青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「吉原~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図 合図~ 合戦~ 合点~ 合理~ ~吉 吉~
吉原~
吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一 同一~ 同人~ 同僚~ 同士~

「吉原~」 1681, 16ppm, 6983位

▼ 吉原~ (485, 28.9%)

6 大門を, 小格子, 方へ 5 よの 3 おはぐろ, 名ある, 大籬, 大門が, 女は, 幇間の, 廓は, 方で, 花魁が, 遊女の

2 [44件] ある貸座敷, バーで, 七月創, 中所の, 事を, 佐野喜の, 別天地は, 土手で, 大火も, 大門の, 大門前, 娼妓の, 寄席へ, 小紫, 巴屋へ, 幇間で, 廓に, 廓内で, 引手茶屋で, 引手茶屋の, 影, 或る, 曲輪が, 湊屋の, 灯りの, 玉屋小三郎の, 病院が, 目付でも, 繁昌, 花魁と, 華魁入, 話は, 遊女であった, 遊女は, 遊女屋へ, 遊里に, 遊里は, 遊里も, 遊里を, 金瓶大黒の, 附近が, 風俗と共に, 馴染の, 鳶頭の

1 [344件] あの男, ある酒店, おいらんだ, おいらんを, おいらん衆の, おいらん遊び, おいらん道中を, お松という, お歯ぐろ溝, お祭の, お職花魁, お話を, かぶろ, かへりだ, くだりと, ことも, さびれやう, さる青楼, とうろう, どこだ, なにがし楼かに, まざり店, ものに, ような, カナモノ細工なら, チャチな, チョンチョン格子の, パンパンすらも, ヤリテ婆に, 一廓が, 一廓は, 一時仮植せる, 一条を, 一流の, 一部や, 万字楼の, 三つ蒲団に, 三婆の, 三浦やに, 三浦屋は, 三浦屋四郎左衞門抱への, 上等の, 中へ, 中反, 中店の, 中鈴木という, 予定を, 事ばかり, 人々も, 人気を, 人氣を, 仕事の, 付近で, 付近などは, 仮宅, 仲之町そこの, 佐野槌, 何とかいう, 何んとか, 何樓とかの, 何町の, 作法を, 作画態度や, 使い屋か, 信心家へ, 傾城高尾の, 全盛の, 公娼制度が, 兼子下谷の, 出来事観音様の, 切解き, 初午へ, 創始者で, 創設者床司甚内からの, 創造性を, 動揺は, 各遊女屋, 吉原残照を, 吉原病院と, 同じ家, 名は, 名物男の, 向うを, 土地へ, 土手をも, 土手下で, 土手八丁そこを, 地廻りか, 地震を, 堤下に, 場合ブルジョア的な, 夏の, 夜の, 夜半を, 夜桜を, 夜桜並びに, 大幇間, 大火が, 大火は, 大火よりも, 大火を, 大火以後廃業した, 大籬金瓶大黒, 大門だ, 大門で, 大門内を, 大門通りだつた, 大門通りであっ, 大門通りです, 大門長次という, 天などを, 太夫, 太夫と, 太夫を, 奢始め, 女で, 女と, 女を, 女客, 