青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「城~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~型 型~ 垢~ 垣~ 垣根~ ~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城
城~
城下~ 城内~ 執拗~ 執着~ 基~ ~基礎 基礎~ 堀~ 堂~ 堂々~

「城~」 12585, 136ppm, 786位

▼ 城~ (2893, 23.0%)

38 中に 31 ような 22 ように 19 ほうへ, 中へ, 方へ 18 中の 14 門の 13 方を, 門を 10 うちに, 下に, 中で, 中には, 内に, 外へ 9 なかへ, 大手の, 市民は 8 城主は, 外に, 奥へ 7 ことを, なかで, やうな, やうに, 上に, 中は, 壁の, 工事場で, 石垣に 6 うちへ, なかに, 主と, 前に, 者が, 要害を 5 うしろの, かたたちは, 下まで, 中から, 囲みを, 坊, 奥ふかく, 市民の, 金の

4 [18件] かたたちの, ほうを, 一室で, 上から, 下の, 中を, 兵を, 内で, 内には, 四方に, 壁を, 方で, 方に, 櫓の, 石垣を, 者は, 要害は, 門まで

3 [57件] ある山, お濠, かたたちが, なかは, ほうから, まわりを, 上の, 下を, 主が, 主の, 人に, 偉い人たち, 傍の, 兵は, 内でも, 内へ, 内外には, 内外は, 内外を, 内部を, 北に, 北の, 危急を, 名は, 名を, 地の, 城壁に, 塔の, 士気は, 外の, 外は, 天守が, 天守の, 天守を, 守将は, 屋根の, 庭で, 庭へ, 後詰に, 攻略は, 本丸に, 東に, 様子を, 櫓と, 水門へ, 油御用を, 洞窟の, 狭間から, 裏門の, 軍兵は, 鉄の, 門が, 門には, 門へ, 間に, 隅の, 顔を

2 [186件] あつた, あと, あとには, ある人, いくつにも, うしろを, うち, うちで, うちでは, うちには, うちの, うちを, おふす, お庭, お殿様, かたたちには, ぐるりを, ことに, ことは, ことばかり, ごとく峭立, すぐ下, なかの, ぬしビュロオ伯, まるい塔, まわりに, まわりには, レスボスを, 一件は, 一室に, 一族と, 一部が, 上を, 下へ, 中が, 中だ, 中では, 中でも, 中へでも, 中央に, 中庭へ, 主だった, 主で, 人々の, 人たちの, 人たちは, 人達の, 余命も, 使者を, 内外の, 内濠, 内部の, 出な, 勢力は, 勤めです, 北一里に, 北門に, 南に, 南の, 口から, 合戦から, 名と, 周りの, 四天王の, 土木へ, 地として, 地勢や, 型, 城主であった, 城主に, 城主の, 堀に, 壁が, 声が, 外濠を, 大奥へ, 大将に, 大将は, 大広間で, 大広間に, 大手から, 大手へ, 大秘密, 天主閣が, 天守は, 天守閣の, 奥で, 如くに, 守りは, 守りを, 守備としては, 宝物も, 将士は, 将士を, 小姓部屋に, 市民を, 広間の, 形冥府に, 影が, 後の, 後ろの, 後詰を, 御宝蔵, 御本丸, 御用を, 所へ, 折だに, 折には, 搦手に, 搦手の, 新免家の, 方々お, 方の, 方ばかりを, 方角を, 望楼に, 本丸と, 本丸の, 本丸を, 東, 東の, 東裏に, 案内を, 棋界は, 森の, 構内に, 様な, 櫓に, 正南門の, 死骸を, 残趾を, 水攻めの, 滅ぼされたの, 濠に, 濠の, 濠を, 濠際へ, 狭間より, 獄中に, 玉を, 璧を, 用意を, 用水を, 番を, 白光が, 白壁が, 白壁を, 真下に, 眼から, 石垣の, 石垣は, 石垣も, 石垣や, 秀頼から, 積鬱を, 空気を, 端の, 絵図面を, 絶壁の, 総攻撃, 者だ, 者に, 肩を, 草に, 藩屏として, 西に, 西の, 西門から, 話を, 足場を, 趾が, 跡を, 近くまで, 運命が, 運命は, 運命も, 道場を, 遠祖も, 門は, 陥落も, 陥落を, 露と, 頭が, 風致と, 鬼と, 鯱の

1 [1817件 抜粋] あいだに, あったあと, あとが, あとも, ありたるところ, あるじと, あるクロザン, ある今, ある所, いい渋っ, いや一畳の, うしろ庭つづき, うら, おさえに, お使者番, お城外, お奥坊主, お小姓, お玄関, お芝居, お長屋, かたちが, かたはらを, ぐるりだ, ここかしこで, ことについて, ごときもござりまするし, ご主人, さいに, ささえも, さやに, すぐうしろ, すべての, そと, その屋根, ため, つくりかた, ていに, ときにおいて, ところへ, なかか, なかでも, のち和睦に, はなから, ひとつに, ふたつを, ほうには, ほとりなり, まえには, まま勝豊に, まわりな, まんまえ, もっとも痛い, ものは, やうだ, やつも, ようです, オバサンが, サーランスロツトとより, ヌシに, 一つという, 一件が, 一千人は, 一室である, 一方が, 一族も, 一番乗りを, 一聯である, 一角に, 一郭の, 一閣には, 三の丸へ, 三木通秋を, 上なる, 上月一族なども, 下では, 下迄, 不道徳な, 中だった, 中です, 中にばかり, 中へは, 中保護者の, 中川瀬兵衛清秀を, 中間を, 主である, 主なら, 主や, 主伊達政宗公の, 主君の, 主柳生美作守家厳の, 乾門では, 争闘も, 事務が, 二の丸へ, 五カ処だ, 京に, 亭侯司隷校尉領予州の, 人々も, 人たちにとって, 人で, 人という, 人悉く, 人間でも, 仏頂面が, 仲間に, 位置が, 佐々成政の, 作り上げた人間, 使者である, 俘虜を, 俤を, 修築已に, 候それを, 傍に, 先祖の, 全兵力, 六ツの, 兵どもや, 兵力で, 兵学教頭萩井十太夫の, 内でし, 内にも, 内を, 内外へ, 内庭に, 内部へ, 分配金と, 別名である, 別所長治から, 別所長治の, 前で, 前庭を, 前進であり, 動勢よりも, 勤めに, 勤番支配であった, 包囲という, 北から, 北山の, 北条氏政どのは, 北部に, 北門外に, 南, 南大門まで, 南追廻門汐見櫓を, 占領された, 危局は, 取締の, 台所方へ, 吉野左衛門千葉の, 名この, 名残りであっ, 向うの, 周囲を, 周圍には, 命は, 営舎を, 四門で, 囲が, 図面であった, 土に, 土塀や, 土臺に, 地たる, 地下室の, 地主神たる, 地理と, 坂ようやく, 坊主を, 城下町で, 城主も, 城主別所長治は, 城主清水宗治に, 城代を, 城内で, 城地没収二十五万石取, 城戸へ, 城相を, 城門が, 堀にて, 場合に, 塀にも, 塁濠は, 塔内で, 墻, 壁に, 壘壁の, 士は, 壮麗な, 外において, 外よりも, 外廓から, 外形と, 外見の, 夜半の, 夢を, 大台所に, 大天守閣, 大女, 大将の, 大工事場, 大広間において, 大廊下, 大手と, 大手らしい, 大手口, 大手門の, 大樽, 大谷刑部であった, 大関門, 天主へ, 天主閣で, 天主閣の, 天主閣を, 天守と, 天守台あたりの, 天皇軍へ, 太守徐栄の, 奇妙な, 奥, 奥は, 奥深くお姫さま, 奥深く入っ, 女王であった, 好謔, 如き軍艦, 如く屹立し, 妙庵丸櫓へ, 姿と, 威容は, 子であった, 宇宙の, 守りで, 守備に, 守将かと, 守将奥村助右衛門永福は, 守将清水長左衛門宗治へ, 安危よりは, 宝庫が, 宝物中でも, 宮殿を, 家中か, 家中近藤平六は, 家老後藤将監基国に, 寄せ手に, 寝が, 専門学校から, 将兵の, 将士も, 小姓組には, 居ま, 山だ, 山は, 山手に, 山道は, 峰や, 嶄新な, 巍然たる, 工事が, 工事の, 工事場へ, 差出した墨, 市外で, 市街とは, 帝大には, 広い間ごと, 店を, 庭まで, 廊下で, 建て方, 建築様式は, 張繍とは, 強敵あり, 形態に, 影響です, 役人たちは, 役所に, 後は, 後事は, 後身の上も, 御かつ, 御城主, 御殿と, 御留守居, 復旧は, 徳川家康さまの, 思う壺どおり, 悲劇に, 意義が, 戦法なら, 戻って, 手が, 抜道ぢや, 持ち主が, 持主で, 掃除人夫か, 掟が, 搦手で, 搦手や, 搦手門から, 支配の, 攻囲に, 攻潰せぬ, 数だけでも, 敵軍に, 新免家で, 方々も, 方と, 方ばかり, 方略を, 方角へ, 施しもの, 日本軍は, 昔時を, 時は, 普請中である, 最後迄, 望楼であった, 期間中も, 本丸か, 本多侯で, 李厳は, 来るの, 東へ, 東方高倉山に, 東郊に, 東門に, 松, 松永久秀が, 某甲, 柵を, 根に, 根城と, 森が, 森川権右衛門には, 楼台が, 構へ, 構築に, 構造室の, 様式な, 模型は, 樹, 櫓が, 櫓遠き, 正成に, 正面の, 正面平井山に, 武士や, 歴史よりも, 殺伐な, 殿中は, 殿様でございます, 水, 水利の, 水門が, 沢井左衛門からは, 洞門は, 消防隊の, 混種の, 清水宗治の, 準備の, 滝川一益へ, 潰滅は, 濠で, 火こそ, 灰燼を, 焼ける煙, 燈火に, 牧場から, 物語, 特徴ある, 独得の, 狭間には, 獄内に, 王さまの, 璧でも, 生活に, 産物では, 用意ある, 田舎に, 留守居に, 番兵が, 番小屋へ, 病気は, 白壁に, 白芍薬です, 目安箱から, 相圖或, 真下で, 真田だった, 眷族に, 矢倉から, 石の, 石垣をめぐって, 研究という, 碑が, 神保一族が, 禁獄へ, 秘密, 空や, 空巣には, 竹股三河守の, 粮米は, 経済から, 絵図面である, 総大将, 縄ばり本丸外廓濠の, 縄張りを, 繩張絵図こういう, 老少共に, 者どもも, 肘に, 胸突坂を, 脚下に, 興亡に, 苑内を, 若ざむらい, 茶屋まで, 落ちる日, 蔵方では, 藪で, 血脈たる, 衆みな身命を, 表と, 装飾がかりの, 裏側の, 裏山に, 裏手であった, 裏門まで, 西北に, 西坂の, 西曲輪が, 要害から, 要害兵の, 見えないところ, 見ゆる町, 見廻りに, 見物を, 覚悟なり, 解釈以上に, 設計にあたって, 詩は, 話詳しく, 諸声と, 護り神, 豪族の, 責任者に, 起源は, 趾であった, 跡なれ, 軍は, 軍馬毎も, 農事試験所で, 近くの, 近所の, 退屈に, 造営である, 運命と共に, 道すじを, 遠山久兵衛を, 遺跡も, 部下によって, 都から, 重臣の, 野牛門を, 金蔵を, 鋤鍬部隊は, 鎮守で, 鎮守李厳の, 門から, 門をすら, 門扉を, 門番は, 間近まで, 間道の, 関羽と, 防備に, 附近へ, 陥ちないうち, 陥落, 隅々は, 隍を, 障壁画も, 隠岐勢に, 雛型が, 電報を, 面積は, 頃から, 頃城下端れ, 領地です, 顔は, 飯尾豊前との, 駅に, 高坂昌信は, 高矢倉, 鬼門に, 鶏林朝報社長林逞策, 黄金水を, 黒雲を

▼ 城~ (1385, 11.0%)

64 出て 20 枕に 16 築いて 15 出た, 見て 13 開いて 11 すてて, 守って 10 出で 8 捨てて, 攻めて 7 囲んで 6 すぢ, 出たの, 前に, 包囲し, 落して, 陥し 5 中心として, 占領し, 占領する, 持って 4 中心と, 中心に, 出でて, 包囲した, 取って, 固めて, 後に, 構えて, 築いた, 陷れ

3 [21件] あずかって, かまえて, ひらいて, 去って, 手に, 抜け出して, 攻めた, 攻めた時, 構へ, 構へて, 水攻めに, 発して, 目がけて, 繞る, 脱け, 落せと, 落ちて, 遠巻きに, 開け渡して, 離れて, 預かって

2 [71件] あとに, して, つくって, つくるといふ, でて, とるの, ながめて, まくらに, めがけて, めぐりて, 乗っ取って, 乗取って, 修築し, 出たとき, 出た時, 出よう, 出ようと, 出ること, 出ると, 厳重に, 収めた, 奪回する, 守ること, 守る事, 完全に, 屠らんと, 巡って, 急襲し, 挙げて, 捧げて, 改築した, 攻めたとき, 攻めに, 攻めるに, 攻め落した時, 攻め落して, 攻撃し, 明け渡して, 本拠として, 枕にと, 根拠と, 死守した, 滅ぼしたもの, 発見した, 眺めて, 私の, 空に, 築いたの, 築かせて, 築くため, 築くと, 築くよう, 築く時, 脱ける, 脱して, 血に, 衝いて, 見な, 見ると, 観て, 貰つ, 距る, 辞して, 退出した, 遁れ, 還させたが, 閉じて, 降りると, 陥れた, 顧みて, 飛び出して

1 [886件 抜粋] あかつきに, あけ渡そう, あずけて, あずけられその, あらためて永安宮, いそぐなと, いで, うかがって, うしない裾野, うばおうという, おさがりに, おたずね仕ります, おとしいれて, おとし法師野, お前に, お囲みなされました, お引上げ, お攻め取あらん, お衝きなさい, お造り, お開きなさる, かこませるん, かこんで, かためたとえ, かついで, かまへて, きずく節, くろぐろと, ここまで, こっそり抜け出し, この手, こは, ごらんよ, ご見物, さがること, ささえれば, さして突っ走った, した人達, じっさいに, すすめたが, せめた北条勢, せめるため, そこに, その儘, たずねるよ, ただよわせて, たづねる, たてた時分, ちかい死, つくった人間, つつむ唯一, つつんだ高山右近長房, つらねた地方, でたの, とられて, とられては, とりかこむこと, とりかへ, とり巻こう, どうしておとす, どうする, どこか, ながめ鮒鮓, にらんで, ぬきさらに, ぬけ出した, ぬけ出した時, ぬけ出しました, ねがわしゅうぞんじます, のぞめば, のっとりましたが, ふくむ新川郡一郡, ふみ潰さずには, ふり向いて, へめぐりつ, ほとんど空, ぼつぼつ攻め落され, まきあげられるよう, まねて, まもるレッキ, みつけて, めあわそうと, めぐりゆく時, めぐるひろい, めぐる泗水, めったに揺るぎ出る, もつて, やぶり六月, ゆるして, わたすなら信長, われに, エイヤエイヤ血けむり, デーン人が, 一つ築いた, 一もみに, 一太刀でも, 一戦の, 一揆は, 一時に, 一気に抜く, 一片の, 一覽する, 三たび迄, 三年間お, 三日に, 下って, 不断に, 乗っとりに, 乗っ取ると, 乗っ取るの, 乗っ奪, 乗り取りたら, 乗り取ろうと, 乗取られたよう, 乗取るところ, 乗取ろうと, 二人に, 二十重に, 亡った, 仰いだ, 仰ぎ見た, 仰ぎ見た時, 伏し拝み由良, 作った地点, 作らしめたの, 作るにも, 促して, 信じて, 信忠に, 修理し, 修繕し, 俯瞰した, 借りて, 傾くるほど, 傾けた淀君, 僕は, 先に, 共にし, 出, 出かけたが, 出たからは, 出たこと, 出たらその, 出た筈, 出た花嫁, 出た馬遵, 出づれば, 出てから, 出ては, 出ないの, 出ぬお, 出やがて, 出よ, 出ら, 出られた仔細, 出られてから, 出る, 出るならいま, 出るよう, 出る主人, 出る考え, 出払って, 出河, 分捕り三郎兵衛, 列柳城と, 制しさらに, 助けよう, 包囲長攻の, 南岸に, 占め進んで, 占領しよう, 去った, 去り行くや, 去るの, 去る四十里, 又もと, 収め主力, 取ってから, 取らしめます, 取らんと, 取りまく堀, 取り囲んだ, 取り込んで, 取り返そうと, 取ること, 取るの, 取囲んで, 取巻いて, 取返さんもの, 受取らしめた, 召し上げて, 右に, 同じゅうするとは, 営と, 回って, 囲み既に, 囲み給, 囲むため, 囲む三日, 囲んだの, 囲んだ天文十八年, 図ったの, 固く堅め, 固むる法, 固め雍城, 地獄へ, 埋めたと, 堅めて, 堅守し, 堅持し, 墜され, 壞るべし, 外に, 大本営として, 失い今, 奇襲し, 奪い荀, 奪って, 奪はん, 奪われたの, 奪われた者, 奪還した, 始めてから, 始め花隈, 委すからには, 守らしめ自分, 守らせて, 守り蘇武, 守り通すこと, 守る崇礼門, 守備し, 宛て行うであろう, 将て, 尻目に, 屠って, 屠り安遠, 崩しガイ・オヴ・ワーウィック譚, 左塁と, 建てさせて, 建てたもの, 建てると, 廻れば, 弔って, 彼は, 待ち兼ねて, 得攻落さね, 御旅館に, 微笑ましめたもの, 徹底的に, 忍び出た, 思わせるもの, 恃んで, 惨虐, 懸命に, 打たせその, 打ち捨てた, 打ち捨て直ちに, 打って出たという, 抜かんとして, 抜くか, 抜くの, 抜けた者, 抜け出しここ, 抜け出し南関, 拝借の, 拠点に, 持たせて, 持ちこたえ結局陥落, 持つ人, 指して, 指揮し, 振り向いて, 捨てた, 捨てほか, 捨て夜中, 捨て給わば, 掠奪した, 探るべく, 掻き寨, 揉みつぶさねばと, 撃たしむ, 撤退し, 擁して, 攀じて, 改築し, 攻むるものもおのが, 攻めおとす計略, 攻めさせられた, 攻めたため, 攻めたので, 攻めつぶし, 攻めやぶり進んで, 攻められたの, 攻められ候, 攻めるとは, 攻めるにも, 攻め一番乗り, 攻め其余, 攻め城主, 攻め城将湯浅定仏, 攻め潰し, 攻め破りましょう, 攻め落し柴田勝家, 攻め陥し, 攻め陥すと, 攻囲し, 攻撃され, 攻撃の, 攻略し, 攻略せり, 攻略に, 攻落し, 政権の, 救うため, 救うべく大挙, 救わんと, 敵に, 既に失いました, 明けて, 明け渡したやう, 明け渡すこと, 明け退い, 明渡し, 明渡す, 曹操の, 望みながら, 本営と, 本営として, 枕として, 根城として, 棄てて, 構えたの, 構えようという, 横田城とも, 次々に, 殿から, 毀しに, 毛利の, 気づかって, 永劫に, 永正十五年, 治せしめよ, 湖水の, 滅ぼした西, 滅亡さす, 火で, 無血開け, 焼かれて, 焼き以, 焼き払う方略, 焼く火, 焼打ちした, 焼立てた, 燒く, 營むに, 牧の, 王さまの, 留守に, 発し, 発した呂宋兵衛, 発し一路, 発す, 発するとき, 目に, 目指して, 相殺さす, 真下に, 真中に, 眺めやる, 睨みつけて, 瞬間眩惑の, 瞶めて, 知らないか, 破却, 祈祷十字架聖灯の, 禦ぎたり, 移した, 移すと, 空巣に, 突かれては, 突出し, 窺ったと, 立ちここ, 立ち出, 立ち去った, 立ち退いて, 立ってから, 立退くん, 筋違にという, 築いたが, 築いたとき, 築いたよう, 築いた伊達政宗公, 築いた山寺, 築かしむ, 築かせいわゆる, 築きかけると, 築きこの, 築きそこ, 築きました, 築き上げた加藤肥後守, 築き四方四個所, 築き塁, 築き自分, 築き長政, 築くこと, 築くこと十餘里, 築くにも, 築く前, 築く気, 築け, 築けば, 絶望の, 缺所に, 背に, 脚下に, 脱し家康, 自爆し, 落した秀吉, 落し十二月, 落すの, 落ち延びようと, 蔽うばかりの, 虎臥山竹垣城と, 衝いた, 襲ったが, 襲ひ, 襲撃した, 覆し其城民, 見ずには, 見たいと, 見たのに, 見つけた, 見つめたまま, 見なかつた筈, 見る, 見上げたる時, 見上げて, 見学し, 見返して, 視察する, 覚えて, 討たうと, 討つべきか, 訪うて, 訪ね法王, 訪れお, 訪れたこと, 訪れるや, 語れない, 請け取る刻限, 護らんため, 讃えると, 賜は, 賣れり, 越えて, 踏み潰すこと, 踰えた, 輝かせよ, 辞した, 返すと共に, 退いて, 退がって, 退がる折, 退ったもの, 退りましたら一緒, 退去し, 逃げ出してから, 逃げ出せよ, 造らせましょう, 連れて, 過ぎると, 遠征めに, 遥かに, 開いてから, 開き幼主二郎丸, 開くの, 開こうと, 防ぎ得べきか, 降りた, 降り五智, 陥しいれ十二年, 陥したとき, 陥しても, 陥す, 陥すか, 陥れた時, 陥れ城将源心, 陥没し, 陷れた, 隋の, 離れたとき, 離れてから, 離れれば, 離れ神宮寺村, 預かり一家眷族, 預かる我々一統, 頑強に, 領した, 龍興に

