青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「城下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

型~ 垢~ 垣~ 垣根~ ~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城 城~
城下~
城内~ 執拗~ 執着~ 基~ ~基礎 基礎~ 堀~ 堂~ 堂々~ 堅い~

「城下~」 1685, 18ppm, 6290位

▼ 城下~ (440, 26.1%)

8 人々は 6 方へ 54 町の, 者は 3 外の, 町へ, 町を, 盟を, 霧の

2 [19件] ちかいを, 人々の, 名も, 大町人, 役人だ, 民に, 民は, 民も, 灯を, 町に, 町人の, 町人を, 盛り場に, 羽生街道口に, 街を, 誓いを, 辻で, 辻に, 闇の

1 [360件] あちこちから, あるところ, ある村, ある金持, うごき御, うちでございます, おんなどもの, お嬢様, お寺で, お屋敷, お方だろう, お長屋, ことだ, さる御, しかも当時, その片, ちまたから, とある旅亭, はずれを, ほうへ, ものにて, ものは, やつらを, セスベデスの, ネブタ祭記事にも, 一商人銀屋の, 一寺において, 一寺を, 一寺院に, 一方から, 上屋敷に, 下町と, 不安ひと通りでない, 与次, 中学校に, 主なる, 人たちが, 人たちには, 人たちを, 人ぢや, 人で, 人では, 人を, 人形屋から, 人心の, 人達が, 人達は, 人達を, 人間で, 人間の, 位置を, 何ちら, 何物よりも, 使館から, 使館へ, 侍小路に, 元村へ, 入口まで, 全市街, 全滅を, 兵力は, 内外の, 内外は, 出放れ, 刀研ぎ, 剣客は, 加藤家の, 北はずれの, 北方に, 医者たちを, 十字街道から, 十方は, 南外れの, 南河原町まで, 南蛮寺では, 南郊です, 南郊梅が, 古い木薬屋, 各所からも, 各所に, 同業の, 呉服屋は, 周囲に, 味噌や, 商人だ, 商人伊予屋弥右衛門の, 商人多四郎とが, 商戸は, 商賈に, 四門に, 地であった, 地では, 地形を, 地点まで, 地面は, 坂下から, 坪井町藪之内京町塩屋町などは, 塵ふかし, 士族で, 士族町から, 夕暮れやみに, 外で, 外へ, 外郎屋の, 夜であった, 夜とは, 夜の, 夜は, 夜半は, 大宝院, 大工の, 大河, 大路へ, 天の, 天地の, 女子ども, 奴らが, 奴らへ, 如法闇夜に, 如法闇夜の, 姜維は, 威勢なんぞは, 娘にも, 婦女たちが, 子供達の, 安養寺境内に, 定評であった, 実相寺第, 家々も, 家の, 家族や, 宿所に, 富田左近将監の, 小学校か, 屋敷から, 屋敷町の, 川も, 巴屋六右衛門という, 巷へ, 巻, 市坊は, 市街の, 市街は, 平和は, 店持ちでも, 庶民の, 庶民も, 延命寺へ, 形勢を, 役所へ, 御侍方, 恥をば, 悪疫を, 情況とを, 戦で, 所々に, 所見を, 抑えまで, 按摩は, 捕物中でも, 掃除等の, 掟として, 敵に, 敵は, 敵も, 敵勢は, 敵将に, 新開地に, 方から, 方で, 方に, 方まで, 方より, 方指し, 方角から, 旅籠には, 旅籠を, 旅籠寺院に, 旅舎に, 旅舎へ, 旅館に, 旗本たちが, 日吉祭であろう, 旦坊様と, 景気近頃の, 木戸から, 本町が, 本願寺お, 村へ, 林泉寺で, 果に, 柳生兵庫との, 柵門へ, 森は, 椎や, 様子を, 様相は, 橋と, 正月の, 武士に, 武士達によって, 武者たちも, 殷盛に, 殷盛を, 民にも, 民の, 民を, 民家の, 民家も, 民家社寺を, 民衆は, 民衆も, 河下で, 河下の, 河川街道の, 泥棒が, 浅野川が, 浪人春日新九郎殿鐘巻自, 海岸や, 濠際まで, 火災を, 灯火が, 燈火は, 父老を, 物価や, 物騒という, 狂軍は, 獄に, 生活に, 田や, 田向山の, 町が, 町では, 町なみは, 町は, 町も, 町や, 町人から, 町人だ, 町人どもが, 町人どもは, 町人に, 町人も, 町人や, 町人町に, 町人達の, 町在の, 町屋の, 町屋へ, 町屋根に, 町川橋黒い, 町角から, 町道場へも, 百姓にて, 百姓や, 百姓町人たちが, 盟であっ, 盟である, 盟は, 盟を以て, 盟約開国に, 直参へ, 真ん中にも, 真言僧な, 眠流しな, 神社三ヵ所へ, 祭の, 禅寺へ, 私どもを, 空を, 空気が, 空気で, 空気を, 第一防禦線, 篝火が, 綿屋という, 緑を, 繁昌さは, 繁昌は, 繁昌を, 繁栄は, 群集も, 老幼男女を, 者, 者が, 者とは, 者に, 者にて, 者も, 舞台と, 舞踊の, 芝あたりに, 若い者, 若侍たちひき, 茜部, 茶屋じゅうで, 茶屋女が, 荒れた屋敷町, 蒸し暑い夜, 薬舗店が, 蘭医派の, 街, 街から, 街では, 街に, 街には, 街へ, 街路, 裏側に, 西の, 西端れ, 西青沼の, 見物じゃ, 見聞を, 親類の, 評判と, 話である, 誓を, 諸方に, 謡が, 警固の, 賑やかな, 踊りは, 躑躅ヶ崎の, 軍学者塚原小才治のや, 輿論は, 農民女子老幼を, 辻は, 辻へ, 遊女たちを, 道の, 道へ, 避難民多勢農夫牧民老若男女雪崩を, 避難民男女その他城兵多勢, 邸に, 邸を, 邸をも, 郊外です, 郊外の, 里へ, 鉄砲鍛冶の, 鍛冶とか, 門に, 間にまで, 闇夜の, 陋屋に, 隅々まで, 青年が, 面目の, 領民たちの, 領民は, 馬場はずれに, 馬市へ, 馬鹿どもは, 高札場の, 高橋屋正, 高田原楠町に, 魚の, 鰻屋で, 鶏を

