青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「城内~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

垢~ 垣~ 垣根~ ~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城 城~ 城下~
城内~
執拗~ 執着~ 基~ ~基礎 基礎~ 堀~ 堂~ 堂々~ 堅い~ ~堅く

「城内~」 1137, 12ppm, 8937位

▼ 城内~ (356, 31.3%)

8 者は 3 人が, 市へ, 者が

2 [16件] 一室で, 一角から, 人々が, 勤番の, 奥向きには, 家屋は, 御金蔵, 方へ, 旧市街, 様子を, 武士を, 獄中に, 者に, 者にも, 街を, 馬場で

1 [307件] うわさです, うわさにも, おいていたく, お人, お公卿様, お勤め, お廐一切, お方が, お方でなけれ, お方になんぞと, お許しが, かずかずの, かっても, ことは, こと奥も, ご用も, さしず, それも, たくさんな, ちまきに, と或, どなたかへ, どなた様かへ, どなた様へ, どの部屋, ものである, ものを, ようすを, メルビイ宮を, 一つの, 一室, 一室に, 一室へ, 一廓には, 一部を, 一郭では, 三位卿に, 上は, 上流の, 下水道から, 不潔に, 中木戸の, 中西新八郎以下の, 主婦を, 事を, 人々は, 人々を, 人々寝静まった, 人を, 人参畑に, 人達だけ, 他の, 仲間などの, 住居を, 住民は, 何処かに, 使が, 侍と, 侍なら, 侍部屋で, 便りは, 兄上が, 光塔街に, 光景が, 兵が, 兵だろう, 兵の, 兵は, 兵も, 兵糧は, 兵糧も, 兵糧倉から, 兵糧少ない, 兵部だけに, 円卓の, 円通寺に, 出入りは, 刃傷沙汰は, 分銅流し, 別館で, 前田犬千代, 動静を, 勝手なら, 勤番武士の, 北の, 北の方の, 北苑呂布の, 区劃も, 十幾年の, 十歳そこそこの, 原さんが, 原さんの, 原丹治の, 名刹を, 味方から, 問屋へ, 器物を, 四平街と, 四郎と, 四門が, 土木も, 土牢へ, 土蔵に, 地下道へ, 地面に, 城隍廟である, 場とが, 士人の, 士分の, 士卒の, 士卒人民ことごとく, 変事に, 夜の, 夜は, 夜別館客座敷の, 大奥に, 大官会議が, 大宴, 大帥府, 大広間, 大広間といった, 大広間へ, 大床の間, 大庭には, 大目付川村様の, 天主の, 奥へ, 奥まで, 奥庭に, 女たちや, 守りが, 守りは, 客殿に, 家臣たちにも, 寝泊りが, 将兵が, 将兵だけに, 将兵は, 小屋で, 小屋に, 小池小路に, 尹賞梁緒も, 市から, 市街へ, 市街を, 幹部も, 広さ, 広場で, 広場に, 庭廻りの, 庭木に, 廊下も, 建物の, 当事者に, 役割だ, 後庭で, 御安穏, 御殿かと, 御殿の, 悪侍, 悲壮を, 手入れは, 持仏堂に, 掟でござる, 掟として, 控えで, 搦手に, 攪乱を, 支那人の, 敵の, 文庫に, 新聞を, 方々に, 於虎だ, 旦那の, 普請場に, 暗闘とか, 曹洪と, 有名な, 木には, 柴田林などの, 案内は, 梅園に, 様子まで, 様子も, 樹木の, 樺山資紀中佐は, 歌合せの, 武備の, 武器庫にも, 武士が, 武士とは, 武士は, 武官の, 武臣文官は, 武道試合に, 殿様の, 殿閣に, 毛利加担勢力の, 民を, 民衆は, 水を, 決定如何に, 泉から, 洞窟内で, 混乱は, 混雑は, 満鉄公所, 炭火の, 無用心, 然るべき部分, 煮魚, 片隅に, 牛酪小屋からは, 牢屋に, 牢獄まで, 狐狩りが, 生活は, 用勤めも, 用心の, 男の, 町は, 畑を, 留守居とも, 番人と, 番犬が, 百舌の, 的場から, 石倉の, 石垣の, 神前で, 神尾が, 神尾主膳様の, 禮拜堂の, 秘宝を, 秘密嗅ぎ知られ, 空壕に, 空壕の, 空気に, 空気は, 笑い話に, 篝火と共に, 籾蔵の, 細部調度装飾をも, 結婚式後の, 練兵場の, 縉紳豪族富商の, 繁華の, 義寧坊に, 老いし女性, 者か, 者なら, 耶蘇学校に, 能舞台で, 若人たちが, 若殿輩が, 草根木菓を, 菜園で, 蓄えは, 薪倉に, 薬屋に, 薬師堂に, 藩庫も, 蘇鉄の, 衆に, 衆へ, 行きつけの, 街, 街から, 街の, 装飾が, 裏切り者黒川八十松と, 裏手, 西の丸裏御門の, 西門の, 要害を, 調練場で, 諸士, 警察を, 財宝倉廩に, 財宝武具女子どもすべてそれが, 賊の, 賊は, 賊を, 賓客へは, 輿論は, 通路は, 通路も, 道を, 釈迦, 金碧の, 金銀財宝には, 鉄砲庫へ, 長屋という, 防備を, 防塁を, 陰から, 隅の, 集りの, 風が, 食糧が, 飲み水, 馬場では, 驚きは, 鳥瞰景を, 鴻臚寺の, 黄金を

