青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「増し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

境内~ 境地~ ~境遇 境遇~ ~墓 墓~ ~墓地 墓地~ 増~ ~増し
増し~
~増加 増加~ 墨~ ~壁 壁~ 壇~ 壜~ ~士 士~ 壮~

「増し~」 2024, 22ppm, 5267位

▼ 増し~ (1438, 71.0%)

69 来た 41 来て 34 いた 29 来る 25 いった 23 行く 21 行った 20 くる 19 いる 16 きた, きて 15 来るの 11 ゆく, 行くの, 行つた 9 いるの, 來た 7 くるの, ゆくよう, 來る, 行って 6 彼が 5 いるよう, きました, 来るもの, 輪と 4 いくの, ゐる, 來て, 来たの, 来ると, 来るよう, 私の, 見えた, 驚いたの

3 [15件] いました, くるよう, くれと, ゆくこと, ゐた, 心を, 来たが, 来たので, 来ました, 来るばかり, 私を, 行きました, 行くが, 行くよう, 行ったの

2 [63件] いく, いたが, いたの, いたよう, いって, いつた, いるが, いること, いるので, お静, きたの, きます, くるにつれて, くるばかり, くるべき性質, それは, それも, ついには, ゆくに, ゆくの, ゆくので, ゆくばかり, ゆく間, ゐるし, 今は, 元気に, 出せば, 力が, 半年ばかり, 大きな刺戟, 嬉しかった, 居る, 岸を, 工藝の, 彼の, 急に, 恐しい量, 恐縮した, 恥か, 手を, 明るい日光, 来たから, 来たところ, 来たよう, 来ます, 来るという, 来る危険感, 果は, 瑠璃子の, 私が, 私は, 約束する, 終に今日, 自分を, 苦しかった, 行かなければ, 行くこと, 行く様, 行ったに, 賑やかに, 身を, 陰気に, 驚くべき美し

