青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「堂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~城 城~ 城下~ 城内~ 執拗~ 執着~ 基~ ~基礎 基礎~ 堀~
堂~
堂々~ 堅い~ ~堅く 堅く~ 堕落~ 堤~ 報~ ~報告 報告~ ~場

「堂~」 5661, 61ppm, 1877位

▼ 堂~ (1834, 32.4%)

31 中に 22 ような 18 中で 17 中へ, 方へ 14 中には, 中は 13 扉を 11 前に, 縁に 10 縁の 8 上に 7 なかに, 外へ, 屋根が 6 あたりで, やうな, 下に, 中の, 中を, 主人は, 内へ, 名を, 裏に, 裏の 5 うしろの, 上の, 主人と, 家へ, 方を, 花天月地中に, 近くに

4 [30件] あたりを, お堂守, そばに, なかで, なかは, まわりに, まわりを, ように, 上には, 下の, 中から, 主人に, 二階に, 内で, 周囲を, 壁に, 外に, 屋根に, 屋根を, 後ろから, 御神楽, 戸を, 方から, 正面に, 真上の, 若い番頭, 裏へ, 裏手へ, 軒には, 鐘を

3 [32件] うら, ことを, そばの, やうに, わきに, わきの, 上から, 下から, 下で, 下を, 中が, 傍に, 内部の, 奥に, 奥座敷, 宅へ, 後に, 後ろの, 後を, 後方へ, 書は, 様子を, 横から, 正面の, 正面へ, 番頭久四郎は, 窓から, 縁を, 美しさ, 裏手に, 軒に, 鐘の

2 [125件] あること, ある丘, いっさいの, うしろに, うしろへ, うちに, お柳, かねの, ぐるぐると, そとに, そばで, ところに, ところへ, なかから, ぬれ縁, ほとりに, ショーウィンドーの, 上へ, 下へ, 中でも, 中央に, 主人が, 主人で, 主人や, 事は, 事を, 事件が, 人来り, 伯母さん, 伯母さんと, 伯母さんの, 佛の, 側に, 側の, 入口に, 入口には, 入口の, 内に, 内は, 内外に, 内部に, 内部には, 内部を, 円蓋に, 前の, 前を, 十倍も, 口もとに, 境内の, 墨蹟を, 壁を, 外で, 外観が, 大時計, 天窓から, 奥には, 奥廻廊の, 奧ぶ, 如きもの, 如き国技館, 姿が, 家に, 家を, 家根に, 屋根の, 左手に, 広くも, 広さ, 店で, 店に, 廂の, 形が, 後ろに, 後ろを, 御本陣, 懸物, 扉に, 扉は, 扉も, 方の, 書附には, 最中を, 本の, 本尊の, 机の, 杉の, 板の間に, 柱に, 横の, 横手で, 横手に, 正面と, 濡れ縁に, 灯が, 片隅に, 牛王を, 玄関に, 瓦屋根杉の, 眞上の, 硯の, 祭壇の, 空を, 笑ひ, 筆で, 紹介で, 縁から, 縁が, 縁へ, 聖の, 聖観音が, 背中を, 表と, 表の, 裏崖を, 裏手の, 西の, 話, 軒先に, 近所には, 間に, 階下へ, 雨風をだに, 非事吏, 頂上に, 額を

1 [1066件 抜粋] あいだの, あたりに, あった処, あと始末や, あるあたり, あるじでございます, あるところ, ある場所, ある高所, いたわる親切, うしろからも, うしろ側の, うちへ, おくの, おやじも, お使い, お地藏さん, お弟子, お祈りにも, お賽銭, かげから, かたはらに, きざはし, ことだ, ことな, ことや, この狭い, さわりを, すぐうしろ辺り, すぐ真下, すみから, すみには, そとから, それは, つもりで, なかの, のきに, はラジオ, は松山文雄さん, ふくれた顔, ほうから, ほうへ, ほの暗い片隅, まえへ, まはり, まわりは, まん中へ, むこうに, やっと開く, やつがで, わが家に, オムレツと, カステラ箱が, コンクリート床の, チェーンの, ドアが, パイプ, ビスケットなどが, 一つ道具に, 一劃だけが, 一室を, 一筮を, 一隅で, 一隅の, 七社を, 三階の, 上や, 下山門の, 不空羂索なども, 不空羂索観音聖林寺の, 世話人らしい, 両側から, 中などに, 中へは, 中や, 中央の, 中村竹四郎君が, 丸家根を, 丸屋根を, 主人から, 主人といふ, 主人と共に, 主人へ, 主人を, 主人佐藤六石氏が, 主人李之, 主人紺野小太郎老人の, 主脳者, 事でしょう, 事件では, 事僕は, 二人とに, 二聚楽にかけて, 二階である, 二階へ, 亭主の, 人たちに, 人情本の, 人物, 仏像によって, 仕事も, 仕切に, 他の, 体も, 供僧坊と, 修繕を, 側, 側面が, 傍の, 傍まで, 傍を, 僧でも, 優勢に, 兄の, 先生に, 入り口に, 入り口の, 入口敷居から, 全貌を, 六法全書は, 内と, 内の, 内を, 内外おのずから, 内外とも, 内秘, 内部は, 円塔の, 円天井に, 円頂閣が, 写真絵繰りひろげ, 出合は, 刀剣談は, 前いたる, 前で, 前へ, 前面の, 北を, 十夜講に, 卓と, 卓の, 南側には, 厚い唇, 口車とも, 古典的な, 古書と, 右手に, 号が, 合の子といった, 名が, 周囲いっぱいすでに, 哀別, 四壁には, 四字が, 四方に, 四隅に, 回向大, 囲い内にも, 地下の, 坊主の, 埃だらけの, 堂守, 堂守と, 堂衆で, 堂衆や, 塀と, 塾頭か, 境内でした, 墓の, 墨跡尺牘反古の, 墨蹟御覧に, 壁へ, 壇の, 壇上華か, 売卜者は, 夕つかた, 夕日に, 外廊づたいにしばらく行った, 夜が, 大なる, 大奥へ, 大小及び, 大阪町人學者に, 天井へ, 天窓が, 太閤塀という, 奇夢と, 奥さんの, 奥へ, 女婿である, 如きは, 如き鉄瓶, 如く大臣學, 如く顯著, 妻も, 姿さえも, 姿を, 娘さんに, 娘で, 婦人像の, 子は, 学生から, 宝を, 実物の, 客たちも, 宴席へ, 家の, 家内で, 宿直の, 寝所へ, 寶物を, 尊い闇, 少し先, 居間と, 屋根う, 屋根は, 屋根も, 屋根裏に, 屏風の, 山門木立の, 岳母は, 嶽から, 左側から, 左手の, 師弟は, 帰りまだ, 幅を, 平斎, 幽暗の, 広告の, 広場を, 広間を, 床下から, 床下を, 床柱へ, 店から, 店にも, 店へ, 店員たちは, 店員として, 店番を, 庭先にあたって, 庵は, 廃屋の, 廊も, 廊下の, 建て方, 建築と, 建設の, 廻りを, 弘文天皇論, 形に, 後の, 後より, 後壁に, 後方に, 後方を, 御廂, 御文, 御進物用, 心に, 心細さ, 怪事件が, 惨劇に, 感情は, 成功, 戸の, 戸前へ, 所から, 所蔵である, 扉には, 扉代りに, 手に, 手前から, 折と, 捕縄供養の, 撰んだ墓誌, 故みたい, 整理も, 文が, 新に, 方が, 方に, 方も, 方向へ, 明り, 易者様は, 景色である, 暗い中, 暗い蔭, 書が, 書幅と, 最中が, 月, 月光を, 有名な, 木立を, 本より, 本山とも, 本陣は, 東に, 東側へ, 松根岸の, 板へ, 板敷は, 果し合いと, 柳下人物の, 根太に, 格子が, 格子へ, 梯子段を, 梵天の, 梵鐘が, 棟に, 棟木に, 構想から, 横からの, 横へ, 横手には, 横手芸人の, 欄などが, 欄間に, 正一位様, 正面には, 正面を, 歴史を, 水口を, 水屋口から, 汚なさ, 池で, 治療を, 法系を, 洋食って, 浄瑠璃からでも, 清水の, 演説の, 濃い闇, 瀬戸もの, 無念無想に, 煎餅柳橋亭の, 燈籠の, 片袖, 物の具を, 特徴は, 玄関は, 生徒は, 生活にも, 留守に, 番人は, 番頭君恐縮し, 疎林にも, 白い丸屋根, 百羅漢も, 目録で, 看板の, 眞下へ, 真下まで, 眺めは, 矢數と, 石垣の, 石段を, 破れ庇からは, 破損はいふ迄も, 礎に, 社長は, 祝祷結婚式などの, 神体を, 神楽と, 私達の, 秋色桜は, 穴から, 穹窿を, 空間を, 端に, 端正な, 第二音楽長, 筆墨こういう, 答書は, 簷に, 粟餅を, 素壁へ, 細長いお, 紺野老人を, 絵が, 絵本の, 絵馬を, 総元の, 編輯した, 編輯を, 編輯局に, 縁でも, 縁や, 縁先では, 縁近くへ, 美術品陳列所から, 老人が, 老爺を, 耳たぶを, 聖は, 聖者を, 聖観音中宮寺観音夢殿観音など, 背裏から, 胸占に, 脚は, 腰を, 艮なる, 花あやめ, 花天月地中より, 若い番頭政吉, 英雄崇拜, 菓子なども, 菓子折, 落ちた銭瓶, 蔭から, 蔵する所, 薦めによって, 處へ, 虚空蔵にて, 行宮は, 表, 表まで, 袂を, 裏さ, 裏へは, 裏口で, 裏噴水の, 裏手から, 裏手まで, 裏手滅多に, 襟髪を, 西側の, 西洋菓子, 見える橋, 規約を, 親戚及同驛の, 観世音に, 言葉と, 計を, 計画も, 記と, 許に, 詩が, 詩の, 詩三句ながら, 誕生佛を, 誰なる, 調和の, 論も, 諸佛, 諸君の, 護し, 跡の, 身に, 軒下には, 辺にも, 近くで, 近くへ, 近所に, 通し矢に, 遺作も, 部落で, 配置とは, 金庫から, 銅格子ご, 錆びた煙突, 鐘が, 鑑真像や, 長い建物, 門前から, 門口に, 閉った, 間を, 間透き間多き, 関係など, 附近へ, 陰で, 陰火よう, 陶製の, 隅から, 隅に, 隅へ, 階を, 階段に, 階段を, 隠れ穴ルパンの, 隣りの, 雑誌事業に, 露店へ, 非常に, 頂上で, 頭の, 頭陀袋を, 額に, 顔から, 顔を, 餡に, 騒ぎの, 高尚な, 高氏も, 黒いこと

