青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「団~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~ 回~ 因~ 因果~ ~因縁 因縁~
団~
団体~ ~困っ 困っ~ ~困った 困った~ ~困る 困る~ ~困難 困難~ ~図

「団~」 4484, 46ppm, 2520位

▼ 団~ (1048, 23.4%)

10 中に, 連中は 8 ために 6 上に, 副団長, 演奏した, 連中を 5 連中が 4 やつが, ロッパ, 一員として, 一行は, 七つ道具の, 人たちが, 仲間に, 秘密を, 者に

3 [25件] がある, が入っ, ことは, ような, ように, チンピラ別働隊の, チンピラ隊の, 一人が, 一行が, 中で, 中でも, 仲間の, 前に, 同志たちも, 団長だ, 席に, 手を, 方で, 方へ, 歌を, 生活を, 組織を, 者が, 連中の, 顧問に

2 [66件] あとを, おねえさま, おもな, こと, ことを, ための, なかでは, なかま, ひとりが, まん中へ, ものが, ものは, やうに, トッテンカン, バッジを, 一党を, 一味の, 一員である, 一行五名は, 七つ道具とは, 三人は, 中は, 中へ, 事を, 井上少年と, 人数が, 入れたの, 内情を, 別働隊で, 匪徒や, 名は, 名を, 団員だ, 団員だった, 団員で, 団員でした, 団員な, 団長が, 団長であった, 団長と, 団長に, 団長の, 場合は, 天幕の, 子どもが, 小林団長に, 少年と, 時代であった, 最後の, 楽長に, 楽隊の, 正体を, 活躍が, 演奏が, 演奏を, 為に, 男女が, 発会式に, 組合せで, 者は, 花形と, 襲来によって, 誰かを, 諸君だ, 連中も, 集まりが

1 [748件 抜粋] あつた, ありかを, いくつかは, いづれかによる, いなかったこと, うたって, おっちゃんが, おつきあい, かたです, かたね, からだの, が, がコロムビア, がビクター, が良い, が評判, くずれであったこと, けなげな, これまでの, ごとしと, しわざ, すみっこでこそこそ, ため山の, だれかが, とコロムビア, どこかに, どよめく生き方, なかでも, なかにも, なだれが, は, は絹糸, ひとたちが, ひとりである, ひとり小玉君の, ふところには, ほうで, ほうも, ほら穴は, ほら穴へ, まん中に, まん中において, みなさんほんとうに, みんなにも, めくるめき, もある, ものだ, ものです, やつらが, やつらは, ゆだ, よびこです, を第, イデオロギーだ, カバンなどが, コロムビア・レコード, ソプラノ花形の, チャリネな, チンピラどもも, チンピラ隊です, チンピラ隊員な, テノール歌手を, テントに, テントの, トラ十の, トロ押しが, バッジで, バッジです, パンフレットを, ビクターを, ファットマンの, ペペ公と, ボートが, ポケット小僧が, マッサージ師が, マッチ男の, マロン博士一行の, モーツァルトが, ラッパが, ラッパ手林平さんは, レコードが, レコードで, ヴァイオリニストの, 一つの, 一人, 一人であった, 一人として, 一人の, 一味で, 一味です, 一味として, 一味な, 一味徒党という, 一員たる, 一員で, 一員としては, 一員や, 一団が, 一少女だった, 一行で, 一行に, 一行も, 一角と, 一角に, 七つ道具は, 三つや, 三人の, 三十人の, 三少年の, 上で, 不在に, 不平も, 世話人も, 中から, 中での, 中には, 主犯です, 乗用として, 乱立などは, 予告文の, 事件五・一五事件も, 井上一郎君が, 井上君です, 交渉報告等に, 人々と, 人々に, 人々の, 人々は, 人々を, 人たちには, 人たちは, 人に, 人びとに, 人気を, 人気者に, 人達と, 仕事の, 仕事や, 仕事を, 仕業であった, 代りに, 代表者などは, 以外に, 仲間は, 仲間へ, 会合の, 体操を, 作業を, 作法を, 例に, 俗悪者は, 修院で, 偽証罪を, 兇器捜索は, 兇暴な, 先輩であった, 先頭に, 入れて, 入植する, 全員に, 全楽員, 公演が, 公葬と, 内外に, 内容を, 内部に, 写真の, 出動から, 出現する, 出迎へで, 分団長だの, 初め戦争の, 別働隊だった, 制度が, 制服を, 前で, 前を, 創立を, 力, 力を, 努力に, 動きは, 動物園で, 勝利新らしい, 勢力なり, 勢力甚だ, 勢揃え, 包囲を, 十人の, 協力の, 協力を, 口ききだけ, 台所を, 合同作業, 吉村菊雄っていう, 同志たちに, 同志五人, 同志五人それに, 同志五人である, 名が, 名で, 名折れの, 名誉の, 呪術, 味方な, 品位が, 唯一の, 喜劇の, 四人な, 団員たちは, 団員でしょう, 団員にも, 団員は, 団員章では, 団結も, 団長でした, 団長でも, 団長な, 団長なんて, 団長みた, 団長みたいに, 団長を, 団長浅沼稲次郎であります, 城, 基金に, 報告に, 場所を, 壮士札付きの, 壮麗さを, 多くは, 大事な, 大活躍, 大舞踏会, 太いステッキ, 奇門を, 奏する音楽, 契約書を, 女事務員連中, 女優に対しても, 女子部の, 奴が, 如き謙譲, 如しだ, 威力が, 威力を, 娘って, 娘な, 娘なら, 娘や, 子どもたちを, 子供が, 子供も, 学生達である, 守備兵の, 宗教が, 定期的南米巡業が, 寄合で, 密集した, 対立を, 小わっぱども, 小屋を, 小林が, 小林団長と, 小玉横光田畑の, 少女の, 少年, 少年たちです, 少年たちには, 少年たちも, 尼さんみたいな, 巣窟で, 巣窟では, 工藝と, 巧みな, 帝王で, 帰りらしい, 幕僚と, 幹事たちに, 幹事を, 幹事連中が, 幹部に, 幹部にも, 幻像が, 広告だった, 庇護を, 座員見習として, 建物は, 弁護人たちが, 弁護人を, 張り切った良, 強化までが, 影も, 役員を, 彼らも, 必要など, 思いも, 思想やが, 性格には, 性質を, 恥辱です, 悪感は, 悲劇が, 成立は, 成立以後日本に対する, 或る, 手なみを, 手先と, 手頃な, 拍手の, 指令が, 指揮を, 指揮官です, 指揮者に, 捜査が, 探偵長春木少年だった, 探索に, 支持者で, 改札口から, 敗北に, 教師に, 数百の, 敵に, 方たち, 方に, 方は, 方も, 旅人が, 旗揚げ新劇雑誌の, 智恵袋と, 暴雨風の, 曾呂利青年と, 最高表彰である, 有力な, 有志が, 服装は, 本体である, 本拠まで, 本拠を, 本部が, 本部は, 枯淡な, 楽天坊主よ, 楽屋裏だった, 楽屋裏における, 模範青年は, 歌, 歓心を, 正体が, 正直な, 正面衝突です, 歴史, 歴史を, 決意を, 没落と, 活動は, 消息であった, 渡来以前に, 演出に, 演奏に, 演奏室に, 火と, 火事には, 火焔と, 熱狂ぶりを, 爆破事件以来大, 片隅の, 猛訓練, 班長を, 理想と, 理論家は, 生き残り組の, 生き残り者である, 用事で, 用船だった, 男が, 男たちの, 男たちは, 男四人と, 町廻りかな, 発意で, 発生を, 監視を, 目じる, 真ん中へ, 真似を, 真相を, 眼を, 知らせが, 研究題目にも, 秘密が, 秘密という, 秩序の, 秩序を, 移動は, 稽古場, 突貫戦法は, 立ち見を, 第一ヴァイオリニスト, 第一歩が, 第二号礼式, 管弦楽は, 精神な, 精華と, 組合せは, 組織が, 結成, 結束では, 綱上踊子だ, 緊張が, 繊細な, 美である, 考案に, 者です, 職工だって, 職工など, 肝いりで, 背後で, 脅迫状の, 臨時雇の, 自動車を, 興行を, 舞台へ, 舞輪へ, 花として, 花形だって, 花形として, 若い男女たち, 草分時代, 荷物を, 血まみれ武者は, 行った殺人行為, 行列は, 行動が, 衣裳や, 袋の, 襲撃を, 襲来を, 要素として, 覆面を, 規則だ, 規則でした, 観光茶会が, 解散を, 記章じゃ, 記章の, 話, 話と, 誠意の, 誰彼が, 調馬師兄弟は, 諸君, 諸員, 警報班を, 豪華絢爛に, 豹吉とも, 豹吉へ, 責任と, 足もとまで, 踊り子あがりで, 軍兵は, 送られる価うち, 連中, 連中だ, 連中とは, 連中に, 進退を, 遊び場所だった, 運営そのものが, 過ちでは, 道へと, 道義的憤怒を, 部屋に, 重厚な, 重立った人々, 野蛮な, 銀章大きな, 銀色の, 長と, 長老長野国助, 間に, 関係で, 陰謀は, 隠語の, 集まりなど, 集りなどで, 集合が, 集合時間に, 雰囲気を, 青年たちや, 頭目に, 飢えたるライオン, 首領は, 首領も, 馬蹄に, 馬鹿どもが, 騎士で, 騎士と, 黒川という, 龍太に, 龍太を

