青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「問答~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

商品~ ~商売 商売~ 商業~ ~問 問~ 問い~ ~問う 問う~ 問屋~
問答~
~問題 問題~ 善~ 善い~ 善く~ 善良~ ~喉 喉~ 喋~ 喜~

「問答~」 1248, 13ppm, 8512位

▼ 問答~ (389, 31.2%)

38 して 26 聞いて 13 きいて 8 する, やって 7 した, しながら 5 繰り返して 4 聞きながら, 見ると 3 くり返して, つづけて, はじめました, 交わして, 始めた

2 [22件] きいた, ききながら, くりかえして, したこと, したの, はじめた, はじめる, やるの, 交して, 始めたの, 思いだして, 想像し, 最初は, 繰返して, 聴いて, 自分の, 試みて, 身の, 避けて, 重ねて, 重ねても, 開始し

1 [210件] いたして, いちいち記述, うちへ, おかしがり興, おぼろげながら, おもしろそう, お聞き, かいたの, かえっていい, かさねて, かわした, かわして, きくこと, きくと, くりかえしあたれば, くりかえしたあげく, くりかえす, くり返してる, くり返すと, ここに, こんな風, さつきから, されました, しかけられましたので, したん, した日, した細かい, した覚え, してやらうかと, してるの, しないこと, しなかったので, しに, しやがて, し出した, し結局, すませると, するたび, するため, するところ, するとは, するよう, するよりは, する一連, する声, する役, する必要, する為, する話, せずに, そのままこ, その周り, とりかは, とりかわした, とりかわしました, とり交しながら, なしつる, なす前, なんの, にやにや笑っ, ぬすみ聞く, ぬすみ聞くよう, ぬすみ聴いて, もう全身, やった, やった新田先生, やつた, やめて, やめ暫く, やります, やり出してから, やる, やるです, やるので, やるよう, やれば, よく聞く, よそに, ツルヴェール趣味の, ロシア語で, 一々くり返して, 一時間ほど, 一章有子の, 一章集めた, 一読した, 七瀬と, 上の空の, 並べて, 乗せたまま, 二三度繰り返し, 二人は, 交したの, 交した末, 交しながら, 交へる, 交換し, 仕かけましょう, 仕掛けるの, 他所に, 何回と, 例に, 修行し, 偸み聴い, 傍観し, 写して, 切りあげた, 切り上げようと, 切上げて, 前に, 反語的に, 取交して, 向うで, 味は, 四五遍繰返した, 好い加減に, 始めました, 始めるです, 始めるとき, 始め私, 季康子と, 季康子との, 学びますので, 島の, 幾番か, 引取りました, 後の, 御聞き, 心の, 忌まわしげ, 思い起した, 悠揚せまらぬ, 打ち見守って, 探偵の, 掲げたという, 書きとめて, 書き洩らして, 未だに記憶, 欲し, 武蔵という, 毎夜の, 熱心に, 理解し, 生死の, 用いて, 省略し, 私達は, 稽古します, 細君は, 終って, 継続し得ず, 続けたい済みませんが, 続けたところ, 続けて, 続けました, 繰り返し口, 繰り返し始めた, 繰返したの, 繰返した後, 繰返すの, 續けて, 習うため, 習読するなり, 聞いた, 聞いたらしいですね, 聞いた三郎, 聞いた森, 聞いた警官, 聞かせて, 聞きすまして, 聞きて, 聞きはっと, 聞くと, 聞くよりも, 聞ゐたる, 聽い, 葛卷に, 行うの, 行った, 襖越しに, 見兼ねて, 解釈しようなら, 記録に, 試みた, 試みたと, 試みました, 試みられたの, 語らずして, 読み味わう時, 読み聞かせます, 読んで, 載せて, 進めますので, 遂げたと, 道場の, 重ぬる, 重ねたが, 重ねたと, 重ねた後, 重ねませんでした, 重ねれば, 重ね最後, 重ね答え, 録し, 際限も, 隣席の, 集めて, 集め里仁篇, 面白がり, 面白く感じぬ, 面白そう

▼ 問答~ (205, 16.4%)

7 中に, 間に 6 うちに 4 あとで, ような, 意味を, 末に 3 声は, 後に, 遣り方

2 [15件] あいだに, あったの, やうな, 一部を, 中から, 事, 内容は, 前に, 教科書です, 歌は, 真なりし, 細部は, 結果を, 裡に, 間にも