▼ 堂~ (516, 9.1%)

13 入って 6 入ったもの, 飲む 4 徃き, 案内し, 籠って, 近い木立ちの陰 3 して, なって, のぼって, 入つたもの, 於て, 行って, 迎えて, 送る, 郵送す

2 [25件] あつた, あり, いって, かかるかと, かくれて, なつて, ふしぎな, よる, 上った時, 上りし者, 上ると, 上るは, 入つて, 入る, 入るもの, 及ばず, 向いました, 安置され, 掲げて, 晩餐を, 滿ち, 納めて, 赴いた, 遣つた手紙, 集まって

1 [398件] あがって, あがりました, あなたの, あふれるばかり, ありませんでしたそんな, ある, あるあり, あるお, あるをや, ある勝道上人手刻, ある抹香臼, ある絵, ある銭瓶, ある香薬師像, あれば, あんなにばらみの, いたの, いたるまでは, いた時分, いったもの, いる, いると, おいでに, おこもり, おこる, おさまって, おると, お供物, お匿い申しあげ, お参りしたい, お絃, かかって, かくれ日蓮宗, かなりに, こし打, さがって, しては, すぎなかったが, すれば, その人, その菩薩, たのみ細筆, たのんで, ついて行った, つかは, つくって, つたわったの, なつた, なれば, のぼりがたし, はいり夕ぐれ, ひろげられた大きな, みちて, みつといふ, みつる会衆は, みなぎって, むかえて, もう十年, もとづくとも, やすんだり, ゆき着くと, よると, ゐた, ゐて, アラビア馬の, リサイタルを, 一つの, 一の, 一人雨宿りを, 一切の, 一番最初に, 一籌を, 一部あつ, 一酌す, 七代目団十郎の, 七日七夜の, 七日程留錫する, 万年筆を, 三七日の, 上げても, 上げられました, 上った, 上つたとは, 上つて釈奠の, 上り庸俗, 上るが, 上るの, 上る時, 上れ, 上れば, 中年の, 丸窓と, 九年も, 云々の, 云いつけます, 人が, 人を, 伊兵衛, 会し月中漫歩, 会す, 会する, 会つた, 会飲す, 似て, 佇んで, 住し, 住ったら, 住んで, 使ふ, 來り, 供へ, 侵入し, 保存され, 信者が, 備えたる真田勢, 充つ, 入った, 入ったうま, 入ったこと, 入ったところ, 入ったとは, 入ったらしい外貌, 入った剣聖, 入った呼吸, 入った数人, 入った踊り, 入った達人, 入つた気合術, 入つた藝, 入り, 入りますと, 入り安二郎, 入り尽した悠々, 入り得意, 入り易い, 入り来つたとも, 入り迷い, 入ること, 入るであろうという, 入るや, 入るること, 入れば, 入れるもの, 全面的に, 其の事, 其頃腦病患者の, 再びはかない, 出かけて, 出で, 出入りし, 列する間, 到らんと, 到り口舌, 則って, 劣らんや, 勘当され, 勝手な, 化けて, 化して, 升れる, 参じつ, 参籠いたし, 参詣する, 参詣の, 反響する, 古代の, 召抱えた, 同居してる, 向って, 向つたが, 呉侯からの, 善男善女を, 四五日いよやがて, 国師の, 在り子, 坐して, 坐す, 坐って, 坐ます仏法最初, 埋めて, 堂守の, 売り金六円, 夕餉を, 夜まいり, 大宴, 奉納されました, 妖しい奇蹟, 学んだ人たち, 安居し, 安置し, 安置せられし, 宛て, 家族の, 宿し夜十二時ごろ, 寂しいもの, 寝て, 對し, 導き或は, 小さく小さくかすか, 小休す, 小僧一人お, 就いては, 居たの, 居合せた女性, 属して, 帰つたのである, 建てて, 引きこもって, 彼女の, 徃く, 御馳走を, 忍び込み開眼供養, 戻さるべきか, 戻ると, 批評を, 拉して, 招ぎて飲む, 持って, 振落されて, 捧ぐる三角, 擬して, 改刻の, 教えを, 教を, 文金の, 新しいもの, 於いて, 昇らずして, 昇らば, 書いて, 書幌が, 書籍差押に, 来た手紙, 来て, 来りて, 東方より, 残して, 気を, 求める気, 沿うたそこ, 沿ってる道, 泊まろうと, 泊り支那, 法華と, 泣きて, 注がれた時, 注意を, 満ちて, 満ち市民, 満ち飲むほどに, 満つ, 溢れた亡命者達, 溢れて, 溢れる群衆, 滿ちた, 演説会の, 潜って, 激賞された, 点いて, 燃えうつるの, 燃えついた, 父の, 物を, 献ぐる絵馬は, 献上する, 獲た, 生きた猴, 生き胆を, 産育せし, 用意させ, 留めたり, 登りて, 登ると, 百官を, 監禁された, 相て, 相違ございません, 眼, 着いた頃, 着いて, 睡っては, 知られて, 知恵を, 確か飾っ, 祀って, 祠って, 私は, 立ったせい, 立て籠って, 立寄り庭後唖々, 立花の, 笈を, 籠った, 籠めて, 納まって, 納めたこと, 緑青と, 置いて, 美い, 聞合せたるによ, 脱ぎ棄てつ, 脱ぎ棄てて, 腰かけて, 腰を, 臨ませられ万機親裁, 臨席する, 至り晩餐, 至る, 至るの, 與ふる, 花が, 葬られたと, 蓄え, 蓄えて, 藤左衛門の, 行いて, 行き一壜, 行くこと, 行くと, 行った, 行ったとき, 行者が, 訊いたこと, 訪はれた, 詣って, 詣で, 詣でゐに, 詣るの, 詩会を, 詰め切って, 話すと, 誌しのこし, 誘い出されて, 語ったの, 説くに, 請じ, 請じ入れて, 請ひ, 貯えられて, 貴族富豪のみ, 買いに, 賣つた, 賽す, 赴き家具売却, 赴き晩餐, 赴き鎮魂楽, 赴くに, 跪く善男善女, 輕症の, 迎えた, 迎えられても, 迎え慇懃, 近い木立, 近い某, 近い街, 近きところ, 近き町, 近づきました, 近寄ること, 送って, 送つて評, 送りたる開化一夜草, 通じて, 通った, 通って, 逝った, 逢ひ, 連れられて, 遊んだ, 運び入れたの, 運び込んだの, 違いなかった, 遣る此遲馳, 遺した自筆, 金を, 釣り上げられました, 鉄骨の, 銅の, 長く寄宿せり, 関係し, 関係する, 閻魔の, 降りて, 陣座し, 隠れて, 集ったの, 集って, 集つた少年軍は, 集まること, 集まる時, 集めて, 雨宿りした, 預けて, 頼みさ, 頼んで, 駆け附けて, 鳴る松風, 黒氣ある

▼ 堂~ (315, 5.6%)

7 建てて 5 眺む 4 移し規模 3 見る, 訪ひ, 過ぎて, 離れて

2 [23件] あとに, こしらえて, 中に, 中心として, 出て, 出ると, 助け出して, 守って, 建て, 建立した, 建立する, 廻って, 廻つて音する, 横に, 留めて, 眺め, 立ち去つた刹那, 背に, 見て, 見ろ, 見張って, 訪れて, 鑑賞する

