青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「壺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~声 声~ 売~ ~売っ 売っ~ ~売り 売り~ ~売る 売る~ ~壺
壺~
~変 変~ ~変え 変え~ ~変っ 変っ~ ~変った 変った~ ~変らず 変らず~

「壺~」 3589, 39ppm, 2996位

▼ 壺~ (877, 24.4%)

54 中に 36 中へ 22 中の 16 ような, 蓋を 12 中で, 箱を 8 ふたを, やうに, 宮の 7 ように, 中から, 中には, 更衣の 6 なかの, 上に, 方は 5 なかへ, 底に, 底には 4 そばに, なかに, ほうへ, やうな, 中を, 底の, 形を, 水を, 縁に, 酒を

3 [20件] ことを, なかで, わきに, 中では, 傍らに, 口に, 口を, 宮が, 宮は, 帝の, 底を, 方が, 方に, 方の, 木箱を, 液体を, 湯を, 茶の, 蓋は, 風呂敷を

2 [59件] あたりを, ことは, ごときもの, さきへ, つつみを, ところへ, どこかに, なかには, ふたに, ふちに, ほとりへ, ま, クリームを, 上から, 上の, 上へ, 中が, 中なる, 事は, 代りに, 傍に, 儀は, 前に, 包みを, 取手に, 口から, 右の, 女御に, 女御の, 宮に, 宮を, 巻を, 巻末に, 底から, 底へ, 底までが, 御殿を, 所在を, 数は, 断崖の, 更衣に, 横に, 水の, 水族館へ, 油を, 涙を, 湯は, 湯加減を, 秘密, 絵が, 蓋が, 蓋まで, 蔭から, 行方を, 話を, 辺などに, 酒と, 間から, 音を

1 [406件] あたりが, あたりに, あたりにすら, あたりは, あたり耳を, あとを, ありかは, あること, いきさつを, うちに, おもて, お客が, お砂糖, お蔭で, かきつばた, かすかに, かたわらに, かゆの, からっぽな, かわりにとばかり, こと, ことが, ことだ, ことなど, ことや, こと桶の, この, ごとく長い, さまが, したへ, すぐわき, すぐ南側, すぐ近く, その壺, その顔, そばには, そばへ, ちかくの, ついた油燈, つばめの, ところへと, ところまで, どれを, なかから, なかなる, なかを, なか一度, ねむり草, のむ柳生, のむ財産, はりきった糸, ひとつの, ふたする, ふたは, ふたへ, ほうは, まいって, まろみの, まわりには, まわりへ, ものは, やうなし, やすら, ゆるんだ棕梠, ようだった, ような古ぼけた, わきへ, コスモスみんなひらいた, コスモスも, コレクションだ, ツボと, ドロリと, フタは, リンシード, 一つは, 一件です, 一伍一什を, 一室に, 一箇所を, 一重の, 三つ四つも, 三条の, 三祠を, 下から, 下流が, 下部が, 並べて, 中, 中でした, 中なら, 中にでもは, 中は, 中味が, 中味は, 中神酒を, 中身が, 中身を, 主に, 主の, 主を, 主人は, 乱闘, 乳を, 事です, 事や, 二人の, 二品を, 五味の, 五歌仙と, 人, 仕事である, 仙人だ, 代りにも, 代用として, 位置と, 侍女の, 値段を, 側に, 傍で, 入つた箱, 入るだけの, 入口に, 入江が, 入江に, 内, 内ぐるわに楯, 内に, 内には, 内側に, 内側には, 内側の, 内壁を, 内容を, 冷えその, 切子の, 列に, 前へ, 前を, 前斎宮, 包みに, 包装を, 十個位は, 南岸浜磯の, 口づくりの, 口の, 口へ, 口まで, 口縁の, 吉左右が, 吊りランプ, 向ふ, 君が, 周囲に, 善悪によって, 嘴から, 図を, 園に, 在りかを, 在所を, 埓が, 報告は, 外側を, 大きさ, 大金は, 奥には, 女を, 女御が, 女御と, 女御とか, 女御を, 如きもの, 姿を, 守護は, 客, 客も, 室内装飾などを, 宮であっ, 宮であった, 宮とは, 宮へ, 宿直所へ, 対岸の, 小判を, 山が, 崇高なる, 巣が, 左右には, 巻が, 巻と, 巻に, 巻の, 帰りを, 幾つかには, 広い中, 底, 底づき, 底ひに, 座頭ころがし, 廻りを, 形が, 形に, 形象から, 影が, 影に, 彼岸桜と, 御息所の, 御殿から, 御殿の, 御簾の, 御通行, 手引きに, 手当を, 把手を, 振りよう一つで, 振り方, 捜索などという, 捻り返しを, 掃除, 掃除だった, 掃除を, 教えるところ, 數, 文様に, 方で, 方などを, 方へ, 明り取りから, 曲線そのものを, 曲線と, 更衣が, 更衣との, 更衣は, 更衣へ, 更衣より, 曹司で, 最後には, 木いちご, 木の間を, 木箱が, 東お, 柄と, 柱を, 柵に, 栓を, 梅が, 棚を, 様な, 様に, 模様一つ位ひでは, 模樣の, 歌人は, 正面には, 死桐壺の, 母の, 水いろ, 水が, 水に, 水仙みんなひらいた, 水族館の, 水面は, 油は, 浄海入道のみ, 浜辺までの, 海底から, 海底には, 深い深い深さ, 深さ, 淵には, 淵の, 淺く, 渦巻く底, 湯が, 湯に, 湯気を, 瀬尻の, 照り返しまで, 熊の, 燗を, 父を, 牛乳は, 牛乳を, 特別装置まで, 状態だ, 狭い入江, 王女御の, 生活を, 番を, 番茶が, 白い膚, 白木槿が, 目貼, 直径は, 真下へ, 真中に, 真偽は, 真偽を, 真偽鑑定役に, 矢を, 石碑の, 破片を, 碑とて, 碑前を, 神の, 秘める密図, 秘密が, 秘密は, 秘密を, 移動に, 稜線引き, 穴へ, 箱には, 箱は, 箱へ, 箱ほどの, 箱らしい, 範疇的な, 築土, 糞と, 紅の, 紅梅が, 紙を, 結論が, 絵を, 絵画の, 縁から, 縁へ, 縁まで, 置いて, 置き場所まで, 聞から外, 肌の, 肌は, 肌を, 肩に, 肩の, 背後には, 胴が, 胴まわりには, 胴を, 胴中を, 脇腹に, 腹に, 花, 花のうへに, 花は, 苦難桐壺の, 萩さく朝風が, 萩と, 葢の, 葢を, 蓋から, 蓋では, 蓋とる, 蓋とを, 蓋なんか, 蓋に, 蓋も, 薊の, 蛸が, 行列を, 行方は, 表には, 裾の, 見える台所, 角に, 詮議, 説明を, 調合物は, 財産が, 載って, 通行せし, 遊びを, 道中だけを, 道中は, 酒が, 酒も, 酒一緡の, 酒襄陽の, 野の, 鍍金ばかりが, 附近に, 隅に, 隅の, 際に, 雛芥子が, 静物等, 革袋を, 音の, 順位を, 類が, 風景は, 首と, 香油を, 駕籠では, 駕籠へ, 駕籠を, 駕龍が, 騒ぎは, 騒ぎを, 騒ぎ方, 骨と, 骨に, 骨の, 魅縛, 黍も, 黒酒

