青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「取出し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~取つ 取つ~ ~取られ 取られ~ ~取り 取り~ ~取り出し 取り出し~ ~取る 取る~
取出し~
受~ ~受け 受け~ ~受けた 受けた~ ~受ける 受ける~ 叢~ ~口 口~

「取出し~」 1018, 10ppm, 10889位

▼ 取出し~ (688, 67.6%)

31 それを 16 来て 11 見ると 10 見せた 7 平次の, 見た 6 いた, 来た 4 みると, 火を, 眺めた, 見て, 読んで 3 くれた, みた, 平次に, 渡した, 私に, 見すれば, 見ても

2 [40件] そこに, そのまま蓋, その通り, みせはじめて些か, テーブルの, 一二度粉煙草を, 中を, 何か, 來た, 卓上の, 卓子の, 寺社奉行の, 小菊の, 彼の, 彼は, 手に, 手短に, 持って, 旅館の, 机の, 来い, 水で, 涎の, 涙を, 火鉢の, 灰色な, 眺むれ, 私にも, 筆を, 自分で, 自分の, 見せて, 見せました, 見たが, 讀んで, 財布に, 貰って, 逆手に, 道端の, 顔を

1 [473件] あいての, あみだに, ある二つ, いきなりがぶりと, いきなり文代, いたこと, いた少女, いた鼈四郎, いる, いること, いる母, いろいろ介抱, おいで, おこうか, お三婆, お澪, かち, きた, きたか, くれぬか, ここで, この両, この厄介, これぞその, しきりに磨ぎ, しきりに額, しまったの, しゃがんで, じっとその, じっと見た, すばやく逃げうせた, そこへ, そつと, そのあと, そのある頁, そのまま応接室, その一つ, その代り, その刄先, その切れ味, その切羽, その後一時間位も, その手, その手巾, その第, その間に, その頁, それから, それぞれの, それではめ板, それで指, それに, そんな風, たのしむ小, たべた, つく, つくづく自分, どこかに, どんじきの, ひつかけ, ふくませいろいろ, ふたりは, ふと浮んだ, ふりかぶったの, まずそれ, また糸口, みせた, みせるの, みたいと, みたの, みて, みよう, みようならば, もう薬研, やったぞ, やっとの, わざと用, わたしを, ゐるの, イクラか, カチッと, カーテンを, ガラス箱の, ガラッ八, ガラツ八の, クララの, ザッと, ザツと, セカセカと, チョク, ドアに, ドシリと, ヌーッと, ピタリと, ホームズに, ポケットに, マダムの, ローマは, 一口お, 一寸洟, 一服吸った, 一番左端の, 一読せし, 一通り読みかへ, 一通り読み返した, 一銭で, 丁寧に, 丁度原稿用紙, 丁度宝丹, 丁度百六拾金ばかり, 三味線を, 三度ひらひら, 三方の, 三谷に, 上り口まで, 上着の, 下つ, 丑松に, 世に広めよ, 並べた, 並べて, 並べて見ます, 並べ終ると, 中の, 中へ, 中村警部に, 主人の, 主人を, 二つの, 二三句の, 二三枚握らすれ, 二人の, 二度刷は, 云った, 云ふ, 五郎助の, 人前も, 今更漉返し, 仔細に, 仕事場の, 仰向, 仲間を, 伊織に, 伊集院の, 低唱せ, 何かしら鍋の, 何んの, 來て, 俯向きがちに, 備つけの, 僕に, 僕の, 兄に, 先ず仇敵明智, 先づ大阪毎日新聞に, 八つが, 八五郎に, 其の上, 其水で, 其箱を, 其高い, 再び三たび口, 再読す, 写生すべく, 写真を, 冷たな, 処方を, 刃を, 前に, 劉備は, 勇の, 勘定の, 医師に, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と, 博士に, 卜占に, 取る訳, 