1 [241件] いつのまにかきれい, おこしらえ, おとずれたのち, おりて, おり関羽, お借り申しました, お詣りさせ, お詣りする, ぐるぐる廻り, こしら, さして, しつらえその, しつらえて, そつと, たずねたとき, たちいでて, たて, たてて, たてました, たてること, つくって, つくらないと, つくるよう, つけろ, とりつめて, とりひろげて, はじめて見る, はじめる動機, はじめ将軍臨場の, はじめ將軍臨場の, はじめ書院主人の, ひかへ, ひらいたが, また藜堂, めがけて, めぐる萱むら, もうちっと富坂寄, もってる小, やめて, ゆるがすほどの, サラセン風に, 一めぐりした, 一望に, 下って, 下らない, 下りようと, 中心に, 乗せた駕屋, 乗出して, 今夜だけ, 他の, 作って, 作りそこ, 修復する, 修理し, 修理した, 俺が, 倡ひ, 先に, 出かけて, 出ず, 出たがんりき, 出たに, 出たの, 出た姚名達並び, 出た机竜, 出た竜, 出でん, 出敗残, 前に, 創設し, 動かせり篠田, 包囲した, 卒業した, 占領した, 参拝し, 取りまく鐵柵, 取り巻いて, 取り払って, 取るだの, 受け負い見るもの, 受負ひ, 右に, 名乘つて, 吐くが, 呼び起して, 呼んで, 咽せさせた, 営み自家独得, 圧して, 塗るにも, 壊し屋, 売ってるの, 寄附する, 尻目に, 巡りいま, 左に, 左の, 幾つ建て廊を, 建つる時この, 建つ広江寺これ, 建てさせたの, 建てたという, 建てたらお, 建てたらと, 建てたり, 建てた大工, 建てるのみ, 建て荘田千町, 建立し, 建立しよう, 建立すべき, 廻りながら, 引っくり返しちゃ, 徘徊し, 志して, 思い出させるよう, 思い合せて, 打破ったので, 抜けて, 抱えたまま, 招じ入れた, 拝し, 拝まぬのみか, 拝借し, 拵へる, 指ざし, 指し乍ら續, 指す, 捕まえて, 捜して, 据えて, 据えてよ, 接待した, 掻き廻したん, 描き楼, 揺すぶった, 摸して, 支配し, 敲き後, 明るくした, 最も脅かし, 本営地として, 村の, 案内します, 案内に, 構て, 構へ, 模し, 歩かせて, 殘すのみと, 殺すつもり, 殺そうとして, 殺る役廻り, 毀った話, 流れて, 浄めて, 焼いて, 生みました, 疑って, 発見し, 眺めた風景, 眺めやり, 睨みながら, 知って, 知ってるだろう, 知らない東京, 空つ, 立ちいよいよ, 立ち出でて, 立ち去った刹那, 立ち去つたのに, 立てその, 立てること, 立てんこと, 立ん, 立去つた刹那, 立派に, 築いて, 経市川口, 織り込ン, 繞って, 繞つ, 繞つて, 置きて, 聞いて, 聯想せざる, 背景に, 興し又, 蒹葭と, 蔽ふ, 襲いに, 襲おうと, 見かけるや, 見せた, 見た, 見ただけでも, 見とどけた森啓之助, 見上げて, 見下して, 見渡したが, 見物に, 見直して, 見直しましたが, 覗きこんだ, 訪ねて, 訪ねること, 訪は, 訪ひし, 訪ふ, 訪れまたは, 訪れるたび, 訪れる遠来, 訪問し, 設けず, 設けて, 設ける水道, 認めた, 説いて, 起しました五同志, 逃げ出すこと, 逃れた, 通り宮川町から, 通り過ぎると, 造って, 造りまた, 過ぎ旧, 過りぬ, 道具に, 銭瓶の, 開いた五同志, 開いて, 降りた処, 降りる, 降るとき, 隈門の, 離れました, 離れるの, 飛び出したの, 駈け巡った, 駈け降りました

▼ 堂~ (313, 5.5%)

3 お粂, 自分の

2 [11件] ハッと, 一も, 今あかるく, 伊兵衛の, 古びて, 客の, 小石川の, 急に, 武蔵の, 眼を, 静かに

1 [285件] あいかわらずまっ, あっと色, あとの, いかにも彼, いきなり, いくら娘, いって, いつかお, いつの間にか取払われ, いつの間には, うしろへ, うだったよう, おそるおそる奥, おやめです, お妙, お殿様, お茶の, かう云つて, ぐるりの, けろりとした, ここから, ここに, こちらでございます, ことの, このごろ流沙の, この乞食房主, この事件, この動き, この寺, この怪画, この狛家, これと, これに, さかんに, さながらその, しげしげと伯爵, すぐその, すすみ出て, すっかり若返っ, すでにお, すべての, ずんべらぼうじゃあねえか, そう古く, そこで, そこを, その一峰, その唯一, その後東京に, その後次第に, その足, それで, それを, そろそろ嚇し文句, たびたび見た, つぎの, つぶれても, つまらなそう, どうした, どうしたえ, どこへ, どなたを, どれだけ, ないか, なるほどとも, にわかに立っ, また庚申堂, また心, また気, むかし長崎で, もとより故, やっとその, ゆうべからの, よろこんだ, わな, われを, アタフタと, アッと, チベットで, ハゲ蛸から, ペロリと, ホッと, マリ, ルパンによって, 一たんの, 一つ上の, 一万五千人を, 一向にためらわず, 一瞬に, 一財産を, 一転し, 丁度私, 三代の, 三円の, 三方あけつ, 上りこんだが, 上泉伊勢守先生が, 世間に, 丼の, 之に, 乗り出して, 二日二た, 二畳ひと間の, 京の, 京へ, 京都の, 京都市街の, 今は, 今も, 今一年といふ, 仮ぶし, 仰山に, 会下山の, 何気なく肩, 何物を, 信者の, 修理の, 修理中だった, 先年火災に, 光り輝く, 光明皇后の, 八帖の, 六年前文政七年に, 六畳ぐらいの, 六角堂で, 典正な, 再び改築, 初めて口, 別時の, 別棟に, 削壁, 前から, 十八歳の, 十幾万何会は, 十風の, 即ち此上, 去年の, 又三藏, 又八が, 又八を, 取り残されて, 取り毀されましたが, 取り毀すこと, 口の, 古本や, 可笑しいな, 同じく逢っ, 名の, 吹きさらしだ, 呈して, 命旦夕に, 唯だ, 喜連格子の, 四十を, 四十四歳で, 四國某, 四坪程の, 四面共に, 國中の, 埋る, 城内に, 堂守を, 壊し屋, 変な, 大いにそれ, 大上の, 大雅堂, 天平五年の, 妙な, 委細承知と, 寂しく立っ, 対岸の, 小栗判官照手姫の, 小池の, 少し反っ, 帽子を, 幅の, 年寄の, 広前も, 廃墟の, 強弩の, 形だけ, 彼の, 御所之内の, 思わず首すじ, 怪訝な, 憲政擁護の, 手ぜま, 政府から, 政界に, 新しき店, 日本の, 早くも, 明治三十七年内務省特別保護建造物の, 易書を, 易者らしく, 星を, 是かとよ, 木造でも, 木造建築としては, 本姓を, 格子の, 桑原氏名は, 棒の, 森々と, 極めて嚴格, 横の, 橘夫人の, 次の, 残り惜しそう, 気味悪そう, 永く續, 法律上の, 深夜に, 無住の, 無論損, 焼けたまま, 焼け失せて, 猶校, 玉太郎を, 現にシカチェ, 画室を, 番屋の, 疾くに, 白い壁, 目の下だ, 目を, 目前の, 目録を, 相手を, 眉を, 破産し, 神仏混交の, 神妙です, 私共, 穴から, 穴の, 窓の, 立ちどまって, 立って, 笑いも, 策略縱横權變百出能く, 箪笥の, 籐の, 純真な, 素立山に, 經學科政法科文學科醫科格致科農科工科商科の, 耳に, 腰を, 自分が, 自分も, 茫然と, 茹で上がった章魚, 荒ぶる神, 荒れて, 莞爾と, 藜の, 藤堂高, 見識の, 見識を, 詩を以て, 話し出した, 話の, 誰か, 謝礼を, 議会で, 豆天才を, 起き上がって, 足を, 跳ね起きました, 近く修繕を, 近頃如何, 逢って, 酒屋の, 鉄道小説一名探偵小説を, 長庵, 開けッ, 防舎と, 雛を, 雲を, 静まり返りただ, 風呂敷を, 首を, 驚かないが, 高さ九尺, 黙って

▼ 堂~ (256, 4.5%)

19 ある 17 あって 5 忽痕も 4 あった, あつて 3 あったが, あります, 見える 2 あつた, 何か, 出て, 河豚で, 目に, 祭って, 立って, 見えて, 見えますが

1 [180件] あつて型, ありそこ, ありましたなあ, あり劉夢沢, あり憲兵屋敷, あるあの, あること, あるし, あるの, ある所爲, ある時, あわてて, あんまり荒れてる, いくつも, いって, かねて, くずれ落ちた瞬間, こっちから, この女, この江戸城, ございまして, ござる, ごぜえまし, さういふ無頼, しかつめらしく鼻, そいつを, そう言う, そこへ, それとなく見張っ, それとは, たった今帰った, ためには, つまりあなた, なお丸畑, のぞきこんでると, ぱアッ, ひとしきり世辞, ひどく荒れはて, もう出来, もう店, やがて孔明, やって来て, よく知り, よこしマフ, われわれ五人に, コソコソ話し合っ, ジッと, ズウと, パレー・ド・ジュスティス, 一たびさしおいた, 一つあった, 一つある, 一つずつ, 一大小説雑誌を, 一番近い, 上がり湯を, 下へ, 下戸で, 不貞の, 九星本の, 二人の, 二十歳の, 互に光り, 五山に, 人で, 人に, 今にも, 今は, 付いて, 伯爵を, 何人かと, 倒れる, 其の木, 出来たの, 出来てからは, 出来ましたね, 利用される, 前に, 割合に, 化けて, 原本は, 参りました, 取こわし, 受取った作料, 口を, 古色を, 善からう, 在る是, 壊れ永代橋, 外交調査会の, 奏でる壮麗, 奥を, 始て, 封じられた暗剣殺, 少しあるです, 尾行し, 居たって, 居つた頃, 左右に, 市では, 帰った後, 平伏しました, 店先, 建って, 建つて, 建つてを, 建つとき, 建てて, 建てられたという, 建てられたの, 彼の, 心で, 心配し, 思いきったよう, 怪しむの, 息苦しくなった, 成功の, 或日, 拙作小説, 据えられた, 揃うと, 撰んだ, 改めてこの, 旧版を, 星空に, 有り其の, 木賃に, 来たぞ, 来て, 極めて原始的, 横から, 横たわりその, 正面に, 歩く方, 死にました, 死んで, 池の, 火災に, 獅子舞の, 現われた, 目の, 相手の, 真ッ向, 真暗に, 真直に, 眺められる, 眼中に, 睨みつけて, 石松の, 祀られ明暦大火の, 私の, 立った所, 筆屋と, 紙屋に, 聞きたい, 自ら立っ, 自分の, 落成し, 蘭軒を, 袖を, 裏庭から, 見える其処, 見つけたので, 見られるの, 見送りに, 角を, 読めないらしい, 論じた如く秀郷, 讃める, 身を, 転業した, 近くて, 造って, 遺つて, 郡山の, 長い顎, 附いて, 雁行の, 鳥みたいに, 黙認され