女芸者, 女郎か, 女郎が, 女郎で, 女郎みたいな, 女郎を, 女郎屋が, 女郎屋では, 女郎屋三橋楼の, 女郎衆の, 女郎買は, 如くめかし込んで, 妓で, 妓楼や, 姉の, 娼妓が, 娼妓によ, 娼妓浜照の, 娼妓遣手婆に, 娼妓高尾を, 孔雀長屋に, 宵, 家へ, 宿に, 宿までの, 寄席まで, 寮で, 小店の, 小浜屋, 小見せ, 屋根, 山口屋へ, 山口巴か, 山口邑へ, 幇間であった, 幇間に, 幇間五八なれ, 幇間及び, 平松などと, 年が, 年中行事や, 年明けの, 店を, 廓から, 廓が, 廓の, 廓へ, 廓を, 廓内が, 廓内では, 廓内に, 廓内へ, 廓第, 廓遠く, 引手茶屋に, 引手茶屋へ, 引手茶屋桐佐の, 引手茶屋湊屋に, 引手茶屋湊屋の, 張見世の, 彦太楼尾張へ, 彦太楼尾張屋の, 往来端で, 復興一部いまや, 心中騷ぎなど, 怪談と, 情婦にでも, 情緒を, 撥橋おなじ, 改革は, 放火や, 料理屋から, 新町の, 方が, 方でございました, 方に, 方は, 方も, 方角から, 方面であります, 日本堤に, 旧蹟の, 明るい灯, 昼火事に, 昼間の, 景気を, 最大讃美者で, 有志は, 朝帰りの, 朝暮纔に, 松葉屋の, 松葉屋へ, 果ても, 某楼へ, 桜さては, 桜は, 楼の, 楼主の, 構裏であった, 横町の, 橋本楼に, 櫻川正, 水に, 水を, 池の, 河岸を, 河岸店に, 河岸店の, 河岸通を, 消息を, 深夜に, 火の, 火事で, 火事の, 火事を, 火焔玉屋の, 灯つづき, 灯の, 灯も, 灯りが, 点景が, 焼けない時分, 焼け跡に, 焼跡を, 熊蔵丸屋の, 燈籠の, 燈籠を, 狎妓の, 玉屋で, 玉屋山三郎の, 玉屋山三郎方へ, 生れな, 田舎ことばまる, 男芸者幇間に, 男芸者荻江里八の, 男藝者幇間に, 病家へ, 百人斬り, 真中へ, 真似を, 真景, 積立金, 空は, 空を, 絵を, 縁日, 縁日は, 羅生門横町洲崎の, 老妓や, 者は, 者も, 者を, 色街でした, 花菱丁字という, 花魁さんなんかも, 花魁だ, 花魁でなけれ, 花魁でも, 花魁などが, 花魁などとは, 花魁なんか, 花魁に, 花魁の, 花魁を, 花魁尾上と, 花魁道中の, 芸妓であった, 芸者で, 若い者, 若草は, 茶屋から, 茶屋で, 草市を, 華手や, 藝者で, 蛸平様と, 裏だ, 裏の, 裏へ, 裏手の, 西の宮と, 角海老へ, 角町稲本屋の, 話, 話であります, 話も, 豪奢の, 貸座敷, 貸座敷とやらへ, 貸座敷の, 赤脛と, 起源を, 辰稲弁楼の, 近くだ, 近くで, 近くに, 近辺の, 迷信には, 遊女が, 遊女を, 遊女扇屋歌扇と, 遊女高尾事件を, 遊廓などを, 遊廓を, 遊廓外に, 遊里において, 道中は, 遣手で, 酉の市なんか, 酒の, 金瓶大黒という, 金瓶楼あたりへ, 随筆は, 非常口いわゆる, 面白い処, 頬を, 顔に, 飛行より, 飯は, 馬肉屋, 馴染みが, 駿河屋という, 騒ぎが, 鳶職は, 鴇鳥花魁であっ

