青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「喜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

問答~ ~問題 問題~ 善~ 善い~ 善く~ 善良~ ~喉 喉~ 喋~
喜~
~喜び 喜び~ ~喜ぶ 喜ぶ~ ~喜ん 喜ん~ ~喧嘩 喧嘩~ 喫~ 喬~

「喜~」 1680, 17ppm, 6558位

▼ 喜左衛門~ (131, 7.8%)

6 と鍛冶富 5 の女房 3 と申す, の首 2 だろう, であった, と富五郎, の店, は, はそう

1 [102件] かい, からこうして, からの早打, からの書面, から尋ね, から関兼, がそう, がとめた, がほん, が大声, が承知, が持ちこん, が来た, が武蔵, が生返事, が生麦事件, が胴間声, が訊く, が諦めかける, が鈴川源十郎方, ただ今お, だ, だったの, だね, だんだんカンカンに, というの, というもの, という名前, といっしょ, といった人, とかじ富, とがその, とて圓朝贔屓, と三間町, と云う, と共に頻りに, と出, と娘, と鍛冶屋富五郎, と鍛冶屋富五郎鍛冶富, と馬子, に富五郎, に旅, に無聊, に鍛冶富, のかなしみ, のすぐ, の住居, の声, の姿, の家, の忠直, の物腰, の皺, の話, の返事, の返書, はお, はすぐ, はその, はちょっと, はつぶやいた, はどこ, はにわかに, はもう, は一時, は一段, は今, は先, は役目, は彼, は思いついた, は思い出し, は愕然, は手堅く, は指図, は欣, は歩いた, は気, は考え, は膝, は自分, は親類共, は軒, は顎髯, は髪, へえい, へしらせなかった, へ向い, へ女房, へ急使, もいかにも, もおかしく, もただ, も共に, も出, も気がついた, やかじ富, よりははるか, を遣っ, を選ん, 出淵孫兵衛

▼ 喜~ (105, 6.3%)

10 浜の 5 家の 3 宜い, 浜へ 2 主人とも, 主人の, 妻の, 涙を, 色が, 色を

1 [72件] あまりおじさんの, あまりに始, あまりに聲, あまり浮かれ, いろ見え, お神さん, まぜこぜに, みちた希望, よい解釈, よくない, 世相と, 主人と, 主人には, 主人は, 主人夫婦を, 主人彌, 余溢れ, 原に, 墓を, 声が, 女で, 嫡子衛一郎は, 子が, 子で, 子四郎左衛門, 子左衛門尉高, 孫, 孫で, 室信順の, 寮で, 屋多之, 巧言は, 市と, 常冬, 店で, 庭へ, 彌八, 悪いもの, 悪い画, 悪い題, 日が, 日にも, 木版に, 様な, 横町, 此記事に, 浜には, 浜は, 消え去らぬうち, 涙であろう, 液を, 火, 烏帽子子と, 牛鍋, 甫庵太閤記にも, 目もて, 眼が, 眼の, 笹ちまきそれに, 肉を, 能く無い, 舞踊一つ見, 色ある, 色は, 色溢る, 親爺か, 記事は, 跡から, 隣に, 雀躍じゃ, 面で, 顏色

▼ 喜~ (55, 3.3%)

2 吹くとき, 覺え, 述べたり

1 [49件] いたしました, おのが, かついで, させるには, さへ, のべ給はず, はじめ朝鮮出身の, もつて, 共にする, 分たんもの, 分ち給はんこと, 叫び, 同じうせ, 含ませて, 告げしに, 喜び人間, 回顧せり, 大きくする, 如何に, 怨む筋, 怨んで, 愛した, 感じる, 感ぜずには, 授けると, 描いた絵, 敍し, 書いた小本, 欲せば, 深く感ずる, 湛へて, 漾へて, 真二つ, 知つてゐる, 祝うての, 祝ふ, 祝ふた, 祝わねば, 習うが, 見ず, 解し又, 解し給はん, 記した詩, 誌さなく, 語ること, 述べて, 述べ夫, 釋迦と, 集めば

▼ 喜~ (54, 3.2%)

45 ちゃん 2 ちゃん喜, 公何處が 1 ちゃんといつ, ちゃんと与吉, ちゃんと呼ん, 公が, 公何処が

▼ 喜望峰~ (50, 3.0%)