1 [130件] あったこと, あらましを, あるの, いとま, うちお, うちにも, うち八五郎は, おかしさ, かなしい真実, ことである, ことなどから, すえに, ため妙に, つ, できること, なかに, なかの, はて丸木は, やうで, やうに, ようであります, ように, 一くさりは, 一つ一つを, 一ふし, 上しから, 上武装解除された, 下稽古を, 中からは, 中で, 中には, 中へ, 中も, 二三も, 仔細を, 体で, 信仰様式から, 全部を, 内に, 内容じゃ, 内容を, 出来る賢者, 初頭に, 勝利者は, 半ばで, 受け渡しが, 唱和相聞の, 場の, 場所, 変化と, 夜から, 夜の, 如く以心傳心, 対話, 嶺南人無, 巧拙により, 師匠と, 底意は, 形が, 形である, 形を, 形即, 形式で, 形式に, 後々に, 後の, 後頗る, 急所々, 意味よりは, 抜書や, 教師は, 教科書及び, 文句と, 文章を, 方が, 方は, 方式を, 方法の, 昔話にも, 時間に, 暇も, 最後に, 木である, 末それでは, 末ついに, 末とう, 末シナ人詩を, 末彼は, 末本人急に, 末義雄は, 果てである, 榛軒書中に, 構図は, 様に, 様子を, 次第は, 歌を, 歌一首并に, 段である, 済むの, 渡り合いでも, 無益な, 現わし, 示して, 神経質を, 稽古に, 筋とは, 箇条書までも, 結果が, 結果は, 結果説法に, 続き, 聲で, 苦しみを, 行なわれた境遇, 衝には, 裡にも, 言葉に, 記事は, 記録で, 話や, 話を, 調子何となく, 途中へ, 鉢合せを, 間から, 間さへ, 雲水めいた, 面白さ, 類も

▼ 問答~ (173, 13.9%)

4 あって, あつた, ある, はじまった, はじまる, 始まった 3 あった, 行われて, 起った 2 ありそれから, あります, つづいて, 始まって, 書いて, 理窟臭く, 聞えたかと, 行はれた, 行われた

1 [122件] あったが, あったそう, あったの, あった後, あってから, あつて, あまり可笑しい, ありました, ありましたが, あり七十郎, あると, いい例, いま屋根の, かわされたの, きこえたので, きわめて簡潔, くりかえされました, くりかえされやがて, くり返されたあと, くわしくわかった, ここへ, ことさらにこみ入る, しかつめらしう, しばらく続い, すむと, すんだところ, そこへ, その辺, それである, たいへん楽, ちぐはぐに, つづきました, できません, とぎれがち, とりかわされこのごろ, とりかわされたけれど, なされた, なされました, なにを, はじまつて, はじまると, また余程, よく繰り返, ハタと, ヴァン・ダインの, 一応終り, 一期の, 一段落した, 不得意でし, 中心であった, 中心に, 事あり, 交された, 交されるの, 交わされた, 交わされたかと, 交換された, 今まで, 作品としての, 全く別, 出て, 出来ましたアノ様子, 切れたので, 切れると, 初まった, 前の, 十四五日ある, 取り交わされた, 取り換わされた, 取交わされました, 古い程, 咫尺の, 四つほど, 多いから, 始った, 始まったと, 始まったの, 始まつた, 始まつて, 始まります, 始まりますので, 始まる, 始まると, 始まるの, 始る, 季康子にも, 度重なる, 思い出されるのみ, 怠惰なる, 恋愛の, 手に, 才能頓智を, 数多く繰り返される, 日暮まで, 日本文学に, 朝子の, 歌垣と, 済んだとき, 満州の, 濟むと家の, 為政篇に, 発達した, 神と, 神に, 神の, 終つてから, 終へ, 終りますと, 終ると, 続いたん, 続く, 続けられるの, 聞えた, 聞えやがて, 行はれる, 行われたの, 行われる, 行われるでしょうと, 記されて, 起りました, 進むと, 道元の

▼ 問答~ (108, 8.7%)

