青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「坊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~地球 地球~ 地理~ 地蔵~ ~地震 地震~ ~地面 地面~ ~坂 坂~
坊~
坊さん~ ~坊主 坊主~ ~坐 坐~ ~坐っ 坐っ~ ~坐った 坪~ ~垂れ

「坊~」 4889, 53ppm, 2203位

▼ 坊~ (823, 16.8%)

6 ように, 小路の 5 ような 4 からだを, ところへ, 中で, 手を, 方は, 方へ

3 [11件] ことなんか, そばに, 口から, 声が, 家に, 家を, 生命の, 身体を, 運命は, 頭を, 顔を

2 [55件] あたりは, あたりも, あの口惜しい, あるじの, ある中社, いうこと, いたずら小僧, お内儀さん, お土産, ことは, ことを, ほうが, ほうに, ほうへ, やうな, やうに, 主の, 主人に, 主人は, 事それから, 事は, 伯父御, 兄の, 前から, 叔父さんといふ, 口が, 口を, 名を, 姿は, 家へ, 小路に, 惡口を, 手に, 摩擦の, 敬やん, 方が, 方で, 法力で, 津へ, 溺死を, 濡れた着衣, 火また, 炎上は, 父親が, 甥で, 白娘子の, 着物を, 笑い声が, 耳に, 胸の, 話が, 話を, 身体は, 面を, 首の

1 [639件 抜粋] あさましいねたみ, あざ嘲う, あつた, あのコスモス, あるじが, あるじも, いう, いない間, いらかが, うしろでは, うた声を, うちは, うちへ, おっかさんの, おどり, おまつり, おれまでが, お婿さん, お守にしか, お家だ, お指図どおり, お母さまが, お母さんを, お河童頭を, お父さんは, お父さんみたいだ, お祝いが, お部屋, お面, からだは, くせに, こころが, ことが, ことじゃあ, ことだ, ことばに, ことや, この性行上, ささやき, さびしさが, さま, しんみりした, せなか, その嬉し, その手, そばへ, それでもあらう, ために, だ, ところに, ところへも, に仕, のって, ふくみ笑い, ほうで, ほうと, ほうを, ほかに, まえに, まごころ, まるい身体, むなぐらをつかみ引きよせざまパッ, めでたく中学, もよい, やつて, やんちや, ようです, よさ, わたしの, わたしは, ゐる名古屋, キヤラメルの, ソコヌケ将軍は, チンチ哉, ハミングは, ハンス奴が, パタパタいう, ボイが, メインストリートから, 一つで, 一つ四王院が, 一件でございます, 一喝を, 一団は, 一族だらう, 一知は, 一種です, 一行騎馬で, 一軒, 三本指には, 下司法師原という, 下駄を, 両親栄さん夫婦徳ちゃん夫婦が, 中では, 主で, 主と, 主人と, 主左橘右衛門は, 乗輿に, 事という, 事な, 事なんか, 事に, 二人寄っ, 人々が, 人なつっこそう, 人柄は, 介添へで, 仲間が, 伯父隈井九郎右衛門の, 体を, 余りにも, 信頼を, 修法を, 側からは, 側を, 傍から, 傍らに, 僧都道場坊の, 元祖に, 元祖は, 兄と, 兄弟三人も, 兄貴の, 兄貴ぶっ, 光映, 入った袋, 公休日とかに, 公館に, 六十婆さんが, 六坊の, 兵隊さんが, 兵隊さんも, 内などでは, 内儀としか, 决壞せる, 冷えつ處ぢ, 凜たる, 処分は, 出来損ねえ, 出身で, 出鱈目な, 刀法に, 別当と, 利巧な, 前なんかで, 剣風を, 剽軽たらありやしない, 勇が, 勇ましい言葉, 北の方, 北は, 区劃などは, 千代子が, 半纏を, 南門の, 危難を, 厨房に, 又次郎が, 友情を, 叔父さんぢや, 受取った帽子, 口中を, 句かく, 句な, 句はさのみ, 句を, 可愛らしさ, 同志会の, 名は, 名人が, 呻きが, 命を, 命令だ, 命名サービス欄を, 喜ぶ顔, 四天王を, 堂が, 堂まで, 堂舎伽藍は, 場合それは, 場合は, 境内に, 墓が, 墓です, 壇の, 声である, 声と, 外にも, 多くは, 夜の, 夢は, 大きな炉ば, 大きな眼, 大たわけ, 大屋根, 大岡越前守を, 大檀家, 大秦寺とは, 大秦寺の, 大興善寺等の, 大言は, 天惠といふ, 太刀を, 夫婦は, 奏曲は, 奥さんが, 奥の手を, 女の, 女房かも, 奴い, 如き皆, 如き顔, 如く立つて, 妓たちに, 妖怪に, 姉さん位のばかり, 始末を, 姿そのまま, 姿では, 姿を, 娘が, 娘を, 婿引出柳生流伝来の, 嫉妬から, 子供に, 子供らしくなく, 官宅に, 宙乗りから, 実家附近へ, 実録話に, 客と, 室で, 家々も, 家で, 家の, 家族は, 宿と, 寂しい句, 寝台を, 寝息を, 寝顔を, 寢間を, 寫眞や, 寺の, 寺中が, 対局よりも, 對手を, 小さい札, 小さい誇り, 小屋に, 小王子, 小路だ, 小路だらう, 小路なら, 小路は, 小路坊の, 少女は, 屈辱を, 屋敷などへ, 屋根が, 師匠が, 帰りたがる気持, 帰京を, 帰庵を, 広間で, 庭は, 廊下に, 建物も, 弟子に, 弟子共や, 弟子達と, 弾劾に, 影は, 彼には, 彼の, 後から, 後すな, 後を, 徒の, 御裁き, 御話, 心なんか, 心配さうな, 忍, 快実, 思い違いじゃ, 思ったとおり, 性質を, 悪讃岐, 愕き, 愛物です, 慚羞や, 戀文が, 手らしい, 手紙は, 手許から, 招きで, 持った松明, 指先で, 捕虜に, 摩擦は, 放心状態みたいな, 散所, 斜向いに, 新弟子, 方だ, 方に, 方へと, 方を, 旅館に, 春隆という, 時から, 曰く, 朝原寺へ, 本名だ, 本堂に, 本統の, 来庵, 枕もとに, 枕を, 柄を, 根性を, 案内で, 棟からは, 楽と, 楽女たちが, 楽手は, 槍で, 槍の, 様に, 歌だ, 歌を, 死骸といふ, 死骸の, 死體が, 死體の, 母子が, 母親と, 母親に, 毛は, 気か, 気は, 気高い器量, 氣に, 河岸の, 法力だ, 法力なる, 波斯胡寺と, 波斯胡寺なる, 泣き声が, 泣き聲も, 泣き虫は, 泥鰌屋へ, 注文で, 洟が, 洟を, 涙の, 淺ましい, 添寝し, 滑稽な, 火柱夜叉丸とは, 為にも, 無頼な, 燈早や, 父が, 父様は, 父親その, 父親は, 独楽は, 生命を, 生活力という, 申入れ通り一萬兩の, 町の, 番に, 番を, 病気も, 発心と, 白い眼, 皿を, 直ぐ北, 相手にもな, 相手の, 真ん前に, 眼から, 眼がを, 眼に, 着物に, 石松, 石段の, 研究室であり, 祈祷これを, 祈祷で, 祥月命日だ, 種を, 窟, 窪から, 立って, 答えは, 策略くらいは, 素晴らしい次, 細い通り, 細工にて, 組織や, 経歴を, 縞目の, 繁昌期である, 繼母で, 美点ばかりを, 考えを, 者四五人, 耳の, 背後に, 胡, 脅かしの, 脚もとを, 腕でも, 臺所の, 興味を, 舊址に, 若者たちも, 苦しげ, 英憲や, 草庵から, 菩提寺なる, 蛇除の, 血が, 行くところ, 行列である, 行動に, 行末によっては, 術譲りと, 褒美附きだ, 西には, 見えなくなったこと, 見違い, 親たち重治さん栄さん夫婦などと, 親戚が, 言うこと, 言うよう, 言う通り, 言葉に, 訊問どころで, 許しを, 話という, 語の, 誡めを, 説に, 買もの, 贈物を, 赤頭巾, 跫音が, 身へは, 身体こそは, 身体に, 身持は, 身許についての, 軍師格で, 輩下という, 辺だけに, 迷児の, 追いせまる音, 通りだ, 進言によって, 道學先生を, 部屋と, 醜類共は, 野郎何を, 鏡供養も, 門口へ, 門弟で, 間から, 阿闍梨玄尊だった, 陰気臭さ, 隠し父親に, 霊とが, 青鞜派を, 面影は, 頬から, 頬を, 頭が, 頭に, 額へ, 顏でも, 顔そんねえ, 顔と, 顔に, 顔の, 顔中は, 類で, 風儀が, 食膳に, 首に, 首を, 駄々振りが, 鬼にな, 麓に, 黒猫が, 鼻の, 鼻婆

▼ 坊~ (634, 13.0%)

5 どうした 4 僕の 3 それを, どうし, クロの, 眼を

2 [33件] おれの, お酒飮, さう, じぶん, ずぼりずぼりと, その夜, その後押し, ひとりで, カラカラと, チンセイの, 一寸見は, 不動堂を, 何んだ, 奉公人より, 寒くは, 寝殿と, 小声で, 少しどうかし, 常にない, 戒刀を, 手を, 此の世の, 気が, 清ちゃんの, 目を, 窓の, 笑いながら, 自分の, 自然に, 親ゆづり, 講中へ, 非常に, 首を