▼ 城下~ (249, 14.8%)

5 疫病が 4 来て, 着いて 3 住んで 2 いた, 住むこと, 出て, 宿を, 彼が, 来たの, 火を, 生を, 迫って, 駕を

1 [213件] あった話, あって, あっては, ある, ある時, ある真言宗, ある者, ある袁兄弟, ある雲林院, いたの, いたろうと, いること, いる者, いる藩主, おりまする銀屋, おるの, おる御, お住いとは, お住居, お見残し, お越しを, かえれば, かかるが, この光景, こんなお, さしかかった時, しきり, しん, すんで, せざるを, せまって, たどりついた, ついた, ついた宇津木兵馬, つくと, つたえて, でるとちゅう, なって, なるぞ, ふたたび大乱状態, ふたりの, まぎれこむと, まぎれこんで, みちみちた, よく通る, 一かたまり, 一九二八年の, 一宇の, 一軒の, 三年ゐた, 乗込んだ, 乗込んで, 二三日滞在した, 人相書の, 人馬は, 仕えて, 以前父の, 住し, 住みながら, 住み徐州, 住むこと勝手, 住むてまえどもでもご, 住む三万, 住む河村寿隆, 來ました, 信長の, 健かに, 入りこんだ日本左衛門一まき, 入り藩老長岡佐渡, 入り謹んで, 入り込みまして, 入る, 兵火が, 出た時舎, 出づる事, 出でず城下, 出でたり, 別れを, 到, 到る, 到ると, 加藤家という, 加賀から, 去つて, 参り都, 参るたび, 名高い松木蘭袋, 向い一組, 向った父, 呼んだ三千, 喧嘩でも, 噂が, 在住候え, 塚原小才治という, 売りに, 大場宇兵衛という, 大層髯, 大火が, 大軍の, 天下の, 失火が, 学校を, 宅地を, 家が, 寄せ, 尸を, 居る士族, 屋敷を, 帰り着いたが, 帰参した, 常設の, 廣まつ, 引き寄せて, 引受けながら, 引返して, 引返し百右衛門, 往来する, 御藥園, 御見参, 性の, 悪い夜遊び, 戸田侯, 戻り一, 担ひ来ら, 整列する, 斃れ, 於いて, 於てさえ, 暫時碇泊しける, 曝す牽きゆくこと数里, 木の, 来りしを, 機を, 死ねとあらば, 残されて, 泊って, 泊りまして, 流るる水道, 浅間の, 満ちた, 滞在した, 潜んで, 潜伏し, 火が, 火の手が, 無くも, 牽きて, 用を, 留めて, 盗人が, 着いた, 着きましたの, 着き木村, 破牢の, 神戸あり, 秀吉の, 移った彼, 移ります, 程遠くも, 立ち廻って, 立った, 立入る事, 総軍, 繰り込む時, 至った時, 至り驍将, 落着こう, 蜀の, 行いすまし, 見た, 見るよう, 見下して, 負ひ, 負ひ来つ, 赴き酒井忠次の, 起こった惨劇, 起つた二十年前, 足を, 迎えた, 近いところ, 近い別所, 近い川中島, 近い形勝, 近い海岸, 近く同時に, 近づいたが, 迫った, 迫ったの, 迫る, 迫ると, 迫る日, 送り当時, 逗留し, 這入って, 連, 進むの, 遊び過ごし, 達したとき, 達するに, 遠からず, 適したもの, 遷つたのは, 邸宅を, 長町という, 集って, 集まった千人, 集まり全, 集まること, 集り経済組織, 雷霆の, 駐め, 高札が, 鷹匠町だの

