青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「変え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

売っ~ ~売り 売り~ ~売る 売る~ ~壺 壺~ ~変 変~ ~変え
変え~
~変っ 変っ~ ~変った 変った~ ~変らず 変らず~ ~変り 変り~ ~変る 変る~

「変え~」 1910, 21ppm, 5581位

▼ 変え~ (1432, 75.0%)

39 いた 20 しまった 19 いる 13 いるの 8 しまうこと, しまったの, しまって 5 しまう, 了った, 叫んだ, 来て, 飛んで 4 いった, きて, しまうの, みた, 今度は, 出て, 来たの, 行くの

3 [23件] いたの, いない, きた, しまったという, そこへ, みたが, みました, ゆくの, 云った, 口を, 心配し, 急いで, 戻って, 来た, 父の, 私に, 私の, 自分の, 見ました, 言った, 走って, 飛び込んで, 驚いた

2 [48件] あたふたと, いえば, いなかった, いました, いまだに仮越し, いるので, いるよう, きたの, くれて, こっちへ, さけんだ, しまったこと, しまったこの, しまったでありましょう, しまったよう, しまわなければ, そこに, それを, どこかへ, もどって, やってきた, ゆく, 了う, 云えば, 人を, 使った, 傍を, 呟いた, 唇を, 外へ, 夢中に, 大赦を, 帰って, 彼等の, 探して, 申しました, 立上った, 膝を, 行かなければ, 行こうと, 見せた, 見せて, 言えば, 部屋の, 顔を, 飛び出したの, 駆け込んで, 驚いたが

