青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「場合~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~堅く 堅く~ 堕落~ 堤~ 報~ ~報告 報告~ ~場 場~ ~場合
場合~
~場所 場所~ ~場面 場面~ ~塀 塀~ ~塊 塊~ ~塔 塔~

「場合~」 26154, 283ppm, 343位

▼ 場合~ (4083, 15.6%)

127 於て 105 於ては 83 於ても 66 なると 42 限って 29 しても 26 よると 24 よれば 23 依っては 20 あっては, それを, なって, 応じて 18 それが, 於いて 17 於いては 14 これを, 就いて 12 限られて 11 よりては, 依つて, 相当する, 私が, 自分の 10 あつて, 限る 9 彼は, 私は, 非常に 8 彼が, 必要な, 於いても, 較べて 7 よっちゃ, 之を, 彼の, 於てのみ, 用いられて, 臨んで, 自分は 6 なっても, なれば, われわれは, 他ならない, 備えて, 外ならない, 於ての, 比して, 限るの

5 [11件] あっても, いつでも, して, そこに, その人, 人は, 他ならぬ, 似て, 就て, 於てすら, 私の

4 [21件] いかにし, その中, それに, それは, なった, なつて, のぞんで, 一つの, 他ならなかった, 他の, 何か, 何を, 備へて, 吾, 就いては, 就いても, 斯んな, 於けるが, 母が, 臨んでも, 遭遇する

3 [39件] ありては, あるの, くらべて, これに, これは, さう, しましても, そうである, そなえて, それらの, そんなこと, なっては, よっちゃあ, われわれの, 人の, 依って, 依ると, 僕が, 処しても, 右の, 外ならぬ, 始めて, 彼女は, 我々の, 於けるよりも, 比べて, 用いられること, 私を, 立ちいたって, 立つて, 臨むと, 臨んでは, 至って, 起るもの, 身を, 迫って, 過ぎない, 適用し, 限るので

2 [187件] あかしされる, あった, あって, あてはまって, あてはめて, あてはめると, あなたの, あらゆる若者, ありがち, いくぶん, いたり, おけるが, おけると, きまつて, くらべると, このよう, この事実, この意味, この種, これらの, しろ要するに, すべての, そこへ, その, その一つ, その事実, その作家, その俳優, その判断, その原因, その国, その責任, それから, た, つい空呆け, つきて, である, なったと, なつた, なんの, のみ用, はかなき女心, ぶつかって, またそれ, また他, もさう云, よく利用, よりけりで, よりけりです, わたしたちは, 一番大切な, 一種の, 不意に, 二人の, 人と, 人を, 今まで, 他人が, 他人に, 何かの, 何よりも, 何度も, 何等の, 作者の, 使うこと, 使って, 依りては, 充分な, 処するには, 出会うと, 出会ふ, 別の, 前述の, 劣らず想像以上, 労働の, 唯だ, 在り, 多い, 多き事情, 多くの, 夢の, 夫を, 女が, 女兵隊が, 女房を, 就いてだけ, 属すること, 帽は, 当って, 当つて, 当てはめて, 当り申候, 彼女の, 彼等の, 心から信一郎, 必ず起る, 必要と, 応用し, 意味の, 感ずる一種, 成功した, 或る, 提灯の, 政治的な, 教師は, 文字の, 於いてのみ, 於いてをや, 於ける, 於けると, 於てさ, 於てさえ, 於てとは, 普通の, 最も必要, 最も痛切, 最も自分, 来るの, 根掘り, 此の, 武家の, 死ぬの, 比べては, 比べると, 比較し, 決定力を, 注意すべき, 為し得る唯一, 燈火の, 猿が, 現はれる, 生ずる, 生ずること, 生活の, 用いて, 用いられるよう, 用いられる粉雪, 用いる言葉, 用うる, 由ると, 由れば, 発生する, 神の, 禁物である, 私に, 突如コップ, 立ち到って, 立ち至って, 立到っ, 米友の, 精神気力の, 置かれて, 自分が, 自分で, 自然の, 至りましたの, 至れり, 舜は, 茶入を, 處する, 行うべきこと, 行はる, 見られるよう, 見当違いの, 該当する, 語つた, 誰か, 誰でも, 身に, 過ぎないであろう, 遭遇し, 遭遇した, 避くべきである, 附帯し, 限ったこと, 限っては, 限つた, 限つてこの, 限らず小説全体, 限られる, 限られるであろう, 限りて, 限るよう, 際会した, 非ずや, 頭の, 骨董に

1 [2518件 抜粋] ああいふ, あたるの, あつたり, あてはめたら自分たち, あなたも, あの小間使, あまり遊び, あらゆる方面, ある, あるよう, あれは, あんたも, いうよう, いかなる敵, いくらそこ, いたこと, いっそう強く, いつもそうするごとく, いつも兵具, いつも肌, いること, いわれ得ること, うまい間違い, おいてと, おとしては, お使いなさい, お客を, お芳, かかる分解法, かぎって, かぎらず画家, かぎりそう, かくの, かまわずいつも, きっと笑いたくなる, ぐずぐずし, こういうマチガイ, こういう期待, こうした人, こっちから, このこと, この二人, この嚏, この室, この書物, この現象, この自然的衝動, この金額, これだけで, これより, こんなちょっとした事, こんな状態, さ, さずけられるよう, したかった, しばしば御, しやう, しろてんで, しろ私, すぎぬ, すぐ昇降機, すなわち県知事, するよう, せまりました, せよ飼主, そういうひねこびた, そうなる, そのイデオロギー, その作者, その切図, その各々, その場所, その弟子, その格式, その火, その癌細胞自身, その結果, その表現, その誤り, それだけとしては, それらが, そんな時, たがいに, たちいたりました, たとへ, ちがいありません, ちょっとちょろまかし, つかわれるふざけるという, つまり合理的理想主義, でくわすと, とる普通, どういふ, どうしても附, どうして皆, どうやら少しはにかみ過ぎ, どこか, どこまで, どれだけ, どんな方法, なかなかそんな, なったとき, なったら其, なにほど, ならん, なるの, なんとなく真面目, のぞんだこと, のろま清次の, はじめてわれわれ, はた, はわれながらの, ひどく気色, ふさわしい台詞, ふさわしい鄭重, ぶっつかって, ぶつかると, ほとんど寝食, またはこれ, まったくあてはまらなくなる, みんなが, もうその, もしくは彼等, もし市民自身, もし甲野さん, もし血族, やつぱり演技のは, やはり川, ややもすれば忘, よい妻, よくお, よくわかる, よく口, よく現れ, よく解る, よったら助言, よったら直ちに, よりけりだ, わが変化, われわれ市民は, キット御, コンナ調子で, トップを, フガやはり, ホントに, 一々の, 一働きしない, 一度ならず, 一月の, 一番重要な, 一般的商業によって, 万一この, 不可能かも, 不意討を, 世間では, 中橋を, 主婚者, 乙女は, 事実上何が, 二つあっ, 二人が, 二種類あっ, 五箇の, 人が, 人道主義的正義派的な, 今後は, 他に, 付駕籠にて, 仮に設ける, 休活の, 似た一種, 似通ったところ, 何だつて縁, 何とか言われ, 何事かを, 何故に, 何物に, 作る器, 併せて, 使う言葉, 使つて居る, 使われて, 使用された, 依ったら二三日, 依る事, 保健衛生といふ, 俳句の, 倣らつて藥り, 傍から, 備えるよう, 僅少な, 僕を, 優れた科学者, 先づ切りに, 先駆けし, 全体の, 公正でなけれ, 六七百年も, 其の妻, 其性質が, 准那を, 処するかと, 処せしめば, 出会うたて, 出会ふこ, 出来るだけ, 出遇うと, 分析出来る, 初めて例, 初めて研究, 利益が, 前もって入念, 加十を, 勇だ, 區, 単に外観的, 卜筮に, 原作を, 友情を, 取り出しやすい, 受けた感動, 召捕ったとて, 合は, 同一でなけれ, 同情を, 名分など, 向こうで, 吸殻で, 命がけ以上である, 啄木は, 啓示の, 喫茶飲酒食事の, 困って, 土地が, 地獄で, 堆積の, 変革を, 外形だけは, 多く用ゐられ, 夢と, 大きな需要, 大原が, 大家族, 大楼の, 天然自然に, 奮い立つ心, 好んで, 如何なる結果, 妻の, 娘の, 子供が, 存する条件, 安が停めよう, 官等の, 実測し, 実際活動, 家を, 實驗した, 対世間的な, 尋常な, 小説だ, 就ても, 属して, 屡々引合い, 左大将が, 市民の, 常に起る, 平生心懸, 底邊を, 引きかえて, 当てて, 当てはめると, 当て嵌めると, 当るの, 当惑する, 当然各, 役に立つ, 役立たないこと, 彼らは, 彼等に, 従業員側の, 御座候, 心の, 必ずしも国民, 必ず然か, 必然的に, 忘れて, 応じ吾人, 応用され, 思い出すと, 恋しい心, 恥ずかしい結果, 悠々ご, 想像力が, 意味ばかりを, 愚な, 慌てて, 應用し, 成就し, 我等は, 戰慄せず, 扇を, 打ち明けて, 折々見られる, 抽出の, 持ち来される, 捕り手, 探偵たる, 損を, 支那人は, 政府は, 敵は, 料紙を, 新劇といふ, 於けるごとく, 於ける作行, 於ける如き備後, 於ける彫刻, 於ける深淵, 於ける私事, 於ける表現, 於てこそ, 日本の, 旧例の, 星雲体を, 時々照ちやん, 普通常識で, 書くこと, 最もよく発揮, 最も真, 最後に, 有害なれ, 木の芽が, 本当に自分, 来た, 来ること, 東洋の, 果して, 検察の, 極めて普通, 權臣が, 欺くという, 正しき選択, 正直を, 武力や, 死んだふり, 殊に其中, 殊の, 比しそれぞれ水温, 気高いお, 江戸へ, 決して相手, 没収され, 法月弦之, 注意しなけれ, 流通界に, 深く観照, 源氏は, 演出家とか, 激論など, 無智, 照合する, 父母に, 物理学における, 特に剴切, 特別に, 狂女を, 現われた事実, 理を, 生きた人間, 生ずべき増加以上, 生理的にも, 用いたとい, 用いられどんな, 用いられるかは, 用いられる操作, 用いるもの, 用い精神的, 田川も, 甲といふ, 男が, 異る, 當時の, 痛い所, 発生した, 皆が, 盲目的にでも, 直面する, 相當, 真実価格なる, 瞥見する, 示されたと, 礼装し, 私なんかは, 科学的に, 稀薄な, 突然めぐ, 窮するという, 立ち到った, 立ち到るとき, 立ち至ったならどう, 立ち至らしめたです, 立った, 立つただろうか, 立會つて何の, 章一の, 等速運動に, 簇生的な, 精神の, 終始一行, 結婚は, 絵かきに, 織って, 美術的に, 翻訳による, 考えられて, 耳の, 肚の, 能力を, 臨めば, 自伝とか, 自分としては, 自分を, 自我主義者で, 自由が, 至りしは, 至るべし, 舞台の, 若い人等, 英雄が, 落度が, 處せしめ, 行動の, 袖の, 見えるに, 見たの, 見られるもの, 見立てたならこれ, 親類友達の, 言つてゐる, 言語を, 証明できる, 詩文を, 認められことに, 語法の, 読者と, 誰より, 諸君は, 譴責を, 貸し方と, 賛成出来ない, 起つて, 起るせり上げ, 起る可能性, 起る錯覚, 身の上調べは, 転じよう, 迅速に, 迫つてさ, 述べる口振り, 通ずる總稱, 逢って, 進級させない, 過ぎなかった, 道徳論を, 適せず, 適当だろう, 適用される, 遭遇されたら, 遺族として, 郊外の, 酒の, 金さへ, 銃を, 間に, 閣下は, 限ってか, 限つて不快を, 限つて安, 限つて真実の, 限つて革命や, 限らず一寸, 限らず山本有三氏, 限らず揚げ見は, 限らず関西, 限らない小倉, 限られないの, 限りむしろ, 限り西南戦役以来, 限るという, 限定され, 陥るかも, 陸軍大佐男爵ポンメルシーと, 雇われるエキストラ, 雲助は, 非科学的, 顔の, 食通は, 馴れた父, 驚くほどの, 麦畑の

▼ 場合には~ (3407, 13.0%)

45 それが 32 それは 22 私は 21 自分の 15 そこに, それを, 非常に 14 いつでも, 彼は 12 これを, 他の, 彼の 11 これらの, 彼らは 8 彼が 7 それに, 一般に, 吾 6 どうする, 人の, 人間の, 自分が 5 これは, その人, 多くは, 子供は, 少くとも, 彼女は, 自分は

4 [14件] いずれも, このよう, これが, すぐに, それとは, どうしたら, 二つの, 二人の, 前の, 労働の, 普通の, 次の, 相手の, 立派に

3 [30件] あなたの, いろいろな, これと, さう, その必要, その時, それよりも, わたしの, 之に, 事がらが, 人を, 今まで, 仕方が, 他人の, 何か, 何よりも, 問題は, 多少の, 彼らが, 後の, 後者が, 我々の, 明らかに, 此の, 現在の, 直ぐに, 社会の, 私の, 自分を, 誰も

2 [164件] いは, お互に, ことさら信仰, このこと, この人, この作家, これも, すべての, そういうもの, そこの, そのこと, その作家, その国, その土地, その場, その変動, その苦しみ, そんな事, たいていは, ただ一つ, だれにも, とんでもない, どうかと, どうした, どの人も, どんなこと, なおさらである, なるべく足音, なんでも, なんの, ほとんどその, よくそれ, よく自分, より多く, われらは, 一つの, 一本の, 一種の, 三つの, 不意に, 両方の, 之を, 交換者, 人口の, 人口は, 今いった, 他方の, 会の, 何かの, 何にも, 何らかの形, 何を, 何人にも, 余程強み, 作品の, 俗に, 僕が, 僕は, 兄と, 全身の, 六〇フランの, 出来るだけ, 力も, 労働階級の, 労賃の, 口を, 右の, 各一結婚, 同情の, 君と, 君は, 唯一の, 商品勘定の, 問題に, 單に, 四季の, 固より, 固体の, 国家の, 多くの, 大切な, 天使の, 夫が, 女は, 実際の, 少しでも, 屋外へ, 屹度自分の, 常に増加, 年々の, 幽霊と, 強いて, 彼らの, 往々, 往々に, 徐ろに, 必ずその, 必ず全身, 必ず平和, 意味を, 我々が, 我々は, 戦争の, 手先が, 抜路が, 政府が, 敢て, 日に, 明かに, 春風が, 最も典型的, 机の, 果ては食物, 極度に, 止むを, 死刑に, 殊に仕事, 水は, 水を, 決してその, 物理学の, 特に, 特にそうである, 狐が, 猶ほ, 白の, 目も, 相当に, 相手を, 眼を, 私たちは, 私に, 私も, 種々の, 筆を, 簡単な, 紀尾井町の, 結果は, 絞める力, 翻訳が, 聖徒の, 臆病を以て, 自分で, 自己の, 自覚され, 観客は, 誠太郎か, 誰か, 誰しも, 資本が, 農業から, 逆に, 造作を, 遂に自分, 道徳を, 避け難き, 限らぬ, 難しいの, 雨の, 雪が, 需要の, 需要函数は, 頗る窮屈, 餘程強みに

1 [2594件 抜粋] あえて問題, あたかも長い, あながち上古, あまり現われない, あらかじめそれ, あるの, あんなに軋んだ, いかなる命令, いくらか, いささかの, いっそうわかり, いつもかう, いつも判, いつも女, いつも決っ, いつも自然, いつも鴻池, いもに, いよいよ返事, うまい口実, おおかた文学, おそらく真実, おのれの, お寺の, お迎, かえって気安い, かならず他派, かなり重要, きっと犯人, きわめて慎重, こうした形, こちらから, ことにそうである, この一般的, この偉大, この型, この意志, この旅客機, この法律, この男, この線路, この苦痛, この資本, これだけ, これほどの, これ以上に, ごく新式, さらにこれ, しばしばギャラップ, すかしあやなしたぶらかして, すぐ信号, すでに何, すべてこれを, ずいぶん臭気, そういうこと, そうしてやる, そうらしく, そこまで, そのひらめき, その与えられた, その二つ, その作者, その冷めた, その厭, その地, その天子, その子供, その小屋, その庭, その心配, その意義, その敵, その欠陥, その熱, その犯罪者, その相手, その組合っ, その色彩, その被害者, その論文, その遠い, その驚くべき, それでは困る, それの, それほど問題, それらの, それ自身欠点では, そんな社会上, たいていペトローヴィッチ, たたき起すべき旅籠屋, たちまち百雷, たとい兄弟, たとえ手足, たまらない魅惑, だれでも, ちゃんと書きとめ, つきない, とうてい見当, とにかく生産技術, とりあえずこの, どうしてもこれ, どうしても鷹見泉石, どうなる, どうもその, どこにでも, どっちが, どれ程の, どんな危険, なおさら同じ, なかんずく甚だしい, なるべく早く, なんと言っ, はなはだしく重かった, ひとたび均衡, ふだんとは, ほとんど七倍, ほんの少し, まして美しく, まず深呼吸, またどんな, まだ不充分, まづ京都, まるで麻痺, むしろそれ, むしろ条理, むろん私, もう一つ面倒, もし催促, もちろん作品, もっとも有効, もはや偶然, やはりつづけ, やはり蓋然, やむを得んけれども, よく, よく個性的特長, よく酒, より小量, よろしく万事, わずかの, わたしも, アメリカ通とか, インボデン少佐の, カナダライの, サイズの, スキー家たちが, チユウヤの, ナニ偶然算盤の, パツュークが, マチガイは, ラニョン君明日中の, 一に, 一人一日五ポンド, 一同の, 一層必要, 一度目指された頂き, 一方に, 一時どう, 一結婚当りの, 一見他, 三二年テーゼを, 三年以下の, 下からは, 不十分な, 不正は, 世界地図を, 世間の, 中の, 主人の, 之に対して, 九・四四名の, 予めどう言う, 事は, 事柄は, 二三人で, 云々四である, 五十恰好の, 些細の, 享保頃までも, 人一倍お, 人手の, 人間的主, 今までも, 今日の, 他事を, 仮令文殊, 会計部の, 何う, 何らの, 何時か, 何等か, 作品を, 作者の, 例へば文明, 価格の, 係りの, 個々一二の, 借金さえ, 偽りを, 僕も, 充分注意, 先方に, 光帯が, 党は, 全く母親, 全力を, 全然賞品目あて, 公娼における, 公衆は, 共通貯蔵から, 其に, 其事を, 其風習は, 内部の, 凡庸な, 出会ったこと, 刑部が, 別に, 利潤と, 到底見当, 前日に, 前項の, 副詞が, 功罪が, 労働と, 動きの, 勢い政治学, 勿論拍子, 十一貫目以上を, 十日も, 単なる伝承者, 単に個人的, 印象の, 卵の, 原稿は, 双眼視的効果だけは, 反響によって, 古い女らしさ, 可なり, 司教は, 同じく奮激緊張, 同じライター, 同情すべき, 名前を, 吾人は, 呼息時に, 咬みつこうか, 唐律でも, 商業的富の, 善行を, 器械の, 四箇の, 国家存立の, 国王は, 土人形六個を, 土牛氏以上に, 地代の, 地租は, 報告を, 外に, 外部より, 多分そうであろう, 多少疑わしい, 夢想だ, 大きな結晶, 大変必要な, 大局に, 大抵同じ, 天下は, 失敗した, 好い癖, 妄想者であり, 始めっ, 嫁の, 存外何, 学者自身は, 宗教が, 実測加速度から, 実際資本, 宴を, 家畜は, 寒風雨雪の, 対称の, 小さいもの, 小説が, 少し極端, 少人, 尻を, 山人が, 屹度そんな, 巧みに, 市場の, 常にその, 常に美, 平原から, 年を, 幾らかの, 広い意味, 弁護士の, 弱い者, 当然である, 役所として, 彼を, 往々浮世絵師, 後説の, 從前同, 心に, 心理学者にも, 必ずしもさう, 必ずそこ, 必ず其等, 必ず後援, 必ず特別, 必ず馭者, 必要でも, 忍んで, 怖ろ, 急に, 恐るべく立派, 患者の, 悲劇的と, 想像され, 感傷を, 懷疑は, 我々普通の, 我等は, 戦争論を, 手を, 批判その, 技術は, 拙者も, 掃寄せ米か, 描写の, 攪拌する, 改めて別, 政治的支配者自身の, 教区の, 散文の, 敵討を, 文字には, 断乎として, 方則の, 日本の, 日本産業の, 昔の, 時にあるいは, 時間空間に, 暫時同伴者と, 更に困難, 最近さう, 朋友らが, 朝方から, 本人の, 本貫, 柳の, 案外こんな, 棲む場所, 極めて有益, 権利侵害は, 機関車の, 正反対に, 此を, 武家も, 死刑を, 殆ど理由に, 殊に許し, 母が, 比較的容易い, 民族と, 気味の, 水音と, 江戸の, 決して起る, 油を, 法律という, 注射それ自身の, 海陸風だけが, 渾然として, 滑稽の, 火を, 無用である, 無限に, 父親が, 物理学的困難にまで, 特にか, 特に創作心理, 特に重要, 犯罪の, 猪飼が, 玄人筋は, 現今の, 瓦葺き或, 甚だ多く, 生の, 生命硬化と, 生産物は, 用は, 甲の, 男といふ, 男社員も, 畏れを, 當然主, 病身である, 白を, 皆革新家である, 監督の, 目標からの, 直ちに直観, 直線にも, 相当の, 看過する, 真の, 矢張り一般の, 知らせ合うこと, 砂で, 確かに, 社会主義的精神の, 神である, 私だつ, 私について, 科学から, 稀には, 穂を, 突然現在, 競争は, 第一番, 筆の, 箇々の, 米友は, 精神的拷問は, 紙面の, 終ひ, 経済静態を, 結果を, 綺麗に, 縞が, 羅刹神, 老婆は, 聴衆の, 胎児を, 脳髄の, 臣下の, 自ら悪人を, 自他共に, 自害する, 自衛行動をも, 色々の, 芸者も, 苦しい事, 荒れ出した農夫たち, 著作者自身には, 藝名と, 血管の, 表現を, 襟を, 見事な, 観衆は, 言語に, 記録簿の, 評価の, 話を, 認識を, 誰かわ, 誰一人知らない, 論証の, 警察の, 貧民の, 資本の, 赤い布, 起承, 身の, 軽挙を, 近ごろの, 逃げ道は, 通例は, 遅かれ早かれ或, 過去に, 適切でない, 適当な, 部屋から, 醜い細君, 金属それ自身の, 銭湯とか, 鐘を, 長くつづく, 開墾によって, 間違では, 限らない総じて, 陰気な, 随分熱狂, 零度以下に, 青氷と, 面白くも, 頸部に, 風景畫の, 食物不足は, 馬車満員という, 驚愕と共に, 高い長いアンテナ, 鶴見氏の

▼ 場合~ (2388, 9.1%)

23 それが 18 ない 11 そうで, 別として 9 それに 8 どうか, どうだ, 他の 6 ないの, 之を, 前の, 非常に 5 これと, これを, そうは, それを, どうなる, 一つの, 一般に, 少ない, 自分の

4 [11件] これは, そこに, それで, ほとんどない, 今の, 別だ, 唯ぼんやり, 彼の, 明かに, 明らかに, 極く

3 [26件] あるに, これに, そうじゃ, それとは, そんなこと, た, どうする, ないから, ないであろう, もちろんの, 之と, 二商品の, 何か, 俗に, 別で, 彼は, 時代の, 柱の, 極めて稀, 次の, 決してない, 消極にても, 稀である, 自分は, 違う, 騒ぐと

2 [124件] あつた, ありません, ある, あるかも, いいが, いくらも, いざ知らず, いつでも, おそらくその, こうであった, こちらが, これで, さう, さうし, しばらくおい, すべてが, そうでした, そうでなかった, その, その人, その場, その生活, それは, それはかへ, それも, ただの, ちがいます, ちがうん, とにかくとして, どうだろう, どうで, どうでしょう, どうと, どうな, どうなります, なくまた, はじめから, はなはだ多い, まだいい, まだ独身, まつぴらなんだ, まるで違う, むしろ外国語, よくある, イデオロギー論の, チョウイチと, 一刻も, 一致しない, 一般には, 二人の, 京都を, 会話が, 何と, 何の, 何時でも, 作者が, 例外と, 俳優の, 党派的執着は, 全く止む, 冷然たる, 初めから, 別である, 別と, 別に, 前に, 努めて, 合流点から, 合流点の, 吾, 問題が, 問題は, 多い, 多いの, 多くは, 大切な, 大抵その, 大阪の, 女の, 妻が, 客が, 少い, 少くない, 少し違います, 少し違う, 尻尾を, 幾らあせっ, 当方へ, 彼を, 後に, 後の, 後者に, 心も, 日本の, 時々は, 末端に, 根本的に, 極めて少ない, 死刑だ, 殆ん, 決してそうで, 決してそれ, 決して少なく, 渦が, 物質的のみ, 男なら, 私が, 私は, 立派に, 第一, 自分が, 自然に, 行先を, 被害者が, 裁判を, 角柱が, 計算する, 認識の, 諷刺の, 軟質の, 違ふ, 金が, 金の, 騷ぐといけません

1 [1853件 抜粋] 〇・一一に, あくせん, あたかもそれ, あながちそういう, あまりに日數, あまり無い, あらゆる意味, あります非常, あるいはその, あるが, ある程度まで, いうに, いくつかの, いささか疑問, いっしょに, いっそう見逃し, いつもこの, いつも外部, いづもと, いろいろの, うたってない, えち, おそらく解脱, およそどれ, お母さんに, かならずしも多く, かなりの, かりにも, けっして中国, こうだった, ことごとく聴く, このほか, この区別, この女房, この底面積, この現象, この粉, これから当分, これに関し, ごくすらりと, さういう, さうでは, さすがに, さらにド・クインシー, しばしば, すぐ出かける, すこぶる多い, すべてその, ぜいたくでも, そういう人物, そういう魂, そうであっ, そうばかりとも, そう立入った, そのうえに, そのほとんど, そのより, その一ツ, その両面, その二人, その伝統的, その原因, その土地土地, その字音, その後者で, その方法, その極めて, その水罎, その画, その研究, その線, その諜報部長, その間接, それだけ, それではありません, それでも耳, それに加, それほどの, それ故, そんな不審, たいてい前, たしかに適切, ただオモチャ, ただ極めて, たった二針, たとへ, だね, ちが, ちゃんとそれ, ちょッと, であるから, とてもすばらしい, ともかく食卓, どういう宣伝, どうかする, どうしなけれ, どうだつ, どうです, どうも心, どう考え, どちらかが, どつちで, どんな任務, ないで, ないもの, なおさらの, なかなか浅草, なるべくいい, なんとかし, なん時でも, はなはだ少ない, ひどく上手, べつに主人公, ほとんど写真, ほんとうに, ま, まさかそんな, まして, まず致命的, また別, まだしも, まだよい, まったく, まつたく事情, まるで火事場, みなさんの, むしろ例外, むしろ自然, むろん利慾, もうどうにもこうにも, もう少し前, もちろんそうでなく, もちろん恋愛, もちろん軍隊, もっと慎重, もともと二人, もはや社会そのもの, やはり不自然, やはり同じ, やはり鎌倉署, よいとしても, よく不安定, よく見る, より多く, わずかで, アベコベだ, ア列音に, インテリゲンツィアの, エノケン文芸部の, カントの, クントや, コバルトを, シュウリと, テムポを, ハッキリ狂人, ピンセットを, ブランコの, モダニズム作家と, ルノアール的な, レストランの, 一と, 一二の, 一切出る, 一定数の, 一層よくわかる, 一応わかる, 一日も, 一目見た, 一見雑然, 七件ながら, 三個ないし, 三日とか, 上の句を, 上空に, 不便でしょう, 不意に, 世上一般の, 世間なみの, 両端の, 中央に, 主として剣, 主に, 之に, 予告する, 事実とも, 二つに, 二十メートルすなわち, 云うまでも, 交換者の, 人が, 人間が, 今から, 他でも, 他地方, 以上の, 伝七郎が, 何であろう, 何もかも子供, 何一つそういう, 何樣である, 余程の, 作為や, 例えば鉛筆, 例外で, 侘びが, 俺が, 偶然だ, 偶然的分子が, 僕との, 先づ外国人の, 先程説明しました, 免職だ, 全くその, 全く無, 全く諒解, 全然別項, 全然捉えられない, 全然衝突, 八分間ずつ, 其が, 其奴が, 内陸の, 写真に, 冬子は, 凡てこれである, 出生と, 初め英語が, 別問題, 割に, 勝つ勝たぬは, 勿論かくされよう, 勿論他, 勿論孝, 勿論現代, 化学的変化である, 十遍でも, 半焼け, 卑怯の, 単にこの, 単に課題, 即ちその, 即位式並びに, 原点が, 又八でない, 又虚空間, 反対である, 取潰し, 古川緑波と, 可能で, 同じ古典画作り, 同じ言語, 同職程度の, 味の, 哲学的普遍文字, 善意が, 四十パーセントが, 四花と, 困る, 国民と, 土居画伯同様カケた, 地球の, 城中にも, 壊すため, 夏休みを, 多いが, 多くの, 多く待遠しい, 夢中遊行発作の, 大変な, 大抵前述, 天下初春と, 天文学や, 夫婦と, 奥の, 女はもの, 如何, 如是閑君の, 妻を, 始終あった, 娘の, 嫉妬と, 子音三つであっ, 存外少ない, 学界でも, 定った, 実に多かっ, 実に迫つて相手, 実は所謂有, 実際においては, 客観が, 家族と, 家禄没取家名断絶という, 寡作な, 寧ろ潔く, 寺田さんが, 対あなたでなく, 小さく録音, 小説も, 少い方, 少しく事情複雑, 少し形, 少ないよう, 少なくない, 少年時代から, 屈服する, 屍を, 屡々一種, 左横の, 市中の, 師の, 常住或は, 平気の, 幻燈スライドでは, 幾重にもたたまっ, 弁信さんよりも, 弱々しく, 当人達は, 当然徳川, 彼一人だけの, 往々に, 後を, 後者の, 従来は, 御子息, 心理的な, 必ずしもそうで, 必ずしも特にそうである, 必ず女, 必ず死罪, 必新室の, 忘れるから, 思想の, 恐らくない, 恐るべき仕事, 患者が, 惟神だけ, 愚の, 成るべく之, 我が兵力, 或程度, 戯曲を, 扮しなく, 折角自分, 持って, 按司部, 政宗は, 数が, 整形外科手術によって, 文意の, 料理は, 断篇としては, 方法と, 日頃予想し得なかった, 旱魃か, 明治四十三年の, 昔から, 映画における, 是が, 普通であります, 普通人間では, 更に普通, 最も当てはまる, 最初野天が, 有合せの, 本人に, 本来の, 本願寺の, 東京ポストの, 栃面屋弥次郎兵衛も, 極て, 極めて多い, 極端な, 次郎の, 正に必ズシモ, 正解四名ありました, 武者坐りであった, 死を, 殆どこれ, 殊に, 殺すため, 母親が, 比較的リアリズム, 気密服や, 気温が, 水を, 決して同じ, 決して珍しから, 決定論的な, 法務官殿より, 泣きの, 流し込み活字, 浜松から, 清濁が, 滅多に, 火が, 焚きたて, 無数の, 無論あるだらう, 然るに却ってこの, 燃料の, 父は, 父親であります, 特にこれ, 特にメチエ, 特に注意, 特に考えるべき, 特別として, 犯人が, 猶更そうである, 珍しくない, 現実の, 瓦っ, 甚だ稀, 生理作用の, 用を, 画家が, 異例では, 病気な, 白紙の, 皆この, 益々そうだ, 目の, 直ぐ大森, 直観性を, 相手に, 瞑想に, 知りながら, 石全体を, 硬であっ, 社会が, 祖父母父母など, 神楽見物に, 私の, 稀な, 稀有に, 窪んだ腹, 竿を, 第三者たる, 箸で, 米や, 素朴的乃至, 結婚しない, 結婚率は, 結構です, 絵を, 美しさ, 羽織の, 考えられないかも, 肉体的にも, 能く, 自ら限られたる, 自分等に, 自然現象の, 自由そのものの, 舞台の, 艫から, 苔むす如く, 華頂氏に, 著者自身が, 藪蛇に, 行こうという, 被害地域の, 複雑です, 西洋人の, 見得, 親の, 角落の, 言わば町, 言葉の, 記憶喪失とともに, 話は, 誰だって, 論外として, 講読乃至, 貧しい家, 貴方から, 赤い巨大, 距離に, 躊躇なく, 軍人が, 返事を, 逆序時代, 通用すまい, 運命に, 違って, 部長を, 重ねていう, 量としては, 鍋と, 長寿の, 間の, 陳列に, 随分容易, 雷神と, 音波の, 顕微鏡写真を, 飛行機が, 骨肉をも, 麻糸の, 鼻眼鏡の