▼ 城下~ (216, 12.8%)

8 出て 7 来て 4 はいった 3 はいって, 向って, 帰って

2 [11件] 出かけて, 参って, 姿を, 宿を, 帰る途中, 火を, 着いて, 行って, 足を, 迫って, 連れて

1 [166件] あらわれた, いそいで, うつる時, おいでに, かえって, かけて, きてから, くわえこみながら, こみ入って, ぞくぞく帰っ, たどりついた時分, ついた晩, でて, なだれこんだ, なだれ帰っ, はいったばかり, はいった一角, はいった頃, はいってから, ふれある, まいりお, まかり通ろうと, まぎれこみ大久保家, まぎれこむ, まぎれ込ませ流言, まぎれ込んだもの, まぎれ込んだ盗賊ども, まわって, もうひと息, やってきた, やって来るなど, ゆくには, ゆく積み荷, ようよう, わかれる, ストラトフォドの, 一足お先に, 七八騎飛んだ, 下りて, 乗り込んで, 乗込んだ時, 乗込んだ浪人, 乗込んで, 二人の, 住み移つたといふ, 使いを, 入ってから, 入りかけたけど, 入りこまれた折, 入りました, 入り込むの, 入り込んだ, 入り込んだの, 入り込んだ武者修行体, 入り込んで, 入り高木市助, 入るの, 入る前, 入れないという, 入ろうとして, 再び奉公, 出た, 出たが, 出たという, 出たほう, 出ます, 出られるの, 出るといふ, 到着しました, 到着する, 参られたらぜひ, 参りまして, 参るには, 参ろうかの, 向けて, 売るなどと, 売ろうと, 寄せて, 寄手を, 密使として, 密書を, 小屋掛けを, 左膳の, 帰ったが, 帰ったの, 帰ったらどう, 帰りましょうかい, 帰ります, 帰る帰り道, 帰る武士, 帰る都合, 引揚げられ, 引立てられ入獄中, 引返し二人, 強剣, 強訴する, 往っての, 往来を, 征め込んだ, 御輿入の, 急いだ, 戻ったもの, 戻りましたが, 戻るか, 拘引され, 招来された, 拡がると, 拡まっ, 持って, 攻めこみながら, 攻めこんだわけ, 攻めて, 放火し, 曳かれて, 来た, 来たら突如, 来た妖婦, 来た道庵先生, 来ると, 殺到した, 殿様を, 流れて, 流言を, 漕ぎつけること, 潜入し, 現われてからは, 現われるや, 用達しに, 留ったと, 着いた, 着いたけれども, 着いたその, 着いたの, 着くまでには, 移って, 移ってからは, 立ち入ったこと, 立帰っ, 繰り出すこと, 肉薄し, 荒木又右衛門が, 落ちて, 落着い, 行き着こうと, 行くかい, 行くの, 行く道, 行け三十五万石, 行ったの, 行ったらしかった, 護送され, 護送される, 轉げ落ち, 辿りついた, 辿りつくという, 迫らせ一当て, 送り込まれました, 這入って, 通う本, 通う道, 通じて, 通って, 降って, 駆けつけた, 駈けこんだ, 駈けつけて

