青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「執拗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

垣~ 垣根~ ~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城 城~ 城下~ 城内~
執拗~
執着~ 基~ ~基礎 基礎~ 堀~ 堂~ 堂々~ 堅い~ ~堅く 堅く~

「執拗~」 1229, 13ppm, 8328位

▼ 執拗~ (485, 39.5%)

6 なって 4 自分を 3 こびりついて, つきまとって, 口を, 彼の, 心の, 追いかけて, 追ひかけられる, 追求し, 黙って

2 [27件] くいさがって, くり返した, この泣き濡れる, この漠然たる悲願, して, すすめられたが, すすめる, それを, どこまでも, なる, 二三度訊く, 交渉する, 君を, 喰い付いて, 子供の, 己の, 強いるの, 彼を, 深刻に, 眼を, 私の, 突きつめて, 続けられました, 自己を, 葉子を, 裏切りつづけて, 迫って

1 [394件] あげた, あたかも検査, あの夜, あの怪指紋, あまりしばしばくり返す, あれに, あんなに無礼, いつまでも, うんぬんする, おしこまれて, おしもの, お前一人を, お礼を, かつ濃厚, かぶりを, からまれるので, からみあひ相手, ききたださずに, きくの, ぎらぎら輝い, くいさがる, くど, くりかえされた大寺警部, くりかえされるので, こう呟かず, この希望, こもって, させたか, されたため, しかも既うに何, しがみついて, じろじろ睨めまわし, すぎはせぬかといふおそれもなくはなく, すすめるので, すゝめられた, せまり寄って, そうでない, そそがれて, その二銭銅貨, その人, その思い出, その手, その手紙, その無礼, その矛盾不調和, その親しみ, その話, その道から, その野心, その面, その響き, それぞれの, たえきれないで, たのんだ, だまりこくって, だめを, つ, つきまとった, つきまとわれて, つき従って, つけて, つつきたい, つづいた, つづいて, つづくならば, つづけて, とう見, なおもからん, なったが, ならしたん, なり冬, なり息苦しい, なり意地, なり果ては, ぬけめ, のしか, ふたたび提出, ふとりたがって, ぼんやりし, また力強く, まだ, まだ話し続けた, まつわりついて, まといついて, むさぼり眺めはじめたの, やって来ては, ウォーソン夫人を, カテリーナ・イワーノヴナの, カメラの, ガラツ八を, ジリジリと, デモハンストを, ナオミの, ベルは, ポンプ押しを, マタ・アリの, マンハイム家の, メッタ刺しに, 一応わかる, 一直線に, 丸太の, 主人に, 主張し続ける, 主張する, 之を, 争いつづけるの, 二世紀にわ, 云うや, 人間生活の, 人間的な, 仏国出兵を, 仕事の, 付き纏ったの, 伏せられて, 佇んで, 何か, 何にでも, 何回も, 余に, 作用し, 保って, 信じられて, 働いたやう, 僕を, 兄の, 兄ドミトリイを, 其の薬, 具体的に, 兼子の, 内省し, 再びさう訊いた, 再びそう訊いた, 凝視を, 出て, 出版を, 分裂を, 分解し, 刺激し, 刺激出来る, 力強く糸歯, 努力し, 去らず鶴雄, 又逆上的, 反抗しよう, 取り上げて, 取組まなければ, 口説いたが, 口説いたけれども, 口説いた擧句, 叫ぶの, 同じ考え, 和尚の, 哀訴する, 喬之, 喰いさ, 喰いついて, 喰ひ下がりました, 噛み續, 四肢に, 