青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「坂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地獄~ ~地球 地球~ 地理~ 地蔵~ ~地震 地震~ ~地面 地面~ ~坂
坂~
坊~ 坊さん~ ~坊主 坊主~ ~坐 坐~ ~坐っ 坐っ~ ~坐った 坪~

「坂~」 5818, 63ppm, 1819位

▼ 坂~ (1816, 31.2%)

82 上に 45 上の 41 方へ 39 上から 25 家へ 24 上まで, 途中で 23 下に, 中途に 20 家の 16 上で 15 中途で 14 途中に 1312 方から 10 下へ, 家に, 者の 9 上へ, 家で, 家を, 者と, 者散 8 ほうへ, 下で, 中腹に, 名が, 方を 7 上には, 中途まで, 坂の, 殺人事件 6 下から, 下り口, 中途の, 名を, 途中の, 通りへ

5 [12件] あたりは, うちの, ところで, ように, 上を, 下を, 中程に, 名は, 老先生, 者すなわち, 途中から, 道場へ

4 [12件] 上にも, 下には, 下り口の, 大中津比, 御尾, 若松屋惣七, 途中まで, 道を, 降り口に, 降口, 非人の, 頂に

3 [30件] うちへ, お城, 上だ, 上へと, 下の, 下まで, 下祝いましょ, 中で, 中腹から, 中途から, 二側に, 半腹, 右側に, 向うに, 家から, 家が, 家という, 山を, 方の, 方面から, 植木屋で, 町を, 神, 空地に, 者が, 自宅に, 菊人形の, 録さんが, 長吏法師, 頂上に

2 [109件] あたりを, ある待合, ある路, うえに, おり口で, お絹, つき当り, ところまで, やうな, エビスで, 一手専売の, 三人殺しや, 上あたりに, 上では, 上り口に, 上下を, 上方から, 下あたりから, 下だった, 下と, 下は, 不死人, 両側の, 中ほどで, 中ほどまで, 中段を, 中程で, 中途へ, 人たちは, 傍に, 入口に, 古本屋の, 司馬の, 司馬道場へ, 名のみが, 名ばかりでなく, 名も, 向うから, 向こうに, 場, 塔の, 多い道, 夜の, 夜店に, 大円寺に, 大円寺をも, 女が, 如きは, 家と, 家は, 屋敷へ, 山口に, 崖へ, 左側に, 左右に, 市蔵親分が, 往来は, 御屋敷, 急な, 成瀬九十郎の, 或骨董屋, 戦で, 手前の, 文房具屋で, 方に, 方へと, 方角へ, 旅籠を, 日子人の, 春日社に, 根にも, 様子が, 横に, 樹木の, 水揚ポンプの, 活動小屋に, 火事以来である, 灰色の, 片側に, 町へ, 登りに, 神が, 神を, 窪に, 者は, 若先生, 菊人形と, 菊人形に, 菊人形は, 街を, 観菊, 角まで, 角を, 近くに, 途中, 途中を, 通りは, 道場では, 長吏, 間に, 間を, 降り口の, 静栄さんの, 非人とは, 非人は, 非人法師が, 非人法師等の, 麓に, 麓を

1 [805件 抜粋] あがり口, あたりで, あたりに, あたり夕暮の, あの同じ花屋, あの花, あるの, ある素晴らしい, ある風景, うえあたりまで, うちに, うちの人たちとして, うちへも, おだん, おり口が, おり口に, お女中, お家も, お屋敷, お師匠様, お旗本, お湯に, お綱, お蓮さん, お里を, お鈴坊, かげが, かぶと屋, くらしに対する, ことに関しても, ことは, この家, ご陣屋, さるお方, すぐ上, すぐ角, そばに, たかの, たむけぢ, つもり, てっぺんから, てっぺんに, てっぺんの, とある屋敷, とこる, ところから, ところへ, なかばに, なかほどの, のぼり口に, のぼること, はずれから, は甲賀流, ばら新でも, ひろい通り, ふた側に, ふちで, ふもとに, ほうから, ほうにも, ほうを, ほとりで, ぼり, ままに, むらさきも, やり口だけが, ような, わしの, カッフエと, ドの, ブナ林が, ポンプなんか, 一件は, 一夜その, 一家列, 一方道と, 一本路で, 三分の一ばかり, 三月だった, 上あたりかしら, 上が, 上ちょうど, 上と下から, 上における, 上の町一帯に, 上は, 上までは, 上より, 上りにな, 上り勾配へ, 上り口には, 上り尽く, 上をもの, 上下へと, 上崖の, 上方の, 上高く, 下, 下いつも, 下が, 下も, 下りに, 下りには, 下り口で, 下口で, 下手へ, 不安が, 不知火銭と, 丘陵との, 両が, 両側に, 両側は, 両側上下に, 中には, 中ほどに, 中ほどより, 中央の, 中嶮し, 中段もとに, 中程まで, 中腹, 中腹ちょうど, 中腹とか, 中腹へ, 中腹俗に, 中腹少し, 中途あたりまで, 中途だつた, 中途までは, 中途迄, 中間部屋に, 事件は, 井上伯爵邸へ, 井上外務大臣邸において, 交り, 人々の, 人たちの, 人通りが, 仁作この, 仕事は, 付近は, 住居にも, 何処に, 俗法師が, 停留場は, 停留場前の, 傍へ, 傾斜を, 元参謀本部跡, 先は, 先生だ, 先生です, 入口を, 入日子, 六軒長屋, 出口に, 出口を, 分れに, 分水嶺を, 切支丹屋敷, 別邸へ, 剣術大名という, 勤務は, 勾配が, 勾配は, 北側は, 北側を, 医王寺跡に, 半ばで, 南で, 南の, 南側は, 友谷静栄さんの, 口のて, 口や, 古戦場という, 右や, 司馬道場で, 吉田長禎両国若松町の, 同店の, 名物羽二重団子が, 名真に, 向ふ, 周吉は, 周吉親分からの, 咎に, 唱門が, 四加番が, 四郎兵衛もうけ役ゆゑよし, 団子を, 固い鋪道, 土に, 土にも, 土手の, 地へ, 地蔵菩薩, 坂上に, 坂下と, 坂下通りの, 坂本まで, 城は, 城代家老で, 堀切を, 塔だ, 塔より, 塙江漢火急奉行に, 声その, 声に, 夙が, 夙と, 多いとこ, 多いサンフランシスコ, 多い丘陵, 多い温泉町, 夜店の, 夢, 大きな建物, 大中つ, 大先輩塙江漢老人, 大手の, 大町人ら, 大迫様から, 大通りの, 大黒柱峰丹波先生の, 女のを, 女は, 如きを, 如き空き地, 如くに, 娘であった, 娘は, 字が, 宗家である, 宗家に, 宵暗, 家, 家なりに, 家庭へ, 家庭生活の, 家族生活と, 家風の, 富士菜館へ, 寓居の, 寺内の, 小人を, 小倉是阿弥の, 小日向神社に, 小野衆とか, 尽きた頂きから, 尽きる頂きを, 居城が, 屋敷に, 山口周防守の, 山道を, 岩槻藤堂家お, 峰丹波の, 峰丹波様に, 峻しい, 峻坂を, 崖下から, 崖下大溝通りを, 左側には, 市蔵が, 市蔵も, 幅は, 府門を, 府関あり, 庭園桃花の, 弘法池であります, 影屋敷, 彼方には, 往来へ, 後を, 御尾ごと, 御尾毎, 急を, 急勾配, 悪路, 意図が, 戦いの, 戦官軍大敗の, 所では, 手なみにも, 手前左へ, 播磨法師は, 敵へ, 敷石は, 斜面を, 方が, 方じゃ, 方で, 方は, 方まで, 方角から, 方角では, 旗下饗庭様の, 日々は, 日蔭は, 旧地, 旧居は, 春日社を, 春日邦之助の, 春日邸下に, 時分の, 景情と, 景色を, 暮しぶりに対して, 曲が, 曲りくねった小径, 曲り角で, 書割の, 木の, 本田奎斎先生, 材の, 条を, 東南に, 松平信明の, 桜を, 森を, 椿が, 椿の, 楽器店へ, 構造が, 横で, 檀那様が, 欅の, 此方を, 武家屋敷の, 殿様, 殿様か, 殿様として, 母の, 江漢先生は, 池田屋に, 泥を, 津田角右衛門, 源覚寺に, 火事これは, 火事には, 無量寺は, 焼米といった, 片ほとり土佐町, 片側は, 片側町で, 片端が, 狐は, 獨逸語を, 王を, 現場へ, 理髮店だ, 生家に, 由緒などは, 甲良屋敷である, 甲良屋敷へ, 町に, 町人の, 町名主だって, 登り口へ, 登り降りに, 真ん中で, 真下に, 真中あたりで, 真中に, 真正面という, 眺望に, 石段にか, 石段の, 石段下には, 砂道には, 社の, 神白き, 秀吉へ, 私邸に, 空地へ, 突角に, 答えが, 紅葉の, 細君が, 終わりに, 絵を, 絶誓と, 総がかりも, 縁を, 縁者へ, 繁昌振りを, 繁華が, 老いぼれに, 者たる, 者であり, 者という, 者として, 者などと, 者などの, 者にも, 者を, 者等の, 自動車に, 自宅の, 芝生の, 花の, 若松屋, 茶屋前ほとばしる, 茶屋某方で, 菊そばに, 菊とか, 菊は, 菊人形あれは, 菊人形が, 菊人形も, 菊人形を, 蔭から, 薬師が, 薬師堂に, 藪蕎麦である, 行手に, 表面は, 裏通りで, 裏通りに, 裏長屋に, 裾の, 西に, 見返り柳, 見通し, 親分さんは, 親分下手人は, 親戚に, 觀音樣の, 角あたりと, 角が, 角の, 言い前, 誓は, 誤では, 誰にも, 講談社に, 貴顕の, 質屋の, 車まわし, 辺から, 辺りで, 辻では, 辻番所, 近くへ, 近所であった, 途中である, 途中です, 途中岩間角兵衛どのの, 途半ばの, 通までの, 造菊も, 連中家へ, 道場とかへ, 道場の, 道場を, 邑に, 郭内から, 郵便局まで, 酒屋に, 鎧掛松麻布の, 長吏法師支配, 長泉寺に, 門から, 門前で, 閉まって, 開港開市を, 間俗に, 附近では, 降り際を, 陣も, 険を, 難戦は, 難路と, 電車通りに, 青葉の, 静かな, 非人であったらしい, 非人である, 非人とが, 非人らが, 非人らも, 非人法師と, 非人法師とが, 非人訴訟の, 面が, 面積中で, 頂きを, 頂で, 頂上だって, 頂上を, 頂辺を, 頼みにより, 養子先で, 饗庭の, 駄菓子屋父は, 騒動が, 骨董屋で, 高音が, 魔窟赤坂溜池の, 麓から, 麓で