1 [798件 抜粋] あくまで惚れ込ん, あらゆる点, ありますそう, いかにもギコチ, いかに自分, いきましたが, いくその, いくばかり, いくマキ, いく大, いたく愛せられ, いたところ, いたに, いったの, いった夜明け, いぬ, いやらしかった, いらしたの, いるかが, いるかも, いるけれど, いるそう, いると, いるとさえ, いるとも, いるもの, いる一軍, いる出版協会, いる店, いる様, いる空想, うれしかった, おだやかな, おったという, おどろいたの, おりました, おります, おるという, お客が, お美しい, お莚, お見え, かむろ蛇, きたけれど, きたこと, きたもの, きた結果, き挙措動作, くね, くるから, くるその, くるでありましょう, くると, くるに従って, くるので, くるらしい気配, くるん, くる仕事, くる日中, くる水, くる空, くる群衆, くれないの, くれるだらうと, こねます, この下宿, この世を, この夜, この床下, この意味, こようという, これが, これを, ささ濁りの, さぞや苛まるるなら, しばらくし, しみつたれの, すべて四千五百人の, するよう, そこらの, その一言, その光, その勢ひで, その底, その省, それが, それぞれに, それを, たがいに, ときどき股, どうしても女, どすん, どんどん眠り, なお悲しい, なんとか処理, はじめて西洋諸国, はや五六百, ひとしきり激しく, ひる頃, びっくりした, ふくれ上った, ほしいと, まいりましたので, まいります, まばゆいばかり, みたところ, みても, むら, めでたか, もうちょっとの, もっと偏愛, もつともつとおいしい, もらえ, もらつた樣子, やがてプリマドンナ, やがて恰好, やがて板切れ, やったでは, やったらどんな, やつとく, やりたいと, やること, やる方, やれ, やれば, やれるほどに, ゆきました, ゆくため, ゆくという, ゆく失業, ゆく山, ゆく自, ゆけば, ゆけるの, よき工藝, より根本的, よろこぶが, ゐますが, ゐると, ゐるので, ゐるやう, ゐる事実, ゐる間, クララは, スウェーデンの, ディアレクティッシュな, ドンドン降っ, 一は, 一人ぽっちだった, 一作者に, 一層あわただしく, 一層暗, 一心に耳, 一息に, 一段と黒く, 一生懸命に, 一行五名, 三個と, 三十円くらいに, 上演目録の, 下さるという, 不愉快な, 世の, 世間も, 乖離せし, 二三日は, 二十二圓は, 二間位ある, 五人扶持に, 五千余騎と, 人々に, 人出が, 今では, 今度は, 仕方が, 以来の, 何十頭と, 余程減水, 來武者修業といふ, 俺が, 倒木が, 停留場が, 健かなり, 働きましたが, 元気を, 兄弟子にも, 先ず第, 先刻われわれの, 全体に, 六冊七輯は, 其の時代, 冬の, 凄惨な, 出品すれ, 初夏の, 利益ある, 前なる, 前の, 加わらば, 勤めて, 十三貫八十目に, 十五分毎には, 十人扶持に, 半ば秘書役に, 南又, 危いという, 厚顔無恥な, 厳密を, 参りましたが, 取り上げたの, 受け取る袖, 呉れ, 呉れるかも, 味方に, 喜びを, 喜んで, 四十トンちかく, 四十人の, 国際局の, 地方に, 地球が, 執拗に, 堪え難かった, 堪らなく嬉しかっ, 増進した, 墨絵の, 声を, 売文の, 多きを, 多年至嘱し, 多数大衆を, 夜中に, 夢に, 大きい岩, 大きかった, 大きく鈴, 大きな感激, 大きな最後, 大へん, 大切な, 大騒ぎであった, 天井いっぱいに, 奇妙な, 奇怪を, 奉公人には, 好ましいこと, 媚めかしい, 嬉しきは, 孤立無援の, 宙に, 容態が, 寂びれるばかり, 寵臣以上の, 小屋中を, 小糸新, 居つた, 居るが, 居るけれど, 山の上から, 山水に, 嶮しく, 工藝を, 巧妙で, 帝の, 幾日も, 底の, 度々御, 庭の, 弁天様の, 弥生の, 強いわけ, 強硬だった, 弾丸が, 彼女を, 往来へ, 後には, 後れ毛の, 復活し, 怒り出した, 急いで, 恋い慕った, 恋しいよ, 恐るべしああ, 悄れ返っ, 悉皆の, 悪かった, 悲しかつ, 意外の, 愛で, 感ぜられた, 懺悔しなけれ, 成功する, 我々を, 我弦月丸の, 手頃な, 援助求むることはげし, 操の, 数百人の, 斬れず慈しまれて, 日本の, 早く謠, 明知と, 昨日二人の, 晴れやかに, 暗い過去, 暗紫色と, 更に入, 曹操の, 最も深く, 最大の, 月へ, 有力に, 木の葉が, 来それに, 来たぜ, 来たという, 来たといふ, 来たもの, 来たら眼, 来たテラス, 来た傾き, 来た外人たち, 来た思えば, 来た時分, 来た町, 来た親子心中, 来た頃, 来ましたこの, 来まして, 来るし, 来るそれから, 来るだろうと, 来ると共に, 来るにつれ, 来るに従って, 来るほどの, 来るやう, 来る傾斜, 来る夕暮, 来る年齢, 来る方, 来る日, 来る様, 来る積雲, 来る結果, 来る血, 来る雲助, 来始めた風, 来武者修行, 果ては弾丸, 桂子のと, 桜の, 楽まさるる, 樂き, 殆ど海豚, 母が, 母様が, 毎年海に, 民衆と, 水の, 汚ない, 汝の, 沖の, 浅薄な, 浸, 混んで, 清い澄んだ, 温く着, 満蒙の, 滴るもの, 濁った暗い, 濁って, 濃き水, 瀬の, 烈しい, 烈しくなる, 烈しく流され, 無辜の, 煙管の, 熱海行の, 燃えさかって, 父に, 片足は, 物を, 特に雨, 特殊部落もしくは, 玉の, 理想の, 瓦葺きの, 生活に, 産出致す, 痩せ衰えて, 白血病に, 百個までに, 盗みぐせを, 盛んに, 目を, 相手の, 相替らず, 礼と, 神社仏閣へ, 私には, 稍, 積まれるの, 立派に, 競いざき潮来の, 節も, 純粋な, 経営費率が, 結局は, 緑色を, 置き度い, 美しいくろぐろ, 美しいの, 美しい丈夫そう, 美しく寂び, 美しく見え, 羨ましく思はれる, 耐へ, 聖徒の, 胸に, 腫れた所, 自分ながら, 自分以上の, 舞台で, 色情に, 荒るる, 落ち散り無, 蒲原氏を, 薄の, 藤九郎の, 行き慈しむよう, 行き竹, 行くし, 行くに, 行くに従い, 行くもの, 行くらしい, 行く二月, 行く感じ, 行く書籍, 行く相, 行く羨しく, 行けば, 行ったが, 行ったもの, 行つたのだ, 行つた神經的な, 行つて数メートルの, 衰退し行く, 裾野の, 見えないこと, 見える, 見せる, 見ましよう, 見るもの, 言わずもがなの, 言葉も, 話の, 豪富な, 貪る癖, 貰う, 貰うよう, 貰わなけりゃやり切れない, 貴方片, 貴殿に, 賠償もたらす, 踊りの, 身に, 辛抱できない, 辻堂を, 近づかざれば, 返して, 追ったの, 途中どんな大きな, 遂に東, 遣る瀬, 遥かに, 酒井の, 重大な, 重要だった, 間もなく一家, 間もなく明確, 降って, 院が, 険悪であった, 障子を, 雑草は, 霜柱は, 露は, 静かな, 非人部落すなわち, 頂かなければ, 頼に, 頼もしい方, 颯々たる, 高く払う, 高まって, 鮮かに, 鮮明に