1 [547件 抜粋] あしたにも, あながち石ころ, あのつくし, あの用人野郎, あべこべに, あれで, いいました, いい子, いくら頼ん, いけませんよ, いった, いったが, いって, いつの間にか喜代子, いつみても, いつも自分, いまだに帰らない, いま睡り, いよいよ躍起, いよいよ飛行機模型づくり, うちの, うなずいた, うるさいです, うるさそう, うわーッ, えらい人, おじいさんの, おとなしい屈原, おとなだ, おどり出して, おどろいて, お三婆殺し, お前とっく, お礼を, お芝居, お菊, かじりつきました, かせぎもの, かなわないまでも, きた道を, きっと上手, きゃっきゃっと, きゃっと, きょうから, こいつが, こういいました, こうしてどんどん, こうして縛られた, ここに, ここを, このたび, このバイオリン, このユリちゃん, この児, この地, この息づまる, この日, この村, この門, こわばったよう, こんどは, こんな花, こんな蒸暑い, さうし, さすがに, さだめし笛, さっき手拭いを, さっき溝へ, しきりに呼びました, しきりに窓, しつっこく, しとねの, すぐには, すこしずつ, すっかりいい, すっかり感心, すっかり隊員, すつかりい, すべてで, すべてを, そつと, そのきつね, そのとき, そのどっち, そのままとび上る, その上, その日, その清廉, その薬屋, そんなところ, そんなに嬉し, たくさんの, ただ黙っ, ちがうのう, ちょうちんに, つい最近名古屋, つとその, つまらなそう, でて, とう, とびあがって, とるにも, どうしたろう, どうしておる, どうしても取らせなかつた, どうしてゐる, どうして泣い, どうして自分, どうして鬼, どうしましたでしょう, どうなる, どうやら西脇つくし殿, どこかへ, どっちィいく, どろ, なお言った, なお院, なぜそんなに陽, なにを, なんだかいい, なんだかうれしく, なんで, なんでも, にやりと笑いました, のぞむところ, のんびりし, はじめていつもの, はじめて万事, はじめて眼, はっとした, はっと眼, はつきり言ふさうで, はねとばされた仔猫, ひどくしょげ, ひどく不満そう, ふいに, ふしぎで, ふと思いつい, ぶつ, ぶるっと, ほんとにびつくり, ほんとに泣い, ぼんやりし, ぼんやりとして, またすぐ, またワツ, また大きな, また泣く, まだ口紅, まだ子供, まだ泣く, まづかう聞きました, まるでなぞなぞ, もうすっかり家, もうホテル, もう一度見たい, もう二年, もう先刻, もう十年以上, もう廣場, もともと日本兵, やおら人形, やくざな, やってきました, やって来て, やっぱり首, やつぱり来, やりかえした, よい夫, よい師友, よくできる, よく出来る, よく分らない, よろめきながら, わたしが, わっと, エプロンの, カンラカラカラと, クロを, コックリコックリと, ジュズを, ソックリそのまま, チラと, チンセイに, チンマリと, ツブ, ヅブ, ニヤニヤ笑っ, ブルブルと, ボールを, ユデダコの, ワンワ, 一し, 一ぺんに, 一兩だ, 一切合財知ってる, 一層面白, 丈夫かい, 上の, 上るな, 上州屋周太郎に, 不安らしい, 不満らしい, 両手を, 丸くなり, 乙組に, 二三年前に, 二三日つかれ, 二階の, 五百余宇の, 人々に, 人の, 人道的樹明君は, 今では, 今日こそ, 今日も, 仔細らしく, 代って, 以前いろいろな, 何に, 何も, 何んだって, 何故か判らなかった, 何處に, 例の, 信心決定した, 傍へ, 傍らの, 僕から, 先に, 全く偽者, 全長一丈五尺刃先の, 六坊の, 円い瓢箪, 出かけたまま, 刄物で, 初日の, 前掛, 剽軽な, 力の, 十円け, 半年ばかり, 半日枕元に, 厭あ, 又き, 口を, 口早に, 叫んだ, 可哀想だ, 周太郎と, 和尚さまの, 喉が, 四十がらみだ, 塾生たちに, 壇の, 声が, 外から, 外へ, 多分, 夜半に, 大あくび, 大きく答, 大きな叫び声, 大きな嚏, 大きな声, 大きな聲, 大へん腹, 大事無いで, 大人でございます, 大人に, 大変びっくりした, 大変吃驚した, 大急ぎで, 大慌て, 大月大佐が, 大釜を, 天下の, 天狗だ, 天魔太郎を, 失敗に, 嬉しかった, 存分に, 学校で, 学生が, 孫モルモットで, 安子の, 宝蔵院の, 家の, 家を, 寝たか, 寝たまま, 寝ちまったの, 寝台の, 寺社奉行所目ざし, 小さい聲, 小さくて, 小さな体, 小団次地雷也は, 小柄だ, 小柄で, 小窓, 少し浮氣, 少し笑っ, 山の, 川へ, 川棚温泉に, 川越の, 工場を, 左右から, 左手に, 己の, 平気で, 幼少より, 幾つに, 座席を, 引つ込んで, 弱味を, 強いぞ, 当惑し, 当時の, 得意と, 御苦労にも, 微動さえ, 微笑む, 心臓を, 必らず置い, 怒って, 思いました, 思い出し樣, 思わずはらはらと, 思わず顔, 思出した, 急に, 怪漢たちの, 息つく, 息の, 意味あり, 愕い, 愕きのため息が, 愛嬌ものだ, 感心を, 憎々しく云, 成善の, 我儘放題の, 手づくりの, 手のひらに, 投げられながら, 拾うのに, 振向き, 敏感に, 新手の, 新聞を, 日光浴どころか, 早く小さな, 早退し, 曲らない首, 有名で, 木を, 本が, 来ないの, 来ない樹明君, 果報や, 根が, 椽に, 楽しまなかった, 槍を, 横山の, 樹明老は, 次男坊を, 正直だ, 歩いて, 歩きかけると, 歯を, 死んじゃったん, 母親の, 毎晩髮の, 毛布に, 気にも, 氣早に, 泊つた, 法力が, 泣き出して, 泣き叫んで, 洒落にも, 洗面所の, 浄土の, 海津城の, 涙の, 涙を, 清ちゃんが, 火を, 火伏せの, 焔に, 無いと, 無事です, 無事平穏に, 熊の, 熊を, 熱心さを, 燭が, 父樣の, 父親に, 片唾, 片方の, 物々しい白, 独り取り残される, 猿若, 獄門に, 玉井金五郎と, 琵琶を, 疾くに, 白いね, 白い鳥, 相当の, 県庁へ, 真っ赤な, 矢張り人に, 矢張り殺された, 矢張り自分の, 矢張自分の, 知らないけれど, 知るまい女, 知るよし, 碁盤目に, 私の, 穴の, 窓から, 立どまつて, 竹の, 精出して, 約束し, 縁の, 縄目の, 縛るの, 翻然悟り, 考えて, 耽溺沈没した, 胸を, 脱線したらしい, 臆病で, 臆病もので, 舌なめずりし, 良い娘, 蒼惶として, 虎井夫人です, 蝶々髷に, 裸男の, 見物の, 許して, 試合うまい, 詮方なく, 誰であろう, 調子に, 護摩の, 變な, 谿間の, 貝がらを, 賢い事, 贋者だ, 贋者で無い, 赤頭巾, 踊を, 身体の, 車を, 近所の, 近頃泣き, 返事を, 遊びに, 酒買いに, 重いな, 金五郎の, 金倉の, 金切り声を, 金歯を, 間違ひもなく, 阿母さん, 陽気で, 難破した, 雪ちゃんを, 非番で, 面に, 面目次第も, 鞍馬の, 音楽が, 音楽家に, 食べ終ると, 食堂から, 餓死する, 首だけ, 首肯いて, 馬鹿な, 駄目です, 駕の, 高々と, 高野街道へ, 高館落城の, 黒猫について, 默つて首を, 黙って, 黙念

▼ 坊~ (391, 8.0%)