2 の東, を廻り, を迂回

1 [44件] がどこ, だと, である, で見た, とモオリシアス, なの, なり, にあらずし, に入った, に入港, に向う, に寄った, に直航, に達し, に達した, に達する, のあたり, のあちら, のテーブル山, の一角, の上, の停船, の兵, の岬, の廻航, の暮煙, の近く, の険濤, まで, まで八百十二マイル, よりここ, よりロンドン, より南米, を, をひとたび, を去り, を守っ, を廻っ, を経由, を解纜, を辞し, を迂, を通り, 迂囘

▼ 喜~ (43, 2.6%)

3 の家, の顔 2 の方, よ権

1 [33件] かウム, があわて, が肩, というあの, と茶縞, に顋, の世間知らず, の住居, の声, の目, の耳, の親父, の足, の銀釵, はあわて, はうろたえ, はすり寄つて年配, はほろほろ, はもう, は何, は元結箱, は夕方, は悲し, は暖簾, は泣き転ん, は病人, は罠, は飛沫, は駈け, よ, をどう, をはやく, を手

▼ 喜~ (38, 2.3%)

2 いつか消え

1 [36件] いかなりし, すまして, ともかく大, どんなだ, どんなであったろう, ないの, 一身に, 三十歳の, 何に, 兒童の, 声を, 天窓を, 学生たちが, 実に大き, 実に大きかっ, 実に溢, 実は山野勘左衛門, 左右の, 御想像, 我喜に, 我胸に, 故なき, 是一つに, 有りません, 決して結構, 溢るる, 溢れて, 疲れ果て, 眉の, 神の, 謙遜な, 譬えようが, 身に, 部下の, 錢の, 黙った

▼ 喜~ (34, 2.0%)

2 すること, せず, をともに, を共に, を感じたる

1 [24件] こもごもが, するには, する事, する人間諸業, する者, となす者, と共に土着民, と努力, に包まれた, に同ずる, に特別心, に関すべき, の目的, は一方, もともに, も共に, をかえりみざる, をも見ず, を先, を分かたざる, を支配, を注い, を繋, 恰も男子手中

▼ 喜~ (31, 1.8%)

6 ぶの 3 ばせ, ぶ人

1 [19件] ばし, ばした, ばなかっ, ばれて, ばれるであろう, ぶ, ぶごとくに, ぶだけ, ぶだらうと, ぶでしょう, ぶほどの, ぶよう, ぶ如くに, ぶ己, ぶ旨, ぶ諸, ぶ顔, べオマエ, べサクラ喜

▼ 喜~ (31, 1.8%)

2 の家, は小犬, は村田

1 [25件] がそう, が納屋, が聞きかけた, が聞く, ちょっと来, と美都子, には過ぎた, に違い, のため, の制止, の助手, の癖, の眼, の顔, は, はあわて, はいくら, はオーバー, はポケット, は一寸, は又, は感嘆, もハンカチ, も相当, も美都子

▼ 喜~ (30, 1.8%)

2 逃げて

1 [28件] あり喜, くるという, しや, よいからと, ようない, よくない, よろしお, 佩剣を, 好いと, 好いので, 好くない, 彼の, 復も, 徹底せぬ, 思ひきつた金, 悪い早く出し, 悪るいえな, 按摩に, 暖かに, 望んで, 楮表に, 流れ出て, 無いの, 良いからと, 赫き出す, 軽焼の, 逃げ去らぬ間, 随一此処の

▼ 喜十郎~ (29, 1.7%)

2 の許

1 [27件] うなづいて, が殺された, であった, でございますが, という二百石取り, という旗本屋敷, とやら田舍廻り, と仲, と手先, と用人, と申しまし, と鐵之助, にさ, のこの, の塗盆, の外, の家, の指圖, の死骸, の長屋, はす, は下手人ぢ, は先, は入口, は急, は手先五六人, を殺した

▼ 喜こん~ (28, 1.7%)

4 でいる 3 でゐる

1 [21件] じゃいない, でいた, でいなかった, でくれ, でくれるだろう, でた, でまた, でタンボ仕事, で下さるでしょう, で実は, で室, で小林, で居ます, で彼, で拍手, で眺めます, で着, で見送った, で貰える, で貴, で遠い

