青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「士~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~増し 増し~ ~増加 増加~ 墨~ ~壁 壁~ 壇~ 壜~ ~士
士~
壮~ ~声 声~ 売~ ~売っ 売っ~ ~売り 売り~ ~売る 売る~

「士~」 4765, 51ppm, 2261位

▼ 士~ (905, 19.0%)

12 一人が 8 ように 7 前に 6 ような, 中に 5 ほかに, 声が 4 ところへ, ひとりが, 中でも, 免状を, 肩書を

3 [15件] あるの, うちには, お長屋, ことを, やうな, パイクソンが, 上に, 坂谷が, 姿を, 家に, 方は, 方を, 空想, 顔が, 顔を

2 [62件] いうとおり, いたく顰蹙, うちに, おやぢ, かたがたは, ところから, ひとりだった, チャプリン髭が, 一人, 一人に, 中で, 中では, 中にも, 中の, 事は, 代りに, 代表者として, 叔父の, 口から, 同伴侶, 名が, 名は, 名刺に, 国幸氏が, 坂谷だった, 墓も, 墓所の, 声だ, 妻として, 姿が, 家を, 常尽忠報国, 手から, 手際が, 数は, 方が, 方で, 梅花に, 権能である, 水木の, 清鑒に, 渡辺忠吾君, 渥美信一郎さん, 烈しい罵声, 生命を, 甲が, 皆, 目は, 眼を, 称号を, 群れに, 聲は, 胸を, 苦しみを, 言葉を, 足音は, 身に, 長, 間に, 隨ふも, 面々も, 高嶺を

1 [667件 抜粋] あいだに, あいだにも, いる広間, いる所, うしろには, うちでは, うちの, おかげと, かたき討, くせに, くせになど, ことのみ, ことは, この小説, ご隠居, したと, すべてが, そばに, それに, つまらぬけんか, とがめを, と云っ, どこか, はなしであります, ひとりで, ひとりは, ふりあいも, ほうが, ほうで, ほうへ, むなし寝, もっとも恥辱, もの腰でも, ようで, ようない, アリバイを, イブラヒム君土耳其帽を, ギブスンという, ダルタニヤンなぞは, ニコルさんで, ハウオウスが, ペンを, メースン氏が, ライトラア, 一人であった, 一人でした, 一人と, 一人の, 一人猪股小, 一名が, 一拳を, 一族などと, 一群が, 一隊が, 三人は, 上を, 不智, 中から, 中での, 中へ, 中戦死傷あわせ, 中里が, 乱刃が, 亂の, 予期と, 事を, 事件から, 事蹟などは, 二三名が, 二張を, 二男三男の, 云われた如き余り残忍, 互に語る, 五つに, 人々が, 人々の, 人が, 人達の, 人達天狗党の, 仕事である, 他は, 仲へ, 仲間に, 会合の, 伜で, 伜の, 住んで, 住家とは, 佐藤信行氏と, 体は, 余りの, 余技の, 作った出鱈目, 作った黄金階段, 作で, 作品を, 作法を, 侍の, 俗世に, 俤, 俥は, 側へ, 傍に, 備えが, 僕だ, 兄が, 兄弟で, 先生を, 児が, 兜と, 入場式で, 全員諸村の, 八幡摩利支天に, 其の顏, 内室河野家の, 内縁夫婦は, 処へ, 出づるあらば將に, 出で, 出席を, 出張をも, 刀を, 切尖, 列伝を, 別宅, 前には, 前へ, 前途について, 剣道指南を, 功に, 加古先生は, 加筆に, 助命を, 努力を, 動員と共に, 医員で, 十数人一人の, 厚意に, 参加を, 参加協力を, 口と, 句に, 叫び声が, 号令だ, 名ぐらいは, 名に, 名を, 名刺を, 名誉を, 味方です, 命は, 命を, 噂などは, 四五人を, 国法を, 地位は, 地獄である, 坂谷と, 城内に, 報らせ, 報告に, 墓だけ, 墓とは, 墓よりも, 声で, 声である, 声は, 外妾か, 多かつ, 多くが, 大きな帽子, 大作を, 大志は, 大野洒竹氏新聞上で, 天下だ, 天堂一角だ, 太い声, 夫人が, 夫人と, 失望は, 奔走費位に, 奥さんに, 奥様を, 女房たちへも, 女房に, 女親分, 好まざる所, 如きに, 如くである, 妹きくえさんの, 妹さんさ, 妹博愛仁慈の, 妻な, 妻もしくは, 姿借り, 威勢に, 娘は, 婆と, 婆を, 子だった, 子という, 子の, 子弟で, 学位だけにても, 守るべき道, 安田という, 実に玩味, 実力を, 実相の, 家, 家から, 家が, 家である, 家の, 家へ, 家族が, 家族と, 家母に, 容体質朴なる, 寢室で, 審配へ, 小屋とは, 小浜兵曹長は, 屋敷は, 山に, 山帰りの, 岩木山が, 巣を, 差別なく, 巾ひろい, 常として, 常など, 常なり, 幽魂らしく, 座蒲団が, 庭を, 弟子でございます, 影が, 影に, 影も, 役が, 役を, 後に, 後生を, 御蔭で, 心に, 心を, 心事が, 心懸, 忠勇勝つ, 怪我, 悉くが, 意中を, 意見を, 態度と, 態度を, 戀の, 所へ, 所説の, 手で, 手には, 手を, 手柄話の, 手槍を, 手術を, 手際も, 扱いを, 批評を, 拜禮を, 拝を, 持って, 指を, 挙動脱兎の, 推頌を, 政友会に, 政友會に, 故事を, 数人が, 文中に, 文壇より, 新作である, 新夫人, 新手を, 方に, 方へ, 方も, 族に, 旧籍, 旨を, 有つた忍耐, 服を, 服装健康な, 未亡人も, 末で, 末娘で, 末席に, 本分である, 本宅は, 本田一平さんとも, 村松が, 来たの, 東山時代に, 果か, 栄号を, 業務を, 構えを, 槍先が, 樣子を, 横行する, 歌には, 正望, 死亡し, 死体だ, 残る者たち, 母の, 活躍する, 流す血, 流浪を, 消息を, 渇を, 渡した籠, 渡辺忠吾氏が, 為すところ, 為に, 為めです, 爲に, 爲めに, 父親とは, 物語で, 物語と, 特に此, 犠牲に, 犬畜生っ, 狩倉に, 玄蕃殿と, 生活が, 用ゐた, 異変を, 異色ある, 癖とか, 発生に, 皮膚には, 盛なる, 目に, 目の, 目的は, 眼である, 眼に, 眼には, 眼は, 矢柄源兵衛であった, 矢柄源兵衛と, 知らせで, 研学隆武にも, 研究に, 碧海賛平は, 示教を, 社交性は, 祝辞を, 神尾喬之, 神経を, 私鬪に, 称号も, 稱を, 笑聲を, 範たる, 篤學, 精細なる, 精鋭級が, 細井といふ, 細君の, 組が, 組と, 結論を以て, 罪を, 置いて, 群が, 群へ, 羽振, 者と, 者に, 者も, 者ゆえ弦之, 者共の, 耳へ, 肉を, 肉体上の, 肩書が, 肩書も, 胆にも, 背廣が, 胴の, 胸に, 胸元へ, 腕前である, 腹掛を, 膝が, 臨終が, 自ら進ん, 自然主義に, 芸妓に, 若し誠に, 若手として, 著作のみを, 蒐集品を, 蒼暗, 處へ, 血の, 行動とを, 被るお, 襟を, 見合いの, 規定が, 言う通り, 言葉が, 言葉と, 言葉の, 討ち入り桜田門外の, 訪れ, 許に, 許へ, 診察所における, 詐欺を, 試合の, 話しに, 話には, 話も, 調査した, 調査に, 議論は, 貫録を, 資格で, 資格を, 赤布式の, 足の, 足音が, 身を, 輩手槍を, 返事だ, 連判状, 運転房が, 過失では, 道に, 道は, 遺骸を, 邸は, 邸宅が, 邸宅などへも, 部屋は, 釣り場である, 錯覚を, 鐵道自殺も, 鑑定書は, 長き槍, 長で, 長に, 長の, 長七人の, 長屋の, 長槍, 長野岡部伊佐岡とかいう, 長高木龍耳軒と, 長龍耳老人, 門に, 門弟と, 開けた襖, 間でも, 間にさえ, 間にのみは, 間瀬が, 間瀬俳優の, 陣笠罪状板が, 陳宮が, 隙あら, 隠密が, 雄たけびを, 集りました席上, 集合であり, 青江三空曹が, 青江三空曹に, 面々こそ, 面を, 面目に関する, 頭が, 頭上に, 顏や, 顏を, 顔には, 顔の, 顔は, 願いを, 類なり, 風俗を, 養成に, 餌にも, 首が, 馬上ながらの, 高節清操を, 鬚である, 黒人を

▼ 士~ (595, 12.5%)

6 士を, 己を 5 それを 4 おのれを, 此の 3 あわてて, 何の, 何も, 己れ, 自分の

2 [19件] これを, そのあらゆる解き方, 不圖此, 云つた, 他に, 何か, 何處までも, 山の芋の, 常に黒紋付, 彼を, 新兵衛, 皆この, 腰の, 腹部の, 言った, 言つた, 身装こそ, 軒の, 馬を