固執し, 土と, 地面に, 坂野を, 坐り込んでるの, 城塞への, 執念深く彼, 堪え抵抗, 堪へ抵抗, 多計代, 大仰らしく調べ, 夫人へ, 奇蹟の, 女を, 女神で, 妻たちである, 嫉妬深く, 子供を, 対抗し, 対抗を, 尋ねたならば, 尋ねようとは, 尋ねられるので, 小意地惡, 展開させる, 山田の, 山道を, 巧妙に, 希望した, 平次に, 廻しつづけた, 影人形の, 彼らの, 従つてある, 思い込んで, 思はれて, 息づまるよう, 意地わるく, 意地悪く, 意識され, 愛さないの, 愛する者, 憎むの, 憎悪する, 憲兵隊で, 戯曲を, 所望した, 手切金まで, 把住する, 抱きたが, 抵抗する, 押えつけて, 押かけ, 押しかえした, 押し通しては, 拒否すべき, 拒絶した, 挑みかかりましたので, 探るよりは, 描かれて, 描きはじめたの, 提議し, 攻めたてられると, 敵へ, 文学の, 日本の, 昌作達の, 書いた心算, 有利な, 望んで, 杉苔の, 東京の, 根を, 根掘り, 構え込んで, 槍を, 樹, 歌って, 此の, 殘りなく描かなけれ, 氏から, 気に, 永続的に, 求めて, 沈黙した, 油を, 注がれて, 深見の, 湧いた, 潜在し, 煮え返らせたの, 熱心に, 爭ひつづける, 犬の, 狡猾に, 現代便乗図絵の, 現実に, 生きつづけて, 生きて, 生活を, 産所の, 由紀子を, 男の, 留めるの, 番頭は, 畳みかけて, 白状させね, 目的の, 相手に, 睨めながら, 知識人の, 空を, 突つ込みます, 立ちふさがること, 笑ひ, 答へ, 紀州の, 絡みついて, 絡み付いて, 絡むの, 絡んで, 続けられた, 編み交, 繰り返されて, 繰り返した, 繰り返し浮んで, 繰返した, 續きます, 老婆の, 考えない訳, 考え続けるの, 耳について, 耳もとに, 聞き出そうと, 肯定された, 胸に, 腕を, 腰を, 膃肭獣を, 自分と, 自分の, 自殺の, 芸術として, 英国側が, 落ち続ける幻想, 蛙を, 蝕ば, 表情の, 表現しよう, 裁判長に, 襲いかかって, 襲い掛って, 要求される, 要求し, 要求せね, 見える文字, 見る興味, 観察する, 解決を, 言い寄られたそう, 言い張った, 言い張る者, 言った, 言つた, 言ひ張る, 言ふ, 言葉を, 訊きつ, 訊ねた, 訊ねたところ, 訊問する, 記し続ける作者, 訪れて, 試みたが, 詮索を, 誘ひの, 説いて, 調べ上げ, 談じ込むと, 諦めず無論, 諷示を, 警察を, 警視庁の, 責め立てて, 質問を, 趁つてゐる, 身を, 迫つて嫌はれ, 迫りそれ, 迫りと金, 迫る嫉妬, 述べ立てた, 追いのけられないもの, 追い続けて, 追い街, 追い迫るお前, 追うて, 追かけ, 追つかけ, 追及する, 追撃し, 追撃の, 追求め, 追究し, 追究する, 追跡し, 進展し, 過ぎる第, 邦子の, 鍬を, 闘って, 附纏っ, 陳列の, 障子の, 隠しぬいた, 隠すこと, 離さなかった, 離れなかったの, 離れなかったので, 非常に, 頑張った, 頑張ったならば, 頑張るので, 頬を, 頼むの, 頼んだ, 飽くまで秘密, 首を, 鳥居甲斐守の, 鳴いて, 鳴きつづけて, 鳴り続ける電話, 黙ったまま, 黙り込んだ, 黙り込んで

▼ 執拗~ (368, 29.9%)

5 眼付を 4 ものである 3 ところが

2 [28件] その男, のである, もので, ものであっ, ものに, ものを, 凝視を, 力強さ, 圧迫の, 希望に, 彼の, 思考の, 意志を, 感化が, 態度で, 植物は, 機械の, 沈黙と, 焔は, 熱の, 男で, 眼が, 眼つきで, 眼で, 眼付が, 積極性である, 観念が, 計算が

