1%)

2 つても 1 ぢこめられ, つての, つて一つの, つて堪へ, つて生死の

▼ 國への~ (7, 0.1%)

1 かなしい電報, 入寇の, 土産話が, 御奉公, 支那紙の, 移民が, 船路に

▼ 國よりも~ (7, 0.1%)

1 なほ遠い, 早く傳教以外, 早く北支那, 早く專門, 遠い事, 遲くれ, 長い歴史

▼ 國をも~ (7, 0.1%)

1 偲はめ, 同じやう, 含めて, 失ひ名, 押し流して, 游歴した, 風化した

▼ 國~ (7, 0.1%)

1 に, に據, の大食國, の舜典, の解釋, の記事, も同じく

▼ 國~ (7, 0.1%)

2 を擧ぐる能 1 に鞅掌, の進行, は一, を以て黨派, を分

▼ 國商人~ (7, 0.1%)

1 が, の多, の通商, は主として, は勿論, は多くここ, を一般

▼ 國~ (7, 0.1%)

3 忠治の 2 教科書の 1 忠治が, 教科書

▼ 國~ (7, 0.1%)

1 と無限, などいふ語, になつ, の二字, の佛像, の資格, の鐘

▼ 國~ (7, 0.1%)

2 天下の 1 かなとき, けに, 天下さ, 天下も, 天下民を

▼ 國會議員~ (7, 0.1%)

1 が曾, となつた者, とならない, になツ, にも見せない, の忠告, も之

▼ 國~ (7, 0.1%)

1 かの所有權, の土地, トシ國家自, トシ海上, トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ, 鐵道其者, 鐵道宮地線の

▼ 國民學校~ (7, 0.1%)

1 にかよつて, の一年生, の二年生, の兒童, の庭, の建築, へ行

▼ 國皇帝~ (7, 0.1%)

1 と伊藤統監, の人格, の人格上, の附き, は依然として, は最も, 其の人

▼ 國粹主義~ (7, 0.1%)

1 が如何なる, が教育制度, が極端, と二派, を振り翳し, を高唱, を鼓吹

▼ 國粹保存~ (7, 0.1%)

2 などいふ 1 と云, どころか人種, など唱, の一大端, の思想

▼ 國語學~ (7, 0.1%)

1 が重要, と云, の基礎, の我田引水論, は重要, を忽, 程重要

▼ 國論者~ (7, 0.1%)

2 であつ, の非常 1 たること, ではなかつた, もある

▼ 國軍艦~ (7, 0.1%)

1 からの探, からは始終, などの機關部點檢, の艦上, の視線, の超弩級戰艦, は一

▼ 國軍艦旗~ (7, 0.1%)

2 を飜 1 の下, の翩飜, を仰い, を抱い, を見ずや

▼ 國~ (7, 0.1%)

2 であると 1 である, といふ人, とも相成, とも相成るべく, はどの

▼ 國~ (7, 0.1%)

2 絶不可得詳次 1 値賀島に, 國の, 絶, 絶に, 絶不可得詳

▼ 國~ (7, 0.1%)

3 の中 1 で二時間ぐらゐな所, などの場合, にのつて歸, や路傍

▼ 國あり~ (6, 0.0%)

1 て女王國, て男子, て而, と, クレータと, 其國人男女並に

▼ 國ある~ (6, 0.0%)

1 のみ, のみアリヤン, のみ佛國, のみ源流, のみ露國, を傳

▼ 國する~ (6, 0.0%)

1 には國内準備, に及び, のです, やうな, よりも我, 者までが

▼ 國とか~ (6, 0.0%)

1 中夏, 或は佛蘭西共和國, 或は民族, 民族とか, 民族とかいふ, 海賊島の

▼ 國へでも~ (6, 0.0%)

1 來た, 來て, 歸る, 行かれるやう, 行くこと, 走り非人乞食

▼ 國まで~ (6, 0.0%)

1 歸る, 水行二十日投馬國より, 水路合し, 知れ渡りたる攻撃, 行つて大, 買切の

▼ 國~ (6, 0.0%)

1 ではない, と通商, に遺, の危機, を破らずし, を維持

▼ 國共通~ (6, 0.0%)

1 と言つて, のもの, の一大幸福, の幸福, の語, の過程

▼ 國圖書館~ (6, 0.0%)

1 でみた, で見付かりまし, にある, に於, の特別閲覽室, や九段下

▼ 國地方~ (6, 0.0%)

1 などでは座, にはそういう, に於, に高等, の布教, は淡路源

▼ 國技館~ (6, 0.0%)

1 から半町, などのやう, に到着, の土俵, の菊人形見物, を出た

▼ 國會開設~ (6, 0.0%)

1 に至る, の主動者, の議, は明治政府, より憲政黨内閣, を豫約

▼ 國民新聞~ (6, 0.0%)

1 が一部殘つて, で短篇小説, に掲載, の短篇小説コンクール, は當時一頁, を取り出し

▼ 國民議會~ (6, 0.0%)

1 なり, にし, の時, の演壇, の議場, やキラフアツト

▼ 國海軍~ (6, 0.0%)

1 のため, の士官, の無敵大捷, の爲め, ヲ, ヲ撃破シ得ベキ日本及日本

▼ 國~ (6, 0.0%)

2 一の, 一流の 1 一と, 二位の

▼ 國維説~ (6, 0.0%)

3 の弱 1 と自説, に據, に比し

▼ 國自慢~ (6, 0.0%)

1 があつ, な郷土人, には必ず, にもなるまい, の中, の言葉

▼ 國製衣類~ (6, 0.0%)

1 であると, の使用, の全部, の好尚, は全部破棄, を棄て

▼ 國趣味~ (6, 0.0%)

1 で活きた, に似た, のもの, は消え, は穉, 乃至異常

▼ 國際競爭~ (6, 0.0%)

3 を本位 1 の未だ, は國民的勢力, より來

▼ 國順禮~ (6, 0.0%)

1 が順拜所, とは何, の出立ち, の稱呼, も有, を賣

▼ 國あたり~ (5, 0.0%)

1 から出る, にはこの, の奧, は未だ, へ行く

▼ 國です~ (5, 0.0%)

1 からこんな, から家族, が輕, それにも, と

▼ 國なり~ (5, 0.0%)

1 國威を, 天下なりの, 淨土なり, 異朝には, 而し

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 とは相撲, のホテル, の美, の花嫁さん, の難所

▼ 國中心主義~ (5, 0.0%)

1 が依然として, であるが, とは稱, の偏見, の國史家

▼ 國使~ (5, 0.0%)

1 が長安, の墓, の我が, の謁見順序, へ學資窮乏

▼ 國公使~ (5, 0.0%)

1 として令名, として歐洲滯在中, となり, に任, を主賓

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 いづれが, その國内, に其國君, に此, に歴史

▼ 國史家~ (5, 0.0%)

1 でありませんので, に依, の中, の意見, の説

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 が王號, の服, は虚位, までがかかる, 其の色

▼ 國問題~ (5, 0.0%)

1 と條, に公平穩健, の解決手段, は政治上, を以て和戰

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 たる品位, とやられ, の遺骸, を岩田國士, 無雙

▼ 國婦人~ (5, 0.0%)

1 がある, と見, などにはこれ, の事, の夜

▼ 國家ハ~ (5, 0.0%)

1 全生産, 別途其, 又國家自身, 只彼等, 大父母

▼ 國家人民~ (5, 0.0%)

1 に代, に對, の爲, をし, を利したる

▼ 國強兵~ (5, 0.0%)

1 の二ツ, の基, の大, の術, を目的

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 この上村, などによる, に室, を以て余, 或は契丹國志

▼ 國押波流岐廣庭~ (5, 0.0%)

2 の命, の天皇 1 の命一柱

▼ 國時代~ (5, 0.0%)

1 でも矢張り, に亙り, の王女, を通じて文化, を除き

▼ 國民中~ (5, 0.0%)

1 でも厚葬, に卓越, の少, の精華, より抽出

▼ 國民權~ (5, 0.0%)

1 ヲ取得スベキ時期ニ達セザル者ト雖モ, ヲ取得スル者, ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, ヲ此, ヲ賦與セラレ日本國民ト同一

▼ 國民的運動~ (5, 0.0%)

1 の大, の指導, の結果, の首領, を頑強

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 にかるく, の殖民政治家, の統計的研究者, の自尊自大心, の責任論

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 か慶應大學, の久保田万太郎邸, の大, の間, へ乘込

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 さうである, 倭種なり, 稱王世世傳統, 自稱大夫, 趣を

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 と稱, の上, の如く, の詩人, より南方

▼ 國船渡來~ (5, 0.0%)

2 の歴史 1 が與へた影響, の本場, の説

▼ 國街道~ (5, 0.0%)

1 が小さな, と中山道, の上, の宿, の養

▼ 國製布~ (5, 0.0%)

2 を破棄 1 との交換, の使用, を用

▼ 國~ (5, 0.0%)

1 ですが, にや百年, のある, も取れません, らしい音

▼ 國訛り~ (5, 0.0%)

1 があつ, ではない, の, のザラザラ, を出させる

▼ 國際平和主義~ (5, 0.0%)

2 でやっ 1 といいます, とたいへん, をわすれ

▼ 國際貸借~ (5, 0.0%)

3 の改善 1 が改善, の上

▼ 國際關係~ (5, 0.0%)

1 が複雜, に對, の中心, の激變, 頗る不

▼ 國でありまし~ (4, 0.0%)

2 て今 1 て儒教, て天子

▼ 國という~ (4, 0.0%)

1 ことに, のです, 女の子が, 悪い妾

▼ 國としての~ (4, 0.0%)

1 存立を, 廣い, 經濟的接近と, 魯の

▼ 國とも~ (4, 0.0%)

1 いはれて, いふ可き, 北馬南船とも, 皆さ

▼ 國などは~ (4, 0.0%)

1 之を, 何等宗教, 山國にて, 殆ど應仁の

▼ 國なれ~ (4, 0.0%)

1 ども義理, ど甲斐歌, ばなるべし, ば僧侶

▼ 國においては~ (4, 0.0%)

1 制約の, 大體, 新劇として, 最小の

▼ 國のみ~ (4, 0.0%)

1 である, なの, ならず獨逸國, 民族の

▼ 國コロンボ~ (4, 0.0%)

4 の港

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 取リテ, 破ラレタリト云ヒ得ベシ, 見ザル國字改良漢字廢止言文一致羅馬字採用等, 非ズ

▼ 國九州~ (4, 0.0%)

1 から傳習生, の全部, の山, を武者修行

▼ 國交際~ (4, 0.0%)

1 に在り, に於, の根本, の法

▼ 國人種~ (4, 0.0%)

1 たる諸君, に序開き, の土俗品, の特に

▼ 國会議員~ (4, 0.0%)

1 になろう, や知事市長, をよび集めなけれ, を選挙

▼ 國~ (4, 0.0%)

2 の小 1 から眼, の木剣造り

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 が大, の行列, は眞, 亂れ

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 患者の, 權に, 體から, 體の

▼ 國~ (4, 0.0%)

3 の臣 1 からの家柄

▼ 國劇場~ (4, 0.0%)

