青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「場~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

堂々~ 堅い~ ~堅く 堅く~ 堕落~ 堤~ 報~ ~報告 報告~ ~場
場~
~場合 場合~ ~場所 場所~ ~場面 場面~ ~塀 塀~ ~塊 塊~

「場~」 14960, 162ppm, 649位

▼ 場~ (3286, 22.0%)

93 方へ 25 ほうへ 24 ような 23 前に 22 隅に 19 中へ 18 ように, 中で, 光景を 16 中に, 方から, 空気を 15 方を, 様子を 11 中を, 中央に 10 前の, 方に 9 花嫁, 隅の 8 ほうを, やうな, 光景が, 入口に, 前を, 外へ, 窓から, 隅で 7 やうに, 下に, 事情を, 光景に, 戸を, 方で, 方は, 方へと, 空気に, 窓の

6 [11件] 一隅に, 下へ, 中から, 中では, 人たちは, 光景は, 前まで, 様子が, 片隅に, 空気は, 近くで

5 [25件] ありさま, がれの, ことは, ことを, ために, ところで, なりゆきを, わきに, 上に, 下の, 中の, 傍を, 入口で, 入口の, 名を, 戸が, 扉を, 有様を, 横に, 炉の, 煙突の, 空気が, 花嫁第, 裏の, 門を

4 [17件] ところへ, 入口を, 前には, 前へ, 壁の, 外に, 大きな時計, 屋根に, 屋根を, 建物の, 材木に, 柱の, 様子に, 横の, 横を, 石垣の, 雰囲気を

3 [69件] あるところ, ことや, すぐ上, すみの, そばに, そばの, ところまで, ないのに, ないよう, ほうで, ほうに, ほうの, ほうは, コンクリートの, プラットフォームに, プラットフォームは, 一隅で, 一隅へ, 中でも, 中は, 人たちが, 傍に, 入口は, 入口へ, 内外は, 前から, 前で, 匂いが, 北の, 南の, 向うの, 外の, 奥に, 女が, 宿屋の, 寂寞, 帰りに, 幕が, 情景を, 成行を, 戸の, 扉が, 方の, 有様が, 有様は, 板囲いの, 柳の, 模様は, 樣子を, 横から, 機械の, 正面に, 水槽の, 異様な, 真ん中に, 真中に, 石の, 窓に, 窓口に, 竈の, 調子に, 赤い柱, 近くに, 都合で, 間を, 隅から, 隅を, 障子を, 隣の

2 [202件] あいて, あたりで, うしろに, お文, かまどの, がれ, ことと, こと故, すみには, そばで, どこかに, どこにも, ないこと, なかで, なかに, なかを, はずみで, ひびきも, ほうから, ほかに, ほとりの, まわりから, まん中で, わきの, ガラスばりの, シーンを, タイルは, テーブルの, プラタナスの, 一方に, 一角に, 上を, 下, 下を, 不快な, 中には, 中へは, 中央で, 中央には, 主人が, 事は, 人々の, 人ごみの, 人たちの, 人影を, 仕事の, 会話は, 位置を, 余興として, 側の, 側を, 傍で, 傍の, 傾斜を, 光景から, 光景である, 光景の, 光景も, 入口から, 入口が, 入口には, 内を, 内部の, 切符台の, 切迫した, 列の, 印象が, 取締りとも, 名, 向うに, 向側には, 周囲には, 周囲の, 周囲を, 問題である, 喧嘩に, 四角形が, 囲いの, 土に, 外から, 外で, 大広間には, 女の子の, 女工など, 如きは, 始末に, 始末を, 宇佐見金蔵の, 宿屋で, 小劇場, 小屋を, 小窓, 屋根の, 床を, 庭に, 建物も, 強さ, 待合所の, 思いつきで, 恋を, 情景が, 情景に, 情景は, 所在を, 掃除に, 控室に, 料理屋へ, 料理屋全体が, 斜面を, 方が, 方まで, 方も, 旅館に, 明るい電燈, 普請に, 景況賑やかに, 暗闇に, 板の間に, 板小屋が, 枯草の, 柵に, 柵の, 案内札に, 棚の, 棚を, 楡樹, 概念によって, 概念は, 様子から, 機の, 気分に, 水車が, 氷屋が, 池の, 河岸などを, 溝の, 漆喰の, 火の, 火を, 灰を, 烟出しが, 烟筒よりも, 焼野が, 煙が, 煙突が, 熱鬧は, 片隅で, 物凄さ, 状況も, 生乾きの, 番人が, 畳の, 白い砂, 盥に, 直ぐ前, 看守は, 石だたみが, 砂を, 空気から, 空気で, 空気という, 窓へ, 筆を, 簾の, 続き, 続きと, 花嫁事件, 草の, 草原を, 蔭へ, 藪の, 裏から, 裏では, 裏に, 裏へ, 西端に, 角に, 詩, 話などを, 話に, 話を, 調子で, 近くの, 近所で, 道, 選定を, 金庫の, 金蒔絵の, 金蔵なども, 鉄格子の, 門より, 門前に, 附近を, 隅っこで, 隅へ, 障子が, 隣に, 雰囲気が, 風向きで, 馬の, 高射砲は, 鮎が

1 [1884件 抜粋] あいだに, あたりだった, あたりまで, あちこちへ, あった事, あの影繪の, ある, あるすぐ, あるの, ある場所, ある店, ある所, ある近所, いきさつは, いろいろな, うちには, うら, おどろきを, お喜多, お掃除, かい, かわりと, がれに, きわまで, くぐり戸, ことが, ことだろう, ことです, この喜劇, この時, ごったがえした堆積, さきまで, しのぎという, すぐ向い, すさまじいあり, その時左, そばまで, ただなか, ためにも, ちょッと, つもりで, とこで, ところに, ところへは, ともすれば白け, ないくらい, ない不安, ない当惑, ない気持ち, ない行路病者, ない鬱憤, なりゆきも, はじの, は硝子戸, ばつを, ひとかたまりが, ほうにでも, まえは, まはり, まんなかに, まん中を, もちの, もので, もよう, やや西寄り, ようすが, ようだった, ようにも, エポック, ガラス窓の, グランド, コースに, シテュエーションの, スコア, タクシイを, ダンサーを, テントなどに, トラックの, ドアを, ピアノを, プラット, ベルトに, メシヤスは, 一つが, 一つです, 一なり, 一件なども, 一定の, 一方の, 一画を, 一端には, 一角だけが, 三つの, 三畳で, 上がり口へ, 上の, 下から, 下働きを, 下流へ, 下足番などが, 不夜城は, 両側の, 中よりか, 中央を, 中心部で, 主任さんです, 乳牛を, 事を, 事件を, 事情に, 事態を, 二階に, 五番が, 交換に, 人々からも, 人々は, 人たちも, 人員全部が, 人数が, 人物は, 人込みで, 人間の, 仕事が, 仕儀が, 仕打ちとしては, 付近には, 仲間だった, 会員席での, 伯爵の, 何かの, 使い番の, 便所には, 信仰は, 側道には, 僕に, 兄弟だ, 先生に, 光景で, 光景でしょう, 光景なども, 光景裸に, 入口近く, 全幅を, 公演で, 内で, 内に, 内側を, 内幕を, 円タクの, 再興を, 写真は, 冷え冷えとして, 処置には, 出張所電燈會社の, 出来ごとに, 出演者では, 列は, 前あたり, 前後の, 加工を, 労務管理関係である, 勾配の, 匂な, 十郎兵衛を, 危機は, 原の, 参考に, 双璧と, 取片づけが, 叙述を, 右手の, 同じ挿絵, 名前ばかり, 向ふ, 周りには, 周囲へ, 哀れげの, 商売ぶり, 喧嘩だ, 喧嘩は, 喫茶館, 四方から, 土には, 土手には, 土間に, 在る処, 地下室に, 坑夫は, 城戸まで, 埠頭に, 場内整理を, 境界争ひ, 壁から, 壁を, 売買は, 外は, 外側に, 多い事, 多衆, 夜半の, 夥しい血潮, 大きな桜, 大勢の, 大廊下, 大煙突, 大鏡, 奥で, 女の, 女松, 如き殊更, 如くする, 始末が, 姿見の, 子供たちは, 安全地帯に, 客すじとかの, 宣言だ, 家まで, 容子を, 寒暖計は, 寺町辺の, 小塚原, 小屋に, 小母さんや, 少年かと, 屋根は, 屑屋の, 山上に, 岸の, 崖の, 川奈楽劇団を, 工夫で, 左右から, 帰り戸山ヶ原, 帳面を, 幕へ, 年寄は, 広いプラットフォーム, 広場の, 座興に, 庭を, 廣場に, 廻し戸を, 弁当では, 引越しとは, 強い仕事, 形を, 役人に, 待合室にでも, 後の, 後ろは, 従業員の, 心事に, 必要な, 思いつきでは, 急報と, 恋, 悪くとらわれた, 情景から, 情況に, 意味を, 感情では, 憤りから, 成行きを, 所員に, 扉の, 手が, 手伝に, 手前も, 手桶へ, 技師であった, 持ち主も, 捕物の, 掃除を, 掟, 揺れるの, 改造と, 料理屋あそこは, 新聞売場にも, 方からは, 方にて, 方角で, 旗が, 日も, 昼席からは, 時は, 景だ, 景気を, 景色を, 暖簾口を, 書割めいた, 曽我廼家, 最初から, 月明りで, 有樣, 木戸内へ, 木馬の, 杭に, 板が, 板囲いだった, 板戸を, 枯草に, 柵と, 桃色の, 桟敷に, 梯子を, 棚へ, 棺前で, 楽屋の, 概念も, 構内に, 様に, 様子は, 様子等を, 標と, 模様を, 横やを, 横通りの, 止り木に, 歴史は, 殖えたこと, 気分では, 気分を, 気持によっては, 気配は, 水が, 水でた, 水を, 水道栓から, 汚水溜へ, 池そっくり, 沐浴に, 油障子の, 法師に, 流しに, 流しへ, 浅はかな, 混乱を, 準備を, 滞を, 演技によって, 火あ, 灯と, 炊事場で, 焚き口, 無償提供を, 煙だ, 煙突から, 煤けた壁, 爆発的な, 片手間に, 物侘しい, 物音聞ゆ, 状況に, 狭い穴, 獄門の, 理論, 生徒たちは, 用意を, 男と, 男よりも, 畑へ, 番号を, 番頭さんの, 異常な, 白い埒, 白壁や, 皆の, 監督として, 監視を, 目じる, 相違は, 看板の, 眞中に, 真ン中まで, 真中には, 真相を, 石段などは, 石田との, 砂は, 砂利に, 砂場で, 破局だった, 磨硝子の, 社宅の, 祭礼気分に, 秋の, 種々な, 穹状の, 空へ, 空地へ, 空気の, 空白の, 突端へ, 窓越しに, 竈から, 端から, 端れ, 竹矢来の, 笑に, 範囲にわたって, 精神病者の, 紙位え, 紛擾も, 組織を, 経験によっては, 絵を, 緊張した, 縁に, 罐の, 美術商に, 翁と, 者さえ, 聯想が, 職工達に, 脇も, 脱衣小屋の, 臭いを, 船頭の, 芝居小屋が, 花と, 芸妓を, 若衆は, 草で, 荷物の, 落語家たち, 蔭の, 薪に, 虱を, 行きがかりからの, 街路樹へ, 裏あたりから, 裏山から, 西, 西側出口に, 見はり, 親父の, 観客の, 言ひかけ, 記憶は, 設置あり, 話は, 調べ革に, 議論に, 貧弱な, 賄い女を, 赤い屋根, 趣を, 足場が, 跡, 跡と, 跡湖の, 踊りの, 踏石な, 軽い感情, 農家を, 辺り, 辻を, 近くまで, 追分の, 週報全紙数字ばかり, 道具を, 遥か向, 酒屋で, 重な, 金網の, 鉄梁や, 鎖を, 鐵砲に, 長編で, 開拓に, 間に合わせを, 闇の, 附近だ, 附近の, 陰へ, 隅々までも, 隅などで, 障子は, 隣には, 雑草の, 難所だった, 雰囲気だった, 雲州松江侯お, 電燈の, 青葉を, 頭が, 風情と, 風趣に, 飲食店を, 首脳者が, 馬券を, 駅長は, 騒ぎは, 驢馬の, 高い板囲い, 高さ八尺, 鮎は, 鴨居に, 黄金時代に

▼ 場~ (2367, 15.8%)

71 なって 31 於て 23 出て 20 して 17 来て 16 立って 14 臨んで 12 なると, 倒れて 11 立ちすくんだ 9 困って 8 倒れた, 入って, 立ちすくんで 7 於いて, 立ち竦んだ, 立つて, 置いて, 腰を, 行って 6 いて, たおれて, なる, のぞんで, 着いて 5 なつて, 到着した, 尻餅を, 残して, 気を, 足を

4 [19件] いるの, うずくまって, しゃがんで, とまりました, 仆れ, 充つ, 入れられて, 出ると, 卒倒し, 居合は, 崩れるよう, 於ても, 昏倒した, 棒立ちに, 気絶し, 立ち竦んで, 膝を, 至って, 行つた

3 [43件] いた者, いること, じっとし, たたずんで, つっ立って, なった, なっては, なっても, 倒れる, 入つて, 出で, 出る, 出るの, 及んで, 向って, 坐つて, 姿を, 居合せて, 居合わせて, 待って, 悶絶し, 泣き伏して, 着いた, 着くと, 窮し, 立ちつくして, 立ちどまって, 立った, 臨んだらどう, 臨んでは, 自分の, 至れば, 行く, 行くと, 蹲って, 近いところ, 這入って, 連れて, 遊びに, 運んで, 違いない, 釘づけ, 顔を

2 [137件] あたって, ある, あること, あるに, いた, いたの, いたん, いても, いなかった, うち伏した, かけつけた, ころがった, たちすくんで, とびあがった, どうと, なつた, ならんで, のがれる蚊, のぞんでは, ばったりと, ひざまずいて, ひれ伏した, ひれ伏して, ぶちこまれた, ほうりだして, ゆき着いたので, ゆく, ゐたこと, ゐて, 一メートルほども, 一塊り, 一息つく, 一蛇の, 上りしは, 上りぬ, 似た人生, 似て, 佇みながら, 佇んで, 來て, 來る, 停った, 僵れぬ, 入った, 入りました, 入ると, 入れば, 入れられた, 出た, 出た者, 出ました, 出入りし, 出入りする, 到着し, 到着する, 加減見る, 化石の, 卒倒する, 及んでは, 及んでも, 同じ, 同じく植木村, 向った, 坐って, 坐り込んで, 売られた, 家の, 居て, 居る彼女, 居合わしたとは, 居合わせた人々, 平伏した, 当って, 彼の, 急いで, 悶絶した, 手水を, 投函に, 散れ, 於いても, 於ては, 施療所が, 昏倒し, 来るもの, 来合せて, 棒立ちにな, 毎日通っ, 泣きくずれて, 現れると, 用うる, 直立不動の, 着いたの, 着す, 立ちつくした, 立っての, 立つ湯上り, 立寄り上野, 立竦ん, 立竦んだ, 築城本部が, 臨めば, 臨んでも, 茫然と, 茫然立ちつくし, 菜穂子も, 落ちて, 蟻の, 行きて, 行くたび, 行くの, 行った, 行て, 見るよう, 見張りを, 賤しき画工ら虚名の, 走り入りて, 跼んだ, 踏み止まりたいと, 身を, 車を, 近いある, 近年流行する, 迷った, 送った, 送られた, 這入りまして, 通ずるドア, 通って, 適す, 釘付けに, 長くなっ, 降りた, 隱れ, 集って, 集まって, 集まるほどの, 預けて

