青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「吉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

合っ~ 合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図 合図~ 合戦~ 合点~ 合理~ ~吉
吉~
吉原~ 吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一 同一~ 同人~ 同僚~

「吉~」 12499, 120ppm, 881位

▼ 吉~ (3095, 24.8%)

25 自分の 16 黙って 12 それを 10 さう, 顔を 9 何か 8 口を, 急に 7 何を, 思つた, 眼を 6 いった, 八五郎の, 帰って

5 [13件] かうして, そんなこと, どうした, ペッと, 今まで, 呟いた, 平次の, 彼女の, 縁側に, 自分で, 言つた, 身を, 首を

4 [18件] あわてて, わけも, 二階に, 何の, 呆れて, 夫の, 座敷の, 正太の, 気を, 澄江の, 男の, 目を, 相変らず, 空を, 答えた, 腹を, 頭を, 驚いて

3 [44件] うなずいた, この時, これを, さすがに, さつきから, そう云っ, その時, それが, それらの, ちらと, ひそかに, 今も, 例の, 卓一に, 即座に, 口の, 坂上の, 声を, 娘の, 家が, 後ろから, 微笑を, 心に, 思ふ, 急いで, 愕然と, 手を, 昨夜の, 歩きながら, 死んで, 気が, 涙の, 矢庭に, 答へ, 考えて, 脇差を, 自分が, 葉子の, 蝶子の, 言った, 言って, 赧く, 跣足の, 陽子の

2 [226件] あっけに, あわてました, いつもその, いつもの, いよいよ堅く, お定, お房, お種, お米, お芳, お茶や, がっかりし, きいて, きゅうに, ぎょっとした, この通り, これが, こんどは, こんな事, じぶん, すぐに, すっかり有頂天, そういっ, そう言っ, そこまで, そのま, その後ろ, その手, その日, それから, それだけいう, それと, そんな事, そんな風, つく, どきんとした, どこで, どこに, どこへ, なんにも, はっとして, びっくりした, ふ, ふいと, ふふん, ふッ, ほんのかすり, ほんの二三ヶ所, また二人, もう久しく, もう五六間先方, もう冷たく, カッと, ゴクンと, チラと, ハッと, パチッと, ヒョロ子の, ヘタヘタと, 一生懸命に, 一生懸命の, 三味線を, 上から, 不安らしく, 世間並に, 両手で, 久しぶりで, 九十郎の, 二つ返事で, 二人の, 二人前の, 五十前後三十年も, 五十男だ, 五十男らしい, 井戸端へ, 些と, 今の, 今晩お, 仕事を, 仰天し, 伊太郎から, 伊太郎の, 伊太郎より, 伊太郎を, 但し書, 佐太郎と, 佐太郎の, 体を, 何だか自分, 僅かの, 働き者で, 働くの, 先づお八重次に, 先代から, 其中に, 出雲屋から, 半七, 半日の, 半狂乱, 叫んだ, 可笑しさ, 吃驚し, 吃驚した, 呑込んだ, 呶鳴った, 商賣, 四五日前から, 埋み火の, 執拗に, 声が, 声も, 大に, 大声で, 奥の, 妙な, 妹の, 妻を, 姉の, 始めて, 嬉しそう, 学校へ, 家に, 尋ねました, 小作りな, 少しの, 尺八ばかり, 左門を, 年にも, 店の, 後ろに, 心得顔に, 心細い声, 思い切って, 思った, 思って, 思ふの, 思わず微笑, 想像し, 慌てて, 我身の, 或る, 房一の, 手代の, 手桶を, 押してとも, 押入の, 拷問にまで, 日本橋の, 明日お湯屋に, 昔の, 昨晩よりも, 時々やつ, 時子を, 暗い庭, 暫時呆れた, 朝の, 木戸の, 本所一番と, 格子の, 梶棒を, 歯を, 死んだ親分, 母に, 気の, 氣の, 水仕事で, 水木の, 泣き伏しました, 泣き出しさ, 泣き出しそう, 涕の, 清太郎と, 溝口屋の, 漸く落着, 澄江に, 無二の, 煙草の, 物置の, 玄関の, 王様の, 生きて, 生れて, 用心し, 由子を, 矢張り, 研究所の, 福松と, 窓の, 立ち上って, 立って, 立派な, 笑ひ, 笑ふ, 笠を, 絶句し, 老獪な, 聲を, 肩を, 胸の, 胸を, 腕を, 腰を, 腹が, 膝を, 臆病者の, 若い頃, 葉子を, 蒼くなっ, 血の, 行つて見なけ, 衣紋の, 親の, 調子づいて, 警官に, 贋金造りか, 躍起と, 近眼鏡の, 返事が, 酒を, 鎌を, 静かに, 面を, 頭が, 顏を, 飛び退いて, 驚きました

1 [2237件 抜粋] あいまいな, あたかも手籠, あのブランコ, あの発作, あまり賢, ある日, あッ, いい心持, いきなり, いきなり小沢, いきなり陽子, いささか吃り, いっそここ, いつの間にか家, いなくて, いまやキャンヌ, いよいよ変, いらいらし, うつむいて, うらめしそう, おけい, おそらく想像, おふくろの, おもむろに懐中, お仙の, お咲, お座敷の, お綱, お豊母娘, お魚女史, かう言, かねて習いおぼえ, かめへんかめへん, ききかえした, きよ子に対する, ぐいぐい漕い, けんめいに, こう云われ, ここに, このしまひ, この八月二十四日, この妖夢, この暗黒, この素人細工, これからさき, こんな月, ささやきます, さっきの, さほど楽々とは, しかしねえ, しばらく新聞記者, しょんぼりと, じりじりと, すぐ涙, すっかり夜更け, すっかり自分, する事, せかせかしくいっ, そうふざけ, そう思う, そこから, そこまでは, そっと上がっ, そのとき自然, そのまま物置, その亡きお, その儘, その呟き, その図, その左門, その後ろ姿, その方面, その甘やかされ, その背後姿, その遅れ髪, その顔, それからは, それつきり, それなり黙つた, そればかりを, それ以上挨拶が, そんなに呟い, そんな妄想, そんな言葉, たしかその, ただ黙っ, たちまち活況, たった今階子, たまらなくなっ, ちょうど氏神, ちらかつ, ちらりと眺めた, つくづくそう思っ, とうとうカンシャク玉, どうしてもその, どうなった, どこまでも, どれだけの, どんな調べ, なかなかの, なにかと, なること, なんとなく秘密, にこりとも, にわかに活き活き, はき出すよう, はっと言葉, ぱっちりした, ひとりで, ひどく疲れた, ひッ, ふだん世話に, ふとそんな, ふと振り向い, ふと言葉, ふらりと, ふんと, ほうって, ぼんやり立っ, まじめな, またこの, また一つ此処, また沖, まだ一人線路, まだ椅子, まだ赤, まるで他, もうさつき, もうイーチャン, もう一度引き返し, もう姿, もう死ん, もう路地, もう黙っ, もとより何, やうやくころがる, やがてどこ, やがて思い出した, やがて退院, やっと気がつい, ゆっくりメシ, よく喋る, よろよろ二三歩前, わざとやけに立上, わざと笑, わずかに, われながら, ウムと, キャッキャッ団の, グルリと, コルテの, セントルイスを, タヌと, ツモって, ニヤリ, ノコノコと, パチンコに, ヒヨイヒヨイと, ピッシリ食らわせた, フト自分の, モジモジし, ヤリキレなく, ロップ島の, 一つ息を, 一人の, 一切を, 一寸照れかくし, 一平の, 一枚かんばんの, 一番年上の, 一緒に, 丁度寝, 三十七八の, 三指を, 三高が, 上手に, 下へ, 不安で, 不思議そうな, 不服そうだった, 世にも優しい, 両親の, 九州へ, 事もなげに, 二十三だった, 二十八清松は, 二度も, 云った, 五十代に, 人の, 人生を, 今に, 今度の, 今朝いつも, 他の, 伍一と, 低く呟いた, 何かしらい, 何だか警察, 何となく変, 何処へ, 何時の間にか椽側, 余りに陰気, 余計訊きたく, 信じ込んで, 偃松の, 傷の, 兄分として, 先へ, 先月から, 入口を, 全く, 全身を, 其の胸, 内々感服する, 再び陽子, 凍える指, 出来た人, 分裂病という, 初めてどやされた, 別に何, 到頭その, 前へ, 努めて, 勝手が, 勿論親方, 十九の, 十六歳の, 午後は, 半蔵の, 卓一を, 参加したい, 又わざと, 又面伏せ, 叔父の, 受け合って, 口ほども, 只目で, 台所で, 右手を, 同輩の, 吐出すよう, 否応なしに三局, 吾妻屋永左衛門と, 呑気に, 周章て頭, 命ぜられた色々, 唇の, 唸って, 啜って, 嘲るよう, 四角な, 困りましたが, 土間を, 坐ったまま, 壁と, 外套の, 夜明けまで, 夢から, 大いに狼狽, 大きなあくび, 大喜び, 大股に, 大阪弁を, 天才的な, 女の, 妙に, 姉が, 娘に, 子供っぽい, 学校を, 実は蔦, 客が, 室を, 寄席で, 寝台の, 寢返る, 寺を, 小三津, 小島郷療養所において, 小諸の, 少しななめ, 少し大袈裟, 少なからず驚いた, 尻込みし, 峰吉以外の, 巧く言えな, 布団から, 常々もつ, 年は, 幼友達の, 店から, 座席から, 廊下へ, 引き戻し, 弟が, 弱りきってる妻, 彼に, 彼等の, 得意そうに, 御堂の, 徳市の, 心を, 忌々しく目, 怒鳴りました, 思はず四五歩, 思わずうなり, 思わずビクッ, 思わず声, 思わず眼, 怠惰者だ, 恐ろしさ, 息を, 悠然と渡辺橋, 情けない顔, 意外な, 感激に, 慰さめました, 懐中に, 我知らず, 戻つて, 所謂る, 手拭に, 手脚で, 打ち消すよう, 打驚き, 折角直っ, 按摩の, 振乱すよう, 探られるの, 改札口で, 断りいや, 新婚の, 既に葉子, 早朝から, 明くる, 昔話し, 時々, 時には鞭, 暫く其処, 書き出しの, 最後の, 有名な, 期待と, 本宅の, 本當, 材木を, 東京を, 枯れ枝に, 案内役の, 棺桶を, 椽側から, 楽しい空想, 横町へ, 次第にその, 歌吉ヒョロ子は, 正論に対しては, 歩くの, 死ぬどころか, 死んだ者, 残念だった, 母の, 毎日同じ, 気がるな, 気焔を, 水木に, 氷雨窓を, 決意を, 治郎兵衞を, 泣き止む, 泳ぐよう, 浅草で, 海のねエ, 淋しく笑, 清しい, 渋い顔, 湯の, 満足だった, 漸く許され, 無残唐紅, 無造作に, 父の, 片腕を, 物を, 犬を, 狼狽気味であった, 珍らし, 生れつきの, 用件を, 甲吉を, 申譯相立ち, 界隈の, 畳みかけました, 病気に, 発狂した, 白い封筒, 盃を, 益々小さく, 盗ッ人に, 目立って, 直に疲れた, 看護婦が, 真蒼, 真青に, 眠る時間, 瞑目し, 知って, 知りません, 石田の, 確信を, 神経的に, 突つ立つ, 突然私, 窓枠に, 立ちふさがって, 立ち上る姿勢, 立ち止まりました, 立上りながら, 笑いながら, 答えず不機嫌, 範之丞の, 納屋の, 素直に, 経験で, 絶体絶命, 縁側近く來て, 縛つてある, 美しい副, 翌日また, 老父の, 考えるとも, 聞くこと半ば, 肚で, 肩口を, 背伸びを, 脚本を, 腰障子を, 自作を, 自分に, 自分を, 舌打ちした, 色々な, 苦くか, 茶碗を, 莞爾, 落ちついて, 葱と, 蓙などを, 虚空へ, 蟲喰ひ, 行灯の, 袖口を, 襟元から, 見て, 見上げたオフクロ, 親許の, 言い退屈しのぎ, 診察室へ, 話すうち, 読み終ると, 謂わば, 豹に, 負けさうに, 貰う肚, 赤くなっ, 起きると, 躍るよう, 車を, 軽蔑した, 近頃いろ, 退院し, 通りがかりの, 遠いもの, 遺書を, 酒癖の, 重荷だ, 金五郎を, 釣瓶の, 鏡台の, 間もなく昨日, 闇太郎の, 陶然と, 随い, 隣りを, 雪を, 青い顔, 面白し, 頓狂な, 頭まで, 顔が, 顧みて, 風邪を, 飲みかけた湯, 首吊, 馬鹿に, 驚きの, 高い聲, 鬱憤を, 默り込ん, 鼻を

▼ 吉~ (1716, 13.7%)

30 顔を 16 ことを 15 手を 12 家へ, 方を 10 心は, 方へ, 眼は, 頭に 9 ために, 口から, 姿を, 眼の, 肩を 8 方は, 腕を, 話を, 野郎が 7 ところへ, 傍へ, 前に, 声が, 姿が, 家の, 心に 6 体は, 眼が, 耳にも, 顔が 5 すがた, 姿は, 所へ, 方が, 死骸を, 肩に, 胸に, 足を, 顔に, 顔は

4 [29件] お母さんの, そばへ, やうな, ような, オカカが, 声は, 声を, 妹の, 小説, 岩と, 後を, 心の, 心を, 朱盆を, 死骸から, 死體は, 母は, 目の, 眼に, 耳に, 耳には, 胸は, 話に, 部屋に, 部屋の, 長屋の, 長屋へ, 頭には, 顏は

3 [37件] あとから, からだを, ことから, もとへ, ように, 一の, 代りに, 側へ, 前を, 右の, 妻の, 家では, 家に, 家を, 手に, 手は, 方から, 方で, 死骸の, 死骸は, 父親の, 父親も, 目に, 眼を, 胸の, 膝に, 表情は, 言ふ, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 話で, 部屋へ, 野郎は, 間に, 阿魔, 鼻唄は

2 [112件] いうこと, おっかさんが, おふくろは, お園さん, お父さんも, ことが, そばに, もって, やうに, 三人が, 不平は, 不注意から, 二人の, 人柄を, 住居, 侠名が, 兄弟が, 先代が, 先生で, 共謀と, 処まで, 剃刀です, 前掛, 前掛けの, 功徳又, 又三郎, 口吻から, 名を, 命を, 喉を, 四人です, 場合には, 声, 声で, 外には, 太鼓は, 女房の, 奴は, 妹が, 嫁に, 字の, 家には, 家族は, 寝て, 寢て, 小屋を, 尺八友達で, 居た枝, 居所を, 弟分で, 強かさと, 形が, 後姿を, 心には, 性に, 想像し, 手から, 手で, 手拭か, 方に, 本心か, 朱盆ございましょう, 案内で, 死んだの, 死体は, 死骸からは, 死骸が, 殺された部屋, 母親は, 為に, 父親に, 父親は, 物で, 相棒の, 眼も, 着物を, 突いた刀, 窓の, 立って, 縁談の, 繁, 老母も, 肩へ, 肩先を, 背中を, 胸を, 腰掛けた床の間, 膝の, 膝小僧の, 虚無僧姿に, 袖を, 見る辛, 言った通り, 評判は, 話が, 話は, 誘惑, 誘惑に, 財布ばかり, 財布を, 貪慾な, 足は, 足音が, 身の, 部屋を, 野郎を, 頭の, 頭を, 顏を, 顔には, 鼓膜に, 鼻は

