青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「塀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

報告~ ~場 場~ ~場合 場合~ ~場所 場所~ ~場面 場面~ ~塀
塀~
~塊 塊~ ~塔 塔~ 塗~ 塗り~ 塚~ 塩~ 塵~ 塾~

「塀~」 3647, 39ppm, 2945位

▼ 塀~ (1337, 36.7%)

79 上に 42 上から 41 外に 37 外へ 27 上へ 22 外から 21 下に, 外を 20 外の 19 中に 18 上の 14 中へ 13 前に 12 中の 11 外は, 蔭に 10 ように, 上を, 内に, 外で 9 下の, 方へ, 蔭から 8 そとへ, 上で, 中から, 中には, 外には, 節穴から 7 かげに, 下から, 下を, 内側へ 6 そとに, ところに, ような, 中からは, 内, 隙間から 5 そばに, ところへ, 中で, 内には, 内の, 向うへ, 穴から

4 [13件] そとを, ところまで, なかへ, まわりを, 上には, 下は, 内から, 内が, 内側に, 前を, 根に, 角を, 陰から

3 [29件] あたりに, かなたに, そとまで, ところで, なかに, 上にも, 下, 下で, 下には, 下へ, 傍に, 傍を, 内へ, 内側の, 切り戸から, 前の, 向うに, 向ふ, 外まで, 所へ, 方に, 横へ, 穴の, 穴を, 裾に, 近くに, 間から, 隙間を, 高さ

2 [74件] うちに, うちには, かげから, かげへ, そと, そとには, そとの, そばの, ために, つづいたさびしい, やうな, ミネへ, 一部分が, 一部分だけ, 上, 上へは, 中, 中では, 中を, 側へ, 内からは, 内側から, 内側が, 切戸の, 切戸を, 前で, 割け目, 割れ目から, 向うには, 向うの, 向う側で, 向側へ, 囲いの, 土台を, 外からは, 外では, 外も, 奇蹟に, 家が, 家へ, 峰に, 峰を, 崩れた処, 廻りを, 彼方に, 後ろに, 戸を, 所で, 方が, 方を, 曲り角に, 曲角に, 本に, 横で, 潜りが, 片闇, 蔭で, 蔭へ, 袖に, 被害の, 裏を, 西の, 見越へ, 角に, 門を, 間で, 間に, 間の, 間は, 間を, 闇の, 際に, 面を, 頂に

1 [428件] あいだを, あたま, あたりで, あたりを, あるうち, ある個所, ある邸宅, ある門前, うえに, うしろへ, うちで, うちと, かげで, かげを, かげ時には, かげ表通り, かどに身, かなたには, きわに, くぐり戸, くずれたところ, ぐるりには, ことは, こはれた, こわれた場所, こわれを, さけ目からも, さまを, じゃかじゃか, すき間から, すぐ上, すれすれに, ずっと向う, そこまで, そちら側に, そとから, そとからは, そとで, そとや, そばへ, そばまで, そばを, ための, つきるところ, つづいた庭, てっぺん自分の, とぎれた個所, ところどころは, ところを, どの部分, はずれから, はずれで, ふし穴に, ほうに, まわりに, まわりへ, まわりも, まわりや, まわり館内の, まんなかに, みねを, むかふには, めぐりをぐるぐるめぐり, もとなりき, やぶれを, ようじゃ, ようだ, わきに, ドアを, ハリガミに, ビラを, ミネから, ミネに, ミネを, 一つの, 一ばん向うの, 一側が, 一塀それは, 一小片が, 一所に, 一所へ, 一方は, 一端には, 一端へ, 一箇所に, 一箇所を, 一角に, 一軒の, 一部が, 一部だけが, 一部や, 一部を, 一重外で, 三分の一程の, 三尺の, 上が, 上だ, 上でも, 上などに, 上にと, 上にまで, 上へも, 上も, 上椿の, 上越しに, 上部に, 下からは, 下こそは, 下だ, 