1 [1526件 抜粋] あかあかと, あったの, あった品, あった徳利, あって, あつらえ向き, あてられたの, あてられて, あらず, あらわれる事, ありあわしただけの, あり合せたる手拭, あり頼み, あるの, あるよう, ある号令台, ある木の根, ある発動機船, いあわせたの, いあわせた中村警部, いあわせた相川技師長, いあわせた訳, いきいい, いたか, いたたまらなくなっ, いたって, いたという, いたもの, いたらドイツ軍, いた一同, いた時分, いた祖父, いったこと, いづらく, いない妹, いなかったと, いました, いるすべて, いるとき, いるん, いる人びと, いる峯吉, いる犬, いる誰か, いれられ取調べ, い合わせた, うつぶして, おいでに, おかれたこと, おきすてさっさと, おさまって, おとなしくゐ, おどりだした, おりた, お出でなさい, お這入り, かけるよう, がばと伏せ, きまりました, くつつい, こうし, こだ, ごろごろし, さしかかろうという, したくは, しっかりした, しては, しばらくいた, しゃがみながら, しょんぼりと, しりもちを, すがた, すくませて, するつもり, すわって, そぐは, その小さな家, たおれた, たかだかと, たたずむ生徒たち, たち合, だしたから, ちげえねえ, ぢつ, ついた場合, つきのけんばかりに, つっ立ったきり, できる大, とびあがったの, とびだせるよう, とび起きようと, とめさせるもの, とりつけようと, どさ, どっと転がった, どッ, なげだし折しも, なぞを, なったそう, なったもの, なっての, ならなければ, なりそこ, なり済ました, なる個所, なる砂浜, なんの, ねじ伏せる覚悟, のこして, のぞむと, のびて, はいったそして, はいりましたが, はこびそこ, ばったり倒れた, ぱっと身, ひきすえられました, ひき出された個々, ひっくりかえって, ひれふした, ふさは, ふさわしい曲, ふさわしくない, ぶちこまれたああ, ぶったおれる, へたばった, へたばる者, ぺたりと, ほうりこまれて, ぼんやり立つた, まる二日間, みち奥ゆかしい, みんなが, むっくり起きあがった, もつて, ものを, やって来ては, やつと, ゆき舟, よく似, よろよろしりもち, ゐた, ゐた正, ゐなかつたらかの, ゐる外, グッタリと, ゴロ寝し, トロイア軍勢陣を, ドーンと, ヒョックリと, ブラ下が, マゴ, ルキーン宛の, 一人しか, 一本の, 一羽の, 三尺ほど, 上せて, 上りたるアヌンチヤタ, 上ること, 下げられた, 下りる人, 不似合い, 並んだ時, 乾雲独自の, 人の, 仆れかけた, 仕たてて, 伏せて, 伺わせて, 佃を, 佇立んで, 何百か, 使われて, 修業に, 倒れしゆえ, 倒れると, 倒れ教師達, 借用したい, 停まった, 働いてるものはて, 充当し, 先ず御, 入り, 入りたるに, 入りびたりビイチ・パラソル, 入る, 入る工夫, 入る毎, 入れられたとき, 全責任, 公開し, 其武具身に, 処したら対手, 出かけては, 出ずれば, 出なくなりました, 出られる訳, 出る板額, 出る観音久次, 出入し, 出合実の, 出来ない事, 出直して, 切腹せん, 列席した, 到着遺骸を, 勇敢に, 勢ぞろいせよ, 千代も, 卒倒した, 参りました, 取りに, 取落して, 可否し, 同じよう, 同道した, 吐きすてて, 向かって, 向つて, 呉一郎が, 呼び何事, 喚く人間, 四日ゐた, 困ったよ, 困つた樣, 困りますが, 困る程周章, 在り合わせた細帯, 地響を, 坐ったまま, 坐り込んだまま, 堪え切れなくなって, 変えて, 変ったのよ, 夏草生い茂り, 大きな狼, 大胡座, 失した杯, 奔走する, 女中でも, 妾の, 学生相撲が, 宛てられた大嶺村, 寄せ來, 寝た, 實現する, 小氾濫, 尻もちを, 居あわせないと, 居たたまらない, 居たたまれず捨台辞, 居た彼, 居った時, 居られて, 居るからねえ, 居る留さん, 居合してる, 居合せたすべて, 居合せたならそうして, 居合せた士卒たち, 居合せた程, 居合せないの, 居合せながら, 居合せ下男, 居合わすこと, 居合わせたある, 居合わせたので, 居合わせたよう, 居合わせた全員, 居合わせた成子, 居合わせた関係上, 居合わせなかった私たち, 居残って, 屠夫, 崩潰し, 帰った千六, 帰りかけた, 広海屋, 庭球する, 引きだされた, 引き散らかされた道具, 引っぱり込んで, 引返すと, 当たって, 彼に, 徃き, 御着き, 心臓麻痺を, 応じたカクテル, 応援に, 急ぐ廊下, 恟んで, 成つて居る, 我を, 戦車を, 戻し置くなり, 戻って, 戻りました, 打ち倒れて, 投げこんで, 投げ倒された, 投ず可, 投ぜられやはり, 抛り込んだ, 押したおそうと, 押し込んで, 拘留人が, 持て行, 捨てられた牛, 探偵でも, 控へて, 掲示する, 整列しました, 斃れた, 新しく鶏, 新聞売り, 於けるより, 於ける唱和, 於ける颯爽ぶり, 於る, 早く行かう, 明智が, 時々あの, 暴露したくない, 最後まで, 未練を, 来たと, 来ても, 来合せたからには, 案内させました, 桜花より, 棕梠が, 横たわって, 止まって, 歩いて, 歩み寄って, 死んで, 残された死人, 毎晩來て, 気絶した, 水汲み, 永くいる, 沿った細長い, 泣き伏した, 泣き崩れて, 流れて, 混血児, 満員鈴ナリの, 滞在する, 滯留し, 漲り溢れた, 火の, 灯火が, 焦躁が, 犯人の, 現れました, 現われた彼, 現われると, 生徒が, 用ひられ, 番人を, 発生した, 登って, 登ると, 目安箱という, 眺め見き水陣近く, 着いても, 着く, 知人を, 硬直し, 神を, 移った, 積みあげられた四, 突伏し, 突込まなけれ, 立たされたとき, 立ちあがりこっち, 立ちすくみました, 立ちすくんだという, 立ちて, 立ちも, 立ち会, 立ち寄る, 立ち尽したの, 立ち留まり振り返って, 立った刹那, 立つその, 立つや, 立つ限り, 立会ふ, 立現われた, 立至るまで, 竹内さんの, 籠って, 統率し, 絶気させた, 網を, 編笠深く, 繁殖した, 置かぬこと, 置かれて, 置くは, 群がり集る独逸人, 耐へ, 腰をも, 臆病らしく, 臨みたる人々, 臨むたしなみには, 臨むの, 臨んだこと, 臨んだ頃, 自分一人である, 至りては, 至ると, 艶書を, 莅んで, 落ち合うべき密会, 衆は, 行かむ, 行きつくが, 行き何杯, 行き合わしたもの, 行くこと, 行くよう, 行けば, 行ったら五十, 行つて見ます, 衰えた姿, 見えた顔, 見る事, 見守って, 角逐せ, 試みた終焉, 詰めて, 誰も, 讃岐が, 貼って, 賭場が, 走らせたまでは, 赴いた, 起きあがって, 跪いて, 跳ね起きた, 踊り出した, 蹲踞っ, 躍り入る, 身体が, 軍勢やがて, 輸送する, 近い, 近い四谷, 近い洗面所, 近い蜂谷, 近くて, 近ずく, 近づくと, 迷ふ, 退却するだろう, 送つたの, 送られる, 送り帰って, 送るであろう, 逃れて, 這入られました, 這入る前, 通ずる廊下, 通ふ, 連れもどされたが, 進む時, 遊んで, 達する, 適するもの, 遭遇し, 重なりあって, 銃隊長を, 錯綜した, 長くいれ, 閉じこもって, 降りたつたとき, 限って, 陥りやすい, 陽が, 集つたところ, 集まった雲霞, 雇われて, 雪崩れ込みます, 電燈を, 震えだした, 非常に, 面して, 頭を, 飛び上ったほど, 飛んで, 餌盗びとなどはこれなくしたがって, 馳けて, 馳せ集まって, 駈けつけたの, 驅け, 高札を

▼ 場~ (1449, 9.7%)

10 あつた 9 遊んで 7 死んで 6 働いて, 私は, 電車を 5 命を, 彼を, 焼いて, 腹を, 自分の 4 すぐに, それを, 手を, 自分に, 顔を

3 [13件] して, 下りた, 主人の, 封を, 彼の, 彼女の, 息を, 気が, 水を, 私が, 私を, 腰を, 首を

2 [82件] いちど真似, うす暗いランプ, うろうろし, お別れ, お前を, このこと, この人, そのまま髑髏, その男, それは, てんでに何, のうのうと, もつて, やつた, 一人の, 二人を, 何を, 使うよう, 使って, 倒れて, 偶然に, 働かされた, 僕が, 先生と, 出逢う逗留, 出逢っても, 別れて, 十一時五十八分の地震に, 十五分電車が, 即死した, 取り落して, 咄嗟に, 喧嘩を, 声明した, 売って, 大勢の, 奏して, 待って, 待つて, 感じ今, 懇意に, 手拭を, 打ち落した首, 散歩し, 斃れ, 昏倒し, 書いて, 死んだが, 死んだと, 殺して, 気を, 汝を, 焼かれて, 煙に, 直ぐに, 相手に, 相手を, 着物を, 破いて, 突然こんな, 縛るつもり, 自殺した, 自殺を, 見せて, 見た時, 言つ, 討死した, 読めぬよう, 読んで, 調印させよ, 調印を, 起った出来事, 足を, 身体を, 返事を, 逢っても, 遭難した, 金を, 釣銭を, 鉄棒に, 降りて, 食事を

1 [1157件 抜粋] あえてした, あたしの, あての, あなた様の, あらう, あれを, あんなに騒々しい, いきを, いって, いのちを, うたう歌, うなぎを, おいそれと渡し, おっか, お三輪, お受けし, お待ちし, お目にかかるのに, お腰元, お返しし, お里の, お駒, からだを, きいて, きっと許し, きれいに, くるりと, こちらの, ことことやっ, ことわった, この前言葉, この通り, これらの, これ丈けの, こんなに手軽く, ごあいさつ, ごろつきや, さかんに, されること, すぐお金, すぐ一緒, すぐ失言, すぐ宣言, すぐ捺し, すぐ晴らす, すぐ甲冑, すぐ繩, すぐ読み出した, すって, すでにお, すらすらと, そこでは, そそくさ着物, その名, その子尼, その少女, その木戸銭, その海水靴, それぞれツラネの, ただ一般的, だいぶ大言, ちょっと顔, ちらと, つかまえた赤蛙, てめえを, できたと, とうとう男, とつち, とりおさえるん, どんな具合い, なお前様, なんの, はかあん, はしや, はじめるもん, ばたばたと, ひっくくられて, ひらいて, びしびし言つて, ぶち殺された, ぼくに, またやられる, まとまりさ, みた気味, みんなが, もがき苦しんで, もらしたらしく一面, やった仕事, やろうか, よい酒, よく申し, わあわあさわがれる, わが身は, わざわざ迎え, わつ, アルファベットの, インキを, ウロ, エンコの, カンカンカン, キャッチボールでも, クラブを, シュウシュウと, ジャン・ヴァルジャンに, ズドンズドン並ん, セカセカ用も, チョンと, バスが, バーニングの, パクつきます, ヒゼンが, ピンと, ヘロインが, ホウセリトは, マネエジャーの, モーツァルトの, 一と, 一切が, 一刻ほど, 一度出逢っ, 一昼夜半も, 一生涯の, 一般集会, 一面に, 七兵衛は, 三之助に, 上りの, 上野の, 下りて, 下車し, 不慮の, 与えようと, 中学の, 主人を, 乱刀の, 争いつづけたがいに, 二つに, 二人に, 二分し, 五人の, 五六日を, 五時に, 五銭宛受取つて袂に, 亡られた, 人を, 人夫を, 人影と, 人物の, 今の, 今恐ろしい, 今直ぐ, 仕事を, 他巳吉, 仮面を, 件の, 会った婦人, 会つた相沢の, 伺いましょう, 何か, 何事が, 余念なく, 供物用に, 俯向いたま, 倭文子さんを, 働いた, 兄を, 兇行を, 先生に, 兎を, 入場式が, 全文を, 全部死ん, 兵種が, 其陽気な, 凡ての, 処刑する, 出来たの, 切腹いたし, 列を, 別れてから, 前の, 加減し, 勝てば, 化石した, 十円借りる, 十分我々を, 半兵衛に, 即座に, 即答できねえ, 叔母の, 取押えて, 叩き殺した, 叮嚀な, 同伴を, 同君の, 名乗って, 向脛, 含嗽を, 吸つた, 命は, 品物を, 唯一人下り立つ, 喋って, 噴き出して, 四辺を, 団十郎の, 土の, 地下十八フィートの, 型上げした, 執行される, 塩冶家の, 声の, 売買いする, 夕暮の, 多賀ちゃんと, 大事の, 大坂方の, 大臣護衛の, 夫婦も, 妙な, 始めて, 姓も, 嬢次様の, 子供が, 孝吉や, 宇宙服を, 安南王宗竜皇帝, 実演を, 宿を, 寒風に, 寝て, 射殺された, 小説を, 居ずまいを, 屠られたん, 川島氏と, 巧みな, 己も, 幕が, 店先へ, 廻り会つた紙に, 式が, 弓の, 弥助, 形勢逆転する, 彼と, 彼は, 彼等は, 待たせられた, 待ちながら, 待つが, 御三, 御話し, 心を, 思ひきり派手, 急性中耳炎に, 恭に, 悲しい禍い, 愛の, 感づいたに, 慶覚上人二番目, 成敗された, 我々は, 或年, 房一に, 手っ取り早く具体的, 手打に, 手早く着物, 手術を, 手足を, 打つて, 扱って, 折折医員や, 抵抗する, 押さえて, 拙者の, 拳を, 拾つて来た, 振袖姿の, 捕えられたそう, 捕まりましたから, 据えて, 揚げた, 撃ち殺されて, 撥ねた, 撮影技師の, 改宗する, 敵を, 文字に, 料理を, 斬られて, 斬られ酒, 斬殺し, 新兵が, 新聞を, 既に指揮, 日本人の, 早速ひと, 晩くまで, 暖炉の, 暮した青年達, 暮すと, 暴ら暴らし, 書き出した, 會つた, 望みを, 未来の, 本尊を, 東京へ, 松平藩主の, 板の, 根津の, 梶が, 楽屋の, 機関車から, 次郎に, 歌代から, 正しい持役, 正直に, 死にその, 死ぬという, 死ぬ気, 死んだという, 死亡証明書を, 殆ん, 殺さずに, 殺されたと, 殺されようとも, 殺すこと, 殺す気, 殿が, 毎日毎日朝から, 気絶しました, 永い間, 汁に, 汗を, 決意し, 決闘が, 沼とか, 泣くの, 洗いものを, 洗はれる, 洗濯を, 活写し, 浴衣に, 消えて, 済ましたいの, 温泉芸者し, 滅茶苦茶に, 演説の, 火にも, 火屋の, 炊ぎする姿, 焚火を, 焼かれ骨, 煙責に, 熱い砂, 燒き, 父娘二人きりの, 猪の, 現れて, 現金で, 生徒が, 生徒や, 申上げる, 男工と, 病死した, 発病と, 白い神棚, 百人からの, 皆喪章を, 直おした, 相当な, 相擁し, 看護婦の, 眠る奴, 睡って, 知ったらどんな, 知り合つた, 短剣で, 石の, 磔刑に, 祝宴を, 神尾主膳を, 私たちが, 移植し, 突然上京, 立つたまま, 筆を, 答えた, 箱を, 籤引に, 米斎君に, 精神と, 紐打ちの, 素早く洋服, 終電車を, 組立てた仮説, 絶命する, 練兵する, 縛られるもの, 置手紙を, 美味口に, 老人と, 考へ, 聞きてえ聞きてえ道庵返事, 聽いたさうです, 背中を, 背負投げを, 腕試しに, 臨席の, 自分も, 自害でも, 自然の, 舌かみ切つ, 色を, 若しかする, 草履を, 荷物を, 菊五郎の, 落したに, 落ち合う約束, 葉藏の, 虎ちゃんが, 行われたが, 行われた日独競技, 裏はずう, 見うけた和服姿, 見かけた顔, 見た, 見た他楼, 見た子, 見た顔, 見て, 見るわけ, 見物客に, 見送る老人, 解きがたい, 言明した, 訊し, 討つこと, 討死する, 訓練中であった, 証明できるであろう, 試合を, 話して, 誓書を, 読み下した, 読んだお, 誰にでも, 請取って, 譲渡証を, 負けたので, 貰った病院, 貴様を, 賞めそやした, 踊る文子, 蹂躙を, 車を, 辞職を, 近づきに, 述べるの, 追い廻し出しながら, 追及の, 逆さに, 通用し, 逢つてゐる, 逮捕される, 進行を, 遊べぬ少年少女たち, 違って, 酒を, 酔っ払って, 釘付けされた, 釣って, 鉄砲で, 鉋を, 鎌倉彫りの, 長いあいだ世話, 開いて, 降りた家, 降りてからも, 降りると, 降り龍土町, 院本には, 障子越しに, 雪合戦を, 電車でも, 青赤黄いろとりどりの, 面々御, 頁を, 顏を, 風邪を, 養生し, 馳駆し, 駒井能登守の, 高度の, 髪を, 鬼太郎君が, 黒こげに

▼ 場~ (1364, 9.1%)

55 行って 35 出て 21 行った 19 来て 15 持って 13 行く, 連れて 12 入って, 来ると, 行くと 8 出た, 出る, 姿を, 行つた 7 出かけて, 向って, 降りて 6 いって, おりて, 遊びに 5 つれて, はいって, 案内し, 駈けつけて

4 [11件] はいると, ゆくと, 坐つた, 戻って, 持つて, 来てから, 行きました, 行くの, 送つて, 顔を, 飛んで

3 [22件] くると, でるの, やって来たの, ゆく, 入ると, 入れられた, 出ると, 帰って, 来た, 案内する, 現われて, 着いた, 着いたの, 行く途中, 行く道, 行けば, 誂への, 近づいて, 送って, 通って, 飛び出して, 駈けつけると

