青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叩き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

古人~ 古今~ 古代~ 古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~
叩き~
~叩く 叩く~ ~只 只~ 只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~

「叩き~」 1101, 11ppm, 10168位

▼ 叩きながら~ (236, 21.4%)

6 云った 4 大きな声, 言った, 言つて居た 3 声を, 大声で 2 もう一遍, 低い声, 低声, 何か, 先生起きせ, 叫んだ, 呶鳴っ, 囁いた, 私の, 軍平確かりしろ

1 [192件] あるくこと, いった, いつの間にやら, いよいよ喚き捲く, おばあさんが, お角さん, かう叫んだ, がやがやと, がんがんがん, こういいました, こういった, こらさ, これを, ころげるやう, こんなふう, しきりにまくし立て, しつこく女, しゃべって, そこに, そこへ, そつと, その丸々, その客達, その惣右衛門, その日, その漫歩, その銃士, それでも素直, それとは, それは, とっとと足, とめ途も, どなって, はやしたてた, ぶらついた, へたば, まだ煙草, みんなを, めい, わけも, わざと向う, わめき立てたという, わめき立てたといふ, キャッキャッと, トテトンツツトン, マダム, リスの, 一人の, 一通り読み立て, 七郎の, 三田の, 上を, 上着を, 乗り出した, 云いました, 人々に, 今までの, 仰有った, 低く唱, 傍らの, 元気よく, 凝つと, 勝手口へ, 十数人の, 卯平と, 卯平に, 厨の, 又わあ, 口三味線で, 古代ヘブライ語で, 叱咤した, 吉平の, 呼びかけたが, 呼ぶので, 呼んだ, 唄って, 唄ふも, 喚いた, 噺し立て, 塑像の, 声いっぱいに, 外へ, 外を, 大いに叫んだ, 大声に, 太いこえ, 太郎か, 妙に, 威勢よく, 娘に, 家々の, 家を, 将士皆な, 尋ねる, 小声に, 尾根山の, 山伏の, 山鳥は, 巧に, 広庭, 廊下づたいにパンツリイを, 廊下を, 廻らない舌, 引き寄せるうち, 引き寄せると, 彼は, 待たせて, 従いて, 復讐的に, 微笑った, 忙が, 快活に, 怒つた聲, 怒鳴って, 恐ろしく苦い, 感動した, 慌て出す, 手前の, 抗議を, 時々巧み, 時々私, 時々頭, 未だ牛乳屋, 松本一人が, 枳の, 横を, 次々と, 歌の, 母と, 気ちがいの, 気狂いじみた喚き, 洗面所に, 淀屋橋の, 溶ける様, 滑走し, 爺さんは, 牛の, 田中の, 癇癪まぎれ, 盛んに, 目を, 相携え, 看守が, 眞實に, 知らぬ旅路, 祈祷を, 程よい真中あたり, 突き出して, 窓外を, 立上る, 笑い咽ん, 笑った, 答えた, 給仕女に, 絶叫した, 絶対唯物論の, 続けるの, 縁側の, 繰り返した, 胴間声を, 腕金を, 自分の, 茂太郎の, 藤原氏の, 行く行く自然, 見る, 言って, 誰かを, 調べお, 調子を, 足を, 足早に, 路次口へ, 踊りはじめたの, 踊り出した, 躯を, 近づいて, 遠い處, 酒場に, 金右衛門も, 雌, 電子の, 靜かに, 革命歌か, 革命歌かなんか, 靴を, 頭が, 頷いて, 頻りに口上, 香取の, 黄包車に, 鼻の

▼ 叩き~ (85, 7.7%)