1 [940件 抜粋] あくどい喚き, あの先天的, あらゆる素質, いいなり, いうにゃ, いうよう, いう証拠, いとほし, いぬを, いる京都, いる所, うしろ姿が, おじいさんも, おぢ, おふくろに, お天気, お金入れ, かくれた意識, が烏, くどいに, ことである, ことは, ことも, このモノ, この愛想, ごときは, しょげ方, すべてを, そういう様子, その声, その日本じゅう, たのみを, つれて, ところで, ところに, なすまま, にはたんび, ひきつ, ひた向き, ふところには, ほうも, ほかに, まいた水の上, まはり, もしかも, もてなしを, もとに, やつれた顔, やつ頭を, よく弾いた, よろこび, ゐる六畳, ウチの, オカカには, クビククリの, サカモトの, ズックの, ソンキさん, バカ野郎, モチ竿を, 一家の, 一生の, 丈太郎が, 三人に, 三度目の, 三種が, 上衣の, 下着に, 不甲斐なさ, 中に, 主人すなわち, 主人は, 予想に, 二人連れ, 云ったごとくいつの間にか, 云った通り, 云ふ, 亡魂が, 人恋しい心, 仇気ない, 今日の, 仕業だった, 仕業です, 仲間の, 住む町, 住居に, 体が, 体の, 体を, 作だ, 作った朱盆, 作という, 使いと, 來る, 保久呂霊薬である, 俥の, 俥は, 側を, 傍に, 元気が, 兄の, 兄即ち, 兩人へ, 冷たい指, 冷やかに, 凄腕真に, 出入から, 切り方, 剃ったばかり, 前では, 勢であり, 勢鋭く, 化物屋敷と, 単純な, 卦に, 友情も, 取調は, 口に, 口振りが, 口裏や, 名が, 名だけが, 名も, 名前は, 吝嗇は, 周囲から, 味方に, 呻きを, 命ずること, 咽喉へ, 唇に, 問に, 喉笛を, 喚きなの, 嘗ての, 固くなった, 土手つ, 地獄耳です, 坂本新太郎は, 場合は, 士を, 声だ, 声だった, 声です, 声も, 外した隙, 夜歩きも, 夢が, 夢を, 大きく見開かれた, 大声だった, 大声を, 大神楽, 大股では, 大袈裟な, 天候でも, 天気のんびり, 奇妙な, 女と, 女房が, 女房だった, 女房に, 女狂ひ, 奴, 奴めこの, 好きな, 好色癖も, 妖しい美しさ, 妹だ, 妹を, 妻であり, 妻と, 妻は, 姉妹それに, 姉弟が, 姓に, 姿に, 威嚇にも, 娘だった, 嫡子才右衛門一貞は, 子でも, 子といふ, 子供らしい, 子分たちが, 子分に, 字が, 字を, 存在なぞは, 存在は, 孤独なあわれ, 学生服姿その, 実感であった, 家か, 家だ, 家でへん, 家より, 家宝を, 寝床を, 寝顔には, 寡婦キンである, 封爵を, 小さい家, 小さい耳, 小太刀の, 少女の, 少年らしく, 居どころが, 居る方, 屋前には, 岡っ, 左側の, 市中の, 帰ったあと, 帰って, 年に, 幽霊なんか, 度重る, 庭で, 建造に, 弱々しい言葉, 影が, 影は, 待って, 後ろから, 後ろへ, 後頸を, 徳であった, 心から, 心にと, 心も, 心持ちは, 心臓の, 心遣いは, 思想は, 性分を, 恋人である, 恐ろしい形相, 恰度眼の, 悪企み, 悪口を, 惡企み, 想いを, 意見の, 愚痴が, 感傷に, 感違ひなんだ, 態を, 態度の, 憂鬱を, 懐刀と, 戦争は, 所で, 手帳を, 手紙が, 手紙を, 手腕を, 打ち萎れるの, 技倆は, 拵えた玉子焼, 拾った青い, 持って, 持つて, 持物だったらしい, 持論だった, 指さす樹, 捏造では, 掟だった, 放埒から, 故郷の, 敗けでした, 断定にも, 新居を, 日々の, 日毎の, 昂奮を, 暮しだろう, 最後の, 朦朧と, 木戸まで, 本音だった, 朱盆ありましょう, 朱盆が, 朱盆は, 朱盆ばかりを, 机の, 村の, 来そう, 来るの, 来訪が, 枕許に, 様々な, 様子が, 様子までが, 樣には, 樣子に, 横手に, 横顔熱き, 正体も, 歩く方, 死に様, 死は, 死體を, 母にて, 母親に, 毎日の, 毒の, 気は, 気を, 気持としても, 気持も, 気質の, 氣と, 汚れた手, 泊まって, 注意を, 深刻極まる, 清い心, 溺れる有様, 滑り方, 潜りこんだ, 烈しい動悸, 無心を, 無残な, 焼印を, 爲には, 父では, 父は, 父も, 片目は, 物語は, 特ダネと, 狼狽には, 現人神の, 生れ更りだ, 生活は, 申出で一回の, 留役だつた, 異様な, 病人じみた, 病床を, 発って, 盆を, 目は, 相です, 相談に, 看病し, 真向を, 眸は, 眼光を, 眼附や, 着物では, 瞼に, 知った顔, 知らないこと, 知らぬ間, 知り得る譯, 神上陸の, 禮であります, 科白は, 稼げない日, 立つ四, 立場は, 笑くぼ, 笑顔を, 答は, 策謀は, 米と, 紙入から, 素足に, 素顔の, 紹介彼も, 組合せだけ, 縄尻を, 縺れ合った曲芸姿, 罪でない, 考えないよう, 聲, 聴取り, 肉の, 肚は, 肛門から, 胃袋を, 背後に, 胸では, 胸倉を, 脈を, 脳神経に, 脳髄は, 腰から, 腹の中では, 腹卷か, 自慢話であった, 自負心を, 舌は, 色シャツ応用の, 芝居に, 芝居懸り, 芸当だ, 苦味走った, 苦痛は, 草紙の, 草鞋を, 菜葉洋袴の, 落着先き, 蒼い顏, 藝當だ, 蝦蟇を, 血相の, 行くヤマダ合資会社, 行く麻雀屋, 行動を, 行李の, 行衛不明について, 表情を, 衰死という, 袂を, 裏切りすら, 裾に, 裾を, 襟首へ, 襯衣の, 見るよう, 親切が, 言い分は, 言うところ, 言ふこ, 言葉こそ, 言葉には, 言葉ほど, 記憶では, 訪れが, 訪れは, 許嫁でございました, 診察を, 話しである, 話の, 説明は, 調子は, 請人は, 豹吉は, 買って, 賃銀を, 足の, 足音を, 身に, 身の上を, 身は, 身体が, 身体を, 身柄を, 輩で, 辭する, 返答は, 這入つた階下, 逢った二回目, 連れて, 過失を, 遺品も, 部屋, 部屋だった, 部屋にも, 醜い顔, 野郎, 野郎うまく, 野郎に, 野郎も, 野郎何て, 野郎近在を, 鈍い眼, 鋏にか, 鏡を, 長い睫毛, 長屋を, 門から, 門口へ, 間は, 陳述を, 青春であり, 面を, 項を, 頬から, 頬桁を, 頭へ, 頼みと, 額は, 顔つきを, 顔へ, 顔活き活きとして, 顔色, 食意地の, 食物を, 飼って, 首が, 首尾であった, 駄弁に, 驕慢な, 驚いたの, 髷に, 魯鈍さには, 鼻っ

▼ 吉~ (879, 7.0%)

5 云った, 帰って 4 何を, 出て, 自分の

3 [12件] いうと, それを, また一人, 一緒に, 変な, 姉の, 戻って, 手燭を, 来て, 殺された, 殺されたの, 言つた

2 [64件] ある, お孃さん, お辰, ここへ, しょんぼりと, どんなに嫉妬, なぐりこんで, はいって, もう一度顫, キョロキョロと, 一人で, 下手人だ, 下手人なら, 下手人の, 不機嫌, 二人に, 佐渡屋の, 何か, 何の, 來たと, 例の, 借金だらけで, 傍に, 勝手口から, 半分横に, 受け取って, 命にかけて, 夜も, 大地に, 好きで, 小麦蒔く, 崖の, 帰ると, 帰るとき, 底から, 引取りました, 弦之, 悲鳴を, 手拭を, 接待ぶりに, 教えに, 東京へ, 此の, 殺されたん, 殺された時分, 殺された時刻, 殺された部屋, 殺されて, 沙漠の, 湯屋へ, 無心を, 目を, 眼を, 納屋へ, 自首する, 見事もんどり打ちました, 言うと, 訪ねて, 變な, 階下へ, 障子の, 鞘ごと出した, 預かって, 飛出しました

1 [693件 抜粋] あいだに, あきれて, あとから, あなやと, あの時, あふむ, あやしくなるだらう, あれほど, あんなに叱られる, あんなに喫驚, あんまりいろいろの, いいかげんに, いうには, いきなり陽子, いざ詣でよう, いたして, いった, いつのまにか逐電, いては, いないので, いひしに, いやあな顔, いる, うなずいた腹, うらやましげ, おもて, お八重, お前様を, お梅, お花札, かねがね駕籠かき人足, かれ蔵, きた, ぎょっとした, こうとは, ことも, この, このあっし, この大, この島中, この朝暁, この町筋, この近所, これまで, こわごわはい出し, こんなに早く, こんな贅沢, こんな贅澤, さう言, さも伝法, しかるべき軍人, しこたま溜め, して, しばしばカフェ, すぐ手, すっかり良い, せつせ, そういうの, そう云う, そう見た, そこで残り少な, その中, その前, その助手, その失踪, その客筋, その怨み, その手紙, その方, その隣, それこそ, そんなもの, たつたひとり浅瀬, たびたび妹, ためと, だまって, ついぞその, つかまへたやう, つかまると, つくづくと, つれだって, としよりだったから, どこの, どの程度, どんな可, どんな心掛け, なおも強く, なぐりこみの, なにかと, なにげなく水桶, のたうちま, はいったあと, はじめ息子を, ひったくって, ひとりで, ひょいと顔, びっくりし, ふところから, ぼんやり坐っ, まずそれとなく鹿爪, またも気, また向, また向う, また追廻す, まだお腹, まだ夢, まだ東京, まっ先にドタドタ, まるで生れ変った, むかし女郎であった, むつかしい顔, やかましく云わない, やられたッ, よい程, ようやく立っ, よくやる, アゴを, アパートへ, カブトを, キチンと, キライの, クビを, グッと, コレラ騒動の, テーブル, デッキから, フトンの, フラリと, ホールに, ランドセールを, 一つずつ, 一体どんな, 一層無口, 一日に, 一番嫌いな, 一足先に, 一錢蒸汽の, 七月十三日に, 三人三様の, 上って, 上達した, 下っ引, 下方を, 不利な, 中途で, 丸天井も, 丹前を, 主人公だ, 久しぶりに, 事務室に, 二三度瞬きし, 二十一お, 二十八の, 二十歳に, 二階へ, 云いますと, 云ういったい, 云ひました, 五円札を, 京都の, 人気盛りである, 今ここで, 今まで, 今坐つ, 今夜半, 仕事から, 仕入れの, 仕掛けて, 付きまとって, 代って, 伸一郎の, 住んで, 何やら切り, 來た, 俄かに, 僕の, 元の, 入って, 八犬伝を, 六十で, 其処に, 再び掘ろう, 写し出す日章旗, 出会つた, 出征に, 切り廻して, 前の, 前へ, 十七歳で, 卓の, 南海通の, 占領する, 去って, 参らせた蝋燭, 又注意, 取入れつつ, 口を, 叫びを, 叫んだ, 可哀相で, 可愛いから, 右側に, 号令を, 吃驚する, 同座で, 名古屋へ, 命令する, 唖ながら, 唸る韻, 土間の, 地面へ, 執固く, 報知新聞社長を, 声を, 夜なべを, 夜毎に, 大きな箱, 大熱心, 大阪に, 奉公し, 女の子だったら, 女郎買の, 妙に, 妻恋の, 妻恋稲荷様の, 嫉妬を, 嫌ひです, 子分たちを, 子分と, 子分を, 家の, 寒空の, 寝床で, 尋ねると, 小判で, 少女の, 少年本来の, 居た, 居ねえ, 居るん, 屍体の, 屡々時, 山下松次に, 崖下に, 左右に, 帰つ, 帰つて来, 帰りさえ, 幸福そうな, 幹の, 座敷に, 庭先から, 延び倒れて, 引っ返して, 引つたくるやう, 引つ返して, 当然に, 彼等と, 待って, 待つて, 後から, 後に, 従兄弟たちと, 御新造を, 徳利の, 心からの, 心得て, 心配そうに, 念入りに, 急に, 怨まれて, 怪しそう, 恐る恐るうかがい, 恐る恐る差し出した, 恐ろしい顔, 息を, 悪事から, 惚れるも, 惡事から, 憎くなっ, 憔悴しきった, 懐かしい巴里, 戦争について, 戸畑の, 手で, 手に, 手籠の, 打って, 持つて, 指さすの, 指定した, 据えて, 描いて, 擂った, 支那人に, 政友会の, 教室へ, 敵である, 文字春の家の, 新聞紙を, 早く出勤, 早く帰る, 時計を, 書類鞄を, 曾て, 最初に, 朝子を, 杖に, 来た, 来たと, 来た時, 来ないと, 来ましたよ, 柳永二郎の, 桜餅の, 梅田へ, 棄鞭を, 棒の, 棲んで, 椅子に, 検めた新仏, 横から, 次の間へ, 歩くの, 死ねば, 死んだの, 残して, 段々かわい, 殺されましたよ, 殺されるの, 殺したという, 殺したん, 殺すと, 気でも, 気の毒に, 気ばかり, 水の, 水を, 氷いちごを, 沈みきった声, 沈痛な, 泥酔し, 流暢に, 浄瑠璃の, 浴衣脱捨て, 渋谷の, 満足した, 漠然たる眼, 炭を, 煙草を, 熊に, 燈心の, 爺さんに, 牛を, 現はれる, 現れた, 生の, 生れぬ前, 生れるよう, 田村に, 男に, 男の子を, 町の, 病んで, 痩せた影, 癪に, 登場する, 白目を, 百姓らしい, 百日咳で, 目明し万吉の, 盲唖学校を, 相続した, 真直に, 真面目に, 眺めると, 眼ざとく目付けギョッと, 睨んで, 知って, 知つてゐた, 石炭庫の, 社長を, 祇園荘へ, 私の, 私達の, 空の, 突然便所, 窓下から, 立ち塞がって, 立停まった, 笑った, 笑ひ, 答えた, 紋附を, 終ひ, 結ひ上げたる, 絶えて, 続けようと, 縁側の, 縛つて來る, 縛られ弥助, 繩の, 罵りかへ, 老侯に, 老母の, 聞いたらさぞ, 背に, 背中から, 脚の, 腕を, 腸が, 自分じ, 自分は, 自害した, 舞台で, 芝居染みた, 芸者遊びに, 菅子や, 葉子の, 蒼くなっ, 薄暗いうち, 處刑に, 蛇の, 蝙蝠傘を, 血だらけの, 血相かえ, 行くぜ, 行方を, 行方不明に, 袂から, 裏の, 裸馬に, 襷がけで, 見たの, 見上げると, 見付けたの, 見物してる, 見舞を, 見附け大, 親の, 言った, 言ったごとく梓, 言つて來た, 言葉を, 討ったよ, 許嫁である, 証人で, 詩神の, 話すところ, 貰った筈, 資産家に, 贔屓な, 赤い壇通, 走りだすと, 起きたからの, 起ち上ろうと, 越後新報社へ, 足を, 身の毛の, 身を, 身投げでは, 辛うじて名前, 近所の, 追い着きだして, 追い討ちに, 退治に, 這入って, 通う日, 遊びに, 遊蕩に, 選挙違反について, 邪魔であった, 邪魔に, 金に, 金五郎の, 金輪奈落の, 鍵屋へ, 門口から, 附いて, 附き添い故, 陽子の, 階段へ, 隠したと, 雪子に, 項垂れて, 預つて, 顔を, 風呂場へ, 風呂敷包みを, 飛下りた, 飛出した後, 食事の, 食堂に, 養子一件を, 駆け上つた後, 駆け登つたの, 駈けつけた時, 驚いて, 髪ふり乱し, 黙って

▼ 吉~ (603, 4.8%)

12 呼んで 11 連れて 8 見て 7 見ると 6 殺したの, 相手に 5 先に 4 殺した, 殺して, 見つけて 3 呼んだ, 待って, 殺した下手人, 縛って, 背負ったまま, 誘って

2 [47件] お燗番, つれて, はじめと, 一と, 使って, 促して, 兄貴と, 先頭に, 出して, 刑死させた, 助けたさ, 助けよう, 呼出して, 嗾けたのは, 封じ込んだ納戸, 引出しました, 張本人と, 後から, 抱えて, 指した, 案内した, 欺し, 殺した上, 殺した匕首, 殺し福松, 深川の, 物色しました, 睨むよう, 睨んだ, 納戸に, 縁側に, 縛り上げて, 肩に, 背負って, 脅かして, 舷から, 見あげて, 見た, 見上げて, 見付けるの, 見凝め, 訪ねて, 誘った, 越して, 頼んで, 騙して, 驚かした

