青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~吐い 吐い~ ~吐いた ~吐く 吐く~ ~向 向~ ~向い 向い~ ~向いた
向いた~
~向う 向う~ ~向かっ 向かっ~ ~向き 向き~ ~向け 向け~ ~向けた ~向こう

「向いた~」 1137, 11ppm, 9610位

▼ 向いたまま~ (138, 12.1%)

7 である 6 黙って 4 であった 3 じっとし, で云った, で黙っ, 答えた 2 で, でいる, で何, で返事, なの, 呟いた, 言った

1 [95件] うらうらと, かすれたよう, くすくす笑った, こういった, ご出立, しばし声, しばらく思案, しばらく考え, じっとその後, じっと涙腺, そう云われ, ただ両手, だった, であしらっ, でいっ, でいらっしゃらない, でお, でこちら, でそっと, ではできなくなった, では相手, でスープ, で一歩, で同じ, で太い, で微か, で深い冷たい, で目, で突然, で話しだした, で返答, で重た, で重ね, で鉛筆, で長い, で関東, で頷いた, で髪の毛一筋, で黙然, どうしても受取ろう, どうしてやろう, なお顔, の両, の面, ひげ, また啜り泣き始めた, また歎願, また眠った, まるでその, むしゃむしゃ云わし, 一心に葉巻, 云いなおした, 云う, 云った, 何とも云い出さなかった, 何故か堅く, 動かなかった, 去って, 呟くよう, 咎めるよう, 喋りだして, 寝て, 小さな声, 少しも, 思わずも, 暫くは, 暫く彼, 未だ答えなかった, 歩いて, 歩き出した, 死んで, 泣いて, 澄んだ表情, 白いショール, 知りませんでしたと, 硬ばっ, 突当ったよう, 立って, 答えなかった, 考えて, 聞いて, 苦しげ, 言いかけた, 言いだした, 話しはじめた, 語り続けた, 身じろぎも, 軽く頭, 通りすぎて, 通り抜けるの, 開いて, 震えた声, 青い灯, 黙つて, 黙つて耳

▼ 向いた~ (65, 5.7%)

2 お糸, すぐに, 二人の, 此度は

1 [57件] あがりも, あとで, これは, そこにも, そのまま身体, その中, その時, それは, たちまち白い, ちょっと白い, つぎの, ぴったり胸, ふふん, ほんのり紅く, やがて静, モトは, 一向珍, 一言も, 二三歩あるい, 何も, 僕を, 別に, 十分も, 口笛を, 吃驚した, 太く恥じたらしく, 姉夫人は, 子供の, 席は, 年齢や, 彼は, 怪訝な, 恐々らしい, 意地の, 振向くまでも, 政子は, 昔風に, 時益は, 槙三の, 注意は, 涙は, 清しい, 無論あきらめ, 物は, 生憎それ, 直ぐに, 硝子越に, 秀吉は, 立ち止りも, 筋肉の, 背中の, 蒲原氏が, 起直っ, 軽くうなずい, 静かに, 顔が, 顔を

▼ 向いた~ (49, 4.3%)

8 です 5 である 2 だ, であった

1 [32件] か, かと一寸, かと叱りつけ, かもしれぬ, がふらふら, が左, が腰, が表階子, だから, だが, だった, だろう面, であります, でありまする, では, は, はその, はそれ, はゆうべ此家, は主人, は同じ, は省吾, は真夜中, は茶屋, は観測団長, もある, もあれ, もこの, をちらっと, を勘違い, を莞爾, を見る

▼ 向いた~ (49, 4.3%)

5 の事 3 に叱った 2 でよろしい

1 [39件] お絹さん, があったら, その男, その顔, だけとびとび, だけやる, である, でなければ, というの, に, にあう, にしか読まない, にその, にはにっこり, には勞働, には真, にやった, に一人, に一枚, に何遍, に帰る, に彼等, に月, に気, に続き, に長持, に飮ん, の舞台, の衿足, はいつ, はもう, はやって来, はッ, は吹き鳴らし, は田, は発行, 人知れず目, 年中やる, 食べそして

▼ 向いた~ (47, 4.1%)

