青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「基~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城 城~ 城下~ 城内~ 執拗~ 執着~
基~
~基礎 基礎~ 堀~ 堂~ 堂々~ 堅い~ ~堅く 堅く~ 堕落~ 堤~

「基~」 1479, 16ppm, 7057位

▼ 基~ (206, 13.9%)

4 身を 3 エンジンの, 言は 2 ために, 二人を, 二殿を, 家来が, 方で, 身は

1 [184件] あっせんで, あとを, あの志士的, いうも, いること, おらぬあと, お祭でも, かたみの品も, ことが, ごときは, そばへ, どういふ, なすべきこと, ふたりも, まえに, ようだった, ようにも, ジャイロスコープが, スイッチを, 三者の, 上に, 上を, 両殿, 中に, 中ほどに, 中世甲冑武者が, 中世甲冑武者だった, 中世甲冑武者な, 中間に, 主とは, 乗物を, 二个国は, 二人と, 二弟が, 二殿の, 亡くなつた年, 亡骸だけは, 体の, 余りに切れ味, 佛學といつても, 佛學は, 信頼を, 側に, 側には, 傳が, 傳だけ, 傳記が, 兄毅齋であります, 公卿を, 兵が, 処へ, 処分には, 処分までを, 出世物語という, 前に, 双輪は, 右手は, 同意に, 名が, 名は, 告状により, 告状によりて, 営所を, 四子陸奥守満快の, 国が, 国では, 国といふ, 国郡が, 地方の, 報告も, 塔忽ち, 塚と, 墓が, 墓の, 墓石が, 墓石を, 墳塋が, 大燭臺, 大理石水瓶により, 奏によ, 奏の, 如きも, 妻小, 姿が, 姿へ, 姿も, 姿を, 嫡孫摂, 子を, 字で, 字でない, 字は, 學問は, 室へ, 宮居に, 寝所では, 審議に, 射法, 居所は, 屍を, 山な, 常夜燈, 弟匡衡とは, 弟荒木蘭皐が, 形見を, 彫像を, 御宮に, 御殿の, 御神輿御, 恋愛譚は, 意志を, 才は, 捕われは, 方も, 時打者が, 最期の, 木乃伊の, 木曾北陸東国にわたる, 櫓に, 櫓は, 歌を, 消息を, 潜行は, 燈籠が, 燭台と, 燭台に, 燭台の, 燭台まで, 燭台を, 燭台二十幾つの, 燭臺を, 燭臺二十幾つの, 牢室を, 瓦斯燈は, 生みの, 田の, 眉にも, 真珠塔が, 眼にも, 眼も, 知識で, 石仏が, 石塔が, 石塔に, 石碑だけが, 磔柱には, 磔柱の, 磔柱は, 示威運動は, 神輿が, 神輿は, 竹ノ, 笑う声, 美しい若, 美しい豊か, 胸の, 胸を, 落ちついた宿, 虚構に, 行った先, 行方を, 装束の, 見損じであったかも, 親であります, 親は, 訴の, 讒奏は, 足蹴を, 身に, 身も, 身代りにか, 逮捕を, 避雷装置は, 避雷針の, 邸へ, 釈明であった, 金燈籠観音の, 閲歴そのものが, 青柴垣に, 静思菩薩一隅に, 顔を, 館に, 首を, 首一味の

▼ 基~ (127, 8.6%)

3 彼の 2 口を

1 [122件] あらたまって, うれしかった, およそ同じ, かねて獄室, からからと, からくも, きびしい眉, この意外, これを, すぐき, すぐそう思う, すぐそれ, ずっと前, そうは, そこから, その光景, その声, その意気, それじゃ, ただちに坊主ども, ただ現実的問題, ただ笑っ, ちょうどこの, ちょっと眉, どう考えた, なお動かず, ふと昨夜, ふと眼, ふと眼ざめた, また武士, まだ充分, まだ墨, まだ記憶, みずから笑っ, もう, よく見る, わざと磊落, 一九二八年以来日本の, 事ならぬ, 二の, 人です, 仲悪く, 何度も, 佛教に, 佛教の, 佛教を, 元結を, 先づ, 公卿の, 冠の, 初めて手, 勉強, 即ち政義, 各自の, 嘆息に, 国土では, 土倉を, 地上に, 外ばかり, 大阪に, 妻の, 婦人と, 実は不可侵透性, 客殿の, 宮本の, 家に, 居眠って, 峠の, 廊の, 引っ返して, 彼と共に, 彼を, 後つぎ, 後ろを, 得知れぬ, 微吟する, 微笑を, 心もち頭を, 愈々妻, 愕と, 憤慨し, 懐紙に, 手きびしい, 手の, 未だ山北, 某が, 気の毒に, 沓も, 添え小刀, 清和源氏の, 特高課長警視総監内務大臣と, 独り思った, 疑わなかった, 病弱で, 目通りを, 眉に, 秋ごろ都から, 第三基, 第二基, 答えなかった, 簾を, 胸を, 自嘲を, 苫の, 荒涼たる鎌倉, 蚕である, 西北に, 見得, 言い出した, 討死する, 警戒した, 警視庁の, 貞盛が, 足を, 身を以て, 身体に, 輿の, 迎えの, 通稱を, 食物に, 高氏の, 鬼事の

