青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「古~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

叢~ ~口 口~ 口々~ ~口実 口実~ 口惜し~ 口笛~ ~口調 口調~
古~
~古い 古い~ ~古く 古く~ 古人~ 古今~ 古代~ 古典~ 古来~ 古風~

「古~」 3125, 30ppm, 3883位

▼ 古~ (833, 26.7%)

8 人の 7 顔を 6 面を 5 がなり, 人は, 政府は, 方に, 方は 4 人に, 口から, 命, 姿を, 希臘の 3 女は, 沙の, 法に, 王次に, 神, 船が, 貴びともあつた, 道を

2 [51件] ところへ, ようでなく, ように, アンカラへ, 不破の, 事ぞ, 人も, 人曰へ, 伯爵に, 俗説に, 信念は, 傍へ, 六部等が, 勢力は, 口述が, 史家の, 名人, 命は, 墳墓の, 声が, 大軍が, 太宗, 奈良の, 女の, 婦人を, 学者は, 學説に, 帽を, 平城京の, 底ひふかく, 心情を, 忠臣義士の, 振舞としては, 推理に, 方へ, 昆吾氏の, 時代に, 木曾義仲の, 歌を, 民は, 氷室は, 氷室を, 沙に, 発つた後, 發つた後は, 眼を, 神と, 神の, 話では, 道術是に, 鼻を

1 [641件 抜粋] あづさが, ありさま, ある土地, ある政府, いわゆる門日, いわゆる鼠, お経, かおりの, ことだ, ことを, こと玄王の, この到達, この鬱陶しい, ごとくである, すぐれしもの, する事, ために, つかい斬りし時宗, はた即, は根本的精神的, ほかには, ま, ますらたけをが, ままだった, ものを, やうに, やつらを, ような, をぐり, アポロンの, アンドロジーヌの, エトルリヤ人, カラギョス劇印度の, キリスト信者の, ギリシアや, ギリシア詩人悲劇の, ギリシャに, ケルト人とは, サルタンの, ジンギスカン料理は, ステッペの, ズボンの, タチツスをも, チゲタイと, ツスクルムの, ドロンノールへ, ノアの, ピンダロスを, フイヂアスなら, フランス諸王の, ブロメシヤスの, ポムペイは, メンフィスの, モダン, モン国と, ラケーレと, ラマの, リリス河に, 一切経であった, 一部, 一部だけでも, 一部で, 一部と, 七の, 三人の, 三君に, 三皇五帝を, 三銃士の, 上級法廷を, 上計, 下裳, 世の, 中でも, 中原に, 主権を以て, 乗った自動車, 予言者の, 事情も, 事考え知らん, 二本柳妹に, 人々その, 人が, 人すら, 人を, 人文地理に, 人間が, 仁人聖人賢人の, 仏師の, 仕立て直しの, 代から, 代は, 作者の, 使者が, 使者を, 侵略を, 侵逼を, 俊傑が, 信徒の, 俤なるべき, 修行人の, 俳人たちは, 俳風を, 僧正の, 儀式の, 儒者これを, 全精神, 兵が, 兵は, 兵者を, 内部へ, 分身といった, 制度に, 剣聖にも, 劇場の, 勃興世界征服の, 勢力には, 北東部の, 博士で, 博王領で, 口の, 口元蒙, 句の, 可汗, 史籍に, 右京一坊大路を, 右手が, 各家庭, 名を, 名人だった, 名人と, 名家の, 名将と, 名将にも, 名將, 名臣比, 向いの, 君主に, 君子は, 周到緻密な, 周防郡なり, 命その, 命二柱, 命令でなく, 命其地より, 哲学者に, 哲學者の, 問題の, 四といふ, 固苦しい心情, 国土も, 国境が, 國民は, 國都の, 地名に, 地名を, 地形は, 地理學者は, 地理殊に, 報告書が, 塚の, 士は, 声と, 外兵十万を, 大き聖, 大侵略, 大宗教家, 大家は, 大家も, 大御世, 大沙漠, 大禹, 大統領の, 天子は, 天子を, 天定まり, 天皇, 天皇御, 太祖成吉思汗の, 太郎, 太陽に, 奥から, 奥地に, 奥地の, 女だ, 女などは, 女人たちが, 女帝にも, 女流中で, 奴らが, 如き河, 如く, 如く男子, 姫が, 姫の, 姿であった, 姿は, 娘お, 婦人は, 子孫らしい, 字で, 字です, 学者の, 孫子が, 孫子呉子が, 孫子呉子も, 安楽寺の, 宗匠が, 定宗の, 客人寄食者それらが, 宣言の, 宮殿ぢや, 家屋支那語で, 富古の, 富豪の, 寝衣, 尊き使徒, 小学の, 小栗の, 小馬, 山奥の, 山河風俗を, 岑彰馬武にも, 巨匠の, 市海拉爾あたりよき, 希臘人に, 希臘羅馬の, 帝都の, 常なり, 平城京は, 幸四郎である, 引は, 形を, 律法を, 御代に, 御殿の, 御殿女中の, 徳王に, 心ことごとく, 心美しき, 忠臣義士孝子烈婦の, 恐ろしいこと, 恢復せられたる, 悪来にも, 意図を, 憲宗の, 懐中に, 成吉思汗の, 戰爭の, 手から, 手とは, 手元を, 手先には, 手芸品と, 拳銃が, 推察と, 推理なる, 撃退は, 支那人が, 政府から, 文化は, 文字は, 文書は, 文物制度による, 文章に, 新羅郡, 方へのみ, 族ティタンの, 旗界, 旦那が, 明主は, 春を, 春風の, 時には, 時みたい, 時代から, 智は, 暴君紂王の, 曠野の, 書にも, 月夜, 朝の, 朝ぼらけが, 本を, 本格に, 本草経が, 本草経の, 杜爾伯都部に, 来訪を, 東京の, 松蘿も, 栄耀を, 検証した, 検証に, 楽詩人に, 樹木たる, 權勢乃至, 欧亜征服が, 欧洲侵略は, 歌は, 歌人に, 武人は, 武士の, 武将の, 武者を, 武蔵七党が, 武蔵野を, 殿サマの, 殿様の, 民, 民俗を, 民族の, 汽車に, 沈んだ足音, 沙よ, 法なる, 法にも, 注に, 活動は, 浴みする, 淑女騎士の, 混堂の, 濃い黒髪, 父この, 片田舎名を, 牛でも, 物語めいた, 状で, 状態を, 狂王が, 狷介不屈と, 狸立てりけり, 猶太, 玄王の, 王, 王が, 王の, 王子が, 王子だ, 王族大臣それから, 王様だ, 王様に, 王様の, 王樣は, 現時の, 生れし時, 生活について, 生産と, 生長し, 生長によりて, 田口は, 男女が, 町の, 画を, 畫工の, 発った後, 発見によって, 百済の, 相貌は, 眉蒙, 真人は, 真相は, 眼に, 眼の, 眼差の, 碑, 礼を, 神より, 神仙は, 神社の, 神祠温泉の, 科爾沁部の, 種々の, 空を, 空気を, 竹の, 笑った顔, 筆意は, 筑紫に, 築地一隅に, 米廩の, 精神が, 精神だけが, 給する五人扶持, 絵画の, 繁華古の, 羅馬人の, 羅馬人日耳曼人の, 羊の, 美風に, 習俗である, 習慣として, 老僧セーラブ・ギャムツォ師, 聖の, 聖人が, 聖人は, 聖君英主海外蛮夷を, 聖賢哲人と, 肩が, 肩の, 腕に, 自信に, 自転車を, 興安嶺を, 舞曲に対する, 船艦を, 若い男たち, 英傑, 英雄に, 英雄加藤清正とも, 茶道は, 藤原の, 蘇秦張儀の, 蘭草の, 表情が, 襟首を, 襲兵は, 襲来と, 西行に, 西部に, 視線は, 親分コロジモの, 註にも, 詩の, 詩人, 詩人の, 詩人は, 詩人哲人名將烈婦の, 詩形を以て, 説である, 説明にも, 調を, 諳誦風の, 諸侯に, 諸家が, 諸王も, 譚に, 豪傑, 豪族とも, 貴びとも, 貴公子の, 賢主の, 賢人の, 足が, 蹟は, 身長も, 軍に, 軍隊が, 軍隊の, 軍隊は, 迂濶, 迷ひより牲を, 通議に, 連歌俳諧に, 遊行詩人が, 過失は, 過誤であろう, 道にも, 道の, 達爾罕王旗下に, 遠き日, 郎女, 郎女二柱, 都を, 鄭家屯まで, 酒よと, 酷烈さは, 醫道に, 野小馬一名プルシャワルスキ馬だろう, 野小馬等が, 野暮的娘に, 金持の, 鈴慕とは, 鉄騎を以て, 鎌子の, 長安に, 長広舌を, 長篇に, 集団を, 雪に, 雪を, 霄の, 面影は, 靴下の, 靴跡などは, 韓信などより, 響を, 預言者の, 頬の, 顔に, 風である, 風に, 風の, 風俗おのづか, 風俗採用の, 風流兒在原業平が, 首府をも, 騎兵が, 騎馬は, 騰波, 黒茶碗とかに

