青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「境内~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

塔~ 塗~ 塗り~ 塚~ 塩~ 塵~ 塾~ ~境 境~ ~境内
境内~
境地~ ~境遇 境遇~ ~墓 墓~ ~墓地 墓地~ 増~ ~増し 増し~

「境内~」 1539, 17ppm, 6836位

▼ 境内~ (319, 20.7%)

5 なる土地, 入ると 3 入る

2 [21件] あって, あり, ある老樹, なって, 今日は, 住んで, 入って, 入ること, 出ると, 叔母が, 小さな滝, 小屋を, 引かえ, 彳みし, 於て, 立って, 老杉, 蓆張りの, 這入って, 進入って, 集まって

1 [264件] あったいちょう, あったので, あったもの, あった一本, あった梅, あつた, ありました, ある, あるかしわ, あるすぎ, ある信夫荘司, ある別棟, ある別荘, ある大楠, ある安井稲荷, ある将軍, ある或, ある掛茶屋, ある機械体操, ある湧玉池, ある石地蔵, ある社地, ある祠, ある立石, ある見世物, ある銀杏, ある鐘楼, ある霊廟, ある餅屋, いた, いつから, いと深く, いぶかしきひとり, いま読者を, いる大勢, いろいろの, うつされたる也, おでん屋てんぷら屋煎, おりました頃, お君, お金という, かくれて, きて, さへ, さまざまの, しのびこみそれから, すてた, そぞろ歩きを, その将門, その草履, その門人ら, たたずんで, たどりつきそこで, ちらほらと, つながれて, となりあって, なにか真っ黒, のけぞって, はいった, はいったが, はいった時, はいりながら, ひそかに, ぽかり, みなつない, やってきては, ゐる子供達, ウロウロし, オサルサマあり, 一つ寄席が, 一分たり, 一小屋あける, 一年一度の, 一昨日水茶屋を, 一条の, 一段の, 一軒の, 上って, 並んだ外人, 事実この, 人影も, 人掛松とて, 今も, 今朝ある, 今縣廳, 住む小幡勘兵衛景憲, 佐用姫神社の, 何か, 侘住居し, 侵入し, 信者より, 備へ, 元祖藤八拳指南所という, 充ち溢れた数千, 光明皇后施浴の, 入った, 入らんと, 入りて, 入りました, 入り庭, 入り更に, 入り音, 入るとき, 入るもの, 入れたもの, 入れば, 公卿の, 出て, 出るの, 十年も, 半鐘型の, 博士の, 參り, 及ぶ, 古杉, 同じきもの, 圧し込められて, 埋めて, 埋沒, 墓地あり, 夜昼なし, 大きい銀杏, 大きな銀杏, 大人形, 大勢の, 大勢男や, 太鼓たたい, 姿を, 安置し, 宝物庫を, 家屋を, 宿営し, 寄りあって, 寄り集って, 寄寓する, 射, 小さい池, 小さきもの一本, 小さな茶店, 尾を, 居た時, 居ては, 居る白い, 居候し, 居合わしたふたり, 居合わした全部, 帰って, 幾分の, 店を, 建立された, 建立した, 建設された, 張って, 張り繞ら, 往時の, 待ち惚けさせる, 後嵯峨天皇, 御幣を, 御本尊さま, 忍び入るには, 忍び込んだ, 怪物出現す, 所せまき, 手入を, 手足を, 投げ込み翌, 持って, 掛りました, 放つた, 放飼, 数株の, 新しい甍, 暗い夜店, 木場の, 杜国の, 来た時, 来て, 梅の, 植ゑようかと存じます, 樹木少く, 止まりて, 歩入っ, 歸つて行つた, 気がついたから, 氣が, 消えて, 消えても, 湧き出た許, 源実朝の, 焚火が, 熊野石が, 父祖数代住ん, 猴を, 猿芝居や, 疵を, 登って, 登場した, 百日紅が, 直径五寸ばかりの, 相撲が, 眠って, 着いた時, 石碑多き, 碑を, 神宮寺が, 移し植えられて, 移った, 空っぽに, 立つと, 立つ銀杏, 立てた高い, 立錐の, 笛の, 籠に, 絵馬堂を, 続くので, 罐詰に, 舁ぎ込まれ, 色々な, 若い女, 茅が, 茣蓙を, 草葺の, 落ちる回向院, 蓮如上人の, 行き出した, 行くと, 行燈懸けた, 見かけた二匹, 見世物小屋が, 観自在王院, 訪うて, 走り入る, 起つたこと, 踏みいると, 踏み込むと, 近いところ, 近い裏山, 近く佗住居し, 這入ったが, 這入る, 這入れば, 連れ込まれた, 逼塞し, 遊んで, 遊楽相撲見れ, 避難し, 鏡山お初の, 長慶太神宮を, 長慶太神宮奉, 閉居就学する, 阪東三江八って, 階の, 隣する, 集まった, 集まつて, 集まりました, 面して, 頃合ひ, 飛んで, 香合石の, 駈けこむと, 駈けこんで, 高麗烏あり