5 いいました 4 僕の 3 何か, 壇に, 嫁に, 来て, 足を, 顔を

2 [14件] ここへ, ブラブラ病, 來て, 公方様の, 出て, 喜んで, 声を, 大きくなる, 居ねえよ, 泣く, 生きて, 真正の, 袂を, 額を

1 [336件] ああし, あって, あつしの, あつた, あの三好野みたい, あり対馬行, あんな変梃, あんな露骨, あんまりなまめかしかっ, いきなり駈けだし, いけないの, いささか軟派, いたら薬, いとしく思われ, いなくなったからって, いふ坊ちやん, いままだ, いま窓から, いやしくも一個, いよいよ肩, いるじゃ, いるで余り, おきたら参りましょう今二時, おどり出します, おのし, おもち, お乳, お処刑, お前さん一枚着換え, お腹壊し, かっぽれ, ききました, きたので, くるりと, ことばは, この家, この屋敷, この種, こんなにな, こんなもの, さう言つて教, さけぶひま, さびしいの, したお, したよう, すかさず手のひら, すぐテーブル, そうきく, そこに, そして樹明君, そして餅, それへ, それを, そんなにほしい, たが, たずねますと, たずねると, ちょいと, ちょうど恋, ちよいと, ぢき, つかつかと, つくしを, できますよ, とうとう三千両持参金, とつぜん横合い, とつて, とても気だて, どうしても皆, どんなにか, にやにや笑っ, はるばる海, ひたむきな, ひとみを, ひよつこりと, ぶなに, ぼんやり立っ, またふらふら, まるで旧知, やつて, よくこんな大きな, よびかけた, わざ, わざとぢ, ゐない, ウマウマと, ウントコサ揃っ, ニキビの, ビシッと, ワツと, ヱソを, 一人, 一人後先を, 一番苦労する, 一目も, 三千両泥棒の, 三千兩泥棒の, 三百円も, 上方から, 中学へ, 乘り出し, 二つも, 二人出来上った, 二人連で, 二人連れで, 五分置き, 井戸端で, 今に, 今日やつて, 仲間割れで, 伽藍を, 何うかし, 余り人間らしく可愛い, 作っても, 倉の, 偽者である, 僕たちの, 僕を, 僕自身の, 優って, 儲けたお金, 八五郎に, 八人ほど, 公方様にも, 兵隊帽子に, 其の本人, 凭れて, 出来て, 分かりました, 初心の, 前に, 力に, 助けて, 動くと, 勝ったらキサマ, 十ヵ月近くたつ, 又寝, 叫びました, 可哀い, 可哀想です, 可愛くて, 叱られたの, 向きなほつたとき, 四方に, 困ったこと, 困ると, 土地を, 土竈の, 坐りかけて, 墨染の, 多いから, 夜の, 大声で, 大岡どのの, 女犯の, 好きな, 好きなら, 如何いう, 妻あかき, 妻梅雨の, 姿を, 娘の, 婿に, 子供と, 学校から, 学校の, 家を, 寄せ手の, 寄つて, 寒いから, 尋常二年で, 小声で, 小学の, 小生に, 少し気, 尻尾でも, 居ないッ, 居ないツ, 帰って, 帰つて来る, 帰るまで, 廊下の, 当てられて, 当屋敷, 後を, 御落胤, 心配し, 忌がる, 念仏を, 性こり, 息せき切って, 悪いの, 愈々江戸, 意気で, 意見を, 憂さばらしか, 憫然だ, 憫然で, 手に, 手斧を, 持って, 捨てたやう, 掘り出した金, 摩すつて, 数人の, 新川柳, 新聞に, 新聞を, 日本人である, 昨夜工場に, 朝の, 木炭を, 材木を, 来たら酢味噌, 来た県庁, 来ても, 来ねえでは, 松前から, 柳生の, 根岸から, 棄て, 樹明君に, 歌って, 歩きながら, 歸つて來て, 死ねば, 死んだ, 死生を, 毀れた時, 母親の, 毎晩來て, 気の, 氣に, 泣いたって, 泣いた事, 泣いて, 泣きじゃくって, 泣き出しでも, 泣くよ, 泣出した, 泣出しでも, 泥棒です, 洗濯物を, 涙ぐんだしおらし, 淋しがっ, 淋しそう, 滅茶な, 火に, 火伏せの, 炬燵に, 無事に, 父ちゃん来られない, 甘やかして, 生れたと, 生れて, 生前研究した, 産れた, 田舎で, 癒ったら, 白い看護婦服, 目を, 眠って, 眼を, 着物を, 知らないくら, 知らなかったこと, 私窩子を, 穴の, 立ち上りかけて, 立って, 笑ひ, 第一, 細い声, 細長い白い花瓶, 縋りつかなかったら弾丸, 縛ったん, 纏わりついて, 羨ましい, 耳に, 聞き候こと, 聲を, 肩を, 自分で, 自分の, 自家所有の, 船を, 茶のみばなしを, 荒熊に, 華族の, 葉かげの, 蒲団へ, 蕪の, 薄明るい, 蚊に, 行ふも, 被布の, 見えないね, 見えませぬが, 見えませんが, 見ら, 覗いたか, 言う, 言つてた, 言ひ出した, 討たれたらしい形跡, 許さない明日, 詭計の, 誰やらに, 譫言ばかり, 負うて, 貰つて即座に, 買って, 贋者だって, 赤き足芸, 跳ねまわれば, 踏まれた蛙, 身は, 追ひかけよう, 逃出した, 逃出しました, 通りか, 通ると, 遺つて, 酒と, 重いかぜ, 阿父さん, 集まって, 面を, 飛び込んで, 飛行機模型を, 食べて, 飢えて, 飯綱権現へ, 餌を, 魔に, 魔の

▼ 坊ちやん~ (308, 6.3%)

7 をつれ 6 はお 5 のお, を伴 4 がお, とお, の事 3 が, の手, の着物, はもう, を連れ

2 [23件] がた, が寝, が山兎, である, と二人, と云, には何, のもの, のやう, の声, の爲, の相手, の言, は, はさつき, はどこ, は何, は私, も, やお嬢さん, を抱, を負, を青木さん

1 [212件] がお母さん, がお腹, がさら, がし, がそこ, がそち, がそば, がそんなに, がつい, がつて, がどんな, がふい, がよちよち, がゐ, がアノ何, が一寸, が一番嫌つて, が三つ, が中, が今お, が今何, が今度, が來, が出来, が危ない, が外, が夜中, が好き, が引付け, が御覧, が怯える, が持つ, が早く, が時々, が暗い, が来, が死ん, が死んだ, が淋しから, が生き, が生垣, が見えなく, が見えなくなりました, が言, が訳, が誘拐, が電車, だ, だから, だつたが, だつたね, だの乳母, であると, でございますけどね, でございますよ, でございませうか, です, ですもの, でも, といつ, とお家, とたつた, とてこ, とて此子, との朝御飯, と三人, と偶然, と御, と遊ばん, と遊ん, なの, ならいつ, に, にさう仰る, にされ, にて話, にはなんにも, にはわからねえ, には白い, には白地, に上げ, に劣らぬ, に取, に心経講話, に欲しい, に育つ, に赤い, に附い, のあと, のおかず, のお召, のお召物, のこと, のため, のなつい, のまね, の一時, の入らつ, の命, の大事, の姿, の寝床, の寝間着, の寝顔, の小, の手先, の教育, の死骸, の浮田, の父親, の理想通, の痴夢, の紐, の純潔さ, の膝, の襟元, の見えなく, の話, の足, の黒い, はあやす, はあれ, はおかみさん, はこちら, はさ, はすべて, はそこ, はどう, はのこ, ははじめて, はふい, はほんの, はまだ, はよい, は一寸, は一番, は不思議さうに, は二階, は他, は以前, は向, は喉, は嘘, は壁, は如何, は姐, は寝床, は幾つ, は座蒲団, は急, は成人, は昨夜, は格子戸, は洗吉さん, は無事, は父親, は真似ばつ, は眼, は知, は臆病, は虫, は話, は誰, は豊ちや, は赤い, は青木さん, は食べかけ, は鳥, は黙つ, ばかりでなく, みたいな, もあちら, もあんた, もお可, もとかく, も丁度帰つて, も今, も外, も早く大きく, も来たさう, も白糸, も花, も連れ, も青木さん, や何かと, や孃さん, や孃ちやん, や青木さん, らしい片, をお, をなだめ, を仮り, を傍, を外, を少し, を後, を手, を抱く, を振り返り, を揺ぶつ, を擦り上げ, を殺し, を殺せ, を泣寝入り, を相手, を眼, を膝, を表, を見守り, を誘拐, を護つて留守, を起し

▼ 坊~ (223, 4.6%)

6 して, つれて, 連れて 3 すつかり占めた大 2 出て, 口説いて, 吉野は, 好きに, 思ひ出す, 抱いて, 探して, 矢庭に, 自滅させた

1 [184件] あずけて, あやして, いやしめて, うたふ, おおかみ, おきざりに, おこりつけるとき, お使い, お妾, お菅君, お調べ, かつぎ込んで, きらいらしいね, ぐるりと, さいなみます, したがえて, したので, すっかり占めた, するの, するやう, する様, そっと袋, そのままに, たいそうおどろかせた, たづねて來, たまらなくいじらしく思った, だきあげて, だました, だまして, だまし込み人, ちょいと, ちょっとえさ, つけ廻して, つりさげた綱, つれ込んだ上州屋, とらえた方, とりかこんだ, どこかへ, なぐさめそして, ばかに, ばっさりやった, ひっぱりこんだの, ひとつあずかっ, ひどく落胆, ほんとうの, まんなかに, みよう, むずとつかまえた, めぐる女, よっぽど好い, わしに, オウトウと, グル, ソッと, チャイした, レンショウボウとよまず, 下しました, 下つて西, 下ろしたかという, 下段に, 世間の, 人身御供に, 伴って, 何んとか, 促して, 信じて, 信じないの, 借りたいん, 偽者だ, 偽者と, 傷つけられること, 入れた毛皮, 公方様の, 出たが, 出で, 切りぬいたプロフイル, 前から, 助けたの, 助けに, 助太刀に, 動かしぬ, 勧めたの, 区ぎって整然と, 口説いたつて話, 叩き斬つた上, 叱った, 叱った事, 呼びました, 呼んで, 嗣子と, 好きだ, 好きでなくなった, 嫁に, 嫌ひ, 孫扱いに, 完全に, 宮様が, 家元と, 寝かしに, 対手に, 川へ, 引つ立てました, 引出し兎, 彷徨った, 役所へ, 待ちきれずに, 待つ, 待つた, 待つたが, 待合せるべく樹明君来庵, 得れば, 御城内, 御落胤, 御覧に, 御調べ, 思ひ出さずには, 手活の, 手許に, 手込めに, 打果す, 折角と, 抱いた女, 抱いた姉, 抱きあげて, 持て余し顔, 指しながら, 捜し出せ, 擇んで, 斬って, 斬りすてて, 歸し, 死よりも, 殺した, 殺したあげく, 殺したの, 殺した上, 殺して, 殺めたの, 氷原の, 江戸へ, 渡すこっちゃねえからな, 無理やりに, 生ませた男, 生みましたし, 相手に, 眼の, 私が, 種に, 立ち出ると, 竹の, 繰り返した, 置きましては, 脊負わされ, 膝に, 自由に, 襲ふところに, 見に, 見ました, 見よ, 見ると, 見るよう, 見染めたの, 見直したかね, 見直したという, 託児所に, 訪ねる何, 誰が, 負ぶつ, 越えて, 踰え, 載せますと, 辭し, 迎えて, 返すぜ, 逃がして, 連れこんだの, 道場から, 選ばうと, 頼むと, 頼んで, 顧みて, 養子にと, 首馬に, 髣髴させる

