青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「垣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

坐~ ~坐っ 坐っ~ ~坐った 坪~ ~垂れ 垂れ~ ~型 型~ 垢~
垣~
垣根~ ~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城 城~ 城下~ 城内~ 執拗~

「垣~」 1646, 18ppm, 6423位

▼ 垣~ (567, 34.4%)

22 外に 18 外から 14 外を, 間から 13 外へ 12 中に, 外で 11 上に 10 外の 7 ように, 内に 6 下に, 内の, 外, 隙間から 5 外には, 外は 4 ところに, 上へ, 内を, 根に, 破目, 隙から

3 [13件] ような, 上の, 下を, 中, 中で, 中へ, 側に, 処々に, 前に, 向ふ, 方へ, 破れや, 間に

2 [48件] うちに, うちには, そとから, そとへ, そばへ, そばまで, どこかに, ほとりに, まばらに, もとの, やうに, 上から, 上を, 下へ, 中からは, 中の, 傍に, 傍の, 内だけを, 内で, 内には, 内へ, 内外に, 出口の, 前ばかりは, 卯の花さみだれの, 反対側の, 向うに, 周囲を, 外が, 外と, 奥の, 根かたに, 椎の, 椎よ, 横の, 檜葉の, 穴ん, 築土, 菊の, 蔭から, 處, 裾に, 長き径, 間の, 隅の, 隙, 隙より

1 [234件] あいだから, あいだに, あたりには, あるうち, あるじ胸を, いちじゆく, うちにて, うちへ, かけあひにも, かげに, かげより, かなめが, からだが, くろには, ことは, このみやこ, こわれたところ, しずかな, すきから, すきま, すき間から, すぐ外, すべては, すみの, そとに, そとには, そとを, そばの, そばを, だん, つ, とぎれたところ, とぎれた所, ところへ, ところを, なかで, なかには, なかへ, はずれに, ひとつづき, ひともと木槿光, ひともと木槿光發, ひまを, ほとりには, まだ引き抜かれない, まぢかきほどに, まばらな, ままで, むこうが, もとと, もとに, 一つだ, 一草庵と, 一重外を, 丈を, 下から, 下で, 下は, 並んだ往来, 中から, 中にて, 中には, 中は, 中を, 中途から, 代りに, 低い家, 修理か, 側へ, 傍には, 傍まで, 元に, 入曲つて, 内から, 内では, 内より, 内側に, 内側には, 内側を, 内新緑に, 処に, 処の, 出来た翌日, 出来ぬ前, 前へ, 前を, 前方には, 功能を, 台を, 合間から, 向うから, 向うの, 向うへ, 向こうに, 向は, 周りを, 垣間見を, 場の, 墓囲いも, 夏知る, 夕月夜しのび, 外あたりで, 外いつぞや, 外からばかり, 外すぐ, 外すこしく, 外では, 外はは, 外まで, 外ゆく, 外より, 外面の, 多い静か, 奥に, 如く建ち並んで, 如く築き立て, 如く花, 家ながら, 小杉若木は, 小門の, 山吹よりも, 山吹歌う, 山椒の, 崩れから, 廻りを, 形の, 彼方から, 彼方で, 彼方へ, 彼方を, 後から, 後ろは, 恐縮は, 愁い, 意で, 或古びた, 抽き過ぎ, 方に, 方を, 有りしあと, 木槿の, 朱い, 杉の, 枝折を, 枝折戸まで, 枝折戸垣の, 根からでも, 根が, 根には, 根へ, 根や, 根元まで, 根方に, 根方や, 梅花を, 棒杭を, 森に, 様に, 横から, 横を, 横側の, 歌大国主の, 此方に, 毀れから, 焦げもに, 狹い, 瓢の, 畔寺の, 白薔薇が, 真洞, 矢竹の, 破れかけたの, 破れから, 破れからは, 破れた草, 破れを, 破れ目の, 穴より, 竹の子きぬ, 竹を, 竹藪から, 篠の, 結目も, 結目板戸の, 続いて, 緑葉に, 脇を, 船印が, 芽が, 茨を, 菊は, 蔭に, 蔭へ, 蔭より, 虫の, 裏に, 裏表, 角から, 詩を, 説明に, 赤い新芽, 近くには, 道に, 遥か向に, 遺物が, 那方を, 野郎だ, 鉄の, 門から, 門内に, 門口に, 門徒共を, 間へ, 間より, 間近き人, 陰に, 隅には, 隅へ, 隈所, 隈所に, 隔てが, 隙が, 隙間へ, 際, 際まで, 雨晴る, 青々した, 青むころ, 面影を, 頭に, 頭越しに, 風防木槿枯れはてぬ, 鳴子の, 黄菊白菊ならぶ

