青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「壇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~墓地 墓地~ 増~ ~増し 増し~ ~増加 増加~ 墨~ ~壁 壁~
壇~
壜~ ~士 士~ 壮~ ~声 声~ 売~ ~売っ 売っ~ ~売り

「壇~」 1228, 13ppm, 8333位

▼ 壇~ (447, 36.4%)

47 上に 34 前に 18 下に 16 浦の 12 上から 11 上の 9 中に, 前へ 7 上へ, 下から, 前で 6 下の, 下へ 5 上には, 上を, 前には 4 うえに, 浦で, 端に 3 ところへ, 四方に, 方へ, 正面に, 浦から, 浦に

2 [21件] まえまで, まわりに, まわりは, まん中に, 一の, 一隅に, 上で, 中には, 中は, 中を, 前, 前の, 前を, 周囲に, 四方を, 左右に, 扉は, 方に, 根に, 浦の戦に, 附元に

1 [171件] あたりに, あたり皎, ある部屋, うえには, うしろへ, うらと, かげや, ことであった, すぐ前, そばの, そばへ, ときわざわざ, どこで, まえ方六メートル, まわりには, まわりを, も烏帽子一つ位置, ような, わきに, ガラス戸が, テーブルの, ホープ閨秀画家の, 一なり, 一番上の, 上, 上にの, 上まで, 上までも, 上や, 上口に, 下あたりの, 下まで, 下後方へ, 中から, 中へ, 中位牌の, 中壇の, 中央に, 中央焔の, 中瓶に, 人々に, 今までの, 今日を, 位牌の, 供えは, 供物などを, 元老たち藤島武二結城素明石井柏亭児島喜久雄黒田清輝岡田三郎助青木繁満, 円形は, 処まで, 前における, 前まで, 前アカイアの, 前刎ね, 北側に, 十字架上に, 南天の, 危機に, 問題, 問題と, 四方には, 四隅に, 四隅の, 壇の, 大家の, 大御所であった, 天蓋が, 契りを, 奥には, 奥深くお, 奥深くて, 奧獨り, 存在は, 寒い日向, 屍山血河を, 左の, 床崩れ, 座敷を, 引つ越, 引つ越し, 待合室で, 御修法, 御明し, 戸が, 所に, 扉も, 扉を, 手すりの, 手摺に, 抽斗に, 掛金を, 数に, 新人の, 方について, 昇り口でも, 明星, 最近十年間の, 東洋美術号で, 柱の, 柴薪の, 桁, 桟橋に, 棚へ, 椅子に, 横から, 横へ, 檜舞台として, 正面には, 正面を, 波瀾に, 浦, 浦である, 浦へ, 浦まで, 浦平家一族の, 浦没落の, 浦見物に, 消息を, 深くまつりあげられた, 火に, 灯が, 灯に, 灯りが, 灯を, 燈が, 燈や, 燈明を, 燈明皿へ, 燈火を, 片隅に, 特許を, 王座を, 現状な, 発達を, 白木の, 白絹に, 白絹を, 眞ん中に, 瞥見, 石にて, 石の, 礼座の, 秘密を, 端まで, 総決算, 背後の, 背部に, 花いけ, 菜種油の, 蔭に, 蝋燭から, 裏に, 観音像は, 許に, 輪を, 輿論は, 近状を, 進歩をも, 選手権を, 金具などに, 鈴の, 間に, 阿弥陀像へ, 隅に, 隅の, 隅へ, 雛が, 霊火は, 類も, 香の, 香華の, 馬鹿な

▼ 壇~ (232, 18.9%)

14 下りました 8 下りた, 下りて 4 きずいて, 築いて, 設けて 3 設けその, 降りました

2 [18件] おりた, おりると, かけて, しつらえた, のぼり大, むすび何, 下って, 下りると, 下り拍手, 二廻り三廻り緋の, 仰ぐと, 兼ねて, 前に, 拵へて, 構えて, 正面に, 登って, 降りて