▼ 坊~ (220, 4.5%)

5 ある, 北に 2 住んで, 在つた大秦寺, 在る波斯胡寺, 大秦寺を, 幾度も, 置いて, 送つて

1 [196件] あげたハガキ, あげても, あつた, あらず, あり都下, あるの, ある田村, ある胡天祠, あわれるか, いい加減, いうたであろうが, いじらせながら, いるという, いる善説, おてく, お会い, お土産, お対面, お蓮様, お角, お迫り, お銭を, きいて, きらわれて, くっついて, くれて, こっそり教え, この手紙, この界隈, この靴下, して, しては, せき立てられて, そう云っ, そっくりじゃ, たどりつき, だまされて, ちがいない, つれられて, でき上って, とどめを, なったさすが, なって, なつて, なにがしという, なられちや, なりきって, なりましたので, なり下って, なるといった, ぶつつか, ほんな, まいって, またひどい, みつけられぶじに, めぐりあったの, ゃわからないのだからお前さえ, やってくんな, やるから, やる飴ば買い, よく似合う, ゐる山, イヤな, イヤな思ひ, エリ巻の, モモンガー見たい, 一ばん興味が, 一泊し, 三十両の, 三十兩の, 与ふ, 中の, 乳を, 二十兩の, 云つてきかせた, 仕立てようと, 仰言ったお, 会うた, 似て, 住む張幹, 何か, 來寓した, 侵入され, 係り合いが, 信用なし, 兄ちゃんが, 入らんと, 出づ, 出会っても, 切られたり, 勝てるよう, 化けて, 北の, 単衣, 去年から, 取つて, 同情を, 向い好い, 單衣を, 喰いつこうと, 在つた, 報告し, 夢中でした, 宿り長次郎達, 寓す, 小さい肴屋さん, 小山田一閑の, 就きしの, 居らっしゃるとも, 居殘, 差しあげ大膳坊, 帰って, 座を, 弘法作て, 影繪を, 往きそれ, 怒られて, 惚れて, 成りすまして, 手を, 手傳つたわけぢや, 手紙が, 扮した, 持つて, 救われた生命, 斬られて, 斯様に, 新鮮な, 梅の, 棲み毎度, 極めて自然, 構つてゐる, 歓迎の, 歸つてから, 歸り, 殺されるお, 氣に, 氣の, 永住する, 汝の, 泊る, 浮かれて, 深く隠れ, 渡御と, 灸を, 物寂びた, 生まれたと, 生れた才一郎, 生れ乍ら, 留めき, 盗まれるより, 相談する, 真面目に, 眼を, 着せるもの一つ, 知らせて, 知足坊の, 祷らせて, 移り住んで, 籠りたまひ, 糺明せられ, 置き藤間某, 聞いたところ, 至っては, 至り腥, 行くには, 行つて夜もすがら, 西の, 見えた, 見えて, 見ならえ, 見覚えの, 角を, 貰われて, 買って, 贈るたあ, 身を, 近づこうと, 送られて, 逐われて, 逢いその, 逢おうと, 逢はせ, 逢わして, 過ぎなかつた, 閉籠り, 関係は, 障りやしないか, 隣りて, 頼みが, 頼みました, 頼むか, 頼むの, 頼んで, 風呂へ, 飯でも

▼ 坊~ (159, 3.3%)

9 云ふ 4 栗の 3 いえば, いっても, 一緒に 2 お千代さん, ふたりで, 呼んだ, 漢字で, 生れた彼, 申す者, 言って

1 [123件] あっしきり, あるは, ある相, あんぽんたんだけ, いいまするから, いい仲, いっしょに, いつしよ, いふに, いふ者が, いわれた山門下, いわれて, おかあさんとを, おれと, お物語り, お蓮, かえ生涯, きめて, さきを, して, してる, ちょいと, となえて, なったの, なつておもし, べつな, みっちゃ, やらいう女性, よばれたの, よぶ坊舎, わしの, カクランと, クロが, クロは, タア坊の, ハート型の, 一しょに, 一市を, 一鉄とは, 不死身の, 丹下左膳, 丹下左膳この, 也, 二人で, 二人どうしても, 二人仲よく, 二市を, 云い或いは, 云うの, 云う所, 云う浮浪人, 云つた所で, 仲よしだった, 会見した, 俄雨, 健二かよう, 共演し, 写真を, 出來, 別れてから, 勘三との, 同じくらいの, 同じぐらいの, 同じだ, 呼ばれた女, 呼ばれた方, 呼びなずけられて, 呼ぶこと, 呼ぶ例, 呼んだすると, 唄にも, 器量自慢とに, 四人連れ立たない, 地雷也と, 坊との, 夙川の, 大野木土佐守は, 姿を, 安の, 将棋を, 峰丹波, 師鉄眼との, 往くと, 忠臣蔵の, 思えちょう, 思われまするが, 敬し, 時子さんが, 書いた父親あて, 松倉さんの, 枇杷と, 樹明君との, 歳時記類にも, 民弥とが, 海とを, 猟師では, 申します, 申す人, 申す天狗, 町の, 百太夫は, 私と, 私とは, 称する浮浪人, 稱した, 等しきのみ, 約した手紙, 義貞の, 芝居を, 蝠女が, 蝠女の, 蝠女は, 裸では, 親しさうに言, 言ったあやかりでも, 言つて今の, 記して, 話し乍ら, 誰知らぬ, 車屋の, 遊び又, 運よく, 顏を

▼ 坊~ (129, 2.6%)

4 一緒に

2 [11件] いっしょにか, ここで, ここを, まじって, 中御門の, 四五人ぐらいは, 大事に, 建てたぞ, 来庵, 桃から, 立って

1 [103件] あのご, いつかいっ, およっちゃ, お父さんが, ことごとく見あたらない, このごろなぜ, このまたたき, この日, これを, さうだった, すっかりあなた, ずゐぶんたつ, そうか, そうです, たまりかね, とうとうお, どうぞあの, どこかへ, どこへか, ない, はっと気づいたらしい, びっくりし, またかの, また大変, また長命, もうそろそろむずかしい, もうのっそりし, もう家, よく茶, りっぱな, 一笑を, 中の, 中原さんも, 久しく私, 乳母も, 云った, 五皿目を, 五郎も, 來ず, 十二あたしも, 参れ, 叔父さんも, 口を, 可笑しかつ, 同じ嵯峨, 君に, 坐って, 大きくなったらいっ, 大よろこび, 大膳も, 女犯にかけては, 好い新造, 将棋指す, 少くて, 少しばかり, 少し怪しゅう, 引懸った, 当惑する, 彼女の, 御所坊も, 御苦労ながら, 怒るだろう, 怪談と, 悪四郎泰長, 或いは意地, 拵へれ, 捨置が, 文珠閣も, 昇天うたがい, 本当は人一倍さびし, 本望だろう, 此頃は, 歩いて, 涙ぐんで, 満足じゃろう, 生きた心持, 登様も, 白坊も, 皆知足坊北の, 目に, 真面目に, 知らなければ, 確かに, 私の, 竹さんも, 第一回, 結婚し, 考えるだろうな, 背中へ, 苦しみ抜いて, 行実坊も, 見せつけられたの, 見当らない, 言つた, 貰わないずっと, 足まめな, 退場した, 遠州, 長孃, 附人も, 顔を, 默つてくつ, 黙って

▼ 坊~ (126, 2.6%)

5 を連れ 3 に怪我ア 2 が来, このねえさん, と同じ, に成った, のよう, 連れて

1 [106件] かお, か今日, が, がこの, がた, がなんで, が帰っ, が歩行かっしゃ, が気の毒, が私, が緋, が縛られる, が見えた, が言, が言ふん, が読め, が過去未来, が長い, くさいこと, さアここ, じゃ, だが, だけだ, だけに気丈夫, だと, だの人大勢, だ其の, で, でございます, でございますか, でも, でイヤ, で六十位, とは一通り, と一緒, と二人, と云っ, と召使い達, と少し, と知っ, と知れ, と言っ, どッ, などはこんな, なの, なら宵の口, にあげた, におなりあす, にお尋ね, にご, にたくさんご馳走, になっ, になった, になってる, になる, に似合った, に呈げ, に回向, に弟, に御馳走, に成っ, に成りまし, に棚経, に目, に限る, に頼みました, の, のお供, の一本橋, の句, の興味, の風, はおっ, はわたし, は人, は今, は何と, は何処, は口, は命拾い, は大, は師匠, は折角, は盲人, は社会的, もお, も大きく, も嬢様, も手伝っ, も斬りました, も血気, よりお礼, らしく深い, を乗せ, を大事, を安く, を弟, を泊めた, を見た, を見舞, 今お帰り, 今に馬, 出て, 掛けさッさろ, 早く早く, 暗うございます

▼ 坊ちや~ (114, 2.3%)

7 まが, まの 65 んぢ 4 まは, んお, ん育ち 3 まを, んもう, ん二人, ん坊ちやん 2 まに, まも, んでせゐ, んよ, ん嬢ちやん, ん弟, ん染みた

