青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「坐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地震~ ~地面 地面~ ~坂 坂~ 坊~ 坊さん~ ~坊主 坊主~ ~坐
坐~
~坐っ 坐っ~ ~坐った 坪~ ~垂れ 垂れ~ ~型 型~ 垢~ 垣~

「坐~」 1759, 19ppm, 6038位

▼ 坐つて~ (519, 29.5%)

155 ゐた 37 ゐて 21 居た 16 ゐたが, ゐました 12 ゐたの, ゐても 11 しまつ 5 ゐたこと, 居ります, 見て 4 もゐられない, ゐたり, ゐた場所, ゐれば, 居たが, 居て, 居ても, 居りました 3 ゐた男, をりました, 居たの

2 [21件] だまつ, なかつた, は逐, も居られず, も立つ, ゐたか, ゐたかつた, ゐたから, ゐた一人, ゐた主人, ゐた京子, ゐた席, ゐた彼, ゐた所, をります, をる, 古きを, 居た奴, 眺めて, 見た, 見たり

1 [141件] いらつし, おちかは, からは泥塑, からも暫く, から亂, から二十分, しよんぼりして, その額, たお, たこと, たつて, た後, て突き上げる, なぞゐられない, などは居なかつた, はどう, はならない, はゐられなかつた, はゐられまい, はゐる, はをられない, は一つ所, は他, は居ない, もをられん, もテレ, も切符, も妙, も少し, も煙草, も自分, も見た, も體中, も高座, やがる, ゐたあの, ゐたい思想, ゐたお, ゐたかと, ゐたくだん, ゐたつて, ゐたと, ゐたとき, ゐたところ, ゐたならば, ゐたので, ゐたらしく直ぐに, ゐたわけぢ, ゐた一郎, ゐた事, ゐた僕, ゐた切株, ゐた咲子, ゐた土堤, ゐた女, ゐた女給, ゐた妙子, ゐた子守, ゐた宿, ゐた寮生, ゐた小菅, ゐた座敷, ゐた座蒲団, ゐた抱, ゐた断髪, ゐた時, ゐた畳, ゐた素木, ゐた緑雨, ゐた茶色, ゐた見覚え, ゐた跡, ゐた頃, ゐては, ゐました青年, ゐます, ゐますよ, ゐようが, ゐようと, ゐようとは, ゐら, をられる, をれず, 休んだら宜, 優しく尋ねた, 凝つと, 動きませんので, 取次ぐん, 同じやう, 呉れ, 呉れ油虫, 啜り合, 嗚呼情, 居たといふ, 居たので, 居たやう, 居たら思ひ出し事, 居たり, 居たキキイ, 居た世話役, 居た二人, 居た場所, 居た居ずまひ, 居た平次, 居た痺れ, 居た私, 居た筈, 居た若い, 居た蒲団, 居つたが, 居ては, 居ました, 居ましたよ, 居ようと, 居らつし, 居られさ, 居られましたが, 居りましたので, 居り升, 居り大石練吉, 居り殊に, 居れば, 引つ切り, 待つた, 待つよ, 抱き上げ頬ずり, 抱き合, 拝んで, 書く, 泣き出したり, 疑ひ深い, 縒れからんだ神経, 考へてばかり, 聴いて, 見おぼえの, 見たけれども, 見ては, 読んだり, 讀んでは, 飲んで, 驚いたやう

▼ 坐~ (114, 6.5%)

4 答へ 3 着けば 2 定めてと, 着いた, 着く, 詩と, 鋏を

1 [97件] あがるよう, あぐべきは孔子, あらずして, あらわれて, あり, あるやう, きめて, すわつてるやう, たえがたくなった, つかうと, つく, つくと, つけば, なおりさて, なって, なみ居る, なる, のりその, 一命を, 一馬と, 上がって, 上つて往つた, 上り火鉢, 与えて, 何とも答えなかった, 全快だろう, 内海殺しの, 出て, 列せなかつた, 勘当され, 可決された, 在りて, 在るにも, 在る間, 坐った, 坐られるの, 堪へなくなる, 堪らなくなって, 嫌疑の, 小春お, 就かない, 就くに, 就く隙, 就けば, 居えやがて, 居る, 居ゑ, 弟君かかり, 得られる事, 悟つたので, 情を, 愛せしむる滝の川村, 戻つた, 戻ると, 押し据えて, 持ち出されて, 放心し, 故郷の, 新体勢, 朱能あり, 榛軒の, 歓候事寛斎遺稿の, 此堂を, 歸る, 死んで, 殿の, 求めること, 決心し, 涙を, 熱する, 直つて, 直つて歌, 直り綸, 着いて, 着かず眞直, 着きて, 着きながら, 着くと, 着くや, 着けり, 立ちあがると, 立ち上, 算えられる, 背後を, 自ら岐阜に, 莚を, 落付く, 西天を, 要求も, 解釈の, 賛同するであらう, 賛成した, 身を, 返り我, 返る, 返ると, 退位を