1 [1095件 抜粋] あそこへ, あの人間檻, あらゆる人間, あるだけの, あるよう, あわただしく立ち上がり, あわてた, あわて出した, いうと, いきなり手近, いきり立った, いくよう, いたかも, いたが, いたそう, いただくこと, いたので, いっしょに, いったの, いても, いないの, いましたが, いますが, いやす, いるが, いるそう, いるだろうか, いるとも, いるチョビ安, いる人たち, いる斗丈様, いる野武士盗賊, いろいろ仰し, うしろの, うちへ, うろたえながら, えんえんと, おかなきゃいけない, おきましょうか, おしまいなさり, おどおどし, おどろくところ, おられる間, おりますうち, おりません, お城, お島, お玉の, お置き, お落ちなされ, お騒ぎ, かく覆面姿, からだを, かれは, きき訊ねました, きたので, きました, くる, くる間, くれ源太, こうあの, こけ猿, こしらえた人形師, この, このわし, この場, この東海道, この美しき, この露西亜, これへ, さえぎったの, さがしまわった, さらに兵衛, して, しまいそうして, しまいましたから, しまうかも, しまうべきだろう, しまうよう, しまう可能性, しまえば, しまったから, しまっただけの, しまったと, しまったので, しまったネ, しまった恥知らず, しまわれたの, しんとして, すぐに, すばやくまた, そう叫び, そのすべて, そのまま立ち上っ, その上, その健闘, その剣, その引き, その職工数, その賭場, そばに, それから暫く, それで殺人, た, たずねた, ただ溜息, たのんが, ためらった, とうとう口, とび上がった, とめた, とんでもありません, とんぼ釣を, どこへ, なにごとじゃ, なにを, なんとしやる, のつ, ひそかに, ひつそりした, ぴゅっと開墾場の, ぶらぶらと, ぷいと席, ほかへ, まごまごし, またその, また一掴み, また同じ, また登山, まっすぐに, みせるという, みたいという, みたところ, みたり, みて, みましたところ, みましょう, みようでは, みると, みるものの, みる療法, みんなに, むかって, やがてドル, やっと夫人, やり度, やるぞと, やろうか, ゆきたい, ゆき新しく, ゆくこと, ゆくだけの, ゆくところ, ゆく先頭, ゆく日夜, ゆけるよう, よろよろしました, わざわざ羽生回り, わたしは, わめき立てました, イヤあった, カタズを, ガタガタ顫え, クジオン村へ, コウモリ傘の, サア・フランシスを, ソソクサと, チヤホヤする, ドヤドヤと, ハンドバッグを, ヒルミ夫人の, ブラ, ムッシュー街から, ルウス騒ぎに, 一か, 一二等の, 一年や, 一散に, 一気に北伊勢, 一週間で, 三日の, 三輪山の, 下さったもの, 下手には, 中島の, 主婦に, 了っ, 二三日姿を, 二人の, 二月や, 二様の, 云いつのる, 云い放った, 五六丈の, 井戸の, 京へ, 人々が, 人形の, 人類を, 今ごろどこ, 今にも, 今は, 今日は, 他の, 他日の, 伊織は, 伸子は, 佐具利山と, 何処へ, 何気ない風, 佩用し, 俺の, 僕を, 元の, 先王が, 入って, 全くあらぬ, 内から, 再び祈祷, 凝視めて, 出版し, 分宿し, 別荘への, 利根川水源地の, 力んで, 勤めたの, 北山へ, 十五六字詰め十行が, 十日間実験を, 半月前に, 原敬は, 口説かれるうち, 古式具足の, 叫び出し河岸に, 叫んだの, 右の, 右方に, 吉浜で, 同じ軒下, 向島の, 周章狼狽した, 咄嗟軽, 唇は, 唸った, 唾を, 喰って, 囁いた, 固体の, 埋め最後, 塩野を, 夜の, 大川の, 大騒ぎし, 夫の, 奥羽線で, 妙な, 婦女子の, 子供を, 安部の, 宮方の, 寄ると, 寝返りを, 小さな足, 小屋の, 小言を, 少し身, 山の手の, 岸を, 川を, 巧妙な追出し, 市街と, 帰った, 帽子を, 平謝りに, 幾度も, 広瀬の, 座敷の, 式部小路の, 引返し他, 張飛の, 弾く, 当時はやりの, 彼女は, 後に, 後楽園の, 御立腹, 必死に, 怒りました, 怒り出す, 怒り顔に, 怒鳴られるわ, 思わず立ち上った, 急に, 恐れたの, 恐怖の, 悲しそう, 意味あり, 慌てた, 懐を, 我々の, 我れ, 戦いを, 手に, 払戻して, 押すな, 拵えて, 振向くと, 探りに, 敵地の, 斜めに, 斯う, 新府大坂城下には, 日光に, 日頃唾棄し, 昏絶せん, 暫く無言, 書くという, 最も富める, 有馬の, 本間さんの, 来たとき, 来ました, 来ようと, 来ること, 東南に, 松の, 柴田に, 根本的の, 桶狭間の, 極めて陰険, 楽屋へ, 横様に, 機嫌を, 次の, 止まった, 武蔵を, 歩いて, 歩み去った, 死んで, 残念がる, 毎日毎晩品川から, 気分を, 水の, 水垢離を, 水蒸気の, 池袋方面へ, 泣きたり, 洞中に, 深草の, 清浄な, 滅入る心, 潮来へ, 激しく頭, 激論を, 火口から, 灰色の, 牆を, 物も, 狂人の, 猛攻する, 現れたもの, 甘えるよう, 生きのこり現れたの, 田地や, 甲府の, 病室へ, 目下の, 相手の, 真斎, 真蒼, 矢の, 石黒を, 祇園へ, 私たちの, 私を, 空気を, 突かかって, 突っ立った, 突起上ッた, 立ちあがる, 立ちすくんだが, 立ち上った, 立ち上る, 立って, 立上つてゐた, 竦んで, 竹田の, 笠を, 算を, 納経を, 総江戸, 縁に, 置くよう, 聞く人, 肘掛椅子から, 背後から, 能登守の, 腰を, 自由に, 良鼈, 芝居気なし, 荒んだ淋しい, 落ちついた方, 著作集の, 蔡和蔡仲の, 蜂箱の, 血眼に, 行きたいと, 行くこと, 行くという, 行くん, 行く人々, 行けばこそ, 行ったらどう, 行列を, 表の, 表玄関から, 複雑に, 西洋に, 見せられただけの, 見せるよう, 見せる人, 見たらこの, 見なければ, 見るに, 見る見る囚徒, 見ろと, 見返して, 言うの, 言葉を, 訊いて, 訴えるよう, 註進に, 詰め寄ると, 話す様子, 語を, 説明した, 誰にも, 諫めた, 諸国を, 警官達は, 豆ばかり, 貰ふ, 走らずに, 走りだして, 走り出しました, 起き直り, 起ち上がりました, 跳び上るに, 踊る対舞, 身を, 身構えた, 転がりこんで, 近所隣家や, 追いかけて, 追求した, 送った奴, 逃げだして, 逃げますから, 逃げ出すの, 逃げ去った, 逃げ走りました, 這入って, 通行人に, 運んで, 郡県と, 鉄格子に, 錦子は, 闘牛行を, 陣中を, 隊へ, 隙間なく, 難詰った, 電車で, 震える手, 青山に, 非常な, 額に, 飛びかかって, 飛びだす友人, 飛び出しましたあの, 飛び出そうと, 飛出しては, 食ったらよかろ, 飲みましょう, 駆け帰って, 駈けだしたので, 駈けて, 駈け付けて, 駈け込んで, 駒を, 騒いで, 騒ぎ出しました, 驚かして, 驚き憂い, 驚ろいた, 高笑い, 魏の, 鮫島大学の, 黒谷より