▼ 堂~ (219, 3.9%)

14 行って 7 入って 3 まわりました

2 [16件] あがって, 上って, 参って, 姿を, 寄って, 往きそこで, 急いだ, 現われると, 着到すると, 行き食事, 行く, 行くの, 這入って, 通夜を, 電話を, 駈けつけて

1 [163件] お参りし, お戻り, お渡り, お菓子を, かけ着けると, この紙, すすんだ, その本営, たずねて, たのんで, たれか, だつて, でかけた, はいった, はっきりと, ひっ返して, まわった, まわり高山, やってきました, ゆきました, ゆき字引など, よったら店員, よりました, よる, んから, 一人で, 一族の, 上つて行つた, 上ります, 上るん, 上る広い, 保高徳蔵は, 入りて, 入り新刊二冊, 入り来る, 入り込むの, 入るまでに, 出かけて, 出かけました宿題, 出て, 出掛けて, 出掛けるとき平野謙, 初詣り, 原稿を, 参った, 参ったの, 参りまして, 参ります, 参る善男善女, 参拝し, 参詣した, 参詣したい, 参詣を, 参詣致しました, 參詣したい, 取落とした品, 叡山から, 向かって, 向って, 問ひ合せ, 坐り込んで, 報知の, 大刀さ, 奉公に, 客を, 寄せながら, 寄り座, 寄り新刊, 寄り新刊二三, 寄り新刊二三冊, 寄り新刊二冊, 寄り新刊書, 寄り水彩絵具, 寄り食事, 導いた, 帰って, 帰つて来る, 帰らなければ, 引っ立てられて, 引揚げよう, 引返し水彩用具一式三十七円, 往かむと, 御参詣, 御避難, 心が, 忍び寄ったの, 忍び込んで, 忍んで, 急ぐ様子, 戻って, 押して, 担いあげられて, 招かれたこと, 持ち込み若干の, 持って, 捜しに, 日参する, 日参を, 本を, 本営を, 来た, 来ると, 来る途中, 案内されました, 案内し, 森永主催オリムピック応援の, 毎夕の, 泊りました, 泊りましたが, 物を, 着いたの, 神保造酒は, 移って, 立たせて, 立ち寄ると, 立寄るやう, 籠ったところ, 納めたという, 藤山と, 行かれて, 行き, 行きましたな, 行きますと, 行き二三冊, 行き低い, 行き四冊, 行き帰り, 行くと, 行くので, 行く三益, 行く窟門, 行く細い, 行った, 行ったに, 行ったら, 行っちゃ, 行つ, 行つて見ねえ, 請じ, 買いに, 転び入りた, 迎え, 迎えに, 這ひ, 通ふ, 連れて, 連れられて, 連れ込みました, 運び入れられる夫, 適当なる, 還すが, 還すがい, 音楽を, 頂の, 顔を, 飛んで, 飛込んで, 養子に, 馬を, 駆込んだ時, 駈けつけた時, 駈け込んで, 默つて引返へ

▼ 堂~ (196, 3.5%)

4 新刊を 3 あつた, 茶を 2 すら, 患者さん達と, 本尊は, 死んで, 発行した, 買って

1 [174件] あいましたが, あなたを, あの土耳其帽, あの悪像, あらう, あらうと, いやに, いよいよ孤独, お待ちです, お殿様, お目にかかったあの, お籠り, きくと, この像, これも, ござります, しばらく休み, しんと寝所, その仮面, その時, その道徳的寓意, ちっとばかり, ちょうど蠑螺, はあんなに, はそれら, ひとり牛鍋の, ふるえて, まづい, もらった記念, やはりウォータアマン, やること, やる生徒仲間, わが殿, アレグリ作の, オックスフォードが, コ, コーヒーや, ノートを, パイロットの, ポケット日記, ラヘルを, レターペーパーや, 一席やる, 一節切を, 一途に, 七時頃まで, 万年筆, 三圓で, 事務長と, 仏を, 余生を, 催されたので, 催されてる音楽会, 優雅な, 八人の, 出会うと, 出版する, 初めてきいた, 刷ったん, 十五分毎に, 協議し, 原稿用紙を, 原稿用紙四千枚買った, 原稿紙を, 右隣り, 嘗て山片, 堯舜や, 変な, 夜が, 夜の, 大井君に, 大変な, 大護摩, 宗達は, 寛文の, 寝ようという, 寺内首相の, 小さいが, 小さな展覧会, 小さな買物, 小孩, 小憩し, 就任演説を, 居ながらに, 居合を, 岩壁を, 崇大な, 師僧地頭両親法友ならびに, 干葡萄若干, 年鑑を, 弥撒を, 弾くので, 当然雨, 待って, 待合わせ, 御神籤, 御馳走に, 接見した, 救世観音を, 文芸界, 斯う, 新刊二三, 新刊四五冊, 新刊数冊求め, 新刊書二冊買っ, 新刊書四冊求め, 明かしたはず, 昨夜あなたが, 是は, 昼食宿へ, 時政が, 暗中に, 書類入れ, 木村錦花の, 本陣の, 案内人どもが, 櫛笄帯止めなどの, 次の, 歌ったの, 此の, 武者小路を, 歯みがきと, 特にその, 用事の, 発行に, 盛んに, 眠りに, 眠るとき, 短冊を, 祈祷の, 祷ってばかり, 稗史などに, 突然かれ, 立ち読みを, 管絃楽を, 素早い当身, 索いて, 羽目の, 聖ルイが, 自害した, 舞ったり, 荷造りを, 血気の, 行なわせること, 行われた時, 行われて, 行われ私, 見た小田切大使, 見た時計, 見た死骸, 見た緬甸風, 見つけて, 見つけましたから, 誦経を, 説教を, 説法しいた, 誰か, 講演しました, 谷崎, 貝の, 買った二科, 買った梅干あめ, 赤塗に, 起こった一大事, 足を, 遠望した, 酒宴と, 野村さんに, 釘勘という, 開いた時, 開催会費十五銭という, 風を, 食ふ, 骨が

▼ 堂~ (175, 3.1%)

3 に入れ, に安置, の人々, の空気 2 で畳, にその, に礼壇, の装飾, の足跡, はひっそり, は一層, へはいっ, へ入っ

1 [145件] いつぱい, から公子, がかなり, がごうごうと, が暗く, が黒煙濛々, であったため, である, ではそれ, で一夜, で婬, で宴会, で屍体, で採集, で演じられます, で見かけた, にあり, にありし, にある, にい, におさめ, にかけたる, につか, にぬかずいたであろう, にはいつ, にはいりました, にはひしひし, には一せい, には中央, には二ヶ月前, には六千人, には参詣人, には年取った, には数個, には暗い, には格闘, には牧師, には諸々, に人, に入, に入っ, に入らざる, に入り, に入る, に反射, に同氏, に呼び込まれた, に封じ置き, に崇高, に彼得法王, に忍びこん, に忍び込む, に抜け, に掛けられる, に木像並, に歩み入っ, に歩み入った, に歩み入り, に油揚げ, に泊まりたる, に満ち, に溢れ, に立ち入る, に紅毛人, に置かれ, に群集雜沓, に設け, に通夜, に進み, に雁, に集っ, に静坐, に響き渡った, に響き渡る, に鳴り, のこと, のひろびろ, のマリア, の一物, の一隅, の両側, の仏像全体, の前後, の壁上, の壇上, の巽, の床, の彫刻, の拝観, の掲示場, の数数, の明, の明るい, の本尊, の柱, の気分, の法力, の灯明, の燈火, の燭, の石, の礼壇, の窓, の粧飾, の諸, の諸仏, の賓頭廬尊者, の透けた, の隅, の騎士, の騒ぎ, はまだ, はまるで, はゴシツク式建築, は不相, は云いしれぬ, は交換局, は再び, は冷えびえした午後, は勿論ひっそり, は右手, は忽ち, は非常, へはいる, へはただ, へ伴, へ呼びかけ, へ持ち込ん, へ金, へ飛びこんだ, も裂けん, をあらためた, をうち, をのぞき込みました, をゆるがす, を仔細, を参観, を睨む, を罩め, を装飾, を見物, を貫ぬき, を隈, を震動, 坐将軍

▼ 堂~ (146, 2.6%)

4 云ふ 3 云つた, 号し, 名づけて 2 あり大, いって, 云ひ, 伊兵衛が, 伊兵衛さんが, 伊兵衛とが, 同じよう, 大きく書いた, 料理屋の, 真向いの