1 で, で上演, などにあ, の大

▼ 國博物館~ (4, 0.0%)

1 にある, に引き取るべし, に移すべし, に轉交

▼ 國及び~ (4, 0.0%)

1 九州の, 皇室の, 路, 隨行を

▼ 國~ (4, 0.0%)

2 來の 1 來傳統の, 來進歩した

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 宣教師の, 時代から, 書肆古本屋貸本屋は, 直轄學校長及び

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 の國, の堺, を彷徨, 誠にとんだ

▼ 國女子大學~ (4, 0.0%)

1 とあり, の前途, の看板, をも創めむと多年苦心

▼ 國家權力~ (4, 0.0%)

1 がある, によつて禁止, による經濟統制, の命令

▼ 國屋信兵衞~ (4, 0.0%)

1 といふの, はうまい, は相手, 御無理

▼ 國庫收入~ (4, 0.0%)

1 があ, の山, の減少, の爲

▼ 國後島~ (4, 0.0%)

1 に渡り, へ歸還, も亦, より本島アイヌ

▼ 國~ (4, 0.0%)

2 に適合 1 と兩立, と歐洲立憲制

▼ 國押人~ (4, 0.0%)

2 の命 1 の, の命二柱

▼ 國文化~ (4, 0.0%)

1 が基礎, に對, の將來, を選擇

▼ 國木田氏~ (4, 0.0%)

1 が在世, に會つたの, の一つ, の書き物

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 が被害者, で又, のオッサン, 來の

▼ 國民同盟會~ (4, 0.0%)

2 の行動 1 とは其の, を起し

▼ 國民族~ (4, 0.0%)

1 の一大恩人, の先天性, の手, の爲

▼ 國漫遊~ (4, 0.0%)

1 の客, の旅畫師, の留守中, の途

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 にし, になつて, もしくは組合經營, を實

▼ 國特有~ (4, 0.0%)

1 とも云, な何, のコバルト色, の主

▼ 國~ (4, 0.0%)

4 の神

▼ 國現在書目録~ (4, 0.0%)

1 がある, であります, は實際, も現存書目

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 など, にも可, に藉, を増進

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 に就い, に就き, は唐時代, よりも約

▼ 國立劇場~ (4, 0.0%)

1 がどう, が出, といふもの, の如く

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 から獨立, である, の如何, を有する

▼ 國語調査會~ (4, 0.0%)

1 とかいふもの, と云, などで研究, の會長

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 ちゆう, でも非, といふもの, と爲す

▼ 國遍路~ (4, 0.0%)

1 に出た, のごとき, の老人, は樂

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 だけの團結, との通商, に大, の條

▼ 國~ (4, 0.0%)

1 なり是, の必要, ノ如何, 計畫

▼ 國際上~ (4, 0.0%)

1 でも一等國, に影響, に於ける, の一紀元

▼ 國際法學者~ (4, 0.0%)

2 はこの 1 の學會, まで引つ

▼ 國際補助語~ (4, 0.0%)

1 が考案, としての立場, として又, とする

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 どらする 1 連の

▼ 國からの~ (3, 0.0%)

1 救助も, 映畫雜誌, 貢税は

▼ 國からも~ (3, 0.0%)

1 仰がれて, 參りません, 新しい畫本

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 て居る 1 て居つた

▼ 國じみた~ (3, 0.0%)

1 アカシヤ街を, 別世界へ, 感じが

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 あきつ島やまと, 大和島根は, 豐葦原

▼ 國での~ (3, 0.0%)

2 日想觀の 1 冬ごもりと

▼ 國とが~ (3, 0.0%)

1 あるの, 交際し, 到頭大

▼ 國としては~ (3, 0.0%)

1 地震に, 大した侮辱, 餘り

▼ 國など~ (3, 0.0%)

1 いへるは, いへるも, 云ふとき

▼ 國なまり~ (3, 0.0%)

1 が出, の言葉, を返事

▼ 國なりと~ (3, 0.0%)

1 ことよ, 言ふ, 雖も

▼ 國において~ (3, 0.0%)

1 堂々たる行動, 敗戰から, 案外その

▼ 國へも~ (3, 0.0%)

1 元正天皇の, 吹き込んで, 行く

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 亦同, 依然中世的領土, 早ク已ニ支那

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 彌國以南, 彌國投馬國, 彌國等

▼ 國中殘~ (3, 0.0%)

3 る隈

▼ 國主義者~ (3, 0.0%)

1 だつたの, でした, ノ侵害

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 敏速なる, 滅びたり, 濫任の

▼ 國人たち~ (3, 0.0%)

1 が英字新聞, に接し, の肉體

▼ 國人之~ (3, 0.0%)

1 に服せず, を取返さん, を非

▼ 國人民~ (3, 0.0%)

1 との間, の耳目, を代表

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 の京, の問題, 多く試驗法

▼ 國今日~ (3, 0.0%)

1 の急務, の軍隊, までの一般

▼ 國以北其戸數道里可~ (3, 0.0%)

3 略載

▼ 國以外~ (3, 0.0%)

1 とはしない, に, の列強

▼ 國以後~ (3, 0.0%)

1 になる, に關, の支那

▼ 國保全~ (3, 0.0%)

2 の旨義 1 の大

▼ 國傳來~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の衣冠

▼ 國内事情~ (3, 0.0%)

1 と對外關係, などについては私ら, は一應

▼ 國出身~ (3, 0.0%)

1 であつ, の僧侶, の某

▼ 國又は~ (3, 0.0%)

1 世界の, 個人の, 大寔國

▼ 國各地~ (3, 0.0%)

1 に亘り, の大, の生産

▼ 國四郎氏~ (3, 0.0%)

1 でありました, の, の作

▼ 國土佐~ (3, 0.0%)

2 との氣候風俗習慣 1 の發音

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 其南人長三四尺去 1 百濟

▼ 國境問題~ (3, 0.0%)

2 も未 1 を除け

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 の子, は後醍醐天皇, は歌人

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 貢朝賀使人自 1 貢朝賀

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 で誰人, の碑, を有つて

▼ 國宣教師~ (3, 0.0%)

1 であつ, のスミス, の外國語

▼ 國家ガ國家~ (3, 0.0%)

1 ノ兒童ニ對シテ, ノ兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務, 自ラノ義務ト權能トヲ無視スルコトヲ

▼ 國家國民~ (3, 0.0%)

1 の利たる, の福利, ノ責任ニ嫁セラルヽコトハ日本

▼ 國家經綸~ (3, 0.0%)

1 の才, の抱負, の施設

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 あり今日, の中腹, へと單身宿

▼ 國府田さん~ (3, 0.0%)

1 でございますか, に, はお

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 に處, を紊亂, ヲ紊亂スル者ニ課罰スル別個重大精密ナル法律

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 ひて 1 の園

▼ 國押建金日~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 國押楯~ (3, 0.0%)

2 の命 1 の命二柱

▼ 國文壇~ (3, 0.0%)

1 に初めて, の最高權威, の浪漫的幻夢的

▼ 國文明~ (3, 0.0%)

1 に多少, の影響, の精英

▼ 國文法~ (3, 0.0%)

1 に特殊, に精通, の先生

▼ 國文科~ (3, 0.0%)

1 の卒業生, の鹽井, 大學

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 領地朝日島 1 舊の

▼ 國東度海千餘里至~ (3, 0.0%)

3 拘奴國

▼ 國東渡海千餘里復~ (3, 0.0%)

3 有國

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 の擁護, を弄, を擁護

▼ 國民全体~ (3, 0.0%)

2 のデモクラシー 1 の生活

▼ 國民外交~ (3, 0.0%)

1 にも貢献, の此徹底, を繼續

▼ 國民平等~ (3, 0.0%)

1 ノ人權トニ深甚ナル理解, ノ土地分配, ノ自由ガ特權ニ

▼ 國民思想~ (3, 0.0%)

1 の交換, を歌, を統一

▼ 國民服~ (3, 0.0%)

1 に國旗, の膝, を着た

▼ 國民的性格~ (3, 0.0%)

1 といふ問題, に於, を發揮

▼ 國民精神~ (3, 0.0%)

2 の擁護者 1 ノ復活的躍動タル根本義ニ於テ特ニ急務ナリトス

▼ 國民間~ (3, 0.0%)

1 における必死, に於, の評判

▼ 國沖合~ (3, 0.0%)

1 にあらはれた, に二隻, に六

▼ 國津々浦々~ (3, 0.0%)

2 の兒童 1 までも行わたつ

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 の飜譯 1 を喝采

▼ 國玖琉~ (3, 0.0%)

2 の命 1 の命一柱

▼ 國産織物~ (3, 0.0%)

1 のほか, のみをもつ, を供給

▼ 國男子爲王其官有狗~ (3, 0.0%)

3 古智卑狗

▼ 國留學生~ (3, 0.0%)

1 として下宿住居, として横濱, のひとり

▼ 國當時~ (3, 0.0%)

1 においては非常, の日本, の状態

▼ 國的精神~ (3, 0.0%)

2 の發露 1 によつて隆

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 壞ノ, 山河在城春草木深, 謀臣亡と

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 の大, の宗教, の癩療院長島愛生園

▼ 國精神~ (3, 0.0%)

1 の根源, の母性愛, をも喪失

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 とは試驗官, と呼び, 門生天子といふ

▼ 國製品~ (3, 0.0%)

1 のボイコツト, をボイコツト, を用

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 に, に奧州人, の如き

▼ 國~ (3, 0.0%)

2 と兵備 1 の如き

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 は攝津住吉社, もやはり, も歌

▼ 國~ (3, 0.0%)

1 の膨脹, を有効, を無駄

▼ 國貿易港~ (3, 0.0%)

1 として次第に, に指定, の一

▼ 國軍隊~ (3, 0.0%)

1 との連絡, に發見沒收, の前

▼ 國通辯方頭取~ (3, 0.0%)

2 となつ 1 となり

▼ 國進取~ (3, 0.0%)

1 といふこと, にもいろいろ, の民

▼ 國際友好鯉のぼり~ (3, 0.0%)

3 の會

▼ 國際問題~ (3, 0.0%)

1 だから, の解决, は政府

▼ 國際法~ (3, 0.0%)

1 に於, の原則, の講義

▼ 國際聯盟~ (3, 0.0%)

2 に於 1 などの空想

▼ 國際間~ (3, 0.0%)

1 の, の平和, ノ分配

▼ 國いまだ~ (2, 0.0%)

1 作り竟, 頑迷に

▼ 國からは~ (2, 0.0%)

1 抗議すら, 送金を

▼ 國した~ (2, 0.0%)

1 ばかりの忠之, 時主立つた

▼ 國だけ~ (2, 0.0%)

1 あつて二本, では

▼ 國~ (2, 0.0%)

2 や通用

▼ 國でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばなりませぬ, ば企て得ない

▼ 國とり圍む青垣山~ (2, 0.0%)

2 ではこの

▼ 國どう~ (2, 0.0%)

2 なるとても

▼ 國なか~ (2, 0.0%)

2 の平野

▼ 國などが~ (2, 0.0%)

1 それであ, 何等の

▼ 國なら~ (2, 0.0%)

1 んと, 金を

▼ 國においても~ (2, 0.0%)