10 めして 3 めされて, めすよう, めせ 2 めされても, めすと, めすもの, 物音, 物音は

1 [56件] いる仕上台, めされた, めされたこと, めされたよう, めされた人間, めされるか, めされるかも, めされ乍ら, めした, めしたあげく, めしたくなる病, めしてから, めしも, めしグーの, めし下座の, めし手足を, めし揚句の, めすから, めすぞ, めすつて, めすであろう, めすに, めすやう, めす道具, めせっ, めせと, 上へ, 二本や, 人形で, 人形を, 仕事が, 刑を, 土間も, 大散財, 女房で, 工合いか, 廊下に, 役である, 後に, 徒で, 徒であった, 徒である, 徒と, 意であろう, 栄誉を, 槌の, 番と, 目に, 練習を, 羽根の, 責苦を, 通りで, 間に, 音が, 音で, 響き

▼ 叩き~ (53, 4.8%)

2 して, なって, なる, 叩きつぶして, 手加減を, 薄寒く響いた

1 [41件] かかる, かけて, きたわけ, こっと, された, したり, した者, した部屋, してやるから, たたき上げた武術, つれて, なった折, なった現場, なっても, なりません, なり坊ちゃん, 会いかけたり, 会ったあげく, 來る, 参るの, 廻ったが, 廻って, 弾かれて, 御影石を, 来たの, 来て, 来ようとは, 来るだけ, 来るの, 来る仏蘭西, 来る鳥つて, 椀廻しいよいよ, 深川今日は, 烏面を, 行った, 行って, 行つて呉れ, 走る光景, 踏ん張つて, 通つた, 雇はれ

▼ 叩き~ (20, 1.8%)

1 [20件] いきまけば, お髯, ここを, 一夜の, 亭主を, 今や開くる, 其緒論を, 劇く, 口早に, 呼ぶもの, 子供を, 感じたり, 旅僧なる, 案内申入けれ, 歌ふかな, 答を, 能く, 起きよ心, 面撫で, 飯の

▼ 叩き~ (17, 1.5%)

4 して 2 した

1 [11件] くれ, したが, 取つた, 取るや, 打つたか, 拵らへ, 片手に, 繰り返した, 聴いた, 食うもの, 食らうの

▼ 叩き殺し~ (14, 1.3%)

2 てくれる, てやる 1 てしま, てしまいます, てしまう, てやらう, て初め, て剥取, て呉れる, て神様, て谷底, て遣りたい

▼ 叩き落し~ (14, 1.3%)

2 ていた, て膝 1 たりあちこち, たり塀, てから池, てくる, てし, てやった, て二, て数字, て踏み潰し, て食った

▼ 叩き大工~ (12, 1.1%)

2 で終る 1 だから, でど, でも一時間三ドル, のある, のやう, の三五郎, の眞, の真似事, は一生叩き大工, をもしばしば

▼ 叩き~ (11, 1.0%)

2 其の杖 1 いふから, いわずして, する, 一緒に, 云ったもの, 呼ばれたもの, 呼ぶは, 蠅追, 言ふ

▼ 叩き~ (11, 1.0%)

2 をし 1 がどうしても, がやや, ぐらいは知っ, だった, でそこ, によってちゃんと, はコンコンチキチコンチキチ, をした, を意固地

▼ 叩き返し~ (11, 1.0%)

6 て呉れ 2 てやれ 1 たりした, てしまへ, てやる

▼ 叩きこわし~ (10, 0.9%)

1 が始まっ, が始まる, てさ, てしまう, てはいっ, て入る, て歩く, の奴等, は何, 一尺四方許り

▼ 叩きつつ~ (10, 0.9%)

1 ある革命, ゐつ此, フランスには, 二絃の, 何事か, 入れる, 婆に, 室内を, 寝間の, 渠が

▼ 叩き~ (10, 0.9%)

2 終ったらしく時々 1 そいつを, また川原, やはり松魚, 二百が, 兎も, 続いて, 都会の, 鹿杖すなわち

▼ 叩き潰し~ (10, 0.9%)

1 てしまいました, てしまえ, ては大, てやった, て仕舞う, て更に, て蟹びしおのようにしてやったっていうんだ, にかかり, はしない, やどう

▼ 叩き~ (8, 0.7%)

1 した, しない, しないドロップ, せず矢代, よくもまああんな, 受けずに, 終ったらしく撲り役, 追ひも

▼ 叩き~ (7, 0.6%)