4 無益だ 2 そこで, 書くまでも, 次の

1 [98件] あつた, ありは, いずれの, いつか重大な, いつも食い違っ, おしまいだ, おそらく宗教的, おたがいに相手, お互, ここへ, これだけ, これで, これを, こんなふう, こんな塩梅, こんな調子, して, しない, すぐ途切れ, そのひどい, そのまま沙汰止み, それから, それぎり立ち消えに, それつきり, それで, それほど必要, たいがい毎日同じ, たしか下, ただ急所, だんだん進行, つづいて, つづく, とぎれた, ともかくとして, なおもつづく, はたと絶えた, ひと言ひと言鮮やかに, まずお, まだいろいろあります, もうよい, もう何だか喧嘩腰, やめて, わかりにくい, 一切無用だ, 一向に埒, 三郎兵衛によって, 主として山崎譲, 二人の, 何だかわかる, 何んと, 入りませんが, 全く夫人, 其所まで, 其所迄, 別の, 原稿用紙に, 因明の, 固より, 大体斯んな, 大体次の, 夫で, 如何にもま, 如何にもまずい, 孔子が, 孔子によって, 孝の, 専ら犬, 専門に, 少しのんびりし過ぎます, 岐路と, 己の, 彼を, 後年チェホフが, 心にも, 必要な, 我が国の, 数刻も, 果てそう, 此年天保元年十一月に, 気が, 法華経の, 無用だ, 無用であろう, 無用です, 無益じゃ, 無益と, 無益なる, 無益一蹴し, 無益切り払っ, 無造作に, 私たちに, 私にとって, 續きます, 自然ほかへ, 行水の, 起るまいが, 限りなく, 雍也篇において

▼ 問答~ (59, 4.7%)

3 なる, 耳を 2 なって, なつて, なるの, 繋がり好く, 見えて

1 [43件] ありやありやと, おもわず声, かかって, すぐ好奇心, すっかり気色, すっかり腹, すりかえて, でて, なった, なつた, なり三人, なると, びっくりし, われ知らずき, 一区切を, 一方は, 与えた批評, 事よせ, 伴ふ懸け, 依つた水虎, 元旦に, 出た彼女, 出なくては, 及ぶまい, 問答を, 就きて, 当って, 従えば, 応じました, 戻る, 暫し市, 有りや, 来たの, 業を, 比べて, 由つて証せられる, 究し, 続いて, 聞耳を, 臨むところ, 至りて, 興が, 費したいらしかつ

▼ 問答~ (24, 1.9%)

7 ている 2 ていた

1 [15件] つつ分かり, てたちまち, ても何, てゐたら, てゐる, て別れた, て居た, て居る, て異聞, て知恵, て而, て鎌, ながら愈, ながら顔色, 彼に

▼ 問答無益~ (17, 1.4%)

43 じゃ 1 いざ勝負, し, しただ, っ斬れっ, でござる, という風, とばかり右門, とばかり明智, とみ, 出た杭

▼ 問答する~ (16, 1.3%)

3 ことあり

1 [13件] ことに, という意味, という有様, のが, のであった, のは, ような, 事は, 彼女達を, 態度の, 時精霊は, 禅僧である, 興味は

▼ 問答無用~ (15, 1.2%)

2

1 [13件] じゃ, だ, である, です, でやっつける, で総理大臣, というよう, と私, の口ぢ, の迅速, は卑怯, やあ方々, 射て

▼ 問答~ (14, 1.1%)

1 [14件] あつた, あつたらう, あとは, はじめてこの, 一人が, 一座が, 僕には, 其早歌が, 別れる, 後味わるく, 私等は, 米友は, 色々の, 鰮の

▼ 問答から~ (10, 0.8%)

2 一しよ, 出る事, 用件は 1 だん, 二つに, 察する, 成りこの

▼ 問答~ (10, 0.8%)

1 あった, あったが, ここに, これで, する, せずあんな, ない方, 出来ず帰った, 無益と, 途絶えて

▼ 問答した~ (8, 0.6%)

1 か否, が永い, ことが, ことは, 相です, 結果私共は, 話が, 話は

▼ 問答では~ (8, 0.6%)

1 ないが, ないの, 大して要領, 容易に, 寒藤先生は, 済まなかった, 綺麗に, 聞いて

▼ 問答でも~ (8, 0.6%)

1 ある, あると, あるまじと, して, すべき処, そうである, よくわかる, 書きませう

▼ 問答~ (8, 0.6%)

5 の作 1 が作った, というの, は興福寺

▼ 問答にも~ (7, 0.6%)

1 あまり耳, いえる通り, 及ばずすぐ, 及ばずその, 及ばないもの, 茶の, 通いおること

▼ 問答~ (6, 0.5%)

1 が瞬間旋風, 孔子の, 日課祈祷書など, 点頭き合いを, 相談が, 道行きぶりに

▼ 問答~ (5, 0.4%)

1 からそちら, からチョビ安, から早, が, そうである

▼ 問答には~ (5, 0.4%)

2 少くとも, 無關係 1 おもしろいもの

▼ 問答~ (5, 0.4%)

1 から出た, で, でその, に聞い, の書きかた

▼ 問答である~ (4, 0.3%)