▼ 基~ (109, 7.4%)

7 なって 3 なつた

2 [13件] したもの, したる詩形, した新, した議論, して, する, するの, するもの, なったの, なつて, なる, なるの, なるもの

1 [73件] あるじの, いう, いひしは, こう対し, されて, される, しこれ, しそれ, した, したごく, したる絵図, した事, した半円筒, した墓碣銘, した村, し人, し研究, し表面, するを, する議論, すれば, その一味, その部下, その配下, だしぬけに, なしたるは, なして, なす, なすこと, なすという, なった, なっただろう, なったもの, ならなければ, なりし業, なりて, なりは, なりやすい, なり化物, なり得べき者, なり得る価値, なり踰, なると, なるは, なるもの一, なる一事, なる五感, なれば, なれるヘレネー, にらんだ者, ひろ子と, もうひとり, 主張する, 京水の, 人も, 兄毅齋との, 右衛門との, 号しもはや全く, 名告, 彼は, 心掛ける事, 思う, 成物也, 最後の, 汲出櫓が, 申せば, 知るべしとの, 聞いて, 興世王とも, 葛城慈雲この, 言えば, 足立郡司判官武芝とが, 高氏とが

▼ 基~ (108, 7.3%)

4 置く, 開いたの 2 なすもの, 啓らき, 起せる者

1 [94件] おこす, かためいまや, かりて, きづきました, くつがえされそう, ここへ, して, その夜, ただせば, たつる, たてし, たてしトロイア人, なしたの, なしたもの, なした発足, なして, なすの, なすので, なす自覚, なす開拓魂, はじめ宮方陰謀の, はっきりと, ひらいた, ひらきました, ひらき神代, もった朝, やみやみ見のがす, 与えた慰藉, 作った由緒, 作りましたの, 作り上げた, 作るなど, 別の, 右団次ワキ役の, 問ふてくれた, 回復し, 固うする, 固めたり, 定めた第, 定め給いそれ, 建てられしも, 成したが, 成したと, 成して, 成すの, 成せば, 承けむ, 拉した一群, 招きよせて, 持つ武門, 振ひて, 振るいてかほどの, 振起する, 振起せよ, 捕えること, 捨て去らんや, 極めずに, 永久に, 為さんのみ, 立てし人, 立ても, 筆頭と, 築いた人, 築いた家康, 話さなければ, 誰が, 調べるって, 調べるのよ, 論じ自ら常識, 譲り受けて, 起しかつ, 起しそれ, 起すにを, 起せりされ, 起せるため, 起せるもの, 起せる聖ドミニクス, 門前に, 開いたよう, 開いた神仏混交時代, 開き, 開きしもの, 開きし太祖高皇帝, 開きし恩田杢, 開きその, 開き一塊, 開き彼等, 開き日神, 開くこと, 開くと, 開くに, 間引いたりなど, 離るる, 館まで

▼ 基~ (85, 5.7%)

21 して 7 向って 2 なったの, なつた, なつて, なる, なるもの, 當る

1 [45件] した, したの, したジャーナリスト, した空疎, すれば, とめて, なったかと, なって, なり後藤さん, なること, なるの, なるので, なるほど, なる材料, なろうおよそ, なろうとは, 一夫一婦制を, 亙る林, 伝記編纂の, 依り今, 入るか, 公理が, 出て, 分れそれ, 到らんと, 卜定し, 卜定せられた, 可愛がられて, 回る時, 帰るを, 或る, 手つだわせて, 承知させよう, 爾後の, 男女の, 相当する, 相成るから, 移る時, 紹介され, 見破らるべき間抜さ, 車券を, 達すること必要, 達する二間, 關する, 香華一本位の