▼ 坂~ (1444, 24.8%)

74 下りて 69 登って 57 上って 36 降りて 26 越して 19 のぼって 18 おりて 17 下って 15 越えて 13 降りると 11 上ると, 下ると 8 登り切ると 7 上がって, 馳け 6 上ったり, 上りながら, 下った, 下りると, 向うへ, 登ると 5 あがって, なして, 上った, 上つて来る, 下りた, 昇って, 登つた

4 [16件] のぼった, のぼりました, 上つ, 上りきると, 上りて, 下つた, 下つて, 下りながら, 下りました, 下りる時, 下るとき, 下れば, 登った, 登りつめて, 経て, 降って

3 [19件] のぼり切ると, 上つた, 上つて行く, 下の, 下りた処, 下りに, 下り始めた, 下り尽すと, 登つて行つた, 登りきると, 登りながら, 登り切った, 越えた, 越しても, 通って, 降りた, 降り尽くすと, 降ると, 駈けおりて

2 [85件] あが, おりた, かけ上った, くだって, こして, すたすたと, のぼらざるべからず, のぼりきりたるところ, のぼりきると, のぼりつめると, のぼりて, のぼりますと, のぼる, のぼると, ひたぶるのぼる, 上がると, 上つて伝通院の, 上つて來る, 上つて行つた, 上つて釧路座の, 上つて麻布へ, 上りかけると, 上りきって, 上りつめると, 上る, 上るとき, 上るわけ, 上る事, 上る処, 上下し, 上下する, 下に, 下へ, 下りかかると, 下りかけると, 下りきって, 下りきつ, 下りたところ, 下りるの, 下り庭園, 下る, 下る時, 二三町上る, 二里ばかり, 何か, 何度上つた, 側目も, 半丁, 埋むべ, 奈良坂と, 尋ねて, 小走りに, 山懐に, 幾つか, 攀ぢて, 歌別から, 歩いて, 登つ, 登らうとして, 登らねば, 登りつめると, 登りはてると, 登りまた, 登り切った左側, 登り越え下, 登る, 登るので, 登る途中, 行く, 越えてから, 越えようと, 越えると, 越したばかり, 越した年, 越してから, 越せば, 足早に, 踰え, 踰えて, 踰える, 降つたり, 降り切ったところ, 降り始めた, 駆け上がるの, 駈け降りて

