青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「坊さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地球~ 地理~ 地蔵~ ~地震 地震~ ~地面 地面~ ~坂 坂~ 坊~
坊さん~
~坊主 坊主~ ~坐 坐~ ~坐っ 坐っ~ ~坐った 坪~ ~垂れ 垂れ~

「坊さん~」 1656, 18ppm, 6388位

▼ 坊さん~ (353, 21.3%)

4 急に 3 それを, 眼を

2 [21件] おだやかに, お友だち, この間気が, しばらくゴホゴホ咳嗽, しばらく息, じっとみんな, じっと星, その時, とんで, びっくりし, 一寸声を, 他の, 味噌を, 帰って, 度々お礼, 桃太郎が, 牛の, 私を, 空を, 言った, 非常に

1 [301件] あがりが, あるとき京都, あれで, いかにも貪慾, いきなりそこ, いちいち訳を, いつでも, いつも白い, いないだろうなあ, いまだにこの, いまの, うなずいて, うまくいきました, おいら嫌いだ, おかしな物, おばあさんが, お二人, お寺に, お留守, お金が, かう言, かう言つて, ぎょっとし, けばけばしい色, けろりとした, こ, この二つ, この二三日, この説教, こわごわ立っ, さすがに, さてこそ, さもさ, しかたなし, しだいしだいに, しばらく見よう, しゃんしゃん音, じいさんに, すぐさま死体, すべての, そういいました, そう云う, そのうち人里, その五十円, その山, その絵巻物, その馬, その鬚面, それでもいっこう, それよりは, たいそう気の毒, ただ一人, たったそれっきり, たべては, ちっとも驚きませんでした, ちょうど南画, ちょうど家具, ついに何, つるりと頭, とうとう年, とうとう怒り出した, どうしたい, どこか, どこから, どこに, なおも鑑定, なお窓, なか, なかなかえらい, なかなか通りません, なるべく遠方, なんだか見覚え, ねえやの, ねじり鉢巻で, びしょぬれになっている法師の, ふるえながら, ぶたれながら, ほかの, ほっと息, ほんまに, ぼくに, まじめ気に, また戻っ, また片手, みんな集まり, むちを, むなしい期待, もういよいよ絶体絶命, もう横町, もっぱら坐禅, もと来た, もの静かに, やはり妻帯, よい人, よくお, よろこんで, イケマヘンと, グラスゴーまで, シヤナアンよ, ソファの, ハッキリと, ヨナに, ラキーチンの, ラサ府に, ランプを, 一息つい, 一日寂しい, 一軒, 不意を, 世界の, 世間知らずだ, 二人すなわち, 二度びっくりし, 二日ゐ, 云った, 今まで, 今日ゐない, 仔細らしく, 仙桂和尚の, 何う, 何にも, 佳墨が, 例の, 偉い, 僕に, 元は, 元より, 六十余名いずれも, 別に引導, 別に御, 前の, 劇しい逆上で, 勿体ぶつた, 十日と, 単に読み, 即座に, 又お, 又呉家, 受納し, 召し出されて, 可なりに, 可恐しく, 呆れ返って, 呑気で, 商売上手です, 喜んで, 嘆息した, 嘘を, 四五年も, 四年に, 固い物体, 坊さんだ, 坊さんみたいな, 坊さんらしく, 城の, 報光寺の, 壇の, 変な, 夜が, 大変ずる, 大変性質の, 大嫌ひだつた, 奥さんに, 如宝という, 妙な, 始終戸棚, 姿を, 嬰児の, 学校へ, 宗論に, 寒そう, 寮舎に, 尋ねた, 小犬の, 小麦の, 少しく首, 少し顔, 屹度お, 巡査とは, 左腕を, 巧い, 巧みに, 帳面へ, 平気で, 床の間の, 座敷は, 弁解する, 彼だった, 彼等が, 徒らに, 心の, 思わずぎょっとし, 怪しげな, 怪訝に, 恋の, 恐る恐る問い返した, 息を, 感心した, 懐中から, 或時, 戦死者で, 戻って, 手や, 手を, 文芸春秋の, 斯う, 日本で, 明日あたり身體を, 春日の, 最初から, 朝から, 本堂の, 本尊様の, 本当にいた, 机の, 来て, 来るので, 松島に, 案外覇気, 横手を, 正一を, 気の, 気難しげ, 汗ばんだ額, 池の, 法事へ, 法会の, 法力が, 法師の, 泣き出しました, 泣き顔を, 涙を, 渋面を, 激しい恐れ, 火鉢の, 炉端に, 無理に, 物慣れた調子, 珠數を以て, 百姓の, 皆その, 皆出, 皆朝廷に, 皆箭より, 皆隠居主義で, 目を, 知った方, 知らぬ顔を, 私が, 私の, 秘蔵の, 空腹であった, 突然の, 立ち上がった, 立去って, 笑おうとも, 笛を, 答えた, 細長い箱, 続けた, 縁の, 職分的である, 職業として, 職業柄その, 肝を, 背に, 自分には, 自分は, 花柳地の, 苦しそう, 苦笑ひ, 苦行を, 草の, 菅谷の, 落ちついて, 蜜蜂小屋へ, 衣の, 衣を, 表へ, 言葉を, 詩人に, 話しはじめた, 話し続けた, 話を, 誰な, 起きてからに, 越後者なる, 趙州古, 足の, 跼んでいろいろ, 長野の, 静かに, 顋で, 風向きの, 首を, 驚いたの, 驚いて, 高野山とかの, 魚の, 鸚哥の, 黙って

