青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「売り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

壜~ ~士 士~ 壮~ ~声 声~ 売~ ~売っ 売っ~ ~売り
売り~
~売る 売る~ ~壺 壺~ ~変 変~ ~変え 変え~ ~変っ 変っ~

「売り~」 2061, 22ppm, 5180位

▼ 売り~ (599, 29.1%)

28 出て 16 来て 14 来る 12 来た, 来たの 9 行って 8 来たもの, 来るの, 行くの 6 きた, しても, でて, 来たが 5 くる, くるの

4 [11件] なったの, なって, 出かけました, 出したの, 出た, 出る, 来たん, 来た男, 来る男, 行きました, 行けば

3 [20件] いった, いって, きたの, でたの, なるの, 出して, 出たの, 出るの, 化けて, 来たよう, 来た女, 来るが, 来ること, 来るもの, 来るん, 来れば, 歩いて, 行くこと, 行った, 行つた

2 [23件] きたとき, きたよう, くるので, して, ついて, 出した正, 出ると, 往った, 来たこと, 来たやう, 来たり, 来たわけ, 来た商人, 来た奴, 来た客, 来た者, 来ました, 来る女, 来る娘, 行く, 行くん, 行こうと, 行ったこと

1 [300件] あるいて, あるかぬは, あるきます, あるく人, ある雑誌, いくこと, いくだ, いくの, いく手助け, いこうと, いったとき, いったの, いったり, いった珊瑚, いらしたじゃあ, いらっしゃったじゃ, かかッ, かったいぼう, きたぞ, きたと, きたね, きたもの, きたらこれ, きたん, きた爺さん, きた紫頭巾, きた頭巾, きても, きました, くるいつも, くるくらいは, くるもん, くるバット, くる人, くる坂田青年, くる婆さん, くる安兵衛, くる時分, くる田舎女, くる甲州辺, くる男, こっそりと, この村, されただけに, したら幾ら, しては, するん, たずねたの, だすやう, だすよう, でかけたきり, でた部落, でては, でないで, でます, でると, でるの, でる大原女, でる者, なったよう, なったらいい, なったらそれ, なったり, なった白金, なっちゃったという, なっても, なつたさうです, なつたら, ならないで, ならないの, ならないよう, ならなかったので, ならぬ, なりたくなさそう, なりましたね, なりませんかなどと, なり三男, なり号外, なるおつもり, なるかしら, なるでしょう, なるとかいう, なるなんて, なれば, なろうと, なろうとは, はさまれ女, まいりました, まわってるところ, まんまと一杯く, やってきたの, やつして, やりました, ゆきたいから, ゆき人目, ゆく, ゆくに, ゆくので, ゆく女, ゆく牛乳, ゆく米二俵, ゆけば, わしは, わたして, 下るの, 京の, 出かけようと, 出かけるの, 出かけるん, 出かける時折, 出かけ日暮れ, 出されたこと, 出されたという, 出されたとの, 出された奴隷, 出されて, 出されてから, 出されなかったならば, 出されぬ, 出されました, 出されましたが, 出される, 出した, 出したかも, 出したん, 出した女雛, 出してるン, 出す, 出すの, 出す一方, 出す人間, 出たいと, 出たが, 出たご存じ, 出たらと, 出たら仕方, 出たり, 出た事, 出た時代, 出つくして, 出てから, 出で, 出なかった, 出ます老爺, 出ようとは, 出るかも, 出ること, 出るとかいう, 出るとは, 出るなどと, 出るので, 出るん, 出るン, 出る娘, 出る年, 出る田地, 出る若衆, 出る行き帰り, 出会ったので, 出掛けて, 出掛ける, 別れて, 化けやがって, 参つた日本人を, 参ります, 参ります白山, 参るところ, 参るの, 向かって, 咬み付くところ, 売ったの, 変って, 変装し, 尋ねる, 市場へ, 帰って, 廻るばかり, 往って, 往つた, 往んだわ, 往んで, 御出掛なさい, 手を, 持って, 斬りちらされた悪, 来たあの, 来たいなり寿司, 来たから, 来たそう, 来たその, 来たと, 来たという, 来たといふ, 来たので, 来たわ, 来たを, 来た事, 来た品物, 来た弁当, 来た当の, 来た方, 来た時, 来た武士, 来た若者, 来た蟹, 来てたも, 来てや, 来てるの, 来なすったの, 来ましたそれ, 来ますし, 来やしめ, 来りぬ, 来り都, 来るあの, 来るあり, 来るあれ, 来るか, 来るかと, 来るそう, 来るたび人, 来るでしょう, 来るという, 来るとか, 来るひと, 来るよう, 来る人, 来る人々, 来る商人, 来る声, 来る大福, 来る婆, 来る季節, 来る孤児院, 来る客, 来る弁髪, 来る御, 来る汁粉, 来る爺さん, 来る白魚位, 来る百姓, 来る種々, 来る者, 来る襟巻, 来る飴, 歩いた, 歩いても, 歩かせ売れ残り, 歩かな仕様, 歩きはじめて, 歩き廻って, 歩くこと, 歩くべ, 歩くわけ, 歩く自信, 深山の, 父親が, 町へ, 示して, 私の, 船へ, 虫売り, 行きとうなります, 行きましたが, 行きましたところ, 行きますと, 行き行き, 行くそれ, 行くと, 行くとき, 行くなぞ, 行くもの, 行く位, 行く兄貴, 行く女, 行く女房, 行く格好, 行く途中, 行けない, 行こうという, 行ったとき, 行ったの, 行ったので, 行ったま, 行ったもの, 行ったら大もうけ, 行ったん, 行った序, 行った時, 行った武士, 行った親仁, 街頭に, 見えたに, 見えましてね, 訊いた, 訪問する, 身を, 身装を, 転業しつ, 通った極貧