1 [694件 抜粋] あがったり, あがつたところ, あがりかけると, あがりつめた処, あがり林, あがり詰めて, あとに, あるいたかと, いつもの, いま蜿り, おのぼり, おりかけてから, おりきった街角, おりたと, おりた辺, おりる, お上り, お通, かけあがる, かけおりた, かけて, かけ上ると, かけ登った, かつぎあげられた, くだったとして, くだりながら, くだりはじめる, くだり半蔵門, くだり来に, くだるが, くだれば, ぐるりと, ぐん, こえた白髪, こえて, ころがせころがせびいる樽, ころがって, ころがり落ち, ころがる石, ころぶよう, さして立ち去りました, さっさと昇っ, さわいで, しゃ雲, しょんぼりし, すこしのぼった, すっとんで, すべって, すべり出し加速度の, するすると, ずっと上った, ずんずん下り, せっせとこうして, ぞろぞろ降り, だいぶこえ, だらだらと, ちりぢり, つけたよう, とうにすぎ, とくに越し, とくに越した, ながれ渡って, なした門さき, なしほとんど, ねりながら, のぼったすぐ, のぼったり, のぼった丘, のぼった処, のぼらなければ, のぼり, のぼりきった出会い, のぼりきって, のぼりきりつきあたり, のぼりつめた十字街, のぼりつめて, のぼりつめるところ, のぼり下って, のぼり出すと, のぼり切る, のぼり始めた, のぼり村なか, のぼり熊本城, のぼり百日紅, のぼるこの, のぼるだろう, のぼるとき, のぼる夫婦, のぼる時, ば降っ, ひかえ北, ひとり下っ, ふらふらと, ぶら, ぶらぶら中途, まえに, みのえ, めがけて, めぐりくだるとき, もう一度あがっ, ややも, やるが, よく知つて, よく通った, よこぎって, よじ登って, エンヤラヤに, ガラガラと, スタスタと, タクシーが, ブラリブラリと, ポツポツと, ルクサンブールの, 一つ登った, 一ツお, 一息に, 一気に下った, 一町ほど, 一里半ばかり, 一頭だけ, 上から, 上がりきると, 上がり麻布三河台の, 上ったつき当り, 上ったの, 上った右手, 上った文次, 上つたのである, 上つて少し, 上つて居る, 上つて日和下駄を, 上つて行つた處に, 上の, 上らむとするにあらずや, 上らんと, 上りかけて, 上りきった左手, 上りきった頃, 上りたる所, 上りつくして, 上りつめ, 上りながらも, 上りなはっ, 上りましたが, 上りポロ競技場, 上りユンケル氏, 上り下りする, 上り先鋒二千, 上り切つた, 上り切つて, 上り切りちょっと, 上り市ヶ谷小学校, 上り来し, 上り果てし武男の, 上り盡す, 上り詰めて, 上るが, 上ること, 上るに, 上るには, 上るので, 上るのに, 上るわれわれ, 上る時, 上る行列, 上る足, 上る頃, 上ろうと, 上ろうとして, 上下した, 下ったところ, 下ったの, 下ってから, 下つた御輿が, 下つて動坂, 下つて行, 下りかかる片側, 下りかけたが, 下りかけたの, 下りかけたよう, 下りかける辺, 下りきったところ, 下りきった橋, 下りきる辺, 下りずに, 下りたこの, 下りたり, 下りつくすと, 下りつつ, 下りてからは, 下りてよう, 下りはじめた, 下りはじめながら, 下りまして, 下りますと, 下りゆかむとするは銀製, 下りゆく時, 下りようと, 下りる, 下りるたび, 下りるにつれて, 下りるので, 下りる度, 下りれば, 下り出した, 下り切つて, 下り切ると, 下り初めた, 下り水道橋, 下り盡, 下り石切橋, 下り野路, 下り鉄漿溝, 下ること, 下ること二, 下るという, 下るよう, 下る事十哩, 丘へ, 中心に, 中途まで, 九分通り登った, 二ヵ所ばかり, 二里半ばかり, 五つ六つ越した, 五六人の, 仰ぐと, 余程越した, 俥なり, 元箱根の, 先に, 冠する思案外史, 出た, 出発し, 北に, 北の方へ, 半ば下りきった, 半ば近くまで, 半上っ, 半分下りた, 占領し, 去って, 去るが, 又のぼっ, 古え, 可なり, 同朋町の, 吹きあ, 唸ったり, 四谷の, 塞きて, 夢中で駈け上がった, 奴は, 少しのぼる, 少し上る, 少し下っ, 少し下る, 少し登つ, 尻垂坂は, 左に, 帰ったの, 帰りゆくに, 廣小路の, 引あげ, 引きあげました, 引払う頃, 引返した事, 往かねば, 往来し, 徐々に下っ, 急いだ, 急いで, 恭しく楽屋一党, 息を, 悠々と, 感心した, 手を, 抜けたの, 押し上げて, 指先で, 振出しに, 挾んで, 捜して, 探索しました, 措いて, 攀じ登りはじめたるが, 攀ぢ登りました, 攀づるのは心臓の, 数歩下る, 斜めに, 昇つて行つた, 昇りかかった時, 昇り切ろうと, 昇り降りして, 昇ろうと, 曲がる時, 曲り竹, 本所の, 東へ, 東照宮の, 森元町の, 武蔵が, 歩いたもん, 汗し, 江戸川の, 河縁の, 注意深く昇つて, 流れあるいて, 湖水の, 滑りおりて, 滑り落ちて, 焼払い三田寺町, 照らして, 燈明台の下あたりまで, 田圃の, 疎林や, 発足致事ニ相成, 登ったところ, 登ったり, 登った所, 登った裏, 登っても, 登つたと, 登つたものだ, 登つて二つ三つ路地を, 登つて來た, 登つて右の, 登つて或, 登つて本郷小石川へ, 登つて白須賀駅まで, 登つて表の, 登らうと, 登らなければ, 登らんと, 登り, 登りかけたが, 登りかけると, 登りきったお, 登りきったところ, 登りきってからは, 登りきつ, 登りきわまり, 登りつつ, 登りつめた上, 登りつめた所, 登りて, 登りぬけると, 登りはじめた時, 登りも, 登りオヨチ, 登り其外, 登り切ったところ, 登り切つたら流石, 登り切る頃, 登り切岸, 登り市ガ谷八幡, 登り得ませんでしたので, 登り詰めると, 登り部落, 登り閑地, 登り降りすること, 登るが, 登るぐらいに, 登ること二里, 登るにつれて, 登るん, 登る動揺, 登る崖上, 登る時分, 登る毎, 登る駄馬, 登れば, 真直に, 私が, 突破し, 立ち二十日頃, 立ち退いた, 立ち退いて, 立って, 立つて, 競走し, 経る道, 経九段, 縫って, 胸を, 自分は, 花籠を, 菱山の, 落ち下りるほどの, 蔽うて, 蔽う一株, 行く女, 襲撃し, 西に, 西谷の, 見て, 見返って, 覺えて, 角隠, 護謨の, 貴辺, 走つて來, 走り上った, 越えしだ, 越えた生れつき, 越えた老年, 越えやや, 越えようやく, 越えるあたり, 越え一里半浅市駅, 越え丹波亀山, 越え川並, 越したかと, 越したころ, 越したらしい眼, 越した分別, 越してからは, 越しながら, 越しました, 越しますと, 越すと, 越すほど, 越すやう, 越すよう, 越ゆれ, 越る, 踏みいま, 踰えた, 踰ゆ, 車を, 転がり落ちる丸太, 転がる石, 転り, 輿に, 轟々と戦車, 辷って, 逃れ京都, 途中まで, 這いはじめたが, 通った, 通つて歸つた, 通りすぎたが, 通ると, 通るを, 逢初橋の, 遊郭の, 過ぎて, 過ぎると, 避けて, 部落の, 鉄鎖に, 降つて, 降つて來, 降つて里, 降りかけたが, 降りきって, 降りたとっつきの, 降りた拍子, 降りつつ, 降りながら, 降りました, 降りまた, 降りようと, 降りるか, 降りること, 降りるその, 降りるまで, 降りる処, 降り來, 降り切って, 降り切つて馬車, 降り掛かると, 降り掛かる時, 降り来れば, 降り電車, 降るひとり, 電車道の, 静かに, 領せらるる, 飛び上った, 馬の, 駆けました, 駆けるよう, 駆け下りた, 駆け下りて, 駆け降り始めた, 駈けおりるの, 駈けて, 駈けのぼって, 駈け上った, 駈け上って, 駈け上るやう, 駈け下りた, 駈け登って, 駈け降りながら, 駈上って, 駈下りたり, 駿河台へ, 驀直に, 黒い人影

▼ 坂~ (464, 8.0%)

45 なって 9 なった町 7 なつて, 住んで 6 なつた, なる 4 あつた, かかって, なった, 来て 3 して, なった道, なった馬籠, なりました, なると, 傾斜し, 比べて

2 [20件] あっては, いた, かかると, さしか, さしかかると, なったな, なった小路, なつてる, なり丘, ふりか, 出た, 出て, 月は, 樹の, 決められて, 現れて, 立って, 見えた, 買物が, 車を

1 [307件] あかり射し, あがって, あった, あったかの, あった独逸語, あつて人, あつて技術, あづけ, あのよう, あの辺, あること, ある吉村, ある唐木, ある実業家, いたので, いたる所謂土手八丁, いた山法師, いた頃, いなかった, いましてね, いるです, いるとき, いる伸子, いる戸ヶ崎夕雲, えびす亭が, おいつめられ進退ここ, おいでにな, おもて, おりましたの, お住まい, お登り, かかった, かかったこと, かかったと, かかった人間, かかった時, かかり松, かかるなだらか, かかる時, かくれて, かわりました, くだり其悪, ころがしそれ, さしかかった, さしかかったと, さしかかったの, さしかかった時, さしかかって, さしかかりて, さしかかりました, さへ, しきりに鉛, したって, しようしよう, ずるずるべったりに, そんな巨石, つつましい一戸, つながり北越, とった, とりかかった, とりつこうとして, なったあたり, なったそれ, なったところ, なったに, なったり, なったアスファルト, なった台, なった土地, なった土手沿い, なった地下道, なった宿内, なった屋根, なった往来, なった往還, なった所, なった歩き難い, なった段丘, なった穴, なった細道, なった荷, なった蓋, なった路, なった通り, なつたり, なりその, なりながら, なりましたので, なります, なりますが, なり他, なり右, なるかな, なるかも, なること, なるところ, なるに, なるの, なるわけ, なる振り返ると, なる道, のぼりかけた時分, ひきあげて, ひきかへ, まかせても, また一軍, ゆく, わたしが, ゐて, ゐる頃, カッシーノある, 一戸を, 一本の, 一軒ある, 下がって, 世帯を, 中りて, 久しくかかっ, 之く, 人殺しが, 人通りの, 伝わりそれ, 低くなる, 住むの, 住む飯島, 住んだの, 入ると, 出たという, 出た男, 出づ, 出で, 出るし, 出ると, 出る路, 出会った, 出入りの, 出會, 初陣し, 到り前日自身, 到る, 勢ひ, 勢ひづい, 北山十八間という, 厚恩を, 参り申候, 取って, 取りつきあるいは, 取詰めました, 名附けん, 向いました, 在る同, 在城, 地ならしし, 地下鉄の, 塞いで, 塞がつて, 塞れる, 始まって, 始まり江戸, 娘さんが, 家を, 宿営する, 小娘が, 小屋を, 就かむとする處, 居た頃, 居る今, 巣を, 差しか, 差しかかった, 帰り着いたころ, 帰る, 幣奉り, 幸三と, 広い土地, 店を, 引き塞, 引塞え, 当つて泥, 彼らは, 往き柏軒, 往つた, 往つたのは, 徙り, 御滞在, 忍術指南の, 惱んで, 懸りましたが, 懸ると, 成った果実, 成った町, 成った細道, 成った郊外, 成って, 成つてる林, 成つて居る, 成ります, 我ら追, 戦死市郎左衛門に, 戻ったよう, 戻って, 拒まれて, 最も多く, 杖突く, 来たとき, 来たり, 来てから, 榎本という, 権太坂, 欝蒼と, 次ぐの繁華, 歌は, 止まったとき, 止まつたとき, 殿軍し, 沈み峰, 沈むばかり, 沿うて, 沿う露地, 沿って, 法月弦之, 添う崖, 添ふ, 添ふて, 渡して, 潜んだん, 火事が, 現れ更に, 生きて, 生まれて, 登ったこと, 登り立ちて, 登ると, 着いたの, 知らすまいと, 知辺の, 社を, 秀吉東海に, 移つた, 移つたのは, 移りました, 突伏した, 立った時, 立つて, 約束した, 続いて, 続く石段, 縁が, 續く, 置いて, 美人屋敷と, 自分の, 至り二十一日, 至り維盛, 至るまで, 至る街路, 若松屋の, 草を, 著いた, 著いて, 著して, 葬る, 蛇多く, 行き逢, 行く, 見えたの, 親しい友人, 訪れた, 諸大名, 谷に, 赴く, 越して, 足を, 足場を, 踏入れ, 身慄いして, 転居した, 辰井と, 迎へ, 近いころ, 近い処, 近い夕日, 近づかんとして, 追ひ至りまし, 退いて, 送りやるべきか, 通ずる坂の下口, 通ずる大道, 進み更に, 遇う, 達した時分, 違ない, 遷つた, 還住, 邸を, 邸及び, 酔っぱらいの, 随分著, 隠棲し給い, 隠退した, 集めて, 面した一方, 養生所を, 馬印を, 駈け登ったらしい安城郷太郎, 驚きながらも, 鳴く蜩