▼ 坐~ (114, 6.5%)

10 占めて 4 しめて 3 立って, 組んで 2 占めつ, 占め群衆, 正しくし, 組みおもむろに, 組む行者

1 [84件] お定め, かいたまま, かいて, かくか, かまへて, こしら, した, したという, しめて生きた, しめれば, すすめると, する, た, たちて, つくった, とって, なして, のせる蓮華, ゆるがせに, わたしに, 下って, 与う, 備へ, 勸めて, 占む, 占むる, 占むるアルガエエーの, 占むる客将の, 占む学殖徳行衆に, 占めた, 占めたが, 占めたり, 占めた人, 占めよ, 占めると, 取つて, 受けて, 同くし, 向け直して, 唱道する, 定めかねて, 定めさせて, 定めたま, 定めたる山頭火, 定めた者, 崩して, 待って, 持って, 掻て, 来して, 来すこと, 構えること, 構え二, 構へ, 構へて, 正うし, 正して, 滑るの, 稍, 空けて, 立たせたもん, 立たないで, 立ち, 立ちさうに, 立ちながら, 立った, 立つこと, 立つた, 立つて, 立つと, 組み, 見ると, 設け頂, 譲られて, 譲りつ, 貴艦中, 起ちて, 起ちました, 起つ時, 起て椽, 起ッた, 退いた, 重んずること, 開きながら

▼ 坐~ (82, 4.7%)

3 には結城, の中, の人, は三昧堂, より杯盤 2 へは何處, へ來

1 [63件] え可罷, からのながめ, から下り, から玄関, がある, が暗く, さえさげられた, さえ下げられ, さえ下げられた, つい出そびれ, でお, で双方, で聞い, という, といふもの, に, にぱたり, に一生, に上, に上りこん, に入, に八畳, に出し, に坐つ, に寐床, に居, に放っ, に本, に杯, に置いた, に通り, に通る, の北の方, の向, の寐床, の庭, の方, の欄間, の真中, の隅, の障子, の隣室, はない, は六疊敷, は道具, へあがる, へつれられた, へは何処, へ上げました, へ上つた, へ抱, へ散り込む, へ来た, へ案内, へ這入つた, へ通る, もなし, をしめ切り, を借り, を借りる, を立ち, を立出, を貸す

▼ 坐~ (74, 4.2%)

32 上に, 発生も, 者は, 類でも

1 [63件] あたりを, あるありて, ほかに, まはり, まま, まま旅行案内を, めぐりに, 上から, 上で, 上では, 上によ, 上は, 下まで, 中にと, 主客は, 人影は, 何処にも, 公卿が, 前に, 句よりも, 大山の, 大盤石天然に, 姿に, 学問から, 客の, 客を, 客達に, 山にも, 山の, 岩に, 巫女と, 庭上に, 悲しさ, 方の, 方も, 時である, 村名は, 某が, 歓娯も, 民, 民は, 治安捨て, 牡丹燈籠, 王, 王の, 王をば, 王一柱, 王山代の, 生活に, 直ぐ前, 芸舞台の, 苦を, 蝋燭の, 行が, 親戚達も, 訖る, 話が, 謎俊雄は, 連中の, 連木の, 雑めき, 面々顔見合はせ, 領民は

▼ 坐~ (45, 2.6%)

2 から立ち上っ, であつ, の上

1 [39件] から立ち上り, から首, があっ, がある, である, では我, でもう, で場内, で茶, にいる, におさまった, にかけ, についた, にのこっ, にズラリ, に仰向け, に体, に凭れ, に泰然, に着い, のこと, のよう, の下, の中, の列番号, の割前, の半ば, の横, の男, の都合, はひろく, は二段, は常に, へ包み, へ持ち込ん, を, を並ぶる, を据えたい, 極めて妥

▼ 坐蒲団~ (45, 2.6%)

14 の上 3 の傍, を敷い 2 も畳, をすすめ

1 [21件] か何, がある, がいまだに, がちょこんと, さえあげる, のごとき, のごとく拵えたる, の下, をいれ, をここ, をさがし, をすすめる, をするりと, をのせよう, をパタパタ, を今度, を出し, を取り, を折っ, を押しやった, を持ち出し