口の, 名目と, 吐き出した, 向ふ, 吸取紙, 吹きすさみつつ, 吾, 咬むこと, 喰うです, 四邊を, 四郎に, 壁の, 声立てさせじ, 声高く, 多年苦心の, 夜更けまで, 大切そうに, 大急ぎで, 大藏と, 女の, 女中に, 子供達の, 客に, 客の, 尊氏に, 導火線に, 小さく捻る, 小さな咳払い, 小次郎に, 小皿に, 小錢, 尖の, 展げて, 川という, 巨石の, 床の間に, 弁当を, 弄び始めようと, 弟夫婦へ, 弦を, 強いて, 役僧に, 彼に, 彼女に, 彼女の, 彼等の, 徐かに, 御勝手, 忙, 念入りに, 思ひ, 恐る恐る開い, 恨めしそう, 恭しく私, 愛撫する, 愛用し, 愛蔵の, 慰み半分に, 懐中し, 懸けて, 戒名や, 所帶持は, 手まめに, 手掌の, 手探りで, 手早く三行, 手早く白痴, 手渡した, 手紙を, 投げやりに, 披見した, 押入の, 指で, 指先で, 指出しけれ, 指向けました, 按察使に, 振つて, 振り冠つたのです, 掛ける, 整理する, 敷いた, 文三に, 新吉の, 方向を, 日外失なひ, 昇に, 昔恋しく, 昔日の, 春吉の, 時々なぐさみ, 時々鍬, 晩食を, 書き出した, 書面と共に, 札を, 机上の, 来たという, 来たの, 来たもの, 来ました, 来ましたは, 来ましょう, 来る, 来坐ったさ, 松五郎の, 枕元に, 栓の, 栓を, 格子の, 横に, 次の間へこそ, 欲いと, 此方から, 此通りと, 武松に, 歩きながら, 歩みを, 歯を, 気に, 水の, 水を, 水管を, 汗でも, 河合金兵衛の, 沼の, 沼田英吉に, 注意深く毒, 清浄の, 渡しました, 渡す菰包, 火の, 火燵の, 無雑作, 煤けたる畳, 片手に, 犬に, 献げました, 玉帯の, 男に, 疊の, 皆に, 皮を, 盛りたる羊羹, 目の, 直したり, 眺めたもの, 眺めながら, 眺める, 眺め乍ら言つた, 眺め易く, 眼を, 眼鏡を, 着た羽織, 石村に, 示した, 示す, 神代も, 私の, 私は, 種員は, 種夫に, 穂竿の, 立つて, 筆清らかに, 紙撚, 紙筒に, 紙面の, 素早く川手氏, 細君は, 組立始めた, 綱手の, 縁側で, 繰返し読ん, 置いたもの, 置いて, 置きました, 置きましたこれ, 老父の, 耳に, 肉屋に, 背中に, 胸に, 胸や, 能書きを, 腰に, 膝の, 臆面も, 自ら楽し, 自慢らしく繰り拡げ, 自棄に, 船燈の, 芝生に, 茶碗も, 萩原を, 薄黄色, 薦めたり, 薪木売り, 蛸が, 蜂谷が, 行こう, 行燈の, 衣の, 表へ, 見せ, 見せけるを, 見せければ, 見せたこと, 見せたと, 見せたもの, 見せた扱帯, 見せた扱帶, 見せながら, 見せましたが, 見せられそう, 見せること, 見せるの, 見せるやら, 見たので, 見たり, 見ます, 見る, 見るならば, 視ると, 親切な, 言う程, 言葉を, 読みかけて, 読み初めた, 読み始めました, 読み直すと, 読み眼鏡, 読み耽った, 読み耽って, 読み耽つた, 読み返しつつ, 読み返して, 読めるよう, 読上げます, 読返し, 調へ, 調べる方法, 調合棚の, 調薬棚の, 警部に, 譲って, 讀上げられたる, 負傷者の, 貰うと, 貰つて撃ち込まれた, 越前守の, 身に, 身動きも, 輪の, 返濟, 逃出そうと, 遊びに, 遠慮し, 部屋の, 酒の, 金之助の, 鉄漿を, 鉛筆で, 鋼鑚に, 閲覧を, 陳の, 隅っこに, 隙間だらけな, 隱した, 露の, 面白さうにそれ, 鞍上に, 鞘ごと默つて平次の, 頂きたいばっかりが, 頭取の, 頻りに交ぜ, 額に, 額の, 額を, 顔の, 風呂敷に, 風呂敷包に, 食ふ, 食べて, 食卓の, 飮暫時其處に, 飮眞似, 飯櫃を, 飾りみんな無上, 飾るん, 駄夫にだけ, 高瀬に, 麥煎餅か, 麦煎餅か, 黴を, 鼻を

▼ 取出しそれ~ (22, 2.2%)