1 [424件] あずけたもの, あらためて蘇生, あわれんで, いじめると, いとど怪しく, いま, うごかすため, うしろから, おびきよせる囮, おぶつ, かえしました, かき口説くの, かくしてそこでお, かこんで, ぐいぐいと, しっかりした, して, すくって, せきたてたが, そこから, そこに, その次に, ぞんぶんに, たたくから, つけて, つけ廻して, てこずらしたよう, ともかく曲馬団, とりまく職人たち, どうしよう, どう思う, どう思ふ, どなりつけました, どのよう, なじった, にらみつけいつ, はじめ十数人の, はじめ友田喜造江崎満吉ド, はじめ旧, はやくりっぱ, はら, ばっさりという, ひきとめた銀ちゃん, ひきとめて, ひどく淋しがらせた, ふり顧, みちびき奥, みつめてから, めくらに, もって, もてなしました, やっつけましたので, ゆすり上げながら, ゆりあげながら, ゆり起して, ゆるせ, よこして, よび出して, よんで, わざとらしくうちの人, グッと, ドッと, 一人で, 一人前に, 一眼見た, 一睨み, 一瞥しつ, 三百代言の, 上らせまいと, 下へ, 下ろして, 下手人に, 下駄屋に, 不思議そうに, 不憫がっ, 主人の, 乗せた小船, 乗せると, 九十郎は, 事務所の, 二人共丸裸体に, 云いくるめて, 介抱し, 仕込んで, 仲之町の, 仲間に, 会わせたの, 伝法院の, 伴れ, 何と思っ, 何処までも, 使つてお, 使つてお前から, 促しながら, 偏愛する, 傍に, 兄ちゃんと, 入籍した, 内へ, 凝視ながら, 出養生, 別室へ, 刺した脇差, 力に, 加えて, 助けた, 助けたかったん, 助けたかつたん, 勘弁し, 勘辨し, 勤めて, 半ばくどきおとす, 又も, 反対が, 取って, 取りおったな, 取り巻いて, 取り押えて, 取持ったんだい, 取挫ぎて, 召し連れまして, 叱るの, 同化させる, 名儀上社長, 呪ったが, 呼びかけた, 呼びたてた, 呼びとめた, 呼び出し, 呼び出したこと, 呼び手前一人跡, 呼び止めた, 呼び正月, 呼んだり, 呼んだ声, 唄うよう, 嘲った, 嘲笑し, 囲って, 囲みその, 囲み人家, 土藏の, 坐らせて, 外へ, 大切に, 大将と, 大阪で, 大阪へ, 失望させた, 奧の, 奪はれた, 好い船頭, 好かないで, 妾に, 嫌って, 嫌つてゐた, 嫌つて家へ, 子供あつかい, 安心させた, 実父に, 宥めなかったら親分, 寝かさなかった, 射ったので, 射つなら射って, 尋ねて, 小突く, 小突こうと, 川へ, 市兵衛の, 帰すと, 幸次郎に, 庇いつつ, 庭へ, 引きずり込んだ, 引きたてて, 引き起して, 引っ立てて, 引っ立てました, 引上げた, 引立てて, 引立てました, 引立て出づ, 引致の, 引連立出ながら, 弟子入りさせた, 待ちこがれて, 待つに, 待受けた, 後に, 後に殘, 後へ, 後ろから, 従事せしめる, 必ず, 応援し, 思って, 怨んで, 恨もうという, 恨んだ, 悒欝の, 想い出した, 想つてゐる, 想像し, 愛しも, 愛するの, 慰めて, 慰めに, 憎んで, 戒めて, 戒める材料, 戸口の, 手で, 手なず, 手なづけ, 手一つに, 手真似で, 手籠に, 手籠めに, 打撞, 扶け, 抛り込んだ押し入れ, 抱いて, 抱きかかえた, 抱寄せ, 押しのけようと, 押しやろうと, 押へ, 招んで, 指さしたの, 指さし乍ら, 指したの, 指して, 指しました, 挙げるとき, 挟んで, 振りかえって, 振り切って, 振り捨て, 振り捨てて, 振り返った, 捉えた, 捕えて, 捕へてからの, 捕まえまして, 捕まえますと, 捜す為, 探したい一心, 探し出し板倉屋, 撲って, 擔ぎ出し不, 擧げようと, 擧げる時, 攫って, 救いに, 救うべく俵一八郎, 救出し, 斬って, 斬つて, 斬らずに, 早く早く, 最初に, 東京に, 東京へ, 案内し, 棄てると, 権田原へ, 横ざまに, 殺させるかわり, 殺したお前, 殺したとでも, 殺したん, 殺したんで, 殺した人間, 殺した今村, 殺した厄介, 殺した明治中世, 殺した本, 殺した本当, 殺してから, 殺しでも, 殺し小僧, 殺すわけ, 殺す気, 殺す氣, 殺す約束, 殺らすつもり, 母の, 水から, 浮きた, 海に, 温めたこと, 湖の, 激怒させた, 無性に怒らせた, 無理に, 無言で, 物の, 物蔭に, 狼狽させかけた, 生み二十六, 生んだ, 生んだが, 生んだの, 畏敬する, 痛める訳, 盗んで, 相格, 看護婦に, 眠らせなかった, 眺めては, 睨みつけたよう, 睨みつけて, 睨みました, 睨むと, 睨んだきり, 瞶めて, 知ったの, 知らんとか, 神経の, 突き除けて, 篠田が, 紹介しはじめる, 紹介しよう, 縄張問題から, 縛った俺, 縛った関口, 縛つた俺や, 縛つた關口の, 縛つて了ひました, 縛つて行く, 縛らないの, 縛るわけ, 縛れツ, 罪に, 罵った, 羨しがった, 考へると, 育てた婆, 背負ったまま屋根, 背負った下婢, 腹に, 膝に, 自分の, 致し凶, 落ちないよう, 落籍そうと, 藤心村の, 表すもの, 表へ, 見そ, 見たから, 見た目, 見つけ, 見つけた, 見つめた, 見つめて, 見つめる, 見ながら, 見に, 見やった丈, 見ら, 見上げたが, 見付是は, 見詰め, 見詰めながら, 見詰めるの, 視て, 親戚に, 訪ねた時, 評して, 誘いデッキ, 誘い出して, 誘つた, 誘つたのさその, 誘拐し, 説いた, 説得し, 誰が, 警戒し, 象使いの, 賞讚した, 贔屓に, 走らせて, 起した, 起そうと, 軽蔑し, 辱しめでも, 迎えて, 迎えに, 迎える鶴松, 迎へて, 追いかけ残った人数, 追いくたびれて, 追い立てて, 追つ, 追ひ, 追ひやる, 追窮する, 退屈の, 送った帰り途, 送つた歸, 連れその, 逮捕する, 遽然と, 邪魔に, 邪魔には, 部屋の, 酒やの, 防ぎながら, 防空監視哨の, 附属病院から, 除いて, 隣の, 隣りの, 電話口に, 静かな, 非難も, 頼りに, 顎で, 顧みて, 顧みながら, 顧みました, 顧み乍ら, 驚かして

▼ 吉~ (495, 4.0%)

18 一緒に 17 ヒョロ子は 9 タヌが, タヌは 6 ヒョロ子を, 二人で 5 ヒョロ子が, ヒョロ子の 4 いって 3 お照, し相剋, なって, ヒョロ子夫婦は, 申しますが, 申すもの, 私は, 藤助の, 言ふ, 話を

2 [42件] ある, いえば, おしかは, お新, お町, お種, お芳さん, その子分たち, どんな話, もう一人, タヌの, 一緒だ, 下男の, 並んで, 云ふ, 人夫が, 仲が, 似て, 八五郎に, 呼ばれた梟, 大同小異で, 小駒, 平次, 広子の, 手馴れぬ燒鳥, 新太郎を, 正太の, 気が, 清松は, 甥の, 申します, 申しやす, 直次郎と, 相対に, 相談し, 福松を, 腹に, 藤助が, 踊って, 野幇間の, 野幇間七平の, 隣に

1 [302件] あったと, あつたり, いいました, いい今, いい女房, いい少女, いい父, いい牢屋中, いうて, いうと, いうよりも, いってさ, いつた風, いつて, いやあいつか, いわれし軍夫, おしか, おしかとは, お加代, お吉, お幽, お松とは, お米, お綱, お辰, お銀, お駒, くるか, ここで, この弟, し右七年, し婦人, すっかり仲, すと, すること, するん, する応変, そのオカカ, その子分, たった二人, たつた二人, つけようと, つれだって, なったかを, なにか牒, なほは, ならチケット, なると, ひたすら急ぐ, ふざけるつもりだつたのでせう, やらいう兄さん, よばれた若者, よばれて, よもし, わかつて, アナタじゃ, キッチンの, キンと, タヌから, ヒョロ子かも, ヒョロ子だ, ヒョロ子だけが, ヒョロ子では, ヒョロ子とは, ヒョロ子夫婦である, ポピノが, ポピノは, メートル法の, ロンシャンから, 一二時間も, 一所に, 一番仲よく, 一番仲を, 一酌中彼が, 三人連れ立っ, 下女の, 世間ばなしを, 両人で, 主人の, 二ツの, 二人づれで出席した, 二人並ん, 云う学校友だち, 云う者, 云う色物専門, 云う魚屋, 云は, 云ふなら, 云る, 云者なり, 交替する, 人夫も, 仇名の, 仲好く, 仲直りする, 仲直りの, 伊太郎という, 伊太郎といふ, 伊太郎は, 伊太郎はど, 伊織の, 会わせて, 伜の, 來あがる, 來たら, 兄弟同, 入れ代って, 内儀の, 凶と, 出ましたからと, 出るか, 出れば, 初太郎が, 初太郎は, 別れた, 別れたと, 別れた夜, 別れた房一, 医者二人だけ, 卓一は, 反対の, 同じよう, 同じ位, 同じ境地, 同じ年, 同じ扮装, 同じ炬燵, 同一人なり, 同級生に, 名のった, 名のりふたりを, 名を, 名乗って, 名乗る女, 名乘, 名告, 向かい合い, 向ひ, 呼ばれた男, 呼ばれて, 呼んで, 命名けたの, 団八とは, 地主の, 坂野が, 坂野の, 堅い固い約束, 堅い約束, 声を, 多之, 大喧嘩, 大羽藤蔵, 大辻とが, 大辻とは, 太刀川時夫だ, 夫婦約束を, 妹の, 妾が, 始めて知合, 姪の, 娶合せさうに, 娶合せること, 婚合せる, 婚礼の, 子供の, 対等の, 小人の, 山崎孫七郎の, 島君とは, 川下村の, 左門の, 広子に, 広子は, 店の, 弁次郎と, 弁次郎は, 弁次郎を, 弥助が, 弥助の, 弦之, 張り合ったん, 張り合つ, 張合って, 張合つて近江屋の, 彌助が, 彌助の, 待ち合せ文房堂, 後で解りました, 心中を, 心得て, 忍は, 思うよう, 思って, 戦って, 房一は, 房一を, 手馴れぬ焼鳥, 打ち合せが, 握手した, 文三は, 新夫人, 昵懇な, 月の, 朝日ビル地下の, 来たら日本一, 来や, 松之助だけが, 松之助と, 松之助も, 枕を, 柚木与市が, 案内し, 歌枕で, 正太とを, 歩いて, 比べて, 決まつたら, 河岸の, 浮名を, 海老の, 清とが, 清とは, 清松が, 清松を, 清松夫婦は, 渾名を, 澄江は, 熊次郎の, 珍探偵大辻だった, 生證人, 申されました, 申して, 申しました者, 申しますかな, 申す, 申す不束, 申す人, 申す仁, 申す奉公人, 申す芸妓, 番頭と, 異名を, 異名取る, 眤懇な, 眼を, 知らずに, 知りあった, 称え決して, 竹造を, 範之丞とが, 米八, 米搗きの, 組んで, 結婚した, 結婚したくない, 職人の, 腸蔵, 腸蔵に, 腸蔵に対して, 腸蔵如何に, 腸蔵驚くまい, 自分と, 自分とで, 自分との, 自分とは, 船頭の, 芳子が, 茉莉は, 葉子の, 藤助は, 衾を, 見当を, 見當, 親しかつ, 言う若者, 言つた遠縁に, 言つてな, 言つて十九房州から, 言ひます, 話したとき, 話して, 走り書きし, 踊りたがった, 辨次郎と, 辨次郎は, 辨次郎を, 逢う約束, 逢ふ, 逢引した, 連れ立ちて, 進んで, 違つて中学の, 間借りし, 間違へ, 関係を, 陽子の, 階下に, 離れるの, 靴磨きの, 顔を, 饗庭芳子とが, 鬼七は

▼ 吉左衛門~ (422, 3.4%)

8 の家 6 と金兵衛, のこと, はその, は言っ 5 はおま, はそれ, は言った, は金兵衛, や金兵衛 4 は半蔵 3 が彼, が生前, が言い出した, が言う, が言っ, に似, の目, はまた, はまだ

2 [24件] が自分, が見立てた, が言い出す, が青山, だ, でございます, とおま, と半蔵, と年寄役, にし, のところ, の時代, の足, の遺骸, の隠居所, はすこし, はもはや, は上, は家, は床, は言葉, は隠居, もめっきり, をよろこばせた

1 [286件] おまん, からしかられた, からの依頼, から佐吉, から家督, から見れ, から譲られた, から青山, があたり, がいた, がお, がこんなに, がすわっ, がその, がともかく, がはいっ, が交遊, が代, が余生, が六十四歳, が半蔵, が実家, が宿役人ら, が当主, が忰, が施主, が残した, が沈黙, が生まれた, が笑う, が羽織, が老, が言いかける, が言った, が言葉, が退役, が金兵衛, が隠居所, が隠居時代, が隣家, が養育, それから今, ですら, でも容易, で泣いて, で通る, という庄屋, という豪家, とか八左衛門, とか蜂須賀彦右衛門, としてあまり, としてはあれ, とそろっ, との話なぞ, とも一緒, とも違い, と一緒, と同じ, と問屋, と相変わらず, と隣家, と顔, などがうわさ, などが居, なり金兵衛なり, にそっくり, にその, にそれ, にたずねた, について, にとって長湯, にはすでに, にはまだ, には慰み, には時に, には隠そう, にふたり, にもそれから, にも告げ, にも思わず, にも陰ながら, に交わり, に付き添い, に劣らない, に劣らなかった, に比べる, に縁故, に見せた, に言っ, に話しかけた, のうわさ, のそば, のため, のつもり, のよう, の亡くなった, の代, の代理, の前, の名, の名代, の問屋役時代, の報告, の墓, の妻, の姿, の孫たち, の容体, の当惑顔, の形見, の心, の心配, の忰, の思い出話, の恩顧, の悲哀, の掌, の方, の案内, の残した, の父, の甥, の病, の病気, の病状, の百, の祖父, の老衰, の耳, の袖, の言い草, の言葉, の記憶, の許し, の調印, の身, の返事, の述懐, の退役以来手伝い, の隠居部屋, の顔, の養母, の髭, は, はいくらか, はいまだに, はお, はかね, はきき, はこう, はこの, はこれ, はしばらく, はすでに, はそこ, はそんな, はちょうど, はとかく, はと見る, はなかなか, はひとり, はまず, はむっくり, はもう, はもはやめったに, はゆっくり, はよく, はわずか, は一風呂, は三浦氏, は三留野, は五十一歳, は会所, は吉左衛門, は味噌納屋, は命令, は和算, は嘆息, は坂, は多分, は多年尾州公, は夜通し, は大きな, は大家, は奥, は定紋付き, は容易, は寝, は尾張藩, は山, は年老いた, は広い, は庭, は式台, は役目, は徒士目付, は思いついた, は思い出した, は思い沈み, は思わず, は感じ, は持ち前, は日ごろ, は旧い, は普請場, は更に, は最初, は木曾福島, は本陣, は村, は枕もと, は根, は案じ顔, は梯子段, は気がつい, は深い, は炉ば, は炬燵, は煙草盆, は目, は相手, は福島, は笑い, は笑い出した, は笑った, は繰りかえした, は考え, は自分, は至極, は裏二階, は見送り, は言い添えた, は言い添える, は軽く, は長崎奉行, は関西方面, は隣国, は青山, は頭, は駕籠, は高いびき, は麻, ばかり続い, までが出, まで本陣, もおま, もかたわら, もまた, ももう, も京都, も代, も伊之助, も半蔵, も多く, も失望, も工作, も彼, も心配顔, も案じ, も茶色, も言い出した, も言った, も酒, も隠居, も骨, やおま, や半, や半蔵, や金兵衛ら, よりも年長, をさがした, をも茶道具, をも金兵衛, をよろこばしうる, を埋めた, を待っ, を招いた, を探した, を泊めた, を立てるなら, を義理, を自分, を見送っ, を誘った, を驚かした, 及び小林義信等

▼ 吉~ (393, 3.1%)

4 伴れられ, 向って, 向つて, 言つた, 頼んで 3 して, 気が, 言って, 言われて, 話した, 逢って

2 [29件] きくと, 云った, 代って, 促されて, 別れて, 告げた, 好意を, 左の, 平次は, 手柄を, 挨拶し, 捨てられたの, 本人の, 案内され, 氣が, 渡した, 紹介した, 組付くと, 縛られたに, 縛られました, 罪の, 聞かされたが, 船を, 言うと, 言った, 言はれる, 訊いて, 訊かれたが, 預けて