2 [84件] いそいだ, おいでに, おもむいた, かけつけて, かけて, その奥, でて, ぶち込まれて, やって来た, ゆきました, ゆく以上, 下りて, 來た, 倒れて, 働きに, 入つた, 入つて, 入つて來, 入る, 入れられたこと, 出なければ, 出るの, 出入りする, 出掛けた, 出掛けて, 厄介に, 参ろうと, 向つて, 向ふ, 客の, 島田正吾を, 差しかかると, 廻されて, 引っ張って, 引返した, 引返して, 往った, 往って, 急いだ, 急いで, 急ぐ途中スタンド, 投げ込むと, 捨てて, 昏倒し, 昏倒する, 曳かれて, 来ては, 案内され, 横着け, 水を, 現れた, 登場した, 移ってからの, 立った, 立つて, 置いて, 腰を, 臨んだ, 著いた, 行かなければ, 行くこと, 行くついで, 行くん, 行く人, 行こうと, 行ったり, 行ったん, 行っても, 行つて見よう, 行つて見る, 走って, 走り入りて, 足を, 近づくにつれ, 送られた, 送られて, 這入ると, 通つてを, 通ふ, 遣って, 飛び込んで, 飛込むの, 駈け込んで, 黒猫を

1 [788件 抜粋] あぐらを, あらわれた, いそぎました, いたる途中, いったとき, いらしたきり, いらっしゃるん, おいでの, おくられたの, おしこめると, おどりだし, おゆき, お久美さん, お伴した, お供を, お出し下され, お尋ね下さい, お渡り, お湯を, お義理, お通, お銀様, かえ, かえすそう, かけだしました, かけつけた, かけての, きちやうめんに, きて, くりこんだり, くるとの, ぐったり倒れた, これから行く, さえも, しゃがんだ, しょんぼり現れ, たどりつくと, ちゃんと止まる, ついたの, ついた時, つきたおすと, つくと, つく前, つれられて, てめえの, でかけること, でかけるらしい, とびこんで, とまって, とり落としうしろ, どすんと尻餅, なだれ込むより, ぬっと道庵先生, のさばり着いて, のしちま, のぞんでの, のぼり朝礼台, はいった, はいった途端, はいり込んだよう, はいろうと, はだしで, ぱったり止まっ, ひきあげる, ひっくり返った, ふみこんだ伸子, ぶちこみさえ, ぶったおれ, ぶつ倒れ, へた, へたばって, ほうり出すと, まいりました, まわして, まゐります, みちびかれた, むかう途中, むかって, もって, もどって, もどっても, もどると, やった, やってきたね, やってきたの, やってこられるの, やって来た人間, やって来て, やりたくない, ゆうべかんかん, ゆきますと, ゆき一時間半ほど, ゆくこと, ゆく途中, ゆけば, よく来, らくだの, キチンと, グタ, サッと液体, ジャガタラいもを, スキイを, ターキーを, トランクを, バッタリと, ブチこまれない, ブチ込まれ, ベタンと, ポンと, 一座を, 一時から, 一晩泊りで, 一町ばかり, 一足は, 上がったら薬, 上がりあたり, 上つた以上は, 上らせて, 下りたが, 下りられた時, 下りると, 下りる坂, 不意に, 乗りこむこと, 乗りこんで, 乘出し, 二人を, 五郎氏を, 人に, 人数が, 今われわれの, 今夕開かれる, 仕事に, 伏して, 伴い模型火室, 何人か, 作業の, 來ても, 侵入し, 倒れたなり, 傭はれ, 先廻りし, 入ったり, 入つたこと, 入り, 入りたい気, 入りますと, 入り浸って, 入り込むよう, 入り込んで, 入るの, 入る帝劇三階, 入れた, 入れて, 入れません, 入れられかけた, 入れられた事, 入れられた翌日, 入れられるわよ, 出, 出かけお, 出かけたこと, 出かけたり, 出かけた連中, 出かけようとして, 出した時, 出たとき, 出たの, 出で, 出ない, 出られない, 出られる見込み, 出るだろう, 出るものものしい, 出る扉, 出る段, 出る道, 出入できる, 出向いて, 出張し, 出来て, 出演する, 出稼に, 出頭し, 出頭すべし, 到着せね, 前進座見物である, 加わった, 匐いこむ, 南部僑一郎, 参って, 参り直ちに, 収監せられた, 取り落す方, 召喚する, 吉報が, 向つたことを, 向ふべく, 呼んで, 呼出を, 商品を, 土下座し, 坐って, 埋めたもの, 大急ぎで, 天降りし, 女などが, 女を, 寄つて来ます, 寝そべりに, 導いて, 少しの, 尻餅を, 山野来り, 崩れるよう, 帰り, 帰りました, 帰れるかい, 度々聘, 座員が, 廻して, 廻すよう, 廻ったり, 廻って, 廻ると, 引かれる途上, 引きずり出された, 引き上げたこと, 引き出されるの, 引っぱって, 引っぱり出して, 引出された飛行機, 引越した時, 引込み門番, 引返す蒸し暑く, 彼を, 往くまで, 徃ってから, 徃復二里あまり四時間あまり釣つた, 御膳吟味掛を, 御越しなされ, 忍び込んで, 急いだが, 急がせた, 急ぐ途中, 急病の, 悶絶したら, 慰めに, 戻されて, 戻され扉, 戻ってからも, 戻ると, 戻るん, 手伝いに, 打倒れる, 投げだして, 投げ出された, 投りこまれた, 抛り込まれたとき, 抛り込んで, 押しこんで, 押しつめられて, 持ち込んだの, 持込みやがって, 持込んだ女, 捨てられて, 探しに, 放して, 放りこまれて, 放り込まれたの, 放ッ, 散歩に, 文楽を, 斬り込んだ者, 新らしい, 新国劇見物, 早川が, 曽我廼家五郎氏の, 曽我廼家五郎見物, 月島から, 材木を, 来あわせて, 来か, 来かかるまでは, 来たところ, 来たばかり, 来たら彼方, 来てた西条八十, 来ないこと, 来ますと, 来るの, 来る二人, 来る筈, 来合せ倉皇, 来合わせたの, 東風が, 松杉を, 案内しました, 様子を, 機織工女に, 残しサッと, 殺到し, 毎日行った, 毎日通った, 氷を, 泊つた, 泣き崩れるの, 流れこむよう, 流れ渡って, 湯治に, 潜りこんで, 潜んで, 火さげを, 火を, 片膝, 現はれない, 現れた馬, 現われたもの, 現われては, 生えたの, 産卵に, 登場し, 監視を, 眠ると, 着いた時, 着いた時イボギンヌ, 着いた馬車, 着いて, 着くに, 着陣も, 知らせて, 私は, 移って, 移るまでは, 移住した, 立たされた, 立ったっきり, 立って, 立つ前, 立会って, 立寄ったの, 立寄りは, 紙を, 縛りつけられて, 置いた, 羊毛の, 膝を, 臨むこと, 臨むであろうから, 自分で, 舁き据えたまま, 舞い戻って, 茶碗を, 荷物を, 落して, 落しました, 行かうぢ, 行かないでは, 行かなくなりました, 行かれそこで, 行かれたこと, 行き, 行きこ, 行きそこ, 行きながら, 行きましょう, 行きますと, 行きませう, 行きゃなん, 行きコップ, 行き三時間, 行き合せた場合, 行き平, 行き濡れ, 行き鍋, 行くとか, 行くとは, 行くなり, 行くのに, 行くふり, 行く入口, 行く囚人ども, 行く女, 行く時, 行く者, 行く道路, 行く頃, 行こうか, 行こうとして, 行った帰り, 行った記憶, 行ってから, 行つ, 行つたの, 行つたのです, 行つた樣子で, 行つてから, 行つてその, 行つても, 行つて丁ど, 行つて二三分ブラブラ, 行つて其處で, 行つて切符を, 行つて小銃射撃を, 行つて格子から, 行つて水で, 行つて練習でも, 行つて蒼い, 行つて遊んでる, 行つて髪を, 行幸し, 裸足で, 見物に, 訪ねて, 護送し, 買いに, 走ります, 赴いた, 赴くため, 踊りに, 踏み込み扶, 踏み込んで, 辻斬に, 辿りついた, 辿りつくまでは, 迎いに, 迎えに, 迎へに, 近藤利兵衛商店の, 追いこまれ平和主義者, 追いやられて, 追い下ろされた, 送った, 送ったその, 送られる朝, 送り届けた時, 送るか, 送るだけの, 送る中年おんな, 送棺, 逃げこんで, 逃げ込んだに, 這入った時, 這入って, 通いだしたので, 通い出した, 通う引戸, 通う戸, 通う自動車, 通ずる中廊下, 通ったとき, 通つてゐる, 通りあわせ, 通りかかったもの, 通りぬけられる, 通るには, 連れ込んだ, 進み入ると, 遁がれ, 運びながら, 運び入れるの, 運ぶの, 運んで, 道庵を, 遣っても, 阿爺, 降りがけ, 隠された女, 集まつて, 集めて, 電車を, 露西亜人を, 預けて, 頼んで, 飛びこむなり, 飛びだしたお, 飛びつけること, 飛び出した, 飛び出したこと, 飛び込んだこと, 飛出すと, 首を, 馳せ参じたわけ, 馳せ参ずるストア学生, 駆けおりる者, 駆けこんで, 駆けつけて, 駆け込んで, 駆け附けて, 駆付けると, 駈けこんで, 駈けつけた三人, 駈けつけるもの, 駈け付けて, 駈け付けること, 駈け付けると, 駈け寄ったの, 駈け込むよう, 骨拾ひ, 鰹の

▼ 場~ (1317, 8.8%)

17 出て 12 はずして, 見て 10 立ち去った, 離れて 9 外して 8 ごまかして, 出た 7 去って 6 去った, 横切って 5 中心に, 出ると, 持って, 立ち去つた, 見に 4 あとに, 失って, 立って, 見せて

3 [20件] とつて, のがれて, まわって, めぐり, 中に, 去つた, 去らうと, 失った, 引上げた, 指して, 掃除し, 立ち退いた, 脱け, 設けて, 踏んで, 逃げ出して, 逃げ出そうと, 通って, 過ぎて, 開いたり

2 [97件] いずる, こしらえて, しとくな, すこしは, たちさりました, つくって, とって, ながめて, にげだして, はずした, はなれると, みて, 一と, 一巡し, 人間の, 代つと, 代らうと, 体よく, 作って, 作るとして, 円滑に, 出た四人, 出られる筈, 出るとき, 出発した, 切りぬけた, 切り抜けて, 前に, 動かなかった, 動くこと, 占める, 去らうとは, 去らずに, 去らず切腹, 去ること, 去ると, 去るの, 取って, 取りつくろって, 取り繕って, 外されると, 外したの, 外した方, 失ったよう, 建てて, 引き上げて, 引上げる, 後に, 御調べ, 志して, 想出す, 持たないその, 振り返ると, 捜せ, 支えて, 明らかに, 横ぎり車を, 横切つて, 歩いて, 求めて, 眺めて, 私は, 空に, 立ち出でて, 立ち去つたが, 立ち去りました, 立ち去る, 立ち去ろうと, 立去らうと, 立去るより, 立退きます, 経て, 繕ろひます, 見たが, 見ると, 見るよう, 見廻って, 覗いて, 覗きに, 訪ねて, 設けること, 走り出しました, 足早に, 踏む人, 退いて, 退散した, 逃げて, 逃げなければ, 逃げ出した, 逃れようと, 通り抜けて, 通り抜けなければ, 造って, 遁れ得, 避けること, 離れた, 離れようと

1 [917件 抜粋] あけた, あさ, あしこの, あっさりと, あっちへ, いまでも, うけ持つて, うごこうとも, うまく免れたかつた, うろついて, おさめようという, お取り壊し, お教えなすっ, お落ちなされませ, お逃げ出し, かき返して, かけめぐって, きめよう, ぐる, ぐるりと, こしらえた, この材木堀, こめ囃, ごまかしたが, さがそうと, さけようと, さだめ, さまたげて, さまよって, さらって, しつらえて, しばしば脱走, じっと見つめ, すっかり改造, すべり出して, すませたいという, すり脱け, そこに, それこそ, ただ訳も, たのしみに, ちょっと登った, つかうの, つくりこっそり, つくるの, つくろつた, つなごうと, でた林平, とびだして, とらえた文章, とりなすの, とり繕って, とろうて, どうしてどういう, どう切り抜けたら, どんどん逃げだした, なして, ぬけた所, ぬけて, のがれたこと, のがれる, のぞいても, のぞきに, はじめ洩れなく揃えられ, はずした文次, はずしなんとなく, はずしも, はずすばかり, はずせなくなっては, はなれた, はなれて, はなれること, ひきあげると, ひと目に, ひらいたら大, ひらけば, ひろくとっ, ふくむブーローニュ, ふさがれたん, ふちどって, ぶちこ, べつに, ほかへ, まず思い浮かべた, めくりあて, もう一度捜す, もったこと, もつ電車, もとめて, やると, ようやく通り, よく嗅ぎつける, よく見ない, グルグル走りぬけ, コンクリート, スタスタ歩き出した, パッパッと, ムニャムニャの, 一人だけで, 一周し, 一周する, 一層重苦しく, 一応調べる, 一歩立ち去り得べき, 一覧す, 上って, 上演する, 下りしに, 与えられたの, 中心と, 乗越すまいと, 二つ過ぎ, 二度も, 五つか, 今書い, 他の, 何人にも, 作つて戴く, 作らせて, 作り旅, 作ること, 使いなさいと, 使用する, 保つこと, 借りたくなった, 借りては, 偲ばせる, 働くに, 光線の, 六十周も, 共に見た, 兼ねたレストラン, 円くおさめ, 凌ぎたまひ, 出かけると, 出させでも, 出された, 出したそう, 出たあと, 出たの, 出てから, 出でたり, 出ますと, 出る, 出るや, 出奔いたし, 出掛けました, 出桜井先生, 出発する, 切りぬけてからでも, 切りぬける便宜主義, 切り抜けたこと, 切り抜けたらいい, 切り抜ける工夫, 切り開かなければ, 初め三階古川一座四階東宝劇団と, 利用し, 創りあげたかった, 創設されまし, 動いちゃ, 動かずに, 動かず部屋, 動かねえんで, 動くの, 動けないもの, 動けば, 動こうと, 包んだ林, 十ぺんかけまわった, 占めてないやう, 去ったが, 去つて, 去らしめず天誅, 去らずやがて, 去らず八五郎, 去らず射殺, 去らず斬って, 去らせず斬り捨てねば, 去らせず討ちて, 去らせようとしてか, 去らなかった, 去りがたい, 去りにくい, 去り他, 去り建物, 去る, 去るほか, 収めたが, 取りつくろうと, 取りつくろう会話, 取りはからわねえとも, 取り上げたと, 取り紛らせたつもり, 取り繕う様, 取做, 取巻く角, 取捲いた提灯, 受持ち嫁, 右翼に, 否自分, 喪って, 営め, 囲んだ木, 固守し, 坑夫が, 埋むる人間, 報ずる会状, 変えて, 外から, 外したので, 外すこと, 外へと, 多くした, 天上から, 失い人生, 失った眼, 失ひし者也, 完全に, 実見した, 寄切つて向方の, 寄附する, 少し下, 履み, 庭の, 廃し, 建て, 建てたり, 建て井戸, 廻って, 廻り済して, 廻る様, 引きあげた, 引きあげたくて, 引きさがらなければ, 引き入れもし, 引き退がって, 引払うと, 張りに, 張り守っ, 往来する, 後に夜, 御存じありません, 心平さんは, 思い出したの, 思ひ出しても, 思出させる, 急設する, 悉く見捨て, 悲しく思い出し, 感じた, 戦争という, 打開し, 抜き一挺, 抜けながら, 抜け出して, 抱えて, 拔けて, 拝し, 拡大された, 拵えて, 持たない所, 持つから, 持つ魔, 指差した, 振出しに, 捜し出させたいと, 捜し廻つたん, 捨てる彼, 掘って, 探して, 探し求めて, 控えた坂, 描いたさし絵, 換えよう, 攪乱し, 支配し, 放れる気, 救おうと, 散りました, 新設してやろう, 早朝から, 最後に, 有つて居る, 案内し, 検べて, 横ぎって平一郎の, 横ぎりあかあか, 横ぎりそこなってうろうろ, 横に, 次第に向, 歩きま, 歩き廻つた, 歩くの, 歩く下駄, 氣ま, 求むるかの, 汚された時, 汽車は, 沸き返るよう, 治めて, 流れて, 流行らせた奇馬マホメット, 消して, 済ませたけれど, 源一が, 滅却せしめ, 演じ私, 漕ぎ去った, 濁して, 濁そうと, 無闇に, 照し, 照すもの, 照らして, 片づけあちこち, 片づけて, 現出し, 現出した, 生かしては, 産みました, 町役人に, 略, 異にする, 発し二時半リバプール町, 発つた, 発足若狭小浜へ, 監視し, 目当てに, 眺めに, 眼の, 知って, 石の, 確かに, 磨き湯桶, 祭の, 空中に, 突拔けて, 窺き, 立たせぬの, 立たせは, 立ちさろう, 立ちましょうこう, 立ち去って, 立ち去らうとは, 立ち去りますぞ, 立ち去るの, 立ち去る途中, 立ち去れると, 立った, 立った時, 立去つた, 立去つて, 立去らなかったばかりか, 立去りさえ, 立去りましたけれども, 立去るもの, 立退き多助, 糊塗する, 純然たる, 紛らした, 素通りした, 絶えず高い, 締めて, 縮めよと, 繕うため, 繕う二言三言, 繕って, 繕ろわねば, 置いて, 置く必要, 肯定する, 背後に, 胡麻化し, 脱れた, 脱出した, 舞台に, 草履で, 荒された牧仲太郎, 荒して, 落ち延びたが, 蛇の, 行った奥, 行って, 西へ, 見かけたよう, 見せた, 見せないため, 見せるだけの, 見せ給え, 見た, 見つけたから, 見つけたの, 見つけられること, 見つけること, 見なければ, 見ました, 見まわしてから, 見まわって, 見る, 見るため, 見下した, 見下して, 見下せる小高い, 見付けるまでは, 見出し得られないためし, 見廻して, 見物する, 見物に, 見遁, 覗いたもの, 覗いても, 覗くこと, 言い濁したが, 訪い墓所, 訪ふたのは, 訪れたら面白かっ, 設けその, 設けたので, 設けられ感銘, 設けるとか, 設け冬時, 設け林, 詳しく検査, 語って, 読書の, 調査いたします, 變更したる, 貫通する, 貸して, 走りさりました, 走ろうと, 越えて, 踊り回った大月, 蹴破って, 軽げ歩き, 辞して, 迂回し, 迎えた, 追われた被害民たち, 退け, 退去し, 退散し給え, 逃が, 逃げさえ, 逃げたの, 逃げだしたいという, 逃げなくては, 逃げ出したかった, 逃げ出しました, 逃げ出すきっかけ, 逃げ去り観音堂際, 逃れて, 逃れ去って, 逃出し, 逐はる, 通した, 通りかかりしに, 通りすぎそう, 通りすぎたこの, 通り拔けて, 通り過ぎました, 通り過ぎるうち, 通過し, 造ったの, 連想した, 遁れたかった, 運よく, 過ぎれば, 過る度ごと, 選定する, 避けました, 酒に, 閉じて, 閉じ圓朝, 開きなさるの, 間違えたという, 間違へたり, 降りて, 隅から, 隔てて, 雙方彼と, 離れたの, 離れないで, 離れぬよう, 離れること, 離れるたび, 離れるの, 離れ立ち, 面白いとは, 頭巾脱ぎたる, 飛びだしました, 飛び出した, 飛び出した僕, 飛び出せば, 飛んで, 馳, 駆け出した, 駈け, 駈け出しました, 黒い秋風