▼ 古~ (303, 9.7%)

5 ジロリと, 奈良に 4 思ひ出した, 机の 3 それを, 花の

2 [13件] うっそりと, その椅子, ゆっくりと, 事務机の, 何ともいえぬ, 例によって, 例の, 凝然と, 妙な, 挑みかかるよう, 漏の, 静かに, 黙って

1 [253件] いったいどんな, いつもうまく安し, いやと, うるさそう, おどおどした, こういい, こういう, こういっ, こうする, この挽碓, この政府, この村すべて沼, これからその, これから何, こんなぐあいにして皇帝, こんなに無器用, こんな奇妙, さっきから, しばらくの, すぐ椅子, すぐ起っ, すなわち鶏, そういう顔面運動, そこへ, そのあと, その名文, その問い, その方, その紙片, その顔, それでも飽き足らず, それに, ただの, だしぬけに, とうとう気, どうしてこんな, どこにも, なかなか人, のっそりと, はなはだ迷惑, ひどく出鱈目, ひどく持っ, まじろぎも, まずきかん坊, また, また二階, また朗読, まだ自信, むしろ愛想, もう余裕綽々, ものうそう, やって, ややあっ, インドと, インバネスの, ウッソリと, キッと, キラリと, スイッチを, チョッキを, チラと, チラリと, テーブルの, ドンと, ニンガリと, ノロノロと, ハッチソンの, バラリと, フイと, フッと, マクラだけ, ユラリと, ヨロヨロと, リムボを, 一体どんな, 一体何, 一向に驚く, 一向何事, 一揖し, 一旦引っ込めかけた, 一礼し, 一種の, 一種悽愴な, 一種茫漠たる, 上り端へ, 中世の, 二人から, 二番目の, 二階の, 五十年来明らかに, 今いった, 今そこへ, 今その, 今でも, 今まで, 今度は, 今日の, 今非常に, 伽什爾の, 何か, 何とも形容, 何とも言えぬ, 何の, 何事も, 何故か急, 何気ない顔, 依然として俯, 依然として眼, 依然として瞼, 先生の, 兵農一致と, 内外とも, 写真を, 冷淡に, 冷然たる, 冷静な, 初雪の, 化粧台の, 印東の, 取あえず印東忠介, 受取って, 古である, 向い側の, 呑気らしく, 唇の, 四人の, 四銃士の, 外蒙, 外薄き, 大きく頷, 大なる, 大鴉, 太祖成吉思汗以來四方を, 奇妙な, 奥へ, 女将に, 官吏尊く, 実によく戦った, 寄せ候, 局長の, 屋根から, 山に, 島曹博を, 微かに, 忍返しを, 思い出した, 急に, 悒然たる, 想像も, 慌てて, 憐れむよう, 憮然と, 懐中電灯で, 我が地球, 扉口で, 捜査課長室の, 文化として, 新鋭の, 日本にて, 昔今は, 是れ, 時々薄, 曠し, 更に日本, 曾子の, 最後まで, 有明荘の, 本州中部から, 東に, 椅子から, 椅子に, 椅子の, 極めてノロノロ, 次におる, 歯噛みを, 毒々しい口調, 決してこんな, 沈んだ声, 法律の, 海鼠塀の, 深々と, 渇して, 湖底か, 湿った調子, 無感動, 無言の, 無論の, 片膝, 牛肉丸といふ, 猛烈な, 画具などの, 痩せた肩, 白か, 皇城の, 皇帝の, 皿の, 眼を, 瞬間黙祷する, 突っ立った, 突刺すよう, 窓際に, 窪地の, 答えない, 答えなかった, 紀貫之近くは, 続いて, 縁側の, 耳も, 耳を, 聞きすまして, 聞き終ると, 腹でも, 膝の, 自分を, 自若たる, 花を, 花子に, 茶山と, 蓮月尼が, 薄い横文字, 虚空と, 衣裳戸棚の, 西の, 西のは, 西暦千二百三十四年に, 警視庁から, 警視庁の, 返事を, 退け者, 退屈そうな, 送話器に, 送話器の, 都濃郡とともに, 鉛筆を, 銃士の, 陰々たる, 陰気な, 陰険だ, 電光の, 霞門から, 靴下の, 頗る大社, 頷いて, 頷きながら, 顔を, 飛んで, 食卓の, 食堂の, 驚かない, 鬱陶しそう, 麦, 黒いインバネス, 黙然と目