▼ 城内~ (198, 17.4%)

3 いて, 入って 2 いたが, お泊り, 入ったが, 入ると, 出仕し, 勤めて, 行って

1 [178件] ああいう, あって, ありながら, あるお市の方様, あると, あるの, ある勤番武士, ある同情者, ある四師団附新聞記者, ある大, ある懷聖寺, ある数千, ある軍務司長官署, ある間, ある限り, ある離反, いたの, いたもの, いた時, いながら, いるか, いる間, いる限り, おかれて, おとなしくいた, おりますかしら, おるがん, お止どまり, お親近, かくれて, ご逗留, すべて百十坊と, たて籠った農民, つまみ出された, とめおいて, どうしてあの, のこし自身, はいろうと, はおるまいな, ひきあげ呉軍, ひきいる夜, ぶらぶらし, まきちらされた, みなぎって, もすがた, よい井戸, よく似, ゐるの, グレプニツキーを, シナ人の, シナ兵の, 一夜泊っ, 上って, 乗り込んで, 二千の, 交錯し, 住まずに, 住み込むよう, 住むもの, 住む子弟たち, 住む楊松, 住んで, 侵入する, 保存され, 元宵の, 元霄, 入った, 入ったと, 入ったの, 入つて繁華, 入つて面, 入らしめしため白黨, 入らしめた, 入らず西大門外, 入りこんで, 入り幽斎公, 入り殷賑, 入り込みまして, 入り込んだという, 入るに, 入るを, 入れて, 入れること, 刑罰を, 勤めは, 参って, 参りその, 収めるが, 向って, 咲いて, 囚われて, 圧迫した, 在って, 変った事, 大穴を, 安置せられし, 宏大壯麗なる, 家を, 寺が, 届けて, 屋敷を, 巣を, 帝座の, 帰らねば, 幾度も, 引いて, 引籠っ, 張訓という, 後藤将監基国なる, 忍びこんで, 忍び込み何事, 忍び込んだとは, 忍び込んだ怪しき, 悪病の, 戻って, 招き酒, 支那人と, 於いては, 於ける人心, 於てしか, 時ならぬ, 曳入らしむ, 桃色の, 棲んで, 歸れ, 残存し, 殺せり, 泊った, 泊っては, 泊めて, 泊め精いっぱい, 泊るが, 深刻な, 渡って, 満ちる有様, 滿ち, 火を, 牛に, 生かして, 生きて, 異人が, 異変が, 知人が, 祀って, 祭り上げた, 私闘が, 秘蔵され, 移して, 積み入れて, 竹杖を, 総見寺を, 落ちて, 著いた, 虚の, 行くこと, 行く方, 行けば, 見えないと, 規律も, 詰めきりで殊に, 詰めて, 走入り, 起った出来事, 跳びこんで, 跳り込んだ, 踏み止まって, 迎え夜, 近づくに従って, 連れ出して, 運び行くの, 過して, 重き役目, 陳大夫が, 雜居し, 頑張って, 駈け付けて, 駈入り鑓, 鬱々と