▼ 坐~ (41, 2.3%)

5 を出 3 の障子 2 の方, へ這入, へ這入り

1 [27件] でする, でのお, では想像, で昼食, に居た, に悄然, の一隅, の裏, の長手, は, へツイ, へ出, へ参ッ, へ立入る, へ還, へ還っ, へ還る, へ降り, へ降りざる, も清潔, を出た, を出よう, を出る, を滑り出よう, を窺い, を見廻, を連れ出され

▼ 坐~ (35, 2.0%)

8 つてゐる 6 つた 5 つたまま

1 [16件] つたところ, つたのである, つたまま顏, つた切りかの, つた肩へも, つた胸を, つてその, つてそれでも, つても, つてる義雄, つてゐた, つてを, つて中の, つて卷煙草に, つて義雄に, つて酒のに

▼ 坐布団~ (27, 1.5%)

8 の上

1 [19件] から喰, がない, が畳ん, と茶, などを出される, にかぶせる, に紐, の塵, の牡丹, は見つかりました, をおい, をくくりつけ, をくれます, をぐる, を出し, を縫っ, を置いた, を見舞い, 出して

▼ 坐~ (24, 1.4%)

4 によって作られる, に近づい 2 の原点, の長

1 [12件] が作る, となっ, におけるすべて, にし, によって示される, によって表わされる, に盛られた, に盛り直す, の上, は縦, を加え, を加えれ

▼ 坐~ (21, 1.2%)

2 と, にめ, に付, へ共, よし, よしこれ 1 へども已に, へば, ま, よし御, 得ば, 故大丈夫助, 故左様, 故御覽, 故父

▼ 坐~ (20, 1.1%)

32 ていた, て見

1 [13件] たまま, たよう, ていられぬ, ている, てお, てその, てねえで, てもいられず, てるなんざ, て何, て常, て箪笥, て自分

▼ 坐ながらに~ (18, 1.0%)

9 して 2 雲の 1 其の国, 名所を, 対い合っ, 後醍醐は, 用を, 知った, 見える

▼ 坐~ (16, 0.9%)

1 [16件] つまり水, 一草庵の, 主で, 主として産児, 主として皇子, 前述の, 又おどろい, 天子様の, 年の, 年を, 昇が, 正面の, 皇子の, 許されないであろう, 附き添, 高い身分

▼ 坐わっ~ (15, 0.9%)

3 ていた 2 ている, ているで, ておりました 1 たが, たきり, てい, ていました, てしまう, ても直ぐ

▼ 坐~ (13, 0.7%)

2 に動ぎ, の騷ぐ 1 で一番年, に投じ, の一人, の談話, の貴婦人方, の騒ぐ, より一人, を見廻し, ニ現出シ来ル鉄甲錚トシテ鳴

▼ 坐~ (12, 0.7%)

2 にある, におき 1 にあり, に備, に拾つて, に置い, に置き, に飾っ, の柱, の銘

▼ 坐つたの~ (9, 0.5%)

3 である 1 がこんど未亡人, がその, であります, は七月二十五日, は二十五六, も腰掛けた

▼ 坐つた~ (8, 0.5%)

1 かわいた落葉, だけで, なりで外套, なりに俯向, なり元, 多緒子, 弱々しい男, 早く出

▼ 坐ても~ (8, 0.5%)

4 居られぬ焦躁 1 いられずどうしてもこう, 居られぬ焦燥, 立っても, 起っても

▼ 坐ながら~ (8, 0.5%)

1 じっと煩悶, でなく寝ながらに, はっとした, 事機を, 呼ぶよう, 四方の, 大剣, 藩兵に

▼ 坐天照~ (8, 0.5%)

6 御魂神社 1 御魂社, 御魂神

▼ 坐椅子~ (7, 0.4%)

1 か何, だとか, と庄平, のよう, をあてがった, をかっ, を置き

▼ 坐~ (7, 0.4%)

1 するを, でもむづかしい, のま, の中ごろ, をやつ, を組ん, を行つて

▼ 坐~ (6, 0.3%)

1 仏祖自身の, 噴飯だした, 定まったので, 形づくられた, 脱れ, 長いん

▼ 坐には~ (6, 0.3%)

3 物の 1 たまらぬ如く, 二個の, 十一坐

▼ 坐尿~ (6, 0.3%)

