青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「坐っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地面~ ~坂 坂~ 坊~ 坊さん~ ~坊主 坊主~ ~坐 坐~ ~坐っ
坐っ~
~坐った 坪~ ~垂れ 垂れ~ ~型 型~ 垢~ 垣~ 垣根~ ~埃

「坐っ~」 5217, 56ppm, 2056位

▼ 坐っ~ (5049, 96.8%)

853 いた 223 いる 204 いるの 117 いると 108 いて 103 いたが 63 しまった 61 いたの, いました 49 いること 36 いても 31 いるところ 30 いるよう 18 いるお 17 います 16 いるので, いる所 14 いる時 13 おりました, 待って 12 いる女 11 いる私, 煙草を 10 いたので, いながら, いる人, それを, 何か, 居るの, 私の, 黙って 9 いるうち, いるという, いる自分, 両手を, 頭を 8 いたから, いたこと, いるばかり, いる者, いる間, いれば, 手を, 自分の, 茶を 7 いたところ, いるだけ, いるん, いる事, いる二人, いる姿, 居た, 居て, 見ると

6 [16件] いた男, いた者, いましたが, いるが, いるこの, いるその, いるとき, いる場所, お辞儀を, みたが, みたり, みると, 仕事を, 話を, 酒を, 静かに

5 [20件] いたそう, いたという, いたよう, いたん, いた場所, いた時, いますと, いられないよう, いるから, いるわけ, いる一人, いる彼, いる彼女, いる男, いる部屋, しまいました, しまう, 居ると, 新聞を, 眼を

4 [32件] いたか, いたと, いた二人, いた処, いた所, いた椅子, いた父, いた自分, いなければ, いるより, いるらしかった, いる方, いる若い, おいで, くれ, しまいたくなった, しまって, みた, みて, 下さい, 両手で, 二人の, 何を, 居りました, 居ります, 居る, 庭を, 彼女の, 本を, 眺めて, 莨を, 見て

3 [61件] いたって, いた畳, いた私, いた老人, いた若い, いた部屋, いった, いなさい, いらっしゃる, いらっしゃるの, いられなかった, いるあたり, いるに, いるのに, いるもの, いるよりも, いる前, いる妻, いる席, いる椅子, いる様子, いる武蔵, いる老母, いる膝, おいでに, おった, おりましたが, おります, しまうと, しまったの, みる, ゐた, 一礼した, 了った, 他人の, 傍の, 外の, 居るよう, 彼の, 彼は, 様子を, 泣いた, 泣いて, 煙管を, 父の, 物を, 目を, 給仕を, 考えて, 考え込んで, 耳を, 聞いて, 腕組みを, 膝の, 自分ひとりで, 自分を, 見た, 言った, 話して, 足の, 髪を

2 [169件] あたりを, いそがしそう, いたあの, いたお, いたかと, いたすぐ, いたとき, いたのに, いたもの, いたり, いたわけ, いた人, いた奥さん, いた女, いた子供, いた客, いた席, いた後, いた番頭, いつまでも, いない, いなかった, いなくては, いましたよ, いますよ, いらっしゃるから, いらっしゃるん, いられないという, いられるの, いるか, いるさま, いるし, いるじゃ, いるそう, いるそこ, いるだけでも, いるだけの, いるつもり, いるでは, いるとは, いるなんて, いるにも, いるよ, いる下女, いる中, いる主人, いる二人連れ, いる人々, いる位置, いる側, いる光景, いる冬子, いる叔母, いる妹, いる孔子, いる客, いる後ろ, いる房吉, いる日, いる時間, いる気配, いる男女, いる畳, いる発田, いる白い, いる秀吉, いる細君, いる老人, いる老婆, いる耳, いる食堂, いろ, いろいろな, いろいろの, おくれ, おられた, おると, お膳, お茶を, お題目, かたわらの, くんな, ごはんが, しばらく黙っ, そこに, その上, その美しい, それが, たんじゃ, だまって, どうしたら, ひっそりと, ぼんやりし, ぼんやりと, みても, めっきり笑, わたしの, ゐる, ゐるの, 一つ所を, 一人で, 一言も, 三ツ指を, 三味線を, 両腕, 二人で, 人間の, 伏目がちやがて, 例の, 俯向い, 口の, 口を, 女の, 宿の, 居っても, 居りまして, 居りますが, 居りますと, 居る所, 居る所長, 巻煙草を, 帳面を, 平気で, 彼を, 彼女は, 心を, 慄え, 手紙を, 挨拶を, 数杯の, 書物を, 机に, 楽しそう, 死んだよう, 母と, 溜息を, 火を, 火鉢に, 烟草を, 熱心に, 琵琶を, 皆の, 相変らず, 看病し, 真白な, 眠って, 神妙に, 私は, 私を, 符を, 経を, 老婆と, 考え込んだ, 聴いて, 腕組し, 腹を, 膝に, 落着か, 読まされる, 身体を, 退屈そうに, 部屋の, 酌を, 針の, 長い間, 靴下を, 頂いて, 額を, 首を