▼ 城内~ (159, 14.0%)

7 帰って 4 はいって 3 入ること, 忍び入って 2 しばしば買物, 入って, 戻って, 来て, 足を

1 [132件] あずけて, あふれこんだ, いったこと, おん移し遊ばされ, お入り, お召寄せの, お抱えに, お訪ねする, お迎え申そう, お連れ, かくれこむ, かけつけたが, ご金蔵破り, さし向けた, ついて, つづくお, つれて, とおった, とらわれて, なだれこんだ, なだれ入り凱歌を, のぞんだよう, はいったからには, はいったと, はいってから, はいっても, はいり込んで, はいると, はいろうと, ひきあげて, まぎれこんだ反間, みちびいた, 一つずつ, 上がるたび, 云い送って, 人質に, 伝わらないため, 侵入モグラ戦術によ, 信長の, 入った, 入った味方, 入りこみ放火隊, 入り込んだこと, 入り込んだ迄さ, 入る慣わし, 入れましたこと, 入れまして, 入れること, 出仕する, 北条勢が, 参られるよう, 参りいたく, 参るが, 収容し, 受取った, 召された時, 召して, 召すこと, 召出したが, 向った, 告げた, 呼出されて, 地下道を, 埋け込んで, 報じるため, 大事な, 大人と, 奪い去り呂公, 女歌舞伎を, 姿を, 射込んで, 帰る途中, 帰参し, 引っ立てられて, 引っ立てられました, 引っ立てられ親たち, 引っ返しましたが, 引入れた日, 引入れて, 引揚げた, 往って, 忍びこむつもりらしく一かたまり, 忍び込む手引, 急いでは, 戻ること, 拉して, 持って, 捕われてから, 搬入させ, 救い取らせい, 斬って, 曲って, 来たこと, 残し彼女, 水の, 津波の, 混み入るなり, 漂った, 申し入れたが, 異変を, 着いた由, 着いた頃, 矢弾を, 突入し, 繰り込んだ, 聞えます, 自由に, 行くの, 行く機会, 行ったが, 行って, 許して, 訴えに, 詰め切りでございまして, 詰め切りますと, 請じ入れるよう, 貫通する, 買物に, 走りこむの, 迎え正当, 送つた, 逃げこんでも, 逃げ込んだところ, 這入って, 通じて, 通った人々, 連れて, 連れ去って, 運び去られたの, 遠矢鉄砲を, 遷し奉ること, 馳けた

▼ 城内から~ (48, 4.2%)

2 使の, 出て, 帰って

1 [42件] おいしい物, お市の方様また, お検分, その妖艶, その尾端, ついそれ, ついでの, 一蓮寺を, 万太郎様も, 乗って, 内応の, 出されて, 出た時, 切り開いて, 同じ方向, 城下の, 壕橋へ, 大きな沢庵石, 大至急, 将来した, 小旗, 帰った本多, 所望された, 持って, 支払うであろうと, 放すが, 斬って, 格別な, 次々に, 湯茶兵糧の, 溢れ出た若, 特に電話, 矢石を, 石垣の, 私の, 脱け, 莫大な, 裏切りを, 趙雲以下の, 逃げ出して, 運ばれた夜食, 領民へ

▼ 城内~ (45, 4.0%)

1 [45件] いくたび, いわれたが, お歴々の, しかも同じ, しかるべき人, その者ども, それを, もののよく分る, バサリと, 中老とも, 仕事を, 何か, 何事が, 出会うたの, 出会ったの, 前田犬千代に, 勝軍の, 取調べを, 奴さんを, 妾を, 市街戦を, 度々見かけ, 御家老様はじめお歴々, 御近習, 我々が, 或る, 数度の, 死んだよう, 焼け死んだり, 父の, 犯人が, 発見した, 秀吉に, 結婚させた, 結婚式を, 給仕役を, 繰り返されて, 羽振, 聞きかじって, 血盟の, 親しい者, 認めて, 趙を, 酒宴を, 釘付けする