1 [300件] あの変態的, うるさい苦悶, くらいにゆるさなかった, ぐらい独裁, ことには, ことを, そして冷めたい, そして時, その紅唇, と言, のか, のじゃ, のだ, ので尋問, ので鎌倉, ほとんどいらいら, ほどささげられ, ほどにもお, ほどの研究心, ほど強情, までにこの, までに事物, まで私, みれん, ものか, ものだ, ものだった, もの陰影を, やり方に, やり方は, ようです, より永遠的, わるい感, んだ, ガスに, ゲリラ戦術とやらには, ゲリラ戦術に, ネバネバした, ポーズが, 一夜であった, 上にも, 下痢に, 不機嫌さに, 主任の, 争いの, 争闘目標と, 人知れぬ, 人間性の, 侮蔑に, 信仰できた, 個人性への, 偃松の, 偏見と, 兇器, 兇暴で, 光とを, 冒涜に, 凝視である, 処は, 利己主義を, 力で, 力を, 努力しか, 努力も, 努力勿論, 勉励で, 勧誘を, 北上を, 単調や, 印象は, 厚みを, 厚意の, 厚意を, 反人間, 反復を, 反抗と, 反抗を, 反抗癖が, 反撃であり, 反撥が, 口調であった, 周密な, 命令の, 咳こみ, 咳と, 哄笑を, 哲学が, 唇が, 問いと, 問ひ, 嘲笑を, 国民的政治常識が, 夢想を, 女の, 奴だ, 好意を, 好色家であった, 妖怪の, 妬婦の, 実行力は, 寄生者の, 対抗にたいして, 小按摩, 少年と, 山荘の, 干渉という, 彼女とは, 律動とは, 復讐感は, 心の, 心を, 心持ちが, 志を, 思索の, 性質の, 性質を, 怨を, 怪人が, 恋は, 恐怖心を, 恥かしげ, 悔恨と, 悪づれ, 悪意に, 悪戯は, 情意的要求と, 情熱も, 意図と, 意地悪さで, 意地悪な, 意志が, 意志その, 意志と, 意志とを, 意志によ, 意志の, 意志も, 意見が, 愛に, 愛情という, 愛慾の, 態度に, 戀に, 所が, 手が, 手に, 手を, 手先は, 抗議すべて自明と, 抗議を, 抵抗が, 抵抗の, 抵抗力と, 押しの, 押問答の, 挙動と, 描写です, 支倉の, 攻撃を, 攻撃力を, 教授は, 敵を, 敵対的な, 方面をも, 方面等を, 旋毛曲りの, 智慧比べであろう, 暗さ, 暗闘など, 書状などは, 根強い思索, 格闘が, 桎梏に, 検査が, 業病は, 楽句は, 機械的な, 欲望の, 欲求の, 欲求を, 死の, 殆ん, 残忍な, 氏に, 気分とで, 気持が, 水滴の, 江戸追討を, 汽笛を, 沈黙や, 注意で, 海霧を, 無意識的虚偽である, 熱中を, 生きものの, 生命が, 生命の, 生命力が, 申し出によって, 男, 男だらう, 男だろう, 疑いに対して, 病気が, 痒さ, 登攀を, 相互関係を, 真実の, 眠気が, 眼は, 眼を, 眼付から, 眼付で, 眼付に対して, 眼光を, 睡眠に, 睡眠の, 矢つぎ早の, 神経衰弱に, 程徹底的に, 空恐ろしいよう, 第二, 筆致等は, 筈は, 粘着力で, 粘着力によ, 純然たる, 索敵行動を, 絡みであっ, 者も, 肉体の, 脱獄の, 腹の虫を, 自分勝手な, 自殺常習者に, 興味を, 苦悩の, 蔓が, 虚偽な, 虱の, 蛇足なし, 蟄居的な, 裁判長の, 要望嘆願にもか, 視線の, 視線は, 言い分に, 言に, 計画とを, 訊問が, 訊問は, 話しぶりに, 調子で, 議論を, 質問で, 質問に, 質問には, 質問を, 蹶起の, 追従とを, 追求を, 追求力は, 追求性, 追究創造は, 追跡に, 追跡を, 逃走振り, 逆上的な, 遊戯を, 道連れが, 邪悪の, 邪惡な, 酷烈な, 野々宮への, 野次馬も, 金切り声の, 鈍痛を, 銀は, 長い間, 関心を, 闘争の, 闘争を, 陰気な, 階級的な, 需要を, 霧も, 鞣性を, 鞭の, 頬摺を, 風味を, 飢えを, 香料の, 高慢の, 高時に, 魂魄, 魅惑的な, 魔物の, 魔物めいた, 黒猫を, 鼓吹は