▼ 団十郎~ (564, 12.6%)

8 の, や菊五郎 6 の部屋 5 が, である, の活歴, の首, も菊五郎

4 [11件] が死んだ, と菊五郎, のお, のため, のよう, の寿海老人, の舞台, の芝居, の門, の門下, はその

3 が勤める, の八重垣姫, の家, の方, の死, の源蔵, の関兵衛, はこの, も出勤

2 [32件] が京都, が舞台, であると, と左団次, と顔, に紹介, の一座, の候補者, の前, の勧進帳, の声色, の大口屋暁雨, の孫, の定光, の岩藤, の崋山, の弁慶, の書いた, の河内山, の熊谷, の相手, の知盛, の自宅, の芸, の重盛, の顔, はわたし, は一番目, は今度, は景清, や左団次, を贔屓

1 [382件] いよいよ危篤, から出た, から破門, がお, がこうした, がこれ, がそれ, がちょい, がどんな, がなぜ, がなほ健やか, がまず, がまだ, がわざわざ, がインフルエンザ, が一流, が一興行, が上, が久しぶり, が五万円, が井侯, が亡くなつた, が人, が例, が健康, が児雷也, が出動, が出勤, が初代, が創意, が助, が勤め, が原作, が善六, が大, が大阪梅田, が女舞, が娘形, が安宅ヲシテ, が将, が少し, が尻, が工藤, が市川宗家, が座頭, が悪い, が感, が拾い上げ, が改名, が斎藤内蔵, が日本随市川, が板額, が歌舞伎座, が死に, が求, が活歴物, が海老蔵, が清正, が演じはじめ, が生き, が眼, が福地桜痴居士, が羅馬法王, が羽織袴, が自刃, が見たい見たい, が贔屓, が頭, そのままであった, その人, その外, たるところ, だ, だって高田さん, だの, だの蝦十郎, だろうが, だろうと, であった, であったため, であるとまでに, でした, です, では, でも菊五郎, で小, で白酒売り, で舞台, という意味, とか海老蔵, とか菊五郎, とが年, として初めて, とてもやはり忙し, とでは恐らく, とに挨拶, とは較べ, とは遠い, ともあるべき, ともかね, と一つ舞台, と三津五郎, と上方くだり, と云った, と五代目菊五郎, と同じ, と呼ばれ, と囃され, と浮世絵, と相, と称, と芝翫, などの顔, において既に, にかぎらず, にこんな, にたのむ, になりました, になる, には自分, にも認められ, によって相当, によるの, に何, に名人, に対してすこぶる, に対するわたし, に対する一種, に対抗, に次い, に比せん, に比べる, に話し, に跟, のいき, のいわゆる, のおも, のからだ, のこと, のこの, のする, のたった, のみを責める, のやう, の一世一代, の一人舞台, の丈助, の上杉謙信, の与, の与三郎, の世, の九紋竜史進, の九紋龍史進, の事, の五右衛門, の人格, の代々, の仮, の仲光, の似顔, の俳名団洲, の傍, の兄, の光圀, の光秀, の児雷也, の円朝物, の写真, の出し物, の出る, の出勤, の初代, の別荘, の創意, の助六, の勝元, の化粧, の又, の口, の句, の台詞, の向井将監, の命, の善六, の噂, の国姓爺, の墓, の大阪, の大阪行き, の好評, の如き, の妹, の定高, の実弟, の実父海老蔵, の宮内, の将軍太郎良門, の帰った, の幸兵衛, の幻影, の幼稚, の弟子, の弟新之助, の彦七, の心境, の恥, の所謂一世一代名残狂言, の手廻り, の扮, の技芸, の招き, の振附け, の文, の文覚, の旧宅, の春日局, の春藤次郎右衛門, の景清, の書, の柄, の樋口, の模倣者, の模様, の此, の武部源蔵, の気持ち, の水戸黄門, の渋い, の渡辺崋山, の演じた, の為, の犬山道節, の由良之助, の矢張り盗賊, の矢間重太郎, の石像, の石田局, の秀吉, の稽古座, の筆蹟, の緑青, の膝, の自作, の芸風, の荒事, の親, の評判, の談話, の諒解, の負担, の赤松満祐, の連詞, の遠藤盛遠, の邸, の銅像, の錯誤, の雅号, の養父, の高時, の鷺娘, の黒主, はあくまでも, はあの, はいい出した, はいった, はきょう, はこう, はさすが, はたしかに, はともあれ, ははつきり意識, はふたたび, はまた, はむしろ, はむっつり, はむろん, はやはり, はニコライ, は三十三年, は中幕, は久しぶり, は二回, は京都花見小路, は人格, は何, は何気なく, は傲慢, は兎角, は冷やか, は北条高時, は十八番, は単に, は即, は口上, は向井将監, は壬子, は大層, は大阪, は大鳥公使, は天保九年, は女形, は宿望, は小中村清矩, は引きつづき, は彼, は心から, は憤慨, は押, は早く, は明治三十六年九月, は暑中, は格別, は桜痴居士, は歌舞伎十八番, は正成戦死, は此問題, は水戸黄門, は決して, は滅多, は煙草, は父, は特に, は由良之助, は病気, は笑っ, は芸, は若衆, は菊五郎, は行きかかる, は見た, は赤松満祐, は軽く, は進取的, は遂に, は門下, は鼻下長, もうまい, もしきりに, もそれ, もひどく, も三十歳, も加わっ, も巧, も急い, も手, も楽屋, も気, も気の毒そう, も没し, も生き, も舌, も迷惑, や五代目瀬川菊之丞, や市村羽左衛門, や福助, よりは複雑, よりも重い, らしいよう, をうしなった, をお伴, をきめこんだ, をたった, をはじめ, をやっ, を凌がう, を売, を師匠, を座頭, を愛し, を模倣, を真似, を筆頭, を襲ぐのか, を襲名, を除き, を青山墓地, 乗込み二興行, 元祖宗十郎ら出, 副頭取, 即ち海老蔵, 去後, 見しゃいな

▼ 団~ (252, 5.6%)

54 指揮した 12 指揮し 10 組織し 3 組織する 2 バルビロリの, 作って, 引見し, 指揮する, 求める, 率いて, 相手に, 送ること

1 [157件] あやなすこと, あれ程に, うまくごまかす, おくった, おびきよせからかったり, お逃げ, かばいたかったの, からかった, こしら, こしらえて, こらしめる手段, ご存じでない, しいてゆみず, して, たずねて, つくって, つくり鉄砲, つくるん, つけて, つらぬき統一, どぶり, どんどん併合, なしてる人々, なす, なすやう, ひっ捕えようと, ほろぼします, まとめると, まわりから, まん中に, むこうに, イタリーは, コッポラの, コーツの, シュタインベルヒの, スーザーが, セールの, チョビ安ひとりで, バックとして, ブレッヒの, ボールトの, マドリッドへ, リードした, 一掃しよう, 中に, 中心に, 二陣三陣と, 作ったの, 作つて遊び狂つて居る, 作りうろ, 作り乍ら, 作り戦争中, 作るについて, 使つても, 俊夫君の, 保つの, 先頭に, 入れると, 入れ内部, 共産農団に, 内地へ, 出がけ, 出ると, 出発させる, 切要する, 前に, 剿滅し, 包んだまま急, 卒業した, 友人某が, 召集し, 名乗って, 地上から, 城の, 容れること, 富ませ働く者, 対立させる, 屯させ, 廃する事, 形づくつた, 形成し, 形成した, 形成する, 形造るで, 得て, 心から歓迎, 応接室へ, 応援しろ, 思わせた, 意味する, 成したの, 抜け出すつもり, 招待し, 挙げて, 掛けて, 探しても, 推すべきであろう, 支配する, 放下して, 整え十字軍, 敷いて, 敷き換, 敷き毛布, 敷詰め壁には, 本質的に, 案内し, 歓迎し, 求めて, 派遣し, 浅草雷門に, 湊海岸に, 激励し, 爆破する, 目がけて, 真先に, 眺めた, 筆頭に, 組織した, 結んで, 結成し, 結成しよう, 統率し, 統率する, 総動員し, 編成し, 縫わなければ, 脅かすため, 装いて, 見られるなども, 見付けて, 見物し, 見物に, 見送った足, 計画し, 訪い団長バード, 認めたと, 買うため, 起し浅草公園, 迎えて, 追いまわして, 追い越した, 追跡し, 送って, 逃げ出されないよう, 逃げ出す覚悟, 造りつ, 選ぶという, 釈放せよ, 金網に, 集めれば, 離れる作者, 離れ碁盤, 非道い, 飛ばせて, 飛び出したん, 飛び出して, 飛び出す時