▼ 場合~ (1876, 7.2%)

225 多い 204 ある 63 多いの 43 多かった 39 あるの 28 少くない 26 多いよう 24 あります 21 非常に 16 あると 15 あるが, 多かつ 14 多いから, 多いので 13 あること, あろうか, 多いが, 少なくない 12 ないとも, 場合な 11 あるかも, しばしばある 10 あっても, 場合だ, 場合だけに, 場合である 9 ないでも, はなはだ多い 8 あつた, あるから, 多いと, 多いという 7 あった, あり得る, それである, 多いこと, 多いであろう, 屡々ある 6 どれだけ, ないで, ないとは, 多いもの, 往々ある, 沢山ある, 甚だ多い

5 [13件] あつたら, ありは, あるであろう, あるに, あるので, あるもの, それだ, ない, ないの, なかった, 出て, 少くなかった, 極めて多い

4 あって, あつて, あるよう, いくらも, すくなくない, よくある, 場合です, 多いやう, 多いらしい, 決して少く

3 [24件] あったから, ありそう, あるという, あるとしても, あるん, あれば, あろう, かなりに, かなり多い, そうで, そうである, たくさんある, ちょうどそれ, 多いし, 多いだろう, 多いん, 多かったらしい, 多くそれ, 少くなかつた, 尠く, 意外に, 生じた時, 稀有でない, 起るの

2 [60件] あったであろうか, あったと, あったとしても, あったら, ありうるもの, ありと, ありましたら先生, ありませう, あり得るの, あり歴史, あるし, あるそう, あるであろうか, あるでしょう, あるでしょうか, ある筈, これである, しばしばあった, そうだった, そうです, そうな, たびたびあった, ちがう, どうも多い, なければ, もっとも多い, わが国の, 之である, 可なり, 可能の, 場合だった, 場合で, 場合とて, 多いかも, 多いため, 多い様, 多かろう, 多くある, 多くな, 多くなった, 多くなる, 多くまた, 多く私, 多さ, 夫, 存在する, 少なくは, 所謂, 昔から, 最も多い, 案外多い, 殊に然うで, 注意される, 珍しくない, 相当に, 稀でない, 考へられる, 起って, 起ること, 間々ある

1 [560件 抜粋] あげられて, あったので, あったらいずれ, あったらしく時として, あったらその, あったら直ちに, あったろうか, あっての, あっては, あつたなら, あつたらう, あなたに, あまりに多い, あらわれて, ありうる, ありうること, ありうると, ありうるに, ありうるの, ありうるわ, ありこういう, ありさうに, ありその他いくら, ありそれ, ありました, ありましたし, ありましたならば, ありましてね, ありましても, ありましょう, ありますと, ありますね, ありますので, ありまた, あり僅か, あり得ますかナ, あり得よう, あり得るかといふ, あり得ること, あり得るし, あり得る譯, あり私ども, あり陥りやすき, あるか, あるかい, あるかと, あるかを, あるぐらいの, あるこれ, あるさ, あるじや, あるそれ, あるだけ, あるだろうし, あるでは, あるとして, あるとの, あるならそれ, あるならば, あるには, あるのに, あるはず, あるばかり, あるらしい, あるらしく思われた, あるわけ, ある以上, ある昨日, ある時, ある様, あろうから, あろうけれども, あろうそれで, あろうと, あろうなどとは, あろうのに, いいから, いかにも多かっ, いかに多い, いくらでもあります, いちばんうまく, いちばん多かっ, いろいろある, いろいろに, いわゆる片, おおく結局, おこっても, おほい, かつてあったであろう, かなりある, かなりしばしばある, かなり多かっ, きたとき, きても, こういう立ち入った, ことさらに, このとおり, このよう, この性質, この歌, これからも, これで, これであっ, ございましょう, ございます, ござるか, さうざら, さうだ, さうだつ, さうで, さうである, さうであるが, さうでまた, しばしば生ずる, しばしば起る, じつにしばしばある, すくない, すこぶる多い, ずいぶんある, ずいぶん多い, ずい分ある, そうだ, そうであった, そうであった如く, そうらしい, そう早くからあった, その一つ, それぞれ散布度を, それであ, それであった, それです, それでは, それを, たいへん多い, たった一つ, たまにある, ちがいます, ちょっとその, つらいの, とうとうやって来た, とくにどうで, とりも, どうしても多い, どうだ, どの文化, どんな厳粛, ないこと, ないであろう, ないでしょう, ないのに, ないまでに, ないわけ, ない事, なお多い, なかったなら, なくは, なくまた, なくも, なつかしかった, なもし, はっきりし, はなはだ少ない, はなはだ少なから, ふえて, ほとんどない, ほぼさう, ほんとうに, ほんとにあつ, まさにそれ, また極めて, まだこの, まま多い, まれであった, まれでなかった, みとめられる, みんな当てが, むしろ多い, むしろ普通, もしある, もっとも適切, やはりそれ, よくあります, よく起っ, よほどのぶ, よろしくございません, わたくしにも, わるかった, ドンガラだ, ユーモアの, 一つそれと, 一つと, 一ばんこわい, 一二度あった, 一度だけ, 一番いい, 一番多い, 一番気易い, 一群と, 七八まで, 三つある, 三度あ, 三百三十六種従って, 不減衰波動, 世には, 世の中に, 世界の, 世界観の, 世間に, 之であった, 之に, 予想される, 事実上存在する, 事実見出される, 今だ, 今の, 今までに, 今よりも, 今後にも, 他に, 仮りに, 似て, 偶然ノトリアスに, 全くない, 全く想像, 全く違う, 六割くらいに, 其である, 別である, 到来したら, 前者に, 千変万化の, 却つて多い, 又これ, 又そう, 古典には, 可能であるであろう, 同じだ, 唯一ならざる, 唯物論であり, 問題な, 善良だ, 單に, 四つある, 四割効果を, 困難な, 場合か, 場合でありました, 場合でしょう, 場合でなけれ, 場合でも, 場合助けたい, 場合土産も, 場合左膳の, 変な, 外にも, 多いからと, 多いけれど, 多いこれ, 多いしかし, 多いそう, 多いそして, 多いだけに, 多いちぐはぐ, 多いにつれて, 多いね, 多いのに, 多い上, 多い作者, 多い少なくとも, 多い訳, 多い評論部会, 多かっただろう, 多かったらしく, 多かるべく, 多きや, 多くことに一旦, 多くこの, 多くさ, 多くしかし, 多くした, 多くその, 多くて, 多くない, 多くなっ, 多くなり, 多くむしろ, 多くよきに, 多く今日世間道徳, 多く凡て, 多く別に, 多く含まれ, 多く従って, 多く歡喜, 多く爾来, 多く現状破壊, 多く移動, 多く組み立て, 多く老職, 多く見, 多く認められる, 多く通俗小説, 多すぎる, 多数だ, 多数に, 大いにある, 大変あり, 大変に, 大方である, 大部分, 女性に, 如何に多い, 存在論的である, 存外に, 存外頻繁, 安定な, 実に多い, 実は皆, 実現しない, 実際の, 寧ろ本来, 少いよう, 少くないだろう, 少くは, 少く偶, 少ないせい, 少ないの, 少ないもの, 少なかった, 少なくありません, 少なくいつ, 少なくなく, 屡, 屡々あつ, 屡々あり, 屡々だつた, 屡々である, 屡々探求, 屡々起る, 幾らある, 幾らでも, 幾多も, 度々あるでせう, 度々な, 度重なるに, 彼の, 往々あつ, 往々あります, 往々に, 往々有った, 後で何, 心理的といふ, 必ずあるだろう, 必ずしもない, 念頭に, 思い出されて, 思い浮んで, 恰度それに, 悪いと, 想像される, 想像せられる, 惹起した, 成立します, 成立する, 所謂公式主義と, 折助の, 支那史乘に, 数えられるけれども, 敵前の, 文化否定の, 新しい時代, 新聞現象に, 明に, 昔に, 普通である, 最も大切, 最も完全, 最も悲しみ, 最も数, 最も理, 最も適当, 有ます, 有りうるじゃ, 有ります何しろ, 有り得たの, 有り得る, 有り得るん, 有る, 本当に少い, 来たら私, 来ても, 来るであろう, 来るならそれ, 来れば, 案外に, 極めて例外, 極めて少ない, 機縁だ, 死という, 殆ん, 残って, 残るばかり, 殖えますね, 毎に, 毎度あった, 毎度ある, 水上へ, 決してすくなく, 決して少なく, 決して尠, 決して私たち, 浮びました, 減じたに, 火山の, 無きにし, 無くなった, 無くは, 無限である, 物質である, 特にそうである, 特に哲学, 特に日本, 特殊な, 率が, 珍らしくなかつた, 現われて, 現行盗盗取, 甚だ多かっ, 甚だ多く, 甚だ尠い, 生じた, 生じたとして, 生じたならば, 生じたらその, 生じて, 生じても, 生じます, 生じる, 生じるでしょうね, 生ずること, 生ずるん, 生まれて, 画家の, 異る, 疑わしいと, 目立って, 相応に, 神聖自然科学者の, 私を, 科学の, 稀れ, 第一, 簡潔に, 絶対に, 考えられその, 考えられねば, 考えられるでございましょう, 考えられるん, 考えられ得る, 考へられるが, 能く, 自分の, 自然で, 著しい例, 蘆で, 行く先々, 西洋では, 見られるはず, 見付かり難, 見出されるの, 見当らなかった, 許さなかつた, 許して, 許すならば, 認識論的であり, 諧謔と, 貴くつて稀, 起こったと, 起こる, 起ったらと, 起ったらどう, 起り易い, 起る, 起るたび, 起るでしょう, 起ると, 起れば, 近ごろ頻繁に, 違う, 違つて来ます, 違ひます, 違ふ, 違ふよ, 遥かに, 適当であろう, 随分ある, 随分と, 頻出する, 風俗な, 高いの, 黄色ジャーナリズム化

▼ 場合~ (1691, 6.5%)

97 ように 51 方が 27 ことを 26 外は 25 ような 22 ために 17 やうに 14 ほかは 10 ことで 9 あること, 多いこと 8 あるの, ほうが, 彼の 7 ことである, 如くに, 用意に 6 如きは 5 ことだ, ことも, ごときは, ほかに, 様に 4 ことは, それは, やうな, 一つの, 判断は, 効果を, 印象が, 多かった, 彼は, 用心に

3 [14件] あなたの, ことであった, ための, 事を, 他は, 吾, 多いの, 常として, 目的は, 私の, 結果を, 自分の, 自然の, 長さ

2 [81件] ある事, いつもの, うちで, おも, ことが, ことであっ, ことです, ことに, ごとき, さるは, その, ほかには, ものである, ものは, ものを, やうには, ようである, ヤマトの, 一つに, 一例である, 主客の, 人間の, 人間は, 例を, 価格, 便宜の, 具体的事情に, 凍結時間を, 判断力は, 参考に, 問題では, 問題の, 夫人の, 如きが, 如きに, 如きもの, 実験の, 寒さ, 常識, 役に立って, 彼には, 彼女で, 心の, 心得, 感じを, 感覚を, 技巧は, 文化危機は, 方法は, 方程式を, 時の, 根本的な, 構成は, 歌は, 気ま, 気まずさ, 法則は, 父には, 用意として, 用意にと, 用意は, 直観は, 相違は, 神名である, 神経の, 私には, 第二, 結論である, 自己の, 覚悟は, 覚悟も, 記憶だけが, 記憶を, 語根の, 論理は, 連声は, 適例である, 避難の, 金を, 闘争は, 雇傭関係は

1 [1064件 抜粋] あくまで無作法, あらゆる古典芸術, ありふれた会話, あるとき, いずれにおいても, いま彼女は, うちに, うなぎは, うら, おつき合い, おやつ代, お体裁, お母さんの, お返事, かんしゃくは, こう云う, ことだろう, ことであろう, こととしての, ことなど, ことばに, こと又, この稚拙さ, ごときかりに, ごとくすべて, ごとく人, ごとく岩石, ごとく抽象的, ご用の, しかも陳腐, すべてが, そういう事件, そうした船員, その世界, その内容, その延長, その条件, その限り, それと, それよりも, ただ一つ, ためには, ためよく, ため克明に, ため鎮静水薬とを, との間, どちらが, どんな瞬間, なかった, なむ, はうが, は少し, ひとつであっ, ふゆは, ほか地方教育官庁は, ほか女性を, ほか用を, ほか真実に, ほととぎすは, ほんとうの, まれびとには, ものとも, ものよりも, やり方を, ようには, ようにも, わたしは, イズムに, カエサルは, キッカケは, クレも, コマ落しまたは, ジャーナリズムの, スゲでは, スリルを, ツボは, テーマとしては, ヒントという, マッチの, モデルは, ラテン語以上に, リッターの, 一つとして, 一つ一つが, 一例と, 一例は, 一年間分ぐらいも, 一番大事な, 一種では, 一般者は, 七兵衛は, 万一の, 三分の二しか, 三郎にとっては, 不安と, 不破の, 世の中といふ, 世間態が, 中で, 主人公と, 主要条項たるべき, 主観性は, 予想が, 予防手段は, 事で, 事でございましょう, 事件とも, 事実の, 事情と, 二三においては, 云わば, 五人の, 交際は, 人情苦に, 人間心理は, 人間生活の, 人類は, 仕組みに, 仙術について, 代表者としては, 伊豆守様だ, 伝へや, 何れに, 作品で, 例だ, 例であり, 例として, 例の, 例外であっ, 俺の, 偉くなり, 備えという, 僕は, 儀式のみは, 光は, 公共的, 共軛性, 内容は, 処理にも, 処置なんて, 出来るの, 分別も, 分類が, 分類は, 分類原理でなけれ, 利害得失を, 制作を, 前後の, 力が, 力の, 力学を, 動きの, 動相は, 区別であった, 医療的処置として, 卑下の, 印象も, 危険を, 即興詩である, 原爆使用についての, 厳しさ, 參考と, 古さ, 句である, 可逆的な, 各人の, 名と, 君にとっては, 命名法に, 咄嗟の, 唯一の, 問題が, 問題として, 問題には, 問題全部は, 噛み合いの, 困惑を, 固有性が, 地名は, 坐作進退の, 堤防とも, 墨色の, 外はなどと, 外其に, 多いといふ, 多い事, 多い恋愛, 多からん, 大事, 大切な, 大抵の, 太鼓を, 夫の, 失恋者が, 女としての, 女は, 好適例, 如きたかだか, 如き今, 如き惜福者, 如き若し, 如くである, 如く下手人, 如く初期微動繼續時間僅, 如く唯, 如く感覚, 如く階下, 如何なる意味, 姫の, 媒介は, 嬉しさ, 存在は, 学問は, 学問性は, 完成という, 実例について, 実在の, 実感を, 実践的は, 実験とを, 実験を, 寝床が, 対立の, 専門家の, 小山内薫を, 小鳥の, 工夫に, 左右という, 差違を, 常である, 常世は, 常識とは, 常識概念では, 平均が, 幾倍にも, 庄次郎を, 座標の, 庸三は, 引去高, 弾薬としては, 形容詞で, 形容辞として, 影響も, 役に立つ, 彼とは, 彼らの, 彼女は, 御多聞, 御用意, 徴収に, 心情を, 心持ちは, 心持など, 心掛け乃至, 心理でなく, 心理のみが, 心理的効果を, 心細さ絶望的, 思惟である, 思想なる, 性根と, 性質は, 恐怖を, 悲劇だ, 悲痛は, 惨めさ気の, 惨害を, 想像で, 意味である, 意味では, 意味らしい, 意志表示を, 感じより, 感動即ち, 感情さえ, 感情に, 感情を, 感覚は, 態度には, 慣例であろう, 憂鬱な, 我々の, 或る, 所謂政策に, 手, 手段とは, 扱いかたの, 技術という, 技術的精神が, 抵抗力と, 抽象態, 挙国一致ぶりは, 挨拶上杉家から, 推理や, 描写が, 摩擦によって, 敏子が, 教育関係者は, 数が, 文化的自由主義は, 文化統制は, 文義的解釈に対する, 斯くの, 方に, 方法である, 方法概念は, 日吉の, 旧説, 時よりも, 普遍は, 曲線と, 最も有力, 最も深刻, 最も高度, 最大の, 有るの, 朝倉先生の, 材料が, 条件などについて, 条件は, 松村の, 柳子と, 極り切った, 概念は, 様な, 様子や, 標準吃水線以上の, 樣に, 権威, 橋渡しには, 機械論的とか, 歌で, 歌舞伎の, 武将とも, 歴史も, 歴史的社会的制約は, 死神は, 殺人は, 殿様や, 民心の, 気持ちを, 水浸り, 沈黙が, 沈黙ほど, 法則即ち, 法師丸は, 注意を, 海螢の, 混同を, 準備として, 炬燵, 為には, 無智文盲, 無表情が, 爆発の, 爲に, 物質的根本動力を, 特別な, 特徴を, 特色は, 犯人であった, 犯人は, 状況なり, 独立性を, 理想的自我は, 理論内容は, 生活とは, 生活的な, 生理的現象に, 用心でございます, 用心にと, 用心棒に, 用意と, 用意を, 用語には, 甲板の, 男の, 畢極の, 癖で, 百万人は, 直観を, 相違が, 真意は, 真理典型に, 眼の, 眼心手の, 知能は, 社会心理学の, 社会的機能は, 祖母の, 福田氏の, 私としては, 私を, 科学の, 科学的要素は, 秘法で, 称号で, 種々の, 空気の, 突撃を, 立場の, 立場も, 笑い普通なら, 笹の, 米友には, 粉雪とは, 精確な, 精神主義は, 約十万倍, 紋切り型女の, 経験も, 結果として, 結論を, 統一も, 經驗を, 緩和剤として, 罰は, 群集心理の, 翁の, 習慣どおり銀子の, 習練なども, 考へ方, 考慮を, 胡麻化し, 臣と, 臨時闘牛場に, 自殺による, 自然なひろがりです, 自然弁証法は, 舞台の, 色めき立って, 芸に, 若い女, 苦痛は, 薬味に, 處置について, 行為選択の, 表現は, 複雑な, 要心と, 要心棒に, 要素は, 規定が, 視覺上, 覚悟の, 観客の, 解を, 解放運動は, 言葉に, 言葉を, 計算の, 記念として, 記憶よりも, 許す限り, 評論に, 詫は, 話しは, 話であろう, 読物として, 調査の, 論理學に, 警備だの, 譬喩は, 讃辞の, 負傷は, 資本の, 贈り物に, 起こる比率, 車の, 輝子は, 返歌を, 逃げ先などは, 通り偶然の, 通則として, 連続の, 運動であった, 過去の, 道徳は, 適当不, 還元性とは, 部分品から, 酒戦は, 重力の, 鉦の, 鏑木さんが, 鑑別も, 関係では, 院付きの, 階級的観点や, 雑魚は, 雪子と, 非常手段で, 面影が, 靴の, 頭の, 類似を, 風向風速太陽の, 驚くべき冷静さ, 高次の, 鷺の

▼ 場合~ (1218, 4.7%)

159 ある 41 あるが 29 あるの 16 あれば 15 あった 14 ないで 13 ありましょう 11 あります, あろう 9 あつた, あること, あるし, あるので 8 あらう, ありますが, そうであった, 少くない, 少なくない 7 ないとは, 多かった 6 あるであろう, あるという, あろうが, 出て, 多い 5 あったが, ありますし, あるかも, あるから, あるだろう, あるもの, あるわけ, あるん, そうだ, 少くなかった

4 [17件] あって, あり, あり得る, あるだらう, あるでしょう, あると, しばしばある, そうだった, それと, それに, 同じこと, 同様で, 同様である, 少くは, 尠く, 往々ある, 語部の

3 [22件] あったし, ありました, あり得るわけ, あるけれども, あるに, あるよう, あろうし, これに, そうである, その通り, それが, 亦存在, 同じである, 同様であった, 多いの, 少からぬ, 少なくなかった, 少なくは, 往々に, 決して少なく, 稀には, 考えて

2 [49件] あったかも, あったであろうと, あったと, あったの, あったよう, ありうる, ありうること, ありそう, ありましょうし, ありますけれども, ありませう, ありませうし, あり又, あり得ること, あり得るの, あるだろうと, あるであらう, あるでしょうが, あるです, あるべし, あるらしいが, ある他, かくの, かなりある, かなりに, かなり多い, これと, そうでしょう, その例, その天成, その描法, その短所, またその, また同様, 作業賃は, 同じだ, 同じ事, 同様だ, 同樣, 多いと, 多かったろう, 少くないだろう, 少くなく, 度々あった, 決してまれ, 生じて, 私には, 粉絵具を, 起るの

1 [507件 抜粋] あったか, あったけれど, あったこと, あったであろう, あったでしょうから, あったなら自分, あったには, あったので, あったもの, あったろう, あった筈, あつて差支, あまたあろう, あらうかと, あらば, あらん乎, ありあるいは, ありうるけれども, ありうるだらうと, ありうるであろう, ありうると, ありうるの, ありうるよう, ありかつて, ありその, ありそれ, ありなかなか, ありは, ありましたが, ありまして, あります代り, あります十二, ありませうけど, ありまた, あり一方, あり与えるもの, あり其, あり凡て, あり友人, あり同じ, あり唯, あり四五句目, あり天地創造, あり得ると, あり得るので, あり得る筈, あり感情, あり技能, あり敗戦, あり更に, あり模糊, あり然, あり甚, あり経済的, あり翻訳, あり脇役, あり雑誌, あるいはそういう, あるいは再び, あるいは彼, あるいは求心的, あるいは雨, あるけれど, あるぜ, あるそう, あるだろうから, あるだろうからね, あるだろうがと, あるだろうし, あるだろうね, あるって, あるであらうが, あるでございますが, あるでせう, あるでは, あるといふ, あるには, あるべく, あるやも, あるよ, あるらしい, あるらしく見えます, あるんでしよう, あるン, ある位, ある可, ある後で, ある悲劇, あろうかと, あろうと, あろうに, うけひの, おきみ, おこります, おそらくそうだった, おそらくローマ字, おんなじだ, お愛相, かつてなかっ, かなりありうる, きっと少なく, きつぱり言, ぐっと減じ, ことは, この偶然性, この少年, この書, この武蔵, この長崎, これらの, ございましたらそう, ございましょう, ございます, ございますの, さきの, さして珍しく, さまざまに, しこの, しその, しばしばあった, しばしばあるであろう, しばしば起こっ, し一分間, すくなくない, すくなくなく, すでに少なく, すべてこの, ずいぶんありうる, ずいぶんある, ぜひしょうが, そういった感, そうであっ, そうであり, そうであります, そうです, そこに, その, そのため, そのひとつ, そのまま捨て, そのやう, その中, その内, その原書, その反, その相手, そりゃそう, それだ, それだった, それらの, そんなに少く, そんな訳, たいていそうである, たくさんある, たしかにあり, たしかにあるでしょう, たしかにその, ただの, たびたびある, たまには, だいたいの, ちがい各人様々, ちゃんと考え, ちょうどそれ, ちッ, てっきり支倉, でたらめである, ときどき起こる, どうか, ない, ないこと, ないわけ, ない限り, なかなか少く, なきに, なくは, はなはだ多い, ひめ糊, ふえて, ほぼ同じ, まさに同じ, またあるいは身分制度, またそれ, またはなはだ, または膚, また二商品相互, また少から, また少なから, また最大満足, また殿下, また然, また犯人, また考えられないで, まちがいは, まつたく同様, まづ, ままあった, ままございます, まれである, むつかしいこと, むろんある, もうそろそろさういふ, もれなかったの, やっぱりそうであった, やと, やはりこの, やはりさうである, やはり前, よくよくデクノボー, よそには, よりけりです, わすれない, わたし自身には, わりに平気, スポーツの, フロイシュアイロウでは, ヤンコ・コステルなり, 一つぞと, 一国の, 一寸目先, 一律に, 一種の, 万, 不賛成であった, 世の中には, 之に, 予想されない, 予想し, 予想できる, 事実が, 二人の, 亦かうした, 亦これ, 亦その, 亦それ, 亦之, 亦其の, 亦多から, 亦張る, 亦彼, 亦概念, 亦決して, 亦決して少し, 京に, 京都辺の, 人様の, 他の, 他巳吉, 例が, 例によって, 例外では, 例外には, 僕は, 兇器は, 全くその, 全くない, 全く同じ, 全く同様, 全然なかっ, 全然乗客, 全然予想, 其に, 冷水の, 出来て, 出来る限り正直, 出水について, 出水によ, 前奏曲と, 劇作家の, 勿論ある, 勿論おなじ, 勿論片手, 千鶴子に, 厄介を, 原困, 又は樂人, 反射的に, 受取って, 可能である, 同じで, 同じであった, 同じであろう, 同じです, 同じな, 同じやう, 同じよう, 同じバルベック, 同じ氣持ち, 同じ罪, 同様, 同様であっ, 同様であり, 同様であります, 同様です, 同様に, 同様また, 名や, 含めて, 唱門師で, 嗜好から, 地平線の, 地球は, 報告され, 場合やさき, 多々ある, 多いから, 多いが, 多いそう, 多いだが, 多いであろう, 多いので, 多いよう, 多かったらしい, 多くありましょう, 多くあります, 多くさらに, 多くそれ, 多くなりました, 多くは, 多く黙っ, 多分そうであろう, 多少その, 大体おなじ, 大体似, 大勢の, 大変多い, 大失敗, 大本教から, 大概は, 失敗に, 女だ, 女に, 女の, 女性によって, 好感的な, 妙に, 妻を, 存在し得る, 存在する, 安定な, 実はそれ, 実際には, 家賃を, 対話の, 小幡岩崎の, 小生の, 少くありますまい, 少くありません, 少くありませんでした, 少くないであろう, 少しそれ, 少しも, 少ない, 少ない場合, 少なしと, 尚円, 尼將軍として, 屡ある, 岸田さんの, 常とは, 常に心得, 度々ある, 庸三自身その, 当てはまるに, 彼女らの, 後に, 必要である, 忘れて, 忘れては, 恐らくそう, 恐ろしく速く, 悪かった, 悲境の, 惡い, 想像されなく, 想像されます, 想像される, 想像すべきだろう, 想像せられ, 戸棚から, 探すの, 探索を, 換気窓から, 数箇なる, 敵の, 文章は, 断じてゆるされぬ, 既存の, 日頃の, 明らかに, 時には, 曇ること, 最も多い, 最近の, 有り得べきこと, 有るの, 有るべき訳, 本より, 本質的に, 案外多い, 森が, 極めて多く, 正しくて, 正にこれ, 正造の, 武蔵の, 殆ど同, 殖えて, 毫も動揺, 永遠な, 決してこれ, 決してすく, 決してそれほど原理的, 決して仄か, 決して稀, 決して翁, 沢山あります, 海岸に, 深くお, 演出者が, 漸くに, 無いとは, 無意識的な, 無論さうです, 無論私, 然樣, 犯罪者は, 率直でない, 珍しくなく, 現に多い, 現代の, 現實的, 瑞玉盞の, 甚だ多い, 男は, 當人が, 疑ひの, 疑ひも, 皮膚の, 矢張正しい, 確かに, 私が, 私は, 私情に, 稀で, 第一不愉快, 第一期, 終點から, 結局は, 絶えずある, 絶対に, 考えに, 考えねば, 考えられないこと, 考えられない事, 考えられませんね, 考えられるが, 考へられるが, 考へられ更に, 肺病が, 自分が, 自然を通して, 致命的な, 興亡の, 良の, 若いお嬢さん, 若し現代, 落付い, 蔭に, 血統の, 行きは, 衣子と, 要するにまた, 見て, 見ること, 見受けられる, 見受けられるが, 覚悟し, 観賞者を, 許されなければ, 詮吉は, 詳しく省察, 誠意と, 負けであった, 起った, 起って, 起りがちだ, 起り得るという, 起ろう, 退屈し切った, 途, 違うし, 選挙権と, 金の, 銭形を, 降りだしたの, 随分あり, 零下一五度乃至, 音声は, 鮮かに

▼ 場合にも~ (969, 3.7%)

11 自分の 9 彼は 7 私は 4 それが, それを, 同様な, 彼の 3 これらの, 同様に, 同樣, 平気に, 彼らは, 彼等は, 心の, 自分が

2 [50件] あるもの, かなりに, このこと, これと, こんなこと, その中, その仕事, です, またマラスピーナ, ものを, われわれは, 一つの, 一種の, 云へる, 人に, 人を, 他人に, 使って, 僕が, 到底堪へる, 前に, 劣らず種々, 口を, 可なりに, 同様である, 嘘や, 多くは, 完全に, 宗教を, 平気で, 平氣, 彼女は, 彼女を, 悔ま, 感性という, 我我の, 手を, 母親の, 決してまごつく, 決して人, 物を, 理解する, 相手の, 真実なる, 真面目な, 経験した, 見られるよう, 言える, 非常に, 頭の

