青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「塾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

塀~ ~塊 塊~ ~塔 塔~ 塗~ 塗り~ 塚~ 塩~ 塵~
塾~
~境 境~ ~境内 境内~ 境地~ ~境遇 境遇~ ~墓 墓~ ~墓地

「塾~」 1277, 14ppm, 8058位

▼ 塾~ (368, 28.8%)

5 生徒は 4 ことを, 精神が, 精神を 3 ような, 中に, 方で, 生徒の, 生活を, 連中が, 青年に

2 [22件] あらん限り, ために, 一つの, 一書生が, 中で, 二階で, 人が, 人の, 修了生が, 先生が, 助手としての, 塾生たちの, 壁に, 女生徒, 庭に, 方は, 方へ, 書生に, 生徒を, 精神に, 者にも, 運動は

1 [286件] あとを, ある一劃, ある鉄砲洲, ことさ, ことだって, ことで, ことについて, ころ十二歳からの, さしせまった運命, すこし前ごろ, せいせきは, せまい庭, ためには, なかで, なかま, ほうに, ものには, やうな, やねの, アカシヤの, モデル女の, 一大改革です, 一週間ぐらいの, 一隊, 一隊が, 不安な, 中だけの, 中でも, 中の, 中へ, 中学生たちは, 乱暴者結句, 事である, 事に, 事を, 事情を, 二つだ, 二見文耕さん, 人々の, 人だった, 人は, 仕事も, 仕事を, 仲間の, 仲間は, 会計とか, 体操教師は, 体操教師を, 何十人と, 修了者だ, 側より, 兄でしである, 先生たちには, 先生は, 先生方を, 先輩が, 先輩の, 先輩達が, 先進生, 先進生である, 入費は, 共同生活の, 内容を, 凡庸な, 分室と, 初めて設け, 前で, 前に, 前の, 前へ, 創立者津田梅子女史は, 創立記念会が, 助手に, 助手を, 勝手を, 卒業生前後およそ, 友達に, 取締りは, 受持の, 同僚に, 同僚は, 同僚を, 同窓である, 同窓の, 同窓私の, 同門だった, 名も, 名を, 名前は, 名汚し, 周囲だけでも, 問題で, 場面を, 塾主で, 塾生たちが, 塾生たちに, 塾生として, 塾生は, 塾生募集の, 塾生約, 塾長で, 塾長を, 塾長先生からの, 塾長先生は, 塾長室, 塾頭も, 塾頭を, 塾風である, 夏季寮, 外に, 夢に, 大先輩, 女門弟, 始末に, 姿を, 子供たちに, 存立を, 学友だった, 学生として, 学生を, 学生職人人夫抔が, 学生諸氏に, 安全であった, 実学を, 家は, 寄宿から, 寄宿舍では, 寄宿舎などで, 寄宿舎に, 寄宿舎は, 専任と, 将来についての, 将来に対する, 小使に, 小使も, 小幡仁三郎と, 小栗何とか, 小部屋小部屋, 展覧会に, 山田は, 師弟は, 幹事, 庭だ, 庭の, 庭へ, 庭を, 建物を, 当初は, 役多く工匠を, 御出入, 志願者も, 性質上はたして, 慾張り, 成進寮の, 抵抗力を, 指導精神を, 掟を, 教員と, 教員として, 教員に, 教員の, 教場即ち, 教師である, 教育に, 教育は, 方から, 方針が, 方針と, 施設を, 旗を, 日が, 日取りが, 旧生徒, 書斎で, 書生さんたちは, 書生さんに, 書生たちには, 書生たちは, 書生として, 書生とに, 書生などが, 書生は, 最初の, 月俸は, 本館が, 村岡博氏が, 校主は, 根本の, 根本方針は, 横の, 歌会なども, 正木ぐらい, 気風を, 治まりが, 準備は, 演説の, 為めに, 為めには, 独立を, 理想でなけれ, 生命だ, 生徒が, 生徒その, 生徒な, 生徒なども, 生徒に, 生徒も, 生徒をも, 生活に, 生活も, 留守を, 留守番を, 盛衰に, 盟友松浦武四郎岸田吟香栗田万次郎など, 監督が, 監督に, 監督を, 目的は, 直ぐ前, 矢野文雄故, 研究会という, 祝日に, 秀才であった, 第一, 第一回, 簡単な, 精神とは, 精神は, 経営の, 経営は, 維持金を, 習慣に, 者が, 者に, 舎生たち, 舎監を, 若いもの, 若い教師, 若い者, 荒涼たるを, 蔵書と, 行事を, 裏口を, 裏庭に, 規則に従い, 計画については, 設けられた時妻さだ, 話を, 説明も, 課業を, 論講は, 諸兄に, 諸君は, 講堂を, 責任を, 貴族性に, 賄方を, 賄方格之, 資本金こそ, 近くの, 近傍中ノ島に, 近所が, 近所の, 迹を, 連中は, 運命という, 運命とかいう, 運命についての, 運命も, 運命を, 金を, 鐘の, 門下の, 門前に, 門弟と, 門弟の, 閉鎖まで, 関係者は, 関係者も, 雑事を, 雑誌, 音さんが, 風と, 風を, 飯炊が, 鮫島理学士や