2 のこと 1 したこと, して, し何とも, の場所

▼ 坐標軸~ (6, 0.3%)

1 であると, と存在量, に漸近線, の部分, を切り, を切る

▼ 坐~ (5, 0.3%)

1 くださんせい, その大國主, 居ました, 手に, 用を

▼ 坐~ (5, 0.3%)

1 おなじ地形, ききますかな, なり美濃正伝寺, 為す, 舞台との

▼ 坐~ (5, 0.3%)

2 同様である 1 前に, 天蓋も, 平気に

▼ 坐わり~ (5, 0.3%)

1 のまま, 込み, 込みポケト, 込み帳面, 込み義雄

▼ 坐~ (5, 0.3%)

2 だけで広々, の上 1 に組合せた

▼ 坐~ (5, 0.3%)

2 をし 1 が巧, の一節, の方

▼ 坐つてお出で~ (4, 0.2%)

2 になる 1 せうが, になつ

▼ 坐~ (4, 0.2%)

1 売り込んだもの, 聴いたよう, 聴いた柳桜, 聴かされると

▼ 坐について~ (4, 0.2%)

1 おれなくなって, ゐた, 学文を, 母を

▼ 坐~ (4, 0.2%)

1 でも意識, はもつとも, リ人静カナリ, 立定火定などと

▼ 坐~ (4, 0.2%)

1 があるいは, の耳, を代表, を品

▼ 坐忘先生~ (4, 0.2%)

1 が夢, の前, は前, は常に

▼ 坐~ (4, 0.2%)

1 という複雑, や, をやつ, 祷審法

▼ 坐つた形~ (3, 0.2%)

1 で, に似, のまま緩やか

▼ 坐つて煙草~ (3, 0.2%)

1 をふかし, を喫, を喫ん

▼ 坐わる~ (3, 0.2%)

1 にきまつ, には所, のは

▼ 坐~ (3, 0.2%)

1 て, てゐ, て煙草

▼ 坐~ (3, 0.2%)

1 にて獨, に限った, の九十餘

▼ 坐~ (3, 0.2%)

1 で埋葬, はちゃんと, をも得せしめぬ

▼ 坐~ (3, 0.2%)

1 がガンデン, に坐るべき, へ坐る

▼ 坐~ (3, 0.2%)

1 といふ, といふん, のこの

▼ 坐~ (3, 0.2%)

1 の宜, の見事, 寝相など

▼ 坐~ (3, 0.2%)

1 で半分位, になる, に言ッ

▼ 坐蒲團~ (3, 0.2%)

1 へ腰, を出し, を枕

▼ 坐から~ (2, 0.1%)

1 移植された, 種々の

▼ 坐つた人~ (2, 0.1%)

1 がある, の所

▼ 坐つた青丸~ (2, 0.1%)

2 と妻

▼ 坐つてすず子~ (2, 0.1%)

1 は独語, は獨語

▼ 坐つて仕事~ (2, 0.1%)

1 の邪魔, をし

▼ 坐つて仕舞~ (2, 0.1%)

1 つた, ひました

▼ 坐つて原稿~ (2, 0.1%)

1 を読み, を讀み

▼ 坐つて外~ (2, 0.1%)

1 を眺める, を見

▼ 坐つて帳面~ (2, 0.1%)

1 の附け, をつける

▼ 坐つて斯~ (2, 0.1%)

2 う言

▼ 坐つて本~ (2, 0.1%)

1 など読ん, を開いた

▼ 坐つて火~ (2, 0.1%)

1 を拝む, を焚

▼ 坐つて編物~ (2, 0.1%)

1 の針, をし

▼ 坐つて考~ (2, 0.1%)

1 へ込む, へ込ん

▼ 坐つて聽~ (2, 0.1%)

2 いて

▼ 坐つて裁縫~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 坐つて話~ (2, 0.1%)

1 をする, をせ

▼ 坐つて読書~ (2, 0.1%)

1 に耽, をし

▼ 坐とは~ (2, 0.1%)

1 又違った, 大いに相違

▼ 坐における~ (2, 0.1%)

1 此の, 話し口

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 戻り懐中, 直り候えば

▼ 坐わって~ (2, 0.1%)

1 泣きながら, 飯を

▼ 坐わろう~ (2, 0.1%)

1 かとひそか, とした

▼ 坐三昧~ (2, 0.1%)

2 を直し

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 に拝, に有

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 三日は, 式

▼ 坐住居~ (2, 0.1%)

1 を正し, を直し

▼ 坐兵主神社~ (2, 0.1%)