▼ 古~ (176, 5.6%)

8 の人 3 にいわゆる, の倭国

2 [12件] の, の不破, の倭人国, の名, の土師部, の奈良坂, の朝鮮, の聖人, の邪馬台国, は廬原郡, より我国, を忍ぶ

1 [138件] からの聖人たち, から存在, から悼ま, から我が国, から歌人, さえ忍ばれ, なんと呼んだであろう, において佐伯部, にかえる, に及ぼし, に存せし, に対して無学, に帰れ, に復, に復すべき, に思いつかれ, に戻っ, に所謂良民, に於い, に見る, に遡る, に飛びました, のいわゆる, のごとく生きよ, のイパントロープ, のカイ族, のローマ帝国, の九州地方, の予言者, の京都, の伴造, の佐伯部, の俗, の倭国王, の光悦様, の六条坊門, の六条河原, の共和制, の制度風俗, の名家, の呉国, の夢, の小町, の小碓, の川上郷, の工藝家, の帝王, の忠犬, の憂い, の敬虔, の文, の文筆者, の時代, の武将, の武陵桃源, の河原者, の浦島, の清水坂非人, の石原里, の神楽, の立法家, の管鮑, の絵, の聖者, の聖者たち, の膳夫, の般若寺越, の芸術家, の蔦, の薄倖, の記録, の諺, の賤, の越人, の農村気合, の邪馬台国なり, の鏡, の風, の餓鬼草紙あたり, の高僧, の高原駅, の鳴海, の鳴海潟, は, は仏者, は兵, は夥しく, は富士, は普通, は海, は神林, は美, は詩三千余篇, は鼠, もかく, もかくや, よりとんでも, よりの, より一人出家, より二度, より伝える, より賢人, より赫奕, わが邦, を今, を察, を復活, を懐い, を考え, を見る, を覗いた, を起した, アイヌ語にて, エビスの, デーガン等の, 三国時代の, 上総にも, 佐々木京極氏の, 佐伯部の, 佐伯部は, 八姓の, 北辰を, 国司が, 天益人の, 希臘の, 明星この, 浮浪人を, 熊野の, 特遇の, 狐を, 猫を, 瞿薩旦那国王数十万衆を, 聖帝名相忠臣勇士貴, 色を, 讃岐に, 青屋もしくは, 餌取, 饗宴の

▼ 古~ (137, 4.4%)

4 である, 新しさ 3 といひ, をもつ 2 が減っ, で光っ, なの, にも調度, も良, をもっ, を持つ

1 [109件] うである, うであるが, か, からいっ, から形, から来る, から自由, から言え, があつ, がここ, がそれだけ, がまだまだ, がもっと, が尊ばれ, が思はせる, が感じられる, が生まれ, が生命, が目立つた, が腹立たしい, せまさ, だけからいえ, だけがあった, です, ですか, ではない, では卯女, でぴかぴか, で何, で同じ, ということ, といふこと, とすべて過去, との花橘, と一致, と中途半端, と云い, と広, と新, と新し, と言い, と逆, なつかしさ, にくらべ, について言う, による故, に依っ, に於, に比ら, に特殊, に疑念, に縫いつけた, に自分, に藻, のなんと, のもつ, のもの, のカテドラル, の傷, の價, の奇妙, の樂しみ, の正し, の歴史, の発散, の自覚, はあちら, はさして, はない, は一般的, は千年, は多少, は小説, は私, は荒れ, は荷前, は覆うべく, は飛び越える, への躇らい, も同時に, も感じさせない, も感ぜられる, も蒼, や型, や形, よりも品物, をしのばせ, をしのぶ, を保った, を匂わせ, を唯一, を尊ぶ, を引つ, を引起, を我慢, を物語る, を現代, を示さう, を示す, を芸術, を見ぬく, を誇りあう, を認め, を賞し得る, を超越, を身, んあんた, ん帝国ホテル, ん真名

▼ 古~ (136, 4.4%)