▼ 壺~ (697, 19.4%)

17 手に, 持って 9 抱いて, 抱えて 7 あけて, かかえて 6 ねらって 5 取り上げて 4 ひらいて, 出して, 取って

3 [13件] かついで, しょって, とりだして, ひつくり返して, もって, 取りに, 取り出した, 取り出して, 取出して, 持たして, 眼の, 見て, 買ふ

2 [36件] いじった人, かたっぱしから, さげて, さらって, つけまわして, ながめて, にぎって, ひねくりながら, もつて, もらって, 乗せて, 前に, 取りあげた, 取り上げた, 取り上げました, 取出したが, 叩いて, 埋めて, 奪還せん, 守って, 引寄すれ, 手もとに, 投げつけた, 拙者の, 持ち出した, 放り出して, 机の, 片手に, 畳へ, 置いて, 見た, 見た友人達, 見つけて, 見つめて, 載せて, 頭に

1 [497件] あがない求めまするありさま, あきなって, あけたもの, あけたらここ, あけに, あげる, あずかりました茶匠, あつかう柔軟, あの品川, いくつと, いくらか, いじりながら, いだいた一つ, いまあけ, いや壺, うかがって, うけとって, うけとると, うち見やり, うばい返そうと, うばわれて, おさえちゃったも, お住居, お前の, お取上, お奉行様, お持ち帰り, かかえその, かかえた左腕, かぎながら, かくして, かけて, かざったところ, かざって, かためて, かつぎだしたの, くくりつけて, こうして曰く, こう構える, ここへ, こちらへ, こっちに, こっちの, これへ, こわして, ごらんに, さかさに, さがしだして, さがしてるん, さがしもとめて, さしだした, しっかと背負った, しっかり抱い, しまいだしたが, すえて, すこし片寄せ, そこへ, そっとさわっ, そつと, そなえて, そのままに, その場, その床の間, それぞれ棚が, それぞれ藩へ, それに, たくさんに, たくさん婆さんが, たたきつけ騎虎, たたき平和来, たちまち挙げた, たづさへて, たふしたと, ださせた, だして, つかわして, つくって, つくねて, つくる所, つけまわすか, つけ狙うの, つつむ筵, つづみの与吉の, ところ天屋の, とられました, とりだした, とりだした瞬間, とりまいて, とり返せっ, どうして籠, にらみあげながら, ぬ盗まれたっ, ねらう者, のせた, のせる臺, のぞくに, のぞくよう, はこんで, はさみ撃ちに, はたきおとした, はなすなよ, ひきとった, ひっかかえて, ひっかけた柵, ひっくりかえして, ひっくり返しあなた, ひっくり返した水, ひっつかまえて, ひっつかみ笑ってるの, ひつくらかへ, ひつくら返さねえ, ひろって, ふらここ, ぶらさげた, ぶらさげて, ほつつ, また柳生, まだあけなかった, まだひらいた, まっすぐに, まんなかに, めがけて, めぐつて響, めぐる渦巻, もたせるため, もとめ伊予, もらおうと, やっとけば, やらないでね, ゆっくりと, よく包ん, よこせと, よごれた指, わが物, アルプスの, カラに, カラカラと, キッと, コツコツと, ゴソゴソ騒がせる, チョビ安て, テイブルに, バリバリ引つ掻く, パッと, ポンと, 一つだけに, 一つ床の間の, 一つ所持いたし, 一つ抱え, 一つ持っ, 一つ飾っ, 一気に飲み尽し, 三つも, 上から, 下さいと, 下して, 下において, 与えられて, 両手で, 両掌, 中に, 中心に, 主人松井佐渡守の, 事の, 二つ三つ作りその, 二両で, 二束三文どころか, 人体の, 仕上げようと, 伏せたり, 伏せて, 伏せる手つき, 何う, 何やつとも, 作りその, 使用し, 例によって, 保管し, 借りたその, 借りて, 傍に, 光らせたり, 入れる正方形, 入手し, 入手した, 入手すべし, 兵馬の, 内に, 内れ, 凝視す, 処理する, 出した, 出した上, 出す時, 出せ, 出た, 刀の, 割って, 勝たせずには, 包んだよう, 匿し, 卸して, 取らうと, 取られて, 取られては, 取り, 取りあげようと, 取りおろすと, 取りだした犯人, 取りだして, 取りまいて, 取り下ろしたそして, 取り出してのう, 取り出す, 取り出す左膳, 取り燃えさし, 取り落さなかったの, 取り返しに, 取る, 取上げ, 取上げて, 取出しました, 取落そうと, 受け取って, 受け取りました, 古代の, 叩きわ, 合せて, 后に, 吹く書架, 呑込ん, 呼んで, 喇叭と, 四つん, 土で, 土産に, 地上に, 地面に, 地面へ, 埋けたよう, 埋けて, 埋めたりと, 埋め上, 執って, 壊した代り, 壊しました, 大きく振り, 大事に, 大道の, 夫れ, 失った当の, 失って, 奪ひとりました, 奪われあまつさえ, 奪取しよう, 奪還いたします, 奪還すべく, 奪還せね, 妻恋坂の, 始め友人, 宇治の, 宮の, 小腋, 尻尾の, 届けに, 巡って, 左の, 左手に, 巧く, 差し付けた, 差出すと, 床の間に, 庭の, 廻って, 引き寄せて, 引ったくった, 引倒した, 引起し, 役人へ, 忍ばせて, 忘れぬだらう, 思ひ出しましたの, 慕ったしかし, 戸口段の, 手がけても, 手探りに, 手放す気, 手繰って, 手荒くひったくっ, 手近に, 打ちつけた, 投げこんで, 投げつけたが, 投げつけたといふ, 投げて, 投げる器械, 投げ出すと, 投げ始めた, 抛り出して, 抛り出してさえ, 抛り出すやいなや, 抱えると, 抱き, 抱きしめて, 抱へて, 押して, 押し遣つた, 押入れにでも, 拭きほや, 拭く, 拭く新, 持ち出せと, 持ち歩いて, 持ったまま, 持ったまま手の甲, 持つて, 持つの, 持つよう, 持参する, 持歩い, 指さして, 指した, 振ったと, 振らせますので, 振りまするの, 振りまする以上, 振り落して, 振る, 振るよう, 振るらしいと, 捜して, 捜し出しふた, 捧げて, 捧げるよう, 据えた長火鉢, 据えて, 掌に, 掘りおこしにか, 掘り出すが, 探しかたがた, 掴んだ, 握るやいなや, 揺つて見ました, 揺りはた, 搬ば, 撃砕する, 改めて, 散歩し, 末長く, 松の, 松の木に, 枕頭に, 棚から, 棚に, 棚へ, 楽しく眺め暮した, 死人とともに, 気味悪そう, 水差などに, 求めて, 求めるだけの, 江戸まで, 沈める, 沈めるやう, 沢山の, 河の, 泳ぎ巡って, 洗つてさて, 涸らすこッ, 涸らすだけの, 添へて, 渡さないかと, 渡さなければ, 渡さぬと, 渡さんという, 渡して, 渡せと, 渡せば, 湯呑と, 満たしかかったお松, 満たすため, 満たす為, 源三郎と, 源三郎に, 源氏の, 火で, 灰へ, 焼いたらさっそく, 焼く窯, 狙って, 狩り集めて, 献上いたそう, 献上かたがた良師の, 留り木の間, 発見すべき, 白木の, 盈る, 盗みだして, 盗み出した, 盗み出したこと, 盗み出したこの, 盗み出したのに, 目ざして, 眺めた, 眺めて, 睨めた, 私せん, 私の, 秋の, 種に, 究めて, 究めること, 空けた酒のち, 突きつけんばかりに, 篏め込む, 粉みじんに, 納いこん, 縄で, 置いたの, 置いたランプ, 置き細工, 置き長い, 胸の, 膝もとに, 草の, 荒縄で, 萩乃が, 落して, 葬儀の, 行って, 覆して, 見せた, 見せたと, 見せたらおどろいて, 見せて, 見つけると, 見つけ出さねば, 見つけ出そうと, 見つめた, 見に, 見よ, 見ようと, 見る, 見るが, 見上げて, 見下ろして, 見改めると, 覗いて, 覗き, 言ったつもり, 誘って, 警察から, 負い前線, 負って, 貰った, 貰って, 貰ひました, 買う, 買って, 買つて來る, 貸して, 賓師に, 足で, 足に, 蹴かえしながら, 蹴とばして, 返した, 返して, 退がって, 這い上がって, 連想する, 運んで, 重そう, 釜無の, 銜えて, 長屋へ, 開かせて, 開きかけると, 開けると, 開けるとな, 間違えて, 隠した当人, 隠した本箱, 隠すよう, 集めようという, 集めるうち, 離さず時おり, 離すなよ, 頂戴した, 預かりしより, 預かること, 預けて, 預りましょう, 食わされたのろま野郎, 食わされたん, 飾つて置いた, 高くかざし

