青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「塊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

場~ ~場合 場合~ ~場所 場所~ ~場面 場面~ ~塀 塀~ ~塊
塊~
~塔 塔~ 塗~ 塗り~ 塚~ 塩~ 塵~ 塾~ ~境 境~

「塊~」 2013, 22ppm, 5294位

▼ 塊~ (366, 18.2%)

15 ように 14 ような 9 やうな 8 やうに, 中に 7 上に 54 中から, 石すら 3 火と, 石に, 石の, 石炭も, 肉が, 表面が, 間に

2 [17件] なかから, パンと, 土くれ, 土の, 土を, 根生姜を, 焔の, 煙を, 物質に, 石にも, 石を, 砂は, 砂糖を, 肉に, 肉体に, 都市も, 頭を

1 [237件] あるもの, あわれ, お六, かげ, かげに, かたまりの, きたへ, ごとく草木, ごと春の, すそを, ためひん曲げられ, でかいの, どろどろした, なくなったこと, ふき上げられる, まどいが, まま垣根に, まん中に, もつ深, ようで, ようである, ガス体と, チムニー上の, バタを, パンに対して, パンの, ボロ屑, ボロ布, 一つの, 一つ二つを, 一断片に, 一部を, 一部分から, 一部崩壞落下し同時に, 上へ, 下じきに, 下に, 下三字を, 下面までが, 中でしょう, 中の, 中へ, 中心における, 中老人で, 丸石で, 乾浄土を, 五分の一くらいを, 人影が, 人骨を, 側面が, 傍らに, 内部で, 再び込み上げ来る, 冬の, 凝縮が, 動かすべからざる石, 動きが, 動くの, 収縮に際して, 句を, 右足を, 各部分, 名だ, 向うに, 吟味に, 喚声が, 四散を, 団塊に, 土だっても, 土に, 土には, 土へ, 土も, 土塊に, 土塊の, 土塚暗き, 土壌で, 土民の, 堆積から, 堆積した, 堆積と, 塩を, 境目を, 夏の, 外に, 外は, 外面に, 夢に, 大きな呼吸器, 大石や, 奥の, 如き火, 如くぶっつかって, 如く動いて, 如く段々, 如く鼻孔, 宇宙塵として, 小包を, 山に, 山野の, 岩礁に, 幾枚かを, 底に, 弥陀は, 強薬, 彩りは, 性質によって, 怪物四人が, 恨みは, 悪魔の, 数が, 方へ, 最も夥, 最高点剣ヶ峰, 朱に, 東に, 柘榴を, 柱文銀を, 根生姜に, 様な, 横には, 残らぬ事, 水平移動に関する, 氷の, 氷を, 海女が, 温度は, 湿った土, 滝つ瀬は, 漆喰を, 火の, 火の玉尾を, 火団と, 火薬が, 灰と, 炭が, 炭火の, 焼残, 煉瓦じゃ, 熔岩が, 片陰, 物質の, 特にうま, 狼藉たる, 狼藉たる間を, 球が, 瓦斯に, 痕跡と, 痰を, 白い雲, 白堊の, 白骨と, 目方を, 真綿を, 石ころに, 石っ, 石でも, 石と, 石にしか, 石一叢の, 石炭が, 石炭さえ, 石炭までも, 石風景の, 砂ほこり白く, 粘土を, 糞を, 綿を, 練炭が, 縁は, 縁起を, 縁辺の, 織り作す美, 美しい焔, 美しさ, 美として, 肉, 肉として, 肉の, 肉も, 肉を, 肉体頭も, 肉団を, 肉泥に, 肉片と, 腐れ縄そこに, 興奮が, 色は, 花の, 花崗岩あり, 花束の, 蛇肉を, 蠅は, 血泥に, 血液を, 血潮が, 血潮です, 表層が, 襤褸でした, 襤褸を, 襤褸切れの, 赤い物, 蹄に, 遊星は, 配合を, 鉄の, 鉱物を, 陰に, 陶土を, 集りと, 雨と, 雪を, 雪団に, 雲ある, 雲と, 青酸加里を, 面を, 頂で, 頂上に, 食も, 馬糞たる, 馬糞も, 馬鈴薯を, 騎馬の, 騒音ばかし, 髑髏を, 鮮血あら土に, 鰍の, 鰻を, 麺麭一杯の, 黒いかげ, 黒いもの, 黒い物, 黒い袋, 黒旋風, 黒砂糖を, 黒雲の