下です, 下も, 下石垣の, 下草へ, 下藪の, 下闇, 両側ともに, 両側は, 両側はど, 中からね, 中からも, 中だ, 中であっ, 中であり, 中での, 中とは, 中な, 中により, 中は, 中までは, 中央を, 中間に, 付いた木戸, 低いところ, 修繕が, 修繕に, 修繕を, 倒れ落つる音, 側で, 側と, 側に, 側の, 側まで, 側を, 傍へ, 先端差し出てる, 兩側から, 公園なんて, 六尺も, 内か, 内で, 内とか, 内は, 内を, 内側, 内側には, 内側は, 内外は, 内部へ, 処だ, 処まで, 処を, 切り戸が, 切り戸を, 切り戸口から, 切戸から, 切戸は, 前あたり, 前では, 前と, 前へ, 割れ目の, 割れ目を, 厳めし, 厳重さその, 反対側の, 取りめぐらされた工場, 口から, 右手, 向うから, 向うが, 向うでも, 向う側から, 向う側へ, 向う側を, 向こうが, 向こうに, 向こうまで, 向側から, 向側で, 周りを, 周囲は, 嚴重, 四角四面の, 圍ひ, 土台と, 土台伝いに, 土蔵を, 土藏を, 地内には, 堺は, 境に, 壁面に, 外からも, 外が, 外でも, 外において, 外における, 外にも, 外のは, 外へね, 外までは, 外れに, 外側へ, 外周三四百米と, 外小さい, 外末枯れた, 外田に, 外門の, 多い横丁, 多い横網, 多い町, 大邸宅, 奇蹟, 奇蹟と, 奥深く竹, 如くかけ並べ, 家で, 家なんか, 家の, 小窓, 小路土塀の, 尽きるところ, 屋敷が, 屋根が, 屋根の, 屋根を, 崩れから, 崩れたところ, 崩れた裾, 崩れを, 崩れ目は, 左右の, 常春藤を, 建ち並ぶ小路, 強弱などまで, 影, 影までを, 影法師を, 役宅へ, 彼方小さな, 彼方巴屋の, 後ろから, 後ろへ, 忍び返, 忍び返しが, 忍び返しに, 忍び返しの, 忍び返しを, 忍返しで, 忍返しに, 惨状が, 感じが, 戸口から, 戸口で, 戸口に, 戸口へ, 所まで, 所を, 描く単純, 描割の, 支柱は, 料理屋の, 断続の, 新しい裂け, 方まで, 日影もらさぬ, 春の, 曲り角から, 曲り角の, 書割の, 木戸へ, 木戸を, 木目を, 朽ちた穴, 松の, 板の, 板は, 板を, 板戸の, 板戸を, 根へ, 根もとへ, 根元の, 根元を, 格子窓の, 棒杭や, 構えまで, 標石の, 横の, 横を, 横手から, 横手からも, 欅の, 正面下から, 此方から, 此方からは, 残骸が, 殘りや草の, 温度が, 溝端の, 潜り戸の, 潜戸を, 灰色こってり, 片暗夜, 片隅の, 物見だの, 狭い台石, 病舎寄りの, 発行所が, 白壁が, 直線と, 眞上で, 真上で, 真中頃を, 破れから, 破れ目から, 穴が, 穴などを, 穴は, 穴へ, 穴も, 立ってる小さな, 端に, 笠木の, 節穴さえ, 節穴などから, 節穴へ, 節穴を, 節穴越しに, 築地を, 細い抜け道, 継目には, 続いて, 続きが, 線が, 耳門が, 肌を, 背に, 背中が, 背後から, 腰まで, 苔を, 落書などに, 落書の, 蓑掛に, 蔭の, 蔭や, 血は, 表かま, 表門が, 袂, 裏の, 裏は, 裏へ, 裏側で, 裏側の, 裏木戸が, 裏木戸の, 裾から, 裾で, 西が, 西端から, 見えるあたり, 角が, 角ばかり, 角へ, 設備が, 貼紙を, 賤しからぬ, 質屋初午の, 越しっぷり, 越しつぷり, 足跡, 辺を, 近くなどに, 返しへ, 逆立ち, 金鎖草の, 釘に, 鏡が, 鏡に, 鏡は, 長さ, 門から, 門です, 門口が, 開き戸を, 闇に, 陰, 陰だ, 陰に, 陰も, 陰を, 陽陰で, 隅っこの, 隅っこへ, 隅に, 隅は, 隅へ, 隙き, 隙間いっぱいに, 隙間の, 際まで, 隣が, 隣りで此処, 面の, 面へ, 面影は, 頂きに, 頂上から, 頂上に, 頭を, 高いところ, 高い家, 高い工場, 高い監獄, 黒いの, 黒い蔭