1 といふの, の穴師

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 煮茗插花, 見堯於牆

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 に戯, 坐後

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 を正し, を立て直す

▼ 坐~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 坐孔雀~ (2, 0.1%)

2 坐の

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 の斎木, を変え

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 されて, する活作略

▼ 坐王子~ (2, 0.1%)

1 があり, の子

▼ 坐眠り~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 坐~ (2, 0.1%)

2 一之大

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 で壇, をやる

▼ 坐置戸~ (2, 0.1%)

2 を科せられ

▼ 坐談会~ (2, 0.1%)

1 だつた, などは本当に

▼ 坐~ (2, 0.1%)

2 の洋燈

▼ 坐~ (2, 0.1%)

1 の坊何, 聞いて

▼1* [268件]

こそ慰めたれ, 坐それから若湯坐, 坐だけでなく私本然, 坐つた儘黙然と涙, 坐つた儘例の蟠り, 坐つた儘着換をする, 坐つた儘空を見上げ, 坐つた儘茫然とあたり, 坐つた儘静に星, 坐つた内の女房, 坐つた子は小さい, 坐つた彼の頭, 坐つた探偵小説家坂部健作の存在さ, 坐つた横になつ, 坐つた獄中の一片, 坐つた私の氣持, 坐つた経験はない, 坐つた道臣はポン, 坐つてお客を呼ぶ, 坐つてお話しなさいませ, 坐つてお辞儀をする, 坐つてごらんよ, 坐つてさへ居られなく, 坐つてせつせと, 坐つてそは立つ, 坐つてにこにこしながら, 坐つてのちに十字, 坐つてぺんぺん三味線を鳴らしはじめた, 坐つてものを考へる, 坐つてらつし, 坐つてギターをひい, 坐つてバットに火, 坐つてブルウル氏を待ち, 坐つてモヂモヂして, 坐つて一夜を明し, 坐つて一時間も灰, 坐つて一杯やるを, 坐つて一齊に聲, 坐つて三度程額づいた, 坐つて両手を突いた, 坐つて両脚を投げ出した, 坐つて主人と話し, 坐つて了ひました, 坐つて了つたのです, 坐つて了つたやうにじ, 坐つて人と応待, 坐つて介抱する間, 坐つて仕舞つた舟は波, 坐つて伏目に固く, 坐つて作法のやう, 坐つて來てなに仙臺, 坐つて兩手を合せ, 坐つて其第一時間が黎明, 坐つて冥想に沈む, 坐つて勉強するの, 坐つて十分間ほど考へた, 坐つて卷煙草をふかし, 坐つて周圍を見る, 坐つて回顧して, 坐つて団扇を使, 坐つて大観が描いた, 坐つて娘を相手, 坐つて守つて居た, 坐つて客を呼ん, 坐つて封筒を張, 坐つて封筒張りをし, 坐つて小用をもらし, 坐つて小説を書い, 坐つて小鳥のこゑ, 坐つて居ちや出來ませんが, 坐つて居眠りして, 坐つて帽子をぬいだ, 坐つて店番をし, 坐つて弟を時々, 坐つて張りものの押し, 坐つて御飯を戴きかけ, 坐つて息を入れた, 坐つて懺悔をする, 坐つて手をついた, 坐つて扨てさまざま, 坐つて挨拶をした, 坐つて控へてゐる, 坐つて新聞を拡げ, 坐つて晝飯をたべた, 坐つて暫らく默祷を續, 坐つて最後の身, 坐つて榊の小さな, 坐つて次のを待つた, 坐つて涙を拭く, 坐つて湖を見る, 坐つて溝渠と道路, 坐つて炊きたての飯, 