2 に幸福, の少し, の雨戸

1 [41件] が昼, では, で今一つ, で聞えるだ, で高瀬, に, には主人, には娘, には見当らなく, には見当らなくなっ, のある, のからだ, の大理石, の書院, の汽車, の空, の通用門, の道, の部屋, はすべて格子造, は下, は事務机, は全部日本間, は書斎, は板囲い, は羽目板, へ, へはいっ, へ勝手, へ弾丸, へ歩い, へ真直ぐ, へ自由, へ行け, へ行っ, へ郡兵衛, をお, を小涌谷, を眺める, を見る, を路

▼ 向いた~ (21, 1.8%)

2 を又, を見る

1 [17件] が健康そう, でそれ, には美しい, の口, の右半面, の大き, の花, は一目, は仄, へにやっと, へ云った, もハッキリ, をひたと, を上げた, を差しのぞきました, を見, を見おろしました

▼ 向いたきり~ (17, 1.5%)

2 であった, でいた

1 [13件] だ, だつた, です, ですもの, でどう, で人影, で何, で取合わない, で畏まっ, で顔, になり, 応えようとも, 黙つて用

▼ 向いた~ (17, 1.5%)

2 の方

1 [15件] からしめやか, から河原, から見下した, が一つ, で左, に日, に腰かけた, のそば, のレース, の口, の向う, の硝子, まで皆んな釘付け, も戸, らしい

▼ 向いた~ (14, 1.2%)

5 思うと 2 なると, 知ると 1 したならば, 一所にな, 云うに, 云う条, 思ふと

▼ 向いたので~ (14, 1.2%)

3 私は 2 お菊さん 1 あつた, お光, お蘭, ぎくりとした, これは, 三度喫驚し, 伝吉を, 思わず息, 有つた

▼ 向いた部屋~ (14, 1.2%)

1 [14件] で寒, には叔父, に暫く, に膝, に這入る, に通した, の戸, の方, の障子, は煙硝, へ上った, へ子供, へ座蒲団, へ通された

▼ 向いたとき~ (13, 1.1%)

2

1 [11件] が他, だけぱっと, だけ楽器, だけ水銀灯, にいつ, にぶらりと, に作り, に発見, に私, は霜, 待ちかまえて

▼ 向いたところ~ (13, 1.1%)

3 を見る 1 から読みはじめます, が満面銭, であったが, などいま, にはまた, にはやはり, に根, に顔, まで行っ, を行きつ戻りつし

▼ 向いたなり~ (13, 1.1%)

1 [13件] さっさと人ごみ, さっさと更衣場, じっと坐っ, それに, の親父, 唯黙つ, 団扇を, 小声で, 御留守, 田沢が, 眼を, 鉛筆を, 露骨な

▼ 向いた~ (8, 0.7%)

2 利代の 1 孝に, 政の, 絹, 美夜ちゃんのか, 蝶の, 雪の

▼ 向いたもの~ (8, 0.7%)

1 か二つ, か絶え, か肇, があつ, が多い, でなく横向き, と機械的, を描く

▼ 向いた彼女~ (8, 0.7%)

2 の眼 1 と三人, の姿, の没表情, の顔, は止まらなかった, を見る

▼ 向いたほう~ (7, 0.6%)

1 だけ燈芯, では, で待っ, に白い, へボーリング, をいただく, をたっぷり

▼ 向いた~ (7, 0.6%)

1 の下, の何処, の先, の穴, も, も悉く, を照らし

▼ 向いたから~ (6, 0.5%)

2 である 1 つかまった腕, 始めたという, 来たの, 此処らで

▼ 向いたその~ (6, 0.5%)

1 姿片手に, 日は, 時の, 男が, 男の, 瞬間第

▼ 向いた二階~ (6, 0.5%)

1 である, にあった, の小, の広, の欄, へ通された

▼ 向いた~ (6, 0.5%)

21 じつと, 暫くは, 答えない, 萎れて

▼ 向いた~ (6, 0.5%)

1 から分け入り, がよかろ, は特に, ばかり読, へ行つて, へ連れ

▼ 向いた障子~ (6, 0.5%)

2 はあちこち 1 が細目, が開い, は閉めきる, を明ける

▼ 向いた~ (6, 0.5%)

1 が心持興奮, だけ見えた, の襟足, は仄, を差しのぞきました, を見

▼ 向いたまんま~ (5, 0.4%)