▼ 吉原~ (237, 14.1%)

16 行って 12 遊びに 6 行くの 5 連れて 4 行くと, 行くん, 這入って, 飛んで 3 きて, 女郎買いに, 矢先そろへ, 行っても

2 [18件] おいでに, お女郎, かよい始めて, 冷かしに, 参って, 売ること, 往った, 昼遊びに, 繰り込むの, 行くという, 行くより, 行く道, 行こうか, 行こうと, 行ったが, 送りこんで, 飛ばす四つ手, 駕籠を

1 [134件] あんなところ, いって, おいらんを, おはこび, お伴れ申し, お越し遊ばすだろう, くりこんだ, ご案内, しけこもうと, しけ込んだ, しげしげおいで, ひきかえしましょう, まいりましたこと, まいりましょう, まいり山本屋, まず五千両, やって, やって来た, やって来たの, やれ, ゆきましてね, ゆくゆえ, ゆくらしい駕籠, ゆく四ツ手, ゆく者, ゆけたと, シケこもう, 一同を, 一纒めに, 乗りこんで, 何し, 來て, 入らしたこと, 入り込みよそながら, 入り込んだの, 入るの, 入込給, 出かけて, 出かけ驕奢, 出入りする, 出入りを, 勤めを, 勤め奉公に, 参りました, 参る者, 叩き賣られるところ, 売った, 売られて, 売りとばされその, 女郎に, 奴に, 奴勤めに, 届けに, 廓が, 廻って, 廻つてお, 引っ返した方, 引返して, 往かずに, 往って, 急ぐお店者, 戻って, 持って, 持つて, 持参の, 携えて, 散歩の, 文でも, 是ッ非, 来た, 来たこと, 来たとは, 来て, 泊るという, 無期限, 用事が, 用向きという, 眠りに, 移されること, 繰りこんだこと, 繰りこんで, 繰り込んだが, 繰込んで, 行かないかと, 行かなかった, 行かなくっても, 行きそう, 行き蓬莱屋, 行くから, 行くため, 行くつもり, 行くもの, 行くよう, 行く車屋, 行けば, 行こうという, 行ったこと, 行ったに, 行ったればこそ, 行った話, 行つ, 行つた人が, 行つた留守内儀が, 行つて泊つて了は, 行つて泊る, 誘惑を, 豪遊に, 賣つた, 赴いた, 足が, 足を, 身を, 身賣せし, 辻占を, 追放女髪結に, 追遣っ, 送ったか, 逃げなさい, 逃げろあと, 通いつづけて, 通いはじめた, 通い勤めの, 通うよう, 通う客, 通えないから, 通って, 通つた時何屋の, 通ひはじめた, 遊んだもの, 面を, 飛ぶつもり, 飛火が, 飲みに, 駈けて

▼ 吉原~ (81, 4.8%)

4 身を 2 いた頃, 大火が, 居た時, 巣を, 近いところ

1 [67件] いたこと, いても, いる妹, その青年, とぐろを, ゐたたいこもち, ゐた女, ゐた時, ゐた時分姉妹, 一人ありました, 会する, 住んだ時, 入った, 割り部屋という, 参って, 呼び寄せぬ, 在し手負, 在つて藝妓, 売られた娘宮城野, 売られて, 売るよりは, 大店, 大火でも, 奉公し, 奉公致し, 女学校は, 娼妓の, 宿した日, 宿つた, 宿つた夕柏門の, 宿つた時客舎は, 小判の, 居ると, 居る事, 居る妹, 往き俄, 往き翌日, 往くこと, 往った, 御在られ, 懇意に, 打興じよう, 押し込められるやう, 擬したるもの, 文明開化を, 於て, 於ての, 流連し, 火災が, 行きそれでも, 行く学生, 行って, 行っても, 見ざる所, 見返り柳丈, 賣られ此頃年季, 起臥された, 近い土手裏, 這入ったからにゃ, 通って, 遊びし事, 遊んだ, 達者で, 遷って, 錆びさせられて, 陰間茶屋に, 題材を

▼ 吉原~ (71, 4.2%)

3 花魁が 2 する芝居, 喧嘩を, 豪遊し, 馴染を

1 [60件] いるもの, おぞくも, おもしろく遊ん, さんざんに, だ, である, まず百十両, もって, よい妓, わっし, 一遍でも, 二千両ほども, 刃傷沙汰を, 別れてから, 大兵庫屋, 大名の, 大尽遊びを, 女郎を, 奴太夫という, 嫌いな, 寄席へ, 居続けたあげく, 居續けた揚句, 待って, 御用に, 心中を, 必要を, 懇親會を, 折角拾った, 振り抜かれた捨鉢, 明石と, 春を, 最高級, 殿様に, 派手を, 深くなった, 清元で, 焼死んだ, 生れた, 発行する, 相当格式の, 砂馬が, 私に, 聞くと, 花魁の, 苦労を, 袋叩きに, 見た神尾主膳, 見ましたっけ, 覚えたハヤリ唄, 豪華の, 買って, 遊びその, 遊んで, 馬鹿な, 魂を, 鳴らした太夫, 鳴らした芸者, 鳴らした薄, 鳴らした藝者

▼ 吉原~ (50, 3.0%)