1 [148件] おりたとき, おりてから, きずかせ十字架, きずきぬけ穴, くだると, こめて, こわして, さがって, しつらえさせ何, そっと覗い, その上, たてさせ給, ついて, つくった, つくつた, なんの, のぼって, のぼるの, まつりマリヤ, みしみしと, めぐらし下, めぐる枯柴, めぐッ, 一杯に, 上って, 上ると, 上れば, 下った, 下ったの, 下りかかるん, 下りかけて, 下りそれ, 下りたか, 下りただ一つ, 下りたとき, 下りたまひ, 下りた二人, 下りた私, 下りましたらすぐ, 下りるなぞ, 下りるの, 下りるよう, 下り切ると, 下り懸けて, 下り扉, 下り透明, 下る, 下ること, 下るの, 下れば, 並び立ち, 中心と, 中心に, 二, 仰ぐこと, 作って, 倒に, 切るよう, 区別出来る, 占有した, 厳飾し, 取卷く數十, 叩いて, 命じます, 土台に, 埋めるに, 城廓として, 奧の, 寄衛し, 左に, 建立したい, 径へ, 打ったでしょうが, 打つから, 拜む時には, 拝し, 持つて, 振り仰いで, 据えて, 掃除を, 掻き廻して, 攀ぢ御前に, 昇ったが, 昇りきると, 昇ると, 構え昼夜, 構成し, 此の, 沈滞させ, 浄める, 滑り降りて, 登る時, 立て泰一, 築かせて, 築かせました, 築かせ雨乞い, 築きその, 築き五方, 築き壇上, 築き柴薪, 築き牛, 築き祭官百二十人, 築き翁面, 組みたてようと, 舐めます, 落ちるやう, 裏長屋に, 覆うに, 見せて, 見つけた, 見ましたがね, 見ると, 見上げながら, 見詰めて, 設く, 設けずただ, 設けず楽器, 設けたり, 設けよ, 設けヤソ天, 設け棚, 設け燈明供物, 設け花瓶, 設け酒, 譲った, 賑は, 踏んで, 蹴飛ばし淺, 追いかけて, 退かれい, 退きざま, 退ぞ, 送れり, 長方形の, 開けると, 降ったらば, 降って, 降つたらば, 降りた拍手, 降りなければ, 降りると, 顧みて, 飛び越し馬場, 飛び降りたが, 飛び降りて, 飛上り雲の, 駆け上って, 駆上がると

▼ 壇~ (195, 15.9%)

6 立って 5 上って 3 向って

2 [14件] のぼって, 上った, 上ったの, 上りて, 上りぬ, 崩れた時, 捧ぐる御, 於ても, 登ったの, 登って, 登るべき立女形, 登るを, 線香を, 起って

1 [153件] あがつたり, あらわれる, ある柱, うしろを, お弱, かけて, かけのぼって, このうらわかき, ささげて, したの, すえた, すえ神棚, すすみ涙, せよ, そなへる, たたみあげて, ぢつと, つ, なって, ならんで, のぼった, のぼった者, のぼり, のぼりつ, のぼりて, のぼりました, のぼり夜, のぼり椅子, のぼると, のぼるの, のぼるま, のぼる人, のぼる者, ひびかして, まさるかも, また長い, みあかし, みずから護摩を, むかって, やつて, よき後継者, われらいかばかり, カラクリが, カラクリを, ビスケットも, 上された, 上し諸, 上つ, 上つた, 上つたのは, 上つて, 上つてから, 上りアクロポリス, 上り大悲胎藏, 上り就任, 上ると, 上るまでも, 並んだ広い, 乗って, 乘つてる, 何の, 余り人形, 供へ, 出るアルチスト, 及ぼした影響, 向うて, 向かいながら, 向かった回廊, 向かって, 向った大きな, 向ひ, 向ふて, 吸ひ付けられた, 四角な, 在つて, 坐して, 坐った, 坐るよう, 埋め額, 多くの, 対ひ, 對ひ, 弁士が, 弱腰廊下に, 当て右手, 御明, 戒えむ, 戻し参らせた時, 戻り潘, 手を, 持ち出された大, 捧げ肉, 据えさせた, 据えて, 揺れて, 於けるブウルジェ, 昇って, 昇りました, 昇ること, 明, 晝の, 最後の, 栄螺が, 椅子へ, 歩し, 残した功績, 比べて, 氣が, 沈む, 火天を, 燃えのこって, 燃やして, 燈を, 用意の, 畳を, 登った, 登つてから, 登つて薪に, 登らせた, 登りて, 登りぬ, 登りました, 神酒を, 程近き, 立ち, 立ちました, 立ち往生の, 立ち止って, 立ったが, 立った小栗緑太郎, 立った瞬間, 立つて, 立つ事, 立つ文化内容, 立てられた竹, 立てりとのみ, 納めた, 組んで, 膝を, 見られなくなった, 観音の, 設けられホーソーン, 蹴躓いたり, 近づいて, 近づきました, 重きを, 金を, 隠る, 雑草の, 額ずき, 飾った仏体, 飾って, 飾られて

