青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「墓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

塵~ 塾~ ~境 境~ ~境内 境内~ 境地~ ~境遇 境遇~ ~墓
墓~
~墓地 墓地~ 増~ ~増し 増し~ ~増加 増加~ 墨~ ~壁 壁~

「墓~」 4404, 48ppm, 2449位

▼ 墓~ (1028, 23.3%)

82 前に 31 中に 26 上に 23 中から 21 前で 17 前へ 14 下に 12 方へ 11 下から 9 上には, 中には, 中へ, 前には, 前を 8 なかに 7 ことを, ように, 中で, 事は, 側に, 前の 6 あるの, なかで, なかへ, まえに, 下で, 中の, 間を 5 ある寺, そばに, 下へ, 傍に, 戸で

4 [11件] ありかを, うえに, やうな, 下の, 事を, 外に, 底に, 掃除を, 方が, 間に, 隣に

3 [15件] あるところ, ある事, ある土地, おもて, なかには, まわりの, めぐりを, やうに, 上へ, 上を, 中より, 所在を, 石を, 穴を, 辺に

2 [52件] あたりから, あるばかり, あるラロン, ある方, かたわらに, ところまで, なかから, ほとりに, ほとりには, ほとりの, ほとりを, まえには, まわりには, まわりを, 上で, 上の, 下には, 並んで, 中, 中は, 主が, 主に, 主の, 主は, 写真が, 前なる, 前まで, 原に, 台石に, 周りの, 周囲には, 土が, 夕月夜水うたせたる, 如し, 存在を, 底から, 座に, 戸を, 所へ, 所在地として, 数が, 日に, 検分に, 横へ, 死に, 百日紅の, 石に, 石畳の, 花筒には, 草原, 間の, 陰も

1 [436件] あいだから, あいだにも, あたりに, あたりにも, あたりまで, あたりを, あった嶺松寺, あなたから, あなたに, あなたにのみ, あなたの, あなたまで, あなの, あばき方, ありいかなる, ありかが, ありかは, ありよう, ある, あるお寺, あること, あるという, あるはず, あるべき筈, あるノヴォデビーチェ修道院, ある人, ある傾斜, ある処, ある吉隠, ある地域, ある大胡町, ある寺院, ある山, ある山の上, ある慈眼寺, ある所, ある於政, ある村, ある松, ある染井, ある池端七軒町, ある田舎, ある笹山村, ある處, ある西乃入, ある鎌倉, いくつも, いくとせぶりの, うしろに, うしろの, うちでも, うちにも, うつら昼貌, うつら晝貌, お守りを, か, かげに, かたむき, かなたには, かなたより, ことである, こととて, ことな, ことについて, ことばかり, ごと, ごときクリストフ, ごとき屋根, ごとく傲然, ごとく寂しい, ごとく寂しく, ごとし, しづけさ, しら梅中に, すぐ手前みたい, せいです, そばでも, そばの, そばへ, そばへも, そば外の, ただ一基苔の, ために, ちょっとわき, つもりに, ところから, ところに, となりに, ないこと, なかでの, なかの, なりに, なりゆきである, なりゆきは, なりゆきを, ぬしは, はるか手前から, ひそかにも, ふかみ, ほうに, ほかに, ほとりにも, ほとりにやは, まえで, まえの, まえを, まはり, まへに, まわりに, まわりへ, めぐりに, ものと, ようだ, ようなあり, をそのまま, サロン, 一つに, 一つも, 一と, 一端に, 一角に, 七律一須磨の, 上, 上にも, 上はいちめんに, 上よりて, 下, 下か, 下だかん, 下です, 下は, 下へは, 下まで, 下方には, 世話に, 世話を, 丘に, 丘の, 丘へ, 丘を, 並んだ同じ, 中からは, 中かれこれ, 中さまで, 中では, 中でも, 中にも, 中へでも, 中まで, 中までも, 中みたいな, 中を, 中央に, 中池田宗家, 主かや, 主である, 主なら, 主なる, 主を, 主人は, 事, 事で, 事です, 事に, 五六間先に, 五六間向ふ, 今日猶, 他には, 位置を, 低い圍, 倒れて, 側で, 側には, 側にも, 側へ, 側を, 側面の, 傍で, 傍には, 傍の, 傍へ, 傍らに, 傍を, 傍接戰手鬪の, 傍近くに, 入口が, 入口まで, 兩側に, 内部だけは, 内部には, 内部の, 内部よりも, 冷気で, 処分せられ, 出来たの, 出来るも, 前, 前であった, 前でかう, 前とか, 前などに, 前にと, 前にも, 前までは, 前方雜木草莽の, 匂いが, 半分くらい, 卒堵婆を, 南に, 印象が, 取締が, 叢の, 口から, 台石も, 右脇に, 向うの, 向側へ, 周りに, 周囲に, 周囲を, 周圍などには, 問題に, 問題より, 囲ひ, 土には, 土も, 土を, 土盛りの, 土臺石を, 土饅頭が, 在所は, 在所も, 地を, 地下室へ, 垣に, 垣の, 場所は, 墓番を, 壁画に, 壁画や, 壁畫には, 外には, 外の, 多いの, 大金字塔, 天井から, 失踪した, 失踪を, 奥から, 奥に, 奥へ, 奥まで, 奪い合いで, 如, 如き静寂, 委しい記事, 姿を, 威厳を, 字の, 安息所から, 小さい穴倉, 小藪に, 左右に, 左脇に, 帰りにも, 幻影に, 幽霊に, 底へでも, 底までも, 形が, 形に, 形は, 形までを, 形家人に, 彫刻で, 彫刻の, 影であり, 影を, 影法師の, 後から, 後の, 後方から, 後方に, 心配など, 心配を, 恐ろしさ, 恢復は, 悲傷の, 意味に, 意味や, 意外に, 戸, 戸口へ, 所に, 所を, 所在が, 所在の, 所在現存し, 所在知れある, 拓本であります, 掃除せられ, 掃除など, 掃除に, 掟な, 文字でも, 文字を, 方は, 方へは, 方を, 日向に, 曼珠沙華, 有るの, 木の, 木蔭には, 根に, 棚の, 極みである, 構造埋め, 標の, 模様大概記し, 樹木の, 檀家である, 歌として, 此方側なる, 母胎たる, 水は, 深さ, 無から, 無と, 煙を, 片隅に, 現在地を, 生籬の, 畔に, 畔り, 番を, 番人も, 発掘で, 盛り土へ, 盛土の, 相借家, 知られざるまで, 石いだかまし, 石だの, 石だろう, 石とか, 石の, 石も, 石一つ一つに, 石塔は, 石疊の, 石蓋を, 碑文に, 碑銘を, 祖先の, 神の, 穴は, 穴まで, 穴掘りを, 穴掘り役に, 立ち並んだ墓地, 竹箒を, 累った, 細君は, 絵などが, 絵葉書と, 縁石に, 群れでは, 義で, 羽織を, 背後から, 背部に, 興を, 色に, 花に, 苔も, 苔を, 草は, 草むしり, 草むしりばかり, 草むしりを, 草を, 草をも, 菊, 落葉は, 蔭から, 蔭で, 蔭へ, 蔽石は, 蘭字や, 蛆虫が, 行方は, 表の, 表面には, 裏の, 裝飾だ, 話が, 話を, 跡で, 辺で, 辺である, 辺の, 辺までへも, 辺もつとも, 近くまで, 近所で, 道, 道の, 道へ, 道を, 道狭, 遥かへと, 邊に, 邊にて, 邊は, 部に, 銘には, 長歌に, 門なる, 門に, 門を, 間, 間々へ, 間で, 隅に, 隅を, 隣には, 霊堂で, 面を, 頭り, 高さ, 鬼火で, 魯迅の, 鯉幟と, 鷄頭, 黒髪に