3 して

2 [14件] ありけむ人, さかのぼる, 在つて, 妹と, 對する, 居つたの, 復り, 恋ふら, 恋ふる, 手を, 真相の, 近いの, 近きを, 通じたる想

1 [105件] あったという, ありけること, ありと, かえす, かえすという, かえる, くっついた国, しては, しても, するかの, すれば, それだけの, たぐひもあらじ, はおへんわ, やること, 一役買わせる, 三蔵法師あり, 亙れる眞理, 伝えなかったという, 住んで, 併呑され, 依り古, 入らば, 入る, 入れど, 入れば, 入ろうとして, 出発する, 助けられた縫子, 十倍せり, 原づく, 命ずるの, 回すなどは, 在りけむ人, 境し, 奪われトルコ, 女房を, 好奇心を, 宛てて, 對し, 就き隆古, 就ての, 帰って, 帰ること, 帰れと, 復さうといふ, 復さんよしも, 復しこれ, 復したいと, 復したいという, 復したいとの, 復したるその, 復して, 復し木曾谷中, 復す, 復すること, 復するという, 復するを, 復する明治維新, 復せ, 復せん, 復る, 徴し, 拘泥し, 招待せられた, 於て, 本性を, 梁打つ, 楠氏あり, 比すれば, 満月の, 滅された, 滯在し, 滯在した, 無心であろう, 疑い無しだ, 答ふと, 行き吉林, 行こう, 行こうよ, 調査を, 謂わゆる体道成徳, 質と, 躍りかかって, 身を, 近いもの, 近くし, 近くそれが, 追いつくと, 逃れ支那, 這入ると, 通信し, 通知させる, 通知し, 遊んだ天主僧プラノ・カルピニ, 道家と, 遡るに従って, 適すべき植物, 関係が, 關する, 限つた, 隔てると共に, 電話を, 韓凹巷が, 黨せず

▼ 古~ (115, 3.7%)

2 あらわす道, しるべし, 出し抜いて, 尚ぶ, 稽え, 経て, 考うる

1 [101件] こんなひどい, こんな羽目, さらに発見, しっかりと, しのびまた, しのぶこと限り, なしたもの, なつかしむまま, もちて, もて今, ナメすぎる, フオと, ホテルの, モダモダさせる, 一字も, 一貫し, 人智の, 今に, 何が, 作った, 作る, 信じて, 偲ばしむる点, 偲ぶに, 兼ねたる也, 出しぬいて, 向島に, 呼んで, 回顧し, 境する, 失敗させた, 好みし儒教, 好むと, 好む人, 好む者, 學び史, 守つてゐる, 導いて, 導きながら, 尚び, 弔へば, 引きて, 引取つて貰つた縁故も, 征し, 忍ぶらむ, 忍ぶ言ば, 思はせ候, 愛して, 慕ひ, 懐しむ, 懷ふ, 成さうとして, 抛りこんだ, 担ぎ出して, 拾った時, 推すこと, 推すの危険, 援き, 撃退した, 攻むることが行はれた, 敵視し, 敷衍した, 新しくする, 模した, 横切って, 為すといふ, 用意し, 疑う僻見, 発見した, 発見する, 發足し, 睨みながら, 瞶めながら, 知ってる人, 知ってる者, 知るものの, 神の, 稽へて, 空しゅうし, 突きのけ錯乱, 窺ひ, 羽織つ, 舞いかける, 苦しめて, 行く, 見ると, 見るの, 見上げながら, 見物した, 訪い書, 訪ねて, 訪ねれば, 談ずるを, 論じて, 讀んだ, 買ふ, 賦した, 載せたもの, 追慕する, 遮り, 限る大

▼ 古~ (89, 2.8%)

3 ある 2 入って, 漢書の, 調査に, 顔にも

1 [78件] あつた, あつて, いま快, うっそりと, かつて露西亜, こういう, こうしてここ, これから奥, これほどの, そういう, そこへ, それに, それを, そんな迂, どうすれ, どのよう, なかなかない, やっつけられると, やって来たの, わざわざ長崎, われわれの, ダイヤモンドの, ハッチソンの, 一向問題, 一歩々々こちら, 不意に, 亡びて, 今日の, 佇んで, 何か, 何の, 何事か, 先ほど, 加十の, 即ち前, 商工業に, 喝破する, 天地を, 失敗した, 妹山下影日賣, 孤影凝然と, 尻餅を, 帰って, 建州浦城県の, 引ける魏略, 急就章, 恋を, 懐中電灯で, 指した窓, 指し示した椅子, 支那を, 救いに, 日比谷署の, 有明荘へ, 来た, 松沢の, 椅子に, 歩いた料理場, 死んでからは, 目に, 真相を, 総監室で, 興る, 花の, 証明し, 調査した, 警保局で, 警視庁の, 警視庁へ, 警視総監を, 起つたこと, 起つた爲, 身動きし出した, 銃士の, 陰気な, 頷くと, 額の, 顎を

▼ 古より~ (83, 2.7%)

7 今に至る 3 今に 2 これを, 存し, 未だこれ

1 [67件] この窟, して, その家, その歴史, その法, もって, チャーレス二世に, 世に, 世を, 並び難し, 中土と, 乱離皆数あり, 今猶, 伝えたる最古日本説話, 伝受あり, 傳は, 儒墨と, 全国の, 兵の, 其の一派傳統, 出で, 前漢後漢晉に, 名士は, 和漢の, 商業国なる, 国治まり, 多く毛, 大人君子の, 奸雄の, 威を, 存した, 宗教的及び, 家政など, 實行し, 山に, 忠は, 慷慨悲憤の, 支那印度の, 教あり, 文人墨客の, 料理ユリの, 日本の, 明解無し, 最も水戦, 有せざるもの, 有り, 未だ曾, 来れりと, 東国には, 梅は, 樹木しげかり, 歌に, 武力を以て, 無き所, 狗の, 癒ゆる, 神を, 種々の, 聞えた, 航海の, 芸園に, 英明の, 藩中無敵の, 虎穴に, 行はれし, 言ふ, 誰も

▼ 古~ (63, 2.0%)

4 行く 2 帰られるか, 行かうと

1 [55件] ありきいま, おもふ, おもほ, お伴する, しのばれぬ, のす, のすは, はかの, やつて, ゆ今に, ゆ佐夜気久於比弖来に, より哲學, より認識, より預言, 上山と, 上山雅輔と, 之を, 人が, 使を, 使者に, 吉備塚辺に, 大庭, 夷地に, 寄り江川, 寄る, 山野が, 平和の, 念ほ, 思ほ, 招いたので, 斎藤豊吉を, 林, 祭祀ある, 羽葆葢の, 航海に, 芸術談に, 落ちつき生駒, 落ちつき鳥なべ, 行かねば, 行きいろ, 行きのむ, 行きウイ, 行きカポネ, 行きレコード, 行き一時, 行き大いに, 行き林葉三, 行くとき, 行った, 行つた人々例へば, 行つて第, 西京より, 這入って, 這入つて漂浪, 飲みに