1 [113件] あって, あるので, ある吐火羅, いい二つ, いう, いうよりも, いつて, いふ, いふを, いへば, お医者様, お見受け申します, お閻魔さま, きては, きめて, こけるかつて, した大きな, して, その前, たしかめてから, なすなり, なりたる, なり引摂寺, ほこらへ, よばれました, よび捨てに, シナの, バジリカの, ベニト・ムッソリニだけは, 七堂伽藍支院諸, 並びて, 中庭と, 中西屋丈で, 丸善とへ, 云うの, 云う人相見, 云う山, 云う篆額, 云う菓子屋, 云ったそう, 云って, 云はずし, 云ひます, 交は, 伊兵衛から, 伊兵衛に, 伊兵衛の, 併び称せられ, 併び稱せられ, 其親戚知人との, 十風との, 協力し, 又八が, 号し書, 号す会津, 同様な, 名づけ絶えず, 名の, 名医の, 呼ばるる稲荷神社, 呼ばるる稻荷神社, 呼び小さい, 呼んで, 図書館と, 地蔵様とも, 堀ひとつへだてた, 小さな堂, 小声で, 小音, 山陽, 岩城さんと, 建て亘, 打ちながら, 換衣室との, 改めた, 改造社との, 春の, 書いて, 木額の, 本能寺の, 東京堂とに, 東京堂へ, 東洋文庫は, 松壽軒の, 江芸閣との, 満願稲荷と, 申して, 申すの, 知り合いでは, 石像を, 研究所との, 破れはてた, 称したもの, 称して, 竹村書房の, 老尼僧, 落ちた, 落つ折しも, 見ゆ, 言い主, 言うべし, 言って, 言っても, 言ふ, 諸共に, 賽錢箱と, 身を, 近鄰, 銘を, 風雅な, 館へ, 魚八とは, 鶴仙堂へ

▼ 堂から~ (119, 2.1%)

6 出て, 出版した 3 洩れて 2 出すこと, 出版され, 出版された, 出版しました, 板おろし

1 [94件] いい弦鳴り, いつでも, お出でに, ここへ, ころがり出す, すぐさま御, そこへ, それぞれと, だしたの, どやどやと, やっと出, シャントルーの, ノートと, 一散に, 三太郎の, 三年坂の, 上梓された, 丑寅の, 二町ほど, 先祖の, 八時頃持っ, 処女マリア像の, 出まして, 出ます, 出版, 出版させた, 出版されました, 出版し, 危うく逃れた, 原稿料を, 原稿紙三百枚, 原著者は, 参籠所参籠所から, 又葉書, 取ったん, 取出した般若, 右身延道へ, 同じく歌集叢書, 嚇か, 夏木立と, 大地へ, 大江山ぐちまでは, 大河を, 妙泉寺へ, 守札を, 寢靜つた仲店へ, 小火が, 少女等の, 廊下一重の, 弥撒の, 後へ, 快よ, 持つて, 日曜日の, 時計を, 本丸の, 本道を, 母を, 気づいて, 汗を, 湧き起って, 溢れて, 焦尾琴, 焼け残つた尼御台さま, 玩具の, 男山八幡へ, 町人学者の, 番頭さんらしい, 発行された, 発行し, 発行した, 発見された, 發刊する, 盜んで, 社家へ, 移して, 立ち上がった, 経堂中堂つづい, 美妙斎を, 聖書と, 若宮稲荷へ, 葉書が, 見遙かす防府, 豫て, 買ったん, 買って, 走り出した, 遠ざかつてゐた, 遠ざかつてゐるうちに, 郷士たちの, 金を, 鉦太鼓を, 馳け, 麺麭を

▼ 堂先生~ (76, 1.3%)

4 の世話 3 の家 2 と小夜子, の顔

1 [65件] から教わった, がいつか, がそいつ, がよく, が云う, が元祖, が呟き, が後, が桃源, が用, たりとも, であります, である, でござったか, でした, とお, との関係, と云, なら安永八年五十七歳, にお越し, にてすか, には残念, にも済まんです, に昼夜, のお側, のお嬢さん, のため, の主義, の僑居, の口, の名, の声, の易断, の窪んだ, の耳, の評価, の身の上, の車室, の釣り, の頭, の首, の黒い, は, はいつも, は可憐, は右, は命, は変, は天眼鏡, は床の間, は枕, は熱, は背中, は胡麻塩交, は足, は返事, は過去, は長い, への談判, ほうほう, をそこ, をも頼み込み, を呼ん, を知っ, を軍師

▼ 堂という~ (73, 1.3%)

8 のは 2 店は, 有名な, 菓子屋が, 薬屋の

1 [57件] お医者, お堂, お菓子屋が, これも, せと, のが, ものが, んです, ギャミ・メンカン, 一軒家が, 二代の, 五目並べにかけては, 人が, 出版屋から, 印刷屋は, 取次店が, 古レコード店一家, 古本屋が, 古本屋の, 和尚に, 商売柄音楽が, 喫茶店へ, 売卜者, 大きな外科病院, 字は, 字を, 宝石店に, 幕が, 店の, 店名のね, 意味で, 文房具屋の, 新聞配達店が, 易者であった, 易者に, 書物の, 書籍店が, 書肆から, 本や, 本やが, 本屋の, 松山棟庵の, 浮世絵店が, 男だ, 筆屋の, 筆屋も, 純粋の, 羅漢寺が, 菓子屋へ, 菓子舗であった, 薬屋へ, 薬舗へ, 金文字を, 額を, 駅の, 骨董屋さんの, 高い建物

▼ 堂~ (62, 1.1%)

2 観た五色岩

1 [60件] あった, ある, この峡谷, すたれて, その中, そばから, また与八, また賽銭箱, わたくしの, ハッと, モクロクは, 一旦は, 一様に, 上がって, 亦偶然, 亦烏有, 仏うまるる, 伊兵衛も, 余程大きな, 初めは, 加十の, 半口乗っ, 古い, 呑気に, 地上に, 寝つかれぬ枕, 山門も, 崩れました, 庫裡も, 引きずッ, 形ばかり, 御嫌い, 恥を, 手伝って, 教わった, 既に頽廃, 昨今悪戦苦闘らしい, 書物だけは, 東照宮も, 武蔵が, 殆ど暗澹, 気に入った, 無言, 玉泉も, 甚だ不平, 石像も, 竹田も, 耶蘇の, 腹を, 色を, 荒れて, 薄気味悪くや, 読者の, 近かった, 近年まで, 近来よほど, 遊びに, 郁文堂も, 隨分寢坊ぢや, 高畑の

▼ 堂主人~ (42, 0.7%)

2 から再度

1 [40件] がしい, が一度悉く, が四十, が所蔵, が語った, だ, でもない, とであつ, とは相識, と号, と号する, と岩城文子, について少し, に交渉, に問い合せた, のところ, のもとめ, の友人, の多, の好意, の本宅, の清水藤太郎君, の清福, の真面目, の秘密談, の請, の頼み, はこの, はひどく嬉し, は一たい何, は一礼, は不承無精, は何, は例, は寥々, は少し, もおそらく, も溜息, を賛美, 来り余

▼ 堂~ (35, 0.6%)

2 の後, はたか子

1 [31件] が云つた通り, が俺, が意味, が書齋, が朝鮮, が沓掛, が矢庭, が繪, が震, が默つて, とたか子, とむき, に頼つて, の別, の方, の膝, の設計, はふ, は休み, は小さい, は思ひた, は急, は日本畫家, は書齋, は窓, は素直, は臆, は花聟, は袂, もぎく, もたか子

▼ 堂和尚~ (29, 0.5%)

2 の禅室, の膝下, の賛

1 [23件] がふらり, が南都西大寺, が申された, が病氣, が自嘲, であったから, とか泉南, との関係, と相識, に, のお, の去りゆく, の啓蒙, の室, の手紙, の老, の言い草, はうなずい, はやはり, は彼, は数年前, ほどになれ, も臨場

▼ 堂~ (27, 0.5%)

2 戒壇院の, 竹田ば

1 [23件] お宮の, お寺の, インドの, 丸善では, 住居などの, 動物園など, 十字架を, 博文館の, 唐招提寺に, 唐招提寺の, 四半堂に, 塔の, 塔や, 官衙など, 寄席へ, 帆の, 改造の, 本堂や, 浴室にも, 祠または, 聖林寺の, 都久夫須麻神社などを, 高陽

▼ 堂にて~ (26, 0.5%)

4 晩餐を 32 昼餉を, 食事を

1 [15件] いつもの, 偶然小宮豊隆氏に, 偶然延寿太夫夫婦に, 偶然松莚子一家門弟を, 偶然菊五郎夫妻に, 偶然鬼太郎君に, 句会, 夕餉を, 大西氏の, 支那水仙を, 晩飯を, 松莚子に, 独酌晩餐を, 逢ひ, 金子紫草に

▼ 堂には~ (22, 0.4%)

1 [22件] しり上がり四五百体の, その聖者, どの部屋, なお弘文天皇, 一時に, 予て怖, 前田曙山が, 名物として, 夫人只一人在りき, 文武の, 昔ながらの, 燈が, 王家の, 留守居が, 皆目わけ, 秘密の, 笛と, 線香の, 脇侍とも, 誰も, 近所の, 金色まばゆい

▼ 堂~ (22, 0.4%)

2 の一人

1 [20件] だけが残っ, だという, である, でお, でもなく, というの, といえ, といっ, といへ, なる名, にあずけ, に至る, のうち, のけじめ, のほか, は帰っ, までひと目, や帳前, をねめつけた, を後

▼ 堂といふ~ (21, 0.4%)

1 [21件] のが, ものあり, ものが, 一書肆から, 予と, 人を, 堂號を, 床店の, 店が, 店の, 文字ど, 書物の, 書肆が, 本屋で, 本屋の, 洋物産で, 男が, 百人頭は, 祠が, 菓子屋の, 鉄瓶屋が

▼ 堂より~ (18, 0.3%)

2 全集第, 歩みて

1 [14件] オーケストラの, 下すは, 下って, 依頼の, 刊行し, 到着す, 単行本出せし, 憂いを, 聞こえ来る, 荷風全集校正摺を, 譲り受けられた際, 遙に, 遥に, 金四百円送り来る

▼ 堂では~ (17, 0.3%)

2 なかった

1 [15件] あろうが, この頃, だれか, ない, なからう, ムリロや, 一人の, 仲, 修身といふ, 俵一八郎と, 同じとき, 宵すぎから, 真珠の, 講讀經講經といふ, 賑かな

