青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「報~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~基礎 基礎~ 堀~ 堂~ 堂々~ 堅い~ ~堅く 堅く~ 堕落~ 堤~
報~
~報告 報告~ ~場 場~ ~場合 場合~ ~場所 場所~ ~場面 場面~

「報~」 1316, 14ppm, 7850位

▼ 報~ (305, 23.2%)

75 せて 40 せを 36 せが, せに 11 せた 9 せは 4 せしようと, せである, せの 3 せ, せだ, せだった, せも, せようと 2 せするの, せよう, せること, せるん

1 [63件] されずに, されても, すため, す捌き, す鐘, せあって, せあわせて, せか, せがまいるたび, せくださいまして, せさ, せしたところ, せしたの, せした品々, せじゃ, せするまで, せたいと, せたいばかりに, せたい風, せたとき, せたなども, せたの, せたもの, せたり, せだから, せだけを, せだの, せてえこと, せてから, せてなかったのに, せても, せであった, せでございました, せでさ, せでのうて, せでは, せで兄, せで河童路地, せで私, せどう, せなの, せにも, せによって, せます, せまでに, せまでを, せるため, せるまでが, せるよう, せる声, せる方, せる暇, せる沈んだ音色, せる為, せる鈴, せれば, せ下さい, せ但し, せ後生, せ有難う, せ申しあげた折, せ申せと, せ申そう

▼ 報~ (193, 14.7%)

11 得て 7 聞いて 6 耳に 4 きいて, きくと, 受けて 3 うけて, 受けたので, 得たり, 聞くと 2 お聞き, もたらして, 受けるや, 受取って, 待ちうけて, 手に, 持って, 見て, 見ながら, 齎らし

1 [125件] いたすべき, うく, うくれ, うけた, うけたの, うけたので, うけた時, うけた聖尋, うけると, えたので, お得, かかさずとって, かねて, きいたの, きいた時, ささげなお, してやるから, その晩, どこから, なさりませう, ひそかに, もたらした, もたらした男, もたらした陳歩楽, よく買っ, よんでも, ラジオで, 一冊手にとって, 下へ, 且つ悟り, 久しく心待ち, 乞ひ求む, 二三冊また, 今か, 伝え人, 伝え宣伝, 先ずシンガポール, 公示し, 出した, 北方から, 取るべき天, 取るを, 受くる, 受けたから, 受けたこと, 受けたその, 受けたため, 受けた話, 受けとる毎, 受けながら, 受けましたの, 受ける, 受けること, 受けるなどという, 受け取った板倉重昌, 受け取つた時, 受け悪因, 容易に, 左に, 待ちかねた, 待ちかまえて, 待ち構えて, 待つた, 待つという, 得た, 得たとき, 得たの, 得たるも, 得たれば, 得た時, 得た賊軍側, 得ようと, 得ること, 得ると, 得るに, 得財利楽事一切, 手から, 打電し, 承ったは, 抛り出すと, 披い, 拡げながら, 携へて, 文字通り寝耳に, 新たに, 新聞紙上に, 早くも, 望まざる者, 朝に, 朝鮮の, 未だに耳, 為さざるなり, 為さんと, 特種扱いし, 留守の, 発せる, 知ると, 知るや, 竢つて記すべし, 聞いた, 聞いた友田喜造, 聞いた時, 聞かずとも, 聞きたる時, 聞き即時, 聞き旅順陥落, 聞き申したが, 聞くに, 聞くや, 聞く中尉, 聞けり, 聞けるとき, 聴き私, 見たり, 見た時, 見た諸君, 請は, 諸大臣, 責むるなかれ, 責むれ, 載せ中, 齎さざりしを, 齎して, 齎せるには, 齎らす

▼ 報~ (95, 7.2%)