1 [297件] あずけて, あった, いいつけられて, いった, うち明けた, うんと叱, おすぎ, おどかされて, お内儀さん村, お鉢が, かまつた方, きいた, ききそれから, くって, くれぐれも頼んだ, くれて, げんこを, さ, ささやき加減, さしさらに, したっとく, したところが, しつこく云い絡まろう, しても, しゃべらせないの, そっと教, そっと教え, そつと, その一端, その話, そろそろ元気, そんな器用, そッと, たずねると, だめを, ちがいない, ちょっと優しい, ちょっと来, ついて行った陽子, つきそわれて, つきまとって, つらい兄, つれられた十七人, とつて, どきんとし, どんな魅力, はちよつと, ひき渡す時, ほとほと同情, まわした, むかって, もう無性, もつれついて, もらすの, やったの, やつた, やるがな, よく判った, シビレ薬を, ソッと, バケツの, マスノは, 一応訊きただし, 一男三女が, 三万円を, 三千円の, 事情を, 二俵道之助に, 五円それぞれくれ, 人気が, 今度ばかりは, 仰天した, 会いたくなった, 会う, 会はう, 会わす顔, 似た冬吉, 何か, 何を, 例の, 依つて手ほどき, 依頼する, 働きが, 先へ, 兩人とも, 再会した, 出られては, 出会った, 出会ったの, 分けそこ, 別れた, 到るまで, 助けられた, 化けて, 北が, 却って躍起, 取っては, 口さえ, 口さへ, 口も, 叱言, 合図を, 同情しました, 向う方, 向つて言つた自分, 向はれ, 向ひ, 呼ばれたけれども, 呼んだ時, 因果を, 変って, 変ると, 変装し, 大した望み, 大事に, 大方店の, 失望した, 奪い取られました, 委せ自分, 威圧を, 嫁つた, 嫁を, 実子が, 対抗させる, 対診, 専太という, 尋ねた, 尋ねながら, 對し, 對する, 小藤次, 就いても, 川へ, 川瀬は, 差入れを, 席を, 帰し平次, 店の, 引かせ新茶屋, 引き挙げられて, 引つ掻かれたの, 引導を, 彼は, 往復ビンタを, 忠告し, 念を, 思わせた, 思召しで, 恥辱を, 惚れきつて, 惚れて, 惚れ切って, 想像された, 意見めいた, 戻って, 手引きさせ, 打ちつけ蓮池, 打向ひ, 托したところ, 扮した, 押し付けて, 拾は, 持たせて, 持ちかけた, 持ちかけると, 探らせて, 援けられ, 撥ねつけられたこと, 教はった, 教わる必要, 最初の, 望みを, 未練も, 柳等が, 案内させ, 横取りされた, 樫山村の, 歸し, 残して, 毆られる, 毎日の, 比べると, 気がついて, 泛ば, 注いで, 注ぎつつ, 浮かれて, 清松という, 清松は, 渡して, 渡し竹一, 渡りを, 無いこと, 熱中し, 現わる, 當らせませう, 疑いが, 疑ひがか, 痛手を, 百両の, 百兩の, 盗まれ腹, 盜まれ腹を, 目礼し, 相違ありません, 相違なかつた, 相違は, 眼くばせし, 眼で, 知らせる時, 知られて, 礼を, 突き当りざま, 突っ込まれては, 答えた, 箔を, 絞められる前, 絡んで, 綱を, 聞えたはず, 聞えた筈, 肱鉄砲を, 背を, 腫物が, 自首させる, 自首の, 茉莉との, 蒼ざめた手を, 蝶子は, 表現の, 見せた, 見せて, 見て, 見下された, 親しい男, 親しくし, 解かれた縄, 言い出そうと, 言い聞かせると, 言い言いしたが, 言つた程度の, 言はれ, 言わせると, 言われたお, 訊いても, 訊くと, 許して, 訴えた, 訴へる, 診て, 話しかけた, 話したこと, 話すと, 誘い込まれたの, 誘い込まれて, 語った, 語ったところ, 読めた, 變ずべし, 變裝し, 起させた, 趨かんと, 身の上を, 迫ったの, 送らせて, 逃げられなければ, 逢いて, 逢いに, 逢い与三, 逢うため, 逢ったが, 逢ったとき, 逢つて心持を, 逢ひ, 連れられて, 違いなかった, 遮られた, 金子を, 間違ひありません, 雀の, 難儀を, 雨傘を, 雪子が, 電気を, 預けられけるが, 預けると, 頭を, 頼まれて, 頼んだ, 顎で, 飛か, 食べさせて, 飽きが, 首を, 駄々を, 鬱憤は, 魂を

▼ 吉さん~ (357, 2.9%)

8 はお 43 か, じゃない, の方, の死骸, は人, は何

2 [49件] かね, か二番目, があの, が云った, が引, が病気, が訊いた, が通る, こんな事, でございます, という, というの, とこの, とヒョロ子さん, と云, と面白く, にお, に行李, のお, の人柄, の如く, の幸福, の所, の様子, の眼, の笑い声, の縁談, の言, の風采, はけれども, はなお, はね臼, は一種, は久し振り, は他愛, は何とも, は大きな, は少し, は御新造さん, は意外, は未だ, は横網, は甘い, は私, は私達, は良い, は長吉, ももう, を呼ん

1 [229件] いけないかね, おめでとう, かどう, から二百円, が, があんまり, がこ, がこの, がすっかり, がその, がどんなに, がやがて, が一七日塩断, が云っ, が使, が使つてお出で, が勤め, が口, が可, が可哀想, が外, が客人, が帰つて, が情人, が持っ, が持つ, が新婚, が日本六十余州, が暑, が死し, が殺された, が殺されたさうで, が毎日, が気, が泊, が泊っ, が私, が藤屋さん, が試験, が誰, が赤彦君, が踊り子, が遅い, が銭湯, が錢湯, が風呂, が鳥打帽子, こんな人, だから, だって少し, だと, だわ, ておっしゃいます, で, である, です知ってるでしょう, でせう, とあっ, とあゝ, というお, という二番目, という女, という姐さん, という植木屋, という男, といっしょ, といふの, といふ人, といふ少年, とか言った, とが送つ, とごく, との場合, とは從兄弟, とももう, とやら, と一緒, と弁次郎さん, と御, と番頭, と言, と話した, と辨次郎さん, どうかした, などが來, なんかと松坂町, にあなた, にいっしょ, にかか, にこの, につたえ, にはあの, にはいくらか, にはその, には解るまい, に取られ, に往, に気兼, に無限, に相手, に縄, に繩, に見, に言, に逢っ, に逢つて, の, のところ, のは弟さん, のは気病, のもの, のやう, の事, の伯父君, の名, の向う, の夫, の姉妹, の宅, の家庭, の後, の手, の死, の死に目, の母さん, の汽車, の虚しい, の許, の隣り, の首, の鳥打ち帽子, の鳥打帽子, はあっち, はあの, はいつも, はえらい, はお可, はきっと, はこの, はこれ, はさっぱり, はそり, はそりゃ, はちょっと, はどう, はまだこれから, はもう, はハモニカ, は一人, は今日, は体, は何ん, は兄弟, は先, は先月, は六畳, は其, は凄い, は半, は半ば, は子供, は家, は御, は怨ん, は恋, は恥し, は新橋, は昨夜, は本当に, は案じ, は椅子, は橘屋, は死ん, は殺され, は泣く, は眠さうな, は絵はがき, は脇, は芸者, は試験, は貧乏人, は踊り子, は釣手, は障子, は隣字, は雨, は青木さん, は鳥渡長吉, へちょっと, へはわたし, へ宜しく, もお母様, もどこ, もはっきり, も乗る, も仇, も今, も倉, も友伯父さん, も呼べ, も家業, も成りた, も手, も相当, も達者, も駈けつけ, やっと気がつい, やら灰買い, や友伯父さん, や灰買い, より先廻り, をアア, を今日, を帰し, を殺し, を殺した, を毛嫌, を洗っ, を置い, を見る, を諦らめ, を起した, を追出し, を送っ, 云いだしっぺ, 好いか, 泣くの, 羨ましいな, 見いなア万次郎

▼ 吉三郎~ (343, 2.7%)

14 の家 7 の死骸 6 の野郎 5 の言葉 4 と金次, の外, は河豚, は相模者, を殺した 3 の奥州, はお, はその, は少し

2 [50件] か金次, が前, が十四日, が戻る, が昨夜, が毒, が河豚, が納屋, が若く, だけで, とお, とお松, と一緒, と外, と嫁, に云, に向, に売った, に未練, のおいらん, のところ, の仕業, の声, の心持, の母, の派手, の盃, の道中差, はあの, はかう, はニヤリニヤリ, は仲間, は何, は安心, は平次, は彼, は支配人面, は母, は漸く, は薄情, は足止め, は逃げ, は遊び人, は長途, は魚取り, も下女, をキリキリ, を去らせた, を殺し, を縛れ

1 [179件] かさねて, からは五兩, から聽, から貰, から貰った, がつい, がなほ, が吟味中, が大, が大阪, が家, が帰っ, が帰る, が後, が手, が昨日, が昨日歸, が此處, が歸, が歸つて來, が死ん, が母, が燭臺, が真ん中, が縛められ, が臺所, が身の上, ごときに, じゃありません, せつなくわたくし, だ, という, という年輩, という男, といふ十七, といふ男, とその, とどこ, とも心安く, とハタ, と云, と云號, と何, と何處, と名付互, と密通致候覺, と對決, と氣, と申者, と相, と相続争い, と総, と總助, と親し, などが丁寧, なら知って, なら知つて, なり其譯, にはあら, に娶せ, に對, に對面, に手渡した, に添, に渡しけれ, に申樣二人, に約束, に菊, に賣, に賣つたさうだ, に返さ, に逢度, のいじらし, のいぢ, のすき, のみで, のやられた, の二人, の二人っきり, の兄, の声色, の姿, の明るい, の殺された, の父親, の狙った, の狙つたの, の穏当, の穩當, の聲, の豫期, はさ, はそう, はそれっきり行方, はそれつ, はたしかに, はちょうど, はつと, はどんな, はまじ, はまじまじ, はまだ, はギョッ, はギヨツ, はグツ, は一, は一足, は丁度三十, は三拜九拜, は三拝九拝, は二日, は二日遲, は云, は人, は今宵, は元気, は其方, は勿, は叮寧, は嘗て, は多分, は大, は大阪, は少しおろおろ, は彌, は惘れ果て頼, は愛想, は指, は揉手, は此處, は殺さるべし, は殺され, は池田屋, は流石, は當時旅籠屋, は盜賊, は素より, は自分, は苦し, は追, は長老, は飛んだ, までがけ, もお, も傍, も見た, より調, をおびき出し, を下, を召捕べし, を呼出し, を喪, を娶, を娶合わせ, を嫌, を嫌う, を子供扱, を庇, を庇った, を従え, を從, を殺す, を殺せ, を無事, を牢舍さ, を盜賊人殺し, を知っ, を知つて, を科, を見る, を誘つたの, を追返し, を送り, を連來, を顧みます, 大いに悦び, 如きに, 尋ね來, 思ひも

▼ 吉五郎~ (321, 2.6%)

7 はまた 4 お辰, はその, もうなずいた, を婿 3 に大工, の娘, の顔, は, はお, は云った, は先, は思った, もその

2 [41件] がどこ, でございますが, でした, という人, とお前さん, とその, と丸屋, と兼松, と福松, と長次郎, に相違, のところ, のほう, の仕業, の弱, の言葉, の重い, はすぐ, はひそか, はやはり, は一番先, は主人, は俄, は再び, は又もや, は子分, は少し, は手, は激しく, は疑惑, は相手, は私, は笑っ, は笑った, は舌打ち, は諭す, は長い, は頬かむり, は馴れなれしく, は黙っ, や要

1 [189件] お留, か, から八丁堀, がさしつける, がつぶやい, が先ず, が唯, が外, が帰る, が引っこ抜い, が指図, が最後, が江戸, が私, が言う, だろう, であった, で年, というの, という博奕打ち, という岡, という男, という者, といふの, と留吉, に会う, に引き合わされ, に白状, に見付けられた, に見限られました, に関する報告, の云う, の前, の口辺, の口邊, の名, の子, の子分, の小刀, の弁解, の捨てた, の方, の留守宅, の罠, の耳, の胸, の襟髪, の語気, の道具, の道具箱, の鑑定通り, の預け, の養子, の驚き, の鼻先, はあいまい, はあざ笑った, はあらためて, はあわて, はいったん, はいよいよ, はかさねて, はここら, はこの, はこれ, はしずか, はじろりと, はすこし, はそこら, はそっと, はそのまま, はそれ以上, はつづけ, はどう, はなおも, はなに, はなにか, はにやにや, はふところ, はほほえみ, はほほえんだ, はますます, はまだ, はわたし, はゴクリ, はホツ, は一, は一旦, は万吉, は主人半兵衛, は主人半兵衞, は今にも, は何, は倒れ, は八月十一日, は六人, は再びじろりと, は冷えた, は凝, は凱旋, は初めて, は北町奉行榊原主計頭, は十一日, は十手, は口, は同情, は吟味, は喙, は嚇す, は四十前後, は声, は多寡, は多年, は大勢, は大層, は寺男, は小腰, は已に, は引っ返し, は彌, は彼, は微笑み, は忌々し, は忙, は思わず, は憤りませんでした, は戸, は打ちくつろい, は擽ったい, は擽つ, は是, は横手, は死罪, は注, は漸く, は煙管, は煙草入れ, は牢内, は猪口, は猶々, は猶も, は用心, は留吉, は畳みかけ, は目立たぬ, は立っ, は笑い, は答えなかった, は考え, は職人, は自分, は苦労人, は茶店, は見逃がさなかった, は訊いた, は註, は説明, は軽く, は迎い, は酒癖, は金杉, は鋭く, は長火鉢, は霍乱, は頭, は首, は鼻, もさすが, も少しく, も早々, も梟, も残念そう, も猪口, も眼, も知っ, も立ち停まっ, も継母, も繼母, も言った, も起っ, も黙っ, や子分達, をさし招きました, を促, を番所, を許す, を追, を追い出し, を連れ

▼ 吉~ (266, 2.1%)

11 の脇指 9 の邸 6 と義光ちゃん 5 の首 4 だった 3 か, のよう, の妻女, の屋敷, の父親, の雑倉, は, は思った, や義光ちゃん

2 [18件] と義光, にこの, のお, のほう, の両家, の声, の家, の庭, の形見, の手, の狩猟場, の野郎, はこの, はちょっと, はむっと, は吉良, は高家筆頭, を見

1 [168件] か千坂兵部, だけで, だよ, っ, でさえ, でも義光ちゃん, とお, とちがっ, との関係, とは予, と上杉家, と聞い, と見ちがえた, などの味方, などの幕将, ならほか, に, にし, にだってうんと, にはお, には頼まん, に例, に向っ, に怒らせられ, に手, に拗ねられ, に持ちかけた, のからだ, のこころ, のやつ, のスパイ, の一族, の一行, の両, の前, の動員, の動静, の四位, の固め, の家来, の家来たち, の容態, の小者, の小間使, の就寝, の屋敷内, の屋敷跡, の庄, の床, の役所, の性悪, の息子, の意, の態度, の手引き, の来た, の殿様, の氏子, の為, の物, の玄関, の用心棒, の県, の眼, の知行, の背ろ, の腑, の良い, の裏門前, の話し, の趣味, の邸内, の門内, の附人, の隠密, の隣りらしく, の領地, の額, の顔, の首級, はうしろ, はかっと, はこう, はじっと, はすぐ, はすっかり, はそっぽ, はその, はそのまま, はそれ, はたいそう, はにこにこ, はふるえ, はまだ, はみょうに, はむずかしい, はもう, はやっぱり, はわざと, はわたくし, は一命, は不審, は不思議, は不愉快, は両手, は事務的, は何気なく, は傍, は先日岡部, は取り合わず, は口, は完全, は心中, は恐縮, は感じた, は拍子抜け, は拳, は権威者, は歯, は死人, は気, は気に入っ, は漆, は無事, は無言, は生えぎわ, は癇癪, は相手, は礼, は穿き, は突っ返す, は美濃守, は肝煎り, は背骨, は裏切られた, は身, は面白く, は黙っ, ばかりでなく, へお, への憎悪, への進物, へも洩らさなかった, へ何やら, へ告げよう, へ対し, へ扇箱, へ斬り入りました, へ渡した, へ賄賂, も仕方, や上杉, や兄, や千坂, や義光, や義光ちゃんたち, れ上野, をお, をさがせ, を大, を庇う, を振り向かせる, を斬る, を炭小屋, を見上げ見下ろし, を討ち損じた, を討っ, を討つ

▼ 吉~ (241, 1.9%)

3 おふみ

2 [12件] お照, お雪, これに, それを, ヒョロ子も, 一緒に, 小間物屋こそ, 敵の, 殺して, 清松も, 笑ひ, 近頃親

1 [214件] あいにくに, あきれ果て, あくまで強情, あまり寢覺, いって, いつしよに, いないで, いないの, おりました, お春, お柳, お隣の, ぎょっとせざる, ここにおいて, この邊, これで, さう言つて, ささやいた, さすがに, さっきから, さながら身の毛, さほど楽々とは, しばらくは, そうした疑惑, そこへ, その代表者, その尾鰭, その心底, その縁談, その贋金, その贋金遣い, ためしに, ちょっと興味, つくづく呆れた, とうとうへたばっ, ときどき手伝い仕事, ないもの, なかなか利口, なければ, なつに, はじめて坂野, ほっとした, また, また仰々しく, また自分, また芳子, まだ帰らなかった, まだ思い切れない, もうのぼせ, やがて鉛, よろこびました, キッチンの, キライです, キンカの, ゾクゾクした, タヌも, ニコニコし, ニヤリと, ボックスに, ロビイを, 一八郎も, 一年前まで, 一所に, 一服やっ, 三造と共に, 下りて, 不幸中に, 主犯として, 事態ここに, 亦さ, 亦気, 亦氣, 人ちがいかと, 人並に, 今まで, 今日は, 今更の, 仰天ベタベタ, 伸一郎も, 佇立んで, 何でも, 停めたし, 八五郎も, 具體的な, 処刑に, 凶も, 前へ, 加減し, 助けて, 勉強不足舞台の, 勿論かれ, 勿論胸, 十七八の, 半泣き, 単身では, 口は, 口を, 叫んだ, 吉門之, 同じく砂, 同じ奥, 含めて, 呆れ果て, 命ぜられたま, 唇を, 喜んで, 噴き出しながら, 団八も, 土地では, 多助も, 多少同感, 夢中である, 大笑いを, 大賛成, 太鼓の, 夫の, 女でこそ, 女房の, 姉の, 姿を, 威張り出しました, 嬉し泣きに, 子供の, 季の, 実は心中無念, 家から, 家を, 容易に, 小さくいふ, 小人の, 小谷まで, 居ないで, 平六も, 幸せなる, 幸子も, 広子も, 店に, 度々実, 弁当は, 心配致居候中ゆゑ假令私し, 思った, 思ひの, 思わずグッと, 急に, 怪我を, 悟るところ, 情なくなっ, 手の, 捨ておく訳, 数えて, 数年前から, 新十郎, 既に存在, 日に, 昨夜の, 暫らくだまっ, 暫らく息を, 朝子も, 木戸番の, 来い, 来て, 松次郎も, 正気を, 気まりが, 水木の, 満足だった, 炯眼なる, 猶予する, 男欲しい, 病み出したか, 癪に, 発奮した, 盆暮の, 眼を, 睨むお, 知って, 知つてゐた, 神原喜作も, 禁制を, 積極的な, 立ち上りましたが, 立上つた, 笑いながら, 笑いを, 笑った, 範之丞も, 粂も, 織江も, 聞いたこと, 聞いて, 聞きつつ, 腸蔵も, 腹を, 自分が, 良心なんて, 苦しいなか, 苦笑した, 處刑に, 言いました, 読み耽ったもの, 變な, 負けち, 辛いだろう, 迂濶, 野々宮に, 金兵衞と, 阿倍川町の, 音沙汰が, 頭が, 顔いろ, 顔の, 饗庭芳子も, 黙って, 黙つて