1 [517件 抜粋] あきれ顔, あっとばかり, ある, いかにもある, いきり立つ, いたそうな, いっそう威, いった, いったん山王下, いつかは, いないか, いま正面ボックスの, いよ, いよいよ書斎, いよいよ閉口, おどろいて, かつて一年志願兵, かならずまた, かれの, かれら, こころの, ことごとくかれ, ことごとくすでに門前, この女, この意味, この空想, この表情, この論文, これが, これも, さっそくこの, ざくざく注ぎ込む, しきりに非常汽笛, しばらく椽側, しばらく考え, すぐさまその, すぐに, すぐスティーム, すぐ拘泥, すこしぬけ, すすんで, すること, すれっから, せきこんで, そ, そのたび, そのまま鳴り, その前, その後姿, その怒, その日, その時, それが, それで, それでなく, それによって, それに対して, そんな事, そんな女, ぞっとした, ただ会心, ちょっとあるまい, ちょっと山の芋, ちょっと手, ちょっと顔, ついこの, どし, どんな食事, ないよう, なおいぶかった, なお再三, なにかと, にっこりし, はっとして, びっくりし, びっくりした, ふしんそう, ぷいと解剖臺, ほっとした, ほとんど死去, またそれら, またメモ, また忙, また潜水艦, また雄略, まるで劇場, まるで真名古, みな, みなよく, みな悲憤し, みな知る, みな馬を, みんなこの, みんなそう, むっくり顔, もう一日, もう今夜, もう立ち去った, もちろん局外者, もと山中鹿, やっと心, やっと自分, やはり相手, よごれた手, よわって, わたしに, わるびれも, われら上杉衆の, エスパーニャでは, エビス顔の, エンジンに, オートバイで, カラ平, ガリバルジーと, ギョロリと, サッと左右, スイッチを, スタスタ先へ, タバコを, チンドウェー・リマウ, トテモ頭が, ドアの, ハッと, ハツと, ハンドルに, ピストルで, フェージャの, 一元哲學の, 一切の, 一切を, 一寸眸, 一廟とか, 一挺の, 一能に, 一頃全盛を, 七万両を, 七人力あつ, 三十五, 三尺とか, 不審そうに, 不思議な, 不思議に, 不相変例, 不禄, 丘に, 両手を, 中国人の, 主人に, 之を, 予備の, 争って, 二の句を, 二人とも, 云った, 云つて腹の中では, 五人しか, 井桁に, 些とも, 交代で, 人の, 人を, 人間が, 今や勝手, 今日階級としては, 仏教徒として, 他の, 仲間の, 伊賀路を, 何とかし, 何びとと, 何ものである, 何れも, 何時の間にか其の, 作を, 俗悪なる, 俗眼でも, 偏へに, 僕の, 僧衣を, 先づ手はじめに, 先づ自己に, 入って, 其の傍, 其の爲, 其の薄暗い, 具足真槍鉄砲すこしも, 内に, 円まつちい娘の, 再びぼんやり, 冷に, 冷然と, 凡て生命を, 刀の, 別室で, 前後し, 前方を, 前門の, 力を, 力一ぱいハンドルを, 勇気を, 勉めて, 勝げる, 勝手から, 勿論観覧席, 十一番首飯能主馬十二番首箭作彦十郎十三番首池上新六郎, 十人にも, 十分心得が, 十年一日の, 半分咬み殺す, 南方に, 取ると, 口では, 口を, 口元に, 叫んだ, 叱って, 右の, 同じだ, 同じ城内, 同僚を, 同郷の, 名士に, 向う向きに, 君得, 吸入を, 吹き込みラッパ, 吾等の, 呆気に, 命を, 員数多き, 哲学者とか, 唯それ, 單に, 嘗て苦, 四散した, 国に, 国後が, 土間から, 地に, 堂々たる風采, 士らしい, 士下郎は, 壮途を, 声を, 夕暮の, 夕餉の, 外に, 外套の, 多い, 多いと, 多くを, 夢中で, 大いにやらにや, 大いに懼, 大に, 大声で, 大嫌, 大学から, 大将ならず, 大抵南支那人, 大音聲に, 天文地利を, 女を, 女客の, 妙に, 娘に, 婆と, 宗三郎から, 実に驚く, 実は健康, 尋ぬべし, 小脇に, 少々ぞっとしたらしく, 少なく無事, 尚だ, 尚もそこら, 尠し, 屠殺者の, 山刀を, 左右に, 常人よりは, 平民に対して, 平生から, 弘毅でなけれ, 役割からは, 彼に, 彼の, 彼は, 微笑みながら, 心から真名古, 心を, 心理的には, 必ずその, 必ず第, 忠次の, 忽ち百年, 忽ち目くじら, 思いきって, 思わず叫んだ, 思わず激, 怠け者では, 急ぎ, 悉く弊藩, 愛卿の, 感情が, 感情の, 慇懃に, 憐れむべきもの, 懲り懲りだ, 折から, 抱えられた, 招かざるに, 指で, 挙って, 掌で, 提灯を, 操縦桿を, 操舵当番へ, 斃れた, 文字ど, 斯く云うた, 既に人々, 日夜此事に, 早くから民族的偶像, 早や, 明らかに, 明治維新の, 昔の, 昨夜礫川なる, 昨年の, 時々私, 時時靜, 暫く養生, 更に憤っ, 更に氣, 最初より, 最初成るべく, 期せずし, 木下を, 東大教授で, 林檎を, 栄之助を, 桂川を, 棒先を, 槐庶民は, 櫓の, 次の, 此より, 此響を, 武士の, 歯痛によって, 死所を, 殿様の, 毎日林檎を, 毛布を, 気が, 気がついた, 気に, 決して余, 泣きながら, 泰軒へ, 浦上を, 消息を, 淋しげ, 無氣力, 無礼講と, 無言だ, 無言の, 爐を, 狼狽し, 猪子兵助だ, 猶言葉, 現今の, 生きて, 生まれると, 生物, 用たし, 略, 疾病の, 百姓を, 皆其の, 皆妻子を, 皆御, 皇軍に, 盃を, 監獄の, 直ちに城門, 直ちに舵, 相顧み, 眞蒼に, 真蒼, 眺めて, 磯浜の, 神妙に, 秀吉の, 私が, 私よりは, 窓から, 立出で, 竦然と, 競いかかって, 笠売り, 符, 節度正しく, 簡単に, 紙上に, 細君の, 細川の, 絹布を, 続々江戸, 線路に, 翌日大夫の, 翌日恐怖の, 老博士, 老子化胡の, 考えつつ, 肩口を, 背すじに, 背の, 能く, 腕利きで, 腹立しげに, 自ら好ん, 自ら寒中登岳し, 自作の, 自分を, 自然哲學者として, 船橋へ, 色盲だった, 芭蕉を, 苦しき息, 苦情を, 華美で, 蔚山福岡間の, 虎之, 蛇と, 行儀の, 衝と, 衰へて, 被告の, 要するに仏教, 見なかったの, 見当らない, 覺えず, 言はずも, 言掛け, 訊ねた, 診察を, 試に, 誓うが, 読み終った人々, 謹直な, 貧を以て, 責めを, 足もとの, 身を, 車を, 近隣の, 返事を, 連れて, 進んで, 逸りきって, 遅れがちに, 過なき, 過去に, 過般の, 部将へ, 酔って, 釈尊の, 鉛筆を, 銜煙管で, 鍔を, 鍵穴から, 鍵穴の, 長い指, 門の, 門弟の, 附けたして, 雲南蠻人の, 青くなっ, 非常に, 非番の, 面白そう, 頑としてその, 頑として彼ら, 頗る胆力, 頭を, 頷き合って, 額の, 顔に, 顔を, 願わく, 飯盒の, 餘り, 驚いて, 鳥渡まご, 麥酒の, 默し, 黙って, 鼻うごめかし

▼ 士~ (501, 10.5%)

5 来て 4 あった, あって, それを, た, 出て, 立って 3 あつた

2 [20件] いた, これを, ゐる, 一同に, 世に, 交代で, 刀を, 叫んだ, 屯所へ, 戻るの, 改作した, 混って, 私の, 見舞って, 諸賢の, 近くの, 近づいた, 集まって, 非常に, 首を