▼ 城内~ (39, 3.4%)

2 巡視す

1 [37件] あちこち逃げ, うかがえば, うかがった, おかしたとは, ほとんど空, ブラブラ彷徨, 一巡し, 一見した, 出た, 勝手に, 堅めさせ, 展望した, 巡見した, 巡見する, 巡視し, 差して, 広間より, 托鉢し, 斜に, 望みながら, 案内し, 歩くと, 罩めて, 胡乱胡乱した, 脱け, 見て, 見ると, 見廻わって, 見物すれ, 観て, 観に, 貫通する, 踏んで, 逃げ出すと, 通つて駅へ, 通るそれでは, 騒がしたの

▼ 城内には~ (37, 3.3%)

2 いって

1 [35件] いない筈, いるお松, いると, いるの, その二千余, それがしも, まだやぶ, もう役に立つ, もう疾くに, もう皇甫嵩, 一番乗二番乗と, 不入の, 二日留まっ, 佐久間信盛坂井右近木下藤吉郎など, 何の, 入らずの, 入らない, 兵糧も, 千五六百人の, 博物館が, 古くから, 呉俊陞が, 壮大の, 多くの, 多年積んだ, 小姓や, 悪疫の, 支那人の, 朝から, 東呉から, 池田勝入, 決して居らぬ, 燎火を, 衣斐伊豫花房治右衞門竹森新, 驚くべき愉快

▼ 城内~ (35, 3.1%)

1 [35件] さすがに, その夜, まだ余燼濛々, まだ鼎, もとより城下町外れ, やがてまた, キリスト教青年会が, 一方ならぬ, 上を, 中央の, 依然として静か, 到る処, 南北の, 埃ッぽい, 城門を, 大丈夫です, 大騒ぎ専ら, 持ちきって, 森然, 泰然として, 混乱した, 満目それで, 濛煙に, 火と, 火煙に, 煮えかえるよう, 物音で, 狸と, 異常な, 益, 相かわらずで, 荒れるに, 諸礼, 重い空気, 静まり返り物音一つ

▼ 城内では~ (19, 1.7%)

1 [19件] あるが, すでに入り込ん, とかく白眼視, はやくも, 一閑斎を, 仮面の, 何か, 内通者本丸に, 勅諭奉答の, 友人の, 小さな餓鬼, 得体の, 欠乏を, 葱を, 言語に, 評定が, 赤星重右を, 鉄砲頭を, 驚きました

▼ 城内~ (9, 0.8%)

1 ちがい町, ちがって, なると, 向いあって, 城下とを通じて, 城下とを通じての, 城外と, 城外との, 城外とを

▼ 城内でも~ (7, 0.6%)

1 お行方, ここの, しばしば同様, もう捨て置かれなくなっ, 内密に, 自分たちの, 評判に

▼ 城内~ (7, 0.6%)

1 だん, 今は, 俄然混雑, 信長の, 城外も, 池だろう, 沿道も

▼ 城内城下~ (7, 0.6%)

1 ではそんな, に噂, の輿論, はこの, は申す, へ流れ, を通じて第

▼ 城内まで~ (6, 0.5%)

1 お越しあそばし, わざわざ行っ, 参りましたもう, 従いて, 漕つけ, 薬を

▼ 城内において~ (5, 0.4%)

1 であろうと, みても, 刺刀を, 御面会, 行なわれた

▼ 城内にも~ (5, 0.4%)

1 あった去就静観組, みなぎった, 一すじの, 三分の一は, 友人の

▼ 城内からは~ (4, 0.4%)

1 これに対して, しきりに鉄炮, なお間道づたいに, まだ何

▼ 城内~ (4, 0.4%)

1 どうした, 一時に, 乱脈に, 指呼の

▼ 城内へも~ (4, 0.4%)

1 いつ出かけ, 入らずお, 取り入り中, 召されるよう

▼ 城内より~ (4, 0.4%)

1 放火させ, 退去令の, 門を, 齎された

▼ 城内~ (3, 0.3%)

