青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「友人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

及び~ ~及ぶ 及ぶ~ ~及ん 及ん~ ~友 友~ ~友だち 友だち~ ~友人
友人~
~友情 友情~ ~友達 友達~ 双方~ ~反し 反し~ 反動~ ~反対 反対~

「友人~」 7055, 65ppm, 1738位

▼ 友人~ (1709, 24.2%)

29 一人が 27 家へ 25 ところへ 24 家に 18 一人は, 紹介で, 顔を 16 家を 15 ことを, ために, 家で 13 家の 12 所へ 8 中には 7 ように, 一人から, 下宿へ, 名を, 許へ 6 下宿に, 間で 5 一人として, 中に, 手紙を, 方を, 死を, 細君が, 話に, 話を

4 [13件] ところから, ところに, ような, 一人で, 世話で, 中にも, 処へ, 多くは, 妻と, 家が, 家は, 結婚を, 間に

3 [35件] うちで, ことが, そばへ, ところで, ほうで, ほうは, 一人だ, 一人である, 一人に, 一人を, 上に, 事や, 前に, 医者に, 友人が, 口から, 妻の, 妻は, 妻を, 妻君も, 宅へ, 家から, 家も, 恋の, 手を, 来訪に, 細君に, 言葉を, 許に, 話である, 身の上を, 部屋に, 間では, 間には, 顔が

2 [85件] ある令嬢, ある者, いくたりかを, いること, お医者さん, お子, ことだ, ことは, ためには, ところを, ないこと, なかには, なんだ, 一人, 一人であった, 不幸な, 中でも, 令嬢へ, 伊豆ならびに, 作曲家, 作曲家の, 剃刀を, 前へ, 南条己未, 厚意に, 友人という, 友枝八郎は, 名が, 大部分, 好意で, 妻との, 妻も, 妻君が, 妻君を, 宅で, 宅に, 宅を, 家です, 家では, 家でも, 家なりに, 幸福を, 所を, 手に, 手紙に, 指導する, 数名が, 方々の, 方面からは, 景蔵や, 来るの, 柿も, 母の, 気が, 源氏屋に, 煙草ばかりを, 生活を, 由で, 画家が, 祖父が, 立場として, 立見君が, 細君だった, 細君も, 紹介によって, 若い妻君, 親戚の, 言だけは, 言葉に従って, 許から, 話では, 誤謬を, 説である, 説明に, 説明に対する, 誰かが, 誰彼の, 軽部村彦という, 遅々と, 間から, 間にも, 青木の, 音楽家を, 驥尾に, 黒板博士が

1 [1042件 抜粋] あいだなら, あとを, あの元気, ありがたさ, あるたび, あるドクトル, ある男, ある音樂家, いうところ, いったこと, いる下宿, いわくさに, うちには, うちへ, うれしそう, お住居, お母さんと, お母さんも, お父親, お通夜に, かわりはてた異様, こと, ことすら, ことである, ことに, この勸告, さりげない, すくない伸子, すべての, それ更に, たれかれに, つもりで, ところや, どれも, なかった, なげきも, なにがしが, はからいで, はなしの, ひとしき願い, ひとり息子が, ぺエタア・ガストが, また友人, もとに, も渠の, やつてる, ような封じられ, ゐる雜誌社, アトリエで, アラを, ウィレムに, オウオソ町の, シスターである, シリオン・アロセメナ嬢の, タチバナ氏に, チブスを, トルスチャコーフなんか, ドイツ人が, ドモクレスという, ノンダクレや, パリスという, フィリップ・スーポーと, ブッダ・バッザラ師が, ベエコンに, レストレード君や, ロオランと, ワトソン君君には, ヱネチア人バルタザル・アルドラミンが, ヴァトレー氏には, 一人だつた, 一人との, 一人の, 一人一人に, 一人有賀精君の, 一種では, 三宅正一稲村隆一の, 三島の, 上を, 下宿にも, 不名誉の, 不幸を, 世話によって, 中で, 中村勉君の, 中村警部です, 久保君も, 久賀男爵家から, 乞いに, 事業に, 二三の, 二三人で, 二男が, 二階に, 云った, 五十里さんが, 井上次郎によって, 井汲や, 京に, 京都便りを, 今の, 今鷹, 代りに, 伊藤伝とかの, 会社へは, 住所などを, 何処に, 作品でも, 作品にも, 作品評でも, 作物を, 供養する, 価値を, 保阪定三郎氏の, 俳優から, 借金証文に, 偕楽園主人は, 側に, 傍に, 元大統領ピヤース, 先見の, 内妻から, 内藤濯君が, 再現し, 写真を, 処に, 出入も, 出版記念会に, 出迎えを, 刊行物を, 利己的な, 創作についての, 劉子揚という, 助力などで, 助言にも, 勤祥である, 勧めに従って, 勵ましに, 医者から, 協力を, 南惣平の, 単なる冗談, 厚情に, 去就に, 友だちに, 反対が, 口からも, 句のみ, 右の, 吉岡が, 名, 名である, 名刺が, 名誉が, 名誉を, 呉用を, 周囲を, 品物を, 哲学者, 問を, 單なる, 噂を, 国を, 土居記者に, 埋葬を, 報告書を, 場合にも, 墓へ, 外に, 多い関係, 多くも, 大して望みあり, 大学教授夫人の, 大学生ポコリョフが, 天文學者ラランドに, 夫人が, 奇妙な, 奥さま女社長女学者どんな, 奥さんの, 女流詩人が, 好意に, 如くで, 如く相互, 妹が, 妹さんなら, 妹である, 妹ともしか, 妹を, 妻だ, 妻である, 妻に, 妻君だったで, 妻君と, 妻君に, 姉さんで, 姿が, 娘たち三人も, 娘で, 子を, 子孫の, 孟建が, 学者連が, 宅において, 安否を, 官吏が, 実業家が, 実験を, 宮坂は, 家々に, 家である, 家などに, 家のと, 家や, 家庭では, 家庭や, 容貌の, 寝台の, 寫眞が, 小さな別荘, 小山正孝君に, 小島祐馬君と, 小林さんの, 小酒井不木博士に, 少かった, 就職なども, 尻拭などを, 居るアパアト, 履歴に, 山崎を, 岡本の, 岩越弁護士だって, 川原は, 布施が, 帰国から, 幾人かは, 延岡も, 弟な, 弟の, 張は, 形式に, 後ろ姿を, 従者たちを, 御好意, 心づかいで, 心は, 心持が, 心配も, 応援の, 忠告に, 忠告に従って, 忠告必しも, 思出や, 怨を, 恩田経介理学士は, 悪弁護士, 悪評出版屋の, 情婦では, 意見として, 態度に, 懇ろに, 或る, 所であっ, 手から, 手にか, 手によって, 手前を, 手帖に, 手紙さえ, 手紙で, 才能を, 批評が, 批評家が, 批難の, 持ち寄つた澤木君, 持帰りたる, 指示を, 推輓によって, 描いて, 提案で, 支倉検事の, 敵を, 斎藤氏は, 斡旋によりて, 新聞記者であった, 新雜誌, 方々である, 方に, 旅先での, 日常に, 日記を, 昔話なんかは, 春海君らと, 時鳥に, 景蔵は, 智識に, 書家の, 最後の, 最近の, 有名を, 服部之総氏の, 未亡人さん達の, 机上に, 杉本健吉畫伯が, 村を, 村田大将から, 来訪が, 東大路の, 松本君と, 松浦が, 林一郎から, 某とが, 某大学英文科, 案内を, 森田草平に, 榊木敏君は, 模倣を, 橋本敏を, 歌手フォーグルが, 武田君か, 死と, 死ぬる, 死んだ時, 死体が, 死体と, 死床に, 殺されたのに, 母は, 母や, 気持だけ, 永田雅一氏から, 沢井又兵衛, 河野通勢と, 波越警部が, 洋行を, 流れ弾に, 浅田が, 消息については, 深山木幸吉, 渡邊大, 演じた役割, 激励と, 点数を, 無邪気な, 熱病に, 父である, 牧野からは, 犬も, 独逸人に, 玄関を, 生活の, 甥御, 田中咄哉州は, 田所輝明君が, 申出に, 町田と, 画家から, 画家の, 画家野口駿尾氏と, 番地を, 発狂した, 皆が, 皮肉な, 目にも, 眉山子が, 看護旁訪ひ, 知つてゐる, 知人な, 知己で, 石坂素道さんという, 石田に, 示唆も, 私に, 私宅を, 科学者で, 秦が, 穿鑿では, 窮を, 笛村を, 第三席裁判官, 米国領事シャアプレスが, 精神科医井上教授を, 細君じゃ, 細君にな, 細君は, 細君イヤ細君ばかりじゃ, 紹介状を, 経験した, 結婚の, 結婚式に, 絵が, 総監は, 織田の, 美保子を, 群を, 義務としても, 老医学士, 耳に, 耳を, 聲が, 肘を, 胡城君という, 胸に, 能弁に, 膝から, 自信の, 舌鋒は, 良寛研究家が, 花崎検事から, 苦しみを, 苦痛も, 荒井と, 菅さん, 萩原準之助と, 著書の, 葬式が, 薄田兼相に, 藤浪君と, 虞翻が, 蝋色の, 製作所から, 西川一草亭氏に, 見合いに, 見舞にのみ, 親しく余に, 親戚に, 言うよう, 言を, 言葉が, 言葉には, 言葉通りテエブルの, 計算が, 訪問と, 訪問や, 許へも, 許可を, 詞を, 話だ, 話の, 誇らしい浮薄, 語つて居る, 語る処, 説諭よりも, 誰も, 誰れ, 誰一人にも, 誰彼と, 誼は, 誼貸した, 警部が, 議論は, 負債の, 貴族の, 資格で, 賛同を, 贈物である, 起き出るまでに, 趣味に, 身の上にも, 身の上心痛に, 身體に, 辰野隆君に, 近況を, 送って, 送別会席上で, 道だ, 遭難を, 遺族を, 遺書には, 邸に, 部屋で, 部屋へは, 金を, 金庫に, 銀之助, 鋭い感覚, 長男を, 長谷川浩三が, 間でも, 間にさえ, 関係と, 関係について, 関係も, 阿比留君, 雜誌記者に, 雷死を, 電話も, 面を, 靴の, 須南君が, 頬を, 頭の, 顏は, 顔でさえ, 顔には, 飛騨が, 香蔵や, 馬方であった, 驚き果して, 骨折りを, 高貴な, 鳴海三郎が

▼ 友人~ (591, 8.4%)

10 来て 7 あった, 私に 6 ある 5 訪ねて 4 あって, ありました, あります, いた, いて 3 いるから, これを, 彼に, 来ても, 来ると, 死んで, 私を, 遊びに

2 [36件] あったが, あつて, あるの, いましたから, そこに, それは, それを, やってきて, やつて, ゐた, 一人も, 一緒に, 二人きりで, 來て, 僕に, 四つ角の, 坐ると, 尋ねて, 彼を, 待って, 持つて, 東京へ, 注意する, 無ければ, 相手を, 私の, 立って, 胸を, 自分に, 言うに, 言って, 言つた言葉を, 言ふ, 話して, 酒の, 非常に