11 接して 5 よれば 3 接したの, 曰く 2 よると, 接した, 接しては

1 [67件] およぶわけ, これも, その夜, つぎの, つづき千早城, つれて, でると, よらねば, ハリキリつ, 一向自信, 事よせ, 今ここで, 何が, 依りただいま, 係る, 停車場の, 冷かして, 出た彼, 出て, 勢ついた, 及ぶべく候, 受ける不文, 受る, 国中湧き立っ, 好機到来と, 寺院と, 得られた, 御座候え, 心を, 急いで, 恐れを, 悪銭に, 愕然と, 接しいそぎ文武, 接したとき, 接したので, 接した折, 接した時, 接し前途, 接し更に, 接し私, 接す, 接するや, 接するやう, 接せず, 掲載されました, 據れ, 最も少, 東京日日に, 母と, 毛利方の, 由つて詳に, 留まること, 立て籠った黒岩涙香, 紹介の, 罷成候, 義貞も, 胸を, 行く, 諸将, 載せた論文, 載つて, 長浜まで, 限らず当分此類の, 非常に, 面色を, 驚いて

▼ 報~ (78, 5.9%)

4 はいった 2 あった, あったので, ある, つたわると, はいって, 京城に, 京都に, 伝わると, 頻々だった

1 [56件] あったため, あった時, あり惡事, あるかと, あるもの, ある遅い, いま伝わったらしい, お前に, きて, この塾堂, しきりに江戸, つたわって, でて, ない, なければ, なされた, はいったの, はいるべきところ, ひっきりなしに朝廷, カルタ會の, ボンに, 一たび伝わる, 一たび各, 一八六二年の, 伝はつた, 伝わり又, 信長の, 傳はつた, 入った, 入って, 入ると, 到りつづいては, 到ると, 前日に, 功徳と, 即刻京から, 同じく, 彼に, 斯波高経と, 来た, 来たので, 来て, 東京に, 留守の, 発表された, 真実と, 着いた, 義人の, 聞えたらすぐ, 西ヨーロッパ一帯に, 警告し, 警視庁へ, 金剛山の, 鉱毒問題に, WGY局から, WGY局放送局より

▼ 報~ (71, 5.4%)

18 つくり 2 入りこんだ道筋, 原稿を, 歌を, 記事を

1 [45件] あったもの, ことも, ことや, ともなへる, ない罪, ビールの, ページを, 三行広告に, 中の, 中村さんの, 伝わった日, 余りに酷い, 佛蘭西小説の, 使番が, 内容が, 厄介に, 号外を, 堺利彦など, 宝を, 宝探しよりは, 宮里さんに, 寶探し, 懸賞に, 手だては, 放送にも, 文界短信欄に, 時だけ, 果は, 森沢氏から, 無線電信通牒が, 留保方を, 発表が, 社説は, 程度に, 答を, 米調べ発表, 編集局長松井柏軒氏などは, 至れども, 記者が, 記者であった, 記者を, 記者幸徳伝次郎の, 記者幸徳秋水である, 頁を, 風晴に

▼ 報ゆる~ (63, 4.8%)

2 には暴, やうに

1 [59件] ことあるべし, ことが, ことを, ために, ための, ため一つの, ため信者達は, つもりです, という素志, といったよう, ところも, とともに一方, と言う, にその, に何とか種々, に侮辱, に博士, に善, に小生, に常に, に恩, に悪, に愚弄, に李, に残忍無残, に毒, に煩悩, に瓊, に等しい, に義, に自分, に襄平侯左将軍, に許容, のに何, のに手段, の外, の意, の時, の業何ぞ, の機會, の譽, の間もなく, はこの, ものである, を畏, 丹心の, 国民の, 復讐主義は, 心も, 心澄み徹る, 所以だ, 時来れ, 死を, 決心です, 町奴風の, 約も, 能は, 覚悟ぢや, 道なく

▼ 報~ (42, 3.2%)