▼ 塾~ (212, 16.6%)

8 通って 5 いて, 入って 4 入れて, 居て 3 入った, 入りて, 入門した, 居るとき

2 [12件] あつた, して, ゐたこと, ゐて, ゐる時分, 入つて, 学んだこと, 居た頃, 帰て, 行って, 這入て, 連れて

1 [150件] あったとき, あつて, あつて風波, あらずと, ありし壮士, あり漢学, あるの, ある本, いた, いたとき, いたの, いた時分, いるうち, いるの, おおいかぶさって, おりますの, お入れなさいました, しろ学生達, そなえる心, つれて, はいったの, はいッ, もどると, やって来た, わかれを, ゐた宇津木矩之允, ゐる学生, ゐる河合八十次郎, ブラサガッて, 一緒に, 一部ある, 九人新, 云て, 住みこみの, 住み込ませた, 修業し, 修業中も, 修業中同, 入ったの, 入った後, 入ってから, 入つた後, 入つた當時, 入り呼び返されても, 入り立て, 入る前, 入れられて, 入れ或は, 入塾した, 入塾する, 入門し, 出張し, 利用したい, 十余人ゐる, 卒業したる, 及ぼす影響, 取っては, 命ぜられた名, 在り, 在るや, 学ばれたこと, 学んだ生徒, 学問修業し, 學んだ壽, 學んで, 寄宿し, 寓し, 寓したれ, 寓せし, 寝起して, 専念する, 少年を, 就いて, 居たと, 居た小野友次郎, 居た時, 居た柳本直太郎, 居た者, 居った時分, 居られるなど, 居りし御, 居る, 居るその間, 居るん, 居る中, 居る間殆, 居候時分百疋持た, 居続ける気, 帰た, 引取つて同じ, 弟子入りしてる, 往く途次, 応援する, 托せむと, 持って, 持て帰, 數ヶ月入塾轉じ, 斎藤松洲という, 於いて, 於ける巌谷, 時折は, 朋友が, 来て, 止るよう, 残して, 毎日かよった, 泊って, 為ると, 生れた, 眠食する, 私は, 移りました, 置かぬ破るから, 著き八年閏二月八日, 行き三時間, 行くから, 行くし, 行った時, 行て, 見えないこと, 託せられるであらう, 課された大きな, 起居し, 返つた帰省, 這入って, 這入つて, 這入てからも, 這入らずに, 這入り剣術, 這入り私, 通いはじめ最後, 通いまして, 通い時雄, 通い洋画, 通うこと, 通うたこと, 通う書生, 通った, 通ったの, 通ひ, 通学させる, 通学し, 通学する, 通学を, 通學十八歳の, 門生と, 附属した, 非ず, 預けて, 顔を

▼ 塾~ (132, 10.3%)