▼ 堂まで~ (16, 0.3%)

1 [16件] いったこと, お越しありたい, わざわざ足, 三十銭, 到着した, 勘を, 印税を, 変装した, 夢中で駆け戻っ, 引揚げさせました, 来ると, 無事に, 練り歩かなくちゃ, 迂回し, 送らせい, 雪ふる

▼ 堂~ (15, 0.3%)

2 の諸

1 [13件] にひびき, に人影, に坐らせ, の乾漆諸像, の席, の歓語笑声, の燭, の色紙形, はひそ, へお迎え, へ迎え, をうかがっ, を出ぬ

▼ 堂~ (15, 0.3%)

2 へは近い

1 [13件] にある, におびき出し, にはいろいろ, のその, のベンチ, の七本, の崩塀, の暗がり, の見世物小屋, の遠く, へだけはお, へイキ, へ大弓場

▼ 堂さん~ (14, 0.2%)

1 [14件] いったいどこ, からお貰い, から聞いた, から鳩, がお, こういう不思議, とも話し合った, と岩城さん, のお, の姿, の家, の木戸, の話, や吉堂さんなんど

▼ 堂とも~ (13, 0.2%)

5 見える屋 1 ある人, いい一宇, よばれて, 前から, 呼ぶが, 称うる, 称えます, 言ふべき

▼ 堂微々~ (13, 0.2%)

2 の家

1 [11件] が思ひ, が粛然, が額, だ, とかつて, のみは僅か, の住居, は正義, は此, は玄関, を初め

▼ 堂摺連~ (13, 0.2%)

2 の元祖, の手拍子 1 と同じ, と書く, には学生, のよう, の傾き, はみんな紳士中産階級以上, は自分たち, も次第に, やその

▼ 堂にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] おいてない, よく行きました, 九千百五十本の, 往かない人達, 感じられて, 朱蝋燭の, 極彩色の, 竈の, 詣って, 誰も, 遠くない, 面會した

▼ 堂~ (11, 0.2%)

1 [11件] あるいは殯室, お伽堂, お宮の, または家, 何かしきり, 何かの, 北湖先生位から, 咄し, 小屋か, 己だ, 淀見

▼ 堂~ (11, 0.2%)

21 し炭, ぜ, と女人, と思いこん, ね, のの, へ, 南無大慈大悲, 彼処に

▼ 堂とは~ (11, 0.2%)

1 [11件] いえ絵馬, ちが, どういうわけ, 一町ばかり, 切っても, 別ならぬ, 同郷でやし, 名のみの, 少々勝手, 新進第, 申すなり

▼ 堂病院~ (11, 0.2%)

1 [11件] が恨めしい, が泌尿科専門, って遠い, という看板, に入院, のある, の二等室, の所, の整形科, の避難所, の院長青木寛

▼ 堂~ (11, 0.2%)

2 の諸家 1 が支那明清, が江戸, の号, の名, の大, の自分, の金色, を外部, を案内

▼ 堂詩話~ (11, 0.2%)

2 に見え, を見る 1 に云つて, に出, の中, の文, の牧, を出し, を検する

▼ 堂とか~ (10, 0.2%)

2 狐堂とか 1 あるいは塔, いいましたっけ, いた端, で蟠を, モナミとか, 安産地蔵とか, 室生犀星の, 社とかいふ

▼ 堂~ (10, 0.2%)

2 とは, へ行っ 1 の, のよう, の事, の事務所, の真相, の要人

▼ 堂~ (10, 0.2%)

1 では供奉, にいた, にたたずむ, に持ち出した, の一隊, の坪, はひどい, へ出, へ去っ, へ追いやられた

▼ 堂~ (10, 0.2%)

1 から二人, から持, で説教, なるサン・ルフィノ寺院, に着, のこの, の入口, の壁画, の広場, の蔭

▼ 堂との~ (8, 0.1%)

2 間の 1 シムメトリイなどという, 交は, 入りくんだ関係, 如くロアル河, 対照ばかり, 間には

▼ 堂文庫~ (8, 0.1%)

2 のたぐい 1 であったか, などである, に入っ, に訳され, は主として, は本年

▼ 堂あたり~ (7, 0.1%)

1 から寫眞器, から松柏, から順々, でさえも文芸物出版社, にいぜん, へ行っ, へ身ぶるい

▼ 堂ビル~ (7, 0.1%)

1 で理髪, の地下, の松井, の横, の理髪店, の裏側, 迄行った

▼ 堂勇齋~ (7, 0.1%)

1 とある, という人相, という人相見, と記し, のところ, の処, は萩原新三郎

▼ 堂所蔵~ (7, 0.1%)

3 の花天月地中 2 の花天月地 1 の, の一戸隆次郎著

▼ 堂書店~ (7, 0.1%)

1 から十分, で山田伸吉, に長, のなか, の番頭, の発送部, へ行く

▼ 堂~ (7, 0.1%)

1 があつ, などは聞かない, につかはれた, によつて, はふたつ, を時々, を鶉居

▼ 堂など~ (6, 0.1%)

1 それぞれその, 両三度, 厳めしく, 小雨もよ, 幾たびか, 西洋の

▼ 堂全体~ (6, 0.1%)

2 をながめる 1 には枝, の調和, は右, も四囲

▼ 堂~ (6, 0.1%)

1 などの有る, に用, まいり同然, も記, を建て, 造るに

▼ 堂木山~ (6, 0.1%)

1 と神明山, には山路将監, には山路将監正国, に本陣, の北方, までの間

▼ 堂~ (6, 0.1%)

2 拙訳 1 の, の亀山, の私, 拙訳ルノルマン作

▼ 堂禅師~ (6, 0.1%)

3 の墨蹟 2 の筆 1 の懸

▼ 堂~ (6, 0.1%)

1 があり, がそばだち, が多い, が透い, の千本廂, も下

▼ 堂からは~ (5, 0.1%)

1 以前と, 松山の, 直ぐ懇切, 直ちに返事, 葬式の

▼ 堂その~ (5, 0.1%)

1 ほか武蔵野の, 多くの, 手前が, 母家まで, 西側が

▼ 堂なども~ (5, 0.1%)

1 けっこうな, どういふ, まだ見, もとは, 一頻りこれ

▼ 堂への~ (5, 0.1%)

2 細い樹間 1 案内を, 途中には, 道を

▼ 堂へは~ (5, 0.1%)

1 いつて, やっぱり女人, 先日私も, 占いを, 母に

▼ 堂コレクシヨン~ (5, 0.1%)

1 の当代, は, は当代, をも無残, を除け

▼ 堂ヶ島~ (5, 0.1%)

2 に待つ 1 の雪, へ下りる, を根元

▼ 堂~ (5, 0.1%)

1 と京都, と懇親, の三宅石庵, の依頼, を煩

▼ 堂医院~ (5, 0.1%)

2 の招牌 1 となった, となりました, の大きな

▼ 堂十郎氏~ (5, 0.1%)

1 が舞い戻っ, に一刻, のため, は人間, をご

▼ 堂墨蹟~ (5, 0.1%)

1 がむかし, といえ, に配せられた, は同家, を配し

▼ 堂~ (5, 0.1%)

1 に化け物, に墓場, の庭, へ隠れた, をめぐり

▼ 堂書目~ (5, 0.1%)

1 などを取つた, に據つた, の如き, は全く, も有名

▼ 堂無月~ (5, 0.1%)

1 がまた, とかいう野郎, に相違, の三人, ノ夜

▼ 堂あり~ (4, 0.1%)

1 と叫ぶ, 堂あり, 常曉阿闍梨閼伽井, 男女群集し

▼ 堂~ (4, 0.1%)

2 めえ, 絃の

▼ 堂からの~ (4, 0.1%)

1 案内を, 物は, 葉書を, 返書に

▼ 堂じゃ~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ねえさ, 今日は

▼ 堂です~ (4, 0.1%)

1 が庵主, が豪勢, よ, 私は

▼ 堂とかいう~ (4, 0.1%)

1 ところへ, ので, 古本屋では, 阿弥陀様を

▼ 堂~ (4, 0.1%)

1 のでお, ので定, んでし, 赤いカーペット

▼ 堂などと~ (4, 0.1%)

2 嘲弄まじり 1 全く同一, 号するかと

▼ 堂などは~ (4, 0.1%)

1 その前者, よく心得, 板が, 無名又は

▼ 堂なる~ (4, 0.1%)

1 かなここ, ものの, ものを, もの安

▼ 堂によって~ (4, 0.1%)

2 皆に 1 パウダーを, 万年筆を

▼ 堂により~ (4, 0.1%)

1 チーズビスケット等買う, ペンと, 原稿紙を, 表紙に

▼ 堂へと~ (4, 0.1%)

1 一丁場, 一時ご, 參詣に, 車夫に

▼ 堂をめぐって~ (4, 0.1%)

1 その額, 坐って, 幕舎は, 早くも

▼ 堂勇斎~ (4, 0.1%)

2 の家 1 と云う, に知らし

▼ 堂店員~ (4, 0.1%)

1 おかめ笹校正摺, 来りて, 来り余, 来り全集

▼ 堂~ (4, 0.1%)

1 から娑婆, のあった, まで来た, を渡る

▼ 堂生活~ (4, 0.1%)

1 なん, にはぴったり, のこと, の体験

▼ 堂~ (4, 0.1%)

2 の花天月地中 1 とは註して無い, の註

▼ 堂衆たち~ (4, 0.1%)

1 の面罵, は一, は彼, も持てあまし

▼ 堂~ (4, 0.1%)

1 の外, の客, の死体, の釘

▼ 堂する~ (3, 0.1%)

