青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「堀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

埋め~ ~城 城~ 城下~ 城内~ 執拗~ 執着~ 基~ ~基礎 基礎~
堀~
堂~ 堂々~ 堅い~ ~堅く 堅く~ 堕落~ 堤~ 報~ ~報告 報告~

「堀~」 1957, 21ppm, 5438位

▼ 堀~ (473, 24.2%)

12 定蓮寺 11 猪之 10 中へ 8 底を, 水に 7 中に, 水は 5 方へ, 水が 4 なかに, 家を 3 ふちに, 家は, 家へ, 底へ, 方を, 春日に, 近くに

2 [34件] あたりから, ほうへ, 上に, 上を, 両岸, 中から, 中には, 友達の, 向うに, 喜多屋という, 堤の, 家の, 岸に, 岸辺に, 底から, 底に, 方から, 柘榴伊勢屋という, 柳の, 横町へ, 母が, 水と, 水の上から, 水へ, 水を, 流れの, 淺い, 畳屋の, 縁へ, 茶漬屋で, 親分の, 角櫓は, 門を, 間に

1 [303件] あたりらしい, ある家, ある所, ある箇所, いない留守, いら立たしげ, おむら, お喜代, お喜代さん, お家へ, お岩稲荷, お朝, きわへ, くぐり戸, ことは, こぬか雨遠田近田も, そばに, ためには, だんなが, だんな実は, ところまでが, ところまでしか, とちか, なかで, なかには, なかへ, ぬるぬるした, ふたりは, ふちへ, ほうばかり, ほうへと, ほうを, ほとりへ, ほとり転, むこうに, めっかち長屋手枕舎里好の, やうな凹み, ように, をばさま, 七右衞門, 三本松が, 上へ, 下を, 下屋敷の, 両側の, 両奉行, 中さ, 中で, 中にて, 中にも, 中の, 中は, 中を, 中山半, 中程の, 乗つてゐた, 事を, 以前よりも, 伊勢屋は, 住家は, 余流に, 作り物など, 使が, 修築工事を, 側に, 側の, 側へは, 側まで, 元春木挽町の, 入口なる, 八百屋に, 内と, 内に, 内まいり, 処々に, 刃傷までは, 初入式, 前なら, 前に, 前へ, 力であった, 化物だ, 南の, 原っぱへ, 口を, 古着屋で, 向うが, 向うには, 向う側さ, 向う側には, 向う旧, 向が, 向こう側の, 向ひ, 向ふ, 図に, 図は, 土を, 土堤を, 土手に, 坪だけでも, 埋立て, 埋立地に, 堀割を, 塀際から, 外が, 外には, 外を, 外側ちょうど, 外側の, 大きい船宿, 大黒堂だ, 大黒堂を, 大黒屋に, 太鼓持つまり, 太鼓持で, 奥さまも, 奥さんが, 如き又, 妙法寺の, 姿は, 宅から, 宗匠手枕舎里好, 家が, 家で, 家では, 家には, 家族は, 対岸に, 専売では, 小さんと, 小万, 小川の, 属官が, 山城屋という, 岩上の, 岸づたいに歩みを, 岸には, 岸へ, 岸を, 川ざらいには, 川口に, 川岸から, 川端に, 師匠に, 師匠の, 幅の, 幾す, 庄さんもっと, 底が, 底でも, 底と, 底にも, 店を, 廻船間屋浪花屋の, 役宅には, 役宅へ, 往來へ, 往来で, 御定廻り, 心の, 心を, 志津貞中道修町の, 怪い話, 愛でも, 所へ, 手は, 手紙には, 手紙によ, 手紙を, 手踊りの, 指図で, 探さは, 斡旋を, 断崖は, 方に, 方へと, 昂奮を, 春闌け, 普請が, 景色は, 暗い水, 月夜の, 木材の, 材木の, 松だ, 松の, 柴田系である, 槍隊と, 橋を, 母だけ, 母と, 水, 水から, 水の, 水門から, 水間違ひもなく, 河岸へ, 河岸も, 河岸通に, 河岸通には, 泥を, 泥土, 洋品雑貨店, 洛南柴田元春が, 流が, 流に, 流れに, 流れ口へは, 海禪さんに, 涙橋から, 涙橋に, 深雪にて, 湾入の, 源兵衛思の, 瀬戸物屋へ, 炭田を, 物らしい, 物揚場に, 現場に, 田沼侯の, 町を, 界隈には, 病気とが, 目の, 直助権兵衛, 真中に, 石垣の, 石垣を, 石崎丹後樣な, 空ッ風に, 端に, 端まで, 箱屋に, 粘ついた泥, 縁と, 縁には, 縁を, 耳を, 胸に, 腰かけた場所, 與三郎殺しが, 船宿角中の, 艀の, 色物席柳江亭の, 芝生が, 芸妓たちを, 芸者も, 芸者小万と, 苔むす石垣, 茶屋へ, 茶漬屋から, 茶漬屋では, 茶漬屋の, 茶漬屋へ, 薄濁つた, 蛙, 蛙が, 蜂龍に, 蟇を, 裏店で, 裏河岸との, 裏長屋で, 裏長屋ながら, 親分には, 警察署に, 豊橋から, 跡とりに, 跡目を, 跳橋が, 車庫の, 辺で, 辺まで, 近くへ, 近くまで, 逸見若狭守様の, 道も, 邊に, 邊には, 邊の, 酒亭寿, 酒問屋の, 里好てえ, 里好の, 野口という, 釜屋, 釜屋へ, 鉄柵に, 銀子の, 鍋久へ, 長谷川へ, 間には, 附近には, 際を, 雁の, 雪見舟から, 頬が, 顔は, 顔を, 馬の脚が, 魚屋の, 鯉釣りなど, 鴨が