1 [440件] あすこへ, あちこちへ, あったから, あったならば, あったの, あつた, あつたつ, あとで, あまり旨い, ありそれら, ありましょう, ありますが, あり旨く, あるが, あること, あると, あるとき, ある日, ある日生爪, あんなにも, いい加減に, いう, いうには, いうのに, いたが, いっしょに, いったが, いつしよ, いつも猫, いまして, いますのでね, いやあなた, いや誰, いると, いるという, いるの, うたって, うとうと車中, うるさくなる, おっかなびっくり或, おりますし, お宅, お銀, かういふ細か, かえって来る, かたりき, かの女, かれを, くると, くれた手紙, こういう不運, こういう意味, ここに, ここへ, ことばを, このこと, このごろ洋装の, この三鷹, この本, この頃, これから行われる, こんど江戸詰めに, こんど結婚したら, こんど自分の, こんなこと, こんなに乱れ, さっそくメニュー, したといふ, そこで, その初めて, その受持, その地方, その室, その家庭, その小説, その故, その時, その県, その細君, その葉書, その製, その通訳, その頃の, それに, それらを, それ以上突っこん, そんな外国人, そんな馬鹿馬鹿しい, たくさんいられるでしょう, たくさん来た, たづね, たまたま休暇, たまたま彼, ちょいちょい訪ね, ちょっと遊び, ちよつと, ついにこれ, つかまった, できて, できよう訳, どうし, どうしてその, どうしても本当, どんな風, ない, ないという, ないの, ないので, ない訳, なかった, なくその, なくつきあい, なくな, ひとしお思い出された, ひとりあった, ひとりみえる, ひとり在, ひとり在っ, ひょいとそれ, ひょっこり訪ね, ひよい, びっくりした, まじめくさった顔, また頗る, まったく唖然, まるで気違い, みな怠け, もしかしたら, もし一人, やって, やってきたら私, やはりい, やはりヘグリあたり, よたよたと, われわれ同様といった, ゐて, ゐなかつたの, ゐると, ゐるとか, ギリシャに, クラスに, クレーンに, ザトらしい, スイスを, ソ連から, トルコ風呂の, ノートを, ハイキングの, ハンブルクから, フランスへ, 一人います, 一人だけ, 一人つい, 一度報告書, 一等憤慨した, 三鷹の, 上京する, 上酒を, 上高地の, 下宿の, 不幸に, 不思議さうな, 中国へ, 中野の, 主人に, 乗って, 乗つて, 乗り込んで, 乘つてゐる, 九日ばかりも, 二三あっ, 二人ぼ, 二人訪ね, 二人遊びに, 云いだした, 云いましたっけ, 云つて來た, 亡くなられたの, 人形芝居を, 人殺しを, 他の, 付け加えて, 以前飼った, 仲間外の, 伊東の, 伊那の, 住まって, 住まつて, 住んで, 体が, 何か, 何も, 何人も, 何故人に, 作ったの, 來る, 來合せ, 保さんという, 保管し, 個展を, 側に, 偶然色盲でし, 僕が, 先刻僕を, 其の故, 其の蚊帳, 冗談の, 写して, 出て, 出來, 出掛けて, 出来たが, 分析した, 動揺させられ, 北斎の, 北海道に, 十吉を, 千駄木町に, 南京虫が, 去るなり, 去年京都の, 只の, 可成りある, 君の, 吸いさし, 呆れるほど, 呼び起こされる, 呼んで, 唖々君を, 四五あった, 四五日まえ, 四名ほど, 地方に, 坐って, 墓穴の, 売って, 変な, 変に, 夏の, 夕方その, 外に, 多いもの, 多くまた, 多く巌桂, 多く飲んだ, 多忙しい身, 大きなふろしき包み, 大きな声, 大坂城, 大変に, 大変驚い, 大聲, 大阪に, 太陽奥さんという, 失恋耽溺に, 奥で, 好きで, 妙な, 嫁入り先を, 嫌がれば, 安否の, 実見した, 家を, 寄って, 寄り集まりまして, 富士見高原に, 少しあった, 居た, 居ると, 岸本の, 席を, 帰って, 帰ってから, 帰りに, 帰還し, 幼稚園時代に, 幾人も, 広いロシア, 広島へ, 引っかかる, 当ての, 彼の, 彼女を, 待ち受けて, 後に私, 後は, 得られそう, 復た, 徴用に, 心配し, 心配しだした, 急病に, 恋しくなった, 惡かつ, 愛児を, 懇切に, 或年, 戦地へ, 指導教授に, 探して, 散歩に, 散歩の, 数名いた, 数多くい, 文化研究所の, 新発見, 旅先で, 旅館を, 日本の, 日本詩歌の, 昔見た, 時々の, 普通に, 更によく軍艦, 書いて, 最近あの, 最近に, 来た, 来たからと, 来たので, 来たらすぐ, 来た場合, 来た折, 来まして, 来る, 来訪し, 東京の, 椅子によりか, 極めてすく, 横光さんと, 欲しい, 欲しかつ, 止めたよう, 此頃の, 歩きながら, 歸つたあとで, 歸つて來れ, 死に秋, 死ぬ, 死んだ時, 毒物学の, 沢山ある, 泣くの, 洋行した, 浴衣がけの, 温泉へ, 漢方醫を, 潔からざる, 無いのに, 無理に, 牡丹を, 献身的に, 獅子を, 玄と, 現れて, 甚だ多く, 生前芥川が, 町で, 疎開した, 病死し, 皆不思議が, 皆辞し, 相変らず, 相變ら, 眠って, 知らせて, 知り合いであった, 短かく, 破産した, 祕藏の, 穂高に, 立ち去るの, 立派に, 笑って, 答えるに, 箕面という, 箸で, 簡略に, 精神より, 素速く, 細君に, 細君を, 終に山, 終始ごろごろ, 経営し, 経営する, 結婚する, 聲を, 腹切りを, 腹立たしくな, 自分の, 自分を, 自然主義と, 船に, 虎に, 西洋料理を, 見舞に, 覗いて, 親しく実見, 言いました, 言う, 言うの, 言つた文句を, 訪れて, 訪問し, 訳した歌, 診断し, 評したよう, 試みに, 話しかけて, 誘いに, 誘っても, 語つたのは, 誤まった矜持, 警告した, 讀んで, 買って, 贈って, 車を, 送つて, 通り過ぎたのに, 遂, 選ばれたの, 郷里で, 長い間国語研究室, 長い間隔, 集って, 集つた會合に, 集まって, 集まり島原, 集まると, 離散し去っ, 雪焦, 電話を, 震災の, 非常な, 顔を, 馴れぬ手つき, 驚いて, 高等小学時代に

▼ 友人~ (567, 8.0%)

12 して 8 なって, 手紙を 7 向って 6 誘われて 5 宛てて, 連れられて 4 たのんで, 向つて, 書いて, 私の, 聞いて, 送られて, 頼んで 3 それを, 勧められて, 告げた, 對し, 紹介した, 話して, 話すと, 誘はれて, 読んで, 金を

2 [37件] きいて, この話, すすめられて, その事, つれられて, なった, なつた, なりきれずに, 一人の, 会った, 佐山君という, 何か, 借りたり, 借金を, 出した手紙, 出して, 出会い彼, 向かって, 托して, 扶助を, 持って, 持つこと, 教へ, 會ふ, 相撲の, 相談する, 自分の, 色々と, 訊くの, 試食の, 話した, 調子を, 買って, 貸して, 送って, 電話を, 頼まれましたの

1 [384件] あたつ, あったの, あったらどんなに, あったら伸子, あてた手紙, あの山水, あるはず, いう, いたるまで, いっさいを, いつか丸善で, いつて, いつ着く, うまい事, えらんだといふ, おごられる氣持, かう云, かかえられて, かくハガキ, かなりの, かなり間を, きかせました, くどくどと, こう云う, こっそりお金, この文, この書物, この物語, これから面会, これを, こんなこと, ございます, しても, しろ保, すすめられ, すまない気持, すること, するの, すゝめられ, そういわれ, そうすすめた, そつと, それとなく知らせ, そんな簡単, たずねたところが, たずねても, ただすと, ちよつと, とりかこまれたやう, なぜ家畜, なったと, なったの, なった悦び, なった者, なつたり, なりすまして, なりました, なり得ない人, なんといっ, なんと云っ, にやりと笑っ, ふと道, まかせきりで私, また逢える, まだ年, めぐり会ったよう, もって, もつて, やって来たという, ゆずって, アーヴィンという, ケチと, ハガキで, ハガキを, ランチでも, 一種気魄の, 一變し, 不審顔で, 中井川浩, 久しぶりに, 九州出の, 乞ひ, 予備の, 二人の, 云いふらして, 交を, 今は, 仮面の, 伊藤, 会いたいという, 会いたいの, 会いつけて, 会いに, 会いましたから, 会い実際, 会うため, 会うて, 会うの, 会えば, 会し互いに, 会って, 会ってから, 会ふ, 会わす顔, 会話で, 伝えること, 似て, 何と云つて挨拶, 何事か, 使って, 依頼し, 借すと, 倫敦で, 停車場まで, 僕と, 僕も, 兩天かけ, 再び顏, 冷遇さるる, 出会いながら, 出逢いまして, 出逢って, 出逢つたの, 分けて, 初犯二年間の, 別れてから, 別れを, 前田黙, 動物を, 医学士が, 取られて, 取囲まれて, 取残された娘, 古い借金, 同姓の, 向い数回重, 向ひ, 向ふ, 向ふ媚び, 告げたり, 告げに, 告て, 問い合わせると, 問ひ合せた, 問われたら私, 報告した, 外に, 大井広介といふ, 大原という, 大変好意を, 大学を, 大谷といふ, 奔走し, 女子師範学校長の, 如何に, 妻が, 威嚇された, 守られて, 宛て, 宛てた手紙, 宛てた書簡, 寄せた, 寝る前, 対って, 尋ねた, 尋ねて, 對する, 少しずつ, 少しでも, 度び度びすすめられたことがあったんです, 当て, 当てて, 当りを, 当る某, 彼は, 従へば, 忠告された, 忠告する, 恐しく早熟, 悪趣味, 愛され才能, 慶応の, 我見を, 打ちあけた, 打明けて, 托し柳沢, 批判を, 招かれて, 招ばれ, 持たうとは, 持ちだしたら僕, 持ち彼等, 持つて, 持つてを, 持つという, 挨拶を, 捜索を, 擁せられて, 救ひ, 教えられたの, 教えられたオルガスム, 教えられて, 数学の, 断って, 日常の, 日本の, 時計製作の, 智慧を, 書いたやう, 書いたよう, 書き送った, 書き送って, 書き送つた, 曾という, 會う, 會ひ, 有名な, 未成年者は, 本屋が, 本日借りる, 条件を, 来て, 杯を, 松永良弼が, 案内され, 案内せられ, 概算し, 横取りされた, 横領された, 橋渡しを, 機械を, 欺きとられた時, 毒を, 水谷幻花といふ, 水野某という, 濃厚な, 然るべき方, 照會し, 煩らわ, 熊本君という, 猜疑心を, 獲得した, 玉井志朗という, 現われたの, 由て, 甲という, 當分顏を, 疎じられた, 發見され, 相談も, 相談を, 看護られ, 着せようと, 矢木栄介という, 知らせたくなかったので, 知己が, 示した当時, 示した時, 示すため, 礼を, 空想と, 突然, 笑われすらすら, 答えた, 答へ, 答へる, 紹介し, 結婚した, 結核の, 繰り返し語, 聘せられて, 聞いたの, 聞いたら醉つて自動車, 聞き合せた, 聞くと, 聴かして, 肉体から, 背なかを, 胸像を, 腹を, 自分を, 荒谷実乗という, 被害の, 西田哲学でも, 見えたの, 見せたらふうむ, 見て, 見出されて, 見送られて, 親愛の, 言った, 言って, 言つた, 言伝けて, 言葉を, 訊くと, 訊ねて, 託して, 託する条は, 訳も, 訴えたところ, 訴へ, 診察し, 試したこと, 試して, 試飲さし, 話したところ, 話したところが, 話したらその, 話したら腰, 話しても, 話し一度, 誘わるるまま, 誘われるまま, 誘われ場内, 誘われ夕食, 語った, 語ったところ, 語って, 語り得ないの, 調べて, 諌められて, 警備の, 讓つ, 讓らざれ, 負けないやう, 貰った, 貰った物, 貸し無く, 貸家を, 質して, 贈って, 贈るため, 跟い, 車窓まで, 辻正次という, 近づいて, 近づき愛情, 迷惑を, 送った, 送つた, 送つた繪葉書, 送つて, 送つて貰つたクルチウス, 送つて貰つて, 送りし書翰, 送り此地, 送ること, 送れる, 逢いたい, 逢いたくなると, 逢い度, 逢う, 逢うごと, 逢って, 逢つた, 逢ふ, 遭えば, 遲刻を, 遺せるのみ, 遺物分けなど, 郵送する, 都合し, 配って, 配られたところが, 配るだけの, 配布し, 配給し, 開放し, 降誕祭の, 隠して, 零して, 電話で, 非ざれ, 須藤南翠と, 頼まれた或, 頼まれて, 頼みついで, 頼んだ, 風俗作家さんや, 飯を, 馬鹿に, 驚かされたけれど, 鰍捕り