▼ 喜三太~ (24, 1.4%)

3 の家, の野郎

1 [18件] がもと, が本, といふ厄介, とかを見る, と一緒, と呉服屋, と良い, に罪, のごとき, のなれ, のやう, の友達, の繩, は下手人ぢ, は谷口金五郎殺し, を庇つて, を描いた, を追

▼ 喜路太夫~ (23, 1.4%)

4 というの 3 をこ 2 を袋叩き

1 [14件] が出, が生憎, という名, という名前, と云う, と申す, の名, の小坂さん, の身, はたしかに, はわたし, は夜, は手前, を出せ

▼ 喜~ (21, 1.3%)

4 言ふ 2 心配とが, 悩とに

1 [13件] せられた實例, なしたり, 不耕貪食, 又それ, 幸福とを, 感興を, 書いたもの, 書いた質屋, 満足とは, 為し得た訳, 生母の, 申す針医, 言う字

▼ 喜~ (21, 1.3%)

2 かがやいた

1 [19件] いわせようと, して, すると, なられたわけ, のたうち, 伝え二喜十八, 嘱し, 堪へす聊所見, 嫁した, 引易へて, 浸りながら, 縛せられるの, 耐へ, 胸さわぎのみぞせられたる, 讓らざりき, 賣つて, 赫い, 遇つた, 遜らざりき

▼ 喜兵衞~ (20, 1.2%)

1 [20件] が驅, と茂七, に來, に案内, の娘, の辭世, の額, はそれ, はそんな, はもう, はピタリ, は兜, は口, は恐れ, は本, は松五郎, は當ら, は跣足, も立上がりました, を睨み

▼ 喜~ (20, 1.2%)

3 がとこ 2 がどうしても

1 [15件] があん, がで, がどこ, が手, というマットウ仁, に, に泣い, のところ, の口ぶり, の店先, の方, の身, は甲府, も考え直す, も聞かねえ

▼ 喜~ (19, 1.1%)

2 の葬式

1 [17件] か是, ではない, でも腕節, という家来, という小道具屋, ともう, と云う, と改めた, と言, の一刀, の刄, の唇, の後, の腕, の裾, の言, の頭

▼ 喜~ (17, 1.0%)

2 牛肉を, 牛肉食ひ

1 [13件] 奉公に, 寄り牛肉食, 朝飯を, 東と, 肉を, 行きました, 行き牛肉, 行き食事, 行く, 行ったの, 行つて番頭の, 食事し, 飯食ひ

▼ 喜歌劇~ (17, 1.0%)

1 [17件] かね, ぐらいから社会, だってそれ, だつたの, にさ, に出演中, のかて, のバリトン, の作曲家, や活動, よりヴォードヴィル, をやる, を作り, を書いた, を演じ, を音楽以下, 軽歌劇

▼ 喜~ (16, 1.0%)

2 いる

1 [14件] あつた, すきやき, 威勢が, 御聴, 曰く吾が, 牛肉を, 牛肉タレが, 紺野と, 総理の, 總理の, 鑵子の, 食った肉, 食事, 食事し

▼ 喜~ (16, 1.0%)

1 [16件] か, がヒョイ, が蛇, であった, という若い, の報告, の家, の料簡, はせせら笑った, は先づ門, は居る, は忌, は支, は門, よりも其の, 常に刀

▼ 喜~ (16, 1.0%)

3 でした 2 の顏

1 [11件] だよ, とは氣, にあの, に吹き込んだ, に腕, に訊ねました, の女房, の姿, の子分, の言, の部屋

▼ 喜~ (16, 1.0%)

1 [16件] が挙げられ, が舌なめずり, この片身, とは時江, に当てた, に連れ添え, の手, の真赤, の行動, はあの, はまた, は新しく, は涼しい, は白痴, もです, よこけ

▼ 喜~ (15, 0.9%)

1 [15件] がない, では特別, でも所作舞台, でも踊られる, でも踊る, という額風呂, と申します, に見入っ, のお, のこと, の眼, の軸, を売れとで, を急須, を掠られた

▼ 喜田川三郎氏~ (15, 0.9%)