▼ 基~ (81, 5.5%)

3 の名, は娘 2 の子, の弟, の第, はそれ, はもう, は手, は橘

1 [61件] から下, が何者, が杯, が辿りついた, ではないだろう, というその, と同じ, にこの, にはそれ, には分りかねる, には津, に一さい, に仕へる, に似あわず, に杯, のいる, のこと, のむす, の口, の大臣, の心, の恪勤, の息づかい, の承諾, の次男, の生んだ, の眼, の血すじ, の長子, の驚き, はいずれ, はきょう, はこう, はここ, はまさか, はものしずか, は三基, は二人, は何時, は何気なく, は先刻, は同じ, は土, は声, は姫, は快く, は念, は憂色, は故意, は早く, は機嫌, は殆ど直覚的, は永い, は用意, は益々, は知っ, は耐え切れず, は身体, は頭, は首, は鶫

▼ 基として~ (58, 3.9%)

2 その上, その後私が, 否定する, 虚心平気に, 蜜蝋が

1 [48件] いて, ここに, すでに人造人間, その後の, なかなかむずかし, ねちねちと, まず高等及尋常, 一団の, 之を, 人間恩愛の, 人類の, 仏国巴里に, 何処までも, 余が, 作られた世界共通, 作りしもの, 作りたる想像圖, 古着屋に, 各々の, 名けたものである, 唐招提寺の, 回顧の, 国土に, 大きな製作, 実用的な, 室町の, 導いて, 居る, 幾多の, 幾度か, 建てたせい, 御起草, 成せる, 採ったの, 日々勉励し, 更に明快, 楠公像を, 正確に, 演じられるので, 盗まれた頸飾り, 硫黄ヶ滝の, 組み上げた物, 編纂した, 自分でも, 計算し, 詩の, 語らう, 連合せしめる

▼ 基~ (44, 3.0%)

7 する 6 して 4 するもの 2 すること

1 [25件] いたします, いたし候, がある, したかを, したもの, したるもの, し従つて, す, すと, するかといふ, するかも, するかを, するであらう, すると, するならん, するの, するよう, する事, する傾向, せるならん, たるヘレネー女, であったと, であると, のこの, を思はせる

▼ 基~ (41, 2.8%)

3 鎌倉へ 2 代って

1 [36件] その辺, そんな噂, そんな軽薄, ところ立て, また呼ん, ゆるして, 上を, 主事を, 事務室の, 出定後語, 去つて後, 右手の, 大きな松, 娘を, 定まるの, 宮門内から, 山伏姿で, 山伏姿と, 市民生活の, 建てられましょう, 形見の, 文談会などの, 旅衣を, 昔の, 朝臣に, 正成を, 此言によ, 無かった, 父と, 町人で, 笑って, 第二, 都返りし, 関東の, 関東を, 黄檗山に

▼ 基~ (29, 2.0%)

1 [29件] あつた, おざる, おそよ, ござります, そのため, それからそれ, それが, それに私自身, それは, もう逆上せ, 一大悲劇が, 二三日病院に, 二十年後に, 今日の, 先年信州にて, 午刻過ぎから, 又萬善, 同時に異名, 容易な, 強って, 御座り, 敢ない御, 死にたくなるもの, 殿様は, 江戸へ, 深入りする, 破綻に, 総司の, 西国の

▼ 基朝臣~ (23, 1.6%)

1 [23件] がおれ, だけです, だけは天皇, でいらっしゃいましょう, でお, でおわそう, ではおざりませぬ, との大事, とは何, と洛中, などの非業, にお目にかかり, にぜひ, に相違, の, のばあい, の処刑, の最期, は, も今日, も赦免, や菊王, を斬る

▼ 基ける~ (21, 1.4%)

2 ので, 政治は

1 [17件] ことと, ことを, と考えられた, もので, ものと, ものならん, ものに, ものの如し, 以上それは, 原理と, 厭世観は, 厭世觀は, 可能性を, 定論が, 實在の, 文化の, 美人を

▼ 基~ (19, 1.3%)

1 [19件] しいて問おう, ついには, ついに言った, ほっと虎口, 一つ白洲で, 共に思い出さず, 冷ややかに, 少なからぬ, 彼らの, 手を, 文章博士であり, 新任だ, 正然, 立って, 立つて, 聞き及ぶぞ, 資朝も, 身清めしよう, 遠方の