▼ 売り~ (425, 20.6%)

11 声が 10 少年は 9 女が 7 老人は, 鈴の 6 ような, 声を 5 おじいさんが, 少年が 4 呼び声が, 姿を, 娘の, 小僧が, 男は 3 ように, 声に, 声も, 婆さんが, 男が

2 [22件] じいさんは, 久助という, 前へ, 千代子は, 又八, 声や, 女たちは, 女などが, 女は, 姿が, 娘が, 娘を, 子供が, 少女が, 少年の, 後に, 持って, 爺が, 胴乱を, 若い男, 車が, 隣の

1 [280件] あとを, いうこと, いかさま博奕, いでたち, おきんという, おきん坊, おじいさんにも, おじさんに, おじさんの, おじさんは, おどけた老人, おばあさんの, おばさんから, おばさんが, おばさんの, おばさんを, おやじが, おやじの, お婆, お婆さんの, お媼さん, お此, お爺さん丹沢山の, お話である, かへりし, くれた丸薬, くれた霊薬, けたたましい呼声, ことは, ことを, しるしと, じいさんを, ずるい少年, それなどは, だれも, ときの, とぼけたよう, ほうを, ほかに, まだ相当, まねし, もりわけです, を盗んだ, イタリー人が, ステパン・ステパノヴィッチが, チョビ安の, バナナの, メガフォーンを通して, ラッパが, ラッパに, ラッパは, 下手人は, 久助が, 久助の, 久助は, 久助も, 久助夫婦, 久助夫婦を, 乗って, 乙女, 事ばかし, 二日間の, 云い草では, 人寄せかと, 人間を, 仁助で, 仁助は, 仕返しだろう, 体の, 何時もの, 側へ, 傀儡師という, 出入りは, 利益で, 前で, 劉さんじゃ, 劉少年かも, 加山耀蔵に, 十八世紀の, 口上だ, 口上に, 口上を, 古風な, 吹くチャルメラ, 周囲へ, 呼び声, 呼び声である, 呼び声は, 呼び声も, 呼び声や, 呼び声を, 商人が, 商人であった, 商人に, 商人の, 商人は, 商売を, 噂は, 場合には, 場合は, 声々カタンカタンという, 声々漂っ, 声ぜんざい屋ぼろんじ, 声であった, 声の, 声のみが, 声は, 変装であった, 夫婦と, 女, 女から, 女たちが, 女の子, 女まで, 女を, 女達が, 姿の, 姿瞰下ろし, 娘, 娘さん, 娘という, 娘に, 娘は, 娘子軍, 娘子軍と, 婆さんと, 婆さんの, 婆さんは, 婆さんを, 婆の, 婦人が, 婦人こそは, 子に, 子を, 子供の, 子供は, 子供みずから名乗っ, 家は, 家台の, 小僧は, 小僧名も, 小男だった, 小西屋弥九郎, 小酒屋, 少女たちが, 少女の, 少女は, 少女千代子を, 居合抜きや, 巣窟を, 巷を, 庄五郎は, 床几で, 床店が, 店で, 店も, 後ろ姿は, 後を, 思想を, 恰好は, 成上り, 成上りだ, 戦え声, 戦へ, 手合いからは, 手押車と, 手拭を, 手車と, 手車の, 扮装の, 扮装も, 持つ旅つづら一つ, 撃退に, 数量と, 文句に, 方から, 方で, 旅商人で, 旅商人でございます, 