▼ 増し~ (33, 1.6%)

3 多くなった 2 憂鬱に, 数かさみゆく

1 [26件] おまえさんが, して, その響き, たかぶるやう, なり利息, ガンガン室内, 与八という, 伸びて, 何でも, 増して, 変って, 大きく見え, 奉公人が, 寒くなっ, 強くなる, 弾力が, 快方に, 悪い癖, 整えり, 根を, 根強くなっ, 歌の, 涸れて, 軽くなっ, 違いなかったろう, 長持が

▼ 増し~ (26, 1.3%)

3 か知れない, と思っ 2 と思う, よ

1 [16件] か知れやし, ぐらいに考え, ぞ, つたから, という, と云う, と何度, と彼, と思い出す, と思ふ, と私, と考えた, と自分, と言っ, なんて言っ, わね

▼ 増したり~ (16, 0.8%)

4 減じたり 2 減したり 1 すると, するという, するよう, する目的, できません, はかばかしくなかった, 変わったり, 減ったり, 減らしたり, 隨つて温度も

▼ 増しても~ (12, 0.6%)

2 減りは 1 おそろしいとは, とても成就, まだまだそこら, 厭いません, 尽きる期, 届かぬので, 来村, 流れて, 聴え, 質に

▼ 増しつつ~ (11, 0.5%)

2 ある 1 あったが, あったわけ, あった不安, ある大学自身, ある所以, やがて浦上, 時日を, 朗々と, 福太郎の

▼ 増し~ (10, 0.5%)

21 令が, 妻なり, 復讐を, 標準で, 竣工た, 達しが, 高さ, 魚や

▼ 増し~ (9, 0.4%)

2 はない 1 あつた, はないだろう, 主人が, 帰宅, 引っぱり凧, 破談という, 賣れ行くの

▼ 増し~ (9, 0.4%)

2 人間に 1 のが, のだ, のは, ものプラスの, わけである, んです, 侠客かと

▼ 増しながら~ (8, 0.4%)

1 しかし似非, ガクガクする, 同時に同胞, 大きく二三度バウンド, 感じを, 服用を, 走りつづけた, 飲んで

▼ 増しこれ~ (7, 0.3%)