▼ 友人~ (528, 7.5%)

9 私の 6 私を 5 それを, 彼を 4 それに, 彼の, 私が, 自分の 3 これを, 僕を, 言うの, 驚いて

2 [37件] いった, この人, そう言っ, そんなこと, つねづね土地勘, まさに百万坪, やって来ない, やや感動, ギラギラした, ヨブの, 乙の, 二人しか, 余の, 傍に, 先に, 入口に, 八つ手の, 即座に, 喫茶店の, 土産にと, 大勢いた, 女に, 少女を, 彼が, 彼には, 持つてを, 旅先で, 既に彼, 時々鮎, 朝から, 熱心に, 甲の, 私に, 笑って, 自分ひとりで, 言った, 黒髪明眸の

1 [401件] あたかも炉側格子, あちこち眺め, ありがたい, ありがたいと, ありがたいもの, ありがとうと, ありませんでしたか, あるかも, あるが, あるもの, いうまでも, いちいちおれ, いつでも, いつもの, いつ歸つて來, いないか, いはば, いぶかしげ, いやこれ, いや明治四十三, いよいよ嘲る, いわゆるオルソドクシー, うちを, おくれて, かういふ條件, かたくお, かの女, ぎくりとし, ぐったりと, けらけら笑った, こうした変化, こう云い, ここで, ことごとく就職, この場合, この外, この杉浦透馬ひとり, この機会, この正月, この行動, この見なれぬ, この話, これに, これは, こんどの, さる大身, さんざん行き悩んだ, しかたなし, しきりに口, しだいに自分, しばらく両手, じゃ便乗, すぐさま斜面, すぐ真顔, すでにこれ, すでに家, すべて才あり, そこで, そこまで, そこまでは, そのもっとも, その兇器, その名器, その哀願, その妻, その小さな印形, その少し, その御, その数々, その男, その石, その若い, その跡, その道, その部屋, その魚, それから, それが, それほどに, それより, そんな惡習, ただ軽く, たまたまこの, だれしも, ちょと, つかまったら大変, つづけた, ときどき永い, どうにもそれ, どこに, どんなに落胆, なおつけ加え, なかった, なかつたやう, なぐさめて, にこやかな, はじめから, ひとしきり飲み直し, ひとり者であった, ひどい兇器, ひどい飲み助, ひどく昂奮, ふと, ふとそんな, ほっと安心, ほとんどありませんでした, ほとんどゐない, ほんの数える, まあビール, まことにいい, またすべて君, また元, まだたたずん, まだ寢, まだ帰っ, まだ某, まだ詩, まもなく急死, みな親切, みんな地方でも, みんな面会謝絶中だ, もう夢みる, もとより妻, もはやこの, もはや今, やがて自殺, やはり何, よく眠っ, よく私, わたくしに, イベリア劇場付きの, クリスチャンな, ゲオルクの, ドイツの, パリの, ビールを, ペテルスブルクで, ペルシャでない, ポケットに, マドマゼエルの, ラムネを, 一人の, 一人のこさず, 一人も, 一向にこれ, 一向氣乘, 一度も, 一時間ばかりで, 一瞥で, 一風変った, 七十何囘も, 上京した, 不思議そうな, 不思議で, 中, 二人だけ, 云いつつ, 云い合わせたよう, 云つた, 云ふ, 井口氏を, 人力車を, 今しも, 今は, 佐伯ひとりだ, 何も, 何よりも, 何んだ, 余を, 來ない, 依然として一高時代, 依然として彼, 僅かな, 僕が, 全く警戒, 共に住み, 其時土地の, 再び眉, 冷やかに, 冷淡だつた, 出るとき笹村, 別な, 別に有りません, 別れを, 剃刀を, 前に, 助かるわけ, 労働歌を, 動物を, 勧めて, 勿論の, 北京の, 北川氏の, 午前の, 半平の, 卓を, 博士と, 即坐, 友人, 友人で, 古い江戸風, 右に, 右の, 各室を, 合図の, 同じ長屋, 同意しない, 君だけ, 呆然自失した, 告発される, 呟いた, 味噌汁と, 品川まで, 善なる, 嘲笑を, 四十年間に, 固より, 国へ, 国辱中の, 変な, 多きこと蒼天, 多ければ, 多分乗組員, 大分苦し, 大抵の, 大抵僕, 大抵屑, 大抵死ん, 大抵皆, 大袈裟に, 大阪へと, 天井から, 奇異の, 好いこと, 好子, 子供ふたりを, 学問や, 学校を, 安蔵の, 家なき, 寂しく笑った, 富岡の, 寝巻に, 対手が, 小心小心, 少し笑い, 少年ながらも, 屋久島は, 山水歌人の, 岡本保三と, 岩手の, 岸本から, 岸本と, 左の, 左隅の, 己の, 帰ってから, 帰郷後さっそく, 庭へ, 当時の, 彼と, 彼に, 後に, 微笑し, 心配そうに, 必ず彼, 応じなかった, 急に, 急性腎臓炎で, 息を, 恰もそれ, 慌しく坪井君, 懐から, 我らの, 或る, 手に, 手を, 手拭と, 手早く紹介, 手相を, 批判の, 持って, 支那の, 数日間僕の, 文科に, 断乎として, 旅に, 日本を, 早速笑, 最近に, 最近鳥居屋へ, 有馬勇と, 来る時, 東京で, 東京へ, 東洋の, 松本玉汗と, 森先生の, 横つ, 次第に凋落, 歸つてゐない, 殆どない, 気の, 気分を, 気質に, 沈んだ声, 法科の, 浮かぬ顔, 淋しい顔, 深井一人より, 深川の, 渋々起きた, 無言に, 無論の, 煙草の, 片脚, 独身だった, 独身者の, 獨身で, 獨身者の, 現像した, 田舎に, 男が, 痛む脚, 発句を, 皆世に, 眞面目な, 真剣な, 真面目だ, 真面目に, 眼を, 知らんと, 社用で, 私と, 私に対して, 立ちあがつて, 立派な, 竹馬の, 笑い出して, 笑つただけ, 笑つて, 笑ひ出した, 笹村の, 筆蹟が, 答うる, 答える, 籔の, 續けた, 美学方面から, 美男です, 翁の, 老友, 老婦人, 肺病で, 脱けだし, 脳に, 自ら脅迫団を, 花瓶に, 苦労人で, 茶化しかけて, 葉子達を, 著作権法に, 薔薇に, 言う, 言つた, 言つた佛法僧も, 言ひ, 言葉を, 訳が, 話が, 話しましたが, 話すの, 誘った, 警視庁と, 谷崎以外には, 赧い, 起き上って, 転地と, 近く広東へ, 近ごろお, 透谷等と, 遂に到底間に合わない, 遂に劇場, 遂に辛棒, 遅れたらしいが, 酒の, 酒ばかり, 酒を, 酔っぱらうと, 酔ぱらふと彼に, 酸を, 階下に, 隨分長く, 電車に, 面倒が, 須藤といった, 頻りに転地療養, 鳥渡僕から, 黙つて旅, 鼻の, 齒科醫院で

▼ 友人たち~ (400, 5.7%)

10 は私 8 の間 5 はこの 4 が彼, の顔 3 に私, の忠告, はその

2 [30件] からひどい, から離れ, が多少, が遊び, とやりあい, と一, と必ず, にも訊い, のいる, のうち, のこと, の中, の助力, の心, の愛情, の証言, の話, は, はみな, は五郎さん, は代る代る, は勿論, は却って, は口, は彼, は皆, もまた, をもたいして, を代る代る, を自宅

1 [300件] から, からいろいろ, からこれ, からばかりでなく, からもそう, からも見捨てられる, からインド関係, からツゴウ, から一種, から來, から借りられる, から寛大, から早く, から来た, から甚, から筆, から英雄, があつまっ, がいちばん, がいなく, がお茶, がくる, がこう, がそういう, がそこ, がどこ, がどんなに, がひきとめ, がみなどこ, がよって, がバンタム, が一人, が一室, が主催, が交, が佃, が何年間, が何故, が出入, が君, が変らない, が多勢, が大挙, が彼女, が彼等, が戀, が故人, が東京会館, が求婚, が私, が羨望, が自分, が葉子, が行け行け, が躍起, が連名, が集まり, が集まる, が集り, だけである, だけと酒, だけはいくら, だけはベートーヴェン, だつて, である, でさえ, でさえ顔, ではあろう, と, といっしょ, といっそう, といつ, とこの, とつきあわず, とともにそこ, とともに故郷, との, との場合, との或, との手紙, との會話, との生活, との私交, との間, とはちがっ, ともわけなく, とも別れ, とハンブルク, と一しょ, と一日, と一緒, と争いました, と交際, と企てた, と全部, と共にウィルキー・コリンズ氏, と夕方, と大, と屋台, と彼ら, と快活, と日比谷, と毎月二度, と無事, と相, と相談, と私, と訪ね, と遠い, と雑談, と飲みましょう, と馬車会社, と騷ぐことをも, など多数, にきい, にこの, にこんな, にごちそう, にはたいへん, にはひそか, にはまだ, にはみな, にはよく, には保, には彼, には祕密, にもきい, にもしきりに, にもみよの事, にも大いに, にも感謝, にわずらい, に一言, に与えた, に云った, に任せた, に会っ, に依頼, に劣る, に卑屈, に取りかこまれ, に取り巻かれ, に喰つて, に大した, に宣言, に対しても女たち, に対して自分, に対して面会, に対する親愛, に対する邪推, に怪しい, に手紙, に押, に村, に氣, に美しい, に聞い, に臥龍, に自分, に言いふらし, に言つて, に転居, に頒, に黙っ, のあいだ, のある, のうへに起つ, のお話, のすすめ, のただ一人, のため, のところ, のなか, のよい, のよう, のゐる, の上, の仲, の仲間, の会, の勧告, の声援, の希望, の後援, の思い出, の意見, の手, の手前, の手紙, の批評, の様, の氣, の注意, の熱心, の物笑い, の玉砕, の生, の生活, の立てた, の興, の行く, の見た, の親切, の訪問, の評価, の贈つた, の軽蔑, の骨折り, はことごとく, はこれ, はすべて偉人, はそう, はそこ, はそれぞれ私, はそろ, はたいてい, はひそか, はみずみずしくっ, はみな都, はみんな, はやあ, はわたし, は傷つけられた, は元, は初め承知, は博士, は危険, は夢中, は心配, は怒つた, は挙つて感歎, は本当に, は東京, は決して, は皆夢, は皆賛成, は矢代, は種々, は笑った, は美しい, は自分たち, は警察, は近く, は駈けつけ, は骨, へも手紙, へ出し, または女親類たち, もこの, もそこここ, もそれ, もそれ以上, もみんな, もみんな私, ももう, も匙, も參つた, も手ぐすね, も木曜日, も烏賊虎さん, も特別, も王, も皆, も笑わず, も食っ, も驚い, やもっと, よ, よりも一層, をこうした, をすぐ, をその, をたいして, をはるか, をみれ, をもっ, をモデル, を一時, を呼ん, を安心, を家庭, を忘れ, を思い浮べた, を悦ばせる, を想, を探し, を救う, を欺く, を毛嫌, を發見, を相手, を裏切る, を見せ, を訪問, を認めた, を迫害, を追い出した, を集め, を驚かした, を驚かせた