▼ 塀~ (516, 14.1%)

28 越して 24 越えて 15 乗り越えて 10 乗り越して 9 のりこえて 8 乗越えて 7 繞らした 6 乗りこえて 5 こえて, のり越えて, へだてて, 隔てて 4 めぐらして, 乘り越え, 見て, 高くし 3 つたって, 刎ね, 前に, 廻って, 繞らし, 離れて

2 [36件] くねくね曲る, つくるん, のりこえた, のりこして, まわって, めぐらした, めぐらせて, よじのぼって, 乗り越えた, 乗り越えると, 乗越して, 乘り越えました, 乘越える, 乘越す, 作って, 内側へ, 囲らした, 境に, 攀じ登って, 発見した, 破って, 立てて, 背に, 見上げた, 見上げて, 越えるか, 越え庭, 越さうと, 越すには, 越せません, 足場に, 蹴倒し門, 躍り越えて, 隔て, 飛越し, 高くした

1 [283件] あれが, いっぱいに, うしろに, うちから, おし破つて転び, おつくり, おどり越えた, おどり越え奥庭, おりたあと, おりて, お祖父さんから, お越え遊ばし, かすめ小さい, くぐったの, くぐること, くりぬいた変電所, くれって, ぐるつと, こして, した家, じっとその, すべって, そつと, たてたでしょう, つくるとき, とつて, とび降りた場所, とりまいて, とり廻した家, どっと彼, なんなく越す, のぼって, のりこえたり, のりこえたん, のり越えた八木, のり越え松の木, のり越え枝, のり越した, はずれて, はなれて, はなれようと, ひらりと, へだてたと, へだてた隣りの, へだてた隣屋敷, まっ黒に, まわした坪庭, まわりに, めぐちした, めぐらしこの, めぐらしたその, めぐらした主家, めぐらした内庭, めぐらした大きい, めぐらした大きな, めぐらした家, めぐらした庭園, めぐらした机, めぐらした洋館, めぐらした角屋敷, めぐらした邸宅, めぐらした長久保家, めぐらし中の島, めぐらし庄屋, めぐらし杏, めぐらし眞, めぐらし鎖, めぐらすコンタン, もがいて, やすやすのり踰, よじのぼった, よじ昇って, よじ昇ること, よじ登って, わたるよう, グルリと, ステッキで, トントンと, ヒラリと, ブッたて, ムクムクと, 一つ曲っ, 一つ隔て, 一丁も, 一気によじ登った, 一目見た, 一週する, 七八尺に, 三度周る, 上った, 上って, 下さいよ, 下りた, 乗りこえたかも, 乗りこえたり, 乗りこえてでも, 乗りこえなければ, 乗りこえました, 乗りこしたもの, 乗りこしたり, 乗りこして, 乗り越, 乗り越えたかという, 乗り越えたり, 乗り越えた怪漢, 乗り越えた跡, 乗り越えてでもと, 乗り越えても, 乗り越えました, 乗り越えようとして, 乗り越えるお, 乗り越えること, 乗り越えるところ, 乗り越え他家, 乗り越え城中, 乗り越え引っ, 乗り越え跼むようにして樹木, 乗り越した, 乗り越すこと, 乗り越すという, 乗越い, 乗越えたの, 乗越える時, 乗越した四人づれ, 乘り越し, 乘越え, 乘越し, 二塀ばかり, 五つ見, 仕切りに, 仰ぐの, 仰げば, 伝って, 伝わって, 作らせなど, 作りかえるよう, 作り二尺五寸, 倒されたの, 倒したり, 再び乗り越し, 出ると, 切抜い, 去きなさいます, 叩きこは, 向こうに, 向こうへ, 吹き倒される家根, 呆ん, 四壁に, 回って, 回らした一構, 囲らし, 囲らせ, 囲らせた如き, 囲んで, 塗らせたもの, 塗りに, 境と, 壊しやしねえかと, 壞され, 少し取り除けた, 巡らした江木邸, 市木さんが, 帯電させ, 建仁寺まがいに, 廻したお, 廻した中庭, 廻した大きな, 廻した家, 廻して, 廻らした家, 廻らした平屋, 廻らした新築, 引き, 強固に, 征服したかった, 後ろに, 手搜りし, 打ちさらに, 打ち叩き, 打ち睨むよう, 折曲っ, 押し倒して, 押し破って, 押し破つて, 押し起すところ, 拵えて, 持って, 持つた監獄, 挾んで, 揺ぶり樹木の, 攀ぢ登つた路の, 教えた, 易々と, 曲つたが, 曲つて銹びた鉄材の, 曲ると, 欝陶し, 殘すだけ, 殴った, 毀して, 汚した血飛沫, 汚すので, 溢れて, 滅茶滅茶に, 無雑作, 焼いただけで, 登って, 登ろうとして, 直すため, 真似たもの, 真直に, 眺めると, 睥んで, 睨みました, 睨んで, 破られては, 突き崩した, 突き破ったり, 立てめぐらさないこと, 築きたらん, 築き家, 築くこと, 繞し, 背後に, 自由自在に, 見あげて, 見ながら, 見るほか, 見上げたり, 見上げながら, 視め, 越えたはずみ, 越えたもの, 越えた一人, 越えた怪漢, 越えると, 越えるの, 越え中, 越え枝, 越え蠅, 越させたん, 越しかかる, 越した, 越した上, 越した向こう, 越すところ, 越すわけ, 越す位, 越せば, 越そうと, 跨いで, 跳び越えて, 跳び越えました, 蹴放すよう, 蹴破る, 躍りこえると, 躍り越すなんぞは, 躍り越そうと, 透して, 這ひ, 通りに, 造って, 連ねて, 避けたので, 釘づけられ, 長々と, 隔てたその, 隔てた時, 隔てた背後, 離れた, 飛び出して, 飛び越えずに, 飛び越えて, 飛び越えてな, 飛び越えました, 飛び降り早足, 飛越え, 飛越えた, 飛越して, 驚くほど, 高く廻らした, 高く越した

▼ 塀~ (431, 11.8%)

17 沿うて 16 沿って 10 そって 9 添って 8 なって 7 囲まれて, 手を, 添うて 6 かこまれて 5 なつて 4 向って, 身を 3 くっついて, ぶつかって, よりかかって, 三尺の, 付いて

2 [22件] あたると, しがみついて, すがって, ついて, つづいて, とびついて, なる, ピッタリ身, ヘバリ付きました, 凭れて, 囲われて, 圍まれた, 圍まれて, 添うた一筋道, 薄り立ち, 血の, 足を, 遮られて, 附いて, 面して, 飛びついて, 飛びつくと