1 [15件] が奥さん, が美しい, が自分, が闇, が面白く, に比べる, に涙乍ら, のため, の並々, の卓, の我慢, は全く, は自分, は野心, は電話

▼ 喜~ (12, 0.7%)

1 [12件] が代理, が克子さん, が実は, だと, であった, の長子, は克子, は大伴家, は目, も, も隆光, 及び叔父晴高

▼ 喜太夫~ (12, 0.7%)

2 の子 1 が奥, が庭さき, という名, の倖, の手, ははっと, は怪訝, は榧, は驚いた, へ頭

▼ 喜~ (11, 0.7%)

2 の子分, の家 1 とその頃江戸中, なるもの, なる名, のところ, の何者, の子分達, の言葉

▼ 喜こび~ (10, 0.6%)

1 が私, そうな, だけで, に, のよう, もしねえ, よりは相手, 且つ彼, 福を, 誰にも

▼ 喜でも~ (10, 0.6%)

2 ない, ないこと 1 ないいや, ないと, ないよう, ない所, ない花婿, なく義務

▼ 喜麻拉亜~ (10, 0.6%)

1 が大和男, が天, が富士山, が立つなら, に富士, の土産, の景色如何, の虎, の雪, よ印度貴女

▼ 喜~ (9, 0.5%)

1 おふき, と仙十郎, のよう, の旧居, は二人, は宗太, は目, も挨拶, も来

▼ 喜撰法師~ (9, 0.5%)

1 が住ん, だ, だの素性法師, にも劣るまじ, のよう, の一幅, の画像, の軸, は家橘

▼ 喜~ (8, 0.5%)

2 亦この 1 十分には, 又やり出した, 好きだったらしい, 感ぜられたそれ, 次第につまらぬ, 次第に詰まらぬ

▼ 喜乃さん~ (8, 0.5%)

1 か, がやっぱり, というん, なら天王寺裏, の心ばえ, は, 怖がるこたあねえ, 飛んだこと

▼ 喜撰風呂~ (8, 0.5%)

2 の奥 1 にごろつい, のざくろ口, の二階, へまでき, へ連れこん, まで来る

▼ 喜さん~ (7, 0.4%)

2 の眼 1 が話し, なん, に遇, の療治, 本当にお前男

▼ 喜~ (7, 0.4%)

1 がつて, さうに, そうに, てし, て一族心, て帰った, 竜と

▼ 喜という~ (7, 0.4%)

1 のは, ものが, 医師が, 心の, 牛屋は, 牛肉を, 類の

▼ 喜どん~ (7, 0.4%)

1 がこの, が卒倒, の喜市, の様子, の発作, はまた, も箱車

▼ 喜七いのち~ (7, 0.4%)

1 と, という五文字, と五文字, と師匠, と彫りつけられ, と障子, の正体

▼ 喜憂し~ (7, 0.4%)

2 ても始まらない, 常に門戸 1 たの, たりする, て鼻

▼ 喜~ (7, 0.4%)

2 と呼ばれた 1 に取っ, の手, は, はそう, は上人

▼ 喜田川志津子さん~ (7, 0.4%)

1 が夫, と千束守さん, に済まない, のこと, の美し, はまさに, は肉体的

▼ 喜いさん~ (6, 0.4%)

3 の清元 2 夫れ 1 それよりも

▼ 喜三次~ (6, 0.4%)

2 ぬし 1 がこの, が舳, と云, は其技

▼ 喜平ら~ (6, 0.4%)

1 が最後, のため, は岩見重太郎, をおびやかした, をなぐり倒し, をなぐり倒した

▼ 喜望峯~ (6, 0.4%)

1 か印度, まで五千四百浬以上, を, をあるいは, をめぐってインド洋, を迂回

▼ 喜~ (5, 0.3%)

1 のドアー, の女給, の方, の重い, を出た

▼ 喜八兄哥~ (5, 0.3%)

1 が宜, の肩, の言, の身内, は此處

▼ 喜善君~ (5, 0.3%)

2 の, の報告 1 も引き続き

▼ 喜悲劇~ (5, 0.3%)

1 が起こった, であった, などという呼び, の場面, はこれ

▼ 喜昇座~ (5, 0.3%)