▼ 坂~ (246, 4.2%)

8 出て 7 行った 5 かかって, かかると, 行って 3 かかった, 向って, 来て, 行くの 2 かけて, 三宅坂から, 下って, 帰った, 廻って, 押し出したとしても, 来ると, 行くと, 買物に, 通って

1 [184件] ありゃありゃ, いらっしゃい今日, おりる路, おり江戸川橋, お出なさる, かえって二人, かえる, かかったころ, かかったところ, かかった時, かかった頃, かかる, かかッ, かけつけました, かなり多く, きたばかりの, きて, ご相談, さしかかった, さしかかって, さっぱり人, ついて, とどけられた, なぞ行つた, なんか, ぬけて, のぼって, のぼりかけて, はこびこんだとき, まわった, むかしの, もつれて, やった, やった手紙, やる, ゆくと, よったら保, よって, よびよせた, ストンと, 一寸行っ, 一度聞き, 一足か, 一面の, 上りますって, 下しけり妻, 下った, 下りて, 下る途中, 乗りこんだ連中, 伺った時, 偶然渡辺篤が, 傍見, 入って, 出かけたのよ, 出かけて, 出かけました, 出かけるには, 出た, 出ました, 出ようと, 出る, 出るつもり, 出る幹線道路, 出向いて, 出掛けた, 出掛けた時, 出掛て, 別居した, 参ろうと, 古雑誌, 向かいだした与の, 向かった, 向けて, 向け出発, 向われるか, 呼んで, 家を, 寄って, 寄るつもり, 寄午飯, 少しでも, 届けせえすれア, 届けろ, 屡々行き, 差しかかった時, 差しかかりし時, 差し掛る角屋敷, 帰った後, 帰へ, 帰りは, 帰りましょう, 帰り着いた, 帰るため, 帰るの, 帰るんぢ, 帰る途中, 幾度歩いた, 廻っては, 引き返そう時間, 引越します, 往くのに, 往こうかとも, 急いで, 戻りついて, 拔け, 持たして, 持ちこんだ, 捨児に, 掛つた時には, 攻めよせた, 攻め上る日, 曲る処, 来た時, 来ては, 来るから, 来るごと, 来るつい, 来るつもり, 案内される, 款を, 氷滑りに, 泊った朝, 清水坂前長吏還住懇願の, 現われた時, 発向しよう, 登ろうと, 着くならわしら, 知れたの, 礼に, 移されてからの, 移され西, 移って, 移ってから, 移つてより, 移ること, 立つという, 立身上りに, 罷り下ったので, 荷物を, 菊見という, 行きの, 行きました, 行きませんが, 行きゃ土井さま, 行きスケッチごっこ, 行き酒, 行く, 行くから, 行くまいぞ, 行く約束, 行く者, 行く者皈, 行く行かないについて, 行ったが, 行ったと, 行ったという, 行ったとき, 行ったら, 行ったら奥さん, 行ったん, 行つて見よう, 行ツちまつた, 見えて, 訪ねて, 貰いに, 走って, 越して, 越すと, 踏懸け, 辷つて, 近くなつた, 迫ろうという, 追ッ, 送られたこと, 連れ行かせる, 遊びに, 運んだ, 達して, 降りる木立, 飛んだ, 飛んで, 馳せのぼられひゅうがのかみの聟織田七兵衛どの, 駈けつけると

▼ 坂~ (157, 2.7%)

3 急に 2 くらやみ坂西の, 下目黒に, 急ならず, 照る, 照る照る, 狸坂と, 見透しに, 農具川と

1 [138件] あたかも大きな, あり, ありながら, いいが, かくの, かなり長い, こまかい店, さほど遠く, さわぎと, ずっと上, そのあたり, その傾斜, その近所, その頃流行, その麓, そんなに大した, だだ下り, てるてる, とうに越え, どうだろう, どの坂, どの辺, なかなか急, なめらかな, ねえはず, のぞむ所, ひどく急, びろうど, ほんの十五六歩, またたく越えた, また土地, みどりの, みんな痺れ, もうこの, もう味方, やっと人馬, よほど急, よほど越し, グレート馬琴が, スキーを, トビ坂から, ホンの, 一夜明けれ, 一本道で, 不規則な, 中程から, 二つあり, 二三月頃の, 二枚ほど, 今では, 今よりも, 今出雲の, 何した, 俗に, 勾配の, 即ち平地, 古え, 善い人たち, 坂の, 外濠を, 大きい顔, 大分長かっ, 大分長かつ, 大和の, 大通りへ, 奈良坂に, 実に可哀そう, 寸裂裂目に, 尽きた, 岩と, 岬の, 峻しい, 平かに, 平城京から, 廻りも, 忠臣蔵の, 急で, 急であった, 急上り, 急勾配, 息苦しい, 恰も芳野世經氏宅, 悠々と, 文豪馬琴の, 昔ながらの, 昔の, 暗くな, 暗くなるでござろう, 曲がって, 本郷台から, 村から, 東海道の, 森林帯だ, 武蔵鐙江戸砂子惣鹿子等に, 歩いて, 歩くが, 段々勾配, 母が, 毎日の, 照る照るでも, 照る照る鈴鹿, 特に私学校, 狐使いでした, 皆地名, 短くすぐ, 私たち本郷辺の, 私にとっては, 緑の, 緩に, 繰り返して, 翌日へ, 自分の, 菊人形で, 蓋し昔, 蕪坂なぞと, 薄ら寒く暮れ, 谷中より, 貞世が, 路地ほどの, 路幅も, 車の, 転んでは, 辛抱坂だった, 近いな, 通れない, 道より, 道路に, 遠いから, 避け休んでは, 長いからね, 降りである, 険阻だった, 青っ, 非常な, 非常に, 音羽の, 馬に, 駿河台岩崎邸門前の

▼ 坂~ (145, 2.5%)