2 盃を

1 [48件] いかん, いわゆるもと吉原, すでに古, そう云っ, そんな国, ちょうど夜桜, どうした, どうしました, どんなに立派, ない赤線, まったく昔日, むろん現在, もつと, もとよりの, 万字楼という, 上半身を, 今あの, 今でも, 今と, 何となく不潔, 兵庫屋で, 別して不案内ゆゑ, 去年に, 去年の, 名物の, 喧嘩を, 土手の, 大江戸の, 嫌いだ, 屋島壇ノ浦の, 彼等の, 心安き所, 文吉原以外は, 明暦三年の, 暖炉の, 永久に, 浅草公園を, 灯影に, 玉ノ井の, 現今の, 登楼費そ, 眼を, 知るまい, 絵の, 華吉原以外は, 華麗を, 言うまでもなく四宿, 面白くない

▼ 吉原~ (34, 2.0%)

2 見たる時, 通りぬけ

1 [30件] ぞめいて, 一見物し, 出るところ, 初めて開いた, 売り歩いた豊年糖売り, 始と, 始め品川或, 始め四宿の, 廻って, 思出させる, 探って, 描きし図, 散歩し, 断わって, 明るくした, 書いて, 材料に, 焼出され, 知らない者, 立退いたらば, 素見しながら, 縦横に, 落武者の, 見たこと, 見に, 見物に, 開いた庄司甚内, 顧客に, 騒がすという, 鼻先に

▼ 吉原から~ (30, 1.8%)

2 帰って, 浅草に, 華魁衆の

1 [24件] お医者さん, よぶの, 人力車で, 出して, 四宿岡場所まで, 土産に, 始まったあの, 始まって, 姿を, 岩淵あたりで, 左様な, 御あと, 忍んで, 来て, 根引きされた, 法印さまが, 法印さまの, 浅草一円柳橋へ, 身請した, 通って, 遠くなっ, 遠く深川, 選り抜きの, 馬を

▼ 吉原~ (27, 1.6%)

2 えりの, 云った, 恋しくなった, 日本橋から

1 [19件] あろうとも, えりだろう, おいらんの, たいそう焼けた, はやるの, よいの, よいを, よい専門, 住吉町和泉町高砂町浪花町の, 何でおいらん, 全焼した, 始まりましたよ, 徳川から, 木村の, 淺草千束村に, 潰れっ切り, 火事である, 衰微に, 類焼した

▼ 吉原土手~ (23, 1.4%)

2 の方

1 [21件] から大門, で仙太郎, で荷足, で親方, で辻斬, となる, にあたっ, にある, にて其方行逢, に突きあたる, のへり, のサクラ肉屋, の下, の何, の向う, の地割れ, の色里, の邊, へ店, を千住, を南

▼ 吉原~ (22, 1.3%)

1 [22件] いえば, その界隈, その附近, なってからでも, なり芝居, なると, ダンスホールと, 云う処, 云やあ, 其附近の, 同じく広重, 同じよう, 呼んで, 新の, 書いた青楼, 浅草を, 猿若町の, 称されて, 聞いて, 言えば, 読ませるん, 題したる日本堤夜景

▼ 吉原では~ (21, 1.2%)

2 たいていの

1 [19件] いま流行児です, いま流行兒です, おいらんと, この茶屋, ござらぬ静か, ないので, 三郎さんと, 久喜万字屋の, 仲の町の, 伏見河岸と, 何という, 大樽, 女を, 彦太楼尾張佐野槌芸人では, 昼遊を, 暖簾の, 末社とは, 桜が, 私の

▼ 吉原通い~ (19, 1.1%)

2 の客, をし

1 [15件] が面白く, とはかなり, にさんざん, の人どおり, の人力車, の夜明し駕籠, の山谷堀, の猪牙舟, の猪牙船, の船, の馬道, ばかりのため, もイタ, らしい鼻唄, をする

▼ 吉原~ (18, 1.1%)

6 ぶりに 3 ぶりの 2 ぶりで 1 ふりを, ぶり, ぶりが, ぶりを, むりといって遊冶郎式な, 洲崎あたりの, 玉の井辺りへ

▼ 吉原~ (18, 1.1%)

3 千束町の 2 島原の, 深川や

1 [11件] すべての, 千束町を, 各地の, 品川を, 太夫に, 小塚っ, 新宿あたりの, 洲崎を, 深川あたりで, 深川の, 辰巳へでも

▼ 吉原遊廓~ (16, 1.0%)