▼ 塊~ (345, 17.1%)

28 になっ 15 のよう 9 になつて 7 となっ, のやう 5 になり 4 のなか 3 になつ, になる

2 [18件] から主軸, がちらほら, ができ, がぼんやり, が一つ, が胸, といいましょう, になった, に乞食ども, に寄りたかつ, のお, の中, の動く, の声, の血, はまだ, を今度, 殘つてゐた

1 [228件] からは一筋, から切り出した, があった, があり, がある, があろう, がこびり付い, がころころ, ができた, がとろとろ, がどしん, がぱちぱち, がひき, がもぢ, がもの狂おしく, がやをら, がドッ, がバサリ, が一つ二つ自分, が一瞬, が三粒, が不, が二つ, が今, が出る, が出来, が動い, が呼吸, が喉, が墜落, が川, が左右四方, が巻き返し, が彼, が心持ち色調, が敵塁, が明るい, が樹, が欲し, が沈黙, が波, が浮い, が浮ん, が湧い, が溶け, が火, が点々, が爆発, が猛然と, が眼前, が積つて, が置かれ, が肩, が花, が見え, が見える, が触れ合う, が込み上げ, が道ばた, が鉄骨, が零, が霧, が頭, が風, が飛びこん, が飛び出し, が飛び込んでる, が黙々, こちらに, こっちに, ずつの煙り, そのもの, それに, ただゴロゴロ, づつ吐き出し, でも此世, とあの, といったやつ, といふ感じ, とお河童頭, としか見えない, としてそこ, として映った, として見るべき, とそれ, となった, となつて, とのみ解釈, と出, と彼女, と落ちはじめた, と融合, ながらその, などには決して, に, にかた, にし, にする, になされ, になってる, になつてぢ, になつてアカシア, になつて來, になつて驅, になつて鬼, になりかけ, には, にふみかけた, にみえます, にみえる, に喉, に噛みつく, に塊, に対, に対する情, に持つ, に歯, に立っ, に覆われ, に見え, に過ぎない, に過ぎなかつた, に重なり, に重なり合い, に駈け付けます, のおきを, のため, のない, のぼろぎれ, のボロ, の一つ, の上方, の下, の人々, の人影, の人数, の別, の動き, の堅牢体, の大きな, の様, の流れ, の爆弾, の男女, の痰, の真白, の石炭, の肉, の赤黒い, の走つた, の間, の雪, の黒い, はいちいち, はさつき教壇, は丁度, は動き, は動乱, は卑弥呼, は急, は次第に, は無くなった, は無言, は無論, は組み合った, は腰高障子, は赤, は金華山, は離ればなれ, は零, は黒く, は黙りこみ, へ眼, みたいに, もけむる, もゆすれる, も強い, をおろし, をごくごく, をずるずる, をその, をつけた, をてのひらに, をのせた, をのみこん, をもと, をやかましく, を下し, を作る, を叩きつけ, を吐く, を呑み込ん, を喜美子, を外来, を得, を投げつける, を抛り込む, を拾っ, を指した, を振り向く, を掌, を横, を片腕, を破壊, を約, を胸, を血, を袂, を見, を見る, を起し, を跳ね返す, を避け, を頒, を頬張った, を食いしばった, 一塊り, 世間話に, 即ち霧, 及び之, 合つてわな, 同樣, 憐憫の, 折々散る, 林立し, 球を, 男の, 銅貨幾箇を

▼ 塊~ (287, 14.3%)