1 [802件 抜粋] あって, あてはまります, あてはまるなどとは, あてはまるん, あて嵌まる, あの眼鏡, あやか, あらかじめ諦め, ありそう, あるとして, ある速度, いいもの, いかなる相手, いたって, いっそう不確か, いつか知らず知らず, いろ, いろいろあっ, いろいろ立ち合った, いわゆる部落, うろたえないだけの, おかしさ, おこりがち, おそらく同じ, おもな, お前は, お力の, お妙, かかる結婚, かかわらず平然と, かすり傷一つ, かねてから味方, きっとあなた, くり返されること, こちらの, ことさらに, この一応, この事, この刀, この店, この心持, この種, この防柵, これを, さすが尾張, しばしば起る, すぐ文戦打倒同盟, すぐ諦め, せり上げの, そうで, そこに, そのうち, そのリアリスト, その一点, その他の, その原理, その従僕, その悲傷, その扱い, その普遍妥当性, その柔, その生活環境, その行く先, その通り, それに, そんな傾向, たいていそうな, たいていは, ただちに銭貨, ただ表面, たぶん正妻, だいたいこれ, だいたい云いあてられる, つい憎まれ口, つかわれたて, つくるもの, つつしんで落ちつい, つねに一つ, でて, どういう広告, どうか, ないこと, なおそこ, なお人事, なお尊厳, なさらぬ, なほ人事の, なまじい己, なんだかあやふや, ほとんど人間, ほとんど例外, ほんとうの, ぼくの, まごつくこと, まずいちばん先, またいつも, またそんな, または元, また仮定, また力量, また国民的影響, また大和一国, また涼味, また減少, また逆, まだどこ, めったに一羽きり, もう数々, もしソクラテス, もの, やがては, やはりうまく, やはりこの, やはりその, やはり同じ, やはり大, やはり表面, やること, よくあらわれ, よくそれ, よくわかる, わたくしは, アインシュタインの, カズイスチカの, ズルは, デカルトに, プロレタリアートの, ベルヌ条約の, ホルモンの, ヤッツケた, 一々自, 一つびとつ離ればなれに, 一定の, 一尺を, 一律に, 一時スクリーンを, 一番困る, 一言の, 一門だけは, 三百両紛失の, 不当に, 不快だ, 不思議な, 不意の, 中央線には, 主に, 主人に, 之に, 之を, 事が, 二ツある, 二十四五の, 交換は, 交換条件を, 亦哲学, 亦此議, 亦法則的因果, 人が, 人は, 人間には, 人間的な, 今までの, 他と, 他の, 仲が, 何か, 何ら異なる, 何枚も, 何物か, 作用は, 作霖張とは, 使つてゐる, 使われるが, 例の, 例外を, 侵入者が, 保護が, 俺の, 倒れ易く, 借方に, 停止的の, 健康を, 傑作と, 働いて, 働く, 兄を, 先ず拒絶, 先づ, 全くわれ, 全く同じ, 全然無関係, 公衆に対し, 其の失つた良状態, 其習慣から, 内容と, 写真が, 冷笑する, 凡下とは, 出づる時, 出て, 出ます, 出ること, 利用の, 前と, 劇作家としては, 努力が, 労賃そのものは, 勘定を, 十一谷君は, 十分な, 単に生活, 単音を, 厳密に, 又多少, 取り乱さない省察, 古代論理から, 召使は, 同じこと, 同じ仮名, 同じ例證, 同じ態度, 同じ条件, 同様の, 周囲を, 周章てず騒がず日傘, 商品, 問題作を, 善処する, 嘘などは, 嚢の, 団子より, 地の, 坦夷の, 声が, 多分に, 多衆, 大事な, 大体に, 大衆文学の, 天から, 天然現象は, 夫を, 夫子の, 奈落に, 女に, 女主人は, 姑の, 姓名を, 守り得られるもの, 安全な, 実用性と, 実験せられたる, 實に, 寸毫も, 寺の, 尊重され, 少しも, 少年は, 屏風と, 展観の, 履物だけは, 常に主観, 常に必ずあらかじめ存在, 底の, 度々発作, 庸三は, 当てはまるらしいね, 当てはめ得ると, 当て嵌るので, 当人が, 彼から, 彼には, 彼らの, 彼等が, 往々政治, 後の, 心が, 心には, 必ずどこ, 必ず兇器, 必ず問題, 必然性, 必要であっ, 応用される, 念仏申さるる, 怖畏の, 思った, 思惟と, 怪しの, 恋愛が, 恥辱である, 悪そのもの, 悪だ, 悪人に, 愉快そうに, 愛する者同志, 愛吉鶏を, 愛馬を, 慣習として, 成功する, 成程と, 我々の, 或いは寧ろ, 手から, 打算が, 批評に, 技巧といふ, 技巧倒れ, 技術を, 抱えて, 抵抗しない, 持ち出されかた, 持って, 挙措を, 捷径を, 採るべき態度, 支えて, 放蕩無情家を, 敬慕の, 文化材である, 文学に, 断乎として, 新旧両, 日本人は, 易々と, 昔は, 時として人, 時にこういう, 時節柄同勢や, 時雄は, 普通いかなる, 書いたこと, 書を, 最後に, 期待が, 未だかつて六法全書, 杜鵑は, 根本的に, 根柢に, 森の, 極めて大きな, 機械が, 此の, 此方法で, 死と, 死を, 残念ながら, 氏郷は, 民間では, 永遠性とは, 決してお前, 決して事, 決して好い, 決して忌そう, 決して翌月, 決して詠嘆, 沈着で, 注意すべきだ, 注意する, 浪費を, 涙を, 清子さんを, 濫れない, 無頓着だ, 然を, 熱的対流が, 物事に, 特権者が, 犬が, 猶一貫, 猶丹, 猶生活, 猶負惜しみ的, 猶身, 現れるの, 生じる文学上, 生涯には, 用いられること, 用ひられます, 用ゐ, 用意周到だ, 田植前後だけは, 町方では, 略同じ, 異姓の, 疑うこと, 疑はるべきもの, 發見出來ない, 白雲に対しては, 目じるし, 相手に, 相通ずる, 眞實である, 真実であろう, 眩まされは, 着物は, 矛盾の, 社会における, 社会の, 社会的富の, 神を, 祭の, 私たちの, 私だけは, 私には, 科学的態度を, 穀物の, 立場が, 立至ります, 笑つて死ん, 笑談の, 第一, 第一義の, 等しく物, 等しく符節, 紋太夫は, 純一ならぬ, 純粹, 素早く馴れた, 結婚の, 結果は, 結果を, 絶えず論敵, 絶対に, 絶対的に, 絶望せず, 罪から, 美人の, 考えられるの, 耳に, 肚の, 臣籍の, 自ら馬鹿, 自分に, 自分は, 自己性の, 自殺の, 自由に, 舞台に, 舞台的効果即ち, 色盲には, 芭蕉の, 芸術的価値は, 若い行者, 苦しいどころか, 茶番気が, 荒い言葉, 荷物を, 蒲団だけは, 藁などを, 行はれ得る, 衛門督を, 製造工業家が, 見たこと, 見られたこと, 見ること, 見るの, 見落されない社会的, 言い訳は, 言った, 許されないが, 許されなければ, 評者自身が, 詰らない男子, 誠を, 誤謬は, 説き尽くせない泉, 誰の, 調和する, 調査系統が, 謝礼に, 變り, 赤字な, 起こって, 起って, 起り易い, 身を, 身体に, 逆ひと, 通ずるイデオロギー, 連続し, 適応される, 避けがたい, 部下を, 都合の, 醉うて, 重要であった, 重要性を, 金などを, 鈍くて, 阿母さん, 離れること, 霧の, 頭を, 顕われる, 馬に, 高慢である, 髪は, 黒鯛を, 黙つて

▼ 場合~ (750, 2.9%)

43 考えて 21 想像し 18 考えると 16 除いては 15 予想し, 想像する 12 除けば 11 考へて, 除いて 9 指すの 7 顧慮し 6 例に, 吾 5 他に, 想定し, 指して 4 いうの, 予想する, 取って, 想像すれ, 慮って, 私は, 考へると, 考慮し

3 [13件] 云ふ, 仮定し, 例にとって, 忘れて, 思って, 想像した, 指す, 経験し, 考えても, 考えること, 考えれば, 見て, 言ふ

2 [36件] おもんばかって, はっきりと, 予期し, 云うの, 別と, 利用し, 区別する, 叙した, 少しも, 思い出して, 想像せよ, 意味する, 慮かって, 持ちだすまでも, 指したの, 挙げれば, 捉えたもの, 採って, 標準として, 比較する, 現して, 示すもの, 考うる, 考えなければ, 考えますと, 考察し, 見たら素知らぬ, 見つけたもの, 見よ, 説明する, 調べて, 逆に, 除くの外, 雑器の, 頭に, 顧みて

1 [402件] あげれば, あふり, あやつって, ある点, あれから, いうので, いふの, いろいろに, いろいろ知っ, うけ入れすぎて, おもんぱかって, おもんぱかりまして, お蝶, きりぬけて, この例, この婆, こめて, ごく内, さす, しくじって, しっかり攫まえた, しばしば経験, すべて狐に, せめて頭, そうだ, そつくり思いかえし, そのまま句, ためして, ちょっとご, つくり出すこと, とったの, とって, とやかく批評, とり出した, どうすれ, どう処置, どう見, のぞいて, のぞいては, のぞきこの, のぞき現在形, のぞけば, ば別として, ほとんど残らず数えあげた, みいだした, みて, みると, もういちど反復, もっと具体的, もとより是, ようやく支える, よく御, よく注意, よもや見殺し, イデオロギーその, カヨは, スグロ, ストア学徒に, タンネンに, チラとも, ディレッタントの, ハッキリと, フィルムに, プロレタリア作家の, ユートピアと, 一つの, 一例として, 一度も, 一括し, 上手に, 不取, 不安定と, 主として指した, 予定し, 予想した, 予想してる, 予想しなく, 予想しまし, 予想し得た, 予想するなら, 予想すれ, 事実上有っ, 二三例示し, 二商品の, 二度見る, 云い大蔵, 云う, 云うだろうか, 云うならば, 云えば, 云ったの, 云って, 云へば, 五つ六つ書き止め, 人々は, 人工的に, 今は, 他方に, 付け加えよう, 仮に節子, 仮りに, 仮定したら, 仮定すれ, 仮想する, 何度も, 余り経験, 作って, 例にと, 假定し, 先方は, 兼ねての, 兼ね意義, 再現した, 写した作物, 凌いで, 出ないよう, 分けて, 初めて経験, 別に, 前例に, 創り出して, 創造し, 助けられ候恩義有, 包摂する, 区別し, 区別しなけれ, 十の, 単に平均, 厳しく禁止, 参照せよ, 取り上げて, 取り違えて, 取ると, 取るならば, 取扱った後, 取扱っても, 取扱わねば, 同じよう, 向に, 君は, 含めて, 命婦は, 和めようと, 哲学者の, 問うこと, 問わずただ, 問わず決して, 回想する, 埋める新作, 多くし, 多くした, 失って, 好い都合, 導き入れるべき仕事, 少なからず, 尽くして, 尽く事実上, 屡々思いやった, 左門は, 巧に, 平均し, 弁えず某, 当たって, 当てはめれば, 形容した, 形式論理の, 形式論理学に, 彼は, 待ちもうけて, 得たり, 得ない言葉, 御心配, 心得てるの, 忍んで, 忠告し, 思いついたのに, 思いやり生きるため, 思い出す, 思い出すこと, 思った, 思ったか, 思ひ合せぬ譯, 情と, 惧れ, 想い起しながら, 想って, 想ひ起されるであらう, 想像したら, 想像しない, 想像しなく, 想像しました, 想像するなら, 想像せざる, 想像できる, 想像に, 想定した, 想定せざる, 意志と, 慮っての, 慮つて剣術道具, 慮りて, 慮り結末, 我邦に, 戒めるという, 或時, 承認しなけれ, 折々氣, 指さねば, 指していう, 指すこと, 指すので, 指すべきである, 指す事, 指す言葉, 挙げて, 挙げましょう, 挙げるならば, 捉えた, 捕えて, 捕へ, 捜せば, 採るとして, 採るの, 探せば, 控えて, 推測し, 推測せざる, 描いて, 描きだしたもの, 擧げたい, 擧げて, 支配する, 救って, 数多く集め, 文学主義と, 斥けは, 斥す, 明治維新の, 明示する, 智と, 更にもう一歩具体的, 書く時, 最後に, 有つ, 有つであろう, 案じて, 案じてか, 検討し, 次に注意, 次の, 歌って, 正抒, 比べて, 比較し, 氏の, 気づかった, 気づかつた, 気遣って, 沢山挙げる, 法則と, 注意し, 注意した, 注意したい, 注意すべきである, 注目し, 活け花, 深く考え, 特殊化した, 現した句, 現は, 生じたから, 生ずる, 申しますと, 異にし, 異にした, 異にする, 目撃し, 相談した, 省みると, 眺める事, 知って, 知らないか, 知らないやう, 知らなければ, 知りわるい, 研究し, 研究せね, 確かめさらに, 示して, 私自身に, 空想する, 空想的に, 策定し, 簡単に, 紛らせて, 経験せり, 統一的に, 綜合し, 網羅し, 総括する, 繕った高輪田, 考えこの, 考えたらこの, 考えたり, 考えなくちゃ, 考えなくても, 考えめぐらして, 考えよ, 考える, 考えるが, 考えるの, 考えるのに, 考える方, 考える時, 考えん, 考え得る, 考え次に, 考え特にそう, 考へさせられた, 考へみるがい, 考へる, 考へるが, 考へること, 考へれば, 考へ留守, 考へ続けること, 考察しよう, 考慮した, 考慮しなけれ, 聯想し, 胸の, 色々と, 見かけると, 見すぐ, 見すましては, 見つけたところ, 見つけたの, 見つめて, 見ても, 見よう, 見ようじゃ, 見ると, 見出すこと, 見出すの, 覚悟し, 覚悟する, 観じまするに, 觀よう, 解明し, 解釈する, 言うたもの, 言うの, 言ひ, 言わば球, 計って, 計算に, 記載し, 詠んだつもり, 試みて, 話し自分愕, 説明せんに, 読みきつて, 調べ上げました, 調査し, 警戒する, 譬えられましょう, 趣向に, 踏み越えて, 較べて, 述べたの, 述べたもの, 述べること, 透しても, 通常, 連絡し, 適当に, 選ばなければ, 選び出すという, 避けたかった, 邪げられ, 酒場などで, 防ぐこと, 限りその, 除いてはね, 除いても, 除き, 除きかかる, 除きても, 除き何時, 除き全部, 除き恐らく, 除き祖父母, 除き記録, 除外しない, 集積し, 離れて, 離れては, 題材に, 類推する, 顧慮, 験査し, 髣髴と

▼ 場合~ (643, 2.5%)

35 同じよう 32 同様に 12 ちがって 11 違って 8 いえども, 全く同じ 7 同じである, 同じやう 6 同樣, 雖も 5 なると, 同じだ, 思われる 4 似て, 全く同様, 同じに

3 [14件] すれば, よく似, 同じ, 同じく, 同じこと, 同じで, 同じ事, 同一の, 同様である, 同様であろう, 少しも, 比較し, 違ひ, 違ふ

2 [34件] いうと, そうでない, ちがうの, ない場合, なった, なった時, なって, なる, によつて, まったく同様, 一部隊の, 似たもの, 全く同, 同じくここ, 同じく分業, 同じく現在, 同じだけの, 同じ意味, 同一に, 同様な, 同程度, 完全に, 少し違つた意味, 思ったか, 思ったの, 普通の, 本当に党派的, 本質的に, 正確に, 殆ん, 比較したら, 自分の, 限らず結晶一般, 類似の

1 [374件] あまり変った, あまり変り, あまり甚, あり, ある, あるが, いい深い, いかに異なるであろう, いくらかち, いくらか似た, いはず平和, いはず我が, いわなければ, うつて, かからぬ場合, くらべると, こういう時節, この動物, さうでない, しない場合, します, すこしも変り, する, そうで, そうでなく, そっくりそのままで, その何れ, その本質, その状況, それについての, それを, それ程でない, だが, ちがいまして, ちがい仏餐, ちがい礼以上, ちがうわよ, ちがうん, ちがう感情, ちがった気分, ちがった率直さ, ちがわないの, どう違っ, なつて, なりました, なり余, なれば, なれり, なんの, はつきり区別する, はなはだ異なっ, ぴったり合っ, ほとんどそっくりそのままの, ほとんど同, ほとんど同じ, ほぼ似, まさに同様, またはその, また斜め, また非常, みなすべきもの, みな伏さる, もうひとつ, もう一つ, もはやそうで, やや似た, よりよき, わるい場合, ジリジリふさぎこん, ダンテの, フリーダの, ヘブライ民族の, 一寸異, 一致する, 三通りある, 不健康を, 不可能な, 不定読者の, 不得意の, 世界の, 並べて弟子達, 久しぶりで, 之を, 事の, 事件後に, 事情を, 事違ひ, 二メートルの, 云えない, 云つたのは, 云ふ, 人とにより, 人に, 人の, 人間を, 他の, 代物に, 仮定せよ, 似た感銘, 低い場合, 俳優が, 全く反, 全く同一, 全く類推的, 全然同一, 全然違, 共通の, 兵馬も, 其から, 其が, 其物語に, 内容的に, 冴子を, 出来ない場合, 切り放して, 切り離して, 別に一英雄, 制度において, 区別しなけれ, 十の, 単にある, 単にそこ, 即興的に, 双方に, 反対の, 反對, 同しく, 同じくあらゆる, 同じくいかなる, 同じくこの, 同じくこれ, 同じくこんど, 同じくその, 同じくつまり上, 同じくまず客観, 同じくデカルト, 同じくヴィーヴ・ラ・レピュブリク, 同じく何, 同じく保険制度, 同じく個人, 同じく健全, 同じく内容物, 同じく北海道, 同じく善悪両様, 同じく多数, 同じく客観, 同じく客觀的實在世界, 同じく影響, 同じく彼, 同じく恋愛, 同じく愛, 同じく村落都邑, 同じく歌, 同じく漸移的, 同じく犯罪, 同じく独立, 同じく矢張り自分自身, 同じく神, 同じく精神, 同じく自分たち, 同じく色彩, 同じく見た, 同じく連続, 同じださうである, 同じだった, 同じであった, 同じです, 同じな, 同じもの, 同じやり口, 同じ三項目, 同じ仕掛, 同じ光景, 同じ形, 同じ様, 同じ樣, 同じ理由, 同じ疑懼心, 同じ程度, 同じ考, 同じ資力, 同一である, 同一人, 同一性質の, 同様, 同様ほとんど, 同様充分に, 同様本国におけるよりも, 君の, 唄に, 地上の, 地方の, 地震の, 塔に, 変りが, 変りなく, 変りは, 外形において, 多少話, 大分違う, 大差なかっ, 夫が, 奉存候, 好一対な, 如何に異, 子供などの, 守り得ない場合, 実は同様, 実は殆, 実際の, 家事の, 家族又は, 対等の, 専門の, 對比すれ, 少しく意味合, 少しちがう, 少量を, 岸田さんの, 差の, 常に同様, 建築物が, 弓子さんの, 引力は, 形とを, 形に, 心得て, 心持とを, 思い合わせて, 思うから, 思って, 思ふもの, 思われるの, 性質が, 惡い, 意志的な, 成った勿論, 戒心する, 技術原理が, 政府の, 文学の, 斷り, 日本の, 映画の, 昼間深い, 時とによって, 時平の, 更に之, 書きもの, 最初苦い, 最悪の, 本質的な, 条件が, 根本的に, 権力を, 次男三男の, 次第に展開法, 次第に進む, 正反対に, 此二様が, 殆ど同じ, 毎日重なった, 比べて, 比較するなら, 比較すれ, 比較に, 比較には, 比較も, 水素瓦斯の, 決して径庭, 海底に, 深い感情, 為れば, 然ら, 然らずし, 熟語を, 爲れ, 状態とを, 状態や, 狭くブルジョア的, 王家の, 生物学あるいは, 申しズドン, 申すは, 男性であった, 画かきだと, 異うん, 異って, 異つた見地, 異な, 異なつて, 異なり言語, 異なり預申金子之件, 異なる点, 異にし, 異らない, 異る, 発見という, 目的いかんによって, 直ぐ初め, 相手による, 相手の, 相違させる, 知り抜いた広, 積極的に, 空を, 符合した, 等しいまたは, 等しい資格, 等しく問題, 等しく復航, 結局同じ, 絵画が, 絶望の, 老人に, 考へ独力新撰組, 茶碗を, 見えて, 見て取ったから, 見て取ったれば, 見て取っても, 見ないで, 見ねば, 見られるかも, 見られるのに, 見るか, 見る方, 見れば, 解釈し, 解釈する, 言えない場合, 言って, 言ふ, 言わねば, 言葉を, 評論の, 話される場合, 誓ひ, 誠吉の, 諦めて, 貨幣価値の, 超歴史的, 趣を, 較べて, 較べても, 近代の, 過失との, 違いまして, 違うでは, 違うの, 違う意識, 違った種類, 違った考え, 違つてどうしても, 違つてなかなか, 違つて家族と, 違ふて, 遣って, 適用されない, 選ぶ所, 重病人に対し, 関係が, 限ったもの, 限らずこの, 限らず一般, 限らず大抵, 限らず実験, 限らず日常, 限らず路傍, 零下二十度を, 驚愕による, 高度な, 麗に, 9の

▼ 場合でも~ (618, 2.4%)

6 彼は 5 そうだ, ない, 私は 4 そうです 3 そうである, それは, それを, どうかする, なかった, 同じこと, 極く, 自分の, 自分を

2 [25件] ありません, あり得ない, その上, その懲罰, それが, そんなこと, どこか, どこかに, ないので, なければ, まだ彼, やはりそれ, 何か, 出来るだけ, 同様な, 女の, 差支ない, 彼の, 御宅, 必ずそれ相当, 決してその, 相手が, 私たちは, 私には, 私を

1 [516件 抜粋] あった, あったと, あって, あとには, あとへ, あなたの, あの風貌, あまりたいした, あらかじめ考案, ありこの, あり又, あり得ると, あるまい, あるまいに, あるわけ, あれば, いいじゃ, いいぢ, いい本, いかなる事物, いかにそれ, いかにも冷静, いかにも淡々, いささか事, いざ別れる, いちばんいい, いちばんばかげた, いつでも, いつの間にか之, いや単に, おのれが, おほつ, お世辞, お人形, お腹が, お銀様, かえって落ち着き, かくの, かならず病院直属, かほどまでも, かまわない, きっとその, きつと, ぐつたりしないでしやん, ここに, ここらの, このこつ, このよう, この方法, この紹介状, この蒲鉾, これが, これだけは, これは, これを, こんなとき, ございませぬゆえ, さうである, さぞ自分, しない場合, しばしば仲間同士, すぐ, すぐ遁げ, すでに青春, すべての, そいつは, そうあるべきだった, そういう細かい, そういう観照力, そうした矛盾, そうした科学, そうしない, そうだった, そうであっ, そうな, そう話, そこに, その, そのへん, その事がら, その亭主, その何, その官吏, その底, その態度, その批評, その最下部, その相手, その空間, その背後, その脚, その自他, その訴人, その身, その面白, その騒ぎ, それから差し引く, それと, それに, たくさん書い, ただ応募, たとえばある, たとえばドブジェンコ, たとえば夕暮れ, ださないですまして, ついぞそれ, である, とかく責任, とがめるよりは, とてもたのむ, どんな時間, ないが, ないし, ないの, なおこの, なお一同, なお単なる, なかつた, なく一方, なく同門, なく運動, なし阿, なにかと, なるべく典型的, はたして同様, はつきりし, はる子は, ひとりの, ほかに, ほとんど何, まさにその, まずしばらくは, まず大同小異, まず百分の一秒間, またたく間に, また真, みだりに父, みんな資本家の, むらむらと, もしあり, もし自分, もちろん錯覚, やはりいわゆる, やはりこの, やはり天然界, やはり彼, やはり鉦太鼓, よくは, よく仕事, よく似た, よっしゃと, わかって, わたしが, わるいとは, われわれが, オーケストラは, ジャン, ド・エスコバアルは, ハイドは, フン詰まらず, ブリスコーの, ブルジョアジーは, ユーモアは, ロマンチックな, 一つとして, 一つの, 一人が, 一往その, 一応それ, 一応は, 一方では, 一方は, 一番深く, 一番説明の, 一目瞭然であろう, 一般の, 七索を, 三つの, 三十七八歳以上に, 三從弟妹なら, 三面攻撃は, 不幸な, 不思議に, 不正は, 不氣味, 与へられた課題, 世情が, 中国は, 主に, 主体との, 予定日数より, 争議団と, 人々は, 人が, 人の, 人は, 人寄せの, 人間は, 今まさに, 他の, 他人が, 仲間には, 体裁を, 何かしら考える, 何れも, 何故もっと率直, 何時でも, 作家の, 作家は, 作物の, 併し, 依然として, 依頼心の, 保たなければ, 俳優である, 俳優に, 假に, 優秀なる, 先づ今日の, 先生が, 光は, 全く偶然, 全く同様, 公然之, 六桁の, 写真では, 出先で, 出来なくは, 分るし, 分るの, 初代の, 制約と, 劍道の, 動かせない現実, 動物園の, 十一時から, 十五疋も, 十分の一以下である, 卑怯な, 単に, 原地人たちは, 反対の, 反抗的もしくは, 右の, 各自が, 同じで, 同じであった, 同じ事, 同じ読者, 同学者, 同様であった, 吾, 吾不, 呑気で, 命を, 唯喧嘩に, 嗤ふ, 嘗てかう, 四十万年以上には, 国民の, 国籍不明の, 堕落する, 場合相当の, 場合相応に, 声だけ, 変らぬ点, 多計代, 夢を, 大ていトーフ, 大抵は, 大概喧嘩口論が, 大衆が, 大身の, 太い逞しい筆, 夫が, 夫を, 失礼きわまる, 如何に, 妙に, 姙娠といふ, 子供か, 子供は, 孝の, 宗助に, 官能の, 実は何, 実は古い, 実は法, 実質的には, 室内の, 宮城の, 容易に, 将門は, 小作りなら, 小説の, 尚, 尚且, 岩波氏が, 帯刀の, 常にその, 常に筆, 常住不断に, 平氣, 幾に, 広義に, 底の, 庭番頭だけは, 庸三は, 引き抜くほう, 彼女の, 後の, 後者の, 従者の, 微風が, 心の, 必ず何かしら, 必ず利点, 必ず災, 念仏を, 恃みたいものである, 恋の, 恐らく非常, 恥かしくない, 恰も参四郎, 悟りの, 悲しい, 悲しいもの, 意味が, 意識の, 我々は, 我輩の, 或ひ, 手出しは, 手荒な, 折に, 排斥すべき, 接触面が, 支那人は, 敢て, 敬礼を, 料理の, 斬罪で, 断じてしない, 日ごろの, 日によっては, 日本人は, 早く御, 時々は, 時には, 最初は, 有つたら, 有らゆる犠牲, 本当だ, 本来は, 材料の, 村の, 案外いい, 検事が, 正しきところ, 正統な, 死罪は, 殺人の, 殺人事件には, 母の, 母親は, 気象学上の, 汚くよごれた, 決して他人, 決して其処, 決して容易く, 決して尊敬, 決して屈する, 決して技術的範疇, 決して現代, 決して生命, 決して絶望, 決して落膽, 決意の, 法が, 泣顔などは, 浦粕校の, 涙の, 涙は, 深く事実, 温度が, 準備として, 演出者の, 瀑布の, 火の, 無意味で, 無意味である, 無条件に, 無視する, 無限又は, 父と, 父母に, 犬の, 犯人らしい, 玄関先で, 生の, 生理的要求を, 用捨なく, 田村君が, 田舎人は, 病気と, 皆この, 皇室の, 盗み食, 直接の, 直接岩壁の, 直観内容は, 相手から, 真の, 眼ば, 矢立てと, 硬軟ふたつの, 社会の, 空間は, 端役の, 笑つて見たくなる, 第一句, 節子は, 粋な, 精密な, 精神的な, 結局主観が, 統計的の, 総売上金, 総量は, 聖書の, 肌を, 腹が, 臣下は, 自分が, 自分に, 自分は, 自分達の, 自国語に, 自然が, 自然と, 自然らしく見せる, 自然発生的な, 船長は, 芸者なり, 若し私, 萱の, 葉子は, 蔵元屋の, 行ふ, 表面的な, 被害者の, 見た眼, 見物に, 視線を, 親の, 観照を, 言つたあとで, 証拠だ, 詳細に, 誰かが, 議員たる者は, 負けだ, 貴方の, 費用が, 身だしなみだけは, 身体の, 軽佻に, 退くという, 通用します, 連鎖が, 進歩が, 運の, 過激を, 遠慮なく閻魔大王, 酒を, 金と, 鉄砲の, 鋭敏でなけれ, 間で, 間に, 関白様の, 院長が, 雄弁を, 露西亜兵携帯の, 静の, 革命や, 音の, 頭の, 頼朝は, 顔を, 顔面だけ, 風采や, 食うには, 飽きたらば, 香典や, 香蔵には, 馬子は, 馴れない看護婦, 髪, 麦を

▼ 場合では~ (404, 1.5%)

64 ない 15 ありません 8 ないと, ないの, なかった 4 ないか 3 ござらぬ, ないが, なくて, 私は

2 [19件] あったが, あるが, これらの, ございませぬ, ございません, その最も, どんな少年時代, ないかと, ないこれ, ないとも, ないので, ないよ, なかつた, なくして, 学術上の, 平次の, 普通の, 私に, 自分の

1 [247件] ああ逆上, あったけれど, あったけれども, あの時, あらゆる伝統, あらゆる徳, ありましたが, ありませんから, ありませんご, ありませんぞ, ありませんた, ありませんでした, あり得ない, あり星夜, あるけれど, あるし, あるまい, あるまいか, あるまいすぐ, ある倫理学的原理, あんなに退屈, いかに竹林, いくら残酷, いわゆる, おそらく産児, お前が, お前さんの, このデモクラシー, この周囲, この称号, この言語, この鎧戸, これからの, これと, ございますまい万事あなた, ございませんが, さように, じつは神経状態, すぐその, そのよう, そのリリシズム, その努力, その生活, その自然的, その興味, その顏, それが, それでも容易, それに, それは, それほどで, それも, たしかに敵, ただ一つ, ただ世の中, たつた一人, ちょっと通用, どうしてもそうして, ないから, ないけれども, ないし, ないぞ, ないだろうか, ないでしょう, ないですけれど, ないとして, ないな, ないに, ないわ, ないん, ない何, ない吾, ない早く帰っ, ない竹童, ない筈, ない茅屋, ない話, ない鴻山, なおさら時, なかったです, なかつたから, なかつたと, なくても, なくなって, なく小倉氏, なく本当, なし, なしその, なにしろ音, ひとりひとりが, また是非, まださういふ, めつたに, もし金, もちろんない, やっぱり生活, やはり精神的, わかりませんでした, わしと, コペンハアゲンという, ゴールデン, ドイツに対する, ペダンだ, ボルドオ赤, 一つの, 一寸珍, 一度きり, 一度ならず, 一片の, 一番最後に, 一種の, 一致し, 一般購買者を, 上の, 不可能で, 世間に, 人づかれ, 今日に, 今更私, 他人の, 佐佐木信綱さんが, 何うしたつ, 何が, 何を, 作者は, 僕は, 優等生という, 先ず不可能, 其を, 初めから, 前後の, 前者は, 即位の, 厭でも, 又コンプレックス, 取っ組み合いの, 句作三昧, 只さえ, 可能的運命が, 右手と, 同じ警察機能, 問題に, 嘲笑を, 国の, 国民の, 埋葬と, 外的な, 大いに然ら, 大きな過誤, 大なる, 大概の, 大概は, 天空において, 女一人を, 定跡の, 実際すべてそう, 室内の, 宮原氏だ, 宮殿を, 宴会の, 小林は, 小袖の, 希望の, 師匠が, 幕末の, 廣く, 当てに, 彼にとって, 彼を, 往々批難, 思惟は, 悪漢団だ, 或る, 掛けた札, 撮影者が, 支那人を通じて, 放電現象, 文芸の, 既に大いに和らい, 是からの, 暗号文が, 有りません, 本当に大, 本質的相違が, 杏仁水が, 東北と, 校正の, 検束, 極く小さい, 正月と, 此点が, 死ぬはうが, 死体は, 殊に少, 水が, 泣いて, 海水が, 温熱が, 満員車は, 点火した, 無い, 無いぢ, 無いとも, 無いネ, 無かった, 父母と, 犯罪の, 真実で御座いました, 眼前の, 神, 福岡あたりでは, 私と, 空間そのものと, 競争は, 籐表の, 素養も, 美貌を, 聞かなくても, 肉感が, 自分が, 自分に, 自己批判と, 自身の, 至難で, 芸術的にも, 苦と, 街燈との, 観客を, 観測, 解きよう, 解脱にも, 言葉の, 言語遊戯です, 読者が, 誰でも, 誰でもが, 誰も, 貧乏は, 途中で, 道心を, 酒が, 酒でなく, 酒を, 酒乱と, 難しかった, 頼みを, 1と

▼ 場合によっては~ (268, 1.0%)