▼ 墓~ (595, 13.5%)

11 見て 9 あばいて 5 作って, 建てて, 見た, 見に 4 前に, 抱いて, 拝し, 掘つて, 発いて, 発く, 訪ねた

3 [17件] たてて, 営むを, 守って, 尋ねて, 展した, 建て, 拝す, 掃除し, 掘って, 掘りかへ, 掘ること, 残して, 發い, 見ると, 訪うた, 訪れようと, 造りました当時

2 [50件] こしらえて, すが, たずねて, たて義人, つくった, とむらって, もって, 一巡し, 並べて, 動かして, 囲んで, 守るという, 建てました, 建てるの, 弔ひ, 悪僧が, 所有し, 拝した, 拝みに, 拝んで, 掃いに, 掃除する, 掘りに, 探りに, 撫し, 撫でて, 枕に, 毀たれた, 清め花, 発見した, 知って, 立てる所, 築いて, 築きて, 見ながら, 見る, 見ること, 見物に, 訪う, 訪うて, 訪ねそれ, 訪ねたの, 訪はれた, 訪れその, 設くる, 谷中か, 造って, 造りました當時, 造ること, 離れた

1 [376件] あずかって, あばいたお, あばいたが, あばいたばっかりに, あばいた者, あばかしたところ, あばきに, あばきには, あばき棺, あばくの, あばく様, あらして, あらすの, あらす者, うしろに, おしのけレール, おほん, お作らせ, お尋, お掘りなさい, かこんで, こ, こしらえた上, こしらえ始めました, さがして, さがし出して, さがす, さぐりに, さも死人, せわしなく見較べ, そこに, たづぬ, たづね, たてその, たてたの, たてよう真白ろ, たびたびあらした, つくったこと, つくつた, つくつたの, つくらなかった学者, つくりました, つくり私, つくるため, つくる仕事, とぶらい, とむらわんが, ながめたなりに, ながめぬ, ならべること, ねらいに, のこしたでござろう, ぱっと眼前, ひらくと, ほりかえして, ほりたり, ほりカナリヤ, また堀, みつめて, めぐった鉄柵, もったらいい, イングランドに, ミサヽギと, モスクワで, 一つに, 一回りした, 上野共同墓地に, 下りながら, 中心に, 主に, 二めぐり, 二人は, 二十四時彼女の, 云々し, 人前に, 今日も, 伊勢の, 作った, 作ったの, 作つてお, 作つてその, 作つて收めて, 作りつつ, 作りましたが, 作り石, 作るの, 作る機会, 侮辱され, 修復する, 再建した, 処分せしめ, 出た, 出た骸骨, 出て, 出でて, 列べて, 刻んだでやして, 刻んだ人, 力めて, 包んだ, 占拠し, 去つて, 台に, 同じうし, 向いて, 告げて, 営まずして, 営む資格, 囲んだ杉, 埋めて, 堅固に, 墓として, 守り乍ら, 守るの, 定むる, 定めたら大隈伯の, 将軍塚と, 尊重した, 尋ぬる, 尋ねた時, 尋ねてから, 尋ねに, 少々移動, 展し礼を, 展す, 展る, 山辺赤人という, 山門の, 川原に, 巡る夕月, 巡拝する, 巡詣すべく習慣, 巣鴨に, 幽霊の, 幾通りも, 建ったの, 建つといふ, 建てずに, 建てたいくらい, 建てたとの, 建てたの, 建てたらと, 建てるため, 建て東京, 建る, 廻って, 廻らしめ爾後寡婦, 廻りながら, 弔いするでよろこぶの, 弔い五社峠, 弔うたり, 弔した, 弔つてやらう, 弔ひぬ, 弔ふ, 彫ったん, 彫って, 後に, 後ろに, 徳利形や, 思いながら, 思ふ, 怱々遁げ出した, 愛し守ること無類, 愛し護ること, 懐ふ, 手探りで, 打ち立てつ後, 抜けて, 拝すべく, 拝せん, 拝む, 拝んだ, 持つ, 持上げて, 指して, 指し教, 指し示しながら, 捜しつつ, 捜して, 捜しま, 捜しまわって, 捜し求めて, 掃いこの, 掃かせ程, 掃った, 掃つた, 掃つてゐる, 掃ひ, 掘かへ, 掘った, 掘ったら中, 掘つた, 掘つた日, 掘らせて, 掘らでは, 掘りかえし彼, 掘りますと, 掘り出すもの, 掘り棺, 掘り父老, 掘り石, 掘り終え小さな, 掘り起す狼, 掘り返した時, 掘り返して, 掘り返すこと, 掘り返す權力, 掘ると, 掘るの, 掘るまでも, 探して, 探策して, 揺ぶっ, 教えて, 教える約束, 数人で, 料らずも, 明るくした, 暴いて, 暴露した, 書きすてること, 書くか, 最も身分, 有って, 杖で, 横ぎりて, 檢する, 歴訪した, 水の, 求めて, 洗つ, 洗ひ出し, 洗ふ, 流したもの, 涙の, 準備し, 無縁に, 照らし, 牧場に, 物珍しそう, 犬や, 犯す者, 狸が, 玉御殿と, 生きて, 生前好かれ, 用意せよ, 畑と, 発かせると, 発きでも, 発きました女, 発き尸, 発き屍体, 発くと, 発くよう, 発く豈, 発掘し, 発掘した, 発掘すべき, 発見し, 發いた, 發掘し, 目撃した, 看る, 眺めたの, 睨みつけて, 睨みつづけて, 睨んで, 研究する, 破そう, 破り家, 示す碑, 礼拝し, 祀つたもの, 祭つてゐる, 祭る者, 祭ろう, 私の, 私は, 穿った時, 窺ひし, 立つること, 立てました, 立てましては, 立てる処もち, 立てろ, 箸墓と, 築かせた, 築くべし, 紹介した, 縁から, 縛し, 縛せん, 繞つた鉄柵にも, 考えて, 聞きまた, 聯想させた, 肥やそうという, 芭蕉の, 草ん中に, 表し祠, 表わし霊犬誌, 見いだした, 見おろしながら, 見おろし見まもって, 見せて, 見たこと, 見ただけでも, 見たって, 見たり, 見た事, 見つけた時, 見つけてほど, 見つけ出したこと, 見つけ出すの, 見つめて, 見ても, 見ないので, 見ましたが, 見やりながら, 見ようって, 見よとい, 見るという, 見るに, 見るの, 見る気, 見モーモー, 見事に, 見出したので, 見出す度毎, 見届けて, 覗いて, 覗くと, 討めに, 訪うこと, 訪うたり, 訪うた佐藤文次郎氏, 訪うた時, 訪うた柴山, 訪う人, 訪おう, 訪おうと, 訪ねた時, 訪ねる歌, 訪ね二人, 訪は, 訪ふ, 訪れるの, 詠じた一首, 詠ずるの, 調査に, 護りて, 谷中墓地に, 賑やかに, 起さなければ, 透視されました, 造つて財産を, 造りました, 造る資格, 造ろうと, 過ぎる者, 遙拝し, 遠くから, 遶った, 遷した所, 遺した毒婦高橋お伝, 遺して, 鎌倉山に, 開いて, 開けたの, 陰相に, 離れず食物, 離れない決心, 飾らじ, 飾ること