旅商人拵えの, 書き入れだ, 月給ぐらいは, 栄三郎と, 栄三郎を, 桜である, 桜を, 梯子の, 業態には, 正体が, 正体は, 水兵服嬢が, 油に, 泊って, 泊るはたご, 注進によって, 流行歌が, 流行歌ね, 流行歌の, 浪人が, 浪人の, 滑稽な, 漁師は, 灯が, 灯に, 煙草入れを, 煤けたランプ, 特殊な, 瓦版が, 生態, 生業は, 田舎娘を, 男, 男で, 男と, 男どもや, 男に, 男も, 町子さえ, 白い洋傘, 看板である, 真似を, 秘伝に, 窓口に, 立札が, 笛の, 箱から, 縁台が, 美しい娘, 美声は, 老人が, 老人である, 老人の, 老人を, 老婆や, 老翁が, 肖像に, 背を, 背中へ, 腰掛けを, 芸人侍めッきいた, 若侍, 若者は, 荷が, 荷と, 藤兵衛が, 藤兵衛という, 藤兵衛の, 蜜柑を, 行商を, 行商人が, 行商着を, 見えなくなったいろいろ, 触れ声が, 言うこと, 言葉は, 評判娘と, 話しを, 話です, 話を, 赤本に, 足下に, 足高盥を, 身支度を, 途中下の, 通る呼び声, 配って, 酒瓶屋も, 鈴音が, 錦絵が, 長く節, 露店が, 露西亜パンの, 頬を, 顔は, 顔を, 風を, 風俗では, 風船玉すべての, 首を, 魚屋だ

▼ 売り~ (123, 6.0%)

4 いいました 2 しめえ, 人の, 太郎の

1 [113件] あちらに, あちらへ, あるまい, いった, いったい何事, いって, いつに, いつもくる, いないの, うまく逃げ, かごを, ぐっすり寝こん, ここらの, この正午, ご主人, しなかつた, しばらく黙っ, しまい, しません, すげなく問うた, せぬ, そのとき, その屋敷, ただ新しく, ちっとも忌, ちょッと, どうした, どうなりました, どこから, どのくらいの, どの家庭, なしはじめ, はねあがって, ひと月ほども, ふりむきも, まだなにかいいた, みんなを, ようやく行き着い, よく英吉利人, よんどころなしに, わたくしに, ハルビン街上風景の, 一人で, 一泊三百円もだし, 三十前後の, 三日に, 三軒も, 三郎様の, 何度も, 入れ替って, 出て, 別にむずかしい, 午前二時の, 却, 喰って, 圃の, 土気色に, 城下の, 売ったが, 多人数と, 多額の, 大いに儲ける, 大きい帽, 大抵その, 大道商人の, 天保の, 天秤を, 年ごろ二十二三の, 年配の, 廃されない, 必ず我王, 恐るべき色眼, 悪人だった, 扇子を, 断じて致しません, 昔は, 普通の, 来ずなりぬ, 横町を, 正雄の, 毒消しが, 油断を, 法師と, 片足なかっ, 特別だ, 猴に, 現金引き換えである, 疫病に, 百二三十円つてとこな, 目鼻だけ, 相手の, 知って, 知らぬ商人, 神さまか, 笑顔に, 答えました, 箱を, 絵に, 腕を, 艫の, 草むらから, 蛇を, 行商人の, 表面似た, 袋に, 途の, 通用しません, 金魚を, 間近に, 静かに, 頭を, 顫え, 魚八の