▼ 吉ちゃん~ (143, 1.1%)

10 の方 7 の心, の顔 3 と秀ちゃん, の首, は秀ちゃん 2 が嫌い, のいや, のギラギラ, の双生児, の身体, は力, は少し, も同じ, も行かない

1 [92件] が, がいっしょ, がいや, がおとなしい, がする, がひどい, がオンオン, が功労者, が去年, が可, が喰いつい, が好き, が小面憎い, が怖い, が憎らしく, が死に, が死ね, が汚い, が生れつき, が百足, が眠っ, が秀ちゃん, が私達, その人, だという, であること, でしょうか, です, とおせんちゃん, とその, とよく, と云っ, と呼ん, なんかこの, にこの, になっ, に頼んだ, のいき, のお, のでも, のやう, のよう, の一番いや, の云っ, の匂, の告口, の唇, の声, の手, の裏切り, の青黒い醜い, の頬, の馬鹿力, はあたい, はある, はあれ, はいつも, はえらい, はしまいに, はじっと, はそれ, はもう, はよっぽど, はガラス, はゴリラみたい, は一つ位, は一ぺん, は今, は字, は怒りませんで, は怒り出す, は手, は敵同士, は本, は本当は, は此頃毎日位, は気の毒, は私, は苦し, は身体, は道雄, は骨, も, も今度お父さん, も喜ん, も自由, も顔, よりはよっぽど, を別, を引ずっ, を絞め殺し, 起きて

▼ 吉兵衞~ (114, 0.9%)

4 に向 3 と云 2 はさすが, は妻, を贔屓

1 [101件] が俄, が宿, が差當, が蛇, が長々, と同じ, と對座, と改め出精, と申す, なくては, なれば, にすゝめ, について感じた, には一番上席, には西の丸, には酒肴, に一味, に其方此書付, に力, に引合せ, に渡され, に逢つて, のところ, の一粒種, の凉, の娘島, の指した, の方, の次男千太郎, の碁, の神靈, の聲, の話, の願, はいくら, はます, は一方, は世にも, は五十二三, は五十男, は今, は僅か, は先刻, は先年, は其始末, は分別らしく, は地獄, は大いに, は大きに, は大切, は大音上オヽイ, は夫, は委, は嬉しい, は家, は宿りし, は少, は少し, は布團, は廿有餘年, は彼書付, は御, は怪, は悠々, は愕然, は懷中, は易き, は杢右衞門, は此時, は氣, は水差, は涙, は熟, は狂氣, は町役人, は祇園清水其外靈場, は立寄, は答, は素より, は聲震, は船, は色々, は衣類, は西家十一世, へ相談, へ預け, も恐れ入, も承知, も昨夜, も船頭, よりの歎願書, をつれ, を勞はり爰, を呼ん, を端舟, を見られ, 及び森山榮, 大いに悦び内, 御奉行樣, 新吉原江戸町二丁目丁字屋半藏代文七右半藏抱, 漸やく

▼ 吉という~ (104, 0.8%)

11 のは 8 のが 2 のを, 名が, 師匠は, 男は, 男も

1 [75件] ことに, しじゅう国許, たしか六つ, ところでしょう, のだ, のである, のと, ひょうきんな, 中年増, 主任です, 乱暴者が, 二人の, 二十三の, 五十年配の, 五十歳近い, 人からも, 人の, 人は, 人間から, 仕出し屋が, 剣術使いが, 取って, 名で, 名を, 名刺を, 大太陽, 大店で, 大番頭, 女が, 女で, 女な, 女の, 女は, 女アンマが, 奴は, 妾の, 婆さんが, 子まで, 子供さんは, 子供の, 字の, 小綺麗な, 工合に, 強力な, 日傭取りが, 日本人な, 木挽が, 梟は, 植木屋の, 江戸の, 淫売女早く, 漁夫の, 漁夫も, 男が, 男だけ, 男であった, 男に対しては, 男を, 男名人気質で, 画家の, 番頭に, 目の, 綽名で, 者です, 者の, 若い者, 若い芸妓, 若者は, 親分は, 達者な, 野郎首ッたけの, 長男の, 青年と, 頭の, 鮫河橋三人組だ

▼ 吉~ (100, 0.8%)

5 の首 3 の寝室, はそれ 2 といっしょ, とヨシ子ちゃん, のお, もヨシ子ちゃん

1 [81件] あれ山本さん, か, から有益, か丈夫, がうんざり, がこちら, がすわっ, がそこ, がぶじ, がよびかけます, が心配そう, が時計塔, が気が付い, が穴, が考古界六巻一号, すまないけど, だったと, です, というの, とぶっつかりました, と小林少年, なども立会, にこの, にも聴い, の, ののぞい, の力, の報告, の妹, の弟, の恋人, の耳, の部屋, は, はあぶない, はあまり, はいきなり, はいた, はしばらく, はしぶしぶ, はすぐ, はそう, はその, はだいた, はびっくり, はふしぎそう, はふと, はまだ, はもと, はギョッ, はゾウッ, は何, は勇気, は四階, は妹, は山形県鶴岡, は弟, は心配, は思いきっ, は時計塔, は死ん, は気, は読み, は高校一年生, まずこの, もうなずい, もベッド, も一階, も時計, よく聞き, をとらえ, をなだめる, をのぞい, をはじめ, をひと間, をひどい, をよびだし, をよん, を一階, を助け, を忘れた

▼ 吉には~ (99, 0.8%)

2 上野の, 不思議だった

1 [95件] いちばん適し, かえって楽しみ, ことばは, これが, さっぱり判断, さっぱり面白く, すべてあの, その哀れ, その小, その真贋, その答, それが, それぐらい, そんなエティケット, そんな恵まれた, そんな言葉, どうした, どこか, どんな意味, はやく女房, まだ総て, もう判らない, もっけの幸いだった, もとよりそんな, やはり良家, よくわけ, よく分りませんでした, よけいうっとうしかっ, わけが, コン吉の, ハッキリ葉子, 一言も, 三和土の, 両親の, 仙次が, 何かしら面白かっ, 何だかかうした, 何も, 何を, 何故か訳, 先刻客の, 全然さう, 全然そういう, 分りすぎて, 判らなかったが, 別の, 別世界の, 友だちという, 唯嗤, 坊主の, 女の, 子供も, 孤児の, 小沢の, 少しばかり, 少し開け, 弟に対する, 彼が, 微塵も, 心配で, 思いがけないこと, 思われなかった, 恰好だ, 恰好の, 惡い, 想像も, 意外だつた, 感慨無量だつた, 手の, 打解けないところ, 新しい先生, 日本語が, 旦那も, 最うさ, 機関の, 毎日お, 気がつかなかった, 氣が, 法律の, 淋しかった, 漠然と房一, 相当に, 相當, 私と, 笑えなかった, 素晴らしい硝子, 細君の, 美味い, 聴え, 聴きとれなかつた, 葉子の, 見定められなかった, 解りも, 面と, 鼻を

▼ 吉良家~ (85, 0.7%)

3 の家臣 2 から養子, の内部, の奥, の裏門, の通用門

1 [72件] からも上杉家, から受け取っ, から帰っ, から来た, から追討, では大, でも当日, としては御, とは一心同体, とは唇歯, とは浅く, と上杉, には過ぎ, に乱入, の, のごとき, のため, の一族, の中小姓清水一学, の事, の人々, の人間, の使用人たち, の侍, の側, の内, の出入, の初, の厳し, の取次役, の台所, の問題, の囲い, の塀, の存続, の定紋, の家老, の家老左右田孫兵衛, の小間使, の屋内, の屋敷替え, の屏風, の御, の格式, の浪人, の知行所, の第, の者, の茶会, の茶会の, の菩提寺, の血, の裏門前, の近習, の邸, の邸内, の郎党, の門, の領民, の飼人, ばかりで, へは実際, へもその, へ使, へ届け, へ挨拶, へ臣籍, へ行っ, へ身売り, を救う, を継ぐ, 第一人

▼ 吉~ (76, 0.6%)

3 は僕, は自分 2 あ, の家, はその, はまた

1 [62件] がお袋, が僕, が引き受けた, が悪い, だあんな, にもっと, に報告, に引ッ, に強く, に猪口, に結んだ, のお袋, のこと, のじゃんじゃん, の刀, の合い方, の声, の本名, の母, の病気, の笑い声, の肩, の胸, の言った, の誇張的, の進まない, の関係者, はうるさ, はお, はお袋, はかっと, はこれ, はすぐ, はただ, はたびたび, はちょっと, はにッ, ははにかん, はふくれ, はよもや, は何やら, は初めて, は十四, は平次, は平気, は待ち, は横, は無関係, は片足, は真, は立っ, は訴える, は顔, もまた, も同感, も来た, をしかりつけた, をなじる, を可愛がっ, を帰した, を田島, 助

▼ 吉~ (61, 0.5%)

3 はお婆さん 2 だのそれから, の目白, は

1 [52件] かちよツ, から一銭, から聞い, が, がうまく, がどんな, がひょっとこ踊り, がまた, が大, が教えた, が渡した, が駆け出し, さえ前, たった一人, だけはこの, だと, というの, という子, とが全く, とが夕方, とはまあ, とよばれ, と同じ, と無駄口, に打ちあけ, に渡しました, のやう, のよう, の云った, の友達, の右, の後, の後姿, の手, の方, はお, はおいおい, は厳重, は叱る, は大, は弱りました, は昨日, は私達, ばかりでありません, へ, も口, をどなりつけた, をむこう, を刑事等, を叩き起す, を引きずっ, を連れ

▼ 吉良殿~ (61, 0.5%)

4 のお 3 の首 2 と内匠頭殿, の付人, の御

1 [48件] がかさね, が云いだした, が夜来在宅, が御, その折, だ, では, ともあ, と一喧嘩, などに訊く, にちょっと, には泣かされました, に一矢, に茶, の, のあり, の寝間, の屋敷, の御内, の手の者, の方, の死, の相貌, の胆, の襟, の護衛, の身辺, の逆, の邸, の長屋, の顔, の首番, は, はそれ程, は弱, は無事, へとうとう, への挨拶, へは御, へよほど, へ出向い, へ参りまする, へ挨拶, へ赤穂浪人, まで推参, もその, を討取っ, を護る

▼ 吉ちやん~ (53, 0.4%)

3 はその, やお 2 はびつくり

1 [45件] がおし, がその, が何, が大黒様, が自動車, が言, に渡しました, に言, のやう, の家, の所, の様, の樣, の着物, の身, の頭, は, はえら, はがつかりしました, はこの, はもう, はもつたいらしく, は不思議さうに, は叫びました, は喜ん, は困つ, は変, は大きな, は大臣, は思はず, は机, は欲しい, は股, は自分, は自動車, は面白, は頭, は首, は馬鹿らしい, もでは, も氣, も洋服, をうつ, をつれ, を大きな

▼ 吉~ (50, 0.4%)

3 手前は 2 この娘さん達, みんな叫んだ, ヒョロ子は, 下男の

1 [39件] おとなしうせ, お加代, そのてめえ今, そのほか, その仲間, どうもあすこ, アヂ太, アヂ太の, ヒョロ子の, 七と, 七兵衛を, 七兵衞を, 人夫の, 人夫も, 他の, 似て, 助作が, 卓一の, 吉やと, 困ったよ, 女房の, 女色に対しても, 寅や, 松江や, 桑作でも, 桑作の, 桑作まで, 桑作も, 桑作を, 桑作同様に, 此処え, 泣くんぢ, 番頭の, 腸蔵が, 腸蔵を, 花田準, 若黨, 規子が, 龜井町の

▼ 吉~ (42, 0.3%)

1 [42件] からのあの, からの或, がひそか, がもたらした, が乗りこん, が予言, が再度, が直答, が親船, だったの, です, でもあった, というの, といっ, と会う, にどんな, のからだ, のよう, の兄, の兄弟, の口上, の家来, の影, の暗躍, はいま, はかつて, はこう, はじきじき, はすぐ, はその, はそれ, はなお, はやがて, は経家, は言った, は閾一ツ, は馴れ, もみえた, や隠岐, をかしら, を代表, を見た

▼ 吉~ (38, 0.3%)

3 のお 2 がお, にお, の所思, の縫直し, の腹立て

1 [25件] が九十郎, が永らく, が違つて, だって彼, という荒神様, といっ, と他, と呼ばせ, にわからぬ, に了ら, に助太刀, の供, の兄さん, の御, の怪力, はなおさら, はまだ, は子供衆, は猶, は神通力, もおい, も居る, 誠に済まない, 連れて, 遣って

▼ 吉兵衛~ (34, 0.3%)

2 の家

1 [32件] が, がやった, が手, が死んだ, という番頭, という者, とお, とどうのこうの, と云, のところ, のとなり, のほう, の家内, の寺通い, の手, の甲斐性, の腑甲斐, の菩提寺, の質問, の遺書, の顔, はあの, はいい, はじっと, は五十男, は大形, を引きこませ, を手, を殺させ, を殺させた, を見る, 笑って

▼ 吉~ (30, 0.2%)

73 つたのです, よ己 2

1 [15件] かどう, があの, さあ来い, つたのださうである, という, とかいふの, とか凶, とも言, と知る, な, なとその, なア, のと, よしや兼吉, アね

▼ 吉といふ~ (30, 0.2%)

4 のは 2 のが

1 [24件] のから, のだ, のと, ものが, やくざ者と, ネフリフドフの, 三十前後の, 主人公が, 五十年配の, 人物については, 十六の, 女は, 嫁が, 年寄の, 手頃の, 梟は, 男が, 男だけ, 男の, 綽名で, 若医師, 言葉が, 達者な, 鎌倉町の

▼ 吉十郎~ (30, 0.2%)

2 の手

1 [28件] が, がころがっ, がつい, がもう, がテント, が両手, だとばかり, です, という人, という若, ともう, ならそんな, に化けた, に囁きました, に麻酔薬, のぶらんこ, の衣装, の部屋, の顔, はいったい, はその, はどこ, はふたり, はぶらんこ, は一挙, は両手, は試み, を押しとめ

▼ 吉~ (30, 0.2%)

1 [30件] がこんど, がちくりと, がどうして, が大, と万太郎, に導かれ, はこう, はことし三十二歳, はそう, はもいちど, はもう, はわらっ, はニコリ, は先, は卒然, は吹上, は唖然, は如才, は小金ヶ原, は平服, は思っ, は潤達, は眉, は紀州, は考えざる, は耳, は軽い, は鋭敏, は顎, もまだ

▼ 吉~ (29, 0.2%)

4 夢を 3 事が 2 ので結婚, 日は, 日を

1 [16件] から貂蝉, ことに, ぞ, 事では, 事には, 事にも, 事は, 凶いが, 夢である, 夢では, 御返辞, 日では, 日でも, 日に, 気配とも, 處である

▼ 吉~ (28, 0.2%)

11 凶か 2 下剃

1 [15件] ありゃあ別, さしあたり, どっちか, まさか凶, 何の, 何方か, 兇か, 凶かに, 凶かの, 凶かは, 凶かを, 半吉, 又はか, 歌助か, 深見新

▼ 吉~ (27, 0.2%)

3 あつた

1 [24件] お吉, これは, こんなところ, ござりました, さあ, さきに, さすがに, すき焼を, すらこうして, すらも自分以上, すら時々, せうそれに, でも, なんの, ダンシングチームの, 九紫三碧四緑の, 仲之町から, 先代の, 名高いハリス, 死んで, 紅玉の, 通用し, 食って, 麻雀する

▼ 吉殺し~ (27, 0.2%)

6 の下手人 2 の時, の曲者, はどう, はまだ, は吉五郎, は有耶無耶, もお, を白状 1 で処刑, で處刑, の清松, は伜, は倅

▼ 吉良邸~ (26, 0.2%)

3 へ乗りこむ

1 [23件] では来月, で年忘れ, に入りこむ, に接し, のある, のでは, の事, の側, の偵察, の内部の, の坪, の弟, の搦手, の絵図面, の表門, の裏門, の警戒, の門, はまったく, へお, へ一度, へ駈けつけ, を襲い

▼ 吉から~ (25, 0.2%)

1 [25件] あずかったという, いろいろの, ざれば, ず人, なぐりこみをかけられたとき, はがきが, もとの, 三十法ばかり, 仔細を, 例の, 取上げた, 外して, 大次郎へ, 影響を, 手紙が, 持つて, 掏った, 殺されるわい, 聞いた銀山, 聞かされたお, 腫物が, 色々と, 見ると, 返事が, 頂いた土付かず