▼ 墓~ (419, 9.5%)

7 詣でた 5 参詣した, 詣でて 4 お参りした, 参って, 埋めて, 香華を 3 お詣り, なって, ならぬうち, 似たり, 入るの, 向って, 水を

2 [32件] お参りする, ついて, ねむれ, のぼって, むかって, 並べて, 入るまで, 入る日, 凍みつつ, 刻し, 刻むべき, 刻んで, 参りけり, 収めて, 同情しない, 埋めたの, 彫り付けて, 持って, 日ざししづけく, 眠れるでも, 置かば, 置く場合, 腰を, 花が, 葬つて, 葬るの, 詣った, 詣でたこと, 詣でても, 詣るらしい若い, 謁する, 香を

1 [301件] あき草, あげようと, あった花, ありし昔, ある御, ある者みな神, あれ, いくつも, いくらかでも, いらざるまえなにびと, いるかも, うずめて, うめられて, おじぎを, おまいり, おまいりし, おまいりしました, おまいりする, おまゐりし, お供え申しました, お参り下さいまし, かえされました, かくれぬ, かけし人, かけた, きざまれた虚しい, くらべて, この旨, ささげる花束, して, しても, しよう, すゑたる, そなえる草花, たちか, たどりついた, つきて, つける標, ながいつめ, なきがら, なっても, なつた, なつて, なり当年, なる所, はいったという, ひとりでに罅, ひと束の, ふと眼, まいって, まいるついで, まいる人, まうで, まゐる, もういちど名残り, もうでゴルドン, もう一度名残り, ゆきました, ゆきますと, ゆき酒, ゆくところ, ゆく日, われを, イヤ気が, 一株の, 人々が, 伏しか, 伏して, 伴れ, 使われる古風, 來て, 供えて, 供すること, 供へ, 入った, 入るごとく, 入るところ, 入るもの, 入るらめ, 入る前, 入れさせんで, 入れしひとり, 入れたと, 入れて, 入れば, 入れる, 入れるとき, 刻まれて, 参った, 参らうと, 参りて, 参りに, 参りました, 参るや, 参る折, 参る積, 参詣し, 参詣する, 及んで, 収めずして, 収めたと, 収める習俗, 口を, 台石を, 合葬した, 名殘, 向いましてな, 向う, 向った, 向ってさえ, 向っては, 向つたので, 向つて, 向つて合掌, 向ひ, 向ふ, 向側の, 哭せん, 唾を, 在らずと, 埋ってる人, 埋めさせたの, 埋めしめた妄執, 埋めた人間, 埋めた私, 埋めないから, 埋められた, 埋められたの, 埋められて, 埋められる, 埋められるより, 埋められる前, 埋めるな, 埋める馬鹿, 埋め置いて, 埋もれたり, 埋られて, 埋れた心, 堰かるるあの世, 墓に, 外套の, 多く用ひた, 夜ごとに, 封じ得るどころか, 尋ね詣でつ, 對し, 就いては, 居たもの, 居寄りつつ, 屍体が, 山陽の, 建てること, 引込まれて, 当る, 彫つて, 彫りつけるん, 心を, 悲しみの, 所縁の, 手向けて, 手向けんため, 捧げられたの, 插した, 收めた, 收めたのも, 数回詣でた, 新らしい, 曇華水子と, 来るもの, 栽ゑた話は, 桜ちら, 植えて, 樒一束手向る, 池を, 沈みたり, 泣きぬ, 演出される, 灯れて, 灯を, 焚香し, 片脚下, 生うる, 申譯ない, 白木の, 相違ない, 真新しい草花, 眠ってるん, 眠り伝わる事, 眠るの, 着せたに, 示教童子と, 祭られて, 祭りて, 私の, 移りて, 立てたこと, 立てて, 立てても, 立てなければ, 立てる割り竹, 納めること, 紫陽花咲きかけ, 絶えないと, 線香を, 縋りついては, 置いたという, 置くという, 肖像の, 腰でも, 花や, 花を, 若い男, 草が, 草はじめて, 葬ったとき, 葬ったの, 葬って, 葬つた所謂副葬品, 葬られその, 葬られるであらう, 葬るという, 葬るもの, 蔵める, 行きたいん, 行くの, 行く人, 行く迄, 行って, 詣うでたその, 詣ずるべく湖岸, 詣ずる人々, 詣づる記, 詣で, 詣でその, 詣でそれから, 詣でたの, 詣でたり, 詣でたを, 詣でた柴山某, 詣でなかつた, 詣でようという, 詣でる, 詣でるお, 詣でるの, 詣でる途中, 詣で一人, 詣で先祖, 詣で夢, 詣で島村邸, 詣で後, 詣で決して, 詣で當主丹, 詣で神辺, 詣らうと, 詣らなかつたので, 詣らねば, 詣りたいと, 詣りたいとは, 詣りて, 詣りました, 詣り一時, 詣り其の, 詣るため, 詣る老女, 詣れば, 誓うの, 謁し, 謡を, 豊吉は, 足を, 輝かば, 近づいて, 返して, 追いやるため, 逃げ込んだ, 這入る用意, 連れて, 運ばれる時, 達り, 違いありません, 遺骨や, 銘した, 鋤鍬を, 鍬を, 門のみ, 関係が, 降りゆく道, 限り多くは, 雨が, 雪が, 電灯を, 霙降り, 額ずくような, 飾りました, 香花や, 香花を, 駆けつけて, 鯉幟を, 黒穂が, 黙祷し, 鼠近付かず

▼ 墓~ (315, 7.2%)

4 そのま, 市内の 3 ない

2 [20件] いま下谷谷中の, どこに, よほど変っ, 上に, 京都の, 仙台にも, 共同墓地へ, 大きい台石, 宿から, 小さい堂, 小石川の, 山の, 幾年の, 建札も, 思うにも, 新しい大きい石, 更に甚だしく, 求めて, 見当らなかった, 谷中天王寺に