▼ 境内~ (310, 20.1%)

7 方へ 4 杉の, 沙地に 3 掃除を

2 [29件] うつくしく掃いたる, ことです, ようであった, 一隅に, 丘上と, 中央に, 体, 変に, 夜の, 天聳る, 広さ, 弁天山の, 手洗水の, 木の, 桜の, 様子堂宇の, 樹木の, 水茶屋に, 池の, 石の, 蓮池の, 踊り場で, 近くを, 銀杏の, 闇を, 隠宅, 青萱, 鳥居の, 黄葉を

1 [234件] あなたこなた, あやつりしばい, ある旗亭, あッち, いは, お堂, お寺は, お末社, かたすみ, くらやみや, ことも, ことゆえ, ことゆゑ鐘楼も, すぎの, すべての, そこここや, ところどころに, とよという茶汲女, どの辺, はずれの, ほうを, ようだ, ような, テントの, 一区画に, 一番奥の, 一端に, 一隅で, 不思議に, 世界です, 両替する, 中から, 中に, 中へ, 乞食の, 二基の, 五色の, 五重の塔の, 井戸から, 人が, 人の, 人は, 人も, 人混みの, 仮小屋, 借家にかの, 光景にのみ, 光景平日に, 入り口でした, 入口に, 八葉堂の, 内の, 冷漠さを, 処々に, 出逢い茶屋, 到る所, 加之, 勤番所へ, 南の, 名木には, 向うから, 図が, 團子屋で, 土の, 土は, 土中から, 土処々に, 地上は, 地域は, 地形と, 地理や, 垣を, 堂宇に, 堂守みたいな, 場, 場面を, 境界なる, 墓地であります, 墓地に, 外れに, 大きな栂, 大榎, 大樹の, 大黒天に, 奥の, 奥へ, 奥まったところ, 奧の, 如く俗化する, 宮松亭は, 宮林から, 寂しい木の間, 小さな祠, 小屋がけも, 小径を, 小料理やの, 山の上から, 山上で, 岡田亭で, 左側に, 巳さんが, 平地へ, 広場に, 広庭, 庭, 廃趣は, 彼方には, 御堂の, 或る, 手妻使い, 捨石へ, 掃除が, 掃除や, 掃除穢物の, 掃除警固等の, 掛茶屋には, 敷地全体の, 敷石づたいに門の, 敷石の, 文樂座の, 方さわがしく, 方へと, 方を, 早朝茶店の, 昼を, 景色がさ, 暗い竹籔, 暗闇に, 月の, 月巣庵に, 木々は, 木なども, 木立の, 末寺の, 末院を, 杉林に, 杉林を, 松邑の, 柳の, 桜が, 桜は, 森と, 検分に, 樣子を, 樹を, 樹木が, 樹木と, 樹木より, 櫻が, 櫻の, 櫻も, 欝蒼たる, 正弁丹吾亭, 池辺に, 淡い照明, 混雜を, 湯ど, 源光院に, 瀟洒な, 無縁の, 燒鳥屋で, 片隅に, 物かげへ, 物置に, 物蔭に, 獅子舞の, 玉川尻に, 甃の, 石地蔵であった, 石燈籠が, 石畳を, 石碑に, 石碑は, 碑を, 碑碣は, 社殿の, 神木と, 神馬小屋の, 祭の, 私の, 秋芝刈りを, 稲荷堂うら, 稻荷祠畔は, 空地と, 空地を, 空気に, 立ち樹の, 立木の, 紅葉とともに, 絵が, 緑蔭に, 美しさ, 群衆に, 老樹に, 臥竜梅の, 舞台に, 舞樂殿の, 花街だ, 茶屋業主人成田作蔵さんが, 茶店に, 荒れてるも, 蓮池に, 薄闇には, 藪の, 蝉の, 裏へ, 裏手が, 西南隅から, 西洋奇術大, 見世物の, 見世物を, 観音堂の, 諸堂, 豆腐料理を, 過半を, 遠見よき, 金地院に, 門の, 闇に, 隅々へ, 隅の, 隠宅である, 雪景色は, 青葉嫩葉は, 額面である, 風情も, 風致などは, 風致の, 風致や, 風致を, 高い手水鉢, 鬼子母神へも, 鳥居や, 鳩が