▼ 城下~ (144, 8.5%)

5 歩いて 2 出て, 去って, 指して, 焼きに, 焼き払って, 見下ろした, 見物し, 通って, 離れて

1 [121件] うろついて, お練り, かけて, くり出すところ, こころざして, さわがしたという, さわがす曲者, すぐ, それとなく歩い, それとなく見廻っ, とびまわって, はじめひろく, ほとんど通りつくし, めぐる幾筋, ブラブラと, 一人で, 一望する, 一眸に, 中心に, 出はずれた, 出外, 出奔した, 出発した, 出立した, 十町ほど, 去りここ裾野, 去ること, 去ること三里, 固めて, 堂々と, 大兵で, 定めても, 小路小路まで, 少しブラ, 少し離れた, 巻いた海, 引き廻された, 引払いたる興津, 引払つて今日の, 引掃ふ, 当って, 往来した, 往来の, 後に, 御案内, 抜けだし剣山, 探るの, 攪乱し, 故意と, 教へてと, 数里離れる, 新町から, 昂奮の, 東へ, 横切って, 歩いた, 歩くよう, 毎日出あるいた, 氣の, 火の, 焼き払い信長, 焼き払う者, 焼き立てて, 焼け, 燒い, 留守に, 発した兵馬, 発して, 目がけるならば, 眺めさせて, 眺めましたらさぞ, 祝福しよう, 立ち出, 立ち出でたその, 立ち出でた白雲, 立ち去ったが, 立ち退いた, 立つ時, 立退くこと, 蔽う, 蔽って, 西へ, 西北に, 見せて, 見たこと, 見て, 見ること, 見下して, 見下ろして, 見下ろし乍ら, 見廻って, 見廻ろうと, 見晴らして, 視め, 訪れたある, 踏まずして, 退散した, 通して, 通ったの, 通らねば, 通るまでも, 通る町人, 通る見目, 通過した, 過ぎふたたび, 過ぎ本, 遠く三, 遠まき, 避けて, 陥れら, 隈なく, 離るる, 離れた夜, 離れた山, 離れた片原, 離れるため, 離れ美濃本道, 騒がしたるあの, 騒がすこと, 騒がすだけ, 鷲に

▼ 城下から~ (75, 4.5%)

2 遠くない

1 [73件] お出張, お土産, ここまで, この農村, こんなところ, しかるべき要件, そこへ, ちょっと離れた, つい二里半, のがれ出ること, ぷいと消え, ツイ三十丁ばかりの, 一散に, 一里ばかり, 七里離れた, 三方ヶ原を, 三里あまりを, 三里も, 三里半ほど, 三里奥の, 中津の, 二里許り, 代官様が, 仰ぐと, 六七里離れた, 北の方二十里に, 十里ばかり, 十里ほど, 半里, 南へ, 取寄せて, 垂坂山へ, 城内の, 大手の, 姿を, 守山まで, 封地の, 少し離れた, 山へ, 山支度と, 帰って, 戻って, 持って, 旅へ, 来たそうじゃ, 来た一町人, 来た鍋島家, 来て, 来ました, 東に, 江戸へ, 汽車だ, 河べりの, 海ぞいに, 海岸の, 甲州一円の, 発向いたしまする, 立って, 練込んだ, 良い医師, 行列を, 西北へ, 西北方に, 諏訪一円を, 身延街道に, 追従け, 追放した, 逐いこれ, 連れて, 金を, 頼まれて, 養子が, 鳴海街道の