▼ 堀~ (161, 8.2%)

3 云った, 手を 2 それを, つづけた, 低い声, 既に埋められ, 本所の, 自分の

1 [143件] あごを, いうこと, いって, いつも四十八時間以内, うっとりし, おあい, おこったよう, かえってこなかった, かなり前, きっと庭さき, きのふ跡部に, この伝説, この話, ころりと, さっきから, しづけき日, すぐに, すぐ玄関, そういうあい槌, そういう一日, そういっ, そういつもの, そう云っ, そこで亀, そこへ, そこを, そのとき, その上官, その方角, その淵, それだけとして, それだけの, それには, ただそういう, にじりつけるよう, ぬっと右手, ふくれ面, ふと目, ふりかえって, ふる雨, ほとんど自分, ぼんやりと, まことに寒さうな, また脇腹, みな泥深く, めんどう臭げに, やっと床, 一ひざ乗りだした, 三十堀らしい, 上下とも, 不安らしい, 中泉を, 亀の, 事重大と, 今も, 会所を, 佐竹右京太夫様の, 何か, 免れて, 八十次郎の, 公儀の, 内儀の, 内心あわてふためい, 判官の, 前から, 前役矢部駿河守定, 力を, 卓の, 即座に, 反射的に, 口には, 口の, 吐息を, 嘆息する, 土井の, 城の, 報告に, 夕凪水照けだし, 大きな運河みたい, 如何でした, 學力あり, 家じゅうを, 小さな川, 小さな眼, 居間に, 幸ひ, 座を, 座敷へ, 庭へ, 引き廻して, 得物一つ持たず, 御祓筋の, 意味あり, 意地わるく, 手で, 指に, 時の, 暫く待つ, 朝に, 本所だ, 東京より, 柳しだるる, 此處だ, 水紋の, 洋服の, 洗面器の, 津田の, 浅きか, 混み入った数, 片っ端から, 物価の, 玄関で, 現職の, 生垣の, 當時小, 目を, 眉を, 真正面に, 眼で, 石川と, 私にとって, 稲ちゃんが, 立ちどまって, 組んで, 考え込んで, 考へて, 蓮で, 藻を, 裏門から, 裏門を, 覗き込むこえ, 訴状を, 誘われるよう, 語りつづけた, 跡部の, 身体ごとぐるッと, 間もなく正体, 雨の, 静かに, 頑固に, 顔を, 馬丁に, 鼻を

▼ 堀~ (130, 6.6%)