▼ 場から~ (565, 3.8%)

15 出て 5 姿を, 帰って 3 ここへ, すぐに, 一人の, 東京駅へ, 連れて, 電車に

2 [28件] この門, そこへ, その釣橋, ホテルへ, 出したの, 出発する, 吹矢を, 山の, 帰りに, 府庁に, 強羅行の, 戻つて, 持って, 汽車に, 海に, 画学生達は, 白い手, 程遠くも, 立って, 聞えて, 背後を, 行方知れず, 裏門までの, 警察へ, 逃げ出して, 鑑賞され得る, 響いて, 顔を

1 [466件] あがる砂ほこり, あっちへは, いくらも, いずこと, いっとうおそく, うしろを, おさらばを, おもてまでの, お勝手へ, お尻, お引っ立て, お父様, お父樣, お逃げ, かかって, かすかに, がくやへ, きたそれら, こ, ここまで, ことごとく警察, さっさと京橋, すぐ, すぐおなじ, すぐと, すぐ土佐, すぐ坂本町, すぐ引き揚げろ, すぐ旅人蔵, すぐ来た, すべり出したが, すれば, ずっと遠い, そこの, そつと, その神社, その筋, その花, その部屋, その鋭い, そろそろと, たきつけを, ただちに例, ただちに兵庫, ただちに日光, ちっとも動かず, つい立っ, つれて, です, どっさり手, なんらかの手, ぬすみださなくても, ぬっと這入る, はずッと, ひかれて, ふと不審, ほんの五, まだ古代研究, めいめい一度, もうすつかり遊覽季節, もたらした, もどって, もらつたボオナス, やったので, やつて, やはり海岸伝い, わざわざ様子, アヤの, イワン・フョードロヴィッチに, グラン・テアトルへ, シネマへ, シャンゼリゼーの, ズッと, タクシーに, ニューグランドへの, ニユーヘブンデイプを, バスに, フォン, フラッシングへ, フレデリシア・フレンスブルグ経由ハンブルグ行きの, プイと, ベルリン行きの, ボロや, マイクで, マッチを, マルセーユ行の, モスク, ロープを, 一刻も, 一散に, 一日中飛びまわっ, 一杯に, 一町も, 一目見る, 一里ほど, 一里も, 丁度見おろす, 七八町上流だ, 万葉ぶりを, 万里小路藤房へ, 三つ又の, 上がった下男, 上方へ, 上流を, 下りて, 不覚にも, 世間の, 両国の, 主人の, 丼に, 乗った, 二三段降りる, 二十歩あるき, 二十米ぐらいの, 二時間前に, 二町も, 京都に, 今帰りがけの, 仕上がって, 伴れ出した, 何, 何気なく境内, 停車場へと, 僕と, 入れて, 入場を, 八丁堀の, 八方に, 兵を, 其の鋭い, 円タクに, 出された周三, 出すよう命令, 出たとき, 出たばかり, 出た国民各自, 出られないこと, 出られねえん, 出ること, 出るしかし, 出るもの, 出る事, 出る帆, 出る度, 出る時, 出る西洋人蔘, 出発し, 出発した, 切符を, 列に, 利根河原へ, 利益が, 前線の, 割烹着の, 力の, 助け出さなければ, 動かされ警察, 動かなかつたら戸, 動きたくないと, 動き出した, 動き出して, 動くまいと, 動けず答えての, 動けなくなって, 勢いよく立てなかった, 勢揃ひ, 北進し, 十分ぐらいの, 十四五町も, 千浪と, 千浪を, 半丁, 去らせた, 去らせても, 去りたいよう, 去りはじめた, 去ろうとは, 古いお, 台所で, 台所に, 台所まで, 叺を, 各, 名人十八番の, 呼び出された赤い, 呼び出して, 呼び込まれて, 咽んで, 哲学を, 唯一人帰る, 唯一人歸る, 地下鉄道に, 地下電車に, 城内へ, 声を, 夥しく蠅, 大に, 奏上する, 奥暗い, 妙子の, 婢が, 安全燈を, 客間から, 家の, 家も, 小猿, 小蛇, 小魚, 少しも, 少し参謀本部, 少し距, 少し離れた, 尻引っ, 屋根裏の, 山を, 山崎街道までの, 山越えで, 岸本の, 峠へ, 工場に, 左の, 左右の, 帰ったま, 帰ったまま, 帰った時, 帰つた時代, 帰つてきた, 帰られた, 帰りしなに, 帰る途中, 帰れ, 幅二尺ぐらゐの階梯を, 幾度も, 店の, 引きずり出して, 引きは, 引き出して, 引き立てられ連行, 引き返して, 引き退いた, 引っ立てました, 引っ立てられ溜池署, 引出した, 引取らう, 引立てられるに, 当時の, 彼女は, 後じさり, 徳利ヨ持つ, 忽然とし, 思いが, 成って, 戻って, 戻るの, 手拭を, 扱帶を, 投り出され, 抜いて, 抜けて, 抱いて, 押し出され時として, 拉致され, 拘引された, 持ちきたった悪念, 持ち越した眉根, 捜索機が, 探偵小説の, 揚げる時, 撥ね出した, 擔ぎ出し誰も, 攫つて來たらしい, 放たれた場所, 放ったと, 放免され, 故郷へ, 散って, 文字どおり立ち上がった, 新しい客, 新オックスフォウド街, 旅に, 日和佐へ, 早くも, 昼夜兼行で, 時間は, 更に淋しい, 朗かに, 木曾駒の, 本庁へ, 村へ, 来たばかり, 来るルイ金貨, 東京に, 東宝劇場の, 森栖先生の, 橇で, 機関銃の, 機關車の, 次の, 歩いて, 歸つて來て, 歸る, 死体を, 母を, 水を, 汚情, 江戸の, 江戸一円の, 油差しを, 活動写真を, 流れ出る, 消えた, 消えたこと, 湊町の, 濠端の, 点々と, 為政者の, 烏街の, 焼きざかなや, 煙の, 熱い湯, 物置の, 玄關にと, 王様を, 現われる時, 生れて, 申しますと, 町へ, 町内中に, 町内中響き渡る, 異つた方面, 発射する, 発火し, 発狂し, 発達した, 百五十歩ばかり, 百姓の, 皇帝を, 盗んで, 盗賊に, 盜んで, 監獄に, 目黒行人坂を, 直ぐこの, 直ぐブルッカア, 直ちに呼ばれ, 直ちに瓦斯会社, 相手を, 眺めた滑川, 眺めて, 矢来下の, 石や, 研究しよう, 神戸行の, 秀子が, 穀類が, 立ち去ると, 立つという, 立去った先, 立去らせ踵, 笑殺され, 約一露里, 素材を, 細君の, 細道を, 縄付きに, 縛りあげて, 職方や, 脱け, 脱衣場へ, 自動車まで, 舞い上って, 茶の, 荒土を, 葛西橋を, 葵が, 蒸れ臭い, 薪の, 表へ, 袋を, 裏庭の, 裏通りへ, 裏門まで, 見える崖, 見た古代生活, 見て, 見ると, 解放されたい, 解放し, 解釈せられ, 誰か, 警察に, 警視庁に, 谷山の, 貰下げる, 買物袋を, 走らせた, 走り出して, 走り出た, 走り出たの, 足の, 跡を, 跣足で, 踵を, 身を, 転じて, 追い出されて, 追い出して, 追い払うこと, 追い払って, 追出された, 退散せ, 送って, 逃がして, 逃げさせて, 逃げたい一心, 逃げだすと, 逃げて, 逃げ出し鶯橋, 逃げ出すくらいが, 逃げ出そうかしらとも, 逃げ出そうと, 逃げ去った, 逃げ帰って, 逃亡し, 逃去った, 逃走し, 逐電し, 逐電する, 逐電なし, 逐電江戸に, 連れられて, 連れ去ろうと, 連行された, 遁が, 遁れ, 運び出したの, 遠い旅, 遠ざかつた, 遠望し, 部分の, 金椎が, 釣場への, 鉋屑や, 鋲付の, 鎌倉表へ, 鏡でも, 長浜へ, 門を, 除かれて, 隔離される, 離れた思想, 離れた覚え, 離縁しよう, 電話で, 飛び上がりざま口を, 飛び出て, 飛んで, 食堂への, 馬を, 駆りたてたり, 駈けだした, 駈けつけて, 高氏の, 黄いろい砂塵, 黄浦江岸バンドの, 黒奴に

▼ 場~ (547, 3.7%)

6 無事に 5 私に 4 それで

2 [21件] いい加減, これで, それだけ, それなりに, それを, どこだ, ないに, 一泊または, 交通便利の, 今でも, 何事も, 向の, 妙な, 山の, 彼の, 持たりとも, 明智の, 曩日の, 立派だ, 紋三郎が, 鼠が

1 [490件] あちらです, あっちです, あつけ, あつて, あの瀑布, あやまって, ありつこない, ありませんかと, ありませんでした, ありませんよ, あるいは劇作家, あれを, いうに, いけない, いったん承知, いつか通過ぎ, いまでも, いまや少年, いらない, うまく逃げ, お任, お任せ下さいまし, お君, お峯, お庇様, お湯だけが, お蔦が, お蔦の, お角さん, お許し, かうして, かなり広い, からりと, かんにんし, きっと汝, ここかしら, こぢんまりとして, このまま, こむの, これから南, これだけの, これまでと, これを, ごまかして, さすがに, さて措き, しかし胸, しかし黴の, じじいに, すこぶる賑わっ, すっかり悦に入っ, すっかり用意, すなお, ずっと奥, そうでも, そのあたり, そのささやき, そのままに, その別棟屋敷, その地方, その場, その小さな模型, その窓, それだけで, それでを, それで一, それッきりで, そんな空気, たがいに, ただ笑っ, たびたび川筋, たよりない, とかく冷たく, とくに多い, とくに暑い, とにかくその, とりも, どうする, どうにかこうにか, どうにか無事, どうにか納まった, どこかなあ, どこじゃ, どこでございましょう, どこでした, どこに, どこの, どこへ, どの見当, ない, ないと, ないとでも, ないの, なか, なかったろう, なかなか大きい, なく僕, なく野天, なるほどと, ひとりのみこん, ひどく苦しいの, まさに呉越同舟, まずそれ, またメリイ・カルヴィン, まだしん, まだそれほど雑踏, まだ余程先, まだ喪主, まるで大きな, みるみる黒山, もう人, もう人間一パイ, もう今朝, もちろん実用, やめても, やり過ごして, やんやと, よいほどに, よく眺望, よそに, よんどころない用事, わき返って, わりに, カベの, ガランとして, コロラトゥラ・ソプラノの, サナトリウムの, ステージに, ツーロン徒刑場の, テニスコートのくらい, トタン塀に, ハネて, ブナの, ブルヂヨア精神に対しても, ベルリンの, レエグルという, 一めんの, 一人二十銭である, 一人六銭で, 一人十五銭である, 一体親類殖, 一号監房だった, 一寸も, 一尾も, 一層物淋しく, 一幕と, 一斉に, 一方から, 一時収まった, 一時暫らく閉鎖された, 一杯に, 一杯にな, 一歩も, 三坪の, 三室あっ, 三畳の, 三街道の, 三階でございまし, 三階へ, 不満が, 両国館と, 中止に, 丸く鎮, 事なきを, 二人の, 二十村郷の, 二百有余を, 二重戸で, 二階に, 二階の, 二階階段の, 人が, 人で, 人なき, 人に, 人數も, 人殺しの, 人相戒め, 人間専有の, 今住ん, 今後も, 今日限り閉鎖を, 今月, 仏の, 代々木の, 以前の, 休みであった, 会社にて, 何の, 何処で, 何處だ, 何間ある, 余程地, 例えば静止, 侍小頭の, 俄に, 修繕の, 俺も, 停車場から, 僕は, 元来連続的な, 元鳥越橋, 先ずそれ, 先ず勝った, 光俊戦場を, 光秀が, 児童の, 全くゼロ, 全く人違い, 全く野天, 八丁堀の, 八束郡に, 其處に, 再び意外, 冗談で, 冬休みが, 冷淡な, 凄惨を, 凡夫に, 処々に, 分れて, 初鰹季節を, 別として, 別に, 別の, 到底我々, 前の, 前座の, 剣道の, 割合に, 加藤清正や, 動かないで, 勘定台の, 勿論空, 化粧道具の, 北海道で, 十メートル四方に, 十坪も, 単なる徒刑場, 単に失敗, 危険だ, 危雲を, 去らせぬ, 去らない, 去らん刀, 去れない, 収まったが, 古い腐った, 同じく, 吾, 周囲の, 品格が, 囚人を, 四隣の, 地方ボスに, 埃塵を, 墜落し, 声こそ, 変ったもの, 変換し去られる, 外から, 外観の, 多野郡の, 大入らしい, 大嫌ひだ, 大抵寝鎮まった, 大混乱, 太平洋側と, 女一人で, 妙に, 存在しなくなり, 存外静か, 学生や, 完全に, 実に惨め, 実在致し, 家の, 家康の, 寂しいもん, 寒いよ, 寝台の, 寥々の, 寺内より, 小さな事務所, 小石川の, 少いもの, 屈伏した, 山と, 岡の, 工場の, 市会議事堂であった, 市内に, 常に発生, 幾らか賞金, 廊下の, 式や, 当局の, 彼方です, 往年筑波山の, 後から, 御渡御, 急拵, 恒常なる, 息を, 恰も塵芥取り部落, 悪評の, 惣五郎が, 愛妾お蔦が, 愛想よく, 我国のと, 戦場と, 扇形に, 承服し, 承知し, 押し入れの, 採用し, 探そうたって, 救われるの, 新開の, 既に幾萬, 日当りの, 日本人には, 明答を, 昨日の, 昨日限り閉鎖され, 時として高官, 最後の, 最期を, 有ると, 本材木町五丁目に, 来ても, 東京, 東京以上の, 東側の, 板と, 板の間で, 栄之, 案外すい, 棒を, 森本を, 楽屋口の, 檜舞台の, 欠かれなかつた, 正木博士が, 正面の, 此処の, 死骸の, 毎年本所御舟蔵の, 気まずくなっ, 気を, 水の, 氷で, 決して正常, 沙翁の, 河岸っ, 沸くだらう, 沸くだろう, 泊から, 活気を, 海岸に, 海賊の, 深谷であります, 済まして, 済んだ, 済んだが, 済んだの, 温泉場である, 湖畔に, 湯気で, 湯治客も, 満員だ, 滿員だつた, 漸くに, 漸く穏, 濡れた鶏小舎, 煌々と, 煤けた蜘蛛, 照彦様の, 燃えさかる町屋, 父祖の, 物音のみ, 犯し難い, 甚だ立派, 生きて, 疎林に, 病を, 病棟と, 発狂した, 白, 白昼であっ, 直ぐに, 直ぐ横, 直径二十間位の, 真空であった, 矢代も, 知らんふり, 知人の, 知識に, 石炭ガラが, 磯部家用人岩上典蔵が, 礼を, 私の, 私を, 私共にとって, 移動旋風によ, 稼ぎ賊, 積荷や, 穏かに, 空間と, 立たせぬ, 立ち去ったけれども, 笑いで, 納った, 納つた, 納まったが, 納まりました, 納まるべきはず, 納めたが, 細川越中守様御免の, 終って, 総立ちに, 練兵中で, 繕って, 胸を, 自分にとって, 苦しいだろう, 苦手な, 草原でなく, 草花などの, 菊田が, 落花で, 藁に, 藩地では, 裏の, 裕福な, 西に, 見て, 見のがして, 見物人と, 親分の, 言い分を, 設けてない, 話を, 谷底の, 超満員, 越したので, 軒を, 農商務省の, 近い, 近くの, 近年架橋の, 追い払おうとも, 退きません仮令, 逃げ出したさうである, 遁れ去り, 遂に差し止められ, 遠いの, 遠くはねえ, 避難民や, 都へと, 釣り人の, 長い廊下, 長方形の, 閉じられた, 閉められて, 開かれること, 開かれ案内, 開きました, 閑却された, 関係者以外へ, 闃寂として, 闇でも, 階段で, 階段を, 集合場に, 離れられそう, 雨が, 雨に, 雨の, 青少年のみ, 静かに, 面白い, 頗る賑わっ, 顧る, 飽くまでも勝者, 養生喰ひだと, 鬼門な, 鳩が, 鳴り響く音楽, 麗らかな