▼ 城下~ (72, 4.3%)

2 もちろんの, 戦場変じ

1 [68件] あれ, いうに, いうまでも, いや伊勢, おのずから地方的文化, おろか塩釜松島金華山等の, おろか鳴門潟の, お絹, お通り, きゅうにこんざついたしまして, この日, これ武士の, すっかり秋, すなわち煙花, すばらしく景気, ずれさ, そのため, たいへんな, なかなかに, なんとなく騒々しかっ, もう何処, シホドまたは, 一しきり人, 一見どこ, 上を, 九頭龍川の, 云うまでも, 五日の, 今や八州, 何程ある, 俄に, 修羅の, 兵と, 兵火に, 勿論土州, 寂れ返り諏訪家, 富裕の, 山に, 忽ちハイカラ青年, 思いも, 恢復って, 敵の, 東北第, 歌吹海と, 殷賑を, 水主町尾張様御用の, 沸き立った, 浮田家の, 海の, 海道一の, 準備に, 熱田の, 物寂しく空, 甲冑の, 申すに, 目と, 目の下に, 相変らず, 眼中に, 祭礼の, 素敵な, 素通りし, 読経の, 近し四時, 近年いよいよ, 長い町, 陰森と, 馬や

▼ 城下~ (68, 4.0%)

2 身分の

1 [66件] あなたと, あなた様に, お前と, お待ち申し, お柳さん, お歴々の, お殿さま, すすけた古物屋, つい数日前, とらえた一人, ひとしきり辻斬沙汰, ひとりの, むやみに, 一流の, 上手名人と, 上杉家の, 井伊直政の, 人の, 会った風采, 切支丹渡来時代セミナリオなど, 勝三郎, 北國街道の, 叔父は, 名物の, 土岐様の, 士族の, 夜な夜な辻斬り, 妖怪を, 安穏に, 家中の, 宿を, 山の, 市之丞と, 彼らは, 待ちうけ, 御用金三千両, 思つたよりは, 戦争が, 指折りの, 挙動不審な, 捕りおさえられたものの, 掠奪や, 昔から, 極印屋という, 武田伊那丸という, 死ぬよりは, 江戸から, 泊るつもり, 浪人暮らしでも, 無可, 療養に, 磔に, 秀吉を, 縣下では, 美に, 聞いたの, 聞いたん, 興行中の, 袂を, 近頃こういう, 道節が, 金銀の, 錦雲舎という, 間違いが, 陶工久米一が, 随一の

▼ 城下まで~ (39, 2.3%)

2 二里半だ, 来て

1 [35件] あるか, お使, この連中, つづいて, ほとんど何, まだこれ, もつかしら, 一目散に, 一緒に, 上って, 五里十七丁, 先に, 入りこみまして, 兵を, 出して, 出たついで, 十八里である, 参って, 圧縮し, 帰って, 急ぎお越し候ら, 押し寄せて, 持って, 攻め入ると, 来た時, 来るうち, 来ると, 活気付い, 肉薄し, 行ったじゃ, 迫った, 追って, 通る土手, 遠くきこえました, 駈け通した

▼ 城下には~ (25, 1.5%)

1 [25件] いって, いなかった, いらっしゃらないの, いること, いるまえ虹, おのずからな, たくさんに, だんだん人, どこにも, またガンボ, もっと繁華, よく九州, 北辰一刀流の, 叩しつけ, 夕刻頃武蔵について, 少々物騒, 市邑が, 帰って, 必ず一, 未熟ながら, 湯屋なんぞは, 着いたが, 石の, 立派な, 陣触れの

▼ 城下では~ (22, 1.3%)

1 [22件] あの豪快, あんなこと, いま農兵が, それほどに, そんなこと, ないため, ないまた, もう慶祝気分, よく赤星, 一宿の, 一本の, 凄じい格闘, 嘘を, 女賊の, 平馬殿の, 曲独楽の, 江戸弁その, 知って, 祭や, 第一等, 自ら買い物する, 見られない異色

▼ 城下まち~ (19, 1.1%)