9 沿うて 5 して, 沿って 2 なって, 住んで, 利助を, 呈す, 河獺が, 雁の

1 [99件] あるという, いた時分, いるん, いる赤腹, かかった上, かかった猿子橋, かけた橋, かけられた四筋, かけられた正法寺橋, ございまして, すべりこんだ, する世話, つづく油蔵, なっちまっただ, なる, のぞむ城, 一酌す, 上がれば, 人数を, 住まって, 住みついたの, 住みつきそれから, 何か, 使って, 依頼し, 入りて, 入れ, 出でて, 分れて, 向かった方, 向ひました, 唇を, 圍つて三日に, 大来館, 家には, 導かれるの, 居ますよ, 居る若旦那, 属し鬼怒川, 巡査の, 影映す, 待ちうけて, 打ちこんだ杭, 投げ込まれたの, 放ち旅順, 曳きずる肥舟, 架した, 柳の, 棄てに, 橋が, 歸つて小唄の, 死骸が, 殘つた青い, 河原崎座の, 沿うた東森下町, 沿う少し, 沿った堤, 沿った道, 沿った道路, 沿ふた, 流れて, 浅野の, 浮かした材木, 添いやがて, 添って, 添つて東へ, 添つて歩い, 添つて進んだ, 無償で, 獨り, 田宮稲荷が, 申し上げる, 町としては, 直されたの, 相違ない, 移した, 移って, 突き落さうと, 突き飛ばせ, 臨む料理屋, 自前持ちの, 萬屋忠藏と, 落ちて, 藕花の, 言つて遣つた, 誘うの, 踊りの, 近い馬具師, 近かった, 近かつ, 返した, 通う猪牙, 通ふ, 長い顔, 霰と, 面した東裏, 面して, 飲む, 鮒が

▼ 堀~ (88, 4.5%)

2 埋むる屍幾千, 掘って, 渡って, 見それから, 越したり, 隔てて

1 [76件] お通り, くったと, くって, こしらえようとは, この事件, すぎ浅草, はさんで, はしる, へだてたと, へだてて, ほって, ほりこの, ほり東西, めぐらしその, めぐらして, やぶられ瓦礫, 一つ越せ, 仰ぎ視た, 偵察に, 出て, 前に, 取り廻らせり, 喰つて縁側を, 垂, 埋めちまって, 埋めて, 埋める組, 埋め土地, 城代土井大炊頭利位の, 好いて, 守るよう, 家の, 庭から, 廓の, 廻して, 廻らせ城壁, 恐いもの, 拾って, 捜して, 捜しに, 掘っては, 掘っても, 掘りまして, 掘り土手, 掘り鹿垣, 探るの, 探るは, 控えての, 攻めた秀吉, 東の, 横切って, 横切つて, 死場所に, 泳ぎ渡って, 浚うと, 渡り高い, 渡ると, 満たした朝, 漕いで, 相するに, 穿って, 穿つて, 結びつけるだけの, 縄らし, 繞らし, 覗いて, 越えて, 越える繪, 越えんと, 越して, 追い除けた, 通ったら馬春堂, 連ぬるあり, 隔て, 隔てた馬場先, 飛び越えようとしては

▼ 堀~ (55, 2.8%)

3 あって 2 ある, 明暗を

1 [48件] あたりを, あったらしく北側, ありますが, あり舟, あるところ, あるん, おほ, そう言った, そのまま残っ, それに, たえ間, つづいて, 一丁も, 下谷と, 今少しく, 何か, 何時もの, 保証し, 出た跡, 号令した, 吉田を, 問うた, 埋立てられた, 堀りめぐらし, 声を, 女学校を, 家を, 小さい声, 広々と, 広瀬に, 当時の, 怖いぞと, 有り爾, 有るからと, 来合せた, 東町奉行所に, 横たわって, 海へ, 漁を, 生涯で, 知って, 西へ, 要所々々に, 通って, 遠藤の, 部下の, 隅田川へ, 非番である

▼ 堀秀政~ (53, 2.7%)

2 の先鋒, の東野山, やその他

1 [47件] からの者, が, がいう, がやがて, が出迎えた, が突如, だけは, だけを伴っ, である, とその, ともある, と槍, と歌人, と蒲生氏郷, などの諸, などをかえりみ, に各, の一手, の五千人, の先鋒隊, の兵五千, の容れる, の従兄弟, の手, の手ひとつ, の攻め, の旗本, の本隊, の詳報, の軍, の陣地, の隊, の顔, は, はすす, はニベ, は以前, は指さし, は濡具足, は軍監, へ渡され, もつづい, もとび上がる, も剃髪, も池田勝入, をつけた, を犬山城

▼ 堀~ (48, 2.5%)

2 出向いて, 行って

1 [44件] いったらどう, おりながら, かけての, さしかかって, つ, ついた, ついて, つづく一条, とびこんだ, はいって, はいりようやく, もどって, やって来ると, 來る, 入ると, 出ようと, 出る韓信橋, 差懸る, 投げこむほどの, 持って, 曲ると, 来たので, 来て, 来ると, 死骸を, 沈めた, 流れ込みそこ, 浮いたの, 浮いた首, 眼を, 着いたの, 緒牙船で, 舟が, 落ちて, 落ちる口, 蟄息致し, 行くはず, 行った, 行つて搜す, 身を, 通ふ, 釣に, 首の, 駈込んだが