3 自分の 2 これを, 僕が, 彼の, 金も, 非常に

1 [255件] あとで, あなたに, あなた方私自身の, あの者共, あの邸, ある一人, いつも黄金, いわゆる起死回生, うちの, かえってこの, かえって不快, かえって先生, このむす, この原板, この家, この空間, この装飾, この金田, この関係, これが, こんな事, ごくおとなしい, さらにこれ, さらに高空, ずいぶん心細い, せっかくの, そういう科学批評, そのお, そのため, その人, その反感, その途端, その養子, それが, それ以上の, そんなもの, そんな風, できなくも, どんなに恐ろしい, はるかに, ひどく不, ほとんど問題, また盗む, また色々, むしろ反対, むしろ学者, わたしが, カンキンも, ネンゴロに, ビルマへ, ピストルが, ファシズム, モスクワへ, 一〇〇パーセントにさえ, 一万円でも, 一人で, 一人五千円近くにさえ, 一方が, 一日待っ, 一生でも, 一種の, 一見却って, 七階くらいの, 三日でも, 三百人の, 三百円も, 上から, 上記の, 下船どころか, 両刃の, 両方一致する, 之が, 二人の, 京都名古屋に, 今日にまで, 他の, 仲裁の, 何気ないふう, 余程経験, 保子の, 個人の, 偶然でなくなる, 偶然では, 僕は, 先生ご, 先生の, 先頭に, 全く文学, 全く法令, 公家の, 再婚する, 凡てを, 出来ないこと, 刀を, 切り込んで, 刑事責任を, 力にも, 劣った仕事, 助けようと, 効果的である, 医師が, 十フランくらいは, 卑劣な, 卓越した, 叱って, 名誉も, 吾家の, 命を, 哲学の, 唯菊五郎, 喀血の, 四五日泊りこむ, 国境だろう, 国民的生活が, 地味に, 地震の, 増給にさえ, 売品を, 大勢の, 大音, 天王山に, 女中の, 如何なる犯罪, 如何に, 妻や, 媒妁人に, 嫉妬を, 子供たちという, 実際に, 家も, 寄宿舎の, 射ち殺すから, 射殺する, 小便を, 少々なけ, 少からぬ, 少ないほど, 尾州代官山村甚兵衛氏を, 帝の, 幅を, 平凡人以下の, 幾つかの, 形を, 形式的に, 彼らの, 彼を, 彼女に, 彼女自身に, 御忠告, 心を, 怒鳴りつけるよう, 急に, 怪談を, 恕すべき, 情熱的な, 手つだうつもり, 打ちかかって, 打ち打擲, 折助が, 抽象的な, 持たないとも, 指揮官をも, 探索の, 数の, 斬捨御免という, 旧思想, 是の, 暴利取締令を, 木曽家の, 本当に全部, 某等の, 根本の, 案外試験, 極めて単純, 歌詞の, 武力に, 武力も, 歴史研究な, 死ぬの, 死ぬまで, 死人が, 殆ん, 殺されても, 殺すかも, 殺すこと, 氏を, 永遠の, 決して鴨田氏, 河野さんと, 法律上の, 流派の, 海上自衛隊の, 漢籍は, 濃かったり, 無口だっ, 無限の, 無限大でも, 煙草の, 牛乳を, 物に, 犠牲と, 犯人を, 狭義の, 現在の, 白い髪の毛, 百年も, 直訴する, 社会的に, 神膳の, 福屋の, 私が, 科学を, 科学的真理や, 稼業の, 竈に, 立ち退かぬもの, 第四次第五次, 結婚も, 縛っても, 縛め捕り検断所, 翌日また, 職権妨害罪を, 腕力に, 自身の, 船全体を, 花を, 芸者に, 芸術の, 芸術を, 葛岡さんを, 行っても, 訴え出る用意, 誘導性のみを, 譜代の, 貪っても, 貴下の, 買う気, 起滅盛衰の, 起重機の, 逃げるであろうこと, 野次馬の, 野生の, 銃剣を, 鍵を, 長さ三十フィート, 陰気にさえ, 随分好く, 非常ラッパを, 面を, 面白くなく, 音楽の, 頭でも, 飛んだ間違いごと, 食糧も, 鶴見組と

▼ 場合~ (211, 0.8%)

9 あつた 8 あるならば 6 あらう 5 あつて 4 いえば, でも, ね 3 云うと, 言えば 2 あらうとも, いいますと, ぐるぐると, すらその, それが, 普通の, 無いの

1 [151件] あつたとい, あつたなら, あつたらう, あの位, あらうか, あらうが, あるだろう, あるなら, あるならどう, いうと, いおうか, いふと, いろいろと, ぐるぐる変る, げすから, こうなる, この刀, この場合, これでは, これには, これを, ござらぬとく, ござります, さへ, さへも, しかも是, しかも男, して, すらもうすでに, すらも漠然と, すら彼, すら彼女, すら彼等, すら斬らず, すら粉飾, すら紛飾, そうも, そうクヨクヨ, その場合, その工面, その後は, その意味, その痛み, その響き, それから, それを, そんなこと, そんなに自分, そんな経験, ちが, どういう怪物, なけり, なしとも, なしに, はござりませぬ, はじめは, はやり兼ねない, まれに, みると, みれば, むしろ極端, めったにこんな, もさうであ, もさうであるとは, もしシノニム, やさしい神, わたしの, クキが, 一々違っ, 一つや, 一同が, 一日も, 一番最後の, 一般的には, 下女が, 事情さえ, 云えば, 人間その他いろいろな, 今聞かせられ, 仕方が, 他の, 何かの, 僕の, 前者は, 取り頽, 命くらいは, 変化し, 大欠伸, 夫が, 女郎さえ, 如何になん, 子供は, 実に惜しむ, 実際には, 局外者から, 屋根に, 島原を, 弟子を, 彼は, 御合点, 心の, 思ったよう, 思ふやう, 思出す, 意味あり, 捕はれないにも, 捕われないにも, 斬り捨てても, 映画に, 時と, 普通は, 極めて簡単, 毎年の, 氣が, 無くても, 無くとも, 煙は, 犯人は, 申しますと, 異国人の, 眼前に, 神話が, 私の, 精神病院へ, 紙などの, 考え, 考えても, 考えられて, 胸算用を, 自由な, 自由に, 色々な, 葛西氏は, 藩士などの, 西洋人の, 見て, 言うと, 言ふと, 言へば, 認めて, 誘拐される, 説明する, 走馬燈の, 醫者の, 里方へ, 金を, 鉄道の, 長いもの, 静的目的論であり, 非常に, 麻を

▼ 場合その~ (197, 0.8%)

3 人の 2 中の, 人を, 国に, 場で, 対手の, 甘さ, 異常な, 目の, 言動は

1 [176件] あぶないもの, ありよう, いずれが, いずれもが, おのおのの, お力にも, ために, とき初めて, とき無からは, とき自分は, ひとの, やうに, ような, リズムは, 一日を, 一期間には, 七名の, 三偉人は, 不幸に対して, 世界は, 世界即ち, 両親は, 中に, 中身は, 主張にあたっても, 事に, 事は, 事情を, 二人を, 交換条件として, 人が, 人に対する, 人は, 人物の, 人物は, 人自身の, 人間には, 仕事の, 代りとして, 以外に, 体積の, 作中の, 作品には, 作品は, 作家に, 作家の, 作家個人の, 作者たちにとっては, 作者に, 価値批判が, 個性の, 偶然が, 儘聞き流し, 先に, 利益は, 助力を, 勤人は, 危害から, 原因は, 友人が, 取扱いは, 受け方が, 合理的な, 同類が, 向上の, 周囲が, 哲学が, 哲学に, 問題を, 善意によって, 噴火口に, 国の, 國家に, 城下に, 場合が, 場所に, 境遇の, 婦人に, 婦人作家の, 家の, 家柄もしくは, 小市民性, 巧みに, 席上において, 幾十パーセントかは, 店先で, 形式至上主義な, 役を, 思想性と, 性的不具は, 恋愛の, 意図も, 意志には, 意識が, 感じは, 感情の, 手段は, 技巧と, 探究の, 政治は, 数十年の, 文字を, 文章の, 新しき中心, 方の, 方向が, 方向転換の, 明暗が, 時の, 時初めて, 普及率は, 普遍妥当性の, 有様を, 核の, 棚の, 極端は, 概念は, 無は, 熱情は, 理由を, 生産に, 男に, 男の, 百万に, 百姓は, 目的が, 目的を, 直ぐ明瞭, 研究員を, 神を, 種の, 積んだ高, 空想は, 第三者は, 答えの, 答えを, 紐を, 純粋性を, 純粹性, 結果を, 絵は, 絵画の, 者にとって, 肉親の, 自信を, 自然さよろこび, 色彩の, 苦心は, 英雄振り, 血路の, 表情に, 表示は, 被害地に, 製品たる, 観念は, 言葉に, 言葉を, 訳語の, 詮議に, 賞の, 質問の, 質問者は, 身心の, 近代的特性が, 近所には, 逆の, 道路の, 遣る瀬, 重きを, 金が, 関係は, 閲歴を, 静物が, 題目と, 體系的説明を, 黒白は

▼ 場合において~ (181, 0.7%)

2 この男, これを, その幽霊, 一つの, 交換者, 労働の, 子供の, 散所, 私は

1 [163件] あたかも子, いう如くそれ, いかにし, いささかいう, いささかの, お喋り坊主の, お喋り坊主以上の, かかる作用, この矛盾, これに関する, しかも彼ら, すなわち仁臻, そうである, そのある者, その付け合わせ, その名, その地主側, その小児, その惰性, その道に, その間引き, その関係, その音楽, それだけ, それは, そんなに判然, ただ一国の, だれも, ですな, どうしても厭味, どうしても現代化, なお幾分, もしその, もし資本, ヤマトの, 一二の, 一定量の, 一方の, 一致する, 七二〇磅という, 三保谷の, 上半は, 上述の, 主觀そのもの, 乃至しかせられる, 事実であり, 二つに, 人は, 人口の, 人類の, 伴なう, 何等かの, 価格は, 個人の, 健三を, 先生は, 刀の, 分類に, 初めてこれ, 初学の, 利潤が, 利潤と, 前代の, 労働に対する, 労働者の, 労賃が, 労賃の, 動機たり, 反比例する, 古来その, 同一であるなら, 問題と, 国の, 土地と, 地主が, 地主は, 地神に, 埋葬の, 基は, 外国及び, 外国穀物の, 大した変化, 大陸諸国より, 夫たる, 失われたもの, 女を, 学生演劇とか, 学者は, 完全に, 客観的である, 常に見出されるごとく, 幽霊は, 強い義務感, 形而上学者である, 彼に, 彼には, 彼もしくは, 彼らの, 彼自身の, 得意の, 思い出さないわけ, 恰好な, 意志を, 愚な, 我々は, 或いは親子, 所謂物持筋は, 支出の, 攻守の, 文芸院の, 既に理論, 日本の, 普通民は, 最も必要, 最大満足が, 極めて有害, 極めて誤った, 極めて重い, 歴史家は, 永久に, 深く己, 無限の, 特にはなはだしい, 特に大きい, 特に著し, 特殊民との, 現在の, 現在吾, 現象の, 生産された, 留意すべき, 異常数の, 相闘っ, 真にこれ, 真実の, 神経によって, 私が, 穀物の, 空気中には, 米友は, 精神に対する, 純収入, 結婚の, 結局生ずるであろう, 結果は, 自らこれを, 自己を, 苦労を, 著しく異る, 表面的には, 見るところ, 解決が, 警備上実際, 貧民に対する, 貨物が, 輸出という, 農業利潤並びに, 農業者は, 都市における, 閑却された, 限りの, 食物で, 馬方は

▼ 場合それ~ (153, 0.6%)

2 [14件] がいっそう, が如何にも, だけで, はその, はただ, は下絵, は個人, は全く, は往々, は最も, は歴史, は決して, を新た, を習慣

1 [125件] から三ヵ月以上収監, があの, がなかなか, がひどく, が一層, が主として, が何, が何となく, が充分, が全く, が凍る, が出来る, が到底, が右, が同一, が対象, が己意, が忘れられよう, が戯曲, が有名, が期待, が果して, が極めて, が決して, が洋行帰り, が知識, が職工たち, が自然, が観念的, といわず, と一緒, と見定めました, ならと, につれて自分たち, に対して批判, に対して本能的, に属し, に応ずる, に拉がれる, の面白い, は, はあきらか, はいつも, はけっして, はこれ, はさらに, はずいぶん, はそれ, はたちまち, はどういう, はどんな, はなほ例外的存在, はふくらした, はまた, はむしろ, はもう既に, はもとよりつねに, は一層, は不正確, は不純, は云わ, は五歳, は他人, は何, は個人的財産, は利害, は割合, は劇, は単なる, は単に, は却つて司法官, は国法上, は多かれ少かれ, は大きな, は実は, は必ずしも, は政治, は文学, は明り取り, は昔, は最初, は機会, は正しく, は無益, は物, は短い, は第, は脳髄, は自己完成, は虐待, は豊富, は逆, は運動不足, は青い, もよくよく, も多く, よりほか, よりも尚一層, をいう, をうつす, をことわる, をさとらない, をでも, をフウイヌム, を一つ日記, を世界, を乱さない, を云, を会話, を凝視, を往々, を承知, を描い, を断りきる, を止めよ, を歴史的, を法則, を牢舎, を監督, を知っ, を自分, を言いだしたら, を語らない, を防ぐ, 故学問

▼ 場合~ (145, 0.6%)

43 から 2 からお, から鎌倉, が, がいい, といふ, とちょっと, ともう, と思います, と思う, ね

1 [118件] あれは, からおいら, からお前, からこそ創作, からぜひ, からそんな, からたとい, からだ, からどうしても, からなん, からね貸し, からひとつ権道, から二階, から仕方, から何, から作者, から友人, から失くし, から弁解, から引力, から御免, から打算, から是非無し, から牛, から申します, から痛い, から細君, から聞い, から貴様, から迷わ, から遠慮, があの, がその他, がそれ, がね, がもし, が不可能, が与八, が併, が彼, が管仲, が自然弁証法, けれどお伴, けれども, し, そうです, ぞ, だから貸し, つたから, つて, つてあり得る, つてさうである, つてない, つてもつ, つて俺の, つて否, つて吾家の, つて当人も, とあまり, ということ, というの, といつ, といふ樣, とう, とかあるいはまた, とか或は又, とこの, とさう, とされ, としても何で, とする, とそう, とその, とたまたま, とどう, とどうしても, とわりに, とカメラ, とナラ, と一割, と云, と云っ, と何, と何ん, と停車回数, と先生, と否, と周囲, と大, と夫, と当否, と心得, と思い, と思ふ, と感じた, と検事, と横手, と母, と狼狽, と甲, と皮下, と空気, と第, と見るべきだろう, と言っ, と言われ, と身体, と速度, な, ねど, のと, またこの, もんだ, 何うし, 卑怯で, 殊に秀子, 気が, 面押拭って

▼ 場合においては~ (127, 0.5%)

4 それは 2 労賃の, 彼は, 穀物が

1 [117件] あの小説, あるいはその, いい素材, いまだ気象要素, おまえも, お銀様, かなり大切, こう一言, この感情, この議論, しばしば虚栄心, そう信ずる, その反対, その期限内, その苦痛, その騰貴, それが, それこそ, たいていの, たしかに民主主義, なおさらである, まず本人, むしろケチ, むしろ強請, ソッと, 一国は, 一層物, 一方の, 一時的の, 一般に, 万, 両方に, 主人相い, 人事法だけを, 人口の, 人口は, 人権と, 人間であります, 人間の, 他人の, 作者即, 作者自身が, 先行原因または, 全然これ, 全租税, 利潤率は, 前章で, 労働に対する, 労賃に対する, 勝利の, 勿論の, 単に進むべくし, 反って, 同じ事業, 同一の, 否遙, 啻にこの, 善人かえって, 四または, 国庫の, 土地から, 土地の, 報償は, 外交折衝の, 大抵男, 官憲の, 實に, 当局, 当然に, 彼らは, 徒に彼, 徒刑囚が, 必ずしも奢侈品, 必然的に, 悪政財産の, 我つねに, 我より, 教育と, 機先を, 機械及び, 武備機関は, 決して彼, 清明な, 然り, 現実の, 球技を, 理論的意識は, 生産機関も, 癩患者が, 發生する, 相手の, 私は, 秩序法律道徳政府社会すべてが, 穀価の, 穀価は, 穀物に対する, 穀物の, 第一声を, 納税者は, 絶対に, 絶対的である, 自然の, 著しき困苦, 諧謔その, 象が, 貨幣が, 貨幣労賃の, 貯蓄は, 費用において, 速いと, 遠くの, 選択は, 避けて, 避け得ない結果, 量と, 附加的食物の, 養子制は

▼ 場合とは~ (115, 0.4%)

8 異って, 違って 5 反対に 3 ちがって 2 どんな場合, 全く違った, 比較に, 異った, 異なつて

1 [81件] いえそれほど, いえブリスコー, いえ人, いえ捨てられた仏, いえ見違うなどという, いへ父, おのずから異, かなり様子, しばしば経験, それぞれ別の, ちがいなぜ, ちがいましょう, ちがいますよ, ちがうと, ちがったより, とうてい比べもの, なった, はんたいに照明, まったく違った, まるでちがった, まるで違う, もちろん話, もとより同一, よほどわけ, 云え他, 仮に幽か, 何んの, 全く別, 全く反対, 全く隔世, 全然違った, 別な, 別個の, 区別されね, 区別される, 厳重に, 同じ一人, 多少規定, 多少趣き, 大いに異, 大いに違う, 大分ちがっ, 大変な, 少々違う, 少しく意味, 幾分違っ, 幾分違つて, 心の, 意味が, 打って, 桁数が, 決して同一, 無論一様, 無論前例, 申せ忍び, 異なって, 異り, 異りまし, 立場が, 自ずから異なる, 自ら別個の, 茲の, 逆に, 逆の, 違います, 違いますからな, 違いますよ, 違い実は, 違うかも, 違うから, 違うが, 違うという, 違うの, 違った手加減, 違つて軽く, 違つて選挙です, 違ふかとも, 違ふとし, 間断なく, 限らず客席, 限りません

▼ 場合よりも~ (115, 0.4%)

7 遥かに 3 はるかに, より多く 2 よりよい, 多くの, 大である, 百千倍も, 遙かに

1 [92件] いっそう下落, いっそう甚だしい, いっそう躊躇, いっそう顕著, かかる特別, さらに一層豊富, さらに一段, ずっと大きい, その多量, その生活必要品購買力, もっともっと露骨, もっと丁寧, もっと凄惨, もっと急速, もっと文学, もっと絶対的, もっと過飽和, もっと高い, もつと, よりさみしい, より多数, より悲壮, より社会科学的, より複雑, より高い, より高く, ラジオ, 一そう深い, 一層よく, 一段と信仰, 一段前である, 三等重きを, 不気味な, 二等を, 他殺の, 低廉に, 値打が, 労働の, 却て, 厚くかつ, 原物に, 喜んで, 困難な, 地金の, 多いだが, 多少は, 多数であろう, 大きな困難, 失意の, 宇宙という, 宇宙といふ, 安定の, 少ない, 幾分強く, 引去り得る部分, 強い, 強く反, 彼らの, 後者の, 恋愛において, 恋愛を, 悲しく感じる, 成人と, 拙く行った, 改善されるであろう, 放庵を, 政府の, 数において, 早く疲れる, 最も大きい, 本質的に, 気楽で, 水蒸気の, 激しく対立, 無神経に, 狼狽は, 甚しい, 甚だしく種々, 真剣に, 確実に, 税金を, 約一〇倍, 罪が, 習気に, 自由市民として, 豊富な, 輕く, 速かに, 遥かにより, 重く罰する, 長平には, 鞏固で

▼ 場合~ (106, 0.4%)

2 [11件] が無限, とし, のやう, の眼, の習慣, の誤謬, はその, はつねにもちろん, は何, は少く, は立ち停

1 [84件] があなた, がこの, がその, がだれ, がふっとん, がほん, がチーム, が何時, が屋敷, が彼女, が疑われ, が秋田餅, という一人, という存在, とした, など双手, について来, にとっては非常, にとって必要, にはそれ, には分らない, にまったく, にまつたく知られ, に代っ, に取っ, に残された, に縋り着かなけれ, のこと, の主張, の事件, の個性, の全, の全的, の友人, の取りうる, の心, の心持, の心臓, の思想, の最も, の武器, の歩き出した, の生きよう, の相手, の胸, の頭, は, はいったい, はいつたい, はこういう, はここ, はこと, はた, はただ, はなにか, はなん, はやはり, はヒロイスト, は三階, は二つ, は先生, は労力, は坐, は坐っ, は妻, は少し, は後者, は持続, は持續, は最も, は桂子, は比喩, は氏, は法, は私自身, は考へる, は自己, は蛙ども, は行く先, は見る, は誣告, は路上, より迅, をも解

▼ 場合である~ (102, 0.4%)

5 ことを 4 ことは, ので彼 2 から新, がしかし, がそれ, が実際, のである, ので佐山君

1 [77件] かとにかく, からその, からです, からわれわれ, から世界じゅう, から何所, から或いは, から放電陰像, から汽車, から祝儀, から話, から誰, かわからぬ, がぜんたい仲裁, がその, がなんと, が一刻, が中以下, が今, が夫, が女, が患者, が故に, が普通, が更に, が横, が機敏, が然し, が私, が立志伝, が笠神博士, が蒲原有明さん, が面白い, けれどもほとんど, ことに, ことも, こともし, こと後述しよう, さつ, し探偵小説, それを, ために, だけにそれ, だけにどの人, だけに寧ろ, ということ, としても老年, として三月, として翌朝, として見よう, としよう, とすれ, とそれ, とどう, とも考えられる, と云っ, と公開, と少数, と思ふ, と文珠屋佐吉, と考えた, と考へ, にも拘らず, に拘はらず, のが, のだ, ので, のできょう, ので一口, ので撲殺, のにたいした, 二商品間の, 慶喜らは, 点を, 筈であった, 筈は, 限り不可能で

▼ 場合なら~ (95, 0.4%)

5 ばその 4 ばこの 2 ばどう, ば飽くまで

1 [82件] あなたは, いいが, いつも必ら, おそらくあの, こんなつまらぬ, すでに百枚, せめて電話, その肌, それで, それは, それも, とにかく他, ともかくである, ばおそらくは, ばお互い先, ばそう, ばそれ, ばつば競り, ばほとんど, ばまず, ばもっと, ばよい, ば一応, ば一時間, ば之, ば何, ば傷痕, ば充分, ば円柱, ば再び, ば凡人, ば初, ば即ち, ば多く恋人, ば大した, ば大抵, ば左様, ば平気, ば必ず, ば思いきっ, ば急, ば格別, ば歴史記述, ば水素, ば無論, ば無邪気, ば煙草, ば特に, ば球速, ば生活, ば直観, ば知識社会学, ば空想, ば簡単, ば約, ば網膜, ば花弁, ば認識, ば貝, ば遅参, ば野球, ば電気, まだまだ隣人, わしどもは, わたくしたちの, 二十年前の, 仕方が, 他人が, 僕だって, 兎に, 兎も, 到底イサベル, 卒業生の, 同じふるまい, 女房も, 彼女の, 浪士なぞは, 特に, 私は, 胃の, 観客は, 貴女一人で

▼ 場合においても~ (85, 0.3%)

2 彼は

1 [83件] いかなる代価, いかなる道程, いつも一つ, お喋り坊主の, この例, この週期性, これは, その富, その結果, その関係, それだけで, それは, それ自らとしては, たとえば三人, たとえ彼, なおその, なお少から, なんらかの價値, またそれ, また供給, また同様, また生産物, もしすべて, もちろん変り, やはり名人, やはり第, カメラを, ドストエフスキーの, リズムの, 一つ一つの, 一度び製作, 三綱の, 主観的なり, 予報の, 代償として, 偶然にも, 前者は, 同一の, 同断で, 同様である, 吟味せられるべき, 団体が, 地震の, 場合の, 売れ残り品を, 変化を, 外に, 姫の, 学校教育の, 弟子が, 彼らは, 必ず物資, 思索する, 愚人の, 愛して, 我々は, 数の, 新らしい, 明るいほ, 明白に, 昔の, 根本の, 梯子を, 正視する, 歴史家は, 決して冒涜, 決して許しません, 為さざる能わざるの, 為すある, 生命の, 発明の, 考慮に, 自分は, 自家の, 表裏の, 記者が, 調子外れの, 負けの, 部分的需要の, 電場の, 需要は, 靴下の, 飽くまでも一義的連續的

▼ 場合によ~ (85, 0.3%)

64 つては 2 つて必要である, つて非常に

1 [17件] つてそれは, つてむしろ, つてもの, つてタダで, つてプロレタリヤの, つて作家は, つて半年か, つて完結しよう, つて帽子を, つて思想とか, つて提灯持ちの, つて照明音響効果衣裳等の, つて甲の, つて異, つて荒療治を, つて論ずべきなり, つて軽蔑と

▼ 場合この~ (82, 0.3%)

6 ような 2 オデン屋の, 尊大な, 書物を, 種の, 運動が

1 [66件] ためな, ふたりには, ものは, ような次ぎ次ぎ, ブルジョア, レッテルだけを, 上がり座敷へ, 両者の, 二人の, 人たちに, 人たちは, 人だ, 人に, 何日間か, 克明な, 党派的政治的傾向の, 円を, 医者は, 危険は, 同僚感という, 問題に対する, 四角な, 国が, 国では, 天皇の, 奥さんの, 女子を, 如き技術, 定理は, 客観的存在が, 家長は, 専門家達の, 帝国主義の, 強情な, 心理的動機は, 怒りの, 怖るべき, 思想は, 悪だ, 意味に, 慣例を, 手と, 指導権は, 掴まえどころ, 方程式によって, 書き物を, 本質を, 条件反射による, 核に, 概念は, 水茎の, 点を, 理想状態に, 監視人の, 種類の, 系を, 表現が, 言葉が, 詩集は, 話題が, 運動をば, 酒飲みの, 関係の, 雨, 食べ物が, 鼻には

▼ 場合にでも~ (77, 0.3%)

2 その仕事, それは, 一個の, 健全だ, 自分の

1 [67件] あのお方, あらかじめ誘う, あるレベル, いくらか良心, これを, こんな意見, しばしば原因, そうな, その一人, その人, その研究者, それを, どんな境地, ひそやかに, へこたれては, まだ龍子, ものを, やつぱりあれ以上の, やはり子供等, わざわざ見物, わたくしは, エゴイスチックに, 与えられるまま, 二日や, 云える, 人々の, 人の, 他人へは, 何かしらある, 何となし, 例えば被害者, 公然と, 同様な, 呑気で, 天然現象, 夫婦の, 女の, 姙娠といふ, 子供の, 実行出来る, 寧ろその, 弱って, 弱虫の, 我々の, 描かれようとして, 救助の, 方言は, 方言はか, 果して, 決して独占資本家たち, 決して関係, 用いられねば, 目に, 眠るの, 睡る事, 私たちは, 科学の, 立ちいたったら談判, 算盤に, 肩身が, 自分から, 自分を, 解釈の, 試験用の, 集った人間, 雨具を, 革反の

▼ 場合でない~ (68, 0.3%)

5 と思った 2 と思っ, 普通の, 限り英語で

1 [57件] から, からわか, からわれわれ, から早速, から林田, から直ぐ様元, から諸君, から遂に, が東京, が食卓, ことも, ぞ二言, とこの, としていさぎよく, として不賛成, として北原兄弟, として昼夜兼行, として町内有志, とそっと, とその, とそんな, とぞんずる, となかなか, と人, と今, と今度, と傍, と切り出せない, と力説, と彼, と思い直し, と気がつい, と決定, と生活, と考えた, と見え, と隔て, と飯, のだ, のです, のでやっぱり, ので悲壮, ので気, ので頼長, まアお待ち, んです, 余は, 其のまま外, 愈々其の, 日本国中苟も, 限り丁度, 限り他人から, 限り公式表現そのものによって, 限り映写技師は, 限り気分が, 限り眠っ, 限り船へ

▼ 場合~ (64, 0.2%)

16 んだ 9 のである 5 のだ 4 んです 2 ので, のです, んでしょう

1 [24件] だけにぼく, のだった, のであらう, のであろう, のでそれ, のでつい, ので丿観, ので彼, ので急, ので案内, ので棺輿, ので私, ので空気, ので細かい, ので自分, ので誰一人ソンナ事, ので銀之丞, のと, のにかかわらず, のに内地, のも, のを, んでし, ンて

▼ 場合における~ (57, 0.2%)

2 精神運動の

1 [55件] あの頭巾, お延, この必然的関係, せり上げの, その一つ, その増加, その極端, たった一つ, ところに, ものとは, エントロピーの, 不愉快な, 乙を, 予報の, 助演者は, 勝負運は, 君子は, 品種鑑別の, 唯一の, 均衡価格の, 夫人の, 如く, 姉の, 実際の, 実験室は, 市場価格決定の, 常法として, 年齢の, 彼らの, 彼女は, 必要不, 感冒伝染の, 描写が, 教員の, 次の, 気象要素の, 水に, 決定条件として, 消防当局の, 温度の, 点, 特殊の, 私の, 科学者の, 程無条件に, 米友は, 能知者と, 自分と, 興味は, 落第は, 規定は, 視像, 評価が, 読者の, 諸関係

▼ 場合について~ (57, 0.2%)

6 考えて 2 この解法, であった, 言えば

1 [45件] いえば, いおうと, いわなかった, かれこれ云いたくなかった, そうやっ, そのとおり, それが, なんらの, みても, みよう, モデル的に, 一般に, 両者を, 云うと, 云へば, 人々が, 人の, 代つて云, 個々に, 兩者を, 具体的妥当性を, 具体的妥当性実質的公平を, 大多数, 実験的に, 想像した, 教へ, 文学, 最も適切, 条件は, 物理学の, 研究する, 簡単な, 統計的の, 考えても, 考えると, 考える時それ, 考へても, 考察し, 見ると, 見れば, 言は, 計算し, 計算を, 記して, 調べたもの

▼ 場合だけ~ (56, 0.2%)

10 である, では 3 だった 2 だ, であ

1 [29件] だが, だったこと, であったと, であって, であるが, である故に, でさえ, です, ですね, でそして, でないこと, でなくお母さま, でなくこの世, でなくすべて, でなくほか, でなく彼, で平常, で犬, で確か, 出ます, 問題に, 小せん流, 彼は, 正当と, 発撥する, 紳士である, 繕って, 考えると, 資本制生産の

▼ 場合です~ (54, 0.2%)

4 ね, よ 2 から, がこの

1 [42件] か, かそれとも, からあまり, からお, からこれ, からその, からただ, からな, からなんとも, からね, からね今に, からナイフ, からロースポーク, から会津屋, から何れ, から即金, から天子, から手, から物惜, から物惜しみ, から生命がけ, から繕っ, から遠方, がこんな, がそれから, が中心, が即ち, が私, が秘密, が若し, けれどもこれ, けれども想像力, けれども柳田平治, けれど凄絶, し一刻, とトースト十セント, な, もの, もの少し, よって布団, 之は, 何遍も

▼ 場合じゃ~ (53, 0.2%)

11 ない 5 ありません, ねえん 3 ないと, ないん 2 ありませんよ, ないか, なかった

1 [20件] ありませんぜ, ありません起きて, あるまい, あるめ, ないおい, ないかという, ないぞ, ないので, ないよ, ないわ, ない手, ねえか, ねえぞ, ねえや, アござんせん, テ臆病な, 人の, 今はよか, 剣山の, 無いよ

▼ 場合~ (51, 0.2%)

2 はただ, は善き, は恐るべきである, れの

1 [43件] がいそ, がとり得る, がどんな, がなぜわざわざ, が仏祖, が何人, が死ぬ, が胸, としてはまずこう, と私, にとって大事, にとって月々, にはつらかっ, には命, には大事, に取っ, に命がけ, のニイチエ等, のメランコリイ, の前, の存在, の心, の想像, の演技, の特有, の生活, はこの, はほとんど, は倉庫, は合理, は天皇, は平気, は悪しき, は惡しき意味, は最も, は果して, は眞, は眼, は脚, は藻, は道子, を, を救っ

▼ 場合によって~ (48, 0.2%)

2 一様で

1 [46件] あなたがたを, いろいろちがった, いろいろに, いろいろ数は, これ等の, こんな価値, そうしなけれ, その一人, その作者, その意味, その落花, ちがうという, どうしてもテロリズム, どんなこと, 一言も, 人を, 伝染性の, 侍に, 免れがたい, 全く別, 八時間以上の, 劇的な, 却ってわたし, 厨川と, 同じよう, 声を, 変化する, 多くの, 夜と, 専ら, 必ず深浅大小, 治療主義即, 無念とも, 猫の, 異なる処, 百や, 相手を, 科学者が, 臨機応変の, 色々に, 虚偽意識を, 説きよう, 調所の, 軽蔑と, 運動全体を, 非常に

▼ 場合これ~ (46, 0.2%)

2 はもう, は彼女達, を冗漫

1 [40件] が, が増加, が役立つ, が自由, でご免, で間に合わせる, と反対, に参与, に抵抗, はいずれ必ず, は一語, は何マイル, は千草, は和字, は恐ろしい, は本質的, は現在, は當然, は見のがす, は転向, ほど非, までにもおりおり使った, までも忠直卿, までよりもっともっと, も大, も物理的, よりも少し, を, をあけ, をいかに, をこけ, をよりまし, を受容, を広く, を新聞記者, を自意識過剰, を見る, を言語遊戯, を試みない, を逸早く

▼ 場合自分~ (46, 0.2%)

2 が優越, の好き

1 [42件] が無, が男, が秩父, が見, が身, が闇, こんな心持, でやる, というもの, などは確か, にとっ, によく, に対してどれ, の, のすべき, の今, の仕事, の利潤, の利益, の力量, の取るべき, の商売, の失敗, の妻, の実際, の家, の幻想, の心, の意見, の死期, の潔白, の行動, の隣人, はまず, はもとより, は公表, は其, は気, は穢多, は認定, をどう, を慰藉

▼ 場合にのみ~ (44, 0.2%)