▼ 吉~ (25, 0.2%)

2 の顔

1 [23件] が教授, です, とボク, と同じ, と海老名弾正氏, ならびにタヌキ嬢, に逢う, の, の一門, の九谷窯, の厚意, の従弟, の文, の歿後, の研究所, はその, は病的思想, も來, をつれ, を呼び出し, を書く, を追, 其の他

▼ 吉とは~ (24, 0.2%)

1 [24件] いつ頃, かなりに, その期間, まだ濡れ, まるで違った, 似ても, 別個の, 唯の, 坐って, 大分違っ, 寄り添いながら, 引き出された, 待宵と, 情同志じゃ, 折からの, 殊に懇意, 男勢の, 自然没交渉だった, 蛇が, 裏縁から, 話も, 豹吉の, 車夫仲間バクチ仲間, 違って

▼ 吉良様~ (24, 0.2%)

5 のお 3 の御

1 [16件] から急, が, がお, ですか, にいじめ, にはお, のおや, の変事, の敵, の若殿, の邸内, は有名, へお, へ附人, まで届け, を守る

▼ 吉~ (23, 0.2%)

3 だ女 2 のよう, の代り

1 [16件] その女, というの, などの捕物帳, にしなだれかかっ, に会い, に惚れ, に惚れました, のとこ, のところ, のやう, の前髪, の古い, の台詞, の小さな, の様, の絵姿

▼ 吉三郎さん~ (23, 0.2%)

2 が大阪, が跡, と一緒, はそれで

1 [15件] が, が下女, が大, が大坂, と慶助さん, に怨, のとき, はいつた, はそんな, はみんな, は呟いた, は女の, は煙草, は良寛さん, を呼出した

▼ 吉~ (23, 0.2%)

3 は清ちゃん

1 [20件] がぼんやり, が助け, が又, にはわからない, の心, の手, の父親, の立っ, の頭, はいくら, はお礼, はただ, は両手, は外, は学校, は父親, は独り, は真っ赤, は考え, また寝ぼけ

▼ 吉~ (23, 0.2%)

2 が可哀そう

1 [21件] が慌て, が鳥, この雪, に与えよう, に出遇った, に遇っ, の声, の性質, の泣く, はあの, はこう, はさも, ははや, は声, は慌て, は毛, は私, は藁帽子, は頭, は黒い, を善く

▼ 吉夫婦~ (22, 0.2%)

2 の娘, は自分

1 [18件] が生きた, とオソノ, と竹造, と長次, には他人, に向, に預けられ, の住ん, の小, の者, はそれ, はカミナリ以外, は戰慄, は真赤, は言葉, は長屋, を捕え, を見られ

▼ 吉備彦~ (20, 0.2%)

1 [20件] かよく, じゃわい, などと云う, に借り, に借金, の事, の前, の囁きたる, の素敵, の遺訓, はいった, は囁いた, は宇治, は家, は富豪, は急い, は恭しく, は懐中, は翌日家, は館

▼ 吉千代~ (20, 0.2%)

2 は父

1 [18件] お父様, が, がよぶ, だの, といっ, とが剣道, の前髪, の教育, はうしろ, は城下町, は泥足, は無事, は田螺, は駄々, まだ乳, もあの, や大, 大三郎

▼ 吉ちや~ (19, 0.2%)

6 んお前 3 ん少し, ん私 2 んそれ, ん其うち 1 んその, んもす, ん夫

▼ 吉~ (18, 0.1%)

1 [18件] あてた果し状, ふりむけられた狂, スリを, モーションを, 再び焼けついた, 変ったの, 宛てて, 寄りまっすぐ, 寄り鏑木, 寄るドライカレーライス, 往って, 手紙を, 申渡され富右衞門妻, 直かに, 端書を, 答える暇, 軽く合図, 送り越したの

▼ 吉との~ (17, 0.1%)

2 大喧嘩

1 [15件] 仲な, 会話が, 喧嘩の, 曲馬団の, 會話が, 話を, 邂逅や, 間には, 間は, 間へ, 間を, 関係は, 関係を, 關係は, 顔暫ば

▼ 吉にも~ (17, 0.1%)

2 離れて

1 [15件] いいつけて, お米, すぐその, そういう意識, それを, わかり初, 分からなかった, 割合親切, 同道し, 意外だつた, 會つて見ました, 沁みわたるやう, 申しつけること, 相談した, 身元保証の

▼ 吉左衛門さん~ (17, 0.1%)

1 [17件] いくら御, か, が上, とは違う, にお, の三年, の庭掃除, の病気, はあんなに, はお前, はどこ, は御存じ, もうわたし, もお, もおわる, らしい, 無論それ

▼ 吉兄哥~ (16, 0.1%)

2 は, は親分

1 [12件] から使い, が困っ, が困つ, が見, が隠居所, が隱居所, じゃ手, たっての頼み, の調べ, はとんだ, は喜三郎, は飛んだ

▼ 吉親分~ (16, 0.1%)

1 [16件] がな, が君, じゃこね返し, といっしょ, に逢い, の働きどころ, の名, の嫡男, の居る, の調べ, はまだ, もこの, も出席, をお前, をはじめ, を売りださせた

▼ 吉~ (16, 0.1%)

2 との間, の画

1 [12件] から便宜, で用, などの雲谷派, について画, について画風, に学んだ, の人がら, の作品, の作画, の口, の門人帳, も雲谷派

▼ 吉自身~ (15, 0.1%)

1 [15件] が公言, ですら, にとってこんな, にとっても思い掛けなかった, の気持, の血, の記憶, の責任, は彼女, も一寸, も傍, も可, も思っ, を押込むの, を狂った

▼ 吉~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] めえ, 前方の, 加代亀吉唖娘, 吉お, 吉どう, 吉どこに, 吉イーッ, 国殺しで, 國殺しで, 米も, 約束を, 鈴さへも

▼ 吉~ (14, 0.1%)

10 つぁん 2 つぁんの家 1 つぁんか, つぁんがいれば

▼ 吉兵衛さん~ (14, 0.1%)

1 [14件] が口, が正, のところ, の妻君, の妻君弘子さん, の店頭, の顔, はそれ, は三つ四つお辞儀, は呑気そう, は如才, は恵比須さん, は淀君, は鼻

▼ 吉少年~ (14, 0.1%)

1 [14件] が最も, と負けず劣らずです, の心, の急, の風態, はいきなり, はたまりかね, はクリクリ, はプンプン, は名乗り, は警官隊, は飛び上ります, もつい, を走らせ

▼ 吉~ (14, 0.1%)

2 だ, となりて 1 ありと, がある, です, で他, とも申すべきでござる, と判じ, と成, にかたどっ, にていとも, のよう

▼ 吉良どの~ (14, 0.1%)

1 [14件] お鎮まりなされい, か, が, が御, に伺いまする, に差支, の, の御, の為され, は何処, は首桶, ばかりを神妙, をとうとう, を刃傷

▼ 吉良上野~ (14, 0.1%)

1 [14件] がはいっ, が元禄十三年, が着用, という老人, に何故, に対する愛情, のつくった, のほう, の仁徳, の屋敷, の悪口, を, を聯想, を討ち

▼ 吉にとって~ (13, 0.1%)

1 [13件] この上ない悲壮, これほど, ただ一人ひそか, どんなに貴重, ますます愉快, 不思議でならない, 余りに処女, 大した役, 天国へ, 愉しいもの, 最早絶望, 気味の, 海は

▼ 吉右衞門~ (13, 0.1%)

1 [13件] が出店, が方, との二名優, と云者, の, の聲色, は女郎, は如何程, は屋敷, も委細承知, も平兵衞, より金五十兩貰, 迄名前有共小山田

▼ 吉にとっては~ (12, 0.1%)

1 [12件] これは, それが, とかく腹, はなはだ当惑千万, バンザイだ, 一貫の, 実に命がけ, 実行への, 後の, 日々の, 苦痛であった, 辛かった

▼ 吉一人~ (12, 0.1%)

2 か, だけ, の仕業 1 かも知れない, じゃない, でよかっ, の罪, の罪ぢ, を残し

▼ 吉~ (12, 0.1%)

2 のいる 1 だけが一人頑固, では元, などは私邸, のいう, の云った, の去った, は見, や磯吉, を押し隔てよう, を通した

▼ 吉良方~ (12, 0.1%)

2 の警戒 1 かっ, でも抜かり, に加担, の一隊, の侍, の家来, の微細, の猛者, の見張り, の附人鳥井利右衛門

▼ 吉青年~ (12, 0.1%)

2 は頭 1 がやってきた, が行った, が迎い, の誘いかた, はおれたち, はすぐ, は割膝, は扉, は虚, も遊び好き

▼ 吉~ (11, 0.1%)

8 ちゃん 2 ちゃんと丹羽さん 1 仲間へ

▼ 吉でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] かえってそれ, この通り, さすがに, ないといふ, ないわけ, ゐて, スシ屋の, 何でも, 俺は, 凶でも, 太吉でも

▼ 吉~ (11, 0.1%)

2 だろうか 1 じゃない, でしょう, ではありません, と申す, もなし, やら凶夢, を天, を見ない, を見る

▼ 吉~ (10, 0.1%)

1 あんたも, が刃物, が家, が殺す, たのんで, というの, という男, にもう, は既に, へ自嘲

▼ 吉です~ (10, 0.1%)

32 よその 1 か, か凶, が一人, が主人, 私です

▼ 吉とが~ (10, 0.1%)

1 ふたたび帰らない, 不忍池畔, 乗って, 右の, 同腹に, 坐って, 或る, 永い晩酌, 立ち去った後, 結託し

▼ 吉~ (10, 0.1%)

2 君は 1 お吉, これが, これは, どうか, どうしてここ, もつともだ, ウ, コン吉よ

▼ 吉~ (10, 0.1%)

1 が佳女, という方, と僕, の句, の妻, は僕, へ伝, もよく, をお, を懐

▼ 吉~ (10, 0.1%)

1 が予見, が十九歳, が発句, が石田三成, とが同い年, と与, など今日, はたしか, まだ心, を豊原

▼ 吉である~ (9, 0.1%)

2 ことは 1 から真に, がこの, ことも, ことを, こと云う, そして彼, のが

▼ 吉~ (9, 0.1%)

1 か, が幸い, が自ら二役的存在, には茶山, の幻想, は一脚, は初出, は或は, 之言真奈

▼ 吉太夫~ (9, 0.1%)

2 が上段際 1 が, が答えた, に向っ, に囁いた, の兄弟, はどう, はまじめ

▼ 吉左衛門夫婦~ (9, 0.1%)

1 が孫, が裏, の話, はこの, はさらに, はまず, ももう, ももはや, も眉

▼ 吉じゃ~ (8, 0.1%)

4 ないか 2 ありませんか 1 ないらしいが, なかったか

▼ 吉だけは~ (8, 0.1%)

2 感心に 1 この朝, ツキアイの, 免し, 庭に, 明かに, 癖の

▼ 吉~ (8, 0.1%)

1 にめぐまれ, に酔っ, の占, の展開, の見える, の門篝, は八方, をおびやかす

▼ 吉お前~ (7, 0.1%)

1 が私, どうした, には何, の商売, は一緒, もそろそろ, も良い

▼ 吉~ (7, 0.1%)

1 こと来よ, 事積りし, 兵かな, 兵かなと, 地, 戸, 戸と

▼ 吉だけ~ (7, 0.1%)

2 だ, だし, だった 1 出て

▼ 吉~ (7, 0.1%)

3 やありません, やない 1

▼ 吉~ (7, 0.1%)

1 ぁん, ぁんどんな, ぁんに, ぁん何を, ぁん学校に, ぁん直ぐ, あんの

▼ 吉では~ (7, 0.1%)

1 あるまい, ないかな, ないこと, なかった, なかつた筈, なしに, 話に

▼ 吉とか~ (7, 0.1%)

3 言ふ 1 ブン五とか, 名が, 服中嫁娶, 言つた

▼ 吉とも~ (7, 0.1%)

1 あろうもの, なる, 凶とも, 定まらない自分, 御親類筋, 解らない先, 顔を

▼ 吉に対する~ (7, 0.1%)

1 ものが, 愛の, 愛慕の, 感謝の, 憎悪の, 親方の, 非難を

▼ 吉よりも~ (7, 0.1%)

1 むしろちらっと瞳, 一と, 五つ年少の, 先に, 大きい力, 悪い声, 高い声

▼ 吉備眞備~ (7, 0.1%)

1 がその, が蜘蛛, などが出掛けた, の傳説, の讀んだ, は正, を救つた蜘蛛

▼ 吉左衛門ら~ (7, 0.1%)

2 の退役 1 が記憶, と共通, にはめずらしかっ, はそんな, は二人

▼ 吉~ (7, 0.1%)

1 と云い, は式部, をば, 侯と, 侯に, 侯のみ, 侯は

▼ 吉お雪~ (6, 0.0%)

2 の二人, の姉妹 1 は揃っ, は揃つて

▼ 吉とかいう~ (6, 0.0%)

2 男は 1 のも, 下男を, 奴や, 青鞜婦人たちの

▼ 吉どの~ (6, 0.0%)

2 処を 1 さぞ痛から, さぞ痛かろ, もた, もただ

▼ 吉どん~ (6, 0.0%)

1 から聞い, がいるで, だけ, の故郷, の村, の部屋

▼ 吉~ (6, 0.0%)

2 コトヲ 1 四人ガ乗ッタ, 奴ドウ云ウ積リデコンナコトヲ云ッタノカ, 奴ハ亭主, 結婚

▼ 吉~ (6, 0.0%)

1 と, という評判, にはわし, にひとめ, にも逢いたい, もきたない

▼ 吉良氏~ (6, 0.0%)

1 が世継ぎ, が継ぎ, が落ちぶれ, と斯波氏参会, に人, の領地

▼ 吉親方~ (6, 0.0%)

1 はいつも, はここ, はさっそく, はひとりさき, もこ, もここ

▼ 吉~ (6, 0.0%)

1 が会津, と鏡忍, に打明けた, はいい, は制し, も人物

▼ 吉雄幸左衛門~ (6, 0.0%)

1 が見兼ねた, だの, という人物, へ訊いた, や甲必丹蘭人カランス, や通詞

▼ 吉い事~ (5, 0.0%)

1 が, がある, であろうとは, とは, のほう

▼ 吉しっかり~ (5, 0.0%)

2 おし, するん 1 して

▼ 吉だった~ (5, 0.0%)

2 のです 1 からで, か米八, がある

▼ 吉~ (5, 0.0%)

1 のだ, のだらう, のであろう, んていう, ンて

▼ 吉ひとり~ (5, 0.0%)

1 が退け, だった, である, のほう, を殺す

▼ 吉兄妹~ (5, 0.0%)

1 について訊きただした, もおなじ, も付い, を引き取っ, を金右衛門

▼ 吉兵衞方~ (5, 0.0%)

1 へ久八, へ知らす, へ行き, より奉公, より此儀

▼ 吉~ (5, 0.0%)

2 あれば 1 の頌歌, 御超歳, 目出度く存じ

▼ 吉~ (5, 0.0%)

1 とクラシノフ, はドア, は箒, は階段, を振り払っ

▼ 吉い日~ (4, 0.0%)

1 だ, の下, を選ぶ, を選ん

▼ 吉さま~ (4, 0.0%)

1 というの, にお, のよう, よふ

▼ 吉だの~ (4, 0.0%)

3 三四人は 1 鳶の

▼ 吉っつ~ (4, 0.0%)

1 ぁんがまた弾き出した, ぁんというお妾さんだ, ぁんとは似合いって, ぁんの

▼ 吉でなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばなりません 1 ば出, ば出来ない

▼ 吉としては~ (4, 0.0%)

1 お八重, すくなからぬ, むしろ当然であろう, 腹に

▼ 吉など~ (4, 0.0%)

1 いうの, いう面々, ひそかに, 言ふ

▼ 吉などの~ (4, 0.0%)

2 眼玉を 1 字の, 篤志家の

▼ 吉などは~ (4, 0.0%)

1 にやにやし, 十一二の, 朝から, 眼中に

▼ 吉に対して~ (4, 0.0%)

1 世間の, 以前通り優しい, 恥しいよう, 日頃妙に

▼ 吉への~ (4, 0.0%)

1 恋心めいた, 感謝で, 皮肉な, 面当でしょう

▼ 吉~ (4, 0.0%)

2 えという 1 えいる, えの

▼ 吉~ (4, 0.0%)

1 が安心, が山の手芸者, が車坂, 早く逃げりゃ

▼ 吉よりは~ (4, 0.0%)

1 人によ, 人によっては, 其位置が, 天晴れ切れ離れ

▼ 吉~ (4, 0.0%)

1 と共にチラチラ, の刺青, は本国, は生まれ

▼ 吉一家~ (4, 0.0%)

1 と隣り, のこと, のなぐりこみじゃ, の心中

▼ 吉~ (4, 0.0%)

1 がいつか, が飛ん, の籠, や鸚鵡

▼ 吉兵衞左京~ (4, 0.0%)

2 の兩人 1 の三人, も未だ

▼ 吉心配~ (4, 0.0%)

1 すること, するな, する事, に病死

▼ 吉殿~ (4, 0.0%)