1 廣く認められ, 舊來の

▼ 國について~ (2, 0.0%)

1 ごく大掴み, 申しましたが

▼ 國にても~ (2, 0.0%)

1 凍ること, 腐敗する

▼ 國にまで~ (2, 0.0%)

1 伴なひ, 流行した

▼ 國によ~ (2, 0.0%)

1 つて一樣でありませぬ, つて各々

▼ 國ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく世界, 尊大で

▼ 國ばかりが~ (2, 0.0%)

1 大きなもの, 尊い自

▼ 國へと~ (2, 0.0%)

1 お渡り, 移り行つた跡が

▼ 國へは~ (2, 0.0%)

1 ひる爲, 直ぐさう

▼ 國また~ (2, 0.0%)

1 亂れし, 起り國亡び

▼ 國までの~ (2, 0.0%)

1 總里數は, 道里とは

▼ 國よりの~ (2, 0.0%)

1 參加者は, 通知には

▼ 國よりは~ (2, 0.0%)

1 御條, 我國他人よりは

▼ 國をを~ (2, 0.0%)

1 さめ給, 康んじ

▼ 國を以て~ (2, 0.0%)

1 王名官名は, 直ちに亞剌比亞民族

▼ 國を通じて~ (2, 0.0%)

1 日本人は, 確かに

▼ 國イタリア~ (2, 0.0%)

1 の一部, の人

▼ 國コロンボ市~ (2, 0.0%)

2 の附近

▼ 國一般~ (2, 0.0%)

1 の人士, の進歩

▼ 國三十三ヶ所~ (2, 0.0%)

1 の靈場, 第一

▼ 國三郎氏~ (2, 0.0%)

1 の, は書物

▼ 國上下~ (2, 0.0%)

2 の誤解

▼ 國中何處~ (2, 0.0%)

1 の土, よりも進歩

▼ 國中數萬~ (2, 0.0%)

2 の氏人

▼ 國丸岡~ (2, 0.0%)

1 の配所, へ遣られた

▼ 國主義ニ~ (2, 0.0%)

1 非ザル事ハ, 非ズ

▼ 國乍南乍東~ (2, 0.0%)

1 到其北岸狗邪韓國, 到其北岸狗邪韓國七千餘里

▼ 國~ (2, 0.0%)

2 相攻

▼ 國事犯~ (2, 0.0%)

1 のヒロイン景山英子氏, の嫌疑

▼ 國亡び~ (2, 0.0%)

2 て山河

▼ 國人夫婦~ (2, 0.0%)

1 のところ, の方

▼ 國人的~ (2, 0.0%)

1 な冷靜, な口吻

▼ 國以來連綿~ (2, 0.0%)

2 として今日

▼ 國以前~ (2, 0.0%)

1 に關, の家柄

▼ 國以南~ (2, 0.0%)

1 にし, の國

▼ 國何れ~ (2, 0.0%)

1 の代, の時代

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 と引い, るとき

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, らしい單純さ

▼ 國僞僭考~ (2, 0.0%)

1 あり, にも摘出せり

▼ 國全土~ (2, 0.0%)

1 にわたつ, に亙り

▼ 國兵談~ (2, 0.0%)

1 の自讚歌, を千部仕立候値

▼ 國其大官曰卑狗~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 國内外~ (2, 0.0%)

1 となり, になつて

▼ 國内物價~ (2, 0.0%)

1 ノ暴騰, ノ調節

▼ 國分割~ (2, 0.0%)

1 の端, を主張

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 の禁令, より道光年間

▼ 國到る~ (2, 0.0%)

1 處に, 處座の

▼ 國割據~ (2, 0.0%)

1 の勢, の餘風

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 依然トシテ強大, 實ニ其

▼ 國友さん~ (2, 0.0%)

1 はあなた, は全然

▼ 國友君~ (2, 0.0%)

1 それでは僕, とこの

▼ 國史上~ (2, 0.0%)

1 の一大問題, 如何なる地位

▼ 國史記~ (2, 0.0%)

1 では百濟, にも或は

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 として赴任, に呼ばれ

▼ 國國民黨イタリア~ (2, 0.0%)

2 のフアツシヨ

▼ 國土時世周圍~ (2, 0.0%)

2 の状態等

▼ 國夕日~ (2, 0.0%)

1 の日, の輝く

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 女子大人皆, 遲麻の

▼ 國大人皆四五婦下戸~ (2, 0.0%)

2 或二三婦

▼ 國大野郡~ (2, 0.0%)

1 の人, の山家

▼ 國女子專門學校~ (2, 0.0%)

1 とせざる, の看板

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 として排日團體, なり彼シャルルマーニュ

▼ 國學者達~ (2, 0.0%)

1 は之, も孔子

▼ 國安宿部郡~ (2, 0.0%)

2 の山田谷

▼ 國官曰爾支~ (2, 0.0%)

1 副曰泄謨觚, 副曰泄謨觚柄渠觚

▼ 國家ガ~ (2, 0.0%)

1 一々, 或ル特異ナル一人タル制度

▼ 國家ニ~ (2, 0.0%)

1 取リテハ斷然禁止スベキ者ナリ, 非ズシテ經濟的戰國時代タリ經濟的封建制タラントス

▼ 國家主義的~ (2, 0.0%)

1 たらねば, な精神

▼ 國家天下~ (2, 0.0%)

1 の大事, を治むる

▼ 國家改造~ (2, 0.0%)

1 ノ急迫ハ維新革命ニモ優レリ, ヲ終ルト共ニ

▼ 國家民衆~ (2, 0.0%)

1 に貢献, の爲め

▼ 國家的保障~ (2, 0.0%)

1 ノタメ戰場ニ於テモ平和, ヲ得

▼ 國家的信用~ (2, 0.0%)

1 とあり, をもつた

▼ 國家的偏見~ (2, 0.0%)

1 を失, を離脱

▼ 國家社會~ (2, 0.0%)

1 の共, の爲め

▼ 國家經濟~ (2, 0.0%)

1 とか云つて, の爲め

▼ 國家經營~ (2, 0.0%)

1 の基本, ヲ合理ナリト認ムル時ハ

▼ 國家至上主義~ (2, 0.0%)

1 を唱, を執り

▼ 國富み~ (2, 0.0%)

1 兵強き, 榮え

▼ 國寶展~ (2, 0.0%)

1 では新潟, の一室

▼ 國寶記~ (2, 0.0%)

1 に此疑, を著

▼ 國屋さん~ (2, 0.0%)

1 に聽, は

▼ 國山脈~ (2, 0.0%)

1 の山間, の西端

▼ 國市場~ (2, 0.0%)

1 に於, の状況

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の神社

▼ 國府津大磯~ (2, 0.0%)

1 から江の島, それから江の島

▼ 國府犀東氏~ (2, 0.0%)

1 がその, をこの

▼ 國~ (2, 0.0%)

2 がどう

▼ 國建設~ (2, 0.0%)

1 の犧牲者, ノ一實行者タラザル

▼ 國征伐~ (2, 0.0%)

1 でもやつ, を斷行

▼ 國忍富~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 國思想~ (2, 0.0%)

1 の反, ほど激烈

▼ 國意祁都~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 國憲兵~ (2, 0.0%)

1 の一隊事情, の知る

▼ 國或は~ (2, 0.0%)

1 島で, 畿内の

▼ 國拜領~ (2, 0.0%)

1 を仰附けられた, を仰附けられる

▼ 國文化大展覽會~ (2, 0.0%)

1 に陳列, は誠に

▼ 國文身~ (2, 0.0%)

2 各異

▼ 國~ (2, 0.0%)

2 畫の

▼ 國春秋~ (2, 0.0%)

1 がある, に西秦

▼ 國書刊行會~ (2, 0.0%)

1 などで版, の伴信友全書

▼ 國最初~ (2, 0.0%)

1 の經濟大衆車, の試み

▼ 國有四千餘戸濱山海~ (2, 0.0%)

2 居草木茂盛

▼ 國有地~ (2, 0.0%)

1 の減失, ノ經營

▼ 國有法案~ (2, 0.0%)

1 が中ごろ同一事情, を提議

▼ 國朝柔~ (2, 0.0%)

2 遠記

▼ 國木田獨歩~ (2, 0.0%)

1 の一章, はかう

▼ 國松どん~ (2, 0.0%)

1 が私, が養子

▼ 國松安五郎喜三郎~ (2, 0.0%)

1 の三人, の若い

▼ 國松浦郡~ (2, 0.0%)

1 にし, 遠値賀島那留浦

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 約に, 約實施問題

▼ 國權擁護~ (2, 0.0%)

1 の念, 若くは

▼ 國權派~ (2, 0.0%)

1 と内政, は初め

▼ 國此女王境界所盡其南~ (2, 0.0%)

2 有狗奴國

▼ 國武士道~ (2, 0.0%)

1 の一班, の精髓

▼ 國歴史~ (2, 0.0%)

1 の大, ヲ異

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 り, りの

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 にペルシア灣沿岸地, に東洋

▼ 國殿~ (2, 0.0%)

1 と己, と枕

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 の渚, は坐さ

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 に聽, の韓非子國字解皆

▼ 國民たる者~ (2, 0.0%)

1 は抑, は誰

▼ 國民一家~ (2, 0.0%)

1 ノ所有シ得ベキ私有地限度ハ時價拾萬圓トス, ノ所有シ得ベキ財産限度

▼ 國民文學~ (2, 0.0%)

1 として成熟期, の權威

▼ 國民派~ (2, 0.0%)

1 の大, をし

▼ 國民的勢力~ (2, 0.0%)

1 の總, の集中

▼ 國民自由~ (2, 0.0%)

1 ノ人權ハ生産的活動, ノ恢復

▼ 國民黨~ (2, 0.0%)

1 に信任, の一角

▼ 國民黨イタリア~ (2, 0.0%)

2 のフアツシヨ

▼ 國民黨員~ (2, 0.0%)

1 と或, は彼

▼ 國水行二十日官曰彌~ (2, 0.0%)

2 彌副

▼ 國河内~ (2, 0.0%)

2 にとつて

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 の信ずる, 孝經一卷を

▼ 國浪人~ (2, 0.0%)

1 で六十幾つ, といふ觸

▼ 國清盛~ (2, 0.0%)

1 の平家一門榮華, の食生活

▼ 國渡航~ (2, 0.0%)

2 を企て

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 だつた, の老

▼ 國煙草~ (2, 0.0%)

1 からおの, をみせびらかし

▼ 國片比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 國牒状事~ (2, 0.0%)

1 といふ文書, に據

▼ 國牛津~ (2, 0.0%)

2 大學

▼ 國王捺羅僧伽補~ (2, 0.0%)

1 多跋摩王, 多靺摩

▼ 國生得~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 憚之, 憚之常治伊都國於國中有如刺史王遣

▼ 國發明協會~ (2, 0.0%)

1 から蓄電池製作, に百萬圓

▼ 國百里官曰多模~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 國皆兵~ (2, 0.0%)

1 の主義, の徴兵令

▼ 國盡忠~ (2, 0.0%)

1 の赤心, の輩

▼ 國知識~ (2, 0.0%)

1 といふもの, をもつ

▼ 國社友~ (2, 0.0%)