▼ 変えながら~ (44, 2.3%)

3 言った 2 走って

1 [39件] うつ伏して, おのおの丁稚, こんなところ, しかしきのう, そうささやいた, どんな仕事, ふいッ, へたへたと, まるで小さい, よたよたと, テセウスの, ラエーフスキイは, 上ずった声, 二人の, 京の, 人間の, 仕事を, 何やら相, 出て, 刀の, 叫んだ, 右の, 右往左往し, 封を, 忠義だてに, 早駕籠, 決然たる, 濃紫色の, 父に, 瑠璃子の, 直感と, 立竦ん, 続いて, 繊弱い, 語った, 警固の, 運動する, 闇の, 音を

▼ 変えたり~ (42, 2.2%)

8 して 2 しても, するよう, 磁石を

1 [28件] あるいは上, いろんな姿勢, こわれたところ, したら面白, した箇処, しては, しますと, すること, する指図, なすってさ, 五分おきぐらいに, 人を, 偏光を, 出来るわけ, 加除し, 変に, 小学校を, 帽子や, 彼の, 憲法の, 散歩の, 文句を, 槌を, 笑ったり, 致します, 色んなどぎつい, 転地療治を, 針状結晶を

▼ 変えても~ (20, 1.0%)

1 [20件] いいくらい, いいだろう, いいもの, いいわけ, いません, かまわなかったので, この男, すぐ分る, それで民謡, 一カ月分ぐらいは, 人体の, 好い, 差支ない, 斯様な, 次には, 源氏と, 眼が, 結局同じ, 頭を, 頭髪の

▼ 変え~ (18, 0.9%)

7 なって

1 [11件] なったこと, なったでしょう, なったの, ならず宮, ならなかった, なりこの, なりながら, なるなどは, なるについての, なるの, 出て

▼ 変えては~ (14, 0.7%)

3 いるが 2 でっち上げる芝居噺 1 あるが, いたが, いなかった, ならないの, 居るが, 差入れし, 木の, 臨んだが, 至るところ

▼ 変え~ (12, 0.6%)

7 を変え 2 をかえ 1 を代え, を変えし, を変え尋ね

▼ 変え~ (8, 0.4%)

1 しないかと, しないかという, しないだろう, しなかった, しなかったであろう, しなかったの, しません, 見合わせたが

▼ 変え~ (8, 0.4%)

1 されて, した, したいから, して, しようと, するという, 強いられて, 心の

▼ 変えつつ~ (7, 0.4%)

1 あった, ある, あること, あるの, よってたかっ, マロニエの, 浮き出て

▼ 変え~ (7, 0.4%)

2 のする 1 も落し, を低う, を尖らせた, を暴らげ, を立て

▼ 変えその~ (6, 0.3%)