▼ 垣~ (336, 20.4%)

9 越えて 8 作って 6 破って, 躍り越えて 5 して, 繞らし 4 作った, 築きま, 踏み越えて

3 [11件] くぐって, つくって, つくりて, とり廻して, なして, へだてて, めぐらして, 今様に, 択る, 結いめぐらして, 踰えて

2 [34件] ある程度まで, つくつて, つくるよう, とり, のりこえて, まわって, 一夜あらしの, 今樣に, 作り, 倒して, 囲らし, 境に, 引き, 引き廻さうかな, 引き捨て塀, 後ろに, 愛でて, 持つ, 持つこと, 掠めて, 揺すって, 擇る, 潜って, 築いて, 結って, 結んで, 背に, 見て, 踰え, 透して, 造って, 隔てて, 飛び越えると, 高くし

1 [184件] あけると, いつまでも, うちやぶり力, おしたおしスピード, お尻, お窺, かきあがって, かこひ, からみし夕顔, きづいて, ぎっしりと, くぐり抜けると, ぐるりと, こえたる山ひつじ, こえても, こしら, すい垣, するから, たてとして, つき破って, つくり小笹, つくり師, つくり相, つらねさらに, なす, のぞきみて, のりこえた, のり越えて, ひろく新しく結びなおそう, へだて桑畑, まがりて, むこう裏, むすび搦手, めぐらした古い, めぐらした小さな, めぐらした建物, めぐらした柴門, めぐらした畑, めぐらした百姓家, めぐらせた小さい, めぐらそう, もぐって, もって, もて, もて隔てたり, やぶって, わけて, 一寸二寸ずつ, 一寸二寸づつ動かし, 一重隔て, 中なる, 乗りこえそこ, 乗りこえて, 乗りこして, 乗り越, 乗り越えて, 乗り越えるに, 乗り越え始めた, 乗り越して, 乗り越すと, 二間ほど, 亙り軒, 今こそ, 作ったの, 作った大方, 作つてゐる, 作つて塞い, 作りあたり, 作りかえる度毎, 作るの, 作れとは, 例の, 借用する, 出て, 前に, 動かす物凄, 半分崩し, 取り払, 取廻した邸, 取払って, 右に, 向うへ, 吹いて, 吹き拂, 周囲に, 外に, 多く細い竹, 守りて, 守る為, 小さく結った, 巡る間, 廻った, 廻って, 廻らした邸町, 廻らして, 引き廻そうかな, 引き抜いて, 張った土手, 張つて決して, 張り廻し, 我から, 折りま, 折り回, 抱しめた, 押しのけて, 拵えたよ, 拵える予定, 撤した欧俗社交, 曲る手前, 案内する, 此方からも, 為た, 燒かれた, 猿にでも, 環らし, 知らずこ, 破つたの, 破りながら, 破ツ, 示した, 窺って, 立てました, 築いた, 築きたる, 築きまわしまして, 築く前, 結いましてな, 結い廻して, 結い廻らし三条橋, 結うた粋, 結えり, 結ったよう, 結ったり, 結びもって, 結び心, 結び繞, 結わないで, 結んだ一囲い, 置縫いに, 肩を, 蔽う連, 覆うつた, 見乍ら, 見守って, 覗いたり, 設けない, 設けない氏, 設けました, 設ける作家, 超えて, 越えたわけ, 越えてか, 越えては, 越えようと, 越えると, 越えるに, 越える町, 越え出しましたね, 越え家, 越え椎, 越さなければ, 越したの, 越すかも, 越すもの, 距て, 跨ぎかけた, 跨ぎ越して, 踏みくづし, 踏みこえて, 踏み倒すの, 踏み凌いで, 蹴やぶって, 蹴やぶッ, 躍りこえて, 這い上って, 通り越して, 開いた, 除けて, 隔て, 隙見した, 隣りして, 離るまじき, 離れ板敷, 飛び越えた