1 に反し, に燃さる, は作家同志, も加速度, を全う, を堰止めよう, を視る

▼ 増しその~ (7, 0.3%)

1 上に, 中には, 内容が, 幽霊の, 意志備は, 最上部, 禍の

▼ 増したる~ (7, 0.3%)

1 だけの熬, やうに, を悦び, を紙, 事疑いなし, 大きいわざわい, 窮屈さこう

▼ 増し~ (7, 0.3%)

3 せず減りも 1 しないし, するもの, せず又, 減りも

▼ 増し~ (7, 0.3%)

1 して, するたんび, 全就職事情, 受けようかと, 求めて, 通例と, 騒ぎだし土

▼ 増しては~ (6, 0.3%)

1 いなかったが, いるが, ゐないの, 如何に, 新将軍家光, 有名に

▼ 増し~ (6, 0.3%)

3 上げやう 1 しても, しないで, せぬ

▼ 増し~ (5, 0.2%)

3 欲しいと 1 余り高い, 出るの

▼ 増しこそ~ (5, 0.2%)

3 すれ決して 1 すれこの, すれ厳密

▼ 増し~ (5, 0.2%)

21 はれる, ふ大事, へ不撓

▼ 増し~ (5, 0.2%)

5 は冷え

▼ 増し遂に~ (5, 0.2%)

1 はその, 一種の, 海水も, 片口から, 農工業の

▼ 増しまた~ (4, 0.2%)

1 お美夜ちゃん, その体躯, 攻め疲れるのみ, 海外に

▼ 増し行く~ (4, 0.2%)

1 ことである, 場合には, 場合にも, 時の

▼ 増しそう~ (3, 0.1%)

1 なもの, な気配, もなかっ

▼ 増しそれ~ (3, 0.1%)

1 がひどく, がみんな元気, をなし

▼ 増し~ (3, 0.1%)

1 なって, なるどれ, 存じいま

▼ 増し~ (3, 0.1%)

2 を得る 1 をつけ

▼ 増し同時に~ (3, 0.1%)

1 これを, 中央部船室の, 健康な

▼ 増しあたり~ (2, 0.1%)

1 の海面, を払う

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 救い金等下しおかれ, 顔色が

▼ 増しそして~ (2, 0.1%)

1 ピッチを, 戦争と

▼ 増しただ~ (2, 0.1%)

1 いたけ, いまにては

▼ 増したとい~ (2, 0.1%)

1 つては, へる

▼ 増しだらう~ (2, 0.1%)

1 と己惚れ, と思へた

▼ 増しだろう~ (2, 0.1%)

1 ぐずぐず言わば合祀, と思っ

▼ 増しぢやあ~ (2, 0.1%)

2 ありませんか

▼ 増しての~ (2, 0.1%)

1 誘惑である, 難儀で

▼ 増しでも~ (2, 0.1%)

1 取ろうと, 苦しくない

▼ 増しという~ (2, 0.1%)

1 ところでしょう, 最低限度の

▼ 増しとうとう~ (2, 0.1%)

1 一面の, 外科医まで

▼ 増しゐたる~ (2, 0.1%)

1 に驚けるなり, をさとりき

▼ 増し不思議~ (2, 0.1%)

2 に色

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 は使, は使う

▼ 増し今年~ (2, 0.1%)

2 の避暑客

▼ 増し~ (2, 0.1%)

2 を加

▼ 増し国家~ (2, 0.1%)

1 の隆昌, をし

▼ 増し大きく~ (2, 0.1%)

1 なつて, なる

▼ 増し大気~ (2, 0.1%)

2 はいよいよ

▼ 増し家庭~ (2, 0.1%)

1 というもの, の窮迫

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 が広がり, を利かし

▼ 増し幾万~ (2, 0.1%)

1 かの灯火, のともし

▼ 増し幾本~ (2, 0.1%)

2 もの蓼

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 が気, の周囲

▼ 増し彼等~ (2, 0.1%)

1 の表情, の説く

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 合力, 用金を

▼ 増し或は~ (2, 0.1%)