▼ 団~ (239, 5.3%)

3 組織され 2 あって, 入れて, 出て, 勝利を, 来て, 破れ個性, 組織された

1 [222件] あった, ありました, ある, あろうか, いつか夜警団と, いまニューヨーク郊外の, いるな, いろんな作品, おかれて, かしこくても, かなり入れ, がっちりし, きた時文部省, きみ一人の, この両, この問題, この怪事件, これはと, これへ, こんなにも大勢, しばしば参加, すばらしい働き, それを, そんなにうらまれる, ぞろぞろと, できあがった, どうやら復活, どこに, のべつまく, のぼって, ふかい関係, ふるとともに, まきちらしながら, また奏楽, まちぶせして, まつさ, めいめいの, もう待ちかね, やって来て, やられたの, やられる時, やる仕事, クリストシャルの, ケチケチする, シンジケートを, セーラムを, デーツコエ・セローの, トランクの, ドイツへ, ドッと, ニューヨークについて, ヒシヒシと, ボートに, メリー号を, リヒャルト・ストラウス作の, ルール関門を, 一と, 一人も, 一人残らず, 三四人ずつ, 三鷹事件の, 中国を, 主体と, 争議破りに, 事務所を, 二つ三つ挙げられた, 京都へ, 今なほこの, 今の, 今度亜米利加作家某の, 今度東京へ, 今後うまく, 今暁二時一大音響とともに, 今朝現地へ, 今研究, 他へ, 仮屋を, 何か, 何です, 兇悪無残の, 先ず徐々に動き出した, 入選した, 全部揃いで, 公演され, 兵庫生田方面へ, 其だ, 其処からも, 再びそれぞれ, 再び更生, 冷, 出来その, 出来た, 出来上る, 出発した, 分裂し, 力む, 加わったので, 動いたと, 勝ちました, 勝ったの, 卓越し, 単に選手, 危険を, 各, 吹き鳴らす金色, 四方八方に, 国歌を, 地球人類では, 外国の, 外来語なる, 夜も, 大そう, 大坂港へ, 大衆と共に, 奥多摩の, 存在し, 学生らしい, 安土について, 官憲や, 客に, 宮殿の, 家茂将軍警護の, 富田氏へ, 小袋ヶ岡へ, 居ると, 山神信仰時代に, 市長の, 幾団に, 序開きの, 引きあげると, 形成された, 役に立たないと, 彼の, 彼等に, 必要である, 成立する, 戦争の, 指揮すべき, 控えて, 撒いたという, 敵な, 文化祭を, 旅の, 日なたぼっこし, 昨年から, 暴れ込んで, 更生した, 望まれる, 期待する, 来たとか, 来た場合, 来ると, 来るとか, 来る筈, 来朝し, 東京へ, 某軍部閣僚, 案内し, 案内者の, 検挙されました, 楽団を, 横行した, 歌を, 歩いて, 死力を, 毎週催す, 決して野球, 活動を, 活溌な, 活躍を, 派遣される, 演奏する, 火星人である, 烏林赤壁に, 無線電信で, 牛耳る文化祭, 特高と, 現れた, 生れるかも, 疾走し, 発するエンジン, 発見され, 監室に, 真っ黒に, 真赤な, 砂地を, 私たちに, 網を, 総出に, 総出にて, 繰出して, 腹を, 自首し, 自首した, 芝田さんの, 若い連中, 蒙りまする損害, 行って, 行動を, 見えて, 見はって, 見はり, 視察に, 解散する, 認められる, 警視庁に, 貧弱に, 逮捕せられた, 過般渡米した, 道路の, 録音し, 長靴を, 陸続と, 集められた, 電話を, 音楽祭を, 颯々たる, 飛行し, 首相官邸へ, 駐在巡査の, 黄金の, 鼻の

▼ 団~ (219, 4.9%)

6 のひとり 4 でした, の中

2 [14件] がい, ががんばっ, だと, であること, ですから, なの, のだれ, のところ, のなか, の木下君, の言葉, の記章, もこの, を引きつれ

1 [177件] あわせて, かっ, かね, から団長, から袋だたき, か何, が, がいつも, がいる, がおしまい, がおなじく, がきょとん, がこの, がこれから, がこんな, がその, がふたり, がまだ, がめんくらった, がイス, がワイワイ, が一町, が三人, が事務所, が出, が出番, が口, が喇叭, が園井君, が夜間婦人, が大, が大きな, が大勢, が実は, が尾行, が島, が引上げ, が後日, が復唱, が息, が暗やみ, が注意, が監視, が立ちならん, が胸, が見れ, が長, が飛ん, だ, だけあっ, だけだった, だけでなく, だけの秘密, だったの, だったので, だという, だよ, であった, である, である井上君, です, でなかつたこと, でもあろう, で中学一年, で小学校六年生, という文明的, とが輪, としての手当, としての挨拶, として日本, として毎月化粧料三十円, とで見はっ, とチンピラ隊, とチンピラ隊十七人, とチンピラ隊員, と七人, と三人, と村, なので, なん, にし, にてカルロ・ナイン嬢, にはお化け, にもにあわない, に両手, に伝え, に激励演説, に縛りあげられ, に間取り, の, のあと, のある, のうしろ, のからだ, のきば, のこと, のぜんぶ, のノロちゃん, の一人, の七つ道具, の井上一郎君, の友だち, の変装, の姿, の少年, の川瀬, の当り祝ひ, の御飯, の最長期間, の服装, の死傷数十名, の気に入らない, の玉村銀一君, の男たち, の競技, の笑話, の群集, の耳, の覆面, の証拠, の誰か, の警戒, の連絡場所, の釈放, はいつも, はきっと, はこの, はその, はどんな, はなるべく, はへん, はみんな, はみんな電信, はもとより, はクマ, はハッ, は一, は一人, は二十三人, は今, は制服, は十人, は声, は将校団, は彼女, は怪しく, は懐中電灯, は握手, は日ごろ, は明智探偵事務所, は某, ばかりでなく, へのふくしゅう, もしくはその, もその, もみんな自動車, も名刺, も実に, も朝, も護衛艦隊, やチンピラ隊, やボーイスカウト, や在郷軍人, や村会議員, や見物たち, をいじめたい, をひどい, をよび集めました, をよび集める, をジロジロ, を五人, を指揮, を殺し, を物色中, を皆殺し, を苦しめる, を返そう

▼ 団~ (203, 4.5%)