▼ 古~ (60, 1.9%)

2 と浮世絵, にもあまた, に現, のうち, のなか

1 [50件] か関羽, がありました, であらう, と併せ, と暗い, と比べる, と西洋油画, なぞを眺め, など二十年, にも槌, によって学んだ, に就, に接し, に蛇螺旋状, に見る, のよう, の中, の写真, の匂い, の構図, の模写, の模写等, の絵具, の絵巻物, の縮図, の落付き, の複製, の話等, の諸仏, の鑑識, の鑒定, は大, は扱っ, や南画, や古本, や器物, より生気溌剌, をかけ, を一幅, を丹念, を指さした, を掛け, を掛けれ, を模, を模写, を翫ん, を臨, を見る, 古器物, 新画

▼ 古調~ (55, 1.8%)

4 のいい 3 は擬し, を巧 2 なる者

1 [43件] から脱却, だと, である, でなかなか, で佳い, で歌っ, という中, とか擬古調, となつ, なるべきであるが, なるもの, に庶幾, に心絃挽歌寥々, に惹けた, に響いた, に響く, のこの, のしっとり, のため, のもの, のよう, の一節, の単純素朴, の奥, の妙味, の尊, の歌, の面目, の高い, は私, は貴, ゆかしい一篇, を, をなつかしむ, を味, を存, を尊ん, を帯びた, を愛読, を成就, を日本, を用, を賦

▼ 古~ (44, 1.4%)

2 いえども, 交渉中の, 内蒙

1 [38件] あるは, いいかつて, いうて, いうよ, いう如き北米, いひ粟, いふ所は, かう揃, した数百年, そのたった, 一緒に, 三銃士が, 並んで, 云う者, 云ひ, 云ふ, 今と, 協力し, 同じ事, 名乗る知恩院, 国境が, 対座し, 広東で, 戦端を, 戰爭を, 新しい関係, 東京じゃ, 東京ぢや, 模倣と, 満洲, 申しても, 申すもの, 稱し, 花の, 言ってもね, 謂人を, 關とは, 陳徹を

▼ 古への~ (44, 1.4%)

3 人に 2 倭奴なり, 大政治家, 清少納言の

1 [35件] あはれまでも, して, し酒, ひとの, んだり, アクワ, パリサイ人能く, 世の, 人を, 住の江の, 偉人傑士誰か, 原澤村の, 奥州路の, 宮城野の, 巨人を, 希伯来人の, 希臘が, 戦の, 文学少女も, 梁山泊の, 歌, 歌は, 歌人も, 物語は, 物語りなど, 礼に, 秋さへ, 空想の, 筮に, 管鮑の, 花と, 茶の湯は, 薄幸な, 道にも, 鏡を

▼ 古~ (41, 1.3%)

10 のお 3 をぐるぐる

1 [28件] お加代, がある, ぐるぐる巻き, などを締め直し, など小学校, にふさわしく, に小倉袴, のくせ, の上, の色, はちゃんと, も下駄, をしめ, をほどい, をほどいた, をほどき, をむすび, を前, を垂れた, を太く, を巻きつけた, を年中, を房, を結び直し, を結んだ, を胸高, ズルズル引キズリナガラ書店, 荒い格子縞

▼ 古~ (35, 1.1%)

3 のむ 2 何を

1 [30件] いい顔, いつ完成, いろ, せう, ウイスキーを, サトウ, 一杯飲ませ, 上山, 人間の, 其中に, 十二冊ほど, 又のむ, 夕食車で, 大いにのみ, 川口, 徒党を, 戦死した, 揃へて, 是は, 次の, 歩くと, 母上と, 池田一夫の, 生駒の, 皆を, 見つけました, 見物に, 買って, 食事し, 飲み又

▼ 古生層~ (32, 1.0%)

3 の岩, の岩片 2 の山, の露出

1 [22件] から成っ, がある, が地表, が押しひろがっ, が赤裸, との侵蝕谷, と相, と花崗岩, と花崗岩地, に掩, の岩片狼藉, の岩角, の接触線, の洒麗, の源氏山, の緑色斑岩, は久慈川, より成れる, らしい岩崖, を主, を戴ける, 及びジュラ層等

▼ 古~ (29, 0.9%)

5 凡は 3 今も 2 かくぞ

1 [19件] いつとは, いる, かわらぬ可, このあまり, この奇縁, この新, この獅子頭, さるためし, ない荒んだ, 云った, 和したま, 喇嘛教であります, 女眞と, 愛く, 棒立ちに, 止むを, 然なれ, 畢竟一個, 胸中鬱然たる

▼ 古~ (27, 0.9%)

2 の信じ得

1 [25件] が之, が出, とともに報告, とは主として, には立派, にも所謂四窟, に余戸, に分かっ, に寺, に拠り, に見える, に顕れ, に顕れたる, のない, の価値, の山名, は, は伝写, は其, は単独, や古, や明治十二年, を引用, を渉猟, を見

▼ 古された~ (25, 0.8%)

1 [25件] ことながら, だぶだぶの, のが, ので久しく, ものに, やうに, ような, セリフだ, 事かも, 凡庸な, 卑俗な, 四枚の, 土器の, 布片である, 故事である, 柔かな, 様な, 真似ばかり, 観が, 言葉が, 言葉だ, 言葉である, 話, 議論である, 題材で

▼ 古~ (23, 0.7%)

5 のよう

1 [18件] であったので, であるが, で裏面, とか玩具, とそれ, とは即ち, と共に存在, には香, に關, の光り, の出もの, の如く横たわっ, の如し朧月, の沈める如く, の發掘, の鼻, をとり出し, 往にし世

▼ 古~ (22, 0.7%)

2 を否定

1 [20件] といふ一個, として存在, と同じ, によれ, によれり, に三女, に臨む, の哲學史的意義, の系列, の聯絡, の解釋, の關係, の非, はた, は其の, は種々, を主, を出, を參照, を自己