1 [51件] まお早うございます, まこれ, までもやつぱりそのとほりぢやございませんか, ま坊ちや, ま待遇, ま早く, ま男妾, ま私, ま銀, んあなた, んありがたう, んいい, んおいで, んおれ, んお前, んお嬢さん同行, んこんなに, んじみ, んそんな, んで何, んで妾, んで少し, んで瓜哇, んで育つ, んのいた, んはい, んはじめ, んもどつ, んわし, ん一人, ん万歳, ん何, ん何で, ん何処, ん俺, ん好かつた, ん婆, ん小母さん, ん待つ, ん待つてらつ, ん扱, ん時代, ん曳, ん来い, ん畫工, ん相応, ん緩, ん臭い甘, ん芋, ん詩人, ん随分

▼ 坊ちゃ~ (97, 2.0%)

14 まが 13 ま, まの 11 まを 9 まは 5 まに 3 まあ 2 までございます, ま嬢

1 [25件] まお坊, まお嬢様, まお父さま, まがた, まさあアンガ, まそして, まそら敵, またいへん, またち, まだよ, まで, まですか, まですら御, までは固, まという, まと一しょ, まなんぞは, まばか, まも, まや, まよりは, ま今, ま危, ま御帰邸, ま雨

▼ 坊~ (76, 1.6%)

19 ちやんが 13 ちやん 10 ちやんの 8 ちやま 5 ちやんだ, ちやんは, ちやんを 2 ちやんと, ちやんに, ちやんも 1 ちやまで, ちやんで, ちやんです, ちやんとが, ちやんらしい

▼ 坊~ (71, 1.5%)

4 あつた 2 わたくしは, 父母の

1 [63件] あれだけ, おしゃべりの, おまけに, お金の, これは, させて, それを, どうでも, ね, はにかみ屋の, ゐるの, グルグルと, 一人で, 不当に, 世界一大, 中学まで, 中川家諸, 休息中に, 佐比大路の, 傲慢その, 傲慢其癖でも, 兄との, 内証は, 出版され, 口先では, 商業の, 嘘つきで, 困りました, 土蔵を, 寄附事と, 寢る, 小あばれん, 小心で, 小遣いの, 少し片意地, 尻が, 振舞酒が, 新七, 有りません愈々, 有れかし罪人, 東京で, 母が, 水を, 燒餅で, 片手が, 猫供養という, 相当お, 相当浮世, 神道に, 神道にも, 私の, 私大の, 結婚と, 絵カキの, 絵カキ志望の, 肌合の, 背信的な, 腰元に, 自分の, 親を, 角太郎という, 誰を, 過した

▼ 坊~ (63, 1.3%)

64 ち坊, 坊ん 3 ちに, ちのお 2 ちの水揚は, ちみたい, 坊んや

1 [37件] がこんな, さん, だす, ちあかん, ちかて, ちが, ちこんな, ちさ, ちでござるかの, ちと九つ, ちど, ちの嫁はん, ちの嫁はんに, ちの嫁はんは, ちは, ちも, ちや, ちやもん, ちを, ち何, ち何ん, ち何處, ち來, ち嫌, ち幾つ, ち戻り, ち泣かんやう, ち確乎しな, ち阿母さん, の, やから, やこと, よ, よと何時, よ坊, 坊んが, 落ちんよう

▼ 坊さま~ (49, 1.0%)

2 が目, にい, のこれ

1 [43件] かい, から手紙, がいました, がいられる, がそう, がた, がまた, が一度, が日吉, が来, が金, が青く, しっかり頼ん, しばらく退屈, じゃからだろう, だからこそ, だという, ですから, と六部, と女, と称え, と自分, にお祈り, になっ, になれ, のお, のけえた額, のはなし, の年頭廻り, の訪客, は世の中, は今, は何もかも, は承知, ばかりでなく, も大きく, も沢山, よ, をお, をとらえ, を夥多, を見かけた, を遠島

▼ 坊という~ (39, 0.8%)

3 のは 2 のが

1 [34件] あの柳生源三郎様, のがネ, のである, のも, もの, ものである, ものは, やくざ者にて, やつは, ようない, ガールが, 一人を, 人間が, 例の, 修験者を, 僧侶であろう, 僧坊が, 勤皇僧が, 古い手, 名で, 名を, 塔頭に, 奇験の, 役割であった, 怪し気な, 怪物が, 感じで, 故にこれ, 新発意ただ一人, 由緒の, 男の, 眷属天狗の, 者で, 賊魁を

▼ 坊から~ (35, 0.7%)

1 [35件] あつた, ある折, いう時, いじめられたと, せか, その, その事, なつかしいありがたい手紙, 下りて, 以来先ず, 出た咎, 出て, 出る強がりから, 別当職の, 北岳の, 大喝棒の, 帽子を, 手ごめに, 智恵を, 来た名, 来信, 来信明日来庵といふ, 毎夜の, 毎晩の, 沢山の, 父さんから, 狸穴辺, 秋葉山までは, 約の, 若宮祭りを, 送金壱円五十銭, 長い廊橋, 頂戴した, 餅は, 駝鳥の

▼ 坊~ (35, 0.7%)

43 から, のという 2

1 [23件] お客が, からしばりつけ, から大徳, か分りません, が, が左膳, けれども, そうだ, そりばつてん, つた君に, つて, つてお, つて反, つて本, といふ, とか高利貸し, と判る, と告げた, と観相, と誤診, ね, もの, ッて

▼ 坊~ (32, 0.7%)

2 上りました後々, 往った, 往って

1 [26件] おひなさま, すぐ届け出た, とまること, 三日お, 何かを, 入る人, 出かけるには, 出させた, 剃刀を, 匿って, 参った, 参って, 向った, 奔り, 姫君を, 御書面, 来て, 歸つて來た, 登られその, 着いたの, 着いた七兵衛, 移って, 突ッ走った, 突出し, 遣りに, 陣輿が

▼ 坊~ (31, 0.6%)

15 ちゃま 2 ちのような, ちの病気に

1 [12件] ちとなる, ちと云う, ちの周作は, ちの腰弁当の, ちの葉が, ちの青年は, ちの高柳君は, ちゃまだ, ちゃまでございます, ちゃまですね, ちゃまで困います, ちやんだ

▼ 坊~ (26, 0.5%)

3 と板倉

1 [23件] から君, が, が普通, が滑り出した, が甘酒, が知らぬ, とは急, と戸田, などの諸, の口, の宰相ら, の独言, の腕時計, の邸内, の頭, はわが, はスケッチ, は云う, は唯一, は相, は飛び上る, を築き, ノ宰相

▼ 坊~ (25, 0.5%)

2 である

1 [23件] が女の子, が才蔵, が正宗菊松, が頭髪, そうだろう, であった, とノブ子, にみちびかれ, の心臓男, の背中, の面々, はとって返し, はガイセン, は便所, は奏楽, は戻っ, は気, は白衣, は落着, は這う, は頭, もノブ子, を追う

▼ 坊~ (23, 0.5%)

2 の顔

1 [21件] が一大活躍, である, に掠奪, に至っ, の前, の着物, の茶碗, はあと, はその, はなかなか, はまず, は固, は当年, は暴君, は決して, は相, は隣り, もまた, も御, も行く, 時代から

▼ 坊~ (22, 0.4%)

4 を連れ

1 [18件] があつ, が人, が來, が托鉢, さア此處, でしたから, で盲人, と二人, と同じ, と少し, にも往々, に弟, はそんな, は私, も御, を弟, 早く早く, 暗う御座います

▼ 坊には~ (21, 0.4%)

1 [21件] お父さんという, お父さんは, たしなみの, やっぱりちょっといい, わからないの, 一つしか, 人数や, 何にも, 僕なんか, 化けられないよ, 可哀想だ, 周囲の, 家が, 武器財宝など, 母と, 窕子は, 色々いい残したい, 赤い小さな, 道場の, 雛人形を, 黙って

▼ 坊~ (18, 0.4%)

3

1 [15件] お留守, が, が出, このサイコロ, だ, ちこそ, ちと呼ばれた, ちには, ちは, ちみたい, ち亀屋忠兵衛, ち育ち, は鈴子はん, 甘いも, 言うな

▼ 坊~ (16, 0.3%)

1 [16件] からすこし, から山門すべて, から火災, が三カ寺, であるから, で酒, にいたる, の上, の内, の方, の窓, の荘厳, の輪奐, も法衣, も聯合軍, や神官

▼ 坊~ (14, 0.3%)

1 [14件] くみの, ぬし一存, ッさんに, 六坊, 坊飴買いに, 嬢吉三定, 島坊と, 恭寿江と, 洗濯知つてる, 祭りの, 調べの, 起きよ, 道坊と, 離し

▼ 坊っち~ (14, 0.3%)

3 になる 2 が急, になっ, になった 1 でおった, で佇ん, に美しい, は崇高, ゃまもいらっしゃるではありませんか

▼ 坊といふ~ (14, 0.3%)

3 のは 2 山伏が 1 のの, のへ, のを, 修驗者は, 僧の, 塔頭に, 惡修驗者や, 挙動あやしき, 法師は

▼ 坊海尊~ (14, 0.3%)

1 [14件] がまだ, が松前, だろうと, であった, である, とただ二人, などが何れ, なの, の仙人, の場合, の長命, を悪党, を煩わし, を祀る

▼ 坊お前~ (13, 0.3%)

1 [13件] ええのけ, には御, に預け, はいけない, は一体, は唱歌, は大工さん, は泣い, は餓鬼達, もさぞ, もずいぶん, やめとけよ, を鉄砲

▼ 坊とは~ (13, 0.3%)