▼ 城~ (978, 7.8%)

14 入って 10 あって 8 拠って 7 住んで 6 いて, 火を, 籠って 5 いると, 入ると, 入れて, 帰って 4 して, とどまって, 入る, 於て, 移って, 雲かかる

3 [12件] いた, いたころ, おいで, かえりました, しても, つきました, もどって, 入った, 入つた, 着きました, 行って, 身を

2 [52件] あつた, いたとき, いては, いないの, いるとき, いるの, おもむいて, お止どまり, かくれて, たてこもって, つれて, とどまりて, むかって, ゐて, 人が, 似て, 住まわせて, 入つた時, 入られて, 入らんと, 入り給, 入るの, 入るや, 入城した, 兵を, 加入し, 勤めて, 包圍した, 囲んで, 在って, 在番, 坐して, 帰るん, 帰る事, 於いて, 歸り, 残って, 残りき, 泊らせて, 淹留し, 着いた, 着くと, 秀吉の, 立てこもって, 立て籠って, 総がかりの, 育つ事, 辿りつき門, 送って, 連れて, 運ぶべし, 駐剳

1 [737件 抜粋] あがったという, あった, あった仁科五郎信盛, あった官兵衛, あった時, あった織田信澄, あの女, ありながら, ある, あるの, あるは, あるよう, ある亡き, ある佐々成政, ある副将, ある味方, ある少数, ある幕府方, ある徳川方, ある木下藤吉郎, ある祖先, ある道場, ある関羽, いあわせた, いかれるの, いたい, いたが, いたり, いた国民, いた室殿, いた時代, いた樋口三郎兵衛, いた野武士, いた魏, いったこと, いなかったこと, いなければ, いるお, いるという, いるとか, いるわけ, いる万千代さま, いる同族, いる地頭三河守清房, いる浅井父子, いる無聊, いる細川藤孝, いる藤吉郎, いろいろ重要, うつし仙北平野, おかれても, おくったの, おったころ, おった頃, おはいりくださいまする, およそ九億人, おる黒田官兵衛, お住いで, お入り, お招き, お籠りなされ, かえりますと, かえれたので, かかって, かかるのみ, かけつけ城, かしずかした, かばかり老いさらばいつる, かわって, くいとめ身, この一火, こもって, こもつて, こんな事, こんな大兵, ご生誕, さすが気節, されその, しぎなわをかけて, しばらく滞在, すぐれたる, すわった, すんでるの, せよ自分, その肝心, それ以前から, ただよい鼓, たてこもった無数, たてこもり依然として, たてこもり四面敵中, たてこもること, たてこもる佐々木六角, たと, たどりつく事, ちかづいて, ついで頑強, つぐ宝, つれこまれたこと, つれられて, とどめて, とりかかります, どんな感慨, なお蟠踞, なられましたが, ならんと, のこして, のぼったら火事, のぼり共に, のぼり袁紹, のり込もうと, はいった, ひきとめて, ひき籠って, ひるがえりゃ狸, ひろがった, ふかく隠れ, ふみ止まり今日, まだ人々, みちた一瞬, むけて, もどった領主, ものの, よくある隠, よじ登り早く, わしの, ゐた, ゐなすつたの, ゐられた, エーイチオーン幼き, カインを, クリームヒルトという, ジェイン・グレイを, ヨハネ派の, 一人いる, 一夜の, 一族を, 三木通秋山崎城に, 上ったり, 上って, 主が, 主力を, 主将正成を, 乗りこみました, 乗り入ろう, 乗込み朝鮮王, 二ヵ月ほど, 二百名すべてで, 人も, 今掛かる, 今降る, 代えて, 代へたり, 休めて, 会津ほどの, 伝来された, 伴って, 似たり, 似たデパアトメント・ストア, 住す, 住まわせた, 住みしが, 住みひとつ道, 住み得る日, 住むこと, 住んだり, 住んでは, 何か, 何ぞ不吉, 信長が, 僑居した, 入ったとき, 入ったの, 入っても, 入つたこと, 入つたの, 入らしめ予て, 入らん前, 入りて, 入りました, 入り來, 入り夜, 入り得たので, 入り我ら二人, 入り斬獲二万余, 入り梅酢, 入り込んで, 入るありと, 入るので, 入る前日, 入れたの, 入れること, 入れんこと思い, 入れ奉るが, 入れ清洲, 入れ諸王, 入城ある, 内れ, 冷たい蔑視, 凱歌を, 出入りし, 分れ下, 初の, 利が, 到着した, 到達する, 前田利家と, 力を, 功名を, 勢力の, 化け物が, 北条方の, 十数日を, 参りました, 参内する, 及び給わん事, 取り籠め, 取ッ, 召した, 合一を, 向い不意, 向い二の丸三の丸, 向かいて, 向かい援軍, 向けて, 向け三十梃一時, 向ひ, 君臨し, 呉の, 呼ばれた, 命じた, 喬の, 囚われて, 囲んだ, 圧迫されつ, 在せし時, 在りし姉, 在る, 在るうち, 在るほか, 在る千数百, 在る母堂, 在る独眼竜, 在事, 坐って, 報告し, 報告した, 変つて逆に, 変化は, 大きな美術室, 大小の, 大賓, 奉じ, 奉じて, 奥仕えした, 女と, 子の, 孤独で, 学んで, 学舎を, 宗徒の, 宿ること, 宿直した, 対峙し, 對する, 小屋がけて, 居て, 居らしめら, 居るから, 居るなんて, 居るも, 居る中, 居る兵士, 属して, 属する三六式戦闘機隊, 岩成主税介, 差し立てること, 帰った, 帰ったそれ, 帰ってから, 帰つたアドは, 帰らんとして, 帰ると, 帰る日, 帰国し, 年来貧窮, 幸盛を, 幽閉し, 幾度か, 引かせた, 引揚げた, 張繍と, 当って, 当ると, 往つて村重に, 從ひ, 御奉公, 御座なされ, 御移り, 御逗留中, 忍びこんで, 忍び入り太閣秘蔵の, 忍び込んで, 忍び込んでも, 怖いもの, 怪異妖聞やむ, 意気と, 懸りぬ, 戴けますなら士気, 戸一つない, 戻し得む, 手を, 抑留し, 押しよせて, 拒ぎし, 拠りしを, 拠り四代信政, 拠り織田どの, 拠ること, 持ち返る涙, 振舞った, 接近した, 揚った突然, 搬ぶべし, 擬せられた犬山城, 攻めて, 攻滅した, 放とうと, 数多あれ, 斬り毛利大膳父子, 新たに, 於ては, 旗上げされた, 日希商会という, 景福宮を, 智将がを, 暮して, 最後の, 来りその, 来るを, 根を, 楠木正季平野将監以下の, 次いで名高かっ, 止ど, 止り浪人組, 止ること数十日, 歸らんか, 死ぬべ, 残して, 比して, 気がついて, 江戸や, 池田筑後守とか, 泊まった, 泊まること, 清正の, 満ちた, 満つ, 滞在し, 滞留し, 漲って, 烏帽子の, 焔が, 熊井越中守を, 牛馬鶏犬を, 甘んじなかった, 生まれた, 生れた人, 留守し, 留守居し, 異なる二つ, 疲れた小勢, 登つたで, 登つたのは, 皆楯籠つて, 眼を, 着きますと, 着き城内民安穏, 着七日, 知れ尾州, 秀吉を, 私が, 移して, 移つた其時からの, 立ち至ったこと, 立って, 立てこもり一方, 立て籠つた時, 立て籠つて最後, 立歸り, 立籠られ, 竹矢来で, 策応され, 籠つて織田信長に, 籠めて, 籠り王これ, 籠り給うとも, 籠るよう, 籠ッて, 籠城したお, 納める年貢米, 維摩詰という, 置かれて, 置くとか, 美しいお, 美しい若い王子, 聞え出した日, 聞かれた, 育った余吾, 臨み琴, 自害した, 自由に, 至り食を, 舎弟の, 菊水の, 落ちのびた前, 蓄えその, 行かれた時, 行きまして, 行ったが, 行動を, 補強工事を, 見えて, 見せたくは, 訪問した, 設けた, 設置しよう, 詰責気味な, 誘惑しよう, 謙信は, 護らるる同然, 赴いたの, 赴いた折, 赴き村重, 赴く時, 趙雲子龍, 足を, 身辺の, 迎えた, 迎えられた時, 迎え二日, 近いある, 近いし, 近い千種川, 近い山上, 近い廓町, 近い湊川, 近い濠端, 近い細川鍋島, 近し, 近づきのろし, 近づくこと, 近づけば, 返して, 迫って, 迫つたものは, 迫る, 送られ改めて, 逃れ去る, 逗留十日という, 通ずるにも, 逢うと, 進め別働隊, 進撃する, 遁れる, 遊行教化せし, 過ぎず勢州攻略, 達したので, 達して, 遷され玉, 遷り, 還りて, 還り給う, 釈迦族の, 野菜を, 釘付けに, 鎮守府を, 長くいる, 閉じこもる限り安全, 閑居し, 關係の, 降矢木家の, 限つた事では, 陣取ったが, 集った, 集まって, 集めて, 集中する, 集結し, 雇ひ入れる, 雲の, 電灯が, 預けられて, 頼んだり, 飜って, 飯尾豊前, 養われて, 首無, 駈けあがった, 鬼気が, 齎らしぬ

▼ 城太郎~ (818, 6.5%)

13 はその 1110 の姿 8 はもう 7 はまた, は彼女 6 の眼, はすぐ, はそう, は武蔵 5 の体, の影, の手 4 が, であった, のほう, の声, はそこ, はどこ, はびっくり, は彼, は首, は駈け

3 [13件] か, がその, の耳, の顔, はいきなり, はこう, はそれ, はふと, は手, は耳, もその, もそれ, もまた

2 [46件] からお, がそう, がちっとも, が後ろ, が腰, のこと, のその, のため, のふたり, のよう, の二人, の前, の勢い, の年, の方, の消息, の背, の襟, の訪れ, の質問, の身, の頬, はお, はぎょっと, はすっかり, はそんな, はどう, はふい, は不審, は両手, は前, は口, は呶, は声, は意地, は木剣, は柵, は牛, は神妙, は立っ, は舌うち, は辺り, は追いかけ, は頭, へ向っ, を連れ

1 [552件 抜粋] かあ, かも知れない, からふた, から斯く, から見た, がいい, がいう, がいきなり, がいない, がうなずく, がうるさく, がかくれる, がこと, がちら, がつかん, がはっと, がばば, がひどく, がまた, がもらっ, がやがて, が一人, が一歩, が上がっ, が今, が先頃, が出, が刹那, が助かる, が取り落した, が口, が告げ, が呟い, が呼んだ, が墜ちた, が姿, が実, が尋ね, が尻ごみ, が従い, が恐れ, が意気, が成人, が拾い集め, が木, が未熟, が来た, が案内, が沈黙, が泣き声, が牛, が独り, が異議, が秩父, が空虚, が立っ, が答えた, が自分, が見, が見つけ, が走りかける, が跳び降りた, が近づい, が通り抜け, が間, が降り, が頻り, が風邪, が飛び上がっ, が麓, が黙々と, こそ気, さえがその, すら心配, そう猛らず, だ, だけがふと, だけがみしみし, だった, だなと, っていう子, で, である, でさえ, では, で久しぶり, というあの, というの, というん, という僕童, という先例, という子, という少年, という者, という観念, とお, とかいう子供, とかそんな, とが低, とが睦まじく, とこんな, とはちがっ, とはべつに, とは五十鈴川, とは例, とは汝, とは生い立ち, とふたり, ともある, とも口, と二人, と共に白刃, と共謀, と出会った, と名乗った, と応対, と思いくらべ, と朱実, と申し, と答え, と髯, なの, に, にここ, にそう, にだけでも好く, については心当り, になら, にはあたらない, にはそこ, にはちっとも, にはまるで, にはみな感興, には彼, には意外, には答えない, には素直, には考えられない, にもない, にもなんとなく, にも不思議, にも分らなかった, にも弱い, にも思えた, にも武蔵, にも滅多, にも覚え, にわかり, に代っ, に会わせ, に勝る, に向い, に対していえ, に抱き起され, に確, に立ち向っ, に訊け, に詳しい, に追いつこう, に限らず, のいう, のうえ, のうしろ, のお, のからだ, のしがみつい, のす, のすそ, のそば, のぶしつけな, のまだ, のわき腹, の一, の不作法, の不安, の五体, の体一つ, の元気, の力, の味噌ッ歯, の執拗, の変りよう, の太股, の好奇心, の如き, の小手, の師, の平気, の手首, の拳, の探す, の木剣, の本能, の機嫌, の欣, の気持, の泣きじゃくり, の無事, の片手, の目, の相手, の知った, の石頭, の答え, の結果, の肩, の胃, の脇差, の脾腹, の腕, の腰帯, の血, の言伝, の語気, の諄, の足, の足どり, の返辞, の連れ, の道連れ, の重量, の頭, の顎, の顔つき, の首, の黒い, はいい, はいいつづけた, はいそいそ, はいっ, はいつ, はいつも, はいよいよ, はうつ向い, はおかまい, はかえって, はがさがさ, はきのう, はきょう, はここ, はこの, はこれから, はさけん, はしばし, はすばやく, はするどい, はそこら, はその後, はそれ以上, はぞろぞろ, はたじろい, はただ, はだまっ, はちまき, はちょうど, はつぶやいた, はつよく, はとうとう, はとかく, はともに, はどうか, はなに, はにわかに, はひそか, はぷっと, はまだ, はまだほんとに, はまっ, はまるい, はみんな, はむしろ, はむっと, はもいちど, はもしや, はやっと, はやり返し, はゆうべ, はよく, はよくも, は一方, は下り松, は不安, は不服, は久し振り, は今, は以前, は仮面, は伊織, は佇んだ, は何, は余りに, は例, は信じない, は傍ら, は初めて, は勿論, は原, は反対, は取り澄ました, は叫ぼう, は向う側, は呟いた, は呟き, は咄嗟, は唾, は困った, は地, は地獄, は堤, は変, は外, は大きな, は大勢, は大空, は大蔵, は天, は好奇, は威勢, は安心, は宙, は家, は寄っ, は寝つかれなかった, は少し, は岸, は弥陀, は強く, は当然, は彼ら, は彼方, は往来, は後, は心, は忌々しい, は忘れ, は忽ち, は怒った, は思いがけない, は思い出した, は思った, は思案, は急い, は息, は戦慄, は戻っ, は手拭, は手紙, は抓み上げ, は指, は撫で斬り, は改めて, は有体, は来なかった, は案じ, は植込み, は歩い, は歯, は気抜け, は沈黙, は沢庵, は河原, は泣き声, は泥鰌, は浮かれ, は渡舟, は濡れた, は火の玉, は無性に, は無手, は物, は狆, は独り, は猿みたい, は玄関, は生唾, は疑わし, は登り詰め, は盆, は直ちに, は相手, は真っ白, は眼, は知っ, は知り抜い, は石, は突っ, は突然, は窮屈, は立ち塞がった, は竹筒, は筆, は羅生門, は考え, は肚, は肱, は背のび, は脚, は腰, は腹, は膏薬, は自白, は舌打ち, は藪, は蘇生, は虎河豚, は蜜柑, は蟹, は表, は見た, は言下, は話した, は起ち, は足, は足もと, は跼, は身の毛, は身ぶるい, は追いついた, は逃げ転び, は遂に, は遽, は野, は長い, は閉まった, は間, は隠し, は響き, は頃あい, は額, は顔, は顔つき, は風呂, は馴, は駈けだした, は鬣, は鮎, は黙っ, へいった呟きである, へわがまま, へ向い, へ向け, へ物々しい, までがいつのまにか, も, もいささか, もいた, もいつの間にか, もお, もこれ, もすぐ, ももう, も一目, も一緒, も今, も今日, も仕方, も伊織, も初めて, も加えた, も喚いた, も変, も大きな, も尻もち, も後, も悄ン, も悪たれ, も決して, も無碍, も藁草履, も見つけた, も見惚れ, も跳ね起き, も追った, も遠く, も頭脳, も駈出し, やその, よい子, よのう, をねめつける, をふと, をまた, を丁寧, を伴, を叱った, を呼びよせ, を従, を思い出した, を愛し, を承服, を抓ん, を捨て, を斬っ, を案じる, を突き退けた, を見おろし, を見わすれた, を見出す, 怒るな, 早速だ