2 知性的であり得る, 絶望は

1 [40件] あり得るの, この男, これを, その地点, その気もち, それが, はじめて明白, 不思議に, 使うべきである, 初めて訳者, 即ち反省, 収穫の, 問題が, 囘想は, 存在する, 実と, 強制的に, 必ずの, 有りうること, 生ず意志, 用いた, 私は, 精神的拷問と, 考えられるの, 自己は, 芸術家の, 薬用として, 藩論掌握の, 見られるもの, 許さるべき, 警告として, 起こりうる現象, 起るもの, 通例考えられ, 逢うこと, 適用さるべき, 限られたる単なる, 限られて, 限られてる一種, 限られる

▼ 場合として~ (37, 0.1%)

1 [37件] いうとき, この論理, その文化的自由, もし関係, わたしは, 一般の, 与えられそう, 之を, 凡ての, 分化する, 勿論そういう, 又夫, 取り上げ直されねば, 同数シノニムと, 含んで, 如何かと, 妥当する, 復古主義が, 情意形態, 愛らしい夏子, 抜くや, 次の, 民衆と, 片づけて, 理解される, 理解するなら, 産め殖やせという, 癪に, 発明, 科学上の, 自然その, 見れば, 言葉による, 邦語を, 金属製造という, 鍛へた声と, 面白い趣向

▼ 場合さえ~ (35, 0.1%)

7 ある 5 あるの 3 少なくない 2 あった, あったの, あります

1 [14件] あるよう, もたなかった, よくあった, よければ, 多い, 多いから, 多いの, 実は我我, 少なかった, 往々に, 折々は, 描かれて, 起り兼ねまじく御, 非常に

▼ 場合どう~ (33, 0.1%)

6 すること 3 したって 2 すれば

1 [22件] かを考える, したか, します, する, するかという, するだろうか, するの, だろう, であらう, であろうか, でも, でもいい, でもよく, なったか, なるかも, なると, なるという, 云う風, 出来るであろうか, 思えるかね, 挨拶し, 解釈すべきである

▼ 場合などは~ (32, 0.1%)

2 これを

1 [30件] いかなる俳優, これはからの, ずいぶん骨, ひとつも, まさにそれ, まだしも恕, まだまだそれ, やはり二条, ガスの, 一フィート位の, 一度だって, 仕方が, 全然車, 名前は, 大学の, 実際に, 屡, 平田氏は, 悪夢の, 慣用が, 昔よく, 最遅く, 有りうるが, 有り得なかった, 正にそうだ, 正に動相, 此古典的な, 猶更とい, 言葉が, 身体の

▼ 場合であっ~ (30, 0.1%)

2 てはならない, ても

1 [26件] てこういう, てこの, てさえある, てさえ存在, てそれ, てたいてい, てたぶん, ては需要, てもお, てももしも, ても一個, ても同様, ても商用外出, ても外見上, ても新聞, ても裁判所, ても見, てわれわれ, てノヴィコフ, て他, て時に, て柳田君, て法令法規, て第, て精密, て職長

▼ 場合~ (26, 0.1%)

2 それは, ような, 否らず

1 [20件] おとづれる神即, その他に, でなければ, どうか, のいづれかなることを暗示, またはそれ, もしくはこれ, もしくは本当に, 何か, 俳優が, 又は相当年, 又は非常, 忘れましたが, 意識の, 或いは個々, 或は根源的, 特殊の, 知りませぬ併, 知れねえが, 空想としてしか

▼ 場合より~ (26, 0.1%)

2 その罰, 遙かに

1 [22件] ずっと上方, ずっと見え, どのくらい, ハッキリと, 以上の, 偉大な, 出来が, 分からず屋, 呆れるほど, 嚴重に, 女性としての, 小さい, 強い感慨, 普遍的と, 更にその, 比較に, 海螢の, 深刻な, 積雪量が, 結婚當事者も, 遥かに, 餘程輕減する

▼ 場合~ (26, 0.1%)

2 と挨拶

1 [24件] かひどく, か便法, か甘い, か男, か知る, か罪, が持ちあがる, というさわぎ, という字, という放胆, という返事, といっ, にも考慮, のため, の役目, の矛盾, の言葉, もその, もない, もわからない, も死, よりもありがたく, をどう, を問わるる

▼ 場合だって~ (25, 0.1%)

2 そうだ

1 [23件] ありうるわけ, ありそう, あり得る, あり得るだろう, ある, あるに, あるの, あるもの, あるよう, あるわ, いくらでも想像, おんなじさ, お互, そうです, たまには, よくある, 作家の, 例えば, 同じ事, 天は, 有りうるでしょう, 確かに, 証明し

▼ 場合により~ (25, 0.1%)

2 唄は

1 [23件] あるいは高き, そこを, どう云, スチルリング氏検査表, 三ヶ月または, 中間の, 事情により, 事態によ, 個々の, 僧團に, 右から, 増減が, 外出を, 多いこと, 多種多様である, 実験の, 必要が, 斬って, 明亮に, 時刻によって, 粒が, 街道の, 頻度の

▼ 場合我々~ (25, 0.1%)

2 は意識

1 [23件] にとって悪しき, にとつて惡しき因縁, のとるべき, の期待, の言葉, の認識, の認識活動, はかの, はその, はそれ, はどこ, はベルグソン, は一定, は人間, は単に, は吹込み, は味わう, は容易, は彼等, は映, は柄, は直観, は真に

▼ 場合のみ~ (24, 0.1%)

7 では 3 です 2 である

1 [12件] だという, であって, でなく人, でなく日常生活, ならずこの, ならず予て, ならず古今東西, ならず相手, ならず種々, ならず觀念的存在者, 慘めに, 我もし

▼ 場合だった~ (23, 0.1%)

2 のです

1 [21件] からかもしれない, からつい, からつかつか, からね, から椎の木, がこんな, が久慈, が同じく, が恐らく, が石亭先生, が門柱, ことも, し仕方, とは云え, のである, のでかなり, のでじっと, ので島村, ので思切, ので格別, ものです

▼ 場合であった~ (23, 0.1%)

2 ことを, のである

1 [19件] から, からお, からこの, から事情, から今度, から幸福そのもの, から成り立った, か忘れた, があいにく, がしかし又, が次に, ということ, のだ, のです, のでその, ので自動車, のに今日, 故にこれ, 通り戦争ジャーナリズムは

▼ 場合でなけれ~ (23, 0.1%)

3 ばならない 2 ばならぬ

1 [18件] ばお許し, ばかえって, ばならず, ばならなかった, ばわたしたち, ば使用, ば出す, ば士気, ば容易, ば弦, ば成功, ば拷問, ば決戦, ば滅多, ば経験, ば膳, ば苦心, ば関東

▼ 場合だけに~ (22, 0.1%)

2 彼は

1 [20件] その笑, 云へる, 今夜の, 就いて, 強いて深い, 心打たれ, 思わず竦然, 注意を, 深更ひとしお, 疑えば, 群集が, 膝が, 血の, 行われるの, 誰しも, 限ったこと, 限って, 限られて, 限りお早う, 限りませんな

▼ 場合とでは~ (22, 0.1%)

1 [22件] ずいぶん事情, その印象, その差甚大, その現れ, ちがいが, どこか, 人民の, 個人という, 全然異, 勿論思考, 周囲からの, 大へん様子, 大分感じが, 条件は, 根本から, 目的の, 相当に, 相違が, 矢張り程度の, 確かに, 自ら心の, 電流の

▼ 場合~ (22, 0.1%)

1 [22件] にかかわりあっ, によって態度, に依, に怪しまれる, の場合, の生命, の目, はいつのまに, はいつのまにか, はそれ, はだまっ, はどういう, はより, は冥々, は同じ, は必ず, は怯懦, は感服, は知る, は聯想, は誰, への愛

▼ 場合特に~ (22, 0.1%)

1 [22件] それが, ものの, 主體, 君にとって, 大事な, 寒い, 差別を, 御仁恕, 我慢の, 政府の, 明かに, 明瞭であろう, 晩年は, 歴史の, 比較に, 注意すべき, 白血病が, 目立つそして, 適切であった, 配慮に, 重要な, 重要性を

▼ 場合~ (21, 0.1%)

1 [21件] あるいは唄った, あれへん, おへん, その他の, また先生, また愛児, また計画的, を通じて人柄, 一般的, 又は乙, 又は甲, 地方によ, 場所において, 太后が, 孫の, 極めて近距離, 沼の, 父祖が, 自分が, 遠方の, 靴底の

▼ 場合から~ (20, 0.1%)

1 [20件] いふ言葉, まず, 一般の, 一般を, 云えば, 出発し, 判じてか, 動詞を, 四行の, 始めて, 弁信は, 推して, 歸納し, 特殊の, 直に一般, 考えますとね, 見て, 言ったならば, 起り得る危険, 類推する

▼ 場合~ (20, 0.1%)

4 ういふ 3 へある 2 う考へられるであらう

1 [11件] うであること, うは, うむき, う思ふ, のみ問題, へあつ, へあります, へ実は, へ想像, へ有, やうなら

▼ 場合問題~ (20, 0.1%)

3 ではない, にならない 2 となる

1 [12件] がおのずから, でなく天井裏, ではありません, とはならない, と云う, にすべきで, になる, になるだらう, の圏外, の核心, はあくまで, は何処

▼ 場合場合~ (20, 0.1%)

1 [20件] でち, で一々, によってちがう, によって一様, によって人, によって必ず, によって猫, によって異なる, に依つ, に判断, に同情, に応じ, に臨ん, に適した, に關, に面接, のこと, の利害得失, の記憶, をあやつっ

▼ 場合いつも~ (19, 0.1%)

2 此の

1 [17件] それは, なら別に, の僕, ボオドレエルの, ヨーロッパ文化に対して, 二つの, 奇抜な, 女に, 庸太郎を, 彼女を, 感じるの, 槍玉に, 発揮し, 真先に, 突きあたって, 途中一向, 過去の

▼ 場合など~ (19, 0.1%)

1 [19件] あって, こうした不手際, である, なかなかそんな, みると, よく敵, 名物の, 始末が, 実に千差万別, 工兵の, 彼は, 思いの, 検屍に, 特に此, 私一人には, 考えるとき, 脱字や, 舞台稽古の, 運送屋の

▼ 場合にだけ~ (19, 0.1%)

1 [19件] あてはまること, ありうる批評眼, あること, そうなるだろう, であって, 一二度使った, 云われる, 人間の, 使う特別, 困却する, 彼らは, 改造された, 政治の, 生じた, 用いられるもの, 異様に, 當て, 自分は, 許されて

▼ 場合ほど~ (19, 0.1%)

2 その愛情, 美しい作

1 [15件] おげん, その知識, では, 価格を, 幸福な, 我我の, 濃やかに, 物の, 独断から, 私たちに, 科白の, 端的に, 美しさ, 適切なる, 顕著でない

▼ 場合そう~ (18, 0.1%)

1 [18件] あったよう, あるよう, さっきゅうに, して, しなければ, するより, だが, だそういう, であるの, であるよう, でない, でないと, では, とより他, なの, なるの, 感じるのほか, 簡単に

▼ 場合だけは~ (18, 0.1%)

1 [18件] いつも例外, この慎しみ, そういう周囲, そう大きな, それが, なるべく少数, 些と, 余には, 例外な, 君が, 彼に, 必ず画帖, 業者も, 構成を, 特別です, 特別な, 負けられない, 間違いながらも

▼ 場合でなく~ (18, 0.1%)

1 [18件] てはならない, てはならぬ, ては不, ては勝手, ては決して, ては起らない, てもすべて, ても亡くなった, ても即ち, ても読む, ともいずれ, ともこれからますます, とも有限, とも生れつき発音, とも米友, またそれ, 或る, 普通の

▼ 場合とが~ (18, 0.1%)

8 ある 1 あってね, ありは, ありますもの, あること, あるという, あるわけ, おのづか, それである, 入り交つて, 同じ言葉

▼ 場合~ (17, 0.1%)

1 [17件] ッつ, 互その, 互どう, 冷水だらう, 君にとっても, 品も, 国の, 延は, 徳も, 感じに, 此も, 綱が, 藤姐御, 角さんとして, 角にとっては, 銀の, 銀様には

▼ 場合ばかり~ (17, 0.1%)

2 では

1 [15件] これを, であった, でなかった, でなくおよそ, でなくだいぶ, でなくて, でなく任意自由, でなく全く, でなく単なる, でなく家, でなく耳, でなく越後表, クジナという, 考えたがるの, 考えて

▼ 場合もし~ (17, 0.1%)

2 彼が

1 [15件] その人, それが, それに, どちらかが, カントの, 地震に, 女中が, 實際私が, 我々の, 母の, 滴血を, 私が, 胸腔を, 軽率に, 魅力これ恐怖と

▼ 場合~ (17, 0.1%)

2 に適当, の場合, の者

1 [11件] からの補助, にどう, に考え方, のいかなる, の国, の塾生たち, の如何なる, の展覧会, の村, の骨董品, へ走る

▼ 場合相手~ (17, 0.1%)

2 が自分

1 [15件] がすぐれた, が刑事, が女, が渋った, が車道, が陛下, に対する彼, に怖, に選ぶべき, のもの, の不快, の人, の女, の弱点, は普通

▼ 場合であり~ (16, 0.1%)

2 そこには

1 [14件] この専門, そして大, それが, たびたび繰返し, また従つて, もう一つ, 三つには, 二つには, 他面から, 後の, 従って内容的, 東北では, 身に, 農村一般には

▼ 場合とを~ (16, 0.1%)

2 比較し

1 [14件] のぞけば, 一々こまか, 区別しなけれ, 區別する, 含んで, 弁別する, 思い出したらしく何, 択ばずに, 比べて, 比べること, 比べると, 比較する, 綜合すれ, 考えれば

▼ 場合~ (16, 0.1%)

1 [16件] がジュリアン・ソレル, が最も, が間違へた程度, が顔, とし, には却って, の嫌い, はあの, はな, はまさに, は友誼上, は地域的, は大道, は愛する, もいま, もむやみ

▼ 場合即ち~ (16, 0.1%)

1 [16件] コンダクターと, デコルテの, ハイデッガー, 一般的に, 前の, 反省と, 天地神明に, 慾と, 或時, 文化の, 景色を, 相互決定に, 観念狂奔, 認識論的で, 過失死と, 鉱物

▼ 場合~ (16, 0.1%)

1 [16件] かに教わった, が考え, しもひとり, しも打たれず, しも身, だって後閑さん, でもいう, でもがもち, でも比較的, とてひそか, にも相談, の口, の胸, もしよう, よりも悲壮, れもが

▼ 場合そういう~ (15, 0.1%)

1 [15件] ことが, ことに, ことを, もの, ものは, ような, 一般の, 一般化の, 可能性は, 境遇とか, 心理が, 歴史的な, 立場に, 遠慮は, 魂を

▼ 場合~ (15, 0.1%)

5 やない 3 やねえ 2 やあり, やありません 1 や, や引つ括, や無

▼ 場合をも~ (15, 0.1%)

2 研究せね, 考えねば, 考へて 1 予想し, 包含し, 婦人は, 宿命的に, 想像する, 数えて, 構わずに, 補足した, 論じて

▼ 場合日本~ (15, 0.1%)

2 が不正, の詩

1 [11件] が正しい, では形式, に於い, のその, の保守的, の俳優, の小説, の文化財, の特に, の知性, の青年たち

▼ 場合という~ (14, 0.1%)

4 のは 1 ことで, のが, ものが, ものは, ものを, ような, 口実の, 大局は, 言葉を, 風に

▼ 場合とか~ (14, 0.1%)

2 夜間静かな

1 [12件] あるいは人, いずれに, または身体, また周都督, 不器用な, 又はその, 宿酔の, 母体が, 理論とかが, 異状発作の, 議院建築の, 部屋に

▼ 場合などに~ (14, 0.1%)

2 なると

1 [12件] かういふ原稿, この大男, よれば, 偶, 多いよう, 寄付させる, 感ずるに, 施術者の, 極度に, 母とか, 活躍し, 言ふ

▼ 場合~ (14, 0.1%)

2 に許され, はそれでも 1 が僕, にし, の果断, はこつち, はどう, はよもや, は中央委員, は日本, も知, より外

▼ 場合私たち~ (14, 0.1%)

2 の心

1 [12件] の感情, の探求, の肉体, の記憶, はそれぞれ, は一々, は一言, は事実, は喫茶店, は文学, は自分, を不まじめ

▼ 場合あの~ (13, 0.0%)

2 人が

1 [11件] ように, 下駄を, 人は, 大友は, 女に, 応対の, 方の, 機関車を, 科白ぬきで, 自分だけの, 苛烈な

▼ 場合そこ~ (13, 0.0%)

1 [13件] に, には互いに, には哲学, には常に, には文学, には著しく, に坐っ, に当然, に習慣, へ出かけ, へ民主的文学, へ気, までの判断

▼ 場合についても~ (13, 0.0%)

3 同樣 2 同様である 1 いわるべきこと, いわれる, だまされたの, 分るよう, 同じこと, 同様て, 大体同じ, 私たちは

▼ 場合最も~ (13, 0.0%)

2 適切な

1 [11件] 便利である, 座が, 必要な, 応急の, 有効だろう, 決定的な, 注意すべき, 科学的であり, 聡明な, 許しがたい, 重要な

▼ 場合決して~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるべからず等, ただ単に, コムパクトを, 作品が, 作者の, 平静で, 正しい言葉, 死骸を, 目印の, 笑顔を, 第一, 誇張では, 調法でない

▼ 場合あなた~ (12, 0.0%)

2 ならどう 1 が天下, が惡, が本能, だけが犯人捕縛, にとってクラム, はあなた, はその, はどれ, は先刻私, は私

▼ 場合だったら~ (12, 0.0%)

1 [12件] かえって滑稽, こんな災難, ずいぶんと, それを, どうかしら, どうしただろう, どちらも, もっと楽, 味噌汁は, 旦那どの, 気にも, 自分の

▼ 場合でさえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] およそ材料, その制度, その必要, それにあらゆる, ブルジョア新聞は, 人間の, 作者は, 依然として自然哲学, 森田たまの, 概念を, 私たちの, 立つもの

▼ 場合との~ (12, 0.0%)

1 [12件] ケジメが, 三つが, 三度も, 二つの, 区別に関する, 区別を, 外は, 機み, 比較までを, 相違は, 開きの, 関係に

▼ 場合などには~ (12, 0.0%)

1 [12件] ある程度以上, この関係, やんごとなきお, ゆきわたれる, 以前の, 却つて他易く, 大略百分の五の, 後世迄, 我が国でも, 普通は, 泣女の, 相手の

▼ 場合単に~ (12, 0.0%)

1 [12件] 人の, 個人が, 分裂した, 原因結果の, 女子という, 理智的に, 生理的にでも, 画面の, 画題の, 異る, 自然の, 被投性

▼ 場合~ (12, 0.0%)

1 [12件] が職業, だと, です, のひと, の云う, の人, の側, の方, の行方, の身, の身もと詮議, は男

▼ 場合こそ~ (11, 0.0%)

1 [11件] われわれは, 下水夫, 心の, 我々が, 最も大きな, 本当の, 本當, 極度の, 正に, 理想的であろう, 社会の

▼ 場合とて~ (11, 0.0%)

1 [11件] その青い, それが, どうする, ピストルよりも, 人手を, 家来の, 彼も, 我々は, 死しても, 誤つて父, 費用の

▼ 場合とに~ (11, 0.0%)

3 応じて 1 よりて, よれば, 依る事, 区別しなけれ, 因つてこれを, 因る者, 応じ寮雨位, 論無く

▼ 場合一つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] か二つ, しかない, に考える, の不備, の外国語, の幻滅, の疑, の矛盾, の社会, の途, 掘り下げはじめると

▼ 場合二人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が持て余し, で山畑, と得, のため, の姿, の実見, はどうしても, は下帯, は別々, は決して, や三人

▼ 場合人間~ (11, 0.0%)

1 [11件] が他, というもの, なら当然, にあらわれる, に怪我, の死骸, の胃, の血管, の身体, は海, は自分

▼ 場合以外~ (11, 0.0%)

1 [11件] にはけっして, にはしなく, にはその, にはない, には要求, には語頭, に穀物, の自分, はただ, は厳禁, 平常は

▼ 場合必要~ (11, 0.0%)

2 なこと 1 がない, さけ難い, なだけ, なら師匠役, な創作技法, な寛大, になっ, になる, に応じ

▼ 場合ある~ (10, 0.0%)

1 のである, ひは, を覚悟, 事柄については, 可く, 哀訴を, 夜の, 心の, 説明を, 述懐を

▼ 場合あるいは~ (10, 0.0%)

2 起こりがち 1 そう誤信, それに, 主人の, 喧嘩口論電車の, 最後に, 病い, 背かれたよう, 賽を

▼ 場合かと~ (10, 0.0%)

3 想像する 2 思われる 1 いへば, 思います, 想像される, 申すと, 言うと

▼ 場合かれ~ (10, 0.0%)

1 と我と, にとって何, にとって何と, はもう, は半, は必ず, は救い, は極めて, も度胸, らの

▼ 場合そんな~ (10, 0.0%)

4 ことを 2 ことは 1 ものを, よけいな, 事を, 人情ずくに

▼ 場合だけを~ (10, 0.0%)

1 とれば, 例外な, 左に, 特に取り出し, 申し上げるならば, 研究すれ, 見た人, 記憶し, 選んで, 酒盛りと

▼ 場合どんな~ (10, 0.0%)

2 ことを 1 ことに, ちがいも, 力で, 女にでも, 形に, 態度に, 片言隻句でも, 重大な

▼ 場合ひと~ (10, 0.0%)

2 はただ, はどこ, は感性 1 はムシャ氏, は原因, よりもっと, を単純

▼ 場合先ず~ (10, 0.0%)

1 この二題, 予備知識として, 今日の, 変な, 帯を, 朝鮮へ, 気の, 注意すべき, 第一, 聴くべきは

▼ 場合当然~ (10, 0.0%)

1 しつかりと, そういうこと, の立場, ブロズキーの, 文化的自由主義が, 現在第, 自然科学と, 起って, 起る心, 身を

▼ 場合彼女~ (10, 0.0%)

1 がどう, の表情, の題材, はその, はただ, は同じ, は女, は癇癪, もそこ, も射撃

▼ 場合~ (10, 0.0%)

1 だけが虫, と女, には父性, にも優った, の友達, は女, は男同士, よりも女, を変, を批難

▼ 場合すなわち~ (9, 0.0%)

1 どうしても刀, 中毒に, 以前の, 単なる見物, 吾人は, 夫が, 彼らが, 心配とか, 自分の

▼ 場合つまり~ (9, 0.0%)

1 公理や, 出火を, 勤務時間に, 単なる社交的儀礼, 学校や, 意識の, 犬の, 芸者としての, 視線に対する

▼ 場合とても~ (9, 0.0%)

1 それは, そんなこと, そんな事, 其苦に, 同断である, 彼を, 得意に, 御得意, 恥しくて

▼ 場合どこ~ (9, 0.0%)

1 からが職業人, にでもあった, にでも波, に根本的, の国, へ行く, までが公的, までも不利益, 迄安らか

▼ 場合にまで~ (9, 0.0%)

1 之を, 夫唱婦和を, 展開され, 抽象, 拡大, 現われて, 立ち至つたこと, 立至って, 範疇を

▼ 場合まず~ (9, 0.0%)

1 こんなこと, その犯罪, そんな想像, 初めに, 品川へ, 注目すべき, 過りの, 酒でも, 青と

▼ 場合よく~ (9, 0.0%)

1 いうオオ, この人, こんなもの, ないの, みんなの, 地面に, 妥協を, 蒲団の, 銃の

▼ 場合少し~ (9, 0.0%)

1 くらいの着氷, くらゐ用立て, でも疑わしい, も厭味, も問題, も残っ, も残つて, 無茶だった, 非常識で

▼ 場合殊に~ (9, 0.0%)

1 人間生活の, 外国の, 好いもの, 學問的考察においては, 小児などでは, 痛切に, 真の, 私達の, 通信の

▼ 場合相当~ (9, 0.0%)

1 な効果, な眼識, に六人, に条理, に水練, の弔慰金, の計略, ト書といふ, 重要な

▼ 場合~ (9, 0.0%)

2 一次の 1 一に, 一の, 一句は, 一章で, 三に, 三は, 二に

▼ 場合葉子~ (9, 0.0%)

1 がどれほど, が帯, にとってもっとも, に利く, に足, の恋愛, はおくび, はつや, を全く

▼ 場合しか~ (8, 0.0%)

2 ない 1 あり得ない, しさう云つたの, ないの, 出しませぬ, 考えて, 考えられないですね

▼ 場合ただ~ (8, 0.0%)

1 あれ以上に, さえ醜い, の報道, 二つの, 可能的に, 奇妙な, 殺しては, 黙って

▼ 場合であろう~ (8, 0.0%)

21 があるまい, が然し, が軍将, とこの, と思う, と社会科学

▼ 場合どうしても~ (8, 0.0%)

1 あの事業, その批判, 北条家の, 家に, 敬太郎の, 数年前とは, 話さなければ, 謹慎し

▼ 場合などが~ (8, 0.0%)

2 あるところ 1 あつて, ある, すべて河童の, そうで, それで, それである

▼ 場合なども~ (8, 0.0%)

1 その一例, まさにそれ, もとより人, 予想しました, 偶, 同じ手, 考へること, 調査系統については

▼ 場合にても~ (8, 0.0%)

1 こうであろう, メリヤスの, 千辛万苦力の, 双方の, 必ず初め, 改革は, 最後の審判の, 決して一国生活

▼ 場合または~ (8, 0.0%)

1 このこと, 一事に, 供給が, 前以, 大衆の, 急斜面の, 現品授受の, 精神に

▼ 場合作者~ (8, 0.0%)

1 にとって主要, に罪, の意企, の芸術的意図, はいつたい, はその, は対象, は検事

▼ 場合勿論~ (8, 0.0%)

2 私は 1 これは, それは, 各種の, 同じ様, 科学の, 西洋の

▼ 場合多く~ (8, 0.0%)

1 ある, の人, は無表情, は見る, ジャーナリスティックな, 後者の, 然ら, 相手は

▼ 場合如何なる~ (8, 0.0%)

4 方法を以て 1 犠牲を, 現実の, 芸術的な, 藝術的な

▼ 場合常に~ (8, 0.0%)

1 かういふ気, この気持, それが, どっちかと, 一方の, 個人意識の, 媒介は, 學習の

▼ 場合或は~ (8, 0.0%)

1 さう, カメラの, 動詞と, 反正天皇, 小説を, 戦争を, 武力に, 音楽の

▼ 場合非常~ (8, 0.0%)

1 に反省, に必要, に激しい, に相互, に舞台, に落着, に辛棒, に適当

▼ 場合あまり~ (7, 0.0%)

1 カメラマン任せ, 働かぬ贅辞, 利益でない, 多く口, 適切とは, 適切に, 適当な

▼ 場合こう~ (7, 0.0%)

1 さばくより, するの, するより, 云えば, 出来るか, 感じ表現, 考えるより

▼ 場合すぐ~ (7, 0.0%)

1 この原則, に癇癪, に返事, 勘づく妹, 島の, 無視された, 狼を

▼ 場合それら~ (7, 0.0%)

2 の人々 1 の人, の作家, の作者, の行為, の諸

▼ 場合でさえも~ (7, 0.0%)

3 ほうって 1 その一種, それによって, 今は, 書いた人

▼ 場合としては~ (7, 0.0%)

1 やはり女, 不必要, 事情の, 前に, 宗教的な, 引金を, 秘密に

▼ 場合とも~ (7, 0.0%)

1 この子, 同様に, 場合が, 宗教を, 彼ジャヴェルにとっては, 解すること, 違うの

▼ 場合どうして~ (7, 0.0%)

1 こんな人, その人, 傲慢な, 実績を, 弓子は, 見下げたところ, 避けるかの

▼ 場合にしか~ (7, 0.0%)

1 いふ, 保たれない, 労力に, 勞力に, 相当しない, 見かけなくなりました, 適用されない

▼ 場合に際して~ (7, 0.0%)

1 何か, 何ら新, 断然恋愛, 機会を, 直観を, 私達の, 自己一人にて

▼ 場合のみに~ (7, 0.0%)

2 限られて 1 ぶつかつて, 堅実に, 自分などには, 重きを, 限ったこと

▼ 場合われわれ~ (7, 0.0%)

1 と云わなけれ, の如き, の警戒, の隣組, はすぐ, はそれ, は全

▼ 場合~ (7, 0.0%)

2 を退治 1 こそ物質的存在, に旌表, に泥む, を以て直ちに, を無理

▼ 場合二つ~ (7, 0.0%)

2 の表象 1 の学問, の性格, の意味, の極端, の説明

▼ 場合~ (7, 0.0%)

1 とはまるで, になっ, のまま, までのお, までは気, までよりも夜寒, 迄の新

▼ 場合作家~ (7, 0.0%)

1 が上手, が肉体的, と批評家, の胸, はただ, は洋服屋, より第三者

▼ 場合~ (7, 0.0%)

1 が許可, が逆上, のてきぱき, の信仰生活, の処置, はそれ, を殺さなかった

▼ 場合子供~ (7, 0.0%)

1 が疑念, に一ドル, は父親, をどう, を加担, を造ろう, を養う

▼ 場合~ (7, 0.0%)

1 両親共お, 出しに, 力に, 助力いただかなけれ, 当家の, 番所の, 高察の

▼ 場合必ず~ (7, 0.0%)

1 その好敵手, つき合う男, 何か, 其の引合, 大きな激動, 死んだ人, 起らなければ

▼ 場合~ (7, 0.0%)

3 る種 1 るもの, る事件, る機会さ, る点

▼ 場合普通~ (7, 0.0%)

1 その名前, にその, に永楽通宝, に見る, の市民, の理解力, は廻転ドラム

▼ 場合極めて~ (7, 0.0%)

2 不明瞭であり 1 不可解なる, 便宜な, 多きに, 稀少なるべし, 非芸術的

▼ 場合自然~ (7, 0.0%)

2 であり人間 1 の作用, は具体的, は具體的, や物その他, を選ばね

▼ 場合いかなる~ (6, 0.0%)

1 事変いかなる, 形においても, 料理に, 既知の, 瞬間にも, 陥穽を

▼ 場合いつ~ (6, 0.0%)

1 でもする, でもちゃんと, でもど, でも何, でも当所, でも徹底的

▼ 場合かかる~ (6, 0.0%)

2 ものの 1 大衆の, 工業は, 行き方によって, 限定された

▼ 場合こういう~ (6, 0.0%)

2 風に 1 テーマの, 形で, 時に, 自然現象の

▼ 場合だけが~ (6, 0.0%)

1 そうで, 主として取り扱われ, 恋であり, 所謂, 文子を, 認識に

▼ 場合であれ~ (6, 0.0%)

1 ばその, ばそれ, ば愈々, ば日常生活, ば死ぬ, 徳子が

▼ 場合でございます~ (6, 0.0%)

1 お見かけ, か, から充分, から失礼, ので怖しく, 私が

▼ 場合なんか~ (6, 0.0%)

1 さう, そういう心持, それに, それは, めでたく退院, メリイには

▼ 場合にこそ~ (6, 0.0%)

1 あの仕事, あの先刻, この老人, 一切の, 空でも, 触りは

▼ 場合にとって~ (6, 0.0%)

1 切っても, 置いて, 見よう, 見当違いである, 重大である, 非常に

▼ 場合による~ (6, 0.0%)

1 ことが, のだ, のであっ, 双方の, 手違いも, 適宜の

▼ 場合に対する~ (6, 0.0%)

1 上記の, 充分な, 具体的妥当性を, 変化を, 異常な, 臨機の

▼ 場合また~ (6, 0.0%)

1 この欠陥, もう一度これ, よく似, 切実な, 少からざる, 結婚し

▼ 場合を通じて~ (6, 0.0%)

1 すべて新境の, 中途半端めいた, 即ち唯物論, 尽くこれ, 恐らく空間, 西洋人は

▼ 場合一応~ (6, 0.0%)

1 その直接態, の調査, 異った, 皆に, 背後に, 除いて

▼ 場合一般~ (6, 0.0%)

1 に, に問題, に無意味, に生成, の婦人界, の通念

▼ 場合世間~ (6, 0.0%)

1 が無, では先, というもの, の例, の自称篤学者達, は不景気

▼ 場合何より~ (6, 0.0%)

2 好ましく味 1 なすべきこと, の助け, やさしい死, 強味の

▼ 場合俳優~ (6, 0.0%)