5 ある 3 あつた, 出来て, 私の

2 [15件] あった, あり, あります, おれの, それを, ふわりと, 少しも, 弾丸の, 方々に, 目に, 縦横に, 胸を, 薄白く, 血に, 露出し

1 [243件] あって, あの塚, あまり小さい, ありその, ありますよ, ありやや, あるから, あるという, あるなと, あるのに, あれば, いきなり僕, いくつか, いくつとも, いくつも, いまにも雪, うつって, うねりを, うるんで, おかれました, かたわらの, かなり速かに, からだの, ぐるぐる廻っ, こまごま切り, こみ上げて, ころがって, ころげ落ち, ごとり, ごろごろし, ざくろの, すぐ眼, すこしずつ, そちこち, その熱度, それであります, たがいに, ただピチピチ, だしぬけに, だんだんにから, ついて, つかへて, できて, とびこんで, とれたら如何, ねばりついて, のしかかって, のって, はまって, ばらばらに, ひそんで, ふは, ふわふわと, ほんのりと, ぼんぼんと, ぽち, ぽツ, みちば, むっくり現れた, もりあがつて, ゆら, わたしの, ギョッと, コビリ着いた, チョロチョロと, ハチ切れ, パッと, ピューッと, ピユーツと, ポタリポタリと, 一つあったなら, 一つあらわれ, 三個ばかり, 中心では, 二つあり, 二つ三つ横たわっ, 二つ鼻持ちならぬ, 二三分の, 二個所ばかりで, 人を, 今にも頭上, 低く垂れ, 來た, 先頭の, 入って, 冬空へ, 冷却する, 出ました, 出ると, 出來, 出来かかった, 出来る, 出来るという, 列に, 前記の, 千六百度の, 半ば解け, 半焼け, 博士の, 危く均衡を, 卵に, 口から, 口中へ, 古城の, 可恐し, 右からも, 噴火口から, 団子の, 大樹の, 太陽の, 奔り, 如何にも外国, 定の, 実は張り抜き, 富士の, 富士山火山脈の, 寝台の, 少しづゝ胸, 少し萌し, 屍体を, 屯し, 山岳としては, 崩れては, 嵐の, 巨大なる, 常にあった, 床板の, 延びあがり, 彼から, 彼れ, 彼女の, 徂来する, 後から, 後ろから, 徐ろに, 徐徐に湖面, 忽ち現れた, 思はずぽろり, 急に, 感じられ目新しい, 或る, 抛りだされたよう, 揉みつ揉まれつ門外, 数を, 断えず引き出される, 日光に, 早いピッチ, 柩の, 案の, 椅子の, 植込の, 横た, 横わっ, 横長く, 次第に多く, 水の上へ, 水門の, 汝の, 流れたといふ, 浮かんで, 浮き上る, 浮び出て, 消え失せて, 温浴に, 湧きあがつて, 溶けながら, 滞って, 火串の, 点々として, 点々混って, 点点として, 無いと, 無造作に, 焼け残って, 熔岩の, 熱した鉄板, 爆発の, 狼藉し, 猛然と拡, 珊瑚礁における, 現れた, 現れる, 現われそして, 生々しく横たわっ, 生きて, 男と, 登山者に, 白い屏風, 目の, 真白い息, 石塊の, 空中に, 突然僕, 突然土方, 突然横町, 累々と, 縦に, 群立ち, 羽化した, 胸の, 脊較べ, 自然に, 興味を, 船の, 艀に, 落ち合って, 落ち合つて, 落っこって, 葡萄状に, 蠢, 襟と, 襲来し, 見えたの, 見えなくなって, 角突合った, 認められた, 走つて, 走り動いて, 足もとに, 跡からも, 軽い南東, 轉が, 部屋の, 醸すグイグイ, 鋭く浪, 鋸の, 錯列し, 降るとばかり, 陶工の, 隠されて, 雪を, 電光を, 音楽に, 頭を, 風に, 飛び出して, 飛び出すの, 飛ぶの, 駱駝の, 骨から, 高い所, 高層建築の, 鮮やかに

▼ 塊~ (250, 12.4%)

4 なして, 一つと, 取って 3 見ると

2 [15件] ほぐす, まるで粉々, 作りピーター, 兩手で, 冠って, 前に, 吐いて, 押し分けて, 持って, 検査した, 盗んで, 眼がけて, 脳中に, 艇内に, 起す