1 [13件] たしかに落第, やつがれの, 兼ねられぬからな, 在俗中も, 奧向の, 川を, 惜しい未, 成善の, 真実の, 竹馬の, 腕を, 蕃人の, 違う

▼ 坊~ (13, 0.3%)

1 [13件] ことで, ためか, とんと締まり, のであった, ものだった, んざ惚れち, んだ, んだらう, んです, 女の, 女達の, 権内は, 芸術家の

▼ 坊でも~ (11, 0.2%)

1 [11件] した方, その一流, その實, ちゃんとそれぞれ, なかろう, 十男坊でも, 喪主の, 器量良く, 泥棒でも, 覚悟だけは, 連れて

▼ 坊~ (11, 0.2%)

2 にゃ出ぬ 1 が向う, が懐中, が身じろぎ, じゃもの, のむれ, の様, はその, を淋し, 泣かしだけが

▼ 坊まで~ (10, 0.2%)

3 来て 2 來て 1 いた, お立寄りいた, まいる途中, 尻の, 歩いた

▼ 坊~ (10, 0.2%)

3 に来た, を廻り 2 に來, を

▼ 坊ッちゃん~ (9, 0.2%)

1 が腹, けっしてす, だと, では, によろしく, に見え, の御, は, 然と

▼ 坊たち~ (8, 0.2%)

1 がしきりに, がをら, が盛大, のため, のつまらぬ, はわっ, は千葉, もその道

▼ 坊などと~ (8, 0.2%)

1 もっともらしい, 云います, 名の, 呼ばれた輩, 呼んだ所, 呼んで, 申すと, 称せられた皮革業者

▼ 坊~ (8, 0.2%)

1 いろいろの, がこんな, が云っ, が民弥め, が苦心, つか, におさえられた, 下らぬごたごた

▼ 坊~ (8, 0.2%)

1 お前どう, しつかりして, よいけしき, 二人まで, 夫婦喧嘩も, 月見に, 腹でも, 起きろ

▼ 坊だった~ (7, 0.1%)

1 からああ, ころ毎日の, とも思えません, のかと, のに気, わたしは, 男か

▼ 坊である~ (7, 0.1%)

2 からやめず 1 ことそれから, こと申す, といふこと, とも云, 但し此人

▼ 坊では~ (7, 0.1%)

1 あるまいかといふ, ござらぬ, ござらぬか, ない, ないか, なくて, 月夜の

▼ 坊なる~ (7, 0.1%)

2 ものが 1 が故に, ことを, 人から, 人の, 南蛮寺の

▼ 坊にも~ (7, 0.1%)

1 あの彫物, あらぬ偽, マスクが, 宿屋が, 清水は, 迷惑を, 非ず

▼ 坊~ (7, 0.1%)

5 ちゃま 1 ちで苦り切って, てわけ

▼ 坊ン坊ン~ (7, 0.1%)

1 お留守, が, このサイコロ, だ, は鈴子はん, 甘いも, 言うな

▼ 坊~ (7, 0.1%)

1 からいっしょ, と言っ, の捕虜たち, の隠居所, の隱居所, の驚き, へ火

▼ 坊~ (7, 0.1%)

2 を相手 1 が頻りに, に五文銭一枚, に新しい, の宅, 寒太君

▼ 坊~ (6, 0.1%)

1 おどかすない, お前つい, さあ帰ろう, 但しは, 従弟の, 誰か

▼ 坊じゃ~ (6, 0.1%)

1 あるまいし, でおのおの方, ないか, ない嬢, ねえか, ねえかい

▼ 坊だの~ (6, 0.1%)

1 屑屋だの, 皮坊だの, 竹さんだ, 竹さんだの, 華族の, 長吏

▼ 坊とか~ (6, 0.1%)

1 では, で年, 何とかいっ, 申すやつ, 稱へて, 鬼三太とかの

▼ 坊殿~ (6, 0.1%)

1 が苦心, にお目にかかりたく, には, には仰せられた, の顔, はつまらない

▼ 坊だって~ (5, 0.1%)

1 ついてるん, 事すぐ, 可愛いさ, 決して心配, 赤くなっとら

▼ 坊はを~ (5, 0.1%)

2 ぢさんの 1 ぢさんが, ぢさんと, んどり

▼ 坊みたい~ (5, 0.1%)

1 だよ, なもん, な無慾, にどこ, に綺麗

▼ 坊~ (5, 0.1%)

1 がしくれ, と云いました, をし, をする, をぽかんと

▼ 坊城君~ (5, 0.1%)

1 からお, から八日, が大変熱心, とは非常, にすすめられた

▼ 坊少年~ (5, 0.1%)

1 だ, の愛国心, の重大, は例, を空魔艦

▼ 坊~ (5, 0.1%)

2 を見 1 がヨチヨチ, が煤けた, って何だか

▼ 坊覺方~ (5, 0.1%)

1 といふ修驗者, と仰しやる, の活躍, の無, の話

▼ 坊陽之助~ (5, 0.1%)

1 がそこ, と宗門方, に会釈, は先, を先

▼ 坊おまえ~ (4, 0.1%)

1 か, のかたき, はいくつ, は村

▼ 坊であった~ (4, 0.1%)

1 か, が小さい, ために, ということ

▼ 坊とも~ (4, 0.1%)

1 あろうもの, あろう者, 知らざれば, 言われるあの

▼ 坊どう~ (4, 0.1%)

1 した, したもの, したらよかろ, したん

▼ 坊なんて~ (4, 0.1%)

1 おそろしい綽名, 名だ, 名だった, 問題じゃ

▼ 坊はね~ (4, 0.1%)

1 あのはじめ, おいらの, さっきわたしに, 能くお

▼ 坊ひとり~ (4, 0.1%)

1 が騒い, だけな, でどこ, で駈けだす

▼ 坊よりも~ (4, 0.1%)

1 いいという, 二ツ年下だ, 長男坊その, 頼りが

▼ 坊んさん~ (4, 0.1%)

1 が来, が通る, にならはる, のやう

▼ 坊~ (4, 0.1%)

1 それから樹明来, な, 約の, 間もなく樹明来

▼ 坊柳生源三郎~ (4, 0.1%)

1 てえ人, である, との正面衝突, の婿入り道中

▼ 坊源盛~ (4, 0.1%)

1 につたえれ, の手, は遠く, もべつに

▼ 坊辨慶~ (4, 0.1%)

2 のやう 1 だつて唯ぢ, まで引合

▼ 坊からの~ (3, 0.1%)

1 手紙は, 手紙を, 返信は

▼ 坊ここ~ (3, 0.1%)

1 にいた, は誰, へ来ない

▼ 坊さんだつ~ (3, 0.1%)

3

▼ 坊その~ (3, 0.1%)

1 そばから, 玉井金五郎という, 長男坊も

▼ 坊~ (3, 0.1%)

1 ゃんがあやまってばかりいらしったんでは, やまと四人で, 真三郎はん

▼ 坊~ (3, 0.1%)

2 やない 1 や斯うだつ

▼ 坊っちで~ (3, 0.1%)

1 いいで, はない, は生き

▼ 坊って~ (3, 0.1%)

1 おりこう, きざな, のは

▼ 坊であり~ (3, 0.1%)

1 ちょうど浅草, ないしは八百比丘尼, 終りを

▼ 坊との~ (3, 0.1%)

1 間に, 間には, 關係一つも

▼ 坊などという~ (3, 0.1%)

1 のは, ものは, 山伏は

▼ 坊などの~ (3, 0.1%)

1 文字を, 語が, 随身は

▼ 坊もう~ (3, 0.1%)

1 一どだけ, 逃しは, 隱すまでも

▼ 坊よく~ (3, 0.1%)

1 来たね, 知つてゐる, 聞いて

▼ 坊らしい~ (3, 0.1%)

1 思いつきの, 物云い, 目安が

▼ 坊~ (3, 0.1%)

1 がもう, の毎日, の風紀

▼ 坊宥覚~ (3, 0.1%)

1 などもお供, のごとき, をひきだし

▼ 坊~ (3, 0.1%)

1 の作品, は大正七年, へ移らう

▼ 坊あった~ (2, 0.0%)

1 と云う, と言われ

▼ 坊あの~ (2, 0.0%)

1 メチニコフの, 薬屋へ

▼ 坊あるいは~ (2, 0.0%)

1 洞院殿冷泉中納言猪熊殿など, 滞った腐った自分

▼ 坊いきなり~ (2, 0.0%)

1 右の, 張上げたから

▼ 坊おとなしく~ (2, 0.0%)

1 して, 奥さんうれしく

▼ 坊お祖父さん~ (2, 0.0%)

1 と一緒, のお

▼ 坊この~ (2, 0.0%)

1 おばちゃんを, ランプはな

▼ 坊そんな~ (2, 0.0%)

1 ものでございましょう, 所で

▼ 坊だけ~ (2, 0.0%)

1 つれて, なん

▼ 坊だけが~ (2, 0.0%)

1 上地の, 可愛いよう

▼ 坊だったら~ (2, 0.0%)

1 どんな失敗, 赤と

▼ 坊だろう~ (2, 0.0%)

1 か, とのこと

▼ 坊ちょっと~ (2, 0.0%)

1 お待ち, ここへ

▼ 坊っちだ~ (2, 0.0%)

1 から色, と思う

▼ 坊っちであり~ (2, 0.0%)

1 ながらこう, ながらこれ

▼ 坊です~ (2, 0.0%)

1 溜息を, 面白い文章

▼ 坊といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 若いの

▼ 坊とが~ (2, 0.0%)

1 おられる, それぞれの

▼ 坊として~ (2, 0.0%)

1 互いに弓, 生まれた

▼ 坊とやら~ (2, 0.0%)