2 さすがに, 何の, 彼らの, 民衆への, 鞭毛を

1 [193件] あたかも妨害, あなた方であります, あまりの, あらかじめそれ, いかにも豊麗, いったい何, いつか魔法博士という, いよいよ活動, いわば中産階級, く, こういうあやしい, こういうもの, こちらです, このことごとく, この人, この日, この緊張, これから満足, さいしょから, さながらその, さながら和蘭風, しずしずと, すでに潮, そこで課長, そこにも, そこの, そのじゃま, その小屋掛け, その甲虫, その間から, それっきりで, それで, それで英濠間, それに, それら共和派の, とくに目立っ, どうした, どうやら正体, どう思っ, どっかへ, どのよう, どんな仕事, なかなかに, なまいき, のろのろ往来, ふしぎな, ふたたび中国, まだまだメキシコ, みずから演奏してる, みんな針助の, もうじっとし, もうひとつ, もう手, もう決死, やがて公然と, やがて西欧全体, アムステルダムの, セルフガードを, ドラマとしてよりも, ハイドン・ソサエティの, フランス流に, マルセーユの, メキシコで, メリー号の, メンデンホールフェノロサリーランド及び, モーツァルトを, ロンドン・フィルハーモニック, 一ダースも, 一九四七年七月日本に, 一層その, 一斉に, 三江を, 上手だった, 不変化, 主に, 之を, 二人の, 二百組も, 人を, 今度は, 今日の, 今晩の, 何かを, 何者を, 俄然強く, 倉庫を, 個性への, 停車場から, 停車場の, 元気の, 全き, 公平に, 共同研究を, 再び旅興行, 出来上つたの, 到る処, 勝って, 十月革命から, 千フランの, 単なる社会層, 叫ぶ, 司法権を, 同志五人であります, 命令一下まっ, 喧嘩に, 四人ずつ, 国の, 国防精神によって, 大挙し, 夫, 女には, 女史達で, 好かった, 富田氏の, 小学校の, 小樽の, 屠殺し合い, 岐阜まで, 川の, 工藝によって, 幾日か, 引きあげた, 強剛不壊, 徒に, 怒った蜂の巣, 思わず前, 戸ごとの, 手に, 放れて, 救いである, 救いな, 敷きっ放し, 文部省に対する, 施与を, 日本じゅうまわる, 日本に, 日本中は, 日英の, 早や, 時として分裂, 時間を, 有名な, 東交幹部四十五名の, 東京あたりか, 林の, 楽屋を, 権威である, 横浜の, 気が, 気の毒にも, 泰山の, 活ける力, 活気づいた, 海部伝来の, 消えたが, 渦巻きながら, 猛然として, 理念である, 理法である, 生田の, 町から, 皆さんに, 相愛が, 私の, 秩序ある, 第四回公判, 糸子の, 純然たる, 結合な, 総出で, 職場以外の, 自ら正しい, 船員達に, 英国の, 解散し, 講演四ヵ所で, 賑やかに, 赴援に, 超個人的, 近代的な, 逃げは, 長嶋を, 間もなく今日, 間違いを, 雑木林の, 雷洋丸, 青年団らしく, 面白そう, 革命第, 高橋賢二という, 鬼が, 魔術師だ, MMM団と

▼ 団~ (195, 4.3%)

4 の久我 3 が出る, である, の弟子

2 [11件] と提携, のお父さん, のため, の伊賀, の富樫, の渥美五郎, の知盛, の花和尚魯智, の芸, は勿論, を語る

1 [160件] おとろえいわゆる, から以下, か先代訥子, がまだ, がゆるやか, が一同, が前髪, が前髪立, が前髪立ち, が寿三郎, が岡本綺堂, が座頭, が悪, が持主, が明治四十二年, が昨, が書出し, が最も, が来, が松蔦, が歌舞伎, が源七, が演じた, が自由劇場, が舞台, が若い, が行つて, が鋳掛松, そっくりの, だけはあの, だってよっぽど, であった, であったらしい, であろうあの, という人, とかはるこ, とか勘弥, とも関係, とを本尊, と云, と六代目, と共に仏蘭西, と小山内薫, と猿之助, と秀調, と自由劇場, なぞと同じ, などの座附俳優, なども聡明, など間, にはなまじ, によって実現, に似, に出来, に対する同情, の, のうしろ, のお, のかうした, のため劇化, のひとり天下, のやう, のシナ人, の一座, の三浦荒次郎, の丸橋忠弥初演, の事業, の今日, の伊達安芸, の会, の伯父さん, の佐野次郎左衛門, の修禅寺物語, の兄, の出しもの, の出し物, の力, の十三回忌, の千太, の半, の協作, の口跡, の和田兵衛, の嘉村宇田右衛門, の場合, の声色, の夜叉王, の大岡越前守, の大川友右衛門好評, の女房, の市之丞, の弟, の悪, の悪僧剛寂, の感化, の抱いた, の改革案, の改革興行直前, の新富町, の旗揚げ, の松島千太, の桐一葉, の楽屋, の死んだ, の永遠, の活気, の浅川, の源七, の演技, の演技次第, の無明, の細君, の綱, の芝居, の菅丞相, の衰老, の評判, の足跡, の遺子莚升, の配り, の金子市, の長英, の高野長英, の鬼小島弥太郎, の鱶七, はこの, はその, はアンポンタン, は先代以来, は前, は多く, は已に, は彼, は東京座, は浅草座, は源三位頼政, は見た, もこの, もとうとう, もやがて, も亡父, も同様, も舞台, やその, や吉右衛門, や松蔦, や羽左衛門, や高助, よりは本役, よりは此頃, より三浦, を中心, を凌ぐ, を加えたる, を始め, を彼, を狙っ, を襲名, 死す六十三歳, 病む

▼ 団~ (177, 3.9%)

7 なって 6 加わって 3 関係し 2 すぎないよう, 交って, 向って, 属して, 関したもの

1 [151件] あてたもの, あてた遺書, あると, いざという, いたお, いたこと, いたでは, いたとき, いたヤス, いた偽, いる頃, うつる時, お伽の, かたまり二人, くるまえ, くるまつたやう, くわわったの, こしらえ上げたの, このこと, この少年, これからはいる, さらわれたあの, したかつたの, して, してからが, ちがいありません, ちがいない, つかまって, です, とりかこまれたと, とりこに, とりもどされるかも, どうしても一度, なぞらへて, なだれ込んで, なつて, なつてる, のぞみたい, はいったかと, はいっただけ, はいったの, はいったばかり, はいりたいの, ぶつかって, みつかるしんぱい, やくそくする明日九時, よくあった, わかれ曹操, 五六人の, 五十円寄附した, 五百万円という, 仇討ち, 今求められる, 仕事を, 仲間入り出来ない, 会う機会, 作らせ水上, 供奉された, 依托, 俺も, 働きかけられた, 充分な, 先回りを, 入り失明, 入り細々, 入る前, 入れて, 出動準備を, 分けると, 分れて, 加つてひとりで, 加つて序でに, 加つて横浜に, 加つて武三を, 加へたと, 加わった小野塚伊織, 加わりその, 加わり七八年, 加わるの, 加入した, 取囲まれたまま, 合図を, 向けられた理由, 団長と, 売りとばすか, 存在した, 学生が, 安心し, 定まれば, 対峙し, 対抗すべく, 対比し, 就いても, 居ると, 属する, 属するすべて, 属する凡て, 左右せられ, 彼らに, 御座候ひき, 御馳走し, 必要な, 忍びよった何, 悪い事, 成つて居, 手が, 打撃を, 投じ度, 抗議を, 抱くこと, 救わるる自ら, 新しい講堂, 於ける英国, 於て, 来て, 正一君と, 比島敗戦の, 気を, 準備を, 獅子の, 生れ落ちて, 発生し, 白い土砂ぼこり, 白昼攫われ, 相違ない, 知らせた, 知恵くらべ, 移って, 移る, 絶えず接触, 罪を, 育った彼, 自宅の, 致命的の, 見つけられは, 見まがう夜光虫, 見事な, 規定せられる, 護送され, 責め殺された事, 迫られては, 過ぎぬと, 配布され, 関係ありません, 限って, 限る, 集まる, 集る, 非ず, 頭を, 頼み込んで

▼ 団~ (129, 2.9%)

53 でした, のほう 2 が, と今, の, の家, の父親, の話, はうなずい

1 [104件] がこう, がこそこそ, がそんな, がニヤリ, が一杯, が元気, が十八円, が君枝, が寄席, が役変, が歯磨き, が盛ん, が示し, が見舞い, が角芝居, が言い出した, が言う, が飲ん, こそは寝食, だつた, であると, といい, という落語家, とした, とすっかり, とへべれけ, とよんで, とをよそ, と云つて, と顔, と鴈次郎, などは紅い, などもあの, などもその, に似, に声, のいい, のこと, のほか, のやう, のよう, の上, の兄弟子, の全貌, の古, の可笑し, の場合, の女房役, の奴, の師匠, の年, の引き立て, の後ろ, の方, の生活全体, の舞台, の落語, の言葉, の贔屓, の面目躍如, の顔, の顔じゅう睨み, はいつ, はおしまい, はがっかり, はさ, はまだまだ, は今, は伯鶴, は初代二代とも, は別, は卑屈, は岡村, は微笑ん, は必ず, は故, は歯磨缶, は泣いた, は浮世丸, は競馬, は笑いだした, は笑った, は落語, は言った, は訊ねた, は金沢, は高座, へは何十年, へ細々, もほろり, も亦, も今夜, も僅, も助, も頭, やたちまち, やろ, や助, や相場師, をし, をつけ, を聞き, 最も得意, 笑って