13 開いて 5 ひらいて 4 出て 3 ひらくこと 2 お開きに, 出た, 出ると, 辞して

1 [99件] あづかり去年福山侯, お開きなさる, さかんに, たずねて, たずねる時, たてたの, つづけて, つぶさないため, つぶした権力者, つぶして, でて, のぞいた事, はじめられたという, ひかしてから, ひらいたところ, ひらいたり, ひらき今, ひらくという, まもって, やめたいという, マテマテカ塾と, 中心と, 中心として, 再興した, 出た綺麗, 出てから, 出で, 出でて, 出ようと, 出る時, 創め同志諸子相, 創設した, 卑劣に, 卒業し, 卒業した, 卒業後南洋大学の, 去つたもの, 去りて, 去り帰省, 去るの, 夢みるもの, 守って, 守り自分, 巣立ちしたる後, 手つだって, 押しつぶそうなんて, 拔け, 持って, 敬遠した, 昌平学校と, 棄て, 構えて, 構へて, 止めろとでも, 汚すと, 江戸で, 潰して, 監した, 督す, 移したの, 窒息させる, 立てると, 置いて, 自分の, 芝の, 襲が, 見に, 見廻って, 訪うて, 訪ひ, 訪れて, 設けた, 設け町村, 設立した, 評して, 譲ると, 逃げ上方, 過ぐ, 過つたの, 閉じた, 閉じて, 閉じ英学校, 開いた, 開いたこと, 開いたの, 開いて程, 開かれた一方, 開かれて, 開かんと, 開きたいと, 開きて, 開きました, 開き千葉周作, 開き子弟, 開くと, 開く時, 開た, 開て, 鷹匠町二丁目に

▼ 塾~ (65, 5.1%)

3 帰った, 帰って 2 出ようとして, 行くと, 通ひ

1 [53件] いったとき一同, いって, おやじに, それぞれ岐れる, でかけた, はいれば, ゆくと, 二年でも, 他の, 入ったが, 入つたの, 入つて, 入りましたが, 入ること, 入る念願, 入れること, 入門し, 合宿させる, 塾生として, 娘を, 学んで, 学校の, 寄りそこ, 帰ると, 引揚げ, 御願い, 手習に, 持て來, 持て来て, 教師として, 新弟子, 時々遊び, 朝稽古に, 来たおかげ, 来て, 来てから, 歸りました, 着いた, 行くが, 行くにも, 行く機会, 行ったもの, 行って, 行始めました, 這入ったものの, 通いました, 通い長尾雨山先生, 通うこと, 通う格太郎, 通った, 通ったり, 通って, 顔を

▼ 塾~ (46, 3.6%)

1 [46件] あるべきはず, さびれ彼, そろそろと, つぶれないと, どうだろう, どうなる, どこかで, どんな相手, ます, まだできあがっ, むろん地方, わが社中独立, 一名へそ学校だ, 七十人からの, 万事都合能く行われ, 下谷練塀小路に, 二三回かわりました, 京都新町姉小路に, 今度きりで, 佐佐木信綱の, 例えば埼玉県下, 前から, 勝つとか, 北山の, 医学塾である, 即ち先生, 友愛塾として, 壁が, 存立の, 学校とは, 実に小規模, 実現しない, 実験科学を, 幸に, 斎藤松洲という, 早く閉鎖, 昔時国富論派の, 本郷壱岐坂上に, 本郷弓町に, 次第に盛, 漢学と, 相変らず, 自由主義精神の, 街の, 解散に, 重野先生と

▼ 塾~ (41, 3.2%)

1 [41件] その中, ねっしんに, またある, よく毎度せわ, 一同に, 一緒に, 人質の, 体操の, 修業する, 修行する, 勉強する, 勉強致し, 勝手元の, 医学や, 大槻医師が, 学ぶその, 学ぶよう, 学問を, 尚毎日, 幼年男女の, 引受けて, 惣兵衛ちやんに, 或る, 所定の, 授業料や, 教育を, 新学年, 最も特色, 木炭画の, 洋方医の, 特に先生, 特約し, 町の, 皆が, 聞かれた, 英語を, 蒙求, 覚えた古くさい, 諸国から, 近郊写生旅行が, 階下に

▼ 塾~ (37, 2.9%)

3 の書生 2 にエレキトル

1 [32件] つねに静謐, で大, で屠蘇, で独り, にせき, にない, には大勢書生, にもたった, にも自, に二腰, に先輩, に搗かせた, に誰, に諸国諸宗, に雄弁滔々, の人々, の先進生, の原書, の大, の奇談, の書生仲間, の生徒, の等級, の者, の若い, の衆議一決, の雑事, は次郎, を見廻り, 兎角貧生, 常居, 自から

▼ 塾~ (30, 2.3%)