1 [429件] あえてしたる, あたふたと, あつて, あらはれたといふ, ありました, あり非常, あると, いうと, いきなりエンジン, いささか義, いった, いつまでも, いづれも, いて, いてね, うしろへ, うつらうつら居眠り, おりましょうとも, お会い下さらね, お伴に, お前さん方程の, かかる結果, かけこんで, かたまったので, ここ一年余に, この北極飛行, これから死ぬ, これじゃ, さうし, しつかと, しばし世, しみじみ述懐, すぐに, すっと起ちあがっ, そう思った, そこここに, そこの, そっと十二支組, そつと, その内, その場, その爲, その短詩社, その足下, それぞれの, それに, たおれて, ちらと, ついて, ついに眼前, つかさどつて, つめかけて, どうした, どやどやと, なかつた, なんでかよう, なんで身, のぞいて, はじめに, ひとりで, ひとり戸口に, ふたりのっ, ましゅう, また偶然, みな京の, みんなに, もし農場, やり返したの, よけいな, よろこびの, よんだ, るす, ゐるが, オレガの, キラリと, ドウドウと, ノソリと, バラリッと, パイクソン, ブルブル震え出した, レーダーに, 一人ならずいた, 一人の, 一人腕組を, 一人駕が, 一同を, 一周機の, 一夜に, 一心を, 一生懸命で, 一致し, 一頭の, 一騎に, 丁寧に, 丁度來, 七百人ありまし, 三人土間に, 三千余人は, 三百両からの, 下りて, 下宿し, 下戸, 下等新聞記者の, 不在で, 不意に, 不意を, 世間に, 両耳受話器, 中へ, 乗り逃げを, 二三人尋ね, 二人で, 二人ほど, 二人富有な, 二人常住に, 二人牛の, 二階と, 二階に, 云つた, 五人無電技師が, 五六人, 交替に, 人に, 今朝茲へ, 仕事を, 仙山を, 代選した, 仮想し, 会わせるはず, 伴ふて, 住んで, 佳女の, 使う赤い, 來た, 修道院で, 俺がにも, 倒れた戦場, 倒れて, 借金を, 健在である, 偶然専門である, 兇刃を, 先に, 先へ, 先発と, 入って, 兩人を, 八月十一日に, 六人に, 兵隊に, 其の席, 円盾を, 出た神戸, 出立後の, 出願者発明の, 分捕って, 切腹した, 切腹しなきゃならん, 刈って, 利用し, 利用する, 前に, 前へ, 前後を, 前方から, 勇ましく号令, 勤める地位, 十七八人榧寺に, 十人騎馬が, 半兵衛の, 半兵衛へ, 博士に, 危く他, 厳しく前後, 又偶然, 双方の, 受け持った, 口を, 古く形色, 叫んで, 司祭の, 同船したら, 向っても, 君讐を, 告げて, 呼んだそう, 唐突に, 善玉か, 囁いた, 四人機関士が, 図板を, 坐った, 坐って, 城下へ, 堪まり, 報告する, 声を, 外套を, 外科主任を, 外部から, 多いから, 多いとは, 多いの, 多かつ, 多くいた, 多くとも, 多くやや, 多忙の, 大ニコニコ顔, 大分いた, 大坂表, 大声で, 大変よく, 大宰相, 奮起し, 奮起する, 女に, 好いこと, 好きに, 好んで, 存外多く, 学問に, 官軍に, 宙を, 家に, 家録に, 寄り合って, 小児の, 小笠原老人に, 小者が, 居た, 居たので, 居た当, 居らんと, 居るかも, 左の, 師の, 席を, 幾人と, 庄吉を, 庄平を, 底の, 座敷に, 廩米を, 廻つて來た, 引受けて, 彼の, 彼れ, 彼を, 後年の, 後法師, 徒歩で, 從者と共に, 御着, 御隠居, 必死に, 忙しさうに粗末, 忠義でも, 思いきって, 思いの, 急に, 急を, 急速に, 意外に, 態度も, 慌てて, 慌てながら, 戦没し, 扉の, 手伝って, 手招きした, 折から, 指を, 指揮を, 探険に, 推薦した, 數度入唐し, 斬られたという, 斯くまでに, 旗剣符訣等を, 早馬で, 明師に, 時世の, 普ね, 最っと, 最も気の毒, 本部島の, 来そう, 来た, 来る, 植木屋に, 極楽へ, 槍を, 次第に迫り上っ, 次第に離れ, 歌うて, 歐洲に, 正面から, 武昌の, 死体を, 残した見分, 毒を, 民家に, 決死の, 注進の, 流れこんで, 深雪を, 滝野の, 潜伏しおる, 熱心に, 猟に, 猶だ居る, 玉造の, 珍しがっ, 現われて, 環視の, 生命を, 生理学教室で, 病者を, 登壇した, 發見しました, 白いシャツ, 白い服, 百姓等の, 目ざとく水平線, 相当に, 相會, 眠って, 眼に, 眼鏡越しに, 着席し, 知ったとき, 砂に, 研究の, 示した広い, 私を, 稀代の, 突如と, 立ちあがりました, 立ち廻って, 立った, 立派な, 立留っ, 立腹と, 章氏は, 童子一名を, 笑いながら, 素早く切り離す, 細川家に, 義に, 老人の, 聲を, 肩に, 背負って, 脇玄関へ, 膝を, 自分たちの, 自身で, 興奮し, 航海日記を, 船尾へ, 船長の, 船長室の, 艇に, 良書を, 芳流閣上より, 落ちて, 蒲生家に, 血相変え, 血迷うの, 行列を, 行手を, 被る頭巾, 複雑な, 見た時, 親友なりし, 親友の, 観覧席の, 角に, 解剖臺に, 解説した, 言う, 言った, 言つた, 言はれる, 言ひし, 訊いた, 診断した, 話した或, 課長室を, 貰いに, 貴方だ, 走り出して, 身を, 身分証明書を, 輩出し, 轡頭を, 辛くも十間, 逃下る, 逆徒と, 途中から, 途中の, 通りか, 通る, 通る順礼, 通路を, 進み出る, 邸を, 鍬を, 鎧戸の, 門を, 降下した, 集って, 集まった, 集まること, 霊公に, 非国民と, 非戦論である, 靴音荒く, 頷いたので, 顔を, 馬から, 馬の背に, 馬を, 驚いて, 高木の, 魔力を, 鳥目を, 黒い甲冑

▼ 士~ (323, 6.8%)

9 して 4 もって 3 つけて, やって, 愛すること, 率いて, 連れて

2 [14件] よんで, 好むに, 好むは, 愛する名君, 挙げて, 獲得なされ, 知る, 知るの, 知る明, 糾合し, 見ると, 認めて, 選んで, 顧みて

1 [267件] ああも, あげて, いきどおらせて, うしろに, うち破り, おも, お招き, お斬り, お睨み, お遣し, かえりみて, からかう所, ことごとく失っ, ことごとく斬りふせた, この地方, こんな田舎, したり, してすら, しみじみと, すぎて, すぐって, そこへ, その漁師, たづねた, つからせるもっと, つとめて, つとめるつもり, つれた孫兵衛, のせながら, はげました, はじめどなたも, はじめ水夫漁夫までも, ひきつれ押ッとり刀, またいで, まつこと, やとって, よく用, よく用いる, エライものだ, ピストルで, 一室に, 不愍に, 中心として, 主筆に, 乗せたアランベエル商会, 二三人つれ, 二驢に, 云い付, 代表し, 以って, 任じたの, 伏せて, 休めかつて, 休めよと, 伴なつて, 何の, 作るには, 俟つ, 信任した, 信頼しなけれ, 倒して, 傷つけんとは, 再び天日, 出したが, 出し議員, 出すという, 出張させ, 創建し, 加えただけ, 助けて, 助けん事, 助け出して, 励ますや, 勝頼の, 募った時, 募って, 募り勢, 募り北郊巣鴨驛, 募る, 募ること急, 募ッ, 募集する, 募集に, 勤めて, 勧めて, 占めて, 去りて, 召す密勅, 召捕る作法, 召集めて, 叱った, 合して, 呉へ, 呑む, 呼び寄せて, 呼んで, 四五名突ッかけ, 四方に, 土に, 多く見候え, 失い残るところ, 失わざらし, 奨め励まし及ばずながら, 好むという, 好んだ, 好んで, 婿に, 宥めて, 寵用した, 射るが, 尋ねて, 尖兵長と, 岩田國士と, 左右, 差しおいて, 差向ける無頼漢, 幾人も, 幾月か, 待する, 待って, 待つ, 待つたと, 後に, 従えた稲右衛門, 得て, 從へて, 心服させる, 心理的に, 志願する, 思出させた, 恐れて, 恥か, 悉く失い, 悪しざまに, 惜しむ主人秀吉, 意識し, 愛した点, 愛して, 愛しとりわけ, 愛し施, 愛するお, 愛するが, 愛すると, 愛するの, 愛する右府信長公, 愛する大将, 愛する心, 愛する曹操, 愛せるには, 慰め彼等, 懐う, 我々日本人の, 扱うこと, 押付けられて, 招ききっと, 招き禁厭, 招く, 持たんと, 指したもの, 挙げ其他, 捉まえ, 捕えて, 捕えるに, 捕ったところ, 探し求めて, 掻いて, 撃ったの, 擇む, 擧ぐるも, 改造する, 故意と, 敬い賢言, 数える, 斃した, 斎藤さんの, 斥候に, 斬った, 斬りいっきに, 斬り屠りき, 暗殺する, 望んでは, 木の, 構陥讒戮し, 正当な, 殺したら御, 殺して, 殺すこと, 殺すの, 殺すを, 求めること, 潮音洞に, 煩は, 熱愛した, 熱愛する, 玄関の, 用ふ, 登用すべきだ, 皆が, 相手の, 瞥見した, 知るという, 知るとか, 突つ, 等分に, 築地の, 紹介し, 網羅する, 罵って, 羅致し, 羨むの, 自由に, 船内へ, 落してしも, 虐待し, 見ざる如, 見て, 見まわした, 見るごと, 見出すべく諸国, 見習う佐川二等兵, 訪ねて, 語らいこれ, 請じた, 諸国に, 賄ふために, 賞し, 辱めずという, 迎えた, 迎えて, 迎へて, 近づけた, 追っかけて, 追っかける踊り子, 追悼した, 遇し, 遇する, 遇すること, 遇する情け, 遇する道, 遣って, 遣つて, 遣は, 選ぶこと, 選ぶ号, 重く用い, 重んじ正しき, 閲す孔, 集めて, 集め和歌, 雇つて助け, 頷かしめるだけの, 頼むこと, 養い兵器糧草, 養い勇士勁卒, 養い計, 養うこと三十年, 養うこと八万騎, 養うと, 養う心がけ, 養って, 養ひ, 養候に, 駆って, 高うする, 魚と, 麾下に, 鼓舞する

▼ 士~ (249, 5.2%)