2 でどう 1 で居る, 云う, 笑いながら

▼ 向いたやう~ (5, 0.4%)

2 にとはじめ 1 なへん, な客, な氣

▼ 向いた~ (5, 0.4%)

1 の動作, の肩, はお, は誰, 手早く袷

▼ 向いた~ (5, 0.4%)

1 が実に, で床, にいつ, の色, はちらりと

▼ 向いた~ (5, 0.4%)

1 の硝子戸, の近く, の障子, は少し, ばな

▼ 向いただけ~ (4, 0.4%)

1 で, であった, でなくアマーリア, らしかつ

▼ 向いたなりに~ (4, 0.4%)

1 また考, 何か, 微に, 言った

▼ 向いた六畳~ (4, 0.4%)

1 に寝, の間, へ行く, よ

▼ 向いた姿~ (4, 0.4%)

2 は傲慢 1 で奥, はまことに

▼ 向いた~ (4, 0.4%)

2 に船底 1 のふち, を動かさなかった

▼ 向いた~ (4, 0.4%)

2 のあたり 1 がサッと, へ当てた

▼ 向いたかと~ (3, 0.3%)

1 云えば, 思うと, 思ふと

▼ 向いたこと~ (3, 0.3%)

1 やら, をおぼえ, を君

▼ 向いた~ (3, 0.3%)

1 その以外, 候はば, 候処短命は

▼ 向いたばかり~ (3, 0.3%)

2 でなく塚本 1 でいつも

▼ 向いたまま畳~ (3, 0.3%)

1 の上, の目, へ涙

▼ 向いたまま身動き~ (3, 0.3%)

1 さえしない, もしない, もせず

▼ 向いた一人~ (3, 0.3%)

1 が, がその, の姿

▼ 向いた二つ~ (3, 0.3%)

2 の大きい 1 の窓

▼ 向いた~ (3, 0.3%)

1 だけがポオル叔父さん, の方, の顔

▼ 向いた~ (3, 0.3%)

1 の眼, の顔, の顔付

▼ 向いた拍子~ (3, 0.3%)

2 に筋 1 にもつれ

▼ 向いた時私~ (3, 0.3%)

2 は今 1 の青春時代

▼ 向いた~ (3, 0.3%)

1 の泣顔, の目, はみんな召

▼ 向いた~ (3, 0.3%)

1 でございます, ではちょっと, に校長

▼ 向いた途端~ (3, 0.3%)

1 に, に汽車, に見る見る

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 なり手広, 出掛けて

▼ 向いたきり一言~ (2, 0.2%)

1 もいわない, も口

▼ 向いたこの~ (2, 0.2%)

1 奥座敷には, 窓は

▼ 向いたしばらく~ (2, 0.2%)

2 すると

▼ 向いたそして~ (2, 0.2%)

2 何にも

▼ 向いたという~ (2, 0.2%)

1 ような, わけで

▼ 向いたとき彼~ (2, 0.2%)

1 はまた, は卒倒

▼ 向いたとき彼女たち~ (2, 0.2%)

2 が歓声

▼ 向いたとたん~ (2, 0.2%)

1 である, に彼女

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 しろ私, すぎなかった

▼ 向いたのに~ (2, 0.2%)

2 手を

▼ 向いたままいつ~ (2, 0.2%)

1 までもじっと, までも返辞

▼ 向いたままこれ~ (2, 0.2%)

1 もしばし, も何

▼ 向いたまま口~ (2, 0.2%)

1 をつぐん, を利かなかった

▼ 向いたまま唇~ (2, 0.2%)

1 の隅, も動かさず云った

▼ 向いたまま小声~ (2, 0.2%)

2 に僕

▼ 向いたまま眼~ (2, 0.2%)

1 をぱちぱち, を閉じ

▼ 向いたまま私~ (2, 0.2%)

1 と全く, の顏

▼ 向いたまま腰~ (2, 0.2%)

1 もあげよう, をおろし

▼ 向いたまま顔~ (2, 0.2%)

1 を上げなかった, を赧め

▼ 向いたまま首~ (2, 0.2%)

1 をふっ, を振った

▼ 向いたよう~ (2, 0.2%)