1 ならずや, のいう, へ明かしました, を

▼ 吉法師~ (4, 0.0%)

1 だの三法師, といった幼名, の字, を改めた

▼ 吉老人~ (4, 0.0%)

1 が大きな, の話, は呆れ, は文子

▼ 吉良郷~ (4, 0.0%)

1 で娘, に三千二百石, の人たち, の住民

▼ 吉運到来~ (4, 0.0%)

1 がだいぶ, だよ, の歓喜, は夢

▼ 吉あるいは~ (3, 0.0%)

2 綿貫清二あるいは 1 鮎沢賢一郎あるいは

▼ 吉あんちゃん~ (3, 0.0%)

1 かなに, が困る, が持っ

▼ 吉この~ (3, 0.0%)

1 三吉に, 兄はな, 脇差は

▼ 吉それ~ (3, 0.0%)

1 じゃア, に下女一人, に引換え

▼ 吉たち~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 はもうすでに

▼ 吉だけが~ (3, 0.0%)

1 判読出来る, 家の, 返事を

▼ 吉であった~ (3, 0.0%)

1 ことは, 半年ぶりに, 西班牙の

▼ 吉でございます~ (3, 0.0%)

1 か, かへい, か凶

▼ 吉といった~ (3, 0.0%)

1 ような, 目的の, 遠縁に

▼ 吉とて~ (3, 0.0%)

2 持て餘 1 持て余しの

▼ 吉とを~ (3, 0.0%)

1 中心に, 加えて, 結びつけて

▼ 吉と共に~ (3, 0.0%)

2 勝手に 1 熱烈な

▼ 吉どう~ (3, 0.0%)

1 する, する気, なったこと

▼ 吉なら~ (3, 0.0%)

1 そんなに狼狽, ばよし, ば我慢

▼ 吉ならびに~ (3, 0.0%)

1 タヌの, タヌは, タヌキ嬢の

▼ 吉なり~ (3, 0.0%)

1 およそここら, また法月弦, 時も

▼ 吉なる~ (3, 0.0%)

1 ときは, 人物が, 小唄の

▼ 吉に対し~ (3, 0.0%)

1 人情も, 今遅, 自身の

▼ 吉より~ (3, 0.0%)

1 二日古い, 四つ歳上だけの, 小林定次郎宛書信三通を

▼ 吉らしい~ (3, 0.0%)

1 な, 奴が, 者に

▼ 吉三五郎~ (3, 0.0%)

3 など内々

▼ 吉三人~ (3, 0.0%)

2 の身元 1 の働き

▼ 吉三郎殺し~ (3, 0.0%)

1 の下手人, の犯人, は房吉

▼ 吉五郎ら~ (3, 0.0%)

1 に追われ, の身許, もさまざま

▼ 吉兄さま~ (3, 0.0%)

1 の出征後, は応召将校, を差しおい

▼ 吉先生~ (3, 0.0%)

1 が面かげ, の家, は綺麗

▼ 吉兵衞店~ (3, 0.0%)

1 に住居, に罷, に罷在し

▼ 吉原田甫~ (3, 0.0%)

3 は一面

▼ 吉太吉~ (3, 0.0%)

2 と呼び 1 と呼

▼ 吉太郎~ (3, 0.0%)

1 が大きな, そのほか次作, といふ居候

▼ 吉~ (3, 0.0%)

2 まだ尺八 1 が云った

▼ 吉姉弟~ (3, 0.0%)

1 に説明, の家, はこの

▼ 吉~ (3, 0.0%)

1 の夫人八重姫, の将来, を病弱

▼ 吉~ (3, 0.0%)

1 となるだろう, に出向いた, まで出頭

▼ 吉峰さん~ (3, 0.0%)

2 のおばさん 1 のおじさん

▼ 吉左衛門自身~ (3, 0.0%)

1 にその, は五十七, もまた

▼ 吉左衛門親子~ (3, 0.0%)

1 が見舞い, には間接, のよう

▼ 吉左衞門~ (3, 0.0%)

1 といふ醤油屋, の子, は假名

▼ 吉~ (3, 0.0%)

1 という者, は文, は阿

▼ 吉~ (3, 0.0%)

3 元常

▼ 吉田屋作兵衛~ (3, 0.0%)

1 の娘, は御用商, を呼ん

▼ 吉義神呪経~ (3, 0.0%)

1 の中, の吸血伝説, の図書番号

▼ 吉~ (3, 0.0%)

1 など書い, にみ, まうさむ

▼ 吉野路~ (3, 0.0%)

1 の日あたり, を旅, を通っ

▼ 吉あの~ (2, 0.0%)

2 晩の

▼ 吉いお~ (2, 0.0%)

1 報らせ, 門出その

▼ 吉いと~ (2, 0.0%)

1 いう日, 思った夢占

▼ 吉いよいよ~ (2, 0.0%)

1 心配そうである, 腹を

▼ 吉お雪姉妹~ (2, 0.0%)

1 に娶, に娶合せる

▼ 吉からは~ (2, 0.0%)

1 なれて, 感じられた

▼ 吉かれ~ (2, 0.0%)

1 凶かれ, 凶しかれ

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 汝取り持ち, 茹て

▼ 吉くん~ (2, 0.0%)

1 いないん, も聴い

▼ 吉これ~ (2, 0.0%)

2 でもまだ

▼ 吉こんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 奴おれ知らん

▼ 吉さんおいで~ (2, 0.0%)

2

▼ 吉さんぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 吉さん一人~ (2, 0.0%)

2 でしたよ

▼ 吉さん今日~ (2, 0.0%)

1 のところ, はいい

▼ 吉さん君~ (2, 0.0%)

2 あの中

▼ 吉さん息~ (2, 0.0%)

2 つかなくなったよ

▼ 吉さん私~ (2, 0.0%)

1 から礼, のため

▼ 吉さん贔屓~ (2, 0.0%)

2 で若い

▼ 吉そのもの~ (2, 0.0%)

1 が人名, にでもなった

▼ 吉たる~ (2, 0.0%)

1 ところは, もの風光明媚風暖かに

▼ 吉だって~ (2, 0.0%)

1 同じよう, 怪しいよ

▼ 吉っていう~ (2, 0.0%)

1 やつあ, 猟人を

▼ 吉であり~ (2, 0.0%)

1 んす, 中村武羅夫であり

▼ 吉でござん~ (2, 0.0%)

1 す, すなどと

▼ 吉でない~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 吉でなき~ (2, 0.0%)

1 や若旦那, ア女三人の

▼ 吉でなく~ (2, 0.0%)

1 て誰, て骸骨

▼ 吉とやらの~ (2, 0.0%)

1 仕業で, 仕業であろう

▼ 吉なれ~ (2, 0.0%)

1 ど傷, ば惡

▼ 吉なんど~ (2, 0.0%)

1 とこの, の

▼ 吉にだけ~ (2, 0.0%)

1 いった, 打開けたい

▼ 吉にだけは~ (2, 0.0%)

1 小遣いを, 親切だった

▼ 吉にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 吉によって~ (2, 0.0%)

1 助けられたその, 用意され

▼ 吉はじめ~ (2, 0.0%)

1 各分店, 青蛇団

▼ 吉ほどの~ (2, 0.0%)

1 丈夫さうな, 逞しき男性

▼ 吉まだ~ (2, 0.0%)

1 二階で, 半分くらい

▼ 吉まで~ (2, 0.0%)

1 一所に, 自分を

▼ 吉をから~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 吉アンマ~ (2, 0.0%)

1 が普請場, もヘド

▼ 吉エモン~ (2, 0.0%)

1 に泣かれ, の科白

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 今デハ颯子ヲソンナニ愛シテハイナイヨウニ, 大シタ打チ込ミ方デアッタガ

▼ 吉ヒョロ子~ (2, 0.0%)

1 はヒョロ子, は広子

▼ 吉一口~ (2, 0.0%)

2 つけて

▼ 吉丁虫~ (2, 0.0%)

1 をと言っ, を支那

▼ 吉三畳~ (2, 0.0%)

2 ばかりの部屋

▼ 吉三郎さん留守~ (2, 0.0%)

1 に大, に大変

▼ 吉三郎二十五歳~ (2, 0.0%)

1 の冷飯食い, の冷飯食ひで

▼ 吉三郎夫妻~ (2, 0.0%)

1 とはよっぽど, とは餘

▼ 吉三郎毒死~ (2, 0.0%)

2 の顛末

▼ 吉五郎小僧~ (2, 0.0%)

2 の常吉

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 帰ったと, 帰つたと

▼ 吉俺ア~ (2, 0.0%)

1 もう行く, 別れるぜ

▼ 吉兄哥俺~ (2, 0.0%)

2 はこれ

▼ 吉兵エ~ (2, 0.0%)

1 が一昨日来, ですがね

▼ 吉兵ヱヘ常信~ (2, 0.0%)

2 の三幅対

▼ 吉兵衞其方~ (2, 0.0%)

1 は不, は狂氣

▼ 吉兵衞答~ (2, 0.0%)

1 て御, ふる樣右

▼ 吉利吉里~ (2, 0.0%)

1 などへ越, より帰る

▼ 吉勇はん~ (2, 0.0%)

2 を皆知つて

▼ 吉十四歳~ (2, 0.0%)

1 いう箱, のお初

▼ 吉~ (2, 0.0%)

2 吉小吉末小吉凶の

▼ 吉博士~ (2, 0.0%)

1 が之, にお預け

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だと

▼ 吉右門次左近~ (2, 0.0%)

1 などという三人, を連れ

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 人妻粂と, 人妻粂并に

▼ 吉和蘭カルタ~ (2, 0.0%)

1 が三両, が三兩

▼ 吉啓吉~ (2, 0.0%)

1 といっ, なン

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 を直, 共顧其生口財物

▼ 吉坊主~ (2, 0.0%)

2 にことわっ

▼ 吉士長丹~ (2, 0.0%)

1 の労, の船

▼ 吉~ (2, 0.0%)

2 に下女

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 羽藤蔵井上八郎などが, 親分は

▼ 吉夫妻~ (2, 0.0%)

1 が誰, に預けられ

▼ 吉姉さん~ (2, 0.0%)

1 が亡くなる, はお

▼ 吉姉妹~ (2, 0.0%)

2 を殺し

▼ 吉姐さん~ (2, 0.0%)

1 だよ, に酌

▼ 吉婆さん~ (2, 0.0%)

1 と青い, までも序

▼ 吉嬉しく~ (2, 0.0%)

1 頼みおき, 頼み置き

▼ 吉宗様~ (2, 0.0%)

1 が紀州, もニッコリ

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 大夫の, 神さんが

▼ 吉小吉末小吉凶~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ 吉少しく~ (2, 0.0%)

2 改まり清吉

▼ 吉尼天~ (2, 0.0%)

1 だ, は魔

▼ 吉左衛門なぞ~ (2, 0.0%)

1 がもはや, が他

▼ 吉左衛門時代~ (2, 0.0%)

1 からの慣習, から特別

▼ 吉師部~ (2, 0.0%)

1 が祖, の祖先

▼ 吉帰ら~ (2, 0.0%)

1 ば云, ば云う

▼ 吉~ (2, 0.0%)

2 を可愛がれ

▼ 吉弥さん~ (2, 0.0%)

1 も少し, を呼ん

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 はのっそり, はのつ

▼ 吉抱き起す~ (2, 0.0%)

2

▼ 吉文三~ (2, 0.0%)

1 という小, という酒

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 を着くる, を着け

▼ 吉来た~ (2, 0.0%)

1 のよく, の能

▼ 吉来り~ (2, 0.0%)

1 ふたみ, 長崎料理かもめへ

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 に解釈, の古風

▼ 吉清松~ (2, 0.0%)

1 も血気, 両名

▼ 吉源太~ (2, 0.0%)

2 は酷く

▼ 吉物語~ (2, 0.0%)

1 だつた, はよかつ

▼ 吉~ (2, 0.0%)

2 だけである

▼ 吉田仲禎~ (2, 0.0%)

1 が無い, では

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 の金筒, へ行け

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 と新, の求める

▼ 吉穂吉~ (2, 0.0%)

2 しっかりおし

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 という, も兄弟枕

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 と共に出勤, は

▼ 吉継様~ (2, 0.0%)

1 とはどんな, のこと

▼ 吉良さま~ (2, 0.0%)

1 がおっしゃる, のほう

▼ 吉良上杉~ (2, 0.0%)

1 の両家, の間者

▼ 吉良細川~ (2, 0.0%)

1 の二将, は若

▼ 吉良義光ちゃん八重子~ (2, 0.0%)

1 の三人, を友だち

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 に宛て, に宛てた

▼ 吉親子~ (2, 0.0%)

1 の者, の顔

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 が勇ん, の横

▼ 吉都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 吉都播多衣爾須里着~ (2, 0.0%)

2 将衣日不知毛

▼ 吉~ (2, 0.0%)

1 を選ん, 之丞

▼ 吉雄幸左衛門殿~ (2, 0.0%)

1 じゃ, のこと

▼ 吉~ (2, 0.0%)

2 ふり上げ何

▼ 吉顕さん~ (2, 0.0%)

1 に請う, の姻家

▼ 吉鳶頭~ (2, 0.0%)

2 に植木屋

▼1* [641件]