1 [272件] あきらかに, あたって, うちあたったの, うって, うつったの, うつる影法師, お前は, かかり門長屋, かくれて, かくれるまで, かけや, かこまれた古風, かこまれた小さな, かこまれた屋敷, かこまれた広い, かこまれた海岸, かこまれた邸, かすかで, かなり大きな, くつつい, これが, こんな泥, さえぎられて, さへぎられて, したり, しっかとつかまり, すれ, せばめられた暗い, せばめられて, そうて, その勢い, その片側, そふて歩い, それの, たとえて, たどりつき闇夜, ついたり, ついた切り戸, ついた血, ついてまわって, ついてる戸, つかえたと, つきあたって, つきまして, とびついた, とりかこまれて, なったり, なったん, なった淋しい, なってる処, なってる静か, なつた, なり左側, のべつ穴, はい寄っ, はさまれたあの, はさまれた問題, はりついて, ひたと脊中, ひッ, ぴたりと, ぴったりつい, ぴつたり身を, ふさわしいもの, ふと妙, ぶつかった, へばり着いて, ゆき着いたとき, よじのぼった, よじのぼりそれから, よじ登ること, よりかかったり, よりかかりぼんやり, よりそって, ケバケバしくとりまかれ, ハッチソンが, ハリガミが, ピタリと, ピッタリ体, ヘバリつい, ボヘミヤ人の, ヤッと, ヤモリみたいにく, 一方を, 上って, 両手を, 並行した, 人が, 人間の, 今しも, 代えた, 低く遮, 倚りか, 倚りかかっ, 冬の, 凭れか, 凭れたま, 凭れながら, 凭れ空, 切つてあります, 劃され, 包まれた庭, 反射し, 反響した, 取り囲まれて, 取り圍まれ, 取り巻かれて, 叩きつけたよう, 吸付きました, 囲いて, 囲まれた二階, 囲まれた兵営, 囲まれた内部, 囲まれた堂脇, 囲まれた小, 囲まれた屋敷, 囲まれた幾棟, 囲まれた狭苦しい, 囲まれながら, 囲われた一間余, 囲われた見すぼらしい板葺, 圍はれた見すぼらしい, 壓しつけられる, 変るの, 外れて, 大きく, 大きく写った, 大きなまる, 大きな黒い, 大穴が, 寄り掛かって, 密接し, 崇る, 差掛け葮簀張, 幾つかの, 建て増しを, 張つて行つた, 張りつけて, 張り出して, 張り出してを, 当って, 後ろ楯, 忍び返しが, 懸けて, 打った, 打っ突から, 打つかって, 投げつけられた, 投り込まれた, 拳固を, 掛けた居住者姓名札, 接して, 接近し, 接近した, 掴まった, 攀じ登る音, 春の, 書かれた変った楽書, 書かれた白い, 書かれて, 枯木と, 横あいから, 水を, 沿いこれから, 沿いタール, 沿うた町筋, 沿うた路地, 沿った小径, 沿った遠く, 沿つた紙や, 沿つて彼等は, 沿つて曲る, 沿つて横丁を, 沿つて竜の, 沿ひ, 洋服を, 浸みこんで, 淋しく反響, 添い樹木, 添い裏門, 添うた小路, 添うた片側路, 添う並木, 添った暗い, 添った溝, 添つてわたしは, 添つて直吉は, 添つて錆びついた, 溢るる, 滲んで, 無数の, 登ったりなんか, 登りまるで, 登り屋根, 發矢と, 目を, 眞俯向けに, 硝煙の, 穴が, 突き刺さった, 突き当たった, 突き当ったよう, 突き当りました, 突つ, 突当つたやう, 立ち小便, 立って, 立てかけて, 立てかけられた, 立てた旗, 立て掛けて, 続いて, 縄ばしごを, 縄を, 縄梯子が, 繩を, 肩を, 背の, 背を, 致し赤松, 蔦がわ, 蔽われた宏大, 薔薇蔓が, 血が, 血は, 行きあたった, 行きあたって, 西洋式の, 見越しの, 見越の, 語られて, 貼って, 貼りついて, 貼り出した, 足跡が, 蹲ったり, 躓いて, 身体を, 身體を, 車の, 近いて, 近いの, 近い松, 近い潜り戸, 近く梨の木が, 近づいた, 近づいて, 近づきいきなり, 這い上って, 通りかかった, 通用門が, 通行人が, 針金を, 鉄砲笠蓑など, 長方形の, 門が, 門を, 開いて, 附着い, 附着け, 隠し戸, 隠れて, 隣家の, 雁が, 顔を, 飛びつきました, 飛びつくこと, 飛付いて, 高々と, 高く掲げられたる, 黒鉄の, 鼻を

▼ 塀~ (219, 6.0%)

9 ある 6 あって, つづいて, めぐらされて, 続いて 5 あった, 見えた 3 あります, かかって, 立って, 見える, 高いので, 高くて 2 あるの, ぐるりと, こいの, その周囲, めぐらして, ズーッと, 取繞, 煉瓦に, 物々しい忍び返し

1 [140件] あたりまえの, あつた, あつて, ありそこ, ありその, ありました, ありますかと, あり中, あり付いて, あり外, あり大きな, あるとか, あるばかり, あるもの, ある様, あれらの虎の子渡し, いかにも澄んだ, いくら長く, かくれるほどにも, かこんで, ことごとくそうなっ, この一区画, ずうっと, ずっと一町, そのあと, その周り, そびえ獄舎, それに, たくさんあっ, ついて, つきると, つくられ門, つづきその, つづき夜空, つづく, できてるでしょう, ところどころに, とだえて, とても長く, とても高い, とりかこんで, とりこわされて, とりまわされて, どこまでも, ないので, なんだい, のぞまれる, ひしひしと, ひどい血, ほの, めぐらされた隣, めぐりその, エンエンと, ドシンと, ドッと, バカ高く, 一ヶ所風の, 三ヶ所において, 三味線堀のさ, 三間で, 並んで, 二間これは, 五間ばかり, 人間業で, 何歩か, 何町と, 何町四方つて囲つてゐる, 倒れたまま, 倒れたり, 倒れ寺, 冷酷に, 出来たよう, 出来ました, 利かなかったら石庭, 厚くて, 反っくり返って, 取りまいて, 取り巻いて, 取り残されたもの, 四角くそびえ立っ, 囲つてゐた, 囲んで, 城塞の, 大破する, 家の, 少し濡れ, 延びて, 建って, 建てられて, 建廻され, 廻して, 廻らしその, 張られて, 忍び返しも, 思ひの, 意地わるく, 旧敷地, 昔の, 村上という, 構えられて, 段々に, 添うて, 清楚な, 火の, 無くならうと, 無くなろうと, 焼け残って, 片側を, 生垣に, 百メートル以上も, 眺められるのみ, 眼の, 破れ家, 突立っ, 立ってるだけ, 立つて, 細く破れ, 続いたり, 縁と, 繞らされる, 續き, 聳えて, 芥川家から, 行手を, 見えたから, 見えて, 見えるだろう, 越せること, 連って, 長々と, 長くつづい, 限られて, 隣との, 青空を, 音も, 頭の, 高かろう, 高くかかっ, 高く忍び返し, 鼻先に