1 かも知れない, から自然, ので博士, 理に

▼ 問答によって~ (4, 0.3%)

1 ほぼわかりかけ, 想像する, 確かめたの, 顔色を

▼ 問答みたい~ (4, 0.3%)

1 だな, ですな, なこと, なもの

▼ 問答~ (4, 0.3%)

1 である, であるから, でこの, で相手

▼ 問答無用派~ (4, 0.3%)

1 が手口, のファッショ, の国粋主義者達, は国体明徴派

▼ 問答です~ (3, 0.2%)

2 がこれ 1 からわれ

▼ 問答~ (3, 0.2%)

1 同時にきまった, 心得べし, 馬太傳第

▼ 問答として~ (3, 0.2%)

1 でなく独立, 作られて, 録され

▼ 問答などの~ (3, 0.2%)

1 教授法が, 構造は, 遣り方

▼ 問答などを~ (3, 0.2%)

1 して, 残らず知って, 覚えて

▼ 問答~ (3, 0.2%)

1 が基礎, である, によつて生徒

▼ 問答しよう~ (2, 0.2%)

1 かの, じゃない

▼ 問答であり~ (2, 0.2%)

1 またそれ, 第二

▼ 問答という~ (2, 0.2%)

1 ものは, 落語と

▼ 問答とも~ (2, 0.2%)

1 にわが, 知れず会得

▼ 問答~ (2, 0.2%)

1 のである, ので云う

▼ 問答なぞ~ (2, 0.2%)

1 でも, はできなかった

▼ 問答などは~ (2, 0.2%)

1 勿論その, 意味は

▼ 問答なら~ (2, 0.2%)

1 ば世間, 桃牛舎南玉十八番の

▼ 問答より~ (2, 0.2%)

1 成るもの, 木の葉を

▼ 問答を通じて~ (2, 0.2%)

1 一致した, 季康子が

▼ 問答何ぞ~ (2, 0.2%)

2 其れ

▼ 問答修学期~ (2, 0.2%)

1 の間, は一月問答

▼ 問答試験~ (2, 0.2%)

1 に応ずる, を受ける

▼ 問答~ (2, 0.2%)

2 と彼等

▼1* [82件]

問答あった末結局それも, 問答ありよってこれ, 問答からの喧嘩の, 問答からは読者に, 問答きりで二人, 問答けさいたしました, 問答これこそ見もの, 問答さえあるから, 問答させてやろう, 問答したらそれでよかっ, 問答しゐたる教師等, 問答するこえが聞こえた, 問答せし末出来り, 問答せよの類, 問答それ自体からわかる, 問答だけになってるフランス, 問答だったかどう, 問答ゅうにかれがやってみせたことのある呂宋兵衛得意の, 問答ついでにもう, 問答でありますがその, 問答といふものは, 問答としての意義を, 問答としても簡単過ぎる, 問答とはちがって, 問答などどうでも, 問答などがありましてから, 問答ならぬベロンベロン問答の, 問答なればしかとは分らね, 問答なんかとても聞き取れねえくれ, 問答において子路が, 問答においては明らかに, 問答についてはあまりくわしい, 問答についても同様の, 問答に対する答えとしての, 問答ばかりでなかなか容易, 問答ぶりでありましたけれども, 問答ほどお雪, 問答やらをして, 問答をでもしかけられたよう, 問答ヨブに臨みし, 問答最も興味, 問答二風や海, 問答五番続き, 問答以上のやみくも問答, 問答会話するをもって, 問答儀式洗礼最初の聖体拝受, 問答当時世間一般の, 問答唱和の形, 問答唱和風でないこと, 問答多からず相対, 問答婚礼せよせぬとの, 問答対決と仰せられました, 問答師作の竜王像, 問答はとりたくない, 問答幽鬼的の駕籠, 問答の意義, 問答形式を望む, 問答応接の間, 問答を採る, 問答態以前に神意, 問答或は演劇的動作で, 問答持って来い, 問答教師はあります, 問答は, 問答有用が行われた, 問答の半分, 問答次第に熱しつ, 問答無用式ファシズム思想のサンチョ・パンザ, 問答無用手合せが早, 問答無用陳弁ならば, 問答無益ポケットへ手, 問答無益片っ端から花道, 問答に解釈, 問答的学問をその, 問答を相手, 問答自由なるゆゑなり, 問答致しますると孫呉, 問答要領を得ない, 問答記事はここ, 問答雄鶏と雌鶏, 問答を読む, 問答驢馬と小犬