12 して 6 命じて 5 向って 3 なって, 非ず

2 [11件] せられて, なられたの, 一ぱい陥, 富まざるに, 待たねば, 教へ, 私淑し, 至るまで, 診察を, 非ずして, 騙されて

1 [198件] あて, あらざるも, あらざる事, あらず, あるまじきこと, いたしたいもの, いた例, おいたてられて, おくる訴訟, おじぎしました, おちいりて, おまかせします, おもねること, かまっちゃ, けがされたぜ, げんじゅうに, この怨み, されたして, さんざ水, しては, しめして, する儀式, せよこの, せんこと, そっと身分証明書, でて, なった, なったからと, なったこと, なったの, なったもの, なったら野分, なってから, なつた, なられしこと, なりましたね, なります, なりまた, なり候, なり全国, なる, なるつもり, なるといふ, なるよう, なれと, なれば, なんと言っ, ひかせて, ぶつかって, めくば, め合せる, もとむ, もらわれなければ, わかれて, ソッと, パラシュートで, 一変し, 一礼し, 一變し, 七人力有りますれ, 上て, 下つた, 下るの様, 不礼ハ, 両腕, 事の, 云ひおい, 今や船, 伝習する, 伴われ父上, 似さん, 何が, 何とか問む青, 何の, 何よりも, 依って, 候, 倣うて, 傲つ, 僕は, 其誤を, 出逢った, 刀を, 切願した, 列した, 列せしめ本所横川邸, 別れた, 剣の, 加えられ江戸, 加護を, 劣って, 劣らなかつた, 募るの, 十分なる, 取って, 取り巻かれながら, 取り立つる, 取ツ, 取立てられると, 古物を, 合図を, 向いこの, 向いなにげなく, 向かいかの, 向かって, 向ツ, 呼びかける, 命じた, 和田宗右衛門という, 固められて, 売る, 守られて, 富んで, 尋ねた, 尋ねられた後, 少しのや, 広く問うた, 引っ立てさせお, 当ったの, 彼は, 御家人という, 御面会, 心を, 恋するの, 恥じぬ事業, 惑わされて, 應對した, 手渡される, 手渡した, 手真似で, 抱えられたまま桟敷, 掛けるよう合図, 推服し, 政治家に, 救われて, 教えて, 斬りこまれて, 方向を, 於て, 於ては, 早変りした, 来て, 槍と, 槍術を, 正して, 求められけるに, 渡した, 渡し網代笠, 物を, 特有の, 甲冑の, 目礼した, 盲従しなけれ, 着せると, 示して, 篤く寛仁徳望, 縱覽せしめ, 至つては, 船は, 茄子の, 行き会った, 襟が, 見つかって, 覺え, 言いました, 訊いて, 訊き合せて, 訊ねた, 訊ね事, 話しかけて, 読ませたいと, 謀らば, 警固され, 護られながら, 貴ぶところ, 貸して, 跡を, 蹴仆, 身体検査を, 迫って, 退治せられ, 送られて, 途中で, 逢うと, 逢つてから, 連れ出されて, 酬える, 金を, 銀の, 銃卒各, 開港後の, 闘牛学校が, 隠しだてし, 電話を, 青木法斎, 頼むこと, 頼んで, 食を

▼ 士~ (205, 4.3%)

6 なって 5 いえども 4 水夫長が, 源助町の

2 [15件] いうと, いうべし, いっしょに, すれば, なつて, なられた貴下, なられる, なられるの, なるには, なれるも, 一緒に, 交わって, 機関士とが, 称する, 結婚した

1 [156件] あれば, いいみな兜, いい仲, いえるだろう, いえるの, いって, いつも折合, いはれて, うけたまわって, お呼び掛け, お見受け申した, きまって, しきりに話しこん, するため, する風, そして其処, その使者, その友人, である, どちらが, なしこれ, なつたれ, なられしこと, なりさらに, なり社會主義, なり私たち海, なり軍陣, なり風物詩画, なるに, なるを, なれば, ふたりで, みえあれ, みなされて, みのるは, やられて, わかれて, アダムより, ダンチョン画家と, 丸髷に, 云いますが, 云う, 云うは, 云う人間, 云う建札, 云う言葉, 云えば, 云ったら私一人, 云つた中根氏が, 云ふ, 交渉する, 会話する, 信じて, 僕とは, 其の後, 出版屋との, 刃で, 別懇であった, 北党の, 十九人の, 十人の, 合図しとい, 同じく決して彼, 同乗者は, 同様で, 名乗る, 名乘, 呼び掛けたは, 呼び掛けられても, 呼び掛けられ別に, 唱うる人物, 国許の, 土爪と, 城戸守りに, 堀田伊太夫の, 変化する, 夕べは, 天堂ら三人組は, 奉行人三浦平六兵衛尉さまの, 奉行人三浦平六兵衛尉義村の, 婆と, 婆とが, 対照し, 工とが, 布衣の, 弟子たちの, 弥生は, 彼の, 思いの, 恃める, 感傷的虚無主義者とが, 懇意な, 懇意に, 成り得たら何十年, 戦って, 折紙打たれた, 握手し, 操舵手の, 支那人の, 敬ふてゐた, 敬服し, 早くから婚約, 時枝の, 書記の, 柔順なる, 槍を, 機関士が, 機関士の, 水夫長と, 水夫長とは, 水夫長の, 水夫長は, 法諡せられた, 漁業長と, 漁業長とが, 漁業長とを, 爲す, 物見や, 理学士であり, 理学士との, 申候, 登つたのである, 白眼視された, 盲目的な, 相接し, 知って, 知つて居る, 称して, 称する相棒, 称する若い, 立ち交じって, 等しく児女, 聞いて, 肩書の, 自称する, 芦田伊人氏とで, 花束の, 蓄音機との, 藤吉郎が, 西木の, 見習ギブスンは, 親しく交わっ, 言うこと, 言う者, 言ったふう, 言っても, 言つても, 言われたさ, 計つて, 記て, 試合を, 話して, 議論を, 運転手とを, 酒を, 鶏と

▼ 士~ (98, 2.1%)

5 あつて 4 あつた 2 大地主, 微行とは, 蟻の

1 [83件] あつ, あつたさうだ, ある会社, ある地方, いっぱいだ, いつも陣中, お在, かねて医学博士, ことによる, このあたり, これが, ござりまする, して, すら小鳥, すら浴, そのへん, その剣筋, その年, その後江戸城普請の, その後縦断鉄道測量隊を, その時太刀, その馬士, なんでも, また曠世, また許都随一, やってけ, ストーブの, 一人は, 一行の, 二十八まだ, 二階の, 今猶, 今道廳古株の, 何事に, 偉いお, 公方樣からも, 六つ井物産会社の, 分布学を, 判事に, 南宋畫の, 博く, 四十何歳に, 土器の, 大学の, 大鵬の, 女の, 学者で, 宮重久右衛門と, 宮重久右衞門と, 家庭人としても, 家柄も, 将来の, 島津家から, 弁護士の, 当時同じく, 徳川の, 徳松樣と, 思慮も, 政治ぎらいの印旛沼は, 本格じゃ, 武田源左衞門といふ, 死んだ米山, 汽車には, 浦和県が, 父を, 片手が, 物静かな, 琉球諸島方言の, 目下農商務省の, 祖父の, 秀吉亡き, 紀州の, 紐育を, 誠でない, 賛成しない, 近頃は, 通るん, 連坐せられ, 過去つた時代には, 釣天井の, 開拓使の, 飯田という, 魔の

▼ 士~ (90, 1.9%)

5 あるには 2 ねえぞ, ビスケットを

1 [81件] あったと, あったもの, あるが, いた, かえってこの, かなりあった, これを, さすがに, すくなくない, すぐこれ, その生死, それと, そんな世話, ぞろぞろ跳び降りる, なかった, なんだか夢, へつたくれも, ほっとし, みな喪服を, みな気色ばむ, やはり視力, よく不眠症, ゐない, 一斉に, 一方には, 一時の, 中途で, 主人の, 二の丸三の丸に, 亦決して, 人生の, 人相から, 余り廉潔, 入り込んで, 内心莞爾と, 出て, 列し漂泊流寓, 前後し, 剣気を, 力盡くれ, 加役として, 十分に, 又その, 囂々と, 士分は, 多からう, 多かろう, 大きな, 大半は, 安心し, 少なからぬ, 工人も, 幕下どころの, 幾人か, 往々この, 往々に, 心細いこと, 恐怖の, 才が, 招かれて, 旗本の, 日頃から, 時々酒手, 殺られるかも, 気の毒に, 決してこの, 濟, 異見会と, 病を, 百姓も, 目には, 空ばかり, 笑いだして, 老人も, 聖人の, 鉄砲には, 鎧を, 鐵拳を, 闘牛も, 驚破, 魔女も

▼ 士たち~ (76, 1.6%)

2 の姿, へ

1 [72件] あわただしく働い, がある, がいっせいに, がわっ, が不死, が乗っ, が大正十四年頃, が待ちあぐん, が禄, が算, が背, が追いかけ, だの, であった, である, であること, と三位卿, と共にひとしく, と共に戦, と分り, にいいつけ, にはそれ, に取巻かれ, に尋ねました, に限っ, に騒がれ, のあいだ, のいる, の一行, の家族, の手, の技術, の指揮, の権利, の溜り, の眸, の詰め所, の足なみ, の首級, の驚愕, は, はいずれ, はいつも, はこの, はしばしば, はじめて短秒間, はなんだか, はなんら, はみな, はめいめい, はわあ, は去んだ, は口々, は呆ッ, は唖然, は小手, は思わず, は次々, は紫色, は膝, は跳び渡っ, は近衛兵, は遠く, は驚い, へはつづら, へ喰っ, へ早口, ほどやり, や伝令係たち, を制し, を翻弄, を見る

▼ 士~ (35, 0.7%)

2 ぜ, そうだ, ぞっ, よ

1 [27件] いかに灼熱的, お前と, から, からである, から僅か, がそれでも, がまさか, が中身, が信忠, が家, が徳川家, が成実, この二三日前, ぞ, つた校長先生が, ということ, という事, とか軽々しく, と予, と云っ, と奥様, と思います, と思った, と断定, な, などと思ふ, シテ見る

▼ 士である~ (32, 0.7%)

3 ことは, ことを 2 信一郎は

1 [24件] から不肖, から天堂一角, かを想像, がこの, が老, その主人, と, といふこと, ところの, としたらしい, とは珍, と彼ら, と揚言, などということ, などとしきりに, ので父, ように, 刻下の, 加藤宇万伎に, 山中左膳と, 某, 某将官, 校長は, 父中條精一郎の

▼ 士~ (29, 0.6%)

1 [29件] あると, その妻子, 乗客の, 事務長以下の, 例の, 侍女なども, 博士や, 古強者も, 国粋主義者を, 学生などと, 孫たちが, 宿の, 御家人勢の, 掌暗号長や, 旗本商人は, 書記の, 會社員と, 會社員や, 機関士などの, 流行児などの, 浪人なみの, 溜り場の, 牛追いの, 疲れきった知識者, 私の, 閣臣たちや, 雲助などの, 飛行士の, 黒鍬の