4 のはずれ

1 [12件] で何, などのある, にすぐ, の内外, の家, の懇望, の滅絶論, の牛太郎, の近く, の非常門, は目, を北洲

▼ 吉原には~ (15, 0.9%)

2 江戸浄瑠璃に

1 [13件] こんなひと, しかしあゝ, 何となく宿場, 吉原言葉という, 多少の, 大きい火事, 少ない数, 居ねえで松葉屋, 恩愛も, 行かず鈴川驛, 訳が, 誰袖に, 金瓶楼今紫が

▼ 吉原~ (15, 0.9%)

2 に, にも病家, の幇間 1 とやらへ行上, に隔離, の役目, は以前, へ行, へ賣, へ這入りまする, を向上, 御類焼

▼ 吉原という~ (14, 0.8%)

2 のは

1 [12件] ところへ, のも, のを, ような, 不夜城を, 処へ, 別天地を, 古蹟へは, 地名と, 村には, 独特な, 白粉の

▼ 吉原田圃~ (13, 0.8%)

2 の全景, はこの, は珍しく, を歩いた 1 でこの, で太郎稲荷, で転んだ, の真中, を歩みし

▼ 吉原病院~ (11, 0.7%)

1 [11件] で一人, で強制的, と同じ, にしよう, に寄附, のそば, の医師, の方, の非常門, はいかにも, へ送られる

▼ 吉原まで~ (10, 0.6%)

1 あの人, お伴を, はさほどの, 一っ, 二百五十の, 如何です, 潰したらどんな, 荒し廻る, 行かねば, 行って

▼ 吉原~ (10, 0.6%)

1 あった場処, そのとばっちり, やかましくなり, 大火に, 平家の, 序に, 気の毒です, 焦土と, 跣足で, 魚河岸も

▼ 吉原~ (10, 0.6%)

5 りの 3 りに 1 りみじん柄, り下ろし立て

▼ 吉原~ (10, 0.6%)

2 ひの 1 であった, である, は息まなかった, ばかり勉強, ひを, をしはじめた, をなす, を始めた

▼ 吉原兵太郎~ (9, 0.5%)

1 という名前, にいまだに, の肩, はうしろ, はのけぞる, は何故か, は眉, は駈けだし, もさらさら

▼ 吉原~ (8, 0.5%)

41 といや, とか辰巳, と言った, な

▼ 吉原へでも~ (8, 0.5%)

1 かせぎに, くりこむ気, しけ込んで, 参って, 売られて, 繰りこんだの, 行つ, 身を

▼ 吉原へも~ (8, 0.5%)

2 遊びに 1 だいぶ遠, 挨拶に, 行かれる当分, 行けめ, 行って, 這入って

▼ 吉原といふ~ (7, 0.4%)

1 オイランの, 不夜城を, 凄い処, 処へ, 日本一の, 處を, 遊廓を

▼ 吉原にも~ (7, 0.4%)

1 あったが, いまい, ずいぶんあったろう, だいぶいた, 今現に, 成田の, 遊びに

▼ 吉原帰り~ (7, 0.4%)

1 であるから, でないこと, で酔っ, のお店者, の朝, は田町, らしい二人

▼ 吉原百人~ (6, 0.4%)

6

▼ 吉原あたり~ (5, 0.3%)

1 から似寄り, では, で見る, の使い屋, までぞめき

▼ 吉原などへ~ (5, 0.3%)

2 フラフラと 1 繰り込んだり, 行く時, 行ったもの

▼ 吉原への~ (5, 0.3%)

1 して, ちょうど活動館, 供まで, 田圃の, 通ひ

▼ 吉原五徳~ (5, 0.3%)

1 が置かれ, さては火箸, に鉄瓶, も磨く, や灰均

▼ 吉原へは~ (4, 0.2%)

1 一度も, 医者の, 皆な, 立入らなかったよう

▼ 吉原仲の町~ (4, 0.2%)

1 の引手茶屋桐半, の盂蘭盆, へでも繰込もう, へ男性

▼ 吉原~ (4, 0.2%)

1 から飛び出した, にかかります, にて千太郎, に聯絡

▼ 吉原行き~ (4, 0.2%)