2 の才能 1 に注文, はすでに, はその, は必ず

▼ 場合単なる~ (6, 0.0%)

1 形, 思惟に, 批判である, 比喩では, 詭弁でしか, 雰囲気にのみ

▼ 場合又は~ (6, 0.0%)

1 それに, 個々の, 彼方から, 相方とも, 笠とか, 酔っ払った周囲

▼ 場合唯一~ (6, 0.0%)

2 の救い 1 の大事, の方法, の自白, の血路

▼ 場合彼等~ (6, 0.0%)

1 にムズカシイ顔, のもっ, の小さい, の苦しむ, の長所, の間

▼ 場合最初~ (6, 0.0%)

2 の部分 1 に石段, の一回, の方法, 見て

▼ 場合~ (6, 0.0%)

1 が見えなく, などは何, に見る, もあてられぬ, をそらす, を白黒

▼ 場合自己~ (6, 0.0%)

1 だけを守りたい, に対しては最良, の固有, の天分, の屬, の思想

▼ 場合いくら~ (5, 0.0%)

1 かあの, か注意, も起り得べき, 公認の, 梅子の

▼ 場合こんな~ (5, 0.0%)

1 ことを, まねを, 事を, 団子を, 芝居じみた

▼ 場合すら~ (5, 0.0%)

3 ある 1 あります, あると

▼ 場合であったら~ (5, 0.0%)

1 いかに気, これは, ばどう, 彼にとっては, 恐らく一人一人

▼ 場合であります~ (5, 0.0%)

1 からぜひ, から之, がこれ程, が時間, が長男

▼ 場合とで~ (5, 0.0%)

1 ことごとく趣, アウエルバッハの, 余程性質, 又作品, 実に根本

▼ 場合どういう~ (5, 0.0%)

1 ことに, ふうに, ものか, 結果に, 誤りに

▼ 場合どの~ (5, 0.0%)

1 くらいな, くらい走り, 島にも, 点を, 親でも

▼ 場合なお~ (5, 0.0%)

1 しかりいよいよ, 且つ清, 何等か, 居残ろうと, 観音力の

▼ 場合なぞは~ (5, 0.0%)

1 この鼻, たまりません, 丁度この, 殊にそうで, 殊に便利

▼ 場合などでも~ (5, 0.0%)

1 原告被告の, 大変な, 武士が, 男は, 肝心の

▼ 場合においてのみ~ (5, 0.0%)

1 かかる精神的作用, その傍証, その埋葬, それが, 全然選択

▼ 場合にな~ (5, 0.0%)

1 つては, つて不意に, つて來た, つて自分の, つて資本家の

▼ 場合に関する~ (5, 0.0%)

2 留保 1 制限を, 留保需要が, 記号の

▼ 場合まだ~ (5, 0.0%)

1 きまった対手, 二人には, 何物でも, 明らかで, 車中の

▼ 場合まで~ (5, 0.0%)

1 好い子, 守った, 用意し, 自分の, 解答者の

▼ 場合もちろん~ (5, 0.0%)

2 私は 1 その者自身, 娯楽は, 娯樂は

▼ 場合やはり~ (5, 0.0%)

1 人生的作品としての, 似た現象, 動かぬもの, 医者が, 気がかりで

▼ 場合よりは~ (5, 0.0%)

1 すべての, 布の, 感謝したい, 被害者の, 遥かに

▼ 場合一層~ (5, 0.0%)

2 つよく私 1 その度, 気味悪く感じられる, 負担の

▼ 場合~ (5, 0.0%)

1 がまだ, による, は容易, をはっきり, を荒立てる

▼ 場合人々~ (5, 0.0%)

1 の無知, はすぐ, は存在, は実は, は現実

▼ 場合以上~ (5, 0.0%)

1 には彼, にふしぎ, に播種, のこの, の点

▼ 場合何故~ (5, 0.0%)

2 に私 1 それが, 娘なり, 客観性を

▼ 場合何時~ (5, 0.0%)

2 も無抵抗主義 1 でも同じ, でも夫, でも辛らい板ばさみ

▼ 場合同じ~ (5, 0.0%)

1 だった, ように, 価値を, 引出しを, 演出によるとしても

▼ 場合~ (5, 0.0%)

1 てい三千万四千万といふ, 問題である, 多数の, 烏帽子は, 部分の

▼ 場合~ (5, 0.0%)

1 が不可能, が思想, に何, の頼み, や親

▼ 場合如何~ (5, 0.0%)

1 ともせん, ともせんよう, とも爲, に仏陀, に若く

▼ 場合存在~ (5, 0.0%)

1 するという, といはれる, なるもの, の変更, はだから

▼ 場合実際~ (5, 0.0%)

1 からいえ, では, のところ何, はそう, 生活は

▼ 場合恐らく~ (5, 0.0%)

1 ステッキでも, 事実では, 或る, 無限の, 読者は

▼ 場合果して~ (5, 0.0%)

1 いずれの, かくの, それは, それを, 幾人が

▼ 場合~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 のよう, の二種, は周到

▼ 場合~ (5, 0.0%)

1 の位牌, の狭小, の現世, の科学, をみのる

▼ 場合物質~ (5, 0.0%)

1 という概念, とは何, に熱, の内部的変化, は第

▼ 場合甚だ~ (5, 0.0%)

1 些なく, 微妙な, 皮肉な, 窮屈と, 適切である

▼ 場合科学~ (5, 0.0%)

1 と科学的認識, の分類, の方面, の発達, の美

▼ 場合結婚~ (5, 0.0%)

1 されれば, せずして, の余り, の出産性, は次に

▼ 場合若い~ (5, 0.0%)

2 男は 1 お巡りさんの, 役者は, 異性の

▼ 場合~ (5, 0.0%)

1 が有る, はいっしょ, はその, は出来る, 鷲に

▼ 場合いかに~ (4, 0.0%)

2 して 1 不釣合に, 常時の

▼ 場合いかにも~ (4, 0.0%)

1 伸びりし, 先見の, 案外な, 権威ある

▼ 場合これら~ (4, 0.0%)

1 の肉体的熱望, の誕生, の電気的条件, は机

▼ 場合さすが~ (4, 0.0%)

1 にふるえ, の七兵衛, の二人, の彼

▼ 場合ぜひ~ (4, 0.0%)

1 なくそう, なく棺, もない, やらないで

▼ 場合それぞれ~ (4, 0.0%)

1 の分担領域, の団体, の学校, の既成

▼ 場合~ (4, 0.0%)

3 とひ 1 のみになる

▼ 場合たしかに~ (4, 0.0%)

2 或る 1 一時的にでも, 松陰は

▼ 場合たとい~ (4, 0.0%)

1 それが, 大人物大学者と, 幾つかの, 芸術的企業的組織の

▼ 場合だけには~ (4, 0.0%)

2 限られないであろう 1 あると, それが

▼ 場合だけの~ (4, 0.0%)

1 ことじゃ, ことで, 彼女に, 彼等の

▼ 場合だつ~ (4, 0.0%)

2 て彼 1 てあるでしよう, てそれ

▼ 場合だつた~ (4, 0.0%)

1 が近世, のでそんな, ので一層, ので今

▼ 場合だろう~ (4, 0.0%)

1 か, が秀子, じゃねえ, 併し

▼ 場合つねに~ (4, 0.0%)

2 或る 1 哲學的問題に, 敵の

▼ 場合どちら~ (4, 0.0%)

1 かが先, が人, が狼, が社会的

▼ 場合ながら~ (4, 0.0%)

1 この性格, 實質においても, 折屈み, 新たに

▼ 場合なる~ (4, 0.0%)

1 ゆえやむを得ず, を以て前例, 程存在者そのものは, 程普遍者に対して

▼ 場合なんと~ (4, 0.0%)

2 かして 1 いう恐ろしい, しても

▼ 場合においてさえ~ (4, 0.0%)

1 いつでも, 人を, 語られざる哲学, 離婚は

▼ 場合にすら~ (4, 0.0%)

1 それだ, アカーキイ・アカーキエウィッチを, 子供じみた, 知らざるまね

▼ 場合にと~ (4, 0.0%)

1 つくりと, 七八名の, 名刺に, 思って

▼ 場合にとっては~ (4, 0.0%)

1 いずれの, この係数, それは, 感覚でも

▼ 場合ほか~ (4, 0.0%)

2 に詮議 1 に有縁, のこと

▼ 場合みんな~ (4, 0.0%)

1 が君, が考え, の合言葉みたい, はむしろ

▼ 場合むしろ~ (4, 0.0%)

1 それが, 悪意を, 憎らしく思われた, 男性以上の

▼ 場合わたし~ (4, 0.0%)

2 はいつものんびり 1 が一緒, は念

▼ 場合一人~ (4, 0.0%)

1 と一人, の人間, の男性, や二人

▼ 場合事実~ (4, 0.0%)

1 である, としての机, とちがった, となっ

▼ 場合今日~ (4, 0.0%)

2 の日本 1 においてもその, の私たち

▼ 場合伸子~ (4, 0.0%)

1 が切り出す, のヒステリー性発作, はいつも, は悲しく

▼ 場合例えば~ (4, 0.0%)

1 それを, イデオロギーの, ミンコーフスキーの, 題材に対して

▼ 場合個人~ (4, 0.0%)

2 は社会 1 と社会, の問題

▼ 場合~ (4, 0.0%)

3 かるべく候 1 かりしこと

▼ 場合大きな~ (4, 0.0%)

1 嘘で, 声を, 惑ひ, 身体を

▼ 場合大抵~ (4, 0.0%)

1 の人, の著作家, はそれ, 接吻と

▼ 場合嫌疑~ (4, 0.0%)

1 がすぐ, が晴れた, が自分, を深めた

▼ 場合彼ら~ (4, 0.0%)

1 にとってちっとも, の気持, の言う, はその

▼ 場合~ (4, 0.0%)

1 から来る, から気がつい, に個人的自己, の作品

▼ 場合悪い~ (4, 0.0%)

1 とも言えない, ものを, 方に, 顔も

▼ 場合意味~ (4, 0.0%)

1 が差, されて, はない, を有

▼ 場合是非~ (4, 0.0%)

2 とも来なけれ 1 お目, ともその

▼ 場合~ (4, 0.0%)

1 學さを, 意志的に, 戒は, 條件で

▼ 場合~ (4, 0.0%)

2 に取次ぐ 1 の常用, はあの

▼ 場合~ (4, 0.0%)

1 が我々, その物, の陰, を見る

▼ 場合特別~ (4, 0.0%)

1 その上, なる装飾品, に直接, の警戒

▼ 場合犯人~ (4, 0.0%)

1 がそこ, が犯行後, の急所, は女

▼ 場合現実~ (4, 0.0%)

2 の観察 1 の客観的, は哲学

▼ 場合~ (4, 0.0%)

1 に関する信仰, の觀念, は客觀化, 或は鬼

▼ 場合私達~ (4, 0.0%)

1 はその, はまさか, はみんな臨時工, は大抵

▼ 場合突然~ (4, 0.0%)

2 では 1 の驚き, 女スリと

▼ 場合米友~ (4, 0.0%)

1 としては先頭, にとっての幸い, に向っ, の癇癪

▼ 場合絶対~ (4, 0.0%)

1 にノーコメント, に必要, に禁物, に空気

▼ 場合自殺~ (4, 0.0%)

1 が僕, すること, であろうと, の場合

▼ 場合若し~ (4, 0.0%)

1 四字の, 圭一郎が, 現場に, 真犯人であるなら

▼ 場合言葉~ (4, 0.0%)

1 に現, の多義性そのもの, の表面, を代用

▼ 場合身体~ (4, 0.0%)

1 が宙, とは光, の小さい, を緊縛

▼ 場合適当~ (4, 0.0%)

1 じゃない, でないかも, でないだらう, な表現

▼ 場合音楽~ (4, 0.0%)

1 が一番適当, が仕事, の吹込み, はすでに

▼ 場合ああ~ (3, 0.0%)

1 されたこと, して, でもしなけれ

▼ 場合あたりまえ~ (3, 0.0%)

1 とせね, のこと, の娘

▼ 場合あまりに~ (3, 0.0%)

1 めちやくちやな, 真実だった, 飾られた言葉

▼ 場合あらゆる~ (3, 0.0%)

1 味方の, 意味に, 方面からの

▼ 場合あれ~ (3, 0.0%)

1 からどっち, でもよかっ, ばむしろ

▼ 場合いろんな~ (3, 0.0%)

1 人達を, 物を, 理窟も

▼ 場合お客~ (3, 0.0%)

1 が皆, のよう, をすき

▼ 場合お許し~ (3, 0.0%)

2 のほどを 1 くだされい

▼ 場合こちら~ (3, 0.0%)

1 がほん, の心持, の敗けだ

▼ 場合ことに~ (3, 0.0%)

1 五月六月に, 太陰が, 清浄を

▼ 場合そうした~ (3, 0.0%)

1 ことは, 偏僻や, 概念複合体は

▼ 場合そして~ (3, 0.0%)

1 その権力, その疑惑, 就中一種の

▼ 場合それ以外~ (3, 0.0%)

1 に一寸, の方法, の理由

▼ 場合たいがい~ (3, 0.0%)

1 な者, はま, 弱いほう

▼ 場合たいてい~ (3, 0.0%)

1 この宗五郎, 機関車にも, 無意識

▼ 場合たとえば~ (3, 0.0%)

1 さだ子が, 来客とか, 英仏相手の

▼ 場合だれ~ (3, 0.0%)

1 が聞い, だってそう, の胸

▼ 場合であったなら~ (3, 0.0%)

1 ばかえって, ばこんな, ばその

▼ 場合でありまし~ (3, 0.0%)

1 てな, てもどちら, ても芸術的

▼ 場合でなかった~ (3, 0.0%)

1 から故人, だけに次第に, ようである

▼ 場合とかに~ (3, 0.0%)

1 かぎるの, なれば, 始めて

▼ 場合とりわけ~ (3, 0.0%)

1 その研究題目, 單に, 有難かつ

▼ 場合どんなに~ (3, 0.0%)

1 いわれても, 変化の, 適切な

▼ 場合なぞに~ (3, 0.0%)

1 心の, 手が, 限られるもの

▼ 場合などでは~ (3, 0.0%)

1 それを, 殺すぞ, 私は

▼ 場合などと~ (3, 0.0%)

1 ちがって, 同じく春, 同じである

▼ 場合などにも~ (3, 0.0%)

1 全然問題, 助力し, 多少さ

▼ 場合などを~ (3, 0.0%)

2 話して 1 省察し

▼ 場合なり~ (3, 0.0%)

1 せば, とか色々, 何となくお

▼ 場合なるべく~ (3, 0.0%)

1 ならその, 自分が, 軽く見たい

▼ 場合なれ~ (3, 0.0%)

1 どもお, ばこそ, ばとうてい

▼ 場合にだけは~ (3, 0.0%)

1 そんな真似, 決して答えなかった, 自然兒も

▼ 場合についてのみ~ (3, 0.0%)

1 あえてする, 判断すれ, 実験的根拠が

▼ 場合にては~ (3, 0.0%)

1 夢中に, 教訓的の, 決して有り得ない

▼ 場合にまでも~ (3, 0.0%)

1 ぢつと, 何か, 及ぼして

▼ 場合によつ~ (3, 0.0%)

1 ちや兄さんを, ちや土方でもさ, ていろいろ

▼ 場合によつたら~ (3, 0.0%)

1 他人の, 多少大, 懸賞を

▼ 場合に対して~ (3, 0.0%)

1 センカス・モアは, 最早や, 造られた山

▼ 場合に際しては~ (3, 0.0%)

1 あたかも愚鈍, 勿論多く, 外に

▼ 場合のみは~ (3, 0.0%)

1 流石の, 私は, 過ったの

▼ 場合ばかりに~ (3, 0.0%)

1 とどまらない飲んだり, 気を, 起きるもの

▼ 場合ぼく~ (3, 0.0%)

1 には意外, の身体, は所有

▼ 場合まったく~ (3, 0.0%)

2 痛切に 1 済まないこと

▼ 場合もさう~ (3, 0.0%)

3 であつ

▼ 場合もしくは~ (3, 0.0%)

1 有利な, 関係し, 非常の

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 想像シテ嫉妬ヤ憤怒ニ駆, 考エテ予ハ和服デ, 考エルトコンナニ髯ボウ

▼ 場合一方~ (3, 0.0%)

1 から云え, には数量的, の認識

▼ 場合一番~ (3, 0.0%)

1 の幸ひだ, 困ること, 来て

▼ 場合七兵衛~ (3, 0.0%)

1 としておかしい, は思い, をし

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 に約, の順, は彼

▼ 場合下手~ (3, 0.0%)

1 なはなしよう, な人間, な歌

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 必要であり, 成功に, 確な

▼ 場合世界~ (3, 0.0%)

1 に対する名誉, のあらゆる, 乃至それ

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 になる, 體は, 體自ら

▼ 場合亭主~ (3, 0.0%)

1 とふたり, に其那こと, は将軍家

▼ 場合今度~ (3, 0.0%)

1 のよう, の舞台装置, は陰画

▼ 場合仕方~ (3, 0.0%)

1 があるまい, がない, がねえ

▼ 場合他人~ (3, 0.0%)

1 の体, の作, の論文

▼ 場合何と~ (3, 0.0%)

1 あやしまれても, 答えるべきか, 言つたら

▼ 場合何とか~ (3, 0.0%)

2 して 1 言わねばと

▼ 場合作品~ (3, 0.0%)

1 の世界, の歴史的真実性, は所謂大衆文学

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 だったっけ, はけっして本当に, は国家

▼ 場合全く~ (3, 0.0%)

1 意味が, 考えられて, 苦手だ

▼ 場合冗談~ (3, 0.0%)

1 はごめん, も云, や皮肉

▼ 場合医師~ (3, 0.0%)

1 としてその, の注意, は彼自身

▼ 場合印象~ (3, 0.0%)

1 の強く, の持っ, の追跡はと

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 況んや, 消滅でも, 衝突を

▼ 場合及び~ (3, 0.0%)

1 三商品相互間の, 他の, 其の他

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 のよう, の両者, へは右

▼ 場合吾人~ (3, 0.0%)

1 とは無関係, は暫らく, は特に

▼ 場合困る~ (3, 0.0%)

1 からせめて, のは, ような

▼ 場合外国~ (3, 0.0%)

1 には教会, の人たち, の専門家

▼ 場合大変~ (3, 0.0%)

1 おくれて, な足しに, むつかしくなる

▼ 場合実は~ (3, 0.0%)

1 それに, 一つの, 後者が

▼ 場合客観的~ (3, 0.0%)

1 とは空間的, なもの, に明らか

▼ 場合少女~ (3, 0.0%)

2 は自分自身 1 だった伸子

▼ 場合左様~ (3, 0.0%)

1 な御, な私情, の事

▼ 場合常識~ (3, 0.0%)

1 の光, はその, はまた

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 ある読者, の激動, の足りな

▼ 場合必ずしも~ (3, 0.0%)

1 そうした啓蒙期的啓蒙, それに, 律儀に

▼ 場合思惟~ (3, 0.0%)

1 の機能, の歴史, は自己自身

▼ 場合意識~ (3, 0.0%)

1 が予め, はこの, 乃至観念

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 が欠け, としての価値, はその

▼ 場合所有量~ (3, 0.0%)

1 が減少, に等しい, の等価値

▼ 場合支那人~ (3, 0.0%)

1 の買, はよく, は前

▼ 場合方法~ (3, 0.0%)

1 がどの, などを繰り返し繰り返し, は同じ

▼ 場合明らか~ (3, 0.0%)

1 にされた, にし, にした

▼ 場合時として~ (3, 0.0%)

1 はこうした, 反抗心を, 見つめてるうち

▼ 場合次郎~ (3, 0.0%)

1 が一緒, が権田原先生, でなくとも

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 にならない, は豪奢, を唄

▼ 場合正しい~ (3, 0.0%)

1 中にも, 方法論は, 解釈が

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 が狐, に対する義理, の傍

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 の亙り, は, は自分

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 なき消防, の状態, を見

▼ 場合演出者~ (3, 0.0%)

1 の注意, はその, は必ず

▼ 場合無論~ (3, 0.0%)

1 科学は, 純粹客體, 言葉を

▼ 場合現在~ (3, 0.0%)

1 によつて區劃, のよう, は過去

▼ 場合男性~ (3, 0.0%)

1 の執る, はその, はやはり

▼ 場合画面~ (3, 0.0%)

1 から来る, には先ず, に手

▼ 場合発展~ (3, 0.0%)

1 という概念, という言葉, の意味

▼ 場合発見~ (3, 0.0%)

1 された女, した隠匿物資, でした

▼ 場合直ぐ~ (3, 0.0%)

1 往來で, 往来で, 駈け附ける事

▼ 場合笑つて~ (3, 0.0%)

2 済ます事 1 済まされるもの

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 について, には重病室, に比喩的

▼ 場合~ (3, 0.0%)

1 一二四〇〇〇と, 三六年であろう, 五ヶ年かかった

▼ 場合肯定~ (3, 0.0%)

2 する場合 1 であったらイエス

▼ 場合自身~ (3, 0.0%)

1 に命じられる, のエキゾチシズム, の雄壮

▼ 場合興味~ (3, 0.0%)

1 が深い, のある, を煽った

▼ 場合表面~ (3, 0.0%)

2 の形 1 は裏面

▼ 場合被害者~ (3, 0.0%)

1 が絶命, は単に, は重大

▼ 場合観念~ (3, 0.0%)

1 なる語, の対象, の弁証法

▼ 場合返事~ (3, 0.0%)

1 はすべて仏蘭西語, をしかね, を書く

▼ 場合過去~ (3, 0.0%)

1 になっ, の経験, は正しき

▼ 場合あたし~ (2, 0.0%)

1 はいつたい, はその

▼ 場合あなた方~ (2, 0.0%)

1 の大, の自然

▼ 場合あり~ (2, 0.0%)

1 とせ, と知らずや

▼ 場合あゝ~ (2, 0.0%)

1 いう大勢, いふ場合

▼ 場合いろいろ~ (2, 0.0%)

1 のいみ, 功利的な

▼ 場合いわゆる~ (2, 0.0%)

1 含み声で, 片恋の

▼ 場合おそらく~ (2, 0.0%)

1 永久に, 逃げおくれて

▼ 場合お前さん~ (2, 0.0%)

1 だ, に民子

▼ 場合お松~ (2, 0.0%)

1 にとっては渡り, はこう

▼ 場合お母さん~ (2, 0.0%)

1 への扶助料, をも大事

▼ 場合お雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が女学校出, は寝過ごした

▼ 場合かう~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 言ふ

▼ 場合かなり~ (2, 0.0%)

1 無遠慮に, 関係が

▼ 場合かにおいて~ (2, 0.0%)

2 多く現

▼ 場合かの~ (2, 0.0%)

1 女の, 精神的なる

▼ 場合かれこれ~ (2, 0.0%)

1 と押問答, 言うべきでは

▼ 場合きみ~ (2, 0.0%)

1 がライオン, はどう

▼ 場合けっして~ (2, 0.0%)

1 不自然な, 原句よりも

▼ 場合こうした~ (2, 0.0%)

1 不快な, 休止状態は

▼ 場合さえも~ (2, 0.0%)

1 ある, 起った

▼ 場合さぞ~ (2, 0.0%)

1 みんなが, 胸が

▼ 場合~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 場合すでに~ (2, 0.0%)

1 武士の, 注文主の

▼ 場合その他~ (2, 0.0%)

1 にも手あたり, にも手当り

▼ 場合それから~ (2, 0.0%)

1 その小鳥, 先は

▼ 場合それでも~ (2, 0.0%)

1 おだやかにと, 青木と

▼ 場合それほど~ (2, 0.0%)

1 とは思はぬ, 御馳走は

▼ 場合それ等~ (2, 0.0%)

1 のこと, の従業員

▼ 場合たあい~ (2, 0.0%)

1 なく縄, もない

▼ 場合ただちに~ (2, 0.0%)

1 発狂状態に, 第二

▼ 場合たった~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一言の

▼ 場合たと~ (2, 0.0%)

1 へ冷静, へ演出家

▼ 場合だつたら~ (2, 0.0%)

1 それは, 何を

▼ 場合ちょっと~ (2, 0.0%)

1 でも音楽, 天候が

▼ 場合って~ (2, 0.0%)

1 いうと, ことさえ

▼ 場合でありました~ (2, 0.0%)

1 からし, がその

▼ 場合でき~ (2, 0.0%)

1 さうには, そうに

▼ 場合できるだけ~ (2, 0.0%)

1 つまらなさ, つまらなそう

▼ 場合ででも~ (2, 0.0%)

1 あったならば, 有つたら

▼ 場合でないなら~ (2, 0.0%)

1 ばロゴス, ば人々

▼ 場合でなけりゃ~ (2, 0.0%)

1 お縄, 大怪我

▼ 場合で無けれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば書物

▼ 場合とかく~ (2, 0.0%)

1 それぞれの, 軽井沢だ

▼ 場合とくに~ (2, 0.0%)

1 あきらかであった, とくの

▼ 場合としても~ (2, 0.0%)

1 又変つた味, 同じこと

▼ 場合とち~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ 場合とについて~ (2, 0.0%)

1 それぞれ箱内の, 検討し

▼ 場合と共に~ (2, 0.0%)

1 一つの, 極めて当然な

▼ 場合どうも~ (2, 0.0%)

1 まづい, 大寺が

▼ 場合なかなか~ (2, 0.0%)

1 味は, 多し

▼ 場合なぞ~ (2, 0.0%)

1 もある, 真中へ

▼ 場合などとは~ (2, 0.0%)

1 到底比較, 比較に

▼ 場合なにとぞ~ (2, 0.0%)

1 手前の, 速急の

▼ 場合ならびに~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 場合なら呼びかける~ (2, 0.0%)

2 ことも

▼ 場合なん~ (2, 0.0%)

1 でも自由勝手, の気

▼ 場合なんかは~ (2, 0.0%)

1 こうなっ, まあ孰方

▼ 場合においてすら~ (2, 0.0%)

1 この推理, 決して相手

▼ 場合においてすらも~ (2, 0.0%)

1 中に, 審査員諸氏が

▼ 場合においての~ (2, 0.0%)

1 兵馬は, 母様ばかり

▼ 場合におけるが~ (2, 0.0%)

1 如き蕪雑, 如く穀物

▼ 場合にか~ (2, 0.0%)

1 あゆくなる, 有為の

▼ 場合にだって~ (2, 0.0%)

1 何も, 忘れられるわけ

▼ 場合についての~ (2, 0.0%)

1 一つ一つの, 感慨ばかり

▼ 場合については~ (2, 0.0%)

1 理学士福島浩君が, 請ふ思へ

▼ 場合につき~ (2, 0.0%)

1 当たっても, 最も多く

▼ 場合にはと~ (2, 0.0%)

1 自分で, 非常な

▼ 場合にばかり~ (2, 0.0%)

1 出現を, 現ずるの

▼ 場合にゃ~ (2, 0.0%)

1 あこの, 男の

▼ 場合によりましては~ (2, 0.0%)

1 ずいぶんお金, そんな事

▼ 場合に対しても~ (2, 0.0%)

1 いくらか, 安全な

▼ 場合に当たって~ (2, 0.0%)

1 かれら, 火流前線が

▼ 場合に従って~ (2, 0.0%)

1 何の, 論理学的対象論的現象学的に

▼ 場合に際し~ (2, 0.0%)

1 一家の, 外国人の

▼ 場合に際しても~ (2, 0.0%)

1 いっこう感ずる, 城太郎は

▼ 場合のみが~ (2, 0.0%)

1 悪いの, 芸術の

▼ 場合のみの~ (2, 0.0%)

1 現象で, 男の

▼ 場合のみを~ (2, 0.0%)

1 吟味する, 挙げて

▼ 場合はたして~ (2, 0.0%)

1 それが, 女らしさ

▼ 場合はと~ (2, 0.0%)

1 考へること, 谷村は

▼ 場合ばかりは~ (2, 0.0%)

1 あるまいが, 全く見当

▼ 場合ほんとう~ (2, 0.0%)

1 に殺す, に都合

▼ 場合まことに~ (2, 0.0%)

1 救ったの, 致し方ない

▼ 場合まるで~ (2, 0.0%)

1 知らない人, 非芸術

▼ 場合もう~ (2, 0.0%)

1 一つこの, 一つ注意を

▼ 場合もう少し~ (2, 0.0%)

1 の別, 位は

▼ 場合もしも~ (2, 0.0%)

1 ドアの, 創作意慾が

▼ 場合もっとも~ (2, 0.0%)

1 なん, 急を

▼ 場合もつ~ (2, 0.0%)

1 とリアル, と手軽

▼ 場合ゆずり~ (2, 0.0%)

2 渡しという

▼ 場合わざわざ~ (2, 0.0%)

1 器物を, 拾って

▼ 場合をもって~ (2, 0.0%)

1 すべて問題は, 代表させる

▼ 場合を通して~ (2, 0.0%)

1 その主要, 一つの

▼ 場合を通じての~ (2, 0.0%)

1 クリティシズムの, 状態な

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 多イ, 多イワ

▼ 場合スタンダアル~ (2, 0.0%)

1 にも既に, はメリメ

▼ 場合ストイック~ (2, 0.0%)

1 といっ, といつ

▼ 場合ソヴェト~ (2, 0.0%)

1 の人々, の演劇

▼ 場合チャップリン~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ 場合トロツキー~ (2, 0.0%)

2 や河上博士

▼ 場合ドン・キホーテ~ (2, 0.0%)

1 になぞらえられ, の懐抱

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 之ヲ減免スル判決アリタルトキハ, 在リテハ

▼ 場合ニハソレヲ~ (2, 0.0%)

1 誇リトスル傾向モア, 誇リトスル傾向モアルノデ

▼ 場合マリヤン~ (2, 0.0%)

1 がその, が其の

▼ 場合マルクス主義批評家~ (2, 0.0%)

1 は厳密, は嚴密

▼ 場合マンネリズム~ (2, 0.0%)

1 に陥っ, に陷つて

▼ 場合一体~ (2, 0.0%)

1 何を, 私は

▼ 場合一刻~ (2, 0.0%)

1 も早く, も病人

▼ 場合一寸~ (2, 0.0%)

1 不明な, 氣分を

▼ 場合一度~ (2, 0.0%)

1 に出, は狼狽

▼ 場合一日~ (2, 0.0%)

1 に四十, のあいだ

▼ 場合一種~ (2, 0.0%)

1 のニヒリスト, の現実主義

▼ 場合一致~ (2, 0.0%)

1 して, しないもの

▼ 場合万一~ (2, 0.0%)

1 にも初江, を慮っ

▼ 場合三つ~ (2, 0.0%)

1 の価格, の筋

▼ 場合不自然~ (2, 0.0%)

2 の感

▼ 場合世界観~ (2, 0.0%)

1 と方法, は哲学体系自身

▼ 場合両親~ (2, 0.0%)

1 の寝物語, の罪悪

▼ 場合主として~ (2, 0.0%)

1 自分の, 過去から

▼ 場合主人~ (2, 0.0%)

1 として実に, や主婦

▼ 場合主観的~ (2, 0.0%)

1 な知的, に語られる

▼ 場合事物~ (2, 0.0%)

1 の科学的認識, を吾

▼ 場合二勇士~ (2, 0.0%)

1 が場なれ, のため

▼ 場合人口~ (2, 0.0%)

1 の三〇分の一, の増加

▼ 場合人殺し~ (2, 0.0%)

1 でもお客, や強盗

▼ 場合人物~ (2, 0.0%)

1 の各々, の性格的心理条件

▼ 場合他者性~ (2, 0.0%)

1 と質料, は可能性

▼ 場合仮令~ (2, 0.0%)

1 えば, 証人は

▼ 場合伯父~ (2, 0.0%)

1 の大きい, の手前

▼ 場合何だか~ (2, 0.0%)

1 一種異様な, 私の

▼ 場合何となく~ (2, 0.0%)

1 権威づけられた, 真実さ自然さ裸さゆとり柔みの感じを

▼ 場合何もかも~ (2, 0.0%)

1 お許し下さいます, ぶちまけて

▼ 場合何事~ (2, 0.0%)

1 にも携わらな, も遠慮

▼ 場合何人~ (2, 0.0%)

2 も恍

▼ 場合作中人物~ (2, 0.0%)

1 の性格的不具, の感情昂揚

▼ 場合倉地~ (2, 0.0%)