1 であった, な編笠

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 だ, です

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 て人, て支

▼ 向いた一方~ (2, 0.2%)

1 にだけ花, の側

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

2 の斜面

▼ 向いた人々~ (2, 0.2%)

1 の顏, は背筋

▼ 向いた今井ギョッ~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 向いた仙太~ (2, 0.2%)

2 の姿

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 の御簾, の細胞

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 にある, へもう一度

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 の空地, 髮は

▼ 向いた喜造~ (2, 0.2%)

2 の胸

▼ 向いた大きな~ (2, 0.2%)

1 窓を, 顔と

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

2 の窓

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 窓から, 芳を

▼ 向いた小屋~ (2, 0.2%)

1 の壁, の板戸

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 に生え, の峰

▼ 向いた店座敷~ (2, 0.2%)

1 の戸, の障子

▼ 向いた庭木戸~ (2, 0.2%)

1 を眞一文字, を真一文字

▼ 向いた廊下~ (2, 0.2%)

1 のところ, へ出

▼ 向いた教場~ (2, 0.2%)

2 の窓

▼ 向いた方向~ (2, 0.2%)

1 へ真直, を積極

▼ 向いた方角~ (2, 0.2%)

1 ならどこ, に出入り口

▼ 向いた暗い~ (2, 0.2%)

1 中から, 窓は

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 だけ石臼, や夕べ

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 のうへにイブセン, のところ

▼ 向いた欄干~ (2, 0.2%)

1 に松, に梁

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 のみ地, 全く地

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 頬に, 頬笑みの

▼ 向いた瞬間~ (2, 0.2%)

1 にさっと, 極く

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

2 の情

▼ 向いた窓際~ (2, 0.2%)

2 に据ゑた

▼ 向いた縁側~ (2, 0.2%)

1 のところ, の欄

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 がふるえ, が震えた

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 だから, を咲かせ

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 が白い, を辷り

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 の歩み加減, を浪人者

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 の扉, の高

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

2 を窺つて

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 の色, はやはりピタリ

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 のほんのり, の皓さ

▼ 向いた~ (2, 0.2%)

1 に見える, の色

▼1* [353件]