▼ 売り~ (102, 4.9%)

3 通る 2 きた, くる, やって来た, 出て, 来る

1 [89件] あせる時, あちこち椅子から, あっちへ, あとから, ありました, あります, いた, いて, いる, おやじを, おるナ, くると, こなくなりました, この町, ざくざくと, すこぶる多く, すずしい声, そこで, その姿, ぞっとした, となりの, ひとり荷を, ぶらさげた火, ぼんやりと, やってきました, やつて, ゴム引布の, ムニャムニャ動き出す, 一人いる, 並んだ, 京都の, 人を, 会社自身の, 何度も, 入って, 出なおして, 列車めがけ, 前の, 前へ, 十三万円ばかり, 即ちそれ, 呼んで, 咄します, 問題の, 声高く, 天秤棒の, 天秤棒を, 宿を, 屋台を, 市松障子の, 幾人い, 彼方の, 持って, 指さしたやみ, 振れて, 旅館を, 早くも, 景気よく, 暗い火, 札を, 村へ, 来たので, 来る毎, 来る金魚, 桐の, 気の毒な, 沢山しゃがん, 泊り合わせたもん, 流して, 激増し, 牛車から, 真中に, 籠かつぎくる, 職業であった, 背負って, 腰の, 荷を, 菓子などとともに, 蓴菜が, 薬だけ, 行って, 車を, 通りかかったの, 通りかかって, 通りました, 遠巻きに, 鈴を, 額の, 駈けて

▼ 売り~ (77, 3.7%)

24 して 3 やって 2 したり, する, すること, するの

1 [42件] いたして, うたったもの, おやめ, した事, する事, する問屋, する境地, つかまえて, やつて, やらなければ, りし, りし由, り後, 値切って, 取りまいて, 呶鳴り, 呼べ, 大声叱咤し, 少しご, 張って, 待ちかねるよう, 思わせるに, 急ぎました, 急ぐの, 想わせ, 探すの, 流し眼, 生島新五郎が, 相手に, 私は, 苛めて, 見かけること, 見て, 見物し, 許して, 詮議する, 読物として, 買わせて, 軽蔑しない, 軽蔑する, 逃がすな, 連れて

▼ 売りもの~ (41, 2.0%)

8 にし 3 にする 2 にした, にしない

1 [26件] がある, だから, だったん, てえの, として民心, とする, と称する, どころかもっと, なの, にならない, になり, には出ない, には花, にろくな, にわが国, に出来ない, に売り, に花, に違い, のバタ, の仕入れ品, の喫茶店, は相, を料理屋, を新聞づつみ, 総てに

▼ 売り~ (27, 1.3%)

2 あった

1 [25件] いたします, きて, した, しないで, しなかったと, するの, するよう, すれば, ついでに, もういない, モスクワの, 上がって, 乞食めく, 今では, 八百屋の, 区別が, 大切に, 山の手へ, 思わず立ちすくん, 来ません, 田を, 立ち寄る, 見えぬが, 金魚屋も, 餽り

▼ 売り~ (25, 1.2%)

1 [25件] その不足, その金, もって, やられあるいは, わが利, 人に, 博士を, 四十六両と, 大和備前の, 大問屋, 妻伴ふ, 活計と, 父母を, 百三十五貫文ばかりに, 米の, 精神の, 見せ物に, 親せき近, 貧しき者, 辛くも活, 酒のみ, 酒を, 金を, 銭稍か, 養子の