1 の行く, はしばらく

▼ 場合個々~ (2, 0.0%)

1 に分かれ, に分れ

▼ 場合偶然エルモ~ (2, 0.0%)

2 の火

▼ 場合優しい~ (2, 0.0%)

1 ことばで, 声で

▼ 場合優越的~ (2, 0.0%)

2

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 の言葉, をたのむ

▼ 場合兇器~ (2, 0.0%)

1 は, を室外

▼ 場合先方~ (2, 0.0%)

1 から使賃, よりはこちら

▼ 場合先生~ (2, 0.0%)

1 が專念, は非常

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 が石英, ほど懐かしき

▼ 場合全然~ (2, 0.0%)

1 僕の, 惚れて

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 が如何, れは

▼ 場合出生~ (2, 0.0%)

1 と同数, と結婚

▼ 場合初めて~ (2, 0.0%)

1 哲学の, 逢った男

▼ 場合前者~ (2, 0.0%)

1 に対しては用心, は矢張り

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 の半分, を要する

▼ 場合労働者~ (2, 0.0%)

1 が工場, を除い

▼ 場合単数~ (2, 0.0%)

1 ととっ, にとって少く

▼ 場合博士~ (2, 0.0%)

1 による, の前

▼ 場合原因~ (2, 0.0%)

1 としては人間, は多く

▼ 場合双方~ (2, 0.0%)

1 とも目測, にその

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 学者それぞれが, 挺身隊の

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 屋号の, 樣の

▼ 場合~ (2, 0.0%)

2 は個人

▼ 場合名前~ (2, 0.0%)

2 まで訊く

▼ 場合否定~ (2, 0.0%)

2 する場合

▼ 場合周囲~ (2, 0.0%)

1 の人々, の見物達

▼ 場合哲学~ (2, 0.0%)

1 がいかなる, が文学化

▼ 場合唐沢~ (2, 0.0%)

2 のお嬢さん

▼ 場合喚び醒まされる~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 のこと, を言つた

▼ 場合困難~ (2, 0.0%)

1 なこと, は文章

▼ 場合固体~ (2, 0.0%)

1 の表面, の邪魔物

▼ 場合土地~ (2, 0.0%)

1 の真, を最も

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 はまた, を出す

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 な気, に甘え

▼ 場合多分~ (2, 0.0%)

1 前者の, 彼等は

▼ 場合多少~ (2, 0.0%)

1 実が, 違つてゐる

▼ 場合大事~ (2, 0.0%)

1 なこと, なの

▼ 場合大概~ (2, 0.0%)

1 の女, はその

▼ 場合大衆~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれた, はそういう

▼ 場合夫人~ (2, 0.0%)

2 に近づく

▼ 場合如何にも~ (2, 0.0%)

1 自然に, 陰惨に

▼ 場合嫌悪~ (2, 0.0%)

1 の情, の感

▼ 場合学問性~ (2, 0.0%)

1 が単に, は解決

▼ 場合学生~ (2, 0.0%)

1 は聯合, を呼ん

▼ 場合完全~ (2, 0.0%)

1 な顔, に政治的機能

▼ 場合実に~ (2, 0.0%)

1 理論そのものの, 薄弱な

▼ 場合実践~ (2, 0.0%)

1 の名, を止め

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 が三百人, に自由

▼ 場合客観~ (2, 0.0%)

1 という言葉, をどこ

▼ 場合家族~ (2, 0.0%)

1 の人たち, はいう

▼ 場合小さい~ (2, 0.0%)

1 作品でも, 砦の

▼ 場合少なき~ (2, 0.0%)

2 に非

▼ 場合少年~ (2, 0.0%)

1 の心, や婦女子

▼ 場合幸福~ (2, 0.0%)

2 の要求

▼ 場合広い~ (2, 0.0%)

1 ベッドに, 邸内だ

▼ 場合店員~ (2, 0.0%)

1 が露, を不幸罪

▼ 場合弁証法~ (2, 0.0%)

1 は, は相互

▼ 場合強い~ (2, 0.0%)

1 て改める, て目前

▼ 場合形式~ (2, 0.0%)

1 としてのモメント, に相当

▼ 場合形而上学~ (2, 0.0%)

1 という言葉, とはブルジョア観念論

▼ 場合彦兵衛~ (2, 0.0%)

1 はぶらりと, は口許

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 にたつ, にも立てない

▼ 場合忘れる~ (2, 0.0%)

1 と云う, もので

▼ 場合思想~ (2, 0.0%)

2 とは何

▼ 場合思想家自身~ (2, 0.0%)

2 にもある

▼ 場合性格~ (2, 0.0%)

1 の練磨, は伝記的展開

▼ 場合恐れる~ (2, 0.0%)

2 場合肯定する

▼ 場合恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 良い絵, 贅沢な

▼ 場合患者~ (2, 0.0%)

1 はそれ, はどう

▼ 場合悪く~ (2, 0.0%)

1 思いがちであります, 間違えば

▼ 場合感傷~ (2, 0.0%)

2 から出

▼ 場合成功主義~ (2, 0.0%)

2 と結び

▼ 場合戦争~ (2, 0.0%)

1 は他国, を想像

▼ 場合戦場~ (2, 0.0%)

1 で御, の異常性

▼ 場合折角~ (2, 0.0%)

1 の絵, 探しあてた宝

▼ 場合抽象的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 場合持っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 場合推理一つ~ (2, 0.0%)

2 で快刀乱麻

▼ 場合支那~ (2, 0.0%)

1 にとつ, は勢

▼ 場合改めね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 場合政治家~ (2, 0.0%)

1 なら政治, はもちろん

▼ 場合数学~ (2, 0.0%)

1 の対象界, は自分

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 に提供, は三人

▼ 場合文学~ (2, 0.0%)

1 はただ, は一切

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 ういふ歌, の如き

▼ 場合斯様~ (2, 0.0%)

1 いう人, な誤謬

▼ 場合~ (2, 0.0%)

2 生活を

▼ 場合新しい~ (2, 0.0%)

1 建物を, 藁草履は

▼ 場合新聞~ (2, 0.0%)

1 の社会的機能, の讃美者

▼ 場合新聞紙~ (2, 0.0%)

1 は云う, は単に

▼ 場合日本人~ (2, 0.0%)

1 の肉体, の肺腑

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 体制持続を, 社長から

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 すぎるの, 過ぎるという

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 かな意識, かに是認

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 とする, には二人

▼ 場合木村~ (2, 0.0%)

1 と同様, は単に

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 來一定の, 當の

▼ 場合松村~ (2, 0.0%)

2 でなくても

▼ 場合栄螺~ (2, 0.0%)

1 はき, はきまった

▼ 場合植込み~ (2, 0.0%)

1 にも鉄柵, に足跡

▼ 場合極端~ (2, 0.0%)

1 なる副詞, にまで行われる

▼ 場合次第に~ (2, 0.0%)

1 浄化され, 淨化され

▼ 場合止む~ (2, 0.0%)

1 を得ず, を得まい

▼ 場合歴史~ (2, 0.0%)

1 がまちがっ, とは出来上った

▼ 場合死者~ (2, 0.0%)

1 に甦らされた, の床

▼ 場合殆ど~ (2, 0.0%)

1 哲学的に, 誰もが

▼ 場合母上~ (2, 0.0%)

1 という呼びかけ, は又

▼ 場合母親~ (2, 0.0%)

1 がそれ, に取っ

▼ 場合民族的~ (2, 0.0%)

2 な特色

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 が引ける, 障つぽ

▼ 場合法律~ (2, 0.0%)

1 の及ぶ, はこれ

▼ 場合注意~ (2, 0.0%)

1 すべきは, をする

▼ 場合注目~ (2, 0.0%)

1 されること, に値い

▼ 場合浪費~ (2, 0.0%)

1 から來, から来る

▼ 場合消費~ (2, 0.0%)

2 と結び

▼ 場合淋しい~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 靨を

▼ 場合深く~ (2, 0.0%)

1 取りあいも, 問わねえが

▼ 場合測定~ (2, 0.0%)

1 が精密, されたる量そのもの

▼ 場合瀕死~ (2, 0.0%)

2 の重傷者

▼ 場合無意識~ (2, 0.0%)

1 に使う, に自己

▼ 場合無理~ (2, 0.0%)

1 にも二つ, もない

▼ 場合特にそう~ (2, 0.0%)

1 あらざるを, である

▼ 場合現象~ (2, 0.0%)

1 して, とは人間

▼ 場合生きた~ (2, 0.0%)

1 事実の, 雰囲気が

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 によって乙, の

▼ 場合男女~ (2, 0.0%)

1 の一方, の何れ

▼ 場合画家~ (2, 0.0%)

2 は歩ける

▼ 場合異常~ (2, 0.0%)

1 な, なる驚愕打撃

▼ 場合病人~ (2, 0.0%)

1 の心, の頭

▼ 場合痛切~ (2, 0.0%)

1 にむき出し, を感ずる

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 がそこ, が本気

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 觀と, 觀の

▼ 場合直接~ (2, 0.0%)

1 に必要, の関心

▼ 場合真先~ (2, 0.0%)

1 にお, に夫子

▼ 場合眠つて~ (2, 0.0%)

2 ゐない限り

▼ 場合知っ~ (2, 0.0%)

1 てい, て知らない

▼ 場合知る~ (2, 0.0%)

1 ものは, われと

▼ 場合知識~ (2, 0.0%)

1 の場合, は相対的

▼ 場合短歌~ (2, 0.0%)

1 が新興, や俳句

▼ 場合確か~ (2, 0.0%)

1 におれ, に間違い

▼ 場合社会~ (2, 0.0%)

1 というの, の同情

▼ 場合私ども~ (2, 0.0%)

1 のなすべき, はそこ

▼ 場合科学者~ (2, 0.0%)

1 の眼, はもはや

▼ 場合秩序~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 場合種々~ (2, 0.0%)

1 な問題, の冒険的事業

▼ 場合空想的思弁家~ (2, 0.0%)

2 のシニカル

▼ 場合空間~ (2, 0.0%)

1 が全く, は知覚

▼ 場合笑う~ (2, 0.0%)

1 というの, 者で

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 うべき文句, は必ずしも

▼ 場合節約~ (2, 0.0%)

2 は大きな

▼ 場合結論~ (2, 0.0%)

1 として確実, は変らない

▼ 場合統一~ (2, 0.0%)

1 が失はれない, されるもの

▼ 場合義理~ (2, 0.0%)

1 と道理, を欠い

▼ 場合考え~ (2, 0.0%)

1 がそこ, たり迷っ

▼ 場合考えられ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 が重かっ, に繋

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 が健康さ, の緊張

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 の中央, をかっ切っ

▼ 場合自然科学~ (2, 0.0%)

1 という概念, は実は

▼ 場合自由~ (2, 0.0%)

2 を感じさせる

▼ 場合舞台~ (2, 0.0%)

1 の寸法, の役どこ

▼ 場合色々~ (2, 0.0%)

1 の人, 専門的な

▼ 場合芸術~ (2, 0.0%)

1 になる, は創造的要素

▼ 場合若干~ (2, 0.0%)

1 の役得, を考え

▼ 場合著しく~ (2, 0.0%)

1 制限されざる, 良寛の

▼ 場合著者~ (2, 0.0%)

1 と自分, の手

▼ 場合蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 が背中, は死

▼ 場合行動~ (2, 0.0%)

1 の標準, を観照

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 の裾, を裁つ

▼ 場合見のがす~ (2, 0.0%)

1 ことの, ことは

▼ 場合觀念~ (2, 0.0%)

1 なる語, の對象

▼ 場合言いたい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事と

▼ 場合訳述者~ (2, 0.0%)

2 の咎

▼ 場合認識~ (2, 0.0%)

1 の目的, は對象

▼ 場合語尾~ (2, 0.0%)

1 は語根, をつけ

▼ 場合読者~ (2, 0.0%)

1 の大, は必ずしも

▼ 場合誰か~ (2, 0.0%)

1 が彼, が私

▼ 場合警察~ (2, 0.0%)

1 が仲, が彼女

▼ 場合贅沢~ (2, 0.0%)

1 じゃない, を言っ

▼ 場合贅澤~ (2, 0.0%)

1 をしよう, を言つて

▼ 場合軍隊~ (2, 0.0%)

1 が行進, を動かす

▼ 場合通用~ (2, 0.0%)

1 しない, しないの

▼ 場合運動~ (2, 0.0%)

1 の様相, の歴史

▼ 場合遠慮~ (2, 0.0%)

1 して, のかたまり

▼ 場合遠慮なく~ (2, 0.0%)

1 わたくしたち二人を, 投り出し

▼ 場合邪魔~ (2, 0.0%)

1 いたすな, なところ

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 と運動, の方

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 がいる, のこと

▼ 場合長編~ (2, 0.0%)

2 の原稿

▼ 場合陽気~ (2, 0.0%)

1 である, でも陰気

▼ 場合階級~ (2, 0.0%)

1 と民族, の上

▼ 場合階級的~ (2, 0.0%)

1 な意味, に

▼ 場合電気窃盗~ (2, 0.0%)

1 を世間普通, を罰する

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 と運動, をきく

▼ 場合風景~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 場合~ (2, 0.0%)

1 のひ, の方

▼ 場合鳴門~ (2, 0.0%)

2 の瀬戸

▼1* [1917件]