あたりでせう, 吉あとは下女, 吉あまり大きいこえ, 吉あれにご, 吉いか悪いか, 吉いくら江戸を, 吉いのだそうです, 吉いまの女, 吉いも凶いもあるもん, 吉いようですから八日, 吉うまく気がついて, 吉およつ相合傘で, 吉お前こちらの目, 吉お前何するツ, 吉お松その他が立っ, 吉お母さんは本当に, 吉かったが全体, 吉かと痛いほど, 吉からも小坊主からも, 吉がにいい付け, 吉きこときく, 吉むとうらなふにここに, 吉ここに頭髪, 吉こそまづ何, 吉これ等の若い, 吉さえ一種の, 吉さんおせんの返事, 吉さんお出でなさえ, 吉さんきのう学校休んだの, 吉さんごらんよそら, 吉さんだつた, 吉さんはじめお身内, 吉さんびっくりして, 吉さんまだ風邪, 吉さん今迄とア, 吉さん危いゼ, 吉さん吉さんという, 吉さん女房を持つ, 吉さん妾の方, 吉さん昨夜のお前さん, 吉さん此方へお出で, 吉さん表具屋の主人, 吉さ三代傳はる稻葉屋の大, 吉惣じて万事大吉, 吉しいたけをきざみ込む, 吉したがって山影宗三郎様は, 吉じゃあありませんか, 吉じゃがなあ玉井君は, 吉そうして紅丸と, 吉そして奧座敷に, 吉その人の, 吉その他大多数, 吉ただし春の, 吉たち青蛇団を見送った, 吉たつた一人これは, 吉だけじゃが表に, 吉だけといふのは, 吉だけに我慢させ, 吉だったら田村へ, 吉だつたさうで少し變ぢ, 吉だやりそくなっ, 吉だろうが亥, 吉ちゃんおせんちゃんと呼び交わす, 吉ちゃん僕のうしろ, 吉ちゃん嫌いだ, 吉ちよつと来い, 吉っあんほんとに気色, 吉ってば, 吉ってねいうん, 吉つあんじゃない, 吉つまらないものを, 吉んだ, 吉てめえは太, 吉てめえアまたいい, 吉できたぞという心, 吉でござるぞよい, 吉でしょうか, 吉でなかったにし, 吉でなきゃア女三人の, 吉といへるもの中橋, 吉としてもそうなっ, 吉とだけ出かけること, 吉とてもただ怯かし, 吉とで雀を, 吉とともに同じ屋根, 吉とに対する意地からに, 吉とねまず以上五軒, 吉ともども噴飯して, 吉とやらが出したと, 吉とやらと喧嘩を, 吉とやらをどうして家, 吉とんとんなにしてる, 吉どうせ賭球盤だって, 吉どこにいる, 吉どんと一緒に国, 吉などという連中とも, 吉などについて七八歳の, 吉などによっておこされた青鞜社, 吉なら威張ってこの, 吉なりといえども, 吉なりとぞ云ひける, 吉なりに違ひなかつた, 吉なんかとても駄目さ, 吉なんぞにこんなに会いたい, 吉なんぞはその色, 吉においてはタヌもろ共ああ, 吉にすらそれ位の, 吉について来ました, 吉についてはあきらめて, 吉にて何卒御, 吉にはネ兼さんとか, 吉によりも自分に, 吉に対してはそういう冷やか, 吉に迄拡がるが, 吉のみか待つ人, 吉はからかはれたこと, 吉はがツくり島田の, 吉はずるりと鼻汁, 吉はちよつと考へ, 吉はつよ気にやり返した, 吉はとッさに, 吉はなに思った, 吉はやつきとなつ, 吉はをどろいた, 吉はんがやすみ, 吉ばあさんを医者, 吉ばかりが呆然と, 吉ばかりを残したの, 吉ひるの休み, 吉びっくりして, 吉へは飯代を, 吉ほかの医者, 吉ほんの志じゃ, 吉ぼんやりして, 吉また来たの, 吉までがこんな事, 吉みたいな人好き, 吉むくりと起き立っ, 吉め此奴を俺, 吉め江戸へ入り, 吉もう止めて, 吉もう一度槌は, 吉もとつくに, 吉やとそれよりの, 吉よう来た, 吉よくしたもの, 吉よりとはさてさて珍しき, 吉らしいやり甲斐を, 吉らしくないことを, 吉ら五人は夕方, 吉ら五名の男女, 吉わけもない, 吉をも加へて, 吉を通じて大隊長の, 吉とこへ, 吉さっぱり煙, 吉怒ルモンデスカ, 吉ガコヽヘ君ヲ連レテ, 吉ガ二三日中ニ札幌ヘ出張スルカモ知レナイト云ウ, 吉ガ会社ニ出テ行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, 吉ガ嫁ヲ迎エテカラデアル, 吉ガ彼女ニ魅セラレタノハ彼女ノ姿態ニアルコトハ確カダガ, 吉ガ捜シニ戻ッタ, 吉ガ病室ヲ覗イタ, 吉ガ颯子ヲ妻ニシタ, 吉クラブは半, 吉シャツ一枚にてズボン, 吉シ雑類異形ハ悪シト偏執スルハ悟リ, 吉タダの鼠, 吉ッ灯を貸せっ, 吉ツァンデ颯チャン以外ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 吉ツァンノ気持ガ少シ変ダト思ウ, 吉ツァンハ見テ, 吉ツァンハ浄吉ツァンデ颯チャン以外ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 吉ツンボとメクラ, 吉ツ耳が無い, 吉テバブンさんがウナこと, 吉トノ相乗リナラ当然ノコトダシ, 吉トノ結婚ヲ予, 吉ト二人キリノ時ニモ嘗テ愛情コマヤカナリシ時代ニハソンナ風ダッタデアロウガ今デハソウデモナサソウデアル, 吉取ッテモ, 吉ニジリ寄った, 吉ニモ婆サンニモ誰ヲモデルニシテイルカヲ悟ラセヌヨウニスルコトハ出来ル, 吉ニースへ行く, 吉ニ訴エルコト再三ニ及ンダラシイガ, 吉ハソウカト云ッタキリ強イテ来イトモ云ワナイ, 吉ハ二日ニ関西方面ヘ出, 吉ハ云ッタガアノ時ハ恐ラク, 吉ヒュースケンにはお, 吉ベラ棒に手間, 吉ペロリと舌, 吉来ラレタラ来ルヨウニ云ワセル, 吉モオ前サンノコトヲワタシノ, 吉モカ達の先頭, 吉モ会社カラ直接駆ケツケル, 吉モ元来犬好キノ方ナノ, 吉モ承知デアル, 吉モ来月ニナッタラ十日間グライ休暇ヲ取, 吉モ経助モ婆サンヤ颯子ト一緒ニ集ッテ見物シテイル, 吉一たいてめえ何をし, 吉一七八票の順, 吉一二人のほか, 吉一党だ, 吉一寸起きて, 吉一座の少年座員, 吉一言御挨拶申, 吉丁子などという昔人, 吉三十そこそこの平凡, 吉三郎ぢやありません, 吉三郎ともに御免, 吉三郎どんは最初, 吉三郎どんあれは私, 吉三郎のは聖なる, 吉三郎事は豫, 吉三郎偖は娘, 吉三郎姉弟に見せ, 吉三郎并に母, 吉三郎建立と伝へる, 吉三郎成人迄何卒, 吉三郎旅僧は入牢申付, 吉三郎最早堪兼利兵衞が裾, 吉三郎氏は信念, 吉三郎牢舍と聞, 吉三郎盜みしにも, 吉三郎盜賊人殺しに相違, 吉三郎自身の部屋, 吉三郎赤面しながら, 吉三郎金屋利兵衞方に譯, 吉下女のお, 吉両方からすり寄っ, 吉中村寛栗同訳, 吉丹後村無宿の兼吉, 吉久吉音吉同じく肥後, 吉也さんも死にました, 吉亀吉兵古帯のお, 吉二人の芸量, 吉二人手わけをし, 吉などはそこ, 吉五郎どのが見えましたら, 吉五郎一名目ッ吉御用医者の田沢菘庵, 吉五郎殺しの下手人, 吉亨郎等に参集, 吉仇討に出立, 吉今さら気遣わしくつづい, 吉今さら気遣は, 吉今度こそはしっかり, 吉介古田八左衛門古田加助四人蒐りで辛くも, 吉仕事着のまま, 吉以外の何もの, 吉仮に象を, 吉の彌, 吉伝道に入る, 吉の手, 吉の日, 吉に空々しき, 吉信順在世の日, 吉はケチ, 吉俺一っ走り, 吉備眞備に始まる, 吉兄さん久し振りだねえ, 吉の足, 吉公お前の方, 吉公くせになる, 吉公そこんところ, 吉公てめえまた腕車, 吉公めおれを困らす, 吉公ッて奴, 吉公何処へ行った, 吉の俳諧師東栄, 吉六ゆゑ委細承知と請込, 吉六息切立戻り一伍一什を小夜衣, 吉六暫時呆れしが, 吉兵エさんも帰りし, 吉兵衛待兼顔に挨拶, 吉兵衛氏は帽子, 吉兵衛焦躁て八方, 吉兵衞ハイ何時頃で御, 吉兵衞ヘイ同人は當年廿一歳, 吉兵衞一人は辛ふじ, 吉兵衞久八ことは千太郎, 吉兵衞二男にて五兵衞方, 吉兵衞伊勢屋五兵衞久八の伯父六右衞門一同等, 吉兵衞俄かに願, 吉兵衞品川宿の河内屋與兵衞本石町二丁目, 吉兵衞夫婦の中, 吉兵衞始め船頭杢右衞門十八人の水主水差都合二十一人, 吉兵衞始め船頭杢右衞門水主十八人水差一人都合二十一人にて元日, 吉兵衞委細承知し然, 吉兵衞娘お清, 吉兵衞岩の上, 吉兵衞心に驚き, 吉兵衞是に力, 吉兵衞樣の商, 吉兵衞樣御商賣の, 吉兵衞次席大通詞, 吉兵衞殿に剃, 吉兵衞涙に咽び, 吉兵衞莞爾と打, 吉其儘あるべきに, 吉其方は一度, 吉凶悔吝無, 吉初太郎の両人, 吉に慧, 吉利国と似, 吉利太郎の四名, 吉副使の金誠一ら, 吉力一ぺえ押せよ, 吉と言っ, 吉十一歳の時, 吉十二の文三, 吉十兵衛めがところ, 吉十兵衞めがところ, 吉十郎さんの顔, 吉十郎みんなきて, 吉十郎外八人の舟子, 吉十郎等を師, 吉十郎等千余人薩軍に馳せ参ずる, 吉千代どのるり殿大三郎殿, 吉千代はかぶりを振っ, 吉博士その他天文台の諸氏, 吉卯右衛行兩人に唐太山丹オロッコ, 吉原田甫宝生栄之丞住居, 吉叔父サンニ怒ラレヤシナイカナ, 吉古山貞雄等の拘留審問, 吉右衛両氏も延若, 吉右衛君は大阪性, 吉右衛氏のもの, 吉右衛等を抜い, 吉右衞門國元より來, 吉右衞門夫は何故, 吉右衞門夫婦は大いに, 吉右衞門學問なら牧野富太郎博士, 吉右衞門平兵衞の兩人, 吉右衞門平兵衞共に途方, 吉右衞門承知せず其儘古河, 吉右衞門方へ尋ね到り, 吉右衞門是を聞, 吉右衞門松本主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 吉右衞門殿に面談, 吉右衞門殿御在宿かと申入, 吉右衞門立ち出來り互, 吉だとかいふ, 吉同道で先ず, 吉は王臣, 吉君おれがどこ, 吉君ここからモン・ブラン, 吉君まごまごしないで, 吉君元気かね, 吉君君はまた, 吉君姉弟に案内, 吉君植物学科を卒業, 吉君運動はもう, 吉和田義郎小泉信吉野本貞次郎中村貞吉吉川泰次郎氏等の不幸, 吉品川の松抔何, 吉嘯くように, 吉四人が無事, 吉國桑の國唐黍, 吉坊や辰公なんどに畑仕事, 吉堂さんなんどの方々, 吉堂望月玉泉等の老大家, 吉士月狂天馬と僕, 吉をかけた, 吉斯比彌, 吉大明神の御, 吉天来の気質, 吉太夫ニも御, 吉太夫景好橋谷市蔵重次, 吉夫人はその, 吉夫妻それにクス子姐さん, 吉夫婦ハビール予等ハ番茶ヲタンブラーニ入レテ貰ウ, 吉夫婦西村仁三郎谷利三郎土人一名合せて, 吉女郎は狂人, 吉妻粂事は私, 吉妻舅與惣次及び榊原殿郡奉行伊藤, 吉始め一同の意見, 吉始め富五郎の顔, 吉始め立会人一同の意見, 吉御に, 吉やをたのまず, 吉嬉しいでしょう, 吉子五人か九人, 吉に因ん, 吉存命は覚束, 吉孚さまはなお, 吉孚君には病弱, 吉安藤正純田川大吉郎伊藤痴遊というそうそう, 吉宗とは別人, 吉宗三郎の枕もと, 吉宗最高政策中の最高政策, 吉定吉の三人, 吉で宴會, 吉小人三次郎などはどう, 吉小柳司気太両先生, 吉少年冬の陽, 吉岡信敬なり, 吉岡信敬子日曜画報写真技師木川専介子本紙記者井沢衣水子それに病気揚句, 吉岡信敬将軍髯面を突出, 吉左衛門さんあなたにお目にかかる, 吉左衛門さんごちそうは何, 吉左衛門さん一代限りともあります, 吉左衛門さん何もありません, 吉左衛門さん吾家じゃ仙十郎, 吉左衛門さん妻籠の御, 吉左衛門どころでは, 吉左衛門どの一周忌御仏事, 吉左衛門はじめ組頭庄兵衛そのほか隣家, 吉左衛門はじめ金兵衛らはこの, 吉左衛門五十五歳金兵衛の方, 吉左衛門夫妻が孫たち, 吉左衛門常用の杖, 吉左衛門幸吉父子がいづれ, 吉左衛門忰一方は年寄兼問屋後見役小竹金兵衛忰, 吉左衛門忰年寄役小竹金兵衛忰両人にて役所, 吉左衛門様やその, 吉左衛門殿造酒之丞殿, 吉左衛門氏の研究費寄贈, 吉左衛門永楽六兵衛亀亭等から私, 吉左衛門河村将監らの老職, 吉左衛門発病の当時, 吉左衛門金兵衛はすでに, 吉平正喜嘉忠長善などはよく, 吉幸作という三人, 吉広江の脇差, 吉延吉小玉小さんなどという皆, 吉弖且比等波安良自等, 吉弥八与之助直次郎などに言い聴かせる, 吉弥様は十四, 吉弥馬鹿者はあなた, 吉八與之, 吉影亭という貸席, 吉彼名乎伊爾之敝欲伊麻乃乎追通爾, 吉待てツ, 吉へ逃ん, 吉大慶に, 吉御殿とよばれた, 吉御用医者の田沢菘庵, 吉を数え, 吉志美ヶ嶽の神女, 吉恋しさも, 吉悟ったかどう, 吉愛吉堪りかねて, 吉慶幸福となるべき, 吉の作, 吉支配人五兵衞村役人同道にて江戸小傳馬町旅人宿幸手屋茂八方, 吉教授日本の側, 吉敦線で大連, 吉敦鉄道の汽車, 吉文三彦太郎という当家, 吉文字若の証言, 吉新宮次郎元山七郎位です, 吉新村出關口鯉吉を生んだ, 吉の稻妻組, 吉の巡る, 吉春本万竜照近江お鯉, 吉時代にはまだ, 吉の手本, 吉書七夕の清書, 吉本人がいつも, 吉などの手, 吉村方にて, 吉東京より来る, 吉松之助勝五郎の三人, 吉松喜金弥などと云, 吉松次郎そうして丑松, 吉松郎実川実太郎など十余人, 吉であろうと, 吉梁田村の長祐之, 吉梅肉ハ予ト颯子デアル, 吉構ってくれる, 吉様何んと申し, 吉様小せえ, 吉様道中でお母様, 吉浅くし, 吉歌舞伎道創まっての, 吉正田中意徳本庄喜助重正伊藤太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 吉の生命, 吉此処え来い, 吉殿本当かな, 吉毛糸のジャケツ, 吉氏夫婦は老人, 吉氏方にて支那, 吉氏船中へ来訪, 吉気の毒がり一中, 吉河西野の次子, 吉津久居彦七等の地方有志, 吉津田六左衛門の二人, 吉の勢力圏内, 吉浜野徳蔵津川徳太郎高島鉄之助の家, 吉海保半平井上八郎塚田幸平これらの儕輩, 吉は葛西, 吉清松竹造の順, 吉清水政吉の負傷, 吉湧井藤七関口忠太郎川俣久平寺内清次島田雄三郎新井保太郎藤沼友次郎板橋六郎川島治平青木清蔵吉岡耕作天海浜吉内田卯三郎栗原喜蔵岩下喜右衛門等の百余名いずれ, 吉の辞儀, 吉湯タンポをお腹, 吉源吉ガラッ八, 吉源吉ガラツ八と二人, 吉濱勝山を經, 吉瀬戸物屋を見た, 吉らば, 吉照吉などについて七, 吉せえ, 吉という名代, 吉還来, 吉牛堡に駐, 吉独りで感激, 吉琵琶歌そして浪花節, 吉瑞なりと云, 吉瑞成べし, 吉瑞神業じゃと皆, 吉田中三郎同道で蒲田, 吉痩せてい, 吉白刃取りの早若, 吉直吉おみゑ上山行, 吉直大佐です, 吉相当目はしの, 吉真柴久吉は居なく, 吉知っている, 吉石原十蔵舟崎曾兵衛の五人, 吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 吉石田清などである, 吉祿を望ん, 吉を望ん, 吉福浦という, 吉という人, 吉立ち上っておお, 吉立ち上つてお, 吉竹一松江ミサ子マスノ順々, 吉竹一正吉次とかつて, 吉等九族既に戮, 吉とかいう秘曲, 吉粂事は現在母姑女, 吉粂同道にて參, 吉が出る, 吉納徴請期の五儀, 吉結常代爾至海若神, 吉継一柳兄弟糟屋助右衛門なども各, 吉継一柳市助木下勘解由小西弥九郎山内猪右衛門一豊など多士済々, 吉継以下約二万, 吉継長束正家らをし, 吉綱渡りの勝代, 吉総務部の二課長, 吉なれば, 吉置いてらっしゃい, 吉美しい親分を, 吉美味い場合も, 吉義氏を見舞, 吉の案内, 吉をはじめ, 吉老父耕太郎久助爺との四人, 吉胤らが固め, 吉致あたりの才覚, 吉致たちである, 吉致たち七人がすべて白衣, 吉致一人だけこなた, 吉舌非常に長く, 吉舟小牛清光徳若忠政, 吉良おれにはおれ, 吉良その他の諸, 吉良どのここに有り, 吉良どのそれにお, 吉良びいきでよく, 吉良一色仁木などの留守組, 吉良上杉両家の近情, 吉良上杉浅野の三家, 吉良上野顕彰の意味, 吉良仁木今川一色渋川の諸氏, 吉良仁木斯波一色今川など足利支流, 吉良仁木石堂らの一族, 吉良今川などの同族, 吉良今川その他あの地方, 吉良今川仁木乙川西尾の諸, 吉良今川石堂など三河党, 吉良今川細川の各, 吉良側に対しても同じ, 吉良勢も陣容, 吉良千坂の手, 吉良家上杉家のお, 吉良家古来の故実, 吉良家無二のさむ, 吉良家累代の菩提所, 吉良家譜代の臣, 吉良日をみる, 吉良殿自分は勅使, 吉良江戸等々の諸, 吉良石堂一色仁木細川今川荒川高上杉などみな, 吉良細川佐々木道誉らもつづい, 吉良西条一色今川東条などの諸, 吉良邸裏門は雪, 吉良邸討入の当日, 吉良郷民の心理, 吉へ大庭, 吉若夫婦は診察所, 吉若旦那の許嫁, 吉苫屋の半太郎, 吉茂吉は半, 吉茂呂宗次郎同平吉, 吉茫然として見送った, 吉草刈真太は共同生活, 吉莫靴をはい, 吉蒸気は肥田浜五郎, 吉蒼くなりて, 吉衣類の裾, 吉親分ぢやこね廻し, 吉といふ染料絵具, 吉角力の大関, 吉だと, 吉記愚管抄吾妻鏡そのほか, 吉りでございますから, 吉許してくれ, 吉の肩, 吉弘, 吉を揉み, 吉迷惑だが, 吉ひつき剛の者, 吉進み出て盛政, 吉邪魔をする, 吉重次郎千次郎の三人手負, 吉野立蔵氏矢野玄道氏外に青山廷光氏川田剛氏, 吉野郷宮本村へ連れもどされた, 吉長武といわれ, 吉長脇差をひっ掴み, 吉と別, 吉阪俊蔵君の一家, 吉阿弥の号, 吉すこと, 吉雄幸右衞門と共に和蘭文書, 吉雄幸右衞門本木仁太夫から右, 吉雄幸左衛門宛に一通, 吉雄幸左衛門西善三郎案内を出した, 吉順糸房の屋上, 吉をしゃくり, 吉食べて巳, 吉飲まうぞ支度, 吉飲もうぞ支度, 吉の小次郎, 吉は頸, 吉鮎沢賢一郎綿貫清二などいろいろ, 吉麻呂が詔, 吉つて玄関から, 吉龍子鶴子等遺族の諸氏