1 とか五色, も小説, をことわっ, を断わっ

▼ 吉原見物~ (4, 0.2%)

1 から帰る, やみんな今, をといっ, を為

▼ 吉原かぶり~ (3, 0.2%)

1 ちょと, ふところ手で, わざと身幅

▼ 吉原かむり~ (3, 0.2%)

2 にし 1 枝豆や

▼ 吉原だの~ (3, 0.2%)

1 十二階下だ, 女郎だ, 浅草の

▼ 吉原つなぎ~ (3, 0.2%)

1 のお, の羽二重, の袷袢纏

▼ 吉原とか~ (3, 0.2%)

1 柳橋あたりで, 深川とか, 深川などの

▼ 吉原より~ (3, 0.2%)

1 參りし, 戻りて, 返りと

▼ 吉原~ (3, 0.2%)

2 生レテ 1 育チマシタ

▼ 吉原三浦屋~ (3, 0.2%)

1 にて其節, にて心, の華魁

▼ 吉原~ (3, 0.2%)

1 洪水の, 籬の, 門口等の

▼ 吉原幇間~ (3, 0.2%)

1 がすこぶる, のところ, の蛸平

▼ 吉原方面~ (3, 0.2%)

1 から鞭, に場所, は今

▼ 吉原松葉屋~ (3, 0.2%)

1 にては彼, の小松, 半左衞門方

▼ 吉原江戸町二丁目~ (3, 0.2%)

2 なる丁字屋 1 の丁字屋

▼ 吉原芸妓~ (3, 0.2%)

2 の奴 1 の名妓

▼ 吉原~ (3, 0.2%)

1 に近い, のお, の廓

▼ 吉原~ (3, 0.2%)

1 なるにより, の役人, も打

▼ 吉原からの~ (2, 0.1%)

1 帰りだった, 朝帰りの

▼ 吉原さん~ (2, 0.1%)

1 と久野先生, はいかにも

▼ 吉原その他~ (2, 0.1%)

2 の色街

▼ 吉原だけの~ (2, 0.1%)

1 ことで, ものです

▼ 吉原である~ (2, 0.1%)

1 から捕手, ことを

▼ 吉原での~ (2, 0.1%)

1 痴戯は, 遊興を

▼ 吉原でも~ (2, 0.1%)

1 抜けて, 日本橋でも

▼ 吉原など~ (2, 0.1%)

1 到るところ安木節大, 遊興歓楽の

▼ 吉原なんて~ (2, 0.1%)

1 ものは, 賤業婦の

▼ 吉原~ (2, 0.1%)

1 行ッタ翌日帰ッタ, 行ッテモ大丈夫ダトイッタ故

▼ 吉原以外~ (2, 0.1%)

1 は夷, は野

▼ 吉原再興~ (2, 0.1%)

1 に反対, をむしろ当然

▼ 吉原品川楼~ (2, 0.1%)

1 の娼妓盛糸, の抱

▼ 吉原土堤~ (2, 0.1%)

1 のほう, の上

▼ 吉原大門前~ (2, 0.1%)

1 です, の平松

▼ 吉原宿~ (2, 0.1%)

1 の町, を乘出

▼ 吉原山口邑~ (2, 0.1%)

1 へ行く, をご

▼ 吉原正隆氏~ (2, 0.1%)

2 の死後

▼ 吉原江戸町一丁目玉屋山三郎方~ (2, 0.1%)

1 で後, へ身の代金五十兩

▼ 吉原洲崎~ (2, 0.1%)

1 に遊び, を除いた

▼ 吉原界隈~ (2, 0.1%)

1 に灯, の日常生活中

▼ 吉原神社~ (2, 0.1%)

2 の祭礼

▼ 吉原~ (2, 0.1%)

1 の職業地, の遊廓

▼ 吉原細見~ (2, 0.1%)

1 に, のよう

▼ 吉原芸者~ (2, 0.1%)

1 が禍, らしい女

▼ 吉原藝妓~ (2, 0.1%)

2 の奴

▼ 吉原解放~ (2, 0.1%)

2 の時小梅

▼ 吉原遊び~ (2, 0.1%)