1 [205件] あいてに, あちらこちらに, あんこう, いきなりかわいがる, いだいて, いちいち引裂い, おっつけられるところ, おのが, かくまで, かんで, きょうのは, くだき水, くれたほど, くわえて, ごうつ, ごくごく吐いた, さし覗いて, さも面倒臭, その流れ, たぐり出した, ちりばめた急峻, つかみ出されました, つかみ出した, つつんで, でも臓腑, とって, なすりつけて, ひろひ食み我, ふみ, ふりそそぐ金粉, ふるって土, ほぐして, もった動坂三郎, もって, もと通りに, よこせと, よじ上って, ガッと, ギッシリ積む, ピシリピシリと, 一つ, 一つずつ, 一つ口に, 一つ拾い取っ, 一度に, 一時に, 三四人の, 与えるの, 二つに, 二つばかり, 二国の, 交え水, 人々は, 作って, 使って, 全部取り除け, 其ま, 其儘巨大な, 其処に, 冷めるよう, 出す, 分析し, 切りさいなんで, 切りました, 切取ること, 動かして, 包囲し, 十分に, 取り出し唾吐, 取り除けた, 叩き落したらしい新, 右に, 右の, 吐き出さうと, 吐き出したいという, 吐き出したです, 含んで, 吹きつけて, 咽喉に, 噛み取って, 噛んで, 四散させる, 壊し車, 外に, 射出し得る, 小さくくだき, 小さな手, 山から, 左右から, 幾つか, 廻り斜上気味, 引き延ばしたとも, 引っ張り出すだけの, 引具して, 引掻廻し, 引返す, 彼の, 御者と, 心臓の, 想像した, 感じて, 戸板へ, 手に, 打つ, 投げつけた, 投げ出したやう, 投じ香雲縷々, 抱いて, 抱えて, 抱きしめた, 抱きながら, 押除け, 拾い口, 拾った, 持ち頭, 持ってるんざます, 指した, 掃きやった, 掘っては, 掘起しながら, 揉み砕きつかみ潰して, 描いて, 握むべ, 撫で廻し, 攫み出すと, 放却, 昇華せしめる, 明後日の, 昔の, 更に生かす, 柔かくする, 欠いて, 歯の, 残す, 水に, 氷で, 淺く, 減らして, 渡しました, 湖面へ, 溶解し, 火串で, 無理に, 照らして, 片づけて, 牢獄の, 物色した, 珍しがっ, 畳み上げたもの, 白が, 百も, 皿の, 盗まれたらどう, 盛りて, 目の, 石に, 空気中に, 突き留めて, 箸で, 糸で, 索道で, 綏子の, 置いて, 至つて無器用に, 舐めたこと, 艇の, 茶ウケに, 萬能の, 蔵めて, 虚空に, 袋に, 覆ひ, 見いだした, 見た, 見ないわけ, 見るが, 見るたび, 見るの, 見下しつ, 見守った, 資本に, 踏みフキ, 踏み越えて, 蹴りつけると, 軽く指頭, 載せそれに, 造り同時に, 造出し日照し, 道ばたに, 避けつ, 避けて, 釜の, 鉢の, 鉱石といふ, 銜え出した, 雲母の, 露出した, 順次に, 頬に, 頭に, 風呂敷に, 飛び越えるよう, 食べるやう, 飲み込み植木鉢, 飽かず眺めつづけそうして

▼ 塊~ (130, 6.5%)

32 なって 4 して 2 すぎなかった, なつて, なり僅か, なると, ドシリと, 割れて, 手を, 過ぎなかった

1 [78件] おさまったと, おさまつ, この種, しるしを, し蟒ども, すぎないでは, すぎないの, すぎなかつた, すぎなくて, するが, それを, とりつきながら, なった, なっただけで, なったよう, なった儘, なった敵味方, なってる一群, なってる響, なつたり, なりながら, なり塊, なる雪達磨, もつれ合って, 乗ったまま, 二百円だって, 似て, 何やら細か, 何物を, 出会したの, 分裂し, 切りその, 切断られる, 刈り込まれた樹, 化して, 圧しつけられて, 変ずるもの, 変って, 変りつつ, 変化し, 対してでも, 小破片引きぬかれた, 小芋, 徐々と, 惹き付けられた白茶化, 成って, 掘り起したこと, 残されたわ, 気持ちよく沁みた, 潰されて, 火を, 火山もしくは, 火山岩の, 無数の, 燃移った, 画かれた画, 盛りあげられて, 砕けたる花崗岩, 礙げられ, 竹などが, 耕された田, 腰を, 衝突し, 裸の, 見えた, 見えたの, 見えて, 運命の, 過ぎない, 過ぎないが, 過ぎないし, 過ぎないの, 過ぎなかった巌流島, 過ぎぬじゃ, 還って, 鋳固められたよう, 飛びついて, 驚かされたの