▼ 境内~ (182, 11.8%)

10 出て 5 出ると, 歩いて, 歩む 4 抜けて 3 通って 2 あちこちと, 思い出した, 突っ切って, 見ると, 見下ろして, 通行する

1 [138件] あちこち歩い, あるき出した, うろ, うろつき歩いて, さまよい歩いて, すかして, ずらりと視, それからそれ, なんという, ぬけて, ぬける道, ぬけ新しく, ぬけ森々, のぞくと, ひやかして, ぶらぶらし, ぶらぶらと, また土手, まっすぐに, みんなで, もつ神社, ものとも, ゆすッ, よく描い, よこぎりわ, ウロつい, グルリと, 一めぐりした, 一わたり歩い, 一巡し, 一巡りし, 下に, 中っ腹の, 今度の, 併せて, 使ふこ, 修羅に, 借りて, 借り一同, 其方こっち歩い, 出た, 出てから, 出で, 出外れて, 切って, 初め市中の, 利用出来る, 北から, 半分借り切つ, 半時ばかりも, 参詣するで, 土龍の, 圧するほどの, 埋めて, 外れて, 奥へ, 宰領する, 巡った, 左へ, 廻って, 式場に, 引っ返し八十八ヵ所, 後に, 急いで, 愛趣園と, 抜けると, 択ばなければ, 拝見にと, 掃き浄め, 掃くの, 掃くもの, 掃除し, 探したが, 描くに, 散歩させ, 散歩し, 斜かいに, 斜めに, 本堂の, 東門から, 横ぎりて三四町にて, 横切り動物園, 歩かずに, 歩くこと, 歴覧, 残る隈, 汚したと, 洒掃し, 眺むるに, 眺めて, 眺めまわして, 眺め廻して, 突き切る, 窺いあるいは, 窺い青々, 縫って, 背景と, 荒したり, 行き過ぎようとして, 行ったり, 街道筋の, 装飾し, 裏坂の, 見しらべると, 見て, 見はって, 見まわしたり, 見る, 見廻した, 見廻して, 見渡した, 見渡した時, 覗くと, 覗こうと, 訪れたこと, 貸して, 走って, 追っかけ合いを, 逃げ廻つた揚句, 逃げ走ります, 通りかかって, 通りかかること, 通りて, 通りぬけ, 通りぬけようと, 通りぬけること, 通りぬけ絃歌, 通りましたけれど, 通り越して, 通るとき, 通るので, 通過し, 過ぎ人家, 過ぐ, 遠近話し, 隈なく, 駆けまわりながら, 駈けて

▼ 境内~ (117, 7.6%)

7 入って 5 はいって 3 入つて, 入ると, 行って 2 出かけて, 出た, 通行を, 連れ込んで, 遊びに

1 [86件] かかって, かかってから, かくれようとして, きて, すばらしい小屋, とびこんで, どんどん入っ, はいったか, はいりかけた, はいりこむ, はいりました, はいると, はいろうと, ひらひらと, まぎれ込んだの, やって来ては, ツウと, ポンと, 三太を, 上って, 下った諏訪本社, 二つの, 二人は, 入つて來, 入つて行, 入り込んで, 入るので, 入る横町, 入る道筋, 出て, 取って返して, 喜捨でも, 土地の, 多時, 夜な夜なムジナ, 大次, 子供等を, 小走りに, 帰って, 引き返して, 急いだ, 慕い寄って, 手拭を, 投げ返された僧侶, 抜ける非常口, 捨てられました, 放しに, 来て, 来ると, 潜り込んだか, 現われた, 現われて, 登って, 着いたその, 着いたは, 祀って, 突破し, 練り込んで, 行き偶然窩人達, 行っては, 行つ, 行つて何にか, 行つて半, 行つて遊ん, 衝と, 見えるやう, 記念に, 足の, 足を, 辿りつくと, 追い込んで, 逃げこんだもの, 逃げ下りて, 逃げ込み樹, 逃げ込んだやう, 逃げ込んで, 連れて, 進み入ると, 逸り切った馬, 運ばれて, 鍬と, 集まって, 風を, 飛んで, 飛降りましたが, 駈け込んだ