▼ 基~ (17, 1.1%)

1 [17件] がいかに, がやはり, が其寺, が建てた, が折角, が毛越寺, に至っ, のこの, の依頼, の妻, の子, はまた, は果福父, は父, もいくら, を匈奴, を呼ぶ

▼ 基~ (16, 1.1%)

1 [16件] がよい, などは真っ, に出会った, のむす, の伽羅, の供人, の女, の女子, の姫, の差出口, の珠数, の輦車, はある, は基道, をはじめ, を通じて法皇

▼ 基~ (15, 1.0%)

2 から汽車, で買った

1 [11件] かせめて, から下関, から再び, ですか, にはいつた, のこと, の町, は肌寒い, は足, まで, 迄も探し

▼ 基~ (14, 0.9%)

1 [14件] がその, その左右, には許す, の手, の手の者, の持っ, の船, はさすが, は俊寛成経康頼等三人, は羽左衛門, も姿, やあの, を乗せ, を凝視

▼ 基~ (14, 0.9%)

2 をなす

1 [12件] である實體, である自然的生, とし, としていかに, としてその, としての自然的實在者, として成立, として支配, として文化的時間性, として書かれ, となし, となす

▼ 基ちゃん~ (12, 0.8%)

1 [12件] かと思い, からきき, が来る, が門, と青山, に英語, に起し, に青菜一束, の友人, も来る, 歩いて, 貰って

▼ 基殿~ (11, 0.7%)

1 [11件] が出来る, と分れ, において天皇陛下, にお出まし, に分けた, の二个所, はおなじ, は第二義, へお出で, へ出御, へ行かれる

▼ 基~ (10, 0.7%)

2 と云 1 がいつ, つたのです, つた一週間ぶりに, という, とよく, と思っ, と感じた, 今後農村は

▼ 基である~ (10, 0.7%)

1 がこの, ことは, ことをも, その完全, その点, と世, と思った, と思ひます, と直ちに, ので單

▼ 基とも~ (9, 0.6%)

1 いうべきもの, そのまま手, なるべきもの, なるほど, に亡び, 云える, 停止の, 捨てある由, 知れぬ銀燭

▼ 基~ (8, 0.5%)

2 に投ずる, の位置 1 の役目, はその, は常に, 第三基人

▼ 基~ (7, 0.5%)

1 はまさに, をいよいよ, をうけ, をお, を創てた, を建て給うた, を開く

▼ 基~ (7, 0.5%)

2 安重根 1 がはいっ, が下手, は悄然, は朴鳳錫, は無言

▼ 基という~ (6, 0.4%)

2 人は 1 名が, 意味が, 本も, 諺の

▼ 基~ (6, 0.4%)

1 につく, の世, の古風, の学殖, は康治元年, 書かしむる

▼ 基~ (6, 0.4%)

1 すなわちこの, で年齢, の自筆, の記録, はその, も主人秀秋

▼ 基~ (6, 0.4%)

1 ぐらいしか無い, と註, の処, の地平線上, も引摺り引摺り, も来た

▼ 基~ (6, 0.4%)

1 が小さかっ, にたいする清盛, の伯父, の筋, の義母, を突

▼ 基づける~ (5, 0.3%)

1 ことを, にあらずし, ものと, 器械的代数学の, 平等説を

▼ 基一郎~ (5, 0.3%)

1 が玄関, の前, の表情, を案内, を追

▼ 基~ (5, 0.3%)

1 としてうち, の一つ, の底, の欠くべからざる, をなします

▼ 基たる~ (4, 0.3%)

1 を知らずし, 可きの由, 將ヘクト, 暴びの

▼ 基との~ (4, 0.3%)

1 交渉などは, 今生一ぺんの, 地位の, 対峙である

▼ 基とは~ (4, 0.3%)

1 共に我, 恰も狭, 有縁の, 顔を

▼ 基なる~ (4, 0.3%)

1 他の, 暴びの, 眞理を, 知力に

▼ 基にも~ (4, 0.3%)

1 こんな一話, なりかねない事, なるので, 高氏にも

▼ 基より~ (4, 0.3%)

1 出で, 本基, 第一基, 第三基

▼ 基並ん~ (4, 0.3%)

1 でい, で南, で建っ, で立っ

▼ 基~ (4, 0.3%)

1 か何, が派し, を撰, を生み

▼ 基督世紀~ (4, 0.3%)