2 例の, 昔の, 立ちん坊を, 転んだと

1 [137件] あつた, あなたの, いくら待つ, いくら自動車, いっしょに, いわゆる清水坂, お眼, お角, きゃッ, この女, ころんだもの, こんだ御殿山, せっかく買った, その上, その先, その彼方, その片側, それが, それと, それも, たいした坂, つくつた自作, つまずいたの, ね, はねこの, ひとつ眼小僧にでも, ひとまず父, またしても, よくわかる, よく見かける, わたしは, 一万石剣道だけで, 一寸気楽, 一方は, 三途の, 上って, 下りて, 中央の, 二三日は, 云いよったあの, 人が, 人力車などは, 今は, 会うたあの, 作つたのが, 作り出したの, 使って, 偃松帯を, 僕は, 僕らと, 内田百間氏に, 十分楽しん, 原稿紙や, 召使女中には, 四人組の, 団子を, 坂の, 声を, 外国人らの, 子供を, 孫太郎虫の, 屋井が, 峰から, 当時は, 彼は, 待受けた事, 後には, 心当りを, 投出された此, 拙者を, 拷問を, 拾ったお, 捕はれて, 掛川である, 摺れ違ったの, 斬って, 新手の, 旗本も, 昔渡辺綱が, 暮した間, 書いた, 朝と, 松木林雑木林あるいは, 松林の, 此の, 武田勢に, 殉教した, 殊に空気, 殴られたり, 殺された大, 汗を, 滑って, 燒け, 畳や, 私が, 私たち三人, 私は, 竜之, 約四, 絞に, 聞いたと, 聞いて, 腰つく, 良人と, 苔に, 苛まれるの, 苦しくとも, 苦しんで, 茶の湯を, 菊人形を, 藤吉と, 見掛けたと, 詠んだの, 谺を, 豪華な, 起つた慘事, 躍り出して, 躓いて, 車の, 転けましてねえ, 転ぶと, 転んだ, 転んだの, 転んだ人, 転んで, 逢つたのは, 道に, 道場を, 邸内には, 鉄道草の, 降りたらザアザア, 降りると, 随分慣れ, 顛倒した, 食いとめられて, 鼠の, 鼻緒の

▼ 坂から~ (106, 1.8%)

2 五番町へと, 赤坂まで

1 [102件] かけつづけて, こ, ここへ, こちらまでが, ずっと矢来, そのフランス領事館, それを, だんだん傾斜, ですか, また迎え, やや根津, わざわざ鎌倉くん, 一丁半ばかり, 一手は, 一歩も, 七代の, 三四丁先きの我家まで, 三崎町笠森の, 三角へ, 上野田端あたりの, 云って, 五条の, 信濃町への, 俥が, 入らしったよ, 八田土井方面へまで, 出て, 参ったん, 土手へ, 地方へ, 坂の, 塩津谷へ, 始まる, 小川町の, 小石川にか, 小菅の, 山王の, 崩れて, 川並村の, 市兵衛町に, 帰った時, 帰って, 帰ること, 帰る途, 引っ返して, 徙つて来, 御濠, 懐中電燈が, 手繰って, 折れて, 摺込む, 播州へ, 早追, 曙町まで, 本能寺へ, 本郷元町の, 来たという, 来た道, 来て, 東京駅へ, 東大寺, 根津一帯の, 森元町の, 極楽水に, 横正面といった, 此に, 死體を, 水道橋, 清水の, 濠越に, 父が, 独りで, 甦つて, 田端の, 町田の, 眞砂町を, 真砂町を, 立売坂へ, 肴町へ, 腰に, 茶の, 落つる石, 蛍の, 行き先不明, 袋町を, 見ると, 見降すと, 買いだしに, 赤坂見付まで, 路地を, 転じたので, 追われた淡路法師, 道連れで, 邸へ, 都へ, 金峰に, 関口駒井町の, 雲取, 電話が, 電車に, 飛脚が, 鶯谷の

▼ 坂~ (93, 1.6%)

4 呼ばれて 3 いう, 書いて 2 いっても, いつて, なって, 呼んで, 坂とが, 氣取る, 辻の

1 [69件] いうを, いえば, お濠, この点, なし坦路, なつて, なりそれ, なり往くも, なる, やがて府内, よぶ藪坂, よんだところ, 下り坂と, 下り坂とは, 云い慣わして, 云うが, 云うの, 云うもの, 云う処, 云う坂, 云えば, 云ひ, 云ふ, 云へば, 同じく万世橋, 名の, 名附け, 呼ばれそこ, 呼ばれたかにも, 呼ばれること, 呼ぶ, 呼ぶ窯, 坂との, 坂の, 奈良坂との, 宇治の, 家屋の, 屏風を, 崖と, 嶺とを, 幾つかの, 建札の, 承るあれ, 拝領町屋を, 書いたり, 林町の, 森林だけ, 横町と, 気取るも, 江戸の, 申す所, 男厄坂との, 石段とを, 私は, 称したこと, 称ばれ, 稱へる, 絶壁の, 聞いて, 聞きましたが, 聞く坂, 肴町の, 般若寺の, 落つる川底, 藪ばかりが, 虚空蔵山の, 言い出したの, 言うの, 赤坂見附との

▼ 坂~ (91, 1.6%)

21 ある 8 あって 3 あった, あつて 2 あり坂, あるので, 急で

1 [50件] あったり, あったろう, ありました, ありますでしょう, ありますよ, ありまた, あるが, あるその, あるだろう, あるよう, がんすから, そこにも, そもそも滅茶, それである, どうした, どこまでも, ない, ようやく尽きた, 一つありました, 一ツ, 切れると, 危ないん, 可い, 向合い, 土地の, 多くて, 多く手間どった, 小日向台町, 山腹を, 幾つも, 幾階と, 引窓から, 急だつ, 急である, 急に, 斜に, 極めて峻, 畝つて拔けて, 登れないでは, 登れると, 直ぐ湖氷, 眼の, 眼前に, 突き立って, 立って, 箆棒に, 見下せるところ, 見付かった, 闇く, 降らうと

▼ 坂~ (60, 1.0%)

2 のごとき, の頭脳, はその, は暗室, は随分

1 [50件] がどんな, が如何, が新案探偵法, が来, が準備実験, が犯罪探偵, が盗ん, が腕, が跡, そう考えない, との前, にたずね, にとって此上, には係累, に言わせる, の, のところ, のは例えば, の懐疑的態度, の持論, の無, の犬, の着想, の興味, の選んだ, の頭, の願い, はかね, はこの, はそういう, はどうしても, ははからずも, ははっと, はびっくり, はほとんど, はパウロフ, は他, は先ず, は大いに, は学問, は文字通り, は条件反射, は検事, は満足, は真に, は考えた, は若し, は鑑定, もどちら, をたずねた

▼ 坂~ (49, 0.8%)

2 から根津, には大きな, の溝川, の酒屋, よりもの

1 [39件] から広小路近く, から第, から肴町, から電車, です, で下駄, と云え, に一万石, に住ん, に入, に待受, に間口一間, のね建部裏, のやぶ, の乗りつけ, の切腹三法, の四辻, の寺, の寺門前, の建部, の建部内匠頭, の方, の暗い, の物見, の穴, の空地, の花, の菎蒻閻魔, の蕎麥屋, の蕎麦屋, の質屋, へもう, へゆき着く, へ来た, へ落ちこぼれた, へ遣っ, を一寸, を歩い, を通った

▼ 坂という~ (47, 0.8%)

8 のは 3 のが, のだ 2 名の

1 [31件] あり, ちょっとした登り, ところだ, ところで, ところとかや, ところに, ところへ, のじゃ, のであっ, のを, ものの, 人間である, 名が, 地名から, 地名が, 坂が, 坂で, 坂です, 坂な, 坂の, 坂の下まで, 坂へ, 坂まで, 坂を, 坂道が, 意である, 意味, 所は, 有名な, 由後に, 養蚕の

▼ 坂~ (47, 0.8%)

4 の深見 2 にある, の三井邸, の家, へ出た

1 [35件] からも見えました, からやっ, から下, から下町, から南, で三百五十石, なのよ, にあつ, にいた, にさしかかる, に在った, に実在, に居た, に移っ, のお, のささやか, のさる, の今, の何とか, の停留場, の南側, の和軒氏方, の夜, の子供, の富士見, の富士見町通, の往来, の燈明台, の細い, の藪下, の街, の質商, まで, より芝西, を

▼ 坂三郎~ (45, 0.8%)