▼ 壇~ (43, 3.5%)

4 あつて 3 設けられて 2 築かれた

1 [34件] あって, ありその, ありその小さな, あります, あり壇, ある, だいぶ賑, つくって, なくては, エルヴィユウの, モザイクで, 一段どうしても, 一面に, 下に, 何よりの, 使えるの, 光り輝いて, 出来て, 幾つも, 戯曲の, 据えられて, 据ゑてあり扉を, 時を, 殆ど注意を, 比較的スケツチ風, 特にその他, 築かれそして, 粗末過, 設けられた, 調った, 調つた, 開くん, 飾つてある, 高く築かれ

▼ 壇~ (38, 3.1%)

2 供へ

1 [36件] あがって, あがると, おさめた, とび降りて, のって, のぼって, まいって, 一パイ詰つてゐる, 一緒に, 上がって, 上がると, 上るの, 供へる, 入れて, 出て, 参礼した, 向って, 喙を, 大きい子供, 御洗米, 手を, 易やす, 案内し, 深く納め, 片脚, 百味五果を, 祭って, 納めたばかりの, 送り込むの, 通ずるガラス扉, 隱した, 飛び上って, 飛上った, 飛上つた其の, 飾ったその, 駈け上ると

▼ 壇~ (25, 2.0%)

1 [25件] あるが, おつぎ, かがやくばかりに, できて, どうで, 下駄の, 今日の, 依然として炎, 四座あっ, 団へと, 壊たれ, 変らうと, 天円地方の, 崖から, 彼の, 才能ある, 文学的に, 既にバルザック, 昨夜も, 瀧を, 神々しいもの, 設けて, 足許が, 開いたま, 駒込町の

▼ 壇から~ (22, 1.8%)

3 降りて 2 起こったよう

1 [17件] おろして, この字, ころげ落ちたという, すばやく奪い返し, どすんと飛び降り, はなれる徳, 上口の, 下り, 下りると, 出して, 取出した瓶, 壇へと, 夜光の, 引きずり落されて, 朝供へ, 流れる血, 追い落とした

▼ 壇~ (21, 1.7%)

1 [21件] あつて, あの少女, いつかの, おとむらいなさる, お目にかかった志村竜太郎, この壇, ピエールさんと, ピンを, 一心に静か, 二人の, 休んでは, 何か, 各丘壇毎, 引導の, 海に, 祝勝会が, 私の, 踏みとまらせた, 阿彌陀如來の, 革新的な, 飯を

▼ 壇~ (18, 1.5%)

2 に於

1 [16件] から見, が髣髴, だ, だった, でありました, であるべきはず, となっ, となる, なの, になっ, には幣, に帰った, に立った, に立つ, のよう, を何人

▼ 壇には~ (17, 1.4%)

1 [17件] まことに多い, まだ燈明, 一五六歳の, 七八人が, 主君信長の, 二抱えほども, 先祖の, 御灯が, 必ず十字架上, 精靈棚を, 花環が, 藤田嗣治氏が, 蝋燭の, 見当らないと, 護摩壇須弥壇円壇等が, 足利家先祖の, 鋳物場の

▼ 壇~ (13, 1.1%)

1 [13件] から震える, にわが, に埋め, に就いた, に接し, のピアノ, の一点, の人々, の将士, の闇, へくぐっ, を手さぐり, を睥睨

▼ 壇~ (10, 0.8%)