2 あった

1 [28件] あつた, あり綾目女塾, あるに, いやに, いよいよたい, そのため, ちがったもの, できあがりました, どこに, またはじまった, もっと連絡, わからも, わが総立ち, 云うところ, 何か, 出来ないから, 出来上りこれも, 則ち, 友愛塾という, 地域共同社会の, 始めて, 広くなっ, 盛に, 空屋に, 近づくにつれて, 野球の, 閉鎖に, 髣髴し

▼ 塾では~ (25, 2.0%)

1 [25件] いっさいふれたくない, しばらくぶり, どんな新, はじめて入学, みなが, よく遠方, 事件を, 先生に, 夜学も, 学業の, 更に教室, 更に校舎, 正木大尉は, 毎回その, 毎回の, 毎日の, 町立の, 給費を, 芳文, 英語は, 落第する, 語学が, 誰が, 邪道だって, 開塾中に

▼ 塾~ (21, 1.6%)

2 の玄関, の生活

1 [17件] でしょう, とは切っ, と名, なんかで, にし, につたわった, には秘密, に教え, に来, に来た, の主, の全国的連合組織, の建築, の構想, の諸, はつぶれ, を支配

▼ 塾~ (18, 1.4%)

1 [18件] いい政府, いっても, かに, そのお父さん, なれるまで, ぼくの, 云うもの, 云って, 云つてここには, 云つて麹町區元園町の, 住宅とを, 友愛塾の, 合併で, 名け, 呼んだり, 思って, 称し次, 談合を

▼ 塾には~ (16, 1.3%)

1 [16件] いってから, いること, いるとね, いるわけ, だれも, ひとりも, コンな, 二十人程の, 光太郎ばかり, 品行の, 女の, 当時門人十九人が, 残って, 無論なし, 私の, 適当だ

▼ 塾という~ (15, 1.2%)

2 のは, ような

1 [11件] ことまで, ところは, のが, 名称は, 塾を, 塾名を, 女子の, 存在そのものが, 容器が, 形で, 盛岡の

▼ 塾から~ (13, 1.0%)

2 出て

1 [11件] いよいよ妹たち二人, 七八人が, 交代の, 借りて, 出したくは, 家の, 少しばかりの, 帰るとき, 的屋に, 直ぐに, 追放される

▼ 塾~ (13, 1.0%)

1 [13件] あった, ある, その一つ, 一緒に, 中学の, 二度か, 住居も, 危い, 台なし, 日本造りで, 生まれたん, 維持が, 見た

▼ 塾生活~ (13, 1.0%)

2 の運営

1 [11件] がはじまろう, なんかなさる, にはいりこむ, にはとくべつ, の影響, の意義, の根本, の設計, の進展, をはじめた, を送っ

▼ 塾~ (10, 0.8%)

2 の日 1 が近づく, における言葉, にのぞみ, にも閉塾式, のこと, の日取り, の時, を明日

▼ 塾~ (9, 0.7%)

2 には呉一郎母子 1 ですごす, にその, の空気, はもの音一つ, をあるきまわった, をくわしく, を案内

▼ 塾でも~ (8, 0.6%)

1 ひらいて, 一番出来が, 折節は, 持って, 生徒の, 私が, 称賛を, 開いて

▼ 塾音頭~ (6, 0.5%)

1 というの, までを塾生たち, を一般, を打ち, を踊っ, を踊る

▼ 塾~ (5, 0.4%)

1 からである, からナシヨナル読本, かわからなくなる, などと名前, ね

▼ 塾~ (5, 0.4%)

1 である, で塾長, を善く, を荒らした, を高尚

▼ 塾である~ (4, 0.3%)

1 から医書, から政治談, から衛生論, 時絵巻を

▼ 塾とは~ (4, 0.3%)

1 いったい何, かなり性質, 咫尺に, 早速大学

▼ 塾にも~ (4, 0.3%)

1 しばしば出入り, せよその, つながって, 宮にも

▼ 塾~ (4, 0.3%)

1 であつ, としての弥之助, はそれ程, へ報告

▼ 塾まで~ (3, 0.2%)

1 お知らせしたい, 全く役割, 通って

▼ 塾以来~ (3, 0.2%)

1 のいや, の莫逆, 考えぬいた結果

▼ 塾出身~ (3, 0.2%)

1 の先進輩, の学士, の若い

▼ 塾~ (3, 0.2%)