▼ 城~ (802, 6.4%)

16 入って 15 向って 14 帰って 8 帰った, 来て 7 つれて, 行って 5 迫った 4 入った, 入ったの, 出かけて, 御奉公, 忍んで, 攻めかかった, 火を, 登った, 行った

3 [17件] お帰り, ついて, はいって, 入ると, 入れて, 参って, 向けて, 向った, 戻って, 戻つた, 移って, 行くの, 行こうと, 近づいて, 退いて, 逃げ帰って, 連れて

2 [40件] あがって, いくため, いくよう, いくん, いこうと, いそいで, とんで, なげ松明, のぼって, ひきあげて, もとめに, もどって, 上った, 伺って, 使いに, 使いを, 向いました, 帰っては, 帰ると, 引きとって, 援けに, 来た, 登城し, 着いた, 着いて, 落ちて, 行くこと, 行くと, 行っては, 行幸遊ばされ, 訪ねて, 赴いた, 近づくと, 迫って, 逃げこんだ, 逃げこんで, 逃げ帰った, 逃げ帰ること, 飛んで, 駈けつけて

1 [555件 抜粋] あがるの, あるいはもっと, ある日一人, いかせた少なくとも, いかなかったの, いくこと, いくでしょう, いくという, いく気, いく馬車道, いけと, いけるという, いそいそと, いそいだ, いったこと, いったらいい, いったらなん, いったろう, いっても, おあがり, おいで, おき同じく, おしかけて, おつれ, おもむいた, おもむき, お上がり, お入れ遊ばす, お出でくださる, お出会い, お出入り, お帰, お帰りくだ, お戻しせね, お泊り, お着き, お移りあった, お移り遊ばす, お立寄り, お籠りあっ, お返しある, お預かり申す, かえった, かえって御身, かえりました, かかった, かかって, かかられよ, かかるべく待機, かかる前, かけて, かけ上り津軽家祖先, かけ上り津輕家祖先, きたこと, きても, きのふより, くること, くると, くるよう, この夜, ご帰館, さぐりには, さして, さして信長, さして来た, さして行こう, さして逃げ, さし向けられたお, しがみつけば, しのびこんだとき, しのびこんでから, じぶん, すぐ駈けつけ, すすめた, すわってからは, そそぎ三千, その朝, その本軍, たてこもった, たてこもったの, たて籠って, たどりついた, だよ, ついた, つかわしいろいろ, つかわして, つきますと, つれ帰ったの, でかけて, でかけよう, とどけられて, とどけると, とどめて, どなった弾み, なだれ込んだ鳴海勢, なりとも, のがれて, のぼった, のぼった折, はいった, はいったが, はいったその, はいったの, はいったもの, はいること, はいろうと, はせ参ぜよ, ひきあげた, ひきあげたが, ひきつけられて, ひきつれて, ひそかに, ひとっ走り行って, まいったあと, まいりました, まいりましょう, まいれば, まぎれこんだ, むかって, もう四, もどったり, もどると, もどるん, やったおり, やったという, やったとき, やって, やってきた, やってきた何でもかでも, やってくるが, やっても, やって来いとな, やりながら, やり彼, ゆくであろう, ゆく使者, よびに, よび迎えたそう, わかれて, シャルル七世に, ルパンを, 一千余りの, 一書院番として, 一番に, 一番乗で, 一目散に, 一行と共に, 一部兵力を, 三成を, 上がった, 上がって, 上げて, 上った日, 上りまする, 上るもの, 下賜された, 乗って, 乗りこんだが, 乗り掛けん, 乗り込みいざ, 乗入れたの, 二度とかえる, 京城から, 人数を, 人質に, 仕えて, 令が, 会見に, 伝えられて, 伴うて, 伴れ, 伺うの, 伺候し, 伺候致し, 住め, 何事な, 使いした, 使いした早足, 偽勅使, 催促した, 入ったこと, 入ったと, 入ったまま, 入った者ども, 入ってから, 入りこむと, 入りその, 入り込んだの, 入り込んで, 入り込んでから, 入るまえに, 入れた領民, 入れないで, 入れるであろう, 入れるな, 入れろ, 全軍, 公用の, 兵若干を, 再三ならず, 凱旋し, 出かけた, 出ては, 出で, 出よ, 出仕の, 出向いた, 出向く前, 初の, 到るや, 到着する, 加勢を, 勅使を, 勅命を, 参っても, 参りますので, 参ると, 参るゆえ, 参向ある, 参第, 取って返して, 召されさ, 召されての, 右衛門の, 同道いたそう, 向うには, 向うを, 向え, 向かって, 向ったが, 向ったり, 向ったオルガンチノ, 向ふ, 告げい, 告げた, 呼びつけられその, 呼び寄せては, 呼び迎えるに際しても, 呼んで, 塩冶を, 変を, 夢中で逃げ, 大手を, 大砲を, 奇襲せよ, 奔って, 姿を, 寄せたが, 寄せられ給うとも, 寄るには, 寄れないよう, 導いた, 尼子勝久と, 届いた国境, 届けに, 届けられた, 巧みに, 差し立てる罪人, 差上げに, 帰すとは, 帰ったとて, 帰った一益, 帰ってから, 帰つて来ました, 帰らうと, 帰られるが, 帰られると, 帰りたいとばかり, 帰りたいの, 帰りました, 帰りますと, 帰りますゆえ, 帰り着いた, 帰る, 帰るかと, 帰ること, 帰るには, 帰る予定, 帰る途中, 帰れ, 帰ろう, 帰ろうと, 帰国いたす, 帰府し, 引き上げるところ, 引き取ったの, 引き取って, 引き返し宗春侯, 引っこん, 引っ越した, 引っ返さねば, 引っ返した, 引上げた, 引掛る, 引揚げ, 弟を, 彼は, 後退し, 御入也, 御案内, 御献策, 御老中, 忍びこんだなんとか, 忍び込み何, 忍び込んだ時, 急いだ後, 急がせて, 急げ, 急迫し, 懸るには, 懸ろうと, 戻ると, 手を, 投げかけ河, 押しよせて, 押し襲, 押し通らん彼, 押寄せるの, 招いて, 招かれたとき, 招き呼ぶが, 拾われだいぶ, 持たせて, 挑んだ, 捕われて, 探検になど, 搦手から, 攫って, 攻めかかった合図, 攻めかかって, 攻めかかられますよう, 攻めかかり朝めし前, 攻めこんだとき銃庫, 攻め襲, 攻撃を, 攻略の, 放火しよう, 救いに, 旨を, 曳いて, 書を, 来いと, 来たん, 来ました, 来る奥様, 案内する, 様子を, 歸る, 殺到し, 殺到した, 母と共に, 水を, 泊ったと, 泊って, 注進に, 洩れ候節, 無事に, 父子共立籠る, 献上いたす, 献納の, 申しおくること, 登るとき必要, 直接信長を, 直接参っ, 真ッ, 着いた時, 着いてから, 着くか, 着くと, 石火矢を, 祟りを, 秀吉が, 移された, 移した, 移して, 移った, 移ったら時, 移った形跡, 移り住むの, 移り厩橋, 移住し, 移動し, 移転した, 突として, 突進した, 立ち寄ったという, 立ち寄ったとき, 立ち寄って, 立つ時, 筑前様を, 籠った, 籠り赤沢宗益, 籠る, 納まってさえ, 納める品, 総がかりを, 罷り出て, 聞えて, 臨むとき, 臨んだ, 臨んだの, 臨んで, 落ちたか, 落ちのびたとか, 落ちのびて, 行かねば, 行かれないと, 行きました, 行き晩, 行くが, 行くつもり, 行くには, 行くまでに, 行くわけ, 行く路, 行け, 行こうお, 行つてその, 襲せ, 襲せかけ, 見えた途中, 見えられた, 見えるが, 詰めさせられます, 詰めた, 詰めまた, 誘いこんで, 誘われてから, 謝罪に, 護送する, 質として, 質子と, 走らせた, 赴いたこと, 赴いて, 赴くこと, 赴こうと, 赴カレシ忠志世ニ有難, 赴任する, 車で, 輸送した, 迎え入れた, 近づいた, 近づきながら, 近づくや, 近寄って, 迫った孫策, 迫るまでの, 迫るも, 迫ろうと, 追いこむの, 退き移った, 退くよう勧説, 退却しだした, 送った, 送って, 送られた, 送られたその, 送られたとき, 送るべく四国屋, 逃げて, 逃げもどって, 逃げ籠る, 逃げ込んだ, 逃れて, 這入つた, 通した, 通じる道, 通じる間道, 通らんこと, 通るには, 通る道すじ, 連れ帰って, 連絡に, 進むであろう, 進むと, 進出した, 進発した, 進軍し, 進軍中と, 遁れ去っ, 遊びに, 運ばれ侯, 運んだそれ, 運送する, 達しられたが, 還れば, 間道から, 隠居の, 集まろうと, 顔も, 養うて, 馳け, 馳せつけた, 馳せつけようと, 馳せもどって, 馳せ帰ったもの, 駆けつけたところ, 駈けこみ夜, 駈けつけた

▼ 城~ (749, 6.0%)

6 吃驚し 4 陥ちない 3 ほろぶとも, 敵手に, 眼を, 自分の

2 [29件] いった, ここぞと, じっと七瀬, その夜, ゆるぎも, グラグラじゃ, 今の, 公園を, 兵乱の, 喬の, 常に, 彼を, 憤懣の, 敵の, 日本ラインの, 最後の, 松平家が, 水の, 永享の, 法水の, 無いと, 片膝, 絶勝の, 美しい, 聳えて, 莨を, 西軍の, 顔を, 驚いて

1 [669件 抜粋] あった, あなたの, あの見当, ある, あるの, いくらの, いたずらに城内, いち面に, いったん忌々し, いっ時, いつにも, いつ建てられた, いまなお, いまや四六時中, いま旺ん, いま絶望の, うしろに, おまえの, おもむろに不明, おれたちの, お気に, かたく城門, かたく我兵, かなり後に, きたなきもの, けっしてない, こういっ, こうして俄然, こうして暮れ, ここか, ここから, ここ両, ここ毎日登城の, こなたの, この人々, この場, この娘, この年五月二十六日, この後, この隠, これだ, これを, こんどは, さすがに, さっそくに, さながら酔える, さも, しかし光, しゃれた山高帽, じっと考え込んだ, すぐ対岸, すぐ眼, すぐ近い, すぐ間近, すっかり眩惑, すでに今日, すでに勝入, すでに奇妙, すでに病, すでに陥ち, すでに陥った, そうして曹操, そこで喬, そこに, そのまえ, その城主村重, その夕べ, その天守, その後刺桐城とも, その後関ヶ原合戦で, その時, その晩年, その構え, その詩, その貞載, その輪郭, それな, それまで, それらの, たしかに実際あらゆる, ただその, ただならぬ決意, ただ頑愚, たちまちどうにも, たちまち危なく, たまりかねたよう, たやすくいきつく, ちょっと神経的, ついに陥ちなかった, つつみ来れば, つまりそれほど, とにかく尠, とり毀たれたの, どういうお, どこか, どこです, どこに, どの辺, ない, ないその, ないよ, なお不破, なお幾月, なかなか堅固, なかば揶揄気味に, ながし目, にわかに優勢, はげしくふき, ひそと, びっくりし, ふしぎな, ふたたび空城同様, ふたつの, ほかには, ほとんど慣性, ほど近い所, ほろび師冬, まさに人工的, まず当時半ば, まだか, まだ干渉, まだ普請中, まだ落ちず, まもなく陥落, みな焼け落ちた, むしろ部下, もう古い, もう火, もう程, もはや凝っ, もはや我慢, もはや落城寸前, ややしばし放心, よきところ, よも無事, わが手並, わざと敵, わずか二夜, アペンニノ連峰の, カソリックの, グビッと, ハッと, バルメラ男爵が, フランスでも, ポルトガル人が, ワーテルロー平原, 一兵も, 一息入れる, 一揆の, 一朝に, 一瞬に, 一種特別な, 一里余も, 七つの, 三つほど, 三キロ東方の, 三方に, 三日と, 三面江水に, 不同意, 不審を, 不意に, 不気味に, 不破郡松尾山に, 丞相も, 主が, 之房が, 乗っ取られ本人, 亂世に, 事なく, 二の丸まで, 二人で, 二本の, 云うまでも, 亡び仇, 人に, 人口の, 今, 今し焼け落ちよう, 今に, 今も, 今夜も, 以前瀬田掃部助の, 仰天せん, 伊通河の, 何という, 何もかも夢中, 何を, 余に関する, 余りに小さく, 余命旦夕関羽を, 保ち難い, 保った, 保守的だ, 俯向い, 俺に, 備前播磨美作の, 先年われらが, 先生の, 兵粮に, 内外倶に, 凝然と, 利安鞍手郡高取の, 前線の, 力なく, 力の, 北条五代の, 北畠随一と, 十四年の, 南に, 危い, 去年上杉勢に, 反対の, 取り得るまでも, 古今未曾有の, 召上げられる, 右外れの, 名だたる要害, 名将真田幸村の, 吐きだすよう, 吐き出すよう, 呂布に, 呆れ返って, 呆気に, 唇が, 唇を, 唯一の, 喘ぎ気味, 喬に, 嘉永二年徳川家慶の, 四隣みな敵の, 図面にも, 固く蛮軍, 地勢は, 坐って, 城, 墜ちない, 売られても, 変らぬ, 夜襲を, 大きい城, 大人気なく, 大騒ぎである, 大體石垣, 天上とか, 天嶮だ, 天正の, 天正四年から, 奪取せられ, 奪回した, 女二人の, 如何に, 妖しい霧, 始終そちら, 姫路の, 孑然として, 孤し, 孤立した, 孤立に, 安奉, 完く, 完全な, 官兵衛を, 実に寂莫, 宮城で, 寡兵, 専ら稲葉一鉄ら, 将軍家の, 小城人数は, 小太郎の, 小牧から, 尾張の, 屋根が, 屍体から, 山を, 山野に, 島の, 川を, 川向うの, 左手で, 巨大な, 師父ブラウンの, 平城だ, 平城で, 平城では, 平城式構築を, 平野と, 幾つありましょう, 床の間の, 度を, 弘治元年六月頃に, 張飛一人が, 当惑げな, 当惑した, 当武田家, 従来筒井入道定次の, 得たり, 御台所や, 微笑し, 徳川の, 心配し, 必然な, 忽ちにし, 思いがけぬ詰問, 思わず呆れ, 思わず頓狂, 急に, 恐ろしい勢い, 恥を, 恰も小山田筑前, 悲しげ, 愈々孤立無援, 意地悪そうに, 慶長八年の, 慶長六年酒井重忠が, 憎々しげ, 戦慄を, 所詮急激, 手と, 手を, 手荒く手綱, 抜けますまい, 持ちきれないこと, 持てぬ, 捨て餌, 摂津の, 支えられます, 故郷に, 数ある, 数日の, 敵へ, 敵地の, 敵地へ, 方形でございます, 旅姿を, 既に秀吉, 日に, 日に日に衰色, 日の, 日和見で, 日本で, 日本一の, 早く漢人, 旬日を, 昂奮した, 明智, 昨年以来相当に, 時めくその, 晦渋な, 暮靄に, 書き終って, 最初音響を, 望めるかの, 朝日に, 本丸で, 本丸と, 本丸二ノ丸三ノ丸に, 本格的な, 来るとき, 東西南北に, 桜花に, 桶の, 椅子を, 次第に灯, 正成が, 殆ど難攻不落であった, 毒々しい口調, 氏政の, 気息も, 決して徳川, 法螺貝を, 泣いた, 浮巣に, 消防隊に, 淀江から, 深く頤, 清の, 清兵の, 清洲会議の, 溜めて, 潰滅は, 火と, 火を, 炉の, 無事だった, 無限に, 焼かれご, 焼かれ主君, 焼けっちまうし, 焼け落ちて, 父を, 牧草の, 狡猾そうに, 王の, 珍らしく, 由来毛利加担の, 留守の, 異様な, 白い石, 白く久しき, 皮肉に, 相変らずがんばっ, 相手が, 相木勢が, 相當, 真蒼, 眠りから, 瞳を, 石垣高く, 石季龍の, 私服に, 穴城と, 空家に, 窓硝子の, 立てりしづか, 立てる時, 笑って, 筑摩家代々の, 築き取り, 紙へ, 紙を, 組んだ腕, 絶えず揉手, 織田信長の, 老樹蓊欝たる, 聞きわけ, 肩を, 背筋に, 胸を, 脂で, 腕組を, 自分では, 至難なる, 舌なめずりを, 苦々しく法水, 苦々しげ, 苦いもの, 荊州第, 荒々しく怫然, 莨の, 落ちた, 落ちたぞ, 落ちつらん, 落ちる, 落ちるとも, 落ちるの, 蝉しぐれに, 蝸牛何程の, 蟻が, 衝動的に, 裾野より, 西南に, 要害堅固に, 要害堅固を, 要所要所, 見たくも, 見たこと, 覚束ない, 誰それの, 豊川の, 豪勢な, 足も, 足早に, 身体を, 辺城と, 近づいた, 逆臣津川玄蕃の, 透さず抗議, 遂此の, 道を, 遠く離れた, 酒井家が, 銷沈した, 鋭く切り込んだ, 鐵石程, 門人子游が, 開城された, 間もなく易介, 陥ちずわずか, 陥ちましょうか, 陥って, 陥るもの, 陥落った, 陥落ました, 障子を, 難色を, 露骨に, 頑としていた, 頑強に, 頑然たる, 頷いて, 顔でも, 顔面を, 騎馬武者の, 高い山, 高く思う様, 高さ二二メートル, 魂消て, 黄金通りを, 黙って