▼ 塀~ (98, 2.7%)

2 一丈も, 二重に, 歪み屋根

1 [92件] あちらこちらで, あの時, あり来りの, あるが, いくら上塗, ことごとく破損, こんなにも低かっ, さすがに, すっかり道路, すつかり, そう高く, その高, ただ窯, ところどころ破れ, ところどころ窪ん, どこまでも, どんなに高く, のぼれませんがね, もう何, よじのぼるには, コンクリートの, セメントで, トタン板の, ヤクの, 一丈あまり容易に, 一面に, 上塗を, 低く濠, 何丈という, 修理した, 倒れ軒ば, 六尺そこそこ, 其処から, 其周囲を, 古いらしく, 向いの, 吹っとばされ後始末, 嚴重な, 塗つたばかり, 塗料こそ, 外搆え, 大抵ぢ, 少しも, 尼僧の, 崩れかけたまま重畳, 崩れ人びと, 崩れ青い, 幾星霜を, 弓形方に, 態とらしく庭, 所々破損し, 折々見かける, 押し倒されまた, 明らかに, 曲り行く, 月光に, 杉の, 柱が, 殆ど扇の, 毎日彼が, 比しく彼女, 無くな, 無論の, 燃えないからね, 爆破した, 白く塗られ, 皆同じ, 石に, 砕けて, 破れ門柱, 穴だらけで, 築いても, 肩ぐらいの, 見えないで, 見えるが, 質屋の, 越え難い, 越せまい, 跡かたも, 造りたくないの, 避けたが, 邸の, 重なり合った葉, 長くつづい, 長くて, 間もなく切れ, 非常に, 高いの, 高い門, 高さ, 高さ五尺, 高さ四メートル

▼ 塀~ (88, 2.4%)

2 で甚伍左, なぞ幾分, の方, の見, の道あたり, の騎士達, は静か, へ, へトンボ, を四

1 [68件] からどつと, から三叉, から俗っぽい, から屋敷うち, から狙った, がじき, であった, でしきり, でした, で待ち受けた, で暗, で殺された, で警官達, とを固める, に, にありました, にさし出た, につるし, には数本, には警官, に一人, に人立ち, に今, に住ん, に出, に出る, に天水桶, に散らば, に澤庵石, に老, に茄子, に見張り, に辻車, に飛出した, の木立, の松の木, の柳, の桜, の溝, の畑, の突, の膚橘かげ, の路, の道, は小林習之進親子, へこぼれる, へちる, へ下りた, へ出, へ取捨てられた, へ向っ, へ来た, へ枝, へ降り, へ駈け出, まで恐ろしい, も冷, より見, をあらため, をそしてまた, を一廻り, を徘徊, を歩き, を流れ, を秋, を穿くり荒す, を通る, を金魚売

▼ 塀~ (82, 2.2%)

3 あつた, 一方は, 囲まれて 2 囲われた, 囲われて

1 [69件] いち日中そこから, かくれるところ, この内, この間しばらく, その塀, ちょっと見る, つけようという, つなぎその, まさに色, まるでお, めぐらされて, グルッと, 一間の, 仕切られたじめじめ, 仕切られた二十坪足らず, 仕切られて, 仕切られてる六七坪, 他家の, 入口の, 其処の, 区切って, 半ば占められ, 厳重に, 取り囲まれた一劃, 取り囲んで, 取り繞, 取巻かれて, 取廻わし, 右が, 向うの, 向側が, 囲って, 囲まれたお家, 囲まれた宏壮, 囲まれた屋敷, 囲まれた巨大, 囲まれた平家, 囲われた広い, 囲んで, 固めた敷地, 圍まれ隅に, 坂上の, 塀の, 境され, 外から, 外なる, 屋敷の, 左手に, 待って, 忍び返しまで, 掩護され, 暫らくは, 板塀の, 構われた小さな, 法師蝉が, 犇と, 行き止りに, 裏木戸が, 角の, 路地の, 踊り舞台の, 踊り舞臺の, 通行は, 遊ぶって, 遊ぶん, 道路から, 遮られて, 遮られ東, 風をよけ

▼ 塀~ (75, 2.1%)

2 いうと, いっても, その上, それに対して, 丁度むかい合い, 塀との, 塀の, 樫の, 母屋の

1 [57件] いわず道, きては, すれ, そこで一所, その中, その前, その根元, それから築き出した, それを, なった, なりぬ, はっきりした, まったく同じ, コルクの, セイヌ河の, 並んで, 僧院の, 同じよう, 同じ樣式, 同じ黒塗, 向いの, 土蔵との, 土蔵裏と, 塀とは, 境内の, 奥蔵の, 宏壮な, 家との, 川とに, 幾枚かの, 店蔵だった, 庭の, 建物が, 忍び返しと, 昔風に, 杜の, 枇杷の, 枯れケヤキ, 樹木との, 橋を, 歩哨の, 殿様の, 母屋に, 涵徳殿と, 第二, 羽目よくも, 自然の, 葉茶屋の, 衝突し, 鉄の, 長方形の, 門と, 門とが, 門との, 門内の, 黒い道一筋, 黒い鉄

▼ 塀越し~ (66, 1.8%)

3 に見える 2 にお隣, に一わたり, に竹竿

1 [57件] に, にさ, にすっきり, にそよい, にたれさがっ, になり, にむこう, によそ, にイタリア人, にサヤサヤ, にバラック, にポン, に一輪二輪, に中, に二人, に伊勢湾, に伝へ, に伸び上る, に傅次郎, に刺した, に呼びかけよう, に咲き, に外, に大きい, に大川, に庭さき, に延びた, に彼女, に往来, に微笑, に振り上げ振り上げし, に新樹, に望み, に枝, に槍, に死骸, に毛布, に消え, に礫, に紅梅, に繁った, に聞い, に聞えた, に英国領事館内, に見られる, に見下せる, に覗く, に逃げよう, に逃げ去った, に金座, に隣, に隣家, に高く, の出入口, の曲芸, の松, の炭屋