1 がったっけ, がった餓鬼共ア, がるな, チヤン, 楽屋番の, 砂袋が, 蠅取

▼ 叩き乍ら~ (7, 0.6%)

2 歩いたが 1 も千本金, も私, 未だ瞭, 糶るの, 行くでも

▼ 叩き壊し~ (7, 0.6%)

1 てしまう, てしまえ, てしまっ, てやろう, て続けざま, 潔く征途, 道具を

▼ 叩き~ (6, 0.5%)

1 お調子, すなわちそれ, それである, ニヤニヤし, 中へ, 瓢箪を

▼ 叩きつぶし~ (6, 0.5%)

1 てしまえ, てしまふ, てその, て惜しい, にかかつ, 追い出して

▼ 叩き~ (6, 0.5%)

1 しゃもは, たたいたり, もつて, 叩きながら, 押ッぽ, 綺麗に

▼ 叩き~ (6, 0.5%)

2 の助け 1 が彼等, は主人, をつれ, を一人

▼ 叩き放し~ (6, 0.5%)

2 に衝 1 にする, のお仕置き, 今時には, 村方お構いの

▼ 叩き~ (5, 0.5%)

2 て空 1 てかため, て飛び, て騷ぐ

▼ 叩きつぶす~ (5, 0.5%)

1 かしよう, か切断, といい, ので, ような

▼ 叩きなど~ (5, 0.5%)

2 したが 1 して, する様, 致しませぬ

▼ 叩きまた~ (5, 0.5%)

2 胸へ 1 一方の, 庭園には, 飯櫃や

▼ 叩き伏せ~ (5, 0.5%)

2 てキリキリ 1 お念仏一ついま, てやる, 繰り出す早繩

▼ 叩き~ (5, 0.5%)

1 で軽く, を取る, を待った, を持った, を掴み

▼ 叩き破る~ (5, 0.5%)

2 までのこと 1 つもりで, のだ, んだ

▼ 叩き落す~ (5, 0.5%)

1 あるいは小石, ぞ, ぞつ, のである, ような

▼ 叩きする~ (4, 0.4%)

1 うちに, のも, ような, 音に

▼ 叩きその~ (4, 0.4%)

1 夫らしい, 幕下に, 心を, 手で

▼ 叩きそれ~ (4, 0.4%)

1 から玄関, がサア若旦那, が狂気, を放し

▼ 叩きでも~ (4, 0.4%)

2 するよう 1 して, するかと

▼ 叩き~ (4, 0.4%)

2 ながり 1 はるからむりもないわけです, はるのである

▼ 叩きやう~ (4, 0.4%)

1 が少し, が荒く, とは違つて, をし

▼ 叩き割り~ (4, 0.4%)

1 そしてまた三本, ながらやって来た, 切り込んで, 差し込んだまま

▼ 叩き殺す~ (4, 0.4%)

1 ぞ, と言った, と鋤鍬, 位な

▼ 叩き落した~ (4, 0.4%)

1 ときなぞ, と云います, のでしょう, ものである

▼ 叩き落とし~ (4, 0.4%)

1 て或は, て數字, 主税は, 足を

▼ 叩き落とした~ (4, 0.4%)

1 ので弥兵衛, はずだ, 叩き落とした, 猿の

▼ 叩きとは~ (3, 0.3%)

1 いわれない, べつな, 聞えぬ名称

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

1 さるが, のである, ほすん

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

1 つた, つたのを, つたり

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

1 した, したので, して

▼ 叩き壊す~ (3, 0.3%)

2 のだ 1 とその

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

1 したり, した奴, して

▼ 叩き夾竹桃~ (3, 0.3%)

3 の花

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

2 を叩き 1 に叩かれる

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

1 ひは, る時, る者

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

1 が分配, をうっ, を振り

▼ 叩き折つて~ (3, 0.3%)

1 やるぞ, ゐた, キリキリ舞

▼ 叩き敷石~ (3, 0.3%)

3 を叩き

▼ 叩き椰子~ (3, 0.3%)