▼ 友人~ (369, 5.2%)

12 連れて 6 訪ねて, 訪問する 4 尋ねて, 持って, 集めて 3 たずねて, 一人も, 呼んで, 招いて, 持つて, 訪ねた, 訪ねると, 訪問し

2 [27件] あまり好き, さがして, さそって, たずねた, もたなかつた不器男君, もって, 介して, 傷つけ果て, 家に, 待ち合わせて, 待って, 思ひ出した, 思ひ出して, 恐れぬ代り, 恐れるもの, 愛して, 招待し, 救い出した, 無くして, 訪ねようとして, 訪れ, 証人に, 誘って, 送り出しながら, 避け孤独, 頼って, 顧みて

1 [255件] あざむく, あざむくこと, あとに, あまり得なかったことども, あんなにも, いたわるとか, いつまで, おも, かえりみて, かきのけるよう, きいて, きょう訪問した, このよう, して, そのままに, その本質, それほどまでに, たしなめてばかり, たよって, たんなる鳥類, たんに悪徳, つかまへて, つくりたがる心, つくり自分たち, つくること, つれこんで, ですら, とまりに, ながめて, なくして, ねぎらい顔に, ひっぱって, ふたり持っ, ふりかえって, もう一度神戸, もちいつも, もてなそうと, やっと突き, ゴチャマゼに, ローラクし, 一人ずつ, 一人得た, 一人持っ, 一人連れ, 一晩呼ん, 一緒に, 上野駅に, 不機嫌そうに, 久し振りで, 二三人殺した, 二三心に, 二人までも, 二階座敷に, 今も, 介抱し, 代表し, 代表する, 会し宴遊, 伴って, 伴れ, 伴れ出し, 促して, 健康である, 傷ける, 傷つけること, 出汁に, 利用しよう, 勧誘した, 厭な, 友人として, 取りもどすこと, 口説いて, 叩き起して, 名乗って, 吸いよせただけ, 呼びビール, 喜ばせもし, 喪う術, 喪った悲しみ, 喰ひ, 困らせた程, 売るん, 大事に, 失うよう, 失って, 失つた, 失ひ多感, 失わないもの, 失ッた, 奥様は, 好いて, 嫌ひ, 実例に, 家へ, 寧ろ驚異, 尊敬し, 尊敬したかった, 尋ねし時, 尋ねたあと, 尋ねたが, 屋外に, 岐阜市内の, 庇護する, 店座敷の, 廻して, 引き留めるわけ, 引張り出して, 彼の, 待ち受けたが, 待遇した, 得た喜びにじつと上, 得た気, 得全国, 御紹介, 心から尊敬, 忘れないん, 忘れ給うや, 思い出した, 思う情, 思ひ出したから, 急き立てて, 恵まれた, 悩ますこと, 悲しみます心, 愛する爲, 手に, 抱えて, 押しのけて, 拉して, 招いたり, 招きこの, 招き宴会, 招くこと, 招んで, 招待しよう, 持たないの, 持たなかつた, 持ちロンドン, 持ったこと, 持つこと, 持つたと, 持つてるから, 持つてを, 持つばかり, 捕えて, 捕捉し, 掴え, 揮り放そう, 擲った少年時代, 救う事, 救う道, 救おうとして, 新橋へ, 晩餐に, 更に苦しめ, 書き落すこと, 木村松太郎と, 案内した, 案内する, 欺いてる男, 欺き世間, 此処で, 残して, 殴って, 殺して, 殺し居ったぞ, 求めて, 求めること, 法界の, 清く見せる, 渋谷の, 無理に, 煩は, 物の, 玉屋へ, 町は, 町はずれまで, 発見し, 相手に, 省みて, 眺め気の毒, 知って, 知つたのは, 祝うとき, 神田辺へ, 私どもに, 紹介した, 結核菌の, 絞め殺して, 絶望には, 羨望した, 自分以下に, 自由に, 葬った, 葬ったの, 葬って, 見たいと, 見つけたいという, 見つけること, 見つけるの, 見ると, 見れば, 見出さなかった, 見出した, 見出して, 見出す, 見舞ひ, 見送りに, 見送る子供, 訊ねる為め, 訪うて, 訪うを, 訪ねたの, 訪ねた事, 訪ねる, 訪ねるため, 訪ねる機会, 訪ね二, 訪ね碁, 訪れた, 訪れた時, 訪れて, 訪れるつもり, 訪れるの, 訪れるので, 訪れる方, 訪れ様々, 訪問しあう, 訪問した, 訪問しない, 証人として, 誘いて, 誘い出すの, 誘つて初めて, 誘つて登つてゆき度い, 語って, 誣いるの, 説きまわって, 諫めた, 議論の, 護った, 迎えるというは, 迎える彼, 送り出した後, 過ちたり, 避けたり, 郊外の, 除外した, 陥れて, 陷入れ, 陷入れる, 集め謡い, 離れ本当に, 餓えの, 騷が

▼ 友人~ (336, 4.8%)

26 一緒に 18 二人で 6 別れて 4 話して, 酒を 3 いえば, 三人で, 相談し

2 [20件] いっしょに, いっても, なったの, なって, なること, 一しよ, 云つては, 会したの, 倶に, 同じよう, 夕食を, 学校の, 彼の, 私とは, 肩を, 茶を, 話しながら, 話題を, 連れ立って, 連立って

1 [229件] いうだけに, いうよりも, いきさつにも, いって, いってい, いつしよ, いつて, いふよりは, おっしゃるの, ここで, これについて, さしむかい, さもさ, し, したの, した所以, しばしば顔, すること, すれば, そっくりだ, その女, その店, その時, その草原, どこか, ならないの, なりませうといふ, なり二人, なり得たこと, なる者, なれば, にあう為, はげしい争闘, はじめて附き合い, また逆, みえる, ゆくなら二人, わかれて, わざわざこの, わずかなお, イタリア旅行を, ガリレーや, 一所で, 一所に, 一時間も, 一晩寝ない, 一杯を, 一杯傾け, 一緒の, 一緒よりは, 一隻の, 下宿し, 並んで, 久しく会わない, 久しぶりで, 争うて, 二人くらい, 二人づれが, 二人づれで日光の, 云っても, 云つても, 互いに青春, 交つてゐた, 交り, 京橋近くの, 今夜の, 仲よくし, 企て, 伊勢参宮へ, 会えなくなること, 会ってね, 会っても, 会食したら, 佐吉さんと, 何の, 何もかも語りつくし, 偽わりまし, 僕が, 僕とは, 僕の, 入れ替りに, 全く等しき, 全生庵, 共に借切, 共に坐り, 共同の, 其の母, 出逢う手筈, 別れた, 別れた後, 別れ茅野, 別宴を, 南ドイツに, 友人との, 合奏の, 同じさ, 同室で御座います, 同居し, 同時に帰っ, 同様に, 同樣, 同道し, 呼ぶで, 喧嘩を, 喧嘩迄, 喫茶店に, 喫茶店の, 回覧雑誌を, 大喧嘩, 女との, 女の, 女房とは, 姉とが, 嫁を, 學校の, 対する時, 対坐でも, 対談し, 小遣を, 市中へ, 床を, 座って, 往来で, 待ち合わせた, 思っただけ, 思って, 懐を, 手を, 挨拶を, 握手する, 新宿の, 日比谷公園を, 暖炉の, 暫く散歩, 朝鮮へ, 来て, 東京会館で, 榻を, 此処へ, 此處へ, 歩きながら, 殿下とを, 気位の, 渇仰者を, 激論を, 物語る楽しみ, 狩猟の, 珍しく僕, 町で, 発程の, 登山の, 盃の, 相会, 相会し, 真砂町の, 知人とに, 碁を, 神学上の, 私に, 私は, 称して, 称すべき一人, 称する共謀者, 称へる, 競争した, 競爭で, 競走で, 笑いながら, 約束の, 素人下宿の, 結んで, 絶交しかけた, 聞いては, 腹を, 自分の, 自炊を, 芝居を, 花を, 草の, 落ち合った, 葬式を, 蓬莱亭の, 行って, 行動を, 街で, 袂を, 裏山に, 見て, 見做, 親しむこと, 親戚と, 言うと, 言ふ, 言へば, 計画し, 詩などを, 話したん, 話しに, 話し合って, 話し合ってでも, 話を, 話合っ, 話合った, 認めて, 語り合っても, 語るとき, 語るの自由, 談じ, 談笑し, 論争し, 論戰する, 貞節な, 近しくなっ, 逢いさっそく, 逢った時, 逢つた時など, 連絡協力を, 遊ぶとき, 郊外を, 酒と, 関係が, 階下に, 集ったり, 露西亜の, 食事を, 食卓に, 飯を, 飲み且つ, 馬鹿げた遊び

▼ 友人~ (220, 3.1%)

4 のこと, は私 3 の中, の間

2 [16件] が壺, が子供, が小田, が詮議, と話し, にそんな, の上, の同人雑誌, の消息, は元々, は呆れ, は斯, は皆, もそう, もみんな, を見

1 [174件] からそう, からは, からも自分, から招かれ, から貰っ, が, がその, がみんな丸善, がむしろ, が中心, が二人, が何人, が出かけ, が喋っ, が如何, が山, が引っ張り出し, が憂慮, が招待, が拠金, が揃つて反対, が是處, が本, が来, が東西南北, が渭水, が焼香, が狂気, が私, が見送り, が言葉, が話し, が集まっ, が面會, が驚い, が骨董談, だけがよく, とこの, との壮行会, とはしばらく, とは喧騒, と一, と交え, と会合, と別れ, と始めて, と子弟, と寮歌, と接触, と詩材, と郊外, と顔, にくつ, にこうして, にすら瀬戸君以外, について色々, にとってリスト, にはことに, には勿論, には日本, には追いすがる, には陶器, にも愛想, にも理解, にも私, にも見送られ, にやっ, にやんや, に何, に優しく, に励まされ, に博士, に号令, に對, に帰り, に心配, に看護, に知らせた, に自分, に與へた媚弄, に通知, に遠く, のそんな, のやう, の一連, の云う, の介抱, の内, の切, の受売り話, の名, の変化, の多く, の奔走, の好意, の姿, の学位, の就職, の御機嫌, の忠告, の悲劇的, の手, の持っ, の敵本主義, の生活, の発企, の立派, の苦笑, の言いつけ, の記憶, の迷惑, はあまり, はすぐ, はどう, はまた, はみんな酒, はむこう, はルナチヤルスキイ, は一向に, は云い合った, は会う, は偶然, は僕, は原, は口, は声, は庭, は心配, は曽つて何, は概ね, は殆ど, は盛, は笑, は通常, は非常, までが拍手, までまるで, まで口癖, もその, もそれ, もそれぞれ, もちょっと, もちよ, もロンドン近く, も一般, も信じ, も大いに, も大分気, も少し, も帰っ, も暗, も此, も気づかっ, も町, も皆それ, や後輩, や敵対者, や近所, わけても私, を主体, を代表, を噛つた, を屋敷, を引張る, を待つ, を悩ました, を愛し続けた, を汽車, を見る, を集め, を電話, 又は知人達, 安御家人, 特に若い

▼ 友人から~ (161, 2.3%)