▼ 塀~ (56, 1.5%)

3 土蔵の 2 電柱に

1 [51件] あるひ, いけがき, こんもりした, その他すべてが, その前, それらが, コンクリート塀や, トタン塀などを, 下見などに, 国宝の, 垣根から, 垣根なども, 垣根の, 垣根や, 壁に, 壁や, 壁を, 壊れた大名屋敷, 小さな溝川, 屋根に, 屋根を, 工場の, 廊下などの, 建仁寺でなく, 木立や, 木蔭に, 板塀や, 柱などが, 柵を, 樹の, 樹木が, 櫓を, 煉瓦塀に, 煉瓦塀を, 煙突や, 玄関にまで, 生垣の, 生垣は, 石壁や, 窓の, 築地の, 緑の, 羽目は, 足元の, 鉄格子の, 門は, 門を, 門構えは, 電信柱に, 霜除け松を, 鬱葱と

▼ 塀から~ (50, 1.4%)

2 ぬけ出して, 來る, 例の, 裏手の

1 [42件] きこえる, こっちへ, そとの, その頃, つき出した松, とって, とびだしたり, とび出すや, どっと落ち, のさばり出た桃, のぞいて, やっと顔, 上へ, 下に, 二間ばかり, 伸びた南瓜, 伸び出, 入ったな, 出た, 出て, 出外れて, 垂れ下がって, 塀へと, 尾張樣の, 彼方側へ, 往来へ, 押し出されたよう, 来る反射, 東の, 檜葉の, 次々に, 百歩ばかりの, 百歩計りの, 石垣へ, 蛇骨長屋の, 表の, 覗いた位, 覗き川上, 謡いの, 這い出した南瓜, 邸内に, 青葉若葉

▼ 塀~ (47, 1.3%)

2 に犇, の土

1 [43件] から斜め, から煙, か垣根, だと, で, ですれちがった, で傅次郎, で妹, で男女, なる礫道, にあっ, にいた, には咲き揃つた櫻, には背, にゐた, に大きな, に居ます, に沈める, に沿っ, に添, に突, に立ち, に近く, に飛び戻っ, のムク, の卓, の方, の木の葉, の柳, の溝, の物置小屋, の闇, の隅, へと駈けつけた, へも人, へ向った, へ着いた, へ荷, へ進ん, までさがった, まで来, を塞げられ, 迄来

▼ 塀~ (46, 1.3%)

4 手を 2 飛び付きました

1 [40件] かけて, ついて, とまるという, とりつこうと, どんと打つ, ぶつかって, もたれかかった, よじ登って, 一人の, 上がると, 上がれば, 上り終った, 上ると, 何か, 取りついた, 取りつけば, 塀いっぱいの, 学生以上の, 屋守の, 打ッ, 押つけようとして, 掛けた縄梯子, 梯子が, 梯子を, 横ッ面を, 球が, 立てかけて, 竹竿が, 肩に, 貼りついたよう, 這い登って, 這ひ, 釘づけ, 雪が, 頭を, 飛び付いて, 飛び付くと, 飛付いたの, 飛付いて, 飛付けるだらう

▼ 塀~ (36, 1.0%)

2 ある, それ等に, 傾き垣, 見える

1 [28件] あったが, あらばこそ, くり抜かれて, こわれご, ずいぶん古い, なくぐず, ばらばらに, ひくいもの, ぶち破っ, やすやす越えられ, 倒れて, 同然じゃ, 嚴重に, 壁も, 奧庭の, 恐ろしく嚴重, 昔の, 暗く成つた, 殘る, 社宅も, 突きくずされた, 突然途切れ, 竹垣も, 築地も, 築地塀では, 見えずどこ, 電柱も, 高く見張り

▼ 塀には~ (26, 0.7%)

2 竹の, 蔦が

1 [22件] あの通り忍び返し, バラが, 一つの, 人の, 何の, 少しも, 引つ掻きの, 微な, 忍び返しだ, 恐ろしくヤハ, 恐ろしくヤワ, 斬奸状が, 明らかに, 毫末も, 無惨な, 甲羅を, 穴が, 節穴が, 蔓草が, 隣の, 高笑いを, 黒鉄の

▼ 塀について~ (25, 0.7%)

2 曲ると

1 [23件] お長屋, この横町, ひろい庭, また戻る, ゐる小, トットと, 上ったり, 右へ, 天文台の, 居る切戸, 屋敷横に, 左へ, 廻った, 廻つたり, 打つかり, 折曲つて我家, 曲がった途端, 曲った, 曲ろうと, 榛の木馬場の, 此方へ, 角へ, 通るもの

▼ 塀和さん~ (20, 0.5%)

2 行き度

1 [18件] があまり, がねえ, ですか, でせう, なの, なんかこれから, には錦絲さん, に貰つて來よう, はお, は本, は綺麗, もお, も又, も梅ちやん, をだし, 大變御熱心, 暫くぶり, 本當

▼ 塀ぎわ~ (19, 0.5%)

3 に身

1 [16件] で散らか, には背, に一軒, に低徊せり, に働い, に堀井戸, に寄っ, に平, に建っ, に徘徊, に駈けつけた, の小, の小さい, へ落ちるでしょう, まで追いつめ, を急い