▼ 売り~ (25, 1.2%)

2 越後の

1 [23件] それから魚屋, なったが, なって, なりて, はようもいやった, みなひと通りの, 一寸か, 一緒に, 名のる, 実質的にも, 手相見, 申すこと, 砂書き, 称して, 称しながら, 絵馬売り, 言ひ, 買いとから, 買いとの, 買いの, 違って, 間違えたん, 顔が

▼ 売り~ (21, 1.0%)

2 つた, つて

1 [17件] つたもの, つたら何と, つたり, つちまつて, はう, はれて, はれる, ひし長持, ひその, ひ全部さ, ひ屋敷, ひ必ら, ひ持つてた金, ひ残るところ, ふやう, ふ古本屋, へば相当

▼ 売り~ (20, 1.0%)

2 草花売り, 鮨売り

1 [16件] そして艶, そのサクラ, アがった, アがって, 古着屋や, 唐傘の, 大福餅屋の, 懶い稽古三味, 操人形なぞが, 新四国, 暗記術速習の, 林檎売り, 濁酒の, 米つき, 蓆織り, 鯉売り

▼ 売りその~ (16, 0.8%)

2 財産も

1 [14件] お金で, ころボツボツ, 上手巻の, 人々その, 人な, 何とか村の, 傍らには, 収入を, 売上金を以て, 製造品及び, 身代で, 辺の, 酒が, 金で

▼ 売りから~ (12, 0.6%)

1 [12件] もらいました丸薬, 夕刊を, 委細承っ, 帰ったばかり, 帰る婦たち, 教えられた薬, 棉を, 縁を, 聞いて, 薬を, 身を, 金魚を

▼ 売りながら~ (11, 0.5%)

1 [11件] いざ事, 三日という, 三日といふ, 何気なく城中, 兵法に, 妻と共に, 寒々と, 怒鳴って, 本社へは, 流して, 生きのびて

▼ 売り~ (10, 0.5%)

1 そこらの, とにかくそんな, なぞの, まずそんな, アコーデオン弾き, 何ぞの, 大道易者にでも, 源氏屋に, 百姓か, 針売り

▼ 売りという~ (10, 0.5%)

2 のは, のを 1 ことを, ものが, ものその, もの商いの, もの当時は, 者の

▼ 売り立て~ (9, 0.4%)

1 がありまし, で思い, に, のうわさ, の古, の広告, の日, をいたそう, をやる

▼ 売り食い~ (9, 0.4%)

3 して 1 しとうとう, するにも, するほどには, で繋い, に売り払っ, の仕方

▼ 売り~ (8, 0.4%)

1 がない, だと, では牡丹屋, と同じ, と同一, は最新式, は言うまでもなく, をする

▼ 売りなど~ (7, 0.3%)

3 して 1 したため, しなければ, ふれて, みだりに入る

▼ 売り吉次~ (7, 0.3%)

1 がこの, などの名, に誘われ, の墓, の手, の由来因縁, は牛若伝説

▼ 売りある~ (6, 0.3%)

5 いて 1 いたことも

▼ 売り~ (6, 0.3%)

2 の二倍, は新 1 でございますか, を維持

▼ 売り~ (6, 0.3%)

2 して 1 された後, したら二十両, したり, す程

▼ 売りそして~ (5, 0.2%)

1 グレー街で, 同一期間内, 夕方は, 彼は, 彼らは

▼ 売りには~ (5, 0.2%)

1 一枚で, 感心しない, 来ませんが, 直接従事し, 過ぎた刀

▼ 売りにも~ (5, 0.2%)

1 昔は, 来たり, 来るという, 若い人, 行った

▼ 売り~ (5, 0.2%)

1 が, が起き, もなお, をやった, を叩き起し

▼ 売り払つて~ (5, 0.2%)

2 しまつ 1 そのお金, も何, ゐたの

▼ 売りさえ~ (4, 0.2%)

4 すれば

▼ 売りじいさん~ (4, 0.2%)

