青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「同人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~吉 吉~ 吉原~ 吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一 同一~
同人~
同僚~ 同士~ 同心~ ~同志 同志~ ~同情 同情~ ~同意 同意~ ~同時に

「同人~」 1111, 11ppm, 10079位

▼ 同人雑誌~ (237, 21.3%)

8 を出す, を発行 65 の活溌化, を出し 4 をだした 3 がでた, に発表, の中, をやつ

2 [12件] こそ新しい, にはいり, の人達, の仲間, の出版, の多く, の数, のVILLON, をたくさん, をだし, をやる, を送っ

1 [165件] から文壇, から期待, から盗んだ, があらわれ, がその, がそれ, がもし, が今日支配, が作家, が僅か, が刊行, が当時, が本当に, が生れる, が発行, ぐらい無意味, たる, だつた, だろう, であった, でこの, でした, ではなかつた, ではなく, でもい, で巣立った, で打って出る, といふもの, といふ存在, としてどんなに, としての意義, としての親しみ, としては奇蹟的, として同人雑誌群, とやがて, と雖, など, などでもがい, などで騒がない, などに今, などはあちら, などへはいくら, なども紙, など頁, なの, なるもの, なんかにいくら, にいた, にかう, にこう, にし, にのった, にはじめて, にもときどき, にも小説, にも関係, によつて, による, にゐた, に作品, に出, に出した, に出た, に分れた, に加つた, に加つたこと, に加はつ, に原稿, に参加, に及べなかつた, に対抗, に掲載, に楯, に気, に現われる, に目, に短篇三つ発表, に立て籠る, に紹介, に至る, に誘はれた, に載, に載っ, に載り, に近い, に連載, のこと, のよう, のグループ, の一員, の主筆並, の任務, の会, の会合, の作品, の刊行, の創刊号, の友達, の各々, の合評会, の同人, の同志, の名付親, の名前, の声明書, の大, の小説, の形式, の洪水時代, の活動, の片隅, の狭い, の発行, の相談, の短評欄, の社会的意義, の統制, の編輯, の翌月号, の議, の貴重さ, の輩出, の連中, の連絡, の運動, の選手, の院外団格, は, はそういう, はつまり, はまず, は個人, は取り, は四五三種, は文壇, は極めて, へ, への関心, へ発表, へ載せる, めいたもの, めいた物, もかかえこん, もそこ, も少く, も沢山, をけなしつけた, をださう, をだす, をつくっ, をつくり, をやらう, を作る, を出さぬ, を出しました, を出版, を刊行, を始めた, を守っ, を引受け, を戦闘, を経営, を見, を貶しつける, 殊に演劇

▼ 同人~ (197, 17.7%)

4 一人が 3 一人に, 歌にか

2 [11件] 一人である, 世話にて, 中で, 中では, 中に, 人と, 会でも, 多くが, 小説, 座談会で, 葛巻義敏が

1 [165件] あること, いる雑誌, うちで, うちには, うち篠田水月, うぬぼれが, たまり場であった, ための, なかには, ほかだれも, ものらしき, やうな, ゆるすところ, ような, グループは, セクト的批評等々, ユダヤ人らが, 一人, 一人たる, 一人だった, 一人の, 一人らしい, 一族で, 一部の, 中には, 中の, 事は, 人達が, 仕事も, 会合における, 伯父河内大蓮寺の, 住所を, 作つた歌, 作に, 作品を, 作品発表と, 信条と, 信用を, 俳句を, 健在と, 健康を, 先妻に, 内輪同士で, 凡てに, 出版したる, 列したるは, 列に, 創作なんかも, 助言によ, 印の, 口入にて, 同作, 同僚につき, 名前は, 四苦八苦の, 外に, 多くは, 多数は, 大半は, 大多数, 大将株で, 大部分, 如く繋ぐ鎖, 妻を, 妾である, 姉婿堺の, 姿が, 娘を, 嫁某が, 家族から, 寝衣, 小ぜ, 小説を, 山村耕花氏などと, 幹部の, 引かれて, 当夜に, 心理に, 思想的動搖が, 思想的態度は, 怠慢である, 惡名迄も, 意に, 戸山, 手である, 手甲脚絆に, 手紙が, 手紙などと, 批評は, 持つた一種通, 指呼は, 支配さへ, 数が, 数こそ, 数を, 文士たちに, 断髪の, 方々で, 方々の, 方です, 方向をも, 書いた愛した生きたと, 書上によるに, 最努めた, 有意識的, 末に, 某君, 案内で, 棺おけを, 楢本と, 歌は, 死体と, 清水が, 父は, 生活態度の, 着服は, 立場に, 筆で, 筆なる, 経営に, 美術雑誌, 義務を, 考へて, 脳髄の, 腕こき, 茶話会に, 著は, 著書であり, 藤田明君を, 見聞談として, 親切に, 角力長五郎は, 詩の, 誰でもを, 誰もが, 誰よりも, 誰彼だの, 談話に, 諸君に, 買ったもの, 贈る所, 贈物ポピーを, 跡を, 身の代金三十兩をを, 逃出し, 連名を, 過失にて, 重だ, 重立つた人々, 間では, 間に, 集まり, 集まる袖, 集りの, 面前に, 面體を, 音楽会の, 音楽会へ, 音楽会へは, 頭には, 頭主格は, 頸部なる, 頸部を, 顔ぶれは, 鼻紙入が