▼ 場~ (488, 3.3%)

49 ある 26 あって 13 あった 12 あります 8 あつた 5 あるの 4 あつて, あること, できて, なくて 3 あったり, あれば, ない, なくても, なくなって, 見えた

2 [27件] ありました, ありますが, あるから, あるが, あるきり, あると, あるとか, あるに, あるので, あるん, あろうとも, できました, ないから, ないので, なかった, なかつたらこの, よく見える, 丸焼けだ, 出来て, 原と, 彼の, 最も好評, 熱病患者の, 白けて, 見えた時, 設けて, 近くなった

1 [287件] あすこに, あったじゃ, あったと, あったという, あったの, あったので, あったもの, あったん, あっちと, あつたり, あまり暑, あらわれること, ありいんしんな, ありその, ありましょうや, ありますので, ありませんね, あり両国, あり中年, あり停車場, あり各種, あり均平, あり左側, あり有閑婦人, あり皆, あり酒場, あるし, あるだけの, あるだろうが, あるつもり, あるという, あるなどと, あるのに, あるばかり, あるもの, あるハイカラ, ある事, ある付近, ある筈, あんなに高い, いくらも, いちと, いっぱいに, うまく治まり, かなり分析的, ここから, ここと, こさ, この家, この空間, ございますから, ございませぬ, ござりませぬで, ござるまい, すぐ海, すこし違う, すっかり見える, すつかり見える, すんで, その古い, たくさんあった, たくさんある, つくって, つくられた, つづいた, できたらまるで, できるまで, でき始めた頃, でき昔, どうしても必要, どうしても間, どうなった, どうやらわかっ, どうやらわかつ, どしどし働い, どんな様子, ないからね, ないと, ないという, ないなどという, ないね, ないよう, ないわ, ない氣, ない畑, なくって, なくな, なくなったから, なくなったの, なくなら, なくなる, なくなるもの, なくも, なく人家, なく味気, なく小さな, ふえ競馬ファン, ふえ競馬フアン, ほかに, ほとんど川, また凝灰岩, まだそろ, もう一度前, やれる, よいの, よく見えた, よろしくあっ, わかりません, セリフが, ブルブルふるへる, 一つあっ, 一つある, 一つずつ, 一つに, 一つも, 一応その, 一時に, 一軒ふえる, 万一爆破したら, 三つ重な, 三度ほど, 上に, 上ノ山に, 二つあり, 二つも, 交替したらしい, 人間に, 今の, 今も, 他に, 休みだ, 何百何十万円もか, 作られて, 依然として震災, 僕たちの, 全くない, 全くひっそりし, 全然木造, 其処に, 再び口, 出るが, 出来たこと, 出来た頃, 出来ながら, 出来ねば, 出来るが, 出来ると, 出来ると共に, 列り, 初めて判つ, 判つた, 判らなくなって, 原といふ, 原の, 原野邊山が, 厭なら, 又凝灰岩, 反対に, 収拾の, 口を, 四五軒も, 堕ちたとの, 外の, 多い, 奇麗に, 定められて, 寂れたと, 少いの, 少くありません, 少し暗い, 巴里の, 幾つも, 広く展, 建って, 建つ, 張られて, 得られるか, 忽ち修羅, 悪いの, 悪いので, 意外に, 所々に, 拡がって, 掛けられ始めた, 控えて, 数箇あり, 新築された, 新築される, 新設され, 方々に, 既に天, 明るいもの, 明る過ぎ, 昔の, 映し出されるの, 是かと, 最古い, 最大である, 有る筈, 未完成, 来るなり, 此芝居の, 殖えたので, 汚れねえ上, 活動すれ, 流行りますが, 淡い色, 混雑する, 清潔か, 満員する, 無さそう, 焼けた時, 燃える, 燒けた時に, 片附く, 狭いので, 狭くなります, 現在の, 現存し, 現存し得よう, 田岡政代の, 発達し, 白粉を, 百姓の, 目の下に, 省略される, 眩しく展, 眼に, 眼の, 眼新しく, 矢開き致しまし, 立ち退かれようか, 立ったという, 立って, 納まらねど, 終つた時ちよつと, 終るの, 総坊主, 翼を, 考へられて, 聯想され, 肥溜と, 自分の, 舞台の, 船であった, 色っぽくなる, 落ちたという, 裏庭に, 要る, 見えそこ, 見えた部屋, 見えて, 見えます, 見えみんな五つ六つ, 見える, 見え出した, 見たいん, 見つからないの, 見つかりさえ, 計画された, 設備され, 許されない, 賑やかだ, 近いのに, 近いん, 近世日本資本主義に, 近年いちじるしく, 近年著るしく, 遠い関係, 遠くなる, 金を, 閉鎖する, 開いて, 開かれた, 開かれて, 開かれました, 開かれること, 開くころ, 開けるよりも, 間もなく出来る, 附いて, 雪に, 雪の, 頭に, 騒々しかつ, 髣髴として, 鼎立し

▼ 場~ (370, 2.5%)

14 に於 7 がある, である 3 であった, にはすさまじい, に在る, もある

2 [20件] があの, がない, だった, であること, ではない, でもある, としてのみつ, と言, ならふち, は, は残り, は路, へ, へお, へ持っ, もなかっ, をきめ, を上, を占める, を探した

1 [290件] から場処, から娘, から母, から運ん, があった, があります, があろう, がこの世, がちがう, が作歌, が出来, が場処, が当, が御嶽, が我ら, が或いは, が替る, が最初, が桜, が現在そう, が途中, が離れ, すなわちシロ, だけを書きつけ, だったという, だといふ, ちょうど英語, で, でああ, であったし, であったところ, であって, であり, でありながら, であると, であると共に, である草山, であろう, であろうが, でお, でして, です, ですと, でそこ, でないと, でのんき, ではあり, ではありません, ではなかっ, ではなくなっ, では決して, では無かっ, では踊, でみる, でもあれ, でもなけれ, で今夜, で創設, で即興, で原因丙, で口論, で吉原, で大小二十幾所, で広い, で無い, で父, で現実, で芝居, とあっ, という言葉, といつたら, といふ語句, とおなじ, とがあり, としては滑り, として最初, として理解, として考える, とちがわない, となっ, となれり, とは場処, とは残り, とは要するに, とは限界, とを考え, と云, と交互, と場処, と存候, と言う, などに出る, なのに, ならこうして, に, にある, にいる, において供養, にこんな, にさ, にしよう, にする, にだけあり, にてすらも一たび其祝詞, にでも巣, にどっこいしょ, になり, にはイオン, には児, には限, にばかり有る, によっては二年, によっては変, によっては追剥, によって各, による, によるわ, に人一人, に仕舞い, に住む, に何, に先程, に出, に困っ, に変化, に存在, に定, に家, に就く, に居たら, に建てる, に当てられた, に御館所, に挿ん, に掛けた, に来, に来た, に柴, に生える, に留つた, に直立, に移した, に移っ, に立っ, に立った, に立つ, に納まっ, に置く, に置け, に自分, に行く, に行っ, に身体, に近く石, に近づけ, に長く, に限られ, に陣取っ, に集った, に集めた, のある, のこと, のほぼ, のむずかしい, のやう, の一つ, の伝, の大, の愈, の意, の為, の移動, の聞きあやまりで, の観念, の説明, の選択, の高く, はあの, はありゃしない, はいくら, はかうした, はここ, はこの, はすぐ, はと勝重, はほしく, は不明, は今日, は倫敦ピカデリイ, は勿論, は大抵, は太陽, は孰, は少ない, は少なく, は市場, は斯, は日本海, は牛込, は現実, は町はずれ, は空間, は茲, は蓬莱屋, は西乃入, は言葉, は通油町, は関係, は駿河台, は麻布林念寺前, ふさげの, へおらア, へかえった, へとくっつい, へと引返, へと豪華, へやって来る, へデレゲェション・バッジ, へ出, へ来, へ着い, へ着いた, へ移された, へ置い, へ行く, へ足, ほど謹慎, また名づけ, までも詳しく, まで捜しまわる, もあさましい, もあろう, もきまっ, もさだめぬ, もどの, もない, も中部, も亦, も多く, も小石川, も廃止, も村はずれ, も様子, も無かっ, も祭り, も聞いた, も遠近, や危険, や服装, をかえ, をかえる, をしめした, をちがえ, をつくらなけれ, をはっきり, をもち, を予報, を出, を分け, を動きたかった, を占め, を問いただし, を変える, を夜, を失はぬ, を定めよう, を家庭, を対決, を得, を意識, を択んだ, を描写, を新設, を替えよう, を欲しい, を求め, を求め獲た, を異に, を知っ, を示す, を穿鑿, を見たて, を見つけ, を見つける, を記念, を通し, を選ん, を間違えた, を離れた, を青山

▼ 場~ (241, 1.6%)

14 なって 5 なった, なる 4 して, 云ふ, 化して 3 なったの 2 されて, し氷屋, なったこと, なつて, なり維新後, なるの, 云うよう, 呼ばれて

1 [186件] あてるの, あるもの, いいました, いい指揮一切, いうよりは, いって, いってたが, いっても, いつた方, いわざるべからず, いわれて, おなじ道具, きては, きめて, この屋, さらにその, したもの, したり, した島人たち, しながら, しようという, し弟, し旅人, す, すぐくっ付い, すすんで, するか, すること, するもの, する定め, する心掛け, そこから, そことは, そしてサンサン百貨店, そして魚釣り, そつくりの, その傍, その向う, その城内, その脇, ちがう, ちがって, ちょうど反対, なったが, なったそして, なったに, なった下り松, なつた, ならしめて, なりて, なりにわか, なりはじめたので, なりまた, なり上水, なり市ヶ谷, なり漫歩, なり由良之助, なり野球, なるかも, なると, なるやう, なるを以て, なる二幕目, なる共同小屋, なる処, なる地域, なる意味, なれば, ほかの, みる遺風, もう一つセニョオラ・MIURA, ジェーン所刑の, 乾燥室の, 二人で, 二王子を, 云い雪隠, 云うんで, 云う事, 云えば, 云えよう, 云つた感じです, 云ふべき, 五造の, 人間の, 似て, 便所が, 便所とは, 便所の, 共通に, 其から, 兼用に, 分って, 化しさった, 化した, 化しつつ, 化し去ったが, 化し尊氏, 区別する, 同じ嘉永元年, 同じ城中本丸, 同じ意味, 同じ時刻, 名の, 向い合って, 呼ばるる醜い, 呼ばれるテニスコート, 呼ぶ, 呼ぶ所, 呼んで, 命名し, 四幕の, 四畳半, 堀秀政の, 塚山と, 子供を, 定められて, 實驗室とを, 平行し, 彫塑は, 思う所, 思ってるん, 思はれます, 思はれる見當, 思ひの, 思へようか, 思召し, 成り僧侶活溌勇進, 掲示看板が, 数町を, 方法とを, 時とに, 書かれた門, 校庭との, 死刑台とは, 母屋だけは, 汽車を, 洗濯場とは, 漁家が, 炊事場がくッつい, 為す, 為せしこと, 無線電信局へ, 物干場とにな, 目され, 目を, 看視人小屋, 知ったらもちろん, 知られる, 称して, 称するので, 称する大空, 称する所, 称する縄張り, 納屋の, 終身契約を, 絞首台とを, 考えられてか, 考え付いた, 考へられて, 萬町と, 薬局とを, 製鋼部と, 見せて, 見ても, 見るの, 言った風, 言つても, 訳したもの, 誇つて, 読者の, 責場との, 踏み行くべき足跡, 通ずる底辺, 進んだころ, 道路とを, 違って, 違ひまし, 鋳造場と, 鎮まれる天城, 階段は, 隣り合って, 静電気的な, 風呂桶を, 食堂とが, 馬券の, 魚屋の

▼ 場には~ (209, 1.4%)

13 いって 3 ひる, 誰も

2 [15件] いる前, さう, ナポレオンの, 一人も, 三人の, 人の, 人影も, 今年初めて, 大きい百日紅, 強かに, 怪談が, 数百尾の, 未だ誰, 素裸な, 黄金の

1 [160件] あの錆落し, あまり血, いたたまれないで, いっても, いつた, いつに, いなかった, いまわる者も, いること, いるの, いるやいなや, おもいの, お甲, お稽古拝見, お銀様, この習慣, こんな廣告, しばしば可憐, しばしば老, すでに大杉, すでに長州征伐, たくさん人が, ただ一人鍋, ところに, とても出, どこか, なおその, なかなかはいりかねる, ねぎが, ひ, ふさわしく見える, ほんの一部, まだ烈しい, まるでエトワルヘ, めいめいの, もう朝, もう狐, もう虫, もちろん遺骨, やはり霰, わたくしに, ゐなかつた, ゐ合せなかつた, シナ語を, ドンナ種類の, ナミ子と, ピエル・ドュ・モルテサックはじめ彼女の, ペトルツシヤアが, ララの, 一人の, 一個の, 一切止まらず, 一向自動車, 一羽の, 三角眼の, 不用に, 乗客が, 二三人しか, 二人の, 人が, 人影が, 人影ひとつ無かっ, 今年は, 佛法僧の, 侍従長やら, 俳優と, 傘の, 初秋の, 別の, 前述の, 十三間四方の, 十六七人の, 古綿, 名高い, 和船に, 和藤内の, 外から, 大きなさくら, 大クレイン, 大事な, 大勢の, 子供が, 将軍家と, 小さい石油洋灯, 小さな子供ら, 小倉の, 小芝居, 幣を, 幸子の, 幾万の, 幾多の, 店が, 心中の, 必ずお, 必ず李子, 恐らくはあまりない, 手代格の, 持って, 掘りぬき, 数多い鮎, 敵方の, 新しい衣服, 新しい黄色い旗, 新入学の, 日蔭を, 最も進歩, 村の, 来ない方, 来んと, 板を, 桜が, 桜の, 棧敷が, 止まらないから, 水道も, 泊らずに, 派手な, 滑稽な, 火が, 灯が, 無数の, 無関係な, 物知りの, 猥雑な, 男の, 相変らず, 知らぬ人, 石灰を, 砂が, 種牛の, 竹の, 総奉行, 縁の, 肌着から, 船長工場代表監督雑夫長が, 色々な, 芝居の, 花炎木や, 落ちて, 蛙の, 行かないこと, 行かん, 行なわれて, 見えないの, 見えなかつた, 見張りが, 軍報道部の, 軒下に, 近郷の, 釉薬を, 鑿や, 長三郎も, 陣中同様な, 隣りの, 雪が, 電燈こそ, 非常に, 馬車が, 骸骨の, 高下二列の

▼ 場~ (189, 1.3%)

9 ない 6 ないほど 5 ある 3 ないやう

2 [13件] あったと, あって, ないくらい, ないほどの, ないまでに, ないよう, ない有様, 家の, 板場も, 板張りである, 無いくらいに, 皆こんな, 繁昌し

1 [140件] あつた, ありばかげた恐ろしい, ありません, ありまた, あり船倉, あるそこ, あるです, あるん, ある大きな, あれば, いよいよ廃業, いらなくなるな, おそかれ早かれ彼奴, おりからの, かすかに, すっかり亜米利加, すべて木造で, そこに, たちまち後方, ついて, ついでにその, つくったり, つけ水道, どの場, ないからな, ないが, ないくら, ないの, ないほどに, ないもの, ない亂雜, ない私, ない程, ない院長, なかった, なくころがって, なくころころ, なくちらかした, なくなった, なくなつた, なく先生, なく取り散らかつた, なく散らかって, なく散らかり摺鉢, なく毎日, なく白波, なく誠に, なければ, なしに, また一種異様, みせて, やり甲斐, よろしくと, わからないほど, サン, テニスコートのくらい, ハムレットの, 一定し, 一時, 一時は, 一番勝負二局の, 一軒ある, 主婦が, 二度か, 人が, 住居をも, 何カ月ぶりかで, 備はり, 全く御, 出来たので, 出来て, 分らない, 取りつけられすべて, 取付けて, 只だ, 同じく俗悪, 同じよう, 同時に取り拡げざる, 向うの, 大きくなつた, 大変いたん, 大抵寝鎮まった, 天子様が, 夫の, 寝所も, 島相應の, 弁えませぬ, 持って, 日増しに少く, 有名で, 楽しさ, 此の, 気持よく, 氣の, 海産物商である, 無いと, 無いほど, 無えよう, 無かった, 無く, 無ければ, 熔鉱炉も, 狭かった, 田に, 眼前に, 知らぬばかり, 破れたが, 空が, 筋は, 経験も, 総て自然の, 繁昌する, 置かねば, 考えて, 自分で, 荒れた宿, 荒れて, 行きつけの, 見た, 見つからないもの, 見物した, 言い分も, 設けず膳部, 設備せられ, 講堂も, 貴賓とやらが, 赤蜻蛉が, 近いと, 通つた, 野球場も, 鉄火場も, 鋳物工場の, 閉じた, 閑静な, 附属し, 陛下の, 離れに, 青年でしか, 風呂桶も, 鶴の