▼ 塊~ (77, 3.8%)

2 少しも, 早くも, 蜿蜒と

1 [71件] あても, うしろに, きっと僕, これまで, ずん, そのとたん, たとい貧窮, ちょっと見る, ついに冷たく, どうである, どこにも, どれも, なくて, なくなって, なにか疼き, まるで私, 一体どんな, 一般に, 不自然畸形無, 互いに往来, 五十両で, 人間の, 他所から, 何者であったろう, 例えば伊太利, 全く他, 円形で, 分子間相互の, 動かない, 十分大きく, 反対の, 周期的に, 外から, 大体に, 小脳である, 少しづつ, 床の, 強く生物, 当然甚だ豊富, 恐らく人間, 恐ろしく厭わしくそして, 恐ろしく尖っ, 恰度活動の, 悉く動物, 拭くそば, 木村さんからも, 楕円形を, 次第に大きく, 氷室より, 波の, 漸く沈下, 漸次膨脹, 特に多く, 皺襞の, 石炭でも, 空で, 細かに, 綿を, 肉と, 自ら非常なる, 自分に, 莫大な, 蒟蒻の, 行手に, 解せば, 透明である, 道行く人々, 銀白の, 雲塊と, 飯縄山から, 高山の

▼ 塊~ (71, 3.5%)

25 なって 3 なつて 2 一緒に, 化する, 肉塊が

1 [37件] いいまるで, いうまでで, しその, すれすれに, すれば, その狂暴, なしそれ, なす峻峰白根三山, なった, なってるよう, ならないこと, なりさらに, なりぬ, なり位置, なり果てその, なり種々, なるであろう, なるであろうから, のみや, みえる厭, わたしの, 信ずるから, 出逢った, 化し去ったこと, 化し去る, 半ば爛壊した腐, 古い薬瓶, 崩れて, 焦げて, 直ちに見分ける, 相撃ち鷲王と, 竹の, 細砂とで, 蛍ほどのが, 見えたの, 触れとどろけり然, 言わんすか

▼ 塊まっ~ (53, 2.6%)

14 ている 7 ていた 2 て現われた, て走っ

1 [28件] たままで, ていつ, ていました, ています, ているらしい, てそういう, て一度, て咲い, て寐, て寝, て山窩, て斧, て気勢, て浮い, て白く, て立っ, て自分, て茶色, て裾野, て見える, て覗い, て豪農, て迫っ, て通り抜けた, て進ん, て集り, て頭, て飛ん

▼ 塊まり~ (41, 2.0%)

2 になっ

1 [39件] からだんだん, が一つ, が一度, が出, が咽喉, が粘りつい, が辷り転がっ, が頬, が鮮やか, だけが色づい, である, として取り扱う, となつ, とは縁, と坊, と水, ながら奥, なり食わせ, になった, になつて焦熱地獄, に坐っ, に寄り添っ, に小さく黒く, に衝突, のやう, の上, の中, の蠅, の陰, はばらばら, をしっぽり, をダラリ, を崩し, を抱い, を肩, サッと開いた, 出したの, 合って, 着いて

▼ 塊った~ (25, 1.2%)

1 [25件] のが, ままいつまでも, ままじっと, ままだった, ままの, まま動かなかった, まま誰も, まま陽を, ものにも, ような, クリンカーや, 一団が, 人影に, 口から, 墓が, 壁にも, 大集団, 彼らの, 残雪が, 胴の, 襤褸の, 観客の, 警官隊の, 車夫たちは, 逆睫

▼ 塊~ (23, 1.1%)

2 あつた

1 [21件] あつたの, お客に, どれ位な, まず茯苓雷丸様, やられて, 一ぱいに, 一個千円もの, 内側から, 円錐と, 卵の, 叩き殺されて, 埋められて, 娘に, 幾多の, 彫って, 有る, 殺されて, 秀麿の, 身動きの, 駱駝一頭分の, 高山の

▼ 塊って~ (22, 1.1%)

3 いた

1 [19件] い, いたが, いましてね, いる, いるな, いるの, いるプラターン, いるベンチ, いる二三, いる子供, いる枯藪, 幾らやるべき, 眼や, 空の, 茫然し, 話を, 誰も, 這入って, 遅い夜食

▼ 塊から~ (13, 0.6%)