▼ 団~ (126, 2.8%)

10 なって 5 チンピラ隊の 2 いえば, いっしょに, ダラク書生, チンピラ隊ばん, 一緒に, 云うの, 呼ぶの, 政治の

1 [95件] あった, あって, あるが, いうので, いうよりも, いわず女子供, いわれた陳立夫陳果夫, その背後, なした鞏固, なった, なったので, なった訳, なつた, なり寄せ手, なり此処, なり表門, なる, まぎらわしいもの, よびならわして, わが世界代表, ウィーン, ウィーン国立歌劇場合唱団を, ケル, サム, シャンピ, チンピラ別働隊だ, チンピラ隊とが, デモンストレーションとの, ドゥレーパー, ドゥレーパーの, ドリヴェラのが, パリ交響楽団を, ブッシュ四重奏団と, ブルノ・キッテル合唱団を, ベリスンの, ベルリン・フィルハーモニック管弦団だ, ベルリン国立歌劇場管弦団を, ベンジャミン・グッドマンの, ホブディのが, レナー弦楽四重奏団の, レベルト夫人, ロンドン交響管弦団を, ヴラソフ合唱団を, 一応見る, 一隊の, 中世乃至, 云う結社, 云えば, 云って, 会見を, 作家団との, 分かれて, 切っても, 匹敵する, 協力し, 合唱団は, 合唱団を, 同じく鋒, 同じ名, 名付け主として, 呼ぶ, 呼応し, 土一揆との, 外国軍艦から, 婦人会の, 婦人団体の, 慶応の, 戦う, 手を, 技術団とが, 捕り手, 支那人紡績の, 改称された, 政友会との, 政治という, 明大学生自治運動の, 明大自治運動との, 書いた提灯, 武士団との, 町役場との, 留置場の, 私との, 称しいつも, 称して, 管弦団が, 結托する, 見える一隊, 試合に, 認められて, 資本家と, 青年会の, 革命的農民との, 鮮血とが, 黄血社の, 黒い砲弾

▼ 団~ (43, 1.0%)

2 なければ

1 [41件] あるが, かりだされる, ぎっしりの, この白蓮会, これで, これア一もめもめる, その一, できるだけの, なにも, もとの, トラックに, ユーモアを, ライオンの, 一緒に, 出張し, 協力を, 南カロライナ州マサチュウセッツ州ニューヨーク州の, 各工場, 合唱団も, 和紙の, 嗚呼徹宵看護, 封建制の, 居らんはず, 工藝に, 引きあげかけた, 戦時には, 敵機の, 料金の, 来て, 歌い手も, 気勢が, 水を, 申し分なく, 発達しはじめた, 組織された, 総帥の, 艦隊も, 誇りと, 賛成される, 逃げて, 随分相場

▼ 団という~ (35, 0.8%)

7 のは 4 ものが 3 ものは 2 ことに, のが, 団体が

1 [15件] ところに, ふうに, ものに, ものについて, ものを, やつが, ような, 一座で, 三つの, 厖大な, 名を, 名前が, 意味を, 話を, 風に

▼ 団~ (34, 0.8%)

2 入って

1 [32件] いえば, いちばんの, いっしょに, うたつ, だから数頭, ぼくを, ウィーンの, キャッキャッ団と, ポリドールにも, マチアの, リンピイ・リンプの, 一番つらかっ, 会議を, 入れたの, 入れた後, 団, 尾行の, 慣れて, 懇談会を, 支那へ, 曾呂利本馬と, 毎週の, 無頼漢どもが, 焼け出されたため, 眠つた, 知り合いに, 空中サーカスと, 練習し, 自ら補充した, 見る小犬, 豪いスリ, 間に合いましたが

▼ 団から~ (29, 0.6%)

2 脱け, 避難者に対して

1 [25件] こっちに, このよう, ぶんどった電気鳩, ぽつりとは, シャンメエレといふ, ショスタコヴィッチの, パンフレットを, 不安に, 何か, 剣術道具を, 抜かれニヴェル, 時間を, 暴露され, 桜島に, 矢の, 立候補する, 見えぬその, 誰か, 貰った金, 足を, 逃げ出して, 除名する, 離れた光りと, 離れて, 青蛇団の

▼ 団員たち~ (27, 0.6%)

2 もその

1 [25件] から, が出発, が熱中, が見た, が見はっ, ととっ組みあい, にじゅうぶん, に知れわたっ, の身, の顔, は, はうち, はこわく, はなに, ははしご, はひとりひとり, はみんなまんなか, はみんな小型, は仲間, は小林団長, は日ごろ, は深, もすこし, を他, を集め

▼ 団~ (26, 0.6%)

3 チンピラ隊を 2 小学校の

1 [21件] その他の, 中学生だ, 佐世保通信隊や, 先輩団が, 劇団は, 在郷軍人と, 在郷軍人の, 安オペラ, 小学生の, 少年団の, 指揮者や, 新聞関係にも, 旗を, 日本の, 村長は, 江東の, 消防組が, 消防組員は, 避難民で, 青年団やの, 青訓生

▼ 団~ (26, 0.6%)

2 と呼ばれた, の名

1 [22件] だって歌舞伎座, で売っ, で通る, という異名, とおなじ, として世, とは下谷, とよび, と呼ばれ, と呼ばれる, と謳, と謳われた, なんて嫌, に教, に模, の光秀菊五郎春永, の室, の法眼, の目玉, の芝居, は団十郎, を見

▼ 団右衛門~ (25, 0.6%)

2 のよう

1 [23件] から金, が不びん, が城内, が松, が真っ, が蜂須賀隊, そのほか御宿万兵衛, という分限者, といったよう, とが乗込ん, と松田九郎兵衛, にゆかり, の妾宅, の愛妾, の手の者, の父, の組, は健気, は度, は打, ほどの侍, も名代, も定めし

▼ 団~ (22, 0.5%)

1 [22件] から, から名題役者, がふと, が凱旋将軍, が許し, こそは武人, じゃ, とな, と大坪流, と見えた, と言, ならぬ古高, にとつて, のあと, のやう, の両, の医者久庵, の禄, は父歌六, は連銭葦毛, めがけて, を狙った

▼ 団~ (21, 0.5%)

4 両優 3 の歿後 2 の両

1 [12件] が顔, として掉尾, に次ぐ, の死, の相手, の相手役, の立腹, の舞台, の顔, は前年, も彼, 逝き左団次

▼ 団次一座~ (20, 0.4%)

4 が出演 2 が麻布

1 [14件] があれ, が乗込ん, が開場, であった, に修業, に先代猿之助, に入, に時蔵, に芝翫, のかうした, のため, の座附, の芸, を出演

▼ 団~ (20, 0.4%)

2 と改名, の舞台

1 [16件] がかへつて, がこれ, それから田舎, と云った, と権十郎, のよう, の世にも, の仁木, の俤, の像, の師直, の当り狂言, の末年, の自来, は七代目団蔵追善供養, 死す七十六歳

▼ 団~ (19, 0.4%)

1 [19件] かえってきます, かけつけたん, もう一度雇われたい, わあっと, 五百万円の, 交渉し, 仕事に, 働きに, 入って, 入りたいん, 出かけたっきり, 合図を, 四重奏曲の, 売った, 必死と, 派遣され, 突き入れ, 行かうと, 貸切と

▼ 団九郎~ (18, 0.4%)

2 に関係, の坐禅諷経, の意外, はかく, は山門, は閑山寺, も彫像 1 で名前, といふ狐, と云, と言い

▼ 団では~ (16, 0.4%)

2 なくて

1 [14件] いちばん力の, この間帰っ, この頃, とても手, ない, ないけれど, ないと, ないという, また今朝, 大杉を, 更にこの, 殆ん, 田代金兵衛の, 警報班長の

▼ 団~ (13, 0.3%)

2

1 [11件] からね, からわし, がイギリス, つたと, つて, というの, という風, とかレビュー, とする, よ, んと

▼ 団には~ (12, 0.3%)

5 いって 1 加入しない, 愛想を, 書類も, 漏れなく聞こえるその, 粋の, 結びかねたる, 電気の

▼ 団菊左~ (12, 0.3%)