▼ 坊さん~ (313, 18.9%)

8 来て 7 出て 5 それを, 自分の 4 お経 3 ありました, いると, 來る, 立って

2 [11件] あつた, ある, いて, 二人の, 居た, 引受けて, 急に, 来ます, 私を, 言うには, 頭を

1 [250件] ああ云う, あったじゃ, あったぜ, あったはず, あつて, あの温泉, あります, ありますから, ありません, あんげに, いったの, いった時, いつた, いなかったらもっと, いふには, いました, いらっしっては, いる, いるだろう, うつ向いて, おしてなあ, おったもの, おりました, おりましたが, お二人, お前を, お墓, お寺から, お經, お見え, お説教, きかして, きたな, ここバルチック海の, こちらで, このあたり, この山, この戒名, この頃, これは, じつさい, そこへ, その不動尊, その点, それ禅という, そろそろと, たと, ちょこなんと座っ, ちよつと, つくねんと部屋, なにかの, のたくらせた蚯蚓, ひとりで, ひとり手に, ひょっと書い, ぼけて, ぽつねんと俯向, また這出し, まだ店, やおら説きはじめる, やすんで, ゐた, カレンの, ドッサリお金を, マドンナや, 一人, 一人で, 一人ひょろりと, 一人も, 一人立つ, 一人縊れ, 一人衝立つてゐた, 一切合財ものを, 一列に, 一枚特志を以て, 一緒に, 三人ことこと杖を, 三人タキシーの, 上って, 不思議にも, 並び多門老人, 九州の, 乱暴し始めた, 二人づれ, 二人出, 二人立ち話を, 云った, 亡くなりますと, 京の, 今から, 今の, 今時上野に, 仏心とは, 仏蘭西人らしい, 住んで, 何か, 何を, 何時か, 佛蘭西人らしい, 信長公こそは, 偉いの, 入って, 其の金貨, 其時流行で, 内証で, 写した本, 出来心で, 助けに, 勿体ぶつ, 千人も, 厚い蒲団, 厭味らしい, 只冥想, 右の, 名づけ親, 向うへ, 呆れて, 問答を, 喋って, 四人位太鼓を, 四人来, 坊さん以外の, 坐って, 外の, 大いに驚い, 大きな仕事, 大きな毛鑷, 大きな馬, 大勢よ, 大変威張, 大嫌いだ, 奥で, 好く往来, 安つ, 富永に, 富永の, 寒さうに体, 将棋遊びを, 小坊主を, 小林君の, 尻はしより, 居るです, 山奥から, 帰ったの, 帰ってから, 帽子を, 年玉を, 幼い時分, 当時の, 御見え, 御説教, 必ず味噌, 忍ぶよう, 怒って, 急用の, 怨めしそう, 恭しく捧げ, 意外にも, 成朝に, 手紙で, 承知し, 抱き起して, 拳骨を, 持ち歸つて間, 捕まって, 握つて, 支那へ, 教誨の, 文典修辞については, 新趣向, 施設した, 日本の, 普段の, 書いた, 書いて, 書かれたもの, 月を, 木の葉を, 杖を, 来た, 来ないか, 来ました, 来る, 来る其晩, 楓の, 様々の, 死んじまうぜ, 氣の, 沢山入り込んだ, 法の, 渡って, 漁の, 物々しくいいつづけました, 物々しく御, 王宮から, 現れて, 畑の, 畠から, 白河の, 百十四五名なお, 知って, 私と, 私達に, 穿きたて, 立川流という, 立飲台の, 答えた, 答へ, 紅い裏, 経文を, 網代笠を, 聞くと, 腐敗し, 自分で, 若くて, 落着いた, 蝋燭を, 行き次に, 行脚を, 裏の, 西洋から, 見えませんでしたか, 見つけて, 見舞いに, 覚海上人の, 言い出した, 言うのに, 言った, 訊ねた, 話すの, 説いて, 誰である, 贋紙幣を, 辛うじて, 近頃住まっ, 返事を, 通りあはせて, 通りかかると, 通り掛つたので, 酒に, 附いて, 隠して, 静, 非常に, 顔を, 香煎を, 高い声, 鬚の, 鯉に, 黒い法衣