1 が入っ, は城跡, やなんかのよう, を思い出し

▼ 売りそれ~ (4, 0.2%)

1 がレッシャウリ, によって黴毒, を呑む, を種

▼ 売りなどの~ (4, 0.2%)

1 呼声が, 店が, 灯の, 販ぎ女から

▼ 売り~ (4, 0.2%)

2 でも通帳 1 がしか, のかんばせ

▼ 売り~ (4, 0.2%)

1 が知れません, に対してわたし, はよく, を明かさなかった

▼ 売り~ (4, 0.2%)

1 と一対, の天幕, はエウリピデス, は簪

▼ 売り~ (4, 0.2%)

1 かい, だった, の来る, も今

▼ 売り婆ア~ (4, 0.2%)

1 の二階, の家, の店, は轡虫みたい

▼ 売り~ (4, 0.2%)

1 がない, の前, の酒, の食物

▼ 売り~ (3, 0.1%)

1 りくこそ, りく老人が, りく霞は

▼ 売り~ (3, 0.1%)

1 がたの, だれ売りだ, だれ売りの

▼ 売りつつ~ (3, 0.1%)

1 ある窮乏農民, 仕事を, 往来し

▼ 売りなぞ~ (3, 0.1%)

1 と同じ, に変化, を見いだす

▼ 売りなどは~ (3, 0.1%)

1 なかった, やはり市中, 決して珍しい

▼ 売りにな~ (3, 0.1%)

1 つても, つて御, つて手風琴を

▼ 売りまた~ (3, 0.1%)

1 その檀家, 人々は, 足を

▼ 売り二つ~ (3, 0.1%)

2 売りして 1 売り一日だて

▼ 売り~ (3, 0.1%)

1 ひが, ひされるよう, ひなどを

▼ 売り~ (3, 0.1%)

1 あれば, のみて熊, を売り

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 せいの, 売りと

▼ 売りかた~ (2, 0.1%)

1 については山田, をも判った

▼ 売りこれ~ (2, 0.1%)

1 へ召し連れ, また渋色

▼ 売りじゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ 売りそこ此処~ (2, 0.1%)

2 と市中

▼ 売りだけ~ (2, 0.1%)

1 であった, では

▼ 売りだめ~ (2, 0.1%)

1 から七十五銭, を伯母

▼ 売りとして~ (2, 0.1%)

1 その筋, 広告を

▼ 売りとは~ (2, 0.1%)

1 うまく化けました, 洒落が

▼ 売りなどが~ (2, 0.1%)

1 出来なかった次第, 持って

▼ 売りはては~ (2, 0.1%)

2 自分の

▼ 売りばば~ (2, 0.1%)

1 あから, あが

▼ 売りまたは~ (2, 0.1%)

1 必要な, 閑人の

▼ 売りよう~ (2, 0.1%)

1 もあったでしょう, をしない

▼ 売りわたし~ (2, 0.1%)

1 で当選, の契約

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 へて都, を積ん

▼ 売り~ (2, 0.1%)

2 を売り

▼ 売り妻子~ (2, 0.1%)

2 を売り

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 の愛ゆえ, を捨て

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 が出, の札

▼ 売り小さな~ (2, 0.1%)

1 のは, ブリキの

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 いと存じます, いと言う

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 には僧衣, の二疋

▼ 売り惜ん~ (2, 0.1%)

1 だ, だ彼

▼ 売り拡めん~ (2, 0.1%)

2 がため

▼ 売り掠奪暴行盗賊野武士~ (2, 0.1%)

2 から身

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 えば, ふ

▼ 売り更に~ (2, 0.1%)

1 大西洋, 焼けのこった神戸市中

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 かし, かした

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 の家, を殺し

▼ 売り符水~ (2, 0.1%)

2 を施し

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 を求め, 売り

▼ 売り~ (2, 0.1%)

1 研ぎ庖丁師, 研ぎ馬

▼1* [298件]