▼ 堀~ (41, 2.1%)

2 溝と, 相談し

1 [37件] いうにも, いえば, いつたやう, いわれる錦糸堀, そこから, とんだ三題話, なし南, なって, なつて, なり無数, よばれ下流, 一しよ, 一つの, 云う家, 云う小さな, 云う玉川浄水, 云ったばかり, 云ふ, 仲お, 内儀との, 同じく木場, 同じやう, 名乗る白面, 呼ばれた溝渠, 堀の, 大横川との, 属官が, 彼との, 木塁を, 橋と, 橋ばかりの, 水の, 油堀とを, 石垣と, 金沢が, 金沢に, 鍵とは

▼ 堀田原~ (41, 2.1%)

13 の家 3 の主人 2 の知り, の馬場

1 [21件] から寿町, から帰った, から従前通り私, とある, にいる, にかねてから, に住ん, のある, の中屋, の使, の池田屋, へ全部移転, へ出向い, へ出向かなけれ, へ廻る, へ移し, へ移れ, まで行く, を出, を抜け, 抜けて

▼ 堀~ (34, 1.7%)

2 の詩人, はちつ

1 [30件] かね, がさ, が北信州, だと, との三人, と会つた頃, に思ひ比べる, に感謝, の, のかう, のその, の之, の作品, の健康, の同情, の小説, の抱い, の旅, の早熟, の最, の編集, はかう, はどう, は古い, は固, は心, は自分, ばかりは健康, もかう, を思ふ

▼ 堀~ (34, 1.7%)

4 の山善 2 に至る, の本宅, の横町, の穀物問屋

1 [22件] から大, から瀬戸物町, から蠣殻町, で小網町河岸, で電車, なの, にあの大, に窮まり, のほう, の一件, の事件, の五人組強盗, の叔母, の呉服問屋山善, の方, の杉, の船宿, の藏, の鈴木, は地名辞書, は深川木場, へ

▼ 堀から~ (29, 1.5%)

2 今戸橋の, 流れて

1 [25件] いろは屋が, お駕台, こっちには, ずっと遠く, 上って, 久我の, 二番堀云, 人声が, 出た彼, 出て, 千鳥橋を, 吹きつける風, 吹き上げて, 堤の, 引き出され貴方, 服が, 横丁へ, 死骸に, 清元の, 溝の, 舟で, 舟に, 舟を, 這いあがると, 隅田の

▼ 堀大主~ (28, 1.4%)

13 典の 6 典は 3 典が 2 典と 1 典で, 典に, 典にとって, 典を

▼ 堀~ (23, 1.2%)

11 たの 6 たを 3 たに 1 たとか, たには, た通り九段

▼ 堀久太郎~ (21, 1.1%)

3 と菅屋九右衛門

1 [18件] から拝領物, がふところ, であった, と奥州者, と菅屋, と蒲生忠三郎, に向っ, に小声, の好意, の部下, は, はこみあげる, は強い, は負け, へそっと, へ伝令, もきょう, をやっ

▼ 堀~ (19, 1.0%)

1 [19件] なさる, にか, に取りかかりましょう, に行きける, に行く, ねえ, 上げも, 下げ堀り出したる, 且つ運び, 人である, 人夫らが, 使の, 來つ, 出しに, 出し物の, 出し者が, 太い長い柱, 御聞き, 松葉や

▼ 堀さん~ (17, 0.9%)

2 ですよ

1 [15件] とおっしゃる, とそれから, に同志社, の, のいふ, のよう, の事, の所, はどう, は問題外, は沁, は答えた, へいらっしゃる, らしい感情, を遠く

▼ 堀~ (17, 0.9%)

4 氏の

1 [13件] さんです, さんの, の家, は私, 亮三氏は, 克礼さんの, 克礼という, 夫妻は, 家と, 家の, 氏だった, 氏は, 氏を

▼ 堀~ (16, 0.8%)

1 [16件] そうだ, そこから, つき橋, なく, またしばらく, まるでその, 一つに, 亦至って, 分別なく, 前に, 大方は, 気色ばんだ, 深寝, 界隈の, 近い, 黒鬢つけです

▼ 堀~ (16, 0.8%)