2 大會

▼ 國神社~ (2, 0.0%)

1 の境内, の裏

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 で萬一幕府, を犯し

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 うらに, を惜め

▼ 國福岡~ (2, 0.0%)

1 の城主黒田右衞門佐忠之, の領主黒田家

▼ 國立公園~ (2, 0.0%)

1 と極まり, の豫定區域

▼ 國統治者~ (2, 0.0%)

1 たる名, としての事業

▼ 國統監~ (2, 0.0%)

1 としての第, に任

▼ 國經濟~ (2, 0.0%)

1 の爲, の道

▼ 國經濟界~ (2, 0.0%)

1 の實情, の膨脹

▼ 國維氏~ (2, 0.0%)

1 がやつ, の創説

▼ 國美術~ (2, 0.0%)

1 の國, の精華

▼ 國育ち~ (2, 0.0%)

1 でこんな, のない

▼ 國胡僧~ (2, 0.0%)

2 阿羅本

▼ 國~ (2, 0.0%)

2 爲王以來少

▼ 國自まん~ (2, 0.0%)

2 も恐ろしき

▼ 國自動車工業~ (2, 0.0%)

1 の前途, 全體

▼ 國自動車界~ (2, 0.0%)

1 に一大センセーシヨン, の人達

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 を加, 大將軍梁冀

▼ 國~ (2, 0.0%)

2 比賣

▼ 國若く~ (2, 0.0%)

1 ば中, ば人

▼ 國行進曲~ (2, 0.0%)

1 だ, の續

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 の發達, の經歴

▼ 國詩人~ (2, 0.0%)

1 の冠, の冷飯殘羹

▼ 國詩文~ (2, 0.0%)

1 の技巧, の書

▼ 國語學校~ (2, 0.0%)

1 と商業學校, の教授

▼ 國語家~ (2, 0.0%)

1 とは國別, の體裁

▼ 國語讀本~ (2, 0.0%)

1 に, を掴み上げ

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 などにも關係, に從

▼ 國證劵市場~ (2, 0.0%)

1 の不安定, は不安定

▼ 國貿易船~ (2, 0.0%)

1 と關係, の輻輳

▼ 國輸入品~ (2, 0.0%)

1 の獨占權, は一旦

▼ 國農村~ (2, 0.0%)

1 に分散, に近世

▼ 國近時~ (2, 0.0%)

1 の判決, の裁判

▼ 國造本紀~ (2, 0.0%)

1 には崇神天皇, に神八井耳命

▼ 國造等~ (2, 0.0%)

1 がとり行うた, は郡領

▼ 國進歩黨~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の主義

▼ 國~ (2, 0.0%)

1 の方言, の樹隱

▼ 國際主義~ (2, 0.0%)

1 が萌芽, と哲人

▼ 國際政治~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 國際文書~ (2, 0.0%)

1 に關, の多く

▼ 國際會議~ (2, 0.0%)

1 に於, の一員

▼ 國際的團體~ (2, 0.0%)

1 である, を成し

▼ 國際聯合~ (2, 0.0%)

1 の多く, の經濟社會理事會

▼ 國際色~ (2, 0.0%)

1 だらう, に雜閙

▼ 國際連合~ (2, 0.0%)

1 およびその, の宣言

▼ 國際電話~ (2, 0.0%)

1 が通じない, で同行

▼ 國難打開~ (2, 0.0%)

1 にあ, のため

▼ 國電報~ (2, 0.0%)

1 が掲載, に促され

▼ 國風土記~ (2, 0.0%)

1 に葦原シコ, に諸

▼ 國體上~ (2, 0.0%)

1 あり得べからざること, より觀

▼ 國高等女學校~ (2, 0.0%)

1 は其の, を創め

▼1* [1604件]