1 あんまり荒っぽいこ, ちょっと待て

▼ 坊とやらを~ (2, 0.0%)

1 これへ, はじめ手ごわい

▼ 坊と共に~ (2, 0.0%)

1 手伝って, 暗殺しよう

▼ 坊など~ (2, 0.0%)

1 すごいお化け, 云う名

▼ 坊などに~ (2, 0.0%)

1 成れる性質, 話かけられ

▼ 坊などは~ (2, 0.0%)

1 どんなもの, 更に甚

▼ 坊なら~ (2, 0.0%)

1 ば知らぬ, 小僧が

▼ 坊なんか~ (2, 0.0%)

1 なれやしませんね, にっちもさっちも行く

▼ 坊なんかとは~ (2, 0.0%)

1 わけが, 較べもの

▼ 坊にとって~ (2, 0.0%)

1 二つの, 大きい愕

▼ 坊にまで~ (2, 0.0%)

1 及ぶ親, 好んで

▼ 坊に対して~ (2, 0.0%)

1 うしろめたいもの, 固くなる

▼ 坊ばちゃん~ (2, 0.0%)

1 からなさい, の話

▼ 坊ばっかり~ (2, 0.0%)

1 だから, だね

▼ 坊ばと~ (2, 0.0%)

1 云う, 御茶

▼ 坊までが~ (2, 0.0%)

1 日光を, 若いお

▼ 坊より~ (2, 0.0%)

1 人間としての, 瀬戸口備前守が

▼ 坊わかった~ (2, 0.0%)

2

▼ 坊チャン育ち~ (2, 0.0%)

2 の私

▼ 坊ツちや~ (2, 0.0%)

1 まといふ, ま入らつ

▼ 坊一〇~ (2, 0.0%)

1 といふ噺家, は大層

▼ 坊事件~ (2, 0.0%)

1 その張本, や雲霧仁左衛門事件

▼ 坊人形~ (2, 0.0%)

1 は手, まである

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 から江戸, なお存す

▼ 坊介クン~ (2, 0.0%)

1 は秘書, も才蔵クン

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 にはあまた, に養え

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 にほかならず, をあ

▼ 坊城和長~ (2, 0.0%)

1 がその, の日記

▼ 坊城松方僕~ (2, 0.0%)

1 の三人, の五人

▼ 坊士禿~ (2, 0.0%)

1 から成人, でした

▼ 坊士頭~ (2, 0.0%)

1 でした, は振り返っ

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 権現の, 騙

▼ 坊大きく~ (2, 0.0%)

1 なったな, なったら兵隊

▼ 坊子連~ (2, 0.0%)

1 で新しい, は俳句

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 になる, の名

▼ 坊守さん~ (2, 0.0%)

1 が, がつ

▼ 坊守り~ (2, 0.0%)

1 が悲嘆, とともに須彌壇

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 として仕え, はだまっ

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 といひ, といふ姓

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 では奥さん, 折嶺居

▼ 坊居る~ (2, 0.0%)

2

▼ 坊屋三郎~ (2, 0.0%)

1 からうち, 軽い盲腸炎

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 がすんだ, の男

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 より続く, をたのむ

▼ 坊扇歌~ (2, 0.0%)

1 となった, の真似

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 に就い, は多少

▼ 坊暫らく~ (2, 0.0%)

1 だったな, は手放し

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 に巴山夜雨, を買っ

▼ 坊様あなた~ (2, 0.0%)

1 の方, はお

▼ 坊様たち~ (2, 0.0%)

1 お経, でさえ生きん

▼ 坊樣此姉樣~ (2, 0.0%)

1 が其寫眞, が死ぬ

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 取りさ, 張る

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 の始祖南坊禅師, の茶道

▼ 坊濡れ燕~ (2, 0.0%)

1 の名, の豪刀

▼ 坊父爺~ (2, 0.0%)

2 は何事

▼ 坊目誌~ (2, 0.0%)

1 の中, の二百九ページ

▼ 坊~ (2, 0.0%)

2 變らず

▼ 坊笑う~ (2, 0.0%)

1 黒坊育った, 黒坊蛙の

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 の小さな, の帽子

▼ 坊詮応~ (2, 0.0%)

1 に伝え, に就い

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 かこの, が卿

▼ 坊遂に~ (2, 0.0%)

1 来ない敬治坊, 来らず失望

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 おつ, が寄っ

▼ 坊重源~ (2, 0.0%)

1 が入唐, が弟子三十余人

▼ 坊野寿山子~ (2, 0.0%)

1 が川柳, の吟詠

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 として選挙, 吏ン坊ハチン坊トチメン坊酔タン坊黒ン坊泣ン坊弱

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 にし, 臭い子

▼ 坊~ (2, 0.0%)

1 の造作, を泥だらけ

▼1* [487件]