売りあなたを破滅, 売りあの老人を, 売りあるいは貸し渡す, 売りいや猿と, 売りおしんでゐる, 売りかくのご, 売りきまって三円なにがしの, 売りくだもの売りの御, 売りくらいでも, 売りぐらいのところで, 売りに馴れ, 売りこうしたものが, 売りことばに買い, 売りこの買われる生産用役, 売りへすれ, 売りさきを明かさない, 売りさんはあまりに, 売りさ毎朝麻布の十番, 売りしかないもん, 売りしかもそれで, 売りそうな生酔い, 売りそうしてやっぱり途方, 売りその他液体のはいった, 売りその後もみもちが悪く, 売りその間に利, 売りそれで一時の, 売りめに, 売りたちにもまた, 売りたった一つ残った, 売りたてだらう, 売りたまひけるとぞ, 売りたりとも金箔の, 売りだけにして, 売りだって因業な, 売りついでにガンジー流, 売りついに生涯旅烏で, 売りつつも繁昌の, 売りてと買いてを, 売りとうとう千石に, 売りとか喋々する, 売りとがいちいち符節, 売りとしての自分には, 売りとにもかくにも, 売りどころという塩, 売りどっちも節季, 売りながらも次第にバルザック, 売りなぞといって, 売りなどもして, 売りなどを業と, 売りなんかして, 売りなんかと店を, 売りなんかに化けた密偵, 売りにかけてはワタシの, 売りにくうございますから, 売りについてはどうも心当たり, 売りになど見えられるもの, 売りにわかごしら, 売りねも高くなっ, 売りふたたび窮すれば, 売り銭と, 売りゐら, 売りまで異国の, 売りみたいなズボン, 売りめ恩を仇, 売りもしあるいは乾し, 売りもののデモクラティックな, 売りもの思いに深く, 売りやがつたな畜生, 売りやがて伴って, 売りよからうと, 売りより僅かばかり, 売りよりは一割方高し, 売りわたし手の査問, 売りわたし最後の竜田丸, 売りアイスクリーム屋が鉄柵, 売りイヤもう何処, 売りギニイ貨の新た, 売りコーヒーの生産者, 売りタンスを売り, 売りトランクを売り, 売りヤミをやり, 売りヴャートカへ行く, 売り一つを隣村, 売り一族を亡くし, 売り一日だてに段々, 売り一行李の書, 売り万世までの悪名, 売り三井寺に釣る, 売り乍ら行くん, 売り乍ら生れ故郷の土地, 売り乍ら自分から燃え, 売り乍ら身代つくつて, 売り二匹売り, 売り二文でも三文, 売り二町売りとうとう, 売りになり, 売り他方は一〇, 売りられたの, 売り仙花一座には一つ, 売りて其の, 売り以下の諸, 売りを呼込ん, 売り余分の金, 売り傀儡師周馬に相違, 売りをし, 売り八重を女房, 売りが大概, 売り兵難に及ぶ, 売り其間に利, 売り兼幻師軽業師で歌舞乞食, 売りは, 売り切支丹探しの, 売り初めの牡蠣, 売り別荘はタダ, 売り別荘続出で買い手, 売りを釣る, 売り功利のため, 売り半分の面白, 売り半田の町, 売り其の浮彫, 売り又は近道伝の, 売りされて, 売りのそば, 売りや左, 売りを鬻ぎ, 売り君恩を裏切, 売り味方を売る, 売り問屋にも出す, 売り喧嘩か, 売りひして, 売り土地を譲っ, 売りの札, 売り埼玉県の友人, 売り壁紙売り, 売り多くの労働, 売りはわらじ, 売り夜泣きうどんの屋台車, 売り大利を得た, 売り大庭もこの, 売り大洋航路から追われ, 売り大酒呑のおかみ, 売り大野木の開墾地, 売り大雅堂の柳下人物, 売り太子チッスの諫め, 売りを離別, 売り妻子眷属また為め, 