▼ 境内~ (114, 7.4%)

2 会おうと, 待合せて, 邂逅した, 野宿した

1 [106件] あつたの, あの女, あやつり人形芝居, あれだけ, おれに, お京, お友だち, お君, お君ら, お目にかかったこと, お綱, お詣りした, きいた子守唄, きょうが, さんざん遊び, しかも奉納, しかも桂君, そのすらり, ひそ, みんなが, めぐり会った奇人孤軒先生, やられて, アワヤ咽喉に, ドキッとする, 七月から, 三匹の, 串に, 井上源兵衛の, 亡くならないで, 人間こう, 以前舞わし, 休む, 休んだこと, 催される定例, 優勝旗を, 危ういところ, 召捕られたふたり, 召捕られた塙郁次郎, 同じよう, 唯一の, 喧嘩し, 喧嘩を, 土地の, 壮い, 売卜を, 夜番が, 大きな榎, 大きな虹, 大乗院, 太鼓を, 孝二は, 富永消防組の, 小児が, 尼に, 屋外演説会を, 左は, 彼女は, 懐中物と, 打っ倒れて, 捉えたらしい, 捕るよう, 擦れちがったの, 敷石の, 斬られたと, 時は, 最も大きい, 最後に, 梅林も, 楊弓場が, 歌垣の, 毎夜毎夜集会を, 油断のう, 浄瑠璃姫に, 淡島の, 熊野権現の, 牛や, 独壺さんが, 猿曳を, 盛んに, 砂を, 礼拝の, 祝いの, 私が, 秋とは, 縁日興行を, 縄飛びを, 落ち合いその後, 落合は, 薬売り, 藩の, 行われる, 見たとき, 見慣れない小男, 見附けて, 計らず見つけた四本柱, 記念撮影, 豆腐の, 起った事件, 逢ったこと, 逢った女以外, 遊んでる子供達, 霜解が, 馬に, 鬼事を, 鳩と, 鹿を

▼ 境内~ (87, 5.7%)

3 人で 2 いつもの, おきまり, ひつそりとして, 塵一つとどめず掃き清められ, 広々と

1 [74件] いま人が, かなり広く, きれいに, さながら大波, さまで広く, しんとして, すなわちその, その日, それは, だだっ広くし, なかなか広く, にぎやかであった, にわかに大きな, ひっそりし, ふたたびもと, ほとんどまっ, もうひっそりと, もとより立錐, もと青山家の, よろしい機織井, 不断殆ど人気の, 予想以上の, 人ごみで, 人気勢も, 人麿が, 今の, 匡賊に, 南北が, 名高い外人墓地, 四の, 坂道の, 塵を, 墓場の, 大した人出, 大層な, 大變, 宛然沼の, 寂々として, 寂しいもの, 小石川臺上唯一の, 崖腹の, 広い, 広いから, 広く規模, 度々通った, 徒らに, 思ったよりも, 掃目も, 撩乱たる, 旗や, 昔は, 朝の, 林檎の, 枯葉一枚も, 森閑として, 樹木が, 欝蒼たる, 此の, 毎夜の, 江戸で, 流石に, 濡そぼった, 火の, 狭いので, 申す迄も, 私に, 私の, 荒野の, 蝶の, 血潮で, 遠路を, 雜然として, 静かである, 静であった

▼ 境内には~ (68, 4.4%)

5 いって 4 いると 2 もう年の市, 演劇なども

1 [55件] ありとあらゆる見世物, いつて, ざつと見渡した, その昔, それらの, たくさんの, はぎの花が, ひつた, ひつたり, ひつて, もはや涼み, 一本の, 一隻の, 人の, 俳優岩井家代々の, 光明皇后施浴の, 参詣人の, 古木の, 向かい合って, 善男善女が, 塩を, 大きい池, 宮芝居または, 小春日和が, 幾たびか, 幾年月の, 待合や, 日清役平壌戦の, 有馬温泉が, 杉の, 杉や, 松の, 松杉銀杏の, 柳や, 榎杉松樟などの, 櫻花咲き滿つ, 歴史的に, 無縁の, 犬の, 百人あまりの, 砂が, 置くこと, 芭蕉翁の, 花が, 見世物が, 見晴しの, 誰も, 貧乏神を, 銀杏の, 青萱が, 頓宮神という, 高さ三間以上, 鬼を, 鶏を, 黙然と考え