▼ 執拗~ (99, 8.1%)

5 をもっ 2 が発達, で自分, を示し

1 [88件] があった, があつ, があまり, がそこ, がそろそろ, が伝わっ, が女性, が容易, が当時, が彼女, が感じられた, が潜ん, が物笑い, が病的, が自分, その駆使, だ, だけがある, だらう, であつ, であらう, であると, でくやし, でその, でなく熱海, でのしかかっ, でピアノ, で云った, で僕, で円い, で却って, で同じ, で堂々回り, で広, で彼女, で怪しん, で懇願, で清教徒, で源七, で発表, で盾, で瞞着, で秘密, で間, とにはどうしても, とはまことに, とを歴然, と何もの, と冷めた, と可, と根気, と混乱, にあきれ, にからみつい, にこう, にたいする一種, につい, にはあきれる, にはかかる, には呆れざる, にぶつかっ, にも似, に反感, に反発, に呆れた, に呆れたろう, に巡査, に幾度, に番頭, に至つて, に負ける, に起因, に身, の影, の思ひ, はむしろ, は時に, もそこ, をもつ, を今, を以てあれこれ, を以て種々, を以て繰返し繰返し, を受け, を憎まず, を持っ, を由子, を祝福

▼ 執拗~ (48, 3.9%)

2 それを, 盃を, 絡み付いて

1 [42件] たのんで, だらだらと, なつて, 主張し, 主張した, 事情を, 二度とは, 人の, 人を, 付き纏って, 又訊いた, 同じ問, 問ひただし, 奧を, 客に, 心に, 怨むよう, 悪巫戯, 持って, 掛け合いに, 掻き口説いたり, 明滅を, 昔の, 根を, 水おち, 源吉に, 灸を, 焼き入れ, 疑っては, 繰り返しくち, 置き去に, 聞いた癖, 聞いた訳, 腸の, 自分に, 自分を, 自説からの, 表情を, 言つては, 附き纏って, 附き纒つたため, 默つてゐる

▼ 執拗~ (34, 2.8%)

2 事という, 男だ

1 [30件] から東京, から私, こと, にも何, のだけは, のであろう, ので困っ, のなんの, ほど門田与太郎, までに訊く, ンや, 働きに, 努力や, 変態的の, 夜に, 奴だ, 奴でございます, 奴も, 婢の, 嫉妬深い, 幽霊か, 急迫した, 悪臭の, 男で, 病や, 痰を, 程ちやほや, 空瓶だ, 言葉でも, 野郎だ

▼ 執拗~ (24, 2.0%)

2 加減も

1 [22件] こうるさい, だから, はござらぬ, はない, 冷酷で, 大胆な, 底意地が, 強いもの, 強情で, 彼と, 惡辣を, 感傷癖とも, 抜目が, 残忍な, 氣違ひ染みた, 無恥で, 病的で, 薄黒く, 評論の, 頑固でした, 頑固らしい, 馴れ馴れしいの

▼ 執拗なる~ (22, 1.8%)

2 根気と

1 [20件] に喩, 一頓挫の, 冷静乱すべからざる, 剽窃等々の, 形而上学的方法の, 彼の, 敵の, 日本訪問に, 業をも, 皮膚病と, 繰り返しの, 者何處に, 自己探求という, 自己探求といふ, 葛藤を, 虚偽では, 誤解の, 迷信に, 追跡を, 非難者でなかった

▼ 執拗~ (12, 1.0%)

1 [12件] もつて, 同門の, 咎めないで, 悪む, 持たず常に, 改めないなら批評家対戯曲作者, 有したり, 極めたある, 極めてゐ, 極めてゐる, 極め大王, 笑った

▼ 執拗である~ (6, 0.5%)

1 から長き, ために, だけに伸子, と同じ, のが, 所以は

▼ 執拗にも~ (6, 0.5%)

1 ミルキ閣下に, 云いたい, 例の, 数段の, 未だそんな, 私にばかり

▼ 執拗~ (5, 0.4%)