▼ 城~ (354, 2.8%)

24 へ出 10 へ出る 7 にある 5 へ出た 3 に出, に陣, の味方, の敵, の諸

2 [16件] で戦死, にいた, に笛, の, の寄手, の寺院, の東, の柳, の織田軍, の者, の門, の馬場, へお, へ出られれ, へ脱出, までお

1 [261件] いずくに, かけて, からのさまざま, からもと, から云い送った, から勝家, から危険, から太史慈様, から挑ん, から漢江, から矢, から知る, から追いかけ, がいま獅子, この大軍, だ, でお, でそんな, ではない, では垢すり旗本, で出会った, で勢揃い, で呉兵, で櫃, で窃盗, で行われた, で迎え討つ, で首, で駈け蹴散らし, との交通, との往来, との聯絡, とを距, と城内, と彼我一瞬, に, にうめ, におびただしく, にてその, には予め, には甍, には魏軍, にもある, にもいた, にゆき着いた, に一泊, に下り, に住む, に使者, に出迎えた, に向, に在った, に埋め, に埋めた, に屯剳, に当る, に待たせ, に待ちゐたる, に援助, に放たしめ, に斬っ, に新しい, に日本國使, に東京陵, に梟, に止まっ, に淋しい, に火, に着い, に立つ, に総, に老子, に聳え立つう, に草創, に調え, に近づく, に追, に追出され, に退居す, に送り出し, に野陣, に露営, に高い, の下人ども, の中村, の人, の使館, の停車場附近, の前, の劉, の劉家, の北道, の南金校, の哨兵, の商埠地, の囲み, の土人村, の地勢険阻, の守備, の宣陽坊, の寨, の市街, の帝釈山, の庭園, の搦め, の新, の木戸, の木戸口, の東南二里, の東方, の松原, の林亭, の梅林, の歌声, の水の手附近, の池田部隊, の河, の河原, の治安, の洪山, の海辺, の満, の濁水, の濠, の濠ば, の濠端, の濠際, の玄徳, の田野民屋, の由良之助, の町, の町屋端, の百姓町人, の真教寺, の空気, の窮民, の罪, の自陣, の船入堤, の華林園, の蘇, の街, の西北, の調練場, の近く, の道院, の遠い, の野戦, の野球場, の金剛荘厳道場竜華菩提樹下, の防禦陣地, の陣場, の露, の馬出しの広場, の馬揃い, は一望麦野, は戦乱, は砂漠, へ, へおびきだす, へお立ち出, へすすみ出た, へすすめ, へだ, へつまみ出した, へで, へのあい, へのこし, へのぬけ, への急, への逃げ道, へは出, へまかり向っ, へまぎれ, へもどっ, へ使い, へ出さない, へ出され, へ出し, へ出し参らせ, へ出す, へ出たい, へ出られ, へ出られる, へ向っ, へ埋め, へ埋められた, へ帰っ, へ急派, へ打っ, へ打って出, へ打って出た, へ抜けだした, へ押し出し, へ押し出す, へ放っ, へ渦まき出た, へ漏れ, へ無事, へ白昼, へ積み出された, へ突き出された, へ突出, へ聯絡, へ落ちのびよ, へ見せ, へ誘い出そう, へ走り出た, へ走る, へ迫る, へ追い出し, へ追い返す, へ追放, へ送りだした, へ送り出され, へ送る, へ逃げ落ちた, へ逃げ走っ, へ逃れ去る, へ通じる, へ連れ出された, へ逸走, へ遊び, へ運び出させ, へ遠乗り, へ飛ん, へ馬, へ馳, へ駈け, へ駈け出し, までは難なく, までわざわざ, まで一気に, まで人, まで引, まで徐庶, まで移し, まで行き着かん, まで見送っ, まで見送った, まで見送り, まで迎え, まで送っ, まで送り給うた, も惶惑, も疫病, より城内, より市中, をへだつこ, を一巡, を愛づ柳絮, を掘り, を望見, を繞, を見聞, を過ぎ, を遮断, 亦建鎭國念誦道塲, 約三, 迄土匪, 遠く攘

▼ 城~ (331, 2.6%)

14 ある 5 あって, 見える 4 あった 3 どこに

2 [20件] あったところ, ありこれ, ありました, あるという, あるばかり, あるやう, できて, 云った, 容易に, 控へて, 敵に, 焼けて, 立って, 聳えて, 自分の, 西軍の, 見えました, 見え出した, 遮った, 陥ちて

1 [260件] あったが, あったそう, あったもの, あったよ, あったり, あつた, あらゆること, ありながら, ありまして, あります, あり城, あり武士達, あること, あるため, あるよう, あれよ, あんなにきれい, いい景色, いかなるお, いかに労し, いまも, いよ, およそその, かすかに, きた, きらきらと, くずれないという, くずれ大坂本願寺, この要地, さうら, しば, すぐ彼方, すぐ目, すでに夜食, そそり立ち灰色, そのたび, その幕府, その度, その程度, そば立つ, それを, たかが二人, たって, たつて, どうした, どうしてここ, どうなる, どのへん, どれほど, なくなったと, なんで落ちよう, ほとんど手, ほとんど直観的, ぼんやりみえます, まいりましたが, まず云い, めざましい, やがてどういう, やけた轟音, よろしからん, アッと, グイと, テレーズ人形の, ラマ仏教の, 一夜の, 一挙に, 一日も, 一朝に, 一盗賊に, 一瞬光を, 三つ浮かびはじめる, 上杉景勝前田利家の, 不審な, 不服らしい, 九十九年も, 二三日つづいた, 云ったよう, 亡びたら何, 亡びてから, 京から, 今では, 今もっ, 何を, 保ったなどと, 偉大さを, 兵火に, 出来あがると, 出来て, 制止した, 前より, 前途に, 割って, 創まっ, 勢いよく垂幕, 勢一杯で, 北条の, 叔の, 取れた今日, 取囲まれ落城, 受けて, 受話器を, 吐いた内容, 君に, 呆れ返って, 問題と, 嚴めしく聳え, 四ツ本と, 固く築かれ, 地震に, 堅固だ, 墨を, 大さわぎ, 失くなったの, 始まるの, 官選された, 寝所な, 寧ろ挑戦的, 寺にな, 尾張の, 山中に, 島の, 己に, 平城式なる, 幾百年來の, 廃された, 廊下へ, 建って, 彼方に, 後に再び他, 御暇乞, 思わず莨, 急迫気味に, 恃むに, 恐ろしいもの, 懐中電燈を, 扉の, 手を, 払った, 抜討ち, 拔け, 支払うという, 攻め落された時, 散在し, 日本で, 日本の, 明日も, 昔の, 普通の, 書室の, 有ったもの, 有って, 来た時, 来て, 来世に, 枕辺に, 栄光の, 横合から, 次第に大きく, 此の, 歩きかけると, 毒々しげ, 気に, 気に入ったかと, 気勢を, 気負った声, 水攻めを, 沈む, 法水の, 浮いて, 浮きあがりなにか, 滑り出したと, 澄んだ空気, 炎々と, 点滅器を, 無理に, 焼けると, 煤煙の, 燃えて, 牢固として, 物を, 狂暴な, 玩具の, 現れた, 甘酒の, 異議を, 疑題, 発見され, 発見せられた, 白衣を, 盛んに, 目を, 真斎, 知らぬ間, 石一つに, 石卓の, 破壊しはじめた, 破損し, 突然殿下, 立止まった, 竣工し, 管領畠山氏の, 築かれた, 築かれ今なほそれ, 築かれ天正六年, 築かれ旧, 粉の, 美濃の, 翌年の, 考えられて, 聴き咎めると, 背に, 苦りきって, 落ちたが, 落ちたとき, 落ちた夜, 落ちて, 落ちない, 落ちるか, 落ちると, 落ちるとき, 落つるとも, 落城する, 落成した, 行はれた, 襖を, 見えそこ, 見えた, 見えたっけ, 見えたら八軒家, 見えて, 見えねえじゃ, 見えるぞ, 見えるだろう, 見えるの, 見えるよ, 見え町, 言葉を, 訪れて, 詰り掛ると, 誰にとも, 赤い顔, 踏む重い, 蹴散らすよう, 近づくと, 返事を, 重圍, 野生的な, 開かれた時, 間近かにな, 陥ちたので, 陥ちたらこの, 陥ちない限り, 陥ったとき, 陥った夜, 陷りました, 難色を, 頓狂な, 頼母木の, 馬上から, 驚きの

▼ 城~ (296, 2.4%)

6 の方 5 は言った 4 のこと, はそれ, は彼 3 の子供, の骨, は私

2 [22件] が出征, である, といっしょ, と加納, に似, に聞いた, の名, の声, の気持, の言葉, の身, はその, はもう, は加納, は拒否, は父親, は皆, は答えた, は足, は階段, は風呂, 之霊

1 [220件] か, からヤマ, から祝い, から聞いた, がおやじ, がかけつけ, がそう, がそれ, がとっさ, がどんな, がやって来た, がパビアト, が一番, が三杯, が他, が出, が加納, が叫んだ, が学校, が寒, が居残り, が帰った, が座席, が戻っ, が戻らない, が抱き起した, が服, が立ち上っ, が自分, が被害者, が見, が言った, が話, が走る, が部隊長室, が酔っ, が頭髪, じゃない, だけで, であること, ではない, と共に縁側, と別れ, と同期, と酒, どの, どの御, につきそっ, には苦労, にもたしかに, に召集令状, に対するの, に教えた, に昼間, に書き送った, に特有, に知らせる, に知らせるべき, に聞く, に言った, に近づいた, に関してのこと, に関する浮世, に関する約束, のあの, のいる, のつくり, のつくり話, のやった, の二人, の体, の作品, の初期, の動き, の友達, の双子, の呂律, の呼吸音, の場合, の士気, の娘, の属する, の意識, の戦友, の戦病死通告, の手紙, の担当, の日記, の服装, の棟, の活溌さ, の私服, の腕, の若い, の説, の説明, の身柄, の軍隊, の軍隊生活, の遺骨, の邪推, の里心, の隣, の顔, はあいまい, はあっと, はあの, はあまり, はかけ, はことに, はさかん, はしきりに, はしたたか, はしばしば, はしばらく, はしゅんと, はすこし, はずっと, はそこ, はたいへん, はとうとう, はどう, はどうして, はどんな, はにが, はほとんど, はぼやき, はむしろ, はウソ, はコーヒー, はタオル, はタバコ, はパイチュウ, はパビナール中毒, はヤマ, は上京, は事件以前, は今, は体格, は何, は使者, は偶然加納, は入った, は唇, は商売柄, は嘲ける, は外套, は大人ぶった, は奉公, は妹, は宿舎, は小さな, は左雲, は建物, は急, は急ぎ足, は感慨深, は投げ出した, は振り返っ, は掌, は故郷, は教室, は早口, は昔, は時折加納, は本, は栄介, は栄介宛, は深い, は現場, は知っ, は短く, は空, は突っぱねる, は突然, は笑い, は笑った, は級友たち三人, は素直, は肩, は背, は背広, は腕時計, は自然, は苦し, は血走った, は衛生上等兵, は言葉, は財布, は身の上話, は身慄い, は身構えた, は退学, は造酒屋, は顔, は顔色, は飲み, は首, は鳥打帽子, は黙っ, も, もそれ, も一日一度, も何となく, も衛生下士官, も釣り, も顴骨, やその他, やなんかの, をかばう, をすっぽかす, をひどく, を事件以前, を引合い, を捜し求めた, を見る, を見送った, を責めた, を退学, を送る

▼ 城~ (233, 1.9%)

7 の士気 4 の大半, は 3 の姿, はみな

2 [11件] といえ, と協力, のあらかた, のなか, の助命, の戦闘力, の眼, の結束, の顔, はいよいよ, はすぐ

1 [190件] かそれとも, から挑まれ, から見れ, が, があわただしく, がこう, が一層, が三十万石, が初めて, が千余人, が坂, が城門, が心, が拾っ, が摂津, が来, が歌い囃す, が死, が消火, が約, が脱出, が追っ, が鉄砲, だけが退路, だったこと, であろうとは, ではない, でも支え得る, とあわせ, とが塹壕, と一緒, と押太鼓, と眼, ども何, ども得物, などの評判, におしくずされ, にとっては可憐, にとって致命的, にとれ, には辛かっ, にわッ, に向っ, に守られ, に息, に死守, に糧, に鉄砲, のあいだ, のあの, のうごく, のうち, のこらず一手, のすべて, のまん中, の一隊, の上原清兵衛, の中, の五千一心, の勇気, の動かん, の半分, の右往左往, の命, の命乞い, の団結, の墓穴, の大, の奇襲, の守り, の希望, の強味, の後, の心理, の息, の意気, の抗戦, の抵抗, の損害, の数, の方, の死骸, の比, の気, の混乱ぶり, の狼狽, の猛, の生命, の疲れ, の眠り, の突出, の突撃, の糧, の胃の腑, の致命的, の見, の遠見, の部署, の部署隊伍, の銃弾, の随喜, はいま, はうろたえる, はかえって, はこれ, はしばしば, はその, はまだ, はみな西門, はもう, はもとより, はよろこび勇ん, はわっ, は一, は上下みな死, は争っ, は以来, は休めなかった, は全面的, は出, は各, は四郎, は城兵, は城外, は大手, は奇襲, は寄手, は度, は引きあげ, は思わぬ, は援軍, は支離滅裂, は新しい, は暁, は暗夜, は染戸, は桐山, は死, は水, は油, は消火どころ, は炎煙, は牛馬, は生気, は眦, は矢, は突然, は逼塞, は頑強, は餓死, への挑戦, へ振り, また多く来襲, もいま, もことごとく, もこれ, もその, もまた, もみな, もろ, も出, も多数, も奔出, も寄手, も敵, も斎藤龍興, も殊死, も無数, も降伏, も鵬翼, や無辜, わずかに, わずか二千, をおちおち, をひた押し, をまとめ, を以て我, を力づける, を取鎮め, を威し, を抑え, を狙撃, を用い, を疑い, を直ちに, を督, を突, を蔽いつつんだ, を追い込ん, 約三千五百

▼ 城から~ (219, 1.7%)

6 出て 5 して 4 帰って 3 きて, 遠い村落 2 お退がり, これへ, のろしを, まっすぐに, 下りて, 姿を, 帰った時, 早馬が, 見ると, 遠からぬ