1 [1864件 抜粋] あああの, あたしの, あどけなく首, あらゆる努力, いいの, いかにも馴れきった, いさ, いずまた, いたいと, いたお婆さん, いたかみさん, いたくなる, いたそして, いただけ, いたに, いたのよ, いたらかなり, いたら兼ね兼ね恐れて, いたアルマン, いたチロリウム製造実験, いたムク犬, いた一人, いた上田, いた丹三郎, いた九つ, いた京人形みたい, いた伸子, いた信玄, いた切波千寿, いた卓子, いた右京次郎, いた地, いた士官, いた女中, いた妻, いた婦人達, いた小, いた年寄り, いた張出縁, いた御, いた断髪, いた次郎, いた泰親, いた珠緒さん, いた秀吉, いた膝, いた荒削り, いた補祭, いた跡, いた限り, いた靴磨き, いって, いつも絵, いては, いないだろうかと, いなくったって, いましたか, いましたッ, います処, いよいよこれ, いらしった事, いらっし, いらっしゃること, いらっしゃる姿, いられたので, いられないくらい, いられない気分, いられまして, いられるもの, いるあたし, いるお前, いるからと, いるぐるり, いるこれ, いるすべて, いるため, いるって, いるとばかり, いるね, いるひと, いるべきはず, いるまま, いるや, いるアムラ・ヤコビイ, いるコンクリート, いるトルストフカ, いるベルガー夫人, いるミウーソフ, いる一人一人, いる七歳, いる三好十郎, いる上総介広常, いる中西, いる二階, いる人達, いる令嬢, いる伊藤, いる保吉, いる健吉, いる六十がらみ, いる出羽守, いる千浪, いる右, いる唖, いる壇, いる大人, いる太った男, いる女主人公, いる女客達, いる女達, いる姉, いる婆さん, いる子供, いる宗厳, いる寝間着姿, いる小作, いる小説家, いる帳場, いる広縁, いる座敷, いる廻国風, いる御, いる患者, いる我慢, いる旅人, いる暇, いる松吉, いる極彩色, いる横田, いる気持, いる沢庵, いる浅, いる源吉, いる熊笹, いる狒々旦那, いる生徒, いる番台, いる病院, いる白髪頭, いる真下, いる矢代, いる窓, いる筈, いる素子, いる縁台, いる胸, いる膝頭, いる色, いる芳江姫, いる茶の間, いる藤吉郎, いる観音堂, いる足, いる身, いる運転手, いる隣りの, いる頃, いる顔, いる飯尾さん, いる鶴さん, いる黒繻子, いろ何, うちわの, うるんだ眼, おくん, おそらくただ, おって, おらるると, おられないくらいに, おられました, おられるかように, おりそして, おりますが, おりまるで, おるうち, おれ, おれば, お客さんの, お皿, お詣りし, お辞義, かれら, がらにも, くつろがせて, くるん, くれ話, こう取次いだ, こっち向い, この屏風, この若くっ, この陽気, これも, ござると, さじを, さてやれ, さも退屈, しきりに顔, しずかなこえ, しばらく一心, しばらく考え込ん, しまいそれから, しまい両手, しまったくらい, しまったトム公, しゃがれたよう, じっとこぐまった, じっと十二時, じっと腕, じっと雪, すっかり采配, せいせい言っ, そうしてこちら, そう呟い, そして, そっとたずねた, その傍, その患者, その蠱惑, その顔, そろって, ただうんうんと, だまっての, ちょうだいあたしあんたを, ていねいな, とりもち役, どこかで, なお覗き, なにかの, にこにこ笑ってる, のろくさ, ひとりで, ふるえあがって, ほんの少し, ぼんやり庭, ぽつねんとひとり, ましたよ, またもやひとりごちた, また食事, まねきの, みたいと, みどり色の, みようと, もう一度綿密, もじもじし, もらった, やたらに, やろうと, ゆっくりと, よく書物, らっしゃるん, わが子の, わたしが, ゐた異, ゐる青年, ウイスキーや, カウスリップを, カルヴィンの, コールド, サーヴィエットを, ジッとして, ソロバンの, トランクの, バットを, ビレラフォンは, ペテルブルグへ, ボクさんが, レヴュー・オブ・レヴューの, ロープの, 一つ酌を, 一刻もの間うっとり, 一心不乱に, 一日中勉強の, 一晩じゃう, 一気にこれ, 一緒に, 三十郎の, 三斎隠居から, 上半身を, 下さりませ私, 不思議そうに, 両手に, 中西と, 了え, 二人共に, 互いに手, 亭主と, 人から, 今度は, 仕事, 仕舞い清八, 会釈も, 伸子は, 何かに, 何でも, 何やら考え, 余念も, 俯向いた, 偏に恐入っ, 優しい言葉, 兄妹五人の, 先を, 八月の, 再び我が, 冷淡かと, 刀を, 前の, 勉強し, 動けぬやら, 十分と, 即興的の, 友子の, 叔父へ, 古い人々, 合掌し, 向い合いそんな, 呆ん, 呻吟を, 唯ぼんやり, 四方に, 固くなっ, 城下の, 壁の, 夜に, 夢を, 大きな楽, 大方風邪, 太い眉, 女中が, 好い加減な誂え, 始終落ち着かぬ, 子供に, 孔明の, 客に, 家付きの, 小さい鉄瓶, 小坊主と, 小説を, 少し落ち着く, 居たか, 居たの, 居た箇所, 居た間, 居ましたが, 居られないよう, 居られましたが, 居りましたし, 居るその, 居る前, 居る男, 居る表, 岩のかど, 左衛門と, 帆綱を, 帳簿を, 平生と, 年を, 幾分か, 弁当でも, 彼から, 待っても, 徐に歌い出した, 御覧なさいました, 微笑し, 心配そうに, 思いの, 恐ろしく陰気, 悲しんで, 慰めて, 懐中の, 扉を, 手には, 手持無沙汰に, 手酌で, 抜け上がった額, 拍手を, 挨拶しました, 教科書を, 料理を, 旗を, 旦那ぶっ, 明治神宮の, 昨夜の, 時々表, 暫く待っ, 書いて, 朋輩の, 朝日を, 木下の, 机の, 来る客, 枕の, 桃子に, 楓の, 横浜の, 次郎の, 歯の, 死の, 母へは, 毛の, 気管支を, 永く永く何, 沈黙し, 泣きだした, 泣き出した, 洋傘を, 海苔を, 深い物思い, 温まって, 潜り戸に, 濡手拭で, 火箸で, 炉へ, 無念無想に, 煤掃の, 熱く燗, 爛々たる, 片手を, 物案じいたしました, 独り耳を, 申しわけの, 病人の, 白い顔, 皆さんが, 盆を, 相談を, 破団扇, 祇園の, 神案に, 突然, 童謡を, 笛を, 箸などを, 紅麻に, 素読の, 統一状態に, 続けざまに, 編みものの, 縫目を, 老眼鏡を, 聞き詰ッ, 肆の, 肩を, 胡桃を, 腕組みし, 膝も, 臙脂屋の, 自分も, 舞台の, 芝居を, 芳子の, 苦い顔, 茅で, 茶碗でも, 落ちついて, 蔽の, 薄暗い電球, 蟹が, 袴の, 見たが, 見てるん, 見ようと, 見るの, 見上げて, 見送って, 詰め寄った, 話し合って, 話そう, 誦経の, 読書, 誰を, 謎を, 赤い金襴, 足を, 足音にばかり, 追跡の, 通夜を, 遥かかなた, 鄭寧に, 酒の, 針を, 鉄瓶を, 銅壺に, 長いこと, 長火鉢に, 隠すよう, 雛の, 青砥は, 面の, 頂いても, 頬杖つきながら, 頻りに何, 額に, 顫え, 食べるらしい, 飢えるの, 餉台に, 馬の, 麗かな, 黒井さんが, 黙々とそれ