1 [16件] がいる, が廊下, その人, というその, とは俺, と知っ, などと顔見知り, なるもの, なる青書生, にとってはさき, の顔, はゆるやか, は今日, は例, をその, を彼

▼ 堀普請~ (15, 0.8%)

3 の奉行

1 [12件] がはかどらず, が始まっ, が故障, が終ったら, が終りしだい辞職, とそれ, などは幾つ, のこと, の目付役, の総, は伊達家, を上覧

▼ 堀周吉~ (14, 0.7%)

1 [14件] が代, が何やら, さすがに, に逢つて, の奸計, の話, はギヨツ, は一座, は思つた, は恐ろしく, は縁側, は老巧, は血眼, は言

▼ 堀~ (13, 0.7%)

1 [13件] これでも, はやと, ひたひたと, スケッチを, 両岸, 仇討の, 出会た, 後ろ袈裟に, 心中を, 生け捕ったとか, 近くも, 顔を, 魚屋を

▼ 堀という~ (13, 0.7%)

2 のが

1 [11件] ご仁, のだ, のは, ものです, 個人の, 名が, 夫を, 小川の, 川だ, 池に, 男が

▼ 堀には~ (11, 0.6%)

1 [11件] あまり白く, ホワイトパロツトと, 何処かで, 動かない水, 有明楼大吉川口花屋などという, 母が, 汚水が, 移住した, 立派な, 蓮が, 酒醤油の

▼ 堀辰雄~ (11, 0.6%)

1 [11件] がある, がき, と梶井基次郎, と西洋洗濯, などの若い, に, におくる, の作品, の返事, は洗濯屋, 及び日塔聰

▼ 堀博士~ (10, 0.5%)

2 の報告, の鑑定 1 からお, が仕事, が入っ, はぶっきら, はゴム, は大

▼ 堀まで~ (9, 0.5%)

1 くると, さかのぼって, 来て, 来ること, 歩いて, 歩みつづけたよう, 潰したので, 盥をか, 駆けて

▼ 堀割り~ (9, 0.5%)

1 だ夢中, にそっ, に似た, の大きな, の様, の水, は河童, へ差しかかった, を探し

▼ 堀~ (9, 0.5%)

1 の一部, の兵, の大半, の所在, は彼, は疾風, は稲葉附近, もまた, も却って

▼ 堀達之助~ (7, 0.4%)

1 と後者, にくらべ, の, は蕃書取調所教授, も士分, や他, よりも昌造

▼ 堀~ (6, 0.3%)

3 水が 1 水かと, 水の, 水一類は

▼ 堀久太郎秀政~ (6, 0.3%)

1 がひきい, である, とか長谷川宗仁, と秀勝, はこの, は嘆声

▼ 堀春日~ (6, 0.3%)

1 にて昼餉, にて猿之助千代菊八郎等, に少憩, に徃, に立寄り, に赴き

▼ 堀~ (6, 0.3%)

2 のおでん屋 1 にある, のところ, の助, の理髪店

▼ 堀~ (6, 0.3%)

1 とが話し, に会う, のは最近, の館, は日本, を思ふ

▼ 堀どの~ (5, 0.3%)

1 となにか, にも引っ返し, の言葉, はどういう, はどこ

▼ 堀~ (5, 0.3%)

1 何かは, 堰の, 深川へ, 溝へ, 片葉

▼ 堀らしい~ (5, 0.3%)

1 ものが, もので, 姿が, 感じが, 所へ

▼ 堀~ (5, 0.3%)

1 と暖かく, 可き, 谷に, 近い所, 道具が

▼ 堀与次郎~ (5, 0.3%)

1 がその, と一, などは自身, は死, をたしなめた

▼ 堀井戸~ (5, 0.3%)

1 からガタ, から冷っこい, があっ, に釣るし, の水

▼ 堀織部~ (5, 0.3%)

2 の自殺 1 はそれ, 正家臣三島三郎兵衛, 正恩顧

▼ 堀裁判医~ (5, 0.3%)

1 がいった, の報告, の鑑定, は小首, は洗面器

▼ 堀~ (4, 0.2%)

21 から深く, が大

▼ 堀でも~ (4, 0.2%)

1 下る了簡, 探して, 描いて, 裏に

▼ 堀医師~ (4, 0.2%)

1 が首, のため, は巡査, は部屋

▼ 堀留川~ (4, 0.2%)

1 の舟, の裏河岸, へ繋い, を下っ

▼ 堀監物~ (4, 0.2%)

1 はあわて, はその, は意外, や近藤重勝

▼ 堀石見守~ (4, 0.2%)