1 ために, スースーと, 力のみは, 周囲を, 周囲をも, 夫の

▼ 変え~ (5, 0.3%)

2 した 1 したの, するに, とし

▼ 変えさえ~ (5, 0.3%)

2 すれば 1 おぼつかなく見え, したそれら, したならその

▼ 変えそして~ (5, 0.3%)

1 どうして平家方, ひょっとしたらほかならぬ, 受け取りたくないふう, 口早に, 思うが

▼ 変え~ (5, 0.3%)

1 あそばされずに, しなかった, しませぬ, せずすらすら, せずに

▼ 変え~ (4, 0.2%)

1 お布令, 夏物の, 巧さで, 熊坂でも

▼ 変えまた~ (4, 0.2%)

1 尾を, 引返して, 整えるべきかという, 時としては

▼ 変え~ (4, 0.2%)

1 ぜわしくなれ, もつけない, をつめ, を切らした

▼ 変えあるいは~ (3, 0.2%)

1 一時の, 四人が, 逆に

▼ 変えてまで~ (3, 0.2%)

1 お狐さま, 叱責なさろう, 君の

▼ 変え~ (3, 0.2%)

1 を吊り上げ, を吊り上げ立ちはだかっ, を引きつっ

▼ 変え~ (2, 0.1%)

1 くりとして, して

▼ 変えてと~ (2, 0.1%)

1 うとうと高松城, 思ったの

▼ 変えての~ (2, 0.1%)

1 このこと, 追手役召し捕る

▼ 変えなど~ (2, 0.1%)

1 いたす, ずいぶん金

▼ 変えベンチ~ (2, 0.1%)

1 とルブラン氏, を変え

▼ 変え再び~ (2, 0.1%)

1 正視の, 繰返し読直し

▼ 変え同じ~ (2, 0.1%)

1 国から, 沈滞した

▼ 変え~ (2, 0.1%)

1 を作っ, を偽っ

▼ 変え~ (2, 0.1%)

1 が崩れる, を改めて

▼ 変え~ (2, 0.1%)

1 の機嫌, の考え方

▼ 変え自分~ (2, 0.1%)

1 の居間, の心

▼ 変え転々宿~ (2, 0.1%)

2 をうつし

▼1* [227件]