4 借りて, 金を 3 手紙が

2 [12件] 上高地行を, 名前を, 呼び止められた, 少年向の, 来たの, 聞いたので, 聞いて, 聞くと, 送って, 長い手紙, 電話で, 電話を

1 [126件] きた手紙, きっぱりと, くだんの, こういう話, この話, これが, これを, こんなこと, こんな話, しょっ中, そう問われた, その妹, その弟子, その蔵書, だつて, である, ですよ, とどくもの, なぜ漢文, むつかしい質問, よく樣子, ザボンを, メルジイ夫人が, 一向に手紙, 一座の, 不義理な, 与へられたので, 中身の, 久し振りに, 久振りに, 予, 云われた言葉, 五円程, 五圓程, 仙台地方の, 仙臺地方の, 伯爵又は, 伸子も, 何でも, 余り対手に, 便りが, 借り入れた七, 傳へ, 其批評を, 出発し, 劉子を, 勧められ遥, 十数町も, 取り巻かれながら, 受けた忌憚, 受けて, 右頬に, 君の, 君は, 商業學校出では, 大変興味の, 奇怪な, 妙な, 学んだと, 學ばなければ, 寝台その他の, 巴里人は, 彼の, 思い掛けなき厚意, 思ひがけ, 悔みを, 技倆の, 折々忠告, 拳銃を, 捜索願が, 斯う, 毎日, 汽車賃と, 泣きつかれて, 浜田弥兵衛の, 猜まれて, 生徒が, 病名を, 祝を, 私に, 私の, 細君の, 結婚披露の, 絵葉書の, 聖書の, 聞いた, 聞いたある, 聞いたこと, 聞いただけで, 聞いたの, 聞いた昔話, 聞いた時, 聞いた次, 聞いた海岸, 聞いた話, 聞いては, 聞かして, 聴いた, 自分にも, 舞ひ込ん, 補充される, 貰うこと, 貰ったん, 貰ったトム, 貰った手紙, 貰った拳銃, 貰つた品, 贈られた茶, 車に, 軍事学の, 迎えられ助けられ慰められた, 追いたてられるよう, 送つて, 透谷の, 遊びに, 遠ざかりましたため, 重ねて, 野狸の, 銅像演技という, 離れて, 電話が, 電話の, 面皮を, 預った衣類数十点, 鶏卵を, 鼻つまみに

▼ 友人~ (161, 2.3%)

12 あつた 2 さへ, 休みなし, 兄で, 某社の

1 [141件] いっぱいに, いま東京の, いらっしゃいますか, かつてダヌンチオ, かねて自分, この人, この村, しかも子供, すすめたの, すらそう, すら時に, その名古屋生れ, その當時, その頃, その頃国許, その頃國許, それも, それを, びっこの詩人と, まだ一度, まるで兄弟, むしろ少し先輩, やはり京都, やはり前, やはり植木屋仲間, やまの, よくたずね, わがスイス, わたくしの, わたしは, アグネス, アパートに, イギリスに, エリスも, クリストフ一家の, ドイツ文学の, ニューヨークの, ユウモア作家の, ラズーミヒンと, 一時世にも, 一緒に, 二人は, 京都に, 今ある, 今では, 今まで, 今度の, 今度私の, 今村先生の, 今鏘, 仏頂寺なにがしと, 仔細ない, 伊香保へ, 伜に, 保険会社へ, 候とか, 僕が, 僕も, 兼てから, 出來, 刺戟者で, 十時君という, 参議院の, 又木某という, 又私たち, 可なりの, 同類であり, 君も, 四国民政部の, 国画会の, 土肥八十三郎という, 地方に, 地方の, 外に, 夢の, 大学を, 女優の, 女好きで, 子の, 宇都宮で, 対蘇貿易に, 将来ベルグラードの, 小さな婦人雑誌, 小川という, 山崎は, 巴里でも, 帝大内科の, 平田篤胤没後の, 彫刻を, 彫刻熱心の, 役場の, 彼も, 彼女を, 従来ヘーゲル弁証法研究に, 性質善良何ら, 愚痴を, 教名を, 敷島を, 文墨の, 文学を, 文学少年が, 文學も, 文藝といふ, 新国劇の, 日本で, 日本へ, 昆虫学者なる, 昨夜も, 某という, 桑原博士が, 永い間, 清子たちが, 澤山文通を, 琴の, 甚だローマンチック, 疾う, 硯友社連中の, 私と, 私とは, 私達が, 稲田信一という, 立派な, 経験も, 美学とかを, 胎龍と, 蔭ながら, 藤田という, 記者あがり, 轟一夫君, 農業に, 農科大, 送籍と, 道場で, 郷土史研究家の, 長らくアメリカ, 阿部山城守の, 電気技師を, 頼みに, 風采を, 高槻の, 黒塚様と

▼ 友人~ (152, 2.2%)

3 あった 2 ありました, ある, ないの, 同志も, 獲たが, 私の, 私も, 迎へに

1 [133件] あったから, あつた, あまりなく, ありますけれど, ありません, あり声望, あるから, あるが, あるに, あるよう, いっしょに, いないという, いないので, いますが, いる, いるし, いろいろと, うすうす聴い, おそらくは貸さない, おって, おれと, お鳥, かなり持っ, この式, ございません, じきに, すぐさま口, そう思っ, その後陳烱明の, その時, その葬式, それから, たくさんあっ, たしかに, どの友人, どんなにか, ないという, ないといった, ないよう, なかった, なかつた, なくそして, なくても, なくなろうとも, なく家族, なく恋人, ほ, ほとんど無い, また瀬戸内海, まま自嘲的に, みな親切, みんな驚く, やはり半蔵, やや酔っ, わずかしか, ゐた, ゐない土地, ゐなかつた, ゐる事故, 一人も, 一人二人と, 一人去り, 一年に, 不思議がっ, 世間の, 二三その, 二人の, 休俳斷俳で, 何か, 僕も, 僕等の, 先年二三羽の, 先生や, 共に池, 出来ない時分, 加はりて, 勢い立っ, 勿論の, 友人だらう, 口を, 同じ大学, 同意した, 多かつ, 大きくなり, 女も, 嫌な, 存しない, 実にドウ, 尋ねたり, 少いし, 少くなかった, 少なく強いて, 居るので, 年々すく, 幾人か, 強いて, 彼女に, 我を, 教師も, 敵も, 既にこの世, 来て, 来なかったが, 案外少い, 武士らしい, 毎曰く, 沢山居る, 沢山行っ, 洋服姿の, 無いから, 無いはず, 無いよう, 無事といふ, 無事師鉄胤も, 無數, 父兄も, 留学で, 疎開先から, 皆な, 皆描写の, 皆駄目だ, 相当の, 知己も, 神祇権少, 笑い出した, 聞いたこと, 職業も, 腹を, 表面だけは, 誰あ, 誰も, 身内も, 驚くだろう

▼ 友人~ (109, 1.5%)

4 は彼 3 といっしょ, の間 2 は言った

1 [97件] から分離, がする, がなん, がよく, がパリー, がピアノ, がフランス芸術, が住んでる, が劇場, が加勢, が各自, が少し, が彼, が昨晩, が深いやさしい, が絶対, が説く, が送ってる, といつも, としばしば, とともに話, とのかけ事, との仲, との方, との間, とはじめた, とは交わり, とふたたび, とも融和, と同じ, と大笑い, と梅, と行動, と袂, と話した, と話す, などは皆, にとってはもし, にもたらさん, に乗ぜられ, に別れ, に取り巻かれてる, に対しまず, に尋ねた, に彼, に感心, に披露, に混, に知らせる, に茶番, に言った, に言明, に郵書, に隠したがっ, のいわゆる, のうち, のこと, のため, のほう, の仮寓, の内, の写真, の力, の友情, の古い, の名, の声, の大胆さ, の心, の憤激, の抱く, の提供, の発っ, の離反, の面, は, はおもしろ, はきわめて, はこの, はそこ, はそれら, はたえず, はパリー, はヨブ, は予, は国内, は書かなく, は民衆, は順次, へ, も役者ら, も私, をすぐ, を与え, を夫, を見捨てよう, を逃げ出させる

▼ 友人として~ (90, 1.3%)

2 何も, 僕を, 忠告する, 忠告に, 自分に

1 [80件] お引合わせしたい, お話する, お連れ下さらず, かう云, かなしむ中, きょうは, これによって, これは, これ以上の, さういふ忠告, すべての, その友情, それが, ただ感謝, たのもしいかれ, つき会って, なしたある, はちよつと, またアカデミイ・ゴンクウル, もっと早く, エセックスに, マドロスを, 一入彼, 一意専心支那の, 一週一度ぐらい, 不親切に, 且つ学校, 二川の, 交わったの, 交わって, 交際してる, 交際する, 以上の, 僕は, 僕ほど, 冗戯も, 又は学者, 受取らずに, 同程度, 君が, 君の, 客間に, 富豪の, 寺島幸三氏自身へ, 尊敬した, 幸徳君らと, 彼の, 彼女と, 彼等と, 必要な, 恥ずかしくない, 感謝してる, 成長した, 或いは学生, 明治三十年頃紹介状を, 来たの, 来て, 松本君の, 澄太君を, 特定時間内に, 生涯変る, 病身の, 發見された, 種々の, 群出する, 自分は, 菊池さんに, 衷心からの, 見たいの, 言ひたい事も, 討手の, 話して, 認めること, 認めるの, 貴方の, 過ぎ者, 遣って, 適当だ, 陰に, 非常に

▼ 友人~ (74, 1.0%)

2 先輩の, 家族の, 知己は

1 [68件] いろ, すべての, その弟達, ジャン, 仲間の, 何かへ, 元の, 兄などの, 先輩から, 先輩が, 先輩とでも, 先輩などの, 先輩または, 助手の, 友人の, 叔父の, 叔父や, 同僚たちが, 同僚たちは, 同僚とは, 同志が, 同志の, 子供から, 子供等から, 学生達が, 学者が, 山の, 幼な, 弟たちや, 弟子たちの, 後輩と, 後輩など, 後進の, 恋人も, 恋人や, 新聞雑誌社へ, 日頃仕事の, 未知の, 比較的近しい, 民助, 法律家としての, 知人, 知人に, 知人にも, 知人は, 知人や, 知己の, 知辺の, 知辺やが, 社会や, 肉親との, 自分の, 自由に, 自身の, 親戚が, 親戚やと, 親類が, 親類殊に, 訪問者が, 読者に, 近隣の, 門下生に, 門下生達は, 門人などから, 門人やが, 門弟が, 隣人などに, 隣人に対しての

▼ 友人~ (66, 0.9%)

3 は私 2 に對, の堕落, は, はこの

1 [55件] から贈られた, から雜誌, がだんだん, が動物学者, が協同, が同情, が懐, とお, と一緒, と同じ, と會談, と葛城山, と話した, と連立っ, と野, にかけ離れ, にその, にそれとなく, について談話, にも電報, に一人, に云, に先生, に別れる, に向, に會, に答え, に自殺, のところ, の公然, の名前, の好奇心, の忠告, の所為, の方, の案内, の死刑後, の死骸, の笑声, の顔, は多く蓬莱亭, は大抵, は守田, は帽子, は眼, は眼鏡屋, は船, は送, も多少, や女等, を多少なりとも, を渡つて, を通す, を集め, を非難

▼ 友人である~ (56, 0.8%)

3 ことを 2 ところの, 事は, 私の

1 [47件] あなたに, から御身, が百舌, が考, ことが, この不幸, その美術家, だけ甚だ, という事, という段々, といっ, よりも素子, フランケンシュタイン, フランボーは, 三木という, 井上唖々君が, 代理検察官の, 伯爵の, 倫敦の, 兄は, 医学士に, 医学士の, 医者が, 古神行基, 大学生の, 小宰相, 少年新聞, 帆村の, 平福百穗氏が, 庸三なぞの, 彼が, 文明社の, 方は, 明智小五郎も, 村重の, 河野ウメ子は, 白川奨の, 石川湧君を, 私としては, 私にとっては, 若い作家, 著名な, 詩人の, 課長の, 野村に, 鮑叔は, 鴨下ドクトルを

▼ 友人~ (47, 0.7%)