1 の剣道指南南条右近, の剣道指南役, の居城, は部下

▼ 堀とも~ (3, 0.2%)

1 いう日本橋川, 一緒に, 云って

▼ 堀など~ (3, 0.2%)

2 でよく 1 あらゆる防禦線

▼ 堀について~ (3, 0.2%)

1 こんなお話, ぶら, 曲った左側

▼ 堀にも~ (3, 0.2%)

1 わからなかった, 似て, 茂つた草を

▼ 堀りか~ (3, 0.2%)

1 えし, へさるる, へし

▼ 堀り出し~ (3, 0.2%)

1 て, て来, て来た

▼ 堀保子~ (3, 0.2%)

1 は大杉, は皮肉, もイヤ

▼ 堀先生~ (3, 0.2%)

1 がこの, である, は授業

▼ 堀利堅~ (3, 0.2%)

1 に上書, に呈す, に告発

▼ 堀~ (3, 0.2%)

1 の人家, の林町三丁目, の空

▼ 堀~ (3, 0.2%)

1 の内, を走り, を越え

▼ 堀武三郎~ (3, 0.2%)

1 というの, などという加賀藩, の留守宅

▼ 堀~ (3, 0.2%)

1 の命, は矢張伊達家, を幕府

▼ 堀老人~ (3, 0.2%)

1 と来たら, の頑迷, は急

▼ 堀菅屋~ (3, 0.2%)

2 のふたり 1 の両

▼ 堀藤次~ (3, 0.2%)

1 などのわずか, の手, 同じく四郎

▼ 堀辰雄君~ (3, 0.2%)

1 と小林秀雄君, の作品, も僕

▼ 堀辰雄氏~ (3, 0.2%)

1 から, などは一年中, の創作集

▼ 堀返し~ (3, 0.2%)

2 ては 1 つつある

▼ 堀あたり~ (2, 0.1%)

1 の町娘, まで歩く

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 わるくする, 川へでも

▼ 堀きり~ (2, 0.1%)

1 の, の櫛

▼ 堀ざらい~ (2, 0.1%)

1 とはその, の普請

▼ 堀その~ (2, 0.1%)

1 人が, 水草の

▼ 堀その他~ (2, 0.1%)

1 の幕吏中, の諸

▼ 堀たのもしき~ (2, 0.1%)

2 砦かな

▼ 堀といふ~ (2, 0.1%)

1 場所を, 川を

▼ 堀とが~ (2, 0.1%)

1 あった, 社交的に

▼ 堀との~ (2, 0.1%)

1 ほか幾許, 間を

▼ 堀とは~ (2, 0.1%)

1 どこだ, 少し違う

▼ 堀とを~ (2, 0.1%)

1 すっかりこしらえさせ, 望みながら

▼ 堀と共に~ (2, 0.1%)

1 次日市内を, 私の

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 の, のです

▼ 堀ひとつ~ (2, 0.1%)

1 へだてた向い岸, へだてた背中

▼ 堀へでも~ (2, 0.1%)

1 勝手に, 往って

▼ 堀へと~ (2, 0.1%)

1 糸に, 苔の

▼ 堀より~ (2, 0.1%)

1 入りて, 大名屋敷の

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 せて, ねえと

▼ 堀ユミ子~ (2, 0.1%)

1 が十九, の性格

▼ 堀七郎兵衛~ (2, 0.1%)

1 なる者, の鑑識

▼ 堀久太郎どの~ (2, 0.1%)

1 へわれら, をせんじん

▼ 堀入口~ (2, 0.1%)

1 の図, より中洲

▼ 堀出し物~ (2, 0.1%)

2 でも

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 督修業被, 督被

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 右衛門勝家ガ馬幟, 右衛門堀道利など

▼ 堀向う~ (2, 0.1%)

1 の良家, の高台

▼ 堀~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 の町, の眺望

▼ 堀大尉~ (2, 0.1%)

1 は戦死, もさつき船橋

▼ 堀子爵~ (2, 0.1%)

1 がぞんざい, が居直っ

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 のあった, をした

▼ 堀洞斎~ (2, 0.1%)

1 と云い, は実に

▼ 堀~ (2, 0.1%)

2 葉の

▼ 堀田原森下~ (2, 0.1%)

1 となる, の方向

▼ 堀留あたり~ (2, 0.1%)

1 の大, を親父橋

▼ 堀留河岸~ (2, 0.1%)

1 の呉服問屋, の山善

▼ 堀盛ら~ (2, 0.1%)