変えあらゆる俗悪な, 変えいくらか不快, 変えへらえ, 変え微行の, 変えかたに相手, 変えがたい一人息子の, 変えこそこそと退出, 変えことごとに相貌, 変えこれを三演出家, 変え金蔵の, 変えさまざまに, 変えしばしば声も, 変えしばしば巷を, 変えすぐ土間の, 変えするする云うてたけど, 変えずらりと卓に, 変えそうして, 変えそこを取引先, 変えそれから沈鬱と, 変えたとえ敵に, 変えために思いがけなく, 変えたりとはいえ主, 変えたりもするが, 変えだんだんあなたの, 変えちゃいけなくって, 変えちょっと恥かしい, 変えついに同盟を, 変えつけ髭によって口, 変えつつもなお人, 変えてというのは, 変えてやがんです, 変えとたんに座を, 変えなお一層複雑, 変えなどはして, 変えなんかありません, 変えに対しまた教育刷新委員会, 変えはやきこと奔流の, 変えまたは屈折し, 変えまぶたを変え, 変えまるで巨大な, 変えはる人や, 変えやうとせぬ, 変えややほとぼりが, 変えゆっくりと机, 変えようが無い, 変えよう等という神経, 変えより良い道具, 変えグルリ背後へ振り向い, 変えゼフリズと名のり, 変えソフトを目深, 変えハンケチを置い, 変えフォーブール・サン・ジェルマンからショセ・ダンタン, 変え一せいにスタート, 変え一法華行者となっ, 変え一緒に馬車, 変え三日月なりの水溜り, 変え三百人もって, 変え上州路へ折れ, 変え下男の佐吉, 変え与吉に後, 変え腕を, 変え事務所にも美人, 変え二三歩後すざった, 変え互に愛し合う男, 変え五十を過ごした, 変え五弁の花, 変えを換え, 変え人員も次第に, 変え人生と文学, 変え今にも射ち合いにでも, 変え今度踏んで, 変え住民の生態, 変えの恐ろしい, 変え信長に反, 変え偃松帯へ入っ, 変え元来た方, 変え八幡丸の船腹, 変え六匹の蜥蜴, 変え味は, 変え内々の聯絡, 変え労働の努力, 変え北国街道に沿う, 変え北部のある, 変え千古を通じて新, 変えの盛り場, 変え即日より上官, 変え手なれた古, 変えもまがり, 変え口実を新しく, 変え口耳を変え, 変え口調もおいおい, 変え叫びを上げ, 変え右半身の麻痺硬直, 変え各自のホテル, 変え和歌宮先生の手術, 変え四辻を左, 変え固唾を呑み, 変え土壌を変え, 変え然たる, 変え夜具の襟, 変え夜陰に乗じ, 変え速力で, 変え大坂京都から江戸, 変え大声を挙げ, 変え天然を利し, 変え太刀のつ, 変えを脅かさぬ, 変え如何にも飛んでも, 変え妙子さんを攫っ, 変え姿よ, 変えのアゼルマ, 変えである, 変え実にいろんな罰金, 変えのお, 変えを正し, 変え小間物屋の方, 変え尾根を右山, 変え居丈高になり, 変え市長の方, 変えのよう, 変え帝王もわたし, 変え弟子や家, 変えをおし潰し, 変え彼自身も松島準一, 変え律儀な信造, 変え従って二人の, 変え得意のお, 変えを変える, 変え心持よくし, 変え心配そうな様子, 変え必然をまた, 変え思いもかけない, 変え思わず大声で, 変え息遣いも荒く, 変え悠くり家居すること, 変え悲しそうな, 変え慌しく懐や, 変え我々二人を迫害, 変え房総沖を通過, 変え所々に灌木, 変えを揚げ, 変え数刻遅れて, 変え新しい思想を, 変え新たな名称, 変えだと, 変え方々へとびだし, 変え日当りを変えるなら, 変えは自分, 変え時期も一通り, 変え晩年になっ, 変え暗い木間を, 変え東京から急, 変え栄えもない, 変え根岸を指し, 変えの木, 変えを打ちふっ, 変えが有りません, 変え樹海の方, 変えを見, 変えを仰い, 変え次には静岡方面, 変え気体の種類, 変えを火, 変え決心の様子, 変え決闘場跡の芝生, 変え泰山の嶮, 変え浜町の灯台, 変え深い滝道の, 変え深尾と戸田, 変えの方, 変えして, 変えをも言わず, 変え犬鎌を持っ, 変え生えぎわを直し, 変え生国を偽っ, 変え痛みなき風, 変え真実を検討, 変え祖母にしろ, 変え秘密を捨て去り, 変え紋太夫はこう, 変え紙質を変え, 変え素早く懐中へ, 変え素晴しい物, 変えの腹がけ, 変え罪人の罪, 変え美濃の檜木, 変えの骨, 変えにし, 変え背中には大根, 変え胴顫いをし, 変え胸衿を開き, 変え自らを嘲る, 変えを変じ, 変え色々にし, 変え花鳥風月と結び付け, 変え芸題を代え, 変え茶の湯と礼儀, 変え茶袋なんぞはむやみ, 変え蓮葉を罷め, 変えをさえ変更, 変え街道筋の方, 変えの間, 変え裾野を突っ切っ, 変え警察の網, 変え谷中あたりの職人体, 変え身体の恰好, 変えをワナワナ顫わせ, 変え奴と, 変え遂には弱い, 変えの情勢, 変え金竜の角, 変えをなげすて, 変え間隔と配置, 変え難きを告げ, 変え電気的条件を変える, 変え電話室へ行った, 変え順応しようと, 変え風俗を変え, 変え食糧をどっさり, 変えをあらわ, 変えをとどめ, 変え驚きと懐し, 変えを削っ, 変え高価な水晶, 変え黒姫山麓に埋蔵, 変え鼓造り師や囃し, 変えをいき