▼ 壺~ (425, 11.8%)

10 はまって 9 入れて 6 入って 5 はまったの, 納めて 3 ささって, して, 手を, 水を, 落ちて, 身を, 這入って

2 [26件] かぶせて, きけ, なったと, なって, ひたらせた, モルヒネを, 一輪の, 入る, 封じて, 小坊主乗る, 嵌まる, 徳利を, 投げ, 投げ入れて, 抛げ, 抱かせたとて, 挿して, 活ける, 浸つて, 相違ない, 真蒼, 突つ込んだ, 篏つて鏡の, 耳を, 響いて, 頭を

1 [317件] あたつた, あふるる火, あるだけ, いたしまするの, いって, いれて, いれる, うごめく蛆虫, うしろから, うちこまれると, おさまりそう, おちるよう, おりたとき, かかって, かくすと, かけた右手, かじりついて, からみ合い抱きあって, きくが, きまっておる, きまってらア, くすりが, くゆらせて, ささったまま, ささつて, さされて, さした薔薇, さして, さしてあります, さしてテーブル, さして椽側, さして飾る, さす花, さは, したり, しては, しても, しようと, すがりを, する代り, ずんぶり, その季節, その花, その菊, そんなに未練, たまらずずんでん, たまらず落ちたが, だんだん嵌っ, ちゃんとお, ぢとして, つかつて, つき落されて, つけては, つける, つづいて, できて, とびあがりつる, とりついて, とりつきて, なったり, なにか, なりて, なる, はいちめんに, はいった妙, はいった蜂蜜, はいつた, はいり込んで, はじめて親愛, はまったぞといふ, はまったと, はまったとき, はまったので, はまったらい, はまった仕事, はまった寝言, はまった思案, はまっても, はまらぬこと, はまらぬ場合, はまりそう, はまりその, はまり通しじゃ, はまるまでは, はまるよう, はめられたこと, ひッ, まんまと足, みちあふれる, もらして, よい品, よく匂っ, らちも, アネモネを, ミモサの, 一かたまり, 一と, 一杯の, 一杯貰つた, 一杯這入っ, 一杯集める, 一礼を, 一粒の, 一輪寒椿が, 並んで, 人が, 仕掛けるよう, 仲秋の, 似て, 似合った冬薔薇, 住んで, 何度も, 作られて, 候し, 働く者, 充ちました, 充る, 充分に, 入った, 入ったわけ, 入った時, 入つた, 入りたるが, 入りて, 入りながら, 入り壺, 入る心地, 入れさえ, 入れそれ, 入れた, 入れたの, 入れた椿, 入れた秘密, 入れみんな, 入れられて, 入れられるべくピンセット, 入れるには, 入れるばかりの, 入れ堅く, 入れ家, 入れ細かい, 入れ食卓, 入ッ, 冷え冷えと, 刷毛を, 刻まれたアラビヤ文様, 収まり壺, 吸ひ付けられた, 命令を, 填り女, 墜落も, 声なく, 夏花まで, 夾竹桃は, 女中の, 好物がに, 学者が, 密封した, 封じこめあるもの也, 封じこめる, 封じ込めあるをもって, 小さい燃える, 就いての, 就いては, 嵌ったの, 嵌って, 嵌つて智恵子, 嵌つて智惠子, 嵌まって, 嵌らなければ, 嵌りすぎて, 嵌るとき, 嵌ツ, 差したまま, 差した三月, 差出したが, 延び上ったるシーワルド, 引入れると, 当る内股, 往來の, 成りて, 戯けか, 戯れかからうと, 手が, 手拭を, 投, 投げ入れた, 投げ入れたまま, 投げ入れた喇叭水仙, 投げ入れ一ばん手数, 投げ挿しの, 投げ込まれて, 投げ込んで, 投捨てた, 投身した, 押しつぶされてでも, 捨てた, 掬んで, 新茶を, 曰くあり, 書きつけを, 東宮は, 染附けられた, 梅もどきあれ, 植ゑる, 樫を, 櫨の, 残った沢山, 残って, 氏郷を, 水仙を, 沈んで, 沸れり, 活かって, 活けるこの, 活けるこれ, 浴びせられて, 浸けて, 浸した, 浸すあの, 浸ったこと, 浸った酒, 浸って, 涙が, 湯しぶきを, 溜った生命, 溜って, 溜めて, 漬けられいよいよ, 漬けるには, 炎の, 燗瓶を, 物を, 特別の, 用あり, 用なし, 白い菊, 白き花, 白薔薇の, 盛られて, 盛るべき花束, 盛るべく, 盲目である, 着いて, 石油を, 礼を, 秘図が, 秘図を, 移されること, 移した, 移すが, 移り大, 種々な, 突つ込みました, 突つ込みます, 突込まず, 籠りて, 糞尿を, 納まったその, 納まった骨, 納め, 納めそれとなく, 納めたの, 納められた子供, 続いて, 縄が, 縛えた, 聞かれなかった, 胡麻油か, 腰を, 自己の, 至るまで, 舌を, 莢に, 落した, 落しながら, 落ちた, 落ちたか, 落ちたの, 落ちる骨, 落雷する, 蓋を, 蔵す法師, 蔵せられて, 虹が, 蛸ひとつづつひそまりてころがる畑の, 見せかけて, 見入ったが, 見入つた, 貼る茶名, 足が, 躍り上って, 近いところ, 近き一, 通じて, 遊んで, 達せぬ事, 酌みいれて, 酌み分けては, 酒を, 酔つたらしい, 酷似せる, 金飾の, 鏡を, 長い間, 附いて, 降りて, 限って, 陷らずや, 雑草を, 雛芥子の, 雪の, 面を, 餌を, 騒動が, 骨の, 鰒の