▼ 士という~ (27, 0.6%)

3 のは 2 のが, ものは

1 [20件] えらい肩書, ことに, のだ, のだろう, のでございましょう, ものが, わけで, エライお方に, エライ者に, 一族の, 事に, 仁三郎には, 名探偵, 妙な, 文字を, 方の, 称号は, 者も, 職業は, 階級も

▼ 士には~ (26, 0.5%)

2 不幸を

1 [24件] こんな歌, そなわって, つつしんでこの世, どんなこと, まだ幼い, ガリトマチャキトリカルド, 些と, 前年すでに, 及ばぬ, 各其主, 大勢には, 好遇, 廻りくどい, 怪しまれ尋ねる二人, 是非を, 激しい痛烈, 皆見せ, 目の, 相違無, 禁制の, 解くに, 賃銭を, 運転する, 齢若き

▼ 士として~ (25, 0.5%)

2 だとすると, 大いに頼もしい, 最高の

1 [19件] この事情, 下才, 世に, 会津へ, 剣客として, 勢威を, 天下に, 好遇, 幾代かを, 当直の, 武術家として, 死ぬ事, 永久に, 知られて, 自由党と, 自由黨と, 負け目は, 集められ集議院, 面を

▼ 士では~ (24, 0.5%)

3 ない, ないか 2 ないらしい

1 [16件] ありませんが, ないじゃ, ないので, ない打ち取れ, なかった, なかつた, なかつたの, なく七月, なく土豪, なく獄中匆卒, なく私, まるで戦闘, 五十円の, 口を, 有りませんか, 永井荷風正宗白鳥生田葵などの

▼ 士~ (23, 0.5%)

2 のふたり

1 [21件] があり, が城, が退城, であった, とは幼少, に告げ, の二人, の徒, の日頃, はそれ, はもう, は倉皇, は浮かない, は茫然自失, は身, は顔, は首, も内心それ, も真っ青, も軽薄, をよび戻した

▼ 士~ (19, 0.4%)

2 を見よ, を驚かせる

1 [15件] が此, と対照, にし, によって説かしめられ, に於, の別, の奢侈, の實状, の往來, の郊外, の間, はみな, は果たして, は気絶, 填咽

▼ 士~ (19, 0.4%)

2 か捕方, の生活

1 [15件] から成る, が立った, が見送っ, に語っ, の席, の深切, の目, はお, は又, は途端, もこの, も之, も源助町, や新進, をふり

▼ 士~ (17, 0.4%)

3 にある 2 を削っ

1 [12件] とはいわれまい, にあっ, にあられた, に列する, に復せし, の外, また次男蕃徳, を剥がれた, を剥奪, を譲り受けた, を遁, 擲つべし国

▼ 士から~ (16, 0.3%)

1 [16件] 一同に, 上陸し, 仕留士, 十等士までの, 取らねば, 命じられたとおり, 手紙が, 日本人を, 瀉血された, 町家へ, 罵倒される, 聞いたが, 聞いて, 送つて來, 院の, 音信し

▼ 士にも~ (16, 0.3%)

2 なると

1 [14件] たうとう, なって, チョットない, 劣らぬ立派, 少し深く, 此の, 稀なるべし, 荷担夫にも, 衣裳だ, 衣裳と, 見込みが, 遂に, 頒つ, 風が

▼ 士大夫~ (16, 0.3%)

1 [16件] が実践, ことごとく辱, ともあるべき, についての人物評, に遵, の候補者, の子弟, の家, の性情, の教養, の貫禄, の間, も之, や学者, らしい質朴, をいかに

▼ 士~ (14, 0.3%)

1 [14件] ぽんと, 伝はって, 伝わるよう, 何かの, 再縁し, 向い, 告げた, 大声で, 廻された廻状, 百円置い, 相談し, 計った, 訴えて, 露営を

▼ 士~ (14, 0.3%)

1 [14件] が県, だと, に向っ, の二字, の全身, の名, はいらいら, はかつて, はつねづね, はまだ, はまだいろいろ, は汗みずく, は獅子, を閉じ

▼ 士~ (13, 0.3%)

1 [13件] あらためて一盞, さもなく, たれが, であります, または, 何かの, 商學士か, 工學士か, 理学士に, 胆略ふたつながら, 造船所の, 醫學士か, 銀行員なんぞ

▼ 士ども~ (13, 0.3%)

1 [13件] がうようよ, に命じ, に幾度, のネダル, のワヤク話, の依頼, の囲み, の言葉, ほどひどく, もそれ, を手, を迎え, 還り來

▼ 士馬精鋭~ (13, 0.3%)

1 [13件] が陣鼓, たらしめよ, でありすぎた, であり富強, とその, なお数万騎, に鳴る, の如何, の激流, もその, をひっさげ, をもっ, を蓄え

▼ 士であった~ (12, 0.3%)

1 [12件] からで, からみすみす, から偵察, がもう, が主家, が今, が天野新一郎, けれども人, けれど詩人, ことに, とか云う, ゆえ彼女も

▼ 士でも~ (12, 0.3%)

1 [12件] あった, ありまた, ござらん, ない, 吾輩ほど, 大いに愛読, 容易に, 幾人と, 廊下へ, 意外に, 権謀術策を以て, 船頭でも

▼ 士らしい~ (12, 0.3%)

1 [12件] ことを, と見ました, 人が, 服従, 服装の, 洋服の, 物惜しみそう, 細い眼, 老水夫, 者が, 誠に親切, 駄ボラを

▼ 士たる~ (11, 0.2%)

3 ものは 1 ことすでに, ものが, ものにとって, 以上は, 品位は, 抱負を, 者あり, 者の

▼ 士とは~ (11, 0.2%)

1 [11件] わかったが, 云え戦乱, 何の, 問わでも, 正太の, 語り合いたいもの, 遇ひ, 違う, 違ったところ, 非常に, 顔を

▼ 士~ (11, 0.2%)

2 の顔色 1 に対しても出来る, の年, の方, の機嫌, の気, は声, は言った, は酒, をつかわし

▼ 士とか~ (10, 0.2%)

2 であるよりも 1 何とか肩書, 僭して, 博学の, 博學の, 少し身分, 無学無, 足軽なんぞの, 道人とか

▼ 士なんて~ (10, 0.2%)

3 ものは 2 のは 1 いうもの, いったぞ, いふ肩書, どっちも, みんなあんな

▼ 士~ (10, 0.2%)

2 のごとく 1 がこぞって, とがそこ, と同様, に嫌, のご, の盾, は進み, も無論

▼ 士さん~ (9, 0.2%)

1 がこれ, がやはり, が引い, じゃない, というの, どうだい, に余所, に知れたらしい, の家

▼ 士だった~ (9, 0.2%)

1 がまもなく, が主席舵手, そうだ, のだ, のである, んだ, 一将が, 横田甚右衛門とか, 石割苗太郎と

▼ 士~ (9, 0.2%)

2 んです 1 のじゃが, のである, のです, のに笹島先生, んでなんとも, んで学問, 手下どもを

▼ 士奴美~ (9, 0.2%)

4 の神 1 がおとなしい, と云, に世, のたつた, は彼

▼ 士~ (9, 0.2%)

1 から金牌, が推薦, で通過, にとり, に報告, の報文, の審議, の會員, をし

▼ 士~ (8, 0.2%)

2 が小走り, が怒鳴る 1 に, にし, は, は尊王

▼ 士一同~ (8, 0.2%)

1 がそれ, が粛然, と源助町, に對, は部隊長, もそれぞれ理由, を霞, 悉く小

▼ 士~ (8, 0.2%)

1 が有, での旧家, と肥料, の, の農夫達, は, を, を放置

▼ 士~ (8, 0.2%)

1 が郷, と子彦, の父, の福山藩士, の身上, は寛政十一年生, は曾, を送る

▼ 士~ (8, 0.2%)

1 が平江, が降り, という乱賊, の軍, の軍士, は江浙左丞相達, をし, を大尉

▼ 士であり~ (7, 0.1%)

1 その盛儀, ながら幕府, ながら隣り, わけても, 乍ら作風のみは, 女の, 巌流島では

▼ 士パイクソン~ (7, 0.1%)

1 であった, と秘書, のもと, の声, はどこ, は勇敢, や秘書マルラ

▼ 士~ (7, 0.1%)

1 では, でも口利き役, における勝安芳, の士, の第, の錚, の高齢者

▼ 士その~ (6, 0.1%)

1 人とは, 人に, 人を, 家の, 思い止まるが, 歓を

▼ 士です~ (6, 0.1%)

1 かとお尋ね, からね私, がかつて, ね, よ, 士です

▼ 士との~ (6, 0.1%)

1 共存共栄を, 問答も, 契約の, 縁ぐみを, 試合, 間に

▼ 士なる~ (6, 0.1%)

2 が故に 1 に, には相違, ものは, 友人を

▼ 士~ (6, 0.1%)

1 之ニ居ル者鮮シトナサズ, 外ニ自己ヲ, 常ナリ, 曰, 禮トセルニ反, 陰險手段

▼ 士~ (6, 0.1%)

1 から立ちあがった, にある, につい, についた, に据えた, に腰

▼ 士~ (6, 0.1%)

2 を得た 1 の不屈さ, の弛緩, の髄, を痛ましむ

▼ 士~ (6, 0.1%)

1 です, で御, にお, の仰せ, の宿直部屋, の組

▼ 士~ (6, 0.1%)

1 としては下, ながら羽振り, になる, の売主, の添え物, を売った

▼ 士~ (6, 0.1%)

4 を鼓舞 1 との關係, 大いに沮喪

▼ 士~ (6, 0.1%)

1 が伊勢, の支那, の顔, は競つて世, を召聚め, 各兵略

▼ 士あり~ (5, 0.1%)

