青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叫ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

叩く~ ~只 只~ 只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~ ~叫ん
叫ん~
~叫んだ 叫んだ~ 召使~ ~可 可~ 可哀そう~ ~可愛 可愛~ ~可愛い 可愛い~

「叫ん~」 2572, 25ppm, 4712位

▼ 叫ん~ (2384, 92.7%)

147 いた 99 いる 56 いるの 27 ゐた 25 ゐる 22 ゐるの 20 いるよう 19 いたが 17 いたの, います 14 いました, いる声 12 手を 11 身を 9 しまった, みた, 私は 8 それを, 居る, 自分の 7 その場, 刀を, 彼は, 顔を 6 ゐる声, 眼を, 私の, 立上った, 見たが 5 いるうち, いるが, いること, ゐたの, ゐます, 一人の, 彼女は, 父の, 足を, 逃げて

4 [13件] いるところ, みたところ, みたり, ゐたが, ゐるが, 倒れた, 右手を, 後へ, 私を, 行きました, 見た, 走ったり, 逃げようと

3 [39件] あわてて, いたこと, いるだけ, いると, いる光景, いる様子, いる者, おいて, お鳥, これも, じゃんけ, そっちの, たじたじと, とっさに, とびあがった, みたが, やった, ゐるところ, 吉郎を, 子供を, 居た, 彼の, 急に, 救いを, 椅子から, 次の, 男の, 私に, 立ちあがりました, 立ちすくんで, 立ち止まった, 腰を, 膝を, 血の, 走り出した, 逃げ出したい気持, 頭を, 飛び出して, 馬の

2 [117件] あとは, あばれて, いた彼, いた男, いましたが, いるけれども, いるとき, いるに, いるのに, いるらしかった, いるん, うしろへ, お父さんは, かの女, くるりと, しまったもの, そこに, そして面白, そのま, その人, その男, とても爽快, はだしで, また走りはじめました, みて, みても, みました, やりたかった, わたしは, ゐたので, ゐたもの, ゐました, ゐるうち, ゐるかの, ゐること, ゐるやう, デングリ返った, ドッと, ドンと, 一同の, 一座の, 両手を, 両眼, 両足で, 二人は, 仆れる, 傘と, 兵藤が, 再び斬込み, 冷笑した, 出て, 卒倒した, 右手の, 唇を, 地団太を, 居るの, 左手で, 庄吉の, 後を, 慌てて, 戸口の, 手袋を, 手足を, 拳を, 持って, 提灯を, 教師の, 早く息, 本当に斬る, 机の, 杉の, 来たの, 来るの, 柳の, 棒立ちに, 棺に, 歩いて, 死ぬ兵隊, 気絶する, 渠は, 照子と, 狂気の, 目を, 短刀を, 立ちあがった, 立ち上がった, 立上って, 竹刀を, 箒を, 肩を, 背後の, 葉書の, 行くの, 襖の, 見たり, 見ても, 谷へ, 走った, 走り寄っ, 走り狂ひたい, 跳りあがる, 身体を, 転げ込んで, 転ぶよう, 追いかけましたが, 逃げ出した, 途を, 通った, 過ぎた, 遮に, 障子ごと真向から, 隣の, 雨の, 顔色を, 飛びあがりふりむいて, 飛びのいた, 駆け戻って