あらめや, 國ありき綿津見の, 國ありといへるのみにて之, 國いづれの時代, 國いでてすでに, 國うつそみも, 國うまし八洲は, 國うまれの樂人一人, 國うら安の, 國え御暇被, 國え被爲對御, 國おとろへて牡丹, 國お前は飯島様, 國お母様は義理堅い, 國かいくさを, 國かの貿易港へ, 國からでも光つて來る, 國からわづかに, 國くにのま, 國こそ日の, 國この罰当りめえ, 國これへ出ろ, 國さま先達ては誠に, 國さんだつて神明前, 國さん誰か来た, 國さ行つて, 國ざかひの山の一つ, 國ざかひの山の上に見た, 國ざかひの方向に當つて, 國しなければなりません, 國じゅうをとびまわる, 國すでに定まれるなるべし, 國せりと思ふべからず, 國ぜんたいの幸福, 國そだちで百姓, 國そんな町が, 國たついてわが, 國たとへば佛蘭西か, 國たふの峰, 國たみは, 國たらしむ年々兵禍あ, 國たるべき日本に, 國だけに親馬が, 國だけはさう, 國ださうだよ, 國ついでギリシアローマにも, 國つたからにかず, 國つて何處にいらつ, 國てえのは, 國てたがす, 國であるなら文化が, 國でがすか, 國でしかない, 國でした學生, 國でない隨神の, 國でなかつたことを, 國で無い證據には, 國といへるは, 國といふだけでございます, 國とて到る處, 國とても全くさう, 國とともに手を, 國とに二ヶ所ある, 國とについてお話を, 國とるぱんの, 國とを論せず, 國と共に支那に, 國どこの生籬, 國どころでなく世界唯一, 國どころかむしろその, 國どの私は, 國なさうだからなあ, 國などで出るばかり, 國などでは家屋を, 國などと質が, 國などとは勿論訛傳, 國などには同主義, 國などへ布教に, 國なども其の當時, 國ならでは無しといふた, 國ならねど, 國なりしが徳川幕府, 國なりとの感を, 國なりの生活要素の, 國にかへつて充分, 國にしかない他, 國にたいして教育を, 國にたいしても國際平和主義で, 國にてぞ子生める, 國にての人間派詩人は, 國にでつかい金山, 國にでも歸つたのかしら, 國にのみ特にあり, 國にや好いの, 國によっては一つの, 國による風俗傳説の, 國にわたつて, 國にわたる教門の, 國のでもないので, 國のなんぞは是は, 國のみの有する, 國のみは宇内の, 國はぐくむ歌も, 國はもはら汝, 國ばかりに九年居つた, 國ばかりは考へなかつたで, 國びとの表現, 國へまで行くの, 國へもかへらずその, 國へをんなさつた方, 國ほど複雜に, 國ほめの歌曲, 國ゐりでも, 國までとたひらかに, 國までは一萬七百餘里と, 國までも我が大君, 國まなびせし人の, 國みな貧し, 國も之ある限り, 國ゆえ忽ち思う様此, 國ゆゑ正月はいつも, 國草ふかく, 國よりもずつと大きな國, 國らしい中年者で, 國をといふ氣に, 國をば御馬甘, 國アランカ海上ニ横行シテ他邦, 國イタカに歸, 國ウエールズ・アベリストウエルス大學, 國エール大學, 國オランダの出先役人, 國カラブリヤに起つた, 國ガ一時的全勝將軍タルガ爲ニ瞬時雌伏スルニ過ギズ, 國ガ乙ノ徴兵國ニ, 國ガ印度ヲ牛馬視シテ己, 國ガ國民ト共ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, 國ガ國際的正義ヲ叫ブトキ, 國ガ此レヲ屬國トセンガ爲ニ起リタル日清戰爭, 國ガ社會契約説ヲ理想トシテ植民セル者, 國ギリシアに歸らん, 國ケムブリッヂの言語心理學者オグデン, 國サンフランシスコ在留せんまつ, 國シエルブル造船所の一等潜行艇, 國タル其レト同ジキ存亡問題ナリ, 國テームス河口の造船所, 國テームス造船所で竣成, 國デヴォン州ホルスヲーシーの寺, 國自耳義, 國トガ天ニ代リテ當年ノ保全者ニ脚下, 國トセルコトハ説明ノ要, 國トニ一齊ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, 國トニ恐怖ナキニ至レルコトハ支那ニ於テ二國ガ亦同, 國トノ衝突ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, 國トモ不被思也, 國ト印度濠洲トノ防備ニ兩分セシメ十分ナル優勢ヲ持シテ各々, 國ト絶對的ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, 國ト青島ヲ根據トセル獨逸トガ, 國ドイツ皇帝陛下から數百人, 國ナラント覺シケレバ本居翁, 國ナリト云フ世界ノ批評ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改, 國ニテハ仁惠恩徳等ノ事ハ理會スベカラザルノ事トセリ, 國ニモ非ズ, 國ニ對シテ軍國的組織ヲ放棄シ得ザリシ所以, 國ニ從ヒ日露戰爭ニ於テハ露西亞ヲ迎, 國ニ於テ先ヅ此ノ三, 國ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, 國ニ財産ヲ有, 國ニ集中セシメタルガ爲メニ一擧根本ヲ屠, 國ノールウエのオスロ, 國全世界ニ, 國ハイステル騎兵聯隊ピロヴァノ男爵部隊の旗手, 國ハモト下ノ, 國ハルレに新橋, 國ハ人民ノ群居シ成レルニシテ, 國ハ内憂外患並ビ到ラントスル有史未曾有, 國ハ凡テ謎ヲ以テ語ラル, 國ハ地球北半ノ大, 國ハ日本ヲ外ニシテ支那ニ恐ルベキ實力, 國ハ金權督軍ノ内, 國バースの羅馬, 國フィレンツェこの中, 國フランスのデモクラシー, 國フランスドイツイタリースペインデンマークギリシアトルコ等があり, 國フランス國との不和, 國フランス王家に歸せり, 國プリンストン大學に於ける, 國マサチュセツ州のケムブリッヂ, 國ミネソタ州立大學醫科大學長, 國ミンガン州アナバー市で松平康國氏, 國ヨリ一歩ヲ先ンゼントスル國民的覺醒, 國ヨリ南ニ向ヒテ進ミ行クコト二十日, 國ヨリ英語ヲ驅逐スルコトハ, 國ヨリ貨幣ノ流入横溢シ爲ニ物價騰貴ニ至ル, 國ヨリ離脱シタル個々人が村落的結合ヲナシテ國, 國リスター研究所に於, 國一ノ宮の百姓喜兵衞, 國一世界は一世界, 國一人を以て興り, 國一億三千萬人日本四千五百萬人の曾, 國一圓の策源地, 國一家が本庄村西部, 國一市をし, 國一帶を一時戰時色, 國一澁澤元治両博士, 國七八年以來の支那, 國七千餘里始渡一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗副曰卑奴母離, 國七道をや, 國三十三番の札所, 國三十餘國皆自稱王, 國三大佐此地の駐在武官安藤, 國三郎の上流, 國ノ國村, 國上京の許可, 國上人は磐城, 國上代の風俗, 國上宮太子と書い, 國上必要と認め, 國上野郡に田地二十石, 國下妻に古刹, 國世界における日本, 國中一の交易場, 國中不服更相誅殺當時殺千餘人, 國中人使知國家哀汝故鄭重賜汝好物也, 國中南部にのみ限り, 國中國などは殆ど應仁, 國中大亂となり, 國中川郡釧路國足寄郡に流る, 國中心でなくては, 國中日本と露國, 國中最上の點, 國中此上の思案, 國中混亂して, 國中繼の幕, 國中部地方の快い, 國中隨一の名港子ープルス, 國主張者があつ, 國主義ガ單ニ自己ガ問題外ナル傭兵制ナリト云フノ理由ヲ以テ, 國主義トハ印度獨立ノ, 國主義ナラバ嘗テ陸上ニ於テ濁逸ガ, 國主義ナラバ日本ハ全世界無産階級, 國主義專制から解放, 國主義時代のフランス, 國主義的思想と共に過去, 國主義的見解にあらず, 國主義者國家主義者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 國乃ち地獄なり, 國久保田即ち今, 國久留米二十一万石の大, 國久米野の姪, 國乘鞍山と書い, 國の國, 國九州北海道の四つ, 國九州地方の長, 國九州朝鮮等に廣, 國九州西は朝鮮, 國亂定りぬ, 國亂相攻伐歴年以下, 國亂遂に定, 國事日日に多端, 國事笹屋方にて働女, 國二年九月六日第二文書, 國云々とは云, 國云々といへる國名, 國五ツ島の取組, 國五十年紀念會を開く, 國五年に崩御, 國亞歴山二世帝を弑した如き, 國亡んでピエロ出づ, 國亡命中の翁, 國交史上最大の暗い, 國交通の便宜, 國交開始に當つて, 國京都の東, 國人さへ雜, 國人すべて十二萬人その多, 國人ぢやない, 國人どもよといふ意味, 國人ガ支那人ヲ亡國民タラシメタル阿片輸入ト, 國人ゴローウヰンの報告, 國人ジヨセフ・ヘーブンのメンタル, 國人中の協同者, 國人也とある, 國人二十餘名を捕虜, 國人共がやつ, 國人名は志, 國人士に歡迎, 國人士ニ紹介スルノ利アルヲ知リ淺劣, 國人多く並みゐたり, 國人夫妻町も山, 國人就中もつとも支那, 國人形界の權威者, 國人所有の工場, 國人技師を雇, 國人私はそいつ, 國人等はこの, 國人諸氏に訴, 國人達が杭州, 國人長三四尺自朱儒東南行船一年, 國人馬の餞, 國他人よりは吾人, 國仙鳳阯及び厚岸邊, 國代表の中, 國以下の諸, 國以下奴國に至る, 國以來我々の祖先, 國以來日本民族の血液, 國以來殊に著しく, 國以北特置一大率檢察諸國, 國以東に關, 國仲間入りが出, 國伊丹の有岡城, 國伊香郡の兵主神社, 國伊香郡遂佐郷に擬したれ, 國会以外のほか, 國の里, 國何時代に於, 國何村は自分, 國何者そ苟も雄, 國何者そ土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 國何者そ獨逸何者そ佛國何者そ露國米國何者そ苟も雄, 國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 國何者そ露國米國何者そ苟も雄, 國何者そ韓國何者そ土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 國余市川村石狩國空知監獄署用地日高國捫別舊會所の裏等, 國余市郡余市村同郡河村, 國作り堅めよ, 國作家の影, 國作者も數, 國併合詔書の煥發, 國使節の譯官, 國使者の着席順序, 國使臣は常に, 國來國來と引い, 國來襲を報ずる, 國例へば英佛和獨西葡等の, 國侍五十前後の淺黄裏, 國亦之, 國侯松平伯耆守へ訴, 國侵略によつて, 國を證, 國保守黨の首領, 國保護の實効, 國信州へ來, 國信田の森, 國信號はある, 國修業の兵法者, 國倫敦でちら, 國遠作藩于外, 國傳統は牢固, 國傳馬御井上妻狩道, 國債市場を得る, 國をせめて, 國優位を占, 國先づ通商を開き, 國兒水村近くに投錨, 國全盛時代の中國, 國兩黨間の嫉妬軋轢, 國八十八ヶ所の土, 國八年マデノ支那が前者タル理由ニヨリテ後者タル, 國公使團の主席, 國公使館の參讃官, 國公使館裏に快, 國公使館裏通りのさ, 國公黨自由黨等を組織, 國六千里萬死投荒十二年とある, 國六朝頃になる, 國六郡の主, 國共同の大, 國共歴史は皆共通, 國共通語が決定, 國兵談ひとつである, 國兵談等を著し, 國兵談總紙數三百五十枚にて御座候, 國兵談豫約出版の檄文, 國其の民族の, 國其人同於華夏, 國其王有侍婢千人, 國其者ヲ組合視シ會社視シテ悉ク社會契約説ニ基ク立法ナラザルナシ, 國を管, 國内ニ不法ナル土地兼併が行ハレテ, 國内ニ私兵ヲ養ヒテ私利私欲, 國内一般の評判もの, 國内人心不居合抔, 