▼ 坊さん~ (287, 17.3%)

6 姿が 5 ことを, ように, 方が 4 声が, 梟が, 梟は 3 ところへ, 前に, 所へ, 法衣を, 顔を

2 [24件] お経, お説教, くせに, ような, 中には, 名を, 姿を, 子が, 御経, 息子か, 息子と, 感情を, 所謂大疑, 手で, 手に, 方へ, 梟も, 癖に, 話は, 話を, 読経が, 講義が, 身体が, 顔などは

1 [191件] あげるおいのり, あとを, いったとおり, いわれたこと, うしろの, うちに, うちの人たちと, おっしゃる人でなし, おとき, おばあさんが, お勤, お国, お夕飯, お婆さんは, お經, お話といふ, ことが, ことなど, ことは, すがた, つとめといつても, ところに, とまる宿, ひざの, ものな, やうに, ようで, ゐる所, ブラウンと, ポケットから, 一向パッと, 上っ張りの, 上に, 不思議な, 中でも, 中へも, 事でした, 二人までは, 云うこと, 云ったこと, 云ふ, 仏事を, 仏頂面が, 仰有る通り, 会てので, 伝手で, 伯父との, 住いの, 住んで, 何処が, 供養にも, 俗権に, 僕は, 前で, 前へ, 包まつた蒲団, 卜者に, 名の, 名は, 名前は, 唱えそう, 回りに, 声なぞよりも, 声学校の, 多いには, 大将の, 大黒に, 失敗話を, 奇怪な, 奥さまは, 奥さんたちの, 好みの, 如何にも, 姪が, 姿である, 姿は, 娘だ, 子でした, 子供が, 学校に, 寒そう, 小麦の, 尤も歓迎する, 居なさるところ, 居間に, 帰った後, 帰りを, 後について, 後を, 御説教, 心を, 思い違いかも, 息子から, 懐から, 成人した, 所で, 所へでも, 手紙では, 承兌, 担いで, 持って, 掛けぶとんを, 数が, 数は, 方から, 方は, 方へばかり, 方を, 時には, 暮しに, 書いた, 書いた本, 書である, 書には, 書の, 有難い法衣, 服装で, 杖つきのの, 来られたの, 来客あり, 槍持を, 様子が, 様子は, 歌が, 殿様でした, 汚れた足袋, 法華経などを, 法衣だった, 漢籍の, 為には, 爲には, 父親さんと, 猿の, 生き葬式用, 生涯の, 発明だ, 真白な, 眼は, 眼識を, 着実そうな, 知識から, 答える声, 紹介で, 縄を, 罠に, 考へた小麦, 肩帯を, 舎について, 苦しみが, 虎関は, 行の, 袈裟の, 袈裟を, 袖の下で, 被るよう, 要求した, 要求を, 親しい笑顔, 親切な, 言うこと, 言う通り何処, 言って, 言葉よ, 言葉を, 計算の, 話だ, 話と, 話に, 説教が, 説教と, 説教の, 説明でも, 読経も, 読経代だけを, 讀經と, 赤剥ぎ, 足音に, 跡を, 身分だ, 返答如何にと, 銅像が, 開いた寺, 間では, 間に, 集めた八巻もの, 面が, 頭にも, 顔の, 顔は, 香煎も, 鼻を