3 のこと

1 [44件] からも好まし, から醵金, でその, ではあ, ではむしろ, ではもう, では大抵, でもどうか, でも君, で義雄, としても全部, にあった, においては最も, におかしな, にこの, には有名, には相当, には知らせず, には聖人, には送別会, にも議論, に問題, に威張っ, に推稱, に洩らした, に物議, に知れ渡, に知れ渡っ, に誇る, に質した, に迄も高利, のそしり, のわずか, の交際, の問題, の評判, の話柄, の説, の貸し借り, の道, の道徳問題, へ歸ら, へ片付ける, を風び

▼ 友人には~ (43, 0.6%)

1 [43件] いつもただ, こうも, これこれの, だいぶえらくなった, どんな人, なれそう, ぼくたちの, やはり私, フランス語の, ロンバルデイの, 何の, 何も, 分らなかったが, 半分裏切られた, 子が, 少くとも, 尚の, 必ず酒, 悉く信用, 感謝したい, 掻きちぎるほど, 旅行中毎日必らず, 明るく情誼, 有力な, 朝に, 物も, 理工科方面の, 生きてる中, 産婆を, 相応な, 相談し, 秘密の, 義理が, 船酔いの, 蜀山人だの, 解らぬ快, 誰にも, 誰れ, 谷川徹三林達夫小田秀人など, 運転時分など, 随分気味, 面白い作り話, 食パンが

▼ 友人~ (41, 0.6%)

3 と云っ, よ 2

1 [33件] から, からこの, からそれ, からである, から信じない, から君, から考え, から遺骸, がずいぶん, がめったに, が國, が遊里方面, しあなた, し私, そうです, つた, つたに, つた李西涯が, というこの, という訳, と云つて, と仰る, と名, と思っ, と教えられる, と紹介, と言う, と言われ, などとはいいません, のと, ツて, 今日は, 社会だ

▼ 友人にも~ (40, 0.6%)

2 言へ

1 [38件] おまわりさんが, かれの, これだけは, して, だれにも, はっきり公言, またこれ, 世間の, 内密に, 同じくその, 同じ経験, 吹聽し, 多少の, 女中さんにも, 彼は, 手伝って, 挨拶しない, 時たまそれ, 書きそれ, 本人の, 母にも, 相談の, 糸が, 自作の, 見て, 見当の, 見離されて, 親戚にも, 親族にも, 誰にも, 謀りて, 逢おうあの, 逢わずひとり, 遠ざかったから, 遺言し, 離れ知人, 非結婚主義, 鬼眼が

▼ 友人との~ (36, 0.5%)

2 交際に, 交際の, 会合を, 比較が, 間に, 集会なども

1 [24件] あいだがらは, あいだに, それ等の, ツキアイで, 争闘より, 二人を, 交り, 交渉が, 交際が, 交際とか, 交際は, 交際を, 会食か, 共同生活が, 共同生活よりも, 別れ町会への, 合作戯曲, 将棋の, 約束の, 絶交の, 貸借勘定の, 間には, 雑談にも, 顔つきを

▼ 友人という~ (31, 0.4%)

7 のは 3 のが 2 ものが, ような

1 [17件] きりです, ことで, とくべつの, ところが, のに, ものには, ものも, ものを, 人が, 位の, 友人と, 形に, 情義が, 格から, 男は, 金持ちらしい, 関係であった

▼ 友人関係~ (26, 0.4%)

1 [26件] が成り立った, が生れる, が結ばれ, だそうな, だと, であり従来, であるの, でさえも同じ, でその, ではなく, でもあり, でもいられません, とより, と辿っ, なの, なん, にほかならなかった, によって離合, に婦人科, の他, の同人, はきわめて, はこれ, もそう, を棄て, を追求

▼ 友人知己~ (24, 0.3%)

2 と最も, に対する我我, を憎悪

1 [18件] からお金, から全く, とともに会食, にむかっ, のうち, の嘲笑, の意見, の數, の気, はその, は忙しい, は見る, への, もない, も多, も驚い, を介し, を誘い

▼ 友人であった~ (22, 0.3%)

2 計りでなく

1 [20件] から病床, がいたって, がその, が中年以後, のである, ので私, ばかりにその, シュパウンは, ドクトル, 一人の, 亀重君という, 二人が, 優秀な, 大隈にたいして, 師であった, 昔の, 曲亭主人から, 有島武郎の, 画家柳敬助君の, 近藤の

▼ 友人であり~ (22, 0.3%)

1 [22件] お互いの, かつ幼, ながら早川さん, もっとも親しい, 今は, 先輩であった, 助手である, 原稿の, 又密教所, 同志であり, 同志である, 実際昨晩自分たち二人, 庇護者である, 弟子でも, 彼との, 彼は, 援助者である, 擁護者であり, 本城河崎二氏は, 相棒である, 知人で, 追随者である

▼ 友人でも~ (22, 0.3%)

6 あった

1 [16件] あいまいな, あったと, あったので, あり打明け話, あり話相手, あるし, やって来て, ゐないかと, 來て, 僕の, 彼に, 新しいもの, 正宗は, 気づくこと, 煙に, 迎えるよう

▼ 友人としての~ (21, 0.3%)

2 交際に, 深慮が

1 [17件] この大西三津三, イェーツが, 大野の, 好意を, 岸本君を, 忠告だ, 情誼に, 意気に, 感情を, 津田君の, 眞心から, 真心から, 職責上私が, 自分が, 誇りは, 間がらは, 関係は

▼ 友人と共に~ (21, 0.3%)

2 それに

1 [19件] ころげこむよう, その間を, その魚, それを, みずから一つの, パリで, 住んだらどんなに, 同人雜誌を, 夕食後の, 山家の, 店の, 心当りの, 日光の, 歩きながら, 気焔を, 私は, 竹内から, 舟を, 遊廓に

▼ 友人なる~ (20, 0.3%)

2 或菓子屋

1 [18件] ものに, ものを, アメリカ歸り, 加集とく, 学生の, 學者達に, 小説家, 山の, 或婦人, 有名な, 琴の, 素人探偵フランボーに, 細野次郎氏の, 維新革命前の, 自分に, 著者兒島君に, 辯護士の, 辯護士や

▼ 友人~ (18, 0.3%)

5 んです 4 のです 3 のだ, んだ 1 のか, のさ, ので私

▼ 友人同士~ (18, 0.3%)

2 のよう

1 [16件] が一, が各自, が非常, だから, であるかた, であるかの, でそれ, で試し, としては千鶴子, なわけ, にて一瓶, の, の口, の情, の間, の雰囲気

▼ 友人同志~ (17, 0.2%)

2 の間

1 [15件] が却つて實際, が各自, が面会, であって, ではあつ, でも生き, で出し, といったふう, にその, に似た, に見送られ, のつきあい, のやう, のよう, の知らない

▼ 友人だった~ (15, 0.2%)

2 が婦人

1 [13件] あのディーネル, からあえて, から二十一, がさあ, がその後十年あまり, が兄, ために, というその, ので既に, 一詩人が, 人で, 向うが, 李西涯が

▼ 友人では~ (14, 0.2%)

2 あつた

1 [12件] あったが, あったけれど, あっても, ありましよう, あり如那, あるが, ないか, ないよう, なくとも, なく同郷, なく早稲田警察, なく社交

▼ 友人とは~ (14, 0.2%)

1 [14件] それからやがて, 今日まで, 信を, 共に酒, 古くから, 大内兵衞君に, 彼の, 手を, 称せざる, 言われまい, 逢って, 違う, 重野という, 驚いた

▼ 友人~ (14, 0.2%)

2 告別し

1 [12件] です, とくに結びついた, 宛てた手紙, 急用の, 書かなければ, 洩らした書簡語, 特別契約で, 示さんが, 贈呈する, 送つたの, 送つて, 通知

▼ 友人からの~ (13, 0.2%)

1 [13件] たより, 來信の, 借金で, 借金や, 妻の, 心づくしの, 手紙な, 手紙に, 贈りもの, 贈物だ, 贈物で, 送金で, 電報で

▼ 友人たる~ (12, 0.2%)

2 が為め, 貴女と 1 ときは, ドイツの, 多くの, 文学者の, 既婚婦人らの, 某漢詩人, 武知隼之, 野中右門と

▼ 友人への~ (12, 0.2%)

2 手紙に 1 お土産, 僻みがむしゃら, 思いも, 感謝宇宙霊への, 手紙など, 手紙の, 消息とから, 絶交状を, 義理も, 通信の

▼ 友人知人~ (12, 0.2%)

1 [12件] が集まっ, にも罹災者, に不幸, に世話, に迷惑, のところ, の事, の助, の間, の顔, や妻子, を訪ね廻

▼ 友人です~ (11, 0.2%)

21 お掛り, か, からお構いなく, からしたがって, が人間的, が偶然, が船井君, よく知っ, よラズーミヒン

▼ 友人に対して~ (11, 0.2%)

1 [11件] すまないと, すまぬこと, はかの, 俺の, 忠告の, 恥ずかしいん, 深厚なる, 済まぬ, 甚だ申訳, 私は, 自分の

▼ 友人に対する~ (11, 0.2%)

1 [11件] ある情味, サービス精神からの, 人なつこい面, 彼の, 挙動が, 礼儀として, 礼義として, 考えと, 自分の, 蔭口とか, 馴れ馴れしい調子

▼ 友人~ (11, 0.2%)

1 [11件] でも最も, で自分, には中小商工業者, には他人, には夫, にも甲, に時々, に死んだ, の誰, の長, 最も女

▼ 友人といふ~ (10, 0.1%)

4 ものは 1 ことで, のが, のは, もの, ものが, ものの

▼ 友人とともに~ (9, 0.1%)

2 聖書を 1 レストランや, 一ト月足らずも, 出て, 夜中旅行せし, 奈良付近の, 海水浴に, 雪の

▼ 友人からも~ (8, 0.1%)

1 何処からも, 度々手紙, 手紙を, 棄てられ生活, 無類の, 言つて來た, 言つて来た, 非常に

▼ 友人とも~ (8, 0.1%)

1 あれだ, いうよう, お互に, ちょいちょい冗談, もう逢, 相談し, 知合の, 離れて

▼ 友人夫婦~ (8, 0.1%)

1 が何, と北川氏, につき合う, の洋行, の間, は疾く, より余り, を冒涜

▼ 友人数名~ (8, 0.1%)

2 と共に銀座 1 が試食, で未成年者, とクラブ, と共に劇場, と共に小石川富坂, と共に登った

▼ 友人~ (8, 0.1%)

1 が九州, が代っ, に示す, に語り, に貸し, の奔走, も同所, を訪

▼ 友人とが~ (7, 0.1%)

1 いよ, しばらくの, 山の, 或は公, 来た, 突然実験所, 裏の

▼ 友人仲間~ (7, 0.1%)

1 ではお, では噂, でも香蔵, で追悼会, にのこした, に孤立, へは伝えた

▼ 友人諸君~ (7, 0.1%)

1 が期せずし, の勧誘, の平素, の幸, の手, の配慮, の驥尾

▼ 友人香蔵~ (7, 0.1%)

1 からの便り, からの手紙, から半蔵, がすでに, のこと, のもと, の死

▼ 友人としては~ (6, 0.1%)

2 私の 1 あの方, この上, なるべく多く, 二三の

▼ 友人ども~ (6, 0.1%)

1 から危ぶまれた, がこれから, とは明教館, の顏, の首, もあきれ返った

▼ 友人にでも~ (6, 0.1%)

1 めぐり逢ったかの, 出会ったら大変, 別れる樣, 容易に, 託すれば, 話しかけるよう

▼ 友人らしい~ (6, 0.1%)

1 その男, ものは, 三四人が, 数人の, 氣さく, 男と

▼ 友人二人~ (6, 0.1%)

2 と約 1 が秘か, で行く, とミラノ, の事

▼ 友人以上~ (6, 0.1%)

1 に愛人, のもの, の交渉, の情, の間柄, の関係

▼ 友人景蔵~ (6, 0.1%)