1 の政府, は問題

▼ 堀監事どの~ (2, 0.1%)

1 のこと, をお送り

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 の一風景, は昨夜十二時

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 の深み, をやる

▼ 堀經夫博士~ (2, 0.1%)

1 にここ, 及び小泉信三博士

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 の上杉侍従家, の上杉弾正

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 州の, 州は

▼ 堀~ (2, 0.1%)

1 の空地, を駆けました

▼1* [251件]

ありて水, 堀あるいは薩摩堀の, 堀あるいはまた日比谷馬場先和田倉御門外へ, 堀かっぱの伜, 堀かの靜かな, 堀かへして, 堀からは遠くない, 堀さんわれら協わぬ, 堀さん先日まであなた, 堀さん身どもも一度, 堀て見ねえ, 堀じゃありませんか, 堀じゃあねえとにらんだ, 堀すべてが陰, 堀だけを潰す約束, 堀だって何処の, 堀ぷちで腕組みし, 堀っても金は, 堀ってるから, 堀子ん, 堀つくりかへした, 堀つて埋めたこと, 堀つて住居とせり, 堀であるのかと, 堀ですか, 堀といふはこれに, 堀とやらの近所に, 堀めと, 堀などが一目に, 堀などに関係は, 堀などの上位であっ, 堀などをスケッチした, 堀なるものなり, 堀なんかへ行つた, 堀なんぞぢやあ馬が, 堀にて意氣も, 堀にゃア材木が, 堀に対する好悪の, 堀に従って時々曲っ, 堀のさざなみに揺れ, 堀のどてのよう, 堀はぞッと, 堀ばかりやって, 堀ふちの桜, 堀へは一と, 堀ほど暗惨に, 堀またはいかなる鏈, 堀よりは三人の, 堀られて中腰, 堀りあげてくれ, 堀りかけてゐる, 堀りたる竪穴有り, 堀りとりて我が, 堀りまする所が, 堀りめぐらしてある, 堀り出されてゐました, 堀り出したる土を以て, 堀り出すか埋める, 堀り窪めて低, 堀り立てたばかり屋根, 堀り見るに依然, 堀り起して無用, 堀り込んでう, 堀り返して見れ, 堀ば柿の木, 堀をば丁度田植, 堀ハウスにもいっ, 堀ビルの寺木ドクトル, 堀リ凹マシテ住居トセシ事ハ彼ノ地ニ存スル竪穴, 堀一つ隔てた向い側, 堀一丁目三番地俗にいえ, 堀一橋の近く, 堀七郎篠塚伊賀守川波新左, 堀三味線堀山谷堀の界隈, 堀上げ下げ自由な鉄, 堀上の島西代荒川河役前四ツ谷前など数里, 堀与次郎おりまする, 堀与次郎どの御本陣, 堀与次郎川上久左衛門比田帯刀などの勇姿, 堀与次郎比田帯刀などの腹心たち, 堀両国で薬研堀, 堀中川高山蜂屋などの諸, 堀中村宮部などの諸, 堀丹後守直寄, 堀丹波の土塀, 堀主水の一類, 堀久太郎片桐且元長束正家などである, 堀久太郎秀政滝川左近将監一益などの諸, 堀久太郎秀政自身釈明に来た, 堀久太郎秀治二番には蒲生忠三郎, 堀久太郎菅屋九右衛門などの真心, 堀久太郎蒲生右兵衛ふたりして, 堀久太郎高山右近桑山修理黒田官兵衛父子木村隼人佑藤堂与右衛門小川佐平次加藤光泰などの全, 堀二つを距, 堀二丁目は中, 堀二人で四千人, 堀京町堀江戸堀などがその, 堀人夫を, 堀る御, 堀以南は品川, 堀以西は神田町通, 堀仲右衛門上書にあわせ, 堀仲左衛門と岩下佐, 堀伊賀守利堅は何, 堀休太郎蜂須賀小六仙石権兵衛一柳市介などの旗本, 堀伝えに, 堀伸二森宏一の二氏, 