▼ 同人~ (58, 5.2%)

4 なつた 3 なって 2 して

1 [49件] お詫, ちがいない, ついなっちゃった, なった, なったの, なっては, なつて, ならぬかといふ, なり余り, なること, なるの, なれと, はなつて, よろしくお伝え, 一任し, 一女あり, 代りて, 入れなければ, 内容を, 加えて, 加えない俺, 加つた, 加はつた, 加へ, 加へて, 募りしかど, 向つて, 告げて, 囲まれた時, 少しも, 差閊が, 忠告を, 恨ある, 感謝し, 抜駈けし, 推薦された, 献金した, 現在新, 紹介される, 西周加藤弘之森有礼その他の, 見せたいといふ, 語を, 説くこと, 送られて, 逢たる, 遅ればせながら加はつたこ, 違いない, 關する, 預けて

▼ 同人~ (53, 4.8%)

2 皆な, 諸公を以て

1 [49件] この言葉, すべて素人だつた, その劇研究會, その半数, ちょくちょく芥川家, ほんた, みな三十前の, みんな思想的に, もがきながら, ジャーナリズムの, 今日では, 他に, 何う, 前にも, 各々郷里, 和名倉の, 大小の, 大部分, 存外特色, 客を, 小林の, 小林秀雄河上徹太郎中島健蔵嘉村礒多, 島根縣の, 左の, 強盗前科四犯あり, 役にも, 故岡本帰一, 新しい雑誌, 新しき革足袋, 新進の, 星野天知北村透谷島崎藤村平田禿木戸川秋骨馬場孤蝶上田柳村などで, 是れ, 棒小屋沢と, 爾來現今, 留守にて, 當年廿一歳に, 病室の, 皆な出かけ, 皆非常に, 真実悔い改めた, 社會主義者中に, 突如立ち上り, 精神激動の, 絶えず煩悶, 自身横浜に, 落涙し, 解散し, 谷崎潤一郎和辻哲郎後藤末雄大貫晶川木村荘太など, 驚愕の

▼ 同人~ (40, 3.6%)

2 行きつけの, 集つた

1 [36件] まだ, 一度階下, 二人は, 互に往来, 何かしら書く, 俊成の, 別に嫌ひな訳, 勤めて, 卒業する, 卓子と共に, 協力し, 嘆息した, 大挙し, 実隆に, 寄り集ると, 寄集る, 小机在の, 小生と, 少年の, 従来あまり, 所持の, 文章を, 根引いた, 演出家として, 生れますと, 疲れて, 皆んな揃つて書く, 眼ざとく私を, 知って, 知つてゐた, 美妙を, 自己の, 西洋婦人人形を, 近年口語から, 集まっては, 集まつて

▼ 同人~ (36, 3.2%)

1 [36件] お探し下さる, して, なして, やめること, よく待, 中心として, 主と, 其方へ, 圧して, 失いました, 小西屋へ, 急に, 恨んで, 打擲なし, 打擲に, 抱へ, 押し仆, 招待した, 持つて, 擁しながら, 擧げなければ, 楽屋に, 欺き同人, 欺し, 殺し汚, 殺すその, 殺害しなけれ, 窒息せしめた, 絞め殺すと, 羨ませて, 脅迫した, 謂ふ, 警護せしめ, 辞退する, 連れて, 連れ去った自動車