2 の諸 1 という, というよう, と云う, と同じ, の一人, の三名優, の手, の死, の顔合わせ, を圧倒

▼ 団五郎~ (11, 0.2%)

1 [11件] がみずから, が好き, が静岡, であった, というの, という一俳優, という名, と私, なるもの, に対する記憶, は遂に

▼ 団~ (11, 0.2%)

1 [11件] であるが, といい, と名乗った, のからだ, の仲間, の判官, の膝栗毛, の顔, はぴったり, はもう, は武蔵

▼ 団~ (11, 0.2%)

1 [11件] が沢山, で東山辺, とは別個, と衝突, と見, のよう, の熱心, をつく, を作っ, を作りました, 丸い六十

▼ 団との~ (10, 0.2%)

2 会見で, 間に 1 あいだに, 知恵くらべ, 衝突は, 連絡の, 間の, 関係を

▼ 団一行~ (10, 0.2%)

1 があの, であった, に応対, の元気, の前, の遭難事件, はその, は大, をウエルカム, を迎

▼ 団三郎~ (10, 0.2%)

2 である 1 がいる, がいるなら, と云う, と称する, の兄弟, の怪談, の来, は神社

▼ 団事件~ (10, 0.2%)

3 や五・一五事件 1 が五・一五事件, だけでもない, である, に対する公判, に適用, のあと, を起した

▼ 団~ (10, 0.2%)

3 の男, を着 1 だったが, に前, のこと, を着る

▼ 団とは~ (9, 0.2%)

1 ならないまた, ゆかりは, 云え利平たち, 変な, 大変な, 思えない, 深い関係, 火星の, 鶏卵じゃと

▼ 団十郎菊五郎~ (9, 0.2%)

1 あっての, がいなく, という格, とその, などの死んだ, について語るべき, には及ばない, の相方, も一時

▼ 団なる~ (8, 0.2%)

3 ものを 2 ものが 1 ものとは, ものの, ものは

▼ 団~ (8, 0.2%)

2 のところ 1 のアトリエ, の怒号, は, はめずらしく, は畳, は青木

▼ 団福郎~ (8, 0.2%)

1 がゴリラ, が入, が師匠役, のチムパンジー, やって来た年, を一寸, を使者, 来りハリキ

▼ 団~ (8, 0.2%)

1 から脚, の恩, の風呂敷包み, もたくさん, をかじっ, を包み行き, を取出, を抛り捨て

▼ 団でも~ (7, 0.2%)

1 いまおにぎりを, この怪物, 何でも, 巨人の, 押しこんで, 指導的な, 火に関する

▼ 団とか~ (7, 0.2%)

1 いた立札, 世話人とかが, 二組とか, 云ふ, 団子とかいう, 婦人会とか, 少年団とかいう

▼ 団十郎張り~ (7, 0.2%)

1 であった, であったよう, であるという, となり, のハリ, の大きな, の張り

▼ 団からの~ (6, 0.1%)

2 申込みで 1 新人を, 果し状や, 迫害とき, 電話を

▼ 団にも~ (6, 0.1%)

1 うらみが, わかれわかれに, 入らなければ, 刈草が, 加はれ, 少し働きかけ

▼ 団ばん~ (6, 0.1%)

3 ざあい 2 ざーい 1 ざい

▼ 団七九郎兵衛~ (6, 0.1%)

1 である, の人形, の長町裏, は見たかつた, を出した, を罵る

▼ 団十郎門下~ (6, 0.1%)

1 がかつて, が出勤, で唯一人, の団福郎, の市川新蔵, の興行

▼ 団本部~ (6, 0.1%)

1 から急ぎ, で, で起る, とくっつき合っ, に引き上げる, を抜け出し

▼ 団次に~ (6, 0.1%)

1 夢中に, 彼は, 戸惑いを, 扈従し, 承知し, 比較し

▼ 団次君~ (6, 0.1%)

1 が洋行帰り, とは紅葉館, に大湊船小屋, の一座, の招待, の竜

▼ 団~ (5, 0.1%)

2 何か 1 さてはまた, なんかに, 一つ寒き

▼ 団といふ~ (5, 0.1%)

1 えらい盗賊, 一つの, 怖ろ, 言葉を, 風采である

▼ 団として~ (5, 0.1%)

1 いろいろの, 多くの, 届出するまえ, 弁護士布施辰治司会者等を, 発生し

▼ 団~ (5, 0.1%)

1 のかい, のだ, のであろう, のを, んとかいう

▼ 団によって~ (5, 0.1%)

1 一たまり, 報告された, 私たちが, 立案された, 義と

▼ 団に関する~ (5, 0.1%)

2 一提案 1 意見ほど, 福岡県知事の, 私の

▼ 団十郎ら~ (5, 0.1%)

1 がその, に接近, の数年, は人情話, も全く

▼ 団次一派~ (5, 0.1%)

1 が, が明治座, と権十郎, の俳優, の脚本

▼ 団~ (5, 0.1%)

1 である, と云い得るなら, に批判, に独立化, に観るべき

▼ 団~ (5, 0.1%)

1 が協力, の反動組織, の総動員, はいづれ, 一切の

▼ 団からは~ (4, 0.1%)

1 さらにひどい, なれて, 二名, 明日の

▼ 団などが~ (4, 0.1%)

1 やって来て, 二三百人も, 出張し, 臨時で

▼ 団などの~ (4, 0.1%)

1 主だ, 徐々の, 数は, 理窟を

▼ 団に対して~ (4, 0.1%)

1 云ひたい, 恨を, 抱く不満, 探索の

▼ 団に対する~ (4, 0.1%)

1 よい教訓, 営業妨害という, 戦争でありました, 現政府

▼ 団への~ (4, 0.1%)

1 帰依が, 所属なく, 求めは, 要求を

▼ 団~ (4, 0.1%)

1 で最も, に編入, の一人, の東交

▼ 団~ (4, 0.1%)

1 がドロン, といい, の自慢話, より十二

▼ 団十郎一座~ (4, 0.1%)

1 に加入, の劇, をまねき寄せ, を連れ

▼ 団十郎一門~ (4, 0.1%)

1 が演伎座, の受持ち, は一人, をまねい

▼ 団十郎様~ (4, 0.1%)

1 が海老蔵様, が由良之助様, の海老蔵様, の義経様

▼ 団十郎自身~ (4, 0.1%)

1 がその, が命名, はあまり, も得意

▼ 団右ヱ門~ (4, 0.1%)

3 の孫 1 のため

▼ 団坐し~ (4, 0.1%)

1 てお話, て時事, て食う, て飲食

▼ 団った~ (3, 0.1%)

2 ような 1 ように

▼ 団とが~ (3, 0.1%)

1 ヘルナー山頂に, 手を, 相前後

▼ 団へと~ (3, 0.1%)

1 結束させられ, 解体され, 進めねば

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 ておくれでない, と四季いろいろ, るの

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 に有利, の宣言, の死傷者

▼ 団全員~ (3, 0.1%)

1 が囚, に責任, を集め

▼ 団全部~ (3, 0.1%)

2 を放送 1 の責任

▼ 団兵衛~ (3, 0.1%)

1 といわれる, とかいった, とは名

▼ 団十郎菊五郎左団次~ (3, 0.1%)

1 などの座附俳優, は勿論, を始め

▼ 団右衛門直之~ (3, 0.1%)

1 はいつか天下, は樫井, は金

▼ 団員一同~ (3, 0.1%)

1 の取調べ, はジョージ少年, は私共

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 動物園で, 爆破の, 興行などと

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 と呼ぶ, は自分, 踏ましめた

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 の声, の意太棹, は蚊帳

▼ 団指揮~ (3, 0.1%)

2 で入っ 1 はバルビロリ

▼ 団時代~ (3, 0.1%)

1 に怨恨, の競争者, を舞台

▼ 団次贔屓~ (3, 0.1%)

1 の力瘤, の反感, の婆さん

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 の新, の西洋美術史, は私

▼ 団治さん~ (3, 0.1%)

1 じゃありません, そろそろ放送時間, に御

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 とそれ, とのこの, を見

▼ 団~ (3, 0.1%)

1 かき回す粉茶, はこれ, を用いた

▼ 団軍次郎~ (3, 0.1%)

1 そのほか, という者, と神保大吉

▼ 団こそは~ (2, 0.0%)

1 将来の, 私の

▼ 団その~ (2, 0.0%)

1 ことに, 歌声に

▼ 団たる~ (2, 0.0%)