▼ 壺~ (200, 5.6%)

5 置いて 4 あつて, ある, はいって, 置かれて 3 あった, 定って, 載せて, 飾られて 2 あって, あると, のって, 一つありました, 一つ置い, 二つ並んだ, 出て

1 [153件] あちこちに, あったって, あらわれました, ありますし, あり花瓶, あるとでも, あるわけ, あるん, いかにも深, いくつと, いくつも, いっぱいは, いつのまにかこの, いつのまにやら, おいて, かえったと, かたかた音, からっぽに, こ, ここに, ここにも, こっちへ, このときみごと, このとんがり, この橋下, しばらくの, しまって, すこしばかり, すっかりついた, そうたやすく, そのま, その指先, そんなに大した, たくさんなら, どうした, どうとやら, どこに, ないから, ないとは, ないの, ないん, なかった, なければ, ならんで, ひとつチョコナンと, ぴかぴかし, ぶらりとさがっ, ぶら下って, まだほか, まるで中, むき出しに, もんの, やけに重かっ, やっと掴めた, わからんからな, わずかばかり, カタコト鳴りや, カラに, ガタガタ云う, ガッシと, テイブルの, 一つある, 一つかかっ, 一ぱい奧の, 一ツ穴の, 一ツ置い, 一万二千円皿が, 一個, 一杯くっつい, 一杯に, 三つなら, 並べて, 並んだよう, 並んで, 二つある, 二つや, 今ここに, 作爺さんの, 供えて, 倒れて, 備えつけて, 六つ七つ二段に, 再び舷, 出る, 列んで, 包んで, 卓の, 卓子の, 古びた桐箱, 四ツも, 困って, 地中から, 大事か, 如実に, 宇治へ, 完全に, 小さくて, 少しの, 幾つも, 広く岩, 引っくり, 思い出された, 悉く割れ, 戻りまして, 据えて, 数箇以外に, 斜ひ, 早くあけ, 早くも, 晴がましくも, 柳生家門外不出の, 水桶の, 江戸を, 深くきれい, 深夜に, 湯気を, 満される, 滑り落ちか, 物凄く鳴り響い, 珍品です, 男と, 発見かって, 白鳥と, 盗賊の, 破れるまで, 秀れ, 竜宮に, 粟の, 納められて, 絶えず彼, 続々と, 置いてないこと, 置かれたよう, 花を, 落ちようとは, 落ちる今坂, 街道を, 要るン, 見えたん, 見つかったという, 見つかりその, 見つかり父, 見出されて, 越前の, 転って, 邪魔に, 配して, 長く海, 隠されて, 隠しも, 音楽を, 頻々と, 飛ぶ唾

▼ 壺~ (166, 4.6%)

3 うれひなくふくらみ 2 どこに, 森を, 置いて, 露骨で, 音楽を

1 [153件] あなたのです, あらためて左膳, あれは, あんまりやすい, いかが, いずこ, いったい何, いつのまにか河原, いまだに行方, いまだ本郷, いまどこに, うしろの, うやうやしく床の間, おれの, お前さん前に, かいもく行方, かまうな, かんぜんよりで, こどもの, このにわか拵え, このまま, この俄, さんとして, しだいにこわれる, すぐに, すでに左膳, そういう意味, そっちの, その宇治, その縁, それとは, それを, それ以来甲府勤番御, それ等の, ただこれ, つづみの与吉とやら, とうに峰丹波, とうの, ところ天売り, とにかく小僧, どうした, どうしても食卓, どうだ, どうなさいました, どこまでも, どれくらい, なかった, なく平, ひっくりかえる, まだ例, まだ夜, まだ橋下, まったくの, めったに人手, もうとうの, もう全く動かない, もちろん庫裡, もはや見つかりました, やはりそち, よくできてる, わからぬ上役, カラトに, クロニオーンヂュウスの, コロリと, チャンと, ヨ, 一貫入りの, 三十何尺の, 三方が, 中味が, 丹下左膳て, 丹下左膳に, 主人公光源氏の, 二個ある, 五月雨の, 今は, 今もっ, 佐渡の, 佐渡守の, 偽の, 傾くの, 先で, 先祖代, 出さなかった, 出さんよ, 初めに, 勝頼の, 単に看板, 博士の, 去年まで, 品川の, 地の, 売れるが, 壺でも, 夜な夜な不思議, 大いに祟った, 大きさ, 大きすぎ, 天地返し, 宮廷の, 対, 小さいしぶき, 少し勢, 巷の, 市役所の, 床の, 床の間の, 廊下へ, 廻転の, 弟源三郎に, 弟源三郎の, 強い者, 恐らく昨晩, 手に, 明の, 明らかに, 昔から, 暗かった, 朱の, 植木屋の, 渡されねえ, 湯の, 滅多に, 炉辺で, 無事だ, 無言の, 煮たち, 盗まれる故, 砕いて, 砕け散りました, 秘密に, 空に, 竜宮に, 紫色を, 紺碧を, 縄に, 罪の, 耳が, 花崗石を, 茶壺の, 茶道から, 買えないかな, 遺言によ, 釣鐘の, 錦の, 開かれようとして, 階梯を, 離れだった, 雨戸へ, 青壺瀬戸物壺よ, 青磁色を, 静かに, 食堂で