▼ 塀との~ (11, 0.3%)

7 間に 2 間の 1 細い露地, 間を

▼ 塀にも~ (11, 0.3%)

7 たれて 1 クラスの, 屋根の, 降り, 隙間が

▼ 塀~ (10, 0.3%)

6 しに 1 しに外, しに獄舎, しの杏の, しの松の

▼ 塀~ (10, 0.3%)

1 からふつう, から下, から永い, がその, し一方, のの, よ, ッ, 濠だ, 門だ

▼ 塀和君~ (8, 0.2%)

2 でも 1 そんな事, どうだい君, などはまだ少し, はどう, 今こいつ, 本當

▼ 塀つづき~ (7, 0.2%)

2 それに 1 のところ, のはずれ, の角兵衛, 左手の, 磨がらすの

▼ 塀ばかり~ (7, 0.2%)

1 きりとって, つづいた人通り, つづく住宅町, で挟まれた淋しい, 僕は, 続く非常, 見つめて

▼ 塀~ (7, 0.2%)

1 ではない, で立小便, につつじ, に立っ, に落ち, を通っ, を通つて

▼ 塀~ (7, 0.2%)

1 で去年, にある, についと, にひそん, に堀, に客, の杉

▼ 塀~ (7, 0.2%)

1 に差し出た, に深々, に隣, に雲切れ, に青柳, のよそ, の花

▼ 塀一つ~ (6, 0.2%)

2 向ふで 1 ですぐ, で庭, を隔てた, 隔てた津島

▼ 塀~ (6, 0.2%)

1 におどり上がり, に硝子, に飛び上った, の風趣, は忍び返し, へ人

▼ 塀~ (6, 0.2%)

1 で殺され, に亭々, に寄る, に駆け寄, の木枝, の松の木

▼ 塀いっぱい~ (5, 0.1%)

1 にひろがった, に並びます, に匐, に大きく, の高

▼ 塀まで~ (5, 0.1%)

1 ふかなければ, ほんの一間, 改築し, 来ると, 行くと

▼ 塀沿い~ (5, 0.1%)

1 にで, に左手, に東, に雄太郎君達, の路上

▼ 塀~ (4, 0.1%)

1 五千五百石の, 何かに, 木に, 石で

▼ 塀でも~ (4, 0.1%)

1 まわして, 平気です, 廂へでも, 石の

▼ 塀とを~ (4, 0.1%)

1 へだてて, まわって, 境に, 見くらべましたが

▼ 塀などが~ (4, 0.1%)

1 ある訳, 場所を, 残って, 立つて

▼ 塀などを~ (4, 0.1%)

1 検分し, 照し, 見ると, 調べて

▼ 塀なんか~ (4, 0.1%)

1 かまわない, 何でも, 普通の, 築き上

▼ 塀にな~ (4, 0.1%)

2 つてゐ 1 つて右側に, つて居ります

▼ 塀~ (4, 0.1%)

1 だと, は此頃, も塀和, を一度

▼ 塀からは~ (3, 0.1%)

1 いつた奴, どちらも, 水が

▼ 塀~ (3, 0.1%)

1 とで凧, との丘, とを通る

▼ 塀である~ (3, 0.1%)

1 がこれ, が彼方, と知っ

▼ 塀です~ (3, 0.1%)

2 から内側 1

▼ 塀という~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 構えであった

▼ 塀とか~ (3, 0.1%)

2 竹垣とかいう 1 セイロの

▼ 塀とが~ (3, 0.1%)

1 向合, 旦那の, 聳えて

▼ 塀なり~ (3, 0.1%)

1 垣根なりを, 柵なりを, 軒なりへ

▼ 塀ばかりが~ (3, 0.1%)

2 つづいて 1 続いて

▼ 塀伝い~ (3, 0.1%)

1 に下, に降り, の離れ業

▼ 塀向う~ (3, 0.1%)

1 が寺男, の争議団本部, の尾張樣

▼ 塀和君君~ (3, 0.1%)

1 まだ怒つ, も俳句, 怒つた

▼ 塀囲い~ (3, 0.1%)

1 の別, の家, の小体

▼ 塀~ (3, 0.1%)

1 のお, のくせ, の巴屋さん

▼ 塀あり~ (2, 0.1%)

1 てみだりに, 余を

▼ 塀さては~ (2, 0.1%)

1 またこの, 又此

▼ 塀その~ (2, 0.1%)

1 すぐ後, 塀つづき

▼ 塀それ~ (2, 0.1%)

1 に向かっ, は西丸

▼ 塀だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, では

▼ 塀だけを~ (2, 0.1%)

1 白穂色に, 見て

▼ 塀では~ (2, 0.1%)

1 なくて, なく生けがき

▼ 塀とで~ (2, 0.1%)

1 囲われた平屋造り, 隠して

▼ 塀など~ (2, 0.1%)

1 二重三重の, 飛鳥の

▼ 塀などは~ (2, 0.1%)

1 なく大抵, 所々に

▼ 塀などへ~ (2, 0.1%)

1 字が, 書く分

▼ 塀にが~ (2, 0.1%)

2 さりとでも

▼ 塀によって~ (2, 0.1%)

1 かぎられて, 隔離され

▼ 塀のみ~ (2, 0.1%)

1 ねから外部, 長く続い

▼ 塀のみねへ~ (2, 0.1%)

1 とび上がった百, 送り上げた

▼ 塀ばかりは~ (2, 0.1%)

1 昔の, 独立自存三十三間堂が

▼ 塀まわり~ (2, 0.1%)

1 はいう, へ気

▼ 塀もしくは~ (2, 0.1%)