1 [264件] あった, あの通り, あります兄, ありませぬけれども, ありませんよ, あるべけれと, あわれ, いい, いかにもこの, いずれでござる, いつも異教徒, いつ頃, いづこ, いにしえの, お京の, かういふふう, きょうは, きらいだった, この世から, この前, この時, この書, この浜松, これだった, これに, これ皆あなたさんところのばかり, さぞ高い, さながら暗夜, さながら梢, さみしいが, しかしどれ, すくなくとも七, すぐわかりました, ずっと以前, そことは, そのまま其村, その二百坪, その寺, その後壞し, その斜面, その谷, ついこの, ついに下男, とつぜんはげしく, どうしたろう, どうなる, どこでしょう, どこです, どこの, どちらです, どんなとこ, ないの, なか, なかった, なかっただろう, なほ新, なんと云, ひとたびは, ひどく愉しげ, ほとんど土地, ほんとうの, まだありありと, まだ土, まだ土饅頭, まだ新しい, まるでどうだ, みんなこの, やっぱりあった, ようやく大正, よほど荒廃, ウエストミンスター教会に, オクラホマに, シェイクスピアと, ターリング・プレースの, ドイツの, マルクス夫妻と, ラ, 一つでは, 一寸の, 三重の, 下谷区入谷町静蓮寺に, 不注意に, 丘の, 互に並ん, 五つ六つ, 五輪の, 人の, 人間が, 人間を, 今でも, 今の, 今は, 今も, 今一基あっ, 今京都, 今日でも, 今日の, 今日迄, 仙台市の, 何と, 何処だろう, 供養塔か, 俗に, 倒れ埋もれて, 傳通院に, 元の, 先に, 先祖代々の, 全く死んだ, 六畳敷き, 其なり, 分りません, 初め薨御せらる, 別に, 別に造る, 前橋市榎町政淳寺に, 前者の, 勿論墓, 北河内郡菅原村に, 千住の, 千葉町大日寺に, 南を, 即ちこの, 古いと, 古い英祖王, 古代諸, 名ばかり真実屍を, 向う岸の, 囲いの, 土を, 城から, 墓と, 墓地の, 壮大で, 多く青山埋葬地に, 多けれど, 多摩墓地な, 多磨墓地第, 大したもの, 大半倒れた, 大垣の, 大西洋岸の, 女根に, 好きだ, 実を, 容易く見附けられた, 寺男の, 尋常の, 小さい木, 小さな石, 小日向の, 小日向水道町なる, 小石川戸崎町瑞鳳山祥雲寺に, 小石川水道端の, 小路を, 山城宇治黄蘗山万松岡独立墓の, 崇福寺に, 崖の, 嶺松寺に, 已にありませぬ, 市内下寺町の, 常に後, 常泉寺の, 幸に, 幾らも, 幾百年の, 廃絶し, 弔ひ, 形も, 後に, 後嗣梅津謙助氏が, 御子部を, 御洗骨, 徹底し, 慥か川端, 拝所と, 故郷に, 散々に, 新光明寺, 日ざかりを, 早くて, 明治四十三年頃に, 曾て, 朗羽山長照寺内に, 本の, 東京に, 東山の, 東町洞林寺に, 東経一六〇度二分北緯五十二度六分, 松陰が, 果して安井夫妻, 果して無縁, 果たしてそこ, 染井の, 栗山の, 検校の, 榴ヶ岡下の, 檀家が, 檗山竜興院の, 正方形に, 此方でございませう, 此時二地に, 段位が, 気の毒な, 永昌寺まで, 注意深く守られ, 浅墓, 浅草蔵前西福寺内真, 浅草西福寺に, 浅草高原町の, 湖畔の, 無い, 無かつ, 無縁です, 熊谷に, 猫の, 現在多磨墓地に, 現界の, 町端れ, 発見され, 白い十字架, 白樺の, 皆暗かっ, 皆由緒の, 直ぐ判りました, 知りませぬから, 砂に, 硯の, 福山東町賢忠寺に, 私共が, 空虚だ, 立てずに, 立てり, 立派でした, 築かれて, 築地の, 綺麗に, 美作の, 聖三位一体教会の, 花崗石の, 草に, 荒れに, 荒寥たる, 荒町の, 虫なく, 西浦賀に, 西湖における, 誰れ, 谷を, 谷中斎場の, 赤穂に, 足利に, 遠いの, 部落の, 鉄柵を, 門を, 門人近藤玄之, 雨叩きに, 青山か, 青葉神社に, 願行寺先塋の, 香華未だ, 駒込吉祥寺で, 麻布の

▼ 墓~ (292, 6.6%)

27 ある 7 あつて, あると 6 あって, 並んで 5 あった, あつた, ありました 4 あります, ならんで, 建てられて 3 あるが, あるん, 残って, 見える

2 [11件] ありまして, あるから, あるので, あるはず, そこに, 二つ三つ, 二つ並ん, 多い, 幾基も, 建って, 此処に

1 [178件] あったが, あったと, あったので, あの寺院内, あばかれたなどと, あばかれて, あばかれ破壊, あらはれて, ありその, ありましたが, ありましょう, あり墓, あり静か, あるか, あるかと, あるくらい, あるせい, あるそう, あるそれから, あるつて, あるでしょうと, あるでは, あるといふ, あるね, あるよ, あるよし, あるン, ある吾が, ある墓, ある所, いくつと, いずこか分らないの, いつぱい, おれを, きょうは, くだらなく見えた, こうしてちゃんと, ここに, こちらに, こんなところ, こんな東京府下, ございましたが, ございまして, ございます, ございます飯篠先生, ござんし, そここ, そのあたり, それを, たくさんありました, たくさん散在し, たくさん竝んでを, どういふ, どうもおかしい, どこに, なかった, ならびそうしてそばのはな, のけられ貸家, はっきりと, ぴつしり並ん, まだ取残され, まばらに, みんなこの, もうちゃんと出来, インチキで, カラだ, 一つこ, 一基あった, 七年前に, 三つ並ん, 三尺許の, 上野に, 並び傾きまた, 予の, 二つ, 二つも, 二基ある, 二基並ん, 二基雪を, 京都の, 今は, 今も, 何よりも, 何故に, 保存され, 僕は, 儼存し, 全く痕跡, 出来た, 出来た時, 出来てから, 出来てるの, 卒塔婆が, 同じ寺, 向島より, 向島嶺松寺に, 吾, 四つ五つ並ん, 四基ある, 太平洋を, 家が, 少からずある, 尼さんの, 巣鴨に, 建つという, 建てられたの, 建てられた当時, 形の, 彼の, 彼方此方に, 心の, 必要だ, 懐中電灯の, 成ったそう, 拵へて, 据わって, 散らばつて, 数基なら, 数基並ん, 新に, 旦那様が, 春琴の, 晩春の, 最も奥, 最初に, 有りましょうか, 有る先, 本堂の, 染井共同墓地に, 森の, 横たわって, 此の, 民子が, 流れは, 浅草高原町の, 濡れて, 無数に, 物を, 現はれ, 生きて, 発かれて, 発見され, 発見られた, 目白より, 眼に, 私の, 空だ, 穿たれ各, 突と, 立つて, 立並び文化, 笑えなくなって, 築かれましたので, 繁昌する, 自分で, 船に, 蓬吟氏の, 蕭条たる, 見えてるぢ, 見えるかな, 見えるぐらいの, 見えるところ, 見える春風, 見える椎, 見たくなったの, 見附から, 谷中に, 近いので, 近くて, 造られるよう, 道に, 開らけた, 雑司谷に, 雑然となら, 静まり返って, 鞠躬加として, 養源寺という, 鳩巣の

▼ 墓~ (166, 3.8%)

4 お詣り, 往った, 行って 3 参詣する, 参詣に, 行く道, 行った, 香花を 2 いっしょに, いって, お参りを, 参詣し, 来て, 案内し, 水を, 詣って, 連れて