▼ 壺~ (106, 3.0%)

4 手を 3 おいでに 2 ペンを, モルヒネを, 下りて, 挿して, 蓋を, 貯めて, 連れて, 頭を

1 [83件] おしこめ手紙, おり立って, くだる道, しずめに, そそいで, でかけ調子, はいって, はまったの, ほうり上げて, まいった, また左, むかって, やがて移し, ジュウー, 一本ざっと, 下りさせるに, 下る, 下る路, 入りちゃんと, 入りました, 入れそれ, 入れた, 入れたり, 入れた煉薬, 入れて, 入れながら, 入れます, 入れるの, 入ろうと, 半分ぐらゐ残つて居ります, 吐落し, 向日葵を, 吸いこまれたり, 呼ばれた, 墜ちて, 多くの, 封じ込める話, 小さな尻, 小便を, 帰して, 引きあげて, 投げ込み死んだと, 投げ込んで, 投り込ん, 投沈めた, 挿けた芍薬の, 掌を, 掛けた手, 放尿した, 来た, 活けさせたの, 現れそこ, 用たし, 移す手数, 突込ん, 立てて, 竿先が, 納めはじめた, 素晴らしい勢, 花屋が, 落ちるくらいの, 落ち込んだ自分, 蒔蘿を, 薫は, 薬を, 行かう, 行きたくなって, 行った, 行って, 誘い込まれて, 諸所で, 足を, 返って, 這うよう, 運ぶの, 酔余の, 降りた, 陥れたもの, 飛びあがった, 飛び込んで, 飛込んで, 駈けこんで, 黄金の

▼ 壺~ (89, 2.5%)

4 一緒に 3 素焼の 2 いって, ペンとが, 源氏との, 筆の, 食器とを

1 [72件] いうと, いふから, かけかえに, さくら餅一包さ, し, すれば, そして白米一升, その下, その傍, それからコップ, ただ並んでる, ちっとも変らない, とっかえっ, なし或は, なったの, なって, ならんで, なり土地, なり壺, なり百坪, なると, にらめっくら, インキ壺を, ココアの, チョビ安を, ピカ一の, ペンと, ホーを, 一個の, 並べて置い, 並んだといふ, 云うの, 云えば, 付属地図とは, 十徳とを, 十徳を, 原稿用紙を, 吹管であった, 吹管とを, 地図とが, 地図とを, 壺にまつわる, 天下の, 寝起きし, 小さな曲物, 少しの, 旅行カバンを, 李朝の, 水の, 水入を, 煙草盆の, 燈心草とを, 申して, 申す天下, 皿とを, 目醒む, 知らずに, 称んで, 童子に, 籠の, 粗末な, 臺と, 茶碗の, 茶筅とが, 茶筅を, 茶色の, 言われて, 謂え, 賽と, 賽を, 間違へて, 駄菓子の

▼ 壺から~ (76, 2.1%)

3 出て 2 出たよ, 消し炭を, 玉露を

1 [67件] あがりは, あばれ出した暴力, いくらでも, ちょっと覗き出し, ちろりを, とびだした雲状, ひきぬいて, ひらりと, ほのぼのと, まだ消えない, みんなの, スガリを, チロリを, 三人の, 上げて, 上って, 上る道, 上茶を, 今帰った, 出させそれ, 出して, 出たあなた, 回生剤として, 堪能する, 外へ, 小網代, 帰つて来る, 引き揚げて, 引っ張り出されるところ, 微温湯を, 手を, 抜きかけた銚子, 抜け出て, 桜ふくらんだ, 梅ぼしを, 横の, 水を, 法師野いらい, 湯を, 溢れ出したので, 熱い物, 熱い茶, 目を, 真黄, 眺められた, 碗の, 竹の, 紅と, 自分の, 草の, 諸磯, 走りあがっ, 起こったの, 跳び降りて, 転げ落ちて, 逃げる, 金平糖を, 銚子へ, 随時に, 雪で, 零れ落ちた油, 霧と, 飛び降りて, 飛出す小魚, 首だけ, 馬鞭草の, 鹽を

▼ 壺には~ (48, 1.3%)

4 まつた, まつて 2 何の, 当方において

1 [36件] あらで隅田川, いつもあ, いろいろの, そういう傷, たったひとり, どういう目印, ならないで, まだ一つ幸, まだ粟, まだ見参, よくうつります, チャンと, 一向には, 世にも怪しい, 何かしら大いに, 何が, 冷酒, 十八世紀の, 古き酒, 唐草の, 女房が, 尻の, 支那の, 来て, 橄欖の, 灰色な, 独特の, 相違ない, 粟の, 美しい竜宮, 花が, 萎みゆくまま, 落ち込んでは, 蓋が, 象牙の, 銚子が

▼ 壺~ (46, 1.3%)

3 酒の 2 お燗

1 [41件] あつたな, いい脅し, いつも機嫌, げすか, これらが, ござりましょう, さんざんいじめられた, しょんぼりと, ぬるく温めた, ふつふつと, ほんとうの, まんまとおいら, アイビキの, ポンと, 何かを, 儲けたある, 半面は, 吉凶共に, 喘いで, 壺の, 寝る前, 年代の, 手垢で, 抱き合って, 死んだあの, 水垢離を, 汚物を, 泊まるふう, 満足じゃ, 溺屍体と, 燗を, 申しわけございません, 眼識ない, 紐を, 自分自身か, 見て, 逢うとは, 逢つた男には, 釣れる山魚, 顔を, 馬を

▼ 壺~ (45, 1.3%)

2 いずこ, ゴム長靴や, 皿が

1 [39件] ありとも, その他の, なんかより, な五月雨, はかなき, りんごも, ペンを, ホヤを, 寝台や, 将軍家の, 徳利などの, 捏鉢が, 林檎の, 林檎も, 柱掛の, 柱時計と共に, 油甕の, 灯火や, 瓶に, 瓶の, 瓶を, 甕が, 甕や, 甕赤く, 生クリームや, 皿の, 皿または, 皿や, 盃などの, 盥を, 罪人の, 花瓶の, 茶碗の, 葵の, 裏むきに, 鉢が, 鞍に, 食物を, 飾皿が