▼ 場では~ (160, 1.1%)

3 あるが 2 さう, ない, なくて, 一匹一貫目以上も, 役者が, 泣いて

1 [145件] あいつも, いま春秋座の, いろ, うかうか聴き流し, おもしろいこと, お前は, お書物蔵, お絹, こうして運ん, このふた, この和尚, この神伝流, さすがに, ざあざあと湯を, しなくダンネベルグ夫人, そろそろ寝, そんな理念, そんな謎, たった一つ, どんな神秘, ないが, ない落語, ない藪蔭, なくなって, なく其処, なく家族, なく湯殿, はっきりした, まだ宵, みんなが, むしろ狡将, もう鉄鋲打, よくあり, カイゼル髭を, ケジメも, コックが, パリ市民の, ボール投も, マリの, 一つの, 一応承知, 一日七頭の, 一穴や, 三年振りに, 三池郡の, 不可能である, 二番炊き, 人の, 人手の, 今年の, 会う場所, 何だか云っ, 何でも, 何とも云, 兎に, 別に何, 労働者と, 勝って, 十五尺港の, 印度人の, 又し, 双方の, 同志の, 同意した, 問われも, 大分心が, 女客の, 子供たちが, 子供と, 安うけ, 定めし酒乱, 実弾に, 将軍太郎, 少なくとも自分, 屋台の, 平常の, 庭球の, 従兄の, 御主人, 必らず, 思うよう, 意見を, 愛児と, 打ちとける色, 折角楽しみ, 故郷の, 旅人までが, 早く登校, 昨年の, 有りませんで其処, 有り得ないこと, 朝の, 木刀を, 未だ大勢, 杉村一人で, 段式といった, 毎日猛烈な, 水道の, 沈詢が, 泰造らしく, 浅井は, 湯呑が, 満潮の, 準備に, 烈しい交渉, 父娘の, 狐と, 狡猾な, 理屈を, 田山白雲が, 百人に, 直ぐ私, 省作が, 確かに, 私が, 私は, 穴狙いの, 精神病に, 終生の, 縄を, 腕から, 腰赤燕の, 良人へ, 色眼鏡を, 花時でも, 薯の, 行われませんから, 見えません, 言っても, 詩を, 読まないで, 誰も, 賑やかな, 赤い牝牛, 赤羽先生に, 車輪の, 追着かなく成つた, 逆らわなかったが, 通りませんとむらいを, 釈放され, 鈍い電灯, 難事でない, 雲雀が, 青い小さい灯, 黄ろい

▼ 場まで~ (122, 0.8%)

6 行って 3 ついて, 来た, 行った, 迎えに, 送って 2 おりて, きて, 乗って, 家康を, 来ると, 行くには, 送つて

1 [87件] あり中庭推して知るべし, いっぱいならん, お出掛けくださいませぬ, くると, たどりついたとき, ちゃんとある, ついて行くの, ついて行ったの, ひきづりあげられて, また十八町, やって来て, ゆかなければ, ゆくと, リレーする, 一気に馳, 一緒だった, 一緒に, 一里足らずの, 七八町ある, 三人は, 三宅さんと, 三里の, 中等学校以上は, 二三分の距離だった, 五丁ほどの, 仕事着を, 使って, 傘も, 六十哩の, 共に志, 出て, 小さい運河, 差し出るの, 帰って, 帰り着かねえうち, 愚図愚図し, 我慢しなけれ, 戻つて, 押して, 指して, 探しに, 散歩に, 本を, 来て, 来るよう, 歩いた, 歩いて, 歩きながら, 歩こう, 歸らう, 演じて, 登つて行く, 登ると, 私を, 練習に, 繰り込んで, 聞えた, 船を, 行きそこ, 行き榛名妙義, 行き着きながら, 行くこと, 行くのに, 行くもの, 行く街路, 行ったとき連れ, 行列を, 見送って, 見送つてハンケチ, 見送つて行, 見送りに, 見送りを, 覗いて, 趨った, 追いつめながら, 送った, 送った近親同志, 送らせたり, 送ろうか, 進むと, 運びゆくこと, 運んで, 降りて, 駆けて, 駈けつけたら船, 魚を, 黙って

▼ 場~ (82, 0.5%)

2 元結の, 告別式場に, 徒刑場や, 碁会所や, 粟の, 陸軍被服廠に

1 [70件] いろごと, およそ享楽的, お勝手を, その他の, なんかへ, カフェ這入り, ゴルフ場, ゴルフ場は, リュクサンブールの, 予備士官学校などが, 二十場の, 休息所が, 休憩室と, 会議室や, 保護室を, 倉庫等を, 其の火葬場, 化粧室などの, 化粧室への, 千人風呂の, 厠に, 吉田島や, 墓地の, 大根畑や, 小さいとき, 市の, 帳場の, 店先や, 指物工場や, 映画館や, 晒布場が, 普通の, 曲芸場や, 校舎や, 棺桶は, 植木屋の, 橋の, 江の島などを, 波止場や, 洗濯屋や, 洞窟から, 流し場には, 浴宮に, 海, 湯呑場などで, 源三のに, 潮流の, 物置や, 独房に, 男の, 監房は, 監獄など, 監獄などの, 祭場だったらしい, 競馬場が, 耕地などの, 臺所の, 舞蹈場へ, 船乗場へ, 船乘場へ, 茶の間を, 荷揚人足の, 貧乏くさい, 通りの, 遊戯場から, 避暑地の, 野菜洗の, 鍛冶屋や, 養魚場の, 魚を

▼ 場限り~ (76, 0.5%)

3 のこと, のもの 2 だ, だよ, の出, の話, の遁辞

1 [60件] でございますよ, でないもの, でなくて, ではなかっ, では意識, では済みませんでした, では濟, でもう少し, で二三日, で何, で利, で去っ, で消え, で消え失せ, で済まぬ, で祟, で綺麗, で面白味, といふこと, として仲, にさし替え, にし, に立ち消え, に聞, のお, のごまかし的調査, のつじつま, のつもり, のセンチメント, の作品, の冗談, の出来心, の即興, の品, の嘘, の安易, の幻, の愛嬌, の愛慾, の戯言, の技法, の挨拶, の景物, の暴挙, の欝, の気まぐれ, の浅い, の無意味, の目的, の知識, の積り, の筈, の精神的, の興味, の解釈, の誤魔化し, の香具師的, 冷まして, 御流, 忘れて

▼ 場として~ (58, 0.4%)

1 [58件] かう言, この附近, これを, なりの, なるべく歩かず, はっきり区分, まことに好適, パリロンドンニューヨークという, パーリーの, 今は, 以前の, 余り大業, 使用される, 入場料は, 全部開放した, 再認識, 初歩の, 利用されるであらう, 収斂型態を, 取残されたもの, 古き人, 吉原や, 外国人が, 夜に, 守って, 寄って, 山陽の, 建てられたの, 建設された, 捨てられて, 有名である, 東京会館と, 栄えて, 武蔵へ, 注意すべき, 火焔の, 父に, 犬山が, 用いられて, 用いる無住, 発足した, 盛んな, 直ちに当局, 知られて, 知られ出して, 神楽殿における, 考えて, 自分の, 自然を, 舞臺に, 許すの, 説明せんなら, 足利の, 跡は, 選定した, 開かれて, 開放されなかった, 開放した

▼ 場でも~ (57, 0.4%)

2 低級浅薄な, 目の

1 [53件] あった, あつた, あるの, ある旅館, こしら, この噂, こんなにたくさん, そうである, そのまた, それから夏, それは, ただくわい, ない, ないしばふ, なんでも, のぞいて, また食堂, やり尽しまして, よくある, わが国に, ストーヴの, パチパチと, 下りなかつた, 休みなし, 何か, 何でも, 働いたこと, 働いて, 出来ます, 厳しい監視, 因縁を, 大きな樽, 大穴は, 大阪淀屋橋架換工事場でも, 大騒動, 好いた同士, 思つた, 折々は, 拵えて, 拵へて, 本を, 歩いて, 滞在客の, 無い, 目つかったら, 空しく三四台, 空高く, 笑はれます, 見るよう, 賣つて, 運八美術閣だ, 釣方でも, 関門連絡線工事場でも

▼ 場~ (55, 0.4%)

4 な, よ 2 といふ, なと思つて傍, なんて書く, ね

1 [39件] からいち, からいつ, からだ, から其の, から行つて, から誰, かわかりません, か隠居所, がお, がその, こんなところ, し若干金, つたに, つたのだらう, つたので, ということ, という事, といっ, とかが, とか遊び場, とは気, とばかり思つて, とわかった, と予想屋, と思つて, と橋本, と知る, と言う, と言っ, なと思っ, なと思った, のが, のでわが, わよ, アネ, 一日に, 人捨場だ, 斯樣な, 風呂に

▼ 場その~ (49, 0.3%)

18 場の 9 場で 5 場に, 場を 2 時の 1 南に, 堆石の, 場, 場とりとめない, 場により, 場へ, 場限りでは, 時代に, 蔭に, 階下の

▼ 場にも~ (48, 0.3%)

2 家の

1 [46件] お出張り遊ばさず, こういう遊山客, どつたの, なかった, なって, なる, またいかめしい, まるきり人影, よくウロウロしおりました, よく出会う, 一人の, 乗客が, 二三人の, 二年弱も, 人影が, 似ず痛み, 何等手を, 入りましたが, 公園の, 出ないよう, 別れを, 利用され, 同じよう, 場末の, 夕陽が, 妻は, 居らず立聞き, 屡, 広場にも, 必らず, 意外の, 或いは戸棚, 戰場の, 拭いきれない生活, 新らしい, 桜の, 水先頭場にも, 満ち溢れ青い青い, 石油洋灯を, 綱の, 自分の, 行かれぬよう, 製煉所にも, 見えるので, 開始されるだろう, 顔が

▼ 場~ (48, 0.3%)

2 があの, が無い, だと, と言, にはすさまじい, は殘, も小石川

1 [34件] おなじ樹, があつ, がなく, がはじまる, が殘つて, だから, であつ, です, では無, で惡少, と云, にし, にも書い, により土地, にゐ, に來, に居たら, に於い, に植ゑる爲め, に行, に讀書, に過ぎない, に風呂場, の愈, はない, は恐らく, へ畫鋲, へ着く, へ行つて, もさだめぬ, も祭り, を占める, を見た, を避ける

▼ 場かぎり~ (37, 0.2%)

2 で忘れ, のこと, の喝采, の戦時中, の気安め

1 [27件] で当分, で捨て, という条件, に願いたい, のお客, のざれごと, の人, の会話, の体, の元気, の嘘, の埒, の御, の思いつき, の感情, の戯れ事, の挨拶, の気まま, の浮気, の編輯, の興奮, の色眼, の話, の題材あさり, の餌, 治って, 消え彼

▼ 場において~ (33, 0.2%)

1 [33件] ある庖丁, お受取りくださいまし, お客を, ここに, その唯一, その番号, たまわること, であろう, とっ組み合いながら, ボー, 一方の, 下知するであろう, 会葬の, 其方を, 刑に, 副看守, 反対する, 各個部分の, 外に, 天上皇帝の, 女子は, 尋常の, 手打に, 暇を, 最もその, 殺し汝, 生じた批判, 生命を, 産出せらるる, 自分の, 虚と, 試合を, 鎗玉に

▼ 場~ (33, 0.2%)

4 の光景 2 に勃発

1 [27件] から楽屋, から楽屋口, が明るく, だ, では人々, で行われました, で話, には先刻, には平常, にゐた, にアリアリ, に入る, に於ける, のナンジャモンジャ, の五個所, の人数, の出来ごと, の幻覚, の有様, の農家, はいつも, へのし, をしんと, をふり, を引締めた, を見, ノ世界撞球選手

▼ 場より~ (32, 0.2%)

2 槌を

1 [30件] あとに, ずっと高い, その友救, もっと惨酷い, ものの, 七日ばかり, 上へは, 再び歸, 去らしむこなたには, 君の, 外の, 始まアリ, 始めイギリス, 彼らを, 更に適切, 松枝町の, 歸り, 海のうへ, 無線電信所の, 直に相, 程遠からぬ, 腕車を, 臨時汽車に, 貫一の, 運びて, 陳じ, 隔たって, 隔たつて, 電車に, 靜に

▼ 場~ (30, 0.2%)

2 は帰っ

1 [28件] からの訓辞, が, がとりきめた, がなにか, が両手, が同僚, と呼び, と結婚, になっ, になった, になる, に孔雀, に昇進, の位置, の住む, の前, の創案, の手許, の毎日, の清盛, の話, の説明, はうしろ, はこのごろ, は指導員, も巡回, や指導員, や郡農会

▼ 場という~ (29, 0.2%)

4 のは 3 ものが 2 のが, ものを

1 [18件] ことで, それぞれ長い, ところにて, のです, のに, のへ, ものも, もの始め, もんよ, やつは, ような, 事は, 位だ, 形で, 程の, 者は, 芝居が, 観が

▼ 場ちがい~ (23, 0.2%)

2 なところ, の問題

1 [19件] じゃなく, だった, です, で気の毒, なの, なもの, な姉, な形, な感じ, な懺悔沙汰, に保, に胸部, に衆目, のけたたましい, のこと, のもの, のよう, の化物屋敷みたい, の笑い

▼ 場での~ (23, 0.2%)

1 [23件] あのくるくる, こと, ことである, ヒントによる, 三四日の, 下相談の, 五代目の, 人々の, 優雅な, 写真の, 初めての, 命の, 喧嘩や, 子供たちの, 小判の, 思いがけない一つ, 昼休みである, 時よりも, 汚れを, 生活を, 経験を, 誠意を, 食事の

▼ 場~ (22, 0.1%)

6 んだ 4 のである

1 [12件] のじゃ, のだ, のだろう, ので, のでこんな, のでございます, のでしょう, のでひとしく, のでゴタ, ので仕事, んでしょう, んです

▼ 場にて~ (22, 0.1%)

2 三方に

1 [20件] お叱りくださる, つかい捨候, 一時の, 下る此, 伊十郎一中節の, 兵力を, 切腹いたし, 奴虎蔵が, 年々の, 御命令, 斬殺し, 暫時待っ, 権太は, 死したれども, 死するつもり, 瀬戸系研究に, 腹掻ッ切り殿の, 落花を, 袂を, 門下とは

▼ 場へは~ (22, 0.1%)

1 [22件] いってるもの, いってるん, いつた, いるつもり, いる時, けつし, どちらへ, プロレタリア文化活動に, 一人も, 一切自動車が, 出ても, 台所口から, 寄らなかったと, 戻らんの, 此処から, 米の, 絶対に, 署内の, 自分一人が, 行かずに, 話を, 麻川氏が

▼ 場~ (22, 0.1%)

1 [22件] がまだ, が大, が帳場, と一喧嘩, なる役割, に直訴, の一眼, の側, の姿, の子, の子供, の星住省吾, の来る, の松川, の眼, の言葉, の鼻先, はやがて, は一定期間興行場, は堪忍袋, は真黒, までわざわざ

▼ 場~ (19, 0.1%)

1 [19件] からタクシー, で別れた, になっ, には輜重兵連隊, に露店, のバラック, の三好野, の丸万, の休憇処, の夜, の宿屋, の広場, の或, の招福館, の旅館, の明るい, の茶店, の鋪道, や市電

▼ 場である~ (18, 0.1%)

1 [18件] あまり風呂場, から道路, が相当, が雪そのもの, ことも, と共に最も, のだ, のでその, のを, ばかりで, 位の, 公会堂は, 憎まれ役の, 所に, 桟橋の, 私の, 豊崎までは, 雑木山に

▼ 場らしい~ (18, 0.1%)

2 舞台に

1 [16件] がハテ, 処から, 処で, 形をも, 所から, 所を, 板囲いの, 板囲ひ, 榮枯盛衰が, 淫蕩な, 特異の, 石垣が, 集落に, 青竹の, 静かさが, 風情を

▼ 場長さん~ (17, 0.1%)

1 [17件] からも幾度, が, がいつか, がにやにや, が若い, が言っ, が近く, だ, と竹さん, に訊ねた, の後, はさすが, はにこり, はまじめ, はまた, は後ろ, もお

▼ 場~ (16, 0.1%)

1 [16件] ずを, それとも僕, ちょっと見当, どこかに, めつ, 乗ったら二十銭, 何か, 何かで, 夫なら, 戦場の, 棺桶の, 流しで, 流しを, 深川の, 湯船の, 神楽場である