▼ 坊さん~ (134, 8.1%)

4 なって, なるの 3 なっても, 聞いて 2 お経, なつた, なりました, なるん, 往診し, 頼んで

1 [108件] あなたちょっと, あやまって, うちあけて, おなりなさる, お祈りを, お賽銭, きいて, こういっ, したの, したので, しようと, するつもり, すると, そんなこと, たのんで, だからとて, だつて, なったの, なつたさうです, なつて, ならなくとも, なりたいの, なりますから, なるかも, なるくらい, なるさえも, なるぞ, なるつもり, なると, なる位, なる心, なる気, なる訳, なる面白い, なれ, なれるという, なろぞ, やったの, やらうとして, 一と, 乾桃を, 今晩此処で, 代って, 休息し, 会ったの, 会つてもつ, 伴れられ, 似て, 何事かを, 其の発明, 出会つた時など, 出逢ったの, 出遇うと, 力を, 助けられて, 匿まわれ, 叱られて, 向かって, 嘲られてから, 困つて, 女の子が, 宛てて, 宝物を, 実質的に, 小判を, 就いて, 幾度も, 怪我でも, 意趣も, 懺悔した, 成ったの, 成りました, 手紙を, 扮し, 持ち出したもの, 授けて, 會つた, 望むからの, 注意を, 渡して, 生命を, 申しますと, 目を, 石を, 祈るよう, 私が, 私を, 簪の, 聞きたま, 聞きたまえ, 腹ん, 行きあつ, 見せて, 見込まれたとは, 見込まれては, 訊いても, 財布ハタイて, 追いかけられたもの, 追ひかけられた, 逢えないという, 逢ったらその, 逢つ, 邂逅した, 限つて中味が, 頼まなければ, 頼みこれこれ, 頼んだそう, 饒舌らしてる

▼ 坊さん~ (62, 3.7%)

4 呼んで 2 樫の, 頼んで

1 [54件] いきなり戸棚, こわい目, そこに, たくさん呼ん, つれ出しに, なぐさめて, ぶちました, また呼ん, よんだり, 上へ, 乗せた一頭, 乗せた駕, 乗せるって, 二人まで, 人身御供として, 信ずるよう, 俺は, 入れるの, 出して, 呼ばないで, 呼びかけた, 呼び村, 呼び止めて, 呼ぶかね, 呼ぶの, 呼んだ, 呼寄せました, 地位の, 外の, 夜寒む酔醒め, 大勢頼ん, 大喝し, 尋ねたの, 尋ねに, 庭に, 引きずり起こして, 忘れて, 怖がるとは, 払ったよう, 押えつけて, 招いて, 捕まえて, 探しに, 生き埋めに, 笑は, 置いて, 見かけなかったか, 見たと, 見つめて, 見て, 見出すの, 訊ねて, 誘惑しよう, 遊ばして

▼ 坊さん~ (44, 2.7%)