▼ 古~ (18, 0.6%)

2 を取っ

1 [16件] が櫓, で帽子, とに凛烈, との歴史, と共に甲板, なり, に沁み, に黄色い, のせた, の蛍, は堤畔, は煤びし壁, も亦, をかぶっ, をかぶった, を脱い

▼ 古され~ (16, 0.5%)

3 ている, てゐる 1 ていない, てはいた, てよれよれ, てをつた, て保証, て居る, て来た, て殆どもと, て耳, て行く

▼ 古から~ (14, 0.4%)

1 [14件] あった一挺, ここに, 今日までの, 兄を, 勇武を, 古田氏まで, 大国の, 大正昭和の, 得たの, 智仁勇といふ, 此処に, 行はれ, 観るに, 評判の

▼ 古~ (11, 0.4%)

2 には日 1 だと, ですら, においてその, の, のため, の大, の知識, の聖劇, や辺陬

▼ 古~ (11, 0.4%)

3 の浮世絵 2 の本 1 から活版, と云, の小話本, の日本紀, の経文, を以て通行

▼ 古へより~ (10, 0.3%)

2 能く 1 人は, 卓犖不覊の, 合理主義者は, 名山名水は, 彼方の, 文士の, 渠が, 鹿殺

▼ 古~ (10, 0.3%)

2 という童子, は, を恋 1 なり, に一丈, はコヒ, は憶良

▼ 古~ (10, 0.3%)

2 に端 1 から大きな, から蝮, のほとり, のやう, のよう, の岸, の方, の星

▼ 古~ (10, 0.3%)

3 の寺 2 の開祖 1 の修験者, の僧, の開山蓮華生, の開祖ペッマ・チュンネ, の開祖ロボン・リンボチェ

▼ 古~ (9, 0.3%)

7 わもの 1 はもの, わものバニスタア

▼ 古からの~ (8, 0.3%)

1 ことばに, 別説では, 報告で, 大人や, 支那流政策で, 武門の, 通り文句である, 遺習に

▼ 古さん~ (8, 0.3%)

1 ありがたう, が伝えた, といふ人, のおかげ, のお世話, の庇護, の所, を訪ねる

▼ 古そう~ (8, 0.3%)

2 な池 1 だと, なん, な懸物, には見える, に見えた, に見える

▼ 古~ (8, 0.3%)

1 ぢみの様な, ぢみの酒友が, の, もので, ものと, 品である, 沙門である, 衣裳の

▼ 古~ (8, 0.3%)

1 があり, とは悪い, と甲州流, のツーン, の三斗五升俵, の野沢家, の陣押し, より来った

▼ 古かつ~ (7, 0.2%)

31 たか, たこと, たの, た為

▼ 古~ (7, 0.2%)

3 では 1 でもまた, に, の言, を存する

▼ 古すぎる~ (6, 0.2%)

1 が八幡太郎義家, し, と申します, ほど古い, よ, ように

▼ 古にも~ (6, 0.2%)

5 郎女の 1 次の

▼ 古へを~ (6, 0.2%)

1 思ひ出づればなつかしや行平, 思へば, 恋ひ, 懐ひ, 持たず知らずと, 関とめけり

▼ 古ほどの~ (6, 0.2%)

1 人間が, 人間でも, 俊秀な, 冷理冷血な, 達人にとっても, 頑固な

▼ 古~ (6, 0.2%)

1 の一族, の先, の子, の子孫, の道, は子供

▼ 古~ (6, 0.2%)

1 が六条, にただ一軒, に復帰, の態, の門内, は現在

▼ 古すぎ~ (5, 0.2%)

2 て駄目 1 てね, て徴用, て手

▼ 古という~ (5, 0.2%)

1 のは, 人間は, 字が, 所は, 苗字だ

▼ 古には~ (5, 0.2%)

1 なかった, なかつた佛教, 今でも, 全く人力車, 殊に傾倒

▼ 古まで~ (5, 0.2%)

1 つながりうるもの, 皇國の, 行った男, 行って, 追随し

▼ 古~ (5, 0.2%)

1 から千坂, の一解, まで通じた, より意, 迄自動車

▼ 古~ (5, 0.2%)

1 という会, なるもの, のある, の人たち, の先生方

▼ 古~ (5, 0.2%)

2 である 1 であるか, であるが, である出羽

▼ 古~ (5, 0.2%)

1 でもまだ, のもの, のよう, の素晴らしい, の美貌

▼ 古帽氏~ (5, 0.2%)

1 が真鍮刀, にわたされた, は堤下の田, は復び畠, も同じくそう

▼ 古~ (5, 0.2%)

2 にピアノソロ 1 できわめて, を持ち伝へ, を漁り

▼ 古~ (5, 0.2%)

2 に本, の心 1 によっても知れる

▼ 古~ (5, 0.2%)

1 が棄てられ, などがさ, に同情, は最後, を張った

▼ 古~ (5, 0.2%)

1 で方々, のよう, の上, の底, はいねえんさ

▼ 古ごろ~ (4, 0.1%)

31 も肩

▼ 古~ (4, 0.1%)

1 たみの, たみを, ぬきが, 安くて

▼ 古といふ~ (4, 0.1%)

2 人を 1 のも, 王は

▼ 古よりの~ (4, 0.1%)

1 しきたりを, イギリスを, 人々も, 英雄豪傑には

▼ 古九谷~ (4, 0.1%)

1 となる, と呼ばれ, には道楽気, は偉い

▼ 古多多~ (4, 0.1%)

2 須美智能宇斯の, 須美知能宇斯の

▼ 古~ (4, 0.1%)

1 の甫刑發微, を作る, 十一, 十二

▼ 古~ (4, 0.1%)

1 に見ぬ, の復興, の薬品, を唱

▼ 古著屋~ (4, 0.1%)

1 からであろう, であつ, で紋服, 多き夜寒

▼ 古~ (4, 0.1%)

1 の短, の絵具, は然, らしい偃月刀

▼ 古過ぎ~ (4, 0.1%)

1 たり新し, てもならず, て中, て物

▼ 古ごと~ (3, 0.1%)