1 [45件] がヌッ, が大口, が持っ, が訊ね, がDSマグネット, そしてもう, だった, だッ, で, であろうか, という人物, という市会議員, といえ, とは遂に, と黒河内総監, に使われ, に違い, のところ, の下, の口, の名, の咆哮, の寝室, の懐中, の推察どおり九分九厘, の身辺, の顔, はこの, はマスミ, は凄い, は動坂三郎, は大声, は憎々しい, は拳, は早く, は苦, は語, は顔, は黄金, をし, を二枚, を先頭, を恐喝, を指した, を自動車

▼ 坂~ (40, 0.7%)

2 おりたり, 今よりは, 躑躅も

1 [34件] ありますから, かなり長く, すぎたが, ない, またその, また緑, もう半分以上, もう大がい, スキーに, 一軒の, 中頃で, 今と, 今日は, 名前に, 多いです, 大分急に, 天然の, 広い, 早や, 暗い, 曇れば, 有ったもの, 此日を, 決して低い, 浄瑠璃に, 登った, 登らない代り, 空地も, 致候, 見ましたが, 過ぎましたよ, 遠くは, 隠れて, 駈け上がった

▼ 坂~ (35, 0.6%)

2 お濠端等々, 秋の

1 [31件] ああいう, さゆり姫百合に, その他の, 三草の, 下り松の, 五色温泉に, 京や, 京都は, 伏見の, 児手柏の, 危ない下り坂, 口繩坂を, 崖の, 帝展物は, 我善坊の, 桜に, 段々が, 江戸の, 深い淵, 直角が, 石段を, 破風が, 糺, 組合員たちも, 花の, 茶わん坂を, 蜂ヶ峰方面の, 谷を, 谷川や, 車に, 邸の

▼ 坂~ (35, 0.6%)

3 に住ん, の伊豆屋 2 の信平さん

1 [27件] で塀, で大, というの, にいる, に五代, に住む, に好い, に家, に於ける, に越前屋, の千本殿御住居, の千本邸, の奥平宗悦, の宗家, の実家, の小山内さん, の此處, の石道, の自分, の街路, の角, は軒並, へ行つたの, まで馳, も禁物, を下り, を歩い

▼ 坂まで~ (32, 0.6%)

2 行って

1 [30件] あとを, あると, おいでに, くると, この川土手, ひた走りに, もう九ヵ月, ノコノコやつ, 來る, 動き淀川, 名に, 大勢の, 帰って, 来たところ, 来たん, 来て, 歩いた, 病躯を, 行かなければ, 行ったの, 行つて見ました, 行つて見る, 貫通しかけ, 走らせた, 迎へ, 追いかけて, 追つておいで, 追出, 追懸け, 送って

▼ 坂~ (20, 0.3%)

3

1 [17件] から, から前, から畜生等がく, から運賃, がそこ, が掃いた, が豹一, ぞ, ということ, といっ, とよ, と思う, と言つた方, よ大きな, ゴロゴロと, ッた, 白坂だ

▼ 坂より~ (20, 0.3%)

2 申来りし

1 [18件] また一時間, 上に, 上は, 上加茂へ, 京都に, 低い, 低い丘, 十里あまりの, 参り候, 土手に, 堀伝えに, 大石を, 師範代安積玄心斎殿が, 戻り来りたる事, 茗荷谷の, 赤坂に, 走り下り甚だ, 遥に

▼ 坂本城~ (19, 0.3%)

1 [19件] がもう, で泊った, にある, にお, におる, に住め, に留まっ, に過し, の余燼, の東, の近く, は明智方最後, へ引き揚げ, へ招い, へ渡った, も陥ちた, を与え, を拝領, を改築

▼ 坂~ (18, 0.3%)

2 の名, を越え, を越し

1 [12件] から一線, というの, という山, の切所, の登り, へかかろう, へ仕事, へ掛ります, へ掛る, を一氣, を越え行く, 又は雁木峠

▼ 坂には~ (15, 0.3%)

1 [15件] いつもうんざりする, まだ新聞紙, もうバス, よしやそれ, わが稚き, 両側から, 二人の, 円本芸者という, 時間を, 松葉ぞ, 目に, 若い檜林, 菊人形が, 誰も, 高瀬船へ

▼ 坂あたり~ (14, 0.2%)

1 [14件] から荒町, でがんりき, ではちょっと, ではつい, で振り, にそんな, に居た, に無数, の桜花満開, までとか五人組仲間, まで帰っ, まで行った, まで見送り, を一つ

▼ 坂では~ (14, 0.2%)

1 [14件] あつた, これと, ございませんが, それが, とにかく伸子, ないけれど, ないだろうかと, まんまと討ち洩らした, 伊賀の, 全く暢気, 去年も, 特にその, 誰にも, 高

▼ 坂~ (14, 0.2%)

1 [14件] が辭, とに紹介, の大きな, の寝, の悧巧, の態度, の演説ぶり, は云った, は何處, は寝, は満面, を蒲団, を裸, 及び家族

▼ 坂みち~ (13, 0.2%)

1 [13件] かけて, から木, が延び, さ, ですから, に姐さんたち, に差し, の, のある, のぼり, をいき, をのぼつ, を上り

▼ 坂時代~ (12, 0.2%)

2 の性質, の緑雨 1 から初, から貧乏線, であって, となる, には時々, には沈鬱, の修行, を下り坂時代

▼ 坂病院~ (11, 0.2%)

6 に入院 2 に入れた, の十五号室 1 に入院中

▼ 坂にな~ (10, 0.2%)

2 つた村の 1 つてさきの, つてべ, つてゐた, つて上りきつ, つて上りも, つて庭の, つて登り果てた, つて苔が

▼ 坂をの~ (10, 0.2%)

10 ぼつて

▼ 坂~ (10, 0.2%)

1 が深い, には木炭, に在る, をころがり落ちた, をのぼつ, をのぼりはじめ, をまつし, を今, を花蓮港, を駈け登りはじめ

▼ 坂~ (10, 0.2%)

2 をあ, を登りつくす 1 だが, であるから, の一角, を登っ, を通っ, を降り

▼ 坂越え~ (9, 0.2%)

1 から姫路, から岡山, て, て奥州仙台陸奥, て引く, とあっ, の難, まではいかに, を控え

▼ 坂でも~ (8, 0.1%)

1 かなりヘトヘト, さして疲れ, なし歩きましょう, ほとんど人, 下りたと, 小石で, 甘酒を, 誰にも

▼ 坂にも~ (8, 0.1%)

1 おりました, 住みづらかろ, 島金という, 打ちこわし, 明治の, 段々高級, 知れて, 雪崩の

▼ 坂さん~ (7, 0.1%)

2 だわ 1 じゃございません, に鑑定, のお, のため, を御存知

▼ 坂との~ (7, 0.1%)

1 あひだ, いきさつは, 佶倔なる, 差向いが, 視線が, 間の, 非人闘争に関する

▼ 坂~ (7, 0.1%)

1 で低く, なれば, にて水はけ, には矢張りいっぱい, の作者, へと戻るであろう, をならし

▼ 坂です~ (6, 0.1%)

1 からあまり, からビッコ, が河童, よ, よ彼所, よ早く

▼ 坂をば~ (6, 0.1%)

1 もう降尽そう, 何となく特徴, 喘ぎましてな, 汐見坂という, 登りつめたと, 鮫ヶ橋谷町へ

▼ 坂地方~ (6, 0.1%)

2 のある 1 では例, のよう, の人, もすでに

▼ 坂とか~ (5, 0.1%)

1 いったが, いったの, 云うそう, 勝手に, 極めて土俗的

▼ 坂~ (5, 0.1%)

2 のだ 1 ので, ので私, んだろう

▼ 坂など~ (5, 0.1%)

1 いかさまの, またみな, 云う処, 東山の, 謂ふあり

▼ 坂なりに~ (5, 0.1%)

1 大師道, 建てられたこの, 構へ, 落込んだ, 隣の

▼ 坂にて~ (5, 0.1%)

1 一度尽き, 兵士多く, 午飯, 同じ乞食, 討死し

▼ 坂三郎氏~ (5, 0.1%)

2 だった 1 より痛烈, を恨み, を推さん

▼ 坂司馬道場~ (5, 0.1%)

1 とやらの, の奥方, の屋敷内, の峰丹波, の裏口

▼ 坂~ (5, 0.1%)

1 から遠く, に詣で, の深い, の附近, の高垣

▼ 坂~ (5, 0.1%)