1 中心支那文明を, 羽倉の, 虎を, 路上で, 鳥尾得庵先生これなり

▼ 士たる者~ (5, 0.1%)

1 が安楽, が高官, の資格, はそれ, は專ら文學

▼ 士であろう~ (5, 0.1%)

1 か更に, と斬っ, と明智兵, と朝鮮, と秀吉

▼ 士といふ~ (5, 0.1%)

1 のが, 名前を, 理由で, 者が, 肩書の

▼ 士としての~ (5, 0.1%)

1 技倆によって, 氏の, 無上の, 眞の, 面目を

▼ 士とも~ (5, 0.1%)

2 町人とも 1 いはるる男, ご苦労様で, 侍官とも

▼ 士によって~ (5, 0.1%)

1 代表され, 光華門城頭高く, 発せられた, 若干の, 過去約

▼ 士より~ (5, 0.1%)

1 カクまでに, 庄吉の, 毒起請毒起請より, 自分が, 見れば

▼ 士を以て~ (5, 0.1%)

2 す皆元首 1 任じて, 目せられて, 自ら任ぜ

▼ 士太夫~ (5, 0.1%)

1 として詩作, の態度, の慰み, の見るまじき, の邸

▼ 士~ (5, 0.1%)

1 のその, の區別, の家, の病人, の難

▼ 士~ (5, 0.1%)

1 と改めた, の名, の説, は字, は植村氏

▼ 士~ (5, 0.1%)

2 のお 1 さえ最初, には武士道, の話す

▼ 士~ (5, 0.1%)

2 は不安そう, らしい 1

▼ 士隊長~ (5, 0.1%)

1 として信長公, として新規四千貫, にすぎない, はお, を仰せ

▼ 士~ (5, 0.1%)

1 でした, としてである, に属する, の名, は振り返っ

▼ 士~ (5, 0.1%)

1 の声, もひるがえって, を休息, 全軍, 少なく産業

▼ 士でない~ (4, 0.1%)

1 ことが, ことを, ものが, も同然

▼ 士でなく~ (4, 0.1%)

1 てはならない, とも秀吉, みなたしかな, 御陵衛士という

▼ 士とが~ (4, 0.1%)

1 あしたの, 一名づつで機長は, 一名づつ二十四号機には, 愛し合って

▼ 士などの~ (4, 0.1%)

1 乗員で, 地下職人の, 地下職人を, 體驗を

▼ 士なども~ (4, 0.1%)

1 三舎を, 主人の, 同様と, 駈けつけて

▼ 士に対して~ (4, 0.1%)

1 ひがむの, 今の, 心の, 民と

▼ 士ばかり~ (4, 0.1%)

1 である, でなし, で奇抜, 数百人を

▼ 士~ (4, 0.1%)

2 は小具足, を先頭

▼ 士二人~ (4, 0.1%)

1 に売る, の姿, は舟, を添え

▼ 士~ (4, 0.1%)

1 にお出かけ, の中條精一郎君記念事業会, の規則, へは中條文庫資金一万二千三百円也

▼ 士~ (4, 0.1%)

1 とは何時, の言, を, を斯く

▼ 士同士~ (4, 0.1%)

1 だぞ, の内輪喧嘩, の喧嘩, の雄

▼ 士多し~ (4, 0.1%)

2 と雖 1 てふ, と稱

▼ 士大将~ (4, 0.1%)

1 して, に過ぎない, のひとり小山田弥三郎信茂, は尾張海東郷

▼ 士~ (4, 0.1%)

1 と云, と書, の墓, を正

▼ 士~ (4, 0.1%)

2 でもうた 1 の哀れ, の箱根八里

▼ 士~ (4, 0.1%)

1 に斬り付けられる, の重んずべき, の間, は遂に

▼ 士~ (4, 0.1%)

21 の倭訓栞, はその

▼ 士~ (4, 0.1%)

1 あり工商, は工商, を愛し, を理解

▼ 士~ (4, 0.1%)

1 がみんなちょん髷, だ, で彼等, の感情

▼ 士~ (4, 0.1%)

1 という, に學び, に行く, へ次兄

▼ 士じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, ないが, ねえから

▼ 士であっ~ (3, 0.1%)

1 ていま, てくれる, て虫

▼ 士と共に~ (3, 0.1%)

1 城入りする, 成し遂げて, 真贋の

▼ 士など~ (3, 0.1%)

1 おそらく当代, 必ずしも終身, 次に続々と

▼ 士なら~ (3, 0.1%)

1 とにかくこんな, 何でも, 年収約

▼ 士なんぞ~ (3, 0.1%)

1 ううぬ, 人間じゃねえ, 士なんぞ

▼ 士のみ~ (3, 0.1%)

1 ならんや, よくする, 遣っても

▼ 士はと~ (3, 0.1%)

1 ふと見れ, 不圖, 云ひさせし

▼ 士また~ (3, 0.1%)

1 多大の, 河北の, 虎

▼ 士やも~ (3, 0.1%)

3 空しかるべき

▼ 士一人~ (3, 0.1%)

1 あるのみ, の力, は他

▼ 士並びに~ (3, 0.1%)

1 博学の, 博學の, 関西では

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 に着く, の護謨園, の護謨林

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 がため, 有誄, 胸襟也

▼ 士全部~ (3, 0.1%)

1 が働きます, の肖像, もみな身

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 の交叉点, の叔母さん, へ出

▼ 士多き~ (3, 0.1%)

2 を以て之 1 中にも

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 というの, のよう, は安然黙然

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 となれる, にてヘブライ王國, 知りたま

▼ 士張り~ (3, 0.1%)

3 の煙管

▼ 士得印兼光~ (3, 0.1%)

1 なる主, の物語, は夜泣き

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 が, の下, 与諸子

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 に交遊, の歯, を観る

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 ただ積極, の帰, はこの

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 という野, を, を七

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 から借り, に色々, は黄丕烈

▼ 士~ (3, 0.1%)

1 で尾州公, と称し, を出し

▼ 士あがり~ (2, 0.0%)

1 の素人, の逞しく

▼ 士かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れぬ

▼ 士がた~ (2, 0.0%)

2 は今

▼ 士これ~ (2, 0.0%)

1 よりかたみに, を攻め

▼ 士すぐ~ (2, 0.0%)

1 に抜錨, 左旋回で

▼ 士だけ~ (2, 0.0%)

1 あって, では

▼ 士だけに~ (2, 0.0%)

1 ご苦労千万な, 口が

▼ 士だけは~ (2, 0.0%)

1 古来の, 騎馬で

▼ 士だの~ (2, 0.0%)

1 担がれたり, 裁判官だ

▼ 士だらう~ (2, 0.0%)

1 ぜ, と思はれた

▼ 士でした~ (2, 0.0%)

1 からみな彼, がその

▼ 士でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば思い

▼ 士とともに~ (2, 0.0%)

1 行ったところ, 談じ

▼ 士とを~ (2, 0.0%)

1 代る代る見, 集めて

▼ 士どこ~ (2, 0.0%)

2 に怪しい

▼ 士なき~ (2, 0.0%)

1 やいかに, を嘆ぜざる

▼ 士などが~ (2, 0.0%)

1 かなりの, 綱を

▼ 士などと~ (2, 0.0%)

1 いろいろ意見, 云ふ

▼ 士などという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 特異な

▼ 士などは~ (2, 0.0%)

1 そのひとり, 出たら目

▼ 士なり~ (2, 0.0%)

1 しにや, 当に

▼ 士なりし~ (2, 0.0%)

1 がこれ, が其首

▼ 士なりと~ (2, 0.0%)

1 大石内蔵之助, 浩歎した

▼ 士なれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ばひたすら

▼ 士なんか~ (2, 0.0%)

1 のぼへ, 恐ろしくて

▼ 士にて~ (2, 0.0%)

1 お慶, それらの

▼ 士にとって~ (2, 0.0%)

1 人生の, 虱の

▼ 士にまで~ (2, 0.0%)

1 殺気に, 補せられ堂々たる

▼ 士はを~ (2, 0.0%)

1 かしいか, かしいですわ

▼ 士ばかりを~ (2, 0.0%)

1 指導者に, 選りすぐって

▼ 士への~ (2, 0.0%)

1 奉仕といふほどの, 論功行賞は

▼ 士まで~ (2, 0.0%)

1 かかって, まさかの用心

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 お主, 卑怯者の

▼ 士よりは~ (2, 0.0%)

1 夫, 寧ろ平凡

▼ 士わずか~ (2, 0.0%)

1 を連れた, 数騎と共に

▼ 士ホウセリト~ (2, 0.0%)

1 である, の死

▼ 士一統~ (2, 0.0%)

2 と源助町

▼ 士上隊~ (2, 0.0%)

1 でいる, と改名

▼ 士久保田某~ (2, 0.0%)

2 と書いた

▼ 士~ (2, 0.0%)

2 が四

▼ 士二これ~ (2, 0.0%)

2 も同じ

▼ 士二十人~ (2, 0.0%)

1 が厚く, を抜擢

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 かな, に連

▼ 士~ (2, 0.0%)

2 をたぶらかす

▼ 士仲間~ (2, 0.0%)

1 の耳, へこう

▼ 士何某~ (2, 0.0%)

1 という人, を訪

▼ 士~ (2, 0.0%)

2

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 という者, と称し

▼ 士其他~ (2, 0.0%)

1 の新作, の者

▼ 士~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 士勇将~ (2, 0.0%)

1 の数, は数

▼ 士十人~ (2, 0.0%)

1 ほども連れ, 召し連れられて

▼ 士千石~ (2, 0.0%)

1 といわれる, の身分

▼ 士~ (2, 0.0%)

2 農の

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 です, とを見いだした

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 の拍子, を覚えるだ

▼ 士多く~ (2, 0.0%)

1 姉川に, 討ち死にし

▼ 士天堂一角~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 士女老幼騎馬~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 士姿~ (2, 0.0%)