國内傳染の患者甚, 國内問題もよそ事, 國内國外から雄, 國内外字新聞社に配布, 國内居合不申, 國内思想指導の方針, 國内政治機關の改造, 國内日本の底, 國内波及といはむよりは, 國内準備が遲, 國内的なもの, 國内航路とでもいふべき, 國内閣の動搖, 國再建の基礎, 國冢田虎も全く, 國出石郡出石の城主仙石道之, 國凾舘住吉町後志國余市川村石狩國空知監獄署用地日高國捫別舊會所の裏等, 國分村以東は厚, 國切手一枚は世, 國切手誕生の祕話, 國初めての愛國切手, 國初期の留學生, 國に書く, 國別けになつて, 國なく民福, 國利民福をもとむる, 國前期からの天業, 國前比多松津末羅天草葛津の國造, 國割石の上, 國割石神樂石大黒石, 國創めの族, 國の辰巳君, 國劇場開場式の夜, 國加地庄願文山之間信實追討之訖, 國努力更新等の見地, 國勇拂郡鵡川川筋カイカウン同國白老郡苫小牧村, 國務大臣方にはどう, 國勞働者の間, 國勞働階級の状態, 國に於, 國勢不振は中, 國勢次第ニ進長シテ遠征ヲ海外ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線, 國勢調査ではフランス, 國勸告など無用, 國勸告使節の, 國勸告使節和蘭の軍艦, 國勸接有縁とあり, 國勸業博覽會の建物, 國化粧法を朔北, 國の囘, 國北條町北條小學校の校庭, 國十五年今から三四年前, 國十市郡菴地村の大富人鏡作連, 國千歳郡漁村同國室蘭郡室蘭, 國まで到りき, 國南四千餘里至朱儒國人長三四尺自朱儒東南行船一年, 國南天竺國南天竺國遣使朝貢, 國南方の人, 國博愛の誠心, 國博物舘藏其下は理科, 國即所謂近畿に於, 國原次郎といふ者, 國及中立の大, 國及支那の談理者, 國及狗奴國の事, 國及郡使倭國皆臨津搜露傳送文書, 國友さんあんた今なにをし, 國友さん自身の何, 國友たちの連中, 國友君今のは以前, 國友君僕は思う, 國友君貴島は何, 國古くより辭書, 國古代では地方, 國史上空前の大, 國史中の人物, 國史傳家エワルド曾て其の, 國史囘顧會と云, 國史國造以下あらゆる官司, 國史國難いづこ, 國史學中國文學, 國史家始め多くの日本人, 國史希臘史羅馬史近世史哲學及び倫理學等, 國史書の文, 國史漢學などは寧ろ, 國史界を支配, 國史眼の若き, 國史編纂をなすべき, 國史邦野水なぞの俳諧, 國司ニーンよ汝, 國各々特に一期, 國各人皆な實力, 國各種學校教職員若しくは學生, 國樣の, 國同志の理解, 國同盟の鎭壓條, 國名さへも知らざり, 國名ダンテの時代, 國名前だつた, 國名所圖會卷之五に, 國名所圖會市村惠美須神社の條, 國名所圖會所載の, 國名此より出, 國名物一刀彫の中, 國名目的附加額を説明, 國名表を掲ぐ, 國吐火羅國南天竺國南天竺國遣使朝貢, 國があつ, 國吾妻川に沿う, 國之趣, 國と競爭, 國品萬能で内地品, 國哲學發生の源頭, 國唐黍の穗, 國唯一のアルコール製造所, 國商人宿武藏屋へ向, 國商業會議所聯合會の開會, 國商館に雇, 國囎唹郡に至るべし, 國四國紀州邊までに於, 國四郎鹿子木孟郎二氏の, 國因循の氣風, 國國史の加羅國, 國國境の一部, 國國家の建國, 國國旗を掲げ, 國國民議會なり, 國國防ノ如何, 國と云, 國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, 國圖書館前庭に建てられ, 國土二千六百餘年のあ, 國土人の間, 國土廣大なるため, 國土日本の偉大, 國土時世並に四圍, 國土海に入り, 國土生み成さむ, 國土經營をはじめた, 國土開闢者として考へられる, 國地圖の懸けられ, 國へ一面, 國埃及とか支那, 國場川口に架けられた, 國での事, 國境あたりに打たれた, 國境一つでかう, 國境以外に放逐, 國境協定について日本側, 國境種族の別, 國境近くにある, 國墨磨川の水上, 國士さんがやはり, 國外交を支配, 國外交官中にも往々, 國外出征中ノ現役將卒ト雖モ何等, 國外務省さへ既に, 國外放逐論盛んに行われ, 國外輸出を禁ずる, 國外關係を究める, 國大使のお, 國大使ヘンダーソン氏がベルリン, 國大使館と伊太利大使館, 國大使館前の櫻, 國大分すまん顔, 國大同之良, 國大和すみ棄て, 國大洗へ御, 國大統領に陳情, 國大統領マツキンレーの暗殺, 國大里郡冑山村の土中, 國大陸のその頃, 國天下の富強, 國天氣概況や漁業氣象, 國天田郡に天照玉命神社, 國天草郡に漂着, 國太古代上々代御皇譜神代文字, 國夫婦を前, 國奈落の大城, 國奉公の志, 國奧殿の領主松平左七郎乘羨, 國女優學校の假教場, 國女子大學建築地と記せる, 國女王卑彌呼の事, 國姓爺合戰の如き, 國姓爺後日合戰を出した, 國姫山の城主黒田官兵衞孝高, 國威四方に張つた結果, 國婦人會設立者奧村五百子をそのものたち, 國婦女在法律上之地位, 國嫉妬の情僞, 國字改良漢字廢止言文一致羅馬字採用等ノ議論百出ニ, 國字改良論者からのもの, 國字解皆な善本, 國學史の位置, 國學堂總要といふもの, 國學士院の會員, 國學漢學蘭學醫學數學武術としてあ, 國學者並に史家, 國學者中には上記, 國學者儒者から最も, 國學者流の圈套, 國學者縣居の翁賀茂眞淵, 國學者賀茂眞淵本居宣長, 國學院にまだ, 國學院出の學校教師, 國宇都宮に泊つて, 國守ります神と, 國宍道湖中の海, 國宗教史上の偉, 國官制の二, 國定中學教科書の地理書, 國宣六根之奧義, 國室生寺にあつ, 國宮廷の陰謀, 國家なり社會なりの基礎, 國家のより重大, 國家ガ其ノ主, 國家ガ國有トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ, 國家ガ國際間ニ生活スル限リ國家ノ至上權ニ於テ國家, 國家ガ收得ヲ計, 國家ガ自己ノ蓄積セル者, 國家トシテ不合理ナル所有ニ對シテ賠償ヲナス能ハズ實ニ其資, 國家ト國民ヲ害セザル程度, 國家ナキニ同ジ, 國家ニ報效セント欲シテ孜々懈ラサル所以, 國家ニ對シ又ハ世界ニ對シテ勳功アル者ハ, 國家ニ徴集スルト共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, 國家ニ移レル事業ヲ其人ニ經營セシムル手腕發揮, 國家ニ納付シテ賠償ノ交付, 國家ニ納付スルヲ欲セザル目的ヲ以テ, 國家ニ集中シ國家ノ統一的經營トナス, 國家ノ上ニ君臨スル最強ナル國家ノ出現ニヨリテ維持サルル封建的平和ナラザルベカラズ, 國家ハ一般國民ノ購買能力ト世界市價トノ差額, 國家ハ俸給ヲ給付ス, 國家ハ兩者共ニ法律ヲ以テ臨マザル方針, 國家ハ其賠償トシテ三分利付公債ヲ交付ス, 國家ハ各々其國民精神ト建國歴史ヲ異, 國家ハ同時ニ國民ノ自由, 國家ハ嘗テ家ノ子, 國家ハ國際間ニ於ケル國家ノ生存及ビ發達, 國家ハ有機的不可分ナル一大家族ナリト云フ近代, 國家ハ當然ニ土地兼併者ノ自由, 國家ハ終ニ婦人ニ勞働ヲ負荷セシメザル國是, 國家ハ統一國家ニ非ズシテ經濟的戰國時代タリ經濟的封建制タラントス, 國家ハ賠償公債ヲ交付シ且ツ繼承シタル該事業, 國家不安などを學問, 國家主權者の姓, 國家主義世界統一主義ニ宜明スル彼等ハ, 國家主義者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 國家主義鼓吹の運動, 國家人生論はそこ, 國家人生論的神道の新, 國家任命ノ改造執行機關ヲシテ土地資本財産, 國家体制である, 國家何ノ民族ガ豐臣徳川タリ神聖皇帝タルカノ一事アルノミ, 國家元老の一人, 國家全局ノ生産成績ヲ達觀シ得ベキ衆議院ニ於テセザルベカラザル所以トナル, 國家兵力の強弱, 國家其者ヲ一大地主トナシ以テ國民ハ國家所有, 國家内ニ於ケル幼少ナル同胞ヲ酷使シテ何, 國家内ニ有シ或者ハ國境, 國家再建そのものに外, 國家危難の時, 國家哀汝故鄭重賜汝好物也, 國家嚴肅な義務, 國家地方自治體その他職業又は階級等, 國家學會に痛論, 國家富力の充實, 國家島の船頭梶原太郎左衞門, 國家惡を悔い改めざる, 國家意識の明らか, 國家成立は殆ど, 國家改造ガ國民精神ノ復活的躍動タル根本義ニ於テ特ニ急務ナリトス, 國家改造後ノ將來, 國家方に鞏固, 國家有機體的信仰ヲ彼等ニ訓ユルコトナカリシカ, 國家有機體的信仰ヨリ結果セル國民皆兵主義トヲ混同シテ臨ミシ無智, 國家朝鮮の爲め, 國家機關を握つ, 國家民人の康福, 國家海防の事, 國家生産又ハ私人生産ニヨル一切, 國家生産ト私人生産トノ併立スル原則ニヨリテ私人生産業限度以下ノ生産, 國家生産及ヒ個人生産ニ雇傭サルル一切勞働者ノ權利, 國家的公見に, 國家的功勞の多い, 國家的問題を含める, 國家的地盤を引き, 國家的思想を有, 國家的性格の強い, 國家的機局に用, 國家的民族的野心の鬪爭, 國家的産業は既に, 國家的社會主義者もあり, 國家的社會的の重, 國家的統一ニヨル國家經營ハ米國ノ, 國家的覺醒アル鮮人ハ之ヲ現在, 國家的觀念を超脱, 國家的認識ト國家ニ移レル事業ヲ其人ニ經營セシムル手腕發揮, 國家盛衰の大, 國家社會黨からも共和黨, 國家科學社會科學政治科學また箇人的利己主義, 國家組織トシテハ少シモ不可ナシ, 國家組織社會組織に對, 國家組織美をなし, 國家經世の基根, 國家經營ハ米國ノ, 國家老大星由良之助の來着, 國家至上權と頑愚, 國家至要の機關, 國家萬能主義を迎合, 國家觀ハ國家ハ有機的不可分ナル一大家族ナリト云フ近代, 國家許りでなく國民, 國家財政を單純化, 國家間の差別, 國家集産主義に對, 國家非常ノ際ニ處シ婦人ガ男子, 國家革命的大帝國ガ國際的正義ヲ叫ブトキ, 國寂光土また譬, 國は貧弱, 國富んで而, 國寳級の名, 國寶ものだ, 國寶的存在ですなあ, 國寶級の美術品, 國寺建立の敷地, 國寺高田の水稻荷, 國將來の戰爭, 國對雁に於, 國小姓氣質卷五庄野佐左衞門父の看病, 國小貨のが以てのほか拂底, 國のこの, 國屈指の碩儒, 國屋信兵衞實は私, 國屋文左衛門は江戸, 國屋文左衞門といふ人, 國屋源之助がひつ, 國山陰山陽北海道青森縣東北北陸全部を能, 國島田驛の素封家, 國崇拜となつ, 國巖手群米内村愛宕山法輪院址の山腹, 國川上郡トウベツ川口十勝國白糠郡尺別村十勝河河口同國當勝郡勇洞村, 國川越在に起つた, 國巡業に際して人形, 國巡業中京師やその他, 國巡禮乞食僧侶或はまた癩病患者, 國已三十四年とは永徽六年來朝, 國巴里に赴き, 國市ぶりの關, 國市俄古にて見物, 國市府の日本公使館, 國を空しく, 國師公まで上つた, 國師嶽甲武信嶽秩父の大洞山雲取山, 國師時方士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 國師等であるが, 國師辨圓の東方, 國常呂郡下常呂原野の竪穴, 國常呂郡常呂村同國網走郡能登呂山道, 國常立尊國狹槌尊豐斟渟尊大苫邊尊, 國幌泉郡油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 國幣社のこと, 國平らけく, 國平和會議仲裁裁判或る, 國平定の時, 國平民社界の暗澹, 國平潟の港, 國幾萬と云, 國府城下に到, 國府樣の御, 國府津止の箱, 國府津町はその頃村, 國府田をこく, 國府田志願兵は臆病, 國府縣市町番地と大, 