▼ 垣~ (153, 9.3%)

7 沿うて 3 搦ませ, 添うて

2 [11件] かこまれて, した閑雅, 囲まれた暗い, 囲まれて, 於て, 枝だれし, 機織虫が, 殘る, 添って, 添つて冬青やゆづり葉が, 烏瓜の

1 [118件] かかる袷, かこまれた彼女, からめり, からんだ朝顔, からんで, こだはる必要, さえぎられた, しきりて, しげれる白萩, したところ, しちゃ, して, す, せめげども, せり, そひ, そふ, たって, なくした釣縄, なつて, はさまれた屋敷通り, ひっかけて, ぶつかって, ぶら下, ぶら下がって, まじりて, よっかかって, よりかかって, リラの, 人知れぬ, 今年竹の, 仕切られながら, 伸上りぬ, 使用され, 依懸り眠気つき, 八つの, 取廻して, 囲まれたまま, 囲まれた古い, 囲われた坪, 地面に, 垂れたの, 夕顔の, 外套を, 寄添って, 将また, 山茶花まじりいつくしき, 引っ込, 引っ返すと, 引つ掛けて, 押しつけて, 接近し, 攀ぢて, 日の, 映して, 朝顔藤豆を, 木槿花ひらき, 枝さし掩ひ, 梅が, 梅の, 梅花の, 梯を, 植えた撫子, 椎の, 沿った道, 沿つて少し, 沿つて駅の, 沿ひ, 注意し, 海草を, 添いて, 添えて, 添つた道を, 添つてまたは, 添へて, 潜り門, 白い花, 目の, 眩い日光, 短かき草箒, 破れ目でも, 積む莠, 突き入った, 窓を, 立って, 立てかけて, 紅白の, 結うた竹, 線香を, 羽織の, 自然と, 自然に, 茂り秋, 落ちて, 蔓が, 藤豆の, 蚊遣が, 蚊遣す, 行く途, 誘われて, 身を, 近く聞こえる, 近づいて, 近寄った, 逃げの, 這う葛, 這ひまつ, 金紅色の, 閉ぢこめられ, 隔てて, 隔てられた因果, 隔てられて, 隠れしが, 隱れた, 雀の, 霧を, 青薄が, 靠れて

▼ 垣~ (76, 4.6%)

5 ある 3 あって 2 して, 破れて

1 [64件] あかるくしづか, あった, あり枯れ秋草, あるが, あるの, あるばかり, ある犬猫, いい垣, うちの, おへや, くずれて, くずれ立った, ことしの, こわれて, さっと転覆, その外, つきると, つづいて, とぎれて, ないの, ないので, めぐらされ石, めぐらして, もとの, もと雜草も, 二人の, 何時のまにか出来, 光って, 出来て, 出来上がった, 小さい白い花, 少しく往来, 崩れて, 幾重にも, 廻らされて, 張りめぐらされて, 彼女を, 忽ち僕, 急に, 所々に, 折れる音, 拵えて, 持って, 挟んで, 挨拶に, 月の, 白く光つて, 白く薄紫, 眼に, 石の, 立去ると, 結い廻され八手, 結って, 結つてあります, 結われた, 結んで, 縁にな, 繞らし, 腐ったと, 行儀よく, 見えた, 越せると, 除かれた身, 黒ずんだ枝