3 の葉

▼ 叩き毀し~ (3, 0.3%)

1 てしまった, てやらう, て焼き捨てた

▼ 叩き潰す~ (3, 0.3%)

1 がいい, までに運ん, 迄に運ん

▼ 叩き~ (3, 0.3%)

1 とそう, の番, をつくる

▼ 叩きあい~ (2, 0.2%)

1 には水, をし

▼ 叩きあつ~ (2, 0.2%)

1 た, てゐた

▼ 叩きこんだ~ (2, 0.2%)

1 からとてそれ, 芸の

▼ 叩きすっかり~ (2, 0.2%)

1 二人の, 朽ち割れて

▼ 叩きっ放し~ (2, 0.2%)

1 ってこと, なんて相場

▼ 叩きつぶした~ (2, 0.2%)

1 といふこと, ものらしく見えた

▼ 叩きです~ (2, 0.2%)

1 か, か叩く

▼ 叩きという~ (2, 0.2%)

1 やつを, 道具で

▼ 叩きながらの~ (2, 0.2%)

1 そりと, 独り言

▼ 叩きにも~ (2, 0.2%)

1 ならましを, 何か

▼ 叩き低い~ (2, 0.2%)

1 呟きの, 声で

▼ 叩き何事~ (2, 0.2%)

1 かを何時, か大声

▼ 叩き倒し~ (2, 0.2%)

1 て逃げ, 最後に

▼ 叩き倒した~ (2, 0.2%)

1 のは, んだ

▼ 叩き僕等~ (2, 0.2%)

2 の友だち

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 も利かず, を歪め

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 ひむしり合, ひを

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

2 を蹴飛ばし

▼ 叩き売っ~ (2, 0.2%)

1 てもまず, ても一カ月

▼ 叩き売る~ (2, 0.2%)

1 つもりだろう, んだ

▼ 叩き或は~ (2, 0.2%)

1 唄ひ, 諸侯が

▼ 叩き戸障子~ (2, 0.2%)

1 の桟, の棧

▼ 叩き打ち~ (2, 0.2%)

1 叩き, 叩き感嘆した

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 つた, つて

▼ 叩き撫で~ (2, 0.2%)

2 てあやせ

▼ 叩き斬っ~ (2, 0.2%)

2 てやろう

▼ 叩き斬る~ (2, 0.2%)

1 ぞ, と倒れ

▼ 叩き木の根~ (2, 0.2%)

1 を叩き, を叩きし

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 が頗る, で扉

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 で下, の荷造場

▼ 叩き殺した~ (2, 0.2%)

2 下手人の

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 の父, はすぐ

▼ 叩き立て~ (2, 0.2%)

1 しかば近隣, て来る

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

2 の涙

▼ 叩き返す~ (2, 0.2%)

1 ことも, ように

▼ 叩き部屋~ (2, 0.2%)

1 の扉, を出る

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 を使, を掛け

▼ 叩き離し~ (2, 0.2%)

2 て追い立て

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

1 の膨らみ, をつまみし

▼ 叩き~ (2, 0.2%)

2 にかけた

▼1* [306件]