売り娘殺害の現場, 売り娘燐寸売子いかさま賽, 売りの家, 売り婦女殊に馬肉, 売りを売り, 売りまでが, 売り実は内容の, 売りをつくらう, 売り専門となり, 売り少しばかりの芸ごと, 売り少女を指し, 売り屋待てっ, 売り屋敷がありました, 売りの岸, 売り幸兵衛などのよう, 売りをついた, 売り征夷大将軍の位名, 売り心太売り数珠屋, 売り急ぎをする, 売りとして顧みざる, 売り意見を売り, 売り憲兵人足小豆拾い火夫, 売り或いは背中一面の, 売り或は家屋敷を, 売り払つたと, 売り払つたのもどうやら, 売り払つた本郷の家, 売り払つてしまつてゐた, 売り払つて北海道へ渡つたの, 売り払つて彼は数万, 売り払つて死者の思ひ, 売り払つて汽車へ乗つ, 売り払つて温泉にでも行つて, 売り払つて金をおく, 売り払つて金百七両持つて, 売り投げ売りを思いとまっ, 売り投票を売り, 売り抵当に入れた, 売り担八百屋仕事に出るらしい, 売り拡めた, 売り捌きを活溌, 売り揚げを付け, 売り揚饅頭売りが, 売り握り飯を売り, 売り支那の少年, 売り故郷の家屋敷, 売り数珠屋酒売り瞽女, 売り新聞売りくだもの売り, 売り旅亭に在りし, 売り書物を手, 売り最も安っぽい簪, 売りを売る, 売りや四角八面, 売り木の根を食っ, 売り村重と呼応, 売り松並荘九郎がともかく, 売り林檎売り揚饅頭, 売り果物屋の蠅, 売り柳沼を売り, 売り栄三郎の胸中, 売りの木, 売り植木を売り, 売り横着者で悪者, 売り次には植物, 売り歌笑は醜男, 売り正教の寺院, 売り行く子供, 売り歩きやがった, 売り残りを私たち, 売りの住宅, 売り比丘尼山ねこ雑多な名, 売りを塗炭, 売り江戸町の方, 売り河内の木綿屋, 売りばたけ, 売り沽かすなどということ, 売り消費者はこれ, 売りのお銭, 売り火鉢火箸から灰, 売り父様がいらっしゃる, 売り爺さんはやけに, 売りを払いし, 売り猿廻し蒲焼売りなどを, 売り生活を立て, 売り生産物をせり上げ, 売り上げますと, 売りが両手, 売り町芸妓は葭簀張, 売りを売り, 売り白粉売り麹, 売り百姓の哀れ, 売り皆同一のつくり様, 売りの物, 売り相手を困らせ, 売り着物を入質, 売り瞽女の莚, 売り砂糖を売り, 売り研究費の回収, 売り祖母ちゃんはその, 売りは机, 売り稀少性が自ら, 売りを折り, 売り細々と生きる, 売り組合で最新式, 売り経文を売り, 売り絵葉書屋煙草屋両替屋首飾屋指輪屋更紗屋手相見人相見, 売りがない, 売りもある, 売り能面を売っ, 売り自ら恥かしめて, 売り自殺しそして, 売り自身をさす, 売り舞台稽古も怠り, 売り色紙細工の花傘, 売り色街を転々, 売り茶屋のおやじ, 売り茶店けんどん, 売りを織り, 売りを織っ, 売り蔭口を叩く, 売り蔵書を市, 売り薄暗くなってから, 売り売りの, 売り説経祭文物真似たどん作り, 売り貸間へ落ち, 売り起立を売りたる, 売り路地の陋屋, 売り車曳が車, 売りに草鞋, 売り軽い食事も, 売り進物の用, 売り遂に三宅島に, 売り遊所通を止めた, 売りを売り, 売り酒屋の灯, 売り酒沽ふ道, 売りに換えん, 売り金六円にかへたる, 売り金魚売り虫, 売り釣つた鯰を売, 売り鉄嶺では金, 売り雑多な者, 売り風情の男, 売りしたり, 売り餅屋が餅, 売り骨董品を含む, 売りの点, 売り鬱蒼たる美林, 売り鰥寡貧弱の生活, 売りは水車, 売り売りなどの, 売り黒姫団の団長