1 [178件] いざ出陣, おいでくだすった, おこしの, およそ六里, お下り, お使, お出し, お出ましに, お呼び出し, かくれみのに, きた者, くっついて, くる人たち, ここへ, こっちこれほどの, この剣閣, この御, この江戸屋敷, すぐ山, すこし出, すこし奥, すこし離れた, そっとぬけだしました, そとへ, その生命, たえず加古川上流, たちまち姿, である, どれほど, のがれ出ました, のがれ出んもの, はこび出しまして, もって, もどると, やってきた従僕, やってくるの, わき起る, わたしと, ゴルクム町に, スリ鉢底の, ヒラヒラと, 一小隊の, 一度も, 一歩も, 万燈の, 三四里ばかりも, 三里ほどの, 下が, 下がったばかりの, 乗り出した軍, 乗出して, 二十里位しか, 以東を, 会場へ, 何かを, 余の, 信長は, 側面へ, 出した, 出して, 出た小, 出た理由, 出なかった, 出るが, 出ると, 前線へ, 割り出したよう, 十分材木を, 半具足, 半島を, 反向けた, 取って, 君が, 四年も, 城外へ, 外へ, 外金剛の, 天目山へ, 孟達を, 宙天を, 小一里, 少し先, 山の, 帰ったらすぐ, 帰陣した, 平壤, 幾里も, 弘も, 彼は, 御発向, 思いきって, 急の, 成都までの, 打ち出す鉄砲, 抜け出したが, 招いて, 持ち出して, 持って, 敗走した, 敗退の, 数里の, 敵中突破を, 新しい知らせ, 早打ちが, 書面を, 望まれた, 望んで, 木村父子を, 来た, 来た劉, 東煙台甘, 桶狭間へ, 樊城へ, 殺到し, 江戸へ, 法師野へ, 淀の, 湖水の, 漂陽に, 焼けだされた野武士, 熊谷大, 玄徳が, 玄徳の, 甲斐なく, 白蟻が, 直接攻勢に, 眼を, 石部城の, 移した光秀, 移して, 積極的攻撃に, 立って, 約一里, 繰出した, 羽柴家の, 聯絡し, 脱出し, 脱出した, 落ちのびて, 蘆家屯附近に, 蜂須賀彦右衛門の, 西北の, 西北三里余に, 見える星上山, 見える麓, 見わたしますと, 見物する, 解雇された, 討って, 誘い出して, 誰に, 諸方の, 質子と, 起ったこと, 越前へ, 跣で, 軍使が, 迎えに, 追いだされて, 追い払われそう, 追うほど, 退って, 退るよう, 送られて, 逃げださねば, 逃げて, 逃げ出したの, 逃げ出して, 遠ざかって, 遠ざかるわけ, 里余の, 長浜の, 長浜へ, 降りて, 雷発した, 馬を, 馳け, 馳せつけられました

▼ 城~ (176, 1.4%)

7 運命を 3 いって, して 2 いうが, いっても, いわれて, 城との, 夕暮富士とが, 大坂の, 定まりたれば, 関係が

1 [147件] いい毛利壱岐守勝信, いうよりは, いえ年, いっしょに, いひここ, いふ所へ, いわずお, お代官, お味方, お濠, お身, かかわりが, きまったが, きめた, きめてからは, この天嶮, さだめて, し, し肉, するに, そして三つ, その近, ちがって, つながって, どういう関係, なく市, なすも, なった, なったおり, なったが, なりその後十九年間, なるよう, なれば, もって, よぶ彼方, アカイアの, チョェテン・カルポ, 一所に, 三十余ヵ所の, 三法師を, 三重吉が, 三重吉とは, 下の, 云うもの, 云えば, 云っても, 云ふより, 京都御所を, 俗称す, 倶に, 共に死にたい, 兵庫の, 内城と, 内城とに, 別れる折, 勾玉, 同じやう, 同じわけ, 同じ高, 同数ぐらいは, 同時にここ, 同時に城, 同時に建った, 同時に農民, 名づく, 名づけた, 名も, 名を, 向合った, 呼ばれたといふ, 呼ばれた昔, 呼ばれて, 呼び改めた, 呼んだの, 唱へ, 国を, 城中の, 太田三楽, 姫路の, 安中城の, 富士山の, 寺との, 対い合っ, 対して, 小寺政職だけの, 思いくらべて, 恃ませ, 恃んで, 愛欲の, 戸田が, 掎角の, 改名, 改名した, 日吉の, 最勝院, 来たこれ, 東町奉行所とに, 板倉で, 板倉と, 板倉は, 比例せね, 江戸に, 決定らしい, 潮の, 為り徳川七十万石, 熊岳河, 猛攻の, 王双の, 申しては, 申しましたら浅井備前守長政公, 申すところ, 申す所, 申す敵城, 直面する, 相対し, 相距, 称する, 称するが, 稲葉山城との, 箕作城の, 籠城の, 綱手とを, 総見寺が, 美濃地方との, 聞く, 聯絡を, 自分との, 自分の, 船山城とを, 苦々しい視線, 西の, 西軍の, 見える, 見たなどは, 見ゆ銀杏, 視線を, 覚しき辺, 言いそれ, 言は, 計を, 訣別する, 訳せり, 訳せるに対し, 逢った夜, 金剛山との, 金魚三輪明神恋飛脚大和往来長谷寺の, 関係を

▼ 城~ (170, 1.4%)

3 痺れたよう 2 ありました, 落ちたと

1 [163件] あざやかに, あって, あのでっかい, あふるるばかり, あぶないと, あること, あるらしいの, いくばくも, いっせいに唖然, いまは, うごきの, うつくしきかな, おしまいらしい, おぼつかないとか, お味方, お城, きのうから, くずれて, くづれたる堤, ここに, こころもち顫え, この衝撃, これに, さすがに, すすめるので, すでに亡ん, その他の, その夜, その思わず, その瓦甍影, その途中, ですか, とうていこの, とうとう落ち, とたんに嘲弄, のんで, はや危うい, ふたたび自然, ほぼできた, またたくま, またひとつ, また大捷, また徳川家, また秀吉, また織田家, まだ陥ち, みな血を, もう此, もう竦み上る, もののかずで, もはや言葉, ゆるぐばかり, わが旗, 一揉み, 一月中は, 一軒の, 不落, 二代にわたる, 亡び六波羅, 亡び果てて, 亦それ, 人も, 仰天せん, 低く声, 何となく心, 俄然大きな, 信忠卿や, 個々の, 備前備中の, 入るよう, 冠山の, 出て, 助かるらしい, 半分は, 半月か, 危うく見えよう, 危くなった, 古い, 可愛かろう, 同じと, 同様で, 同然お, 同然な, 同郡, 命旦夕, 城である, 城下も, 夜が, 大いに役立てる, 奪られた, 孫策の, 守り支えて, 宮殿も, 小城町も, 屋敷も, 岐阜の, 岐阜城と, 岩倉城も, 峰, 差出しますれば, 御殿も, 心が, 志方城も, 思わず引き入られた, 思わず身体, 戦備を, 捨て妻子, 支えきれなくなったので, 攻め潰して, 敵も, 日没と共に, 早速お, 暗然と, 暫く黙っ, 松平氏が, 検事も, 次々に, 決して安全, 沙と, 清正の, 潰え去った, 瀕死に, 火の, 火中に, 灰燼だ, 焔も, 無事に, 焼きつぶせ, 燒亡し, 独断で, 狸の, 現城, 畢竟この, 百日余である, 真剣に, 眼中に, 瞬間化石した, 秀長の, 糞も, 紙か, 自焚全滅, 落ちたという, 見えない, 見える, 見ゆ, 見る積り, 覺束なく, 諸士, 蹴やぶって, 近代科学の, 途端に, 遂に陥落, 遊艇も, 鈴鹿峠も, 長い寿命, 長比城も, 陥ちて, 陥ちまい, 陥ち城将, 静かに, 飽浦佐々木党の, 驚かされて, 鳥目を

▼ 城には~ (127, 1.0%)

6 いって 2 一族の, 誰が

1 [117件] あらゆる策謀, いったんは, いつて, いつ上昇, お母さんを, からみ合って, けっして泊まらない, この城, この方, これも, さきに, じぶん, すばらしく大きな, そのいずれ, そのほか, そのままその, その前, その子, それが, それを, そんな小さな子ども, たくさんの, ないお仕着せ, ないこと, なお多く, なお守将, なかなか美人, まだ冬, まだ室町大名, まだ百余人, まだ豊臣秀頼, もう一つぶ, もはや抗戦, りっぱな, われを, 一種の, 一芸一能に, 七つの, 三好義継が, 三宅綱朝を, 三宅藤兵衛が, 世に, 中国の, 丹羽権兵衛を, 事件の, 五か, 今やその, 住んで, 信長の, 偉い役人, 先祖の, 先頃から, 光春の, 入らずわざと, 入らず町中, 入江左近, 初め山名豊国が, 加藤の, 加藤光泰を, 加藤駿河の, 北川平左衛門尉奥街道口の, 十余年来たくわえ, 十把一搦げの, 卯月ばかりか, 取っかかって, 四十面相と, 城将松田康長の, 大勢の, 天主閣が, 天守が, 天皇御, 太閤殿下より, 女房が, 専属の, 小さな万国旗, 少なからず, 岐阜大垣から, 広い地, 弓矢が, 惻々と, 扉の, 手を, 押への, 斎藤道三殿の, 日ごとに, 最所治部, 朝倉義景の, 朝早く, 李厳を, 松向寺殿三斎忠興公御立籠り遊ばされおり, 松平元康を, 梨羽中務丞の, 浮田直家龍の, 特に興味, 甥の, 田丸中務少, 甲軍の, 留守を, 白い弔旗, 神保氏張同苗清十郎を, 細川掃部介, 総大将宇喜多秀家, 織田大隅守, 老母が, 腹心の, 菊地右衛門入道と, 董卓の, 蒲生喜内それぞれ相当の, 蜀の, 話せるやつ, 部屋が, 重政の, 関右兵衛尉須賀川城には, 限りある, 須々木豊前, 魏の, 魔獣の

▼ 城~ (109, 0.9%)

3 あつた 2 いうと, 少し予定, 苛

1 [100件] あらうと, いつも明るい, おっしゃったじゃ, か, くらして, この城, こんな無作法, ござりまし, ござります, ご厄介, じぶん, すっかり顔馴染, すらつい, すること, そこを, その建て, それを, そんなこと, ちいさなこども, ときを, なしとげたこと, なんとかいう, のんきに, ほこりと, また一番仕舞, みるよう, もらつて, やけ死んだかと, わたしたちの, 一番槍一番首の, 下りるん, 中村悦さん山田勇その他に, 二度の, 云い渡して, 人の, 休息兼ね, 会見を, 信長と, 元服し, 功を, 勤務を, 反抗する, 同坐し, 名も, 囚人の, 大昔の, 大老など, 巡査に, 弟に, 彼に対して, 征長の, 徳川家でも, 悪くなれ, 戦死し, 手に, 持つ, 持つと, 持つ町, 捕虜に, 暮らす若い, 月見の, 有名な, 木村大膳の, 松原越しに, 死なした, 泊るの, 片づかないうち, 物見の, 猛犬の, 用ひた, 病気に, 相図, 秀吉の, 竹童と, 約三千, 結婚した, 老女王マリア・テレジア, 脳溢血の, 自害し, 自害を, 落ち会おう, 行長の, 見たこと, 見とどけて, 解決してやろう, 討死し, 試された, 試合を, 詰腹を, 講演を, 賊を, 軍議を, 還して, 醤油を, 阿部播磨守様に, 音を, 食事を, 養生し, 馬糞を, 鼻の

▼ 城~ (94, 0.7%)

5 のよう 3 があり, である 2 が城, だ

1 [79件] か神秘的, があった, が今, が立っ, が絵, が陥らなけれ, この中, だったという, であったが, でまたもや, でも秀吉, で閉じた, として役立った, として防ぎ守らん, となし, とはこの, と狭い, などもなかなか, など皆, にあたる外廓, にあなた, には藤吉郎, にもまた, に入っ, に囚われ, に外濠, に放列, の, のいと, のご, のやう, のオースチン老師, の一つ, の中, の二重目, の付近, の倉, の如く, の姿, の守備, の廃墟, の形式, の数, の昔, の望楼, の模型, の池, の狭い, の礎石, の規模, の跡, の辺, の隅々, はけっして, はなお, はまだ, は岩石ヶ城全体, は平地, は広い, は破壊, へ帰っ, へ帰り着き, めいた陰鬱, や建物, を占領, を囲ん, を地下道, を増した, を打ち破り, を攻撃, を新設, を案内, を渡る, を眺め, を眺めやった, を築き, を配し, を陥れ, を陷

▼ 城では~ (65, 0.5%)

6 ない 3 あの人たち, なかった 2 二人を

1 [51件] ありません, あるまいか, あれど, あんなにすっかり失っ, いまの, お目見えを, ござらんな, さっそく遺族, たえず電話, ただちに不破彦三, ないか, ないほどに, ない加藤, なくて, なく山, ねえが, ほとんど根本的, わたしたちは, クラムよりも, シュワルツァーの, ニナール姫と, 一番繁華な, 人びとは, 例年家中の, 元より, 口を, 大陸へ, 太閤殿下御成の, 妖婆アダムウイッチが, 婦人の, 弟さんは, 彼について, 捕虜の, 新政策, 有るが, 有名な, 此の, 水差の, 焼討ち, 甥の, 留守の, 発着が, 目つ, 砲声を, 茶会や, 豪華な, 野心を, 鐘の, 雪解けとともに, 電話は, 非常に

▼ 城~ (64, 0.5%)

2 を去っ, を繞

1 [60件] たる長浜, であった, であった時分, ですから, で最期, として, となっ, と往来, と見なし, にこの, にのぼり, に余る, に野生, のどこ, の俤, の分割, の奥, の存在, の岡崎, の明け渡し, の滅亡, の監視, の第, の絶景, の警備, はいや, はどちら, は五里, は焦土, は焼け跡, へさい, へ危険, へ帰る, まではわずか, もある, も崩壊, も没収, や家臣, をいう, をお, をふまれ, をやる, を中心, を俯瞰, を占領, を去, を去つ, を召しあげられた, を喪った, を失う, を守っ, を守る, を席巻, を引例, を柴田側, を灰燼, を賭け, を返す, 亡びて, 御著

▼ 城~ (58, 0.5%)

5 の者 3 の方 2 に加わっ, の人々, の面々

1 [44件] からの返辞, がもう, が出, が甚だ, では, では十人, では敵, といえ, とでは誰, に比し, の一同, の一将, の一部将, の使い, の侍大将, の兵, の参謀, の好餌, の守将, の将士, の弱点, の敗勢, の様子, の武士, の死傷二百二十五名, の波多野主従, の真田, の結束, の緊迫, の老巧, の腹, の衆, の計, の部将, の野武士勢, の鉄砲, の間者, は兵糧, は又, へ人質, へ信じさせる, へ合図, も変, よりは遙

▼ 城介君~ (53, 0.4%)

1 [53件] がうどん, がベロナール, が一番, が勤め, が戦死, が機関車, が自殺, が退校, だったかも, だって割に, とあんなに, といっしょ, なん, におれ, にもそんな, に似, に目星, の将来, の性格, の日記, の運命, の顔色, の骨, は, はあまり, はいや, はお祖父さん, はきっと, はこう, はすっぽかされる, はそこ, はどんな, はひどく, はわたし, は上, は喘息, は大胆, は女, は山, は帰還要員, は怒っ, は拳銃, は治療, は理解, は眼, は花, は薬品取扱い, は頭, も, もきっと, も町育ち, をすっぽかした, を可哀そう

▼ 城~ (52, 0.4%)

2 の天守, の方, の濠

1 [46件] あり, から少し, がある, が桑畑, である, で一昨年, で何者, で殺された, と見れ, にたった, に根, に近づく, に集った, のあたり中空, のあちこち, のお, の両側, の入口, の前, の奇談, の宝, の崖, の此, の濠端, の熊笹原, の荒野, の謎, の近く, は冬がい, は北, へ, へと思, へ来, へ登る, へ草, へ行かし, へ謎, へ飛下り, までは登らなかった, やその他, や藤村, をも存, を完全, を番, を見物, を訪ね

▼ 城まで~ (49, 0.4%)

4 行って 2 参って, 連れて

1 [41件] お出向きください, お出向きねがわね, お立ち退き, お立ち退きある, すてて, まいる, もって, もとんで, 一息に, 一気に攻めこんでしまつた, 一気に追, 供し, 参りましたるところ, 参るよう, 参上する, 大事の, 天主閣拝観堂々, 届きそう, 届けられたから, 急いだ, 手を, 抵抗らしい, 押し通り, 持参いたします, 攻め上った, 敵の, 早馬を, 明け渡せと, 洗い去って, 焼きはらった, 直徑三里, 着きたいもの, 築かれましたが, 落ちのびましょう, 車力に, 迎えに, 逃げ着いた, 這入った板垣退助, 重臣を, 頼って, 飛んだこと

▼ 城~ (48, 0.4%)

2 を訪ねる

1 [46件] あの女, あの鍵, あるいはあの, いっそ僕, うんざりしたろう, からお, から八日, が大変熱心, こういう凄惨, こうして今, この事件, この人, この場合鐘楼, この文字, この結び方一つ, この顔, すでに僕, そうして他殺, その二つ, その壁, その山羊, その物質構成, その脳組織侵害法, それほど稚拙, たしかあの, だ, だいたい双生児, だいたい虹, というの, とが見送つ, とは非常, と同, なんぞは既に, にすすめられた, によろしく, にルキーン, に一言, のルキーン説, の御馳走, は十八貫以上, やはり僕, 元来十二宮, 同じ文字, 多分この, 実に面白い, 驚くべきこと

▼ 城~ (45, 0.4%)

1 [45件] あるべき, お父上, その他の, その余, とりでの, また足利家, 一族は, 三木城の, 上月城で, 今浜の, 何かも, 剣山の, 南禅寺に, 城壁や, 大家に, 宮殿が, 宮殿寺波止場, 家が, 山内の, 山脈, 師山城や, 志方の, 木戸の, 栗林公園で, 根拠地にも, 桑折城やの, 歴陽へも, 水車船四季の, 浜松城と, 滝川益氏の, 濠の, 熊の, 王政時代の, 町は, 竹ヶ鼻城の, 籠城が, 苅安城, 荘園が, 豊隆に, 農家の, 逆落し談には, 連り走る, 金剛山に, 関城に, 阿蘇山や

▼ 城~ (42, 0.3%)

7 ていた 5 ている 2 て居る, て糧食盡

1 [26件] ことしこそは, ついに和, ていなけれ, ています, ておられる, てからも彼, てから数日, てしまう, てのち, てみずから変化, て世間, て即日朝鮮遠征, て味方, て四方山話, て対策, て帷幕, て得意, て御, て戦死, て来た, て討ち死に, て途, て運, て頑強, 最後の, 永年作り附け