▼ 同人雜誌~ (26, 2.3%)

2 を出す

1 [24件] であつ, である, にいい, には以前毎號, にもときどき, に三囘, に分れた, に發表, の作家, の十二月號, の若い, の記者, の話, はまだ, は新しい, は最近寄贈, は矢張り資金, も全部讀破, も出し, をつくつた, をやらう, を一週間許, を出さう, を發行

▼ 同人~ (25, 2.3%)

2 なった, なつた, なる

1 [19件] いった, いつしよ, するこの, する俳句, なつて, なり人生, なり演劇復興, 云う事, 云う関係上, 交際を, 伍する, 思わぬは, 最も親密, 果し合, 申合九助へ, 見えぬ様, 見軽, 親んで, 顔を

▼ 同人諸君~ (23, 2.1%)

2 といつ

1 [21件] からの見舞状, がわれわれ, が劇文学, と會合, と知り合い, と読者諸君, にこ, に会, に希望, に御礼, に感謝, に限り, の, の中, の友情, の言論, は, は前, もいろいろ, も十分, 願わくは大いに諸君

▼ 同人たち~ (22, 2.0%)

1 [22件] から, から積極的, から郁子さん, がいずれ, が云わ, が五, が当時, が歴史的題材, が訪れない, が辿り来っ, だった, との交際, と知り合った, に噂, の一葉, の作品, の作家, の大, の成長, の間, はめいめい自分, はキモ

▼ 同人~ (22, 2.0%)

3 あつた 2 あらう, あらうか, 原稿料は, 矢田津世子も

1 [11件] いられる方々, やはり踏外し, 二十五歳病弱な, 多少とも, 如意すなわち, 安倍貞任の, 当時は, 易の, 石鎚山の, 若い時東京, 若い青年

▼ 同人~ (17, 1.5%)

1 [17件] がいは, が共同, と歡談, にとっても一口, によって喧しく, の容子, の息抜きクラブ, の方, の筆, の間, はもちろん, は特に, は相, は砂浜, は自ら, は野心, を主

▼ 同人として~ (14, 1.3%)

1 [14件] その若々しい, ゐるが, 作歌及び, 室生犀星芥川龍之介萩原朔太郎などの, 山村暮鳥竹村俊郎多田不二恩地孝四郎などが, 左の, 数へて, 文壇を, 河井醉茗横瀬夜雨其他の, 活発な, 田口君に, 組織する, 網羅した, 芥川久米菊池豊島らと共に

▼ 同人~ (13, 1.2%)

3 という事 2 と云う 1 つたから, ということ, とする, とも思わず, と信じます, と聞いた, などと誰, など疑う

▼ 同人~ (13, 1.2%)

2 大に

1 [11件] あつまり, またそれ, チャンと, 云に, 亦た, 今更陳ずる, 佳作を, 兼而御申越ニて, 多く出席, 才気あり, 病気に

▼ 同人では~ (11, 1.0%)

3 なからう 1 あの頃, あるまいか, あるまいかと, ないかと, ないが, 有るまいかと, 無い, 無かつ

▼ 同人~ (11, 1.0%)

1 [11件] が自分, と仲違い, にたいしては慇懃, の凡庸さ, の消息, は困却, は害, は狂気, は皆, は雑誌, も皆彼

▼ 同人~ (10, 0.9%)

2 でした 1 から飲み始め, がある, が新宿, でこの, といふの, の方, は染太郎, を夜毎

▼ 同人から~ (9, 0.8%)

1 たよりが, 取上げとる山々, 叱責された, 同情を, 排斥され, 放たれる言葉, 貰つてゐる, 金銭を, 除外した

▼ 同人~ (8, 0.7%)

3 へ參 1 がほ, へ到り, へ立寄り, へ遣, へ遣せし

▼ 同人には~ (6, 0.5%)

1 伊藤野枝が, 多少の, 室生犀星山村暮鳥等の, 死んだ燕路, 西洋文芸を, 非ずや

▼ 同人~ (6, 0.5%)

1 からでも出す, に入り, に教鞭, の講師, の食堂, は閉鎖

▼ 同人~ (6, 0.5%)