6 一緒に 2 二人の, 何か

1 [34件] いうけれども, いえども, お母さん隆ちゃん私と, これも, して, 一所に, 一馬さんが, 二人きりで, 云えば, 云って, 俺の, 出逢って, 参拝者と, 同じ坊さんだつ, 呼びかけたの, 呼ぶには, 呼ぶの, 問答を, 大きなひ, 大抵毎日, 奥へ, 学者ばかり, 容子が, 思つたのも, 怪物その, 来りゃあ, 生れて, 相対し, 知己に, 私だけが, 見えて, 道づれに, 革命家を, 顔を

▼ 坊さんたち~ (37, 2.2%)

1 [37件] から故障, が, がみんな, がやって来た, が曼荼羅, が物, が芸術的生活, が香炉, が騒い, が驚きました, にだけ信心, には何, にまじっ, にもまるで, によつて, にボルゾイ犬, にモークロエ村, のこと, のところ, のモダン, の中, の仰々しい, の商売上手, の料簡, の溜り, の知らない, の衣, の袈裟衣, の鞋履, は, はそこ, はまったく, は地獄, は頭, も人物, やその, を遊興

▼ 坊さん~ (32, 1.9%)

1 [32件] あったもの, ありました, あるには, いいました, いないこと, いるそう, したこと, その味方, その樣子, そんなよう, もうお, やはり坐禅, わるくない, ゐる, モウお, 叮嚀に, 呉家の, 坊さんだ, 坊さんなら, 夜おそく, 如何でございます, 居たとは, 川名へ, 心配し, 戒名には, 早く寝た, 村の, 死んだよう, 祐堂和尚ほどに, 見かけに, 負けない気, 開けなすったのね

▼ 坊さん~ (29, 1.8%)

52 がその

1 [22件] いま生き, からいくら, からやはり, から少し, か道士, があの, がそれ, つた事は, とかいふアーメン, と思った, な, なまあ, ね, のって, のという, ひょっとしたらあれ, よゆっくり, よマア, よ是非先生, わね, わ今度, 逆さに

▼ 坊さん~ (23, 1.4%)

2 あつて

1 [21件] あつた, いわゆるポーヴル・カトリック, げしょう, これは, さへ, それは, まず自分, また失敗, 一風変つた, 今度私を, 其の人, 力およばず, 善の, 延珸の, 廷珸の, 普通の, 智恵が, 有名な, 源八と, 皎然, 鯉に

▼ 坊さん~ (21, 1.3%)

2 が彼女

1 [19件] が二, が居, が恭, が攻撃, が暇, が躍起, が長い, だった, とそれから, と同様, に問, の伝記, の儀式, の肖像, の興味, はきつ, はその, は困った, を関東

▼ 坊さん~ (14, 0.8%)

1 [14件] がえらい, 一馬と, 仕着せの, 兵士や, 坊さんの, 安倍晴明という, 寺男が, 少しびつこをひく馬, 尼さんを, 引いては, 意地わるの, 本郷から, 神主が, 遺族を

▼ 坊さんには~ (12, 0.7%)

2 聞えませんでしたが 1 しない条件, 不正直なにせ, 丸められちまいせっかく, 分らないだらうか, 大変な, 我慢の, 珍らしい, 矯風会の, 置床の, 見る眼

▼ 坊さん~ (10, 0.6%)

32 何か 1 え総髪, 家と, 尼の, 政治家の, 行者であろう

▼ 坊さんです~ (10, 0.6%)

2 か, よ 1 から, からことに, が安直, その坊さん, ね, わ

▼ 坊さんという~ (9, 0.5%)

4 ものは 3 のは 1 のが, 坊さんは

▼ 坊さんでも~ (8, 0.5%)

1 兎に, 女でも, 女房を, 実地に, 来たの, 神主でも, 精進でも, 絵を

▼ 坊さん~ (8, 0.5%)

4 んだ 1 のかしら, のである, のです, の一人

▼ 坊さんらしい~ (8, 0.5%)

1 のが, ので時々, 人が, 会話は, 名に, 姿は, 性格を, 意見で

▼ 坊さんから~ (7, 0.4%)