國府臺上に賣, 國府臺下流に鬱蒼, 國府臺合戰を起しける, 國府臺新緑の眺望甚, 國府臺水に接し, 國府臺脚下に小, 國府臺里見氏と北條氏, 國度會郡の處, 國庫及地方の支出, 國庫補助の増加, 國廢船の赤錆, 國しとい, 國廣尾郡の西部, 國廣尾郡茂寄村日高國幌泉郡油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 國廻歴と稱, 國弊社に豐饒, 國の神話, 國引くと引き, 國強兵策である, 國なきが, 國征下は大, 國の夷人此擇捉島, 國後擇捉の二島, 國後擇捉アイヌの木島アイヌ, 國後擇捉等の諸島, 國後擇捉間の航路, 國後日本から年々多額, 國後歐人の手, 國從來の漢學者, 國大名御, 國御家人群參如雲霞皆以可歸國, 國心強く國權擁護の, 國心理學會と云, 國必至を信じ, 國忍路郡忍路村同國高島郡手宮, 國志太郡島田驛で桑原氏, 國志太郡燒津の普門寺, 國忠君の赤誠, 國思はして歌, 國恆使一人不梳, 國を知るなら, 國のもの, 國に闇, 國情ナルニ考ヘテ之ヲ自作農, 國情ニ於テハ必ズシモ強兵ヲ意味セズシテ, 國情中の一つ, 國情換言すれば, 國情調を味, 國情趣があるらしく, 國惡政に苦しみ, 國愛らしい國と, 國愛知郡片輪, 國慷慨の人, 國憲政の將來, 國憲法其他附屬法の議事所, 國憲法史上の第, 國應接之地, 國成り難けむ, 國成りき綿津見の, 國成立後宦官は無, 國我言靈の助くる, 國戰國時代には十國内外, 國によりて變, 國所用で出かけた, 國手來りて, 國手前はお母様, 國をしなかつた, 國投馬國などいへる, 國押入の, 國持大名などはその, 國指して歸航, 國捫別舊會所の裏等, 國捷盧國の名, 國の方, 國檢隊の, 國提案の寫眞, 國攘夷抔申儀を唱, 國支半國狗素國捷盧國の名, 國支那の遊び, 國攻めに出, 國攻略が行, 國政ヲ把リテ志ヲ行フ能ハザリキ, 國政府時勢を辨, 國政治家の風, 國政萬端利章一成内藏允, 國政黨内閣の妙處, 國遣朝貢, 國救世を標榜, 國教師から晩餐, 國教育の普通科目, 國文國史漢學などは寧ろ, 國文國語に對, 國文士何樂模とあつ, 國文字を作つた, 國文學史概論の結末, 國文學者であると, 國文教育者が反省, 國文日記が現れた, 國文獻時代の地方, 國文者本國, 國文藝中ロシア文藝ほど日本, 國文談話會には醉, 國料理はもとより, 國新しい地上の, 國新作物の愛讀者, 國新川郡の立山, 國新平郡王とあ, 國に憲法政治, 國方言學の權威東條先生, 國方針によつて, 國方面に短時日, 國於國中有如刺史王遣使, 國旅行には多少, 國旅行家の記述, 國旗ぢやない, 國旗二つを往來, 國旗滿頭飾をした, 國日和と諺, 國日本日本に光榮あれ, 國日本漁業發展を祝福, 國日田にゐる, 國日記などを見, 國是トナリテ現ハレ, 國是相立候向は無, 國時代ニ發源シ更ニ現代ニ復興シテ漲溢シツツアル國民的, 國時代帝國衰亡時代それから羅馬帝國滅後, 國時計の大量輸入, 國智惠の國, 國智慧の國, 國の古, 國書物である, 國書院といふ若い, 國曼陀羅も容易く, 國曾議員の椅子, 國最大詩人の一, 國最近の研究結果, 國最高裁判所たる大審院, 國會人物と人事, 國會政治を學ばう, 國會文苑に出でし, 國會既に開くる, 國會論を繼續, 國會論者と爲, 國會議事堂に爆彈, 國會議員其他政府の人々, 國會議場で討論, 國會近頃では東京, 國會選擧が行, 國會開會以前に一文, 國有タルベキガ故ニ, 國有タルベキ者ト民有タルベキ者ト亦實ニ私人生産業限度, 國有トシテ國家ノ經營スベキ土地, 國有ナルガ故ニ現時, 國有ニ過キズ, 國有史以前の神代, 國有家屋建物の減失, 國有數の御用商人, 國有文庫に殘つて, 國有種馬牧場を見, 國有鑛山ノ積極的開發等, 國朝夷郡眞門村で由緒, 國朝野が西洋, 國朝鮮の衞滿, 國の豪傑, 國木田さんはあそこ, 國木田さん國木田さんはあそこ, 國木田つて言ふ家, 國木田兩君の外, 國木田獨歩先生の御作, 國木田獨歩氏も, 國木田獨歩田山花袋松岡國男太田玉茗宮崎湖處子等諸家の小, 國未だ富まず兵, 國未だ嘗てこれあらず, 國未曾有の妙技, 國札幌郡札幌同郡圓山村, 國に來, 國東牟婁郡勝浦港へ明治卅四年冬, 國東臨淮徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 國松さんで, 國松ぢやない, 國松喜三郎安五郎を始め, 國松安五郎などで, 國松島の西島, 國松浦郡田浦から唐, 國枝幸郡枝幸村紋別郡雄武川筋同郡サルマ湖南岸, 國寺の, 國退の, 國の祖先, 國の國唐黍, 國桑港に至り, 國植民地とはオーエン, 國植物學界の權威者, 國やなに, 國模倣を排斥, 國横濱のアマチユーア倶樂部, 國樹氏石川光次氏久保十三郎氏來り謝す, 國で, 國權力の平衡, 國權國利を充, 國歌君ヶ代の是々非々論, 國此邊の莊園, 國武子金子堅太郎男の三氏, 國武庫山ハ神功皇后異國, 國歩いて見たい, 國歳時記洌陽歳時記及び京都雜志皆之, 國歴遊中之日誌, 國殊に日本に, 國殖民政策の弊害, 國殖産の要, 國殖産興業文明開化というよう, 國殺しで處刑, 國民いまはこの, 國民さへも壓倒, 國民たる者此二譚を讀, 國民カ古來尚武, 國民ガ全亞細亞, 國民ガ世界的知識ノ供給者ニアラズ, 國民ガ平等ニ國家的保障ヲ得, 國民タル人權ヲ保障セラル, 國民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, 國民タル子女ヲ益々, 國民タル常道常識ヲ教育セラルル者, 國民タル權利ノ上ニ立テサルヘカラス, 國民タル權利ニ於テ平等普通ニ衆議院議員ノ被, 國民タル點ニ於テ國民的人權ヲ有, 國民トシテ國家ノ全, 國民トヲ阻隔シ來レル藩屏ヲ撤去シテ明治維新, 國民ト共ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, 國民ト同一無差別ナル利, 國民ニシテ如何ナル思想ニ導カルルニセヨ國民ノ財産權ヲ犯ス者ハ, 國民ニ何ノ自主的人格アランヤ, 國民ニ其所有權ヲ保障シ享樂セシメントスルニ, 國民ニ徴兵制ノ如ク勞働強制, 國民ハ國民ノ義務ナル道念ニ忍ビテ一ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ, 國民ハ平等自由ノ國民タル人權, 國民ハ心ヲ冷カニシテ天, 國民モ間接税ノ負, 國民一個の政府, 國民一致して, 國民上下一般に期せし, 國民主義と薩摩征伐, 國民人には到底, 國民人權ノ擁護, 國民人物の中堅, 國民今後の責任, 國民以下の文字, 國民傳統の尊重, 國民全部の怨嗟, 國民全部ガ自ラ國際語, 國民其煩に堪へ, 國民協同党共産党などという名前, 國民協會以外に於ける, 國民各自の責任, 國民同士に對, 國民同志がどう, 國民問題を溶解, 國民圖書館はどこ, 國民外交上非常の効果, 國民大衆のすべて, 國民大衆諸君に見えなけれ, 國民學校生女學校生は堵列, 國民將來の方針, 國民思想ニヨリテ婦人勞働者ハ漸次的ニ勞働界ヲ去, 國民性十論の中, 國民性支那文化の性質, 國民意識に徹し, 國民愛國心に訴, 國民感情はうごかしたくない, 國民所得が幾らか, 國民扱ひを, 國民揚々として自得, 國民政府の國定中學教科書, 國民政府部内の要人, 國民教育ガ常識教育ニシテ或ル分科的專攻, 國民教育トシテ必要ニモ非ズ, 國民教育ニヨリテ此等ヲ存置スル善惡一切, 國民教育ニ於テ只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育ヲ閑却スルコトノ矛盾ナルヲ以テナリ, 國民教育ニ於テ英語ヲ全, 國民教育ハ國民ノ權利トシテ受クル者ナルヲ以テ, 國民教育期間中ニ世界的常識ヲ得, 國民文化の結晶, 國民文庫に現存, 國民新聞社にタクシー, 國民新聞社長たる徳富猪一郎氏, 國民普通の口語, 國民最大多數, 國民會議委員會は來, 國民歡呼の間, 國民毎に民族毎, 國民的クラシックの名, 國民的人權ヲ有, 國民的努力を祝福, 國民的厚顏と純, 國民的地方的の文學, 國民的基礎の上, 國民的屈辱を最早, 國民的常識も日常觀念, 國民的思想を有, 國民的性情と歴史的積勢, 國民的愛着國家的偏見を失, 國民的政治家と爲, 國民的教典として親しむ, 國民的期待の方向, 國民的特徴を剥ぎ去つ, 國民的生活が文化, 國民的自殺である, 國民的覺醒ヲ裏切, 國民的解放の主要條件, 國民的詩人はいつも, 國民的體驗を經, 國民皆兵主義トヲ混同シテ臨ミシ無智, 國民相互の間, 國民社會主義と稱, 國民統合の象徴, 國民經濟の立直, 國民經濟生活の最大要素, 國民職分を擔當, 國民肉食を缺, 國民膏血ノ貯金, 國民臣下に公平, 國民自身が生み出した, 國民英學會にも學び, 國民詩人とた, 國民詩曲としてまた, 國民語の資格, 國民諸君が速, 國民運動ノ指揮者タリシ以來現代民主國, 國民道徳ト其ノ保護者トノ爲メニ制限セラルルハ論ナシ, 國民間ニ脱線セシメテ相犯サザル各自ノ自由, 國民雜多にし, 國民黨宣傳部理事である人, 國を吐く, 國氣質にはどうしても, 國汽船アシニア號がドイツ, 國を航海, 國沙流郡上ピラトリ膽振國勇拂郡鵡川川筋カイカウン同國白老郡苫小牧村, 國沙流郡沙流川の沿岸, 國沼森八幡の別, 國法學士の新, 國注梁末亡逸今疑非, 國活體之主宰而能與外界庶物相交, 國の向, 國浦といへるに, 國浦崎と云, 國のほとり, 國海岸の何れ, 國海軍兵學校の入, 國海軍士官の服裝, 國海軍大佐櫻木重雄本島を發見, 國海軍提督ペルリの始め, 國海軍萬歳を連呼, 國海軍部内の某, 國海軍長官の命令, 國淡河の城, 國淨化のため, 國清酒品評會への出席, 國渡來の船, 國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 國温泉岳までか, 國測量の參畫者, 國源次郎両人の手懸り, 國源氏が旗揚, 國滅びて六尺, 國滅後のいかさま語さ, 國滑川へ泊つて, 國滯在中接する人, 國滿が吉原花盛, 國滿洲が我が, 國漫遊中の故, 國濟國師といふの, 國濱名郡舞坂から出, 國濱松だ, 國無限の國家的信用, 國煉獄地獄の話, 國照天火明命とある, 國熊本の城主加藤肥後守忠廣逆心云々, 國には陶器, 國營タルベキ爲ニ起ル疑惑ハ事業家ノ奮鬪心, 國ふて海軍海事, 國片縣の郡, 國牛根垂水方面に甚, 國状紛亂し政爭激烈, 國狗奴國と戰つて敗北, 國狗素國捷盧國の名, 國狩野の庄, 國狹槌尊豐斟渟尊大苫邊尊, 國と同じ, 國獨兒格ヲ援ク, 國獨國大使別館いづれも, 國獨立の元素, 國玄奘の劫比羅, 國玉越の里, 國王プトレマイオス十二世に寄せ, 國王プロイトス禍害たくらみ領土, 國王メネラーオスの客, 國王レオニダスが紀元前四八〇年, 國王印の如き, 國王尸羅迷伽の表, 國王帥升等とある, 國王派遣の船舶, 國王濟遣使, 國王照古王, 國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 國王陛下の護衞, 國内閣の, 國現在書目佛書にては八家, 國現行の東洋史, 國の璽文, 國甑島郡に舳部, 國に出た, 國生活の疲勞, 國生糸貿易の爲め非常, 