▼ 壺~ (33, 0.9%)

2 の子

1 [31件] いかにも繪, が光っ, で, でえ, できょろきょろ, でじろりと, ですこし, で狐面, にそれ, のお, のしゃくった, のブロンド, の一角, の太七, の奥, の意地, の眼球, の鬼, はいよいよ, はまるで, は光, をぐりぐり, をぐりつかせて, をこすりこすり, を光らせ, を光らせました, を凝し, を塞がねえ, を心, を細めます, 凄まじい青

▼ 壺~ (31, 0.9%)

2 壺だ, 無かりけり, 玻璃の

1 [25件] ある, あるさすが, おれと, お藤姐, かき上げられた, その上, つけられた, ないと, なければ, ほんとうの, 切子硝子で, 前に, 剣も, 大切です, 平生より, 引繰返っ, 手箱も, 採集箱も, 柳生藩から, 決して差別, 真鍮壺も, 祟らなかったらしい, 紙も, 衣裳箪笥も, 長火鉢も

▼ 壺~ (27, 0.8%)

2 が, ナ

1 [23件] がこれ, けれど壺, けれど持っ, けれど父, し荊州, ぞと自分, ちといっ, といっ, とかまた, とか娘, とか日光例幣使, とか申す, とか茶碗, と云ったら, と思, と考へた, な, なんとかいい, ね, のが, のの, のを, よ

▼ 壺~ (27, 0.8%)

9 の天地 2 にあり, の白骨

1 [14件] で四十分, に, に唾かし, に封じある, に游ぎ, に縮め, に蔵す, に運び行く, に鉛封, の小天地, の書き物, の石, の秘図, の醍醐味

▼ 壺洞君~ (20, 0.6%)

1 [20件] からだ, からもつ, からやう, からチエスターフイールド, から仙崖, から書留, から私, から鉢の子到着, と対談, にもさ, に教, の厚情, の厚意, の斡旋, は寝た, もやつ, を搾取, を訪, を連れ, 第二世出生

▼ 壺~ (16, 0.4%)

2 からの来信

1 [14件] ありがたうトンビ, からの紹介, からの贈物, すみませんでした, と二人ぎり, と同道, に, に落ち, に逢, の友情以上, の周囲, はフアン, も有難い, を訪ねる

▼ 壺~ (15, 0.4%)

2 を一つくん

1 [13件] だって, といった形, とか鯛焼, にした, の中, の代, の価, の壺, やはじけ, やも出なかった, をこさえ, をつっついた, を置いた

▼ 壺~ (14, 0.4%)

1 [14件] にいれる, に入れた, の中, の縁, はなかつた, を伏, を伏せ, を伏せる, を左, を引起, を振る, を見つめる, を見詰める, 見透し

▼ 壺~ (14, 0.4%)

4 の痕 2 の小さい, までそんな, を穿, を連結 1 のいい, の標本

▼ 壺でも~ (13, 0.4%)

1 [13件] あったこと, かまわねえ, ない, ないが, ぶつかりやあ, 他の, 取り上げたらしい, 壺そのものが, 看板でも, 縁の, 見せて, 鉢でも, 高臺

▼ 壺という~ (13, 0.4%)

2 のは

1 [11件] ことに, ところが, のを, もの, ものに対して, やつの, ように, 別棟で, 名器が, 所です, 茶壺を

▼ 壺振り~ (12, 0.3%)

1 [12件] が勢い込ん, が鉢巻, とをあざやか, とを兼ね, の作法, の名, の喜代三, の芸当始まり, の見透し, をやっ, をやるらしい, を見

▼ 壺~ (10, 0.3%)

3 んだ 1 これを, のであたかも, のである, のでございます, ものか, んです, 眼を

▼ 壺皇子~ (10, 0.3%)

1 がそれ, と云った, はその, は数百年, をお, を人知れず, を捧げる, を束, を殺そう, を犠牲

▼ 壺だの~ (9, 0.3%)

2 タワシだ 1 それからまた厚紙, 大小の, 柄杓だの, 白鑞を, 皿だ, 置かれて, 藁灰を

▼ 壺神様~ (9, 0.3%)

2 の神殿 1 がお, とな, とは何物, と云った, のご, の事, を奉安

▼ 壺とか~ (8, 0.2%)

2 煙草の 1 あるいは種壺, そういう美術品, であったの, 大根下とか, 目に, 鉢と

▼ 壺などを~ (8, 0.2%)

2 取りおろし塗刷毛 1 なくして, ぶらさげた生徒たち, 並べた中, 作りますが, 考え言いよう, 隅へ

▼ 壺~ (8, 0.2%)

1 それから紙治, にとった, に出た, のお里, の片, の觀音樣, をやる, を感心

▼ 壺~ (8, 0.2%)

2 の花 1 になる, のボヘミヤ硝子, の器, の煖爐, をし, をした

▼ 壺~ (8, 0.2%)

1 が勢, に入れ, に手, のインチキ, の一部, をあげた, を伏せた, を取りかえ

▼ 壺だった~ (7, 0.2%)

2 のです 1 のだろう, のであります, のである, のでかえって, わけさ

▼ 壺まで~ (7, 0.2%)

1 下りたっけねえ, 出して, 外して, 手繰り得たもの, 文化と, 辿りつかねば, 達した

▼ 壺装束~ (7, 0.2%)

1 といっ, に市女笠, のまま, の綾, も明日, をし, をした

▼ 壺つくり~ (6, 0.2%)

2 の仕事場 1 は土, よ心, 売り手買い手は, 朗らかに

▼ 壺みたい~ (6, 0.2%)

1 だすな, なもの, な所, な格好, な物, な狭い

▼ 壺では~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ない, ないと, 昔あるきこり

▼ 壺とは~ (5, 0.1%)

1 え, すでにそれぞれ, 云うも, 絶えずぐるぐると, 限らぬの

▼ 壺とを~ (5, 0.1%)

2 並べて 1 さらって, とりだして, 持って

▼ 壺など~ (5, 0.1%)

1 それぞれ自分の, 思い思いに, 様々の, 稱する, 解いて

▼ 壺などが~ (5, 0.1%)

1 いっぱいおい, 二つ三つ乗せ, 出て, 次第に私, 置いて

▼ 壺にも~ (5, 0.1%)

1 二種類ぐらいの, 供の, 様々な, 気を, 頸の

▼ 壺一つ~ (5, 0.1%)