▼ 境内から~ (54, 3.5%)

2 出た女, 煙の

1 [50件] あのまま他, いけ垣, かけだして, きこえて, しだいに強く, その家, その高台, のがれたものの, のがれ出ること, トントコトコといふ, バラ, 九段坂を, 仰ぐ災後東京, 何の, 光秀以下騎馬の, 出て, 出ると, 勢いよく, 向ふ, 四門の, 大番屋敷傳通院の, 姿を, 川端へ, 広小路へ, 抹香臭いもの, 拍手の, 敷津粉浜まで, 朝日が, 樓門へ, 水を, 由比ヶ濱まで, 男坂の, 町内の, 発見され, 發掘され, 百姓地まで, 碌な, 窃に, 細い急坂, 脱け, 虫の, 西が, 西南へ, 見た海, 見て, 誓願寺通りへ, 誰でも, 逃げ出しました, 金澤町あたりを, 門前へ

▼ 境内まで~ (25, 1.6%)

2 歩いて, 飛ばないと

1 [21件] いくつも, たどりついた, だと, ついて, 両国橋を, 女の, 引きずって, 引返すと, 村芝居を, 来た庄三郎, 来て, 来は, 素人相撲を, 聞こえて, 行くと, 行って, 辿りつくや, 逃げ大尉, 連れて, 馳せつけたの, 駕籠を

▼ 境内~ (22, 1.4%)

1 [22件] あつた, ある, だんだん増し, どうとか, のんびりと, ほとんど水源, よほど高い, シンとして, 一時に, 何時に, 何時の間にか歌舞伎座, 例の, 別世界の, 平地の, 彼の, 所せまき, 狭められ広い, 空閑の, 見える, 見渡されるの, 訝しく訊ねた, 食べ物の

▼ 境内~ (21, 1.4%)

1 [21件] いよいよ寂しく, おごそかである, これほどには, ごくせまい, よく整理, 一寸した, 人影一つ見えなかった, 墓地も, 実に広から, 広い広いもの, 広かった, 広かったであろう, 広かつた, 抜ければ, 拔けれ, 狭いが, 狭くなり, 私の, 諸坊, 身動きも, 門前町の

▼ 境内~ (20, 1.3%)

2 此野菜畑との

1 [18件] いい嫌疑, いい建築, いつて, その庭, なって, ハッキリ区別, 三社様の, 同じよう, 同じ地つづき, 向い合って, 境外を, 小川を, 後に, 暗い寺町, 本殿とが, 柳屋という, 申したの, 聖堂裏から

▼ 境内~ (11, 0.7%)

1 [11件] 古いお寺, 墓地の, 墓地を, 太田が, 数ある, 日当りの, 百花園に, 祭礼縁日の, 第六区, 美術館の, 蓮池の

▼ 境内では~ (10, 0.6%)

1 あるが, ただちに夕飯, ない, ないか, 大道手品に, 奉祝の, 宵から, 常に聞く, 昔ながらの, 群衆の

▼ 境内でも~ (5, 0.3%)

1 底冷えが, 廃寺の, 後に, 消防の, 見かけて

▼ 境内にて~ (5, 0.3%)

2 一人 1 ご難役, 正倉院, 突如暴漢

▼ 境内にも~ (5, 0.3%)

1 墓地にも, 桜の, 芝居小屋が, 雑多の, 霜どけの

▼ 境内その~ (4, 0.3%)

1 ほか一町四方の, 日正午の, 界隈には, 頃に

▼ 境内であった~ (4, 0.3%)

2 のであろう 1 ことが, ことを

▼ 境内深く~ (4, 0.3%)

3 這入つた罪 1 這入った罪

▼ 境内~ (3, 0.2%)

1 っけの, ね, 神様は

▼ 境内とか~ (3, 0.2%)

1 それから, またはその, 松原の

▼ 境内などで~ (3, 0.2%)

1 両三度, 見るところ, 逢いは

▼ 境内なる~ (3, 0.2%)

1 御影石の, 花木の, 足許に

▼ 境内へと~ (3, 0.2%)

1 侵入し, 入った, 急いだ

▼ 境内より~ (3, 0.2%)

1 お時, その門外, 出づ

▼ 境内一杯~ (3, 0.2%)