1 などさまざま, のみち榮, を忘れ

▼ 古での~ (3, 0.1%)

1 兇悪振りを, 最も恐るべき, 軍隊生活が

▼ 古でも~ (3, 0.1%)

1 これだけは, 日本人を, 画を

▼ 古との~ (3, 0.1%)

1 戦に, 関係は, 関係を

▼ 古とも~ (3, 0.1%)

2 あろうもの 1 尚古とも

▼ 古なら~ (3, 0.1%)

1 ば地, 地獄へまでも, 次にハトヤ

▼ 古もの~ (3, 0.1%)

1 のみにて既に再三, の間, らしいソファ

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 を終っ, 優人其始皆, 香草

▼ 古依然~ (3, 0.1%)

1 たり然, たり而, たる天地

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 などがかた, の壺, をふんだんに

▼ 古~ (3, 0.1%)

2 を見る 1 を玩ぶ

▼ 古垂れる~ (3, 0.1%)

1 と思う, な, 人間は

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 で有る, の上, を目

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 であるが, に左様, の中

▼ 古擦っ~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, て明け方

▼ 古方家~ (3, 0.1%)

1 ではあります, ではある, の上手

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 の月, をうつし出しけれ, を思ひ

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 からよこした, 其中, 山地に

▼ 古生層地帯~ (3, 0.1%)

1 から流れ出し, を持ち, を持っ

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 であるこういう, である露西亜, な顔

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 の市, や古道具, をたくさん

▼ 古~ (3, 0.1%)

1 とは, ならいくら, をどこ

▼ 古~ (3, 0.1%)

21 に拠っ

▼ 古~ (3, 0.1%)

2 は案外 1 に過ぎない

▼ 古あたり~ (2, 0.1%)

1 の玉, の腰抜け警察

▼ 古~ (2, 0.1%)

2 重が

▼ 古ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 エキスパートが, 名が

▼ 古すぎた~ (2, 0.1%)

1 のであった, ようである

▼ 古すぎます~ (2, 0.1%)

1 があゝ, ね

▼ 古すぎるなら~ (2, 0.1%)

2 これを

▼ 古ずった~ (2, 0.1%)

1 がと前置き, 難事件を

▼ 古だから~ (2, 0.1%)

1 打遣, 打遣っ

▼ 古でのみ~ (2, 0.1%)

1 グッと, 明朝五時に

▼ 古では~ (2, 0.1%)

1 叡山と, 起るという

▼ 古としては~ (2, 0.1%)

1 あらゆる妨害, 破天荒とも

▼ 古なる~ (2, 0.1%)

1 は其特色, 處眞面目なる

▼ 古にて~ (2, 0.1%)

1 十種の, 見物せ

▼ 古にと~ (2, 0.1%)

1 つてお客樣です, 陣どり支那

▼ 古にとって~ (2, 0.1%)

1 この品々, さして意外

▼ 古にとっては~ (2, 0.1%)

1 この報告, これは

▼ 古にとっても~ (2, 0.1%)

1 この驚異, 実に容易

▼ 古に対する~ (2, 0.1%)

1 侵畧主義の, 枇判が

▼ 古のな~ (2, 0.1%)

2 やめる魂

▼ 古はと~ (2, 0.1%)

2 見ると

▼ 古へに~ (2, 0.1%)

1 あつて, 其証拠が

▼ 古へは~ (2, 0.1%)

1 あまねく常, アクワアルブーレエと

▼ 古ほど~ (2, 0.1%)

1 しばしば見ずなり, 巧みに

▼ 古めいた~ (2, 0.1%)

1 横浜の, 色彩の

▼ 古めく~ (2, 0.1%)

1 が大正十一年, 傘に

▼ 古三千女~ (2, 0.1%)

1 と共に, と共に鞍馬貴船

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 の註釈, は大宝令

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 が架, を移した

▼ 古~ (2, 0.1%)

2 京安井

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 の常, の殘

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 氏来女の子一人, 由直氏に

▼ 古外ガルリア~ (2, 0.1%)

1 とゲルマニア, と内

▼ 古山東地方~ (2, 0.1%)

1 はこっち, を一掴み

▼ 古帽先生~ (2, 0.1%)

1 が其満腔, も亦

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 で商, を譲り受ける

▼ 古擦った~ (2, 0.1%)

1 と申すべきでありましょう, ふうで

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 彊露領トルキスタン裏海沿岸に, 疆西蔵印度を

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 など異なった, の家国

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 がある, の新しい

▼ 古残念帖~ (2, 0.1%)

1 と言, にも誤られ

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 の注意, 之死也

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 さを, 無慾な

▼ 古生層地~ (2, 0.1%)

1 の峡間, は白峰

▼ 古田中さん~ (2, 0.1%)

1 が, があの

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 が長野, 放太

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 と交, の民

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 とする, のボヘミヤン

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 には十人, は陸上

▼ 古~ (2, 0.1%)

1 行って, 走って

▼ 古高様~ (2, 0.1%)

1 のあの, の中間

▼1* [263件]