2 無いの 1 がいったいどう, だけ駕籠, を中

▼ 壺前栽~ (5, 0.1%)

4 を描いた 1 の秋草

▼ 壺~ (5, 0.1%)

1 がその, の二人, 中盆, 八五郎は, 役が

▼ 壺漿~ (5, 0.1%)

2 して 1 せしめるよう, にたんのう, の歓び

▼ 壺~ (5, 0.1%)

2 といふこと 1 でおれ, といふの, を催しました

▼ 壺~ (5, 0.1%)

1 はたちまち, をもっ, を中, を持っ, 乏しければ

▼ 壺からは~ (4, 0.1%)

1 モリアーティ教授の, 湯気が, 霧の, 黒いインキ

▼ 壺との~ (4, 0.1%)

1 姦通や, 恋を, 情事についても, 関連を

▼ 壺への~ (4, 0.1%)

1 恋と, 案内も, 稲妻型廊下の, 道路である

▼ 壺より~ (4, 0.1%)

1 初めて現在, 取り出さしむると, 噴水を, 少し早

▼ 壺よりも~ (4, 0.1%)

1 その一平, まずチョビ安, まず子供, 久方ぶりに

▼ 壺らしい~ (4, 0.1%)

1 ものの, ものを, 物を, 結論を

▼ 壺~ (4, 0.1%)

2 君などが 1 二物ノミ, 君とても

▼ 壺~ (4, 0.1%)

1 の兎, の防毒マスク管長, をし, をした

▼ 壺坂寺~ (4, 0.1%)

1 から遠く, に詣で, の深い, の附近

▼ 壺~ (4, 0.1%)

1 の客, もあた, をた, を訪ね

▼ 壺~ (4, 0.1%)

1 が源氏, の二番目, の妹君, よりも年上

▼ 壺~ (4, 0.1%)

2 繰揚機 1 の引きあげ, を海底

▼ 壺~ (4, 0.1%)

2 に秋 1 が郊外, の淡き

▼ 壺~ (3, 0.1%)

1 其の薬, 加留多か半, 鉄瓶の

▼ 壺さえ~ (3, 0.1%)

1 ありますれば, なかったら, なければと

▼ 壺だけは~ (3, 0.1%)

1 寂然として, 永遠の, 用意し

▼ 壺であった~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, から始終, と云われます

▼ 壺である~ (3, 0.1%)

1 が砂糖, と云, ようにと

▼ 壺とが~ (3, 0.1%)

1 うやうやしく置い, 置いて, 誠吉によって

▼ 壺とも~ (3, 0.1%)

1 変化するだろう, 造花とも, 違ふ

▼ 壺などは~ (3, 0.1%)

1 そのよき, 不必要, 問題に

▼ 壺なども~ (3, 0.1%)

2 売って 1 出ましたが

▼ 壺なら~ (3, 0.1%)

1 ひびが, 吉原へ, 壺が

▼ 壺に関して~ (3, 0.1%)

1 とかく迷惑, 中傷された, 篤と密談

▼ 壺へは~ (3, 0.1%)

1 下りられなかつたが, 老家司, 誰も

▼ 壺ある~ (2, 0.1%)

1 がゆえに, は没風流

▼ 壺こそ~ (2, 0.1%)

1 物言顔, 贋物かも

▼ 壺じゃ~ (2, 0.1%)

1 アない, アねえか

▼ 壺すみれ~ (2, 0.1%)

1 はいい, 今さかり

▼ 壺せいぜい~ (2, 0.1%)

2 大切に

▼ 壺そのもの~ (2, 0.1%)

1 が名品, の全体

▼ 壺だつた~ (2, 0.1%)

1 ことか, んだ

▼ 壺であっ~ (2, 0.1%)

1 てお供, て梨壺

▼ 壺でございます~ (2, 0.1%)

1 ことね, よ

▼ 壺です~ (2, 0.1%)

1 な, わ

▼ 壺でない~ (2, 0.1%)

1 ことは, とすれ

▼ 壺としても~ (2, 0.1%)

1 それが, 使われたであろう

▼ 壺とやらを~ (2, 0.1%)

1 お熊さん, 手に

▼ 壺どころ~ (2, 0.1%)

1 じゃア, のさわぎで

▼ 壺ども~ (2, 0.1%)

1 の腰, を据ゑて血

▼ 壺なんか~ (2, 0.1%)

1 何で持っ, 後廻しに

▼ 壺にこそ~ (2, 0.1%)

2 あるべきだ

▼ 壺について~ (2, 0.1%)

1 おる, おるもの

▼ 壺にばかり~ (2, 0.1%)

1 はまって, 来て

▼ 壺にまつわる~ (2, 0.1%)

1 伝説を, 本郷司馬道場の

▼ 壺によって~ (2, 0.1%)

1 その柳生, 掘り出すといった

▼ 壺ひとつ~ (2, 0.1%)

1 に凝っ, をああ

▼ 壺ふり~ (2, 0.1%)

1 の姐さん, の手つき

▼ 壺まなこ~ (2, 0.1%)

1 かはる, を落込

▼ 壺~ (2, 0.1%)

1 の講演, へ行った

▼ 壺参らせん~ (2, 0.1%)

2 菊の

▼ 壺又は~ (2, 0.1%)

1 借月山房彙鈔, 消炭螺からより

▼ 壺及び~ (2, 0.1%)

1 パイプ煙草等を, 膀胱黴びた

▼ 壺墨さし矩尺~ (2, 0.1%)

1 もって, もつて胸三寸

▼ 壺奪還~ (2, 0.1%)

1 の斬り, の術策

▼ 壺~ (2, 0.1%)

1 と云, に引かせ

▼ 壺~ (2, 0.1%)

1 が有, は忘れられない

▼ 壺捜索~ (2, 0.1%)

1 のため, の一隊

▼ 壺探索~ (2, 0.1%)

1 に江戸, の一隊

▼ 壺新酒~ (2, 0.1%)

1 という言葉, の文学

▼ 壺更衣~ (2, 0.1%)

1 の没後, を余り

▼ 壺焼芋屋~ (2, 0.1%)

1 の軒先, の隣

▼ 壺矩尺利器~ (2, 0.1%)

1 のな, の無

▼ 壺程度~ (2, 0.1%)

1 にさらり, に解釈

▼ 壺~ (2, 0.1%)

1 に五三, や

▼ 壺茶道具~ (2, 0.1%)

1 など飾り, よろしく上手

▼ 壺行列~ (2, 0.1%)

1 へ斬りこむ, へ斬りこん

▼ 壺裝束~ (2, 0.1%)

1 して, をし

▼ 壺~ (2, 0.1%)