1 である, 拘泥とを, 根気に, 片意地とは, 頽廃の

▼ 執拗すぎる~ (4, 0.3%)

1 と思われる, ほど中断, よ君, 野暮な

▼ 執拗こく~ (3, 0.2%)

1 來る, 申込んだ上, 絡み付かれて

▼ 執拗だった~ (3, 0.2%)

1 からさすが, のでとうとう, ので昌作

▼ 執拗であっ~ (3, 0.2%)

1 てかつ, てこちら, てもそれ

▼ 執拗~ (3, 0.2%)

2 いたぶり 1 故により

▼ 執拗~ (3, 0.2%)

1 がある, がここ, の一例

▼ 執拗極まる~ (3, 0.2%)

1 女軍の, 性質を, 情熱と

▼ 執拗~ (2, 0.2%)

1 お憎しみ, 夫の

▼ 執拗きわまる~ (2, 0.2%)

1 好色の, 蜂須賀巡査の

▼ 執拗くなっ~ (2, 0.2%)

1 ていった, て来た

▼ 執拗く黙っ~ (2, 0.2%)

1 ている, てしまう

▼ 執拗であった~ (2, 0.2%)

1 ところで, 例の

▼ 執拗でも~ (2, 0.2%)

1 あるの, またあった

▼ 執拗には~ (2, 0.2%)

1 いって, 尋ねなかった

▼1* [84件]

執拗いいやらしい, 執拗いですね, 執拗いと直き腹, 執拗ちやほやされたら叶わんやろう, 執拗うて横眼で, 執拗かった憂鬱が, 執拗かつた憂鬱, 執拗くお聞きになる, 執拗くつけ廻されて嫌っ, 執拗くなる男であります, 執拗くなるだろうと思った, 執拗くにちゃ, 執拗くふざけつづけていた, 執拗く云うので已む, 執拗く促している, 執拗く口説くので甚右衛門, 執拗く尋ねたりする, 執拗く尋ねましたが下僕, 執拗く思い詰めてい, 執拗く投げ文の, 執拗く持ちかけるからで, 執拗く薦めたので月賦払, 執拗く覚えていたらしくあります, 執拗く言うので早く, 執拗く訊くなよ, 執拗く訊ねますと, 執拗く追い廻している, 執拗く通う黒吉の, 執拗く逞しく激しい火の, 執拗さひたむき食い下ったもの, 執拗さエロティシスムニヒリスムあくどさ皆, 執拗さ気なが, 執拗そうなまなざし, 執拗面白くない, 執拗こくつき纏っ, 執拗っこい奴等だ, 執拗であり堕落させた, 執拗でありまして, 執拗であり得ることが, 執拗であり込み入っており, 執拗でしたけれど自分, 執拗で煮えきらなくて小心臆病, 執拗といふのか, 執拗とともに明るい直観, 執拗とに感嘆に, 執拗なうごめきで女, 執拗なこだわり方を, 執拗なたわむれであったろうか, 執拗なねばり存続によって, 執拗なわからなさを, 執拗な冷めたい意志の, 執拗な疑ひに對, 執拗な走法の, 執拗にまでかれの, 執拗ぬきしほどに旦那さま, 執拗く問わるること, 執拗ぶりを誇っ, 執拗ものなの, 執拗ようでは御座いました, 執拗らしい処も, 執拗れた焦熬している, 執拗れてるが然し, 執拗わが首すじおさえ, 執拗を以て辛いながらも, 執拗イ恥カシイイヤラシイオーソドックスデナイトコロノ痴戯ノ数々, 執拗クハ注告シナイ, 執拗下僕の白状, 執拗戻な物, 執拗千万な推参者, 執拗強情な性質, 執拗我慢の性情, 執拗振りを誇, 執拗支倉の如き, 執拗時に空虚に, 執拗残忍な女, 執拗残酷な復讐鬼, 執拗深刻且兇暴残忍な血, 執拗濃厚な自然主義, 執拗殘な, 執拗無比な働きもの, 執拗申しますしそれに, 執拗醜悪な面貌, 執拗野卑なる賤民, 執拗頑固な決意