▼ 垣~ (43, 2.6%)

2 いづれ主人, くずれた, 暗い, 枯れて, 溝も, 門も

1 [31件] すっかり朽ち果て, そのま, ない隣家, なくつづい, なく平河天神, なく見, 亦最早, 何にも, 囲いも, 囲ひも何んにも, 塀も, 大分破損んだ, 式台も, 惣七の, 戸も, 折戸も, 未だあらた, 朽ちねば, 構わず庭, 気が, 清げに, 無く家, 私も, 結わないが, 結局降参し, 船も, 茶の, 親しき, 越えて, 越す, 隔ても

▼ 垣~ (41, 2.5%)

2 荒る

1 [39件] いやが, すぐ一, ほんとうに, まだ二つ三つ, むなしき秋雨, もうすたれ, やはり僕, ようやく膝, 一生懸命に, 仆れ, 今は, 仏教上の, 低く女ども, 低く我が, 倒され電車, 北野の, 取払われて, 垣として, 夜ごとに, 守るに, 定かには, 幾重もの, 庭土に, 忍返しの, 捻じ倒されごうごうと, 早く朽, 昔の, 潜るか, 無生物の, 甚だ高い, 破られ墳墓, 稲荷社の, 稻荷社の, 茂って, 表の, 見事に, 踰ゆべき, 霧の, 高いの

▼ 垣から~ (26, 1.6%)

2 こぼれ出して

1 [24件] こっちの, のぞく, ひきぬいたもの, むこうの, もれた, 中へは, 出て, 前進した, 口を, 垣へ, 大きな柿の木, 屋外を, 庭を, 手洗い鉢の, 抜け出して, 桐の, 白い花, 縁の, 若い柔らかい葉, 見まもって, 覗いて, 覗く人, 閉め出しを, 離さないで

▼ 垣~ (21, 1.3%)

3 関係深い 2 武器を, 關係深い

1 [14件] いうと, するもの, なって, 云う名, 五間ぐらいな, 同様で, 向合った, 呼ばれた男, 平吾が, 建物の, 窓との, 竹編戸の, 軒が, 関係の

▼ 垣博士~ (19, 1.2%)

2 と僕, の駄洒落

1 [15件] が, が切腹, が曾, が鞄, であつ, と知つて以来大, に要せられ, に話し, の効績, の旧識, の話, の門内, は去年, も僕, を誘ひ

▼ 垣~ (17, 1.0%)

2 に扮

1 [15件] が呼び物, と山姥, と隨筆, には落度, に対して勝頼, のよう, の恋, の花かんざし, はその, も無論, や前髪, や助, をした, をつかった, を振りあてられ

▼ 垣~ (13, 0.8%)

2 仕切って

1 [11件] この畑, 囲った土地, 囲った墓地, 囲って, 囲われた草葺屋根, 夕日の, 女は, 寒竹筍を, 檜逆目の, 為切った, 繞らされ

▼ 垣一重~ (13, 0.8%)

2 隔てて

1 [11件] なし, にごしや, の内, の裏, の隣, の隣り合わせ, へだてた向う, を越し, を隔て, 隔てたる広岡, 隔て立って

▼ 垣には~ (11, 0.7%)

2 虫の 1 づかに, スイッチョが, 唐竹が, 梨の, 烏瓜が, 珊瑚樹の, 萩の, 野菊のぞい, 黄色な

▼ 垣~ (11, 0.7%)

1 [11件] だて, ながいつり橋, 寄せたまま, 寄って, 寄るの, 引つ掛けたの, 当てて, 片寄ったから, 物干, 行ったらおかみさん, 足を

▼ 垣~ (10, 0.6%)

1 にある, に一人, の庶物, の暮春, の路, は立木, へ来かかる, をひたひた, を通る, を過ぎ

▼ 垣~ (9, 0.5%)

1 傾いた石塔, 囲いを, 外に, 守れども, 庭には, 茅や, 質素な, 門辺に, 高張提灯の

▼ 垣~ (8, 0.5%)