1 を信ぜず, 所以は

▼ 団っていう~ (2, 0.0%)

1 のを, 会を

▼ 団であっ~ (2, 0.0%)

1 てその, て資本家

▼ 団です~ (2, 0.0%)

1 って, よ

▼ 団とかいう~ (2, 0.0%)

1 一座の, 種類の

▼ 団としての~ (2, 0.0%)

1 公演が, 移住という

▼ 団としては~ (2, 0.0%)

1 一団を, 其朝

▼ 団とな~ (2, 0.0%)

1 せる焔, つて新しい

▼ 団なくし~ (2, 0.0%)

1 てどこ, て工藝

▼ 団など~ (2, 0.0%)

1 征下し, 色々ある

▼ 団などという~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 団などを~ (2, 0.0%)

1 持ちはじめた, 迎へて

▼ 団においてのみ~ (2, 0.0%)

1 あり得るの, 可能な

▼ 団について~ (2, 0.0%)

1 何でも, 大西洋まで

▼ 団にて~ (2, 0.0%)

2 がらを

▼ 団また~ (2, 0.0%)

1 一団大蛇を, 一団相集合し

▼ 団みたい~ (2, 0.0%)

1 です, なの

▼ 団より~ (2, 0.0%)

1 出現せむこ, 気の毒な

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 が電柱, に見入つた

▼ 団七縞~ (2, 0.0%)

1 のお, を見る

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 丞, 助等々

▼ 団九郎狸~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 団以上~ (2, 0.0%)

1 に力瘤, のもの

▼ 団全体~ (2, 0.0%)

1 にその, の信用

▼ 団十郎父子~ (2, 0.0%)

1 の正月, の病んだ

▼ 団十郎縞~ (2, 0.0%)

1 ののれん, の中

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 が賛助, に渡す

▼ 団~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 兵站部に, 兵站部等これを

▼ 団合計四十名~ (2, 0.0%)

2 も前後

▼ 団団長~ (2, 0.0%)

1 と云う, は明智探偵

▼ 団坂蕎店~ (2, 0.0%)

1 に而飲, は団子坂

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 でなくて, に逢い

▼ 団委員~ (2, 0.0%)

1 の希望, は参加人数

▼ 団平が~ (2, 0.0%)

1 若い頃, 騒いで

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 の会, の直後

▼ 団成し~ (2, 0.0%)

1 一思想起これ, 中央の

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 の後, は翼

▼ 団次さん~ (2, 0.0%)

1 が謝, は自分

▼ 団次一行~ (2, 0.0%)

1 からはたより, が露西亜

▼ 団次上京~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 団次式~ (2, 0.0%)

1 な対話, になれ

▼ 団歓迎会~ (2, 0.0%)

1 のすぐ, へ臨む

▼ 団治一座~ (2, 0.0%)

1 に居すわる, の狂言

▼ 団治落語中~ (2, 0.0%)

1 の爆笑人物, の頓狂人

▼ 団生活~ (2, 0.0%)

1 にはまるで, には直接

▼ 団的基礎~ (2, 0.0%)

2 なくし

▼ 団的学生~ (2, 0.0%)

1 が学生, の自治精神

▼ 団的美~ (2, 0.0%)

1 が潜む, なの

▼ 団~ (2, 0.0%)

2 もあや

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 一班の, 十四回大会に際して

▼ 団自体~ (2, 0.0%)

1 の共同生活, は

▼ 団~ (2, 0.0%)

1 に似た, の白い

▼ 団関係~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の方たち

▼1* [428件]