1 おなじく蠣殻町, だけだった, の根底, は改築, より格

▼ 喜~ (5, 0.3%)

1 だの所詮, に向け, に飾る, の下, へお

▼ 喜~ (5, 0.3%)

1 とは, のほう, の尉, へも督郵, を後

▼ 喜~ (5, 0.3%)

2 興英君の 1 興英君が, 興英氏の, 興英氏は

▼ 喜~ (5, 0.3%)

1 だつた, であつ, 到る, 到る後顧, 又到る安んぜよ

▼ 喜べり~ (4, 0.2%)

1 ああ彼微塵, されどこの, されど何ら, されど戰亂今

▼ 喜よし~ (4, 0.2%)

1 で高座, と云う, を最後, 亭牛込の

▼ 喜を以て~ (4, 0.2%)

1 こうして貴方, 妻と, 恁うし, 食と

▼ 喜~ (4, 0.2%)

1 で彼, デ手, デ重, デ食フコトガアル

▼ 喜~ (4, 0.2%)

1 だって土地, という老人, 太さ, 太です

▼ 喜六郎君~ (4, 0.2%)

4 などは暫時

▼ 喜十郎様~ (4, 0.2%)

1 お目, が許, が隠居所, はかさねがさね

▼ 喜~ (4, 0.2%)

1 の感情, は我等, は障子, を清算

▼ 喜撰様~ (4, 0.2%)

1 でございましょうがな, でございますか, を箱, を金

▼ 喜~ (4, 0.2%)

2 なる人物 1 などはこの間, の紹介状

▼ 喜をも~ (3, 0.2%)

1 得た, 知り給, 自らの

▼ 喜京家~ (3, 0.2%)

1 へ大辻, へ弁士連, へ行く

▼ 喜~ (3, 0.2%)

1 からこうして, ばかりはその, へ相談

▼ 喜~ (3, 0.2%)

1 と岡平, をする, を河内屋

▼ 喜善氏~ (3, 0.2%)

1 が収集, が筆, の話

▼ 喜~ (3, 0.2%)

1 八から, 八とん, 八も

▼ 喜~ (3, 0.2%)

1 という寺, の山, の龍

▼ 喜年間~ (3, 0.2%)

1 のやう, の大, の常

▼ 喜~ (3, 0.2%)

1 という料理屋, へ人, へ案内

▼ 喜~ (3, 0.2%)

2 を裏返し 1 なれば

▼ 喜田川志津子夫人~ (3, 0.2%)

1 とその, と千束守, の絵

▼ 喜田川頼母~ (3, 0.2%)

1 が腕, などは, の面々

▼ 喜真君~ (3, 0.2%)

1 に引合せ, の, のもの

▼ 喜~ (3, 0.2%)

2 とか云 1 の輩

▼ 喜譽司さん~ (3, 0.2%)

2 の手紙 1 が訪ね

▼ 喜~ (3, 0.2%)

1 お酌ぎ, が立とう, が見かね

▼ 喜から~ (2, 0.1%)

1 喜ばれて, 小太刀の

▼ 喜こんだ~ (2, 0.1%)

1 のは, ものだ

▼ 喜さする~ (2, 0.1%)

2 冗談なれ

▼ 喜といふ~ (2, 0.1%)

1 うちへ, 千日前の

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 て其の, 彖繋象説卦文言を

▼ 喜~ (2, 0.1%)

2 で居つたさうだ

▼ 喜むで公~ (2, 0.1%)

2 を迎

▼ 喜ィ公~ (2, 0.1%)

2 の父さん

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 るべきかなし, ん惜しくも

▼ 喜ブ顔ガ~ (2, 0.1%)

1 見タインデネ, 見タカッタ

▼ 喜七なぞ~ (2, 0.1%)

1 という男, とはもともと

▼ 喜七親分~ (2, 0.1%)

1 の家, は

▼ 喜三公~ (2, 0.1%)

2 の奴

▼ 喜久本~ (2, 0.1%)

1 の帳場, へはだいぶ

▼ 喜代一人~ (2, 0.1%)

1 と揉み, と揉み合う

▼ 喜代香~ (2, 0.1%)

1 の方, の肉体

▼ 喜佐弟狷之介愛妾~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 喜元年~ (2, 0.1%)