叩きあおまへ, 叩きある者は, 叩きあるいは対者の, 叩きあわよくば襟首にでも, 叩きあんな傷まで, 叩きいかに親父が, 叩きいまや人々の, 叩きくぼ, 叩き題目を, 叩きおこして顔, 叩きおとしてやりたくなる, 叩きおもしろと我が, 叩きおろしてもよろしい, 叩きかたで鋭く, 叩きくくと笑い, 叩きける故皆叶はじ, 叩きければ彼, 叩きはし, 叩きここからも湯, 叩きこちらに笑いかけた, 叩きこの男も, 叩きこむことの, 叩きごく秘密な, 叩きさらに諸手を, 叩きされて見れ, 叩きしたのが, 叩きしっかりするん, 叩きずっと梢を, 叩きだたく封介, 叩きそうくるだろうと, 叩きそこにくっつい, 叩きそこでさんざん毒づい, 叩きそして戸を, 叩きそれからその戸, 叩きそんなことを, 叩きたて耳も劈ける, 叩きて, 叩きちょうど来あわせた石川内記, 叩きつぶしたく思うのだ, 叩きつぶしたらどうかと, 叩きつぶすべき風船を, 叩きであり茶筅売である, 叩きどこそこの誰々, 叩きながらとぼとぼと歩い, 叩きなぐつて足腰を, 叩きなぐるもんで, 叩きなさるのは, 叩きなされてと我が, 叩きなすつちやア堪りませぬ, 叩きならしてそれ, 叩きにこそされなかったが, 叩きにっと笑いながら, 叩きにでもなりますよ, 叩きになつてゐ, 叩きには紫色の, 叩きのばしたように, 叩きえの, 叩きひつかき鑢, 叩きひらりと鞍, 叩き打っけるん, 叩きみずからよろめいた, 叩きゃあちったあ埃りが, 叩きやがつて, 叩きやぶろうじゃない, 叩きやらなんだか奇怪, 叩きよりは事の, 叩きわるぞ, 叩きがつた事, 叩きオラバオオラバオと呼ばわっ, 叩きハタイてしまったらしい, 叩きピアノ様の作用, 叩きモシお光さん, 叩きヤマビコとなつ, 叩きランプを手, 叩き一大事でもわき起った, 叩き一時間もかかっ, 叩き一生懸命に慰めました, 叩き三つ位で一つ, 叩き三つ四つ頭をさげ, 叩き三度目にぐるり, 叩き上村と伊勢, 叩き上機嫌で云った, 叩きへ下, 叩き且つこれは, 叩きへ入れ, 叩き主治医に面会, 叩き乍らそれを奥方, 叩き乍らホテルの廊下, 叩き乍ら八五郎は斯ん, 叩き乍ら呶鳴ったが, 叩き乍ら歌つたり, 叩き乍ら縁側の敷居際, 叩き乍ら調べお白洲, 叩きるまでは, 叩き事件の大体, 叩き二つの目, 叩き二人は笑っ, 叩き亭主らしい権威, 叩き呼びて, 叩き人形のお, 叩きられ已に, 叩き伏せられてし, 叩き伏せ叩きのめし, 叩き伏せ石突を返し, 叩き何んでも, 叩き倒すかぶちつける, 叩き傀儡師素麺売などという連中, 叩き其奴が木, 叩き凄惨な形相, 叩き出したり出来る, 叩き出せば尚, 叩き切りなどし, 叩きを通じて案内, 叩き倒されたよう, 叩き割つた持主の, 叩き割つて十二円払つて出て, 叩き割り中の薄い, 叩き割り刃物を入れ, 叩き割り床をはがし, 叩き割れといふ謎, 叩きうよう, 叩き北条幕府の悪政, 叩き十文字の鎗, 叩き十文字鎗を持せ, 叩き里許り, 叩きを叩い, 叩き口惜しげに言いました, 叩き口笛を吹い, 叩き叩いて後, 叩き叩きつつゐつ, 叩き叩き下へ下, 叩き叩き裏口の方, 叩き叫び笑う子供達, 叩き笑味たくさんの, 叩き司馬徽をめぐる, 叩き合せて, 叩き合つてゐた, 叩き合わせ学校では, 叩き咳払とも叫び, 叩き四人位は鉦, 叩き四辺を払っ, 叩き国境へ着いた, 叩きえるの, 叩きらして, 叩き塗る音と, 叩きはした, 叩き壊した奴が, 