1 というの, をする

▼ 吉原遊女~ (2, 0.1%)

1 の一枚絵, の文殻反古張

▼ 吉原遊里~ (2, 0.1%)

1 の出入, の話

▼1* [213件]

吉原おいらん手紙は書く, 吉原お玉ヶ池から雑司ヶ谷墓地, 吉原かと心付て, 吉原からも出たの, 吉原がよひを, 吉原きってのおいらん, 吉原ぐるみ灰になつ, 吉原ことばは新, 吉原お文さん, 吉原さして急けり爰, 吉原じゃ虻が, 吉原じゃあ古狸だ, 吉原じゃねえと思って, 吉原そのほかを, 吉原それ以下は亀井戸, 吉原ぞめきを欠かした, 吉原たって型, 吉原たんぼは水たんぼ, 吉原だけに見られたの, 吉原だらうが行つて, 吉原だろうが遊廓, 吉原や下, 吉原であったように, 吉原であり兩國橋畔な, 吉原でございますか, 吉原でしたかえ, 吉原でなければどこ, 吉原とさえ言えば, 吉原とでも目先を, 吉原とはぼる所, 吉原とばかりで吉原, 吉原とやら参って, 吉原とやらは面白うご, 吉原とやらへ行ったかも, 吉原どのか, 吉原なぞでもとかく, 吉原などでは女たちが, 吉原などに入り込むの, 吉原なども御見物, 吉原ならば小, 吉原なるとを問わず, 吉原なんかだと, 吉原にさえ茶屋小屋の, 吉原にしかいないの, 吉原にだってありゃア, 吉原にて女郎五年あい勤めそうろう, 吉原にても今は, 吉原になつて後も, 吉原にばかり行って, 吉原にもをさ, 吉原はなやかなりしころ, 吉原ほど辛辣で, 吉原までのしましたね, 吉原までは及びもつ, 吉原みたいなグレヤ地帯, 吉原もちろん小見世, 吉原よりはもっと劣等, 吉原よりも安直に, 吉原をも凌駕した, 吉原細見, 吉原ガ焼ケテ諸方ヘ仮, 吉原ガ遊ビドコロデ居タガ虎ガススメデ香取カシマ参詣ヲスルト云ウカラ四月初メニ松平内記, 吉原デアノ通リノ振舞ハ出来ヌモノダガトイウコトデ顔ガ売レタロウト皆ンナニ咄シタトテ, 吉原ニワカヲ見ニ行ッタ晩, 吉原ニ比較スレバ縦ヘ大楼ト謂フ可キモ, 吉原ハイリヲスル由世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 吉原ヘイッテ大門ヲハイリニカカルト御免御免ト云ウカラムリニ仲ノ町ノオ亀ズシヘハイッテ二階ヘ上ルト間モナク, 吉原ヘバカリハイッテ居タガトウトウ地廻リノ悪輩共, 吉原一廓の煩悩芸術, 吉原一番の學者, 吉原丁字屋の雛鶴太夫, 吉原三ツ扇屋の花魁誰袖, 吉原三ツ扇屋抱えの遊女誰袖, 吉原三千の遊女, 吉原三浦屋四郎左衞門を呼, 吉原三浦屋四郎左衞門方に五ヶ年相勤め居其内百五十兩貯, 吉原下谷本所あたりの火一つら, 吉原飛行家には, 吉原中大評判故突出し, 吉原二日市津幡へと能登, 吉原五町街をぶらぶら, 吉原五花街へ担ぎ込む, 吉原京都に島原, 吉原仁和賀朝鮮行列七枚続の, 吉原仲の町角海老の筋, 吉原仲ノ町の体, 吉原仲之町で道場, 吉原佐野槌屋の抱え喜蝶, 吉原何人斬, 吉原信仰の面々, 吉原海老屋から, 吉原入門ともいうべき, 吉原全盛の北, 吉原全盛期のおなじ, 吉原八景だの小稲半兵衛唐崎心中, 吉原八景辰巳八景とまで用, 吉原八町寂として廓, 吉原公園の池, 