5 のお

▼ 坂~ (5, 0.1%)

1 であったし, でもなく, に内通, の使い, の将星

▼ 坂方面~ (5, 0.1%)

1 からは一直線, へ, へ跛足, まで, を眺め

▼ 坂あり~ (4, 0.1%)

2 谷あり 1 一方には, 般若坂是なり

▼ 坂くらやみ坂~ (4, 0.1%)

2 の名, や秋

▼ 坂じゃ~ (4, 0.1%)

1 あるまいし, ないの, 今度は, 辷らぬよう

▼ 坂などが~ (4, 0.1%)

1 あって, あり孰, その主, 昔は

▼ 坂へと~ (4, 0.1%)

1 取って, 移動し, 通る細道, 鉄輪の

▼ 坂への~ (4, 0.1%)

1 往き来が, 散歩の, 曲がりつじまで, 近道である

▼ 坂へは~ (4, 0.1%)

1 たいへんな, 切迫した, 引っ返せない, 行かないつもり

▼ 坂ほど~ (4, 0.1%)

3 ちかくて 1 では

▼ 坂また~ (4, 0.1%)

1 君と, 少しく攀じ, 少しく辺鄙, 逢坂なぞの

▼ 坂寄人~ (4, 0.1%)

1 なるもの, の事, の子孫, 及び西坂

▼ 坂~ (4, 0.1%)

2 は白樺 1 が蛍沢, へ折れる

▼ 坂市君~ (4, 0.1%)

1 から順順, が読ん, にむかっ, や源五兵衛君

▼ 坂本屋~ (4, 0.1%)

2 の取扱高, の話

▼ 坂東武者~ (4, 0.1%)

1 の気風, の面影, もこの, を連れ

▼ 坂~ (4, 0.1%)

1 から呼応, の方, まで御, を発足

▼ 坂~ (4, 0.1%)

1 一緒に, 帰著の, 歩いて, 著明廿四日

▼ 坂~ (3, 0.1%)

1 はてしなき, 白河のこつちだ, 降り坂

▼ 坂くらい~ (3, 0.1%)

2 な勾配 1 な繁昌

▼ 坂であった~ (3, 0.1%)

1 が今, やも知れぬ, 話相手が

▼ 坂での~ (3, 0.1%)

1 中心を, 邸は, 騒ぎだった

▼ 坂といふ~ (3, 0.1%)

1 のださうです, ものを, 山あり

▼ 坂とは~ (3, 0.1%)

1 いうものの, くちなわ, 別で

▼ 坂とも~ (3, 0.1%)

1 つかずに, 呼ぶの, 書いた

▼ 坂などの~ (3, 0.1%)

1 名が, 泥土が, 部将

▼ 坂などは~ (3, 0.1%)

1 其例で, 後から, 皆斉しく

▼ 坂なりの~ (3, 0.1%)

2 道ばたに 1 宿場を

▼ 坂なる~ (3, 0.1%)

1 司馬道場不知火組の, 土人の, 派出所の

▼ 坂にか~ (3, 0.1%)

2 かつた 1 かつてゐた

▼ 坂ばかり~ (3, 0.1%)

1 でございますね, でした, でない牛込全体

▼ 坂ひとつ~ (3, 0.1%)

2 おりて 1 向ふ

▼ 坂へでも~ (3, 0.1%)

2 行って 1 行くの

▼ 坂ホテル~ (3, 0.1%)

1 にて認め終る, にて面会, の一室

▼ 坂一齋~ (3, 0.1%)

2 と云う 1 の相

▼ 坂付近~ (3, 0.1%)

1 に見付かった, の家々, は坂

▼ 坂以来~ (3, 0.1%)

1 いくたび, のこと, の一族縁類

▼ 坂合部~ (3, 0.1%)

3 の連

▼ 坂~ (3, 0.1%)

1 から檜葉, の下, は修理

▼ 坂~ (3, 0.1%)

1 にあった, に伝え, に大風雨

▼ 坂菊人形~ (3, 0.1%)

1 の木戸番, の殷賑, の縁起

▼ 坂落し~ (3, 0.1%)

1 でいい, のよう, をやったらしい

▼ 坂~ (3, 0.1%)

1 に家居, のむす, の火の粉

▼ 坂~ (3, 0.1%)

1 から安中, へ一里三十丁, 越え背すじ

▼ 坂くだりゆく~ (2, 0.0%)

2 牧が

▼ 坂だった~ (2, 0.0%)

1 あれかい, のです

▼ 坂といった~ (2, 0.0%)

1 ように, 芝の

▼ 坂とが~ (2, 0.0%)

1 谷を, 重複する

▼ 坂とて~ (2, 0.0%)

1 穴の, 鮮かな

▼ 坂とでも~ (2, 0.0%)

1 いうべきであろう, 称い

▼ 坂とを~ (2, 0.0%)

1 見ましたが, 見比べて

▼ 坂なかば~ (2, 0.0%)

2 築石垣

▼ 坂なども~ (2, 0.0%)

1 あるので, 見送って

▼ 坂なら~ (2, 0.0%)

1 ば浪華, 杉の

▼ 坂における~ (2, 0.0%)

1 癩病患者収容所で, 薬草園小石川養生所の

▼ 坂にかけて~ (2, 0.0%)

1 浅い奥ゆき, 軒並に

▼ 坂について~ (2, 0.0%)

1 少しく述べたい, 最う一つ記憶

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 大きいあれ, 私の

▼ 坂のうへから~ (2, 0.0%)

1 包みを, 自転車に

▼ 坂よりの~ (2, 0.0%)

1 不浄門から, 人力宿から

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 上ルト向, 創テ初

▼ 坂一つ~ (2, 0.0%)

1 を無事, 上れば

▼ 坂一派~ (2, 0.0%)

1 の強か者, の荒武者ども

▼ 坂上り~ (2, 0.0%)

1 で海抜僅か, に衣紋

▼ 坂下り~ (2, 0.0%)

1 て来, に樹

▼ 坂両所~ (2, 0.0%)

1 の非, の非人争議

▼ 坂両所非人~ (2, 0.0%)

1 の悶著, の訴訟

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 の興行, へ立て籠った

▼ 坂伯耆守~ (2, 0.0%)

1 が戦線, を鉄砲

▼ 坂~ (2, 0.0%)

2 の桜ヶ井

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 の家, は単に

▼ 坂嗣三君~ (2, 0.0%)

1 の新案探偵法, は生理学者

▼ 坂垂れ~ (2, 0.0%)

1 になつ, に成つて

▼ 坂嶮路~ (2, 0.0%)

1 の艱, を冒し

▼ 坂所住~ (2, 0.0%)

1 之非人等, 之非人等吉野法師

▼ 坂攻撃~ (2, 0.0%)

1 が始まる, の策戦

▼ 坂新道~ (2, 0.0%)

1 と岐, 下つて

▼ 坂昌功~ (2, 0.0%)

1 は初め淺草黒船町河岸, は壽

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 に逢, へ坂本

▼ 坂様谷~ (2, 0.0%)

1 の落ち口, の落口

▼ 坂江戸~ (2, 0.0%)

1 の三都, は天下

▼ 坂~ (2, 0.0%)

2 の巓

▼ 坂火事~ (2, 0.0%)

2 で相撲

▼ 坂~ (2, 0.0%)

2 鐙坂東有一堂中置二女影身着戎衣服頭戴烏帽子右方執

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の掟

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 と巣鴨線, の団子坂下

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 とは明らか, などとも書い

▼ 坂蕎店~ (2, 0.0%)

1 に而飲, は団子坂

▼ 坂行き~ (2, 0.0%)

1 ぬべし病むとも, の電車

▼ 坂西~ (2, 0.0%)

2 の坂

▼ 坂~ (2, 0.0%)

1 をぐるぐる, を降り

▼ 坂通り五番町~ (2, 0.0%)

2 に近づく

▼ 坂非人~ (2, 0.0%)

1 から奈良坂非人, の名残り

▼ 坂~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 坂~ (2, 0.0%)

2 なるドレス

▼1* [293件]