1 傭われて, 出て, 手紙を, 聞いて, 詳しく村, 誉められるよう, 贋紙幣と

▼ 坊さん~ (6, 0.4%)

2 坊さん, 坊さん新 1 坊さん何うし, 坊さん奈何した

▼ 坊さん~ (5, 0.3%)

1 ねんねする, 城坊主か, 施米を, 経を, 酌女の

▼ 坊さんにも~ (5, 0.3%)

1 なれずこれから, 今時は, 分けて, 薫陶を, 逢って

▼ 坊さんであった~ (4, 0.2%)

1 が叡山, ということ, とかまた, のです

▼ 坊さんである~ (4, 0.2%)

1 が神, ことが, 事が, 鳥右さんに

▼ 坊さんなら~ (4, 0.2%)

1 お泊め申す, 一番太鼓を, 大丈夫でございましょう, 居士も

▼ 坊さんあんた~ (3, 0.2%)

1 はほん, は何, は諦め

▼ 坊さんかん~ (3, 0.2%)

1 ざしの, ざし何, ざし買うを

▼ 坊さんがた~ (3, 0.2%)

1 そういう愛, に御, はお

▼ 坊さんじゃ~ (3, 0.2%)

1 ないよ, ない誰, 鮭の

▼ 坊さんだって~ (3, 0.2%)

1 もう二三丁, もう少し早く, 芝居小屋を

▼ 坊さんでは~ (3, 0.2%)

1 ないか, ないかしら, なくた

▼ 坊さんとは~ (3, 0.2%)

1 よくそれ, わけが, 少し違う

▼ 坊さんばかり~ (3, 0.2%)

1 でなく此処, では, で余り感服

▼ 坊さんまでが~ (3, 0.2%)

1 うらめしかった, 衣の, 読んで

▼ 坊さんみたい~ (3, 0.2%)

1 で変わって, なこと, ね

▼ 坊さんかと~ (2, 0.1%)

1 やがて腑, 読みながら

▼ 坊さんこの~ (2, 0.1%)

1 中で, 窖に

▼ 坊さんじゃあ~ (2, 0.1%)

1 ねえの, 案内を

▼ 坊さん~ (2, 0.1%)

1 やない, やねえか

▼ 坊さんでした~ (2, 0.1%)

1 がそんなに, けれど今更どう

▼ 坊さんでしょう~ (2, 0.1%)

1 かね, ね

▼ 坊さんといふ~ (2, 0.1%)

1 のが, ものは

▼ 坊さんとか~ (2, 0.1%)

1 セイロンの, 神道の

▼ 坊さんなかなか~ (2, 0.1%)

1 サバケテいる, 人を

▼ 坊さんなど~ (2, 0.1%)

1 いふもの, よう自分で

▼ 坊さんなどの~ (2, 0.1%)

1 戯談から, 顔が

▼ 坊さんなんて~ (2, 0.1%)

1 ありがたいもん, ものは

▼ 坊さんにな~ (2, 0.1%)

1 つたからは, つたのでした

▼ 坊さんに対する~ (2, 0.1%)

1 嫌悪の, 私の

▼ 坊さんまで~ (2, 0.1%)

1 来たり, 結婚しよう

▼ 坊さんよりは~ (2, 0.1%)

1 武士の, 遥かに

▼ 坊さんらしくない~ (2, 0.1%)

1 と思われる, 横柄な

▼ 坊さん~ (2, 0.1%)

1 買うと, 買うを

▼ 坊さん臭い~ (2, 0.1%)

1 というところ, 文句が

▼ 坊さん~ (2, 0.1%)

1 というの, をちょっと

▼ 坊さん~ (2, 0.1%)

1 のやってくる, は知事

▼ 坊さん~ (2, 0.1%)

1 である, を突き出した

▼1* [133件]