1 と共に満足, に命じ, は不規則

▼ 塾堂生活~ (3, 0.2%)

1 なん, のこと, の体験

▼ 塾~ (3, 0.2%)

1 に出, に姿, を一人

▼ 塾~ (2, 0.2%)

1 英学塾かに, 道場に

▼ 塾する~ (2, 0.2%)

1 という意味, よ

▼ 塾だけが~ (2, 0.2%)

1 その脅威, ただ一つ

▼ 塾として~ (2, 0.2%)

1 この事件, できるだけの

▼ 塾にて~ (2, 0.2%)

1 洋学を, 語学を

▼ 塾にね~ (2, 0.2%)

2 とまりして

▼ 塾に対する~ (2, 0.2%)

1 皮肉だろう, 軍部の

▼ 塾はじまっ~ (2, 0.2%)

2 て以来

▼ 塾へは~ (2, 0.2%)

1 帰られませんが, 行つてゐなかつた

▼ 塾へも~ (2, 0.2%)

1 相変らず, 通って

▼ 塾~ (2, 0.2%)

1 大橋訥庵の, 道場の

▼ 塾~ (2, 0.2%)

1 のよう, を拵え

▼ 塾~ (2, 0.2%)

1 を務め, を大切

▼ 塾~ (2, 0.2%)

1 を, を用

▼ 塾弟子~ (2, 0.2%)

1 であった, 常に二百人

▼ 塾~ (2, 0.2%)

1 の声, みたよう

▼ 塾風樹立~ (2, 0.2%)

1 に協力, の基礎固め

▼1* [101件]

ありたりし, 塾かに止まって, 塾からは見えませんかな, 塾からもたしか十五, 塾がちがつたもの, 塾こそ今の, 塾じゃ揃いかい, 塾そっくりだった, 塾そのものの内容, 塾それから桃井春蔵塾, 塾って仕舞いましたの, 塾であってかなり, 塾であったそうだ, 塾ですの, 塾での評判取り取り聞け, 塾でへんな動機, 塾とか云うもの, 塾とが合同で, 塾としての真の, 塾としてはやはり理事長, 塾との交歓会を, 塾など云うもの, 塾などの無頼書生翻訳書生が, 塾などはとても敵し得べき, 塾なども矢張り其の, 塾なりという, 塾なるものを, 塾なんかでは, 塾なんぞでは, 塾においては生徒の, 塾においても大抵養子竹逕, 塾における生活中時局的任務に関する, 塾についてあらましつぎの, 塾にでも入門させ, 塾にとってよかれあしかれ決して, 塾に対してはその創設当時, 塾へでもお通いなされ, 塾への補助は, 塾ほど居心地の, 塾みたいな所, 塾より出でたる青年者, 塾よりもきっと静か, 塾らしい結論を, 塾をも勧誘した, 塾三田に移る, 塾中一番六かしい原書, 塾中永住の動物, 塾中流行の半, 塾中無人にて遂に, 塾中誰でも是非, 塾中諸子同分韻得肴, 塾中金の貸借, 塾以外の飲食, 塾以来田沼さんは自然みんな, 塾に聞, 塾僕学僕になり, 塾入りを望む, 塾全体の共同社会, 塾出張の講堂, 塾創立の協力者, 塾劇団にはついに, 塾友会といふ, 塾同社の士, 塾同窓の懇意, 塾同窓會で津田先生, 塾員達はリキン, 塾唯一の資産, 塾在来のもの, 塾堂建設に役だつ, 塾学生に向, 塾式日本国民精神教育が注目, 塾は食事, 塾教育に比べ, 塾や小遣い, 塾塾の, 塾塾長, 塾春宵の集, 塾時代の同窓村田蔵六, 塾最初の朝, 塾有備館の用掛り, 塾の落つる, 塾格致学院という陽明学派, 塾の石屋, 塾次第に繁昌扨四月に, 塾法厳にし, 塾漢学の猪川静雄, 塾生活指導者にあり, 塾を弁ずる, 塾の中, 塾一日の, 塾精神に徹底, 塾紅白寮のポーチ, 塾育英舍を開かれた, 塾落拓未遇及後, 塾が無い, 塾した, 塾財団の理事長, 塾部屋の酒, 塾青年団在郷在営軍人団, 塾風教育が人間性, 塾餘談と題し