あるいは霞ヶ関を, 坂いかばかり遠く続く, 坂への學習院女子部, 坂勧化に, 坂忠婆さんといふ, 坂おとしにあった, 坂からの傾斜が, 坂くだりに行く, 坂くらいの趣きは, 坂くらがり坂など, 坂ゆれば, 坂ことに清水坂に, 坂この名は, 坂ごとに旅順, 坂さては牛込築, 坂さん御苦労でした, 坂じゅうの噂, 坂すぎ山辺みちに会, 坂いの, 坂それから紙治など, 坂それらは皆予, 坂くるしき, 坂だったら前が, 坂だったらしくその豪華版, 坂だってといかにも腹, 坂だの石段だ, 坂だらけの町, 坂ってどこな, 坂てえのが, 坂であって最も, 坂でありますから踏み外し, 坂であるだけに寺町, 坂でございますよ, 坂でとでもいうこと, 坂でないことは, 坂で御座い品川へでも, 坂とかのその結綿, 坂として残って, 坂としてはわたりが, 坂どうでした, 坂ながらこれが, 坂なきにしも非, 坂なぞと一々名, 坂なっていました, 坂などと云ふ, 坂などという粋な, 坂などに迫った敵, 坂などへ来て, 坂ならぬ境でも, 坂なりだから, 坂なんかからお金出し, 坂なんて人あ, 坂にあたり韓語では, 坂において承わりお, 坂にさえ蟻の, 坂にでも浮かれて, 坂にのみ住んで, 坂にまで進出, 坂によって次第次第に, 坂のぼりては巌端, 坂のぼりゆく寂寞に, 坂のぼり坂山葡萄どろ, 坂ばかりにて一ぢやと, 坂ばかりの山の手に, 坂へなんぞ頼むの, 坂へも顔を, 坂どきであって, 坂また上二番町辺樹木谷へ下る, 坂までの電車の, 坂までも行つて居る, 坂もうこうなれば, 坂ようやく道だけ, 坂よりには何軒も, 坂ら足の早い, 坂をずつと上つ, 坂をのみ頼むなり, 坂をも越えられたれば, 坂クラブという名, 坂くだりてを, 坂ニテ見送ル時, 坂神の, 坂ヨリ転ビ落チ落チ重ナツテ死スル者, 坂ン処ですよ, 坂一つあっちの春江, 坂一なだれ転げるよう, 坂一人位のもの, 坂一件に立ち会った, 坂一分間に一寸づゝ, 坂一名鶴坂外浜と内郡, 坂一畝り下, 坂一筋やがて其の, 坂七つ目で, 坂七番が岡寺, 坂三ツ目の曲り勾配, 坂三伝が三伝, 坂三十三段男厄坂四十九段あはせ, 坂三田聖坂あるいは霞ヶ関, 坂三道ともに撃ち破られまし, 坂三郎先生がこれ, 坂上り口に薪, 坂下向側の先考如苞翁, 坂下屋敷の裏門, 坂下門事件薩藩内部の同士討, 坂中谷高杉なども皆僕, 坂乃木磯八の四人掛り, 坂二俣を攻撃, 坂云々の件, 坂五六あり, 坂五行の柱, 坂以上の仁清, 坂以来気になる, 坂粧坂極楽寺坂三道ともに, 坂伊勢路近江路所々をさまよい歩い, 坂伊沢氏に移された, 坂伴五郎という御家人, 坂側みな窯戸なり, 坂全体が薄暗い, 坂兩氏の著, 坂八町を射通し, 坂六本木竜土の辺, 坂兼次郎君からも承っ, 坂に風, 坂前長吏還住懇願のため, 坂加番小笠原は自分, 坂加番玉造口定番の詰所, 坂勇造という男, 坂動くばかりに見え, 坂北野のたぐい, 坂十八町をひと息, 坂半分ぐらゐ登ったな, 坂及び奈良坂の, 坂取材の小説, 坂口辺にも大, 坂司馬十方斎の道場, 坂各地に続いた, 坂合部連石布蝦夷を以て唐, 坂名物であった菊人形, 坂周辺を描いた, 坂の欲しい, 坂四ツ橋大仏や門前, 坂四十九段あはせ, 坂四時四十五分には桜田門, 坂ひを, 坂の増讀韓非子, 坂團子坂巣鴨などに縱横, 坂在古思の, 坂塀はずれに空屋, 坂の場, 坂外浜と内郡, 坂天井の, 坂大円寺から起こった, 坂大日坂などは皆斉, 坂大本営前に提灯, 坂大田姫稲荷前の家, 坂奈良にあっ, 坂は女厄坂, 坂についで, 坂の井, 坂の坂上, 坂宿の末宿, 坂の大道, 坂対島甚太郎を具, 坂小だかくなって, 坂少し下りて, 坂尚安多紀安琢であつ, 坂なぞ題されたる, 坂尾州分邸に生れ, 坂屋根に残った, 坂山窪堀池橋なぞいう, 坂峠あたりにある, 坂峠大樹は生茂っ, 坂峠殊には夜道, 坂川上といふ, 坂川牛乳店の荷車置場, 坂巣鴨などに縱横, 坂左内坂また逢坂なぞ, 坂市太郎氏は明治十八, 坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 坂座衆或いは坂者, 坂の長広舌, 坂弾正信昌が勝頼, 坂影屋敷の鎧櫃, 坂な避暑館, 坂をあえぎあえぎ, 坂戦闘の模様, 坂戸山へ登っ, 坂戸山樺沢城ヲ打, 坂戻って段々, 坂攻略に大きな, 坂教会で海老名弾正, 坂の上, 坂文庫の所蔵本, 坂斑らなり汗, 坂をいつ, 坂日暮里は好き, 坂なり, 坂でも木立ちの, 坂月面白しあれ, 坂服部坂大日坂などは皆斉, 坂木の根を踏み越え, 坂本家を調べ, 坂本所緑町通ひの, 坂本流砲術の創始者, 坂本港へは寄航, 坂本道と変らなかった, 坂本降りのケーブル, 坂材木坂などの名, 坂村唯一の古, 坂之介, 坂東京駅と循環, 坂東又三郎と改名, 坂東又太郎を中, 坂東声を遠慮会釈, 坂東寺村に置き, 坂東山といっ, 坂東山償原別所に於, 坂東平野の一角, 坂東男でも多年, 坂や御, 坂の山, 坂梯甚嶮なり, 坂正臣氏を捕へ, 坂正面に屯せしめ, 坂殿様の御, 坂氏ハ其ノ翌朝, 坂永泉寺は五代目桂文治, 坂沿いの両側, 坂深見新左衞門二男新吉, 坂清水坂両所非人の悶著, 坂清水谷などの西北方, 坂温泉に出かけた, 坂湯島天神裏花園町の坂, 坂とでうたった, 坂生れで無, 坂田翁の聴く, 坂甲良屋敷の脇坂山城守, 坂町日蓮宗蓮華寺の裏手, 坂界隈を含ん, 坂みくもりゆ, 坂當家屋敷下の血, 坂瘠尾帯那道ヲ限リテ奥仙丈ト云, 坂白川道などいずれ, 坂白木に及ん, 坂目ざして急ぎました, 坂知ってたっけか, 坂に至る, 坂石動から取, 坂程の勾配を, 坂穂高槍大天井あたり, 坂競走大きな紅白, 坂に連, 坂の署長, 坂ずの, 坂の稲荷, 坂船坂の二つ峠, 坂荒木坂服部坂大日坂などは皆斉, 坂菊細工の記憶, 坂表大江戸切っての, 坂見あぐる朱の, 坂見たように, 坂藩邸の, 坂警察署所属巡査沼田英吉はその, 坂譲次氏は愛機, 坂に径, 坂豊成君の報告, 坂象ヶ鼻樫木坂と屏風, 坂貞三郎という人, 坂贔屓の熱涙, 坂赤坂見つけの, 坂赤城明神裏門より小石川改代町, 坂越えると滝, 坂越して草原, 坂越したよお, 坂を通ぜざりし, 坂辷らうとする, 坂辺りにあつ, 坂辺何処が何処, 坂迄の間に, 坂近くなる頃, 坂近傍は花, 坂道場の供待ち部屋, 坂避難小屋に泊る, 坂金蔵名前からし, 坂長谷畝火耳無と御名, 坂の外, 坂附近や蜂ヶ峰, 坂の別れ, 坂霊験記を見る, 坂靈驗記の澤市, 坂非人法師との間, 坂もあった, 坂からず, 坂麻布二之橋向の日向坂