1 [121件] いれて, おとも, おまいり, おまゐりし, おわびに, お参りした, お参りに, お時宜, お納めしました, お葬り, お詣りなさいました, お這入なさい, しけこむもの, そなえたの, その当時, だよ, ちょいちょい位, はいるも, ひつつい, まいったり, まいりましょうか, まいるとき, まゐ, まゐり, まゐりました, もぐりこんで, ゆきけれ, ゆくあの, ゆくのに, キリスト回, 一寸, 一度参った, 一度参つた, 会いに, 入った, 入ったん, 入った者, 入って, 入つた, 入口の, 初めて詣る, 別れを, 参ったり, 参りに, 参りました, 参りました帰り途, 参ります, 参り申候, 参る, 参るか, 参るかは, 参るの, 参るも, 参詣した, 參り, 合葬された, 向って, 吸いよせられて, 噛みつこうか, 土を, 埋めたまま, 埋めて, 埋葬し, 夕蜘蛛が, 寄進の, 帰ります, 度々参る, 廻って, 廻つて半, 往って, 御参りも, 御礼詣り, 急いで, 急ぐため, 手向けたこと, 手向けたの, 手向けたもの, 手向ける小菊, 投げこんだ, 持って, 持つて, 来れば, 此の, 毎月お参りを, 毎月行かせます, 泣きに, 綱手殿の, 花持つ, 葬って, 葬むられた, 藷の, 行かれました, 行きましょう, 行くと, 行くにも, 行くわ, 行く途中, 行け, 行ったり, 行つたのである, 親戚でも, 詣ってたん, 詣つて, 詣でて, 詣でるの, 詣で居たのみ, 詣られたの, 詣りが, 詣りそれから, 詣ろう, 誘い込まれたと, 誰か, 謁する, 迎いに, 近づいたが, 送る, 這入つてしまつたの, 進むの, 運ばれ白い, 隱した, 餘り入れなかつた

▼ 墓~ (122, 2.8%)

4 言ふも 3 墓との, 墓の, 書いて 2 いうと, いっても, その周囲, なつて, 会津の, 刻まれ裏, 同じやう, 向い合って, 称するもの, 題す

1 [89件] あり裏, いい森, いうので, いうべきです, いうより, いえば, いって, おぼろげに, かかれて, この三つ, さだめて嫁, したので, しひそか, しるした立札, するが, する武人, その周圍, それからあの, なすに, なつた, なりたる所, なり相, なると, ふ影, マリアが, 一しょに, 一しよ, 一個の, 並べさせたほど, 並べて葬った, 並んで, 云うと, 云つて参る, 云ふも, 他人の, 伝うる古, 傳へらるる, 凡人の, 刻んで, 勒せられた, 及びサラディン, 同じである, 名づけられて, 向き合いに, 呼ばれて, 呼ぶ, 呼んでを, 唱う琉球, 塔婆の, 大きな碑, 大人の, 定めた場処, 定めて, 寺だらけな, 小栓, 年齢とを, 当地の, 彫った新しい, 彫りたるなり, 心中する, 思い引き揚げた, 思って, 思はれる立派, 新しい私, 書かれた墓標, 札が, 比んで立つ, 決めて, 浮世の, 為って, 牡丹の, 相対し, 碑銘, 祖母の, 称する古墳, 称する墓場, 称せられるもの, 結びつけて, 考へら, 見て, 言うもの, 言ったの, 言われて, 誤つて, 重なりそして, 金字を, 銀杏の, 題して, 館の

▼ 墓~ (96, 2.2%)

5 ある 3 あれば

2 [11件] あった, あり, ありますよ, ここへ, この寺, 京山の, 今は, 大野の, 寺と, 旧の, 涼しさ

1 [66件] あつた, あてには, あと形も, あの人, あはれなりけり, ありて, ありますから, ありますが, あります其外一族, あるから, あること, あるし, あると, あるの, いっしょに, いらん, かなり多かっ, これでなくなった, その中, その寺, どこだ, ねえ有様, やうやく, やはり円通寺, りと, エジプトでは, 一まとめに, 二ツできる, 亦洞雲寺, 人も, 休息に, 作って, 先祖の, 力士谷の, 參つて見れ, 古い墓, 古くなつ, 墓年を, 多くそこ, 小さくし, 小石川の, 少くなかつた, 恐竜に, 持てないこと, 掃かず日々安閑, 撫でたし, 撫でて, 数箇所に, 本に, 案内を, 浦添辺に, 無かるべしと, 無縁の, 用意し, 発いた, 知らず唯, 知りません, 草むしりし, 葬式も, 西方の, 見えるが, 見ずに, 見たこと, 規則正しく行列, 都合で, 闇の

▼ 墓詣り~ (91, 2.1%)

15 をし 7 をした 6 に行く, をする 4 に来 3 をしよう 2 に来た, に血, の人影, の人達

1 [42件] からかえって, がたび, が出, くらいはし, だけでもし, という名, といっ, と云, と云う, などと申し, にいく, にお初, にとだけ言い遺し, にの, にめ, に一人, に伺う, に出かけず, に参っ, に参りたい, に参ります, に朝, に行かう, に行こう, に行った, に行つて懇意, のおり, のたびごと, のため里, は年, は祖母, は私, は誰, みたいな, も特別, をしばしば, をします, をすませ, を怠る, を致しました, 一つにさえ, 寺詣り

▼ 墓~ (87, 2.0%)

4 のだ 3 自分の 2 ことである, ものだ, んだ

1 [74件] ことで, つめたいむごいエゴイズム, のか, のであった, のである, のであろう, のです, のねあたし, ほとんど暴力的, ものかという, もので, ものです, ものでなく, ものに, ものは, もんじゃ, やうである, われわれには, んだろう, オッチョコチョイに, 三面記事と, 世間は, 事を, 事実なぞ, 人では, 人な, 企て幕府とて, 凡慮を, 前提だけで, 善意や, 声で, 女には, 奴だ, 少年を, 彼の, 征服慾に, 心から却って先生, 心にのみ, 心入と, 心懸, 悦びを, 愚かな, 感傷だろう, 態度に, 慢心の, 所為でした, 才覚を, 技巧は, 教育手段に, 時代だった, 智慧などでは, 歓びを, 気持ちしか, 生活や, 社交振りを, 私, 私の, 素振りは, 考えから, 考えだ, 考えな, 考えを, 考から, 考を以て, 苦労なぞの, 言いつくろいが, 話だ, 跳ね返りものだ, 軽薄そうな, 通俗小説ばかりを, 野心などは, 非難に, 韜晦は, 魂胆が

▼ 墓~ (75, 1.7%)

4 の木立, の松, も佐紀 2 ごもりひびきゐる, に風, の空地, の花, は小雨しめ, へ出た, や石, を夜中, を歩い

1 [45件] がある, が薄, だった, で惡戲, なので, になつ, には人影, にタタキ付け, に持ち出い, に来, に燈籠, に隣った, のごとし, のよう, の前, の向う, の外, の森, の草, の遅き, の遲, の間, の香, の鯉幟, へやって来た, へ出, へ持っ, へ潜, へ立, へ行かなけれ, へ行った, も佐紀山, や成金壁, や昼, や晝, らしい処, をさま, をさまよっ, を分け, を帰り来る, を歸, を眺め, を通り, を通ります, を過る

▼ 墓から~ (60, 1.4%)

6 出て 2 十間と

1 [52件] あの三十万弗, うる我等, おしゃりこうべでも連れ, お化けが, かすかな, この道, それを, たくさん漆器の, 一しょに, 三四歩遠ざかった, 二人分出, 出たいろ, 出たといふ, 出たとき, 出た一つ, 出た人骨, 出た形式, 出た状, 出た黄金, 出るの, 出るん, 出る品物, 千兩箱を, 同行し, 墓へ, 大蛇が, 帰って, 彼に, 彼の, 折り取って, 抜け出して, 持って, 掘りだした美術品, 掘りだし代り, 掘り出されて, 掘り出して, 放射状に, 数歩退い, 時には五六十, 来たん, 東北に, 椀を, 汀つ, 物に, 現われて, 発掘し, 迷って, 這い出して, 遠くない, 遠くは, 頭を, 飛び去ったと

▼ 墓掘り人~ (48, 1.1%)