向いたあたしの部屋, 向いたあたりに訳, 向いたあっちよ, 向いたお玉の方, 向いたお金の頬, 向いたかという時じゃ, 向いたかはもとより, 向いたきりいくらをし, 向いたきりすすり泣きを洩らし, 向いたきりものを言わなかった, 向いたきり声も思う, 向いたきり應へよう, 向いたきり石のよう, 向いたきり顔をあげなかった, 向いたけれども暗い中, 向いたころに笹村, 向いたすきをのがす, 向いたそういう恰好だった, 向いたそっち向いた, 向いたために胃の腑, 向いただけでも気持が, 向いただけのようでも, 向いたちよつとの, 向いたっきりその大きく, 向いたっきり物を言おう, 向いたって真黒けな, 向いたついでに鉱泉宿, 向いたつて涯しもなく, 向いた矢張りそれにも, 向いたといふのである, 向いたとき一筆下されば, 向いたとき兄の部屋, 向いたとき娘は訴, 向いたとき自由に訪ねられる, 向いたとたん彼の胸, 向いたとて見えも, 向いたとのこと, 向いたとは一体どうした, 向いたどこかひょうきん, 向いたにも係らないで, 向いたどうやら坐, 向いたほう目の向いた, 向いたほう舳先の向いた, 向いたままいやに語尾, 向いたままうしろの男, 向いたままおのれの駕, 向いたままかすかにうなずいた, 向いたまましきりに, 向いたままそれに答えなかった, 向いたままなにひとつ口にしない, 向いたままぷっと煙草の煙, 向いたままむつと口, 向いたままアイマイに首, 向いたままサイは何だか, 向いたままスヤスヤと睡っ, 向いたままダイヤモンドの細かい, 向いたままテーブルのところ, 向いたまま一同につきもの, 向いたまま一時も早く, 向いたまま丁寧にゆっくり, 向いたまま丙種と呟いた, 向いたまま云はなけれ, 向いたまま伸子は返事, 向いたまま何とも言わなかった, 向いたまま何処ともなく, 向いたまま僕の言葉, 向いたまま前川は苦笑, 向いたまま協力しようと, 向いたまま友人の姓, 向いたまま右手をうしろ, 向いたまま唇辺でくすくす, 向いたまま声を出し, 向いたまま小刻みに肩, 向いたまま席を立っ, 向いたまま廊下へ出る, 向いたまま弁当をぶらさげ, 向いたまま戸口まで後ずさり, 向いたまま手をつい, 向いたまま晴れやかな声, 向いたまま栄二をよけて通り, 向いたまま椅子から立っ, 向いたまま次第次第に死相, 向いたまま歩を移し, 向いたまま浴槽の一隅, 向いたまま無意味に歩いた, 向いたまま無言をつづけ, 向いたまま牡蠣の貝, 向いたまま留り木の上, 向いたまま目をつぶ, 向いたまま真赤になっ, 向いたまま知らん振りで相, 向いたまま知らん顔して, 向いたまま神妙に聴き入っ, 向いたまま竹の皮, 向いたまま編物をし, 向いたまま股引ようのもの, 向いたまま肩で呼吸, 向いたまま薬局の壁, 向いたまま説教因縁除睡鈔, 向いたまま返事もしない, 向いたまま運転手の言葉, 向いたまま道場の床, 向いたまま鋏を動かし, 向いたまま静かにし, 向いたまま髪の毛一筋揺がさないで, 向いたまんま返事をする, 向いたもうに弓勢人, 向いたさきへ, 向いたやうすが自分, 向いたわけても宏壮な, 向いたわたしの部屋, 向いたこなたへ, 向いたサンルームの扉, 向いたスパイダーの顔, 向いたッきりだわ, 向いたツきりだつた, 向いたテラスでかれ, 向いたドアに新, 向いたバルコンへ出, 向いたヤソは私, 向いたラッパの口, 向いたリメイの目, 向いたルリの姿, 向いたロココ風の明るい, 向いたヴェランダつきの部屋, 向いた一つの影, 向いた一座寂然として言葉, 向いた一直線の長い, 向いた一角の六疊, 向いた一軒の, 向いた三人の眼, 向いた三津子の項, 向いた三間つづきの, 向いたで行きたい, 向いたから三番目, 向いたの一人, 向いた中二階で蒔絵, 向いた主税を見, 向いた久慈の背, 向いたをやる, 向いた二間ばかりの表座敷, 向いた人見から視線, 向いた仕事にだけ熱中, 向いた伸子の顔, 向いた位置を撰び, 向いた低い明るい窓の, 向いた佐太郎に斯, 向いた何番目かの枝, 向いた信一はまた, 向いた信子の視線, 向いた傾斜面であつ, 向いた儘むしや, 向いた儘心は差迫り, 向いた儘気の向いた, 向いた儘變な笑, 向いた儘顔を上げなかつた, 向いた儘黙つてゐました, 向いた入口の格子, 向いた八つが岳, 向いた八畳敷きの, 向いた六ツの目, 向いた兵曹は厳格, 向いた其顔は不愉快, 向いた処置捌きが必要, 