▼ 坐ったり~ (80, 1.5%)

17 して 4 寝たり 3 した, しながら, 歩いたり

1 [50件] ある者, おちつかなかった, しました, じれじれと, する, するので, するばかり, する人々, する学者, する従僕, する時, すれば, そういうこと, そこらまで, ただそわそわ, たったり, だったが, ねそべったり, またその, また窓, ソファへ, テエブルを, 人と, 佇ったり, 何か, 何となし, 出来るよう, 出水の, 土間の, 坐ったり, 墓詣り, 外へ, 寐たり, 寝そべったり, 座は, 廊下を, 彼女の, 扇子を, 書見し, 気も, 漫然と立っ, 煙草を, 父の, 窓から, 立ったり, 腰かけたっきり, 蒸し暑い部屋, 起ったり, 蹲ったり, 針仕事を

▼ 坐っても~ (43, 0.8%)

3 いられないよう, 立っても 2 少しも

1 [35件] あのとおり, いっこう頭巾, いられずウロウロ, いられず虚勢, いられないから, いられないので, いられないのに, いられない何, いられない様子, いられなかった, いられなくなる, いられなくなるらしい, いられぬあの, ええが, おらぬ細君, おられなくなって, お延, しばらくは, ただ無言, どうにも, どうも仕事, まだ考え, みた, 一度絵ハガキ, 仕事に, 又これから, 好いよう, 寝ても, 居られない, 居られないよう, 彼の, 構わんもの, 見るの, 誰ひとり, 起っても

▼ 坐ってから~ (9, 0.2%)

1 あたりを, いわゆる御, お茶を, ひしと考えさせられた, まだ十分, やっと夕飯, 四百八十七日目だった, 天井を, 改まった調子

▼ 坐っては~ (9, 0.2%)

1 いけない, いないであろうか, いられないという, いられないよう, いられなかった, いるが, ならぬ, 一つ所を, 居られない

▼ 坐ってでも~ (4, 0.1%)

2 いる様 1 いるかぐらい, いるとき

▼ 坐っちゃ~ (3, 0.1%)

1 いけない, いられないはず, アいけません

▼ 坐ってさえ~ (3, 0.1%)

2 いれば 1 おれば

▼ 坐ってばかり~ (3, 0.1%)

1 いても, いるわけ, いる生活

▼ 坐ってからという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 坐ってからは~ (2, 0.0%)

1 一言も, 出入する

▼1*

坐ったりの男女の, 坐ったりばかりして, 坐ってかの猴を, 坐ってなぞいなかった, 坐ってね机に, 坐ってのみだす, 坐ってばかりは居られませんので, 坐ってばかりもいられなかった, 坐ってまでもまだ, 坐っれい