▼ 場であった~ (16, 0.1%)

1 [16件] からである, から腰弁当, がいま, がずっと, がそちら, が戦, が避暑客, そうだ, とする, と感謝, のです, ので師匠, 人でした, 日比谷の, 紫藤洞は, 頃今の

▼ 場といふ~ (16, 0.1%)

3 のは 2 のを

1 [11件] ところに, ところは, やうな, んだ, 事を, 小さな部落, 戯曲が, 村である, 舞台面である, 街端れ, 風な

▼ 場からは~ (15, 0.1%)

2 一町とは

1 [13件] あかりが, かなり距, さらに大勢職人, なれられないし, よく見える, 五時半の, 優美, 声も, 忘れ難い, 数人の, 活字を, 近いホテル, 陣取りや

▼ 場への~ (15, 0.1%)

2 戻り道を

1 [13件] おみやげを, そりの, タキシの, 入場票を, 出発を, 往復に, 時は, 河岸で, 第一, 行進曲, 路を, 道として, 階段を

▼ 場からの~ (14, 0.1%)

1 [14件] 三味や, 帰りという, 帰りの, 帰り昂奮を, 帰り途で, 帰途それは, 帰途恒藤君が, 戻り道, 戻り道単独で, 揚り高, 物言ひ, 谷を, 鈴の, 闇買いが

▼ 場へと~ (14, 0.1%)

2 行進し, 頻に 1 つづいて, 井出君と, 向った, 向ったの, 塵埃の, 急がせた, 梯子を, 歩いて, 立つて, 進発し

▼ 場へも~ (14, 0.1%)

1 [14件] いって, でられない, ひとりでは, ゆけるので, 停車した, 導け, 東京から, 現れると, 自分で, 莚を, 行かずそれとなく, 行かないと, 行ったし, 行って

▼ 場~ (14, 0.1%)

5 ひの 2 ひ者 1 がする, だ, ですもの, ひぢ, ひですね, ひ野郎, への親切

▼ 場であり~ (13, 0.1%)

2 常設館と

1 [11件] しかも一昼夜半, ながら一軒, また試煉, やがて亡国, ユダヤ人の, 且つ時空, 妹と, 安息所である, 常設館である, 物質を, 遊女が

▼ 場とは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいながら, いい条, どんな所, 何である, 全く違った, 多少客, 或る, 改良され, 牛馬屠殺食肉の, 表向, 違います, 違つた今一つの, 雨でも

▼ 場にな~ (13, 0.1%)

2 つてゐた, つて二階建の 1 つてまでも, つても, つてゐ, つてゐました, つて否といふは, つて居ります, つて引張り出せる, つて身分が, つて間誤つかない

▼ 場です~ (12, 0.1%)

321 から其修業, から足, が之, って, ね, のに, もの

▼ 場近く~ (12, 0.1%)

2 のバー 1 でおれ, にある, のその, の便所, の土地, の枯木, の落葉松, の薄給会社員, の野, 行けば

▼ 場としての~ (11, 0.1%)

1 [11件] 世界を, 学校, 小説形式は, 従って, 意識を, 日本に, 期待感これこそ, 権威を, 機能を, 気分の, 空間の

▼ 場などを~ (11, 0.1%)

2 お調べ下さいません, 実地に 1 うろついて, もって, 余り好まない, 持って, 捕えに, 見て, 設備し

▼ 場にでも~ (11, 0.1%)

2 共同生活を 1 ありそう, あるいは蒸浴者, いる時, とにかくうち, 使われ得るであろう, 兎に, 入って, 貼られて, 隠れて

▼ 場までは~ (11, 0.1%)

1 [11件] すこし遠い, なおさら法律, まだか, バスが, 一九二九年現在の, 一里近く, 二丁と, 故意と, 未だ余程あります, 渡り廊下づたいでかなり, 行きつき

▼ 場生活~ (11, 0.1%)

1 [11件] から白紙, が永く, であった, で健康, の中, の内容, の經驗, の記録, もやがて, をした, を経

▼ 場であっ~ (10, 0.1%)

1 たりし, て, てそれ, てもそこ, て前島和橋, て大分, て大概変梃, て好い, て昨年, て最も

▼ 場などは~ (10, 0.1%)

2 濛々たる 1 ないの, また格別, 幻想と, 持って, 更に怪しい, 東京の, 止まったかと, 訳も

▼ 場みたい~ (10, 0.1%)

2 なもの 1 だなと, ながらんと, なところ, な華やかさ, にがらん, にたくさん, になっ, に複雑

▼ 場~ (10, 0.1%)

2 なの 1 なる水族館, の広場, の芝生, は人, は戸長役場, へ歩, を眺め, を見る

▼ 場との~ (9, 0.1%)

1 レンラクどこから, 二つでありまし, 多いごちゃごちゃ, 客観的な, 方言血まみれの, 相違を, 諸交渉, 贅沢な, 類似から

▼ 場とも~ (9, 0.1%)

1 いうべき六畳, いえましょう, いえる, しらず三十頭, なった, 云ふべき, 同じに, 葬儀場とも, 見ず尤

▼ 場なる~ (9, 0.1%)

3 ものが 1 ものに, ものを, らん, ハロゲートに, 掛け合いな, 武家

▼ 場へでも~ (9, 0.1%)

2 行って 1 やって, 臨むよう, 落着いたら, 行けば, 行つて了つて自分よりも, 遊びに, 運んで

▼ 場だけの~ (8, 0.1%)

1 ことで, もので, よいところ, 事情に, 光景を, 坐興, 話, 返事をすら

▼ 場だった~ (8, 0.1%)

1 の, のかと, のです, のでものめずらしい, ひろいガラス屋根, んだ, 北方の, 跡の

▼ 場など~ (8, 0.1%)

1 ありようはず, いつたもの, その他万般の, もうこわれ始め, もって, 安全な, 深川木場あたりの, 言ふ

▼ 場などで~ (8, 0.1%)

1 あつたらう, こういう女性, やるもの, よく流行る, 別に見物, 見ると, 親しくなり, 話し合った符牒

▼ 場などに~ (8, 0.1%)

2 多田の 1 あった種類, 一方の, 行ったかえりよく, 言ふ, 足繁く, 隱し

▼ 場における~ (8, 0.1%)

1 彼の, 彼は, 従順な, 恐ろしい光景, 激しい競走, 象徴的な, 踊る主人公, 長い間

▼ 場までの~ (8, 0.1%)

1 上り下りが, 街路は, 距離が, 道は, 道を, 里程道筋が, 間に, 間を

▼ 場慣れ~ (8, 0.1%)

2 ているらしく 1 ている, て一条縄, て居る, のした, のしない, 者である

▼ 場附近~ (8, 0.1%)

1 にある, の土地, の木立, の自動車, や港場, を探し求めた, を歩む, 御下屋敷所在

▼ 場あり~ (7, 0.0%)

1 そのむかしアカイア人, てこの, てときどき, て苦患, また海中, 此時は, 竜皮骨あり

▼ 場きり~ (7, 0.0%)

1 で前途, で済みます, な巧みさ, のこと, のもの, の美味, の軽い

▼ 場じゃ~ (7, 0.0%)

1 ありませんか, ないさ, ないぞ, ない目明き千人盲千人, なかったの, アありません, 無いん

▼ 場とか~ (7, 0.0%)

1 あるいは村, えつつ, エネルギー, ヴェクトルとかいう, 大根河岸とか, 波動とか, 温泉にも

▼ 場としては~ (7, 0.0%)

1 九戸郡の, 代表的な, 生憎谷, 県下第, 第一, 銀座裏の, 面白い

▼ 場などへ~ (7, 0.0%)

2 行けば 1 いつて, 売りに, 来なすつた, 通ひ出した, 遊びに

▼ 場~ (7, 0.0%)

1 二ツ作ルナンテ無駄ナコッチャアリマセンカヨゴザンスヨアタシハ母屋デ, 作ル, 出シテヤッタ, 始メタガオレニハイロイロノ馳走ヲシテクレタ故, 新設シ以ツテ模範タラシメントセラレ, 開イテ以テ仲街ノ, 開クモノアリ

▼ 場~ (7, 0.0%)

1 にかくして, になり, に立つ, の会葬者, の尊敬, の者, は遽

▼ 場~ (7, 0.0%)

2 の中 1 の床几, の草園, へ一人, へ母親, を廻る

▼ 場行き~ (7, 0.0%)

2 のでかい 1 だ, と定, の人足, の牛, もみんな

▼ 場あい~ (6, 0.0%)

1 その人物, その学校, でも福井, には六朝小説, によつて, の応急

▼ 場あたり~ (6, 0.0%)

1 から来るらしい, とは異, の脆弱, の言質, まで押し返されない, まで響けた

▼ 場たる~ (6, 0.0%)

1 に過ぎない, ケーン・ウードを, バース, 十二ヶ瀬を, 地に, 練兵場へ

▼ 場だけは~ (6, 0.0%)

1 まア褒め, 勘弁し, 外さなければ, 感じがい, 日吉の, 無事に

▼ 場とを~ (6, 0.0%)

1 こめた一角, 並べて, 妥協的に, 改造した, 混同し, 背景に

▼ 場などが~ (6, 0.0%)

2 あつて 1 あって, あります, いくつも, 建つこと

▼ 場などの~ (6, 0.0%)

1 ように, 奇現象は, 灯が, 盛に, 簡単な, 絶え間ない

▼ 場去らず~ (6, 0.0%)

1 に射殺, に秤量, に縊死, 塑像の, 母の, 類推の

▼ 場清六~ (6, 0.0%)

2 のほう 1 が近江屋一家, だという, という勤番, と黒木屋五造

▼ 場管弦団~ (6, 0.0%)

3 を指揮 1 のレコード, をシュタインベルヒ, をブレッヒ

▼ 場~ (6, 0.0%)

1 かけつける, つきとめて, 岩をよ, 来て, 私達を, 脇眼も

▼ 場かせぎ~ (5, 0.0%)

1 に来る, の出面たち, の講釈師, も今日限り, をし

▼ 場じゅう~ (5, 0.0%)

1 がそれ, が聞い, に何処, の注目, を見まわしました

▼ 場だけを~ (5, 0.0%)

1 やったの, 円めれ, 切り抜ける事, 御寛大, 酒を

▼ 場だの~ (5, 0.0%)

1 いろいろの, そのほか市, 眞晝間の, 磨粉場だの, 脱衣場だ

▼ 場なども~ (5, 0.0%)

1 あちらの, あっても, ありこの, 見えた, 賑は

▼ 場までも~ (5, 0.0%)

2 出来て 1 含めて, 活躍する, 行って

▼ 場一致~ (5, 0.0%)

2 の諸君 1 で否決, で選定, を以て賛成

▼ 場以外~ (5, 0.0%)

1 でも紙クズ, のもの, の内地通用, の楽しみ, へ毎晩

▼ 場持ち場~ (5, 0.0%)

4 の掃除 1 などと号し

▼ 場~ (5, 0.0%)

2 に止まる 1 に乘人, に停っ, に几帳面

▼ 場気分~ (5, 0.0%)

2 などを求める, は今日 1 と新設

▼ 場だけ~ (4, 0.0%)

1 かためて, では, なん, 得手勝手な

▼ 場について~ (4, 0.0%)

1 夥しく快, 歩いて, 考えると, 読経を

▼ 場にまで~ (4, 0.0%)

1 それを, 入りこんで, 止揚されるべき, 飜弄しよう

▼ 場よりも~ (4, 0.0%)

1 むしろ死刑台, 一段格の, 人情本の, 石造の

▼ 場をも~ (4, 0.0%)

1 一度出来る, 乗り取り, 失って, 彼れ

▼ 場~ (4, 0.0%)

1 あの大山, そいで, で直, はじめてよ

▼ 場一面~ (4, 0.0%)

1 に, に一時間近く, に張り, の土砂

▼ 場作兵衛~ (4, 0.0%)

1 そのほか重手, とがしたがっ, は重手, も続い

▼ 場全体~ (4, 0.0%)

1 が大きな, に溢れ, のこと, を真白

▼ 場外れ~ (4, 0.0%)

1 な回想, な挨拶, に大仰, の効果

▼ 場稼ぎ~ (4, 0.0%)

1 の有る, をし, をした, をする

▼ 場覗き~ (4, 0.0%)

2 はひどい, をやらせた

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひの, 私が

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 など行きやがる, へ過ぎれ, 来んの

▼ 場さして~ (3, 0.0%)

1 出かける, 出掛ける時, 歩いて

▼ 場さん~ (3, 0.0%)

1 はそれ, は親, 知ってるやろ女学校時分

▼ 場だけで~ (3, 0.0%)

1 中止させ, 事済み外国の, 持って

▼ 場といった~ (3, 0.0%)

1 ような, 感じであった, 方が

▼ 場とても~ (3, 0.0%)

2 今日の 1 あらねど

▼ 場とでも~ (3, 0.0%)

1 いうの, 云ふ, 言つてほめた

▼ 場なり~ (3, 0.0%)

1 しと, 江戸詰めの, 聖ラザアルなりから

▼ 場なんか~ (3, 0.0%)

1 どこへ, まるでウィンブルドン, 詰まらないわ

▼ 場なんて~ (3, 0.0%)

1 ことに厭, ないの, 欲しいこと

▼ 場にては~ (3, 0.0%)

1 レデーケーキも, 屈竟な, 紫縮緬の

▼ 場へまで~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 追いつめられて, 追ひつめられ

▼ 場ほど~ (3, 0.0%)

1 ありて, 広くて, 当てに

▼ 場めぐり~ (3, 0.0%)

2 などは容易 1 に連れ出した

▼ 場わき~ (3, 0.0%)

1 の小使室, の濠端, の酒屋

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 休マズ一気ニ上ッタノデ苦シソウニ息ガハズム, 倒レタノヨ児玉先生ヲ, 即座ニ消

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 タイル, 息子熊トイウ者ト大, 船頭サンカラ貰ッテ来タデス色ハ黒イケレドナカナカオイシイデス

▼ 場ヶ原~ (3, 0.0%)

1 や野辺山原, を三軒家あたり, 或は野辺山原

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 けとしては, け実演, に何

▼ 場健之助~ (3, 0.0%)

1 が縁側, の部屋, は十八

▼ 場入口~ (3, 0.0%)

2 の戸 1 のガラス戸

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 し名古屋, と役割, と配役

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 好評, 新地小, 玄関の

▼ 場~ (3, 0.0%)

3 百人一首

▼ 場~ (3, 0.0%)

2 に磅 1 の前

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 の宿, の避暑地, より河口

▼ 場~ (3, 0.0%)

1 のごとき, の位置, はお

▼ 場慣れた~ (3, 0.0%)

1 二人の, 恋だ, 演説家でも

▼ 場近い~ (3, 0.0%)

1 ところまで, 一枚を, 所に

▼ 場逃れ~ (3, 0.0%)

1 だけにし, のこと, のばら

▼ 場あと~ (2, 0.0%)

1 に村民, のもの

▼ 場あらし~ (2, 0.0%)

2 を防ぐ

▼ 場いっぱい~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 場うて~ (2, 0.0%)

1 がし, の気味

▼ 場かと~ (2, 0.0%)

1 思いずーっと, 思って

▼ 場からでも~ (2, 0.0%)

1 妹を, 駈け込んで

▼ 場からも~ (2, 0.0%)

1 男が, 響いて

▼ 場ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 広さ, 野原が

▼ 場ぐらゐこれ~ (2, 0.0%)

2 でも勤まる

▼ 場ごと~ (2, 0.0%)

1 におびただしい, に人

▼ 場しのぎ~ (2, 0.0%)

1 に獣, のこと

▼ 場そこ~ (2, 0.0%)

1 はなかなか, へ腰物奉行

▼ 場そっくり~ (2, 0.0%)

1 にせまい, のあの

▼ 場そのもの~ (2, 0.0%)

1 がすでに, の記憶

▼ 場だけに~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, とどむること

▼ 場だろう~ (2, 0.0%)

1 と思っ, のに未

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 がひなもの, がひも

▼ 場って~ (2, 0.0%)

1 つらいもん, 言うの

▼ 場であります~ (2, 0.0%)

1 が中, といつ

▼ 場であろう~ (2, 0.0%)

1 が今, 竈が

▼ 場でございまし~ (2, 0.0%)

1 て知らせ, て重

▼ 場でございます~ (2, 0.0%)

1 が近年, よ

▼ 場でした~ (2, 0.0%)

1 が, が今

▼ 場でなく~ (2, 0.0%)

1 ては怺, ては聞けぬ

▼ 場とかへ~ (2, 0.0%)

1 稼ぎに, 通って

▼ 場としても~ (2, 0.0%)

1 村全体が, 知られて

▼ 場とて~ (2, 0.0%)

1 すぐそこ, 東京の

▼ 場なぞに~ (2, 0.0%)

1 なって, よく居た

▼ 場なぞの~ (2, 0.0%)

1 娯楽と, 娯樂と

▼ 場などでは~ (2, 0.0%)

1 余り戸締りを, 怪しい女

▼ 場などでも~ (2, 0.0%)

1 他の, 父の

▼ 場などという~ (2, 0.0%)

1 大掛りな, 新しい名前

▼ 場などには~ (2, 0.0%)

1 初めから, 然う

▼ 場なら~ (2, 0.0%)