1 に至る, のスピノツア, のハルトマン, の形而上論

▼ 基~ (4, 0.3%)

1 の名流, の英才, の近臣, の関門

▼ 基経殿~ (4, 0.3%)

1 が見える, に中, のおん悲しみ, 御承服

▼ 基~ (4, 0.3%)

2 として定めた 1 にし, の明確

▼ 基から~ (3, 0.2%)

1 お聞きとり下されい, 死の, 起った騒ぎ

▼ 基だった~ (3, 0.2%)

1 にちがい, のでございます, んです

▼ 基でも~ (3, 0.2%)

1 あった, あったの, あろう

▼ 基~ (3, 0.2%)

2 殿の 1 殿へ

▼ 基二国~ (3, 0.2%)

2 のもの 1 だけである

▼ 基~ (3, 0.2%)

1 が殉死, に好み, をし

▼ 基~ (3, 0.2%)

1 に頼ん, は取り合い, は少将

▼ 基~ (3, 0.2%)

1 が梅津大臣, が死んだ, の妻

▼ 基~ (3, 0.2%)

1 が明治三十年, とした, はだから

▼ 基あっ~ (2, 0.1%)

1 てその大きな, てそれ

▼ 基する~ (2, 0.1%)

1 もので, 正しい自己

▼ 基ずつの~ (2, 0.1%)

1 瓦が, 銅製あるいは

▼ 基であった~ (2, 0.1%)

1 か若しくは, 滝太郎が

▼ 基であり~ (2, 0.1%)

1 ながら聖ベネディクト, 享楽の

▼ 基です~ (2, 0.1%)

1 からそれだけ, が私

▼ 基どの~ (2, 0.1%)

1 が文談会, はおら

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 のだった, のです

▼ 基など~ (2, 0.1%)

1 早くも, 東国の

▼ 基なり~ (2, 0.1%)

1 とドイツ, 勤勉力行智策兼備なる

▼ 基には~ (2, 0.1%)

1 そういえぬ, はからずもここ

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 そういった, 眼問いし

▼ 基また~ (2, 0.1%)

1 大炊殿の, 百不幸の

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 資朝から, 資朝らが

▼ 基よりも~ (2, 0.1%)

1 攫者に, 獲者

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 とは多年, の人々

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 として食物, とを忘れた

▼ 基ゐする~ (2, 0.1%)

1 といふ思想, と云

▼ 基ゐであり~ (2, 0.1%)

1 あらゆる時間性, 源である

▼ 基二つ~ (2, 0.1%)

1 は栄三郎, は榮三郎

▼ 基教化~ (2, 0.1%)

2 を笑い

▼ 基~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 の子, をさし出し

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 との關係, の家司

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 のヒダ八所和歌集裏書き, の八所和歌集

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 には黄花石楠花, へ行く

▼ 基賢さん~ (2, 0.1%)

1 の云, の話

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 が, が摂政関白

▼ 基~ (2, 0.1%)

1 だけを残し, のさし

▼ 基隆埠頭~ (2, 0.1%)

1 における靴底, の一情景

▼ 基隆港~ (2, 0.1%)

1 についてちょっと, の雨

▼1* [196件]