1 の名望, の後援, の疫病, の轉監, の道ぐさ, は連歌

▼ 同人~ (5, 0.5%)

1 ああし, 別物かを, 異人か, 異人かを, 非か

▼ 同人である~ (5, 0.5%)

1 かどう, ことを, ということ, 大熊信行君の, 是だけは

▼ 同人より~ (5, 0.5%)

1 うけたまわりまことに, 受取拝見仕, 大兄宛にて, 御承知, 預りし金

▼ 同人~ (5, 0.5%)

1 の床下, へ出かける, へ参り, へ參, まで立歸

▼ 同人諸兄~ (5, 0.5%)

1 がこの, にたのん, は事實, は心, 殊にあなた

▼ 同人~ (4, 0.4%)

1 御忠勤, 皇后宮の, 萬事任せ, 送り彼

▼ 同人仲間~ (4, 0.4%)

1 にあった, にも伝わっ, の消息, の関係

▼ 同人~ (4, 0.4%)

1 とを引い, に従, は辻元, を閲する

▼ 同人という~ (3, 0.3%)

1 ことで, ことに, のは

▼ 同人としては~ (3, 0.3%)

1 中村武羅夫岡田三郎加藤武雄浅原六朗龍胆寺雄楢崎勤久野豊彦舟橋聖一嘉村礒多, 伊藤整板垣直子春山行夫丹羽文雄本多顕彰徳永直徳田一穂岡田三郎尾崎一雄尾崎士郎大鹿卓和田伝上泉秀信田辺茂一楢崎勤室生犀星窪川鶴次郎福田清人浅野晃榊山潤水野成夫と, 玄

▼ 同人なる~ (3, 0.3%)

1 ことは, ものが, 名は

▼ 同人にも~ (3, 0.3%)

1 よろしきよう御願申上候, 加わったり, 吉太夫ニも

▼ 同人~ (3, 0.3%)

1 あちこちで, また江口, 門下の

▼ 同人組織~ (3, 0.3%)

1 ではあ, ともなすべき, の如き

▼ 同人諸氏~ (3, 0.3%)

1 それから新劇, と見学, に至っ

▼ 同人雜誌作家~ (3, 0.3%)

2 にとつて 1 の大

▼ 同人たる~ (2, 0.2%)

1 本集収録, 青二才どもが

▼ 同人との~ (2, 0.2%)

1 会が, 関係は

▼ 同人と共に~ (2, 0.2%)

1 北野吟行, 箱根の

▼ 同人にな~ (2, 0.2%)

1 つたつまり, つて居た

▼ 同人~ (2, 0.2%)

2 御動靜直書

▼ 同人井上一二氏~ (2, 0.2%)

1 に対する御礼, を御

▼ 同人以外~ (2, 0.2%)

1 の同志, の新進

▼ 同人作家~ (2, 0.2%)

1 となる, の見解

▼ 同人全部印刷所~ (2, 0.2%)

2 へつめ

▼ 同人句会~ (2, 0.2%)

1 に列す, に列席

▼ 同人妻せん~ (2, 0.2%)

1 何樣成儀申上奉りし, 與惣次も

▼ 同人宇野氏~ (2, 0.2%)

2 があなた

▼ 同人~ (2, 0.2%)

1 に居候中兩親, へ引移り夫婦共三州者

▼ 同人~ (2, 0.2%)

1 は払います, を還す

▼ 同人~ (2, 0.2%)

1 に向, は夥しい

▼ 同人雑誌作家~ (2, 0.2%)

1 の多く, の頭

▼ 同人雑誌本来~ (2, 0.2%)

1 の姿, の面目

▼ 同人雑誌群~ (2, 0.2%)

1 の内, を今

▼1* [151件]