坊さんああして, 坊さんあたしはこれ, 坊さんあたりの時代, 坊さんあなたの眼, 坊さんいま手前をお呼び, 坊さんいわゆる道徳家牧師を, 坊さんおいらは少し, 坊さんお前さんはいくつぢ, 坊さんお寺に閉じこもっ, 坊さんお待ちなねえ, 坊さんかえしてもえい, 坊さんかたれか, 坊さんかもしれないと, 坊さんからのキキコミには, 坊さんがいらしって, 坊さんがた父殺しの言う, 坊さんてくれた, 坊さんきまりがわるい, 坊さんこいぢや, 坊さんこりゃおれ達は, 坊さん成人と, 坊さんしっかりして, 坊さんじみるし黒繻子, 坊さんその外修道者と, 坊さんだけあつて, 坊さんだけがよむ時代, 坊さんだけでも五人も, 坊さんだけに阿弥陀様とも, 坊さんだけは真相を, 坊さんだったからなア, 坊さんだの旅の, 坊さんだろうか, 坊さんちっとも酔っては, 坊さんつて云ふの, 坊さんでありまして冷齋夜話, 坊さんであろう紫紺の, 坊さんでございますから一座, 坊さんでしかないが, 坊さんでないですからむつかしい, 坊さんでなかつたのは, 坊さんとうとうまいって, 坊さんとかに見えるの, 坊さんときたらすましている, 坊さんとしての彼の, 坊さんとしては餘程不思議な, 坊さんとどつちが, 坊さんとに話して, 坊さんとの手切れ話を, 坊さんどうだね, 坊さんなぞは鮹ざかなかなんかでかどわかし, 坊さんなどが社へ, 坊さんなどに会うの, 坊さんなどは訳を, 坊さんなりと聞く, 坊さんなるものは, 坊さんなんぜ背, 坊さんなんかなって, 坊さんなんかになりなさんなよ, 坊さんなんぞは敲きやう, 坊さんなんどがやつぱりさういふ智慧, 坊さんなんぼ仕合せです, 坊さんにといふ風に, 坊さんにね此奴が, 坊さんによって拒まれました, 坊さんに対して何となく親しみ, 坊さんはネ風呂敷包の, 坊さんびっくりして, 坊さんぶるので, 坊さんほど気の毒な, 坊さんほほほ, 坊さんまじりその人数, 坊さんみたような, 坊さんもう泣かないの, 坊さんもう少し広く云, 坊さんもう少しどうにかおしよ, 坊さんよほど出來, 坊さんの入る, 坊さんらしくある時教誨師, 坊さんらしくなって行く, 坊さんわたしがきっと, 坊さんわるいところで, 坊さん一人じゃあ足りない, 坊さん二人下りた, 坊さん云うてました, 坊さん以外の何物, 坊さんうした, 坊さん何処まで行きなさるだ, 坊さん儒者といったよう, 坊さん儒者画家茶人それから町家, 坊さん全体という意味, 坊さん及び俗人の, 坊さん君知つてるの, 坊さんともいう, 坊さんよくて, 坊さん坊主に, 坊さん夫妻が雪崩, 坊さん奈何したん, 坊さんの大, 坊さん学校へ這入る, 坊さん學校へ這入る, 坊さん少し嫌いと, 坊さん川名へ何, 坊さん弁才坊さん民弥さんを嚇し, 坊さん弁才坊さん町へお出かけ, 坊さんのたんと, 坊さんは真言宗, 坊さん得意になつ, 坊さん教師が大, 坊さん数人俄ごしら, 坊さんとちが, 坊さんはよっぽど, 坊さん威張りで弓矢, 坊さん毒酒じゃああるまい, 坊さん民弥さんを嚇し, 坊さん泊まって行く, 坊さん田舎娘さうし, 坊さんへお出かけ, 坊さん疲れてゐなさるだ, 坊さん簪買ふたと云うた, 坊さん籠屋のお, 坊さん花薊の軟, 坊さんもおいり, 坊さんに葉, 坊さん見たいに大, 坊さん見たいなことを, 坊さん貴公子だから, 坊さんの人, 坊さんの位牌, 坊さん軍人侍従長高官ら登場頸に絞首索, 坊さん連中が暴力, 坊さんない気の毒, 坊さん面白いのだ, 坊さんの歌人