2 白い毛

1 [11件] えぐり出して, しばらく煙, 一ひねりずつ, 分離した, 形成され, 彫った物, 成り立ったよう, 成り立って, 槌を, 解き放つとき, 誰かの

▼ 塊まった~ (9, 0.4%)

1 のも, まま畳の, 一団の, 下を, 時一個の, 森は, 長い奴, 雑音が, 鳥の

▼ 塊である~ (8, 0.4%)

1 ことが, ことだけは, ことは, と, と観じ, ので, のに他方, 生活全体を

▼ 塊~ (8, 0.4%)

1 たる一陶器で, たる一陶器であっ, たる物象, たる野末, として土芥, として徒処, として横, の形

▼ 塊つて~ (7, 0.3%)

2 ゐる 1 ついて, ゐるやう, ゐる子供たち, ゐる席, ゐる時

▼ 塊りで~ (7, 0.3%)

2 あつた 1 それが, は喧, 其の雲, 外が, 顕微鏡が

▼ 塊~ (7, 0.3%)

2 より成り 1 には甌穴, のいくつ, の丘, の美事, の露出

▼ 塊にな~ (6, 0.3%)

1 つて來て, つて働い, つて動いた, つて庭の, つて歸つて來る, つて狹い

▼ 塊みたい~ (6, 0.3%)

1 なもん, な土産, な本, な男, に光っ, に固く

▼ 塊~ (6, 0.3%)

2 ある 1 ないの, 今は, 少しずつ, 肉の

▼ 塊~ (5, 0.2%)

1 といふ, とか額縁, と思え, よ, 犬だ

▼ 塊でも~ (5, 0.2%)

1 ありません, あるかの, それから, 積め込んであるの, 胸の

▼ 塊には~ (5, 0.2%)

1 なみなみの, もうさっき, 太陽の, 松や, 皮が

▼ 塊~ (5, 0.2%)

1 パンの, 仏像絵革聖多, 木材が, 樹木の, 樹梢からも

▼ 塊~ (5, 0.2%)

1 が凝然, であるのに, となつ, とより, になつ

▼ 塊だった~ (4, 0.2%)

1 が底, としたら, のであります, のである

▼ 塊まつ~ (4, 0.2%)

1 た中, た怪鳥, て頭, て黒い

▼ 塊りだ~ (4, 0.2%)

1 か分りません, つたから, なんて闇, ア

▼ 塊~ (4, 0.2%)

1 が有る, ではありません, は或, も年長

▼ 塊~ (3, 0.1%)

2 何かの 1 盛れる小皿

▼ 塊かの~ (3, 0.1%)

1 大岩が, 岩塊を, 氷片

▼ 塊~ (3, 0.1%)

1 たりこっち, たりし, たり意味

▼ 塊でしか~ (3, 0.1%)

1 ない, ないという, なかつたもの

▼ 塊とは~ (3, 0.1%)

1 全く感じ, 思えないほどの, 沒却理想系の

▼ 塊とも~ (3, 0.1%)

1 つかない影, 云ふ, 擬うべき

▼ 塊~ (3, 0.1%)

1 半ば人間を, 突き刺さった, 股引の

▼ 塊~ (3, 0.1%)

1 なりその, の其處, はあな

▼ 塊~ (3, 0.1%)

1 となり果てし, のため, を發見

▼ 塊あり~ (2, 0.1%)

1 て歩ごと, 北に

▼ 塊こそ~ (2, 0.1%)

1 月の, 秋田氏の

▼ 塊~ (2, 0.1%)

1 やない, やよ

▼ 塊ってる~ (2, 0.1%)

1 からこっち, 外人たちね

▼ 塊であった~ (2, 0.1%)

1 からであります, 台座の

▼ 塊であり~ (2, 0.1%)

1 その他の, その生命

▼ 塊です~ (2, 0.1%)

1 か, 父さんの

▼ 塊では~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 塊という~ (2, 0.1%)

1 ものにも, ものは

▼ 塊としか~ (2, 0.1%)

1 見えなかつた, 見せなくなったの

▼ 塊として~ (2, 0.1%)

1 光として, 現わ

▼ 塊とな~ (2, 0.1%)

1 つて炉底に, ッて

▼ 塊~ (2, 0.1%)

1 らなけれ, らぬ

▼ 塊まり合つて~ (2, 0.1%)