をき, 古ありて今, 古いきづなは, 古うい前掛, 古おもふに, 古つぎを, 古かねえさ, 古かるべきことは, 古がわらのひさし, 古きらしゃ鞄, 古ぐらいになると, 古て見えた, 古けた下駄の大きい, 古けた町の裏筋, 古けた紙にかいた, 古けた講談本を読んだ, 古けっとの下から, 古に見え, 古こそこんな際, 古この猿ヶ馬場には, 古こびれたような, 古これをエミシとい, 古されたありきたりの説, 古されると機械, 古され擦り切れている, 古さ七百年程廊下, 古さ以外に磨り, 古さ加減を見れ, 古さ婆さんが頭, 古さ新らしさ, 古さ色調艶の落付き, 古しい金色の, 古したらしい古い麦稈帽, 古だれの, 古すぎ傷つきすぎていた, 古ずつた, 古ずらされた事は, 古ずらしてみせ, 古ずり抜いたものと, 古せし我家の, 古たくわんの, 古たくあんばかり新, 古たる衣に, 古たれるような, 古だけが残った, 古だけでも約七万五千方里, 古だけにチャンスの, 古だけはウッソリと, 古だろうと思われる, 古崩れ落ち蔦葛, 古であると名乗った, 古ででも心がけます私, 古とか滿洲人などは, 古ところの漁夫, 古として潜んで, 古とに分れその, 古とをぼくの, 古ながしでこしらえる, 古ながらの古に, 古なくヘブルウなし, 古なぞよべる商業地, 古などの申すとおり, 古ならず字句の, 古なら知らぬことこの, 古なれどどうも, 古において西方の, 古における敗戦前の, 古にだけは知らせずに, 古にまで遡って, 古に対して気の毒である, 古に関する記録を, 古の子, 古のみが頃を, 古ばかり着せたがるの, 古ばかりをはいて, 古ふうな井戸, 古ぶすまの, 古ぶるとして見え, 古へでも押しわ, 古へと夢の, 古へにおいては基本的根源的存在の, 古へも我は, 古へよりしか呼ばれて, 古へよりの例なれ, 古いの, 古までがよくぞ, 古までは間違いなく至りうる, 古を帯び, 古支那方面に, 古よりも多くなりゆき, 古らしい汚れた半, 古れる長崎の, 古をも日本が, 古アジア族のチュクチ, 古アフガニスタン等であると, 古ウイのみい, 古カザクブルトコーカンドをもっ, 古カシュミルネパルセイロン緬甸暹羅やトルキスタン邊, 古シナ台湾などと当たっ, 古シベリヤから裏海沿岸, 古ズンガリアの産, 古チベットアンナンシャム等諸国の文学, 古チベット日本等の諸国, 古フィエソレを下り, 古ヘブライ人がイエルサレム, 古復活セシメ印度ヲ, 古下駄に古, 古不滅のもの, 古並びに西域に, 古の息子金谷金五郎, 古主九助が事, 古主松平越後守殿へ聞え, 古之事曽所念水江之浦島児, 古仇首といふ二代, 古令新令あり, 古伊勢の桑名, 古の研究, 古に戦つた日, 古である, 古卒堵婆のあちこち, 古卒塔婆の方, 古卒都婆は黍殻同然, 古印度馬来猶太, 古嘗テ吉野山, 古に求め, 古器ヨリ勾玉管玉ノ類, 古図皆然り, 古土屋に熱, 古垂れさせられて終, 古埃及などの西洋, 古堀老人と来たら, 古の側, 古大仏殿の前, 古太子が寵ら, 古契丹等に関するその, 古學流の腐敗, 古宇佐都比売という二人, 古宇沙都比賣二人, 古宇陀の酒部, 古が辭退, 古寧海の人, 古專而自用喜快心, 古の庭, 古峰原のよう, 古巻村である, 古希施婁に関する文章, 古帯すがたの, 古帯毛布運動靴スルメ三把銀笛アルバム売却できそう, 古帳中仙道追分宿土屋氏, 古帳信州埴科郡新地村山崎氏の名主古帳, 古帳日記の類, 古帳木曾福島宿公用記録妻籠本陣の御, 古帽彼ら怖れず, 古帽故郷に入, 古の霜月, 古年尾紫尹と共に, 古禮參りする, 古感殊深読書窓下当年燭, 古或は滿洲から, 古擦つてゐる, 古擦らす氣な, 古族それらの幾人, 古日本等にある, 古日録巻六に依れ, 古早朝に結ぶ, 古時旅行のたやすから, 古朴正厳な覇気横溢, 古村雲笑子川俣踏絵の六名, 古校舍は, 古楼崇蘭館宝素堂等の所蔵, 古比留または古, 古氏天地万物之祖也, 古氏夫妻陰陽之始也, 古というもの, 古汚くもなかっ, 古法王が帝王, 古清潔でどこ, 古滿洲朝鮮中央亞細亞等露西亞に接近, 古の上方, 古点ミダルトモであったの, 古点道長頃から平安末期, 古無骨なる武士, 古片我楽多のよう, 古版博物館旧教大寺院, 古版首行の, 古揃えか, 古状揃の読, 古だ, 古珠爾に, 古生層つまり水成岩の層, 古生層岩山の特色, 古生層水成岩地を分け, 古生層西は花崗岩, 古生層西側は, 古生界の千枚岩層, 古生諸層を, 古の庫倫馬, 古のミヤゲ物屋, 古画中直垂紋であります, 古画備考だの, 古画屏風を漁り, 古画研究をやっ, 古画絵巻物ときどきは, 古画論評の引証, 古の上, 古に触られる, 古的勢力亜細亜的勢力が欧羅巴, 古的採集家なるのみ, 古的武力である露西亜, 古盛りに盛り返し, 古相傳之書籍也, 古眞面目此等が萬葉, 古だったので, 古碑断碣その半, 古社長がひょっこり, 古神功皇后韓国をこと, 古立子汀女香雲と共に小石川植物園, 古土それから, 古網人ならば, 古網等を材料, 古者流の愛, 古者道徳之士, 古を帯び, 古若干の文人, 古著商と同じ, 古蒲生飛騨守氏郷この処, 古行き御存じでせう, 古行燈の夜長, 古で左褄, 古表八幡の傀儡子, 古奴由伎, 古訳大蔵もみなそれ, 古説ハ穏カナラズジヤカウサウハ生ノ時苗葉, 古説其自身として再現, 古調歌には無い, 古や魯論, 古論保守論を悦ばざる, 古論魯論齊論など種々, 古論齊論魯論の別, 古めいた連続, 古赤絵や龍泉, 古迄のしのむ, 古の人達, 古神, 古過ぎたのであろう, 古過ぎますわねえ, 古過ぎるかね, 古邸些も手, 古金田一田子及川板垣弓館など盛岡中学, 古に始まる, 古鏡さもあら, 古鏡われぞもて, 古鏡古銅器ヲ観, 古鏡蒔絵の図様, 古開かどうかといふ, 古陥れると覚, 古の方, 古面展覧会で鎌倉期, 古額文字は危げ, 古の情調, 古駅三両家猫児妻を呼び, 古は三條通り辺, 古龍田比女神と申す