1 し栴檀香, する戒刀型, なしここ, よぶところ, 云ふ, 先農壇とを, 刑壇の, 庭とが, 抹香の, 礎を

▼ 壇~ (8, 0.7%)

1 あツ, いやらしくなっ, その作品, ついて, 仏具も, 壇を, 設けら, 飾り梵天塚

▼ 壇階子~ (7, 0.6%)

1 に足踏懸, の下, の下口, の中央, の横, を探り当て, を昇り懸け

▼ 壇する~ (6, 0.5%)

1 ときに, とその後, と二百五十八番, と苦い, のを, エンゼツも

▼ 壇にも~ (6, 0.5%)

2 たれ 1 きっと気づかなかった, 支配し, 部屋の, 青笹だの

▼ 壇演説~ (4, 0.3%)

1 に出席, に類する, の聴衆, を聴き

▼ 壇~ (3, 0.2%)

3 てしまった

▼ 壇では~ (3, 0.2%)

1 一口で, 二科の, 通用は

▼ 壇あり~ (2, 0.2%)

1 その上, その前

▼ 壇した~ (2, 0.2%)

1 ときには, のである

▼ 壇へと~ (2, 0.2%)

1 流れる, 続いて

▼ 壇~ (2, 0.2%)

1 一つ, 巻藁を

▼ 壇より~ (2, 0.2%)

1 二三尺も, 見て

▼ 壇浦合戦~ (2, 0.2%)

1 などに無心, など最も

▼ 壇近き~ (2, 0.2%)

2 御燈

▼ 壇~ (2, 0.2%)

1 の雨, を踏みのぼり来

▼ 壇~ (2, 0.2%)

2 のやう

▼1* [92件]

あたりを迷つて, 壇あの周囲が, 壇あれと, 壇てか, 壇何処かへ, 壇からも珠玉その他種々の, 壇これは掛金, 壇ごとジャーナリズムの中, 壇ういふ, 壇されてし, 壇したらどうなる, 壇したる態度は, 壇すぐるたびごと堅城の, 壇せまり伏す枯尾花に, 壇せんとする, 壇その下に, 壇であり活躍の, 壇でも何, 壇でももうい, 壇というものを, 壇とかイオニア学派とか, 壇とが星でも, 壇として其上に, 壇としてはむしろ香華, 壇とも八寒地獄の, 壇とを見たいと, 壇なしただ説教席, 壇などにはそのため, 壇なりから少しづつ, 壇において問題と, 壇にだけあかりが, 壇のうへに綺麗な, 壇はをかしいが, 壇ふちつきの床, 壇へは色々な, 壇へも礼儀を, 壇また今に保守, 壇までしがみつき上, 壇らしいものの, 壇をさえ一貫し, 壇をのぼつて, 壇ニハ甲冑ヲ帯シ剣, 壇ニ頭ニ綿帽子ヲ載, 壇一般を風靡, 壇一雄氏の, 壇一面の緋毛氈, 壇下一帯を占領, 壇下人声なく天地万象, 壇乃至劇界の, 壇今に保守, 壇佛像から大, 壇使者と為すべし, 壇全体の醜, 壇円壇等がある, 壇刑壇の上, 壇即ち廊下には, 壇坐等, 壇唯一の収穫, 壇塲希心此要而爲功不並就, 壇幸神町に屋敷, 壇であ, 壇払いというあたり, 壇かる佳品, 壇方面の関係者, 壇時計すらない, 壇の事跡, 壇正面がすっかり, 壇に九つ, 壇はわずか, 壇浦の戦は奈何, 壇燭臺の蝋燭, 壇爲帝灌頂賜號智藏國師時方士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 壇特山の講釈, 壇の市, 壇白檀張りの床の間, 壇がある, 壇等々のジャーナリズム, 壇等々それはそれぞれ, 壇経机賽銭箱などの金具, 壇術家ともいっ, 壇評壇等々それはそれぞれ, 壇を曳く, 壇近くの焔, 壇近く前方の右, 壇をかなぐり捨て, 壇でしてね, 壇那さまお留守, 壇金鍍をした, 壇亭の, 壇階子めきたるもの, 壇青雲の志, 壇高き切株へ