向いた出窓の障子, 向いた切り顔の色, 向いた刹那烏帽子の金輪, 向いた北側は丸窓, 向いた十二歳になる, 向いた半面だけが明るく, 向いた厳重そうな格子窓, 向いたの裏, 向いた商売はない, 向いた嚴重さうな格子窓, 向いた四畳半の縁先, 向いた四階に住ん, 向いた坪井の顔, 向いたじゃない, 向いた大島医師は巡査, 向いた太宰は, 向いたの顔, 向いた女体に藤三, 向いた女靴下専門店に思はず, 向いたには相手, 向いたの顔, 向いた子供たちは, 向いた孝一は紺がすり, 向いたのみにしか行かず, 向いたの戸, 向いた寂しい側面に, 向いた富士は平, 向いた寢姿は埃, 向いた小座敷のところ, 向いた小林秀雄氏の言葉, 向いた小母さんから, 向いた少年の顔, 向いた尾長猴じゃ, 向いた屋根のかさなり, 向いたの端, 向いたの端, 向いたの外, 向いた店先には一ぱい日, 向いた座敷の外, 向いた庭下駄の跡, 向いた廻廊の戸, 向いた彼らの眉間, 向いた待合室の扉, 向いた後姿すぐに, 向いた御旅所の軒, 向いた意識の方向, 向いたを囁かれた, 向いたのまま, 向いた戸口から其形, 向いた所爲か爛れ, 向いた扉口の連中, 向いた手もとでは細かく, 向いたに佐助, 向いた拍子二人はそこ, 向いた教室の格子窓, 向いた文三の懸けた, 向いた斜面へ身, 向いた断崖には数条, 向いた方四畳半を覗い, 向いた方四疊半を覗い, 向いた方土の調子, 向いた旅商人は急, 向いた明るい障子の, 向いた時ンナがアネサ, 向いた時七八人の静か, 向いた時五十あまりの婦人, 向いた時仲どんが耳門, 向いた時勝手にふらり, 向いた時着換えを入れた, 向いた時馬上の兵馬, 向いた曲り角に来る, 向いたによっかかっ, 向いた木の葉の茂り, 向いた木戸より外, 向いたでも持っ, 向いた格子附の南窓, 向いた桔梗科の花, 向いたにふるまいました, 向いた様子電気を消し, 向いた横顏で個性, 向いたの深い, 向いた正面だけが暗幕, 向いた武田より佐野, 向いたを被う, 向いたの眼, 向いた母子は目, 向いた気持だったの, 向いた水下駄の齒, 向いた氷堤上の温度, 向いた沢庵の顔, 向いた注意がどうしても, 向いた海水帽も前下り, 向いた淫猥な親父, 向いたに巣立つ, 向いた無表情な顔, 向いたの顔, 向いたは嗜好, 向いた玄関の方, 向いたの頸, 向いた玻璃障子の外, 向いた珍客の姿, 向いた瓢箪を俯向, 向いた生田の森, 向いた用心門のところ, 向いただの崖, 向いた番所の室, 向いた病室の前, 向いた白い顔に, 向いた白赤色の壁, 向いた皮膚にしみとおる, 向いた相手の視線, 向いたの美し, 向いたに優, 向いた瞬間平次は守り袋, 向いたにガーゼ, 向いた硝子戸の方, 向いた硝子窓の框, 向いた祖父の背後, 向いた禰宜の妻, 向いた秀吉の眸, 向いた之助, 向いた端っこで築地, 向いた竹格子の窓, 向いたの影, 向いた米友は再び, 向いた紅絹の切, 向いた素子の棗形, 向いた縁先の籐椅子, 向いた美くしい白い頸, 向いた群集とこれから, 向いた老爺の顔, 向いた耳許が石榴, 向いた聖ピエール監獄の門前, 向いたの低い, 向いた般若の仮面, 向いた船長の上半身, 向いた良人は小, 向いたを少し, 向いた茜茶屋一人の武士, 向いた草叢からがさっと, 向いた菅笠もちらほら, 向いた葉子の顔, 向いた薄暗い宅に, 向いた藤吉は, 向いた藤次郎の眼, 向いた虎之助はそこ, 向いたが川, 向いたの窓際, 向いた表門ではなく, 向いたの階段, 向いた裏通りと賑, 向いた裏門からのぼつ, 向いた襟足がすっきり, 向いた見当を眺め, 向いた豊頬の美人, 向いたさえも北, 向いた赤絵の珈琲茶碗, 向いた赤耀館の半面, 向いた途端男の携, 向いた通りにある, 向いた運転手に記者, 向いたを景色, 向いたがあっ, 向いたいろの, 向いた長い硝子扉で, 向いた陰気な風, 向いた険しい眼が, 向いた陽当たりの雪, 向いた階下の座敷, 向いた階段があつ, 向いた障子一杯に蒼白い, 向いた雨戸が開い, 向いた雪江さんの顔, 向いた雲霧は横っ飛び, 向いた青年の背後, 向いた静子の耳, 向いたかな自分, 向いた靜子の耳, 向いた頃病牀の徒然, 向いた頸元に小さな, 向いた顔何の憂愁, 向いた顔色といい, 向いたとおし, 向いた首筋のあたり, 向いた高い鴨居から, 向いた黒い島, 向いた黒繻子冷たき雪, 向いた鼻セピア色の皮膚, 向いた鼻先と思う