堀の十人衆三村清左衛門, 堀何とかいうご, 堀保子神近市子伊藤野枝の苦しい, 堀健夫東京文理大の藤岡由夫, 堀備中守さまのお, 堀八堀と水, 堀だ, 堀出セシモノニテ径一寸一分重一銭八分五厘, 堀切りの菖蒲, 堀別しては木場辺, 堀勝名が居た, 堀の一角, 堀即ち真福寺橋の, 堀吉原の華手, 堀吉祥寺橋小石川橋を経, 堀周吉その他の惡者, 堀周吉養子の助十郎, 堀の毀れ, 堀堀尾などの面々, 堀堀尾中川高山中村各家それぞれ自家, 堀が崩れまし, 堀夥しい材木置場から, 堀夫婦の手, 堀之邸舎, 堀富貴亭に飯, 堀寿子とか云う, 堀小学校の建築塔, 堀を南, 堀山内などの直系, 堀山谷堀の界隈, 堀平田加藤の諸氏, 堀という名前, 堀庄太郎もう少し略し, 堀式部少輔様, 堀弥太郎伊勢三郎など二百余騎, 堀弥太郎景光という武士二人, 堀待乳山の裾, 堀待乳山等の如き, 堀抜井戸じゃア, 堀抜工事の木遣, 堀所不, 堀文学の映画化, 堀本隊がそれ, 堀に違えねえ, 堀東兩國から原庭, 堀柴田の裔, 堀検事正馬場次席検事は, 堀は寒し, 堀とその, 堀横網の川岸, 堀止めのこ, 堀正太郎君などは横書, 堀正平氏であると, 堀殿はあたり, 堀氏手亮碩熊石村根陣岡田総督手文礼出張被仰, 堀氏通称兵左衛門後精一, 堀である, 堀池橋なぞいう, 堀河岸通の夕照甚佳, 堀沿ひの, 堀沿いの代地, 堀浜之助というの, 堀深雪亭に飲む, 堀へ行った, 堀添いの弓師左衛門, 堀渫いをした, 堀となれ, 堀牛草橋の晴雪楼, 堀牧師から洗礼, 堀玄昌の三男, 堀田中三氏の子, 堀田原後には鳥越, 堀留三丁目の電車, 堀留事件の五人組, 堀留五人組強盗は南, 堀留以来すこしここ, 堀留江伊勢町堀ともいう, 堀留町となっ, 堀留界隈を訊きほじ, 堀留署から転任, 堀監物堀半右衛門, 堀真琴を議長, 堀真琴林要の七名, 堀社長に会った, 堀秀成先生の如き, 堀秀政どのに物申したい, 堀秀政みずから参れ, 堀秀政らの隊, 堀秀政中川淵之助, 堀秀政中川瀬兵衛高山右近黒田孝高蜂須賀彦右衛門などと膝, 堀秀政以下の湖東留守居軍, 堀秀政堀尾茂助など黒白, 堀秀政小川佐平次らの先鋒隊, 堀秀政彦右衛門正勝官兵衛孝高などみな同座, 堀秀政等の大軍, 堀秀政筒井定次長谷川秀一などは一乗山根来寺, 堀秀政麾下の功, 堀秀治の軍兵, 堀積善寺浜城などにわたって砦, 堀竹島町に住ん, 堀紫山を幕僚, 堀織部正は先, 堀織部正殿恩顧の者共, 堀義路教授その他の諸氏, 堀博士は, 堀自分はすぐ, 堀自身にどう, 堀英之助の筆名, 堀薩摩堀京町堀江戸堀などがその, 堀藤次親家の三人, 堀ってこと, 堀行乞七時から九時, 堀のバラック建, 堀見様の自動車, 堀前守, 堀起された岩の, 堀跡部の両, 堀は地形上, 堀辰雄さん永井龍男さんいずれも花菖蒲, 堀辰雄氏室生犀星氏佐藤春夫氏その他多くの作家, 堀辰雄石坂洋次郎その他読むべくして, 堀辰雄西沢隆二宮木喜久雄窪川鶴次郎などが同人, 堀に西洋作, 堀辺りの風景, 堀近き処の, 堀近所の隠居所, 堀返されていた, 堀通り角の伝奏屋敷, 堀達之助儀, 堀達之助志筑辰一郎兩人下田詰合通詞の下田奉行, 堀達之助志筑辰一郎連署で飜譯, 堀達之助立石得十郎らの先任出役中, 堀遠江守様には先年, 堀邸内の一間, 堀金平勝忠武田勢を追い, 堀だ, 堀長谷川日根野浅野戸田高山一柳などのおよそ, 堀長門から素袍橋, 堀阿波堀薩摩堀京町堀江戸堀などがその, 堀隊三好隊の二万, 堀隊小川隊黒田隊藤堂隊などの羽柴方, 堀高い厚い巌畳な, 堀麾下の各, 堀麾下小川麾下の武者輩