1 何でも, 我慢も

▼ 場なんぞへは~ (2, 0.0%)

2 たつた一度

▼ 場にばかり~ (2, 0.0%)

1 立つて, 葬式の

▼ 場にゃ~ (2, 0.0%)

1 平気で, 玉井金五郎も

▼ 場にを~ (2, 0.0%)

1 き犬小屋, りる

▼ 場に対する~ (2, 0.0%)

1 研究心が, 神経は

▼ 場のさ~ (2, 0.0%)

2 びしくひつそりとした時に

▼ 場のるつぼ~ (2, 0.0%)

2 ほど自分

▼ 場はいち~ (2, 0.0%)

1 だん, にち

▼ 場はう~ (2, 0.0%)

2 やむや

▼ 場はずれ~ (2, 0.0%)

1 でその, のよう

▼ 場ばかりの~ (2, 0.0%)

1 噂では, 脚本を

▼ 場びらき~ (2, 0.0%)

2 の樂

▼ 場ふさげ~ (2, 0.0%)

1 で値, に過ぎない

▼ 場または~ (2, 0.0%)

1 妹脊山館の, 高田の

▼ 場らしく~ (2, 0.0%)

1 湯の, 突堤が

▼ 場を通して~ (2, 0.0%)

1 町家の, 象眼の

▼ 場キング・オブ・スターズ~ (2, 0.0%)

1 に招待, はすぐ

▼ 場ン場~ (2, 0.0%)

1 にし, の大桑村

▼ 場~ (2, 0.0%)

2 の嘘つき

▼ 場一人~ (2, 0.0%)

1 が一間, の異議

▼ 場一杯~ (2, 0.0%)

2 に漲る

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 にて虎, に相

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 とも云うべき, 鉢取

▼ 場乃至~ (2, 0.0%)

1 五幕十二場といふ, 保護室に

▼ 場事件~ (2, 0.0%)

1 について自分, は翌日

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 の群つて, の集り

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 の昌造, の通譯

▼ 場付近~ (2, 0.0%)

1 に大鷲, の瓦焼場

▼ 場処がら~ (2, 0.0%)

1 である, で気らく

▼ 場処柄~ (2, 0.0%)

1 だろう四枚格子, も介

▼ 場及び~ (2, 0.0%)

1 動物市場ヲ, 寶泉寺付として

▼ 場合唱団~ (2, 0.0%)

1 とウィーン, を指揮

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 が一人, は受取った

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 と見なす, の一ホテル

▼ 場塞げ~ (2, 0.0%)

1 で, を永く

▼ 場寄り~ (2, 0.0%)

2 の空地

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 劇場へ, 景という

▼ 場廻り~ (2, 0.0%)

1 に出かける, をし

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 なきもの, のある

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 巡視の, 書院詰などへ

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 のある, を踏ん

▼ 場料理屋~ (2, 0.0%)

1 だが, をはじめた

▼ 場朗ら~ (2, 0.0%)

2 けく明し

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 でございますから, 一寸横丁

▼ 場案内~ (2, 0.0%)

1 に東武線羽生付近, のビラ

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 の妙, の空地

▼ 場段切れ~ (2, 0.0%)

1 だ, の法

▼ 場~ (2, 0.0%)

2 は涸れ

▼ 場~ (2, 0.0%)

2 の高下駄

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 りの, りを

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 な古風, に開放的

▼ 場矢来~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 場破り~ (2, 0.0%)

2 などをする

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 になった, の群集

▼ 場繁昌~ (2, 0.0%)

2 の時節

▼ 場~ (2, 0.0%)

2 て貰う

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 から二時間, に飛乘

▼ 場近き~ (2, 0.0%)

1 処とて, 小田原で

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 の衆たち, はゆき

▼ 場~ (2, 0.0%)

2 を掻き集め

▼ 場附近一帯~ (2, 0.0%)

1 が沸騰, の田圃

▼ 場隼人~ (2, 0.0%)

1 などだった, は三州挙母村

▼ 場霧ヶ峯~ (2, 0.0%)

1 と云, はゲレンデー

▼ 場~ (2, 0.0%)

1 に往, へ往

▼1* [485件]

あたり専門を心がけ, 場あの小柳の, 場ありしところ, 場あるがもっと, 場あるいは神社仏閣数多く, 場いつぱいの, 場いや洵に, 場い出てそい, 場らを, 場ええままよと, 場お勝手ここは一層, 場かえって北の方の, 場かせぎしたこた, 場かせぎはじめてだ, 場かとも見ゆる簡單, 場かなんぞのように, 場かも知れない, 場からが五〇年後の, 場がくッついて, 場ぎりお年寄られ, 場ぎり他言は御, 場くらいを俺は, 場ぐらいある冷たい, 場ぐらいにしか思って, 場ぐらゐある冷たい湿地, 場ぐらゐの野原がまだ, 場こそ又物質, 場この筋は, 場この間まで相, 場気勝ちとの, 場した時は, 場しよを過ぎ, 場しらずの物語, 場やなお, 場じゅう森と私, 場すなわち得意先を, 場すら含むもの, 場ずつと通して, 場ずまいをする, 場ぜんたいが唸りだし, 場その他いっさい付いて, 場その他日常生活に必要, 場それは土間, 場それからトゥーサンに, 場それらの場所, 場たらしむるに, 場だけかと思って, 場だけがよしなど, 場だけでも姉に, 場だけとは限らず少し, 場だけも柔らぐだろう, 場だってこんな紙きれ, 場だつたが三年あまり一度, 場だ聞くも鶏, 場ちがい物はいけない, 場ちげえ, 場ちょうど蔵屋敷砥石店の, 場やない, 場つきの小屋, 場つまり私が, 場であったらしいのを, 場であるべきはずだ, 場でうがい茶碗が, 場でがつくりと, 場できゃつを, 場でございましたか汽車, 場でございましょうわたくしは, 場でさえ母子休憩室が, 場でさかっていた, 場でしかありませんし, 場でしょうちし, 場でずたすたに裂いた, 場ででもまた何処, 場でないぞ, 場でなくなり生活意欲を, 場でなくなるにきまっ, 場でもとどりを, 場で下さるものを, 場で御座いますもう近々お, 場といふは二坪にも, 場とかに行つて見たら, 場とが即ちそれ, 場としてのみノラと, 場とては無い, 場とで知られて, 場とどめまで刺し, 場とに切取った正面一杯, 場とやらへは兄貴一人で, 場とりとめない亢奮で, 場なきに困り, 場なぞへ足, 場なぞを右に, 場などから始めると, 場などといふものは, 場などにて御寵愛, 場などにも棲んで, 場などへは泊らなかったの, 場なほ廣く我, 場ならびに道路の, 場なりし勇蔵が, 場なりの古トタン, 場なるべしと思ひたりき, 場なんかに不似合, 場なんぞに出入りしてる, 場においての私闘は, 場においてのみ文法と, 場にさえなって, 場にだけは時間の, 場については有名なる, 場についても書き添えねば, 場につれて行く訳, 場にと振舞って, 場にとっておさえるが, 場にとっては大, 場にとも言い得るであろう, 場にはをりを, 場によつて否定された, 場によりその時, 場にわつと泣きく, 場に対し与えられる報償, 場に関する限り諸事安あがり, 場に際してあの櫛まき, 場のみでは, 場のみは今なお, 場ははば二メートル長, 場はぶじに, 場ばかり汽車で, 場ばかりへ顔を, 場ふさぎな図体, 場ふさぎなもんなんて, 場ふさげなものは, 場へたふれて, 場へなどなんで暢気, 場へなんか入って, 場へばかり入り浸りでしばらく, 場ほどの大きさ, 場ほども広いグラウンド, 場また貸ボート屋, 場までが出来て, 場までをまっ白に, 場もちは上手, 場やったら黙って避け, 場やを腕を, 場ようやくやかましくまさに, 場よりの帰途尾張町にて, 場よりは少し離れ, 場らしく和んだ大気に, 場をかへて部分と, 場をでも見つけたよう, 場をと思う人, 場をのみ選んで, 場をはづさずこつ, 場をめぐってうねり波立ち崩れ集まりまた, 場とこん土藏, 場アさい無事に済んだら, 場ア此処と眼, 場ア負つたい, 場カフエ等々に御, 場カラ寝室ヘ運ンダノガ十二時頃, 場ガニを注文, 場ギガントの広大, 場サン・レモに移り, 場からこっち, 場テプリッツで逢った, 場テルメーに通, 場過タル, 場ニハ多クノ釣鐘, 場ニハ秀吉分国ノ徒党ハ云フニ及バズ, 場ニ下リテ脈ヲ取, 場ニ旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, 場ニ転ジタ是レハ全ク中村先生ガ学術ニ忠実ニ情誼ニ, 場ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ多羅尾ハ禿頭故ニ創ガツイタ, 場バスの停車場, 場ヒロからこ, 場フロ場洗濯場裁縫場などがあります, 場プール等持って, 場二組トキマッテイタガソレモムチャニナッテ幾組モ勝負ヲスルヨウニナッタ, 場ポンプ場捲上場, 場マンホールもありません, 場一ぱいになっ, 場一ツの道程, 場一件を誇張, 場一切の準備, 場一帯はむろん, 場一幕見には, 場一方が墓地, 場一番の器量, 場一碧湖富戸の爼岩, 場一等館入口去年と同じ, 場一致これを可決, 場の支那人, 場丁度見返り柳, 場七十五年間は草, 場三つぐらいだ, 場三原玲子さんなどの女給連総出, 場下った五千六百五十六呎の, 場下女と小僧, 場不浄水口縁先等いま一度戸締りを見ろ, 場両国館落語席の立花家福本, 場中之島の公会堂, 場中央の桐, 場中川尻出洲, 場主任としてこの, 場主兼経営者として協同協力, 場主芸能仲介業者芸能各部門, 場圖, 場乾坤の刀, 場の様, 場事務所において代理人テナウド氏, 場二三箇所に寄つて三津, 場二十四日西方十一日より十三日, 場二十場といふ戯曲, 場二番目が源氏店, 場二階の官房, 場五百十一坪合せて, 場人種の一人, 場人通りもぱったり, 場今日は東宝, 場仕事もたいへん, 場仕込みの文句, 場付きの酒場, 場付近橋のとこ, 場以来この人, 場以来ふしぎなめぐりあわせというかこの宇品, 場作兵衛野村庄兵衛は各, 場使いのパイスケ二百本串, 場の男尊女卑, 場侑酒皆従卒, 場便所などの水栓, 場信天翁は嬲られ, 場倉庫等の従来東洋, 場借入等の為め困難, 場の街道, 場というの, 場入りは枚挙, 場八日より十一日, 場兵隊屋敷をずつと離れ, 場に十三四坪, 場兼ねて唯一, 場兼娯楽室とも称すべき, 場兼射的場をひらい, 場兼洗濯場の悪い, 場兼物置きに, 場処そのものが誤訳, 場処それ自身も芸術的, 場処以外にいつ, 場処入りの大事, 場処場処によって各, 場出来まして夏, 場刑務所其他種々のこと, 場刑務所労働者の家庭, 場割人間梗概と書き, 場割梗概と表紙, 場創立係世並信常と書い, 場化粧品店輪タク自転車預り所美容院さては深更, 場医者である, 場医院を一覧, 場南蔵院の天井, 場博物館図書館動植物園露天劇場農産物品評会場青少年学芸展覧会場などが整然, 場即ち鈴ヶ森か, 場即座にって間に合わない, 場厠粋なの, 場去らせず彼を, 場参観にこられた, 場又の名は清水平, 場又は通り抜けという, 場取らず胸に, 場取りをしっかり, 場取締人の役, 場の上方, 場には泣声, 場召捕の場, 場でも自分, 場台所の手入れ, 場の位置, 場右場中場左のごとき, 場合併し金利生活者, 場合格構な例, 場同心に筋, 場同様フロをもっ, 場に空しく, 場名前は忘れた, 場に, 場吹き矢大弓その他色々な大道商売位, 場吹所棟梁詰所細工場色附場の六棟, 場咆哮生殖大歓楽, 場喫煙室内に掲げられ, 場で迯, 場圍宿近村の役人宿, 場埒外ではアフガニスタン, 場に八方, 場塞ぎしては, 場増設を引き受けたくなるだろう, 場が汚, 場変電所見張り修繕工場などを見, 場多しされどこ, 場奪取の光景, 場女燈台局の官員さん, 場の槍踊, 場好明氏会計課長の篠崎, 場如何なる所にても, 場直何, 場学校の多い, 場安全地帯に一人, 場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 場宝来旅館裏をかえし, 場寄席音楽堂市場と云つた風, 場小川流るる巷, 場小梅との引込相応, 場少女歌劇場それらの場所, 場岩盤出水前出水後瀬脇の釣り場, 場川口に架けられた, 場工場などの騒音, 場工業原料の生産場, 場巨材が積み重ね, 場常に煤煙を, 場幻想などにまさる, 場広くあぐらに, 場座敷どうもそういう, 場庭場の年番, 場廃物の大, 場建築の俗惡いよ, 場建設の料, 場弓術道場の背後, 場引返して天満橋太兵衛, 場彦七君が真黒, 場待合室に入り, 場には神地, 場を一, 場思い出し夢中の, 場慣れぬせゐも手傳, 場懺悔の部屋, 場成功の祕訣, 場成功者はみんなそう, 場者村役人宅前, 場或は法廷では, 場へと, 場扇島へ, 場手洗場が清潔, 場のし, 場投げ出さずばなんめ, 場拡張の祝賀ダンス, 場捜索のため, 場上場トロ置場ボタ捨場燃滓捨場に, 場摘み綿の師匠, 場改心の幕, 場文ビルへ, 場斬髪所等あるは, 場方面の戦線, 場日比谷で佐藤功一氏, 場射的場附近御, 場星岡に参考館, 場時代鳥人スミスが宙返り飛行, 場會場に要した, 場の古本屋, 場とを見比べ, 場がわ, 場を出, 場棒縞の糸織, 場楊湯など陽韻, 場構内の飲食店, 場横浜取引の唐物屋, 場橋濠の水, 場機械工場をもち五ヵ年計画, 場次第の出放, 場次第に出たとこ勝負当っ, 場歌舞伎座と出る, 場歌舞伎座帝国劇場と華美, 場毅余の小説來訪者, 場水桶ありて, 場汽車の停車場, 場河原から市ヶ谷, 場とを重ね合わせ, 場況や出米, 場況見と二人, 場注連縄張の事, 場洗濯場裁縫場などがあります, 場浴場があり, 場温泉料理店全くお, 場渭水を前, 場演じをはり, 場火事場には優美, 場打ち事件, 場父祖の莊園, 場置きなどに, 場特有の中飽, 場独特の臭気, 場獣皮塩蔵所乾燥室などの急造, 場玄玖妻長女純岡西氏の出, 場生まれの鰻公, 場生活中であった, 場田中屋の休息室, 場は皆, 場と小田原町, 場留場ト号シ銘々私ニ持場ヲ定, 場番人黒奴のアラン, 場的工場内よりカラリ, 場皆其意外に驚かざる, 場盛り場に抜目, 場ずで気, 場と書く, 場破れが起こっ, 場磁場の影響, 場神鍋山と同じ, 場の現在, 場移転要求をし, 場稲場の売買譲与質入等, 場稼ぎなさるのかね, 場積込場廃物の大, 場空気だけは土台, 場立ちに出かける, 場一日において, 場管弦楽団を指揮, 場糖酒製造場医院を一覧, 場三町ほどの, 場経営の準備, 場続きで足場, 場総代連が警戒, 場緑色濃き菩提樹, 場者他所者といふ一瞥, 場肉饅頭焙鶏, 場色附場の六棟, 場芝居小屋などあった, 場芸術とやらには不相応, 場若し諸人の, 場茶館最も雑踏, 場處さへ見, 場處又は通路, 場がのっ, 場裁縫場などがあります, 場製造工場の大, 場見廻りの役, 場もかまわず, 場討論場でありやがて, 場設立の計画, 場設置反対大演説大会, 場設計の相談, 場りを, 場認めんといかん, 場説いて聴かし, 場警備の武者たち, 場警固の者, 場警衛の命, 場責場と違, 場を呉れた, 場軒場の行燈, 場の河岸, 場かくの, 場近く土を原頭, 場近郷の農家, 場ひに, 場連斎の頼み, 場遊覧所等実に美, 場違えはよかっ, 場違ひで困りもの, 場違ひといふ気, 場違ひな感じ花井, 場違ひな感じで投げ出し, 場違ひな話では, 場違ひものであ, 場采女塚の故事遊女采女, 場金五郎の窘め, 場釣堀屋ミルクホール白粉地獄といっ, 場長はじめおおくの, 場長はじめ同僚までに一種, 場長崎の丸山, 場長指導員または道場, 場長田島医学博士その人, 場開けて都府, 場開拓に努力, 場開設のため周囲, 場阿片窟オーストラリアの山賊, 場陀羅尼と云, 場限りみたいになつ, 場限り上陸致し神奈川宿辺, 場限り水に流し, 場限り親分子分の縁, 場集会場討論場でありやがて, 場集会所演奏場などその他万般, 場雨上りだから, 場電燈等が逐次, 場霧ヶ峯近く蓼の海, 場飛行場のあと, 場高く揚げて, 場鳥合ヶ原へ向っ