1 に際しては多く, 時は, 毎に

▼ 堂だった~ (3, 0.1%)

1 が今, が惜しい, のです

▼ 堂であり~ (3, 0.1%)

1 宮である, 東照宮であった, 点景は

▼ 堂である~ (3, 0.1%)

1 がそこ, という知識, 訣だ

▼ 堂とが~ (3, 0.1%)

1 あった, ある, 昼寝の

▼ 堂などに~ (3, 0.1%)

1 幾らも, 結びつけて, 讃められる

▼ 堂などを~ (3, 0.1%)

1 お立てなされた, こしらえました, みて

▼ 堂なら~ (3, 0.1%)

1 ば雅味, まだよろしい, よく知っ

▼ 堂において~ (3, 0.1%)

1 この書, 一族宿老すべての, 貴鼎

▼ 堂にでも~ (3, 0.1%)

1 いちど落ち, うらなって, 張り込んで

▼ 堂みたい~ (3, 0.1%)

2 な部屋 1 なもの

▼ 堂~ (3, 0.1%)

1 嘗て此, 蔵此本紙墨頗精, 逐客の

▼ 堂伽藍~ (3, 0.1%)

1 が固まつ, にとりかこまれ, の工

▼ 堂~ (3, 0.1%)

1 の歌, は蓋, 健強

▼ 堂内室内~ (3, 0.1%)

2 を見 1 をめぐって大広間

▼ 堂~ (3, 0.1%)

1 は惟直, は昌, は正

▼ 堂~ (3, 0.1%)

1 から北支出征, の好意, へ送つ

▼ 堂木山神明山~ (3, 0.1%)

1 の二砦, の総称, への第一線地区

▼ 堂木神明~ (3, 0.1%)

2 の二塁 1 の二砦

▼ 堂~ (3, 0.1%)

1 に而, の縁, らしい一地

▼ 堂~ (3, 0.1%)

1 と青蓋人君, よと感謝, よ蛙堂老

▼ 堂老人~ (3, 0.1%)

1 という者, の行方, も一ペン

▼ 堂鍼灸経~ (3, 0.1%)

1 が収め, とはいかなる, を推した

▼ 堂鶯谷~ (3, 0.1%)

1 だつたの, のこと, の裏口

▼ 堂いっぱい~ (2, 0.0%)

1 にピカピカ, の参拝人

▼ 堂おら~ (2, 0.0%)

1 どうも切支丹屋敷, どうも忌々しく

▼ 堂お前~ (2, 0.0%)

1 は尾州, も今

▼ 堂この~ (2, 0.0%)

1 夜揺り, 日江戸藝術論印税金を

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 がし, へ出

▼ 堂そして~ (2, 0.0%)

2 一慶さま

▼ 堂その他~ (2, 0.0%)

1 でクリスマス, の建物

▼ 堂だって~ (2, 0.0%)

1 いうので, 一年三百六十五日広小路へ

▼ 堂であった~ (2, 0.0%)

1 から私, ものと

▼ 堂でございます~ (2, 0.0%)

1 が, 貸本屋でございます

▼ 堂での~ (2, 0.0%)

1 不覚も, 友だちを

▼ 堂でも~ (2, 0.0%)

1 今でこそ, 見たの

▼ 堂としては~ (2, 0.0%)

1 それ一冊な, 朱子學を

▼ 堂とに~ (2, 0.0%)

1 買物に, 頭を

▼ 堂とを~ (2, 0.0%)

1 ともにとりもどし, 並記し

▼ 堂などの~ (2, 0.0%)

1 古典的な, 従順なる

▼ 堂にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ万太郎様, 古から

▼ 堂または~ (2, 0.0%)

1 塔を, 翕

▼ 堂わき~ (2, 0.0%)

1 に雲, のあき

▼ 堂を以て~ (2, 0.0%)

1 嚆矢と, 紳士の

▼ 堂ビル地下~ (2, 0.0%)

1 の松井, の理髪

▼ 堂ヶ谷~ (2, 0.0%)

1 というところ, は宮

▼ 堂一手~ (2, 0.0%)

1 に出版, の専門

▼ 堂上方~ (2, 0.0%)

1 に屈伏, のうごき

▼ 堂主人の~ (2, 0.0%)

2 と大きな

▼ 堂以下~ (2, 0.0%)

1 の坊舎, は次

▼ 堂先生ぢ~ (2, 0.0%)

1 や, やのぢ

▼ 堂八省~ (2, 0.0%)

1 の内庭, の内門

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 て誂, 小博物館

▼ 堂内別~ (2, 0.0%)

1 にヤソ処刑, にヤソ降誕

▼ 堂出版~ (2, 0.0%)

1 の, の俳諧叢書

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 に淀, の燕

▼ 堂境内~ (2, 0.0%)

1 でした, に今

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 に祀られたる, はこ

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 とか云う, とは女

▼ 堂居士~ (2, 0.0%)

1 からの紹介状, 片や神保造酒

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 が立つ, の壁

▼ 堂岩山~ (2, 0.0%)

1 に続い, の一峰

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 の倉屋敷, や二百十日

▼ 堂店員全集~ (2, 0.0%)

1 第一巻製本見本, 第三巻製本持参

▼ 堂後壁~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 堂忘れし~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまつて

▼ 堂探偵談~ (2, 0.0%)

1 に変ろう, に変わろう

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 だ, ではない

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 が何程, でも為

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 下絳紗帷, 支配人磯部節治君の

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 と散, を眺め

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 にご, のところ

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 がゐる, のところ

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 の作家, の傑作

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 で怪しい, の歯ブラシ職人

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の男

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 をなす, をなすべし

▼ 堂總要~ (2, 0.0%)

1 といふもの, には

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 に私淑, の額

▼ 堂老師~ (2, 0.0%)

2 を山寺

▼ 堂~ (2, 0.0%)

2 をひろげ

▼ 堂~ (2, 0.0%)

2

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 でもあるらしく, の碑

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 へ持っ, へ置いた

▼ 堂近く~ (2, 0.0%)

1 から深山景象, 押し出して

▼ 堂通称~ (2, 0.0%)

1 は千蔵, は平蔵

▼ 堂附近~ (2, 0.0%)

1 の田地五十丁, の隅田川

▼ 堂~ (2, 0.0%)

1 の大, の西洋彩色絵

▼ 堂鬼談~ (2, 0.0%)

2 が今夜

▼ 堂鶯谷宗匠~ (2, 0.0%)

1 ですよ, は振り向い

▼1* [427件]