あり従来行方不明なりし, 団いくばくぞと問う, 団いろいろの名目, 団うして見送り, 団買上げさ, 団およびシトー, 団かなり不良である, 団かに分れて, 団かも知れないよ, 団からでも貰った金, 団からまでああし, 団がけいたい無, 団がっていた, 団なり筋, 団こそ大訓練, 団この日午後トスカを, 団ごとに部将, 団力瘤ば, 団さてはまた秋吉警部たち, 団さらにまた一軍, 団て飛び, 団じゃないか, 団それは単なる, 団たちらしい, 団だけじゃない, 団だけのことな, 団だったのだ, 団だってKS倶楽部だって, 団だの熊谷の, 団だめになっ, 団だろうよ, 団ってなんだい, 団つて繁つて居るところ, 団であった藤原義江の, 団であるからには一つ, 団であるべきはずの, 団であろうか, 団でしたが二, 団ででも使ったと, 団としても現われたの, 団とで狙って, 団とでも題を, 団とにその代表者, 団とも言うべきカサルス・トリオ, 団とを持つて, 団と共にこれへ, 団ア表出し, 団なぞがそれぞれ自警団を, 団などといばって, 団などに名を, 団などは国家の, 団ならむ何か, 団なんかにふりむかないの, 団なんかにはいって, 団なんて子どもの, 団なんてなまいき, 団にたいしては指揮権を, 団にたいするふくしゅうを, 団にだけ特有な, 団にては団長不在なりし, 団にでも勤めて, 団にと行き高級, 団にとってはもっけの, 団によってのみ全くされる, 団による壮大な, 団に対し聊かの, 団に対しては同年の, 団に関し本社の, 団のみかたに, 団ばかりじゃなしに, 団へも一度雇われたい, 団まあそれと, 団または団子という, 団まって移庁論, 団まで出来て, 団まるからどの店, 団やって来るんだ, 団やに窒息する, 団やによって集められ小, 団やの或る, 団やら好奇な, 団よりも自作を, 団らしい簡単な, 団らしくイサギようしなはれ, 団りあって落ち, 団り合ってお, 団を通じて国家の, 団アムステルダムのコンセルトヘボウ, 団ウラル・コサック合唱団の演奏, 団ウルスキー一味の仕業, 団オリヴァトール団シルヴェストラン団およびシトー, 団カマルデュール団シャルトルー団ユミリエ団オリヴァトール団シルヴェストラン団およびシトー, 団ク味ハ甜シ救飢ニシ根ヲ採, 団コロムビアにヘス三重奏団の, 団コンセール・ストララムを指揮, 団コーラス団からショスタコヴィッチ, 団シャルトルー団ユミリエ団オリヴァトール団シルヴェストラン団およびシトー, 団シリーズは映画化, 団シルヴェストラン団およびシトー, 団ジャンヌダルクの一件以来, 団スタンレー一派が戦, 団ソヴェト作家団体総連合主催, 団ダンスホール御乱行組, 団チンピラ別働隊っていうの, 団チンピラ隊ばんざあい, 団ナラシメ而シテ青栢葉ニ盛テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 団基礎ヲ, 団ピエロ・ガールスではたいてい, 団マーカス・ショーが日本劇場, 団ムラムラと庭上, 団ムーサの使物, 団ユミリエ団オリヴァトール団シルヴェストラン団およびシトー, 団一同になりかわっ, 団一団とかたまっ, 団一流のサイン, 団一行十名が近来頻発, 団七めはその, 団七・権太においては相当, 団七様でご, 団七殿と黒鹿毛, 団三団と捕り, 団中華民国共産党青年団救護隊が通過, 団主催の, 団乃至教授会は, 団九郎坂と呼ばれ, 団九郎風の実, 団二十三名一藩の大事, 団二十余名が殿下, 団二千名の人々, 団五郎母は同, 団もあろう, 団以外に良い, 団伊能君はこれら, 団伊能氏の談話, 団かある, 団催眠術はこうして, 団入植の奨励, 団八列から鶴翼, 団八梅助頭取, 団八繩辷りの, 団八野洲川安兵衛などあの, 団たる妻妾, 団写真班鹿児島ァ起きろ, 団処女会その他のブルジョア反動団体内, 団処女会子供飼犬等村の土臭い, 団出身の彼, 団切り崩しが従っ, 団制度より生れた, 団の第, 団劇作家団が事務所, 団劇団巡回映写隊等を派遣, 団劇場労働篤志団が組織, 団の未亡人, 団助子分たちのくれた, 団募集をしはじめた, 団十菊五を島原, 団十菊五芝翫其方退けとばかり, 団十郎その他俳優組合幹部が大, 団十郎なにがしのお, 団十郎め心憎い趣向, 団十郎めっかちが転化, 団十郎ら声名ありし時代, 団十郎ノハ見タコトガアルカモ知レナイガ, 団十郎ノヲハッキリト見テイルノハ予一人, 団十郎三回忌の追善興行, 団十郎主役の身替り音頭, 団十郎五代目尾上菊五郎とも交, 団十郎以外にも彼, 団十郎以来社会人として認められよう, 団十郎俳優頭取を辞せり, 団十郎像という記念像, 団十郎元禄十年正月大福帳を演じたる, 団十郎先代の左団次, 団十郎児龍若が女, 団十郎八汐と仁木弾正, 団十郎初代菊之丞ら出でたる宝暦, 団十郎問題は金額, 団十郎好みの褐色, 団十郎宇治紫文都千中乾坤坊良斎などの人々, 団十郎崇拝である事情, 団十郎崇拝者で女, 団十郎左団次小団次秀調源之助という顔ぶれ, 団十郎市川権十郎福助片岡市蔵らの顔ぶれ, 団十郎座の建設, 団十郎弁慶は七代目団十郎, 団十郎弁護は当然, 団十郎式に刀, 団十郎張飛が左団次, 団十郎後者は菊五郎, 団十郎所蔵の関帝像, 団十郎敦盛は後, 団十郎数学者として関孝和, 団十郎時代のお, 団十郎松本小四郎富沢半三郎小川善五郎早川伝五郎沢村宗十郎大谷広治ら, 団十郎欠勤のため, 団十郎死去の報, 団十郎氏令嬢の実子, 団十郎海老屋十兵衛左団次岩淵九郎兵衛仲蔵鳴沢良助宗十郎厚原磯之進と謂つた顔ぶれ, 団十郎物をそれから, 団十郎王妃は先代, 団十郎皐月は寿美蔵, 団十郎相州茅ヶ崎に死す, 団十郎等が考へ, 団十郎義経は福助, 団十郎自作というところ, 団十郎芝居だの千種, 団十郎菊五郎らの女形役者, 団十郎菊五郎左団次らの諸, 団十郎菊五郎左団次仲蔵半四郎宗十郎家橘小団次小紫, 団十郎菊五郎左団次芝翫福助家橘松助などで狂言, 団十郎菊五郎死後の無残, 団十郎菊五郎秀調なぞも覚え, 団十郎菊五郎近来著しく老衰, 団十郎贔屓でもあり, 団十郎追善興行を催し, 団十郎追慕の念, 団十郎関女は秀調, 団十郎首肯すべし, 団も勝之助, 団升高砂座は坂東勝之助, 団半後備四旅団半騎兵六師団しか用いなかった, 団全協地区委員会, 団参連中のうるさい, 団又はIWW団の, 団反対の気勢, 団叢書二十何冊全部のほか, 団右衛門あたりの御, 団右衛門あれとは刎頸, 団右衛門どのの計画, 団右衛門ゆかりの者, 団右衛門直之淡輪六郎兵衛重政等はいずれ, 団右衛門荒川熊蔵などという忍術使い, 団各種宗教団等一切, 団合唱団等の総動員, 団は新しい, 団員ぜんぶを同じ, 団員一人それだけ自動車, 団員三人と女中さんたち, 団員中の軟派分子, 団員二十三名警視庁捜査一課の係長中村警部, 団員五人とチンピラ隊五人, 団員石川淳の戦備, 団員総てがそう, 団員花田石川田村の三少年, 団員諸兄へよろしく, 団四郎なン, 団在郷在営軍人団, 団在郷軍人の類, 団の鍛冶, 団大きな花の, 団大会では産業賞, 団大会出席のためロンドン, 団大衆は極めて, 団女子青年団等の反動組織, 団奴才御釈迦様, 団如何に氷解, 団婦人団体産業団体農業団体産報等の団体, 団学生は自分, 団の風, 団対意思は成立, 団対隼団の緊迫, 団対黄血社の闘争, 団専属女優美貌の踊児島慶子, 団専用の食糧品店, 団将校同盟団いろいろの, 団小樽出張委員伴阿部外十三名は組合旗, 団崩れの若い, 団左衛門といへるは, 団の前, 団平俗に, 団平八桜木伝七服部小藤太などもあと, 団の席, 団座昼から晩, 団廃止の急先鋒, 団弁護人がつい, 団待ち遠しげな, 団御存じでしょう十分隊, 団応急技術団将校同盟団いろいろの, 団愛国婦人会などと結果, 団するに, 団所作の幼稚さ, 団支那政府との交渉顛末, 団攻撃や佐野善作学長, 団救護隊が通過, 団ことに日本, 団旗挙の計画, 団日本婦人会翼賛壮年団等はいづれ, 団日本民主主義文化連盟日ソ文化連絡協会日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 団景春には岩村城, 団栗山を伐った, 団坐に, 団楽している, 団模様の散らし, 団次みたいな立派, 団次らの諸, 団次ワキ役の武田猛, 団次一党を動かし, 団次一座大阪の浪花座, 団次一派本郷は新派, 団次丈も名代, 団次上演以前早くも, 団次以下同劇団, 団次仲蔵半四郎宗十郎家橘小団次小紫, 団次仲蔵半四郎翫雀ら出勤す, 団次仲蔵半四郎芝翫の一座, 団次共同して, 団次其から菊五郎, 団次出勤に就き, 団次君その他とも会見, 団次夫妻を仲人, 団次家橘らの一座, 団次寿美蔵又五郎宗之助莚若などに大阪, 団次小団次秀調源之助という顔ぶれ, 団次小浪米蔵戸無瀬升, 団次山家屋清兵衛が芝翫, 団次岩淵九郎兵衛仲蔵鳴沢良助宗十郎厚原磯之進と謂つた顔ぶれ, 団次嵐璃寛らも加入, 団次市川権十郎なども出勤, 団次市川権十郎坂東家橘などの顔ぶれ, 団次帰朝後の第, 団次松蔦の鳥辺山心中, 団次権十郎の一座, 団次氏が武蔵屋, 団次演劇研究のため, 団次独特の, 団次猿之助段四郎それに, 団次玄徳が円蔵, 団次自身が果して, 団次芝翫福助の一座, 団次芝翫福助家橘松助などで狂言, 団次賑やかだと, 団次郎八十助三田八左喜松芝子丸, 団次門下の人, 団歓迎の大, 団止まってしまった, 団残って底, 団の, 団治って奴, 団治のも聞く, 団治ほんとうに長襦袢一枚, 団治派手の表現ゆゑ, 団治特有のもの, 団治独自の言葉, 団治皮として保存, 団治研究に歩いた, 団治近世芝居噺の名手桂文我, 団洲式の思い入れ, 団洲粂八の名, 団派遣を計画, 団消防組の応援, 団く中, 団湊川の上, 団火の玉となっ, 団火災をおこし, 団火焔樹という, 団があつ, 団などに内々投書, 団琢磨氏の暗殺, 団を寄す, 団産業報国会などはいづれ, 団百合子さんが沼辺テル子, 団的批評家である, 団的時代においては醜い, 団的民藝である, 団的理想との間, 団的生活に置い, 団的精神が特別, 団的背景なくし, 団的雰囲気にまとまっ, 団的青年更に模範青年, 団相手はお化け, 団の上, 団社会を覚醒, 団程度には優遇, 団したところ, 団ほどな, 団七十名は, 団組合を管理, 団経営の見解, 団総出でやった, 団練使単廷珪, 団して, 団聴衆それを彼, 団自身が日本主義的軍国意識, 団自身生産の場所, 団とその, 団花形の売子, 団菊以後の一人, 団菊健在ですらも, 団菊左顔あわせの, 団菊歿後の劇界, 団菊顔あわせの, 団華やかに川風, 団蔵さんを頭, 団蔵一世一代の仁木弾正, 団蔵中田善次郎福地彦蔵小山藤八黒田茂吉大朏善平, 団蔵大森留吉茂呂宗次郎谷熊次郎関口多吉大朏善平, 団蔵大阪に死す, 団蔵粂三郎それに売出し, 団蔵追善供養の為め, 団よりのぼり, 団衣紋竹に釣るした, 団衣類何かの穀物, 団をはかせ, 団視察を行った, 団解散後の北海所見, 団詩人がそれ, 団詰め所とか言う, 団警官隊総出には兎共, 団満員御礼大, 団を離れ, 団進軍の先発隊, 団避難民そうした人々, 団部民の方, 団金ぴかの指輪だらけ, 団を添, 団銓衡会議を採用, 団とか幹事, 団隊救護班の布, 団雄弁大会をラヂオ, 団集会所には赤, 団に近付い, 団青少年団婦人団体産業団体農業団体産報等の団体, 団青年団女子青年団等の反動組織, 団が人間, 団首脳部はいつの間に, 団のよう, 団MMMも引っ