3 の高等学校 2 の古い, の高等學校

1 [12件] から浪, である, にこ, にも大砲, に中学校長, に住む, に必ず, の性格, の落ちつき, はだらし, へ赴任, を端

▼ 城下~ (19, 1.1%)

9 れの 2 れまで 1 れ, れから, れで西, れに, れには, れへ, れ荒川べり, れ西

▼ 城下~ (18, 1.1%)

2 ある, あろうという, にわかに物騒がしく

1 [12件] あんなでなかったら, この一兇賊, その街道, ひっそりと, 一目に, 二里四方に, 今日は, 大分騒がしい, 火に, 眠りに, 見えた大川, 騒ぎ出して

▼ 城下~ (13, 0.8%)

1 [13件] ここを, さびれて, そんなに遠い, また馬, やはり長い, 何となく色めい, 大手を, 焼けただれて, 町は, 秋知り, 萩の, 近い, 通り過ぎ日数

▼ 城下でも~ (12, 0.7%)

2 江戸の 1 せ, せせこましい町家, 一流の, 泣く子, 生れ故郷でも, 蔵元屋に, 見物し, 評判だった, 高名な, 鷲が

▼ 城下にも~ (10, 0.6%)

1 こんな繁昌, 二軒あっ, 住んで, 同様の, 昔の, 知れ口々, 街にも, 足を, 辻便所などは, 高かったらしい

▼ 城下はずれ~ (10, 0.6%)

1 でフイ, に似, に月輪一刀流, の味酒村, の宿, の森, の追分, までお, まで参りました, まで見送り

▼ 城下より~ (10, 0.6%)

2 一里半 1 一里ばかり, 下津井に, 十五里あまり離れました, 嶋へ, 来たりて, 細工人の, 起り次第に, 集め足軽

▼ 城下~ (7, 0.4%)

1 あひむ, いうほど, いっても, なった時, なつた, 大阪表に, 目と

▼ 城下外れ~ (7, 0.4%)

1 でお, にある, に女, に遺した, の三津口, の旅籠屋, の街道

▼ 城下へは~ (6, 0.4%)

1 のべつ使い, 一本道だ, 元より, 入りこめない, 帰らずに, 泊らずに

▼ 城下~ (6, 0.4%)

2 の等 1 の小坂, の西, の鼻寺, へ出

▼ 城下~ (5, 0.3%)

1 からな, からまた, そんな風, と教えた, などと威張ってる

▼ 城下からも~ (4, 0.2%)

1 はや鼓, ひとしく二里, 裏切りが, 逃げ出したくなった

▼ 城下である~ (4, 0.2%)

1 から附近, がその, が領主, という点

▼ 城下なる~ (4, 0.2%)

1 ものへ, ものを, 同宗, 江戸の

▼ 城下~ (4, 0.2%)

1 お城うち, 山沢に, 近在に, 近在を

▼ 城下~ (4, 0.2%)

1 に頑張っ, の一膳飯屋, の道の辺, の駅伝問屋

▼ 城下~ (4, 0.2%)

3 一の 1 一と

▼ 城下近く~ (4, 0.2%)

1 なろうと, に迫りました, まで来, まで諸

▼ 城下であり~ (3, 0.2%)

1 いや自分, ながら市当局, 彼の

▼ 城下~ (3, 0.2%)

1 のでその, のでもちろん, んだ

▼ 城下にまで~ (3, 0.2%)

1 人相書の, 及んで, 満ちて

▼ 城下全体~ (3, 0.2%)

1 が何, の人気者, はこの

▼ 城下城下~ (3, 0.2%)

1 で待ち, などをずっと, におる

▼ 城下~ (3, 0.2%)

1 のすべて, の中, は伝え聞く

▼ 城下近い~ (3, 0.2%)

1 から便利, ところである, 山へ

▼ 城下からは~ (2, 0.1%)

1 兵が, 武士時代の

▼ 城下さき~ (2, 0.1%)

1 を尺八, を流れる

▼ 城下だけ~ (2, 0.1%)

1 ありて, では

▼ 城下です~ (2, 0.1%)

1 から所番地, から私

▼ 城下での~ (2, 0.1%)

1 お歩き, 事が

▼ 城下といった~ (2, 0.1%)