あけはなつ明けは, 堂あけはなつあけはなたれてゐる, 堂あっていまに, 堂あてにとどきました, 堂あるいは九納堂と, 堂いい加減に少し, 堂いわゆる光堂, 堂うらの塀, 堂お伽堂かお伽堂, 堂からかへして, 堂からでも下りたの, 堂きょうはばか, 堂ここにぞ天心先生, 堂これは戒岩寺, 堂さまにはここ, 堂さんこの間の義士伝, 堂さんなんどの方々, 堂さん可哀そうだと, 堂さん案内して, 堂しかつめらしく机を, 堂したる報恩の, 堂そこを払い退け, 堂そっくりな天主教, 堂それらの糸, 堂たまたまのお客, 堂だけでうたうよう, 堂だのまたは四明嶽, 堂ちかくの秋色桜, 堂っさりと尻餅, 堂つくばふ鹿, 堂つづいては柳原, 堂つて印刷工場に植字工, 堂であってお寺, 堂でござるが, 堂でやすか, 堂で取逃がした曲者に, 堂というは一体何, 堂といった感じで, 堂といふだけではつきり, 堂とかいふ看板が, 堂とかへ行って, 堂として記載せられ, 堂とて小さい堂, 堂とばかりに床の, 堂とやら云える, 堂とやらまでお伴を, 堂と共に當に, 堂どうとしたる, 堂どうかして, 堂なぞ専門なり, 堂などという類の, 堂などといふハイカラな, 堂などへも詣って, 堂なみにはもてない, 堂なり本尊だに, 堂なんかではね, 堂なんぞは西の, 堂については前便で, 堂にとっては一代の, 堂にばかりあるところ, 堂に対して中門の, 堂ぬちにおちゐ, 堂のくらい天窓とを, 堂のだけで第, 堂のむこうに, 堂はじまりからの附道具, 堂はじッと見つめ, 堂へも行って, 堂へをさめました, 堂までには一里余も, 堂までの参道を, 堂までも続いて, 堂にご, 堂めいた小部屋, 堂めぐりをし, 堂めざしてやっ, 堂よりはあたらしくできた, 堂よりも前であった, 堂らしい二層の, 堂らしいですが以上, 堂らしくない殺伐な, 堂わすれてしまいました, 堂をば見物人にも, 堂をもるるはかれ, 堂ウェル骨喜堂大陸骨喜店国民骨喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 堂コレクシヨンさへ残した, 堂スタコラとお先に, 堂と地, 堂到ル, 堂番頭, 堂ハ金がなけれ, 堂ビル九階の清交社, 堂ビル前の中華楼, 堂ビル前のかどの, 堂ビル裏のバアフロント, 堂ブレット等で買物, 堂マタ人ノ病ムナシ, 堂ヶ峰城だの正岡城, 堂ヶ島春近むらし雪解水, 堂一つを残したらしい, 堂一の瀬八幡をすぎ, 堂一乗寺村などで相次い, 堂一代のうち, 堂一件の話, 堂一宇次信, 堂一宇継信忠信の両, 堂一架の帙, 堂一致で再び, 堂三世村田桃鄰も始め, 堂三月堂大佛殿殿には博覽會, 堂三百四十五カ所僧侶三百四十人に過ぎず, 堂三省堂その他どうなる, 堂下ノ堂の二聚楽, 堂忍池漁等の, 堂不幸之砌, 堂不空羂索を見る, 堂丸善本店をまわっ, 堂主人一小冊を携え, 堂主人中村弥左衛門君もツイこのごろ世, 堂主人和田氏来りて, 堂主人和田氏年賀に来る, 堂主人平賀源内これが俺ら, 堂主人文明寄稿家を深川八幡前, 堂主人浦の面々, 堂久作が古風, 堂亀友の, 堂二形の利, 堂五輪塔と五町三町おき, 堂は浮世絵専門, 堂今尾景年森寛斎森川曾文等諸先生, 堂以上の美し, 堂以下各省諸學堂, 堂以来終生忘れる, 堂休業なれば, 堂伝説としてここ, 堂位牌堂から経堂中堂, 堂の見る, 堂が著書, 堂作りの建物, 堂使の者, 堂供養を営もう, 堂に別室, 堂側面未明は暗き, 堂備中の一宮, 堂の代り, 堂兄等の御, 堂先日来頻に, 堂先生それにクッ, 堂先生はさほどに大事, 堂先生一進一退三更の街上, 堂先生久しぶりの煤, 堂先生幸野楳嶺先生森寛斎先生などの方々, 堂先生座右としてある, 堂先生文筆もなかなか, 堂先生梟のよう, 堂先生気の腐る, 堂入りをかえって, 堂其のものにも, 堂其価値二三畝千万銭なるに, 堂内ことさらに礼壇, 堂内三分の二の空席, 堂内参観を許す, 堂内奉納の額, 堂内寂寥たり, 堂内担当の係員, 堂内正面に安置, 堂内玉蟲厨子の扉, 堂円頂閣青さび雲低しこの, 堂刊行の, 堂創設當初の意氣, 堂加藤左伝次と記され, 堂勇齋先生は貴方様, 堂北圓堂境内に今, 堂北湖十風水月等の人々, 堂十二番順もなく, 堂十八景の中, 堂十能六芸伊尹両道仰げば, 堂南北洋水師學堂など西洋, 堂南圓堂北圓堂境内に今, 堂南院の堤, 堂博文館ともどもに顔色, 堂博物館のガラス, 堂参りもできねえや, 堂又は冬瓜堂と, 堂及影像を有する, 堂古流云々の看板, 堂句碑を建てたい, 堂句集印譜付の校正, 堂君来訪二十五年ぶりの会見, 堂和尚べつの名, 堂和泉屋佐倉屋の四人, 堂咢堂奎堂などといっ, 堂国師と一剣, 堂国師天正五年四月八日濃州伊自良, 堂園林より曠野, 堂在銘の仏像, 堂のいら, 堂塔伽藍は更に, 堂に籠り, 堂墨蹟馬麟寒山拾得牧渓江天暮雪大名物瓢箪茶入, 堂阿彌, 堂な日, 堂多きを教化, 堂大人だ, 堂大佛殿殿には博覽會, 堂大逆事件の一人, 堂大陸骨喜店国民骨喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 堂天授庵聴松院不二庵等, 堂奉納の武器數, 堂女体甲冑を帯したる, 堂女体甲胄を帯したる, 堂子規居士鳴雪翁埋髪塔, 堂守りの娘, 堂守る人の, 堂宗匠に逢つて, 堂宝庫傭人たちの住む, 堂寂まりかえってくる, 堂に一日, 堂寺台閣がチラホラ, 堂寺建立の勧化, 堂小屋の左右, 堂小路へかけ, 堂尾崎学堂を隈門, 堂尾崎學堂を隈門, 堂屋上朝顔を見る, 堂の, 堂の祠, 堂山の下にある, 堂と云う, 堂をソンインタンコケ, 堂巡拝記などと題する, 堂に鐘楼堂, 堂を解き, 堂常行堂が左右, 堂平賀源内だ, 堂幸斎は台所, 堂にしぶく, 堂店員歓楽別本製本, 堂廊翼堂と建て, 堂廡輪奐寺門新たなり, 堂建立の資金寄附者, 堂建立以後の製作, 堂建設に役だつ, 堂弁財天祠外久蔵主稲荷常念仏堂, 堂の建築, 堂弱き女の恋, 堂後墓地内杉林の中, 堂微々横川洗身の三人, 堂忘れしたが奴等, 堂応挙とか, 堂怪遊綺譚かまずい, 堂恒善との教, 堂成りてまず, 堂成石勘三郎崎久保誓一何れも大石, 堂が思ふ, 堂ひは, 堂或いは土御門の, 堂の一間, 堂を貸す, 堂手前に武蔵屋, 堂手向山神社あたりにかけて見られる, 堂拙著全集第五巻, 堂招飲故第四及之, 堂捨ててはおけません, 堂の墓誌, 堂撰文一方は陸奥守藤原慶邦篆額, 堂改築に就い, 堂教育の心得, 堂文庫本の, 堂文集を讀ん, 堂日記ふん, 堂日録一月二十五日の記, 堂明治三十五年の頃, 堂ごのみ, 堂より, 堂暑くまづし, 堂書店野村鈴助君が肩, 堂書抄を唐, 堂書目晁公武の郡齋讀書志, 堂書肆の主人, 堂書鈔白氏六帖等の書, 堂書鈔等に散見, 堂最も當世に, 堂月報に拠る, 堂月報一ヵ年予約のこと, 堂有り本尊殊に, 堂望月玉泉等の老大家, 堂へわたる, 堂木山砦の木下, 堂木山神明山塩津方面を監視, 堂木砦を脱出, 堂木神明山にわたる一線, 堂木神明街道中ノ郷の諸, 堂末社の廃絶, 堂本所霊山寺本堂が壊れ, 堂をおい, 堂村瀬清次郎にならう, 堂来也がねえちっと, 堂の草双紙, 堂の佐和利, 堂棟木の由来, 堂森田思軒の三人, 堂構えがあっ, 堂様衆御同朋衆, 堂樫村博士も青山博士, 堂機山閣寺町の南北社, 堂倉院の, 堂正面の祭壇, 堂残らずを隈, 堂永機氏この人, 堂江南製造學堂南北洋水師學堂など西洋, 堂法隆寺東院の夢殿, 堂の城主岸勘解由, 堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 堂津田君一日談海防談此島に及, 堂の筆勢, 堂浄光寺の森, 堂の響き, 堂恙亦堪, 堂焼亡の後, 堂熊本の細川家菩提寺, 堂版五十三次の, 堂版版画にも裏, 堂猫間川の近く, 堂玄俊と其実子, 堂玄俊其伯父錦橋錦橋の妻沢, 堂玄良坊佐久間お竹大日如来, 堂玉殿あり其殿, 堂の資格, 堂用心棒の道中師, 堂用談にて来訪, 堂田善などがで, 堂由井正雪といったよう, 堂番頭来り家具一式, 堂番頭予の全集表帋見本, 堂番頭林氏来りしかばおかめ笹, 堂発行の円朝全集, 堂白木屋とまだ, 堂探秘, 堂目耕肘書斎今未是翁, 堂目録にない, 堂真似もできない, 堂眺望不待言, 堂矢大臣門ほとんど織りなす, 堂礼拝堂の壁, 堂社長などと築地, 堂神田書店夜の読書, 堂神農堂をはじめ, 堂へだって入りましょう, 堂禿山などのウラジオ風景, 堂立ち並んだ西羽黒の, 堂章程による, 堂筆舖の岡田君, 堂管弦団の楽長, 堂籠りして経, 堂精算の結果毎月弐拾円, 堂が手, 堂経堂無縁塚坊舎が三カ寺, 堂経書堂の前をすぎ, 堂經解とか皇清經解, 堂緑芽と紅葉, 堂翁のも出来上った, 堂老人又の名素人探偵の南市太郎老人, 堂聖以外に谷, 堂自身かあるいは, 堂舍廟塔一つとして全, 堂中と, 堂良中著と記し, 堂若くは其族人, 堂むす軒, 堂草案がサラセン風, 堂荷風全集第二巻, 堂蓄音器店の奥, 堂蓬亭の從軍, 堂蔦屋には文庫, 堂蕪村やあるいは, 堂薬師堂を経, 堂薬師堂浮堂中門回廊本社神楽堂鐘楼文庫等及末社おほし, 堂衆中にはこの, 堂衆四五十をひきつれ, 堂行きはなんだか, 堂から鼻紙, 堂裏手に飛火, 堂裡鹿爪らしき八字髯, 堂などと貼り紙, 堂製細筆を贈らる, 堂見舞ひに, 堂親分格のが牧野信一, 堂観音堂などの堂, 堂觀廊廡壯麗なるが, 堂解雇となりし, 堂詩巻を展覧, 堂詩話中に於, 堂詩話補遺にも見え, 堂を作った, 堂護摩堂大師堂食堂丹生高野神社宝塔楼門などほぼ, 堂貝塚を訪ね, 堂身分の高下, 堂軽焼のむさし, 堂戻り食事, 堂から礼拝堂小路, 堂邊迄行きますか, 堂邑侯たり, 堂釈菜席上贈祭酒向井元仲, 堂野村君の一手, 堂金閣寺両本願寺, 堂とに与, 堂を提唱, 堂門下にずっと, 堂開かれたれば衆賓吾, 堂開きとしてお, 堂開化一夜草礼金壱百五拾余円を贈来る, 堂開帳す経堂, 堂に坐せず, 堂集っている, 堂ひ扉, 堂霊験を伝へた, 堂霊験譚もやはり, 堂青潮水の音, 堂へ五百三十段, 堂馬春堂とよび捨て, 堂高刑藤堂氏勝等の重臣戦死, 堂高麗村の月江, 堂魯迅などで人権同盟, 堂鳳谷竜潭鳳潭の七世, 堂鷲印ともう, 堂麹町三丁目の磯部