1 [1322件 抜粋] あおのけに, あの酒, あれの, いきなりその, いきなり走り出したい, いきなり逃げ出そう, いさぎよく目, いたから, いたし, いたと, いたとは, いたよう, いた勝則, いた大江山課長, いた宮崎光子, いた松江, いた父, いた言葉, いても, いなければ, いらだちきったよう, いるかも, いるぐらい, いるだろうか, いるのよ, いるらしいの, いるベルナアルさん, いる中, いる事実, いる例, いる口, いる夜店, いる女車掌, いる始末, いる子供, いる怪しい, いる新吉, いる月丸, いる歴史, いる男, いる群集, いる自分, いる警戒, いる風, いる黒部川, うろうろする, おぢ, おどしました, おもわず逃げ, おりましたが, おります姿, おるか, お初キラリ, お歌を, かけよって, かぶりついたの, がやがやあと, きつと, くる, くれたので, くれますから, くれると, この下村, こぼした場所, ころがり伏した, さっと身, しまい一人前, しまったの, しまふこと, じっとし, すぐにはいつていかうとするから, すつと, そこへ, そして跣足, そのあと, そのほ, その三宝ごと, その士, その小さな手, その方, その窓, その膝許, その鉄, そぼろ助広を, それからバタバタ, それに, たあッ, たちすくんで, ちらっと小太郎, つぎに, とうとう十一文, とびさ, とびつこうと, とび起きた, どこかの, どたどた, どんなに悲し, なかなか家, にわかにフトン, のけぞるよう, はげしく手, ぱっと土, ひとかたまりに, ひとりの, びツくりした, ふとったおじいさん, ほとんど地, またと, また義雄, また逃げ出した, みたい, みたの, みましょうか, みんなばたばた, むしゃぶりついた, もらはうかしら, やったらどう, やまなかった, やらう, やるつもり, やる気だった, よろめきながら, わたしの, われ先に, ゐたもう, ゐるだけ, ゐるので, ゐるらしいが, ゐるらしかつ, ゐる女達, ゐる恐し, ゐる自分, アレースの, カテリーナが, ガイドたちと, キョロキョロする, グラグラと, グルグル部屋, ズボンの, テーブルの, ドリュオプス打てる, ハッと, パチ, ヒラリと, ベットリと, ホテルの, ポンチ絵の, ローラの, 一そう早く, 一勢に, 一層激しく, 一散に, 一歩前に, 一跳び, 一飛びに, 万太郎は, 三人の, 三枚橋を, 下の, 不意に, 両手で, 主の, 主税の, 乱れ逃げる黒い, 二つ三つ自分の, 二三度部屋の, 二人に, 云ふ, 五六歩飛び, 人々を, 人前も, 仆れ, 今年こそ, 仕込みの, 仰向けに, 伊織の, 伏見の, 佐吉は, 体を, 何の, 俯向いた, 倒れころがりました, 倒れたま, 健ちやんが, 僕と, 僕は, 先を, 先頭に, 兩手を, 公然闘う, 六歳の, 其の咽喉, 内心の, 再び手早く, 再び起ちかけた, 刀へ, 切りに, 初めの, 前方を, 割り込んで, 勢いよく防空ごう, 北風と, 千浪が, 半分起上りかけた, 半身を, 卓子を, 危なく失神, 去るという, 反り返った, 口ぎたなく罵った, 台所から, 右手で, 合掌した, 同じく外, 君枝が, 吾, 咄嗟に, 喧嘩の, 四五歩飛び, 固めた兩手, 土間を, 地を, 地面に, 坐り込んで, 堅く堅く決心, 壇上めがけ, 多少呂律, 夢中な, 大力を, 大尉は, 大急ぎで, 天に, 天童の, 失望の, 女は, 女房は, 妖女は, 姫は, 娘が, 子供に, 学業を, 安東は, 客の, 家々の, 寂滅し, 小一郎は, 小初, 小林君の, 小舟を, 小遣銭かせぎ, 尻退りする, 居られました, 居り或, 居る曰く, 屋根瓦の, 山岸中尉に, 岩手山の, 巌間から, 工場から, 帆村は, 席に, 帽子を, 床の, 座敷へ, 廊下へ, 引きあげて, 引っぱった, 引戻した, 弥生は, 強く胸, 彼らに, 彼女が, 待ちうけ, 後は, 後方の, 得物を, 心臓を, 応えるもの, 思い思いに, 思わず梯子, 思慮を, 怪漢は, 悄然として, 悶絶する, 慌て, 懐剣を, 我れ知らず, 手あたり次第に, 手に, 手古奈に, 打倒れた, 打騒ぐ, 投げられた, 抜き身, 抱きとめようと, 押しつ押されつ非常, 拳固を, 指さす方, 指差した, 挙手の, 振りむいた, 振り返った, 振向いた, 控訴した, 撒き終った時, 救けを, 敷布を, 斬り込んで, 新しい道づれ, 新聞を, 旦那さ知らせに, 早く網, 時の, 暫時我を, 曰くに, 曰く無念なり, 更に気, 有り合う椅子, 木沢氏を, 本陣の, 村長に, 来て, 来るすると, 松尾も, 柱に, 根本の, 棍棒もっ, 椅子と共に, 槍の, 横を, 欄干へ, 次に投げた, 歓迎する, 正義を, 歩いだがら, 歯が, 歯噛みを, 死者の, 気を, 氣絶せん, 汲桶を, 泣き出しました, 泥棒の, 流し目に, 涙に, 深雪は, 湯から, 滝本の, 演説を, 無惨に, 焼け死んだ, 照彦様は, 爆発せしめた, 爺さん牛の, 片足で, 物見の, 狂わんばかりに, 独力奮闘を, 猟犬を, 玄機は, 生人の, 田舍へ, 男の子が, 病気に, 白い歯, 皆を, 盛んに, 目が, 直様その, 真蒼, 着物を, 矢庭に, 礫に, 社内に, 私達は, 突いて, 突然とび起き, 突起た, 窓へ, 立ちあがったと, 立ちかかれ, 立ち上がる, 立ち上った時, 立ち上りました, 立ち去るすると, 立ち止まった時, 立った襖, 立とうと, 立上り口ぎたなく, 立止まった, 竜之, 笑いたて, 笑つた, 籠を, 紙ぎれをぶつけあって見, 素子は, 素早く電燈, 組みついた, 総立ちに, 縮むを, 群集の, 義雄はかの, 耳目を, 股倉を, 背を, 腕まくりを, 自分には, 自然で, 船橋から, 花田の, 若旦那は, 荒涼とした, 血煙り, 行く人, 街路の, 衝いて, 表まで, 裏町を, 襷を, 見たかつた, 見たすると, 見ました, 見渡すと, 言いました, 言下に, 誇らんと, 警報する, 貝谷の, 走って, 走りかかる, 走り出ると共に, 走ろうと, 起きあがると, 起き上がり弦, 起ち上って, 跣足で, 路傍の, 跳ね起き, 踊り子を, 踏み止まった, 蹣跚, 躍り上がったところが, 身悶えし, 身悶を, 輾転した, 追いかけようと, 追い去らんと, 追おうと, 追ひかけ, 追駆る, 送る人達, 逃げたくなりますが, 逃げる, 逃げ出さうと, 逃げ出すかも, 逃げ出そうと, 逃げ残る二羽, 逃げ込んだ, 這入って, 通るもの, 造船所を, 遊びくらせし, 道夫は, 遠山の, 部屋から, 部屋を, 金兵衛の, 鉤型に, 銅貨の, 鍬を, 長老の, 門を, 闇の, 降参し, 隣室と, 霰を, 鞘走る刀, 頭の, 顏を, 颯と重, 飛びあがった早引, 飛びそのまま, 飛びつきたかろう, 飛び上, 飛び付いた, 飛び出したの, 飛び起きた, 飛べば, 飛上る, 食卓から, 饂飩屋は, 馬に, 馳け, 駆けだしたが, 駈けまわりたい, 駈け寄つた, 駈け込んで, 騒いで, 高谷君の, 黒い箱