2 に酒, を曲者, を誰

1 [16件] にぽん, の表面, をピアノ, を一々, を三脚台, を側, を勝手, を屍体, を床, を息子, を私, を裏, を見い見い, を買, を預かっ, を預つ

▼ 取出しその~ (11, 1.1%)

1 [11件] 一方の, 中から, 中の, 中へ, 二つを, 代り偽の, 代り僞の, 先を, 引金に, 蓋を, 裏を

▼ 取出しては~ (10, 1.0%)

2 読んで 1 くれません, ひとり物思いに, 人に, 捨て又, 梅干を, 溝の, 眺めて, 読返し

▼ 取出しながら~ (8, 0.8%)

1 そこに, 一つ一つ傍の, 姪と, 早や, 独りで, 聞いた, 言った, 馬鹿

▼ 取出し~ (8, 0.8%)

1 なりますか, ゆくこと, 出かけるに, 行く, 行く事, 行った, 行って, 行つて錠前を

▼ 取出しこれ~ (7, 0.7%)

3 にてお 2 は此子 1 はこの, は些少

▼ 取出したり~ (6, 0.6%)

2 一生懸命の 1 した, して, 包んだり, 漸く一年前

▼ 取出しそれから~ (5, 0.5%)

2 棚の 1 主人夫婦の, 此處へ, 絵筆を

▼ 取出し平次~ (4, 0.4%)

2 の膝 1 の前, の掌

▼ 取出し~ (4, 0.4%)

1 は纔, は餘, を質, 見られよ此通り金子

▼ 取出しそれに~ (3, 0.3%)

1 お伺い, 何物かを, 雄鱒

▼ 取出したる~ (3, 0.3%)

1 が大, ものぞとは, 懐刀

▼ 取出し~ (3, 0.3%)

1 から引出した, より四五兩分, より猩々緋虎

▼ 取出し友仙~ (3, 0.3%)

2 の帶 1 の帯

▼ 取出し改めて~ (3, 0.3%)

2 父親に 1 懷中へ

▼ 取出し皆んな~ (3, 0.3%)

2 に見える 1 に見せた

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

1 かさとも知らず押しいただき, ア出せ

▼ 取出しそこ~ (2, 0.2%)

1 に残った, をガリガリ

▼ 取出しそれで~ (2, 0.2%)

1 ドアを, 所在無さ

▼ 取出しつつ~ (2, 0.2%)

2 鞘ながら

▼ 取出してあつ~ (2, 0.2%)

1 た, たり朝

▼ 取出しても~ (2, 0.2%)

1 あとに, よい程懇意

▼ 取出しわざと~ (2, 0.2%)

2 曲者が

▼ 取出し事務室~ (2, 0.2%)

2 の卓

▼ 取出し二人~ (2, 0.2%)

1 の前, の手

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

2 の格子

▼ 取出し帛紗~ (2, 0.2%)

1 のま, のまま

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

1 身分の, 門跡へ

▼ 取出し憎らしい~ (2, 0.2%)

1 じゃありません, ぢや

▼ 取出し暫く~ (2, 0.2%)

1 のあいだ相, 眺めて

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

2 を逆

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

1 によごれた, を拭い

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

1 をつける, を點

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

1 を伸す, を伸ばし

▼ 取出し盜賊~ (2, 0.2%)

1 に渡せ, の前

▼ 取出し着物~ (2, 0.2%)

2 を着変えた

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

1 にのせ, に包み

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

1 栓に, 爺さんの

▼ 取出し自分~ (2, 0.2%)

1 の右, の頭

▼ 取出し襦袢~ (2, 0.2%)

1 の袖, の襟

▼ 取出し長庵~ (2, 0.2%)

1 が前, へ相

▼ 取出し~ (2, 0.2%)

2 を払っ

▼1* [175件]