國産大衆車の完成, 國産業の發達, 國産獎勵をやりました, 國産綿服を用, 國産自動車の出鼻, 國産自動車工業確立上第二, 國産車製造に際して第, 國田川郡海岸に現, 國男子であつ, 國に埋め, 國留學を命ぜられ, 國留萠郡留萠同郡オビラシベツ, 國畫會總帥の梅原龍三郎畫伯, 國異なる上その, 國異邦の物, 國當勝郡勇洞村洞村同郡トンケシ, 國疑ふ時代には, 國發船の際, 國白糠郡尺別村十勝河河口同國當勝郡勇洞村, 國白老郡苫小牧村同國千歳郡漁村, 國百人一首上代の部, 國百年の政黨歴史, 國的主張はその後, 國的代表移民の都會, 國的宗教であること甚明瞭, 國的宗旨であるから, 國的平和時代がまた, 國的情緒の微, 國的感化を脱し切れない, 國的態度は彼, 國的組織ヲ放棄シ得ザリシ所以, 國的統一的組織の下, 國的聯合は自由合意, 國的階級利益一個の關税區域, 國的鬪爭に對, 國的鬪爭一個の階級鬪爭, 國皆倭種又有, 國皆臨津搜露傳送文書, 國皇孫領らす, 國皇室の安寧, 國皇帝陛下に御, 國皇祖皇太神宮, 國益田にある, 國盡全三册明治五年壬申初冬福澤論吉賣弘, 國相互の距離, 國相應といふこと, 國相手に交戰, 國相馬郡小文間にて發, 國知らしめしき, 國知らしめす大帶日子淤斯呂和氣, 國をもつ, 國研究も亦, 國破れ身辱られた靖康, 國碑文を撰述, 國を牢くせ, 國を興し, 國ヲ崇拜ス, 國祖谷山の山中, 國とした, 國神代の生活状態, 國神明村に在, 國神聖皇帝羅馬法王ト符節ヲ合スル如シ, 國祭日の制は, 國禍機未だ發, 國禮曹參判江家老使者前々年より再度, 國秋田から米, 國秋田郡久保田の城主佐竹右京大夫義厚, 國秋田郡船川村字田中小字大澤にて發, 國科學者の組合, 國稀有の作品, 國解から, 國程の大量生産では, 國程度の多少, 國と附加税, 國稚く浮かべる脂, 國にくらべる, 國積弱の最大原因, 國にあらゆる, 國空知監獄署用地日高國捫別舊會所の裏等, 國立劇場建築費が保存, 國立劇場設立地は丸の内, 國立圖書館へ行かう, 國立川でこの, 國立癩療院その他復生病院の如き, 國競うて力, 國競爭の舞臺, 國競爭場裡に立つ, 國第一人者といはれる, 國策上の要求, 國策問題として重要, 國策研究會の求, 國米國何者そ苟も雄, 國粹保存者であること, 國粹會或は建國會, 國粹發揮を唱, 國粹的反對論, 國粹論の起つた, 國精神ヨリ又現代國民思想, 國糸崎である, 國紀州邊までに於, 國素捷盧國とすべき, 國紳士の典型, 國ぶる司, 國統一の年, 國經濟界全般には何等, 國維同樣に, 國維新の信仰, 國維胡適梁漱溟の諸星, 國綱山城の粟田口, 國網走郡能登呂山道同郡網走市中及四, 國の堺, 國總領事兼外交事務官たるに過ぎざりき, 國入雜誌, 國義和が建てた, 國者也尓建内宿禰白恐我大神, 國者先生利權漁りに憂身, 國者國自慢者などがコスモポリタン人, 國者等がその, 國者記念碑を建設, 國者達が他, 國聖人之世, 國聖賢之學也, 國肖像畫の全盛期, 國肥後に大, 國肺病の一部, 國自動車車體の將來, 國自慢者などがコスモポリタン人, 國興り將た滅び, 國興隆の爲め, 國き民, 國舊法律では尤君臣, 國航路の汽船, 國船たるとを問はず, 國船はいちやうに三本マスト, 國船はつひに, 國船共參申候は, 國船打拂の改正令, 國船渡來之節無二念打拂可申, 國船渡來史第一期, 國船舶の江戸灣口, 國艦隊ヲ本, 國艦隊全部ヲ本, 國色無双の麗人, 國の画いた, 國芳門下の同門, 國芳風のくり, 國苫前郡オンネシヨサンベツ同郡風連別, 國が, 國英國獨國大使別館いづれも, 國荒山の彼方, 國華社に居り, 國萬二千餘里男子無大小, 國葛飾郡吾嬬森碑とあり, 國葡國何者そ徒に廣大, 國蒲生郡必都佐郷に擬せ, 國蓬莱寺山からの中繼, 國薨後の寛治頃, 國藥材といふ, 國號姓名などの固有名, 國號考には猶, 國のこと, 國行政法臺灣私法舊慣調査報告書の他, 國行脚の僧, 國に注意, 國衰亡時代それから羅馬帝國滅後, 國裁判所に於, 國製ハム鑵詰又山形縣, 國製作肖像畫としては高野山普門院, 國製布非買同盟を徹底的, 國製織物を擁護, 國製造の古紙, 國製食料品を贈らる, 國西諸縣郡小林郷ナリ, 國西國の義, 國西國西國順禮胸に木札, 國西國順禮胸に木札, 國西晉時代にかけて北支那人, 國西服衆夷六十六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 國西臼杵郡の高原, 國見して作れる, 國見すと霞, 國見れば, 國見山に登り, 國親夫と謂, 國言語歴史及び考古學, 國訪問に好, 國許エ差遣シ船手之モノ共爲習練, 國許寶藏に什襲, 國詩人土井晩翠氏は二高時代以來四十年, 國詩發展の要素, 國語並に國文法, 國語傳習所といふところ, 國語其他の便宜上, 國語史伯言姜爲伯夷之後許爲大岳之胤, 國語周語に祖甲, 國語問題の急務, 國語問題ハ文字又ハ單語ノミ, 國語國文國史漢學などは寧ろ, 國語國策と云, 國語地理歴史は勿論, 國語學上もとの同窓, 國語學校卒業の, 國語學校獨逸語學科に學んだ, 國語學校生徒の學生, 國語學校長和田東京美術學校長阿刀田, 國語學校露語科の出身者, 國語學界の事業獨, 國語學者はよく, 國語支那印度朝鮮語ハ亦當然ニ國際語ノタメニ亡ブベシ, 國語教授の持つ, 國語文學の隆盛, 國語文法の教授法, 國語日本語戀愛新語のカクテル, 國語晉語呂氏春秋過理篇, 國語晉語呂氏春秋行論篇などに出, 國語注を擧げ, 國語漢文は昔, 國語漢文教師であ, 國語等と同じ, 國語純化と基礎語, 國語調査委員を命ぜられた, 國誠にとんだ事, 國論定り人心, 國論海防論に意, 國論紛々歸著する所, 國論者側からは, 國論者文久二年攘夷派の志士, 國論語に何晏, 國諸子異端の學, 國講和して, 國議會有つて以來最も醜, 國議會開會せられ彼, 國貞等の役者, 國財界の不況, 國貨幣はフラン, 國貴様は一番孝助, 國貿易品として有望, 國を招く, 國賜緋魚袋閭丘胤と申す, 國より齊, 國足利時代の土一揆, 國足寄郡に流る, 國足柄上郡三久留部氏は元, 國足柄下郡土肥村大字湯ヶ原に到り, 國の高い, 國の侵入, 國軍人の鮮血, 國軍人松島海軍大佐の妹君, 國軍艦我は帝國軍艦, 國軍艦旗翩飜たるを仰ぎ見, 國軍艦旗舞ひ, 國軍艦水雷砲火ならぬ陸上, 國軍艦高雄の艦長, 國などの名所繪, 國輯安縣の高句麗, 國近代文學をくま, 國近刊のある, 國ひの, 國通覽を著し, 國通辯頭取而して, 國造りのわざ, 國造以下あらゆる官司, 國造家は神主, 國造應神の朝, 國造村主の保てる, 國造生活が擴つて, 國造神壽詞から下, 國造設置に就き, 國進取産業立國殖産興業文明開化というよう, 國進取的な信念, 國遊學の頃, 國遊歴とはいふ, 國運勃興の徴候, 國運家運の非, 國運隆々として起り, 國運隆盛を來, 國過去の文明, 國過去千幾百年の長い, 國道二十四號に出, 國道山と海, 國道沿ひにでも, 國道筋に近く, 國遠く暮れに, 國遠賀郡山鹿を過ぎる, 國避難者が流れ込ん, 國邇岐志天つ日高日子番, 國と言う, 國那珂郡博多の近傍, 國が手, 國郡山の城主, 國郵便船に救, 國都咸陽に移住, 國都洛陽の西郊, 國都長安に在, 國都開封を陷, 國鄙語が挾まれた, 國酒折の宮, 國醫學といふ課目, 國里昂の勞働者, 國野付村標津西別間花咲郡半田牛釧路國釧路郡釧路同郡釧路白糠間, 國野球界の覇王, 國金澤に住, 國釜石鑛山内水橋康子として懸賞, 國釧路郡役所裏の丘上, 國釧路郡釧路同郡釧路白糠間, 國長春の人生, 國長生不死の靈藥, 國門徒の聖地, 國開闢以來の思想, 國關係の役所, 國關八州と同じ, 國關東の夷共, 國關東總督アレキシーフと盛京將軍増祺, 國防ニ取リテ彼ガ日本, 國防ニ於テモ組合ト組合員トノ間ニ雇傭契約ヲ締結スルハ, 國防ニ於テ既ニ然リ, 國防上ヨリ朝鮮ハ永久ニ獨立ヲ考フベキ者ニ, 國防上朝鮮ヲ獨立セシメズト云フコトハ, 國防上朝鮮ニ據リテ戰フコトハ國家ノ國際的權利ナリ, 國防上相當程度の大量生産, 國防國家の必要, 國防線ハ分テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, 國防色がすぐ, 國防軍に不信, 國陳東原中國婦女生活史, 國陳顧遠中國古代婚姻史, 國陸戰隊及び義勇隊, 國の關係, 國際上惡影響を及ぼす, 國際上白人種の大, 國際公法の文獻, 國際勞働者的な生き方, 國際博覽會が開かれた, 國際友好の意味, 國際團體と連絡, 國際報道の焦, 國際學術團體の活動範圍, 國際情勢が思はしくなかつた, 國際戰爭も起り, 國際文化振興會なぞをたよらず, 國際段階でいふなら, 國際法上から言つて, 國際法學であ, 國際波及といふ姿, 國際物理學會に招かれ, 國際的事件に關, 國際的交渉が忙しく, 國際的人物が宿泊, 國際的分配ノ公正, 國際的分配ニ於テ不法過多ナル所有者ノ存在スルコトニ革命的理論, 國際的分配ニ於テ將來大領土, 國際的劃定線ノ不, 國際的勢力が日本, 國際的協力によりその, 國際的威嚴信用ヲ汚辱シ, 國際的對立ヨリ見テ彼等ガ, 國際的戰國時代ニ亞ギテ來ルベキ可能ナル世界ノ平和ハ, 國際的正義ヲ叫ブトキ, 國際的活動に關, 國際的無産者ノ戰爭, 國際的無産者タル日本ガ力ノ組織的結合タル陸海軍, 國際的特權ノタメニ宣傳サレツツアル平和主義非軍國主義ガ, 國際的理解ナク且ツ中世組織ノ, 國際的評價さへもつ, 國際的連絡調整及び推進, 國際社會において名, 國際聯盟主義との根本的相違, 國際親善園遊會に合流, 國際語トセント決議セシ程, 國際論文記者が口, 國際連盟の行動, 國際間ニ於ケル國家ノ生存及ビ發達, 國際間ニ於ケル無産者ノ地位ニアル日本ハ, 國際間ニ生活スル限リ國家ノ至上權ニ於テ國家, 國際鬪爭を仲裁, 國隣りに津輕藩, 國雖皆倭種而不屬女王自女王國南四千餘里, 國雜誌の輸入, 國雜誌ロンドンのザレ, 國難大國支那と戰, 國難波の京, 國が浦, 國靜内郡下下方釧路國仙鳳阯及び厚岸邊, 國靜内郡有良村マブタ山同國沙流郡上ピラトリ, 國革命時代に行, 國に歸, 國韓國などが何等, 國なり, 國音表文字さへ聲音, 國順禮坂東順禮さては京順禮, 國順禮等と列して, 國順禮胸に木札, 國頌徳天樞の八字, 國を去りし, 國領土中先住國民ノ大, 國への旅, 國頭郡今歸仁村今泊, 國風土記浦島の物語, 國風土記琴歌譜等に書名, 國風家懇親會の催し, 國風範亦復如是, 國風習慣を斟酌, 國風舞踏の一, 國風露西亞人の性質, 國食糧政策さ, 國飯井野御牧波木井三箇郷の内, 國の裏, 國馬鹿なこと, 國駐在の帝國公使, 國驛傳馬に筑後國傳馬, 國體ハ三段ノ進化, 國體上・社會上之を維持, 國體國魂膨脹舞臺代表等である第, 國體擁護の聲, 國體精神に據ら, 國體觀が反映, 國體觀念の自, 國體論がこと, 國體輕視の風潮, 國高僧も彼國, 國高島郡手宮石狩國札幌郡札幌同郡圓山村, 國高校野球戰と同, 國高田に往き, 國高砂の城主駿河守景則, 國高祖皇太神宮境内, 國高雄山神護寺に藏むる所, 國魂膨脹舞臺代表等である第, 國鹿島郡の南端, 國鹿足郡津和野町に生れた, 國麥崎といふ, 國黒齒國の事, 國黒齒國使驛所傳極於此矣, 國黒齒國復在其東南