1 にひ, に拡声放送, の桜

▼ 境内~ (2, 0.1%)

1 一定の, 町内の

▼ 境内からも~ (2, 0.1%)

1 彼を, 萬次の

▼ 境内であり~ (2, 0.1%)

1 坂の, 山の

▼ 境内という~ (2, 0.1%)

1 ものは, 処だ

▼ 境内にな~ (2, 0.1%)

1 つてし, つてゐた

▼ 境内はさ~ (2, 0.1%)

2 のみ広く

▼ 境内へは~ (2, 0.1%)

1 いつて, 這入れない

▼ 境内また~ (2, 0.1%)

1 京橋築地あたりの, 大概旧に

▼ 境内わき~ (2, 0.1%)

2 の左手

▼ 境内一帯~ (2, 0.1%)

1 に簡素, はまた

▼ 境内到る~ (2, 0.1%)

2 処に

▼ 境内~ (2, 0.1%)

1 に昔, を狭めん

▼ 境内境外~ (2, 0.1%)

1 にぎっしり, の掃除

▼ 境内寂寞~ (2, 0.1%)

1 としてただ, の感

▼ 境内普請場~ (2, 0.1%)

2 の景況賑やか

▼1* [101件]

境内あちこち逍遙されし朗円上人, 境内あってここ, 境内いちょうの葉, 境内いっぱいにひきまわした, 境内および近所には, 境内からとぼとぼとおじいさん, 境内からは塀の, 境内ことに芝浦高輪あたりは, 境内さては蛾次郎めが, 境内ずいぶん広い, 境内だったッけの, 境内だの心当の, 境内であって車, 境内であるぞ, 境内でしたと申さるる, 境内ですつた紙入の, 境内でなく往来に, 境内とかにある菩提所, 境内とがほぼ一致, 境内として殘し, 境内とだけお報ら, 境内とを区切って, 境内などでは雨後に, 境内などに眞黄色にな, 境内などにはほとんど江戸じゅう, 境内などへであった, 境内なら解つてゐる, 境内において大篝火, 境内にかかつてゐる, 境内にさえ水が, 境内にでも出て, 境内のみその中空, 境内ばかりは昔の, 境内ひっそりとなり, 境内ひろく木立しげる, 境内ふかくしずしずと, 境内へでも落ちたろう, 境内へとはひつて, 境内へも機関銃が, 境内までは来るまいかと, 境内までも聞えたから, 境内めぐりをし, 境内をめぐって歩く植田丹後守, 境内をも憚らず, 境内カヤツリ草の離, 境内掘立小屋, 境内ニポカント立ッテイテ面白クモナイ絵馬眺メナガラドウシヨウカナアト心定マラズ, 境内幽邃ナコトハ真, 境内這入ルトアノ通リ森閑トシテ心ガ自然静マリマスシ, 境内一万六千余坪の寺内, 境内一面の美し, 境内上つ方の御門, 境内は神代川, 境内即相見, 境内両国広小路芝の久保町, 境内へひびけ, 境内中門の前, 境内二万坪にも近く, 境内の岩崎氏控邸, 境内修復ならばか, 境内八葉堂のあたり, 境内再び紅裙の, 境内十八万坪数十の大, 境内危そうな象形文字, 境内叢芳賞心の種, 境内地発掘の事, 境内壯大にし, 境内大きな手水鉢の, 境内のしんちん, 境内始めは甲府公御館, 境内く古びた大, 境内小町塚の庵, 境内居住者掛け茶屋, 境内の茶屋, 境内山内末院の庭, 境内広く社務所なども, 境内廣くして松杉欝, 境内彼方に昔僧, 境内彼方此方逍遥されし朗圓上人, 境内数時間僕はだまっ, 境内最も美しい物, 境内東西五十三間南北百七十間に定め, 境内柳原郡代屋敷なぞ維新前後, 境内桜花多く遊看, 境内に遠, 境内淺草寺本願寺寄りを避け, 境内狭しと建てられた, 境内神さびておの, 境内私人の邸宅, 境内秋祭の一夜あはれ, 境内索ねたが知れ, 境内虎災大きを, 境内の笹山, 境内西本願寺の飛雲閣, 境内ゆ, 境内鉄砲洲の稲荷, 境内雪舟築くところ, 境内霊泉寺の塋域, 境内頗る廣治なる, 境内の古びた, 境内鬼子母神祠前の繪馬堂