1 の前, はその

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 の奴, も消えた

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 の, の名代人

▼ 喜兵衞さん~ (2, 0.1%)

1 から願いました, が願っ

▼ 喜十六~ (2, 0.1%)

1 の山麓, の翠巒

▼ 喜~ (2, 0.1%)

2 の章

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 のうれし, の至境

▼ 喜實北神正~ (2, 0.1%)

1 がゐた, の三人

▼ 喜左衛門どん~ (2, 0.1%)

1 のいう, も始終

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 の前, はカフェー

▼ 喜惣次~ (2, 0.1%)

1 が同級, だ

▼ 喜憂栄辱~ (2, 0.1%)

1 との関係, は常に

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 する森, の独特

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 の歌, または悲曲

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 が僕, の感

▼ 喜樂僧~ (2, 0.1%)

1 にてボローニア人, の名

▼ 喜歌劇オルフィウス風~ (2, 0.1%)

2

▼ 喜歌劇見物~ (2, 0.1%)

1 でもしましょう, はそっちのけ

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 が仮, すべし

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 しました, 蒙斬罪是非平生人心之所致所以浸

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 です, にしん

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 を竹, 皆知笑

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 のど, の鷲沼太郎

▼ 喜田川三郎~ (2, 0.1%)

1 が果して, は技術家上り

▼ 喜直し~ (2, 0.1%)

1 に一杯, に大黒さん

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 が部屋, と名乗った

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 します, という遊女

▼ 喜雀堂~ (2, 0.1%)

2 に入る

▼ 喜雲寺何れ~ (2, 0.1%)

2 も朝

▼ 喜頼春~ (2, 0.1%)

1 の家中, は里見一族

▼ 喜~ (2, 0.1%)

1 と覚, を占う

▼1* [329件]