2 方が

▼ 城下として~ (2, 0.1%)

1 名高い, 昔から

▼ 城下とは~ (2, 0.1%)

1 ならず町人, 何ん

▼ 城下ながら~ (2, 0.1%)

1 世子も, 岡崎の

▼ 城下などに~ (2, 0.1%)

1 まぎれ込んで, 跼蹐し

▼ 城下などを~ (2, 0.1%)

1 ずっと見, 振り出しに

▼ 城下における~ (2, 0.1%)

1 立派な, 花街の

▼ 城下へも~ (2, 0.1%)

1 京の, 入りこんで

▼ 城下らしい~ (2, 0.1%)

1 どっしりと, 地勢の

▼ 城下一般~ (2, 0.1%)

1 に燃え立ちました, の民家

▼ 城下~ (2, 0.1%)

2 の一浪人

▼ 城下優しい~ (2, 0.1%)

2 大川の

▼ 城下奉行~ (2, 0.1%)

1 がぶつかっ, と添役ら

▼ 城下~ (2, 0.1%)

1 から十何里, を離れ

▼ 城下市街~ (2, 0.1%)

1 の事務, をすぐる

▼ 城下蒼古~ (2, 0.1%)

2 の市

▼ 城下見物~ (2, 0.1%)

1 でも致し, をする

▼1* [100件]

城下あたりを澄まし, 城下あり井伊本多榊原などの, 城下いちめんに展戦, 城下膝元自慢では, 城下じゃ御重役, 城下じゅうの宿屋, 城下そのものが臭気, 城下その他へ魚, 城下そろそろ陽が, 城下たる延岡町の, 城下だけでも三萬梃の, 城下だけにここで, 城下だけは花村甚五衛門の, 城下だって高の, 城下であって江戸, 城下でありますと答える, 城下であるべきはずは, 城下でしかなかった, 城下でしょう何は, 城下ということでありました, 城下としての落着きも, 城下としてはそれ相応の, 城下とてはなく宿, 城下とやらへおいでに, 城下とを往来し, 城下とを通じて第一等, 城下とを通じての美しいほう, 城下ならいざ知らず, 城下においてししかして, 城下について専六が, 城下にて買いし菓子, 城下にとってお召し, 城下へでも売ろうと, 城下へとひろがって, 城下へのお戻り, 城下まち端から端, 城下までは一里半も, 城下までへは陸前浜街道を, 城下までも入りこんで, 城下よりの分捕として, 城下よりも牢人が, 城下らしいおちついた都会で, 城下を通じて第一等, 城下一円に軍政, 城下一帯この銅像, 城下一杯に谺, 城下七日七夜というもの酒, 城下の曲輪町, 城下中津川の町, 城下丸岡から勝豊, 城下二十里の外, 城下他生の縁で犬, 城下仙台に目のあたり, 城下代官と町奉行, 城下以来であります, 城下入りをし, 城下の警固, 城下十四万石伊豆屋甚兵衛の娘, 城下十里四方お構いの孫平治, 城下十里外へ御, 城下千光寺の徳命観梅, 城下博多の町, 城下及び領内にも, 城下名古屋の町, 城下とも一文ズツ, 城下塩田業山屋こそは私, 城下を出る, 城下にてお, 城下大手前の呉服屋江島屋郷右衛門, 城下宮本村から下ノ庄, 城下常陸の水戸, 城下の町, 城下弥勒寺長屋時代の陰惨, 城下明石の城下, 城下町筋に, 城下林某の宅, 城下柳端に町道場, 城下江戸よりも開府, 城下火事で焼けた, 城下生れの者, 城下町外れに到る, 城下を為す, 城下目ざして原ノ町口, 城下縣廳の所在地, 城下若松桂林寺町早山かもんのす, 城下を見渡す, 城下西ノ店の立, 城下の俗役, 城下街道の, 城下豊川稲荷があっ, 城下通りより浅瀬石村, 城下通れば, 城下に鏡作, 城下金沢より約, 城下長国寺の境内, 城下間近まで来, 城下隠密組の黒屋敷, 城下高島に於ける, 城下高橋玉蕉先生の道場, 城下鳥飼村に居りました