坐つて球江は化粧, 坐つて琵琶を弾い, 坐つて町を通る, 坐つて畳の上, 坐つて相手になつ, 坐つて眉根に皺, 坐つて看病して, 坐つて看護をし, 坐つて眼をつぶつて, 坐つて礼をなし, 坐つて祝詞を上げた, 坐つて空の雲, 坐つて罨法をし, 坐つて耳を立て, 坐つて肩先を大袈裟, 坐つて背をさすり, 坐つて花をつん, 坐つて英也は新聞, 坐つて行つた方が却つて樂, 坐つて街や港, 坐つて袂を顏, 坐つて裲襠をすつ, 坐つて読経をはじめる, 坐つて讀書をした, 坐つて讀經して, 坐つて貰ひます, 坐つて貰つて而して, 坐つて足をく, 坐つて身をふかく, 坐つて軍治をも膳, 坐つて途方に暮れ, 坐つて遠方を見る, 坐つて酌をし, 坐つて酒を飮, 坐つて野村の耳, 坐つて針をとつて, 坐つて釣つてゐた, 坐つて鏡を見, 坐つて雪子が云, 坐つて頂戴よ, 坐つて髮を結, 坐つて麗かな春, 坐つとつたらお, 坐ながらも六万の, 坐なく候, 坐などが御子を, 坐などと見分けること, 坐についてから村民代表の, 坐につき還つて, 坐にて語る, 坐はつた, 坐はりとほし, 坐ひとしく倒されむ, 坐ふたつなしただ, 坐ペルセウスや, 坐より立ち上がり手, 坐わらないでふら, 坐わりに直し下, 坐わりようをする, 坐わり乍ら斯う無邪気, 坐わり烟草を吹かし, 坐わる刺身の載せ, 坐わる力なき程, 坐わる床几の底, 坐わる所だと, 坐わる用意としてま, 坐をめぐって朝廷の, 坐をもって来させて, 坐シテ我モ一旦敢テ不忠, 坐シテ道ヲ論ズ之ヲ三公ト言イ, 坐ス南風一掃胡塵静ニ西長安ニ入ッテ日延ニ, 坐ッタリシテ冷エルトイケナイカラオ止シナサイト婆サンハ頻ニ止メタガ, 坐ッテイタヨウデモアルガイツノ間ニカ門外ヘ出, 坐ッテイル蜻蛉石線彫勢至菩薩ニ関スル知識, 坐リニ坐ッタマヽデアル, 坐なそうして, 坐一両日の間, 坐一臥を行, 坐一致でソレ, 坐七重坐蓮, 坐九重坐七重, 坐也尓高天原皆暗葦原中國悉闇, 坐二月ばかりは何, 坐以後のサーニズム全盛, 坐候事にや, 坐候処官事繁多にて十枚, 坐候得共御小姓, 坐候得者乗船御供御免被仰, 坐候条拝賀之至, 坐候此銅物屋の親父夫婦貪慾強情, 坐候死の縁無量, 坐候老人会弥重陽明日御催, 坐候而夫へ立, 坐候覧奉恭賀候, 坐候間敷候得共御道中切角, 坐候間私召連四時御坐, 坐粛然, 坐兵主神社東北では羽後飽海郡, 坐を右, 坐劇談暁にいたり, 坐を制せ, 坐御祖支佐加比比, 坐台宝という意味, 坐右銘になる, 坐團布を引, 坐羅葉坐, 坐天冠などが手荒ら, 坐天照神社斯ういふ, 坐太郎は馴れず, 坐客数人まさに満, 坐客興を催し, 坐客齊しく和, 坐を崩す, 坐容立礼進退を自由, 坐寒きまでに可, 坐居生活のため, 坐坐雲, 坐布団みたいなもの, 坐布団縫いのこと, 坐布團を欄, 坐席ご免の将軍, 坐席指定もなくなりました, 坐の設けなき, 坐の大きな, 坐に満ちた, 坐心得に而, 坐恐悦奉存候, 坐のまま, 坐戸外では歩心, 坐戸外歩心両道を合せ, 坐敷八畳の矮屋, 坐を知らない, 坐松根閑來又倚松陰, 坐極りが悪く, 坐標図の上, 坐標的に内, 坐は臨時, 坐此處故云法吉, 坐漁荘を出, 坐漁荘主人の西園寺公, 坐漁荘枇杷ばかりで, 坐時角弓箭隨水流出爾時所産御子詔此者非, 坐獅子吼坐円坐雷盤坐等, 坐屏, 坐痛飲して, 坐驚いて, 坐相撲の噺, 坐をし, 坐を忘れ, 坐禪組んで待つてる, 坐禪觀法に心, 坐立行寝より, 坐而闇鬱窟哉詔而射通坐即, 坐がカジリ, 坐舗一杯に敷, 坐舗一間の床, 坐若湯坐を, 坐荷葉坐多, 坐蒲団さへあげる, 坐坐荷葉, 坐つ, 坐を語っ, 坐議立談するが, 坐賓尊酒両盈満, 坐起云々の句, 坐起父子男女無別, 坐近くの柱, 坐坐陽, 坐の入り, 坐坐須弥, 坐霊気に打, 坐須弥坐獅子吼坐, 坐頭谷まで送っ, 坐魚礁の上, 坐魚礁研究所を失楽園, 坐默想に耽る