ありと, 喜いちやん, 喜いちゃんとふざけまわって遊ぶ頃, 喜いちゃんむやみに表へ出, 喜もんの, 喜くそ惡い, 喜ここに至っ, 喜この三人そろっ, 喜こびまして家, 喜こびましたつてさ, 喜こび死して後, 喜こぶかという, 喜こぶと思いのほか, 喜さんちよいと, 喜さん是が仲見世, 喜さん此方へお出で, 喜さん腹ア立つちやア, 喜さん近頃は物騒, 喜しいことが, 喜しき酔ごこちに歓会, 喜しく思ふ然し此石, 喜した者も, 喜しやのう, 喜これ個の, 喜たらん時, 喜のと, 喜だけは当面の, 喜だの悲だ, 喜ちんや常盤, 喜こう, 喜であり感謝である, 喜などいう札差, 喜などという姓が, 喜なり私情の, 喜なる哉彼は, 喜にさえなって, 喜のどぜう, 喜のみ免れた, 喜はいふもさら, 喜ばるべき通俗小説をも, 喜びあひしが冬の日脚, 喜びいかなりしやを問へるに, 喜びがなかったではございませぬけれども以前の心持ち, 喜びさわいでつくってくだされたお酒だから, 喜びたまひてこれひる飯の時, 喜びたもうようなことをし尽くした, 喜びたるものありしならんといえどもその隙, 喜びてすべてそのもとにかへるものをうけいれ給ふ, 喜びてとゞまるをうべしといへる處にいたれ, 喜びてめづる仔馬を伴, 喜びであつた其後仙臺に居る, 喜びでござりましょうと存じまして, 喜びとおそれとがごつちやになつた興奮に彼, 喜びとかいつたやうなものでありそれは今, 喜びとでもいふやうなものがともすればふさぎ, 喜びとなつかしさにつつまれ人生の不思議, 喜びとなつて心を温め, 喜びとはげましのこもったやさしい慰めとを求め, 喜びともしたのだつたがいよいよ去る, 喜びとをちやんと私は知つて, 喜びにかゞやく瞳を持っ, 喜びにじつと上から犬, 喜びになつたことでしたろうと言つたそう, 喜びになつていらつしやつたのはおそらくこの, 喜びになるにちがいありませんがこの人, 喜びにまでなつてゐないと云ふの, 喜びのありかがやっと判ったよう, 喜びはあとかたもなく消えると, 喜びはおそらくそのころのわれわれ仲間の特権, 喜びはござりませぬ只今奥方にもその, 喜びはさもしいぬか喜びに過ぎなかったらしい, 喜びはせざるべしとて引きかへせ, 喜びはたゞちに歎きに, 喜びまはつてゐたのであつたが応対の礼儀, 喜びもせえしませなんだのんで二人も私, 喜びもそをつと秘密にし, 喜びやうもしてゐなければ都会風に無理, 喜びようをごらんなさい私たちまで嬉しく, 喜びをうるをねがひつゝ我その間を歩みゐたる, 喜びをそのまゝ顔に出した, 喜びをでつち上げるの, 喜びをともなつて心底に消し, 喜所は, 喜ふべきかそれ, 喜ぷように盛んに啼きたてた, 喜べりアカイア軍の敗亡, 喜べりオオ生ける人, 喜べり二翁も警告切, 喜べり前者は正義, 喜べり外に出, 喜べり彼らは城, 喜べり雲中に龍, 喜むで姫をインドラニー, 喜むらって家, 喜お歎, 喜よい字で, 喜よりタレが, 喜もたまりかね, 喜之ヲ買フ, 喜ハ盡クルトキ無カルヘシ, 喜バセタ者ノ随一ダ, 喜将ニ尽ク社員, 喜ビヲ以テ只管御歎願申上ゲル次第ニ候得バ, 喜ビヲ買ワンガタメニ負傷ヲシテモ惜シイトハ思ワナイソノ負傷ガ原因デ死, 喜ビ余ハコムト氏ノ実学, 喜ビ斬罪ヲ蒙, 喜ビ選ンデ其, 喜ブハ贋物ヲ取, 喜ブモノ猶跡, 喜ブ老身今独リ, 喜一つことを一体, 喜一憂世態大概斯くの, 喜七どんとお友, 喜七虫がつい, 喜三太呉服屋の伜敬太郎, 喜三年になつ, 喜乃さん何処へ送ろう, 喜乃坊がかあい, 喜久地村のいじけた, 喜の一節, 喜二年の古, 喜二年閏正月之例, 喜二年閏正月廿六日の條, 喜二郎の郎, 喜五郎の二人, 喜半, 喜介どん頼まれて, 喜介出で來, 喜介様それから松平周防守様, 喜介正次は常に, 喜以下十人ばかりの猛者, 喜佐お里それにお, 喜佐さんも呼ん, 喜佐そこに集まっ, 喜佐半蔵夫婦を見, 喜佐様と言われる, 喜佐樣と言, 喜偶歩と云, 喜八爺の説明, 喜八親方ばかりで, 喜八親方さまだ起きた, 喜六一寸其の玄関口, 喜六老が傷, 喜六老人をたずね, 喜で兄弟たち, 喜は逸早く, 喜加久揚といふもの, 喜勢さんと夫婦, 喜勢川は真物, 喜勢川はんの座敷, 喜十八九歳の艶女, 喜十郎こいつはちよい, 喜十郎喜久子はいま私, 喜十郎女ならば, 喜十郎旦那が許, 喜十郎様凶年にもない, 喜千年後猶看, 喜博士に托し, 喜聲聞行有伊聲, 喜及見今公行部時, 喜右衞門どんに何彼と, 喜君心自芳, 喜君迂路此相同, 喜吾公無疾病, 喜商売だけに一層, 喜善さんの採訪, 喜善隆光父子も, 喜嘉忠長善などはよく, 喜地愉快を写さずし, 