あたしが話し, 坊あぶないよ, 坊あるひは, 坊あんたはひで, 坊いずれも役者ぞろい, 坊いたく恐悦し, 坊いっしょにおじさん, 坊いまから試験, 坊うれしいなあしづか, 坊おじさんはゆうべ, 坊おそいんだ, 坊おなか空いてる, 坊おらぬか, 坊お前おれを嫌う, 坊お前さんのお母さん, 坊お前みたいなもの, 坊お前やる気なら俺, 坊お前んとこの, 坊お前兄さんの御, 坊お前幾歳かなあ, 坊お前著物を著, 坊お腹が空いたでしょう, 坊かう見えても俺, 坊かおひは, 坊かと見ゆる風体, 坊かも知れぬという, 坊がぜん態度を, 坊がたにあげます, 坊がねお仲間, 坊きょうはお母さん, 坊きょう先生んとこ, 坊くんばんざーい, 坊ぐらゐでしたがもうと, 坊え, 坊こそどんなに寒い, 坊こと定吉と御厩左門次, 坊こと柳生源三郎は江戸, 坊こと源三郎三安積玄心斎四に高大之進, 坊これからはうまく, 坊こわかったか, 坊さあ今日は, 坊さすがそなた, 坊さまあなたのよき, 坊さまそこに何, 坊さまたちのかしら, 坊さまひとりで住ん, 坊さまぼくは飴, 坊さまみたいな身なり, 坊さま二人で, 坊さま方もたいへん, 坊さま血がこぼれ, 坊さま達が槍, 坊て笑っ, 坊しっかり頼むよ, 坊しびれをきらし, 坊すまんけどこの, 坊するのを, 坊そうじゃろ, 坊そういうわけだ, 坊そして雑草二月号, 坊そじやない, 坊その他の法師衆, 坊その他俳諧師牧乙芽力士勢藤吾等であった, 坊それは何ん, 坊そんなこんなお母さんに, 坊そんなに頭を, 坊そッくりじゃねえ, 坊ただ一人床を延べ, 坊たるを証明, 坊たんどこ行くの, 坊たん坊たんどこ行くの, 坊だけにそのうち, 坊だつからや, 坊だつたことに, 坊だつたらすつかり開け, 坊だらうか, 坊ちの色男の真, 坊ちやまがいらつし, 坊ちんの青, 坊っちですよ, 坊っちなのでしょう, 坊っていう金壺眼の, 坊つちやんね, 坊つちやんでしたからお, 坊つていふの, 坊づれ私といね, 坊え天才, 坊てへッやられた, 坊であろうと言う, 坊でいらっしゃるからなあ, 坊ですつて龜ぢ, 坊でなくては夜, 坊とかいふのは, 坊としてのすばらしい剣腕, 坊とてもてはやさるるは, 坊とても支拂に, 坊とねえ財産は, 坊とやらに力瘤を, 坊とを二ツならべ, 坊どこにもいない, 坊どすえ, 坊どもにはついに, 坊ども五六名を連れ, 坊なあに心配はいらん, 坊なかなか金を, 坊なぞと云わねえで, 坊などから遂には, 坊などではそれを, 坊などとも書く, 坊などもどうやらその, 坊なんかと逃げ隠れて, 坊なんかにお隣り, 坊なんかのほうが, 坊なんかより竹さんの, 坊なんぞも若さまの, 坊にだって誇りは, 坊にて薗八節三味線を, 坊にてもきりした, 坊にでも訊いて, 坊にとってはいかにも重大, 坊にはねおれの, 坊にばかりこもって, 坊のせゐにする, 坊のみに手柄を, 坊のやぐらにからみつき鏡の, 坊のんだののの様, 坊はかはいさうに, 坊はじめ天忠左京まで町奉行所, 坊はと見れば, 坊はにやりにやりと, 坊はよつぽ, 坊ばかし居ないからね, 坊ばかりを連れ出して, 坊ばさんまでが招魂社, 坊ばちゃん大変よ顔, 坊ひよろりと御, 坊ひらくところの, 坊ふところの両手, 坊へにこと笑いかけた, 坊へん滝豪傑こっちの大, 坊べら坊にまで好ん, 坊ほっとしたであろうが, 坊ほどの評判には, 坊ほんとをいう, 坊ほんとにほんとに俺らどんなに, 坊ぼうとなっ, 坊ぼんであると, 坊まがいの茶人, 坊また寝ぼけて, 坊まだよくない, 坊やっつけな, 坊よりは先に, 坊よわむしだ, 坊わめいている, 坊ゐたかな, 坊をばたとへば堵列, 坊をも泣かしむるの, 坊オットセイは魚, 坊ケチン坊皮坊ツン坊, 坊チャンハイジラシイコトヲ仰ッシャイマスノネ, 坊チャンヨリクーパーノ方ヲオ, 坊ッさまの家, 坊ッちゃまであった, 坊ッちゃんみたいな顔, 坊ッちゃん両人を外国, 坊ッちやまだ, 坊ッちやんぐらしの頃, 坊ッチャン育ちであまり, 坊ツさまの家ぢ, 坊ツン坊長, 坊トチメン坊酔タン坊黒ン坊泣ン坊弱ン坊, 坊小相模, 坊ハチン坊トチメン坊酔タン坊黒ン坊泣ン坊弱ン坊, 坊ムッとしたらしく, 坊ンあて坊ン坊ン好きどす, 坊ンさん何してやがるん, 坊ンちのようなこと, 坊ン坊ンあて坊ン坊ン好きどす, 坊ン坊ン坊ン言うな, 坊ン坊ン坊ン坊ン言うな, 坊ン坊ン好きどす, 坊ン好きどす, 坊ヶ原の一本松, 坊・行珍坊以下名もない, 坊や, 坊一つまみをくれる, 坊一人の方, 坊一人供につれ上手奥, 坊一体お前の, 坊一匹伝馬町の大牢, 坊一同ソロソロと長持, 坊万橘と言, 坊万歳どなたも幸福, 坊三井寺から三千坊, 坊三百余宇とある, 坊来, 坊不破の関守, 坊世事一切に気, 坊中心に見れ, 坊中驛又は宮地驛, 坊主たる事を, 坊久し振りだな, 坊僑居, 坊事多聞兵衛は吉利支丹そのもの, 坊二三日あずかって, 坊井上源五に宿, 坊に上る, 坊人質曲輪とも呼ばれ, 坊今ごろは三方子川, 坊今夜閑けえ, 坊今日は泊まっ, 坊今晩にもこの, 坊介たちに救い, 坊介フツカヨイとはいえ, 坊介執筆のマニ教撮影苦心談, 坊介平山ノブ子は天草物産, 坊介才蔵ぬかりなく, 坊仙歌が都々逸, 坊以上の腕きき, 坊以下十一人までの家来, 坊以下名もない, 坊仲間のお, 坊住職たる真, 坊佐久間お竹大日如来, 坊何だこんなとこ, 坊何爲てゐる, 坊で連作, 坊たる, 坊供養をたのむ, 坊の三君, 坊信救は, 坊俺平吉より強, 坊の中, 坊元正と麗, 坊元気だね, 坊八百七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 坊其姓名ヲ知ラズ, 坊円満坊と町, 坊を見せよ, 坊の坊, 坊医者の子供, 坊十万の妓, 坊即ち外國人の, 坊又は小豆磨と, 坊では云え, 坊句集も面白く, 坊右門のおじさん, 坊同道相伺い御礼, 坊名丸のいい, 坊君悲観せんでも, 坊君正直に働い, 坊呻き声を, 坊四国では白峯, 坊に死す承, 坊在住の外國商人, 坊在留の外國人, 坊は地雷太郎, 坊坊ちやんは私, 坊城伯爵が住, 坊城清岡諸家の紀傳道, 坊多勢をさわがす, 坊大会の審査員, 坊大僧正という, 坊大層な變, 坊大山の伯耆坊, 坊大山伏の扮装, 坊大路を南, 坊天一が出た, 坊天知坊何がしくれ, 坊太夫がせっかく, 坊太郎の講釈, 坊にさわがれる, 坊字トオリノ山備前邑久郡裳樹村大字五助谷字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 坊孝行といふもの, 坊宇都宮頼綱は岳父, 坊守房子の一週忌, 坊官たちを撲りつけ, 坊官どもが領分, 坊官円済で今, 坊官円済どのか, 坊実相院相国寺及び北小路町, 坊客怪をこん, 坊宮部源次郎とわりなき, 坊寝られねえわけだった, 坊亀先代岩てこ太神楽の, 坊小松原は亀井六郎, 坊小母さんの膝, 坊小池君っていい, 坊屋三郎トチリ心がけがよく, 坊岬灯台の光, 坊左団次の伊賀, 坊左膳の脇腹, 坊の秀王墻対面, 坊の義, 坊市場と云われてる, 坊帰省の日, 坊附近は, 坊平生の洒ツク, 坊幸坊と呼んだ, 坊の如く, 坊延壽坊と往く, 坊ン坊などから, 坊後家のお, 坊後生だ助けて, 坊懇親の, 坊御前本当は誰, 坊徳善院玄以僧正中村式部少輔一氏, 坊徳川新之助時代の野性, 坊にもない, 坊悪く優しげな, 坊ひに, 坊の類, 坊挨拶せんかと, 坊の女, 坊提燈持って, 坊日親でこれ, 坊昨夜菊治は又, 坊昨夜霊夢を被り, 坊暴風雨を冒し, 坊書卸の年, 坊會計の任, 坊木下重堅の二将, 坊本田そのほか倔強, 坊本社で聞いた, 坊にそう, 坊村上彦四郎片岡八郎平賀三郎矢田彦七らと共に熊野, 坊村長さんとこの, 坊来たかい, 坊来ふたりいつしよに, 坊来二升ほど飲ん, 坊来庵久しぶりに, 坊来庵酒と汽車弁当, 坊来樹明来南無アルコール大明神来, 坊来県庁行を見送る, 坊来街でほどよく, 坊来訪今夜また馬酔木居, 坊来車酒を持つ, 坊来酒は豊富, 坊東北の高野, 坊松坊とてもてはやさるる, 坊根性がちょっぴり, 坊案不破水月のかまえ, 坊とべに, 坊様お上がんなさいナ, 坊様それでござんす, 坊様モウ泣かないの, 坊様仕立思ふ事, 坊様何がよう, 坊様旧の体, 坊様歩行きながら, 坊様眉も綿頭巾, 坊様私は回教徒, 坊様親子連の巡礼, 坊様達には馳走なぞ, 坊様酔ッたが, 坊樣あなたはお, 坊樣お上んなさい, 坊樣仕立思ふ事, 坊樣何が可, 坊橘右衛門の湯宿, 坊はぬ, 坊歩き出しましたって, 坊殺しを巧んだ, 坊殿御旅館と墨色鮮, 坊母千里御前そのまんなか, 坊母様の記念, 坊の早い, 坊気質を助長, 坊をはじめ, 坊沈丁花の油, 坊沢庵坊そんな所, 坊法印前田徳善院僧正増田右衛門尉長盛石田治部少輔三成, 坊泣いても笑っ, 坊泣いたのと, 坊泣く奴が, 坊泣くんぢや, 坊泣くんじやない, 坊泣ン坊弱ン坊, 坊活花の教授, 坊の文士画家一時競つて魚清, 坊尊同様, 坊海園鐘捲流, 坊海尊今の名, 坊海尊曾我兄弟に対して虎御前, 坊海尊衣川にて老人, 坊源三郎とうとう彼ら, 坊濡れ燕伊賀の暴れん, 坊父ちやんと二人今日一緒, 坊若人形, 坊猪綱の三郎, 坊獣医から分け, 坊生意気なこと, 坊からき, 坊町内の義理, 坊白衣に袈裟, 坊が厭, 坊皮坊ツン坊, 坊皮太茶筅御坊鉢屋簓説教者博士など種々, 坊目考などには詳しく, 坊相應の着物, 坊が高い, 坊知ってるよ, 坊知ってるだろうヤーホーじち, 坊社家の外, 坊祐貞方へ押し入っ, 坊神官の娘, 坊禅師は茶道, 坊福原直高浅野長政諸人が関白, 坊である, 坊はおまえ, 坊秋葉大権現, 坊立ち會ひ, 坊竜一は医者, 坊二保を, 坊の名, 坊聞き分けて立つ, 坊育った赤坊の, 坊脚絆ば脱がし, 坊自然に上機嫌, 坊自身ばかりで, 坊を建て, 坊舎千という今, 坊舎商家民屋マデ空袋ノ底ヲサグルガ如ク, 坊舎堂塔すべての伽藍, 坊舎宝塔高塔, 坊舎楼門のすべて, 坊良斎などの人々, 坊良斎五明楼玉輔春風亭柳枝入船米蔵がある, 坊良斎岩窪北渓尾の丸小兼, 坊の花, 坊落第しましたよと, 坊蓮光といへる僧, 坊蓮忍が与えた, 坊薄情だぜ, 坊薬物だから, 坊と呼ぶ, 坊のよう, 坊蝶ヶ岳の峰伝い, 坊街八百を焼失, 坊の入口一パイ, 坊の肩, 坊裸男の外, 坊がなくっ, 坊西の坊, 坊覚明は延暦寺, 坊親方を中心, 坊覺方さんが現, 坊に不, 坊訛ってカンボウ, 坊評判ほどあ, 坊司諸, 坊谷上宮内省御用邸裏の石垣, 坊貴賓室にて, 坊起きるよりヨーヨー, 坊輪王寺に納めある, 坊辨慶ぢやあるまい, 坊の楽師, 坊退身と, 坊連れてきましょう, 坊遊びの歌, 坊遊んでいく, 坊州流と, 坊郁太郎さんがかわいそう, 坊酔タン坊黒ン坊泣ン坊弱ン坊, 坊野寿山君にある, 坊野郎を拜, 坊野長七郎など, 坊野長七郎矢田彦七平賀三郎などである, 坊金五郎に立てられた, 坊金持の息子, 坊鉄淵と兄, 坊を全, 坊門さまより整, 坊門外に至り, 坊門殿にはさいぜん, 坊間違えてほんとう, 坊陽之助長坂血槍九郎本田龍平こう七人, 坊隆寂などは犬射, 坊隱居は飛んだ, 坊の造作, 坊飴買いに行け, 坊首打傾く, 坊教を, 坊高番句中の優, 坊鬼火怪火陰火の数々, 坊黒ン坊泣ン坊弱ン坊, 坊黒石に行っ