▼ 城~ (40, 0.3%)

5 の上

1 [35件] からも見えた, から下, から下知, から火の手, から見える, で刻, とが竜宮, と見える, には戦捷, に上り, に大, に登っ, に登る, に登臨せり, に籠, に臣下, に駈けのぼっ, の一端, の一部, の中心, の仰, の壁, の太鼓, の屋根, の焼け落つる, の赤き, の遥か, は林標, へ弾丸, へ移し, をなん, をふり仰ぐ, 直起, 第一, 高きところ

▼ 城太さん~ (39, 0.3%)

2 じゃない, のよう

1 [35件] お喰, かと思ったら, があんまり, が来る, が烏丸様, が私, が私たち, こそ朝, こそ私, こんなわけ, それではお前, と来たら黙っ, どうした, にはなんにも, のいう, のこと, の前, の手, の気持, の顔, の顔つき, はそれ, はなぜ, は伊勢, は何, は夜, は当分, は武蔵様, は独り, までそんな, もあんまり, もお, も歌わない, 怒ったの, 食べない

▼ 城~ (39, 0.3%)

3 の多く 2 の安中三郎進

1 [34件] がこの, が容易, が集まっ, でもまた, には無断, のいった, のひとり鞏志, の三郎進, の不破, の乃美元信, の佐治, の前, の天野刑部, の太, の奥平貞昌, の妻, の小山朝郷, の山淵父子, の戸部新左衛門, の日幡景親, の朝倉景恒, の松田九郎兵衛, の林重真, の清水宗治, の粟田刑部, の赤松円心, の首, の高坂弾正, はみな彼, もさては, や兵, をあざむく, を殺し, 与えず大立廻り

▼ 城攻め~ (37, 0.3%)

2 などは苦, の名人, の際

1 [31件] があった, が近づい, すべく評議, にかかった, にかかる, には初めて, には別所随一, には屈強, にも総, に備わった, に加わった, に加わり, に参加, に手痛き, のこと, の一番乗り, の上使松平伊豆守, の側, の功名, の後, の成否, の手, の折, の方, の最中, の節, の翌々年, は兵法, は前後, は十月朔日, も長びい

▼ 城彈三郎~ (33, 0.3%)

1 [33件] が刀, が怨ん, が拔, が棧橋, が横死, が殺された, といふの, といふ人, といふ評判, と無二, と知れました, と高木勇名, に忠告, の下手人, の家, の殺された, の浪宅, の自慢, の豪勢, はわざと, は九州, は凄い, は心, は惡, は殺せない, は永, は犬畜生, は自分, や海賊銀太, を殺した, を討つ, を討つた, 如きに

▼ 城という~ (32, 0.3%)

6 のは 4 のが 2 ものは

1 [20件] ところで, ところには, ので, ものも, ような, 世界が, 人が, 代官が, 名であった, 名に, 城には, 城を, 城跡の, 外廓は, 大きな家, 岩あり, 意で, 所へ, 言葉を, 語は

▼ 城~ (32, 0.3%)

3 に歸 2 にそ

1 [27件] がざわめき出した, が一家族, だし, でありながら, であり邦夷, である, でござるぞ, なので, なる法行王, にあった, にかくれ, には関羽, に到れ, に去らん, に召し呼ばれ, に御, に戦死, に極楽, に登り, に筆, に跳, の糧食缺乏, の食糧, へ帰る, を, を退き, 第一流

▼ 城あと~ (30, 0.2%)

1 [30件] から指し, がございまし, が一段, が残っ, が眼下, そして少年, でありました, であり江北殿, であるだけ, でも歩き回る, に, に代々, に向っ, に達しました, のおおばこ, のまん中, の丘, の中, の前, の地面, の大手, の奥様, の崩れ堀, の樹立, の西南隅, の見える, は古, まで送り届ける, を御覧, を見

▼ 城普請~ (27, 0.2%)

1 [27件] がございまし, だの弓鉄砲, には三つ, には新しい, にまで御用, に働い, のこと, のため, のできた, のよう, の仕事, の労働, の御, の折, の棟梁益田藤兵衛, の用材, の石揚げ, の鑿, は全国的, は土木工事, は徳川, は陣中, へ行く, も京都表, やお, や造船, を行

▼ 城~ (26, 0.2%)

42 からな, と考へた

1 [18件] お江戸, からである, から其許, から姫君, か知らない, が目的, ぞ, といいました, というの, とまどろみ, とわかっ, と信じ, と叫んだ, なあ, の, 世界だ, 各, 向こうの

▼ 城にも~ (26, 0.2%)

1 [26件] ある地球儀, いたという, いろいろの, かならず評定, すでに張飛, せんと, ぜひ来, どこの, はいらず地, またデンマーク, ポチと, 人が, 代へ, 何事も, 元山にも, 先生が, 出かけた, 剩す, 実際の, 必ずあるべき, 替え難い, 秘密の, 立ち寄らなかったの, 約一年余, 耐え本国, 聞えて

▼ 城した~ (25, 0.2%)

2 から兵力, のだ

1 [21件] が後, きり絵三昧に, ことに, というの, のかも, のであった, のであつ, ので厶, のを, ままで, わけで, 七人の, 後で, 方が, 日の, 時には, 時日本の, 権藤亥十郎などと, 組じゃ, 罷業従業員達の, 輩です

▼ 城との~ (25, 0.2%)

2 あいだに, あいだには, つながりを, 連絡を, 間に

1 [15件] つながりによって, なんという, 一定の, 中間あたりと, 中間地帯, 区別が, 境を, 大景, 小さき争闘, 結びつきな, 距離は, 間の, 間十町の, 間原上の, 間市と

▼ 城より~ (25, 0.2%)

1 [25件] おゆるし, お出し, お退り, かけ隔て平野, この兜, さがるやいな, フィレンツェに, 七八町距たった, 三十餘年の, 二十四年おくれ, 信長様が, 出で, 出でしを, 取りて, 和平を, 城を, 外出を, 帰らるると, 成る即ち, 斬って, 真夜中に, 移されて, 落つるもの三四人御座候処, 馳せつけて, 高い山

▼ 城ヶ沼~ (25, 0.2%)

3 の水 2 と言

1 [20件] から引返す, に対して瞑目, に来た, に漁つて, の, の三町四方, の四手場, の女, の底, の方, の暗夜, の番人, の番人同然, の縁, の鯉鮒, の黒坊主, へ歴然と, へ身投げ, を差し, を裏返し

▼ 城でも~ (24, 0.2%)

1 [24件] ある, あること, あるし, この都, ご出陣, さんざん嘗め, した末, まったく思いもうけぬ, 万千代さま, 与えて, 仕事が, 名古屋は, 大きに趣, 大阪の, 宿屋でも, 戦気殺気みちみち, 村でも, 焼いて, 相当な, 聞いた, 蜂須賀党で, 鉄砲の, 陥ちたらば, 陥ちて

▼ 城~ (24, 0.2%)

2 から, が, がそんな, のよう

1 [16件] がそれ, が四ツ本, が妾, さ, とばかり信じ, と京, ならお母様, に悪い, のお, の罪, は, はお母様, は夫, も本当に, を御覧, 又は牧様

▼ 城する~ (23, 0.2%)

3 ことに 2 か若く

1 [18件] いわゆる有識階級, とすぐ, とその, と早速, と本気, と直に, なんて大, に決心, のが, ほどの御, よりもあと, 事に, 即刻諸, 如くに, 気は, 清洲本陣のみへ, 覚悟で, 身に

▼ 城~ (22, 0.2%)

4 が見える

1 [18件] から出払っ, に拠っ, に駈け寄り, のうち, の一室, の山, の山々, の混雑, の端, の門, はちょうど, へ帰っ, より撥ね出す, を伝わっ, を築こう, を訪ね, を訪ねた, を閉じ

▼ 城へも~ (20, 0.2%)

1 [20件] そういうわけ, また同じ, 先頃は, 冠山の, 出なかった, 出入し, 加勢を, 各部門, 商用に, 姿を, 幾度も, 戻らず尼ヶ崎, 戻れまい, 押し寄せて, 時折には, 湾内の, 火が, 罷り越そう, 行った, 諜報は

▼ 城とも~ (17, 0.1%)

1 [17件] あるもの, いう, いうべきもの, いったり, いって, いふ, じきに, に, みえぬ御, 云ふ, 呼ばるること, 呼び備後福山, 呼べない小城, 桐城とも, 白米城と, 目と, 見える本丸小屋

▼ 城へは~ (17, 0.1%)

2 どう行く

1 [15件] おはいり, お帰りなさらない, かからなかったの, きのう着いた, もう来ぬ, 何の, 入らずその, 入らずに, 入れぬとの, 入れません, 告げないと, 如何とも, 少数の, 水攻めの, 自好ん

▼ 城持ち~ (17, 0.1%)

3 大名と 2 の貴婦人

1 [12件] じゃ国持ち, であり左京, ともならず, のお, のバクチ打ち, の相模守, の諸侯, 大名これを, 大名に, 大名ほどの, 大名も, 赤坂溜池際に

▼ 城とは~ (16, 0.1%)

1 [16件] いえ下赤坂, およそ違った, ちょっと離れ, ブラジル首府リオデジャネイロを, 三城あわせた, 三里弱の, 不思議な, 凡て一構なる, 名から, 喜んで, 急な, 無関係だ, 繋ギの, 規模が, 長安の, 離せぬもの

▼ 城において~ (14, 0.1%)

2 開かれるはず

1 [12件] わが君, 事実の, 唐軍の, 孫権は, 強いられて, 御自害, 御薨去, 御逝去, 情勢を, 文部大臣から, 落ち会う約束, 見事手がらを

▼ 城である~ (13, 0.1%)

1 [13件] かのよう, かもわからない, がより, が豊公恩顧, こと京都の, ぞ, という安心, といふ, とかインド, とか迦毘羅城, とウィリアム, と言われ, 事を

▼ 城坊主~ (13, 0.1%)

3 の伜 2 の家, の次男 1 かお寺さん, などが面白, に案内, のたぐい, の牧野逸斎, の道楽息子ども

▼ 城~ (13, 0.1%)

3 さあん 2 さアん 1 か, がよい, さアン, さアーン, といい合せ, とよばれた, とよび, をやる

▼ 城~ (13, 0.1%)

1 [13件] では不安, と名誉, のある, のよう, の中, の区劃, の影, を, を修理, を出, を守つて, を我が, 不滿六十

▼ 城と共に~ (12, 0.1%)

1 [12件] 京極家へ, 御運命, 最後の, 果てねば, 死なんの, 死んだ, 清正の, 相果てた, 真田領と, 自らを, 自滅の, 討死を

▼ 城~ (12, 0.1%)

1 [12件] 介が, 介それにて, 介は, 介師時なども, 介延明は, 介着, 介読め, 介越後守有時右馬ノ, 四郎長茂が, 宰相が, 秘孔二道有一道ハ西丘ヲツラヌイテ走, 衆ハ一旦

▼ 城太郎さん~ (12, 0.1%)

1 [12件] お城, が好き, が来れ, そんなに男, でも, に後で, のせい, の先生, の請, はやくお呼び, は蓮台寺野, も旅

▼ 城とともに~ (11, 0.1%)

2 相果てる 1 いのちを, ほろびた淀君, 亡び以来, 今に民衆, 在るべき城主, 悉くお, 揺さぶられて, 果て終らん, 田土の

▼ 城~ (11, 0.1%)

2 のだ, ので 1 の, のであった, のである, のでしょう, のです, んでしょう, んです

▼ 城への~ (11, 0.1%)

1 [11件] 信頼と, 入口から, 再攻撃, 手配を, 抑え, 注進の, 海路補給が, 海路輸送の, 用向きは, 道に, 道は

▼ 城一つ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ぐらいはお, だけがよく, となっ, と引換, に去年, に埋もれさせ, の下, はついに, も同じ, 抜けずに, 落ちたとて

▼ 城~ (11, 0.1%)

3 の上, の下 1 から下, と見える, にひきよせたれ, に登つて叛軍, をかくい

▼ 城隍廟~ (11, 0.1%)

2 へ往 1 である, と一行, のうち, の屋梁, の狭い, は, をも見せられた, を一拝, を目のあたり

▼ 城介たち~ (10, 0.1%)

1 が初年兵, が当り屋, の誤算, の転属先, はその, はほとんど, はまた, は徴発, は斥候, も運

▼ 城君君~ (10, 0.1%)

1 の成功, はここ, はこの, はよく, はババンスキイ痛点, は刑法家, は心臓停止, は忘れやしまい, は木琴, は猶

▼ 城~ (10, 0.1%)

1 か, が亜鉛屋根, であった, に煙硝, のみはいかに, の代り, の前, の恐ろしき, の鋳造法, は例

▼ 城~ (10, 0.1%)

1 が堅守, と呼応, と籠城軍, にとってその, には切支丹, の兵糧欠乏, の取交した, は四囲, は算, も寄手

▼ 城として~ (9, 0.1%)

2 奮然死守攻撃し 1 以来ここの, 伯父より, 坂本へ, 好いところ, 有名で, 気が, 長い間訓練

▼ 城をも~ (9, 0.1%)

1 乗っ取り次いで, 切角の, 大改築, 持って, 無血開城いたす, 焼かず張繍, 訪ね得た私, 遥かに, 附せられた

▼ 城~ (9, 0.1%)

1 と何, などを視, の一朝, の破毀, へ曳かせ, へ迫っ, も落ち, を一挙, を築きました

▼ 城~ (9, 0.1%)

2 かな 1 と云う, のロシア寺院, は寂れ, は長春, へ行き, をば哀れ, を訪ねる

▼ 城月丸~ (9, 0.1%)

1 か, との恋, とは蔵屋敷, と改めて, と申しまする, と申す, なる者, を埋め, を殺し

▼ 城さん~ (8, 0.1%)

1 が見える, に敵, の日光, の無茶, の眤懇, はほんとう, はやつ, は毎日八時半

▼ 城です~ (8, 0.1%)

21 か, から事, から火, がその, って, ね

▼ 城での~ (8, 0.1%)

2 あの役人 1 すべては, それを, できごと, 再会を, 有名な, 籠城だ

▼ 城へと~ (8, 0.1%)

1 おめ, さして行け, 導かれた, 引き移った, 急ぎました, 移って, 落ち延びた, 遣った

▼ 城~ (8, 0.1%)

1 下ダスノ力モ, 取巻ク, 囲ム, 御辺ニ, 打囲テ攻ル, 拔ケバ一城, 軽ンズ, 閉ジ防備第

▼ 城三次~ (8, 0.1%)

1 がねだる, が棚, が渡船, が立っ, などの若い, は今, は赤い, も傷

▼ 城大工~ (8, 0.1%)

2 の棟梁, の棟梁泉田筑後 1 としては江戸, の弟子, の柏木藤兵衞, を國許

▼ 城近く~ (8, 0.1%)

1 に松生院, の安, の陸軍病院, へ頻々, までお, まで駈け, 乗り込んだり, 来て

▼ 城~ (8, 0.1%)

1 で塗油式, に入れ, のうち, のなか, の中, をみ, を写し, を見慣れた

▼ 城だの~ (7, 0.1%)

1 城内域外が, 堂ヶ峰城だの, 大野五ヵ城の, 小淵城だの, 正岡城だの, 碧い, 赤田城だの

▼ 城といふ~ (7, 0.1%)

2 のは 1 人を, 俳句家である, 法學士が, 浪人者は, 章だつた

▼ 城のや~ (7, 0.1%)

1 ぐらからそれを眺めた, ぐらで, ぐらに, ぐらへ, ぐらほども, ぐらを, ぐら兵の

▼ 城~ (7, 0.1%)

3 と名乗っ 1 でもあり, といった油会所, となっ, と改名

▼ 城~ (7, 0.1%)

1 五隅, 介どの, 介殿は, 劉, 助と, 助は, 御用意

▼ 城先生~ (7, 0.1%)

2 の門 1 の奥さん, の巣, の膝下, の遺文詩集, はその

▼ 城子君~ (7, 0.1%)

1 から鏡子さん, とは半年ぶり, はとりつき, は在宅, よすまなかつた, よ子, を訪ねる

▼ 城~ (7, 0.1%)

1 堅固に, 尋ネナサレテソノ日ハ江尻, 引渡しに, 役所其外組屋敷等火攻の, 書院番士の, 本丸は, 規式之

▼ 城~ (7, 0.1%)

1 であった, はすでに, はまだ, は既に, は根気, をなそう, をみな心

▼ 城攻略~ (7, 0.1%)

1 そのほか, にはぜひ, の戦い, の極め手, の策戦, を進言, 成りその

▼ 城~ (7, 0.1%)

1 として松野豊後守, に籠め, に行く, の方, の松野豊後守, の次席, の膝下

▼ 城~ (7, 0.1%)

3 の一人 1 でありみな毛利家, のひとり, の一人李光, の悲惨

▼ 城からは~ (6, 0.0%)

1 まだ何, 何の, 余りに遠く, 毎日の, 直ちに軍兵, 軍兵が

▼ 城からも~ (6, 0.0%)

1 張遼を, 松田重明の, 程近い, 聞きました, 遠くない, 選りに

▼ 城たのもしき~ (6, 0.0%)

6 若葉かな

▼ 城~ (6, 0.0%)

1 が, が通路, のほう, の精鋭級, はなお, もみな喪服

▼ 城~ (6, 0.0%)

1 から見渡される, である, とハブ, のあたり, の前, の辺

▼ 城~ (6, 0.0%)

5 にし 1 だか

▼ 城~ (6, 0.0%)

1 のほとり, の代り, の傍近く馬, を失っ, を深く, を繞らす

▼ 城~ (6, 0.0%)

1 がある, が廡下, なら堂々たる, の前, らしい像, を始め下廻り

▼ 城~ (5, 0.0%)

1 あるいは京都, そうでなけれ, どこかの, どっちか, 内の

▼ 城こそ~ (5, 0.0%)