1 からのめずらしい, の家, の留守宅, までがその, も留守, も香蔵

▼ 友人であっ~ (5, 0.1%)

1 たりします, てしかも, てほとんど, てみれ, て親戚

▼ 友人などが~ (5, 0.1%)

1 かわるがわる見舞, その寝棺, つめかけて, 出来て, 来ても

▼ 友人などと~ (5, 0.1%)

1 会いアリバイ, 落合つて飮むとなると殆ん, 話して, 談笑の, 遠足し

▼ 友人なり~ (5, 0.1%)

1 また場合, 信用なりが, 同国人なりとして, 師弟なり, 支配人なりとして

▼ 友人よりも~ (5, 0.1%)

2 貧乏に, 金持ちに 1 庭が

▼ 友人室生犀星~ (5, 0.1%)

2 その人, の芸術 1 と結ん

▼ 友人からは~ (4, 0.1%)

1 いよいよ文人扱い, みんな愛され, 何の, 少しも

▼ 友人その~ (4, 0.1%)

1 助手と, 区別は, 名前を, 寂蓮は

▼ 友人だけが~ (4, 0.1%)

1 よく電話, 寄って, 祭壇の, 詩と

▼ 友人づきあい~ (4, 0.1%)

1 がすっかり, であった, もせず, をする

▼ 友人とか~ (4, 0.1%)

1 きいて, そんなもの, 云う人, 婦人記者とか

▼ 友人などに~ (4, 0.1%)

1 当って, 心配軽蔑される, 東京の, 言わせれば

▼ 友人なら~ (4, 0.1%)

1 ば例, ば自然, 二階の, 家賃は

▼ 友人なんか~ (4, 0.1%)

2 仲に 1 では, 一人だって

▼ 友人に対しても~ (4, 0.1%)

1 おもしろくない, 岸本は, 悪いこと, 手加減せず

▼ 友人ばかり~ (4, 0.1%)

1 ですから, でなくこの, では, 持って

▼ 友人より~ (4, 0.1%)

1 その他は, 以上の, 書籍を, 聘せら

▼ 友人をも~ (4, 0.1%)

1 持つこと, 敵をも, 訪わず父, 許さなかった

▼ 友人以外~ (4, 0.1%)

1 に読者, の人, の人々, の人たち

▼ 友人葵亭翁~ (4, 0.1%)

2 がかたられき, がものがたり

▼ 友人あり~ (3, 0.0%)

1 しも我貧, 想い一度それら家族の, 独り立て余を

▼ 友人ある~ (3, 0.0%)

1 なし彼, ひは, を望みうべき

▼ 友人~ (3, 0.0%)

1 よほど親しい, 何かの, 故旧か

▼ 友人でない~ (3, 0.0%)

1 とさ, ものは, ような

▼ 友人でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ば判らない 1 ばならぬ

▼ 友人としても~ (3, 0.0%)

1 いちばん親しい, お頼み, 亭主としても

▼ 友人とに~ (3, 0.0%)

1 抱かれたまま, 招かれて, 離れてから

▼ 友人などにも~ (3, 0.0%)

1 奥深き学問上, 褒められて, 誤解を

▼ 友人などの~ (3, 0.0%)

1 証言で, 誰にも, 身の上を

▼ 友人なども~ (3, 0.0%)

1 ヒヤ, 替り合つて看護, 来て

▼ 友人にて~ (3, 0.0%)

1 すでに僧侶, 大事を, 高辻と

▼ 友人にまで~ (3, 0.0%)

1 借りて, 花束を, 隠さなければ

▼ 友人によって~ (3, 0.0%)

1 刺戟を, 指し示された箇所, 訳されたこの

▼ 友人を通じて~ (3, 0.0%)

1 幾度も, 日常の, 質屋の

▼ 友人アンドレイ・セミョーヌイチ・レベジャートニコフ~ (3, 0.0%)

1 の住まい, の口辺, の部屋

▼ 友人二三人~ (3, 0.0%)

1 と小舟, と相談, と警察

▼ 友人~ (3, 0.0%)

2 が集り 1 の手前

▼ 友人及び~ (3, 0.0%)

1 信者等に, 故人と, 門人の

▼ 友人~ (3, 0.0%)

1 の女中, へとまり, を訪れ

▼ 友人~ (3, 0.0%)

2 ひを 1 ひに

▼ 友人某君~ (3, 0.0%)

2 と酒 1

▼ 友人柿丘秋郎~ (3, 0.0%)

1 が企てた, こそは世の中, の場合

▼ 友人~ (3, 0.0%)

1 な扱われかた, な気持, な調子

▼ 友人縁者~ (3, 0.0%)

1 からで, から疎開, の一群

▼ 友人~ (3, 0.0%)

1 がまた, はあいつ, 知らない筈

▼ 友人門弟ら~ (3, 0.0%)

1 の勧告, の説, は絶えず

▼ 友人~ (2, 0.0%)

2 な彼対人生

▼ 友人こそ~ (2, 0.0%)

2 即ち余

▼ 友人これ~ (2, 0.0%)

2 をみたる

▼ 友人さえ~ (2, 0.0%)

1 おれの, 無いもの

▼ 友人しか~ (2, 0.0%)

1 ない, 知りません

▼ 友人すら~ (2, 0.0%)

1 如何に彼, 現在の

▼ 友人その他~ (2, 0.0%)

1 に向っ, に遺書

▼ 友人であろう~ (2, 0.0%)

1 とあるいは, と私

▼ 友人とかの~ (2, 0.0%)

1 冷笑する, 女と

▼ 友人とで~ (2, 0.0%)

2 本郷三丁目の

▼ 友人とを~ (2, 0.0%)

1 彼は, 除いては

▼ 友人など~ (2, 0.0%)

1 いつできた, 千五百人が

▼ 友人などから~ (2, 0.0%)

1 ちやほやされる, はからざる話

▼ 友人などは~ (2, 0.0%)

1 そうした私, 私が

▼ 友人などを~ (2, 0.0%)

1 大分火葬場に, 尋ねて

▼ 友人にね~ (2, 0.0%)

2 此の

▼ 友人に対し~ (2, 0.0%)

1 事業に対する, 門弟に対し

▼ 友人ふたり~ (2, 0.0%)

1 と三人づれで京都, を相手

▼ 友人または~ (2, 0.0%)

1 仲買人に, 雇われ男

▼ 友人めいた~ (2, 0.0%)

1 交渉が, 交渉を

▼ 友人よねが~ (2, 0.0%)

2 はくは

▼ 友人アボット~ (2, 0.0%)

1 に手紙, に送った

▼ 友人メンシコフ~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 友人ラオチャンド~ (2, 0.0%)

1 は板の間, を見やった

▼ 友人一同~ (2, 0.0%)

1 にも無用, に悲痛

▼ 友人三人~ (2, 0.0%)

1 に速達, を誘っ

▼ 友人三四人~ (2, 0.0%)

1 とパリ, と共に高遠公園

▼ 友人中村君~ (2, 0.0%)

1 であった, の話

▼ 友人二人案内~ (2, 0.0%)

1 や人夫五人, や人夫五人合計七人

▼ 友人五六人~ (2, 0.0%)

1 と共に草津, の催した

▼ 友人交際~ (2, 0.0%)

1 であった人達, をし

▼ 友人四五名~ (2, 0.0%)

1 と落ち合った, を招待

▼ 友人安倍能成君~ (2, 0.0%)

1 の, の厚意

▼ 友人~ (2, 0.0%)

2 で先達て

▼ 友人小林秀雄~ (2, 0.0%)

1 に托し, の鞭撻

▼ 友人山ノ井金之助~ (2, 0.0%)

1 でした, の宅

▼ 友人~ (2, 0.0%)

1 の同情者, の心中

▼ 友人愛人~ (2, 0.0%)

1 とやたら, にし

▼ 友人~ (2, 0.0%)

1 と賑, を招い

▼ 友人明日~ (2, 0.0%)

2 の朝

▼ 友人望月氏~ (2, 0.0%)

1 から七百円, に一時

▼ 友人来り~ (2, 0.0%)

2 年賀の

▼ 友人某氏~ (2, 0.0%)

1 が手許, による材料

▼ 友人武田祐吉~ (2, 0.0%)

1 もこの, も論じ

▼ 友人~ (2, 0.0%)

1 山木幸吉の, 江彦一氏の

▼ 友人片山勝吉~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 友人~ (2, 0.0%)

2 の同志

▼ 友人総代~ (2, 0.0%)

1 として僕, の弔詞

▼ 友人~ (2, 0.0%)

1 に僕以上, や知人群

▼ 友人芹川進君~ (2, 0.0%)

1 と書い, を紹介

▼ 友人西川一草亭氏~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ 友人親戚~ (2, 0.0%)

1 が厚情, にさえも迷惑

▼ 友人訪問~ (2, 0.0%)

1 の気持, をも燒跡見物

▼ 友人諸氏~ (2, 0.0%)

1 に私, の好意

▼ 友人谷鴬翁~ (2, 0.0%)

2 がかたりき

▼ 友人連中~ (2, 0.0%)

1 のうち, の魂

▼ 友人達自身~ (2, 0.0%)

1 が何等, には大して

▼ 友人門人~ (2, 0.0%)

1 のこの, を謂

▼ 友人静廬翁~ (2, 0.0%)

2 に語りし

▼1* [436件]