2 の方 1 で降り, のその, の八百屋, の縣廳, の縫物屋, の裏

▼ 垣~ (7, 0.4%)

1 に出会いし, に往還, に立っ, のその後姿, の人, の松影, の松影月

▼ 垣という~ (6, 0.4%)

2 のは, ものを 1 外交員, 男は

▼ 垣~ (6, 0.4%)

2 の鎖鎌 1 っ, と彫っ, の仕, の形

▼ 垣さん~ (5, 0.3%)

1 そう言った, てば, ですね, に叩かれ, は吹く

▼ 垣といふ~ (5, 0.3%)

3 のは 1 のが, 名詞では

▼ 垣にも~ (5, 0.3%)

1 たれて, 似て, 夕顔が, 流石に, 茨が

▼ 垣隣り~ (5, 0.3%)

1 に住ん, の丑松さん, の家, の百姓屋, は城勤め

▼ 垣でも~ (4, 0.2%)

1 あったらしい, おしたおすよう, 作りそう, 垣と

▼ 垣此頃言~ (4, 0.2%)

4 ひ出した築

▼ 垣~ (4, 0.2%)

1 に作られた, に立つ, に菖蒲, へ進

▼ 垣~ (3, 0.2%)

1 しに, しには, しに彼

▼ 垣のぞき~ (3, 0.2%)

2 をし 1 に参った

▼ 垣ひと~ (3, 0.2%)

1 え外, へをへだててる, へ向

▼ 垣~ (3, 0.2%)

1 あれに, に生, の卯花鴇毛

▼ 垣まで~ (3, 0.2%)

1 いつなと, 打って, 達するの

▼ 垣より~ (3, 0.2%)

1 忍び入りて, 通路一重を, 高く弾む

▼ 垣一つ~ (3, 0.2%)

1 古釘一本, 隔てただけ, 隔てて

▼ 垣~ (3, 0.2%)

1 のごとく, の意, 悉く破壊

▼ 垣巡り~ (3, 0.2%)

2 と云う 1 について一言

▼ 垣~ (3, 0.2%)

3 こえて

▼ 垣毀雪女ぢ~ (3, 0.2%)

3 やもの

▼ 垣~ (3, 0.2%)

1 か, と云った, は大

▼ 垣魯文~ (3, 0.2%)

1 が書い, のタンペラマン, や涙香

▼ 垣あり~ (2, 0.1%)

1 冬木皆かしぎ, 冬木立

▼ 垣くぐる~ (2, 0.1%)

2 尾長の

▼ 垣~ (2, 0.1%)

1 とにて両人, とに遣った

▼ 垣その~ (2, 0.1%)

1 一ヶ所に, 絶え間絶え間に

▼ 垣であろう~ (2, 0.1%)

1 が踏みこえ, と軒

▼ 垣とは~ (2, 0.1%)

1 すなわち風俗, 違って

▼ 垣どなり~ (2, 0.1%)

1 でよく, の灯

▼ 垣なせる~ (2, 0.1%)

2 愛鷹の

▼ 垣なる~ (2, 0.1%)

1 棕櫚が, 藤豆の

▼ 垣によ~ (2, 0.1%)

2 つて新山堂の

▼ 垣ばかり~ (2, 0.1%)

1 並んだ中, 続いて

▼ 垣もと~ (2, 0.1%)

1 に栽ゑ, に栽ゑはじかみ

▼ 垣よりも~ (2, 0.1%)

1 大いなる穴, 高くのびた

▼ 垣今朝~ (2, 0.1%)

2 も寒

▼ 垣~ (2, 0.1%)

1 だけで, であったの

▼ 垣~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 垣廻船積荷仲間~ (2, 0.1%)

1 と称, と連合

▼ 垣明吉~ (2, 0.1%)

1 という名刺, の名

▼ 垣津幡垣津旗垣幡~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 垣津旗垣幡~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 垣津田~ (2, 0.1%)