2 ないよ, 倫動に

1 [38件] いきなりWGY局, いつまで, かくこそ, きっとあるだろう, きて, こつちも, ことごとく事態, たちまち波紋, たちまち零陵, では結局, もう一卒, より詳細, フィリッピ敗衂の, 二年以前の, 今にも鎌倉, 伝えられた, 十分だ, 君が, 天から, 少なからぬ, 得たの, 悲くも何時まで, 接する由, 旋風の, 早くも, 東より, 次の, 江戸へも, 火曜日の, 無電では, 當時の, 真の, 誤りだ, 諸処の, 通船の, 速やかなる, 酬われ, 高松藩上下の

▼ 報~ (29, 2.2%)

2 の, の主筆, の市村君

1 [23件] からその, から写真, ではキューバ糖, でも黒岩社長, にはその, に入, に入り, に入社, に在籍, に行つて, のみすぼらしい, の丸井隠居ぢ, の斯波貞吉君, の明治三十一年, の社員, の記者, の階下, の非, へ引抜こう, へ昇る, へ転じ, より, を去り

▼ 報~ (25, 1.9%)

2 あった, ない御, 無しに

1 [19件] あったので, あらつし, ある, あるもの, すべてが, ない可憐, ない方, なかった, なく加茂川, 一週間一回の, 三世相一冊と, 全部揃った, 共に忘れ, 受けないで, 大なる, 忘れ果てて, 次第に漠, 浅からぬげ, 無え嫁ッ子さん

▼ 報~ (17, 1.3%)

3 ていた

1 [14件] ておいた, ておりました, てきた, てはございません, てほしい, てよこした, てゐる, て取られない, て来た, て逃亡, と思っ, にお前, に腕, 參らせ

▼ 報~ (16, 1.2%)

10 新報 2 新報に 1 新報も, 新報を, 新報社から, 新報社に

▼ 報~ (10, 0.8%)

2 なって 1 して, する, なすにも, 引かえ, 思えば, 思って, 申す雑誌, 重慶派の

▼ 報~ (9, 0.7%)

1 がありました, したが, して, すべき充分, せられないわけ, に接しる, は違っ, を耳, を齎した

▼ 報~ (8, 0.6%)

2 やうと 1 がやつ, たりし, て下さい, といふ代物, を受け, 以て

▼ 報~ (8, 0.6%)

2 をする 1 のしるし, の念, をし, を乞う, を受け, を惜しまない

▼ 報した~ (7, 0.5%)

1 ことも, とする, のでこれ, 次第受け取った, 結果に, 者が, 者も

▼ 報~ (7, 0.5%)

1 は, 人々の, 固より, 知って, 私を, 見て, 非戦論を

▼ 報~ (6, 0.5%)

2 のこ 1 と言い, に生, の往生, の極楽世界

▼ 報~ (6, 0.5%)

2 をなす 1 というの, は全く, をしなけれ, を受けた

▼ 報~ (6, 0.5%)

1 というもの, と言います, に当ります, の三つ, の仲介, は智慧

▼ 報あり~ (5, 0.4%)

1 あの男, がっかりする, さらに二日, てぞ, というよう

▼ 報ひる~ (5, 0.4%)

2 ことが 1 ことは, といふ文面, 者は

▼ 報~ (5, 0.4%)

1 し大, すらも加えなかつた, する底意, のこと, の稗史世

▼ 報~ (4, 0.3%)

1 からいたし方, けれど何となく, といった, 左れ

▼ 報には~ (4, 0.3%)

1 お化けの, すぐ信, 出来るならこの, 死にました

▼ 報~ (4, 0.3%)

1 ともその, べく, べく次第に, べし

▼ 報効義会~ (4, 0.3%)

1 というの, の会員四名, の小, へ遭難

▼ 報国会~ (4, 0.3%)

2 を脱退 1 と紫, なるもの

▼ 報~ (4, 0.3%)

2 あり 1 の三身, の科

▼ 報~ (4, 0.3%)

1 に当局, の中, の提出勧誘, を書いた

▼ 報福寺~ (4, 0.3%)

1 の印, の提灯, へ使, も宇津木兵馬

▼ 報~ (4, 0.3%)