6 は言った 2 の札, は, はメティエンヌ爺さん

1 [36件] から目, が, がい, がきた, がその, が死のう, が茂み, が身, だからとて, だと, だよ, であった, ではない, とが棺, となった, との間, なんかになる, にそして, に立ち会わね, に近寄った, の住居, の用, の腕, はちょっと, はなお, はまた, は優者, は出られた, は夢中, は彼, は狂気, は第, は答えた, は自分, は草色, は驚い

▼ 墓~ (38, 0.9%)

53 といっ, な 2 なんて独り言

1 [25件] そうでございます, でことわりいう, ということ, という事, といってる, といつ, とか, ときい, とみ, とわかります, と云っ, と別当山伏, と思い込む, と思い込んだ, と教え, と教えた, ね, の, のという, のの, のは, 何代目だ, 墓の, 恥を, 虚偽だ

▼ 墓には~ (36, 0.8%)

1 [36件] いって, いるねや, お隣り, たえず花, ひつて, まあるく, わたしにとって, 七人の, 何, 何にも, 何の, 何も, 俗名世代と, 光岸浄達信士という, 多く誌銘が, 天下の, 太子の, 始終お, 幽霊が, 時折に, 植ゑよひと本の, 檀家が, 正面から, 海保漁村の, 皆檀家あり, 盛土の, 秋山微笑居士, 精神的の, 自分も, 花も, 草の, 蘭室幽香信女と, 詣らないという, 誌銘が, 誰が, 魚を

▼ 墓まいり~ (36, 0.8%)

5 に行った 4 に行っ 2 をし, をする

1 [23件] か, さ, さえした, だけをし, って奴, とはきいた, に, においでなさる, にきのう, にはたびたび, にまいりました, にもなく, に出, に始終, に往, に時々, に行きます, に行く, に連れられ, をすました, をすませ, をするっ, 位は

▼ 墓~ (27, 0.6%)

2 マメリュクスの, 力張りきる, 埴の

1 [21件] この憂国, めんひる, ゑのころぐさの穂は, ゑのころぐさの穗は, モーツァルトの, 一族に, 四角の, 御陵だらけだった, 支倉六右衛門の, 新しい墓, 杉の, 森ばかり, 洞窟に, 浅間神社の, 石棺が, 石碑でも, 突当り, 英雄の, 血に, 記念碑を, 青空や

▼ 墓~ (27, 0.6%)

2 に於ける, に移つた

1 [23件] で自分たち, に咲い, に流るる, に移し植えたる, に移植, に誘はれ, に転住, に香, のさま, のしめり, の家, の宿草, の桜, の梅, の樹, の茶屋, の茶店, の詩, はすぐ, へ水瓶, を散歩, を通行, 近く居

▼ 墓~ (22, 0.5%)

4 あつた

1 [18件] あつて, あらっしゃる, お新, ごいす, ござります, ごぜえやす, そのうえに, それは, より神, 今日詣つたらしい, 名高い寺, 墓の, 嫌味な, 愚痴が, 発掘かれ, 祖霊の, 興覚め, 見たよう

▼ 墓にも~ (22, 0.5%)

2 相手の

1 [20件] いなりずしもっ, おまいり, お断りしよう, たれかが, たれて, よく詣る, 一日も, 似て, 帰らないで, 星を, 書いて, 梅廼屋の, 水を, 花と, 西村泊翁という, 詣でけり, 詣で親類, 詣候, 近所の, 香花を

▼ 墓掘り~ (19, 0.4%)

1 [19件] が憎, が控え, だ, だよ, だ隠亡共, です, でもやっ, などをする, に朝, のする, のよう, の仕事, の男, の男たち, の相手, の際, は墓穴, をやっ, 爺メティエンヌを

▼ 墓である~ (17, 0.4%)

2 ことは

1 [15件] かと訊い, かは知りませぬ, かもしれない, からまた, から修繕, から十年二十年, か判らない, ことが, ことを, ということ, といふこと, とお, とのこと, とも言, と伝えられ

▼ 墓~ (17, 0.4%)

1 [17件] がつい, こそ悲しい, とか辞世, とき, として, などだから, の主, は露西亜語, をありあり, を作らなかった, を作る, を撰, を書かせろ, を沢庵石, を見た, を読んだ, を選ぶ

▼ 墓~ (16, 0.4%)

5 りに 2 りを 1 にでも來, の後, の歸, の爲め, やら訪問, りの, をし, をする, を果したい

▼ 墓という~ (14, 0.3%)

3 のが 2 ことに 1 のも, のを, ものが, ものに対する, ような, 文字に対しては, 無に, 語は, 題が

▼ 墓掃除~ (14, 0.3%)

1 [14件] からくたびれ, するでも, せぬ墓守, だけには行っ, にかよう, にかよっ, にはまた, に来る, に行っ, に見えました, の手桶, をいたし, をすました, を依頼

▼ 墓より~ (13, 0.3%)

1 [13件] いで, ふた, 出で, 寺に, 少し引き, 少し離れた, 掘出しこれ, 立派な, 脱け, 起き出るを, 起出づるごとく, 起出るごとく, 陰影的なりき

▼ 墓~ (13, 0.3%)

1 [13件] で案内者, にそれ, に入る, に彼女, に投じたる, に收め, に眠り, の人, の大敵, の安らかさ, より出, より呼び起こし, より掘り出した

▼ 墓~ (12, 0.3%)

1 [12件] が故山, と云い, と水盤, に参拝, のみで, の立てられた, の踪迹, の間, はその, もいらない, を搖, を搬出

▼ 墓です~ (11, 0.2%)

321 から, からね, か雑司ヶ谷, けれどもその, こんな大きな墓, よ早く

▼ 墓とは~ (11, 0.2%)

2 わたしに 1 ほとんど除物, 別に孤島, 別に離し, 区別され, 名のみ, 気づかない, 無用だ, 申されない, 見て

▼ 墓へは~ (11, 0.2%)

2 まいらずに 1 いる前, その後何度と, まず詣でた, 何も, 入らず足音, 入れぬ, 私は, 連れて, 駒井甚三郎も

▼ 墓まで~ (11, 0.2%)

1 [11件] おこしらえ, だ, 其の屋敷, 往復した, 数えれば, 案内を, 用うる, 蔓草の, 薄い衣, 連れて, 金を

▼ 墓~ (11, 0.2%)

2 のヴァンサン 1 が一人通つたの, のやつ, の若, の若い, は台所, は思つた, は用心, をさし, をし

▼ 墓では~ (10, 0.2%)

1 あったが, ありませんが, あるけれども, ない, ないかと, ないが, ない場合, なく碑, まだ火, 塚の

▼ 墓~ (10, 0.2%)

3 ゐりを 2 ゐりが, ゐりに 1 ゐり, ゐりの, ゐりも

▼ 墓~ (10, 0.2%)

2 男の 1 に見受ける, の人, の場面, の歌う, の無作法, 人夫, 人夫を, 番の

▼ 墓~ (10, 0.2%)

1 にあらずや, にでも急ぐ, に立, に立ちたる, の章, の靜けさ, より下る, をすぎれ, を出で, を護

▼ 墓~ (9, 0.2%)

1 にならし, に埋もれよう, の中, の黴臭い, はそば, までもがしたたか, を掘り返そう, を撥ね返した, を狸

▼ 墓~ (7, 0.2%)