喜堂ウェル骨喜堂大陸骨喜店国民骨喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 喜堂大陸骨喜店国民骨喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 喜を発す, 喜と母, 喜多能静氏の年回, 喜不寝, 喜郎が, 喜大臣云々といふ書出し, 喜天手の舞い, 喜天金鰻は神田川, 喜太夫これはわし, 喜太夫殿の総領, 喜如加の小学教員, 喜が, 喜は玄悦, 喜字格子の戸, 喜客泉は人, 喜家高徳家辰桜家蔦家浜の家杉和泉徳の家, 喜とがやつ, 喜島源左衛門和田源四郎を差向け, 喜左坊が兵隊帽子, 喜左衛門こんどは蚊, 喜左衛門さまについては備前, 喜左衛門さんに富五郎どん, 喜左衛門じいさんは何, 喜左衛門どのか, 喜左衛門どんいるかね, 喜左衛門どん夫婦と話してる, 喜左衛門夫婦と鍛冶屋富五郎, 喜左衛門富五郎をはじめ, 喜左衛門山辺勇助中川蔵人大森弾正齋藤一八雨森静馬六郷六太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 喜左衛門店のお, 喜左衛門村正刀の切れ味, 喜左衛門祖父物語一名朝日物語に云う, 喜左衛門等は斬首, 喜左衛門老人はカッカッ, 喜左衛門聖人といったら, 喜左衞門は土地, 喜平伏して, 喜石河昌勝中院通村卿狩野探, 喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 喜店国民骨喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 喜店骨喜店はカフェー, 喜康平以來九十年の春秋, 喜のもの, 喜式祝詞にもかう, 喜心惡, 喜と名のり, 喜怖畏等あらん, 喜怨色に顕さず, 喜なり, 喜悲し翹望し, 喜悲両様の表情, 喜悲劇諷刺劇の脚本, 喜惣以上には, 喜惣妹娘の時江, 喜惣滝人の三人, 喜ふべきである, 喜せしめて, 喜ヲ生, 喜の心, 喜愛しことにこれ, 喜憂何も打明け, 喜憂目的物を失った, 喜の, 喜撰ヶ嶽三室戸など, 喜撰法師大友黒主文屋康秀小野小町こういう順序, 喜撰湯を思い出し, 喜は按摩, 喜斎等がその, 喜ならず嬉涙, 喜斯的里の夢, 喜よう行っ, 喜春楽を舞っ, 喜には喜, 喜曲といへる中古, 喜曲悲曲にて今, 喜望一過波漸円, 喜望峯経由で帰航, 喜望峯豪斯多辣理にはみな館, 喜望峰上のあかつき, 喜望峰出航以来毎日ただ白雲, 喜望峰州の住民, 喜望峰廻りを志し, 喜望峰廻り濠洲行きの主として, 喜望峰懐古の一首, 喜望峰狗頭猴下より来る, 喜望峰頭路行看草色新, 喜村さんじゃありません, 喜村謙助に違い, 喜松芝子丸, 喜なの, 喜楽座へは芝翫, 喜を得ん, 喜樂院の建てました, 喜歌劇散歩道の陰謀, 喜此波上甚静穏笑我閑中却多忙或説礦業, 喜気満面御遠, 喜の如き, 喜の渓谷, 喜なくし, 喜活劇を上映, 喜海そちは思っ, 喜海仕度は好い, 喜涙共に下る, 喜源治氏があった, 喜海流の, 喜熨斗平出萱野の諸氏, 喜熨斗氏の舞台, 喜甚賦詩謝之, 喜田川志津子と千束守, 喜田川頼母寺門一馬大垣七郎右衛門など側近, 喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか二十三名の一団, 喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 喜百翁の茶会, 喜知六の由良之助, 喜知六・団八の膝栗毛, 喜知太夫の三千歳, 喜禁ずべからざるものが, 喜を避け, 喜一だ, 喜にも言葉, 喜篁村南翠二君見過墨水弊荘篁村君文思敏澹世称為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 喜精氏は先生, 喜続生す, 喜翁千村民部奈良井主水, 喜而賦一絶昔年余亦従二君, 喜臨時大甞祭図書寮玄番寮民部省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式, 喜臨門とかいふやう, 喜の句, 喜舍場の小, 喜に形, 喜衛君の, 喜見城を離れ, 喜見城出現と云った, 喜見田が入っ, 喜誦其文未究, 喜貞永とつづい, 喜の喩, 喜躍して, 喜は事, 喜の馬場, 喜遊道具十八種の中, 喜野あすこの広間, 喜野ソレお急ぎ, 喜野芸妓さんはあった, 喜金弥などと云, 喜即攫几, 喜の止まる, 喜雨生命の雨, 喜雨金の雨, 喜青年人進学休嗤白首自忘愚, 喜音家古蝶の作品, 喜と芝利英, 喜にも再, 喜之, 喜香我美南郡はかせ頭役仕来, 喜麻拉亜山を望む