1 というもの, の

▼ 垣淡路守~ (2, 0.1%)

1 が薩摩, を副使

▼ 垣~ (2, 0.1%)

1 土垣, 土垣又

▼ 垣落し~ (2, 0.1%)

1 である, の断崖

▼ 垣~ (2, 0.1%)

1 は浜, を大童

▼ 垣謙三博士~ (2, 0.1%)

1 に連れられ, は大学

▼ 垣越え~ (2, 0.1%)

2 て梅

▼1* [128件]

うちに添う, 垣からでもひょいと出, 垣からは八重桜が, 垣がさつと転覆, 垣きびしく鳴子は, 垣へ作り出でられ, 垣したる透間少し, 垣じっと立ってる, 垣すかして見やれ, 垣それから竿に, 垣たてり, 垣とばかり思っ, 垣だけ見られるよう, 垣だったのかも, 垣だの茶の間の, 垣ちかくひそひそと, 垣つくるその八重垣, 垣つまごみに八重垣, 垣づたひ萩のしたゆくい, 垣ではあるまいか, 垣とお時である, 垣とかが無数に, 垣として存在を, 垣とも覚しきもの, 垣ので目ざわり, 垣なく人に, 垣なければ盜人入り, 垣なぞが荒れ廃れても, 垣などがわざと作られ, 垣などに打突ったり, 垣などはこわれたまま, 垣なども型ばかり, 垣などを乗り越すの, 垣ならそれだけ見, 垣なれば, 垣について土を, 垣にてかこひこ, 垣にとてこの, 垣のぞきで外から, 垣のぞきなされてじゃ, 垣のぞき致して当, 垣のみだれて, 垣ふと見れば, 垣ふみこえて走り出でぬ, 垣へでも嵌るよう, 垣へと歩を, 垣へはすぐ持っ, 垣へまではすが, 垣ほど少年の, 垣見たくも, 垣まろび出で, 垣みすぼらしい浪人の, 垣みたいなもの, 垣やや遠いポプラー, 垣やらの障害は, 垣ゆれて道行く, 垣嵐など, 垣の幕府, 垣をなどと少々調子, 垣クラブへ行っ, 垣の濠, 垣一ツ隔てたこの, 垣一重路一筋の隔て, 垣一重道一筋重い足, 垣などにも咲い, 垣教授などから, 垣の辞世, 垣並佐渡守の辞世, 垣乃至は乱杭, 垣事件はそこ, 垣二俣松一本立つ, 垣先生の健康, 垣全体も庭, 垣で下馬, 垣博士初め三十幾人の出席者, 垣築土垣, 垣の床几, 垣向うが久八, 垣四方にはザポロージェ人, 垣夕顔棚の貧乏暮し, 垣寒さ, 垣妻籠に, 垣姫茜屋のお, 垣の影, 垣尽く覆る, 垣廻船の船問屋, 垣御坊より和泉守, 垣旅館へ押しかける, 垣は移るらしあたる, 垣をもっ, 垣此頃言い出した築, 垣毀雪女じゃもの, 垣などに咲く, 垣沿いの小道, 垣深うして, 垣添いの桐, 垣特派員が送っ, 垣町一帯の谷そこ, 垣町近辺の素描, 垣町須賀町是ヲ狭斜, 垣番船伏見の過, 垣破れたる儘なり, 垣神社がある, 垣のさらぬだに, 垣笑顔から始まった, 垣結いたる月は, 垣へり, 垣の草, 垣のほとり, 垣茎立をくく, 垣萠えいづるそばに馬近づきぬ, 垣衣お前の願い, 垣衣弟は我が, 垣へ忍び, 垣垣その, 垣設けられるとはどう, 垣謙三氏といへ, 垣の意, 垣越える間も, 垣近くまでお, 垣逆茂木を打, 垣鉄郎氏は英語, 垣から舞台, 垣陳性善彭与明は死し, 垣に住ん, 垣隣人をよび, 垣か立ちたる, 垣風疾むらし花