1 一面に, 二号に, 二巻第, 二集第

▼ 報記者~ (4, 0.3%)

1 となり, にし, になつて, の註文

▼ 報~ (4, 0.3%)

1 と称し, の元凶たち, はそこ, は意気揚々

▼ 報ある~ (3, 0.2%)

1 も果して, も真偽不明, 者は

▼ 報から~ (3, 0.2%)

1 とつて, 原稿返っ, 左の

▼ 報という~ (3, 0.2%)

1 こと妻を, 大判の, 小型新聞が

▼ 報なりと~ (3, 0.2%)

1 いひぬ, 思へば, 知れ福人

▼ 報にも~ (3, 0.2%)

1 接した, 簡単に, 見えざりし曇りの

▼ 報によって~ (3, 0.2%)

1 すぐさま, 牢内でも, 駈けつけて

▼ 報のみ~ (3, 0.2%)

2 づから 1 ならず嬉しい快よい

▼ 報ばかり~ (3, 0.2%)

1 だったので, であった, で女

▼ 報~ (3, 0.2%)

1 大美晩報其他との, 新聞報や, 雑誌を

▼ 報らし~ (3, 0.2%)

1 てくれ, てもらっ, てやれ

▼ 報~ (3, 0.2%)

1 のみ総督, を貴ぶ, 丈けの

▼ 報~ (3, 0.2%)

2 せむことを 1 だと

▼ 報厚酬~ (3, 0.2%)

1 をも得度, を得度, を得度い

▼ 報~ (3, 0.2%)

1 といふ言葉, の具, の誓

▼ 報~ (3, 0.2%)

2 と在 1 とは兄

▼ 報寃蛇~ (3, 0.2%)

1 で今夜, の話, の跡

▼ 報~ (3, 0.2%)

1 が分署, の印, を拵

▼ 報本反~ (3, 0.2%)

2 始の 1 始とか

▼ 報ありし~ (2, 0.2%)

2 がゆゑ

▼ 報いむ~ (2, 0.2%)

1 と思ほしき, と思ほす

▼ 報~ (2, 0.2%)

1 或其身, 或子

▼ 報~ (2, 0.2%)

1 しかば二箇, 来して

▼ 報され~ (2, 0.2%)

1 ている, て来た

▼ 報では~ (2, 0.2%)

1 石井大使が, 解らない

▼ 報といふ~ (2, 0.2%)

1 ところなど, 雑誌を

▼ 報~ (2, 0.2%)

1 ので, のである

▼ 報なる~ (2, 0.2%)

2 らん

▼ 報にて~ (2, 0.2%)

1 たとい女, 胸を

▼ 報はれ~ (2, 0.2%)

1 てゐる, を感じる

▼ 報はれた~ (2, 0.2%)

1 ことのみならず, ことは

▼ 報ひた~ (2, 0.2%)

1 か何, まふべし

▼ 報ひたい~ (2, 0.2%)

1 といふこと, と思ひます

▼ 報ひ来~ (2, 0.2%)

1 てかく, て我手

▼ 報~ (2, 0.2%)

1 なく生, 片輪娘

▼ 報~ (2, 0.2%)

1 をよこさぬ, 一つよこさない

▼ 報~ (2, 0.2%)

2 たの

▼ 報導班員~ (2, 0.2%)

1 として武田さん, らしさ

▼ 報~ (2, 0.2%)

1 に当る, の際

▼ 報時信号~ (2, 0.2%)

1 のリズム, もうけとった

▼ 報時装置~ (2, 0.2%)

1 に続い, の引っ掛け

▼ 報班斉~ (2, 0.2%)

1 と, と云

▼ 報~ (2, 0.2%)

1 でも気が付きません, の中

▼ 報設女犯~ (2, 0.2%)

1 というん, のその

▼1* [152件]