1 が見えた, の者

▼ 士子等~ (2, 0.0%)

1 の妄動, の心血

▼ 士学校~ (2, 0.0%)

1 というの, に見出した

▼ 士官等~ (2, 0.0%)

1 と語り, は早

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 には今中山文化研究所, の機関新聞

▼ 士屋敷~ (2, 0.0%)

1 に下女, や奉行所

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 の井光起, の井光起君

▼ 士山本正雄~ (2, 0.0%)

1 は堪えられぬ, は患者

▼ 士工商~ (2, 0.0%)

2 の三階級

▼ 士巫覡~ (2, 0.0%)

1 の類, を優遇

▼ 士布都~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 士庶人~ (2, 0.0%)

1 の間ヨリ, ヲ以テ

▼ 士摩理蘇理~ (2, 0.0%)

2 多多斯弖

▼ 士数十名~ (2, 0.0%)

1 を引率, を撰び

▼ 士新作~ (2, 0.0%)

2

▼ 士新聞~ (2, 0.0%)

1 といふ小, は今

▼ 士春廼舎朧~ (2, 0.0%)

1 であった, の名

▼ 士會院~ (2, 0.0%)

1 に往き, の懸賞

▼ 士横井平四郎~ (2, 0.0%)

1 を寺町, を殺害

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 の肩越し, は巧妙

▼ 士法案~ (2, 0.0%)

1 を出したい, を呈出

▼ 士甚だ~ (2, 0.0%)

2 多くし

▼ 士田中秀央君~ (2, 0.0%)

2 や植木直一郎君

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 で妙齡, と思う

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 屠腹し, 競うて

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 といっ, の

▼ 士禿~ (2, 0.0%)

1 から成人, でした

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 かに石三つ, のわが

▼ 士自身~ (2, 0.0%)

1 が筆, は所謂解剖學

▼ 士芝居~ (2, 0.0%)

1 で見た, といつた

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 の前, の方

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 の溜り, の詰め

▼ 士~ (2, 0.0%)

2 ふ手

▼ 士諏訪栄三郎~ (2, 0.0%)

1 と同棲, の妻

▼ 士連中~ (2, 0.0%)

1 の名, の弟子入り

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 がある, 還福山

▼ 士関屋孫兵衛~ (2, 0.0%)

1 です, に相違

▼ 士階級~ (2, 0.0%)

1 でも楽しい, で土地

▼ 士~ (2, 0.0%)

1 と似, 及び寒岩義尹

▼ 士館篠本講師~ (2, 0.0%)

1 に宛, は今回

▼ 士館講師~ (2, 0.0%)

1 の報告, の鏡檢

▼ 士鳥居強右衛門~ (2, 0.0%)

1 という, なる者

▼ 士鷲尾八郎~ (2, 0.0%)

2 が多少

▼1* [607件]