同人あるいは読者に, 同人かと思はれること, 同人からも弟の, 同人じゃないん, 同人たち共通の感情, 同人だけでは, 同人だけになつて, 同人だったのだ, 同人であったがこの, 同人であるならば白鳳期, 同人でないのだけが, 同人でもなかった, 同人といったような, 同人といふ名ばかりで, 同人としての責, 同人としても無関心, 同人とは妙な, 同人ともあまり親しい, 同人どもの中, 同人のである, 同人などの考へ, 同人ならば万葉時代, 同人ならびに読者諸兄の, 同人なるべきをお, 同人による雑誌への, 同人に対して改めて感謝, 同人に対しても草創時代の, 同人ばかりでなく先生, 同人へも一部しか, 同人みたいな新しい, 同人めいた自惚れをもつ, 同人よりは何方へも, 同人よりも無論鴎外漁史, 同人らしい六十がらみの, 同人をはぢめと, 同人ガオレニ咄ス故, 同人一昨日三口表御医師見習, 同人丁哉氏が送つ, 同人三君の絵, 同人中野村より夜半帰寓, 同人二三とも引き, 同人二十人ばかりで, 同人于野同, 同人井上氏の御, 同人以前の新, 同人会並に文報会員, 同人伯父村井長庵と無宿三次, 同人住所御糺し, 同人佐藤邦夫の肝いり, 同人作家達がジャーナリズム攻撃, 同人倅四郎助磯矢頼母の三人, 同人はいかが, 同人は召捕, 同人儀出牢仰せ付られ下し置, 同人全体は野武士, 同人六七人集って, 同人六七人集つて下落合の誰か, 同人六人はこの, 同人内縁の妻管野す, 同人出世室女聖を誕, 同人からとった, 同人叔母早と密通, 同人叔父なる由, 同人召遣久兵衞等一同揃ひしなら是, 同人同士の意嚮, 同人同志でも嘘, 同人同道一条殿へ参殿, 同人同道団坂蕎店に而飲, 同人坪田勝氏こそはわれわれ, 同人喜び, 同人大滝登志子の叙情詩, 同人夫婦に相違無, 同人夫婦切害に逢, 同人女房粂は長屋預け申付, 同人妹富こと小夜衣石町二丁目甚藏店六右衞門麹町三丁目瀬戸物渡世忠兵衞ならびに同, 同人妻子は追放家財取上, 同人娘儀江戸下谷山崎町油屋五兵衞悴五郎藏と申す, 同人宅奥座敷に於, 同人宅焼き棄て候次第, 同人の別, 同人家來安間平左衞門と呼, 同人家來安間平左衞門切首多兵衞僧願山嘉川家, 同人小山祐士の, 同人小集を土橋青村宅, 同人への出品, 同人展出品の, 同人山田田鶴子さんに時折, 同人の眉, 同人平野萬里の三氏, 同人に小普請組頭等附添警固, 同人幼少にて勤, 同人座談会は悪, 同人大病に, 同人御供に而帰著, 同人御駕籠へ近寄り, 同人直今日, 同人悴道之助, 同人懺悔聞き届け候上, 同人所有のもの, 同人所業と存じ候旨訴, 同人手代川崎金右衞門小野寺源兵衞及び附, 同人手代源藏と申者, 同人承知の上, 同人新宅の襖, 同人方支配人五兵衞と呼, 同人明日中野屯所へ帰陣, 同人書翰に見え居候, 同人樋口正文氏の戯曲批評, 同人歸村の祝ひ, 同人に故人, 同人淺沼の評論, 同人演劇雑誌でおれ, 同人爰元出立之節, 同人甥西村伊作牧師沖野岩三郎外五名家宅搜索を受け, 同人田中千禾夫の処女作, 同人社淡路町の共立学校, 同人社社長中村敬宇先生は死去, 同人に印刷所, 同人組織的要素が次第に, 同人経川槇雄作の木彫, 同人出演で, 同人べて五, 同人群像を試みる, 同人義昨日も私, 同人の水呑村名主九助, 同人荒木巍氏など先頭, 同人萬里君の抗議別項, 同人行末の義, 同人の方, 同人諒解の下, 同人先輩に, 同人諸兄姉の温情, 同人連中を迎, 同人連合澤井友次郎并びに私, 同人選者と共に, 同人阿部は卒業論文作成, 同人雑誌代表は退場, 同人雑誌以外にグループ, 同人雑誌作家諸氏は果して, 同人雑誌全盛時代があった, 同人雑誌合同を説く, 同人雑誌合同運動が計画, 同人雑誌同人は今日, 同人雑誌尊重の論, 同人雑誌発行の実際, 同人雑誌諸君をよん, 同人雑誌運動なるもの, 同人雜誌出で若々しい, 同人雜誌同人雜誌作家の大, 同人雜誌氾濫のはじまりで, 同人養女節と呼時用人ハツ