吉原兵太郎さまと申す, 吉原其他の色街, 吉原勤め年季だけは汝, 吉原十二街から寄進, 吉原の遊女, 吉原名題の幇間, 吉原品川などの悪所, 吉原品川内藤新宿板橋の四カ所, 吉原品川千住新宿こういう悪所, 吉原品川足をふまない, 吉原囃子の特有, 吉原図絵は最早, 吉原土手下の人殺し一條調べ, 吉原土手等においてはか, 吉原夜景の事, 吉原大店のお, 吉原大火の火災, 吉原大門の鉄柱, 吉原太夫の最後, 吉原妓楼の風俗, 吉原宿名主問屋本陣組頭宿役人並居たり, 吉原宿役人に早, 吉原宿泊の節長門守殿御領分水呑村名主九, 吉原富士の根方邊, 吉原小塚原の女郎屋, 吉原から千束, 吉原山口にて客幽霊, 吉原廃滅などは出来ない, 吉原の内外, 吉原廓内へかけ, 吉原張見世の記憶, 吉原復興の本, 吉原心中のこと, 吉原怪談小夜衣草紙手振り坊主の一席, 吉原情緒称揚の川柳, 吉原情調が丁度, 吉原情調遺憾なく横溢, 吉原或は芝神明愛宕又は, 吉原挙つて燈籠を吊, 吉原掛りというの, 吉原は旨かっ, 吉原散歩など覚え, 吉原新宿には古, 吉原新宿鳩の街, 吉原日本堤竜泉寺町金杉下町三の輪, 吉原日本堤震い動くこと, 吉原明日は芝居, 吉原時代になつて, 吉原の茅屋, 吉原楊枝の房, 吉原楊枝夜半の茶漬, 吉原残照をいろめかせた, 吉原の作品, 吉原気質といったよう, 吉原水道尻の引手茶屋, 吉原江戸町一丁目松葉屋半左衛門へ女郎, 吉原江戸町一丁目玉屋山三郎の方, 吉原江戸町丁字屋半藏, 吉原江戸町三丁目佐野槌屋の抱え遊女黛, 吉原江戸町二丁目丁字屋半藏, 吉原江戸町二丁目丁字屋半藏代文七右半藏抱へ遊女文事丁山同人妹富こと小夜衣石町二丁目甚藏店六右衞門麹町三丁目瀬戸物渡世忠兵衞, 吉原江戸町二丁目丁字屋半藏抱へ遊女小夜衣, 吉原河内楼へ通, 吉原浮世絵歌舞伎声曲等徳川文化一切の発祥地, 吉原深川は扨, 吉原狂いを始めた, 吉原玉屋山三郎の方, 吉原生れのはなし, 吉原田圃入谷田圃浅草田圃と皆親類, 吉原町始りし, 吉原町引合の者并, 吉原町松葉屋半左衞門抱, 吉原町江戸町一丁目辨天屋祐三郎抱え紅梅, 吉原町辨天屋祐三郎抱え紅梅并に下河原園八郎, 吉原病院裏の池, 吉原禮讃者でそして, 吉原一も, 吉原第一流の遊君, 吉原細見一册無いから, 吉原絢燗期の女, 吉原で近所, 吉原耽美の風潮, 吉原育ちの傾城言葉, 吉原花園そんな所書, 吉原花盛の浮繪, 吉原花街の変貌, 吉原花魁手紙は出す, 吉原萬華楼に登りし, 吉原街上を写し, 吉原被りはト招ぎ, 吉原見物そのものが一興, 吉原見物水道尻の非常門, 吉原觀音樣地内芝居茶屋舟宿柳橋兩國の盛り場, 吉原角町の海老屋, 吉原角町中万字屋抱への玉菊, 吉原角町河岸の潰れた, 吉原言葉という風, 吉原の普遍的, 吉原語同様のもの, 吉原辰巳の女, 吉原迄のして, 吉原近来の大火, 吉原返りに緒, 吉原遊行を唯一, 吉原遊郭周囲の鉄漿溝, 吉原遠江の白須賀, 吉原金太郎武蔵の主人, 吉原門内へ踏み入っ, 吉原開基の砌, 吉原合いを, 吉原附近に移る, 吉原というあだ名, 吉原風俗であるが, 吉原駕籠の体たらく, 吉原驛伊豆屋甚助方へ到り