あまねく伝わり三国干渉, 報あれども帰船後, 報がはひり入道さま, 報されたトウシ蛇たる, 報さんければ, 報します矢来先生には, 報しも出来るもの, 報すべく昼夜を, 報するためであった, 報たる実に儂ら, 報だけでは, 報だらうと云, 報ちましたよ, 報つて来るから, 報であるが勝家, 報でございますな, 報でしたから, 報でも座蒲団でも, 報といふほどあわた, 報として眞に, 報とともに堺の, 報とに項低, 報とは申ながら, 報と共にイギリスフランスの, 報なくては演ずべき, 報なしと知ら, 報なぞを買って, 報などで婦人記者として, 報などに寄稿する, 報なに女犯でしたかな, 報によりて知る, 報はれたるためしは, 報はれないで了, 報ひたい皮肉な思ひにも, 報ひですつかり俺の, 報ひで世間の道理, 報ひで僕は忽ち, 報ひとたび伝はるや, 報ひもあるので, 報ひられぬ彼名声も, 報ひんを, 報ひ終らずば, 報ふべくアカイア水師襲ひ討ち, 報拙考, 報へて寄した, 報への関係の, 報まいっております, 報ゆべき道でない, 報ゆるが為に, 報ゆるべく益, 報ゆればその, 報ゆ猫を迎, 報より轉載, 報らしい刷物が, 報わが出兵の, 報て光榮, 報ゐざるの罪, 報ゐること少く, 報ゐ終る後光輪沈み降る, 報をか得べき取税人, 報を以て鳥に, 報イ居リ候ヘバ臆病ナル輩ニハ準ズベカラズ, 報ズルヤ山行中人ヲシテ喜意, 報たの, 報ユルニ惨毒, 報一たび伝わるや, 報一たび伝はるや鉱毒地一帯, 報一本立てとなり, 報二日も経っ, 報労働という, 報少卿書, 報ると共に, 報伝わって以来万更, 報倭女王曰制詔親魏倭王卑彌呼帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米, 報全市に傳はる, 報の志, 報公会等の財団, 報其他との間, 報写真技師木川専介子本紙記者井沢衣水子それに病気揚句, 報出征将軍の家庭, 報はじめて起こる, 報効ヲ期シテ敢テ一身ヲ以テ利害, 報効義金は貧乏, 報せん, 報及新聞等にて政党団結, 報受けさせむは, 報天涯獲, 報として出席, 報四方に傳はる, 報団々珍聞花月新誌自惚草紙, 報場内皆拍手, 報願候, 報寂光の生身, 報導記事に取扱っ, 報尽きては宝殿忽地, 報御状高作とも被, 報応譚は極めて, 報深く, 報を蒙りてより, 報悲む可く悼む, 報ひは, 報をも遂げず, 報效セント欲シテ孜々懈ラサル所以, 報文火災篇に先生, 報文農業雑誌の使用法, 報文郷土要覧につき, 報晴, 報明日午前会いたし, 報明日午前会ひたしと, 報時猿と為す, 報返始, 報本部につとめ, 報が摺, 報条は多分喜兵衛自作, 報東京名所案内を読む, 報果者を殴った, 報柴野若園君とその, 報理事として小杉さん, 報の志, 報申さんが為, 報に建業城, 報相違なく西北, 報知るからね, 報などをする, 報社員でありました, 報福寺これを月見寺, 報福寺一名を月見寺, 報に拠る, 報なくも, 報の団体, 報答せんとする, 報紙上で論じた, 報終謝するを, 報の全権, 報署名人恐喝取財, 報脊髄カリエスに脳膜炎, 報臨時増刊の新吉原画報, 報至るや居留邦人, 報花影奇情伝醒世第一奇書, 報を蒙らず, 報記事に至っ, 報設女犯これだと, 報讐雪恨と書いた, 報なの, 報身そこに導き取られた, 報身化身の三種, 報身報土の極楽世界, 報輪塔がよく, 報此引幕壱帳ヲ, 報かにこれ, 報さえ聞かなかった, 報靈鬼惡行雜事の各