友人あたらしい友人の, 友人あのパーヴェル・パーヴロヴィチは, 友人あるいは会合において, 友人いふに, 友人ええと誰か, 友人おなじ病いで入院, 友人おや左様でございました, 友人および訪問者の, 友人かは覚えて, 友人へ解き得ず, 友人さては天幕の, 友人したり顔にてあれ, 友人じゃないか, 友人すべてをもひんしゅく, 友人そのものに対する感じ, 友人その他会社関係の悔み客, 友人その他多くの人, 友人それらのどれ一つ, 友人たちそれらの人々, 友人たちふたりをつれ, 友人たちド・ラセーのもの静か, 友人たち五人もやって来, 友人たち今ごろは定めし, 友人たち何人かが同じ, 友人たち全部に関するきわめて, 友人たち勤め先の上役, 友人たち田舎のある, 友人たち見舞ひに, 友人だけで満足し, 友人だけに悪い気もち, 友人だったらやっぱり脳病院, 友人だってお父さんには, 友人だつたら何うだらう, 友人だらうが細君, 友人だ省みて恥づ, 友人やがな, 友人つね日頃どんなに君, 友人づき合いしかしなかった, 友人でありまして郷里, 友人でありますから子規居士以外, 友人であるごとくに語り, 友人でございまして松城昌三, 友人でさえ私が, 友人でしてねその, 友人でなかったとは云えません, 友人でなかつたら即彼, 友人といったところです, 友人といふものがめつた, 友人とかいう蒋幹です, 友人としてね友人として, 友人とてもない身, 友人とても亦たさうで, 友人とでもろくに話, 友人とのみ考へるなら余りに, 友人ともいつていい, 友人とやらに御相談, 友人ども大勢が一舟, 友人ないのか, 友人なしに私一人, 友人なぞの意見に, 友人なぞを知らないで早く, 友人なにがしがものがたりせり, 友人なりが彼の, 友人なれば入口, 友人なんかがゐて, 友人なんかにはそれは, 友人にさえも合わす顔, 友人にしか過ぎない私, 友人にすらこの謎, 友人にたいしていつも警戒的, 友人にだけこつそり, 友人にだけでもけちな, 友人についてそれを, 友人にというより, 友人にとっても不幸な, 友人になつて仕舞つた, 友人によつて彼の, 友人に対してさえ制える, 友人に対してすら何故そう, 友人に対してはすこしもかくし, 友人に対すると同じよう, 友人に関しての断片的な, 友人其お, 友人のうはさも, 友人のてまえ帰れんからのう, 友人はうへの女の子, 友人はめつたに手紙, 友人ひとりひとりに対する蔭口, 友人へと鉛筆を, 友人へもいそがしく手紙, 友人また日頃仕事の, 友人までも売って, 友人もしくは先輩で, 友人やらへ当分ここに, 友人やを引き起して, 友人ゆえこの方, 友人らことに女, 友人らしく取扱つて彼と共に, 友人らそれらを眼前, 友人ら相手にたえず, 友人ら自分を助け, 友人をけふ訪問, 友人をでも迎えるよう, 友人を通して指示する, 友人ウィリー・ハースのすすめ, 友人ウィルキー・コリンズの劇, 友人ウージェヌ・ダビを猩紅熱, 友人エッシェー氏自動車にて歓迎, 友人オソーの妻, 友人オリヴィエの魂, 友人カシュキンでさえチャイコフスキー夫妻, 友人ガアッタトシテソノ友人ガ優秀ナ技術, 友人ガ優秀ナ技術, 友人クリストフの成功, 友人グリェルマ・リスター女の, 友人サバルワル君の話, 友人サンマース氏の宅, 友人ジュスマイエルほか四人に過ぎなかった, 友人ジュネンの編集, 友人ジョンスと共に人生, 友人ジロラモ・メルチの別荘地ヴァプリオ, 友人スティヴンを伴い, 友人スペインに遊びたる, 友人ソデリニに与えた, 友人ダビット・ダヅレールの宅, 友人ダンチョン君を蛮人, 友人札幌, 友人トシテ及バズナガラ出来ルダケノ事ハスル積リデスカラ決シテ心配シナイデ下, 友人トロント近き農家, 友人ドンダース教授の実験, 友人ニコラス・オグリフと伴, 友人ニ云ヒ残スモノニシテ何人ノ容喙ヲモ許サス, 友人ニ依頼シテ無理ニ切符ヲ手ニ, 友人バウム宅で朗読, 友人バサー博士ら人民をし, 友人パンとタバコ, 友人ヒュームにあてたる, 友人ピックとヘレナウ, 友人フアウスタスに告げる, 友人フィリップスに送った, 友人フエデリゴが手書, 友人フランシス・ベエコンに宛て, 友人ブロートを通じてカフカ, 友人ベエコンの名, 友人ベルグソンの, 友人ホレーシオ・ブリッジに与えた, 友人ボーリング博士は手簡, 友人ポラクに送った, 友人マルタンが私, 友人マーテンなるもの, 友人ヤーネル大将の太平洋艦隊, 友人ヨリ雑誌借リテ読ミマシタガ, 友人ラインハルト家の蔵書, 友人リストであった, 友人ルウドルフ・リツトネル夫婦小生を誘ひ, 友人ロクロール氏から, 友人ロレンソに宛てた, 友人ローヱルさへ彼ポー, 友人ヴェルチュ宅で, 友人一人ないを, 友人一名とともにテーブル, 友人三五人と共に納棺, 友人三四十人のいる, 友人三枝らしさ, 友人三田循司君はことし, 友人上田敏君が宅, 友人三輩と共に, 友人両親または妻, 友人にお, 友人並知人の事, 友人中これを止める, 友人中川芳太郎氏に章節, 友人中村善吉氏が英国, 友人中村地平がその, 友人中村清太郎君が最初, 友人中村草田男の句集, 友人中津川本陣の景蔵, 友人久米君から突然, 友人京と, 友人乙某が百メートル, 友人即ち茲, 友人亀田を連れ, 友人二三と共に其所, 友人二三名へ云つてやつ, 友人二宮某の知つて, 友人は, 友人云わば路傍, 友人五人の同行, 友人井上唖々子が, 友人井生森又作, 友人亡大下藤次郎氏がここ, 友人斬り健吉, 友人は矢張僕, 友人仕事生活というやつ, 友人代表として世話, 友人以下の者, 友人伊勢崎君の為, 友人伊波普猷氏は, 友人伊藤貫一君にこれ, 友人伴侶及び強き, 友人佐々木京助のよう, 友人佐佐木茂索君にこの, 友人佐藤慵斎君の文集, 友人佐藤春夫君を介し, 友人保儀使の宣賛, 友人保田与重郎の文章, 友人俳人中野三允氏の句, 友人僕婢妻さえも我, 友人先輩と牛鍋, 友人先輩保護者上役いろいろ有りうる, 友人先輩親戚等に頼ん, 友人全体がなん, 友人全部に秘密, 友人六名樣と, 友人共にあの清き, 友人兵馬を君, 友人其他ヲ瓣護人タラシムベキ完全, 友人兼編輯部長に連れられ, 友人内村直也君であるが, 友人内藤耕次郎が京大, 友人別詩にいふ, 友人前田河だよ, 友人加山耀蔵よ, 友人加集泰助であ, 友人務台氏に勧め, 友人北野博美さんのおせ, 友人千束守の場合, 友人千田実画伯こと西山千君の卓越, 友人博陵の崔州平, 友人即ち堀尾君の, 友人又は先輩が, 友人及弟子を率, 友人各位就中男爵菊池大麓博士織田萬博士および船山曄智君, 友人吉田惣蔵へ数回, 友人同僚あらゆる知人, 友人同情者同感者の賞讚, 友人同棲をはじめて, 友人同胞などを考え, 友人同郷人その様, 友人呼ばはりする, 友人問うて曰く, 友人喜久井氏に始め, 友人喜多村瑞見から邦語, 友人が, 友人園中巌桂頗多因乞一株八月十三日静宜亭宿題, 友人堀江君に贈る, 友人塩田律之進じゃ, 友人増谷麟氏の紹介, 友人壺井栄ではない, 友人大久保の細君奈美子, 友人大城彦五郎氏の勧め, 友人大森洪太氏の慫慂, 友人大隅忠太郎君から結納, 友人太宰にやましき, 友人夫妻の家, 友人の髪の毛, 友人婢僕等よりは危惧, 友人安藤一郎氏を御, 友人安達東伯久しく奥州, 友人宝沢の従妹, 友人室生や佐藤, 友人室生犀星君もかつて, 友人宮岡恒次郎竹中成憲両氏がある, 友人家屋生国までも憎み, 友人小宮豊隆君の示教, 友人小島政二郎さんの, 友人小説家井伏鱒二が文章, 友人就中東北地方から出た, 友人山下幽香氏の手, 友人山宮允君と観潮楼, 友人山岸外史君から手紙, 友人山崎久卿モマタ斯ニ見ルトコロアリ博ク江戸, 友人山川均と共に雜誌, 友人山田文三郎号を重山, 友人岩田豊雄君の名訳, 友人川原剛太郎の顔, 友人川口松太郎徳川夢声扇谷正造氏等の発議, 友人川村氏のひとり彼方, 友人帆村は幽霊, 友人帆村荘六も大いに, 友人伯民為予謄写, 友人平塚君の妹, 友人平尾不孤氏を通じて私, 友人平林卓爾君が経営, 友人幸田成友君などが隨分精細, 友人弟子中に二説, 友人弟子等は是, 友人後輩連も来, 友人徒弟たるお, 友人徳永柳洲君は画, 友人思いの京都, 友人戦友中国人たちの惨め, 友人戸板康二などは乳貰, 友人戸板康二君の助力, 友人扱いした親し, 友人押川君海底軍艦ナル小説ノ著, 友人撫で斬りである, 友人太田正雄君が, 友人故老達から聞いた, 友人數名と信州, 友人早川孝太郎さんと見た, 友人明石桜井君一書を予, 友人春吉の医師松田盛氏, 友人春水の子, 友人我が親しき, 友人曰くフランスの富, 友人曰く英国はヤソ教国, 友人有賀氏に連れられ, 友人服部之総との個人的会談, 友人望月幸一氏に用立て, 友人末光さんのところ, 友人村松梢風下中弥三郎氏の訃, 友人預が, 友人来訪北京に三年半, 友人松井夢六が死んだ, 友人松井通昭氏吾七福を詠ずる, 友人松根東洋城の主宰, 友人板倉氏の説, 友人板垣伯より貴, 友人某ヤソ教者の家, 友人某一人は黒田, 友人某車夫に語り, 友人柿丘になり代っ, 友人桐ヶ谷洗鱗畫伯逝いて, 友人梶原可吉君, 友人楮民誼君に伴, 友人槙尾赤霧と早苗千秋, 友人樺島石梁がこれ, 友人正宗得三郎君の筆, 友人武智鉄二氏の書かれた, 友人武田君は小笠原, 友人母親姉妹などについてたずねた, 友人永瀬七三郎君が北河内三个江, 友人江口に話す, 友人江木氏は急進論者, 友人河上徹太郎と芝隆一君, 友人河合繁樹さんあたりが今, 友人河村は日本, 友人泉蔵来話及其事意似譴魯皐, 友人法水の滞在, 友人浅岡に有利, 友人海保漁村が撰んだ, 友人深野滋君および雑誌, 友人滝君が京都大学, 友人瀬良三石と結婚, 友人無いがね小松, 友人無関係者見知らぬ通行人, 友人特にリヒノフスキー公爵と, 友人狩谷卿雲為余購得之於書賈英平吉, 友人現れ各々独特, 友人田部森の二君, 友人町田なにがしなどは自分, 友人画家織田一磨氏は, 友人画家茨木猪之吉君と長男隼太郎, 友人的存在は斎藤道三, 友人的朋党的関係をむすん, 友人集って, 友人相寄り此処に, 友人矢田堀函陵ノ余ニ, 友人矢野勢吾郎君などが奔走, 友人知人有志の見舞う, 友人知人親せきなどに迷惑, 友人知人達にこの, 友人知己諸君である, 友人石井勇義君の話, 友人石井勇義君来訪一の珍瓜, 友人石原八束さんは同書当時, 友人石子道以佗日郵致越戊寅春余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 友人秋川の妹, 友人秦敏之氏とともに自由島, 友人稀代の我儘者, 友人手厳しい鑑賞家, 友人稻葉岩吉氏が宮内省圖書寮, 友人竹中は私, 友人竹友虎雄君所蔵の, 友人竹沢章氏の蚕業新報社, 友人紫紅山崎君と峡中, 友人編輯者の両人, 友人縁者片ッぱしから廻る, 友人美浦君の言, 友人船中にあり, 友人芥川龍之介氏が評した, 友人若しくは友人の, 友人若月文雄氏がわが, 友人茅野蕭蕭三樹退三両氏, 友人茗邨君が送つ, 友人菊地千秋君にもその他, 友人萱野さんという眼鏡, 友人蒋幹じゃが, 友人藤澤清造の餓死, 友人藤田健治氏の好意, 友人蘇秦の合従策, 友人蘭館出入りの者, 友人親子と今一人, 友人親戚間にわけ, 友人言ったは今, 友人誰ひとり静山に反, 友人諏訪神社宮司立花照夫氏門人境賢次氏などを長崎, 友人門人と, 友人諸子集まりて, 友人諸戸道雄であったの, 友人諸賢にお詫び, 友人賀古鶴所さんの許, 友人は一口, 友人辻ヶ谷君はいつ, 友人辻本工学士に拠る, 友人辻部政太郎と共にこの, 友人裏切るよう, 友人近親など二百人, 友人逍遥が言った, 友人連れの時, 友人などでもその, 友人達三人がフーフー, 友人達数知れぬ父, 友人郡山幸男君の經營, 友人郷田廉介の現在, 友人野上子爵等の名, 友人金崎賢氏からの手翰, 友人金沢の日本画家, 友人鈴木君から同君ら, 友人長光太からそんな, 友人長柏君の家, 友人門下生の一団, 友人門弟等を率, 友人門生のみであった, 友人関係奈良で興隆寺, 友人阿部精二へ送った, 友人隆信は定家, 友人雷横のこと, 友人をし, 友人頼母木三木両君に一票, 友人高倉テル君がこれ, 友人高森文夫の詩集, 友人鵜照君明けて, 友人麻川荘之介, 友人黒塚と云う