1 があった, が不快, が幾枚, そこに, まだ子ども, を暴露, 行って

▼ 墓でも~ (7, 0.2%)

2 あった, 建て 1 なかつたの, 動かすかして, 鏡は

▼ 墓との~ (7, 0.2%)

1 あいだに, あいだには, 事を, 境界が, 相違など, 間, 間の

▼ 墓よりも~ (7, 0.2%)

1 もっと香煙, 己の, 後に, 栗の, 永久に, 落ちついて, 関心を

▼ 墓らしい~ (7, 0.2%)

2 ものが 1 ねえ, ものは, 小高い丘, 形の, 筍が

▼ 墓~ (7, 0.2%)

2 の石像 1 に留め, に種, の松颯々, の花, の霧

▼ 墓~ (7, 0.2%)

1 に一人, に其の, に来られる, の田舎道, は昨日, をしたい, をする

▼ 墓からは~ (6, 0.1%)

1 それほどたくさん, ただ蟇, 支那から, 漆器で, 鏡が, 香烟が

▼ 墓とも~ (6, 0.1%)

2 知れないやう 1 しるすに, 分らないで, 寺とも, 知らずに

▼ 墓作り~ (6, 0.1%)

4 に雇 1 に長, に雇われた

▼ 墓~ (6, 0.1%)

1 で食, に侘しい, に立てる, に葬られた, へ持っ, を離れし

▼ 墓~ (6, 0.1%)

1 のなか, のよう, の扉, よりも静, を内側, を訪れる

▼ 墓~ (6, 0.1%)

1 のごとき, の口, の構造, の開ける, へのお, より起き

▼ 墓あらし~ (5, 0.1%)

1 の話, はもう, をした, をやります, を好んだ

▼ 墓といふ~ (5, 0.1%)

1 のを, ものは, 古いガマ墓, 語は, 題が

▼ 墓と共に~ (5, 0.1%)

1 今一つ左手に, 拝んで, 最も強く, 此の, 踪跡を

▼ 墓など~ (5, 0.1%)

1 あると, 掘って, 掘つて, 称するもの, 訪うて

▼ 墓なる~ (5, 0.1%)

1 ものあれ, ものに, を知り, 恐怖, 教訓なれ

▼ 墓をも~ (5, 0.1%)

1 一つ一つ検した, 埋めつくして, 境内の, 打砕いて, 訪ひます

▼ 墓~ (5, 0.1%)

1 と家中, におり, にとどまり, に辱知有志, の詩

▼ 墓~ (5, 0.1%)

4 の裾 1 へ上っ

▼ 墓碣銘~ (5, 0.1%)

1 が小伝, と小伝, にも多少, のみである, を見る

▼ 墓~ (5, 0.1%)

1 から引出しゃせぬ, のま, のよう, ばかりでなく, を着

▼ 墓説話~ (5, 0.1%)

1 とを示さん, に, に似, の, を詳

▼ 墓~ (5, 0.1%)

1 の制度, の規格, の規模, をつくつた, を移し

▼ 墓あり~ (4, 0.1%)

1 て地, 六十歳, 墓は, 水道の

▼ 墓ある~ (4, 0.1%)

1 ところ清水坂に, はよく, 故に, 處に

▼ 墓~ (4, 0.1%)

1 それとも住居, 何しろ余, 嫉ましい恋, 杉の

▼ 墓じる~ (4, 0.1%)

1 しがございましょう, しはグリゴリイ, しを建てる, しを指さした

▼ 墓とか~ (4, 0.1%)

1 あるひ, 云えば, 又は年回, 賢人君子の

▼ 墓なども~ (4, 0.1%)

1 多かった, 多かつ, 拝まれた, 目に

▼ 墓なら~ (4, 0.1%)

21 ここにも, で

▼ 墓へも~ (4, 0.1%)

1 共に埋められよう, 紫陽花咲きつ, 香花を, 香華を

▼ 墓~ (4, 0.1%)

1 に一, に入り, に於ける, に葬る

▼ 墓~ (4, 0.1%)

1 の石, まで持つ, や寺院, を片側

▼ 墓~ (4, 0.1%)

1 ありき, のみ, は尽く, をも有

▼ 墓荒し~ (4, 0.1%)

1 は非常, をしない, を思い立っ, を致し

▼ 墓~ (4, 0.1%)

1 のよう, の松, を進みました, 古りぬ首洗

▼ 墓じゃ~ (3, 0.1%)

1 あるが, ないの, 夜光の

▼ 墓それから~ (3, 0.1%)

1 それと, それへと, 伏見屋の

▼ 墓だけ~ (3, 0.1%)

1 サッパリし, 参詣し, 残ったの

▼ 墓だった~ (3, 0.1%)

1 と思う, ので, のである

▼ 墓なんか~ (3, 0.1%)

1 いりません, どうでも, 無いん

▼ 墓にて~ (3, 0.1%)

1 一首, 二首, 次が

▼ 墓~ (3, 0.1%)

1 わたしも, をし, をした

▼ 墓~ (3, 0.1%)

1 に置い, に見る, を破

▼ 墓~ (3, 0.1%)

1 でもある, に泣いた, の大樹

▼ 墓~ (3, 0.1%)

2 の地 1 から發掘

▼ 墓守り~ (3, 0.1%)

1 がしたい, にご, の方

▼ 墓~ (3, 0.1%)

1 が半ば自然, に閉ぢ, に閉ぢ籠つて

▼ 墓~ (3, 0.1%)

1 の条, や陵墓, を造る

▼ 墓最も~ (3, 0.1%)

1 大に, 小也, 有名に

▼ 墓~ (3, 0.1%)

1 に納められた, のなか, はそれ

▼ 墓~ (3, 0.1%)

1 の焔, を悲しみ, を逍遥

▼ 墓うら~ (2, 0.0%)

2 の照り

▼ 墓かと~ (2, 0.0%)

1 思うよう, 聞いて

▼ 墓だけが~ (2, 0.0%)

1 一つここに, 一つ離れ

▼ 墓って~ (2, 0.0%)

1 なにも, 誰の

▼ 墓であります~ (2, 0.0%)

1 か, からこれ

▼ 墓での~ (2, 0.0%)

1 時に, 約束が

▼ 墓として~ (2, 0.0%)

1 主祭壇, 見届けた後

▼ 墓とを~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 兼ねた紗

▼ 墓などと~ (2, 0.0%)

1 刻んで, 言ふも

▼ 墓などの~ (2, 0.0%)

1 あるところ, 比較に

▼ 墓などを~ (2, 0.0%)

1 あばいて, 訪れて

▼ 墓なれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 墓なんて~ (2, 0.0%)

1 いうもの, 十円位も

▼ 墓について~ (2, 0.0%)

1 申せしと, 親しく抄記

▼ 墓については~ (2, 0.0%)

1 大体おっしゃった, 当寺

▼ 墓にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, つて居

▼ 墓に対する~ (2, 0.0%)

1 恐怖と, 用意が

▼ 墓ばかり~ (2, 0.0%)

1 だった, だと

▼ 墓ひとつ~ (2, 0.0%)

1 のこしては, 見て

▼ 墓へでも~ (2, 0.0%)

1 お行き, 詣つて

▼ 墓べの~ (2, 0.0%)

2

▼ 墓ほど~ (2, 0.0%)

1 直截に, 落ついたもの

▼ 墓まう~ (2, 0.0%)

2 でびと

▼ 墓また~ (2, 0.0%)

1 石田三成どのや, 金も

▼ 墓むら~ (2, 0.0%)