▼ 叫んだり~ (111, 4.3%)

18 して 13 した 5 しながら, 笑ったり 2 する, するだろう, する声, 喚いたり, 或る, 走ったり

1 [58件] こんなに好い, したが, したと, しても, してる間, しといて, しないから, すること, すると, するところ, するの, するので, するばかり, するもん, する労働者, する所, する時, またにいさん, また兄さん, もがいたり, わあと, 一人の, 不平を, 主張し, 互に小突きあっ, 口の, 同じこと, 呻いたり, 喚いたりさえ, 声を, 夫婦の, 小さな紙片, 怒鳴ったり, 或いは笑顔, 手と, 手を, 拍手を, 檻を, 歌つ, 歌を, 泣いたり, 泣き喚い, 浪花節を, 男の子が, 眼を, 石を, 空を, 笑つ, 罵ったり, 聞きとれぬ位, 自分が, 舌を, 転げたり, 障子が, 集団行動に, 顔じゅうを, 馳けずりまわり, 騒いだり

▼ 叫んでも~ (51, 2.0%)

2 いた, わめいても, 無駄な, 青年の

1 [43件] いいだろう, いいと, さしつかえないまでに, そこに, それは, だれも, ひとりとして, まだなおりませんでした, みんな気違いで, めったに, もう津村, もう聞こえやしない, もがいても, よさそう, 人は, 今まで, 仕様が, 何の, 助かりっこ, 原動力とは, 反応が, 口の, 叫びきれないほど, 叫び足りなかつたやう, 周子の, 当時誰あっ, 彼女達の, 後からの, 戦友すら, 敵の, 決して歌意, 波の, 熊としての, 父は, 甲斐が, 私らの, 聴え, 誰一人出, 返事しなかった, 返事は, 追付かないそして, 邸内からは, 駈けめぐっても

▼ 叫んでは~ (16, 0.6%)

2 だか, ならない, ならないん 1 いって, それが, それに, ならないの, みたものの, ゐるが, 呼子笛を, 投げどなっては, 自分の, 起ちつまた

▼ 叫んでから~ (6, 0.2%)

1 おかしな顔, おそらく気, ヒメを, 叔母さんは, 後である, 著者は

▼1*

叫んじゃうの, 叫んでからをかしな, 叫んでさえいれば, 叫んでとこしへに