1 まさに漢中, 先へ, 孫子の, 我が家の, 自分の

▼ 城だけは~ (5, 0.0%)

1 ぜったい知らせる, なおまだ頑として, まだまだ半月, 信雄家康へ, 石で

▼ 城とか~ (5, 0.0%)

1 大口開い, 寺とかには, 御殿という, 溝と, 申される

▼ 城とを~ (5, 0.0%)

1 そっくりと, むすび三城連環, 展望する, 欲する, 見る

▼ 城などの~ (5, 0.0%)

1 地名が, 地名も, 天守の, 現はれし, 諸公卿

▼ 城仕え~ (5, 0.0%)

1 のさるかたさま, のわれわれ, の者, はいちだんと, をし

▼ 城兵たち~ (5, 0.0%)

1 の消防, はわきあがる, は彼, は眼, も笑った

▼ 城勤め~ (5, 0.0%)

1 だが, に専念, の黒鍬, をすまし, をなすっ

▼ 城君僕~ (5, 0.0%)

1 がズバリ, に極言, の方, はエイメ・マルタン, はラザレフ

▼ 城~ (5, 0.0%)

1 が崩壊, さして歸らん, たりし, の中, の破滅

▼ 城外三十里~ (5, 0.0%)

1 に陣取った, の地, の彼方, ほども来る, まで迫った

▼ 城太郎少年~ (5, 0.0%)

1 が, の心, は奈良, は枕元, を見かけた

▼ 城~ (5, 0.0%)

1 と共に緑営兵士数十名, には水, の際, はそこ, 困乏

▼ 城~ (5, 0.0%)

1 ががつ, とでご, に伴, の文, は新聞紙

▼ 城~ (5, 0.0%)

1 がこの, の中, は炎, も朝霧, を偲ばせる

▼ 城陥落~ (5, 0.0%)

1 し土岐九郎, の日, の時, の際, を信長

▼ 城あたり~ (4, 0.0%)

1 から物見, には人居, の民家, を中心

▼ 城あり~ (4, 0.0%)

1 てアルベルト家, 城尖, 橋あり, 郡山

▼ 城ある~ (4, 0.0%)

1 ことをば, 乾の, 地で, 方に

▼ 城からの~ (4, 0.0%)

1 使いと, 使いを, 具足長持が, 迎えも

▼ 城さえ~ (4, 0.0%)

1 今は, 持て余して, 救い得ない毛利軍, 瞬時は

▼ 城その~ (4, 0.0%)

1 ほかでも, 中央に, 夜は, 決死苦戦の

▼ 城だった~ (4, 0.0%)

2 のです 1 がこれ, のだ

▼ 城ちかく~ (4, 0.0%)

1 まで来, まで来た, をうろつい, 来て

▼ 城なり~ (4, 0.0%)

1 これへ, 即ち一つ, 彼処に, 陣所戦場なり

▼ 城にて~ (4, 0.0%)

1 アルドブランデスコ家の, 七ツ星から, 二万八千石を, 圓き

▼ 城にでも~ (4, 0.0%)

2 來て, 来て

▼ 城に対して~ (4, 0.0%)

1 かなり長陣の, 再び, 横暴を, 稜威は

▼ 城のみ~ (4, 0.0%)

1 ぎりには, ぎり名も, ぎり賊軍の, ですか

▼ 城めがけ~ (4, 0.0%)

1 てのぼっ, て殺到, て突進, て進ん

▼ 城介ら~ (4, 0.0%)

1 はある, はそこ, は手, は間もなく

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 の士気, の広小路, は新手, は皆菲

▼ 城全体~ (4, 0.0%)

1 があやしく, が月, が死ぬ, としてどの

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 が申し上げ, が詔, の徳, は考え

▼ 城兵五千~ (4, 0.0%)

2 の生命 1 の餓死, を割い

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 あり石塁今, に入, は未だ, を経

▼ 城外十里~ (4, 0.0%)

1 の北方, の彼方, へ寄せ, まで迫っ

▼ 城彈三郎氏~ (4, 0.0%)

1 のたつた, の方, はひどく, は何ん

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 となっ, とはなりました, の大名, の諸侯

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 としては非常, に加, に後年, の時

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 は父, は饑餓, 大いに悦び, 弱り入り林中

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 が用いられ, でゆく, は成功, またデイ

▼ 城~ (4, 0.0%)

2 から陽都 1 の北二十里, の諸

▼ 城~ (4, 0.0%)

2 の家 1 では十一月, の葬式

▼ 城遂に~ (4, 0.0%)

1 おちいって, 抜かれ凱, 破られて, 陷り

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 であるの, の掃き拭き, を頼母木, を飛び出した

▼ 城附近~ (4, 0.0%)

1 で会津, の七ヵ所, の斥候, の漢江

▼ 城~ (4, 0.0%)

1 から町屋, に到ろう, の川辺, へ向っ

▼ 城いたし~ (3, 0.0%)

1 そろところ, て謹慎, ながらまだ

▼ 城こそは~ (3, 0.0%)

2 日本ラインの 1 さきに

▼ 城この~ (3, 0.0%)

1 助右衛門の, 国一朝に, 山に

▼ 城たる~ (3, 0.0%)

1 姫路に, 海津城の, 海津城を

▼ 城だけが~ (3, 0.0%)

1 そうなっ, 天険無双の, 相變ら

▼ 城なれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば人間, ば獨逸

▼ 城について~ (3, 0.0%)

1 出た, 後玄徳が, 知って

▼ 城までは~ (3, 0.0%)

1 さして遠く, もう一里余, 一日足らずの

▼ 城みたい~ (3, 0.0%)

1 な別室, な感じ, になる

▼ 城よりは~ (3, 0.0%)

1 まだ襄陽, 上席の, 後に

▼ 城らしい~ (3, 0.0%)

1 建物と, 石垣は, 石垣も

▼ 城~ (3, 0.0%)

2 御泊 1 満ツ

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 入, 取懸リ, 連レテ出タ先孫一郎ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入

▼ 城乗り~ (3, 0.0%)

1 にかかった, の一番, の先登

▼ 城以来~ (3, 0.0%)

1 その秋, の武人, 高き山

▼ 城入り~ (3, 0.0%)

1 するの, をよろこん, を祝う

▼ 城即ち~ (3, 0.0%)

1 今の, 多くの, 政宗が

▼ 城受取り~ (3, 0.0%)

1 の任, を完了, 方の

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 がぞくぞく, が建ち, とかから渡った

▼ 城大学~ (3, 0.0%)

1 ですか, に法文学部, の総長

▼ 城太郎おまえ~ (3, 0.0%)

1 の腰, は裏木戸, や大蔵

▼ 城御用~ (3, 0.0%)

1 には相違, の商人, まで承る

▼ 城時代~ (3, 0.0%)

1 の事, の地下窖, の辛抱づよさや

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 の永き, の白壁, を建築

▼ 城没落~ (3, 0.0%)

2 の事 1 の端緒

▼ 城~ (3, 0.0%)

2 であ 1 の鐘樓

▼ 城移し~ (3, 0.0%)

1 の事, の御用, をする

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 から先生はじめ私達二三人, との騒ぎ, も内応組

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 につく, にパリ共産党, へ足

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 に入らん, に導きぬ, に衆

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 の城, の美, を四方

▼ 城~ (3, 0.0%)

1 の一門, の御座, へ移された

▼ 城~ (3, 0.0%)

2 りて 1 り兵火

▼ 城隍神~ (3, 0.0%)

1 の像, はそれ, は女

▼ 城あの~ (2, 0.0%)

1 城には, 背後に

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 使番常用の, 取詰

▼ 城かなんぞの~ (2, 0.0%)

2 中に

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 て, て居り

▼ 城さして~ (2, 0.0%)

1 逃げしめな, 驅けいだす

▼ 城すら~ (2, 0.0%)

1 いまもっ, 見えなくなった

▼ 城せよ~ (2, 0.0%)

1 とお, と阿波殿

▼ 城そこ~ (2, 0.0%)

1 から乗り出した, から船

▼ 城そのもの~ (2, 0.0%)

1 が自身, は吉野

▼ 城それ~ (2, 0.0%)

1 が古代, を衛

▼ 城ただ~ (2, 0.0%)

1 ここで, ひとつに

▼ 城だけに~ (2, 0.0%)

1 しっかりし, 焦慮し

▼ 城づくり~ (2, 0.0%)

1 のよう, の話

▼ 城であっ~ (2, 0.0%)

1 ても現に, て湯本行

▼ 城であり~ (2, 0.0%)

1 荘厳壮麗天下統一の, 薩藩では

▼ 城でさえ~ (2, 0.0%)

1 そろそろ自分, まんまと引っかかっ

▼ 城でさえも~ (2, 0.0%)

1 一時の, 脳天が

▼ 城とに~ (2, 0.0%)

2 交代し

▼ 城どこ~ (2, 0.0%)

2 の寺

▼ 城なく~ (2, 0.0%)

1 今は, 拠るに

▼ 城など~ (2, 0.0%)

1 あるはず, 味方にとって

▼ 城などで~ (2, 0.0%)

2 数日の

▼ 城などに~ (2, 0.0%)

1 のろしの, 猛攻を

▼ 城などは~ (2, 0.0%)

1 事変の, 打ち捨て一路

▼ 城なども~ (2, 0.0%)

1 それに, 秀吉の

▼ 城なら~ (2, 0.0%)

1 いい気味, ば入らう

▼ 城なる~ (2, 0.0%)

1 ものに, 豪貴の

▼ 城における~ (2, 0.0%)

1 単調な, 空巣稼ぎの

▼ 城にまで~ (2, 0.0%)

1 今や異変, 聞えて

▼ 城によって~ (2, 0.0%)

1 反いた, 遠方からでも

▼ 城に対する~ (2, 0.0%)

1 怨恨の, 襲撃は

▼ 城のに~ (2, 0.0%)

2 わに

▼ 城ひとつ~ (2, 0.0%)

1 すら陥, をその

▼ 城ぶし~ (2, 0.0%)

2 んの

▼ 城へまで~ (2, 0.0%)

1 辿って, 送り届けん

▼ 城ほど~ (2, 0.0%)

1 凸凹に, 実は怖い

▼ 城また~ (2, 0.0%)

1 かつての, 火の

▼ 城または~ (2, 0.0%)

1 奇面城という, 舞埃城と

▼ 城までの~ (2, 0.0%)

1 道だ, 間だけでも

▼ 城もろ~ (2, 0.0%)

1 とも御, とも微塵

▼ 城よりも~ (2, 0.0%)

1 まず女, 劃然と

▼ 城をめぐって~ (2, 0.0%)

1 はやくも, 屋敷町を

▼ 城サイ~ (2, 0.0%)

1 が見える, でドン

▼ 城一国~ (2, 0.0%)

1 のあるじ, を克ち獲る

▼ 城一心~ (2, 0.0%)

1 のいま, の奮戦ぶり

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 いたすか, の名のり

▼ 城乗り一番~ (2, 0.0%)

1 の槍, の軍功

▼ 城二カ所~ (2, 0.0%)

2 を造る

▼ 城亭侯~ (2, 0.0%)

1 に封ぜられた, に封ぜられました

▼ 城仕事~ (2, 0.0%)

1 になど行っ, へ行くなら

▼ 城以前~ (2, 0.0%)

1 とは著しく, のこの

▼ 城兵五百~ (2, 0.0%)

1 の歓喜, の生命

▼ 城兵側~ (2, 0.0%)

1 にはたれ, の意気

▼ 城卓吉~ (2, 0.0%)

1 がその, が肥躯

▼ 城危うし~ (2, 0.0%)

1 と告げ, と聞い

▼ 城及び~ (2, 0.0%)

1 内裏へも, 旧領など

▼ 城受取~ (2, 0.0%)

1 の使者, の藩

▼ 城同様~ (2, 0.0%)

2 の思い

▼ 城君これ~ (2, 0.0%)

1 が, でいよいよ

▼ 城君死体~ (2, 0.0%)

1 の発光, は他殺死体

▼ 城和長~ (2, 0.0%)

1 がその, の日記

▼ 城坂峠~ (2, 0.0%)

1 へ掛ります, へ掛る

▼ 城堡建築~ (2, 0.0%)

2 の好

▼ 城外一里余~ (2, 0.0%)

1 のかん, の柾木村

▼ 城外五十里~ (2, 0.0%)

1 ほど進み, を遠巻き

▼ 城外十数里~ (2, 0.0%)

1 のところ, まで追撃

▼ 城外寒山寺夜半鐘声~ (2, 0.0%)

2 到客船

▼ 城外戦~ (2, 0.0%)

1 で大きな, をくりかえし

▼ 城外遠く~ (2, 0.0%)

1 に屯, の形勢

▼ 城大工棟梁泉田筑後~ (2, 0.0%)

1 とその, は千住小塚ガ原

▼ 城天守閣~ (2, 0.0%)

1 の登臨, の頂上

▼ 城太さんわたし~ (2, 0.0%)

1 いい物, は何日

▼ 城太どの~ (2, 0.0%)

1 いますか, よ

▼ 城太め~ (2, 0.0%)

1 じゃ, と同腹

▼ 城太郎さア~ (2, 0.0%)

2

▼ 城太郎自身~ (2, 0.0%)

1 が城太郎, であったが

▼ 城太鼓~ (2, 0.0%)

1 が打ち出されます, が鳴り

▼ 城子居~ (2, 0.0%)

1 に寄る, へ奥さん

▼ 城學習巷~ (2, 0.0%)

1 の清眞寺, の清眞寺内

▼ 城将清水宗治~ (2, 0.0%)

1 の助命, の首

▼ 城工事~ (2, 0.0%)

1 で無残, の掛声

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 には多量, にもある

▼ 城彈三郎樣~ (2, 0.0%)

1 が昨夜, は今

▼ 城彈三郎殺し~ (2, 0.0%)

1 の下手人搜, を擧げ

▼ 城~ (2, 0.0%)

2 故十方空

▼ 城昌幸氏~ (2, 0.0%)

1 の, の作品

▼ 城明け渡し~ (2, 0.0%)

1 だ, と仰

▼ 城本丸~ (2, 0.0%)

1 の大, の石垣

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 という盲人, の上

▼ 城松方僕~ (2, 0.0%)

1 の三人, の五人

▼ 城~ (2, 0.0%)

2 皆持兵守衞

▼ 城柵嚴設~ (2, 0.0%)

2 常有人持兵守衞

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 の舞, は本名

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 にとれ, の力

▼ 城殉死~ (2, 0.0%)

1 から一転, の列

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 の筆頭, また和平派

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 でござろうかな, を引いたらしい

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 に行っ, に進め

▼ 城畔客車~ (2, 0.0%)

2 停朝来

▼ 城百七十日~ (2, 0.0%)

1 いらい寄手, のたたかい

▼ 城百日~ (2, 0.0%)

1 に近い, をこえた

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 一に, 一の

▼ 城~ (2, 0.0%)

2 あげて

▼ 城紅緑為誰肥~ (2, 0.0%)

2 と諷諫

▼ 城絵図~ (2, 0.0%)

1 をのぞきこん, を取り出させ

▼ 城織部~ (2, 0.0%)

1 の三人, もここ

▼ 城耆闍崛山~ (2, 0.0%)

2 に仏

▼ 城與力~ (2, 0.0%)

1 は御, や同心

▼ 城詰め~ (2, 0.0%)

1 ご定火消し, の武士

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 が勝った, に決定

▼ 城警固~ (2, 0.0%)

1 の役柄, の者

▼ 城遊ばし~ (2, 0.0%)

1 その上, て敵

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 となり, に遍かっ

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 の月神, 当塗

▼ 城鉄壁~ (2, 0.0%)

1 のよう, はゆるぎ

▼ 城~ (2, 0.0%)

1 の娘, の家臣

▼ 城長浜~ (2, 0.0%)

1 は明智光秀, も同時に

▼ 城陥り~ (2, 0.0%)

1 て政泰討死, て親房

▼ 城陷落~ (2, 0.0%)

1 の後, の後虜

▼ 城隍道~ (2, 0.0%)

1 ではどうか, は村

▼ 城離れ~ (2, 0.0%)

1 この場, て船

▼1* [720件]