あぐらを組ん, 士あてなの, 士あとは組下, 士あの方々も, 士あまたありて, 士あらば誰, 士あらそつて君, 士ありしがこの, 士あることと, 士あろうと好事者, 士いく子刀自を訪, 士いささか脾肉の, 士いつまで経っ, 士うなだれたまま家隆の, 士鞆の, 士かが連れて, 士かくの如くならずん, 士からの命令を, 士からは我が国の, 士きっと護衛を, 士ぐらいのヘナヘナ腰では, 士げた賢い眼, 士ここに無事再会, 士この金は, 士ごときとうてい敵, 士うだ士, 士さね直の, 士さま寃罪の訴, 士さん氣の毒, 士しかも多くは, 士がたの, 士すくなからざる, 士そうなると, 士そうやすやすと憤激, 士そして僕は, 士それも助, 士それに正吉少年の, 士たちまち船を, 士たち今は帰り, 士たち縄を攀じ, 士たとえ気に, 士たらんことを, 士たり農たる, 士だけでやるの, 士だけでも数百名を, 士だつたが島本医師, 士つどふ, 士であるならば戒慎, 士であれ町人であれ, 士でさえ小説を, 士でしかなかった, 士とうてい尋常の, 士とおもひ, 士とかいふ男隨分腕力の, 士とかに頼んで, 士としては古今無双なら, 士としても忍男の, 士とて仮借は, 士とで釜めしを, 士とでもいったところ, 士どうだいなんにも, 士どの其病床に, 士どんな策を, 士なおみなかくの, 士なかに北伝八郎, 士なぞと云ふ, 士などからなる観客, 士などでも根は, 士などといふものは, 士などをして, 士なにかやかや, 士なほかつ之, 士ならびに夫人令嬢は, 士なりともその描寫遺憾, 士なんざ大当りだ, 士なんぞも来るだらう, 士にすら告ぐること, 士にたいして足止めを, 士にたいする恩賞の, 士についての話を, 士にでもなられるやう, 士にとつては, 士にとってはちょうどよい, 士になつて大阪の, 士にのみ相應, 士によってのみ初めてできうべき, 士に対し徒士が, 士に対しては卑下し, 士に対しても公平を, 士に対する崇拝ぶりは, 士のうでまえの, 士のみに止まらず彼, 士のみの集団であり, 士のみを用いて, 士はめり安を, 士ばかりじゃないが, 士ばかりの一艘が, 士ふきだしそうな, 士ほど香より, 士またはその家来ども, 士までの待遇を, 士みな名に恥じぬ, 士が此処, 士めいたり, 士めすてきなもの, 士めら今度こさ, 士もう一つ内科呼吸器科の, 士もと流行の如何, 士もろに足を, 士やら牛士牛車からく, 士よりも寧仏家の, 士われを通じて爭, 士をといふことにな, 士を通じて幾たびも, 士イッポリート・デシデリが, 士イバンスが立っ, 士イブラヒム君とて矢張シリヤ人, 士イヤ医学士ではない, 士イリオン城を三たび, 士ウラヂミル・イワノヰツチユ・ソロドフニコフは毎晩六時, 士オウエン処女航海に乗った, 士オッチリーユとの関係, 士ガ一叱スレバ頑石活シテ群羊ト為ルガ如シ, 士ガ稀ニ用イルノミデ一般ニ普及シテイナイガ普通ノ手札型ノロールフィルムニ印画紙ガ, 士サッダーこれを駁し, 士シラノ・ド・ベルジュラックの全幅, 士ストウンが思い切った, 士ドン・リイヴァスを角, 士ニコル君に連判状, 士パラグァイ軍の将校, 士ピート大尉が乗りこん, 士フランシスコ・デラ・ペンナはラマ教, 士ブランチャアドは何, 士ミルン氏と興味, 士メルリンの傳, 士メルリン城よりもまず, 士メルリン耶蘇新教の創立者ルーテル, 士獨占シテ人類共存, 士一人天に登る, 士一人床机に掛り, 士一件を知つて, 士一同一人のこらず所持, 士一同深夜より暁, 士一統寄合いを開い, 士一統潔斎して, 士七人を選出, 士七尺許りの, 士三人の果し, 士下士に班, 士下郎は下郎, 士不世出の国粋芸術家梅津只圓翁, 士不堪杞憂屡正論, 士を観ずる, 士世古慶十郎高麗陣に新宮城主堀内, 士世界未曾有ノ大, 士中村直勝君より示されたる, 士中田耕治君に非常, 士丹石流の据物, 士乙骨太郎乙氏が返り, 士九人が大, 士九人徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 士也泉米津までの間平原, 士也肥後守の命, 士予氏より未聞, 士二人宛すえ置くよう, 士二十五歳の森田草平, 士二十四の月輪, 士互に獅子奮迅と, 士五十人刀の錆, 士り七, 士奪戦, 士仁たるやこの, 士仁糜芳などに対する憤怒, 士仁糜芳潘璋馬忠らの徒, 士を盛り, 士付きで伊那, 士以下の葬儀, 士伊兵衛ならば, 士会葬して, 士丁堡へ, 士佐世勘兵衛正勝はその, 士佐伯怪星を前方, 士の某, 士作業の実際, 士佳人を満載, 士侍衛番士哨兵その他軍卒多勢軍楽隊など, 士の板面, 士俳優の三流ぐらゐなところから, 士へ聞き, 士元襄陽名士のひとり, 士元道号を鳳雛先生, 士免状をとった, 士入場式の光景, 士八月一日五左衛門に討ち取られた, 士六拾人計り引連れむかひに, 士共それ等に縁, 士共ゲーレスの許, 士ありやと, 士兵八騎はいかめしく, 士其手腕を振はむ, 士其數も最も, 士兼光の低, 士再び衆の, 士出頭の地, 士剛号は支峰, 士剣客の集まっ, 士に舞, 士を試す, 士をし, 士化け来って, 士北条右門一派と知合った, 士十七名のこと, 士十二人を選ん, 士千三百人を率い, 士千里笈を担う, 士半田半兵衛は槍, 士協同勉励して, 士博士は理研, 士即ち女神エヌスの, 士原田矢之助これを分捕った, 士原田龍太郎とあざやか, 士参事白根多助が一時県務, 士又は説客と, 士が, 士及び芝源助町の, 士及妻これは二人, 士は理順, 士吾人の期する, 士周交が乱, 士哨兵その他軍卒多勢軍楽隊など, 士商売はこれ, 士であつ, 士よく疑獄, 士嘉これきっと猴牽, 士嘉曰くこの樹, 士嘉門次がいる, 士四名と平, 士四百騎が悉く, 士固く旧物を, 士地ゆえ日本国の中心, 士の上, 士坂谷もこれ, 士坦丁堡に入り, 士城下の群集, 士半右衛門, 士堀仲右衛門上書にあわせ, 士堂上裏門の警備, 士変愛と女性, 士多磨太君の説, 士射す是, 士大久保七郎右衛門同弟次右衛門, 士大久保榮君が一昨年此処, 士大使館武官館以下西洋人の住宅, 士大場連斎と共に濠洲, 士大夫みな影堂及影像を有する, 士大夫ら皆李家を出した, 士大夫乃ち流宕此の如し, 士大夫修養の指導精神, 士大夫家の皆これ, 士大夫教化者神職のもの, 士大浦孫六等二十余人をやった, 士大野助手等と共に豫, 士大野助手野中事務員を同行, 士天文地理より律暦兵刑, 士天野西次郎一番槍であったが, 士太夫始め百乗千乗の王侯, 士太田兵三郎の姉, 士夫人として神田, 士夫人令嬢老若童婢と雲霞, 士夫安倍源基らの人々, 士夫葛生能久たちが自由市民, 士奮然蹶起して, 士女如花満会堂, 士女子とじ子, 士女狂せるが, 士女等が, 士女雅宴楼閣清集等ヲ画ケルモノ, 士姫路を出, 士婚禮を見まする, 士婦女の蝋, 士が擧業, 士子此一試場に會, 士存ずる旨あれ, 士孫瑞の二人, 士安井新左衛門家元は鳴海, 士安斎十郎兵衛嘉兼これがこの, 士という人, 士の手紙, 士宮本武蔵という武者修行, 士とかいうの, 士宿ニかへる, 士富尾木知佳氏は東京音楽学校, 士察して仕置, 士審配が教えた, 士寺石正路氏が雑誌, 士小山内薫さんと画家岡田三郎助さん, 士小山田庄左衛門を始め, 士小林庄次郎氏も亡くなつた, 士小西末郷鎮信の士松浦源次郎, 士少き者は, 士を築き, 士を重ね, 士から供給, 士山口寅太郎氏も, 士山路君に運転士, 士島醫學士の厚意, 士川上滝弥君が数年前, 士川井三十郎突伏せて, 士に吟詠, 士州米山雲裏隠布島浪間浮, 士州総督へ出願, 士工商雑居の吹き寄せ町, 士左右田正綱一番乗りをし, 士市治郎は馬力, 士希くは晴を, 士師記列王紀略上下サムエル書上下等に関する名所旧蹟, 士帰ル夫より魚屋ニ行高柳, 士常にマケドニア王フィリポスの, 士窓の, 士幾千の髭, 士広瀬郷左衛門白の幌張, 士を取り持ち, 士弓削田宮内は若松城, 士弓天の加久矢, 士引っくくってご, 士に其才, 士彦石坂白卿であつ, 士彦石坂白卿及厚重二児賦, 士に限っ, 士往々にし, 士後藤基次徳川家に取っ, 士徐福將童男女數千人入海求蓬莱神仙不得, 士得意の左道, 士得能万兵衛から明四日千住骨ヶ原, 士心振起の策, 士心配するな, 士必ず今でも, 士志士である, 士志村又右衛門昌景の馬, 士波良, 士悉く山阿, 士患者のない, 士と敬愛, 士或は士卒, 士戸針康雄の御器所, 士所謂方士であ, 士で如才, 士振り手古奈も, 士探索の命令, 士接伴役として細川家, 士提要はばか, 士操凛々たるもの, 士改作の, 士故郷に歸, 士敗官軍之最初也, 士数騎介冑を被り, 士敵艦が見えました, 士れしむ, 士文学士の先生たち, 士斉而南陵未及読其作, 士娶夜分就寢, 士日下部欽之丞二十四五の絵, 士日中は大した, 士明いはく, 士明下条寿仙春泰の兄弟, 士明名は貞皎, 士明将之浪華臨別詩以為贈, 士昏禮から始めね, 士春の屋朧の名, 士春日源之丞, 士時に撰著あり, 士暗中に大きく, 士曜日で半休, 士から少し, 士月狂天馬と僕, 士月輪の道場, 士服食ヲ為, 士朝廷改過の速, 士朝日奈弥太郎が采配, 士未亡人が居る, 士札幌へ趣き, 士来って食, 士来りて吾論決, 士来島とが腹, 士東六右衛門が, 士松山義根を経, 士松浦源次郎の同勢, 士林太仲に養, 士某生年十七歳敵ならば, 士栄辱に因り, 士という, 士桃山時代をも含ませ, 士桃青翁を除く, 士梅津羽左衛門の娘, 士森田白楊なるもの, 士森鴎外がカルデロン, 士検非違のため, 士極めて乏しきは, 士な事, 士のごとき, 士此国にたどりし, 士此戦い夜明に及ぶ, 士武藤清左衛門の一行, 士歩行せし故, 士は三河以来, 士残らず諸村, 士殿其方を見る, 士気節の貴ぶべき, 士氣墮弱から安き, 士永井蔵人がさえぎっ, 士河野に宛てた, 士河野理順である, 士河野英吉の親友, 士第二十二条, 士法勝寺三郎だった, 士法学士または会計官, 士洋行の送別會, 士津田真方著幽霊論の七二頁, 士流れへ寄っ, 士流社会の風教上, 士浪士町人百姓無頼窮民に至る, 士涅歯の事, 士淵辺伊賀守という者, 士済々たる以, 士渾心の力, 士源十郎もすこし, 士溜りの剣士, 士溜所へ自分, 士滅多に夢, 士が利く, 士のごとく起り, 士雙とか, 士無からざるも, 士無し吾に放, 士無非譎, 士牛車からくた, 士牧婦などにいでたちたる, 士知らず其の, 士玄蕃の門人, 士班釵の翁, 士市議中の, 士現に大洲名物第, 士寧も, 士と云, 士生かしおくべからずと誓った, 士という人, 士甲田美郎さんといふ方, 士甲田美郎君著述ツてたくさん, 士番士の影, 士番士門衛の番士たち, 士百万大将千員むかうところ, 士百五十俵を少, 士百八人も個々討死, 士百味の食, 士百姓町人ならず者都合その勢四千人, 士皆激怒して, 士盛装して, 士を瞋ら, 士直筆の原稿, 士ともに, 士相寄ってゆく, 士相扶け各, 士相率きひて, 士相違なく集合, 士を皺め, 士真壁仙太郎として湊, 士真手を日本, 士石川貞治氏の調査, 士石母田外記の後, 士碧海賛平は鼻眼鏡, 士確たる実証の, 士を執っ, 士社會のあがれる, 士神尾喬之助, 士は高々, 士福地先生に紹介, 士福地源一郎の生活態度, 士禮居で祭書, 士禮居叢書は多く, 士禮居祭書の詩, 士は盧州, 士稼業が生, 士立会の下, 士章子友次郎等とサンフリート村, 士童子払子錫杖を左右, 士竹村小平太だ, 士竹齋に似, 士等競ひ起つて, 士の百姓, 士筧正則等が之, 士の高い, 士に出, 士篠原庄兵衛或時深山, 士細井甚十郎の次男甚三郎, 士の有志者, 士給料車庫料消耗品とガソリン代等, 士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 士羅門様では, 士にし, 士習駁雑授小学書欲徐導之未遂而没, 士老人を表, 士聞きて容易く, 士慧者に, 士脩身所染法儀七患辭過三辯尚賢上, 士臆病神が付いた, 士から阿らず, 士将泊, 士船医師まで記され, 士船手の人々, 士良将の一群, 士芋川平太夫と永井源四郎, 士花井卓藏氏でありました, 士花村甚五衛門はとうに, 士芹沢鴨は本部付幹部, 士荊州の征旗, 士荒川甚作に与, 士蒲生泰軒燭台の灯かげ, 士藤井宣正師である, 士藤田元春氏は, 士藤田豐八君から先生, 士という名, 士を捜, 士のたぐい, 士衆足軽衆まではや, 士術士より毒起請, 士装束など, 士西尾仁右衛門が鎗, 士見たやうな, 士見習の佐川二等兵, 士規整然として以前, 士覚えの兵等, 士言葉で巧妙, 士訓練の為, 士試驗を受けました, 士誠に当りて, 士誠等の兵尋, 士請うこれを, 士諸君には既に, 士識己之度量, 士警察が来ました, 士谷山恵林氏以下五人の良師, 士豊田又四郎が武蔵, 士豪氣除かずと, 士貢士が後年, 士貪り民は, 士赤城風雨先生の記念碑, 士足軽の左右, 士を外, 士之助, 士軍卒も聊か, 士軍師諸大将, 士が図らず, 士農商の言語なまり, 士農工はそれぞれ, 士農工商あるいは老, 士近侍旗本のひしひし, 士退軍を, 士送別于西津是日宿戰平風雨終夕今自臨川, 士遊客を満載, 士運河の船中, 士道會議長某會社, 士達水夫二人つきの美事, 士遠藤於莵君を通して奈良井徳利屋, 士部屋にあっ, 士鄭玄さえ遠く書, 士酌一人して, 士酒井俊蔵の愛娘, 士酒井左衛門尉忠次に夷舞, 士里人もみな清朝風, 士野村勝次郎がどこ, 士鈴木漁業長井上水夫長の三人, 士鎌倉に数日, 士長岡頼母の屋敷, 士長州へ赴任, 士にもうすらい, 士門衛の番士たち, 士閣下は吾輩, 士院會員並びに大, 士院會館で國際學術會議, 士陣佐左衛門は火煙, 士雑賀弥八郎であった, 士雲寒岩義尹あるのみ, 士青柳又八郎腕はあきらか, 士同好の, 士面々に頻りに, 士面會だ佐藤辯護士, 士顔役もさすが, 士風間真人の血潮, 士風間真人氏なの, 士飯屋の下廻り, 士館医学院臨時館の設立, 士館高等学校の生徒, 士馬三十万を直ちに, 士馬精強に金元, 士馬芻糧万分に過ぎず, 士馬軍略を競う, 士駒市という人, 士高僧は尠, 士高峰をしい, 士高柳周作がいる, 士高橋等なる者, 士高田早苗君私が読売新聞, 士髮冠をつく, 士鬼小島弥太郎芋川平太夫力をあわせ, 士黨爭に斃, 士が食っ, 士猛直傳