あったがこれ, 基あまりより塊, 基ありて耶蘇, 基および投者の, 基ならんで, 基かの照明が, 基からは大事も, 基けり凡ての, 基ここに定まり, 基この場で, 基これは系図, 基さんが居た, 基じゃから真似でも, 基ずつを据える, 基そっくりに見えた, 基それぞれの宗教, 基そんな連中が, 基だけ結んで, 基だつたんです, 基だんだんに起動, 基ちゃんと三人で, 基ちゃん報知に来, 基ちゃん工藤等来り会す, 基ちゃん来国男が午無事, 基ちゃん来母上が私, 基ちゃん試験勉強の為, 基ちゃん面チョーで大変, 基づけている, 基づけた點は, 基であります證據は, 基であるかれは講義, 基であるらしく思われるからもう, 基ではあるが, 基といふ人は, 基とが来た, 基としては和殿を, 基となつた所も, 基と共に野路の, 基どっちからも一方, 基などが恐らく舞台, 基などとは聞いたこと, 基ならんでいる, 基ならではほか, 基ならびにその子すなわち, 基ならべて墓碑, 基なりとて心身を, 基なれば速, 基にて打者の, 基にとって思いがけない言, 基になつたので, 基によつて創められた, 基のみでなく其弟, 基はと云えば, 基はや固し, 基ばかりその奧, 基ばんを拡げ, 基ひとりだけはまだ, 基ほどしか遺つて, 基まえの資朝, 基はお, 基ゐである自然的生は, 基ゐなる可けむ, 基をめぐってその左右, 基各艦ハ連絡, 基キテ國家ノ政治的經濟的組織, 基キテ家庭的勞働ヲナシ, 基キテ徴兵ヲ在, 基キ一大英断ヲ以テ天下ト更始一新セン, 基キ人ノ安全幸福, 基キ陣地ヲ占領シ主トシテ高田市附近, 基ク世界的常識ヲ養成シ, 基ク國家ノ大, 基ク所有ニ一變スルト共ニ強者ガ其強力ヲ失ヒテ其所有權, 基ケルモノナル時ハ凡ベテノ約束ヲ無効トス, 基ト可相成, 基ニ命ジ之ヲ射シム, 基回復シ其人口ノ, 基ヲ立テント欲ス汝百官有司厚ク朕カ意, 基一人と言つて, 基一人亡しとて, 基一名をからめ捕っ, 基一巻拙者の手, 基三個本基および投者, 基三基と汲出櫓, 基下ってい, 基助世, 基中村宗義などいう, 基主従を途中, 基主義でひとり, 基二殿内部の作法鋪設, 基人間が土, 基は之, 基似非美文は子弟教育, 基俊さまの筆, 基俊以来の平俗主義, 基倉知の子, 基儘継続して, 基が最も, 基よりずんと, 基となり, 基の主催, 基の所在, 基同じものを, 基呂島の成れる, 基から一夜ひそか, 基は支那, 基大瀧鷹子の長男, 基夫妻が来, 基始メ弓ヲ調ベ矢ヲ矯ム, 基は君美, 基という北面, 基定基の弟, 基定基兄弟の母, 基実は永万二年, 基宿中安長安の諸, 基として振り廻す, 基左中将清経また幼少年, 基と団員, 基を成す, 基のため, 基康どの僧都をあわれ, 基の杉氏方, 基彦その他と行く, 基の子, 基所盤連亙数千里間, 基を取っ, 基摩文仁賢和等諸先生, 基の人, 基教思想に不, 基とする, 基昌梅泉又浣花道人, 基が奥, 基朝臣東下りの道行, 基東下りは私, 基柢的な限定, 基楊葉ヲ射, 基業三代にわたるわが, 基として立てた, 基横山桐郎山本清正木不如丘山本忠興田丸卓郎牧野富太郎兼常清佐鷹司信輔辻村太郎氏等の諸, 基は松平忠次, 基の内, 基河野対馬守などの諸, 基治以来一種の家宝, 基といふ人, 基っている, 基理蘇督の像, 基琵琶せよ, 基即ち十三貫目余, 基皇子に詔, 基盗難に会い, 基を放たざる, 基程に卓見を, 基竜ら一同博徒, 基竜黄成鎬は渦中, 基竜黄成鎬ら台所のドア, 基竜黄成鎬同志一二および前場, 基竜黄成鎬夫妻柳麗玉を残し, 基竜黄成鎬黄瑞露らは安, 基三基等の, 基米以上あるの, 基米突に亘る, 基組みその上, 基経時平あたりの歴史書, 基経氏も知っ, 基経自身でも娘, 基も来会, 基の三城, 基の払われた, 基蝶さんは, 基衡もとよりこれ, 基衡右に秀衡, 基衡秀衡と代, 基衡秀衡泰衡と四代, 基衡等の例, 基衡非常にこれ, 基見えざる物の, 基の信仰, 基親卿は深く, 基解体して, 基は我, 基資朝の鎌倉押送, 基資朝らの犠牲, 基の太刀, 基道中にも片足満足, 基酒色の害, 基長六郎太義氏いちばん末子の竹万丸, 基隆出帆の船, 基隆名物の濛雨, 基隆方面へかけ, 基を掘り上げた, 基電気応用驚耳目器械工夫競新奇実業已能凌万国文芸又足圧四陲, 基體乃至根源であること, 基さ三丈三尺の, 基黙々としてそそり立つ, 基點トシテ已ニ阿富汗ニ及ビ波斯ニ及ビタル彼ガ中央亞細亞ニ進出スルハ論ナク, 基點香港ト相應シテ中部支那以南ノ割取