あけ渡しの時, 城あそばさずとも苦, 城あそばされしばた, 城あって初めて, 城あつて初めて, 城あと今いかに, 城あと的春の景色, 城あと茨の実, 城いかに七騎の, 城いたし全, 城いたしたか, 城いたしますそして一人, 城いたすがよい, 城いらいの功, 城うしろに青葉山, 城うちのすばらしい, 城および孤篷庵に, 城かくの研究, 城かと思って, 城かなどのように, 城きっての豪商, 城は結構, 城ぐるみ焼いて, 城よいは, 城これにも兵, 城さだめし御辛苦, 城されておりまする, 城したお為派鎮圧の, 城したがるのでこまる, 城したらどうなさいます, 城しなければならなかった, 城じゃ御前の, 城じゃあない, 城じゃが今は, 城じゅうの人たち, 城すでに焔と, 城すれど今に, 城ずつ攻めて, 城せらるることに, 城めには, 城その他の攻略, 城その他各地の転戦苦闘, 城それ自身が建てられる, 城たそがれて河ひとつ沙, 城たりあらゆる美, 城だけでもうたくさん, 城だけとなった, 城だけのものは, 城だけを落して, 城だって茶室だって, 城だに墜し, 城だろうと思います, 城ややりきれない, 城っぷりはっははは, 城ついに陥ちたりなどと, 城づとめがいとわしく思われだした, 城づとめがおろそかになるに相違ない, 城づとめでもお台所向き, 城づとめのおさむれえさんの首が十七, 城づとめをひいてまもなくもうけ話があっ, 城であったが二月, 城でありますが普通, 城でしたがおかみさん役, 城でなくて斯波氏, 城ではのんだり, 城といった方が, 城とうとう武運拙く, 城とおもふ, 城ときまつたの, 城としての寺の, 城としては持てないの, 城とて片手落の, 城とてはありませんでした, 城とで出会ったさまざま, 城とでもいうの, 城とのみで飲み込めたの, 城とやらに居られるよう, 城とより思えないながら, 城どのです, 城なき又坊, 城なさったってこういう, 城なぞという着物を, 城なぞはこの時, 城などと申す所, 城などという考え方の, 城などには一切関知してない, 城などにわたって砦を, 城などへも折々は, 城ならずともまったく, 城なんかにはよくこういう, 城なんぞに今ごろ何, 城なんて長いあいだだれ, 城においてはアラビア式または, 城におきましてはな, 城にかへれば, 城にかけて俄ご, 城にさえたどりつけばと, 城にてと前書を, 城にとっては返事を, 城にとっても大きな不安, 城にとりましても大切の, 城にばかり暮して, 城にゃ近よる, 城により後秀次の, 城に対し長囲滞陣, 城に際して最も大きな, 城に際してもなんらの, 城のぶほ千代子, 城のみは賊の, 城のよこからうしろ, 城ばかりで国, 城へかへる, 城へぞ向けられける, 城へでも送って, 城へという前日までの, 城へなど入って, 城へなんぞ上げたから, 城ほろんで太平洋, 城までも叔父へ, 城みな耳を疑う, 城めいたことを, 城もとドイツ領たり, 城もとグイード伯爵家の所有, 城やの敵城に, 城やら一家の, 城よし来た, 城よと云ひぬ, 城よろこびの声, 城らしきものは, 城らしくない用語に, 城をか建つべき寺, 城をすら外されて, 城を通して呉れと, 城イリオン亡して, 城イーリオンわが手, 城イーリオン其滅亡の期, 城ウラジオの東方, 城セントペートルスボルグ府に行, 城て言つて, 城トロイア亡さむ, 城ナドニモ何カト訊ネ質シ給ヒ, 城ニースの浪, 城ニ於テ各, 城フィレンツェ人に奪, 城ペスキエーラはブレシヤ人ベルガーモ人, 城ホテル詩人バイロン卿や名, 城一つ国一郡知行されたほどの, 城一つ落城と見え, 城一万七千石あまりの館主, 城一二〇二年フィレンツェ人に毀たる, 城一二八九年八月ルッカとフィレンツェ, 城一城を持たせ, 城一家の生活, 城一家馬トイウ修行者ガ来タカラ試合ヲシテ家馬ガ諸所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ, 城一番乗りをことば, 城一砕の大, 城七尾も津幡, 城七本槍で有名, 城七里の郭, 城三万八千八百石の城主, 城三万八千石の城主真田昌幸, 城三千貫の采地, 城三年の後, 城三木城その他各地の転戦苦闘, 城三次聯合組甲板番の新谷勝太郎, 城三江口鄭家屯は何れ, 城上の空を翔け, 城下城塁に火, 城下新田城川南には山, 城不破郡松尾山の長, 城擁す三州, 城世界でいちばん, 城歳余, 城久しきにわたって疲れぬい, 城久しくマラテスタ家の, 城之便に二三巻宛四五人, 城乗取策に, 城乗取りの陰謀, 城事変があつ, 城ノ丸, 城二代目前田正甫という殿様, 城皆降り, 城のうち, 城亭侯予州の牧, 城亭侯劉貞ヲ生, 城亭侯領は予州, 城なる大奥, 城人動春如湧酌月吟花到五更, 城の小牛田駅, 城介どのまでがおなじく, 城介のもそれ, 城介一人が責任者, 城介君自身はそう, 城介安倍実季道を遮り果さずし, 城介景盛さま隠岐守行村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, 城介景盛以下数百人の大名ども, 城介軍曹らもごっそり, 城付きの大, 城付十二万石を給わる, 城以下附近の諸, 城以來の南部兵粮丸, 城以北に工事, 城以来本丸に翻っ, 城以鶴稱之猪苗代城以龜稱之と, 城以龜稱之と, 城伊勢路までゆけ, 城伊吹の家臣ら, 城伊庵玉虫二郎右衛門矢代越中守などの諸, 城伊闇多田治部右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 城伯爵が住, 城ゐ, 城住居を仰ごう, 城作戦のほう, 城作業をきびきび, 城となり, 城修理の砌, 城と署せられた, 城僅かに十九年, 城光院に詣る, 城入城を知らせる, 城入道その他の人々, 城廓を, 城全土武装のもと, 城全市盛装して, 城兩宮蒙塵等の事, 城六箇所の内, 城兵すべてを解散, 城兵すべて餓死か斬っ, 城兵どもは決戦, 城兵みな骨と皮, 城兵一人上手の扉, 城兵一千余はもちろん, 城兵一日の糧, 城兵一時に安心, 城兵七百の命乞い, 城兵三千が一心一体, 城兵中半分以上はあった, 城兵二三人木華里の肩, 城兵五六人そっと出, 城兵五十人ばかりで, 城兵五百余人の生命, 城兵四五人に囲まれ, 城兵士の筆, 城兵從はず埋伏すべく武裝, 城兵数千のほか, 城兵数百が事, 城兵方をいや, 城兵皆のため, 城兵終日討ち出でて, 城兵這奴憎きもの, 城其奥に弱い, 城内奥女中のご, 城内相詰候非役之面々, 城の騒, 城凱歌に沸き満ち, 城てこい, 城出入りをさし止め, 城到着当夜の歓迎宴, 城勝龍寺の城, 城包囲の陣形, 城包囲中の羽柴秀吉, 城北の方でかなり, 城北方の李家屯, 城十万石が不気味, 城千畳敷の主, 城半年余の囲み, 城半纏を着, 城危機に瀕, 城は尊き, 城取り国取り, 城御所から, 城童の, 城の朝鮮側, 城右衛門であつ, 城合戦の折, 城君それが双生児, 城君ジナイーダはたしか, 城君ルキーンのよう, 城君一つの暗号, 城君一七五三年にベーリング島, 城君中世非文献的史詩, 城君九十郎が半, 城君事実それは伝説, 城君人生のうち, 城君今度は毛, 城君今日は此, 城君偶然にし, 城君傭人の中, 城君僕等が鐘楼, 城君実を云う, 城君帽子の寸法, 城君幡江が一気に, 城君押鐘津多子だけにはけっしてそう, 城君指紋は, 城君有名なランジイ, 城君椅子の螺旋, 城君水精と男性, 城君津多子夫人の恢復, 城君犯人は何故, 城君算哲という人物, 城君終幕の緞帳, 城君銅には暗, 城君風が裳裾, 城善くその難, 城器械を無, 城四万石の小, 城四五日で信雄, 城四十日以来の身, 城四日目に, 城四郎長茂が率, 城困ったことが, 城をご, 城図獣皮につつん, 城図面の一枚, 城固めの旗本屋敷, 城の使者, 城の奥, 城城の, 城地方から北山城子, 城地没収二十五万石取潰し, 城地領土の損得, 城坂峠殊には夜道, 城坂本城がもう, 城坊主抔は十五, 城坊主牧野逸斎の次男万次郎, 城坊主衆ならば, 城城の前に広がってる, 城城内へ足, 城城内劉璋と玄徳, 城城門の景, 城堅固に持ち, 城には七重, 城堡内に保護, 城堡塁が気づかれた, 城堡皆風を望み, 城壊れたれば平場, 城る時, 城士里人もみな清朝風, 城壺関もその, 城夏子さんや辻山さん, 城外すべて緑楊の村, 城外カルヴリの丘, 城外一帯に布陣, 城外一里まで見送った, 城外三十余里のあなた, 城外上松寝覚, 城外二十里の外, 城外五里の地, 城外八沢の橋, 城外六十町ばかりの平野, 城外味鋺村の者, 城外四方百八十八町歩にみなぎる, 城外四門へ監視隊, 城外土器野に於, 城外数百の踊り子達, 城外数里の先, 城外斜陽に立つ, 城外濠より竜閑橋その他諸橋, 城外玉造町の狩野永徳, 城外練兵場へ出, 城外薬園地でありました, 城外醉吟に好, 城二郎, 城大奥の絵図面, 城大工人品骨柄もまことに, 城大手の下馬先, 城大手前の大橋, 城大手御門より中御門, 城太さんおじいさんの悪口, 城太さんおまえはもう, 城太さんここじゃ他, 城太さんなんど泊めて, 城太さんみたいに威張っ, 城太さんッ慥乎して, 城太さん一刻もはやく, 城太さん何を拾っ, 城太さん後生だから, 城太さん樹にも心, 城太さん機嫌を直し, 城太さん武蔵様は今, 城太さん無動寺へ行く, 城太さん蜜柑は好き, 城太どのわしにはいえぬ, 城太守の徐栄, 城太宰府水城宇美筥崎多々羅宗像葦屋志賀島残島玄海島日本海海戦の沖の島, 城太郎お前もまた, 城太郎お礼をいわん, 城太郎さんあんたは何日, 城太郎さんそれはお前, 城太郎そこらへ牛, 城太郎どこへ泊ろう, 城太郎どのへとは書いてない, 城太郎のはただ, 城太郎はかぶりを振っ, 城太郎ひとりは, 城太郎めが後, 城太郎今馬の上, 城太郎以上に心, 城太郎呆っ気, 城太郎小僧よりほか, 城太郎帳場の者, 城太郎誰と来た, 城夫人が頼母木少年, 城奪取に馳せ向った, 城女王王と云, 城妖魔の城, 城子風をば愛で, 城子駅まで長春, 城孤立の城, 城の泰斗, 城守りした時, 城守家直入道長威斎が開いた, 城守禦の場合, 城守赤沢加賀守が関東, 城安住の地, 城安全なりと, 城安寺を檀那寺, 城官衙の辻, 城宮沢の城, 城の町, 城寄りの土手, 城寛甸を通り, 城寶藏に什襲, 城についても真野, 城寺さんのこと, 城寺天山氏は開戰論者, 城寺院などに遺した, 城将たちの足もと, 城将たち環視のなか, 城将三河守秀重は全, 城将丹羽氏重は斬っ, 城将仁科五郎盛信の最期, 城将別所長治に仕える, 城将山路弾正はよく, 城将岩崎隠岐は後, 城将左衛門尉幸村の首級, 城将日幡景親と軍監, 城将松田康長の外, 城将柴田勝家と夫人, 城将桃井兵庫客将一色何某は打っ, 城将清水長左衛門宗治の自決, 城将湯浅定仏を降し, 城将源心を討った, 城将滝川三郎兵衛始めひとりの城兵, 城将田村量吉の自殺, 城将葛岡監物が案外, 城将貞昌は大手門, 城将間にある, 城将黒川月舟に請う, 城の趣, 城將熊谷越中も一廉, 城小姓がふたり, 城小幡へさし, 城の邊, 城未遙, 城即竹関, 城のあたり, 城岩殿山の前, 城岩石ヶ城を固く, 城すぐ下, 城川南には山, 城州西梅津と遠, 城帝大の白井成允教授, 城師南條文雄博士が日本, 城帰国と同時にすぐ, 城広助のため, 城庭殿廊悉く火, 城は紙, 城廊下の長かっ, 城の風説, 城彈三郎さんのこと, 城の下, 城まもなく, 城後きょうの御, 城後島原農民の悲惨, 城後死亡者の追弔法要, 城得利寺海竜城黒山屯長春遼陽鉄嶺湯崗子等に農場試験地, 城徳川家康の隠密組菊池, 城心理には退屈, 城志方の城, 城惆悵東闌一株雪人生看得幾清明, 城慶北の金泉, 城成都門の壕ぎわ, 城戦争有之引払之上, 城戦捷とともに人々, 城戦死しようと, 城戰死者及北京籠城後死亡者の追弔法要, 城打破りわが槍先, 城抗戦の所信, 城持国大名が頭, 城指して歩い, 城捜査局長が椅子, 城捜査局長立会の下, 城攻むると聞かば, 城攻め合戦剛猛の事, 城攻め野合せが朝夕, 城攻囲の際, 城攻囲軍の本陣, 城攻戦の場合, 城攻撃に出かけた, 城攻略戦は, 城散歩人傾麦酒行深夜往来声不断夢余猶聴電車轟, 城数千の人命, 城数月すでに季節, 城数馬のおやじさん, 城数馬君等が発表, 城数馬氏は日光, 城文哉についた, 城文物ヲ破壊スナ, 城思潮眞晝葡萄園山繭驢馬等目星しい, 城新沼城下新田城川南には山, 城方面へ移駐, 城を蹴落し, 城日報で読んだ, 城日報主催朝鮮将棋大会木村名人歓迎会というの, 城日報社の招き, 城日清日露の両, 城早々将士の, 城早々なにかよほどな危険, 城昌幸さんのにその, 城明月好中秋, 城明渡しの際恩顧, 城星崎城松ヶ島城などに猛攻, 城春草木深, 城普請在方の橋梁, 城普請奉行は, 城普請道普請川普請等の土木工事, 城景福宮内緝敬堂に一切, 城晴れわたる蔦紅葉, 城晴雪映朝暾, 城暮れんとす, 城替えをした, 城丸からの, 城月丸様では, 城有って先手, 城期間は明応二年, 城未だ落ちざりければ, 城本丸跡で文春記者, 城本願寺も勢力, 城村落の農家, 城来り小句会, 城の一方, 城東北には新田, 城東西深く切れ, 城松ヶ島城などに猛攻, 城松子雁の, 城松子雁戯稿となせる, 城松尾山の松籟, 城松山城新沼城下新田城川南には山, 城甲, 城柬埔塞暹羅太泥等と貿易, 城桜雲の日, 城梅落鳥鳴時, 城楊州の周囲, 城楼万国博覧会の層楼, 城楼城門諸官衙, 城楼宮門の址, 城楼本丸二の丸三の丸にわたる無数, 城楼毎に天王像, 城楼門を出る, 城の土工事, 城構えは三日三晩, 城様兄様っ, 城様貴下はこちら, 城樹間に隠顕, 城を渡し, 城次第に斬刑, 城をはなる, 城殆ど破る, 城残らず収めて厳に, 城氏慓悍梟勁を以て知られたる, 城氏敏樹氏の両, 城民皆喪服しいた, 城民規則を設け, 城の疾うに, 城水攻をやっ, 城江尻を敵, 城池田の御家, 城沼多々良沼など館林地方, 城法師との縁起, 城の浜, 城より釣舟遊行, 城清岡諸家の紀傳道, 城に養い, 城濠外廓諸侯の邸, 城濠石壁なほ存す, 城濠蓮池のほとり, 城の戦, 城となり申さん, 城火術家アレッサンドロ・カポビアンコあたりまで用いられ, 城爆破を一, 城へ無, 城路電車縦又, 城のため, 城田楽には病, 城男女らは何とか, 城番加役宮崎若狭守の子息市之丞, 城番士の首, 城番屋敷か柳沢家, 城番松野豊後守どのへ一通, 城番町奉行所司代誰あって, 城異国方槍組へ廃止, 城發電は嚴妃, 城的砲術である, 城降るを, 城目賀田又右衛門丹羽源十郎たちの鳥越城, 城を見, 城相模守をたばさむ, 城県光政寺の磬石, 城着半島ホテルに入る, 城短兵急には陥ち, 城砦十何ヵ所というもの, 城砦噴水の涸れ, 城砦型に建てられた, 城砦救援のため, 城砦風な正面外壁, 城砲軽砲の類, 城壞し, 城破れて駅舎, 城神吉城など, 城のガラス, 城窶れだったのは, 城立ちて彼方, 城端谷城野口城志方の城, 城を追い立て, 城はなるべく, 城築城の際, 城籠城と来た, 城を蓄え, 城粛然たり, 城経由帰京する筈, 城攻撃は, 城縣志や青州府志, 城を澄ませ, 城肅然たり, 城に連続, 城自体にさしたる, 城興行もみな, 城花隈城のうち, 城においてマンハイム選挙侯カアル・テオドル, 城苑内にある, 城苗木城はその, 城の露, 城の間出仕, 城落ちんとする, 城落つる迄殘, 城落去のこと, 城わが栖家, 城街全体の彩, 城街道をとぼとぼ, 城に参つた, 城西は谷町, 城見物の案内者, 城見物かたがた是非とも案内, 城観覧その下, 城解散を命じた, 城討死を遂げよう, 城の折, 城調査筆記とか市来四郎日記, 城諭品の諫, 城國民の, 城諸共消え果てる覚悟, 城諸道へ配布, 城謀叛の時, 城資盛の叛, 城趾うっかりして, 城は今, 城躑躅ヶ崎まで曳い, 城辺塞の衛戍, 城近く草ふみて, 城途中禍が中, 城ひには, 城造りではなく, 城連山の陰, 城進撃を進言, 城遼陽などの城市, 城遼陽その他の城内, 城の戰爭, 城邊陌上啼鶯新といふ句, 城邑さんなんかとはすっかり, 城郡主を遣り, 城配下の手, 城里見城などの天守, 城重役が申され, 城野口城志方の城, 城野戦の陣頭, 城金剛山の噴煙, 城鉄道と言う, 城鎮護の石神, 城鏡山和歌で有名, 城間もなく落つべき由, 城へ緑平老, 城附近否首里城中にあった, 城陥ると共に病, 城陽気藹々であった, 城隊形から野戦陣形, 城隍司に祷っ, 城隍祠の府君, 城隍祠廟の神, 城障もたちまち破壊, 城わたるなり, 城離反のため, 城離宮を去られ, 城と朱, 城霞気暁如凝五月中旬猶結氷, 城是小朝廷, 城に築かれた, 城に向つた, 城だけを見, 城清水の, 城高い山天に, 城高松のうち, 城高松城のあたり, 城高砂城の梶原, 城鳳翔の両, 城黒山屯長春遼陽鉄嶺湯崗子等に農場試験地, 城鼓モ遠ケレバマタ趣キナキニアラズ, 城が影, 城鼠どもをや, 城鼠奸人の輩