取出しあと二人を斃, 取出しいきなり仕立屋の, 取出しいくらかの金, 取出しいちばん近くの, 取出し浪の, 取出しこんな走り書きを, 取出しさえすれば, 取出しすっかり血を, 取出しそいつを応用, 取出しそうな権幕, 取出しそつと隱, 取出してね思い切って, 取出してのひらに握っ, 取出してよたまには, 取出し由川上宗壽三島の, 取出ししたものの, 取出しぱらぱらめくって, 取出しまたそこに, 取出しわが胸の, 取出し待って, 取出しカラカラ指先で, 取出しチンと涕, 取出しチーズを片手, 取出しポケットに入れ, 取出しポストの口, 取出しヤッと髪の毛, 取出し一々それを, 取出し一人の警官, 取出し一包にし, 取出し一口ぐっと飲ん, 取出し一度拭ってから, 取出し一服やりながら, 取出し一頁と読まない, 取出し丁寧に打視め, 取出し三両出しかけて, 取出し三寶に載, 取出し三藏の盃, 取出し上下すっかり脱, 取出し両手でぱたぱた塵, 取出し主人夫妻の前, 取出し乍ら丑松の返事, 取出し事細かに二通, 取出し二個に示し, 取出し二品を取出し, 取出し五寸ばかりもあろう, 取出し亭主に向, 取出しなきを, 取出し人間一人水中で突いた, 取出し今一度吟じ聞せよと, 取出し伊賀亮が前, 取出し伏拜みけるに, 取出し佐州相川郡尾島村淨覺院門前に捨子, 取出し何れもの前, 取出し作藏に渡し, 取出し元利共何程に相成, 取出し其処から狙っ, 取出し其所へ床敷延, 取出し初めた, 取出しに差, 取出し勝手に遣, 取出しなん, 取出しをヘ, 取出しの上, 取出し和蘭流の名, 取出し嚢中の金額, 取出しともいっ, 取出しのふけ, 取出し膽にも, 取出し大刀の血, 取出し見よ酒, 取出し失礼ながらといっ, 取出しに聞えよがし, 取出し好きなの, 取出し好く顔に, 取出し如何も少々, 取出し如何にも手際よく, 取出して參上, 取出し子供のため, 取出しも初めて, 取出し宴席に戻っ, 取出し小さき砥石に, 取出し小姓に向かっ, 取出し少し許おんに, 取出し居間に籠っ, 取出し屍骸に手, 取出しと汁, 取出し幸吉の前, 取出し幾度か鼻, 取出し幾箇かの銀貨, 取出しに有, 取出しを合せ, 取出し弥三郎に着せる, 取出し張松の手, 取出しのまえ, 取出しに籠め, 取出し志丈の前, 取出し思いきり上から突き, 取出し急所をグサ, 取出し悲怨の歌, 取出し懐中附木へ火, 取出し我とはき申, 取出し手早く収めつつ, 取出し手箱の中, 取出し扨此書付は久八殿, 取出して行燈, 取出し拙者は町奉行大岡越前守公用方平石次右衞門, 取出し帰って, 取出しもて撮み, 取出し改め見れば小判八十兩, 取出し教職員を指揮, 取出し明神様の裏, 取出しの根, 取出し梃子として, 取出し此方の望み, 取出し此通り國難の時, 取出し残り五十両はその, 取出し殘らず勘定, 取出しの前, 取出し汪紹生に差出しました, 取出し法律の名, 取出し洋燈に照, 取出し源兵衞といふ餠屋, 取出し源次郎に渡す, 取出し火入の中, 取出し樣なら, 取出し煙草くゆらせ居たり, 取出し煙草入も傍, 取出しを討ち, 取出しり好み, 取出し画家に渡し, 取出し白い腕の, 取出し白井が能書, 取出し目安方へ差出す, 取出し摸殿率拜見と, 取出しもくれず, 取出し然に, 取出しに念じ, 取出し祿兵衞の手, 取出し禄兵衛の手, 取出しに向っ, 取出し私たちの前, 取出し能所へ, 取出しのま, 取出し突然机へ, 取出しの硝子, 取出しの方, 取出し筒先を空, 取出し箪笥の抽斗, 取出し紙幣を半分, 取出しふ, 取出し翌日の朝殘, 取出し自らこれを打っ, 取出しへけれ, 取出し良人の前, 取出しへ渡し, 取出したる昔, 取出し葬り呉よと, 取出しを開い, 取出しの口, 取出し裏返しておい, 取出し観音谷の地形, 取出し謹んで手渡ししよう, 取出し資本と云, 取出し越前守の前, 取出し之助, 取出し鉛筆をもて, 取出しや砂金, 取出しで蓋, 取出し難なく座敷に, 取出し額面を書きつけ, 取出しは直に, 取出し饅頭の菓子器, 取出し高くかざして, 取出し鳥越様の石垣, 取出しの先