叩き売った道具の, 叩き売りたった一つ, 叩き売りますから売った, 叩き大きな声で, 叩き大声で人, 叩き大工ヨセフの妻, 叩き太鼓を打ち, 叩き羔を, 叩き子守唄をうた, 叩き宿を貸, 叩き岩角を打ち砕い, 叩き工夫を鑚, 叩きの引き, 叩き寄せては, 叩き強調するもの, 叩き役侍童などとばかり話, 叩きの脚, 叩き所払いの, 叩きのため, 叩き忽ち膝を, 叩き感嘆した, 叩き或いは物など, 叩き戸外は暴風暴雨, 叩き打ち鳴らし松明を, 叩き払いなん, 叩き払い致して遣わす, 叩き折つたと云, 叩き折つて了へ, 叩き折つて肥だめへ投, 叩き折つて貰ひたいのぢ, 叩き折り挫ぐ, 叩き拍子の間, 叩き拍手の前, 叩きを揮う, 叩きの数, 叩き掻き乱すこそ苦, 叩き放しならまだしも焼き殺し, 叩き散らし悪態をつい, 叩きるか, 叩き斬るならうまくいけ, 叩き方々の空ら谷, 叩き日出雄少年と私, 叩きこそ私, 叩き木木の葉を鳴らし, 叩きで床, 叩き果ては見台を, 叩き染めの技術, 叩き梁山泊の賊徒, 叩き棒九州の各地, 叩き極めて徐かに, 叩きを撲つ, 叩き次に平手にて, 叩き次第に力を, 叩き止めッちまうが, 叩き正気づけようと, 叩き此方も心, 叩き殺したくなろうじゃございません, 叩き殺し度いほどにも思う, 叩き殺せッ叩き殺せ, 叩きが聞きかね飛び出し, 叩きとそして, 叩きとか野菜, 叩き沈重にかぶり, 叩きを立てる, 叩き消そうとした, 叩きを貰はん, 叩きした, 叩きぶされて, 叩き潰したような, 叩き暗に叫び, 叩き程迄, 叩き熱弁をふるっ, 叩き片手に金, 叩き牧場の妻, 叩き独楽を廻し, 叩きがみだら, 叩き樣の, 叩き痒い所を, 叩き痲痺が腕, 叩きにも丁型, 叩き白い腹を, 叩き皮肉を衒, 叩きを交わし, 叩きになる, 叩き相手の肩先, 叩き着物をかい, 叩き砕いて俯向き, 叩き砕いたその上, 叩き破って中, 叩き破つた茶器を, 叩き破られぬ事は, 叩き破りさらに窓格子, 叩き破れるような, 叩き碌々家人と語る, 叩きられたる痩馬, 叩き立てるかと思う, 叩き立膝をした, 叩きの代り, 叩き糸助がす, 叩き終り散り拡がった麦を, 叩きの端, 叩き美しゅうござるの, 叩き職業を選定, 叩きく其の, 叩きをゆす振っ, 叩きをつねった, 叩き腰掛を打っ, 叩きをうち, 叩き自分もうまい, 叩き苦しき戸を, 叩き苦楽座をやるなら, 叩き苦笑しながら, 叩き落しますと急, 叩き落とすよ, 叩きけた, 叩き虹蓋の秘伝, 叩き裏口の方, 叩きを圧, 叩き襟もとを直し, 叩きふ声, 叩き課長さんよくわかります, 叩きひに, 叩き賣りたつた一つ殘つた, 叩き起こして買うた, 叩き起こしたのは, 叩き足惱むとひこずる君を見る, 叩きじて, 叩きだ様, 叩き返したものだ, 叩き返しただらうか, 叩き返しただろうか, 叩き返辞が聞えない, 叩き遂には血, 叩き遊ばしてそれから, 叩き遊ばしたのは, 叩き醒ましてやらなけれ, 叩きが面白い, 叩き釣りの豪快, 叩きを掛け, 叩き牢遠島わるく, 叩きよなど云事, 叩き間もなく扉の, 叩きされて, 叩き震動せしめた故, 叩き音頭を取っ, 叩きを垂れ, 叩きもほんの, 叩き頻りに怒鳴り立って, 叩きから血, 叩き願人坊主などと云者許, 叩きが星, 叩き飛ばしていた, 叩き食わされてからまた上, 叩きをやれ, 叩き髪束を掴まえ, 叩き鰺數尾を投ずれ, 叩き鳶口スコップ鍬いざと, 叩き黒竜江上に東洋艦隊, 叩きを打ち