1 新たに, 減ずるの

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 が急, は如何

▼ 増し更に~ (2, 0.1%)

1 勇武の, 次の

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 の通行, むこうの

▼ 増し流動的~ (2, 0.1%)

2 となり

▼ 増し煙草~ (2, 0.1%)

1 捻って, 捻つて

▼ 増し盛運~ (2, 0.1%)

2 に乗じ

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 に余っ, の光

▼ 増し~ (2, 0.1%)

1 は馬, もなき

▼1* [285件]

増しあの人の, 増しあらわになりまさる, 増しある地区の, 増しあるいは数を, 増しいかんともすべからざる勢い, 増しいちじるしくなって, 増しいらいらする, 増しかえって父の, 増しかくして自動的に, 増しかたが激しく, 増しかとおもわれたり, 増しかの薄弱なる, 増しかもしれない, 増しきのうの顔, 増しくらいなもの, 増しここに献帝, 増しこそはすれ, 増しさえすること, 増しさくら一盛り迎へ送りし, 増ししたがって発兌すれ, 増しじゃどうぞ拙者, 増しするどくひきしまつて, 増しそれだけ寄手も, 増しために日ごろ, 増したりき是故に, 増したりとて国民元気を, 増しだんだんふえて, 増しや品, 増しついにいかなる鋼鉄製心臓, 増しつつはあったの, 増しつのっていっ, 増してわづかに, 増しであると心, 増しでしょうよ, 増しなおそれらの, 増しなまめかしさを, 増しなら行くといふで, 増しなることが, 増しに対して女子三〇パーセントという, 増しはなはだしく人を, 増しひと雨ぱらぱらと, 増しまあいわゆる王道楽土, 増しまもなく乾雲丸とやらを, 増しまるでアンチモニーを, 増しむしろその美, 増しで, 増しやがて凄じい唸り, 増しよい地位であり, 増しよく熱など, 増しよと怨んで, 増しらしいわ, 増しわが歎き, 増しからウ, 増しキッタリとして裃, 増しシュッシュッという音, 増しスヤスヤと寝息, 増しは天上, 増し一たび目を他, 増し一人当りの肉, 増し一報の聞える, 増し一社たりとも, 増し一秒の何分の一, 増し丈夫になった, 増し三キロメートル即ち一里, 増し三倍増しでも, 増し三百余りの数, 増し上達する, 増しの深い, 増し下側のほう, 増し下駄傘を作る, 増し不平が多く, 増し不幸を予防, 増し強くなる, 増し肩に, 増し丸々と肥っ, 増し乃木隊頗る苦戦, 増し乍ら或力, 増しを山門, 増し事件の印象, 増しには事實, 増し二人増して, 増し二十二日の夜, 増し二十余台の馬力車, 増し二十貫目近い体, 増し人間に至り, 増し今日の天気, 増し以前よりは血液, 増し何となく遊廓の, 増し何よりのこと, 増し何事をもよく, 増し何百何千と艇, 増し俳句が上手, 増し候えどもお, 増し候ところ皆々様おそろいますます御, 増し候儀は行き届かず, 増し側面に対する感度, 増しの足, 増し元気も血色, 増しも角, 増し兵力は一里一里, 増し内容が複雜, 増し内界一方より起こる, 増し再び謎と, 増しじい響で, 増し凡そ八寸程開いた, 増し切符を買っ, 増し初めた, 増し判断は正確, 増し前のと交換, 増ししくなって, 増し加えられた火花が, 増し加はる恩惠の光, 増し加わりて総数二百名, 増し労苦を減ぜよ, 増し募る入道が, 増し午後になる, 増し南瓜西瓜南部金瓜はもう堂々, 増し漏斗の, 