1 垣と, 垣まで

▼ 塀より~ (2, 0.1%)

1 もっと高く, 高く低い植込み

▼ 塀よりも~ (2, 0.1%)

1 その前, 高くなり

▼ 塀一方~ (2, 0.1%)

1 は押し潰した, は草

▼ 塀一重~ (2, 0.1%)

2 を隔て

▼ 塀~ (2, 0.1%)

1 は松並木, は濠

▼ 塀和さんあなた~ (2, 0.1%)

1 どう私, もどうせ

▼ 塀和三藏~ (2, 0.1%)

1 といふもの, は伊豫尋常中學校

▼ 塀~ (2, 0.1%)

1 ありて, を損

▼ 塀~ (2, 0.1%)

1 の修繕, の表面

▼ 塀続き~ (2, 0.1%)

1 で一方, の邸ごと

▼ 塀~ (2, 0.1%)

1 らしかつ, をまわっ

▼ 塀近く~ (2, 0.1%)

1 まで轉げ, 咲いて

▼ 塀隣り~ (2, 0.1%)

1 のこと, の隣家

▼1* [156件]

あのことは, 塀いっぱいたくさんになっ, 塀いつぱいに, 塀いつもは人影, 塀うちから往来, 塀かげから姿, 塀かどにぶっつけながら, 塀がわりの籬, 塀ぎはの欅, 塀ぎわでくるりと向きを変える, 塀ぎわで畑の世話, 塀ぎわにたどりつきまるでサル, 塀ぎわには竜のひげが植え, 塀ぎわにも裏木戸にも店さき, 塀ぎわのひろい空地に出る, 塀くらい作れるよう, 塀ぐらいの高さ, 塀へ越せ, 塀さえ越して, 塀さんを思ひだした, 塀したる甍の, 塀すら立って, 塀ずりあわせに, 塀そこにある, 塀それ柳のわき, 塀ぞいのポプラー, 塀だけのやうな, 塀だけは相當, 塀だったので足がかり, 塀だってああきたなく, 塀つづきでその一つ, 塀づくりの家, 塀づたいに十歩も行く, 塀づたいに夜の町, 塀であったりし, 塀であろうと垣, 塀としか見えない小売店街, 塀とに渡して, 塀とは続いても, 塀とも目かくし, 塀と共にグッと, 塀どなりの桐, 塀のと, 塀なぞ数寄を, 塀などという豪放ケンランたる, 塀などに落書する, 塀などによってすぐ支那人, 塀などによりかかって, 塀などの樂書を, 塀にあたって真白くはじけた, 塀にかぼちや, 塀につき当たるから, 塀にまで輝いて, 塀に対して異国種の, 塀はずれに空屋, 塀へと伝わって, 塀へばかり水を, 塀へもどうにかし, 塀または土蔵の, 塀までは大体五間ほど, 塀みたいにただ, 塀もがなとあたりを, 塀やに取囲まれて, 塀やら竹垣根が, 塀よく拭きこまれた廊下, 塀らしいものを, 塀を通してかすかながら, 塀イギリス館の阯, 塀クレーンと吊り, 塀一つ向うで熾っ, 塀一枚を隔てた, 塀下ノ堂の櫓, 塀中門など言, 塀乗りこせぬわけ, 塀乾きたり, 塀代りに庭, 塀俊吉は辻, 塀ひに, 塀全体は操り人形, 塀内軍医や三輪, 塀剥げ取られた土塀七戸前の, 塀つて本, 塀和さんあなたのにも附い, 塀和さんお茶が這入つた, 塀和さんこれ幾らに見えます, 塀和さん一寸十錢貸して, 塀和さん憚りですが, 塀和さん此梅ちやんとはね, 塀和さん此間は有難う, 塀和さん私に此處, 塀和さん貴方あんなお, 塀和さん退屈でせう, 塀和君僕はねえ, 塀和君君一人で枕許, 塀和山僧といふ人, 塀は真白く, 塀土部三斎の住居, 塀乃至は, 塀りでしろく, 塀外傅次郎の死骸, 塀外門内邸宅の周囲, 塀大寺の門, 塀太い門柱には, 塀官員様ならば, 塀家財道具を滅茶滅茶, 塀に檢屍前, 塀寄りに円い, 塀崩れ屋根破れ, 塀がわ, 塀平面的な建物, 塀につかまる, 塀建て廻されぬ, 塀忍び返し奥に植込, 塀忍び返し昔はさぞかし, 塀投大木熱湯かけで防ぎ苦しめた赤坂城, 塀日本で云え, 塀暗やみです, 塀書院表座敷居間用部屋使者の間, 塀木一生ケンメイなもの, 塀本来の性質, 塀へ平, 塀板塀にさへぎられ, 塀板塀續きの細い路, 塀枯れか, 塀枯れかかった生垣または, 塀に行きつく, 塀樹木等の見通し, 塀添いを傘, 塀を持, 塀煙突などの倒潰物, 塀煙突等の倒潰, 塀玄関先の老樹, 塀の, 塀の欄干, 塀してるの, 塀になんら, 塀らした隣, 塀繞らせる下屋造, 塀きなぞ, 塀續きの細い路, 塀自身の長, 塀裏木戸生垣の幾, 塀裏町の横丁, 塀へ引かれ, 塀越シノ槍長柄ニテ大イニ利, 塀越幕の内か潜らし, 塀趣味や御神灯趣味, 塀逆茂木から海辺, 塀門と, 塀蘭井戸亀甲城址亀岡神社等, 塀際伝いに石段, 塀際垣根あたりの薄, 塀隣りで綱田屋主人の, 塀へ手, 塀さ二十尺余の, 塀鰻屋のかどの