1 に来る, のこと

▼ 壺~ (2, 0.1%)

1 というの, を七年

▼ 壺~ (2, 0.1%)

1 などを藏, の類

▼1* [228件]

あり破魔矢を, 壺いっぱいに活けた, 壺いつぱいに, 壺おけばそのま, 壺かの葢に, 壺からであらうと, 壺がへえったろう, 壺くみほして, 壺ぐらいというさまでした, 壺こけ猿であろう, 壺こそは真の, 壺これこそは真, 壺引きあげるべ, 壺さげて過ぎゆく, 壺さんがき, 壺さん夫妻いね私かえりには, 壺ゅちんの帯そう, 壺しかなかった, 壺しらねえか, 壺しんととろり, 壺じゃからなむりもない, 壺じゃろうけなあ, 壺えも, 壺その壺を, 壺たとへこれ, 壺だが其許には, 壺だけこれでも, 壺だけが悄然と, 壺だけのもんだ, 壺だけを頼りに, 壺だろうということ, 壺だ持って来る, 壺ちかごろやっと当家の, 壺ってのは, 壺エものを, 壺であったらこの私, 壺でございません時には, 壺でござるぞ, 壺でござんしょうがそれなら, 壺でさえあった, 壺でなかったらおとなしく引き下がる, 壺でなくて何, 壺ではねえと存じますので, 壺とおつしやる, 壺とかもいまだに話, 壺とかを作ります, 壺とさえ見れば, 壺として見れば, 壺としての一様式を, 壺とじぶんだけの, 壺とでも言ったよう, 壺とともに影も, 壺とやらのとりあいから, 壺どおりに確定, 壺ながら忽然化け, 壺なくしては, 壺なぞが置いて, 壺などというように, 壺などとは思えませぬので, 壺などに見るべきもの, 壺などの写生が, 壺などまで持ち歩く必要, 壺などよりもずつと興味の, 壺なり茶碗なりの, 壺なりとも名器で, 壺なるもののもう, 壺なんぞ見たくも, 壺にぞ流れ落つる, 壺にたいする一般の, 壺につきこんだ, 壺にまで屋鳴りが, 壺にや活けん, 壺に対する識見の, 壺に対するとその形, 壺のよこに, 壺ばかりも好いの, 壺ひっくくってまいる, 壺ふかく沈められて, 壺へも入れない, 壺ほど大きくて, 壺ほどの大きい物, 壺がき壺に, 壺また一壺と, 壺まではまだ二丁, 壺めいたものには, 壺もて来ぬ, 壺もよかつた, 壺やら薬罐やらを, 壺ようの器, 壺をかかへたるらし, 壺をけえせ, 壺をば背に, 壺をめぐってお歌やら, 壺を通して中の, 壺インキのしみ, 壺ソース芥子の器なんど体裁, 壺てえの, 壺ニ吉備酒ヲ満, 壺ペンおよび訴訟文書, 壺ホテルで昼飯, 壺一ぱいの椿油, 壺一パイ詰つたのは黒, 壺一個この八百八町, 壺一個百潮の銘, 壺一箇を送り迎え, 壺七輪のよう, 壺中数片の骨, 壺中春という額, 壺中蕾を開く, 壺腹縦摸筆, 壺二ツに入りきれない, 壺二人稲いろいろはなし, 壺以外は左右, 壺例幣使も通る, 壺傾きて火, 壺や手砲, 壺のビスケット, 壺入りの箱, 壺全体を被ふた大, 壺公儀の御鷹方, 壺写生に出かける, 壺の御剣, 壺前浜腰越の合戦, 壺動かない焔を, 壺取手づきに, 壺同様にとの特別扱い, 壺君来訪三人で飲み, 壺土瓶急須のた, 壺坂七番が岡寺, 壺坂競走大きな紅白, 壺坂靈驗記の澤市, 壺をつくつた, 壺売りの婆さん, 壺に跳び出ぬ, 壺天目形の碗, 壺に上つて, 壺へかかっ, 壺ニ麦醸果酵ヲ, 壺引きあげの能率如何, 壺後藤池田蓮田の諸君, 壺微塵に砕け, 壺愛らしい青銅製の, 壺打つ音は, 壺折つて三人で弓矢立合, 壺持参いたした, 壺掛軸や色紙, 壺探検と出かけた, 壺摺鉢の隣, 壺教授とが正木博士, 壺ういふ, 壺は左, 壺旅行の出来る, 壺旅行鞄銀貨の山, 壺春日野の銘, 壺曳網その他実験所用の材料, 壺朝鮮渡来の耳, 壺黙壺君, 壺桐ヶ淵という所, 壺桐壺まがき壺, 壺の誤記, 壺油入漬物入等より筆筒, 壺油屋の柑子口, 壺油瓶でも積ん, 壺第二世出生, 壺洞兄に心から, 壺洞兄元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 壺洞君緑平老井師, 壺洞居で句会, 壺洞式十時過ぎて, 壺洞房を訪れる, 壺洞文庫から借り, 壺湯飲み等を載せた, 壺と云, 壺漬けと言う, 壺瀬戸物壺よ, 壺火入れの作り方, 壺焼屋から出た, 壺や丼, 壺特に六条御息所の, 壺珍味をさげ, 壺甕鉢片口の如き, 壺皇子八歳の時, 壺目がけてポーン, 壺眼行儀の悪い, 壺石碑や霊廟, 壺硯その他塵紙や古, 壺の標本箱, 壺筆硯画筆に筆洗, 壺の線, 壺等種々土を以つて, 壺算用に換算, 壺の山, 壺紫檀の半分欠け, 壺絵草紙や版画, 壺綿だの布, 壺縫いをする, 壺の裲襠, 壺繰りあげの操作, 壺こけ猿, 壺の前, 壺の箱, 壺藤壺などというよう, 壺ばかりに消え残った, 壺見事なコーヒ茶碗, 壺迄も貴方に, 壺造りをし, 壺道中をねらい, 壺酒精その他を入れた, 壺金銀が一杯, 壺鉄びんなどを買っ, 壺鉢塩などを買, 壺鉢皿碗土瓶徳利口附片口擂鉢水差何でも揃える, 壺の罐等, 壺銅罐小桶, 壺銘東雲宇津谷峠にて, 壺銘福禄寿日坂宿手前菊川べりにて, 壺長靴陶製食器といったもの, 壺もその, 壺附きの二つ竈ぐらゐは樂, 壺雑然とした, 壺雲丹を送ります, 壺雲丹おかげでお, 壺顕微鏡はまだ, 壺が主要, 壺飾りを歎賞, 壺駕籠を荒し, 壺騒ぎをひどく, 壺黒塗りの餉台