2 や月

▼ 墓ん場~ (2, 0.0%)

1 に寝かし, の物

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 が代った, だって私

▼ 墓伊沢~ (2, 0.0%)

2 主水源政武

▼ 墓刈番~ (2, 0.0%)

2

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 の石, もない

▼ 墓~ (2, 0.0%)

2 に寛延○年

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 本郷栄福寺文化十五年戊寅正月, 西窪青竜寺

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 り人, り人夫ら

▼ 墓多き~ (2, 0.0%)

1 は本所, は深川

▼ 墓~ (2, 0.0%)

2 の青

▼ 墓拝む~ (2, 0.0%)

2 後ろに

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 に行った, に詣でた

▼ 墓掃く~ (2, 0.0%)

2 とかがむ

▼ 墓掘り人グリビエ~ (2, 0.0%)

1 が来る気づかい, に対しては罰金

▼ 墓日あたり~ (2, 0.0%)

2 は未だ

▼ 墓木拱~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 墓畔吟~ (2, 0.0%)

2 なれども

▼ 墓畔柳陰~ (2, 0.0%)

2 のごとき

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 がすむ, または親

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 に詣で, も遺り

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 という, の群

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 の隅々, をあらため

▼ 墓詣りする~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ 墓詣りで~ (2, 0.0%)

1 もした, もしてやったら

▼ 墓~ (2, 0.0%)

1 に垂れたる, を通行

▼ 墓飾り~ (2, 0.0%)

1 がちら, をする

▼1* [216件]

掃除に, 墓あばきもみな種, 墓あれはどる, 墓いじりばかりし, 墓いづれも楡, 墓いまなお残り, 墓うんぬんといったことば, 墓および松陰神社は, 墓かげに, 墓からでも出て, 墓ここにし, 墓こそあれ, 墓さえいまの, 墓さがしをする, 墓さ苞入に及ぶ, 墓しか見えぬ欠点, 墓したしくお酒, 墓すきなのネ, 墓すぎあまりに分別, 墓その舌は, 墓そのものはきれい, 墓それは歴史上, 墓ぞとはかりそめ, 墓たちならぶ国, 墓たててやる, 墓たり得たので, 墓たるべき土でも, 墓だけは残つてゐる, 墓だの神僕ロギンの, 墓だらうと想像, 墓だ廻れ右, 墓や, 墓っていうのが, 墓であって左手, 墓でありませうがその, 墓であろうとその, 墓でございますよ, 墓ときめし場に材, 墓としか思われないよう, 墓としてもこわい白髯, 墓とで合計六基である, 墓とへ詣った, 墓なお心からで, 墓ながらにとき, 墓なき息を, 墓なぞの並ぶ, 墓なぞとあるのに, 墓なぞは建て, 墓などが高野の, 墓などという局限の, 墓などにあつた, 墓などにも立てます, 墓などは夢にも, 墓なほ新たなるは, 墓ならぬ我恋の, 墓なり何なり, 墓なりと光の, 墓なるべきか, 墓なるべしという, 墓なんかもどうでも, 墓なんぞ場所ふさげだ, 墓なんぞはといった気もちで, 墓にかけて故人の, 墓にけつまづい, 墓にだけは行きたいと, 墓にだって五年も, 墓についても悩んで, 墓にでも詣ろう, 墓にまで来て, 墓に対して回向礼拝を, 墓に迄来て, 墓に関してのすべての, 墓あの日当り, 墓のうへに雨が, 墓のうへの十字架が, 墓のみ見出して, 墓のよこに, 墓はなそらあそこ, 墓ばかりに取り囲まれて, 墓ばかりの野である, 墓ばかりは残って, 墓ひらけて既に, 墓へかへろと, 墓へとねって, 墓へのいとしさ, 墓べに水青き, 墓ほり事件の翌晩, 墓まいりしたばかい, 墓まいりですか, 墓まいりなんだ, 墓までのかなりある, 墓までも木曾殿に, 墓みなこの処, 墓よりかへりきて, 墓よりや脱け, 墓らしく同じやう, 墓をば身延の, 墓をめぐって永く慟哭, 墓ををしへて, 墓を以て充たされて, 墓磨けば, 墓インチキな墓碑銘, 墓エリシヤの墓, 墓オバデヤの墓, 墓ナンカ作ッタラドンナ時ニドンナ都合デドンナ所ヘ移転サセラレルカ分ッタモンジャナイ, 墓マメリュクスの墓, 墓モ何処カ東京デナイ所, 墓見ニユク, 墓一つ立てて, 墓一基黙々として, 墓上涙未だ乾かざる, 墓下風雲の児, 墓不幸の記憶, 墓並び冬の, 墓乃至死所と, 墓二つ三つ大樟のかげ, 墓五基と京水, 墓ぞ飛び, 墓何某の墓, 墓から聞こえ, 墓兩親の墓, 墓其他草を食, 墓は二つ, 墓包み降る椎の, 墓即ち俗に, 墓原越しに見晴らす, 墓参りいたしあの, 墓参詣の事, 墓及びその宮殿, 墓塚までも, 墓同じく盛雲寺には, 墓はチンコッきりおじさん, 墓名物おやき, 墓ふの, 墓向うの家, 墓大友皇子日本武尊らの, 墓吹く風も, 墓嘉永元戊申四月十日, 墓回向院の鼠小僧, 墓囲いも人間, 墓封む, 墓地続きに, 墓埋めなどというすごい, 墓と名づけ, 墓空しく雨露, 墓塲全體を取り, 墓墳発掘古墳発掘従って又, 墓多く集まりたり, 墓守る法師も, 墓山煙草の花, 墓平生王氏の外甥, 墓平通盛墓を看る, 墓を經, 墓延命寺の春, 墓志有之事, 墓忽然として, 墓戸川静子作死生ですが, 墓がすむ, 墓掃除皆そのとおり, 墓掘り人らは夏, 墓掘り役の野ら番, 墓の咲い, 墓揚卷助六の墓, 墓撫でさすりつ, 墓明智光秀どののお, 墓時ふりて此処, 墓暮春は傍ら, 墓と花, 墓の内部, 墓の松, 墓検分に参った, 墓楽しと花植ゑて日曜, 墓の二墓, 墓を桶, 墓へ下り, 墓浮島など見学, 墓と蒙, 墓無き夢の, 墓燈籠と草葉, 墓よりどれ, 墓獅子の供養, 墓生きて我, 墓畔ニ埋メタルモノナリト云フ, 墓畔水いろの, 墓畔生活に於, 墓白金の立行寺, 墓監物頼賢墓平通盛墓を看る, 墓砂利や古金, 墓碑文を作る, 墓祭りの時, 墓窟ノールウェーの農家, 墓立ち並ぶ裏墓地を, 墓累々として相, 墓累々たるも, 墓をと頼む, 墓義仲の寺みな青葉, 墓の深く, 墓若干あり三井家, 墓薙ぎ盆道作りなど, 墓詣でをすませ, 墓詣りいたします家じゅうそろっ, 墓詣りしたのは, 墓詣りらしい三崎町の, 墓であつ, 墓諸共に忘れ, 墓から寺町横, 墓もタミル族, 墓との反目, 墓は全国十数ヵ所, 墓造りと土器製作, 墓過ぎたる時, 墓銘数葉持参致し誠に, 墓銘文あり, 墓門莊嚴具一切が古い, 墓陰盈尺の地, 墓に大きく