1 ゐる, ゐる感覺

▼ 塊やら~ (2, 0.1%)

2 新聞紙の

▼ 塊らしい~ (2, 0.1%)

2 ものが

▼ 塊をも~ (2, 0.1%)

1 捕えて, 破滅せらるる

▼ 塊一塊~ (2, 0.1%)

1 と崩れ, 融け去りてかの

▼ 塊以外~ (2, 0.1%)

1 に手頃, の何物

▼ 塊~ (2, 0.1%)

1 はさながら, を入れる

▼ 塊岩こっち~ (2, 0.1%)

2 は流

▼ 塊~ (2, 0.1%)

1 とかなにしろ, とを持ち出し

▼ 塊~ (2, 0.1%)

1 のよう, の下

▼1* [132件]

あの年若い, 塊あらばそこ, 塊ありしのみである, 塊かとも見ゆる冬, 塊からは何が, 塊からも繋る腑, 塊これも味噌以外, 塊りつ, 塊じゃよ余の, 塊すでに相互とも, 塊ずつ喰べ, 塊ずつに書いて, 塊ずつの土と共に, 塊その意味は, 塊それはあたかも, 塊それから麦焦しを, 塊たる外史は, 塊だつたら二尺余りの, 塊だのずつと畑の, 塊つきて粉, 塊つたものが, 塊つたのが目, 塊つた一部落を半円, 塊つた花魁草の花, 塊つて了つた様で右, 塊つて了つた樣で右, 塊つて何か口々, 塊つて立話しを, 塊つて腰をおろし, 塊つて興奮した面持, 塊づつ散つて, 塊づゝにして載せて, 塊づゝ投入れた, 塊であるらしいお銀様, 塊でさえ容易ならぬ, 塊でしたかね, 塊でなく実は日, 塊とが交代に, 塊とさえ見えるの, 塊としての予が, 塊との配列よ, 塊とを別に, 塊しこんだ, 塊などごくありふれた, 塊などを運ぶ人, 塊なるを実在, 塊にさえその情欲, 塊にたいしてはいかんとも, 塊にても既に隠す, 塊にも一人前の, 塊ゥすんだ, 塊ばかり胸に, 塊へと徐々に移りゆく, 塊まりここに一, 塊まりワーンというよう, 塊まり乍ら竹藪の中, 塊まり合つて椽の外, 塊まり大勢の人影, 塊まり残念そうに見送った, 塊まるように, 塊てうんと, 塊もじゃもじゃとさした, 塊やうのもの, 塊立って, 塊よりも貴い物, 塊りあってたプロレタリアート作家が, 塊りすがりつく未訓練, 塊りだったから努めて, 塊りつかみあげる, 塊りであったにも拘らず, 塊りなのか, 塊りなげ込んで烈しき, 塊りや骨の墓場, 塊り合ってわな, 塊り生えた樹の, 塊り立ってぼんやり, 塊り見たいな金, 塊とさらに, 塊口, 塊一つが充分, 塊三塊野の空, 塊の一点, 塊下三字急に出, 塊に高峰累々, 塊血五六日ほど, 塊先生あたりに比べれ, 塊全体が一つ, 塊其一に躯, 塊雪の, 塊ケテ戴キタインダガネ, 塊より頽, 塊即ち雪片に, 塊が恐ろしく, 塊とも云, 塊土塊を相手, 塊堆く盛りたるは, 塊夕紫に脈, 塊寄りて話し離れ, 塊岩樣の構造, 塊引きち切られた鎖絞首台の, 塊懸りたり, 塊持ってくる, 塊たの, 塊に在る, 塊樺太蕗の葉, 塊此方に一塊, 塊のなか, 塊み出い, 塊がぞろり, 塊牡丹生けたるその, 塊狼藉して, 塊に祕, 塊白煙を長く, 塊百姓家が立っ, 塊石彈なりしが, 塊砂糖汁と日本, 塊神立山の麓, 塊突如高き槻, 塊立ってどこ, 塊立つて何處, 塊素燒の模型, 塊縦横に紛錯, 塊若くは數塊, 塊融け去りてかの一念, 塊重畳においてそう, 塊の空, 塊といった感じ, 塊錯立して, 塊錯落として途, 塊隆々とした, 塊が出, 塊に乗っ