場合たまから, 場合あくまで帆の, 場合あくまでも歴史と, 場合あしからず御承知, 場合あたかも大言壮語するごとく, 場合あてはまっている, 場合あとのもの, 場合あながち讀めると, 場合あまと言, 場合あやか夫人, 場合あらかじめ理論を, 場合ありしを耳, 場合ある程度危険でも, 場合あんたはそれ, 場合あんな風に, 場合あんまり下手で, 場合いいかげんなごまかし, 場合いきなり暗雲に, 場合いきなりぱっとジャーナリスティックな, 場合いささか信玄の, 場合いちいち以上の, 場合いっさい考慮して, 場合いったいどんなこと, 場合いったん帳消しに, 場合いつたい親類は, 場合いつもあながち最少抵抗線を, 場合いつもそうなの, 場合いますぐ小説, 場合いろはの本, 場合いわゆるその呼吸その, 場合いわんやさまざまに, 場合うそも方便, 場合うっかり葉子の, 場合うっかり口へ出, 場合うつすことは, 場合うつることは, 場合うまく力を, 場合うるさくなつたり, 場合うわべに落ち着き, 場合えらんだのかさ, 場合おいらの足, 場合おおかたの人, 場合おおむね世上では, 場合おかあさんよりもお嬢さん, 場合おそろしく無作法者だった, 場合おたがいに指導者としての, 場合おとなしくばかりはし, 場合おなじく枕詞と, 場合おのおの九尺の, 場合おのずと立ち向かった栄三郎, 場合おまえたちが気, 場合おもに私の, 場合およそ何人たるを, 場合および非常に, 場合お前の口, 場合お嬢様の身の上, 場合お手数をわずらわさず, 場合お松自身にはそんな, 場合お父さんにあ, 場合お茶ばかりである, 場合お話すること, 場合お足を止め, 場合かいのさ, 場合かうした不快な, 場合かえりたくないのを, 場合かくべつにあり, 場合かくまうとは隠す, 場合かつおを三枚, 場合かに起つたひよつと, 場合かまうことで, 場合かみなり師匠に対する, 場合かも知れぬが, 場合からのみ写しましたが, 場合からも見なければ, 場合かりにも刀, 場合がねえ, 場合がばあいな, 場合きちんと片づいて, 場合きっと私が, 場合きっぱり引き受けたものの, 場合きまりきつた, 場合きょうの日本的現実, 場合きわめて単純明瞭である, 場合きわめて当然の事, 場合くだらぬことだけ, 場合ぐずぐずして, 場合こそが一般的場合であっ, 場合ことさらに長く, 場合この或る新しい, 場合こまかい材料の, 場合これから文学の, 場合実家では, 場合ごとに今日, 場合さあさあと気軽, 場合さしあたりお父さんを, 場合さしつかえないのであります, 場合さして興味ある, 場合さし当り之である, 場合さし当り便宜的であらざるを, 場合さし当り特別の手段方法, 場合さもしく響く挨拶, 場合ざまあみやがれ, 場合しかたなしに, 場合しかつめらしい名作鑑賞を, 場合しかも今夜言渡が, 場合しだいではうん, 場合しばしば女の, 場合しまいには勝負, 場合じっとして, 場合じつに愉快な, 場合じゃあありませんぜ, 場合じゃねえ静かに, 場合つかり裸, 場合すこぶる賢明な, 場合すばらしいものです, 場合すべき事を, 場合すべての人, 場合すらすらと行く, 場合ずっこけた時弥次馬は, 場合ずっと手前の, 場合ぜひとも食器という, 場合そいつは大き, 場合そちらではどう, 場合そのまますぐ役に立つの, 場合そのものの罪, 場合その他色々な思はしくない, 場合その子たり又は, 場合それだけのもの, 場合それによつて, 場合それ自身では与り知らない, 場合それ自身一つの独自, 場合たいした智慧も, 場合たいして物に, 場合たしかにやや逆上し, 場合ただならぬように, 場合たでの沈殿, 場合たとい未だ私の, 場合たとえ俳優自身は, 場合たとへば妻に, 場合たぶん彼等は, 場合たぶんたしかにそうなん, 場合たれの心, 場合たんに驚い, 場合たんに自然の, 場合だいひかへれ, 場合だけで見ると, 場合だけでもまぎれも, 場合だったろうと思います, 場合だっても困難な, 場合がつた為め, 場合ちっともそんなこと, 場合ちょうどそれは, 場合ちよつと相手, 場合ぢやあ無いぞ, 場合ついその魅力, 場合ついに堂々たる態勢, 場合つくり直されて現れ, 場合つけてゐる, 場合つつしまねばならぬ, 場合つてあるぢ, 場合つとまりかねる気もちに, 場合つとめて彼, 場合つまらないばかげた, 場合つまらぬことから, 場合てんご, 場合であったではない, 場合であったろうがそれ, 場合であるかれは捕手, 場合でかは次に述べよう, 場合でございましても, 場合でございましたところ近年は, 場合でございますれば誰, 場合でしかあり得ない, 場合でしたら我々は, 場合でしょう今では, 場合でとは異って, 場合でなかったら兵馬と, 場合でなかつたならそんな間違ひも, 場合でなかつたらフロオベエルも, 場合でなくってまあ, 場合でなくんばいかに, 場合でねえぞ, 場合での直接という, 場合でのみ各党の, 場合でもさうだつた, 場合でもしかせんと, 場合でれりとやに下る, 場合で無い兎に, 場合といふ風に, 場合とかには当事者が, 場合とかはとにかくとして, 場合とくべつその必要, 場合とだけで極めて, 場合とてはないの, 場合とても全く同じ事, 場合とによって異なること, 場合とによっては多少の, 場合とのみは限らず一人あて百座敷, 場合とまではいかなくても, 場合ともかくこのお, 場合ともに不利と, 場合とりあげられなければならないであろう, 場合とりつきやすいの, 場合とりわけ単に私を, 場合と金の取れる, 場合つちが, 場合どうか何も, 場合どうしてもかくかくにしか歌えない, 場合どうにも現しよう, 場合どころでは, 場合どっちを取る, 場合どれほど便利で, 場合ない方が, 場合なおまた私が, 場合なかりしために, 場合なくてならぬ, 場合なぞと異つて, 場合なぞ地圧で天盤, 場合などでさえ思いも, 場合などとの直接の, 場合などのほかには, 場合などより桁違いに, 場合などをも努力し, 場合なにもしてやる, 場合なほまた私, 場合なほ何等か成功主義, 場合なまじっかに隠す, 場合ならずとも花, 場合なら知らず相手が, 場合なら黙つて帰ります, 場合なんざあなたはたしかに, 場合なんぞは機関車の, 場合なんでこんな冒険, 場合なんとも説明の, 場合なんらの打消し, 場合にあたって係累の, 場合にあたっても惑わず乱れずすぐ, 場合にさえやはりそこ, 場合にだけしか言葉という, 場合についてだけ語ろうと, 場合にて常に用, 場合になぞ必ずこの, 場合になどに焦躁する, 場合にのみその, 場合にはかあいい, 場合にはどないなさいます, 場合にもずつと部屋に, 場合にやア女一人で, 場合によってはと考えて, 場合によってはというのは, 場合によつたもので, 場合によつたら泳いでやれ, 場合によりますお目, 場合に対してと同様に, 場合に対しては必しも, 場合に関しては監督は, 場合はっきりあなた, 場合のすがたを, 場合のみとは言わない, 場合はかれといっしょ, 場合はじめはグズグズ, 場合はじめ十二分以上に映画, 場合はっと我れ, 場合はつきりと大きな, 場合はどつちでなければ, 場合はなはだ有効であった, 場合はにかみからむっと, 場合はのばと, 場合ばかりが彼の, 場合ばかりとは限らない現象, 場合ひとりだったら私, 場合ひにたつた一つたしかめ得た, 場合ひろ子さだ子の方, 場合ふしだらから来る, 場合ふた晩つづけ, 場合ふたたび返っては, 場合ふつりと, 場合ふつうの物質, 場合行ったこと, 場合への適用も, 場合ほとんどすべてが, 場合ほとんど常にそれが, 場合ほどに著しいであろう, 場合ほどには増加されないであろう, 場合ほどの熱の, 場合ほぼ時を, 場合づ初めに, 場合まあなんとかなるという, 場合まことの仕事, 場合まさにそれであった, 場合まじめな話, 場合まずこう判断する, 場合まず最も広い意味, 場合まだそれほどの手数, 場合まちがつた結論, 場合までの結果を, 場合までを関羽は, 場合みじめな失敗, 場合みだりに外人を, 場合みつかるまいと思ふ, 場合むかしの主従関係, 場合むしろ事實的勢力として主, 場合むずかしいことね, 場合むやみにここ, 場合めざめている, 場合めんどうなところ, 場合もうすでに問題に, 場合もさうだつた, 場合もさうだが平安朝末期, 場合もさうであつて, 場合もさうでありますし特に, 場合もしすこしでもひるむ, 場合もし実際私が, 場合もちよいちよい, 場合もっとこみ入って, 場合もはや本来の, 場合もはや特に文化統制という, 場合やがて起るべきあること, 場合やさきもやさき, 場合やっかいなの, 場合やっぱり監視員を, 場合やはりあくまでも私は, 場合やはりそうであるから, 場合やはりとかく不満や, 場合やはりなるべく成心を, 場合やむをえなかったので, 場合やむを得ず有合せを, 場合やむを得んと思った, 場合ゆえなく外人を, 場合ゆえ其許とは承知, 場合ゆえ川路岡本何れもその, 場合ゆえ此の様, 場合ゆかせてあげなけれ, 場合ゆがみがどの, 場合ゆき子の感情, 場合ゆるして貰ひたい, 場合ゆゑ物蔭から見させよう, 場合よい妻を, 場合よじ登る困難は, 場合よせとも言えない, 場合よっぽど落着いた, 場合よほど古さ, 場合よりずつと調べが, 場合よろしくないと, 場合らしく思われる結晶も, 場合わが国民の, 場合わが身一つの外, 場合わたくしの池上, 場合わたしたちのひじょうな力, 場合われと心を, 場合われわれ法律家には将来, 場合をすら包括する, 場合をのみ論じて, 場合をば努力し, 場合アカデミズムに該当, 場合アカデミックな字, 場合アカデミーの勢, 場合アナウンサーが自分, 場合アナトール・フランスを連想, 場合アントロポロギーがこれら, 場合イオンの例, 場合イデアは第, 場合イデオロギーに関する歴史的叙述, 場合イデーは経験, 場合インテリで之, 場合ウィーンでの伸子, 場合エッゲがある, 場合エレンの胸, 場合オシラ神はふつう, 場合カフェーの中, 場合キネマ仕込みの口笛, 場合ギャップはうめられなくなる, 場合ギリシア的なる学問, 場合クラブとしての処置, 場合コスモはかの, 場合コポオのすぐ, 場合ゴーリキイが作家, 場合シエイクスピアの言, 場合シナリオの方, 場合シニカルに見た, 場合ショオはゴオルスウアアズイ, 場合ジャパンをやめ, 場合ジャーナリズム化と呼ばれる, 場合ジョヴァンニが半ば, 場合スタイルさえもその, 場合スピノザ的自然と落ち, 場合スポーツのフォーム, 場合スミス博士はその, 場合ズボン釣はせぬ, 場合ゼネレーションの対立, 場合ソクラテスであったらどういう, 場合ソヴィエト政府は日本政府, 場合ソヴェート政府は日本政府, 場合ツケや拍木, 場合ツフラノ沼はたとえ漠然と, 場合ツメが武器, 場合テレて了, 場合テーマに特別, 場合デアルカラ当然ソレダケノ手順, 場合ディルタイやグンドルフ, 場合デカルトの哲學, 場合デモ常ニ夫ニ忠実ナル妻, 場合デモ芝居だから, 場合デモ薬液ヲ血管, 場合デモ読書ヲ廃シタ, 場合ドロンといっ, 場合ナチス的な封建性, 場合ニオイテモ決シテ妻ヲ離縁セズ, 場合ニドンナ結果ニナルカ疑問ダガ僕ハ白状スルトコノ間カラ心身ニ或ル種, 場合ニモ僕トノ情交ヲ拒マナイ, 場合ニ何トナクアレガ不吉ノ前, 場合ニ備エテ仰山ナ準備ナドヲセズ, 場合ニ備エテ麻酔ドクターニ附キ添ッテ貰イ酸素吸入ノ用意, 場合ニ於ケル上級審事件ハ第一審事件, 場合ニ於テ各別ニ利益配當, 場合ニ於テハ帝国大学総長ハ講師ヲ嘱託スルコトヲ得, 場合ニ於テ國家ハ別途其, 場合ニ於テ姦通罪ヲ檢擧セザル原則ニ, 場合ニ限ラズ何ノ注射デモ, 場合ノアレによれ, 場合ノミナリズムの真理, 場合ノンセンスな程, 場合第一審事件, 場合ハッと片, 場合パッサージが, 場合パラドックスが之, 場合ビョルゲ邸内のどこ, 場合ピアノは道具, 場合ピストルをうち得た, 場合フォン・コーレンを治安判事, 場合ブルジョアジーの人々, 場合ブルジョア的な自由, 場合プラグマチズム的方法はその, 場合プルタークはそれ, 場合プロレタリアートの先進部隊, 場合プロレタリア文学はどういう, 場合ヘーゲルの何, 場合ベーコンは云う, 場合ペンキはいくら油, 場合ボール紙の三方, 場合マイナスに悪用, 場合マブーフ氏は天意, 場合モアルガ朱墨ヤ朱肉ノ場合モアル, 場合モチーフの健全, 場合ヤーフを無理, 場合ヨーロッパではどう, 場合ラサールの国家理論, 場合ラマ僧は硫黄, 場合リズムといふの, 場合リヴィングストーンは実に, 場合ルネサンス以来のブルジョア日本主義, 場合ルピック夫人は自分, 場合ルポルタージュと呼ばれる, 場合レヤチーズもこれから, 場合レーニンが文学者, 場合レーヨンが交っ, 場合ロゴスは人間, 場合ロシアとはいかなる, 場合は大, 場合一々対手の, 場合一つ先に止める, 場合一ふりの長い, 場合一ヵ月の内三日理由, 場合一人一人の道具立て, 場合一個の物品, 場合一冊の伝記, 場合一処に生活, 場合一切の他人, 場合一定時期から任意, 場合一室に閉ぢ, 場合一家族当り四人半という数, 場合一寸此の字, 場合一寸此方が踏み止まつ, 場合一寸酸味のある, 場合一層そうしなければ, 場合一枚の画, 場合一歩も退かせない, 場合一生懸命倒れと, 場合一生懸命文字通りに生命そのもの, 場合一番人に聞かれ, 場合一番彼に近く, 場合一番得策なの, 場合一番懷かしかつた, 場合一番気になる, 場合一発のもと, 場合一礼のあと, 場合一等其利益を受ける, 場合一般化して, 場合一通りの御用, 場合一部分をあの, 場合一難去ったわけ, 場合一頭限りで稀, 場合丁寧にお辞儀, 場合丁度楼主や, 場合七百人は現, 場合万次郎にすがっ, 場合三万円以上の金, 場合三井家というの, 場合三人の誰, 場合三字を控除, 場合三藏に取, 場合に向う, 場合上品な言葉, 場合上役の人, 場合上手に出, 場合上演料を支払, 場合上述の三重, 場合の凍土, 場合下の句の内容, 場合下らなく消耗しなけれ, 場合下宿から借り, 場合下敷になつ, 場合不利な証明, 場合不動尊の殊勝, 場合不可能でありまた, 場合不如意な場合, 場合不審な事, 場合不幸を必然的, 場合不思議に思はれる, 場合不意に馬, 場合不明なれども, 場合不死性そのものの本質, 場合与助をた, 場合与吉にとって, 場合世の中に絶望, 場合世界史の立場, 場合世評や貫禄, 場合世論の例, 場合世論調査がとりあげられ, 場合耳から, 場合両手を岩, 場合両方が決して, 場合両方ともに一生懸命, 場合両者が全く, 場合並行し乍ら, 場合へ飛び込ん, 場合中位死亡年齢を中位結婚年齢, 場合中国における古代, 場合中央に膨みの, 場合主君に対して何, 場合主客が顛倒, 場合主役を演め, 場合主演者と同等以上, 場合主膳自身が侮辱, 場合主観と客観, 場合久能は青江, 場合之は無意識的に, 場合込員などは, 場合乗り手よりも剛健, 場合乙女は祖父ちゃん, 場合乱暴な急激手段, 場合の予想, 場合予想もしなかった, 場合予防のため, 場合事實を拾, 場合事柄は嚴肅, 場合二ヵ月以上収監された場合, 場合二両や三両, 場合二番手の備え, 場合二者は完全, 場合二重の負担, 場合二面にぶつかる, 場合云うまでもなく, 場合云っている, 場合互いの心, 場合互に手を, 場合五色の意味, 場合五行の場合, 場合五里の湖上, 場合些か現実を, 場合京吉の巧さ, 場合人事の, 場合人前に出せる, 場合人情というの, 場合人間的主體, 場合今一つ語幹と云, 場合今日それ等の論議, 場合今日明日のうち, 場合仔牛に向っ, 場合仔犬のとき, 場合仕事がない, 場合他殺か自殺, 場合以下に維持, 場合以前に考えられ, 場合以外永久にその, 場合空の, 場合仮に越して, 場合仮りに一私人, 場合仮名混りの, 場合仮名遣は発音, 場合仮定されて, 場合伊佐子さんから山岸, 場合伊太利は自分, 場合会社の云いなり, 場合伯爵は偽, 場合伴奏にすぎない, 場合住んでいる, 場合住民の数, 場合住職としては斯, 場合佐々刑事はもっと, 場合佐佐木はすぐれた, 場合佐渡行の汽船, 場合体系は方法, 場合何うにもならない, 場合何となくぴったりしなかったし, 場合何れもこの, 場合何一つ申し上げること, 場合何処が違っ, 場合何方からも聲, 場合何時も何時も, 場合何等かの意味, 場合余りにも傷ましい, 場合余り不思議はなかつた, 場合余計なこと, 場合作り声ではなく, 場合佳木よりも健康, 場合使い方が非常, 場合使用者の方面, 場合なくても, 場合例へば先般の, 場合例外なしに, 場合供給が需要, 場合依怙贔屓がない, 場合依然として鑑賞に, 場合価格は成立, 場合便利だとは, 場合便宜的に引きこまれる, 場合俊夫君が出かける, 場合保護者の膝, 場合信じてはいられない, 場合信仰の求道者, 場合信子の心, 場合信雄信孝両公, 場合修正しようとして, 場合修辞学は我々, 場合俳人も講釈師, 場合俳句になく, 場合俺等二人を警察, 場合個性すら持たない, 場合個性的なもの, 場合倫理観は審美感, 場合にもどこ, 場合側面から見る, 場合偶像的地位を占め, 場合偶然によって発見, 場合偶然的なもの, 場合映鏡, 場合偽善的な謂わば, 場合につい, 場合を黒く, 場合働くものの, 場合僕たちの真心, 場合僕等はそれ, 場合優れた血液鑑別法が, 場合兄以上に嬉しかっ, 場合が大国, 場合先づその國, 場合先づ人間を創造, 場合先づ最近の教育, 場合先入見に, 場合先刻延若が乗, 場合光線が彎曲, 場合光陰色の閃, 場合克服は時間性, 場合も角, 場合兎角満場倦怠の, 場合党利党略に終始, 場合入門的な書物, 場合全体が一度, 場合全力をあげ, 場合兩者を對等, 場合八分した場合, 場合公園の散歩客, 場合公式についての運用, 場合六五歩と下手, 場合六人組としてはどういう, 場合兵書を講じ, 場合兵隊を傭っ, 場合兵隊送迎は別, 場合其の芸術の, 場合其ひつぎのみこの, 場合其処には二つ, 場合其振動の緩急, 場合其神の名, 場合其等の人々, 場合其語のつかなけれ, 場合典型的な意味, 場合内容的な例えば, 場合内相が若い, 場合再現されて, 場合写真そのものは芸術品, 場合冷たくまた粗末, 場合凡ての報道記事, 場合凡庸な作家, 場合て来る, 場合出したくてもこの, 場合出張費と自動車代, 場合出血が致死量, 場合を抜く, 場合刃物というもの, 場合切字を必要, 場合切迫致し居り且, 場合をつくっ, 場合霜は, 場合初歩期の単調, 場合判断を下す, 場合判断中止となっ, 場合別々では, 場合別して無邪気なる, 場合利潤は支払う, 場合利潤産出の物的機関, 場合到底その力, 場合剃刀は平日, 場合に述べた, 場合前後相違がない, 場合創作家よりも翻訳家, 場合創業の時代, 場合創造の意欲, 場合の不安, 場合劇中人物のあらゆる, 場合劇団の常連, 場合劇場主や俳優, 場合力学に準じ, 場合加賀の千代, 場合劣等なるわれら地球人類, 場合助かったという気持, 場合助けを呼ぶ, 場合助けたいのは, 場合助力のできる, 場合助太刀は無論, 場合助手は立っ, 場合労働するも, 場合労働対象を技術的, 場合動機が表, 場合動詞の過去形, 場合は多く, 場合勝手に改作, 場合勝者であった, 場合勤労という実際, 場合勿論多少の感慨, 場合北の方に憚, 場合区別しなければ, 場合区長と五人, 場合医者の考え, 場合医者一人も同席, 場合のもの, 場合十中八九まで真犯人, 場合十俵を二十俵, 場合十分に心, 場合十分技術を人工的, 場合十分注意して, 場合十箇年間の平均, 場合十里四方三里四方というよう, 場合千二は丸木, 場合半径がなかなか, 場合単音節に見たい, 場合危うく宿なし, 場合危急を脱する, 場合危険である, 場合此方から, 場合の目方, 場合原田にお, 場合とも言, 場合厳禁である, 場合厳重な戸締り, 場合及ビ天然或ハ人爲ニ, 場合つてその, 場合反動的日本主義乃至民族至上主義, 場合反撥は一層, 場合反発力であり従って, 場合反省及び文化的存在, 場合反覆的な観察, 場合取りも直さず, 場合取り消しだと, 場合受けなければ成らない, 場合叙情的になつ, 場合かず, 場合口上でよい, 場合口調が勢, 場合古代人の常に, 場合古典に対する冒涜, 場合さえ引っ, 場合召使われて, 場合可哀相な老人, 場合可能性乃至質料, 場合史劇あるいは悲劇, 場合史実から見た, 場合右側の座席, 場合右手にスプーン, 場合右長沢家に対して各, 場合吃驚し紋床, 場合同居という呼び, 場合同年輩かあるいは, 場合同志林の, 場合同情して, 場合同時に人々にとっては, 場合同様神の矢, 場合同盟下船とでもいう, 場合名木の一つ松, 場合の意味, 場合味方と頼む, 場合呼稱そのものにおいてすでに, 場合が御, 場合命名とは理解, 場合咄嗟にきめる, 場合咲子は箪笥, 場合をされる, 場合品物を検め, 場合哲學が對象, 場合哲學者の科學論, 場合唯心論的に見るべき, 場合唯物史観として登場, 場合唯物論は観念論, 場合唯物論的な文学, 場合唯物論的方法はそれ, 場合唱歌は一種, 場合問題外にする, 場合善六自身としては決して, 場合善良な市民, 場合喜悲両様の表情, 場合なる思惟, 場合の値段, 場合四分した場合, 場合四百目以上七八百目から一貫目, 場合回復させるばかりが, 場合国中の人民, 場合国内の食物量, 場合国境各駅や各, 場合国家協力でこれ, 場合国民は喜悦, 場合国防という言葉, 場合国際主義というの, 場合国際性ははっきり, 場合国際文化局の仕事, 場合国際的なプロレタリア文学運動, 場合の所, 場合園一人であったに, 場合でこういう, 場合土台になる, 場合土岐の力, 場合土産も買はず, 場合圭一郎は反撥的, 場合地上階は比較的, 場合地主に小作料, 場合地方のボス, 場合地方的と言, 場合埋葬料の金一封, 場合基礎的に具体的, 場合基礎的教育といい, 場合堪へがたいので, 場合場所により懸け, 場合の上, 場合塾生に十分もの, 場合に映っ, 場合変容は何処, 場合夕飯を食べさせない, 場合に方法, 場合外國人をも自, 場合外敵よりも内, 場合外界に屬, 場合外部的に成功, 場合多き事を, 場合多ければ葬式, 場合大いに助かる, 場合大して問題に, 場合大人よりも正直, 場合大変感じがある, 場合大小は誰, 場合大抵人気がある, 場合大抵広々とした, 場合大望すぎたの, 場合大概一度は躊躇, 場合大群の家畜, 場合大胆にもすぐ, 場合大迫がお待ち, 場合大金を持っ, 場合大阪に地盤, 場合天子の命, 場合太刀以上棒以上に相手, 場合太宰はキザ, 場合太陽や月, 場合夫人自身が創, 場合奇怪では, 場合奇抜なこと, 場合奔馳して, 場合奥さんの希望, 場合奪う事が, 場合女主人公の吉村, 場合女事務員の方, 場合女将の証言, 場合女性に関しての考察, 場合女房の手, 場合女源氏と称する, 場合好戦論反戦論どっちの気風, 場合なぎこちな, 場合妥協すること, 場合妨害せらる, 場合を先, 場合妻子が罪, 場合のはらから, 場合姉御の詞, 場合始めて成り立たせ, 場合姓名を轉倒, 場合委員は地所, 場合婆サンヲ無視シテ予, 場合婦二人生命を預る, 場合婦人代議士は何, 場合婦人代議士特殊な芸術家, 場合婦人作家の生きぬかなけれ, 場合媒酌結婚で結構, 場合子供達がはたして, 場合子路の目ざした, 場合が第, 場合孤立的であったし, 場合学問ならぬ他, 場合学者でも不用心, 場合宅みたいな所, 場合安二郎がそれ, 場合安里はしかた, 場合安閑と食事どころ, 場合宗教批判の形, 場合宗教的では, 場合律詩の, 場合定跡を知つて, 場合実在から或, 場合実質に於, 場合実践的な関心, 場合実験なるもの, 場合客觀的なもの, 場合客觀的實在世界がそれ, 場合客體であること, 場合客體面が自己性, 場合宮本竹蔵先生のお, 場合の倒伏前, 場合家庭に大病人, 場合家庭料理より料理屋, 場合家政のうま, 場合家族達からは出来る, 場合家来の身, 場合富士登山が果して, 場合富岡には, 場合富豪の眼, 場合實際はその, 場合寧ろ憎らしく思はれた, 場合対峙の線, 場合寿江子の体, 場合専門の特別, 場合専門語で表現, 場合尊重されて, 場合圓太節とさえ, 場合小刻みに目標, 場合小松に化ける, 場合小林のため, 場合小言めくまいと, 場合小説を読む, 場合少からず, 場合少くとも自分, 場合少なからぬ助け, 場合少なしとしない, 場合尚更さうなの, 場合くとも, 場合届けるもんは, 場合屍体は浴槽, 場合へ登る, 場合山名の縁談, 場合山岸艇が地上, 場合山東を放棄, 場合山田は作者, 場合屹度連れて, 場合や谷, 場合岩山銅蔵という美少年, 場合峯子には考え, 場合嶺外節度使が中央政府, 場合川越し人足が米友, 場合工場の生産, 場合工場新聞は謄写版刷り, 場合工藝の堕落, 場合左膳の驚き, 場合差控へたい, 場合れを, 場合市郎は待つ, 場合師匠が一歩先, 場合帰れなくしてしまう, 場合の刀, 場合常識的世界観によって生活, 場合平一郎にとっては熱望, 場合平吉は叫び声, 場合平和が訪れる, 場合平服なんぞ何, 場合平気で居れる, 場合平等性もいい, 場合平野氏が軌道性, 場合年寄りの意見, 場合幸いにも, 場合幸之助を助ける, 場合幸村がかく, 場合幸田家が仏教, 場合幹部候補生になる, 場合幽鬼の街, 場合広告は殆, 場合序盤に第, 場合度々引合に, 場合座標の原点, 場合庸三はいつも, 場合弁信の錯覚, 場合弁解にならない, 場合引き受けたものは, 場合引合ひに, 場合は既に, 場合之丞, 場合さに, 場合弱いものの, 場合っての所望, 場合強いて探究し, 場合強盗は実際どう, 場合当てはまらないといわなけれ, 場合当事者の夫人, 場合当人は僭越, 場合当初出版の証人, 場合当局がどう, 場合当方よりお, 場合当時の波瀾極り, 場合造られて, 場合と書いた, 場合彫刻家はセミ, 場合彼等すべてが英語, 場合彼等両名を射殺, 場合待ったは利かない, 場合後で苦情を, 場合後方との連絡, 場合後者は前者, 場合徒らに消灯, 場合従って明治四十三年, 場合従って夜寒も, 場合従来と根本的, 場合も知れない, 場合得る学問の, 場合得体の知れぬ, 場合御簾の外, 場合御馳走の程度, 場合心理的陰翳を表現, 場合心配であった, 場合心霊上の予感, 場合しも卓越, 場合必ずしもそうでは, 場合必ずやそれは, 場合必然性を有, 場合必要以上に買っ, 場合といえ, 場合忘れていた, 場合忙しい概念だけを, 場合怒ることの, 場合思いもかけなかった, 場合思いがけずに任意, 場合思いきってその, 場合思いつきの策, 場合思い切って持米, 場合思ひのほか, 場合思わずこう声を, 場合思考の内容, 場合に静か, 場合急所がどこ, 場合性慾の純粋さ, 場合性格的でなければ, 場合恋する人は, 場合恋愛はできる, 場合恐怖の対象物, 場合恟ッと衝動, 場合かしがること, 場合恥ずべきことで, 場合恩恵に浴する, 場合恵子のこと, 場合悠々と話, 場合イ性質, 場合悪人でよい, 場合悲劇を一層, 場合情趣を助け, 場合からず, 場合愈々明らかと, 場合意味不明な訓読法, 場合意外に打ちしおれ, 場合愛するが故に, 場合感情がどんな, 場合感電による場合, 場合慌てたらおしまいである, 場合慎太郎さんが, 場合慾情は拔きだ, 場合憂欝の同義語, 場合憎まれている, 場合憲兵もその, 場合懐ろ育ちのお嬢さん, 場合懐手をし, 場合懐疑を頭, 場合懐疑そのものが一つ, 場合懷疑を頭, 場合懷疑そのものが一つ, 場合れるの, 場合成功謝礼というもの, 場合成立しませんが, 場合我々自身に依存, 場合我が明智小五郎の, 場合我国の家禽, 場合に勝て, 場合戦うべき敵の, 場合戦乱の世, 場合戦争中の日本商人, 場合戯曲さへ傑, 場合戸尻が透い, 場合戸締りが厳重, 場合戻り道で, 場合所謂世界観と方法, 場合所謂基礎づけを, 場合所謂変な偉く, 場合所謂精神科學において確立, 場合手伝いをしよう, 場合手助けとなる, 場合手放しの愛情, 場合手数をはぶく, 場合手段として即ち, 場合手順を踏む, 場合ひ馴れないネタ, 場合批判は無論, 場合批判精神の実体, 場合批評と創作活動, 場合批評家がそのまま, 場合承認かあるいは, 場合技術は一般, 場合折り入って相談ごと, 場合押し通せる程に, 場合押錠の下, 場合抽象にすぎるなら, 場合担ぐよりも引ずり出す, 場合拠り処が, 場合を握る, 場合をくわえ, 場合指揮者となる, 場合挙げるのに便宜, 場合振切って別れたなら, 場合捕える捕えないどころの, 場合捜査課長の心, 場合探偵の方, 場合提唱し得るもの, 場合をし, 場合損得などはどう, 場合損益勘定では一, 場合擂鉢に入れられた, 場合支えとなり切れない, 場合改良の最高限度, 場合政右衛門の足手, 場合政治は狂気, 場合政治的になっ, 場合五人の, 場合故意に相手, 場合敍述の方法, 場合救いは人々自ら, 場合教師をかね, 場合教育を受けぬ, 場合教養と呼ばれる, 場合散文の方, 場合敵打にいで, 場合之丞, 場合文人だからと, 場合文体の独特, 場合文化というもの, 場合文化財生産関係に於ける, 場合文化部のとるべき, 場合文士というもの, 場合文太郎はいつ, 場合文字に拘泥, 場合文学的表象と文学, 場合文学者の女房, 場合文次でなくても, 場合文章を読ん, 場合料理屋の真似, 場合斬られて死ん, 場合断固たる処置を, 場合断然連印を, 場合新たな不自由, 場合新進的な或は, 場合方言とか訛, 場合旅客は皆台所, 場合日常性の原理, 場合日本全土にわたる配布網, 場合日本化するため, 場合日本民衆に全体主義, 場合明瞭ならざれば, 場合は順序, 場合昔なじみの誰か, 場合を人, 場合映画は自己, 場合春一の位置, 場合春三郎に取, 場合是非とも徳光さんに, 場合是非共聞き糺さなくては, 場合是非分別を考える, 場合是非必要であるという, 場合時に日本等に, 場合時には左的議論あり, 場合時間乃至空間, 場合普段なら直ぐ, 場合普遍者は個性, 場合景色が好い, 場合智力においても何, 場合暗誦訓詁すべきもの, 場合暗黙の裡, 場合暴力なんかで, 場合暴徒も囚人, 場合曲者に取, 場合更にいは, 場合書かぬことに, 場合書かれるわが良人, 場合書こうとする, 場合書生の布川, 場合書置きというたぐい, 場合書類はもう, 場合最も屡繰り返されてを, 場合最低百五十円と男, 場合最初ここを離れた, 場合最初分割して, 場合最大の距離, 場合月並の鳴物, 場合之御, 場合有っている, 場合有り得ないのだ, 場合有形の物, 場合有無を云, 場合朝子は自分, 場合木戸の運命, 場合成熟の, 場合未來は歴史, 場合本家の姉, 場合本属の官庁, 場合本当をかく, 場合本当に思いきった態度, 場合本能によって環境, 場合本能的にそうした, 場合本質といひ, 場合は概念的存在, 場合材料の選択, 場合村中の男, 場合村人を童子, 場合村割当量が個人割当, 場合は当然, 場合条件どおりなの, 場合東西屋の出現, 場合か何, 場合松田氏は自身, 場合松竹は決して, 場合板ばさみの苦境, 場合枕詞の格, 場合栄養があれ, 場合栗本には彼等, 場合根本物質が何, 場合案外この文壇的, 場合か桜, 場合梅子はその, 場合棄てるべきもので, 場合棺桶は焼かず, 場合極力避けなければ, 場合楽しんでと書く, 場合概念的に體系, 場合構成されるべき物質, 場合様々の反動, 場合模写ということ, 場合模写説においては我々, 場合之助, 場合機嫌のよい, 場合機宜に適する, 場合機械の故障, 場合の上一間以上, 場合次いで現はるべき, 場合次第だとしても, 場合したもの, 場合正しき者は, 場合正式には短文, 場合正当であるという, 場合正直な米友, 場合正道がかえって, 場合正鵠を射当てる, 場合此小説の書き方, 場合此方の困る, 場合此神自身之を行, 場合此等の問題, 場合此等場合の種々, 場合とお, 場合武蔵は斬った, 場合が悪く, 場合歪んだ世界が, 場合歴史上の一定形象, 場合歴史科学の目的, 場合歴史詩人等の如き, 場合と聯關, 場合死のうといわれたら, 場合死んでも彼女, 場合死んだ真似を, 場合死亡した後始末, 場合死亡率は通例三六分の一, 場合死刑囚を急激, 場合死後の世界, 場合んど, 場合殆ど例外なくそこ, 場合殆ど姿を見せぬ, 場合殊更帳尻を, 場合残されたものは, 場合殺されている, 場合殺そうというの, 場合殺人の動機, 場合殿下御自身, 場合毎年繰りかえして, 場合毒薬はある, 場合毛利をし, 場合毛沼博士が寝室, 場合民主的文学のひな型, 場合民俗学に携わる, 場合民族なり国民, 場合民法第一七条, 場合気合には最も, 場合気焔は結局首, 場合水島灘の浪, 場合水平となる, 場合水滴の大き, 場合水車を使え, 場合の代り, 場合氷山は海面, 場合永い歴史が, 場合永久にわれら, 場合永遠という表現, 場合決して決して無理な, 場合決定が何れ, 場合沙汰の限り, 場合河合はまさに, 場合治療に困難, 場合に照, 場合法律的手段によっても作者, 場合泣くより外, 場合注意力こそ強く, 場合注意能力又は頭脳的力量, 場合津浪についての注意, 場合津田はお, 場合に想像, 場合活動させマネキン, 場合活字考案に指輪, 場合派手というの, 場合浅草のりなぞを混ぜ, 場合浮いたものに, 場合浮世絵に甚だ, 場合浮彫と相, 場合浴衣ヲ借, 場合消えて行く, 場合消極的な意味, 場合深刻な悲痛, 場合混同しては, 場合清八はそんな, 場合清浄無垢とは保, 場合渋い苦り切つた表情, 場合は勝ち誇, 場合温い夢を, 場合測定者の眼, 場合満月の作る, 場合満足しなければ, 場合源吉の氣持, 場合漏らすことの, 場合演劇を単なる, 場合漠然となりとも, 場合漢学の素養, 場合よく伏罪, 場合潜在性慾の敗北, 場合潜水戦隊としては出来る, 場合濃き煙を, 場合濫僧すなわちエタ, 場合火蓋を切ろう, 場合災難として見る, 場合炭塊一つが充分, 場合点燈を許さず, 場合点線面などの概念, 場合為吉は自分, 場合烈しい自虐の, 場合無地でありまた, 場合無形のもの, 場合無意義な努力, 場合無手ではなし, 場合無益の詮索, 場合無益有害であろう, 場合無罪となる, 場合無難な返事, 場合無頼的ですらも, 場合も早急, 場合然し勿論それア機會, 場合然しながら如何に, 場合は適當, 場合熊城に雀, 場合熊川忠範はしかけた, 場合熱き涙を, 場合熱しやすいとともに, 場合熱湯を少し, 場合父母から自分, 場合父親の存在, 場合がつい, 場合に向っ, 場合物事の是非, 場合物理的測定に基い, 場合物置室の裏, 場合特殊な情緒, 場合特珠の場合, 場合犠牲を伴う, 場合犬馬の労, 場合犯人以外には機関車, 場合狂信的な身振り, 場合独裁者を臨時任命, 場合に食われた, 場合猛りたっている, 場合不快です, 場合りで札幌, 場合玄人が本当に, 場合率直にしか答, 場合は神璽, 場合現に在る演劇, 場合現代のソシアリスト, 場合現実以外に哲学, 場合ではなく, 場合理事達が如何, 場合理性或は知性, 場合理由を語る, 場合理知の勝利, 場合理解は常に, 場合理論一般は実験自身, 場合甚だしく粗漫, 場合生え抜きの商大人, 場合生かしてやりたい, 場合生きたる心地は, 場合生命は萎縮, 場合生徒たちは話, 場合生来の美貌, 場合生活と文学, 場合生活意慾と結びつく, 場合生理のくみ立て, 場合生者の魂, 場合産業そのものを意味, 場合用いられる技術, 場合田丸浩平にはうつり, 場合田村泰次郎についてどう, 場合男の子ならまだ, 場合男女双方からの打算, 場合男女間に於い, 場合男子の出生, 場合なり村, 場合町内会を単位, 場合のうまいまずい, 場合留めても留まらない, 場合留守なの, 場合をおろす, 場合異性の教師, 場合異様に生き, 場合異論百出といったまことに, 場合當人を事實, 場合疑いを生む, 場合病気で薬, 場合痴人のよう, 場合療養所として採るべき, 場合発行者又はその, 場合白昼でも深夜, 場合白石正一郎へ用命, 場合白耳義の安達峰一郎大使, 場合白骨温泉に落合った, 場合白鮫号の船首, 場合百万遍も接吻, 場合百両の調達, 場合百千のことば, 場合百足虫は落ちる, 場合盗んでも好い, 場合盗賊必ずしも物取り, 場合につけられ, 場合目的のため, 場合直ちに訂正される, 場合直観的なもの, 場合直観空間に何, 場合蔽われて, 場合相剋の起る, 場合相川を私, 場合相応に手段, 場合相棒で悪い, 場合の強, 場合真中に立ちはだかっ, 場合真個に対等, 場合真剣なる研究, 場合真実は神, 場合真理という言葉, 場合瞬時も早く, 場合瞬間強直を起す, 場合矢代も親戚たち, 場合矢張り個人で従って, 場合知つてゐて, 場合知らず知らず自分の, 場合知らぬ屋敷へ, 場合知性と本能, 場合知的な意味, 場合知能的には低き, 場合短い角柱の, 場合に含まれ, 場合研究の完成, 場合破つた一つの, 場合破壊に終わる, 場合社会主義建設の事業, 場合社会周知の潜在情勢, 場合社会階級の対立, 場合社長の御, 場合祭者に, 場合祇園はあくまでも, 場合へを主, 場合神憑きと, 場合神経だけは文士, 場合神経質に気, 場合神聖者は人間的, 場合祭典の体, 場合禁物である, 場合秀でたる作者は, 場合私共の見出す, 場合私宛の書簡, 場合私自身が煙草, 場合によらず入れる, 場合科学技術者というもの, 場合科学教育をただ, 場合科学的な著作, 場合科学的批評の方法, 場合科学論はそれ自身, 場合科學と哲學, 場合科學的な正しい, 場合俗衆と, 場合穀物の価格, 場合の白鮫号, 場合空想に過ぎない, 場合空間性によって空間, 場合空間知覚として取り扱われる, 場合から逃げられる, 場合窮死は空想, 場合立場が正に, 場合立派に成り立ちます, 場合競って門, 場合競争者がより, 場合竹童の手, 場合を失した, 場合笑っては失礼, 場合笹村の手元, 場合筋道の通った, 場合算哲博士と六人, 場合は棄て, 場合籠城の場合, 場合はすなわち, 場合粉鑛採聚器を据付け, 場合粉骨を盡, 場合な人間, 場合精神が沈静, 場合精神的方面からの批判, 場合精神科学の名, 場合精紳を堅固, 場合糞落ちつきに落ちつい, 場合素子が友人夫婦, 場合素材を忠實, 場合細君と子供, 場合組合はそれ, 場合組織は絶対, 場合組長はむろん, 場合経済学が有, 場合結局黙っては, 場合結晶といっ, 場合結果の桁数, 場合結納まですませた, 場合絵の具を盛り上げ, 場合絶えず弁信が, 場合絶望から虚無的, 場合綾子の事, 場合総合の過程, 場合線路には凹凸, 場合編者は少し, 場合繁忙だから, 場合羅針儀はなく, 場合羊羹に見せかけよう, 場合の陶酔, 場合美人像が引金, 場合美術雑誌や画商, 場合において自分, 場合義兄さんが扶助, 場合羽根ののびきらない, 場合羽目をはずす, 場合翻案になつ, 場合翻訳者はそれ, 場合老人はどうしても, 場合考へられてゐる, 場合の慣性, 場合聊かなりとも, 場合聖職者はその, 場合聞く様な, 場合聴き手を, 場合職務に忠実, 場合職業的作家ではない, 場合が非常, 場合肉体は血管, 場合肉体的に何, 場合肖像の真実性, 場合胃袋に停滞, 場合背理でありせいぜい, 場合胎児を犠牲, 場合の方, 場合能登守を救う, 場合脅迫状をよこした, 場合腹八分目に息, 場合腹心の者, 場合自分たちの運命, 場合自分ひとりだけが美味い, 場合自分等夫婦は全く, 場合自分自身に対する言い, 場合自分達の努力, 場合自己實現の質料, 場合自己誇張癖をば清算, 場合自殺者が遺書, 場合自然哲学は自然科学, 場合自然学は私, 場合自然學は私, 場合自然的光が本, 場合自然的生の體驗, 場合自然科学そのものと哲学, 場合自然科学的に見る, 場合自然里の人々, 場合自覚的なわれ, 場合臭気の源, 場合致命的に見える, 場合舞臺の背景, 場合の衝突, 場合から一番先, 場合船体および艤装, 場合船長に酷, 場合芝居話のお, 場合まず開い, 場合花嫁に対して何, 場合芸者はさっぱり, 場合芸術以前のもの, 場合芸術家とその, 場合芸術的価値から云え, 場合先生に, 場合若くはイデオロギー, 場合若しくは虚栄心を, 場合苦い杯である, 場合苦しい苦しいから跳ね返す, 場合苦しめてやる, 場合苦心とはか, 場合英語を知らなかった, 場合茂太郎は自分, 場合の理性, 場合荒川の堤, 場合付いて, 場合落ちついて死んだ, 場合落下させるとき, 場合落着いて, 場合著者自身の立場, 場合の手前, 場合薄汚ないという, 場合薬箱を投げ, 場合藝術の園, 場合藤吉は必ず, 場合の口, 場合がその, 場合を特に, 場合を好まなかった, 場合血刀のやり場, 場合血書を取消した, 場合血縁の關係, 場合行き掛りもあった, 場合行き暮れた霧の, 場合衣裳をからげ, 場合衣類を悉く, 場合表現の形式, 場合表現そのものが文学, 場合表現物はそれ, 場合表象するとは, 場合表面上科学論という言葉, 場合裏切られてそこ, 場合裏打を固く, 場合製造家が片原饅頭, 場合複雑化すること, 場合西域の事實, 場合西域地方を通過, 場合西欧の知性, 場合西洋画にあっ, 場合要するに空間の, 場合見付けられてはもちろん, 場合見落すことの, 場合見込違ひ又は, 場合像の, 場合視られるものは, 場合視線の戦い, 場合覚えの腕, 場合親子の間, 場合観念論の典型的, 場合観想の立場, 場合観衆はむしろ面, 場合觀念的内容は實, 場合觀點の異, 場合解釈学が哲学的方法, 場合触覚が出る, 場合言い値の金高, 場合討幕の, 場合記録簿の期間, 場合訪ねてゆきたくない, 場合訪問して, 場合許されていない, 場合許されるのである, 場合許して頂けない, 場合許せばよかつ, 場合許可不許可, 場合訳者が自分, 場合診断をうけ, 場合註釈が必要, 場合詐弁としか思われなかった, 場合試合に立つ, 場合試験に及第, 場合になり得る, 場合詩人である, 場合となった, 場合の調子, 場合話したことも, 場合誇張した慎重さ, 場合誠にそこに, 場合誤ちを起し, 場合誤解の種, 場合説明者や音楽, 場合論じなくてもすみます, 場合論敵の論旨, 場合論理が矛盾的, 場合論理学に於, 場合論理的判断としてはウィンデルバンド, 場合論証的では, 場合謂う所の, 場合とする, 場合講演者なり著者, 場合證書を書かし, 場合警視庁はその, 場合讀者の方, 場合が気違い扱い, 場合象徴となる, 場合貞操は固く, 場合貞潔をまもる, 場合貧しい美と, 場合責任者は責任者, 場合貴君が当然, 場合貴方が不意, 場合貴族への憎悪, 場合貴殿がい, 場合はう, 場合賛成の声援, 場合贈物は通常, 場合赤手空拳が危険, 場合赤菊でも黄菊, 場合起こらずにはいなかった, 場合越前は相手, 場合足利の田舎絵師田山白雲, 場合足袋や靴下, 場合につく, 場合の分裂, 場合軍国家に対して責任, 場合軍師ご自身, 場合転換法を行, 場合軽蔑の感じ, 場合辛棒しにくい, 場合辯解にならない, 場合込み入った論構も, 場合濶に, 場合近似の一法, 場合迷子の迷子, 場合迷惑至極なの, 場合退却するという, 場合送り仮名の当, 場合るの, 場合逃げ路の, 場合逃げるにも逃げられない, 場合逃げれば逃げる, 場合逃げ場を失う, 場合逃走しようと, 場合に感情, 場合逆行性健忘症の場合, 場合逆説的な論拠, 場合逐字訳で原作, 場合通詞といふ職掌柄, 場合速度が小さけれ, 場合速水先生の感化, 場合連れて来ない, 場合進歩的な見解, 場合遅れて出来た, 場合遊資引出しは共同経営, 場合遊里情趣が表現, 場合運命を賭し, 場合過失でな, 場合道徳は客観性, 場合道徳的にみ, 場合達磨の如し, 場合達者な応用家, 場合違った方向に, 場合遠くの電燈, 場合遠距離ということ, 場合遥かに怖, 場合適切だが, 場合適度だろうと, 場合選択の原理, 場合遺言状の開封以外, 場合避け難いめぐり合わせ, 場合避妊をする, 場合還元性と優越性, 場合邦貨の一円, 場合都会と農村, 場合都合がいい, 場合配属将校にご苦労, 場合も味淋, 場合は時雨れ, 場合重きをなす, 場合重力と気圧, 場合重大なる心, 場合重点はソヴェト, 場合重苦しい着物を, 場合重要な物理的意味, 場合野上さんと同, 場合金帛を贈, 場合金語楼君なり金馬君, 場合とは原始, 場合のつい, 場合鉄道の線路, 場合銀行は特に, 場合銃丸が乗客, 場合を出した, 場合の前, 場合がなけれ, 場合がどう, 場合鍵語はやはり, 場合鎧袖一触的にやっ, 場合鐘楼には一人, 場合鑛毒の無い, 場合長々しく退屈, 場合長三郎はあくまでも, 場合長持一つで吊, 場合長男はその, 場合長短二種の枝, 場合長閑な光景, 場合閉め切りだったものだ, 場合開閉器の側, 場合閑却された形, 場合間に合うはずが, 場合間違いであって, 場合間違っている, 場合間違つてゐる, 場合関係するの, 場合関心をひく, 場合関東庁側は若い, 場合闇太郎にも決心, 場合闊葉樹林を離れ, 場合防空はあり得ない, 場合附き纏うものである, 場合限られた時間内に, 場合陰陽両種, 場合陽イオンの影響, 場合隊士としての面目, 場合隠れるだろうか, 場合隠れるでしょうか, 場合隠れ場所にする, 場合隣席の人, 場合隨分五十兩百兩と寄進, 場合には生れつき性質, 場合集団は或, 場合雇い入れるとしてもそれ, 場合雇傭関係によつて, 場合雉子の声, 場合離れたものを, 場合離婚は不幸そのもの, 場合離脱したり, 場合難關の突破, 場合零下二度又は三度, 場合電流たらざる, 場合需要がゼロ, 場合青天の霹靂に等しかっ, 場合青木は黒田, 場合静かに簡単, 場合非常手段を用い, 場合革命は何処, 場合音譜に, 場合頂戴するの, 場合順当な男, 場合頗る野暮ったいけれども, 場合は少し, 場合頭脳で判らない, 場合頸筋の結節, 場合がしゃくっ, 場合は実に, 場合風呂場に猿, 場合風雨の侵蝕, 場合飛んでもない, 場合飛行機はよく, 場合を与えられた, 場合食うためには, 場合食物と一緒, 場合食費電話料電燈料水道料等も各, 場合を食う, 場合飲むことや, 場合に残っ, 場合馬田にとってこれ, 場合馬鹿なこと, 場合騒がしい立身出世の, 場合皇産霊尊を, 場合高い森から, 場合高山彦九郎の位置, 場合高見順によって始められた, 場合高須のこと, 場合と妖, 場合鬼火の原因, 場合魚心堂はこの, 場合や獣, 場合鷦鷯がどこ, 場合黒いトランクを, 場合黒吉には仙次, 場合黒煙濛々の地団駄, 場合黙々として家