増し反対に零度, 増し取り沙汰が喧しく, 増し嘔吐が日, 増しを盛ん, 増し國家をし, 増し土人軍の襲来, 増し土手も松の木, 増し在来の婦人, 増し地上から棟, 増し地面の下, 増し夜警の巡回, 増し大いに盛るところ, 増し大きな感謝を, 増し大衆の生活水準, 増し奇怪な山法師, 増し威厳を増し, 増し嫖客の数, 増し学者はその, 増し宇宙艇は荒天, 増し安くするだけが, 増し害悪が眼, 増し寄手は士気, 増しさが, 増し瀑布が, 増し小さい瀑なども, 増し小判に直し, 増しは明るい, 増し山々の稜線, 増し岩木川の落ち口, 増しの草, 増し工場は漸時隆盛, 増し帽子の羽飾り, 増し平地に近づく, 増し平民一人ずつの力, 増し底光りを放つ, 増し引き去って自分, 増し弥栄えに栄えられる, 増し強く感じて, 増し強大になっ, 増しも長, 増し彼らは彼, 増し彼女のおどろくべき, 増し従って若い人々, 増しの底, 増し心臓は鼓動, 増しならん, 増し急流となっ, 増しったりと, 増し悲観な厭世, 増しよりいづる, 増し憂鬱になっ, 増し成長して, 増しる患者, 増し所望の実力, 増しを挙, 増し手厳しく実行に, 増し扣鈕だけで, 増し技巧に陥り, 増しから月, 増し折々編輯を, 増し探偵小説の同人雑誌, 増しの無い, 増し数千疋の大群, 増し文明が進む, 増し料理法も進歩, 増し新聞紙上に増加, 増し日常さびしい杉, 増し日毎に決定的, 増し日没の後, 増し明るさの, 増し明治二十年の頃, 増し時候外れの火の番, 増し智能が増す, 増し暴風雨にも動じたまわぬ, 増し最後の四陣, 増しに加わり, 増し来れる半輪の, 増しの空, 増し東山道太田駅からおよそ, 増し松山続きとなる, 増し樹皮の創, 増しの年, 増し此方では邪, 増し歳月を重ねたなら, 増し段々対象が, 増し民衆的になり, 増し短くなる, 増し気持がなんとなく, 増し求職殺到率は一二, 増し決して減ずること, 増し泥濘のため, 増し流れたるを平家, 増し淋しく悲しくなって, 増し清時代には二十字以上, 増し濃くなり彼女達, 増し濛々の戦塵, 増しを明るく, 増し煙突から吐き出される, 増し照りも強く, 増し熟柿を想わせる, 増し熱意を増し, 増しを殖, 増し片方が幅, 増し物騒になっ, 増し瑞々しく若くなつて, 増し生存の競争, 増し生気を失つて行, 増し生産力を高める, 増し癇癖が強く, 増し白毛も思ひ, 増し盛り上り雪, 増し盤古日に一丈, 増しが窪ん, 増し神経がいや, 増しを屋根, 増しは何, 増しをも少し, 増し細かくなる, 増し終に窮迫せんかた尽き, 増しの人員, 増し経験によって鍛えられ, 増し結局私の為, 増し緑色の木, 増し織物が出, 増しは益々, 増しと臀, 増し芸術を作る, 増しにあたる日光, 増し薔薇色の光, 増し虐待の状, 増し衰微を極めました, 増し見物人を悦ばせた, 増し視界はまつたく利かぬ, 増し親密の度, 増し記してあれ, 増し機能が, 増し警戒おさおさ怠る, 増し警視庁からも十数名, 増しは豊富, 増し赤沢岳の支脈, 増し身体は退化, 増し身長も一寸何分, 増し追っても払っ, 増し道具類も前, 増し都市発展の世界記録, 増し酔つて夕陽に照らされ, 増し醜女がとりつくろえ, 増し重くなるばかり, 増し重る小松殿の, 増し金付きってえ, 増しを取られる, 増しさが, 増し長い休の, 増し長州肥後有馬の加勢, 増し開発が拡張, 増し闇黒の度, 増し階級本能が退化, 増し雄偉の度, 増しは散, 増し霊応を顕, 増しにうるおった, 増し露西亜娘が辻辻, 増し顔色も好く, 増し食後の胃痛, 増しへ去歳, 増しも人, 増しを白く