1 役向の, 濠方畑野蔵人三宅平七ご両, 濠方畑野蔵人三宅平七御両

▼ 城内からも~ (3, 0.3%)

1 城下からも, 火を, 立ち騒ぐ声

▼ 城内との~ (3, 0.3%)

1 交通を, 聯絡が, 連絡も

▼ 城内へは~ (3, 0.3%)

1 お出なされず, ひるの, 入らなかった

▼ 城内城外~ (3, 0.3%)

1 この大軍, の百姓町人, を一巡

▼ 城内~ (3, 0.3%)

3 一の

▼ 城内~ (2, 0.2%)

1 それとも四川路, 戦場で

▼ 城内からの~ (2, 0.2%)

1 劉備玄徳の, 返答は

▼ 城内での~ (2, 0.2%)

1 三法師さまお, 物ごしと

▼ 城内とは~ (2, 0.2%)

1 いつても, 少し広い

▼ 城内にて~ (2, 0.2%)

1 その事, 何の

▼ 城内への~ (2, 0.2%)

1 お使い, 通路へ

▼ 城内五千~ (2, 0.2%)

1 の生命, の部下

▼ 城内~ (2, 0.2%)

1 目付や, 薬園の

▼ 城内所々~ (2, 0.2%)

1 に火, を廻つて警戒

▼ 城内~ (2, 0.2%)

1 の鎮撫, も曹操

▼ 城内~ (2, 0.2%)

1 なしと, 多しと

▼ 城内深く~ (2, 0.2%)

1 の闇, 躍り込んだ三色版

▼ 城内~ (2, 0.2%)

2 軍橋の

▼ 城内遥か~ (2, 0.2%)

1 の広場, の彼方

▼1* [93件]

城内きっての腕白者, 城内くまなくひびけ, 城内さして逃げんと, 城内すめるトロイアの, 城内だけでよろしい, 城内だけには知れ渡って, 城内だろうかと思った, 城内であり目じる, 城内であることは, 城内です城内の, 城内というのは, 城内とに分けられた, 城内のでもとより, 城内などによもや有ろう, 城内なり御親族, 城内においてはどなたも, 城内におきましては十八日から, 城内における小さいお家騒動, 城内ふかく人目を, 城内へと集まって, 城内へまで潜入し, 城内めがけて驀地, 城内工事場を, 城内よりは支配方が, 城内しも, 城内わずか五百の, 城内と, 城内一乗ヶ谷にある, 城内一切の族, 城内一度に何事, 城内一面大根畑のよう, 城内七百の強者ばら, 城内三千の兵, 城内三千石の地, 城内の屋敷, 城内二の丸の大書院, 城内二ノ廓にも多分, 城内二万余の宗徒, 城内仕事は外, 城内代官町の通, 城内公事奉行や青沼助兵衛, 城内公園に連日, 城内兵糧運びの, 城内典薬たちの診断, 城内出入りのご, 城内出身であると, 城内切っての挙人, 城内劉璋と玄徳, 城内勘定奉行や坂本武兵衛, 城内勤めよりも一日, 城内勤番衆二三の方, 城内各室は客, 城内土牢にまで忍ん, 城内在住の漢民, 城内地区の裏町, 城内城下七日七夜というもの酒, 城内城中には炊煙, 城内域外が見当, 城内夜陰の気, 城内屯所へいった, 城内役人の間, 城内彼方には椰子, 城内御用べやに南北, 城内持仏堂へ迎え入れられた, 城内への間, 城内数万の女子ども, 城内新築の別館, 城内も負けず, 城内本丸の大広間, 城内杖相用之願, 城内横目衆は一段, 城内櫓下の獄舎, 城内歡喜せぬ者, 城内武者溜りの床場, 城内り喜べり, 城内はその, 城内氏郷は独り書院, 城内民安穏を見とどけ, 城内深きあたりに, 城内焚火の間, 城内狼狽を極め, 城内留守番を残し, 城内番人と諸, 城内白虎城砦のオースチン老師, 城内矢留両小学校, 城内練兵場旧射的場附近, 城内を決行, 城内の辻, 城内西の溜, 城内西北に内藤金右衛門, 城内所要所の, 城内なく掃除, 城内の沸く